2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

靖国の背景を考える★20

1 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 01:18:50 ID:J3TynXRV
靖国とは何なのか。靖国神社参拝問題で揺れる靖国の背景を考えよう。

前スレ
靖国の背景を考える★19
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1116992709/

2 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 01:20:53 ID:EAYcrS5s
821 :真相はかうだ!:2005/06/06(月) 17:32:56 ID:YmTwhQet
バンドンから帰った小泉が、また靖国参拝と叫びだしたのには、深〜いワケがある。これを見抜かなければダメだ。
アメリカは、国連がこれ以上ややこしくならないため、安保理の常任理事国を増やしたくないのが本音だ。
しかし、「同盟国」日本にこれを正面切って言うのは、どう考えても得策でない。
そこで、アメリカは、国連改革つぶしを、こともあろうに中国にやらせているのだ。

同時に、アメリカにとって一番困るシナリオは、アメリカ抜きの日中同盟が東アジアにできることだ。
これは、どんなことがあっても避けなければならない。
そのためには、日中は常に互いに反目させておかなくてはならない。
中国が安保理への日本入りに拒否権を発動すれば、当然日本人の反中感情が燎原の火のように広がる。
アメリカは、安保理の拡大を阻止でき、かつ、日中に楔を打ち込むという、一石二鳥の効果が得られるのだ。
アメリカは、常に自分の国益で動く国。同盟国だから日本の立場を慮ってくれるなどと思ったら、大間違い。

小泉は、アメリカに魂を売ったポチだから、アメリカ様様の意向なら何でも聞く。
そこでこんどは、「靖国参拝!」と叫んで、中国の怒りを買うようにというアメリカの指示に従ったのだ。
いま竹中と組んでやっている郵政民営化は、いうまでもなく、国民の資産である郵貯や簡保をアメリカのハゲタカファンドに差し出すのが最大の眼目だ。
どこまでも徹底的に売国奴な、小泉だ。だまされるな。


3 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 01:22:46 ID:VjTKPZAJ
  国についての最高裁違憲判決は出ていないよ。
  だから、福岡地裁の後の大阪地裁では合憲判決が出たんだよ。
  いくらなんでも最高裁判例で違憲とされた行為を首相がやるわけはないし、
  それをやったら、国会で不信任案が提出が出されるだろ。
  公式や私的も判断は愛媛玉ぐし料訴訟である程度示されているが
  公式は公費の支出がないと判断できない。
  大阪地裁の判断はそれに基づいているんだろう。


これが現段階での法律論での答えだよ。

あとは政治問題。中国や朝鮮の内政干渉を許してはいけない、ということだ。
長年中国で生活し、北京大学で国際政治学んだ俺が言うんだから間違いない。


よって、もう法律論出すなよ。先に忠告しておく!!!!!!!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 01:23:19 ID:VjTKPZAJ
>>2
まったく国際政治がわかっていないな。無知丸出しですね。

5 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 01:23:32 ID:J3TynXRV
スレを立てるにあたって、過去スレのリンクを省略しました。
前スレをたどれば解ることだと思ったので。

6 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 02:05:31 ID:nBGN7g2C
小泉首相の靖国参拝を小バカにしている不埒物のブログ
糾弾したって
http://stock-masayan.cocolog-nifty.com/daytoday/2005/06/post_d903.html

7 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 02:54:33 ID:3WcNLSGl
日本国総理大臣が靖国神社に参拝して、その主張に賛同しているかの様に振舞うのは
各国政府がそれをどう外交利用しようが関係なく、占領、併合された旧植民地現地住民
の感情を逆なでしていることは間違いない。

8 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:11:05 ID:Uj+6qO8c
>>7
旧植民地の方々は皆志願兵でしたね。確かその方々も靖国に祀られているはずですが、
その方々も無視するのはいかがなものでしょうか?
旧植民地の方々は、同胞をも侮辱する事をいとわないのですねw

9 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:53:48 ID:S0/drej2
イギリス
アーノルド・J・トインビー 歴史学者
「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、
むしろ戦争によって利益を得た国々の為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。
その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」
(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)

アメリカ
ジョイス・C・レブラ コロラド大学歴史学部教授
「日本の敗戦 それは勿論、東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。
今や真の独立が確固とした可能性となると同時に西洋の植民地支配の復活も
許してはならないもう一つの可能性として浮かび上がってきたのである。
民族主義者は日本占領期間中に身につけた自信、軍事訓練、政治能力
総動員して西洋の植民地支配復帰に対抗した。
そして、日本による占領下で民族主義、独立要求は
もはや引き返せないところまで進んでしまったということを
イギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。」
(「東南アジアの解放と日本の遺産」)

10 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:55:09 ID:S0/drej2
ジョージ・S・カナへレ 政治学博士
「日本占領軍がインドネシア民族主義の為に行った種々の仕事の中で
最も重要なものの一つは正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えたことである。
このような機会がなかったならば
戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。」
(「日本軍政とインドネシア独立」)

オランダ
サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。
即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。
その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。
日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」
(1985年日本側傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時、行われた市長主催の親善パーティの歓迎挨拶)

タイ
ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意された日である。
更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。
我々この2つの日を忘れてはならない。」

11 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:56:42 ID:S0/drej2
マレーシア
ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで
将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ
青少年の教育をおこなってくれたのです。」

ガザリー・シャフィー 元外務大臣
「日本はどんな悪いこ事をしたと言うのか。
大東亜戦争でマレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。
わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、
我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。
日本は敗れたが英軍は再び取り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」

ザイナル・アビディーン 歴史学者
「日本軍政は東南アジアの中で最も政治的意識が遅れていたマレー人に、その種を播き、
成長を促進させ、マラヤにおける民族主義の台頭と発展に大きな“触媒”の役割を果たした。」

インドネシア
モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」

12 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:58:20 ID:S0/drej2
アラムシャ 元第3副首相
「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたが
オランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」

サンパス 元復員軍人省長官
「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、
インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。
日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、
それだけですむものではない。」

ブン・トモ 元情報相
「日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。
一度持った自信は決して崩壊しない。
そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。
そして実は我々の力でやりたかった。」
(昭和32年の来日の際の発言)

インド
ラダ・クリシュナン 大統領
「インドでは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像も出来なかった。
それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈した。
驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。」
(昭和44年日本経済新聞)

13 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:59:03 ID:bljFPeo2
>>8
だれもが、占領政策でおいしい思いをしたわけじゃない。
それに、志願した当人だって、日本への忠誠とはまるで無縁の理由から
志願した場合もある。アメリカの占領に万歳してるアホと一緒だな。

14 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 03:59:53 ID:S0/drej2
ハビブル ・ラーマン 元インド国民軍大佐
「ビルマ、インドネシア、フィリピンなどの東アジア諸国の植民地支配は一掃され、
次々と独立し得たのは
日本が育んだ自由への炎によるものであることを特に記さなければならない。」

グラバイ・デサイ インド弁護士会会長
「インドは程なく独立する。
その独立の契機を与えたのは日本である。
インドの独立は日本のおかげで30年早まった。
これはインドだけではない。
インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべ共通である。
インド4億の国民は深くこれを銘記している。」
(1946年の軍事裁判に出廷した藤原岩市氏らに)

スリランカ
J・R・ジャヤワルダナ 大統領
「往時、アジア諸民族の中で日本のみが強力且つ自由であって
アジア諸民族は日本を守護者且つ友邦として仰ぎ見た。
当時、アジア共栄のスローガンは従属諸民族に強く訴えるものがあり、
ビルマ、インド、インドネシアの指導者たちの中には
最愛の祖国が解放されることを希望して日本に協力した者がいたのである。」
(1951年、サンフランシスコ対日講和会議演説)

15 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 04:01:48 ID:S0/drej2
ビルマ
バー・モウ 元首相
「歴史的に見るならば日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。
しかしまたの解放を助けたり、
あるいは多くの事柄に対して範を示してやったりした諸国民そのものから
日本ほど誤解を受けている国はない。
もし日本が武断的独断と自惚れを退け、
開戦当時の初一念を忘れず、
大東亜宣言の精神を一貫し、
南機関や鈴木大佐らの解放の真心が軍人の間にもっと広がっていたら、
いかなる軍事的敗北もアジアの半分、
否、過半数の人々からの信頼と感謝とを日本から奪い去ることはできなかったであろう。
日本の為に惜しむのである。」

シンガポール
ゴー・チョクトン 首相
「日本軍の占領は残酷なものであった。
しかし日本軍の緒戦の勝利により欧米のアジア支配は粉砕され、
アジア人は自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。
日本の敗戦後15年以内にアジアの植民地は全て解放された。」
(「諸君!」平成5年7月号)

16 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 11:15:46 ID:l/j7+7nm
>>7
敵国だった敵の国民を逆なでしようが、なんであれ自国民を優先させてこそ独立国だ。
自国民を優先させなければ国家の意味がない。
自国のために戦った兵士を敬い敬意を表すのは当たり前だ。

殺された遺族の怨念と外交は別に扱うべきものだ。
どちらも敵に殺された遺族はいるのだから、恨みの応酬をしても無限に争いが続くことになる。

外交と国内的な遺族感情は切り離して、政治的解決をするから終戦や停戦が出来るのだ、
停戦しても他国の葬祭に干渉しては争いは収まらない。
中国などが参拝に口出すことは間違いだ。

17 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 11:20:49 ID:Oempftmu
政治は政治家だけがするものじゃない!
個人、団体がその気になれば大きな影響力を持つことが出来る。

今が、中国、南北朝鮮の犯罪&反日ビジネスを叩き潰すいい機会だ!
パチ屋、宗教、消費者金融の在日テロ支援企業反対!不買運動、旅行しない! テロ参政権、人権擁護{言論弾圧}法案断固反対!
密入国、不法滞在、歴史捏造、凶悪犯罪、その他、チラシ制作&ポスティングしよう!
学生は学校で、社会人は会社で、無職の人は近所から配り始めてください。
すぐに賛同してくれるでしょう。 仲間を一人でも多く集めてください。 野球や、サッカー場で配ると効果的です。 
海外で活動している方もいます。 広告費などの収入で仕事にもなります。
すでに100人以上が活動しているそうです。 私もその一人です

18 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 11:39:46 ID:unUW7pZA
>>16
>自国民を優先させてこそ独立国だ。
あー、そうだよね。これこそ日本が独立国じゃないって証明なわけだ。



19 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 12:51:59 ID:Zn2d9Vtq
靖国神社の分祀拒否を支持いたします。
しかし靖国神社の現在の幹部たちのヘタレぶりには少々うんざりさせられます。
次のことを明確に声明すべきでした:
・現政権はサンフランシスコ条約の破棄を宣言すべきであること。
・日本が大東亜戦争において亜細亜の同胞のために戦ったこと。
・そのために多数の日本人が命を捧げたこと。
・彼らを祭ったのが靖国神社であるゆえ、靖国こそ永久に亜細亜の魂の中心にあること。
・そして、今だ亜細亜の永久平和のために排撃すべきは米国であること。
・現政権がサンフランシスコ条約を破棄しない場合、
 米国の犬である小泉純一郎の参拝を英霊の名のもとに永久に拒否すること。


20 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 13:17:50 ID:pD5EYiOx
>>16
中国だけじゃなく、参拝を支持するブッシュの声明を内政干渉として批判しなきゃねw

21 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 15:26:57 ID:IJPwGKU9
A級戦犯を捨てるのにコスト不要だ。実行すべき。

こんなA級のバカを抱えてると日本がおかしくなる。

22 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 17:48:39 ID:69+bL3dY
>>16
>>20
小泉が個人的にやってる事で「国の葬祭」や「内政」ではないらしい

23 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 21:08:25 ID:TqZIwgeC
参拝止めて、それで中国が納得しておとなしくしてくれるんなら、
万難排して参拝止めりゃあいいと思うけど。

中国はほかの事でイチャモンつけてきそうだし、
小泉は票田うんぬん抜きにしてでも参拝しそうだし、
落とし所は見つけにくそうですねぇ。

24 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/07(火) 21:26:35 ID:9T1gO/qY
関西弁のオッチャンが嘘言いっぱなしでパート19終わったから、一応、嘘だらけの
レス貼っとくね。
嘘吐きの関西弁のオッチャン、旧約聖書がユダヤの戦いの歴史じゃなかったらなんなの?

>737 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 21:36:17 ID:ZaiOwQhm
|>>689名無しだけど@外国人参政権反対!はん。旧約聖書はユダヤ人の戦いの歴史であるは正確やおまへ
|ん。おまけに、旧約聖書は軍人の死者と一般人の死者との差別などしておまへん。今神道の勉強してお
|ますが、ちっと前はその方面も首突っ込んでおました。ですからしいばはん>>697の反論は無用化も知
|れまへん。

>744 :名無しさん@3周年:2005/06/05(日) 22:50:46 ID:ZdRYWrEo
|>>731 :名無しだけど@外国人参政権反対!はんへ。
|<ところが、戦後、連合国のサッチャーもブッシュも靖国社に参拝すると言ったのに、外務省が
|妨害するという体たらく。 >
|それほんまかいな。サッチャーは知らんけどブッシュはクリスチャンやろ。死人を拝むかいな。もし拝
|んだら国内のキリスト教の支持団体からえらい突き上げ来よるで。もし靖国神社を参拝やったら今ごろ
|合衆国大統領やってないやろな。真相は次に書く通りやろ。
|「外務省がブッシュの周辺に是非靖国神社に参拝願いた言うた。ほいたら「靖国参拝はできんけど、見
|物くらいやったらできる。」ほんで、どこその神社で流鏑馬を見物することで外務省はお茶を濁したん
|違うか。ほいやけど靖国参拝断られて格好つかんさけ「ブッシュはんが靖国社に参拝すると言ったのに
|、外務省が反対した。」言うガセネタを流したんやろな。」
|名無しだけど@外国人参政権反対!はん。あんた、信心とか宗教とかあんまり本気で考えてないやろ。
|何となくそんな気ぃするで。
|>>739「あんな、ソロモン王の戦いの歴史」
|あんなあ、ソロモン王はあんまり戦いせえへんかった。ほとんどな。ダビデ王の間違いやろ。わてがそ
|っちがわ持ってもこの議論勝てる気ぃせえへんわ。やめとき。

25 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 21:30:48 ID:4l42cBWa
なんだかねぇ〜〜中曽根が「公式参拝」とは「政教融合」と、理解して良いのかね??
つまり、中曽根が言い出した「公式参拝」とは、政教分離には存在できない言語と言うか
有ってはならん、存在ではないのかな??もちろん俺だけの見解であるが。

で、・・・・つまりさ??中曽根は、日本をどうしたかったのか??・・・に。
俺、的には非常に興味あることなんだな〜〜〜〜
政教分離???で・・・あるからして「公式参拝」なんぞ出来ないのが、国際常識
ってもんだろが・・と、俺は思う。
つまり、公式に参拝する???ってことは、信教に順ずると・・・
                言う事では???ないのかな・・・・なんか変??

26 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 21:37:26 ID:9Yo9IAlz
>>24名無しだけど@外国人参政権反対!はん♪
かえらしなあー。思わず笑顔がこぼれるで。愛を感じるなあ。止めときなはれ。あんさん恥書きまっせ―。
愛する名無しだけど@外国人参政権反対!はんへ♪←これあんさんに対するハートマークのつもり。
おやすみ。年取ったせいか体力に自信がないんでなア。誰か適当に相手したって。さらばじゃー。

27 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 21:40:32 ID:9w9KhnoS
>>23
この問題を、単なる政治問題や外交問題として捉えるなら、落としどころを探すことに
腐心すればよいのでしょう。
しかしながら、この問題を、私はもっと深い問題、つまり、日本人のアイデンティティー、
有史以前から将来に渡る日本人の心の問題として捉えたいし、日本人の文化を象徴する事
象の一つとして捉えたいと思います。
靖国問題は、私を含めて、戦後の日本人、戦争を知らない世代の日本人が、自らを問うよ
い機会ではないかと思うのです。
にわか政治屋的な発想ではなく、法律学の泥沼に入り込むのでもなく、自らを突き詰めて
見つめることで、将来の日本に何を残せるのか、何を託すべきか、過去と現在の途切れぬ
連鎖の中で、何に感謝し、何を自省すべきかを問う絶好の機会ではないかとも思うわけです。
日本人とはなんぞや、自分と日本との関係はなへんにありや、そういう思考の中で、自分の
すべきことを見つめ、自らの拠り所と誇りを見つめ直す値する場を、靖国問題は提供してく
れると思います。


28 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/07(火) 21:40:48 ID:9T1gO/qY
家のどこかに旧約聖書置いていたんだけど、みつからない。
どっちにしても、旧約聖書は神の怒りの書と言ってもいいくらいのもの。
享楽に走り、国家建設時の神への感謝を忘れた民を怒りの炎で罰し、流浪の民と
してしまう。そして多くの困難を乗り越え国家を再建したら、最後の審判が待っている。

簡単にまとめると、こんな所に集約することが出来るけどね、これを今の日本に当て嵌め
ると、現在、経済的に繁栄しているのは、明治以来、日本を守っていただいた英霊のお陰
と言えるのに、その感謝を忘れ、ソドムとゴモラと化した日本に神々の怒りの炎が下され
るであろう。と、表現することができる。

ま、いずれ、英霊を侮辱し全体主義者の支那に隷属している朝日や読売、創価にも神々の怒りの
鉄槌が下されると思うよ。

29 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/07(火) 21:43:21 ID:9T1gO/qY
>>26
だったら、答えたらいいんじゃないの。
ま、おれの業も背負って地獄に行ってくれるんだから、俺も愛かんじているぜ。
ありがとさん。

30 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/07(火) 21:52:35 ID:p5DXE1pz
スレが新しくなってしまったので、前スレよりオイチャンの文章と、あと慎次郎さんの文章コピペさせてもらいますね。

前スレ>>822 
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1116992709/822
<抜粋>
以前あんさんは平将門のことを言いよりましたな。その将門のことやが
な。ある神社の社伝を見たら、その神社で一三〇九年に平将門と大己貴命(オオナムチノミコト)と合
祀されとったんやて。それが将門は天皇に弓引いた逆賊や言うことで、明治の王政復古で逆賊と一緒や
ったらあかんていうて別殿に移されたんやと。これは社伝にはないけど。分祀やろ。べつに>>270 はん
の言う分祀不可能説にケチつけておまへんで。その説はホンマやと思う。ほんでも今は本殿に戻らはっ
たと社伝には書いてある。国家神道の体系を急ぐあまり、こんなことが、あるやろ言う予感はしてたけ
どな。
(中略)
社伝にはそれを暗示するような文句がある。以下読んでおくんなはれ。
 「明治七年から十年間、祭が行われなかったのである。それは、祭神将門公の取り扱いについて神社
と氏子達の間で意思の疎通が上手く行かない不幸なことがあったからである。―略―神田神社も焼失し
てしまうのであるが、昭和九年に・・略・・復興された。この時、末社の平将門公も本殿に戻られたの
である。」

前スレ>>880
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1116992709/880
名前:石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb.
>>822
まあ、そういうこと
合祀分祀の例では将門がいいとTekko氏に話したのはそういうわけだ。
でも、あくまでこれは国内の体制の問題であって他国との関係ではないから
国内で騒いでいる連中が、こういう問題を取り出し叩いたり疑問に感じているなら
まだいいが、アジアに迷惑をかけたなどと言う理論を持ち出し野党が騒いでいる時点でアウト

31 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 21:58:20 ID:I2Z2OnYI
私的に思うことは、スレの流れとかガイシュツとか、全然関係ないことですが。

靖国が「宗教」っていうからには「霊験あらたか」な何かがあるのでしょうか?
元寇の時に「神風」が吹いて元の大軍を一夜(三日三晩とも言うが)のうちに消滅させるような霊験。
宗教法人を申請するときにも宗教体験や霊験について記述することが必要だが、この靖国って宗教は
故人を弔うだけなのかなあ。そんだけの存在なら宗教法人としての格を取りあげてしまったらいい。
っていうのも、極論かも知れないが・・

これだけ「靖国」ってことで問題や複雑な経緯があるというのは、日本国家としても悩ましいね。
たしかに歴代首相の何人かが単に参拝しているだけで、問題化しなかった過去があり、それに朝日
が何癖つけて、そこに中国が便乗し、「やぶ蛇」ってように見える。
朝日と中国が問題を複雑化させてしまってはいるが、靖国っていうものが、そもそも宗教なのかど
うか?「死者を弔う」っていうが神道にはもともと「お祓い」で「死穢を清める」ってことが本筋
の宗教ですので、少々理屈に合わない立場に立ってますね、靖国っていうものは。
こんなけったいな宗教法人そのものは日本人の論理で消滅させれば問題も消える。
中国に屈したというわけではない。そんな靖国でも首相が参拝したければすればいい。
国家を代表して首相が参拝するという形ではなく、一個人の信仰としてやれば何も問題ではない。
首相ななってから参拝するというのではなく、一議員の時から参拝し続けなければ信仰ではないしね。


32 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/07(火) 22:00:07 ID:p5DXE1pz
慎次郎さんがそれ以前に、
>いや、将門でいいんですよ、国家統治者の力関係により合祀分祀の紆余曲折を経ている
>将門こそが例に出すべき方ですな。

って書いていたことがあった時、私、理解できてなかったんですよね。
ナンノコトダロ?と思いながら、すっとぼけたレスしかしてなかったんでした。
すみませんでした。

オイチャンが改めて話を掘り下げてくれたんですね。

33 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/07(火) 22:13:51 ID:p5DXE1pz
>>31さんもちょうど宗教に関することを書いてますけど、
私もいろいろ思うに、結局宗教なんて何でもありじゃないか、と思います。
しいばさんが例に出してる手塚作品の「火の鳥」の話のように、人間の都合でいくらでも変えられてしまうもんですよね。
宗教団体そのものによって変えられることもあれば、時の権力者にとって都合のいいように、変えられてしまう。

靖国神社が、一宗教法人で、そのやることに「権力を持たない」他の人間が文句を言ってどうかなるものではない。
そういうことですよね。


それならそれでもいいわ、と私は思いかけてますが、
でもじゃあ、合祀する人間を選ぶ段階で厚生労働省が携わっている、ということには納得が行かないです。

34 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/07(火) 22:20:17 ID:9T1gO/qY
スレが早いんで、全く読んでなかったけど、Tekko が>>30でコピペした部分で、
相変わらず、関西弁のオッチャンの嘘っ真っ盛りがよく分かる。
だいたい、平将門と大己貴命と、どっちも皇室と争ったのに、なんで一緒にしたら
いけないのかね?
別に分霊しても、分祀には、ならないし、いい加減なことばっかし言ってるね。
全て、関西弁のオッチャンは、このように適当な解釈続けているんちゃうかね?

35 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/07(火) 22:24:08 ID:9T1gO/qY
と、いうことで、明日早いんで、オヤスミ∈∋

36 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 22:41:48 ID:GDQLWOFS
>>31
宗教法人格の有無は関係無いよ
宗教法人格を取得していない宗教団体はいくらでもある

37 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 23:08:53 ID:l/j7+7nm
>>31
現世にご利益を期待するのは騙される元だ。善積有福。

神社に死者を弔うと言うことが不自然と時代もあるが、身近に仏壇を置くように近親者の霊を祭ったのが
神社の起源だ、皇族や豪族の私的仏壇の豪華版が神社のルーツだ。
敬うべき英霊を皇族の近親者と同じように、そのタマシイを祭り弔うと言うことはそれほど異常なことではない。
靖国の追悼慰霊形式を日本人の論理で消滅させるなどというけったいな宗教感覚は日本にはなじまない。

またいつから参拝しようが信仰を持とうが大きなお世話だ、一個人なら何の問題でもないことだ。



38 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/07(火) 23:15:13 ID:p5DXE1pz
>>34 外国人参政権反対のオッチャン
大己貴命(オオナムチノミコト)を調べていて、頭が混線中なんですけどね。
神話の中の神様なんでしょう?
以前、出雲大社の祭神を七福神の大黒さん、と思い込んでしまった私は、大己貴命を調べているうちに大国主神とか出てきて、混乱してるところなんですけどね。


で、オイチャンの話に戻って、「明治七年から十年間、祭が行われなかった」というのは、将門さんが祭神から外された(移動させられた)ことに、氏子達が腹を立てた、ということみたいですね。

今日はこれで休みます。

39 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 23:15:43 ID:9w9KhnoS
靖国ひとつをとっても、これだけ問題がややこしくなると言うこと自体、日本の
文化に歴史があり、深みがあることと大いに関係していることのように思います。
韓国や中国の問題と切り離して考えても、靖国は日本人の中ですら、一筋縄では
いかないなにがしかを内包しています。
ただ、私はそれに故に靖国を排斥するのではなく、靖国を通して、日本人の何た
るかを考えたくなるわけです。
そして、今のところ私がたどり着いた一つの結論は、日本が生み出した神道とい
う文化、その末席にある靖国というものと、自分の浅い経験に基づく価値観や心
情とを徒に徒にぶつけるのではなく、長い歴史の中で生きる日本人としての自分は、
もう少し謙虚に歴史から学ぼうとすることで、大いに豊かに生きることが出来るの
であろうし、その寛容さや謙虚さこそが、神道のレゾンデートルのひとるなのではない
かというようなことです。
魂を鎮めるという脈々と受け継がれてきた神社の役割は、他を排斥するためではなく、
他を理解すること、互いに和を尊ぶことにことにあるのだと言うことなのだろうと思う
訳です。
そうした意味で、靖国を参拝することは、墓参りをすることと矛盾するものではないし、
そうした日本の魂を大切にしていくことの方が大事なのではないかと思うわけです。
私は、小泉首相が靖国参拝をすることに賛成であり、当たり前と思いますが、神道の精神は、
孔子の「罪を憎んで人を憎まず」とは、全く関係のないことであると思いますし、この
あたりのずっこけが、小泉首相に対しての幻滅の原因ではありますが、まあ、それでも、
参拝しないよりは遙かにましであろうと思うわけであります。

40 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 23:35:00 ID:xL9twFnb
河野が中国売国奴であることを自白したな。

41 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 23:40:54 ID:SGnDjIsK
>>24 :名無しだけど@外国人参政権反対!
関西弁のオッチャンが嘘言いっぱなしでパート19終わったから、一応、嘘だらけの
レス貼っとくね。嘘吐きの関西弁のオッチャン、旧約聖書がユダヤの戦いの歴史じゃ
なかったらなんなの?
>>28 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/07(火) 21:40:48 ID:9T1gO/qY
家のどこかに旧約聖書置いていたんだけど、みつからない。
どっちにしても、旧約聖書は神の怒りの書と言ってもいいくらいのもの。
享楽に走り、国家建設時の神への感謝を忘れた民を怒りの炎で罰し、流浪の民と
してしまう。そして多くの困難を乗り越え国家を再建したら、最後の審判が待っている。
神の怒りの書?戦いの書やなかったんかいな。
年寄りは眠れへん。上のん読んだら名無しだけど@外国人参政権反対!はんの○○が分かったかいな?
←○○に次の言葉の何が当てはまるでしょう。1あほ2ぼけ3馬鹿4低脳さあ!1234のとっちやろ。
まあ少なくても旧約聖書が戦いの歴史や言うのんは間違いちゅうのんを認めたようなもんやな。名無し
だけど@外国人参政権反対!はん♪←愛の知るしハートマーク。眠れへんがなあ。誰か安定剤ちょうだ
い。妙に興奮してきたどー。

42 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 00:05:28 ID:Rzs2ZjRW
名無しだけど@外国人参政権反対!はん。もしかしたら、ジャイナ教はナバホ族の戦いの書
かも分かれへんど―。キャッホー。♪←愛の印ハートマークの代わり。

43 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 01:52:18 ID:3OaKKim0
関西弁のおっさんが嘘ばっかりってのは、
間違いや解釈の違いかもしれないと考えることもできます。
僕個人はその点では彼を非難する気にはなれません。

しかしながら、おっさんが悪質なのは、
批判的な意見をされると、反論の為の反論を展開すること、
人を小馬鹿にしたような態度で詭弁を弄すること、
自分に友好的な人間はベタ誉めやヨイショをしまくり
とにもかくにも味方に引き入れようとすることです。

僕自身、おっさんと言い合いになったことはありませんが、
見ていて大変に不愉快ですね。

44 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 03:00:18 ID:dQPr1k9D
眠れまへんのでのぞいてみましたら、あんさんの書きこみがおました。助言を感謝します。
>>43自分に友好的な人間はベタ誉めやヨイショをしまくり >
あんさんの意見は私のレスに偏見をお持ちになったはるようです。友好的でない人にも真剣なお人には
真剣にレスしておます。あなたにお尋ねしたい。書物をロクに読まずにその本を批判する人にどう対処
したらよろしいんでっか?わてはそう言う人には悪意を感じます。しかも、その間違いを指摘しても、
真剣に耳を傾けない言うのんはどうやろ。わてはおかしいでっか。おかしいなら、あのハンドルネーム
の長い人にも反論を書きますけど。そんなお人とやりとりするのんは気が重い。

45 :IP違うけど43:2005/06/08(水) 03:27:04 ID:WTNnALxD
>>44
なるほど。心情はお察しします。
それとこの部分
>あんさんの意見は私のレスに偏見をお持ちになったはるようです。
>友好的でない人にも真剣なお人には 真剣にレスしておます。
に関しては、お詫びします。
関西弁が好きでないせいか、偏見を持っていたかも知れません。大変失礼しました。

>あなたにお尋ねしたい。書物をロクに読まずにその本を批判する人にどう対処
したらよろしいんでっか?
ご質問にお答えします。
「○○(本の名前)を批判、批評するなら、○○を読んでからにしてください。」
と相手に言います。聞き入れない場合、2〜3度は繰り返し言うかも知れませんね。
その後も相手の態度が改善されなかったら?
・・・う〜んどうだろうなぁ・・・正直分かりません。無視しちゃうかも。

>わてはそう言う人には悪意を感じます。しかも、その間違いを指摘しても、
>真剣に耳を傾けない言うのんはどうやろ。わてはおかしいでっか。
>おかしいなら、あのハンドルネーム の長い人にも反論を書きますけど。
>そんなお人とやりとりするのんは気が重い。
この部分に関しては最初に書いた通り、心情はお察しします。
でも「キャッホー」とか「♪←愛の印ハートマーク」とかは見てて不愉快です。
それと、反論の為の反論、とか詭弁を弄する、と評したのは
何も名無しだけど@外国人参政権反対!氏とのやり取りのみを指して言ってるのでは
ありません。前々からの感想です。
普段のあなたの書き込み、ご意見を興味深く拝見させて頂いてました。
ムキになってない時のあなたのご意見は面白く、考えさせられる部分も多く、
読むのを楽しみに思ってきました。
だからこその批判と受け取って頂ければ幸いです。自戒を込めて。

46 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 03:34:16 ID:VO0lSKxp
あわせて読みたい
『【靖国問題】「国のために戦った兵士のためにお参り、当然」 インドネシア大統領、理解示す
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1117790832/』と
『【靖国問題】「国のために戦った兵士のためにお参り、当然」 インドネシア大統領、理解示す★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1117854546/』、どちらもおすすめ!

