2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【民主的】 パクス・デモクラティア 【平和論】

1 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:27:07 ID:JdHsTiEV
歴史上、高度な民主国家同士が戦争した例はない。
よって世界を民主化すれば恒久平和が実現する。
民平論は、唯一の現実的かつ実践的な恒久平和論である。

憲法に「国際平和の誠実な希求」をかかげる日本は憲法を改正し、
アメリカの世界民主化政策に協力しなくてはならない。

2 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:29:35 ID:JdHsTiEV
軍事板
 民主的平和論検証スレ
  http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1104318946/

■過去ログ
世界史板
 【民主的】 パックス・デモクラティア 【平和論】
  http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1054174775/
  http://ruku.qp.tc/dat2ch/0405/06/1054174775.html
 【民主的】 パクス・デモクラティア 【平和論】2
  http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1063772712/
 民主的平和論Democratic Peace Theory3
  http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1083510653/
 民主主義国家同士の戦争はあった??
  http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1105895835/

軍事板
 【民主的】 パックス・デモクラティア 【平和論】
  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1082738755/
 民主平和論vs損得収支論
  http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1098325169/

国際情勢板
 民主的平和論Democratic Peace Theory
  http://society.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1083559378/

政治思想板
 【民主的】 パックス・デモクラティア 【平和論】
  http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1054694182/

3 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:31:18 ID:JdHsTiEV
民主的平和論 democratic peace theory

民主主義国家間不戦構造に関する学説。
民主的な国家がそのほかの国より平和的であるとは限らないが、民主的な国家同士ではめったに戦わない、というのがその基本仮説で、
1795年にI.カント(Immanuel Kant)が『永久平和のために』の中で民主的な共和国が互いに作る平和的な連合について論じたことが思想的な起源であることから、カンティアン・ピースとも呼ばれる。
従来、戦争と政治体制との関連では、数多くの研究が民主主義という国内体制の特徴と戦争志向性の低下を実証しようとして結論を得られないでいたが、
エール大学のB.ラセット(Bruce Russett)らは、国家の属性ではなく二国間関係(ダイアッド)における共有属性としての民主主義に着目し、平和との相関を実証した。
すなわちダイアッドの双方が民主主義であれば、両国の間の戦争蓋然性は減少し、また発生した武力紛争も拡大しにくくなり、
この効果は経済力、成長率、同盟関係、軍事力の差など一般には戦争蓋然性と関係すると考えられてきた変数とは独立して存在することを検証した。
ある国が民主化を遂げたから平和な国になるわけではないが、民主主義国同士は戦わないため、システム内に民主的な国が増えれば民主国同士というダイアッドも増え、
戦争の蓋然性は減少することになり、この理論はアメリカの民主化支援策の理論的支柱となった。
他方で、民主化を遂げた諸国は他の民主主義諸国との間には不戦構造を築くかもしれないが、民主化の過程においてナショナリズムが高まり、
また経済運営が一時的に混乱して不満が高まったりするため、非民主主義国家に対する対外攻撃性がむしろ拡大する恐れも否定できない。

このようにダイアッドの平和がシステム全体における戦争増加につながらないようにするための長期に及ぶ民主化支援の検討も急務である。

4 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:31:49 ID:JdHsTiEV
カント的国際主義 Kantian Internationalism

十八世紀の哲学者イマニュエル・カントによって提言された平和論を、国際安全保障学ではこう呼ぶ。
その概念は現在に至まで絶大な影響力を持っている。
この政治哲学は「戦争の欠如としての平和」として、平和を二次的産物として扱っていた古典的国際安全保障学に一石を投じたものである。
つまり、どのように平和が達成し得るかという、「目的としての平和」を追求するものである。
その概要は常備軍の全廃、国際連合創設など、かなり革新的なものであった。
軍隊が消え、超国家的組織が樹立されれば、平和は可能であるということだ。
そのなかでもっとも異色を放つのが、「全世界の民主化が達成されれば平和が訪れる」という理論だ。
つまり、市民が自分の生活を賭け政治に参加する民主的国家は、必然的に戦争を避けようとする為に、
戦争を起こす可能性があるのは一個人または団体が主権を握る専制国家のみとなる。
よって、それら専制国家が民主化されれば、戦争はなくなるわけである。
これこそ、なぜアメリカが専制的国家に民主化するよう圧力を加えるかの、表面的な理論的正統性である。
実際、国際関係学者マイケル・ドイルは過去二百年に起こったすべての戦争を研究した結果、民主主義同士は絶対に戦争を起こさないと結論している。

5 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 02:49:53 ID:Y/x1OeZH
そして埋没・・・

6 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 08:47:53 ID:JiFZsn3Z
民主的平和論って、イギリスとアメリカが戦争してるじゃん。

7 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 17:29:59 ID:EkzIHZHG
>>6

ん!?アメリカ独立戦争の事??

8 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 21:24:25 ID:JiFZsn3Z
>>7
英米戦争

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)