2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

繰返される税制改革について語ってくれ

1 :素人:04/06/01 01:19 ID:PX9vqbwM
玄人の意見を聞きたい。

2 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:04/06/01 01:25 ID:PkCc/rbq
2 get

3 :素人:04/06/03 21:53 ID:XCQ3c8Rk
age

4 :解説委員X:04/06/03 21:55 ID:qOi9PjOI
「税理士と会計士は違います」を斬る
会計士の半分は独立開業して98%税理士収入に依存している。
2%は幼稚園監査とか私立女子高監査とかでしょう。
残り半分の会計士は監査法人でサラリーマン。
代表社員や社員になれない者は税理士登録して独立開業となる。
監査法人によっては個人で税理士しても良いところもある。小遣い稼ぎ
してる会計士も多いでしょう。
監査法人ができたのは、山陽特殊鋼事件が契機となっている。不正な監査が行われ
たため、複数の会計士に監査させるようにした。
http://www.mof.go.jp/zaimu/30nenn/main/020203.htm
会計士は証券業界に依存している。証券市場が無ければ日本の会計士はいらない。
必然的に物事にブランド志向になる。外国から福沢諭吉や太田哲三といった人が
翻訳して日本の会計制度を作った。しかし、翻訳が間違いだらけで、各種利害の
関係もあり、外国と異なった日本独自の会計制度となり、外国からは信頼されていない。
→レジェンド問題
http://www.lotus21.co.jp/data/column/conveni/011105c.htm
一方税理士は税制に依存している。税制は経済政策のひとつなので、時代によって変わり、
財界の思惑もあり複雑になる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%8E%E5%88%B6
国は税収をなるべく多く確保したいし、経済政策上有利に運ぶように誘導する。
そうした中で徴収される側の納税者(法人・個人)が不利にならぬよう、納税者を助け
国税側とのパイプになり、弁護士的な役割をするのが税理士。
経済政策として税を用いることが自由主義経済の基本であるので税制は複雑に変わる。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)