このスレを読んだ人はこんなスレも読んでいます
民主党 「国家主権は要らない」「アジアのために」
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1108635590/l50
■ 売国奴 岡田 狂った様に日本を売る!
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1113828652/l50
【中国】中国の対日批判は二重基準 天安門遺族ら胡主席に書簡 [05/28]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117274316/l50
【靖国】東条元首相の孫、A級戦犯の分祠に「応じない」=フジテレビの番組で ★3【6/5】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1118047067/l50
【日韓】産経黒田支局長が韓国ラジオで「靖国参拝は日本人の死生観に基づくもの」 ★2[05/31]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117584586/l50
【政府】「中韓の軍国主義批判とんでもない」 町村外相、日本の国際貢献を強調[06/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1118032448/l50
【中国】「豪州には中国のスパイが千人居る」「市民には政治的自由も人権もない」 亡命求める外交官[06/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1118032059/l50
【中国】香港の作家「毛沢東はヒトラーと同じくらい邪悪」[06/02]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117720927/l50
【宗教】創価学会の池田会長、「日本の独島妄言及び歴史教科書歪曲糾弾大会」で「名誉郡民証」授与される-韓国★2[05/17]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1116342116/l50

47 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 04:43:32 ID:VvTopZvQ
本来なら??この靖国問題として「公式参拝」を取り上げる事自体、政教分離論と
関係ないところの・・・??その〜〜議論なんだろな!?
要するに??政教分離・政府である以上「公式参拝」なんて、文言は不自然である。

で、この「公式参拝」を初めて口にしたのは、中曽根である事は間違いない事実で
あるが、この不毛と認識できる事柄に何で、日本のメディアは飛びついたのかな??
その辺が・・なぁ〜〜「わし等は日本のスパイ組織だ」・・
と、更に強調したいとか・・・ですかいのぅ〜〜〜

元々、靖国の歴史を語る中で、政教分離政府が「公式参拝」を持ち出すこと程・・
非常識な事は無いと・・思うが。
おまけに、「靖国はでたらめな神社だ」だの「宗教法人としておかしい」とか??
なんで??軽軽に語れる訳ですかいな。
この、靖国参拝問題で、靖国神社は何も関係ない事と・・俺なりに思うが??

始めに「公式参拝」などという。おろかな行為をした中曽根の責任だと思う。

48 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 04:57:44 ID:VO0lSKxp
東京裁判で有罪とされた人々の合祀は1959年に始まり78年に
14人のA級戦犯を合祀して終了した。この間、中国を含め海外から
一切抗議はなかった。1979年、大平首相が、80年と81年鈴木首相が
参拝したが、何の問題も引き起こさなかった。1982年教科書問題が
日本を襲った当時も中国は教科書問題を取り上げるのみでA級戦犯の
靖国合祀には一切言及しなかった。

中曽根首相が1983年、84年に靖国参拝した時に至るも何ら問題は
生じなかった。つまり靖国問題はわずか16年前の1985年からなのである。
戦後政治の総決算を掲げた中曽根首相は1984年に靖国神社問題についての
諮問委員会を設置し、1985年8月15日に靖国を公人として参拝した。
その直前の8月7日に朝日新聞は、中国は靖国問題について日本の動きを
注視している、と報じた。当時の「人民日報」や新華社電を精査しても
そのような中国の動きはまったく存在していない。

人民日報はこの朝日の記事を受けて8月11日付けで、日本国内に首相の靖国
参拝に批判的な動きがあると報じた。ついに8月14日中国政府スポークスマン
は中曽根首相の靖国参拝はアジアの隣人(中国人民)の感情を傷つけると
正式な反対表明をするに至った。

かくして「無」から「有」が生じ、日中間で互いに相手国で靖国が斯様に
論じられ報じられていると木霊のような遣り取りが始まった。

49 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 05:39:52 ID:VvTopZvQ
で!・・・さ!。そもそも「罪を憎んで人を憎まず」は、中国の諺とか??
ですが、何ゆえ中国当局は、小泉批判を出来るのか不思議ですなぁ〜〜

つまり、中国は「先輩は・・・よういらんわ!」って事なのかねぇ〜〜
事実、>>48 さんも指摘してるように・・
   <A級戦犯合祀で中国当局からの抗議は一切ない。

強調しますが、一切無かった訳ですねぇ〜〜で??今、何故、靖国問題とするのか
その理解に苦しむのが、普通でもないのかねぇ〜〜
つまり、中国当局は、はっきり言って20数年間も何も、靖国に対して批判の「ひ」
の字も無かった訳で??今、靖国問題として日本を攻撃出来る・・神経が・・ね??

つまり、中国は日本のスパイ組織に・・あ・や・つ・ら・れ・て・・いる、だけの事だろ。

しかし、こんな事書くと「中国への配慮が足らん!」と、攻撃されそうだが・・
あえて・・・中国とはとんでもない「大馬鹿国」であると・・断言しますな。
・・・なにが???政府の意向なのかねぇ〜〜馬鹿丸出しの何者でもない。

50 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:00:55 ID:bugQB9WS
戦前であれば中国と日本は戦闘状態ですね。
小泉は危なっかしくてしかたない。
しかも、戦略もなしに。
東条よりもDQNだな。

国際的に日本と中国はどう見られているのだろうか?
反日ストを沈静化させた中国首脳。
日本のイデオロギーを煽っている小泉。

これでは、国際社会の中核に日本を据える事は危険だと考えるのが判断を下されてもしかたないと思うのだが。
戦前は、モット複雑な状態だったが戦争に突入した日本。
どちらが正しいかは論外。
国際協調しながら、自国の意志を示すのが一等国。

51 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:11:00 ID:VvTopZvQ
>>50 あのさ??馬鹿もそのへんにしときな!

何で小泉が危ないんだ??それはお前の論理誘導の何物でも無い事だろが!

で??・・<国際協調しながら、自国の意思を示すのが一等国。
の、意味が理解できない。国際協調って・・・何???
何で、国際協調が必要な・・・訳??ですかい・・のぅ〜〜

国際協調より、日本の国益に即した対応で有るべきで、国際協調を声高にする事に
どのような・・日本に対して、国益と言うなら??ある訳ですかいな??
で??何時まで「東条」の因縁を・・引きずりたい訳??

52 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:12:30 ID:NqO+9Zkd
867 名前 06/07
 丁度我が進駐部隊が海南島に集結中で呼び戻そうと思へば戻せる余裕の
ある時であつたので私は蓮沼武官長を通じ、東条に対し、国内の米作状況
が極めて悪いから、若し南方からの米の輸入が止まつたら国民は餓死するより
外はない、進駐は止めるように言はせたが、東条は承知しなかつた、かくして
七月二十六日に発表された日本軍の南仏印進駐は遂に恐るべき対日経
済封鎖といふ結果となつたのである。昭和天皇独白録より

二・二六事件は、1936年(昭和11年)2月26日に、日本において、
陸軍青年将校ら1483名が起こした反乱事件、クーデター未遂事件である。
当日は雪で、近衛歩兵第一連隊の栗原安秀率いる隊は総理大臣官邸を襲撃し、内閣総理
大臣 岡田啓介の身代わりになった岡田の義弟である秘書官 松尾伝蔵を射殺し、安藤輝三
率いる部隊は侍従長 鈴木貫太郎邸を襲撃し、鈴木に発砲するが一命は取り止めた。
四谷の内大臣 斎藤実邸、赤坂区表町の大蔵大臣 高橋是清邸を襲撃して両人を射殺、
杉並区上荻窪の教育総監 渡辺錠太郎らを殺害し、神奈川県湯河原の宮内大臣 牧野
伸顕の療養先、麹町区上桜田の内大臣 後藤文夫邸、さらに陸軍省や警察庁、参謀本部
なども襲撃され、東京の中心部である霞ヶ関・三宅坂一帯を占領した。
当日午後には反乱に理解を示すかのような陸軍大臣告示が東京警備司令部から出され、
翌27日に戒厳令が敷かれると反乱部隊までもが戒厳部隊に編入されるなど、一時はクーデタ
ー成功かと思われたが、昭和天皇が「我が頼みとする大臣達を殺すとは我が首を真綿で締め
るが如き行為だ、こんな奴等を赦してやる必要などない」と激怒、「お前達がやらぬなら私が近衛
師団を率いて直接鎮圧に当たる」とまで述べて強固に鎮圧を命じたため、反乱部隊は29日に
帰順し、あえなく失敗に終わった。精神的指導者は北一輝とされる。 このクーデター未遂事件
の裏には、陸軍中枢の皇道派の大将クラスの多くが関与していたが、軍事秘密裁判の下で責
任は闇に葬られ、“血気にはやる青年将校が不逞の思想家に吹き込まれて暴走した”という形
で世に公表された。鎮圧部隊の司令官を務めた香椎浩平も実は反乱部隊に通じる一派であった。
この事件の後、陸軍の皇道派は勢力を落とし、東条英機ら統制派の政治的発言権がますます強くなった。

53 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:20:12 ID:F9swSe9V
小泉が靖国神社に参拝して、すべてがおかしくなった。
中国・韓国との関係がとことん悪化した。
それでいいことがあったのか。
拉致問題はどうにもならない。
国連安保理常任理事国入りは絶望的。
いったい、小泉は日本をどうしようというんだ。
アメリカはどうだ。北朝鮮とは直接話をしているし、
日本のはしごをはずしている。
日本は戦前よりもさらに無定見な行動をしている。
私は近所の神社に密かに参拝して小泉の失脚を祈願したい。


54 :関西弁のジジイ:2005/06/08(水) 06:20:30 ID:yrkWf6eB
>>45それと、反論の為の反論、とか詭弁を弄する、と評したのは何も名無しだけど@
外国人参政権反対!氏とのやり取りのみを指して言ってるのではありません。前々か
らの感想です。
 45さんへ。私は詭弁を弄するのは嫌いなのです。それが詭弁を弄している時があると言われ
てたいへんショックでした。気をつけます。忠告を感謝します。

55 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:23:29 ID:bugQB9WS
>>51
国際協調を意識しないって事は、日本の北朝鮮化を望んでいるのかな?
国際情勢が変わり、現在では即、戦闘状態になることはないが、小泉がやっていることは、戦前では戦闘状態に入ってもおかしくない状況だ。

その様な国に、国際社会の中核の席が用意されるわけがないだろう。
アメリカやロシアには、軍事力を背景に国際的に優位に立てるが、
日本は経済的に優位に立つべきだったが、発言力はなくても金は垂れ流し、
日本が常任理事国入りしなくても列強は、金はどんどん引き出せると思っているよ。

国際協調力のなさを漬かれれば、日本の国際的立場が不利になることは目に見えている。
中国を悪者に出来ない小泉は、戦争が下手だね。

56 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:25:14 ID:VvTopZvQ
>>53 <小泉が靖国参拝して、すべてがおかしくなった。

それは、おまえの勘違い。
文節で言えば「行間を読め!」と、言うところでも有るが。
もう少し、世界情勢の流れを・・読めよ。お前にその・・興味とやらがあるなら??

・・・では、あるが。

57 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:30:31 ID:VvTopZvQ
>>55 <日本の北朝鮮化を望んでいるのかな??

は、お前の論理誘導でしかない事だろが??
俺の >>51 での書き込みで、「北朝鮮化」が何処でそれを証明できる訳??


58 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2005/06/08(水) 06:31:20 ID:0Yp2aNET
小泉総理大臣の靖国神社参拝をめぐって日中関係が冷え込む中、自民党の橋本元総理大臣が8日から、
また加藤元幹事長が6月後半にそれぞれ北京を訪れるなど、中国側との直接対話を通じて、事態打開の
糸口をさぐる有力議員の動きが活発化しています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    大物議員が いま中国に向かっている。しかし
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / これまで彼らは中国と対峙して見せていたのだから
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 当然、方向転換へのカードを切ったのは中国ではない。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 日本で最初に靖国参拝の方向転換を促したのは財界でしたね。(・д・ )

05.6.8 NHK「橋本氏 加藤氏ら相次ぎ訪中」
http://www.nhk.or.jp/news/2005/06/08/k20050608000013.html

59 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:44:42 ID:VvTopZvQ
しかし橋本、等が何で今、訪中なわけ??

意味ない事、この上無いと思うが??

それよか??元総理大臣として、国政に興味を持ってもらいたいが・・・
官僚の不祥事・・とか、さ!
靖国問題より、国益に貢献できると思うが??

60 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 06:58:12 ID:VvTopZvQ
まっ・・強調しておくが、NHKは日本に対してのスパイの中枢でしかない訳だ。

その理由は、戦後60年において、何故か日本政府批判を「公的」と言う事で報道
出来た・・事が、その理由でもあるのだろうな。
これを国際常識に、代入すると、公式が整わないんだよな。何故???

61 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/08(水) 07:05:02 ID:wWT4ZvCo
>>33 Tekkoさん、

>でもじゃあ、合祀する人間を選ぶ段階で厚生労働省が携わっている、ということには納得が行かないです。

@ 「この方を戦死者として認定して、恩給を支給します」という厚生労働省の決定がある。
A それをもとに、靖国神社が合祀する。

こういう順番ではないかと思います。

それを、「合祀する人間を、厚生労働省が選んでいる」と、言いたい人も居るだけの話しでは?



62 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 07:08:30 ID:QQ8RBjFB
とうとう中国は「いくら援助を受けようとも過去の歴史は抹消できない」
などとほざきやがった。もはやODAなど一銭たりとも払う必要はない

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050608AT1E0701007062005.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050607-00000341-jij-int

63 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 07:12:07 ID:gjYOZ2D1
とりあえず、8月15日に靖国公式参拝があると中国のネットに流せば、
それだけでデモが起きる。

64 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 07:16:19 ID:VvTopZvQ
>>62 そう言う事だろうね。日本はODAを停止すべきでしょうな。

中国に対して、円借款でODAを供与している・・とは??いえ、その内容は
関係者の知るところの範疇であり、それか国政に適っていると、断言するには
難しい物がありますね。

その証明として、今、橋本らが訪中を、平気で出来る事に興味を・・俺は持ちたいですな。

65 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 07:23:12 ID:UXpyWhyl
中国や韓国に土下座することを国際協調というのなら、すればするほど、馬鹿にされるだろう。
自分の偏った見方が意外は受け入れないとするのなら、強調もへったくりもあったものではない。
この種の大いなる勘違い君か、中国や韓国の宣伝マンが、このスレでは跋扈するので、世の中い
ろんな変な人がいることを改めて認識する上で、このスレは役に立ちます。
前のスレで語っていた、親日的な在日の方の方が、この種の日本人よりはあるかにまともに思え
ますね。


66 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 07:38:50 ID:VvTopZvQ
>>65 それは重要な事でしょうな!

<親日的な在日の方が、この種の日本人よりはるかにまともに思えますね。

そう言うことでしょうな。
靖国問題で騒いでいる連中が、国際常識を認識できてるとは思えない今日この頃
と、でもいえるのでしょうな。
和平を強調・・しつつ、国際的混乱を誘導してる・・
だけの事と俺の見解ではいえる事では、あるねぇ〜〜

67 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 08:42:17 ID:3OaKKim0
IDがVvTopZvQの名無しさんの文章…。
主語の使い方、句点・句読点の使い方、クエスチョンマークの使い方が
デタラメですっごく読みにくいです。

あ、そう感じてるのが私だけだったら(*_ _)人ゴメンナサイ

68 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 09:06:33 ID:VvTopZvQ
>>67 良いことに気付きましたね。それは論破されたと・・言うことですな!

笑える!・・つまり議論に関係ない事を・・ほざく??ほさける??事自体論破された
と、認識できてる事は、すばらしい事??・・で??ある??ぞよ!

69 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 09:14:19 ID:MvxHGOkx
>>68
頭の悪そうな事を連ねて論破したとはね。
人格をもっと形成させてから、この問題を語るべきですよ。
日本人のある種、魂の問題ですから。
君のような者が靖国参拝賛成を時節に流されて薄っぺらい発言するから、
良識の有る人間は、総括で物事を語っていく上で反対的立場にならざるを得ないよ。
もう少し、社会情勢を視野に入れて発言した方が良いよ。

70 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 09:17:15 ID:cmVEXWcf
▼「百人斬り」裁判で示された新資料
・本人の手紙
http://bbs2.otd.co.jp/mondou/bbs_plain?base=27727&range=1
>南京入城まで百五斬つたですが、その後目茶苦茶に斬りまくつて
二百五十三人叩き斬つたです、おかげでさすがの波平も無茶苦茶で
す、百や二百はめんどうだから千人斬りをやらうと相手の向井部隊
長と約束したです、
>戦友の六車部隊長が百人斬りの歌をつくつてくれました・・・(
中略)・・・まだ極楽や靖國神社にもゆけず、二百五十三人も斬つ
たからぼつぼつ地獄落ちでせう

・当時の部下による手記
http://andesfolklore.hp.infoseek.co.jp/intisol/hyakunin2.htm

>このあたりから野田、向井両少尉の百人斬りが始るのである。・・・
>「おい望月あこ(※2)にいる支那人をつれてこい」命令のままに
支那人をひっぱって来た。助けてくれと哀願するが、やがてあきら
めて前に座る。少尉の振り上げた軍刀を背にしてふり返り、憎しみ
丸だしの笑ひをこめて、軍刀をにらみつける。
>一刀のもとに首がとんで胴体が、がっくりと前に倒れる。首から
ふき出した血の勢で小石がころころと動いている。目をそむけたい
気持も、少尉の手前じっとこらえる。
>戦友の死を目の前で見、幾多の屍を越えてきた私ではあったが、
抵抗なき農民を何んの理由もなく血祭にあげる行為はどうしても納
得出来なかった。
>その行為は、支那人を見つければ、向井少尉とうばい合ひする程
、エスカレートしてきた。
>両少尉は涙を流して助けを求める農民を無残にも切り捨てた。・・・



71 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 09:30:03 ID:VvTopZvQ
>>69 あえて??釣られるが・・<頭わるそう・・って!

お前が、俺にイチャモンをつけないで語る??書く??事だが・・

で、お前とは終わる。最悪な低脳だな・・おまえは。
言いたい事あるなら・・自然に書けよ。最低の低脳人間だな!


72 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 09:59:33 ID:jZmZwkwu
>>64
橋本の愛人が中国工作員だった事実は有名だが、まだ弱みを握られて売国奴の汚名をきても、
中国への朝貢を続けるつもりなのだろう。
仮にも元総理だその影響力は大きい、財務関係の手下が多いからODAなどの対策だろう。

世論もODAだけにごまかされていてはダメだ。
減額された分以上をアジア開発銀行からの融資で獲得しているのだ。
もちろんアジア開銀の資金源は日本の財務省が管轄しているのだ。橋本派の牙城だ。
外務省がODAをやめても橋本派が財務省からアジア開銀へ金を投入させているのだ。
日本政府の手から離した金が中国のモノになる。

融資がコゲツキを出すのは毎度のことだ、無償提供と実体は同じ事になる。
今までは政府間の支援だから返す必要が有ったが、民間の融資案件だとトラブルになっても、
中国政府の責任ではなくなる、今までよりも中国政府は喜ぶことになる。

73 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 10:39:34 ID:3OaKKim0
>>68 >>71
ホント何書いてあるんだかわかんない。

俺の知り合いの中国人(日本に来て二年)が書く日本語のほうが、読みやすいぞ。

つまり・・中国人以下の、日本語しか?彼は使えない・・と??言うことですな!!
(真似してみた。)

74 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 10:49:46 ID:VvTopZvQ
>>72 そこなんだよね!悪党と普通の人との見分けが付かない。

って、やはり日本人の弱みでもあるのでしょうかね。理由は分りませんが。

75 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:01:51 ID:3A3XAqo1
>>48
85年までは単に中国が知らなかっただけなんじゃないの?

合祀したのを一般公表したのは何時なんだろう?
そもそも、一宗教法人に過ぎない靖国神社は合祀関連を公表するのか?
さらには、何の権限があって靖国は国家元首達を合祀できちゃった訳?
うちの近所の神社も勝手に合祀してもいーの?

もう一点。
朝日がちくったから中国が騒いだってこと?
で、「朝日がちくらなくて中国が知らないままなら、良かったのに」ってことなのか?
隠れてこそこそ行ってれば良かったのに、とか?

こんな面倒なら、産経新聞以外全て認めてる戦没慰霊碑作った方が早いと思うんだが。
国内民間人の被災者を慰霊する施設も無いんだし、一石二鳥で良いのにな。

76 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:18:22 ID:VvTopZvQ
>>75 <単に中国が知らなかっただけ・・・???

とは、中国は国を捨ててるくらいに重要な事であるが・・
君は、中国がA級戦犯合祀を知らなかった・・と、言いたい訳・・との事か。
何で・・<勝手にA級戦犯を合祀できたのか。←に、ついては異論がある。
何で中国の同意が必要な訳??

で、国際常識で言うなら、日本を中国は植民地で有ると認識してるに他ならない
事ではないのかね??

<勝手に??・・・と、言うなら、中国は日本に対して、お伺いを立てた事実を示せ!
なくば、論理的に矛盾がある。

77 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:27:35 ID:vX/fnMIc
>>48
朝日は、「内部告発者」
「公益通報者保護法」を良く勉強しる。

78 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 11:31:00 ID:jZmZwkwu
>>75
政治的に利用できると知らなかっただけだろう。
国民感情や宗教心とは無関係からの動機だ。

>何の権限があって靖国は国家元首達を合祀できちゃった訳?
>うちの近所の神社も勝手に合祀してもいーの?

終戦以前からの経緯がある、戦争に関わって死んだので戦死扱いだ。
勝手に合祀しても自由だが、信徒の支持は失う事が明白だ、神社としての自殺行為だし支援者がさせない。

>隠れてこそこそ行ってれば良かったのに、とか?
日本には利用できる馬鹿がいると教えたことだ、馬鹿の存在を知らなければ敵に利用されることもなかった。

>こんな面倒なら、産経新聞以外全て認めてる戦没慰霊碑作った方が早いと思うんだが。
面倒がいやなら中国の属国になればいいだろう、将来も尖閣などで面倒が起きなくなる。

チベットでの残虐行為や天安門虐殺を正当化する中国の属国になって北朝鮮のようになるが嫌なら、
面倒でも、中国とはもめ続けても靖国参拝を継続して独立国として抵抗する意地を見せるべきだ。


79 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 12:01:33 ID:e3z6K4U3
俺はほとんど日本が正しいと思う。領土も教科書も。
でも、靖国だけは賛成できない。

靖国さえなけりゃ、すべて日本が正しいと胸を張れるんだが・・・
少なくとも首相は行くな。


80 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 12:13:51 ID:OcJ2R1Q3
総理大臣の靖国参拝はまったく悪くない。むしろ、義務。
対華21カ条約や韓国、台湾併合や満州、支那事変も侵略、植民地拡大などではない。
太平洋戦争なんて、日本は開戦したくなかったが、アメリカの陰謀に対抗するために
自衛とアジア解放をために、やむ得なかった。これらの政策、方針はまったく正しい。

81 :関西弁のジジイ:2005/06/08(水) 12:30:49 ID:VpE8EbT/
ハンドルネームの長い人へ『靖国の背景を考える★19の>>689「旧約聖書はユダヤ人の戦いの歴史で
はある」がそもそもの発端でした。』そして私の『同ページ>>737 「旧約聖書はユダヤ人の戦いの歴史
であるは正確やおまへん。』が私の反論の最初です。あなたが旧約聖書を知らない事は「ソロモンの戦
いの歴史」などの表現で分かりました。ソロモンの意味は平和です。文字通り歴代ユダヤ王国の王様の
中でもっとも平和な時代の王様です。そんなことを言えばあなたの主張がおかしくなるだけです。
気の毒なぐらいに私の方が有利です。正確でない事の例をあげれば良いのですから。「旧約聖書はユダ
ヤ人の戦いの歴史」でない証拠を次に挙げます。ルツ記です。なんと、主人公ルツはユダヤ人ではなく
モアブ人です。次にヨナ書を例に取ります。預言者ヨナがアッシリア人の都ニネベに「正しく生きなけ
れば神様がこの都を滅ぼすぞ。」と言いに行く物語です。はっきりユダヤ人と分かるのは主人公のヨナ
ぐらいです。両方の書には戦いの「た」の字もありません。これらは小品ですから長い書を例に挙げま
す。ヨブ記です。これは行数にして2500行以上あります。息子が殺されたと言う記述があります。
その戦いの記述はたった3行です。アダムとイブの話、創世記は50章もありますがユダヤ人の戦いは、
たった9行です。1章の10分の1くらいです。出エジプト記のファラオとモーセのやりとりは戦いと
は言えないでしょう。創世記よりぶっそうな場面は多いですが、それでも戦いはあなたが期待するほど
多くはありません。士師記・ヨシュア記・民数記は戦いの場面が出てきます。あなたが「戦いの歴史」
と言うのはこの書の戦いの印象が強かったからでしょうか。申命記の主な内容は宗教上の戒律です。
目には目をも有名な言葉ですが、あなたの隣人を愛せよと言う言葉もあります。レビ記の主な内容は神
さんを祀る方法と言えるかもしれません。双方とも戦いの歴史が主題でない事は明白です。これだけ例
を挙げれば十分でしょう。
終りに失礼な態度をとったことハンドルネームの長い人におわびします。

82 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 12:34:59 ID:e3z6K4U3
>>80
そんな事言うやつがいるから、日本は反省してないって言われ続けるんだ。

当時の世界情勢を考えると情状酌量の余地はあるが、それはそれ。
諸外国に迷惑を多大にかけた事にかわりはない。
反省の意を表せて、領土と経済をとるべし。

83 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 12:44:52 ID:WbZBahvS
靖国神社の背景は、長州薩摩体制のカリスマ性維持の亡霊。

84 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 12:52:58 ID:1nxLfbyy
>>75
>合祀したのを一般公表したのは何時なんだろう?

朝日新聞がA級戦犯合祀の翌年の79年に報道し国内問題になったとされる
公表したという表現は不適当

85 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/08(水) 13:27:33 ID:wWT4ZvCo
公表も何も、なぜ靖国は合祀したことを黙っていなかったのだろう?
結局、黙っていては靖国にとって、合祀の意味が無いことになる。


86 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 13:59:22 ID:Z1HKV7V5
>>85
客商売だからね

87 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 16:07:33 ID:YZw2/1yC
合祀は確か国民4000万の署名運動でなされたと記憶しています。
記憶違いだったかな??

↓靖国について議論してます。ちょっとためになります。

http://jpbbs.chinabroadcast.cn/viewtopic.php?t=466

88 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 17:33:49 ID:/CMHEKvN
署名は、戦犯の赦免を求めるものでしょ。合祀を求める署名なんて聞いたことがない。

89 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/08(水) 22:16:46 ID:KUoBVKjY
>>41-42
何も知らんくせに、ハッタリだけかますから、最後は逃げるだけになるんだね。

旧約聖書はユダヤ人の戦いの歴史だし、神の怒りの書だよ。
そこに何の矛盾も無いが、嘘吐きの関西弁のオッチャンは馬鹿なのを曝け出しただけだね。

90 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/08(水) 22:21:55 ID:KUoBVKjY
中曽根康弘が、A級戦犯の分祀と言っているのは、奴が日米戦争を主導した
海軍出身だからだよ。
A級戦犯に海軍は含まれていないからね。
どこまでも、ミミッチク、厭らしい奴だ。
さっさと、地獄に旅立てば良いのにさ。





91 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/08(水) 22:42:29 ID:b/BdeVb2
>>89 オッチャン
見るに見かねて首挟むけど、>>81のオイチャンの書き込みに正当に反論できて初めて、議論が成り立つんだよ。


92 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 22:49:21 ID:fCTwvmim
70年近く前、、当時の軍事政権が国民を無用な戦争に盲目的に
従わせる為の大道具、小道具として日の丸や君が代が使われた歴史がある。
更には、金を使わずに戦死者の家族を納得させる方法として、
皇軍の戦死者は神になり、靖国に奉られるというシナリオで国民を洗脳し、
命知らずの自爆突撃兵士を大量生産する為の舞台装置としての
役割を担っていたのが靖国神社。
「命・振り込め詐欺」の殿堂、靖国神社との3点セットの呪縛で、
尊い日本国民300万人が犠牲となり、数千万人の遺族を
作り出した事を忘れてはいけない。


93 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 23:02:07 ID:UXpyWhyl
中国に対しては、言いたいことがある。
貴国の長い歴史は、アジア諸国を貴国に隷属させる目的に終始した歴史に他ならない。
一度として、アジア諸国の独立のために、自ら立ち向かったことのない、まさに帝国
主義丸出しの歴史を抱えた国であった。
いや、その考えは今もって変わらない。
そのような卑しい国に、とやかく言われる筋合いはない。
ただ、私は中国の為政者たちから学ぶものはないが、多くの戦争孤児を助けてくれた
中国の市井の民の優しさと誠意には、心から感謝したいと思うものである。
悲しいかな、その方々は老いて、江沢民という後の世に残るであろう馬鹿者が植え付けた
反日教育にこりかたまってしまった人々によって、中国は、国を挙げて暴走し、誰も止める
ことはできない。
日本は、もはやこれからの半世紀は、中国と理解し合うことなど望むべくもない時代を
過ごすことになろう。
日本が目先の利益を捨て、この事実を冷静に受け止め、他のアジア諸国と手を結ぶことを
国策として取り上げた時、中国は戦後の貧しい時代に向けて突き進み、遠からず、分裂する
ことになるだろう。
その時、分裂した中国のいくつかと、分かり合える日が来ればおんのじであると考えるのが、
最も妥当な結論のように思われる。


94 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/08(水) 23:20:10 ID:b/BdeVb2
>>61 しいばさん
レスどうもです。
そういうことならおかしくはないんですけど、どうもネットで「厚生労働省から祭神名簿が通知され…」というフレーズを見かけるもので、
また少し調べてみると、今度は靖国神社の公式サイト内において、
なんと、「戦犯合祀は官民一体作業」という言葉が堂々と書かれていましたよ。

今まだ読んでるところですけど、その部分を抜粋してみますね。

『厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」と
いう通達を出して、都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。そ
して、厚生省と都道府県が選考した御祭神を「御祭神名票」という
カードに記入して靖国神社に送り、それに基づいて、靖国神社は御
祭神を合祀する。戦後は、こういう一種の「官民一体の共同作業」に
よって、靖国神社の合祀がなされてきたのです。』

…で、その理由も書かれていますが、

『占領が終わると同時に、遺族会や生き残った
戦友たちから、国の為に亡くなった戦没者を早急に靖国神社にお祀りすべ
きだという議論が沸き起こった。しかし、彪大な数になる支那事変や大東
亜戦争の戦没者を選考するなど、民間の宗教法人となった靖国神社には
到底不可能なことです。それで、陸海軍省の後身である第1、第2復員省に
始り、そこから復員業務と遺族の援護業務を引き継いだ厚生省が、この問
題を担当することになったわけです。』

…ということのようです。

95 :43で45なオヤジ:2005/06/08(水) 23:34:26 ID:3OaKKim0
>>89 名無しだけど外国人参政権反対!さん

しつこいかい、頭から人見下しとるかい、詭弁だらけかぃとまぁ最低ですな。

なぜ>>81の書き込みを無視して、自分に都合が良い>>41>>42を抜き出して叩く?

それにこれ
>旧約聖書はユダヤ人の戦いの歴史だし、神の怒りの書だよ。
↑根拠も示さず、自らの言い分が正当だと言い張る。
まさに典型的詭弁の手法。
そんなんじゃ誰にも相手にされなくなるよ、そのうち。

#…あ〜俺人にいちゃもんつけてばっか…感じわる〜。

96 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/08(水) 23:45:02 ID:b/BdeVb2
>>91は、首じゃなくて、口を挟む、でした(汗)

97 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/08(水) 23:45:59 ID:KUoBVKjY
>>81
木を見て森を見ずの議論か。
ソロモンにしても、平和の象徴というより、ユダヤ人の王国が最大になった時代だわね。
その前のダビデよりね。
王位継承争いも何もかも無視して、ただ平和ということ自体、変だね。

ルツ記にしても確かにモアブ人の女性が主人公ですな。
でも、ルツ自身は、ダビデ王の先祖だけどね。
>神をのみ信頼して帰郷したこの嫁・姑を、神はもろ手をあげて受け止められ、ルツはボアズとの結婚に、
>ナオミは贖い人を得、ルツの子オベデはダビデ王の祖父、ゆえにキリストの祖先となります。

結局、関西弁のオッチャンは知ったかぶりしているだけだろ。
こっちは、まともに議論しようと思って、昔見ていた旧約聖書が見つからなくてこまっているだけで、
見ていないで言っているわけではないがね。

ま、驕慢の日本人は、英霊に怒りの炎で打たれるだけかもね。

98 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 00:20:07 ID:KVpp1vLc
自国の兵隊が死んだのなら丁重に弔うのは当然のことだ。
総理が国軍の最高司令官として国のために亡くなった英霊を祭る靖国を参拝するのは道義的義務だ。

人として参拝は当然だ。

敵国だった中国人が恨みを忘れないのは理解するが、国内的には参拝するべきだ。
私的怨念を恐れ参拝を断念する選択もやむおえないが、個人的には参拝するべきだ。

特に中国から抗議されて断念したと取られるような参拝中止はするべきではない。
日本が中国の脅しに屈服したと誤解されるような無様な行為は絶対に避けるべきだ。

中国が過敏に反応しているうちは、当分参拝を止めるべきではない。

99 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 01:57:34 ID:A8UdRipl

               ◯                  _______
               //           ____/   ,,;|||||||||!!"\___
              // |\_____/ ||||||  ,||||"  ,,;;|||||||!"     ,,,;;;||/
              // │ `||||||、  `|||、  |||||  ,||||"  ,,;|||||||"    ,,,;;;||||||/
             // │   `|||||、  ||||  |||| ,|||" ,,;;|||||"   ,,,,,;;;|||||||||||(
             //  │||ii、  `!||||、 `|||,,,||||,,,|||" ,,;||||"  ,,,,,;;||||||||||||!!!!"" )
            //  │!!|||||||ii、  `|||,,;||||||||||||||||||||" ,,,,;;;;||||||!!!""     /
            //   │  ""''!!!||i;:|||||||||||||||||||||||||;ii|||!!!""         |
           //   /,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||||||||||||||||||||||||||||||||,,,,,,,,,,,,,,;;;;;iiiiiiiiiiiii|||||||||i
           //   /||||||||||!!!!!!""|||||||||||||||||||||||||||||||"!!!!!!!!!!||||||||||||||||||||||i
          //   /    ,,,,,,,;;iiii|||||||||||||||||||||||||||||iiii,,,,,,        """""|
          //   / ,,,;;iii||||||!!!"" ||||||||||||||||||||||||| `!!!!|||||||iii,,,,,       |
         //  /|||||||||||!""  ,;i|||!"`|||"|||!!!|||: `|||l、  `!!!!||||||||||||iiii、  /
         // /||||||||!!"   ,,;;|||||!" ,i|||' |||| `|||、 `|||||、   `'!!!!!|||||||||||||(
        //<|||||||||"   ,,;;i|||||!'  ,||||" ||||  ||||、 `!!|||||i     `!!!!|||||||||\
        //  \__ ,,,;;i|||||||"  ,;|||||" ,|||||__|||||、__`||||||||i、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       //       \________/ ̄    ̄    ̄ ̄ ̄
 ___ //
              日章旗掲揚

100 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 02:22:19 ID:qvPPU9Hi
これまでの小泉首相の参拝履歴を見ると、年に一回の参拝は、終戦記念日を少し外した
8月13日から、春の例大祭の4月21日、そして、1月14日と1月1日とだんだん繰り上げ
られてきた。この繰上げが、「近隣諸国」に対する配慮によるものであるならば、今年の参
拝も初詣という形式を取れる正月に行うのが最善であり、この時期を外しての参拝は考え
にくい状況であった。

そして、今、中国が異様に首相の靖国参拝にこだわる現在、今年中の靖国参拝はちょっと
考えられない。首相が中国政府に対して断固たる対決姿勢を示したいというのなら別だが・・・。

101 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 03:19:42 ID:avdGEMKR
一宗教法人にすぎない靖国神社は菊の紋章を使っている。つまりこの紋章の意味する
所とは一体なのだ。この紋所が目に入らぬか!!

102 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/09(木) 06:00:43 ID:liQaTtxl
>>95
何も知らないで、イチャモンしか言えない奴は、愚かしいね。


103 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 07:03:05 ID:6J3XaJZC
606 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/06/08(水) 09:40:41 ID:gpQ+RIq0
東條は独裁者としての強権をふるい「竹槍では勝てない、飛行機だ」と自分に批判的な記事を書いた毎日新聞の新名丈夫記者を
37歳で二等兵召集した。これに新名記者が海軍従軍記者だった経過から海軍が抗議した結果、新名と同じく大正生まれの
兵役免除者二百五十人が召集され、つじつまを合わせた。東条英機は新名記者の「硫黄島送りを厳命したが新名記者は
海軍によって3ヶ月で除隊となり再度の召集を防ぐため海軍の従軍記者となり難を逃れた。
(新名のとばっちりをくって再召集された丸亀連隊の中年二等兵たち二百五十人は硫黄島に送られ、全員玉砕してしまった。)
同じようなケースは多々見受けられ逓信省工務局長松前重義は東条反対派の東久邇宮に接近したというので、四十五歳で
第二国民兵なのに召集され南方に送って、電柱かつぎに使役されたという懲兵ケースがある。
特高警察と東京憲兵隊も重用した。東條政府打倒のために重臣グループなどと接触を続けた中野正剛をそのシンパの
「勤王まことむすび」なる右翼一派とともに検挙し、釈放の後に中野を割腹に追い込んだのは憲兵であった。

608 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/06/08(水) 09:44:43 ID:gpQ+RIq0
東條に懲罰召集された松前重義の息子の手記。高松宮も懲罰召集に激怒。

http://www.sci-news.co.jp/contents/matumae.htm
当時の軍部(陸軍)にとって、松前重義の存在は目の上のコブであった。私達の家の
周辺には憲兵が出没するようになり、やがて軍部により松前重義に対する懲罰召集が
実行された。この召集を懲罰でないと言う人がいるが、当時四十三才、逓信省工務局長
という勅任官であり、わが国の情報通信の責任者を召集令状も提示せずに東条内閣総
辞職の代償として最後の権力を行使し電報一本で召集したのである。これは懲罰召集
以外何ものでもない。この召集に関して高松宮殿下は日記のなかで次のように述べら
れている。
 『松前運通省工務局長が応召したとの話で尋ねたら、やはり熊本の西部22部隊に
二等兵として召集された由、実に憤慨にたえぬ。陸軍の不正であるばかりでなく、陸
海軍の責任であり国権の紊乱である』

104 :95:2005/06/09(木) 10:56:59 ID:QCiJt3k+
>>102
何も知らない?イチャモン?
何が?どこが?どういう風に?

決め付けてしか話できないんですね。
指摘されても直せないんですね。かわいそうに。
もうレス結構ですけどね。あなたが出没するスレッドは一切見ませんから。
くだらね。

105 :95:2005/06/09(木) 11:05:37 ID:QCiJt3k+
あ、大事なこと言い忘れてました。

関西弁のおっちゃんさん>
こんなの相手にしてたら確かにストレス感じるでしょうし、
悪意を感じますね。
その点に対する配慮というか、察する気持ちが足りてませんでした。
生意気言っちゃったことをお詫びしておきます。

>名無しだけ外国人参政権反対!氏>
この先もいつまでもそうやって、頭から人の事見下して、
いつも自分だけ間違ってない、高尚な意見を言い続けてくださいまし。
あなたが自分の事をどれほど正しいと思ってるか想像もつきませんし、
あなたが私や、自分と意見の合わない人間をどれほど見下してるのか
想像もしたくありませんが、
いつも正しく・間違いないあなたを反吐が出るほど嫌いだと思う馬鹿が
いることをお忘れなきよう。

無理か。
ではごきげんよう。

106 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 14:09:41 ID:kOGVUmu5

   ┏━━━━━[靖国神社とは]━━━━━━━━━━━━
   ┃ 明治22年に日本軍の施設として作られた、自爆突撃兵士
   ┃ 大量生産の為の洗脳工場(命・振込め詐欺の殿堂)は後に、
   ┃ 味噌(被害者)の中に、糞(加害者)を放り込んだ事により      
   ┃ 究極のクソミソ神社に成っているとも言われている。
   。  。 糞(戦犯)が味噌に紛れ込んで責任を誤魔化そうとしている。
  ハ,,ハ   /  あんな所に行ってはイケマセン。 いいですね。
 ≧,,゚ー゚≦/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ( 〒)つ
  (__,,)_,,)


107 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 14:10:13 ID:uhbV/fpr
匿名掲示板っていいよね。
一切見ないと言ってもまた知らん顔して書き込めるからw

108 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 15:05:15 ID:2SGxXk77
>>107
何度もループするだけなんだよなw

109 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 16:01:57 ID:KVpp1vLc
「継続は力なり。」

これ真実。

馬鹿の一年岩をも通す。嘘も百編繰り返せば、嘘つきまでもが信じ込む。

110 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 16:33:19 ID:z7lfScDR
>>106

年号一つとってもでたらめな書き込みですな。
ま、せいぜい吠えなさいな。

111 ::2005/06/09(木) 16:34:31 ID:9BKIOflE
クソマスゴミ共の報道姿勢を見てると
靖国参拝賛成派で取り上げているのは
安倍ちゃん一人に対して反対派は
紅野、草加、箸元、亀、子蛾、馬カソネ、紅の、下等
草加紅迷等バランスを欠いたと利上げをして
テメエらクソマスゴミ共がチョンとチャンコロの
特派員共がチャンコロとチョン政府の圧力を受けて
売国報道に走っている事位は賢明なる日本人は
皆知っているぜ。クソマスゴミ共。
モロにチャンコロとチョンの意向を受けて
税金泥棒のチャンコロスクールとチョンスクールの
売国官僚屋と売国政治屋と草加紅迷と攣るんで
売国クソマスゴミ共の

小泉の靖国参拝反対の世論操作姿勢が見え見え。
小泉の靖国参拝反対の世論操作姿勢が見え見え。
小泉の靖国参拝反対の世論操作姿勢が見え見え。

下手な世論誘導して皆に見破られて
売国クソマスゴミ共テメエでテメエの
首を絞めるとはこの事ニダ。

ここ一週間位から特に顕著な世論操作が始まった。
ここ一週間位から特に顕著な世論操作が始まった。
ここ一週間位から特に顕著な世論操作が始まった。


売国クソマスゴミの小泉首相の靖国参拝反対の世論操作。
売国クソマスゴミの小泉首相の靖国参拝反対の世論操作。
売国クソマスゴミの小泉首相の靖国参拝反対の世論操作。
売国クソマスゴミの小泉首相の靖国参拝反対の世論操作。
売国クソマスゴミの小泉首相の靖国参拝反対の世論操作。

112 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 19:50:55 ID:fWHs4JD/
これってどぉよ?
http://blog.livedoor.jp/wildeagle/comment.cgi/23048122

113 :関西弁のジジイ:2005/06/09(木) 21:04:29 ID:uQYn1nDA
95について、まさか靖国神社を考える掲示板で旧約聖書の話をするとは思ってもみなかった。またその
ことに疑問を感じながら書いています。
○ソロモンの王位継承巡る争いの件はよくご存知です。感心しました。しかし、これは議論とは関係が
なさそうなのでスルーしても良さそうだと思うのですが。
○ルツとダビデ王の関係は旧約聖書の知識があれば分かりますが、「贖い」の思想はある程度の専門知
識が必要であることを認めます。旧約聖書を知らないと申しました事はお詫びし訂正致します。
 あなたのお書きになった[>>28・・旧約聖書は神の怒りの書]これについては解釈の問題であり、異論
を唱えるつもりはありません。もし、仮に誰かが旧約聖書は贖いを暗示していると言って同じです。そ
れぞれ解釈の違いがあっても自由だと思います。しかしユダヤ人の戦いの歴史と言う事には黙っている
べきでないと判断したのです。なぜと尋ねられればうまく答える自信がありません。しかし、もし旧約
聖書を知らない人がそれを真に受けたとしたらと考えたのかもしれません。あるいはもっと軽率にいい
かげんな判断をしたのかもしれません。たぶんそれでしょう。今はこのことを後悔しています。大人の
喧嘩は一度すれば仲直りはできないと言われています。お互いこのやり取りのことは子供になりません
か?せっかく靖国と言う日本の最高の神社をテーマにした掲示板で旧約聖書と言う至高のテーマで話し
合ったのですから。「贖い」という言葉を最初にお使いになったのはあなたです。この掲示板で「贖い」
を知っているのはたぶんあなたと私だけでしょう。うろ覚えですが「子供のように受け入れなければ天
国には入れない」と言う言葉を思い出しました。お互い子供になりませんか?あなたは旧約聖書をご存
知であることを認めました。でもなぜ途中で学ばれることをお止めになったのですか?

114 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/09(木) 21:26:43 ID:LL2kidFR
>>113
別に、こっちが全て知っているという前提は無いけど、そちらが全て知っていると言ったから
だったら、どういうこっちゃでやりあっただけ。

とにかく、おれの左翼時代の業は、深く重い感じがする。
多くの人を不幸にしてしまったようだ。
靖国社の英霊に、いくら謝罪しても、取り返せないものが沢山ある。

日教組や全教祖の人間は、このまま、イデオロギーに偏った教育で多くの子を不幸に陥れ
続けることに原罪を感じないのだろうか?

関西弁のオッチャンにも、せっかく、若い子がついているんだから、あまり、罪深いほうに
もっていかんといて。

おれの周りの左翼も歳取ってくるほどに、悲惨になっている。

115 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/06/09(木) 21:43:47 ID:LL2kidFR
今日も、週刊新潮で靖国が取り上げられていたが、城山三郎は、A級戦犯の処刑時に
遺族が遺骨をもらえなかったということも分からず、広田弘毅の骨を国家に利用され
ないために家族が集めたと、書いていたが、かなり、精神に異常をきたしているように
感じた。
東京裁判は、正にディープ・スペクターのような無知のアメリカ人形成に役立ってはいる。
そして、そこに、アメリカがなかなか引き返せない呪いを感じるがね。

誰にも強制など無い。
英霊に感謝し、追悼する人間は靖国や護国神社に行く。
日本の総理大臣には、そういう人の心を分かる人間がなってほしいだけ。
新しい追悼施設を作れという人に、死者への思いやりも感謝の気持ちも全く感じない。
田原総一郎や小沢遼子らの左翼は、金のためだけが国益なんだとさ。
戦後60年、ここまで日本は腐ってきているのかね?
支那や朝鮮の下心のためなら、日本のために戦った英霊を侮辱してもかまわないというほど
心が荒んだ大人の子供は、やはり、救いようも無く荒んでいくのだろう。

ちょっと、考えることがあって、暫く、休むけど、肯定派頑張ってよ!
まあ、一ヶ月もしたら、又、戻って来たいので、議論ようやってな。

116 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 21:49:33 ID:KVpp1vLc
>>115
おつとめご苦労様です。w
しっかりシマは護ります。

117 :DreamComeTrue:2005/06/09(木) 22:08:52 ID:RvL8N4uV
>>114,115
全く同感。もうこれ以上日本、いやわが祖国を歪ませたくない。どうして、まっとうで
常識的な議論ができないのかと思う。それほど東京裁判史観の刷込みは強烈だったという
ことか(自省の思いをこめて)。今の中国、韓国みてても教育の力は恐ろしいと思うよ、
つくづく。
 なぜ「国益=経済益」の発想から抜け出れないんだろうか?守るべき一線のわからん
政治家がまだ多い。中曽根、宮沢、河野、彼等の行動を歴史は忘れない。そして、四面
楚歌とも思える政界、財界、マスコミの包囲網のなかで、もし小泉が靖国参拝を貫いた
なら、俺はこの一点だけで彼を認めるよ。
 昨日のW杯予選突破の光景をみて思うのは、自分の国の国旗や国歌へ妙な
アレルギーを持たない若い世代が着実に育っている気がする。そう、考えると、
救われる気がする。マスコミは、それを社会の右傾化と呼ぶが、本来の姿へ
回帰しているだけだ。しかし、大騒ぎで報道していたのは、かのTV朝日だが、
結果的に、健全なナショナリズムの育成に彼等自身が手を貸していることに
なるとしたら、何たる歴史の皮肉だろう。朝日のやつらがその事に気づいているとは
思わないが。


118 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:14:10 ID:VCuDlnta
>>117
靖国に行くやつは売国奴
愛国心のかけらもない。
インチキ神社に騙されるとは なんと知能の低い事か 

119 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:18:56 ID:bitolKnY
ある意味、今年は日本の将来と日本人の生きる道が決定する年だね。

120 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:24:06 ID:llT5ryVx
A級戦犯の分祀は不可能…神社本庁が基本見解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050609-00000014-yom-pol

ということだ。

121 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:30:45 ID:qvPPU9Hi
>>120
一宗教組織が一国の首相に特定の宗教施設への参拝を継続しろとは図々しいにも程がある

122 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:38:39 ID:KVpp1vLc
>>118
あなたは「愛国心」があるのか?
国のために戦った兵士を敬い参拝することがなぜ売国奴になるのか説明しろ。

123 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:43:53 ID:KVpp1vLc
>>121
他国の宗教的活動にあれこれと指図するとは図々しいにもほどがある。
他国の葬送に対して干渉するなどテロリストのアルカイダでさえやらないことだ。
糞中国の傲慢さには反吐が出る。

124 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 22:49:04 ID:VCuDlnta
>>122
もちろん愛国心は持ってる。
しかも、日本こそ最高の国だとも思ってる。

国のためにじゃないだろ?靖国は。

お国のためにとの大儀名分で、日本を滅ぼしかねない戦争に行かされたんだろ?


125 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/06/09(木) 23:06:05 ID:6sATapKD

アメリカは、イギリス人が、現地のインディアンを殺しまくって、侵略して、

アフリカから、黒人を奴隷として使って造られた国。

日本だけを悪者呼ばわりするとは、クサレ志那は、滅べ。(Φ◇Φ)‡~~~~

。。

126 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 23:13:25 ID:9UZCNQzJ
>>124 別に開戦しなくても日本は滅んでいただろうよ。日本人は座して死を待つことを潔しと考えられるような民族じゃない。
当時の状況が戦うも亡国、戦わぬも亡国ということをみんな知っていた。

127 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 23:21:50 ID:twnBeWQb
名無しだけど@外国人参政権反対!はん行ってしまわれたか。[でもなぜ途中で学ばれる
ことをお止めになったのですか? ]にちゃんと答えてくれなんだ。残念!今度おうたら
質問しようっと。
わての知人が言うてたけど。若い時やったら明日という日が来るのが当たり前やった。年取ると違う。
ほんまに明日は来るんやろかと思うようになる。あんたらのおじいちゃんやおばあちゃんはそう言う日
を毎日おくってるんや。夜、真っ暗にして眠ると暗い底無しの淵に落ちて行くような、きしょく悪うな
る。せやさけ、宗教は真剣やなかったらあかん。わてはそう思うんや。宗教は暗やみを歩く人の道を照
らす光みたいなもんや。あるいは羅針盤か。せやさけ、国家を導く宗教も同じやろ。国家神道やったら
国の行く道を照らすもんやろ。信じるだけやったらあかん。真剣に、全身全霊を傾けてその本質を尋ね
求め研究し分析し探求しつづけなあかんと思う。左翼も右翼も関係ない。彼はさら研究を深めるやろな。
楽しみやな。


128 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 23:51:32 ID:uyd7bFmr
とにかく日本は敗戦国なのです。古来より敗戦国の民が戦勝国より
豊かになり、あげくに戦争の指導者を拝んでたら変でしょ。
そもそもこんな経済的にはメリットのないことで、周辺の国にに
外交カードにされるのがむかつく。

129 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 00:12:01 ID:7pA+u1cO
>>117
>東京裁判史観の刷込みは強烈だった
というのは、何となく違うように思います。
東京裁判の結果を利用しているだけで、彼らにとっては何でもいいので
はないでしょうか。
もちろん、これは、中国や韓国のの宣伝マンあるいは、朝日信奉者にお
ける話ですが、この手の輩は、本質的に志の低いお馬鹿さんですから、まあ、つまるところ無視すればよい。
もっと大事なのは、靖国反対の人の中に、東条を許せないと考える人々
がいるということです。
例えば、神風特攻隊で死んだ友人を持つ人々にとっては、終戦に際し東
条が自決しなかったということに対して、許せないという思いを抱く人
がいるということです。
もちろん、神風特攻隊で死んだ友人を持つ人の中で、正反対の感情を抱
いている人も少なくないのではありますが。
むしろその方が多いと考えるべきかもしれませんね。
いずれにせよ、東条は許せないという思いを抱く人々に、靖国への理解
を求めることは至難の業となります。
しかし、私はそういう方々には、東条とて、好き好んで死刑になるまで
生きながらえた訳ではないであろうし、東条の判断で救われた日本人も
少なからずいたに違いないことに思いを馳せ、死者にむち打つのではな
く、むしろ祀ることで鎮魂するという神道の考え方、先達の知恵に従
い、己の価値観にしばられることの不寛容さの呪縛を解いては如何であ
ろうかと問いかけたいわけです。
まあ、そう納得できるくらいの人であれば、はじめから東条を許せない
とは考えないのかもしれませんが。
なお、靖国に合祀してくるなという、他宗教の方や、異国の方に対して
は、神道において祀るということは、観念の問題であって、多神教でか
つ民族宗教である神道の場合、合祀されたくないのであれば、心の中で
合祀されていないと考えれば、それだけですむ世界なのだという神道の
理念を繰り返し説明することで理解を求めるのが筋であろうと思うわけ
です。


130 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 00:14:00 ID:owX3wXWX
敗戦とはリセットをかけたようなモノだ。
占領政策で戦時中の罪の糾弾等は総て完了した。
過去の戦争などすべて昔話、賠償問題も解決したから講和条約が締結された。
中華民国は戦後賠償など総てを放棄したのだ、戦後処理は完了している。

靖国参拝は日本の自由だ。文句があるなら戦争でも仕掛けてこい。

131 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 00:25:23 ID:jNBH7EqP
>>128
そうなんだよね。
平将門、平清盛、源義経、織田信長、西郷隆盛や石川五右衛門でさえ
負け戦で戦死や病死、斬首や釜茹でになっている人間でも神社で
祭られていると言う日本の文化が外国人にはわからないのだろう。
現在の日本の中でさえ理解できない人が居るのだろうね。
誰が誰を崇めようとほっとけないものなんだろうね。

132 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 00:31:10 ID:7pA+u1cO
>>128
経済的メリットがないことがそれほどいやなのですか?
目先の利益に目を奪われ、日本人の誇りを失うことの
愚かさを考えてください。
戦没者を参拝するに当たり、戦勝国も敗戦国も関係ないでしょ。
戦後60年。
肝心の日本人がそのようなひがみ根性から抜け出ないとすれば、
まともな国から評価される日は永遠に来ないでしょう。
もちろん、中国、韓国はまともじゃあありませんから、彼らに
評価されなくても結構、むしろ評価されるようじゃ恥ずかしい
わけですが。
あなたが心配しなくても、日本の経済的メリットは、中国と
韓国を切り捨てても十分に保たれます。
むしろ、これらの国のデメリットの方が遙かに大きい。
日本の態度如何で、中国の分裂の時期は早まることになるで
しょう。
>>131
何度もいいますが、外国の中で靖国を攻撃している国は、神道を
理解できないのではなく、攻撃の材料にしているだけと思います。
理解できないのは、むしろ、トラウマを持つか、あるいは日本の
先建の知恵に学ぼうとしない、一部の日本人なのです。
あなたもその一人ですか?

133 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 00:39:53 ID:Jjp5iiNS
>>131
その文化をわかりやすく世界に発信する努力をしないのが問題だと思われる。
日本人でも知的レベルの低い連中は、知らない事。
まして、説明責任も感じていない小泉には無理。

なんだっけ「説明することはした、後は適切な時期に参拝をする」だったかな?

後は、語るに及ばず。

134 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 00:54:32 ID:m64fqrcU
>>133
世界に向けて発信する努力をすることが大切であると、私も思います。
ただ、確信犯たる中国や韓国には、説明すること自体が時間の無駄とは
思いますが。
日本人に向けて、説明することも、今後必要になってくるのでしょう。
大切な先達の知恵を継承することは、意義深いことでしょうから。
小泉総理は、説明責任を感じていないのではなく、説明能力がないので
す。
しかしながら、それでも、靖国参拝を続けようとしているだけ、中曽
根、加藤、管といった面々よりはましと申せましょうか?
まあ、「罪を憎んで人を憎まず」などというとんちんかんなことを言っ
て、記者会見で自慢しているくらいの御仁ですから、下手に説明されて
かえってこじれることが危惧されますが。
次は、私の本音ですが、総理の発言も含めて、こうした状況を生む最大
の原因は、日本の官僚の質の低下にあると、私は思っています。



135 :DreamComeTrue:2005/06/10(金) 01:03:35 ID:u5+H/yvl
>>133
今の日本の状況でわかりやすく発信する云々は、些かナイーブにすぎると思うな。そして、日本
に必要なのは、文化を世界に発信する努力という奇麗ごとじゃなくて、倣うべきは戦前/戦後を
通して、圧倒的にうわ手だった中国やアメリカのプロパガンダ、謀略宣伝の能力だろうね。
倉前盛通の書いた「悪の論理 地政学とは何か」の一読をおすすめする。


136 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 01:08:06 ID:Jjp5iiNS
>>134
無能な官僚は折込積みでしょう。
それを導くのも首相の裁量だし、む無能の官僚をある意味泥臭く仕事をさせなかった中曽根は評価できる。
当時の中曽根も散々叩かれていたが。

今後の評価はどうなるかは予想は難しいが、現時点、外交が下手な小泉は困る。

137 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/10(金) 01:08:09 ID:SQ7zMSHo
日本が右傾化すると…
どういうメリットがあるんだろう?


あーあ。小泉辞任が待ち遠しい。
でも、誰になるだろう。

138 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 01:15:13 ID:m64fqrcU
>>135

倉前盛通の書いた「悪の論理 地政学とは何か」とは、ずいぶん懐かし
い本ですよね。
かつて、平積みになっていたベストセラーで、私も読みましたよ。
確かに、日本の外交能力は極端に低いと思いますが。
中国やアメリカのプロパガンダ、謀略宣伝の能力を学ぶことも大切とは
思いますが、私は、まず日本は情報収集能力の強化に努めるべきと思い
ますがいかがでしょうか。
それから、ナイーブであっても、日本の文化をわかりやすく世界に発信
する努力をすることは、やはり、大切だと思いますよ。


139 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 01:24:29 ID:m64fqrcU
>>136
確かに折込み済みなのですが、中曽根の時代に比しても、極端に
質が低下してきているように思います。
まあ、政治家の質や官僚の質の低下は、国民のそれを反映するわけでも
ありますから、大きなことはいえませんが、文章能力一つをとっても、目も当てられないくらいひどいものがまかり通っていますよ、ほんと
に。
ついでにいえば、裁判官の文章能力の低下も、驚くほどひどくなってき
ています。



140 :DreamComeTrue:2005/06/10(金) 01:41:09 ID:u5+H/yvl
>>132
お宅の意見にほぼ完全同意します。ほぼ、というのは小泉に対する評価が私自身では正直まだ
わからんのです。私は、大東亜戦争必要悪論に立つのですが(肯定論とは少し違います)、そう
いった立場からみると、東京裁判を否定し、A級戦犯の名誉回復を宣言し堂々と日本の主張をして
欲しいと思います。しかし、今の日本の政治状況は、まだそこまで成熟していないでしょう。
せいぜい司馬史観どまりです。戦争経験者がいなくなる時代、あと30年経たないと冷静に先の戦争
を数世紀のスパンで世界史的に評価することは難しいでしょう。まして、今回の中国の攻撃は、
常任理事国問題や台湾問題を念頭において将来の東アジアや西太平洋の覇権を目指した地政学的
モーメントからくる、単なる言いがかりに近いものです。教科書問題と同じで妥協点を探ろうと
する事自体が相手の術中にはまることになるのです。意外と、小泉のボケやスカシが現状では
次善の策かと思ったりするのです。スーパーパワーであるアメリカは、中国の本音を見切って
いると思いますが。今回の一連の騒動はどちらへ転ぼうと、日本の健全なナショナリズムの覚醒
の端緒となる意味で、中国は危ないゲームをし始めたし、日本にとっては良い方向へ進むと思い
ます。でも、日本人って基本的に善人すぎるよね、奇麗ごと好きだし。

141 :DreamComeTrue:2005/06/10(金) 02:05:49 ID:u5+H/yvl
>>138
失礼なことを申し上げてすみません。私よりかなりお若い方かたかと思ったものですから、
説教口になってしましました。ご容赦下さい。先述の、確かに旧い書籍の読者に2ちゃん
でお話できるとは思いませんでした。私が読んだのは、文庫化されてからのことでそれ
も随分昔のことですが、最近読み直してみると執筆当時の状況が今と酷似してるようで
世界をドライブさせている本質は変化していないことに驚かされるのです。私は、
これから世界は、民族主義、新たな帝国主義の大きなうねりの中へ向かうのではないか
という危惧を抱いているのですが、そのせいかどうも「善」なるものにはこころもと
なさを感じてしまうのです。情報収集(諜報も含めて)能力のアップという点については
大賛成です。


142 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 02:34:28 ID:UBjl8GrC
>>日本にとっては良い方向へ進むと思い
ます。

そうとも思いません。まあ靖国問題と、国連常任入り問題の大きな2つの問題で
この先10年程度の日本方向性は分かるんのは確かですね。今年後半楽しみです。






143 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 04:27:51 ID:+AjcZBG9
>>139
官僚をコントロールできない世襲議員が増えたせいだろ。
裁判官に関しては新様式判決は完全に失敗だったね。

144 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 05:16:44 ID:C2aizoEV
エホバ降臨りて彼人衆の建る邑と塔とを観たまへり

エホバ言たまひけるは
「視よ、
民は一にして、皆、一の言語を用ふ、
今既に此を爲し始めたり、
然ば凡て其爲んと圖維る事は禁止め得られざるべし」

去來我等降り、
彼處にて、彼等の言語を淆し、
互に言語を通ずることを得ざらしめんと…

145 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 05:22:27 ID:NVPN64KZ
>>76
勝手に、とは、靖国が日本国民に黙って勝手に、ってことだけど?

それとも、神社はいちいち合祀内容を公表するもんかね?

とか疑問に思っただけなのに・・・火病ですか?

146 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 08:02:14 ID:yHMVgkTQ
GHQが靖国神社を解体しとけば良かったのに

147 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 08:14:00 ID:CId3CKgl
>>146
同意だが何でも外圧頼みというのも情けない話だな
愛国者を自称する連中は自己満足ではなく子孫の事を真っ先に考えればいいのに

148 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 10:39:00 ID:owX3wXWX
>>146
バチカンに相談したら存続させろと言われたんだよね、世界の常識が靖国存続なんだ。

149 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 10:41:32 ID:owX3wXWX
>>147
子孫のためにも中国の不当な要求に屈服する前例は残すべきではない。

150 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/10(金) 11:19:36 ID:OUl8Z383
>>145
>それとも、神社はいちいち合祀内容を公表するもんかね?

そうなんですよ。最近、それが疑問になってきました。

なぜ、靖国は合祀する方々を公表するのだろうかと?

A級戦犯にしても、だま〜って合祀しておけば何の問題も無かったはず。

それでは、合祀の意味がないという判断だったのでしょうね。




151 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 11:38:46 ID:ySum11H6
>>141
年がばれてお恥ずかしい次第ですが、私としては若い方々の意見を
知りたいし、議論し会えたら面白いと思いまして、このスレに参加
させて頂いているわけで、年を考慮せずにずけずけ御批判頂いた方
が、気が楽です。
宜しくお願いします。

152 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 11:49:26 ID:s1nw7dnY
>>150

一昔前、筑波宮司の途中ぐらいまでは、合祀通知証なるものを合祀された祭神の遺族に
発送していたようです。戦後の混乱とあまたの戦死者で中々合祀準備作業が進まなかった
から、合祀を心待ちにしていた遺族さんの為に出していたようです。
ただ、最近はプライバシーの問題等があるので、通知証は出てないはずです。
A級戦犯合祀に関しては、合祀された時の大祭で当時の松平宮司が挨拶の中で「白菊遺族会に関わる
御祭神14柱を合祀した」と公表しました。
その後、新聞等の知る所となり、靖国神社は記者会見をして合祀を国民に報告しています。

この記者会見の時にはどこからも文句はでなかったようです。
文句が出始めたのは、中曽根のいい加減な参拝がおこなわれてからです。

153 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 12:02:47 ID:sFI3nfyQ
そらそうだろう、「赦免に関する決議」があるんだから。

154 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/10(金) 12:22:54 ID:OUl8Z383
おそらく、以下の法律のことを言っているのだと思いますが、赦免などはありません。
戦傷病者戦没者遺族等援護法 http://www.houko.com/00/01/S27/127.HTM

当然、法案の審議を行なう場ですから、さまざまな意見がでるとは思いますが、
【国会の決議】となれは、法律というアウトプット以外には何もありません。

155 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 12:32:02 ID:s1nw7dnY
>>154

そうです。赦免した法律はありません。と言うか赦免する必要がなかった。
A級以下所謂戦犯として処刑された方々は、国内では犯罪者ではなく、それを確認し
恩給や援護法を改訂したまで。赦免は必要なかった。

156 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/10(金) 12:41:59 ID:OUl8Z383
>>155
それを確認した法律もないということです。

結局、国会では戦犯に関する確認も何も無く、
そのご遺族への恩給を・・・ をという法律が
出来ただけです。


157 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 12:54:40 ID:slIfaYcI
おそらくこれの事だろうが
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=26718&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=1&DOC_ID=19437&DPAGE=1&DTOTAL=2&DPOS=2&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=26984

>>155
>A級以下所謂戦犯として処刑された方々は、国内では犯罪者ではなく

なんだその珍説はw
国内で犯罪者でもないのに国内で禁固や懲役にしてたらそれ自体が犯罪になるぞ

158 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 13:02:41 ID:sFI3nfyQ
戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議と
戦傷病者戦没者遺族等援護法は別議案です。

159 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 13:17:22 ID:s1nw7dnY
>>156

違うよ。本来戦犯(あくまでも国内)なら恩給も遺族年金も下りない。
GHQから指定された戦犯は国内では犯罪者ではないと言う結論になったから
援護法と恩給法に対象者として、それらの方々を明記した。

>>157

>国内で犯罪者でもないのに国内で禁固や懲役にしてたらそれ自体が犯罪

そうだよ。本来独立回復したら、すぐに釈放できるんですよ国際法では。
それがいやだから、SF条約で判決を受諾させ、刑の執行を代替わりさせた。
しかしこれはあくまでも、占領政策の継続案件として処理。国内的には犯罪者
ではないとしたから、恩給法をそのままで彼らにも恩給が出ることになった。
国内の犯罪者なら(軍法会議で刑に服した人間等)は恩給はでない。それを出した
のだから、国内的に犯罪者としてあつかっていない証拠。


160 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 13:33:40 ID:sFI3nfyQ
アウトプットは無効なの?

161 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 13:57:52 ID:owX3wXWX
>>157
何が言いたいのか不明。戦犯は国内的に犯罪者だと言いたいのか?

162 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 14:28:57 ID:owX3wXWX
第016回国会 本会議 第35号
昭和二十八年八月三日(月曜日)
 議事日程第三十四号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/016/0512/01608030512035c.html
戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議

163 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/10(金) 14:50:46 ID:OUl8Z383
このことですよね。とにかく、巣鴨に拘禁されている方々を釈放しようという・・・

第016回国会 本会議 第35号 昭和二十八年八月三日(月曜日)

第六 戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議案(山下春江君外二十四名提出)

・・・・ さて、かくのごとくにいたしまして、もはや海外に残されました戦争受刑者は一名もなくなり、
従来戦犯問題解決の途上に横たわつておりました最大の障害は完全に一掃されました。事態は
まさに最終の段階に突入したものと考えられるのでございます。すなわち、平和条約によつて拘禁
せられる戦争受刑者は、やがて濠州より送還される百六十五名を最後といたしまして、全員巣鴨に
集結し、巣鴨は再び九百二十余名にふくれ上るのであります。これらの方々については、もはや
助命運動も内還運動も一切は終了し、残された問題は、ただこの方々を一刻も早く巣鴨から釈放
するということだけになつたのでございます。(拍手)



164 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 15:14:42 ID:s1nw7dnY
>>161

国内的には戦犯は存在せず、彼らは無罪と言うこと。

165 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 23:27:32 ID:az80ZoUY
>>しいば
あのさ、どこのすれか忘れたけど、儒教と中華思想の違いはもう理解できた?

166 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 00:03:33 ID:KvlQvABY
>>165
おい、もうバカはほっとけ

167 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 02:17:39 ID:c3CRZYwL
広田は、満州事変について、事変で活躍したほとんどの人物は責任を持つべきだとの意見を述べ、
人名としては南次郎陸相、本庄繁関東軍司令官の名をあげた。自身は、事変前には、オランダ
やソ連に駐在していたので、満州事変に関するいかなる計画も知らなかったと語った。
また満州事変と九か国条約(中国の主権、独立と領土的・行政的保全などを規定)との関係
を聞かれて、「それが九カ国条約を犯した第一歩だったことは確かです」と答えた。さらに、
「法律を学んだものとして、あなたは全世界の国が協調して共存できるよう、これらの違反を
犯した人々は裁判にかけられるべきだということにも同意しませんか」と問われて、広田は、
「そうです、私も同じ見解です」と述べた。
広田は東京裁判での日本人被告の追訴を基本的には認めていた。
 広田は日中戦争後、日本が九か国条約を放棄したことを認めた。また日中戦争で中国人が何人
殺されたかと問われて、「非常に多くの中国人が殺されたに違いないと思いますし、私はそれを
ほんとうに気にやんでいます」と、後悔した。日中戦争については、反対だったが、陸軍が左右
していたのでやりようがなかったとも述べている。近衛内閣の外相になったことを、ひどく
後悔した。なぜ、陸軍を抑えられないことを知りながら再び外相になったかを問われて、
元老の西園寺公望が強く要請したからだと語り、大きな誤りであった、と後悔を繰り返した。 
そして、自己の責任について、弁明はしたくない、責任はとると断言している。尋問調書

168 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 04:57:32 ID:FK9rL+dg
それぞれの考え方

1) 今現在の法的、倫理的な見方による過去の戦争犯罪。
2) 今現在の日本の法律の視点から見た過去の戦時中の犯罪。
3) 理想論から見た過去の戦時中の犯罪。
4) 当時の法的、倫理的な見方による過去の戦争犯罪。
5) 世界からの客観的視点による過去の戦争犯罪。
6) 中韓露からの主観的視点による過去の戦争犯罪。
7) 米からの主観的視点による過去の戦争犯罪。
8) 他の国の軍隊は人を殺しても許されるが、日本の軍隊だけは人殺しを許されない。
9) ただなんとなく。○○が言っているから。○○に書いてあるから。

169 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 13:47:31 ID:vb6kKBby
大川周明は、裁判の開廷が近づくにつれ、異常な言動が目立つようになったが、尋問を受けた
46年3月5日は至って正気であった。1931年(昭和6年)の3月事件のクーデター計画に
ついては、自らが計画に積極的に参加したことを認め、宇垣陸相が大川に、事件を鎮圧し
ないことを示唆したことを述べた。同年9月の満州事変については、満鉄線路爆破は中国人が
やったように見せかけたが、日本軍が実行したことを肯定した。謀略については、あらましを
約3ヶ月前に知っていた、計画者としては、石原莞爾(いしはら かんじ)をあげ、関東軍の石
原と板垣征四郎が計画の中心となり、日本にいた橋本欣五郎、重藤千秋、長勇らの陸軍軍人と
連携していることを認めた。
 また、満州事変に国内から呼応した橋本ら桜会急進派の十月事件のクーデター計画についても、
みずからの関与を認め、橋本らが関東軍の板垣、石原らと緊密に連絡をとりあっていたことを
肯定した。五・一五事件(1932年、昭和7年)については、決起する海軍将校らを援助する
ため、三千円とピストルなどの武器を渡したと述べた。
 田中隆吉の尋問から参照で、田中は大川が中心となって設立した満鉄の東亜経済局が、将来
の日本のアジアへの膨張のための準備調査機関だったこと、大アジア主義の影響力の絶大さを
述べ、1938年より大川は東条英機の援助で、陸軍機密費から毎年5万円を得て、南方向けの
日本人青年のスパイ養成学校を運営したと暴露した。国際検察局尋問調査

170 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 13:48:25 ID:vb6kKBby
真崎甚三郎
陸軍大将。二・二六事件では軍法会議にかけられたが無罪。
A級戦犯容疑者になったが、訴追されなかった。

真崎は、太平洋戦争開戦の計画についてなにも知らなかったと答えた後、「とりわけ私は
米国に対し、尊敬と親愛の情を抱いています。というのは私の先生(中学の英語教師)は
アメリカ人でしたし、私が米国に滞在した時、たいへん親切にもてなしを受けたからです。
私は今、日本みずから、天皇の力をもってさえ実現できなかったことが、米国の力をもっ
て達成されたことを実感できます」と賛辞を述べた。陸軍を支配した人物として、東条
以下、武藤章、橋本欣五郎、らをつぎつぎと告発。満州事変後に真崎が参謀次長になった時
については、戦闘拡大をしたにもかかわらず、戦火はすでに沈静していたと述べ、32年の
上海事変での出兵については、中国軍に八路軍がいたからだとでたらめを語った。
満州事変の反対者で、中国本土に拡大することを反対していたと弁明した。尋問調書

171 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 16:25:29 ID:zYHgOIzS
そっかー。

172 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 16:26:08 ID:PzcBljdB
厨房に放り込まれたら創価でした

173 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 19:19:29 ID:mp4XfgjC
戦犯という存在は、私人が罪を償ったというのではなく、「公人」が罪を償ったものです。
死刑により罪は償ったといっても、公人としての責任は永久不変のものといえるでしょう。
それは公人の起こした過ちを、歴史という名で子々孫々にまで伝える義務があるからです。


174 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 19:51:14 ID:C6iDZhnh
新追悼施設に反対する日本遺族会は馬鹿野郎だな。

政府は靖国神社に分祀をしろと強制しているわけじゃない。
それどころか、もう靖国神社には頼みごとはしない。放置。
そんで新追悼施設を作る。
もうだれも靖国神社を批判しない。
日本遺族会の皆さんは、なにも心配せずに思う存分A級戦犯を神として
祀ってくださいw


175 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 20:13:23 ID:UUq/xVAe
小泉首相、あなたは国鉄民営化を実行した中曽根首相のように、郵政民営化を実現させて
歴史に名前を刻みたいのでしょうが、むしろ、靖国問題と対米追従の姿勢において中曽根氏
との共通性が目立っています。中曽根氏はレーガン大統領と「ロン、ヤス」と呼び合い、
「日本列島不沈空母発言」に見られるような対米追従の政策と靖国神社の公式参拝で
揉(も)めたことによって、その名が記憶される首相でした。戦没者の追悼は国民を
愛国の心情に導く政治的儀礼でしょうが、歴史解釈問題や外交の駆け引きが複雑に
絡みます。もし、首相がこのままA級戦犯の追悼を続けるならば、勝者アメリカによる
裁きだった東京裁判への不服を主張するのが筋でしょう。たとえ戦犯であっても、
死者は慰霊すべきだというなら、戦争の加害者と被害者の違いを意図的に曖昧に
しようとしていると思われるでしょう。それとも中国からの圧力に屈したと見られたくない
一心で、参拝を続けるのでしょうか?

中国も「反日」という抽象的な旗印の元に愛国意識を高めようとしています。
単に自由化や経済成長を唱えるだけでは、国民のあいだに具体的な努力の目標が
できない。そこに愛国という動機があって初めて国民は結束し、指導者に従うだろうと
北京政府も考えているのでしょう。ナショナリズムを高揚させるには「敵」が必要ですが、
日本はその「敵」として手頃です。今後も日本が中国の反発を買えば買うほど、中国の
思う壷(つぼ)にはまるだけです。それとも首相は中国の愛国心高揚に一役買いたい
のでしょうか?もっとも日本の国益に叶(かな)うのは、領土問題や反日暴動に対する
北京政府の主張や立場の方が国際社会でより多くの非難を受けるように、自分の襟元
を正して行動することです。孔子を引き合いに出すのも結構ですが、礼節を重んじた方
に分があるということをどうぞお忘れなく。その証拠に訪中時に礼を尽くした天皇陛下に
対して、中国政府は何ひとつ文句をいえないじゃないですか。

176 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 20:20:24 ID:3//ljeLz
天皇の意に反して開戦した東条が靖国に奉られると
天皇は靖国に行かなくなった
東条を天皇が逆賊と認めた瞬間だ

177 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 20:42:47 ID:x2EXPRVN
靖国が宗教じゃないと言っているうちは、
創価が政治の世界から消えることはないだろうよ。

178 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 21:01:37 ID:2ajWJOrj
>>173
公人の政策上の過ちを検証し伝えることは必要なことだ。
それと戦犯を合祀してはいけないと言う議論はどんな関係もない。


私人である小泉総理が靖国に参拝することは全く問題はない。

179 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 21:02:17 ID:9eTiAdEQ
>>174
遺族会の連中は靖国神社が好きなだけで追悼はどうでもいいようだね

180 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 21:02:49 ID:bIpAj3VB
■□■□■□■□■□■□■人権擁護法反対大集会in日比谷公会堂■□■□■□■□■□■□■
【日時】6月 19日 日曜日
【場所】東京都 東京都千代田区日比谷公園 1-3 日比谷公会堂にて
【時間】12:30〜16:00  
【アクセス】http://www.tokyo-park.or.jp/hibiya/
http://www.mapfan.com/addreference.cgi?PA=iPcFLJaJKLdNOPQSgTU08_D9Mf2CJ

●を取って使ってください↓
大規模OFFスレ  http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offevent/11●18343157/

いよいよ最終決戦の幕開けだ!!
勇者達よ!
6月19日 日曜日 日比谷公会堂に集え!!
「真の人権擁護を考える懇談会」の平沼赳夫会長が出席されます(拉致議連会長)。

詳細はこちら↓hを頭につけ●を取って使ってください↓
ttp://blog.goo.ne.●jp/jinken110

人権擁護法案?ハァ?って人は、↓hを頭につけ●を取って使ってください↓
アニメーション(FLASH)ttp://homepage2.nif●ty.com/save_our_rights/jinken001.swf 
サルでも分かる?人権擁護法案ttp://blog.live●door.jp/monster_00/
■□■□■□■□■□■□■人権擁護法反対大集会in日比谷公会堂■□■□■□■□■□■□■

181 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 21:06:20 ID:usOD40To
戦争に負けたから戦犯となった人たち。
戦争に勝っていたら英雄になったのかしら?

182 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 21:12:10 ID:WcS3lAb1
靖国参拝で慎重対応促す 日本遺族会異例の見解

 日本遺族会(会長・古賀誠自民党元幹事長)は11日、都内で幹部会を開き、
小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「遺族会の悲願で有り難いが、並行して
英霊が静かに休まることが一番大事だ。近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが
必要だ」との見解をまとめた。
 遺族会は、これまで首相の靖国参拝実現を運動の大きな柱と位置付けてきたが、
同時に参拝に反発する中国、韓国などへの配慮を求める異例の見解となった。外交
問題に発展していることに懸念を示し、首相に慎重対応を促したといえ、波紋を広
げるのは確実。参拝継続の意向をみせる小泉首相の判断にも微妙な影響を与えそう
だ。
(共同通信) - 6月11日20時48分更新


183 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 21:57:45 ID:MC2MC2US
>>138
太平洋戦争以前から情報収集というものを軽視したのが日本。
さらに収集をおろそかにする者は、発信もおろそかにする。
>>140
中国は国内問題から国民の目をそむけさせたいのだろうが、
せっかく平和ボケしている日本の目を覚まさせてくれるようだ。
>>146
共産主義者は宗教は嫌いです。日本が迷惑をかけたアジア諸国で、
靖国参拝は歓迎できないだろう。
しかし、「参拝に行くんじゃねぞーと」脅しをかけているのは韓国と中国だけ。
>>182
他国が干渉したから参拝を止めるということは、
日本の威信がなくなるということが、この男にはわかんないのかな。
こいつだとハルノートも受け入れたんだろうな。

184 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 22:08:02 ID:mp4XfgjC
>>178

小泉首相は私人ではありません。首相や議員の座にある限り、どのような行動も「公人」として扱われます。
ましてや公式参拝と称して参拝しているのだから、主観的にも客観的にも私人ではありえません。

185 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/11(土) 22:20:59 ID:Hv/e+KJG
>>184
公式参拝と称してはいないですよ。
私的参拝ですよ。

186 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/06/11(土) 22:51:37 ID:UWSjedNd

日本国総理大臣 小泉純一郎

。。

187 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 22:55:46 ID:2ajWJOrj
>>184
総理大臣であっても靖国参拝は私的参拝なら合憲だ。この基本は忘れないように。

公人であっても私的権利を強制的に放棄しろと言う憲法解釈などは認められていない。

188 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:06:01 ID:mNqfJ4Fx
>>187
私的参拝ということで総理大臣と記帳したかという点も上げられるが、
本当にそこも問題になるだろうか疑問ではある。
休日に温泉宿に泊り、宿帳の職業欄に正確な職業を書いたら
公務になるというのも不思議な気がするね。
宿帳ならOKで神社の記帳は駄目ということなんだろうかね。
やっぱりわからないや。

189 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:22:51 ID:dLxmqc2L
>>187
自分の都合のいい方に解釈してると思われ

190 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:24:53 ID:dLxmqc2L
間違えた・・・orz
〇―>>188
X―>>187
吊ってきます
 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪


191 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:28:11 ID:+mmATn73
>>187
公務員が公人か私人かが、肩書きを使ったかどうか、ではなくて、その行為が事実上職務と関連しているかで判断される。
学校のセンセイがプライベートとはいえ、教え子と肉体関係(恋愛関係なら微妙だが)になることは許されないだろう。
天皇が「私人」として、特定の政党や宗教にに肩入れすることも許されないだろう。

政治家もその行為が政治的に意味があるかどうかによる。
小泉が再婚祈願で縁結びの神様である出雲大社にいくぶんには構わない。
しかし靖国はもはや政治外交問題。
したがって、私人なんて無理。

私人ならいいじゃないか、といっている政治家や評論家も
かつて細川が三宅ら友人たちとプライベートで酒を飲んでいるとき
「総理をやめてえ」と愚痴を言ったら、翌日政界が大騒ぎになり、
「総理たるものプライベートでも総理やめたい、なんていうな」と非難轟々だったものだ。


192 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:32:28 ID:r3nfuhcN
>>191
天皇は私的には特定の宗教に肩入れしてるが?

193 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/06/11(土) 23:33:51 ID:UWSjedNd

自費で逝ったか、自分のお金で賽銭したかだな。(−o−)y−゜゜゜゜゜

。。

194 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:34:59 ID:r3nfuhcN
最高裁の判断も
公金が使われたかどうかだけ。
それだけが問題。


195 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:46:15 ID:2ajWJOrj
>>191
ばーか未成年の教え子と肉体関係になったら児童福祉法違反だ。懲役刑を受ける。
恋愛感情など無視で犯罪だよ。

もっとましな例を挙げろ。
総理が参拝しても法に触れない。取り締まる法令など無い。

>しかし靖国はもはや政治外交問題。
>したがって、私人なんて無理。

誰が決めつけるのだ、政治家だぞ政治問題化して何が悪い?


196 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:51:39 ID:ZdiosZAn
靖国は、政治が利用してきたんだよ。国のために命を捧げる美徳を浸透させるために。

だから「私人の立場で」なんて通用しないんだよ。

私的か公的かということに関するかぎり、ふつうの神社と同じ次元で考えることはできないんだよ。

197 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 23:59:20 ID:+mmATn73
>>195
>ばーか未成年の教え子と肉体関係になったら児童福祉法違反だ。懲役刑を受ける。
別に女子高校生と肉体関係になっても児童福祉法違反になんてならないが?
だから、各県で条例を制定しているわけで。

>恋愛感情など無視で犯罪だよ。
条例で処罰されるのは、最高裁の定義によれば「性欲を満たすだけの行為」。
恋愛感情や友達以上恋人未満の間の肉体関係は処罰はされない。

>総理が参拝しても法に触れない。取り締まる法令など無い。
それが憲法の政教分離なわけだが。

>誰が決めつけるのだ、政治家だぞ政治問題化して何が悪い?
政治問題では内閣総理大臣に「私人」なんて無い、って言っているわけで。
靖国が政治問題、外交問題であることは否定しえないだろ。



198 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 00:10:18 ID:Ah6OcaYr
>>196
あんたの主観などどうでもいい
法律上、全ての宗教法人は同じ扱いを受ける。

靖国を利用したのは政治だけではない。
国民、地域社会、マスコミ、教育機関、
全てが利用していた。


199 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 03:30:41 ID:Z+87w93R
>>198
国民を戦争に動員するための精神的支柱となった特殊な神社に、
権力サイドの人間が先頭きって参拝する。まるでこれがお手本だと言わんばかりに。

たとえ英霊を追悼する純粋な気持ちに基づいているとしても、
靖国神社の特異な歴史的経緯に配慮できない政治家は、政治家としての適性を欠く。

憲法上どうだとか、法律上どうだなどとは俺は言ってない。
靖国問題は政教分離問題にとどまらない。
靖国神社は、国民を支配する側に都合のいい精神性をもっている。

 「国民が一致団結して国難に立ち向かっているときに反対論を唱えるなんて情けない」

 「国のために命を捧げて戦った方々を見習え」

そういう極端な思想を助長しかねない

     靖国神社の危険性

に配慮できない政治家は、

     政治家の適性を欠く

って言ってるんだよ。違憲であろうがなかろうが、そういうヤツに投票しないのは自由だろ。

>靖国を利用したのは政治だけではない。
だから何?
国民も利用したんだから、たとえ靖国に問題があっても文句言うなっての?
問題があるのに気付かずに利用したから、今、反省して反対してるんだよ。
(俺が利用したわけではないけどな。生まれてないし)

200 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 03:38:25 ID:kVpdmq5G
>>199
>国民も利用したんだから、たとえ靖国に問題があっても文句言うなっての?
国民も利用?
何それ?迷走するんじゃないよ。

201 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 03:46:48 ID:Ah6OcaYr
>>199
そもそも靖国に何の罪も責任もない。
戦没者を祭ってあるだけだ。

それにしても、単純なものの考え方だなw


202 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 03:52:17 ID:Ah6OcaYr
危険というなら
毎日、国民に一致団結して最後まで戦い抜くことを説いて、
靖国神社を美化していたのはマスコミだよ。

マスコミが靖国批判とは
あきれるばかりだw


203 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 03:55:35 ID:i3XiiCrb
靖国に罪はないって?
俺は靖国にどうしろとは言ってない。
権力の座にある者は靖国の危険な精神性に配慮すべきと言っているだけだ。

靖国に罪がないことはまったく関係のないこと。頭悪いね。

204 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 03:58:13 ID:Ah6OcaYr
>>203
>靖国の危険な精神性

具体的になんだ?



205 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:03:02 ID:Ah6OcaYr
>>203
思想の自由を侵害する
危険な精神病は、あんたと朝日と中国だ。

206 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:05:33 ID:kVpdmq5G
>>204
めんどくさい奴だな。
幼稚園児じゃ有るまいし。

国家社会主義でくぐれば?

>>203じゃないがね。

ただし、靖国を嫌っているから言っている事ではないよ。
馬鹿な質問が嫌いなだけ。

207 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:10:42 ID:Ah6OcaYr
>>206
国家社会主義、だ?

バカは余計な心配すんなw



208 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:14:38 ID:zkMzpN10
戦争で亡くなった軍人の方を祀ってる神社
それ以上でもそれ以下でもない

209 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:19:33 ID:zkMzpN10
くだらないへりくつしか言えない奴ばっかだな

210 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:33:09 ID:i3XiiCrb
国を守る為に命を捧げた英霊のおかげで今の日本がある。
そのことと、時の政府の政策判断が正しいかどうかとは別問題だ。

それなのに、靖国神社には、これをイコールにしてしまいかねないおそれがある。

現に靖国には、政府の誤った判断により戦争に駆り出されて命を失った、
「失政の犠牲者」という視点はない。

歴史認識の問題は人それぞれ意見があると思うが、
特定の歴史認識を持つ施設は、戦没者追悼の国民的施設とするには相応しくない。

211 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 04:40:34 ID:Ah6OcaYr
>>210
各自、自由に好きな所へ行けば
いいじゃないか。


212 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 05:17:12 ID:/HIDQFvI
>>211
>歴史認識の問題は人それぞれ意見があると思うが

これが問題なんだよ。
自虐史観で洗脳された人にまともな判断を期待するのは
間違い。
この人達は、自虐史観に疑問をもつこともなく、ただ日本が
悪かったと思い込んでいる。

一体どこの国に、自分の国の悪口を言う国民がいる。
それも、アメリカに押し付けられた自虐史観から
脱却しようともせず、ただひたすらに日本が悪う
ございましたと云いつづけるのだろうか。

それに対して、何とか誤った歴史観を正そうとして
運動している人達を右翼呼ばわりして嘲笑する。
全く、情けない話だ。
これを、自分の父親や祖父に当てはめてみろ。


213 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 05:58:18 ID:tpofGM9E
>>212
別に間違いは間違いと認めることは問題無いわけだが。
それを自虐史観とかアホ行っている香具師の方が歴史というものをわかってない。
賢者が歴史から学ぶ、とは間違いを学ぶことと言ってもいいわけだし。

イギリスのグラッドストーン(19世紀イギリス黄金時代を代表する政治家)だってアヘン戦争をコテンパンに非難しているし。

いかなる歴史観を持とうが別に自由だが、「自虐」だのまともな日本語じゃない言葉を平気で使う香具師の神経を疑う。
そういう評論家や政治家もな。

214 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 06:19:17 ID:Y08JuTnH
http://jpbbs.chinabroadcast.cn/viewtopic.php?p=2377&highlight=#2377

215 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 07:20:56 ID:09/XcUuN
310 名前:名無しさん@6周年[***] 投稿日:2005/06/07(火) 23:43:49 ID:NR2aBLYM
一銭五厘の赤紙で徴兵され
ろくな訓練も受けず南方に送られ
無事に着けばいいが制海権・制空権を
アメリカ軍に押さえられ南方に向かう輸送船が
ボカボカ沈められたしかし大本営軍部のバカ連中は
いったん決めたことを変える事もせず膨大な物資・兵員の
損害を生じせしめた。
たとえば台湾とルソン島の間にある海峡をバシー海峡と云うが
この魔のバシー海峡でアメリカの潜水艦によりどれ程多くの輸送船が
沈められたか、将兵約25万名がこの海峡で海没している、輸送船玉津丸は
5500名の将兵を満載してたがアメリカの潜水艦によって撃沈され
一発の砲弾も撃たず海の藻屑となり生存者わずか8名だった
戦って戦死するなら本望であろうが大量殺戮に近い戦死が本望である
はずがないでも家族には「名誉の戦死」となり靖国に祀られている
バシー海峡には25万名もの将兵が海没している犬死にだ
これらの将兵の全てが靖国に祀られている犬死作戦をたてた
大本営のバカ連中は誰も責任を取ろうともせずに戦後生き延びた
兵士で有る以上戦って死ぬのは本望であるが一発の弾も撃たずに海没した
将兵の無念を戦争指導者は知るべきだ、靖国に祀って事終われりではないはずだ
バカな作戦を命令した連中とバカな作戦のため犬死にした兵士が同じ靖国で
仲良く出来るはずがない。靖国は馬鹿な作戦で無為に死んだ兵士の怨念の社だ。

216 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 07:58:56 ID:zSFeiAOP
>>210 それは、その通りとおもうよ!
日本のために戦って、散って逝った人々を慰霊も出来ない国なんて、最低とも言える
しかし、日本の政府は何を勘違いしたのか「戦争責任者(当時の総理)」の精魂を靖国に
合祀した事で、慰霊塔は日本に存在しなくなった事は・・確かなようですね。

東条も当時「私には戦争に負けた責任はある・・云々」と、言う言葉を残して居るように
これは、東条の霊魂を靖国に入れるべき存在では無かった事を示している。
つまり、東条は自分の責任を感じて「国民に申し訳ない・・」と、自決まで試みた・が
当時の・・役人か??憲兵か??に止められたわけだ。
つまり、東条自身自ら戦友と霊魂を供にする事を嫌っていた事となるんだろうな。

で、しかし、日本の政治家連中は天皇が靖国に東条の霊魂を合祀する事を否定して
いたに関わらず、半ば強引に靖国に合祀した・・と、言う経緯は何が目的であったのか
日本の国をどのようにしたかったのか・・謎となるのでしょうな。

加えて、中曽根はその様な神社に対して「公式参拝」つまり「日本政府は信教に順ずる」
と、世界に公表してしまった訳だ。そして、今の混迷した日本が存在している。
しかし、奇妙なのは中国が東条の霊魂を靖国に合祀した事も知らなかったとの、噂は何??
と、言う事で中国政府は抗議の順序を履き違えているところが、歴史の矛盾と言うことかな??

217 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:02:23 ID:zSFeiAOP
>>216 ・・の総理)」の精魂は、・・の総理)」霊魂の間違い。

218 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:14:00 ID:zSFeiAOP
しかし、これはアメリカの強引な東京裁判もかなり影響してる事は間違いないことで
アメリカとして、国際法に違反した東京裁判のあり方の経緯に付いての談話が欲しい
ところでもあるが。アメリカはその様な「心積もり」はあるのかね??

219 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:19:54 ID:tpofGM9E
>>218
東京裁判なんて所詮戦勝のためのセレモニー。
フセインのパンツ1枚の姿や、その子どもたちの死体の写真をばら撒くアメリカにそんな発想は無いだろ。


220 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:24:01 ID:zSFeiAOP
>>219 ほぅ〜〜大国アメリカとしては、寂しい限りだね!

221 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:42:15 ID:4H+TSCRG
>>213
アヘン戦争は、誰が考えても明確だろう。

それを、日本人の歴史観といっしょにしてはいけない。

213は、日本の歴史観に問題はないと思っているのか?
基本的なことで質問する。

南京大虐殺はどう思っているのかね?


222 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:45:50 ID:zSFeiAOP
で??さ??、中国は何かにつけ、偉そうに「靖国参拝は気に入らん」は言うけれど
大国、中国の言う談話とは思えない。
只、自分等が??つまり「A級戦犯者(アメリカの言う)」を靖国に合祀された、経緯
さえ把握も出来得ていなかった事への、中国、国民に対する言い訳でしかないのかな??

つまり、中曽根が行動を起こさなかったら、今の、近隣三国の抗議は存在しなかった事
と、なるわけだ・・・が??
大国・・というなら。中国の行動は小国の、たわ言の何物でもないとおもいもする。

で、中国は戦没者に対してどのような、慰霊法式を取っているのか知りたいな??
ここを見れば、たいそう中国に、お詳しい方が仰山いらっしゃるようで、参考意見
として、知りたいですな。
又、日本として、大国主義の中国として、慰霊の対するアドバイスなんぞないのかいな。
因みに「勝手に考えろ」的、意見は・・大国中国として、恥かしい限りといえましょうな。

223 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:49:00 ID:zSFeiAOP
>>221 で??アヘン戦争と、南京大虐殺と・・靖国の関係を知りたいが???

224 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 08:54:28 ID:UoClVOkR
>>221
>アヘン戦争は、誰が考えても明確だろう。
グラッドストーンのライバルだった保守党のデイズレイリは「正当な戦争」だって言っているわけだが?
要するに今の日本と変わらんよ。

>それを、日本人の歴史観といっしょにしてはいけない。
自国の歴史について見解が分かれるのは同じ。

>南京大虐殺はどう思っているのかね?
30万云々はともかく、事件があったことは否定できんでしょ。



225 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:04:52 ID:r9C9uSmW
『靖国問題』

・・というと、対中国問題だと思い込み、それしか論じられないなら、
カスだ。たしかに『靖国問題』には対近隣諸国問題も含まれるけども
それは『靖国問題』の本質ではない。

・・・本来、純国内的問題だ。
という事が理解できないなら、お前らには実像がない。おまえらは空洞。


226 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:09:13 ID:zSFeiAOP
>>225 その通りだ。
で、お前は何が言いたいのかでしかないが。
靖国との関係を・・

お前の言う通り、お前は靖国との関係を広範囲で検証したい訳だろが??

・・・・もしかし・・て??「ごめんなさい」ってか??

227 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:15:02 ID:r9C9uSmW
225だが。

言わせてもらうが。
まず、日本はいつになったら、自分の手で自分の国を裁くのか?
有罪と無罪の判定を下すのか?
いまだにやってないだろ、ってこと。
明治維新から敗戦までの、重要人物および各重大事件を裁くのはいつになった
ら手をつけるのか?
関係諸外国と、多国間で議論するのも結構(今、韓国とそういう議論の場が
あるしね)。
しかし、その前に、まず純粋に日本国内で、日本人が、過去の日本人を
裁けよ。さっき報道2000見てたら、学者が「歴史認識においても、各国との
強調で進める必要がある」などとほざいていた。
いやいや、アホかと。まず純国内的に裁く場を作れ、と言いたい。


228 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:15:48 ID:rI5GjKBl
30万人とか数の問題はともかく、
連合国側も、中共政府もまだ問題にしていないが、

南京だけじゃなく、北京・上海など日中戦争で日本が占領した主要都市すべてで、
日本兵の民間人への大量虐殺が行われていた。

南京だけで行われ、他の都市では全く行われていないと考えるほうが、不自然である。

229 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:19:35 ID:r9C9uSmW
>>225
>日本兵の民間人への大量虐殺が行われていた。

「ものは言いよう」だな。
『大量虐殺』って、具体的に何人よ?
『大量』って。

ぶっちゃけ『略奪と暴行、殺人にいたる場合もあった』が妥当。
「ものは言いよう」で、簡単に『大量虐殺』などという言葉を使ってもらい
たくない。


230 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:22:20 ID:DmQGInU3
日本遺族会「近隣国に配慮を」 首相靖国参拝で異例の見解
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050612/mng_____sya_____000.shtml

日本遺族会会長は古賀誠。

231 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:24:59 ID:zSFeiAOP
>>227 だから??そんなアホな日本人と言いたいなら??

どうすれば問題解決できるのかを、書くほうが先ではないのかね??
そして、その・・<日本はいつになったら、自分の手で自分の国を裁くのか?
と、言う事であれば、大国中国として??かどうかは、おまえの存在は不明だが
やはり、アドバイスが先ではないのかね??

批判ばかりでは、ウザイだけでしかないが!

232 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:42:30 ID:r9C9uSmW
>>231

これは何が言いたいのか意味がわからないが↓

>大国中国として??

ちょっとおまえ、?の使い方がおかしいよ。

まあいいや。
まず、日本は昭和20年の敗戦で何を学んだか。何を新しく知ったのか。
・・・という事をいちから見直す必要がある。
「恒久的平和の尊さ」などという漠然とした綺麗事では物足りない。
では、実際に何を学んだのか。何を知ったのか。




233 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:42:54 ID:r9C9uSmW
>>231

これは何が言いたいのか意味がわからないが↓

>大国中国として??

ちょっとおまえ、?の使い方がおかしいよ。

まあいいや。
まず、日本は昭和20年の敗戦で何を学んだか。何を新しく知ったのか。
・・・という事をいちから見直す必要がある。
「恒久的平和の尊さ」などという漠然とした綺麗事では物足りない。
では、実際に何を学んだのか。何を知ったのか。

@国家が77年で命脈尽きた有様を見た。
A2000年に及ぶ文化が命脈を保っている姿を見た。
B民族は絶滅せずに、生き残っている自分を見た。

・・・つまり、@、A、Bは一元ではない、多次元であり、各々別次元で
あることを知った。学んだ。そしてそのすべてに自分の実像を見出す事が
できる、多層的認識を新たに得たといえる。

戦前はまでは、@〜Bは一元だった。命運を共にして当然だと思っていた。
しかし、昭和20年を契機に知ったことは、多次元だという事。
これは戦後、国民の政治への無関心という悪影響にもつながったが、それに
はそれなりの理由が在ったという事だ。
特に、@には寿命の期限がある事を知った以上、文化民族のすべてをそこに
委ねるのには、あまりの心もとない、という認識を得たのではないか?

・・・・そこから靖国問題を考えてみるべき。

234 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:45:44 ID:zSFeiAOP
>>230 古賀誠氏の見解に・・疑問もある。

先ず・・<A級戦犯合祀に対する分祀は政治介入すべきではない。
で、遺族会としては・・
・・<靖国は唯一の英霊の慰霊の施設で、新たな追悼施設には反対の意向である。

で、俺的には近隣諸国との摩擦を解消でき得る手段は、永遠に無い物と認識できる。
その拘りが、今の、外交問題の根源でもあると、思える。
しかし、何故遺族会は靖国以外「英霊」を慰霊する場所が無いと言えるのは、どのような
理由による物なのか・・が、更に興味が湧いてきましたな。
つまり、遺族会は「近隣外交はどうでも良い」と、言うことなのでしょうかね。

235 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:45:46 ID:yU68PjLj
>>227
そうだよ。
日本人のあいまいさは問題だ。絶望的なくらいだ。
日本人にはそういう欠点があることを自覚しないといけない。

すぐ231のような奴が中国人か? って言うんだろうがw

236 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:48:27 ID:zSFeiAOP
>>235 だから、どうすれば良いのか聞いてるわけだが、アホとして。

237 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:55:36 ID:r9C9uSmW
>>231は、現在の対中国か、あるいはせいぜい対GHQでしか靖国問題を論じら
れない、空洞人間なのだろう。
純粋な自己発露的に日本を考え、論じられるような思考を持っていないのだ
ろう。
そういう人間は、持論正当化のために東条英機を肯定せざるを得ないという
パラドックスにおちいる。

238 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:55:48 ID:kVpdmq5G
>>235
>>227
日本人は、歴史的解釈はするが、過去を裁く事はしない。
日中韓の歴史認識の捕らえ方の違いが靖国問題の大きな論点だが、これは、日本人の欠点ではない。
この文化意識の違いを諸外国に説明する責任は有る。
十分に説明責任を果たす以前に靖国参拝を行う事には問題があるとは、思う。


239 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 09:57:21 ID:xj3ZuMQr
>公式参拝と称して参拝しているのだから
これが事実なら、小泉さん精神異常だと思うよ。宗教心による宗教行為を
私人でなく公人としてするなんて器用なこと、人間できるわけないのだ。
宗教行為を宗教心からでなく「公人として行う」と公言することは「私は
キチガイが偽善者です。」と言ってるようなものだ。そういうことを平気で
する代表は自民党ではシンキロウだが、小泉さん、シンキロウから病気っつーか
「悪霊」でも譲り受けたのかな。
自民党議員には、そういうところがいつも漂う面があるから「右翼」なんて、
本末転倒でいわれるんだよな。


240 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:03:45 ID:zSFeiAOP
>>237 俺は東条を正当化はしていない。

戦争に負けた事の当時の責任者としての行動について、日本政府を批判したわけだが。
ならば、何故おまえはアメリカの政策である「GHQ]と結び付けたいわけ??

要するに、すべてはアメリカの責任であると、言ってるのはお前だが・・・
つまり、日本には責任は無いと。おまえは証言してるわけだ!
もう一度、自分のカキコをよく読んで、分析できると・・有りがたいかな??

241 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:04:26 ID:r9C9uSmW
>>238
>日本人は、歴史的解釈はするが、過去を裁く事はしない。

果たしてそうかね?
それが我々の国民性、民族的特長かね?
例えば、おれは日中戦争において、独断で、何の脈絡もなく、上海から南京
へ邁進していった松井石根を、東京裁判の判定に関係なく、裁きたいよ。


242 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:09:13 ID:r9C9uSmW
>>240

すまん、文章力から見て、あまり頭が良くなさそうだったから、キミのレス
を全部は読まずに叩いてたよ。
まあ、たいした意見もキミからは出てきそうにないし、もういいだろう。



243 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:09:47 ID:GADV3pB1
遺族会は「靖国は唯一の英霊の慰霊の施設で、新たな追悼施設には
反対の意向である」 と言ったが・・・

なぜ遺族会は「靖国は唯一の英霊の慰霊の施設」といえるのか?
それは、彼らがどんな信念を持ち何を信仰しようが自由だからである。
靖国神社も一宗教法人としてどんな信念を持ち何を信仰しようが自由だ。

彼らには「靖国は唯一の英霊の慰霊の施設」と信じ、それ以外の慰霊施
設はにせものと信じる信仰の自由があるのであり、それは政府も国民も
なんぴとたりとも侵害することはできない。

それだけの話である。

244 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:10:04 ID:zSFeiAOP
>>237 あえて!・・別に書くが・・

日本を否定しつつ、「日本には責任は無い」といえる、日本人??が、居るんだね〜〜

245 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:10:35 ID:kVpdmq5G
>>241
>果たしてそうかね?
>それが我々の国民性、民族的特長かね?
個々としては、個人差はあるよ。
中国人や韓国人の中にも同じ感性の人もいると思う。

歴史を裁くことなく検証する事で、事実が鮮明になると思うがね。

246 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:18:47 ID:zSFeiAOP
>>243 事実、外交面での「英霊への慰霊の自由」は、皆無と思われるが・・

なら、何故、わざわざ「戦友への慰霊は自由である」と、メディアに流せるのか
疑問である。ネットも当然である。
何ゆえ「我々は自分等の信念で慰霊するのみで、批判に対しては甘んじて受け入れる」
を、いえない訳??
批判されて当然であると認識出来てる訳で有るので「自由」の文言がでること自体
おかしな事と・・俺的には分析できるが。


247 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:20:48 ID:zSFeiAOP
>>242 同じアホ同士であったようだね! これからも互いに遊ぼうぜ!!


248 :235:2005/06/12(日) 10:24:34 ID:yU68PjLj
>>238
キミの考え方が世界で通用するかな?


249 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:25:55 ID:r9C9uSmW
>>245

あげ足を取るつもりはさらさら無いけども。
日本人は過去を裁く感性が無い、ってのは言いすぎですよ。
自らの歴史を裁くのは、近隣諸外国に謝罪すべき事柄を抽出するためでは
ない。自らの将来に反映させるためです。まあそれは「検証」という言葉
の中に含まれ得るけどもね。
実は、ポツダム宣言受諾直後に、日本側では関係軍人などを裁く場を独自
に開廷しようとする動きがあったんです。
もし占領政策にともなう武力全面放棄が無かったら、もちろんの事、軍事
裁判のようなものは行われたはず。

250 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:36:26 ID:r9C9uSmW
>>245
>>248

もちろん皆、ご存知だと思うが、靖国では幕軍は合祀されていない。
これは東京招魂社が創建された、明治2年当時における、国家体制転換期なり
の、”裁き方”と見ていいでしょう。
現代の目から見れば、西郷さんが祀られていない事などを不信に感じるとし
ても、歴史の転換期における必要性がそうさせたわけだ。
昭和20年という転換期を裁くにあたっては、明治維新のような国内だけの
問題では済まされないにしろ、やる必要性がある事に変わりは無い。


251 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:48:25 ID:kksrmN+W





>>197
ちゃんと調べろ。条例じゃない、児童福祉法だ。

第4条 この法律で、児童とは、満18歳に満たない者をいい、児童を左のように分ける。
3.少年      小学校就学の始期から、満18歳に達するまでの者

第34条 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
6.児童に淫行をさせる行為

第60条 第34条第1項第6号の規定に違反した者は、10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、
又はこれを併科する。

条例じゃない、全国共通の法律だよ。





252 :235:2005/06/12(日) 10:49:02 ID:yU68PjLj
>この文化意識の違いを諸外国に説明する責任は有る。

この意見には賛成だが、小泉さんは日本人にたいしても
意味不明な発言が多すぎる。

「適切に判断する」はもっと外国人が誤解したようだ。
つまり小泉自身があいまいな欠点をもっている。

253 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 10:56:23 ID:Ah6OcaYr
>>252
戦略上、手の内を見せないのは賢明だろ

254 :235:2005/06/12(日) 11:00:36 ID:yU68PjLj
今の首相が賢明だと、、、

一瞬でも夢を見られたよ

255 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:05:42 ID:zSFeiAOP
>>254 どういう事??

小泉が靖国参拝するって事は、日本は「信教に元ずく」という事だが??

で、賛同と言うことなのかな??

近隣三国は「信教の国政」を、悉く否定してる訳だが??・・
矛盾を感じるのは俺だけかな??


256 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:11:22 ID:zSFeiAOP
>>254 あえて・・別に書くがおまえは日本国政府否定な訳だろ??基本的には。

どっちが、基本なんだ??

日本否定なのか、日本肯定なのか??・・・はっきりせんかい!!

257 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:15:09 ID:yhD4fCoN
>>243
>彼らには「靖国は唯一の英霊の慰霊の施設」と信じ、それ以外の慰霊施
>設はにせものと信じる信仰の自由があるのであり、それは政府も国民も
>なんぴとたりとも侵害することはできない。

遺族会はな。
小泉は自分の意志で公職についているのだから制約を受けるのは当然。

258 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:15:32 ID:r9C9uSmW
だれも返答してくれないから、コピペするわ。
どうよ?↓

まず、日本は昭和20年の敗戦で何を学んだか。何を新しく知ったのか。
・・・という事をいちから見直す必要がある。
「恒久的平和の尊さ」などという漠然とした綺麗事では物足りない。
では、実際に何を学んだのか。何を知ったのか。

@国家が77年で命脈尽きた有様を見た。
A2000年に及ぶ文化が命脈を保っている姿を見た。
B民族は絶滅せずに、生き残っている自分を見た。

・・・つまり、@、A、Bは一元ではない、多次元であり、各々別次元で
あることを知った。学んだ。そしてそのすべてに自分の実像を見出す事が
できる、多層的認識を新たに得たといえる。

戦前はまでは、@〜Bは一元だった。命運を共にして当然だと思っていた。
しかし、昭和20年を契機に知ったことは、多次元だという事。
これは戦後、国民の政治への無関心という悪影響にもつながったが、それに
はそれなりの理由が在ったという事だ。
特に、@には寿命の期限がある事を知った以上、文化民族のすべてをそこに
委ねるのには、あまりに心もとない、という認識を得たのではないか?

もちろん@〜Bは密接に関係している。
しかし、一元であるかというとそうではない、という新たな感知性。
実はこの多層的認識によって、結果的には戦前よりも、@、A、Bを強固に保
持する事にもつながる、というのが私見。
これは西欧から丸ごと輸入してきた「政教分離」の概念などとは違い、我々
が身を持って体得した、真の多層性ではないのか。

・・・・そこから靖国問題を考えてみるべき。

259 :235:2005/06/12(日) 11:20:32 ID:yU68PjLj
>>255
>小泉が靖国参拝するって事は
>近隣三国は「信教の国政」を、悉く否定してる訳だが

そういう面がないわけではないが、そこに固執しすぎてるんだよ。
内政干渉とばかりは言えない。靖国カードとばかり言えない。
逆の立場になっていると同じような事を言ってるよ、、、もう失礼する。

260 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:25:43 ID:zSFeiAOP
>>259 まっ良いか、残念だ議論できなくて。

おまえさ!!自分を捨ててるんだよな・・何故かの理由は不明。

バイナラ〜〜又の遭遇・・あるまで、静かに休め。ご苦労さん!!

261 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 11:41:47 ID:zSFeiAOP
関係ない事だが、誰か「靖国の背景を考える」の、17のhtml持ってないかね。
有ると、有りがたい・・が、何故か17のhtmlを俺は持ってないんだ。


262 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 12:02:57 ID:ZRlICqxL

そもそも、明治初めの「征韓論」がすべての事の発端だろ、大陸進行の。
何で出てきたんだ、こんなもん?。


263 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 12:17:33 ID:qVoEU7wP
昨日靖国に行ってきました。込んでました。

264 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 12:48:35 ID:qVoEU7wP
>>263
訂正
込んでました→混んでました

265 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 14:43:51 ID:lww7kRMX
だんだん靖国参拝反対の世論が増えてきたね
でも反対する人の理由は「周辺国との和」
むしろ伝統的な価値観を背景にしているわけだ
一方参拝賛成の人も「怨霊信仰」「過去を水に流す」といった
伝統的な価値観を重んじているわけだ
「A級戦犯を慰霊することは侵略戦争の正当化につながる」という考えにもとづいて
靖国参拝に反対する人は極少ない

小泉首相が参拝を取りやめても彼我の価値観が一致したわけでもないので本質的な
解決にはならないね

266 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 15:26:54 ID:GADV3pB1
>>265
「怨霊信仰」も「過去を水に流す」も結構ですな、でも一宗教法人の
内輪でやってくださいね。

というところで世論的な結論が出たんじゃないかな?

267 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 15:33:43 ID:r9C9uSmW
おれは>>258だが。

なぜスルーされるんだろう?
我ながら万全の回答をしていると思うんだがなあ。

みなさんレベル低いの?
↓ここらへんへの回答は網羅してると思うんだけど。

>>262
>>263
>>264
>>265
>>266


268 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 15:39:39 ID:QPskaf63
そろそろ国内に「反日」に対する「反中」運動があっても良いと思う。
日本はこれから中国の行うことにことごとく反対、とか。
中国って日本から金貰っても、偉そうに反対してるんだよな。

安保理改革、日本支持は中途半端 中国の働きかけか?
http://www.asahi.com/politics/update/0611/008.html?t

269 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 16:18:23 ID:kksrmN+W
第三世界は中国が戦略的に経済支援しているが、日本が中国支援に出した金を使っている。
第三世界は日本が出した金で中国の手先にさせられているが、その金は全て日本から出ていたと理解させ、
日本支持に変えていかなければならない。

中国が自分のために使わずに、第三世界の国々支援にまわしたことは素直に驚嘆し評価をするべきだ。
日本の外交が中国に利用された過去を反省し、常任理事国入りするためには、
こうした中国の騙しの外交を逆に利用して、日本支持を獲得するしたたかさを発揮して欲しい。

270 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:10:11 ID:qVoEU7wP
>>267
真の多層性から考えると靖国問題って結論はなによ?
答えてみよ

271 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:10:28 ID:PexZFd1k
>>267
いや、よく書けてると思ったが、その考えに基づく靖国問題に対する私見を
述べてもらわないとなんとも回答のしようがない


272 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:10:41 ID:mXFohTvO
どれだけの血税が中国人留学生一人につぎ込まれているか?
おそらく、大多数の日本人は知らないのです。知ったら、爆発するよ。

大学に留学する場合です。
1)奨学金/月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
4)帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144万円)
7)医療費補助/実費の80%
上記 1) +2)+3)+4)+5)=380万円!年に380万円ですよ。
なおかつ全て血税ですよ。
奨学金とはいえ、支援・支給額です。返さなくていい。 奨学金をほしい日本人は
わんさかといるのにもらえない人が多い。それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思って
全ての人がもらっているのです。 繰り返し、言います。年に380万円ですよ。
4年いたら、1520万円ですよ。血税で養っているのですよ。 貧乏な日本人学生が多くいる中で。
しかも、10万人。いくらでしょう?
3800億円です。 どこかの国の国家予算規模ですよ。
それをふんだくるばかりか、勉強もせずに、バイト。居心地よくて不法滞在。

なんで怒らないの?血税ですよ。


273 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:30:17 ID:XiHBIzOT

イギリスの世界的な歴史学者 アーノルド・J・トインビー

「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、 むしろ戦争によって利益を得た国々の

為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。 その国々とは日本の掲げた短命な理想であ

った大東亜共栄圏に含まれていた国々である。

日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において アジアとアフリカを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような 不敗の半神でないことを明らか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
に示した点にある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)

274 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:33:53 ID:yr9UdFar
>>262
>そもそも、明治初めの「征韓論」がすべての事の発端だろ、大陸進行の。
>何で出てきたんだ、こんなもん?。


はぁ? 勉強しろよ。朝鮮半島は地政学的にどうしようもないんだよ。

日本・ロシア・中国のうち、かりに一カ国だけでも覇権的な国がでてくれば

朝鮮なんて風前の灯なわけだ。ましてや明治・昭和初期において、ロシアの

ような国が黙って指くわえているわけないだろうが。

日本は防衛上、どうしても朝鮮半島を手に入れるしかなかったわけだ。

まして、日韓併合はきちんと国際法にのっとって行われたわけで、それを

現代の価値観で「悪」と決め付けるのは歴史に無知な人間がすることだ。


275 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:36:13 ID:2VxYshar
>>267
「感知性」 とかってなんだ?

他人責める前に、己の国語力を再検討してみるという気持ちはあるかい?

276 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:39:36 ID:xhG2vlg0
都立国立高校前会長のブログ
みなさん正してやってくださいw

http://blog.livedoor.jp/kunitachi2/archives/24928981.html

277 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:47:50 ID:r9C9uSmW
おれは>>267だが。

>>270
>>271

つまりおれはここ(>>>>258)に思い至って、先人の慰霊に関しては、
無宗教の施設を新たに創建する事で十分なし得るという持論に達した。
どうよ?
「それは違うと思うぞ」という意見があるなら、どんどん理屈を述べてくれ。



278 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:52:06 ID:r9C9uSmW
訂正:

つまりおれはここ(>>258)に思い至って、

国家による、先人の慰霊に関しては(つまり>>258の@)、

無宗教の施設を新たに創建する事で十分なし得るという持論に達した。
どうよ?


279 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:54:43 ID:DEmZUXtJ
靖国神社にBC級戦犯は祀られているの?
中国人が恨むのはBC級戦犯だろうに。

280 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:56:19 ID:qVoEU7wP
>>277
それもありえると思うが話し替わってすまん。
靖国のメッセージ的には遊就館が有るがこれについては何を思うよ
感じることを教えろよ

281 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 17:56:34 ID:gWavwuJA
>>278
魂という宗教的存在を追悼するのに

無宗教でやれということは、

まるで中国のいう「社会主義市場経済」 のようなもので

まったく矛盾だらけ。

おれなら絶対に近所のお寺か神社へお参りするね。

282 :277:2005/06/12(日) 18:02:52 ID:r9C9uSmW
>>280

え?どういうこと?よくわからん。

ようするに新設の慰霊施設にそれを移せばいいだろ?


283 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:02:53 ID:qVoEU7wP
>>278
あなたは小学生ということないよな

284 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:04:29 ID:oqH+cA46

かつて中国で十年間近く生活しましたが、
中国人民の中で靖国のなんたるかを知っている
人間はほとんど皆無です。

中国という国は、自分の都合でころころと対外
政策を変化させ、それに対してなんの遠慮もう
しろめたさも感じないわけです。

かつて毛沢東は訪中した日本の議員に対して、
「謝罪なんてする必要はないです。あなたがた
が国民党を追い払ってくれたおかげで共産党が
この国を支配できたわけですから。」と言って
います。

ソ連と対峙していた頃には、ケ小平が「日本は
軍事費を二倍にするべきだ!」と発言していま
す。

靖国神社に小泉首相が参拝することが中国人民
の感情を傷つける? 冗談じゃない、共産党批
判さえ許されない独裁国家で、そんな理屈がま
かり通るわけがないでしょう。

小泉首相は圧力に屈することなく、八月十五日に
堂々と靖国神社を公式参拝するべきです。


285 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/06/12(日) 18:04:38 ID:DeQj7vvy

クサレ志那って矛盾してるよね。A級戦犯を非難して靖国参拝を批判してるくせに、

暴動は、一般日本人に向かってるからね。さすが、民度低すぎ尻滅裂。○| ̄|_=3 プッ

。。

286 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:05:06 ID:qVoEU7wP
>>282
遊就館見ての感想はということよ

287 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:06:14 ID:5gianru3
>>279
C級はともかく、

B級に対しては中国共産党につかまった人が一番気の毒だった。
中国は復讐裁判で無実の日本人を裁判にかけ、その多くを死刑にした。

288 :277:2005/06/12(日) 18:22:16 ID:r9C9uSmW
>>286

率直に言って、当時の日本の技術水準を目で見ることができて興味深いね。

で、何が言いたいの?


289 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:33:52 ID:r9C9uSmW
おれの論(>>278)に反論するなら、
「靖国でならなければならない理由」というものを、主体性をもって論じな
ければならない。遠まわしな言い方はしなくていいから、反論があるなら
ストレートに来いよ?>>286

わかっていると思うが、おれの根拠(>>258)は、短絡的な政教分離だとか
極東裁判上のA級戦犯を云々したものではない。
その上で反論してくれよ?

290 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:35:03 ID:qVoEU7wP
>>288
靖国は実際行って見た方がいいよ。

そうでないといくら話したとしても噛み合わんと思うよ。

ちなみに、遊就館は当時の日本の技術水準もあるがそれだけではないよ。

一度、靖国にいって自分の目で見てみることよ。

私は遊就館とても惹かれるところもあるがが気になることも有ったよ。

個人的に靖国好きだが、遊就館をみて海外の方が見てどう思うかとも思うよ

291 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:40:32 ID:r9C9uSmW
>>290

ストレートに頼むよ?
何が言いたい?
奥歯にものが詰まったような言い方では議論する価値もないよ?


292 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 18:46:20 ID:cjiLwjw3
富国強兵を唱える社会主義者によって戦場に行って死んだ者は、
死んだら靖国の神になると言われて死んで行った。
今さら、神にはなれませんよ。嘘でした。と言ったら、遺族は
いたたまれないだろ。

293 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/06/12(日) 19:04:41 ID:DeQj7vvy

http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/index.html

。。

294 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 19:28:55 ID:qVoEU7wP
なるべくストレートにいくよ。

あなたの言う「靖国でならなければならない理由」の「靖国」のとらえかたがお互い違うのよ。ここが気になる。

靖国的でないものならば靖国は必要ないもの。

あなたの「無宗教の施設を新たに創建する事で十分なし得るという持論」はありえると思う。

十分なし得るとは何に対してなのか分らない。無宗教の施設の可能性は有りますが靖国とは比べることの出来ないものになると思う。

靖国が何なのか私も教えてほしい方だがそこを感じないと議論してもトホホよ。で遊就館をどう思うか聞いた。

で実際に無宗教の施設はどうするんよ。







295 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 19:38:34 ID:qVoEU7wP
とりあえず終わりにするよ・・

296 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 19:47:54 ID:r9C9uSmW
>>294

なんともはや、あなたは印象論、情緒論者なの?
靖国神社に実際に行った事がないと、議論が出来ないなんて理屈、
聞いたことがないよ・・・


297 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 20:01:13 ID:cJlr7NxO
おい、お前等!
小林よしのり著「戦争論3」を読んでから語れよな。

298 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 20:05:47 ID:f0s7vDYL
あんな屑本読む必要ねーだろw

299 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:03:49 ID:cJlr7NxO
いわゆる「A級戦犯」を「戦争犯罪人だと思っている」と
発言した時点で完全に終わってるでしょ小泉。毎年犯
罪者を拝みに行ってることになるものな。支離滅裂だよ。





300 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:05:00 ID:qVoEU7wP
>>297
ありがとう
小林よしのり


301 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:08:52 ID:jbupfXRB
朝鮮や中国とは距離を置いたつきあいこそが一番正しいね。

いずれ朝鮮が統一されたら、やつらは内部矛盾をよそに向けるために必ず反日を利用する。

だから、朝鮮統一にむかっても、日本は絶対にかかわるべきではない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中国だって同じ。むこうから友好的な関係を望んでくるまで、こちらがいくら手を差し伸べても無駄。

逆に利用されるだけ。

実際に、大使館破壊され、日本人が被害を受けているこの期に及んで、中国までのこのこと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出かけていくバカ政治家が多すぎる。やつらは中国でおべんちゃら使ってお金(それもODAで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
われらが血税)をキャッシュバックしてもらうためだ。売国の輩といえよう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中国や朝鮮の立場で発言しているバカ左翼もまったく同じ、売国奴だな。


302 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:22:55 ID:cJlr7NxO
小泉の歴史認識は朝日・日教組・三国人と同レベル

元慰安婦の方々に対する小泉内閣総理大臣の手紙
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/letter.html
いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございました。
私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます。

日朝平壌宣言 (第二項)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/n_korea_02/sengen.html
日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという
歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。

小泉内閣総理大臣の談話
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2001/0813danwa.html
この大戦で、日本は、わが国民を含め世界の多くの人々に対して、大きな惨禍をもたらしました。
とりわけ、アジア近隣諸国に対しては、過去の一時期、誤った国策にもとづく植民地支配と
侵略を行い、計り知れぬ惨害と苦痛を強いたのです。

6月4日付・読売社説 [靖国参拝問題]「国立追悼施設の建立を急げ」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20050603ig90.htm
 2日の衆院予算委員会で、小泉首相は民主党の岡田代表の質問に答弁し、極東国際軍事裁判(東京裁判)で
有罪とされた、いわゆるA級戦犯について「戦争犯罪人であるという認識をしている」と述べた。

303 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:25:11 ID:Ah6OcaYr
>>299
それは形式上の話だろ

304 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:35:54 ID:M5GUCrlC

イギリスの世界的な歴史学者 アーノルド・J・トインビー

「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、 むしろ戦争によって利益を得た国々の

為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。 その国々とは日本の掲げた短命な理想であ

った大東亜共栄圏に含まれていた国々である。

日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前において アジアとアフリカを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような 不敗の半神でないことを明らか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
に示した点にある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)

305 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:36:47 ID:M5GUCrlC
ビルマ
バー・モウ 元首相
「歴史的に見るならば日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。
しかしまたの解放を助けたり、
あるいは多くの事柄に対して範を示してやったりした諸国民そのものから
日本ほど誤解を受けている国はない。
もし日本が武断的独断と自惚れを退け、
開戦当時の初一念を忘れず、
大東亜宣言の精神を一貫し、
南機関や鈴木大佐らの解放の真心が軍人の間にもっと広がっていたら、
いかなる軍事的敗北もアジアの半分、
否、過半数の人々からの信頼と感謝とを日本から奪い去ることはできなかったであろう。
日本の為に惜しむのである。」

シンガポール
ゴー・チョクトン 首相
「日本軍の占領は残酷なものであった。
しかし日本軍の緒戦の勝利により欧米のアジア支配は粉砕され、
アジア人は自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。
日本の敗戦後15年以内にアジアの植民地は全て解放された。」
(「諸君!」平成5年7月号)

306 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:37:53 ID:M0AkOdKV
鳥肌実バンザイ!

307 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:38:29 ID:r9C9uSmW
だれも返答してくれないから、コピペするわ。
どうよ?↓

まず、日本は昭和20年の敗戦で何を学んだか。何を新しく知ったのか。
・・・という事をいちから見直す必要がある。
「恒久的平和の尊さ」などという漠然とした綺麗事では物足りない。
では、実際に何を学んだのか。何を知ったのか。

@国家が77年で命脈尽きた有様を見た。
A2000年に及ぶ文化が命脈を保っている姿を見た。
B民族は絶滅せずに、生き残っている自分を見た。

・・・つまり、@、A、Bは一元ではない、多次元であり、各々別次元で
あることを知った。学んだ。そしてそのすべてに自分の実像を見出す事が
できる、多層的認識を新たに得たといえる。

戦前はまでは、@〜Bは一元だった。命運を共にして当然だと思っていた。
しかし、昭和20年を契機に知ったことは、多次元だという事。
これは戦後、国民の政治への無関心という悪影響にもつながったが、それに
はそれなりの理由が在ったという事だ。
特に、@には寿命の期限がある事を知った以上、文化民族のすべてをそこに
委ねるのには、あまりに心もとない、という認識を得たのではないか?

もちろん@〜Bは密接に関係している。
しかし、一元であるかというとそうではない、という新たな感知性。
実はこの多層的認識によって、結果的には戦前よりも、@、A、Bを強固に保
持する事にもつながる、というのが私見。
これは西欧から丸ごと輸入してきた「政教分離」の概念などとは違い、我々
が身を持って体得した、真の多層性ではないのか。

・・・・そこから靖国問題を考えてみるべき。

308 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:40:11 ID:QPskaf63
理念はあったけど実践が駄目駄目だったのは分かっている。
そこで、多くが評価に苦しんでいるんだよ。

309 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:49:33 ID:pvMhGERg
>>307
もう うざいから 消えてくれ



                             と大部分のこのスレの住人は思ってるよ

310 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 21:56:21 ID:zSFeiAOP
>>307 いまさら靖国を考えてどうしたい訳??

結果は見えてるわけだが。
学術的とか、歴史認識的とか、関係ない事は分かっている事でもあるが・・

で!さっ・・中国が日本のために??靖国のために??日本人のために??
親切に、アドバイスしてくれる訳では・・・無いんだが??
大国と称する中国は何も考えては居らんと・・言うことは確実な!!事実でもあるな。

で??<丸ごと輸入した「政教分離」の概念・・・・とは、何が根拠な訳??

311 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:03:06 ID:r9C9uSmW
>>310

結果は見えている。しかし。
学術的と関係ない事は分かっている事でもある。
歴史認識的と関係ない事は分かっている事でもある。
『で!』
『さっ・・』
中国は日本に親切にアドバイスしない。
靖国に親切にアドバイスしない。
日本人に親切にアドバイスしない。
中国は何も考えていない。
『で??』
丸ごと輸入した「政教分離」の概念とは、何が根拠な訳。

どこの翻訳ソフトですかという事だ。

312 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:12:26 ID:zSFeiAOP
>>311 馬鹿かおまえは・・・笑えるね!

何で翻訳ソフトが必要な訳??
そんなモン状況判断で少なくとも日本人で有るなら、誰しも感じている事だ。

で、そのお前の言うすばらしいと、思しき翻訳ソフトは何処に有るの??

馬鹿もここまでくれば・・・ご立派!

で??やはり・・<丸ごと輸入した「政教分離」については・・説明無いが。
お前が書いた事だろが??ちがうのか??

313 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:15:24 ID:zSFeiAOP
あえて・・別に書くが、日本人にもこんな馬鹿が居るんだね!
カキコから見ると、日本人そのものって感じ・・だもんな??

救われんな・・日本は。幻滅の何物でもないな。
因みに・・俺も日本人だ。情けなぁ〜〜〜

314 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:22:00 ID:Hh8o/k7v
>>313
今の日本人はそういう人の方がむしろ多いと思います。
4、50歳の人が自分がみる限り重症。青年期に社会党、共産党が支持を
得ていた時代を生きてますから。
あなたが何歳だか知りませんが、これからはもう少しマシになると思うので、
幻滅しないで

315 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:23:26 ID:r9C9uSmW
>>312

おまえは馬鹿か。
『・・・』
笑える。
なぜ翻訳ソフトが必要なの?
それは状況判断だ。
日本人は誰でも感じる。
すばらしい翻訳ソフトはどこにある?
馬鹿も立派。
『で??』
『やはり・・』
『丸ごと輸入した「政教分離」』について説明無い。
お前が書いた事だ。
ちがうか?

>>313
あえて
『・・』
別に書く。
日本人にも馬鹿がいる。
カキコから見ると、日本人そのもの。
日本は救われない。
『・・』
幻滅ではない。
俺は日本人。
情けない。

その翻訳ソフトはやばいぞという事だ。


316 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:23:52 ID:QPskaf63
日本が実質アジアのリーダなのに、過去に日本人が馬鹿なことしたから、
認められないのは日本に取ってもアジアの国にとってもある意味不幸だね。



317 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:24:14 ID:zSFeiAOP
>>314 少し・・落ち着いた。有難う。

318 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:27:29 ID:zSFeiAOP
>>315 良くわかっつた。

お前は議論が出来ないひとだったんだ。

これで、お前とはおわる。

お馬鹿ちゃん・・・さいならぁ〜〜〜〜

319 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:30:09 ID:r9C9uSmW
>>317

「落ち着いた」という言葉の使い方が文脈上おかしい。

日本の掲示板に来るのは、ちゃんとした日本語を勉強してからにした
方がいい。


320 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:32:54 ID:Hh8o/k7v
>>316
日本が馬鹿なことをしたって・・・
してないとは言いませんが、あなたは度合いを大きく勘違いしていそう。
紫禁城の黄昏、を読んで下さい。
岩波は誤訳が多いからダメです。祥伝社がいいと思います。

321 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 22:33:31 ID:U1Wcfr1I
>>315
その人は結構長くこのスレにいる常連さんですよ。
・・や〜〜などにすごく特徴があって、議論したい方向性も非常に個性的ですね。
私はあまり噛み合ったことがないですが。

あと、何回かコピペしているという文章、

>まず、日本は昭和20年の敗戦で何を学んだか。何を新しく知ったのか。
>・・・という事をいちから見直す必要がある。
(途中省略)
>@国家が77年で命脈尽きた有様を見た。
>A2000年に及ぶ文化が命脈を保っている姿を見た。
>B民族は絶滅せずに、生き残っている自分を見た。

ここまでは結構だと思うんですけど、それ以下の複雑な文章は、人が引いてしまうと思いますよ。
数学の訳のわからん問題みたいです。
よほどの物好きでなければ食いつかないのでは、多分。

322 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:36:03 ID:Hh8o/k7v
>>319
全然おかしくないと思うんですが。あなたは日本人みたいですが、文脈判断
が苦手な人?

323 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:36:41 ID:/sOvZTwJ
>>316
>日本が実質アジアのリーダなのに、過去に日本人が馬鹿なことしたから、
> 認められないのは日本に取ってもアジアの国にとってもある意味不幸だね。


おいおい、完全に日教組教育に染まってるな。かわいそうに。

もう少し多元的な歴史解釈できないと、今後外国人と討論する機会あった時には
大恥かくぞ。


324 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:37:00 ID:/sOvZTwJ
イギリスの世界的に有名な歴史学者 アーノルド・J・トインビー

「第2次大戦において日本人は日本の為というよりも、 むしろ戦争によって利益を得た国々の

為に偉大なる歴史を残したといわねばならない。

その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。

日本人が歴史上に残した業績の意義は西洋人以外の人類の面前においてアジアとアフリカを

支配してきた西洋人が過去200年の間に考えられていたような不敗の半神でないことを明らか

に示した点にある。」


(1956年10月28日/英紙「オブザーバー」)

325 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:37:57 ID:QPskaf63
>してないとは言いませんが、あなたは度合いを大きく勘違いしていそう。
多分・・、みんな度合いが違うんだと思うよ。

326 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:38:39 ID:HGhg34Bh
タイ ククリット・プラモード 元首相

「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなった
が生まれた子供はすくすくと育っている。

今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意された日である。

更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。 我々この2つの日を忘れてはなら

ない。」

327 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:38:42 ID:zSFeiAOP
いずれにしても・・日本国憲法で「政教分離」を歌ってる以上、その責務って物
あると思うね。
日本政府も、何も考えなしに「政教分離」を憲法に持ち込んだとは考え難い。
信教に順ずる政府である事に、日本としては何か考えるところがあったのだろうね。

しかし、中曽根、以降歴代の総理は「政教分離」に気遣いつつ訳の分からない
「内政干渉」と、言いつづけられた事に、興味がある。
靖国参拝が、憲法違反であることは誰しも否定は出来ない、日本国憲法として
「政教分離」を確実としてるわけで、何ゆえ、今で言うなら小泉は健保違反を
したいのかねぇ〜〜分りませんなぁ〜〜


328 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:39:27 ID:HGhg34Bh
>>321
おまえが出てくると いっぺんにレベルが下がる。出てくるな。

329 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:40:24 ID:qVoEU7wP
だれかーーー、このセレ中の中国人・朝鮮人と日本人を分けてくれよ

330 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:41:38 ID:Qvf9Xpz/
>>327
あーあ、いきなりレベルの低い発言・・・

>日本政府も、何も考えなしに「政教分離」を憲法に持ち込んだとは考え難い。

誰が持ち込んだんだ? 日本政府? 誰が作った憲法だ?

>靖国参拝が、憲法違反であることは誰しも否定は出来ない、

憲法論議は前スレで語りつくされ、最高裁での判決で「違憲でない」 という結論。
                     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
何度も言わすな、バカ!

331 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 22:41:58 ID:U1Wcfr1I
>>328
やなこった。


332 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:42:12 ID:Qvf9Xpz/
>>329
靖国反対=朝鮮人・中国人・三国人

靖国賛成=日本人

333 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:42:55 ID:Qvf9Xpz/
>>331
328に賛成。
TEKKO出てくるな。おまえはいつもつまんねー書き込みばっか。
どうせ女だろ? 頭悪そうだし。

334 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:46:27 ID:Hh8o/k7v
>>325
そうですね、でも、日本が一方的に悪かったと世界に触れ回っている中韓の
言い分をそっくり受け入れているような感じなので。
感じる度合いは人それぞれで結構ですが、それだけは絶対に阻止したいんです。
>>327
なにがいずれにしてもなのか?
>>321
前にもあなたに言ったが、ちゃんと読んで加われば?

335 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 22:50:51 ID:U1Wcfr1I
>>334
うん?感想を言って何が悪いのかな。
で、貴方はしいばさんかな?


336 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:50:55 ID:1grtx+89

そうそう。このスレで、Tekkoとかは民度低いし知能も低い、知識もない。
だなーは知ったかぶりの法律論だが反論されるとぶちぎれで簡単に論破される。
こいつらはコテハンで書き込む意味なしだな。

337 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:51:49 ID:Hh8o/k7v
>>333
彼氏がどうのこうの言うから女でしょう。
と言っても、お互いの事が分からないインターネット上の事だし、分からない
ですけど。

338 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:51:58 ID:FtzRyk2o
狂気の法案を拉致問題の安部晋三先生と阻止しよう!!【■■2ちゃんねるが消滅します】

とんでもない言論弾圧法案=「人権擁護法」が国会に提出されようとしています!!!
この法案の真の狙いは、
@社会的には、2ちゃん/ブログをはじめとしたネット世界の一般人の小うるさい言論の圧殺であり、
A政治的には、拉致問題強硬派&在日参政権反対の自民右派の消滅です。
民族(朝鮮・中国・韓国)/ 同和 /信条(宗教・層化・赤化)他に関する一切の差別的発言を禁じるという狂気の法律です。
一刻も早く、防戦する安部先生達に、日本国民の怒涛の援護射撃をお願い致します!!!
※※以下4つともアドレス中に★をはさんであります、★を消去の上、どうか必ずご覧下さい!!※※ 
http://zinkenvip.fc2web.co★m/
http://blog.livedoor.jp/no_gest★apo/
↑↑【凶悪仰天法案の問題点&背景の全て】
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goik★en.html
↑↑【首相官邸ご意見フォーム】イメージと違って、ここは非常に効果ありです!
全部読んでくれます、投稿テーマで返事が変わります!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/mey★asu-entry.cgi
↑↑【自民党目安箱】事態は急を告げています。文章は簡単でいいので、国民の「人権擁護法」への反対意思を、
とにかく 1 秒 も 早 く 党本部に伝えて下さい!
■□■人権擁護法ストップin日比谷公会堂 6/19(日)12:30〜16:00超大物国会議員登場・皆さん大挙してご参加を■□■

339 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:52:11 ID:qVoEU7wP
>>332
このスレ国際的アジア的で見がいあるよ

結局は中国政府の日本人アンケートってとこかい?

340 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:53:49 ID:qVoEU7wP
このスレ国際的アジア的で見がいあるよ

結局は中国政府の日本人アンケートってとこかい?


341 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:54:08 ID:Hh8o/k7v
>>335
あなたの言っている事は一貫してない。
前はしいばに味方してたし。
感想いうな、じゃなくてちゃんと読んでから言え

342 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:54:14 ID:zSFeiAOP
>>334 >>327だが、その、いずれにしてもに対しての疑問系であるが・・

理由は理解できると、思うので・・・その後を読めば分るはず。

???・・どうも??その疑問系に・・疑問だわさ!何が言いたいのかな??

343 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:54:17 ID:qVoEU7wP
このスレ国際的アジア的で見がいあるよ

結局は中国政府の日本人アンケートってとこかい?


344 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:54:35 ID:qVoEU7wP
このスレ国際的アジア的で見がいあるよ

結局は中国政府の日本人アンケートってとこかい?


345 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:54:57 ID:rMIH/ILP
中国は日本と仲良くして行きたいと考えている。経済関係でも
切っても切れない関係なんだ。 日本が歴史問題で中国を刺激するから
中国が怒るのである。 先の戦争で被害を受けたのは中国なんだ。
首相の靖国参拝も中国からすれば傷口に塩を塗るようなものなのだ。
日本人は過去の過ちに直視しなければならない。


346 :判定人:2005/06/12(日) 22:56:51 ID:5mw+fvuS
周恩来、ケ小平ならこんな子供じみた対応は
しないよ。江沢民以来おかしくなってるな。

347 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:57:04 ID:Li5KkdEf
>>345

もちろん釣りだよなwww?

そんな幼稚園的発想では国際社会では生きていけないもんな。

でも、中には本気でおまえみたいに考えてる社民党員とかいるからな。

日教組もその類だ。気をつけよう。

348 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 22:57:14 ID:okU/fY0O
ありゃ、しいばさんじゃなかったか。
ごめんなさいでした、しいばさん。(許してくれないかも)

火の鳥、昨日も見ましたよ。

ところで私がレスしたID:r9C9uSmWさんからのレスがなくて、なんで他の人から叩かれてるんでしょうね。

349 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:58:26 ID:Li5KkdEf
かつて中国で十年間近く生活しましたが、
中国人民の中で靖国のなんたるかを知っている
人間はほとんど皆無です。

中国という国は、自分の都合でころころと対外
政策を変化させ、それに対してなんの遠慮もう
しろめたさも感じないわけです。

かつて毛沢東は訪中した日本の議員に対して、
「謝罪なんてする必要はないです。あなたがた
が国民党を追い払ってくれたおかげで共産党が
この国を支配できたわけですから。」と言って
います。

ソ連と対峙していた頃には、ケ小平が「日本は
軍事費を二倍にするべきだ!」と発言していま
す。

靖国神社に小泉首相が参拝することが中国人民
の感情を傷つける? 冗談じゃない、共産党批
判さえ許されない独裁国家で、そんな理屈がま
かり通るわけがないでしょう。

小泉首相は圧力に屈することなく、八月十五日に
堂々と靖国神社を公式参拝するべきです。



350 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:59:38 ID:qVoEU7wP
>>346江沢民以来おかしくなってるな。
感情的にそう思うときある。


351 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:59:46 ID:zSFeiAOP
>>340,>>343,>>344 ・・・悪いけど読み難いんだけど。

352 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:59:53 ID:dJsB07Va
東京裁判で有罪とされた人々の合祀は1959年に始まり78年に
14人のA級戦犯を合祀して終了した。この間、中国を含め海外から
一切抗議はなかった。1979年、大平首相が、80年と81年鈴木首相が
参拝したが、何の問題も引き起こさなかった。1982年教科書問題が
日本を襲った当時も中国は教科書問題を取り上げるのみでA級戦犯の
靖国合祀には一切言及しなかった。

中曽根首相が1983年、84年に靖国参拝した時に至るも何ら問題は
生じなかった。つまり靖国問題はわずか16年前の1985年からなのである。
戦後政治の総決算を掲げた中曽根首相は1984年に靖国神社問題についての
諮問委員会を設置し、1985年8月15日に靖国を公人として参拝した。
その直前の8月7日に朝日新聞は、中国は靖国問題について日本の動きを
注視している、と報じた。当時の「人民日報」や新華社電を精査しても
そのような中国の動きはまったく存在していない。

人民日報はこの朝日の記事を受けて8月11日付けで、日本国内に首相の靖国
参拝に批判的な動きがあると報じた。ついに8月14日中国政府スポークスマン
は中曽根首相の靖国参拝はアジアの隣人(中国人民)の感情を傷つけると
正式な反対表明をするに至った。

かくして「無」から「有」が生じ、日中間で互いに相手国で靖国が斯様に
論じられ報じられていると木霊のような遣り取りが始まった。


353 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 22:59:56 ID:QPskaf63
>日本が一方的に悪かったと世界に触れ回っている中韓い分をそっくり受け入れているような感じなので。
そこは皆さん敏感ですね。
線引きが違うところを気軽に書いたりすると、どちらかに怒られちゃいますしね。

中国も韓国も仲良くする気持ちはあまりない様なので、
放置プレイで他の国と仲良くしましょうよ。
常任理事国入りは今の仕組みでは中国が邪魔するから無理でしょうし。

354 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:00:56 ID:Hh8o/k7v
>>342
言った意味を勘違いしている。
今までの話の流れに対してあなたの主張は唐突すぎる。
唐突なのはよくあるが、いずれにしても・・・からはじまっている 
が訳分からない

355 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:04:39 ID:qYmwsO3h
>>353

そのとおり。先々朝鮮半島が統一されても、必ず内部矛盾を「反日」で解消しようとする。

だから今後朝鮮半島がどのように動こうが、日本は絶対にあらゆる関与すべきではない。

中国についても同じ。349の指摘はまったく正しい!

356 :判定人:2005/06/12(日) 23:05:36 ID:5mw+fvuS
靖国の問題は朝日の問題だ。共産主義が崩壊し
自らの左翼的立場が次々、敗北していった朝日に
とって、靖国も憲法違反ではないという判決が
定着したもんだから、中国・韓国に焚き付けに
いったんだ。それまで彼の国もほとんど問題に
してなかったのに。

357 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:06:29 ID:Hh8o/k7v
>>347
ええ、釣りでしょう。
でも社会党員、日教以外に一般人にもそういうのいます。
気をつけましょう。
マスコミ(朝日、読売)はしんじちゃだめですよ。

358 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:08:26 ID:Hh8o/k7v
>>348
あなたがあらゆるスレで馬鹿を露呈しているから。

359 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:08:28 ID:zSFeiAOP
>>354 ですか??残念。君との議論は終わる。
意味が分からないばかりでなく「いずれにしても」の意味を理解できていないようで。

360 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 23:08:51 ID:okU/fY0O
>>354 ID:Hh8o/k7v
擁護していたくせに、今度は批判ですか。
そのくせ人には一貫してない?
訳わかめ。

えらくこのスレで頑張ってカキコしてる人がわんさかいますが、
もう大体、小泉参拝に関しての流れは出来つつあるんじゃないですか?
本人が変わりようがないんだから、周りが動きそうですよね。

361 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:10:40 ID:Hh8o/k7v
>>359
分かりました。終わりましょう。
いずれにしても、の使い方を理解できないまま、生き恥をさらして下さい。

362 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:12:07 ID:Hh8o/k7v
>>360
いつ擁護した?わざと言っているのか

363 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 23:14:45 ID:okU/fY0O
>>362
>>314>>322で、間違いなく。

364 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:17:05 ID:zSFeiAOP
いずれにしても、近隣諸国の批判をかわすことなんぞ、出来ないでしょうな。

いずれにしても(←連文節)・・・日本の立場とは、そう言うことだわな!

まっ、小泉が靖国参拝をした後が、どうなるのか予測も出来ないので興味はある。

365 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:17:48 ID:Hh8o/k7v
>>363
IDだけで判断しすぎ。その人の言っている事の違いを読めよ。


366 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 23:18:54 ID:okU/fY0O
>>365
は?
同じIDなだけで別の人だったんですか?
そこまで考えなんだ。

367 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:20:32 ID:zSFeiAOP
わっ・・逃げてる〜だろうね。IDは切り替わりに時間の区切りがあるって事。

368 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:22:22 ID:kVpdmq5G
以前は【大和】だったが、今は【Tekko】か。
妙な奴が沸くとスレが腐る。

首相の靖国神社参拝は憲法違反2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1117255842/l50
は、【だな〜】

369 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:24:41 ID:Hh8o/k7v
>>366
違うし。
言っている事が違うだろ、って言ってんだよ。
本当にちゃんと読めよ

370 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/12(日) 23:25:25 ID:xV8lRWkv

宗教を政治に使おうとするとややこしくなるのと、小泉首相も、
いまごろは、そう思っているんじゃないでしょうかね。

@ まず、靖国神社がA級戦犯合祀を黙っていればよかった。
→ しかし、それでは政治的な意味が成り立たないので公表した。

A 次に、政治家たちが、黙って参拝にいけばよかった。
→ しかし、それでは政治的な意味が成り立たないので公表した。

信心なら黙って行なえるはず。政治ならば黙っていては意味が無い。

どちらも姑息を絵に描いたような行動ですね。



>Tekko さん、乙です!


371 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 23:29:00 ID:okU/fY0O
おお、しいばさん!変な勘繰りをしてしまって、スマソでした。平謝り…

オイチャンもオッチャンも元気ですかねぇ。
また気が向いた時に来て欲しいですね。

コテ名乗る人を特別視するつもりじゃなくて、なんというか、やっぱコテを名乗ると顔が出来ますからね。

372 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:30:51 ID:qVoEU7wP
>>364
文章メチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャメチャクチャ

373 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/12(日) 23:32:10 ID:xV8lRWkv
>>371
どうもです。おっさんとオッチャンの議論は、俺にはついていけませんでした。
おっさんは、ときどき旅に出ては帰ってくる人なので、また 話せるでしょう。


374 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:33:27 ID:pK8Lut2u
英語に慣れ親しんでると、韻を踏む文章を日本語でも
知らない間に作ってる事がある、なぜか繰り返し表現とか

375 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 23:35:44 ID:okU/fY0O
>>373
>おっさんとオッチャンの議論
旧約聖書の話ですよね。
私もチンプンカンプンでした(笑)

376 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:43:21 ID:nH2OmSd+

ああ、TEKKO としいば、 最悪コンビだな。

レベル低くなるから落ちます。


377 :名無しさん@3周年:2005/06/12(日) 23:50:07 ID:r9C9uSmW
>>352

なるほどね、参考になった。
傍観者(朝日新聞)は、観察対象に影響を与えずには済まない・・・
という定理そのものですな。
戦前は戦争を扇動し、戦後は自虐一辺倒である事に関して、
ひとつの共通性があるとすれば、”ヒステリックである”という事。

ただ、ここにレスしている人間も気をつけた方がいいぞ、主張はどうで
あれ、ヒステリックになっていないかどうかを。
ヒステリックは近代以降の日本人の劣性です。

しかし、憲法にしろ参拝にしろ、日本人自身がおざなりにしていた要件
ってのは、何らかの形で、切迫した問題と化して自分に跳ね返ってくる
ものなんだね。
そういう意味では、良い機会だとは思う。


378 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/12(日) 23:55:31 ID:okU/fY0O
>>377
> しかし、憲法にしろ参拝にしろ、日本人自身がおざなりにしていた要件
>ってのは、何らかの形で、切迫した問題と化して自分に跳ね返ってくる
>ものなんだね。
>そういう意味では、良い機会だとは思う。

貴方のその主張の部分は同意しますよ。


ところで、以前私は、
>新しい国家追悼施設建設等の議論…は、「千鳥が淵国立墓苑」がちゃんとあるのだから、その議論は必要無しかと。

なんて書いたことがあるんですが、千鳥が淵国立墓苑では戦没者を全然網羅することにはならないのだそうですね。
それだから、新しい国家追悼施設の話が持ち上がっているんですね。

靖国は大体にして、兵士が主なんだから、
それとは別の、戦没者全員を含む国家追悼施設建設は、あって然るべきな話ですよね。
なんで遺族会が反対するのか、理解不能です。
靖国の地位が下がる?
地位とかどうこういう話じゃないでしょうに。
靖国は靖国で、他に国家追悼施設があっていい、と思うようになりました。
その話は何年も前に、小泉首相と金大中元大統領との間でも、交わされていたようですしね。
寧ろその話を、煙に巻いていただけのことだったのかも。

379 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/13(月) 00:04:19 ID:CMqLBluB
>>377
たしかに、国ごと特攻隊みたいな、ヒステリックで、戦略があるとは言えないような戦争でしたからね。

沖縄戦を経験した、ある米兵の手記を読んだことがありますが、その中で・・・

「私は戦争をしていても生き抜きたかったし、すべての米兵が、そう思っていたはずだ。
しかし、日本兵は死にたがっているように見えた。その点が両軍の違いだった。」



380 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 00:18:06 ID:pQxqRKKM
>>378

靖国に合祀される基準は、帝政以降に、安全保障上の国防に携わった立場
において亡くなられた方々、つまり軍人を対象にしているわけだ。
おれは、新たな慰霊施設を作る上では、その基準を受け継いで良いと思うよ
。というか、そういう施設が新たに必要だという事。
すべての戦没者を対象にした議論は、論点がずれるし、また別次元の問題だ
と思うね。
「今の日本には死の概念がおざなりにされている」と文化的にも言われてい
る。新しい慰霊碑には、そのような概念から目をそらさずに受け止められる
ような意味合いが付加されれば、それが健全だと思う。


>>379
織田祐二が映画で「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるん
だ」・・・などと、いかにもカッコいいイメージで描写されていたけども、
全く同じ事をのたまって、上海から南京に独断進行した大将がいたという
事を、我々後世の人間は忘れないようにしましょう。
短絡的な正義感、ヒステリーな美学は日本人の直すべき悪癖であるはず。
田中真紀子をヒロインにしたのは、我々世論の声だった事を反省しましょう。


381 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/13(月) 00:27:24 ID:xzTiAe5o
>>380
新しい国家追悼施設を、靖国に合祀している基準で慰霊する施設に作ると?
そりゃあ一体、何のための新しい施設ですか?
で、それはいわゆるA級戦犯はどうするんですか?

因みに、私が今、世で言われているのは、軍人のみではない、戦没者の追悼施設なのだと思っているんですけどね?

あと、あの田中真紀子さんを支持していた国民は少なからずいるようですよ。
その人たちは、辞めさせた小泉を見くびったそうですよ。

382 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 00:48:14 ID:0EPNsHTn
小泉政権のでたらめぶりがよくわかる!
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。独創的な情報分析マガジンです。





383 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 00:52:30 ID:pQxqRKKM
>>381

靖国で戦没した軍人の方々を慰霊するのと、
新たに政府が設立した施設で戦没した軍人の方々を慰霊するのと、
何が違うかを考えてみてください。
また、国防任務において、亡くなる方が出る可能性は、日本において
今後もありうるんだという事も、忘れないで、考慮に入れて考えてください。
もちろん新たな施設でも、東京裁判でA級戦犯になった方々も慰霊すれば
よい。何か問題ありますか?



384 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 01:31:17 ID:t/ayxNMW
新たに国が慰霊の施設を作るのに、一民間宗教法人でしかない靖国をなんで参考にせにゃならぬ。
作るんなら、一から考えて(靖国なんか無視して)作るんだろ、もちろん無宗教で。
そこで誰を対象にするかは問題ではある。しかしそれは政教分離とは関係の無い別の問題、このスレの範疇ではない。


385 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 02:22:46 ID:W2fKwKBn
無宗教施設には漏れなく創□やゼネコンや市民団体の息がかかります。
不思議な事に、国が慰霊施設を造った後に政教分離が云々と騒ぐ団体が出てきます。
A級戦犯の墓を「民族罪人汪精衛」の墓と同様の扱いにしないと、かの国では納得してもらえません。
そして、国民の税金は増税され、無意味な施設と海外に流れて行きます・・・

386 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 06:21:13 ID:7djSGBmO
世界に向けてはA級戦犯は悪であり謝罪をするのに
国内向けにはA級戦犯者を英雄と称えています。

で、結局、A級戦犯の東条英機は戦争犯罪者なのか
天皇を救った英雄なのか、どっちなんだ?

小泉の2枚舌にはっもうウンザリしています。
はっきり教えて下さい

387 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 06:36:18 ID:nl+6ASCg
東条は国際法の「平和に対する罪」を犯した極悪人だ。

388 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 07:38:23 ID:gD5CBvkd
公明党のウソ表示

政教分離を言う公明党こそ政教一致じゃねーか。
国民を馬鹿にするなよ。


389 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 07:46:30 ID:2t1wKBrS
>>東条は国際法の「平和に対する罪」を犯した極悪人だ。
そんな極悪人を祭っている靖国神社は狂ってるね
こんな凶悪な神社に参拝する狂った人っているの?

390 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 07:59:41 ID:pXALVkbT
霊なんていません。慰霊なんて宗教行事です。慰霊施設は政教分離に反します。

391 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 08:06:30 ID:sg2gall6
中国・朝鮮・日本

392 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 08:11:00 ID:ZwBNFNHL
なんだかねぇ〜〜
しかし、小泉はやはり参拝するんだろうな。
そして、日本のメディアは相変わらず・・大騒ぎ・・
何時もの成り行きってやつか?

393 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 08:19:52 ID:ZwBNFNHL
日本のメディアも、日本を叩くだけ叩いて、何が面白いのかね。

特に、この靖国問題で大活躍したと言われてる、
朝日新聞って本当は何処の国の新聞社かな?

394 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 08:27:27 ID:WCkRHuZK
>>389
東条は確かに有罪判決を受け、サンフランシスコ講和条約で日本も東京裁判の
判決を受諾した。そして、東条は死刑という罰を受けた。罪を犯しても罰を受け
るともう罪は償わたことになるんだ。自殺して罪の償いをしなかったヒトラーと
日本の戦犯の大きな違いだよ。罰を受けた東条をまだ極悪人というのは刑法の立場
からいっても間違い。それに法の効力は死後の世界にまでは及ばないんだ。


395 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 08:33:39 ID:2t1wKBrS
>>394
同じ事を戦争被害こうむった全ての国に向けて言って上げて下さい。
A級戦犯者を悪く言うなと!

396 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 10:09:52 ID:o1GIRoGG
>>387
>>389
極東軍事裁判が、いかに不当であったか、良く調べてから言え。
「平和に対する罪」ってのが、いかに変か良く調べて、良く考えてから言え。

別にだから反省しなくていいとか、大東亜戦争が正しかったとか、
戦犯に何の責任もないとか、靖国参拝に何の問題もないとか、
極東軍事裁判の結果が無効だとか、そんな安直なことを言うつもりはない。

ただ、あんたら不見識が過ぎるよ。

397 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 10:19:19 ID:sg2gall6

中国の方達告ぐ。東条英機に我々は興味ないよ。


398 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 10:35:38 ID:9R2UXLj9
>>395
事実を伝えることは大切だ、394の発言は正しいと思うよ。

中国も韓国もトップの指導者は理解している。
知っていながら国内政治的に日本を悪者にしているだけのことだ。
言論統制して世論誘導している事実からも明らかなことだ。

そんな常識も知らないのか?




399 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 10:35:53 ID:IvYQLaKL
そう、極東軍事裁判はあくまで戦勝国が敗戦国を裁いた裁判。
だから当然一方的であり敗戦国はすべての責任を負わされた。
そしてA級戦犯である東條以下が絞首刑に処せられ裁きは終わった。
だから今でも東條は未来永劫にわたって戦犯だし日本の戦争責任を負い続ける。
そうでないと中国や朝鮮は納得しないだろう。
だから日本の指導者がA級戦犯の罪は償われたといってもそれを彼らは認めないし。
真に東條以下のA級戦犯の罪を許されるのは、中国朝鮮の国民感情から
戦犯に対する怒りが失せた時になって初めて許される時も来るかもしれないというだけ。
まあこれが日本がかの地で犯した罪に対する現実の厳しい姿と思う。

しかしなあ、俺は東條以下の戦争時指導者を日本人自身が裁けなかったのも残念だな。
だって戦時中は一般国民は指導者のやり方に異議を唱えたら非国民とされ特高に酷い目にあわされたんだもん。
そんな中半ば強制的に戦争へ駆りだされていったいった側面もあるんだしな。
そういうわけでやはり指導者と一般が靖国に共に祀られるのは違和感を感じるよ。

400 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 10:41:41 ID:IvYQLaKL
ちなみに国際法を持ち出してもそんなのはナンセンス。
今言われているのは中国朝鮮の国民感情の問題だから。
いくら法的に住んだ事と主張しても相手がそれで納得しなければ無意味。
これは法廷の中の話ではなくて両国の信義誠実の世界の話。
だからこそ遺族会の人たちも英霊に配慮してこれ以上こじれるのを嫌ったんだな。
俺もそう思うよ。


401 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 10:49:28 ID:xupN8FRC
英霊って、なに?

402 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:01:52 ID:DY2TveH2
中国や韓国が言っていることを全世界に当てはめると
それこそ、世界はまとまらない。



403 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:03:01 ID:sg2gall6



中国の方達告ぐ。東條英機に我々は興味ないよ。


404 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:05:07 ID:IvYQLaKL
ちなみに俺は今でもアメリカのやった日本家屋用に作った焼夷弾をばら撒いての一般人対象の無差別爆撃や
広島や長崎に落とした人類に対する最初で最後の原爆攻撃は絶対に許さない。
それは彼らアメリカ人が今でも自分達の行なった行為を反省どころか逆に正当化しているからだよ。

と共に旧ソビエト(現ロシア)のやった日本兵捕虜虐待行為も絶対に許さない。
あれで多くの日本兵が極寒の地で満足な食料も与えられず強制労働に従事させられて殺されていった。
そして敗戦時のどさくさまぎれに北方の領土まで掠め取っていった盗人。

日本人はそういう同胞が酷い目にあった事をもころりと忘れて今平気でいられる。
やはり戦後日本人は情けない事にかの国によって洗脳されてしまったんだな。
今中国朝鮮に靖国問題で糾弾されているのを良い機会に今一度自分自身の事を再確認すべきだな。
おれはつくづく最近それを感じるよ。


405 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:10:46 ID:9R2UXLj9
>>399
指導者の責任を追及し政策の誤りを検証することは賛成です。
しかし、それなら東条内閣を批判するよりも、近衛内閣こそ糾弾するべきでしょう。

ドイツとの三国同盟や国民党との停戦和解をご破算にした責任は近衛内閣にあります。
アメリカと正面対決する国際環境を作り上げた責任は近衛内閣です。

東条や戦犯は彼らの後始末のためにその地位につかされたのであり戦争回避に努力したのですよ。
状況を知らない外国人が東条や戦犯を批判するのは無知を責めないが日本人なら日本の常識で批判すべきです。

敵国によって、真の責任者でもないのに戦犯にさせられた犠牲者を、なんで日本人が死後も侮辱して責め立てるのか
違和感を感じるよ。
批判の矢面に立って戦犯の不名誉を受けることで、戦勝国の加虐趣味や報復感情を満足させて、
日本人への批判や賠償保証などを減らしたと感謝すべきだ。


406 :らいおん:2005/06/13(月) 11:10:58 ID:29KT9nKk
長崎はあのへんてこな「平和の像」だっけか?
広島は「原爆ドーム」と・・・・・・・
核の脅威を示す証拠ってたったこれだけ?
あっあと「第5福竜丸」か。
長崎がファットマンで、広島がリトルボーイか・・・
全然実感がわかないな。
関東大震災のときもそうだったが・・・・
一度体験してみないことには分からないな・・・

407 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:12:54 ID:sg2gall6


朝鮮の方達告ぐ。我々はアメリカ好きよ。

408 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:17:42 ID:o1GIRoGG
>>406
被爆資料知らな過ぎ。

409 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:17:54 ID:DY2TveH2
>>404
その憎しみを越えてこそ平和が訪れる。
理不尽で堪え難い過去はあったにせよ、
それを持ち出して未来を塞ぐほど無意味な行為はない。

あのアメリカですら人種差別に取り組み始めたのは1950年代を越えてからだ。
列強国に交じって有色人種国家である日本が差別されないわけが無い。

過去はそうであった。
だが、未来はより良い社会を築かなければならない。
憎しみを前面に出してくる相手には、そうしなければならない訳が有る。
仮想敵をつくったり、ナショナリズムを煽っていなければ
国家体制を維持できない国も有る。

410 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:26:16 ID:9R2UXLj9
>>400
事実誤認がある。
反日感情は中国や朝鮮が反日教育をして作り出したモノです、反日暴動も作為的に誘導されたモノです。
その証拠に中国政府が押さえつけたらデモなど消え失せたでしょう。
国民感情を尊重する国なら天安門事件など起こりません。

あと謝罪したから許されるという文化は日本のモノです。
中国では殺された恨みは相手の子孫を根絶やしにすることで晴されるモノです、
謝罪して中国の要求をのむとはそうゆう、覚悟が必要です。滅ぼされたいのですか?

政治的な謀略として靖国批判しているのであって、国民感情の問題というのは煽動された国民感情です。
そうした謀略に乗せられて日本で騒ぐのは売国奴と同じ事です。



411 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:29:21 ID:pQxqRKKM
>>384-409

おまえら、やっぱり資質が低いよ。
日本人としての民度が低い。
「罵詈雑言」から抜け出した理論構築が出来ないのが情けない。
蛇の道は蛇だな。

言うまでも無いが、歴史というものは、どこかを都合よく切り取って
「悪人」を定義できるような簡単なものじゃない。
そういう見方は、ワイドショーレベルの歴史観なんだと、いつになったら
気付くのかね?おまえらは。
これを読め→>>258

412 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 11:34:33 ID:Mint9til
当時の日本と今の北朝鮮と言うのは、置かれてる立場も境遇も非常に似ている。
国際連盟脱退=NPT脱退。
「国民党を相手にせず」=「(日本政府(&拉致問題)を相手にせず。日朝ピョンヤン宣言無視)」
近隣に向けての共栄圏構築、転じて自衛戦争=近隣脅し、体制保持の為の核開発

ここでこの問題が安保理付託となり、決議案提示、
しかし再三の勧告も最後通牒も、
「大国アメリカはもちろん、パキスタン・インド・イスラエルも
持っているではないか。なぜわが国だけが叩かれる?
(この理屈も当時の日本と似てるわけだが)」と、この間のイラク同様無視。

 そして米が先制攻撃。(中国は傍観として)北は崩壊。
戦後、この戦乱で多大なとばっちりを受けた(とすれば)日韓を始め
近隣諸国は、北の指導者が悪いと言うだろう。
(一方、北国内では「あれは自衛戦争だった」と言うだろう)
そして、戦後のドサクサで国内戦後処理もままならない内に何年も経ち、
核兵器廃絶運動の中心地にでもなり、平和運動にまい進するが、
再び大国の圧迫から、再び北国内で指導者が当時肯定の祭事をしたらどうする(なる)か?

…と言う事。



413 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 12:01:36 ID:ZwBNFNHL
>>411 その・・<日本人は民度か低い・・??

で、その民度の低い国民にだ、お前は何かアドバイスとか、無い訳??
なんか偉そうな感じなんだが、やはり、誘導的アドバイスって物ないのかね?

まっ、仮に「そんな必要なんかねぇ〜〜よ」的な感じであるなら、寂しいな!

414 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 12:17:28 ID:sg2gall6
>>411
名無し産やめて発言したらわかりやすくなりませんか

415 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 12:42:38 ID:IvYQLaKL
>>405
東條ってそんなに立派な人だったかな、なんかA級戦犯と呼ばれた人達を美化しすぎていない。
というか、あの当時の指導部はすべて責任が多々だと思うよ。
本来はすべての指導者たちは敗戦時に自決して果てるべきだったんだよ。
そうでないと命令されて死んでいった多くの人が救われないよ。
みんな酷い状況で理不尽な死に方をしなければならなかったんだからね。

>>409
そういうのは相手が真に反省してから出る気持ちだね。
あいてが開き直っているのではとても水になど流せるわけが無いよ。
貴方の論は自虐的で話にもならない。

>>410
今の一連の動きにはそういう面が大きいとは思うよ。
でも逆に本当に被害を受けた世代が騒ぎ出したらこんなものではすまない。
そうならないのは貴方が考えているのとは異なり
多くの中国朝鮮の年老いた世代の人たちが未来の為に我慢をしてくれたからですよ。
それをこちらの方から偏見むき出してどうするのですか。
それこそ戦後我々の先輩達が必死で償ってきた事が無駄になってしまうのですからね。

それにしても被害を掛けた方に傲慢で受けられた方に卑屈ではいやになるなあ。
どうしてここ2ちゃんではアメリカやロシアに文句を言うような人が殆どいないのだろうか。
勿論アメリカは大事な友好国だけど、それとこれは話が別なのだけどね。
私はアメリカの在郷軍人会の爺たちの傲慢さをみるとむかっ腹がたつんだよな。

416 :411:2005/06/13(月) 12:46:04 ID:pQxqRKKM

歴史、現行近隣との政治を論じるのに「罵詈雑言」でもって理論構築する
のは資質が低いやつらのする事。

・・・と言えば、「石原慎太郎だってそうじゃないか」という反論が来る
かもしれない。しかしあの人の立場は、政局に身を置いた政治家なんだよ。
都民ひいては国民を焚き付けるのが仕事なわけ。『方便』を駆使している
のが石原なんだよ。

もちろん政治家石原には口に出せない事もたくさんある。
たとえば、「今の、政治レベルが地の底にまで落ち込んだ日本人に、いかに
して政治に関心を持たせるか」つまりお前らの事だよ。
見ての通り、レスを読めば1から10まですべて「罵詈雑言」のオンパレー
ドだ。ははは。



417 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 12:46:33 ID:yH9YebL+

【台湾】「高砂義勇隊」遺族らが靖国神社抗議に出発

第2次世界大戦中、旧日本軍の兵士として召集された台湾の先住民族らによる
部隊「高砂義勇隊」の遺族ら60人が13日、戦死した親族などが日本の靖国神社
に合祀されていることに抗議するため、台湾を出発した。中国新聞社が伝えた。

 一行を率いているのは先住民族出身の立法会議院(日本の国会議員に相当)
である金素梅氏。一行は「『高砂義勇隊』は日本人ではない」として、戦死者
の靖国神社での合祀を取り止めることを求めるほか、日本政府に対して賠償と
公開謝罪を求めるなどの抗議活動を行う計画だ。(編集担当:恩田有紀)


(サーチナ・中国情報局) - 6月13日12時1分更新

だそうだ。台湾って親日国家じゃなかったっけか?



418 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 12:49:25 ID:OyrPsE6g
>>416
自分だけが正しい、なんつー人は恥ずかしい。
人を罵倒することなんて、一番簡単なこと。

419 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 13:00:51 ID:ZwBNFNHL
>>416 君のような人間を「可愛そうな人」と、いう事になる。

自分で、大馬鹿を披露する事が君には大事な・・事のようだね!

420 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 13:07:58 ID:sg2gall6
>>416
解しこそうなかっこいい名前にしてよ

421 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 13:11:54 ID:ZwBNFNHL
>>417 それは歴史認識としても、疑問を糾すことはいい事と思います。

で、靖国での分祀は出来ないの元「宮司」の発言もあるが、どうなんでしょうね
分祀とは、御霊を分ける事を言うのだと俺的には、思うが、なら、完全に別に
出来る方法ってのは、無いのかな。
例えば・・俺的な発想として「別離祀」あるいは「別祀」とかの、神事において
完全に分ける、行事なんて無いのでしょうかね。
完全に分けれるので有れば、当然、靖国に御霊は残る事は・・無いように素人的に
思う事であるが・・・何か、良い方法はないのでしょうかね。

422 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 13:20:08 ID:qxMelYRK
廃祀すればいい

423 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 13:26:07 ID:ZwBNFNHL
>>422 それも良い考えかも知れませんね。

しかし、廃祀された御霊は、
その子孫、遺族に対してどのような扱いにすれば良いのでしょうね。

424 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 13:57:25 ID:ZwBNFNHL
素人的に感じる事は、その御霊を完全に分離できた・・と、した場合。
は、やはり、神事的な証明が必要なのでしょうね。

例えば・・「○○の御霊は靖国の神柱より完全に分離し、この札に御霊を移した事
      を証明します」
的な、お札とかを、その子孫というか、遺族に証明の札に「御霊」を移した事を
証明できるような、法式を取るのも一つの方法と思います・・ね。

重要な事は「御霊」の存在をどのように証明すればいいのかも、考える必要は
有るのでしょうね。

425 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 15:04:25 ID:xupN8FRC
御霊って、なに?
存在しない嘘で塗り固められた物じゃないのか?

426 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 15:11:00 ID:Zj/KXU7Y
>>424
ギリシア神話の場合は、ゼウスがナニをもよおして子供ができたので
分社したという事が殆どです

427 :411:2005/06/13(月) 16:22:44 ID:pQxqRKKM
まず、ここにレスしているやつらの中でいかがわしいのは、文面をよくよく
読んでみると、何の持論も、自分なりの提案も含まれていないやつだね。
よくよく読んでみると結局、「文句、難癖」をつけているだけのやつ。
これが一番いかがわしい。
こういうのは、他人が読んでいて、まったく無価値だし、書いている目的す
ら、おれには理解できない。せめて理解できるのは、結局、こういうレスを
書いているやつは、反日デモに参加して雄叫びを上げている中国人達と、
同レベルだということぐらいだ。「文句、難癖」だけで主張を構築するだけ
で政治的意思表示が出来ていると思い込んでいるというのが、理解できない
ほどに低脳だ。

これを読め>>258

428 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 16:29:28 ID:Zj/KXU7Y
言霊信仰と言って、言えばなんでも残ると言う思い込みがこの手の
宗教の場合にはあります

429 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 16:31:41 ID:SeKMJOFq
       i〃r'  _,,.. :-  、-−   Zミt
      fr彡   ,,:ィ==、,. -‐ァ'ニ二、ヽミミ゙i   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ,>-イ :f´r',:ro-、 i'"゙〈 ,.ィtoァ、゙ヒY^t   | 久々に公明
      l ト.゙'' ゚'i `゙゙^^"ノノ 、ヽ.`='" ノ !/,).  | こういう事件を揉み消してきたのが
      ヾ ),;, 丶-一''リ  t::.~` ̄´   hリ  < 昔の創価学会なんだよな
        tj Y .、   :(_,..、 ,..、〉:.     レ'   | 焼死体発見から1日で自殺とほぼ断定しているから困る
         !,  ヽ     ~i     ,r'"..: )   \
          l丶、   、,,r==二ニ-ァ ' :::::, イ_..     ̄ ̄ ̄
      ,.. .:ゝ、tヽ、  `゙''=‐:''"   ,,ノ /:\;;`゙゙゙`''ー:、
    ,r'ニ、;;;;;;;;;ヽ._ ゝ 、,,__     ,ィ ,.:ィi;;;;;;;;;;`ー-、;;;;;;;;;`;t
  ノ;;;;;;;;;;;fヾ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.、_ ーテ=彡'",ノ l !
公明党と対立する会派の市議会議員、焼死体で発見 
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1118581238/




430 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 16:33:02 ID:Zj/KXU7Y
 
諸葛孔明曰く、火に強きもの水に弱し


431 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 16:42:21 ID:yA4I9W9v
政教分離を否定しても、そんなことは大多数の日本人に受け入れられない。

くだらない自論が正しいと思うのは自由だが、
それを他人に押し付けるのは愚かしい。

日本の伝統を尊重することに異議を唱える日本人は少ないが、
時代錯誤の伝統を修正せずに実行せよと言う人についていくなど、いるはずもない。


432 :411:2005/06/13(月) 16:58:26 ID:pQxqRKKM
>>431

どのレスに対する反論なのかを明示できないキミのケツの穴の小ささの
方がよっぽど愚かしいね。
匿名掲示板ですら・・・だよw



433 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 17:46:44 ID:oAuuB3xz
靖国批判する前にどうして合祀されたかよーーーーく調べろ。
官民一体で合祀した事や戦犯の名誉回復された事など調べてから批判しろ。

434 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 17:48:13 ID:oAuuB3xz
どっかのスレみたいにサヨが名誉回復したのも知らず、
挙句の果てに
ウヨに「教えてくれ」と言う状況は止めてくれ(笑)

435 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 18:04:11 ID:pQxqRKKM
ほんと、このスレにレスするやつは日本語の使い方がよくわからない
やつが多いな。あるいは本質的な事を言うのを避けているのか?
何かを恐れているのか。

>>434
これは一体何が言いたいんだろう。
他人が読んで、理解できる文章じゃない。

「どこかのスレッドで左翼的立場の者が名誉を回復した」
「その事を知らない」
「挙句の果てに右翼的立場の者に教えを請うのはやめろ」

・・・おい、これは一体全体、何語なんだ?


436 :河野洋平って新で欲しい:2005/06/13(月) 18:11:40 ID:Ga5sEVXl
Winnyアニメスレ 197
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/download/1118061387/

437 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/13(月) 19:07:01 ID:23Tb4eHB
>>258

おそらく、日本人が敗戦で学んだことは、人それぞれなんでしょう。
それを一つに集約することに無理を感じます。

ちなみに、日本人が学んだこと、私個人が感じることは以下のとおりです。

@国家のあるべき姿が、国民のためのサービス機関であることを知った。
A多くの日本文化が、大陸から輸入されている現実を知った。
B民族への執着が、悲惨な結果をもたらすことを知った。

以上のことから、靖国と国民の間にある大きな乖離を国民は知りました。

もちろん、靖国を信じる人が、それを信じることに何の異論もありませんが、
政治家であれば、つまり国民の代表であることを自認するなら、
任期の間くらいは、人目につくことは我慢しなさいと言うのが、私の意見です。

・・・・・・・・ レスをいただいても、こちらからはカメレスになりますので、
先に、お断りしておきます。



438 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 19:58:50 ID:CZGwwu5a
>>437
> @国家のあるべき姿が、国民のためのサービス機関であることを知った。

権利と義務の契約関係だという事を、しっかり忘れきっている方の典型的意見ですね。

439 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 20:57:44 ID:pQxqRKKM
>>437

>@国家のあるべき姿が、国民のためのサービス機関であることを知った。

「国家」と一言で言っても、主権がどこにあるのかで、その方向性はまった
く違ってくる。「国民主権国家」がイコール「国民のためのサービス機関」
だとお前が言い切るなら、その条件を満たすためには、選挙権が発生する年
齢に至る前に、どこかの国に亡命するか、死ぬかしない限りありえない事を
自覚しているのか?

>A多くの日本文化が、大陸から輸入されている現実を知った。

それは戦前から分かりきっていたことだと思うし、なぜそれをここであえて
提示する必要があるのかすら理解できない。

>B民族への執着が、悲惨な結果をもたらすことを知った。

「悲惨な結果」の由縁は、東条英機に代表される当時の陸軍と、国際情勢に
集約されると思うが、それらが「民族への執着」という言葉に集約されよう
もない。

>以上のことから、靖国と国民の間にある大きな乖離を国民は知りました。

結論に至る構築が支離滅裂すぎるので、「私の意見」は無効といわざるを
得ない。ひとつ言っておくけども、お前なりの歴史認識、政治認識の主張
には、何の目的によって為されているのか、自分の中で明確になっている
か?目的がないだろ?目的も無いのに、書き込みをしている自分自身の
奇妙さに気付くべきだ。

440 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/13(月) 21:24:35 ID:23Tb4eHB
>>439
@国家のあるべき姿が、国民のためのサービス機関であることを知った。
>選挙権が発生する年齢に至る前に、どこかの国に亡命するか、
>死ぬかしない限りありえない事を 自覚しているのか?
選挙権ではなく納税義務でしょうね、あなたが言うべきことは。
子供は宝であるという大きな前提が無ければ社会が成り立たない。
だから扶養控除という税制がある。
【そうした個人と社会という本質の下部構造として、国家があるのでは?】

A多くの日本文化が、大陸から輸入されている現実を知った。
>それは戦前から分かりきっていたことだと思うし、なぜそれをここであえて
>提示する必要があるのかすら理解できない。
これは、ちょっと飛躍しすぎていたかもしれないが、これスレでは、
靖国が純粋な日本文化だと発言する人が多いもので、そう言いました。

B民族への執着が、悲惨な結果をもたらすことを知った。
>「悲惨な結果」の由縁は、東条英機に代表される当時の陸軍と、国際情勢に
>集約されると思うが、それらが「民族への執着」という言葉に集約されよう もない。
民族への執着という発想を政治に持ち込むと、悲惨な結果が待っている。

>>以上のことから、靖国と国民の間にある大きな乖離を国民は知りました。
>結論に至る構築が支離滅裂すぎるので、「私の意見」は無効といわざるを得ない。
意見が無効という言葉は、朝青龍と巨人の、どっちが強いという組み合わせに
匹敵するくらいに、日本語的ではないように思えます。意見は個人のものです。
無効な意見というと、無効な個人というのと、同じことを言うように聞こえます。

>何の目的によって為されているのか・・・・ 目的も無いのに・・・
これからの時代に生きる、若い方々にとって、この国が住みやすい国に
なってくれたらという、私なりの目的があって書いているのです。



441 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/13(月) 21:44:50 ID:xzTiAe5o
しいばさん乙です。

その人(ID:pQxqRKKM)、生理的嫌悪感から思い出したんですけど、以前いた☆に似てません?
過去ログをちょいと探してみたら、☆も最初に一行開けをしてレスする人だったようです。

どうでもいい話ですかね?どうでも良かったらスルーしてください。

442 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 21:47:35 ID:pQxqRKKM
>>440

頭が悪すぎます。
いい加減付き合うのはこれでやめにする。

>おそらく、日本人が敗戦で学んだことは、人それぞれなんでしょう。
>それを一つに集約することに無理を感じます。

こういう発言をした時点で、議論する事自体を、自分で否定している。
このスタンスで他人と議論すると言う事は、何らかの、最も適切な答え
を探ろうという意志が、もともと自分の中に無いことを表明するもので
あるし、結局はお互い、自分の意見を言うだけ言って、いい終わった後
でそれをどのように帰結するつもりも無い、言いっぱなし状態から、
先に進まないという態度である事にお気づきか?

その上で、自分の意見に有用性があるとでもいうような、自己矛盾をきた
しているようでは、放置するしかない↓

>意見が無効という言葉は、朝青龍と巨人の、どっちが強いという組み合わ
>せに匹敵するくらいに、日本語的ではないように思えます。意見は個人の
>ものです。





443 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/13(月) 21:49:32 ID:23Tb4eHB
Tekkoさん、乙です。

私も、よく、一行あけをやりますんで(笑)

☆さんとも、よくやりあいましたが、彼は靖国は風化すべきだという
意見を持っていた人なので、pQxqRKKM さんとは 違うと思うのですが?


444 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/13(月) 21:50:52 ID:23Tb4eHB
>>442
はい、では、これで(笑)


445 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 22:35:55 ID:N6lxIvcj
>>215
その通り。俺が兵士で生きて帰ってきたら、大本営の責任者は生かしておかない。
兵士で戦死したひとは1/10もいないのでは。ほとんどが無駄死に。
戦略的意味がない南方諸島に、ただ派兵されて、放置され補給もない。
撤退のための船も来ない。ひたすら逃走をして、飢えや病気で次々に死んでいった兵士の無念さは計り知れない。
彼らは靖国に奉られたくないと思うよ。故郷の先祖が眠る土地に帰りたかったろう。
しかし、靖国に中国や韓国が口を挟むのはふざけるなだ。

446 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 22:49:27 ID:pQxqRKKM
>>445

それは確かにそうだ。
で、ある程度そういった因縁を薄めるために、新たな慰霊碑を創建したと
しても、「こんな所で参謀達と一緒にされては死んだ兵士達が浮かばれない
」という人はいるだろう。
ただそれを完全に潔癖にするのは逆に言えば不可能だし、現国家が、国家
のために死んだ人達を慰霊する手立ては、考えていかないといけない。


447 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 23:10:13 ID:zuXnVBIt
まさにこれこそが事実!

東京裁判で有罪とされた人々の合祀は1959年に始まり78年に
14人のA級戦犯を合祀して終了した。この間、中国を含め海外から
一切抗議はなかった。1979年、大平首相が、80年と81年鈴木首相が
参拝したが、何の問題も引き起こさなかった。1982年教科書問題が
日本を襲った当時も中国は教科書問題を取り上げるのみでA級戦犯の
靖国合祀には一切言及しなかった。

中曽根首相が1983年、84年に靖国参拝した時に至るも何ら問題は
生じなかった。つまり靖国問題はわずか16年前の1985年からなのである。
戦後政治の総決算を掲げた中曽根首相は1984年に靖国神社問題についての
諮問委員会を設置し、1985年8月15日に靖国を公人として参拝した。
その直前の8月7日に朝日新聞は、中国は靖国問題について日本の動きを
注視している、と報じた。当時の「人民日報」や新華社電を精査しても
そのような中国の動きはまったく存在していない。

人民日報はこの朝日の記事を受けて8月11日付けで、日本国内に首相の靖国
参拝に批判的な動きがあると報じた。ついに8月14日中国政府スポークスマン
は中曽根首相の靖国参拝はアジアの隣人(中国人民)の感情を傷つけると
正式な反対表明をするに至った。

かくして「無」から「有」が生じ、日中間で互いに相手国で靖国が斯様に
論じられ報じられていると木霊のような遣り取りが始まった。

448 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 23:11:06 ID:vCnB0Kuf
郵政民営化が廃案になるまで、たとえ中韓がなんと言おうと靖国のことは
待とうぜ。
中間との関係修復は時間をかければできる。
でも、マスコミは一切伝えないが、郵政民営化は日本の存亡がかかっている。
売却を許されないアメリカ国債を、今後さらに100兆も郵貯・簡保で買わ
されるのか。


449 :DreamComeTrue:2005/06/13(月) 23:26:51 ID:4La7Er4R
今朝、朝のフジTVで、小泉首相の飯島主席秘書官が講演した内容が報道されていた。それによると
昨年11月、チリで行われた小泉/胡錦涛・国家主席会談の際、中国に対し靖国問題に触れれば反論
する用意があるが、それでも会談を希望するか?と事前に打診していた事が判明。実際には、この
会談で最近のように執拗な中国の靖国批判はなされず、会談も実現していたことから、日本側の
明確な意志の表明に中国としては、先日の副首相ドタキャン問題のような姿勢は、ほんの半年前
までとっていなかったの証拠になる。すなわち、今の靖国問題は今年2月の日米二国間協定が発表
された後、中国側のご都合主義で唐突に政治問題化されたのではという見方に一定の根拠と信憑
性を与えるものである。この時期に、小泉サイドから、こういった情報がリークしてくる理由は
何か。首相経験者、財界、そして遺族会代表をかたる古賀一派からの参拝自粛圧力に対して、いかに
中国側の主張が場当たり的で、ためにする言いがかりにすぎないか、またそれに対し訳知り顔に
唱えられた、一見小利口な国益のため参拝自粛へという議論が如何に愚かで浅薄なものかを示す
強烈な反論である。小泉は侮れない。

450 :さいころちゃん:2005/06/13(月) 23:32:38 ID:kViMNfFh
合祀したときに中韓の抗議がなかった→一神社がないしようと知るかよ
その後大平鈴木の参拝で問題なし  →私的参拝で何しようが知るかよ

A級戦犯合祀後の公式参拝 → 大いに問題有り。私的に見せかけても
               内実公式なら許せない。

で理解できるが。w

451 :さいころちゃん:2005/06/13(月) 23:33:49 ID:kViMNfFh
ようするに、中曽根の公式参拝で

公式参拝の意図を始めて正確に中韓は認識したわけだ。

452 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 00:37:09 ID:7fQ/SIMe
>>449
飯島って「私が総理大臣だ」と海外のメディアで語るキチガイか。

453 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 01:08:08 ID:86RZ9SsW
昭和三十九年七月十日、日本社会党の佐々木委員長が訪中しての毛主席との会談時のことであるが、
委員長が日本の中国侵略を謝罪したのに対し、
首席は

「何も申し訳なく思うことはない。
日本軍国主義は、中国に大きな利益をもたらした。
中国人民に権力を奪取させてくれた。
日本の皇軍なしには、われわれは奪取することはできなかった」

旨、会談中数回にわたって語っているのである。
(「毛沢東思想万歳」下巻 東京大学近代中国史研究会訳 昭五〇・三・三一 三一書房)

454 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 01:11:49 ID:86RZ9SsW
清朝は満州人とモンゴル人が連合して中国の外で作った政権で、
その後で中国を征服した。
清朝の第一公用語は満州語で、
必要に応じて、モンゴル語と中国語が併用された。
科挙の試験を通って役人になった中国人は、中国の行政を担当するだけで、
清朝の根拠地である満州・モンゴルの統治には、中国人は関与を許されなかった。
清朝は後に、チベットと新疆をも支配下に入れたが、これも中国人は関与できなかった。
言い換えれば、清朝という帝国の中で、
中国は満州人に支配される植民地の一つにすぎなかった。

455 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 01:13:17 ID:86RZ9SsW
 見つかった文書は『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』という題で、
「極機密」の印が押され、
日本軍が南京を占領した1937(昭和12)年12月から約3年間の
中国国民党の宣伝工作を記録していた。

 その中の「対敵宣伝科工作活動概況」という項目で、
国際宣伝処が編集・印刷した単行本として『外人目睹中之日軍暴行』を挙げ、
「この本は英国の名記者、田伯烈が著した。
内容は、敵軍(日本軍)が1937年12月13日に南京に侵入したあとの
姦淫、放火、掠奪、極悪非道の行為に触れ、
軍紀の退廃および人間性の堕落した状況についても等しく詳細に記載している」
と書いていた。

 『外人目睹中之日軍暴行』は、「外国人が見た日本軍の暴行」という意味で、
『戦争とは何か』の中国語版の題名。
また「田伯烈」はティンパーリーの中国名にあたる。

456 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 01:16:26 ID:86RZ9SsW
以下は金陵大学病院医師マッカラム氏の日記及び手記からの抜粋
(法廷証第309号=検察番号246号)。
これを松井大将の弁護人伊藤清氏が
東京裁判の弁護側立証段階で抜粋朗読している
(極東国際軍事(東京)裁判速記録・・・第210号)。
 
 1、(日本軍は)礼儀正しく、しかも尊敬して私どもを処遇してくれました。
 若干のたいへん愉快な日本人がありました。
 私は時々一日本兵が若干の支那人を助けたり、
 また遊ぶために、支那人の赤子を抱き上げているのを目撃しました。
 
 2、12月31日、今日私は民衆の群が該地帯から中山路を横断して集まるのを目撃しました。
 あとで彼らは、行政院調査部から日本軍の手によって配分された米を携帯して帰って来ました。
 今日は若干の幸福な人々がおりました。
 
 3、(1月3日)今日は病院職員の半数の登録をするのに成功しました。
 私は若干の日本兵によってなされた善行を報告せねばなりません。
 最近7、8名のたいへんに立派な日本兵が病院を訪問しました。
 私どもは彼らに病人に与える食物の欠乏を語りました。
 今日彼らは若干の牛肉を見つけて、100斤の豆をもって来ました。
 われわれは一ヶ月も病院で肉なんか食べなかったので、
 これらの贈り物は大いに歓迎されました。
 彼らはわれわれに他にどんなものが欲しいかを尋ねました。

457 :TYLTML:2005/06/14(火) 01:41:11 ID:KpbMD+LZ
>>452
キチガイだろうがチャンコロだろうがバカチョンだろうが馬鹿の一つ覚えのサヨクだろうが、
胡散臭い偽善者だろうが、自分勝手な平和主義者だろうが、金正日が認めるまで何もしなかった
アカだろうが、自分が読んだ最初の本を乗り越えられない単細胞だろうが、真実言ってるなら俺は
信ずるよ。  しかし、議論のすり替えが好きなのは変わらんなー。いつまでたっても。

458 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 01:55:18 ID:86RZ9SsW
暗黒大陸中国の真実を読んで・・・
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1092984665/l50

459 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 02:44:43 ID:7fQ/SIMe
>>457
古賀や福島が同じ事を言って信じるか?
どうして政権側の人間の政権に都合の良い情報を鵜呑みにできるんだ???
自分が議論のすり替えをしてることにも気付かない間抜けさんだな。

460 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/14(火) 03:01:54 ID:8CdhR8W9
清朝になって、満州族の文化である辮髪を拒否する漢人は殺されたという。
こうした、圧制に反発したのが鄭成功たち明朝の支持者であり、その中の
朱舜水は復明運動に失敗して日本に帰化した、水戸光圀は彼を客として
招いて師事した。これが、日本での朱子学の大本になり、水戸学を生み出し、
尊皇攘夷思想を生み出し、それが戊辰戦争のエネルギーとなった。

この清朝での出来事を華夷変態と言うが、このときに、易姓革命からヒントを得て、
万世一系という発想が生まれた。つまり、中華思想における天を天皇に置き換え、
皇帝をその時々の支配者に置き換えると言う、意図的な誤読が日本の朱子学者
たちのあいだで行なわれたという。

そして、中華が夷である清に滅ぼされた、「この今こそ、日本が中華になる」という、
ありがた迷惑な思想がはびこった。

この中華思想のおかげで戊辰の役が、最小限の時間と流された血で終結したことは、
儒教に感謝なのかもしれないが、2WWでの敗戦というオマケを引き連れてきた。

いまの日本で、その中華思想のシンボルが靖国神社だと思う。


461 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 06:26:27 ID:1vFo6XBW
>>460

その考えに無理があるな。

屁理屈を考える前に、戦って亡くなられた方々を参拝するのは
当然だと思うが。

中国や朝鮮半島がケチつけてくるのは、政治的に利用価値があるから
そうしているだけ。

今まで、靖国神社など考えもしなかった奴らが中国や朝鮮半島の
手先となって反対する。

今、現在、行われている中国や朝鮮半島の無法ぶりはスルーかよ。



462 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 06:42:04 ID:6W9ORwvL
自民の政治家もどういう歴史認識を持っているかどうやらまっぷたつだね。
あまりに分かりやすくてお笑い。
町村・中山文相・安倍・森岡その他。
お笑い。
醜い。

463 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 08:06:54 ID:znodpkhc
>>460 靖国神社が純粋な日本のもんやない、いろんなもんが混ざりおうてるて思てたけど、そんなおま
けまでついてたんかいな。ギリシア神話と日本の神話の奇妙な類似性も気になるで。デーメーテールや
ペルセポネーとアマテラスやワカヒルメの類似性、男神の暴力に業を煮やして隠れた洞窟と天岩戸の類
似性。他にもあるで。神話ちゅうもんも日本独自やおまへんな。昔も世界は狭かったんかいな。神道の
勉強はあまり進んでおりまへん。浪曲ばっかり聴いて。おかげで、うなるん上手(うま)なったけどな。

464 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 08:14:07 ID:jXCWhE1L
朱子学、それと絡みながら発展した水戸学が明治時代の「国体」って
考え方に繋がったことはわかる。

でも中華思想のシンボル=靖国神社って表現は突飛というか、
話を端折すぎな結論付けになりませんかね?

465 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 08:41:57 ID:KIj5fNzS
>>460
あなたの言ってる事は的を得ている。
しかも、近代東アジアの歴史認識の上で、とてもつなく大事なことである。
ただ、おれが思うのは、せっかくそこまで思い至ったのにも関わらず、性急
にも、「中華思想のシンボルが靖国神社」だと、あなたが結論付けてしまっ
ている所に、短絡的なものを感じます。
というのは、まず、近代東アジアの歴史を我々現代人が振り返る時に、得て
して、ひとつ大事な点を忘却してしまっている。それが「東洋的な文脈で歴
史を見る」という視点、つまり、あなたが言及した内容が、忘却されてしま
いがちだという事です。
実は、我々、今の日本人が、自らの近代史を振り返る時の視点というのは、
得てして「ヨーロッパ人と同一の価値観」からしか見る事が出来ないという
「限界」のようなものがあるのです。
当時の東洋人の触感を忘れてしまったためです。これは現代韓国の歴史家
も同じかもしれない。どうしても、ものの比重を「西洋人的視点」の方に重
く置いてしまって、それを当たり前だと信じて疑わない。
しかし、おれに言わせれば、近代当時の東アジアにおいては、東洋の概念と
西洋の概念の比重は同等です。そうじゃないと、東アジア近代史の文脈を正
視する事は不可能だと思う。
あなたが、東洋的思想の正当性を追求した、維新時の日本の心情を「ありが
た迷惑な思想」と決め付けて疑わないのはなぜか?それは、上にも記した通
り、今のあなたの目が「擬似ヨーロッパ人」になってしまっているからだ。
元を正せば、明治初期に福沢諭吉は、「未開、半開、開花」で民族の文明を
区別した。つまり西欧文明化が遅れて、昔ながらの秩序に縛られている民族
を「野蛮」と規定しました。おれはこの見方を、差別偏見だと思うが、あな
たの中にも福沢の血が流れているということです。
これから文明化を進めていかなければならかった、明治初期には、福沢のよ
うな思想も大事だったのかもしれないが、後世の我々が、近代東アジア史を
振り返る上では、古来東洋的秩序の事を、少しでも「野蛮」という意識で見
てしまうようでは、認識に歪みを生じると思うのですがね。

466 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 09:59:40 ID:ZRbRD9Ua
と言うことは、
靖国は世界共通な価値観を持つ国際的施設という事ですな

467 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 10:12:59 ID:KIj5fNzS
>>466

と言うことは、
あなたは、国連による「民族の定義」を否定するというのですな




468 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 11:33:25 ID:QvkHB26H
靖国参拝批判してる暇があるなら職探せよ

469 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 11:36:34 ID:VnlUAUqN
靖国参拝は中国が一番困る時期に決行するべきだね

470 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 11:52:47 ID:ZRbRD9Ua
常任理事国の行方次第にしましょう。
どちらにころんでも、参拝という事でね。

471 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 12:14:44 ID:5bWo6L4W


>>470
時間かかるんでない?

472 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 12:27:42 ID:zraTAXqs
しかしさ!今回小泉が参拝したとして・・??するだろうな!!
で、日本のメディアは、やはり、小泉は「アホ」だの「けしからん」だの・・で
報道がうまるのかね。
少しは、日本のメディアも「日本人」である事に目覚める・・とか。あるのかな?
日本のメディア人ってのは、本当は日本が何処に有るのか・・分らなかったり。
わらえるね。
これって、靖国問題だけが特別とは思えないが、このところ日本人外国人が多く
見られて・・面白い。
つまり、日本人で有るが日本が嫌いな日本人外国人←魂がないとか?

あっ解説ねぇ〜〜「日本人外国人」とは、日本人である事を恥じてる日本人。←俺の発明。

473 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 12:38:09 ID:QzIXg0yh
祖父の代は、喧嘩していたが、親父の代で表面仲良くなった。
孫の中には、仲良くしようと思っているの奴と、絶交したがっている奴がいる。
周りの友達の家族は、傍観しながら優位な家族とより親密になろうと思っている。
親父は相手を逆なでする事ばかりする。
祖父の好きな孫、親父の好きな孫、仲良くしたいと思っている孫。

474 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 12:39:45 ID:fL+2jeQm
海兵から帰ってきた孫

475 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 12:44:21 ID:7fQ/SIMe
>>468
平日の11時ですよww

476 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 12:58:43 ID:KIj5fNzS
>>468

問題なのは、お前が何者かという事。



477 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:00:02 ID:OQyRkqL3
愛コックとか言い出すね、多分

478 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:32:36 ID:zeRJMAKQ
468は2Chにカキコするのが仕事。

479 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:36:03 ID:QvkHB26H
>>478
お前みたいな無職引き篭もりは電気代の無駄使いw

480 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:40:01 ID:jTBvX8dD
昔に比べると省電力に成ったもんだ

481 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:41:55 ID:VnlUAUqN
ちょっと昔のウヨは大量マルチポストで省電力じゃなかったもんな・・・

482 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 13:46:23 ID:zeRJMAKQ
>>479
さっそくのレスthank you。
残念ながら単なる昼休み中です。


483 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:04:05 ID:sBHb9jNC
靖国潰せば問題解決

484 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:07:16 ID:5bWo6L4W
>>472
・・・が多くて読みくいぞ。日本語になってないぞ。あなた何人?

485 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:10:09 ID:uwSvz8FH
税金にたかる寄生虫が日本国の象徴でいいのか?

486 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:21:56 ID:zraTAXqs
>>484 ありがとう。お前のような日本語を理解できない・・者のためには。

かなり、教材的にはいいと思うよ。
まっ、お前が、何処に国の言葉が好きで、俺のカキコがその国の言葉に適していないのは
知らないが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分りやすい日本語ってどんなのかな?
俺にはお前が日本語が分らないとは思えない。
はっきりいえる事は、お前は日本が嫌いという事だな。
俺の日本語が気に入らん訳では・・あるまい。その理由が見つからん。


487 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:24:27 ID:zraTAXqs
>>484 あ・え・て・・・別に書くが。

お前は、俺のカキコを理解できたから、それを言える訳だよな(www!!


488 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:51:43 ID:KIj5fNzS
>>486が文章力に問題がある事を証明します。
(おそらくこいつは日本人ではない)

>かなり、教材的にはいいと思うよ。
(→主語が無いので意味不明)

>まっ、お前が、何処に国の言葉が好きで、俺のカキコがその国の言葉に適
>していないのは知らないが・・・
(「何処に国の」←おかしい)
(「俺のカキコがその国の言葉に適していない」←こんな文法は日本語に
 は無い。「俺の書き込み」が「その国の言葉に適していない」とは、
 一体何の事を言いたいのか意味不明)

>俺にはお前が日本語が分らないとは思えない。
(→まどろこしい、二重否定が、他人に対して読みづらい文章になっている
 事に気付いていない。「俺は、お前が日本語を理解できると思う」・・・
 でいいはず)

>はっきりいえる事は、お前は日本が嫌いという事だな。
(→なぜそのような結論に達したのか、全く意味不明。文章力の欠如を
 現している)

>俺の日本語が気に入らん訳では・・あるまい。その理由が見つからん。
 (確実に読みづらい文章を書いていて、本人にはその自覚が無いらしい)

・・・以上。

489 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 14:55:40 ID:zraTAXqs
>>484
今、お前について仲間と、余計な分析をしてみたところ。
面白い結論が出た。・・つまり、思考停止状態の人間は・・
「やがて、先祖がえりするのであろうな。で、自分で物を考えることも出来なくなる」
って、・・・どうよ!興味あるね。先祖がえりする気分って・・・どんなかね??

490 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 15:00:31 ID:zraTAXqs
>>488 だからさ、文法を勉強したいなら・・板違いだ。と・・言ってる訳だが。

「何処に国」は「何処の国」間違いと書けって・・事かいな???

よくわかりましぇ〜〜ん・・皆笑っつてる(www !!


491 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 15:06:53 ID:zraTAXqs
議論を元に戻すが・・靖国問題は、永遠に解決できそうにもないが・・・
語り合う事で、満足する以外は・・・無いのかなぁ〜〜

で?日本も、一応は??先進国の仲間??ってことでもあるが、
何故か、俺的には「この状態って途上国その物」って感じるが。

492 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 15:15:32 ID:miGmYg2n
>>460
勝手に思いこむのは自由だが、無茶苦茶なこじつけだね。

類似点が在るから日本が失われた部族だとかイエスキリストの墓があるとか言う説と替わらない。

外国に思想や文化を受け入れ日本風に組み立て直すという日本精神の基本を無視している。
中国の洋務運動と根本が違うところが理解出来ないから、日本の改革も理解できないのだ。

493 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 15:37:57 ID:KIj5fNzS
>>492
>無茶苦茶なこじつけだね。

いや。
おれは>>465だが、>>465の言ってる事は「無茶苦茶なこじつけ」じゃない。
「日本にイエスキリストの墓がある」などというような迷信めいたもので
もない。実際にかつての日本史に実効性を持って影響した問題なんだ。

>>465は靖国否定派で、キミはおそらく靖国肯定派だろうが、両者ともに、
東洋古来の文脈に偏見を持っているという点においては共通している。
そんな両者供を批判したのが、おれの論>>465です。


494 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 15:38:45 ID:KIj5fNzS
訂正:

>>492
>無茶苦茶なこじつけだね。

いや。
おれは>>465だが、>>460の言ってる事は「無茶苦茶なこじつけ」じゃない。
「日本にイエスキリストの墓がある」などというような迷信めいたもので
もない。実際にかつての日本史に実効性を持って影響した問題なんだ。

>>460は靖国否定派で、キミはおそらく靖国肯定派だろうが、両者ともに、
東洋古来の文脈に偏見を持っているという点においては共通している。
そんな両者供を批判したのが、おれの論>>465です。


495 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 15:58:04 ID:uwSvz8FH
日本の領海に原潜で不法スパイしてくるような好戦的な国のいう事を聞く気なのか?

496 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 16:02:52 ID:KIj5fNzS
>>495

はあ!?おれ>>494に言ってるの?
だとすれば低脳すぎる・・・。

こういうアホは、ほっておくとして、おれの論>>465に付け加えるが、

 >>460
 >中華思想のシンボルが靖国神社だと思う。

 靖国神社が中華思想のシンボルなのだとしたら、すでに共和制を実現
 している今の中国には、無関係のはずでしょう。


497 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 16:24:45 ID:QvkHB26H
やっぱここの住人はバカ大杉だなw


498 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 17:00:23 ID:miGmYg2n
>>493-494
中華思想が靖国だというのは、天上天下唯我独尊のインド思想が靖国と言うことも出来る。
中国思想がインド思想の影響を受けた事は事実だ。数学や、教理は悠にインドが進んでいた。
総て思想上の優位性を歴代の中国人が認めたからこそ、天竺への旅が繰り返されたのだ。
東洋思想と言う原点はインド思想にある。靖国が中国の中華思想と言うならその基のインド思想というべきだ。

499 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 17:03:03 ID:ZRbRD9Ua
>>467

>あなたは、国連による「民族の定義」を否定するというのですな

意味不明

500 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 17:14:12 ID:5bWo6L4W
>>491
「俺は朝鮮人だって」威張ってみなよ。かっこつけてみな。

501 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 17:25:23 ID:KIj5fNzS
>>498

なんか話が大昔にさかのぼっているが、
近代、たとえば明治元年(1968年)から昭和(1945年)の間、日本に関わる
歴史において、どのように帝政近代国家概念と東洋思想との相克があったの
かを考えていきましょうよ。
「元を正せばインドに由来し・・・」なんて考古学のような話をしてるんじ
ゃない。ついこの間の「近代」における歴史認識の話ですよ。

通常、歴史を見るときに、我々は「実利、実益の力学、それによる衝突」
という観点から掘り下げるのを常としてますわな。
しかしこれは「白人の概念」ではなかろうか?白人の視点からの歴史認識
でしかないのではなかろうか?
理屈っぽい事を言うならば、現行の「歴史学という学問」自体が、しょせん
西洋の学問でしかない・・・というのは言い過ぎか。

一例を挙げるなら、西郷らが唱えた「征韓論」と、それが却下された直後の
対朝鮮政策である「江華島(不平等)条規」、その後に「韓国併合」におい
て敷かれた、日本独特の植民統治方法。
・・・ここには一体全体、どんな文脈が隠されているのか。
白人には理解できますまい。謎が多い。おれもいまだによくわからない。
このような事を解き明かすには、違う視点が必要なのではないかという事
です。


502 :501:2005/06/14(火) 17:31:00 ID:KIj5fNzS
「ロシアの南下を防ぐために、いたしかたなかった」

・・・などという、クソつまらない回答は不要ですよ。



503 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 17:37:57 ID:EGnLjFLT
【中華人民共和国北京政府の外交謀略姿勢】

@「政治とは流血のない戦争である」という毛沢東の言葉を実行する。

@相手国に反撃や反論の隙を与えない「八路軍連続打撃戦術」を実行する。

@相手国内において工作活動を頻発させ、世論分断を狙う
  「八路軍人民戦線戦術」を実行する。

@国内の扇動と相手国内部の扇動を交互に行い、相手国が消耗するのを待つ。



504 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 17:44:36 ID:5bWo6L4W
八路軍ってなによ?

505 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 18:17:31 ID:miGmYg2n
>>501
おいおい、元を正せば中華思想といったのだからインドまでも遡っても時間軸からは当然だろう。
儒教なんて3000年ぐらいの新しい新興思想にすぎない、目くそ鼻くそで借り物思想を問題にすることに意味があるのか?

近代を論じるなら、アヘン戦争で敗退した中国の責任から議論すべきだ。
日本の富国強兵政策はすべてこの愚鈍な中国の不様な敗北を、他山の石とした英明な日本人の理解力が産み出した結論だ。
この歴史認識の正しさは日本だけがアジアの先進国として君臨したことで証明されている。

>歴史を見るときに、我々は「実利、実益の力学、それによる衝突」
>という観点から掘り下げるのを常としてますわな。

中国の靖国批判こそ実利目的の最たる物でしょう、歴史を捏造して正史として後世に嘘を伝える伝統文化こそ中国の真の文化です。
歴史を玩ぶ傲慢さは白人ばかりか日本人にも理解できない精神構造だ。



506 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 18:43:04 ID:KIj5fNzS
>>505
あなたは「実利目的の最たる物」として「中国の靖国批判」を挙げている
が、

>日本の富国強兵政策はすべてこの愚鈍な中国の不様な敗北を、他山の石
>とした英明な日本人の理解力が産み出した結論だ。

・・・というあなたの論自体も「実利目的からの視点」でしかない事にお気
づきか?

>中国の靖国批判こそ実利目的の最たる物でしょう、歴史を捏造して正史
>として後世に嘘を伝える伝統文化こそ中国の真の文化です。
>歴史を玩ぶ傲慢さは白人ばかりか日本人にも理解できない精神構造だ。

おれが問題にしているのは、「近代」において東洋思想がどのように絡んで
いたのかの検証であって、すでに各国が近代化した「現代」の情勢を、どの
ように批判し、また批判されてみたところで、何も見えてこない。

最終的には、どうしても現行共産中国に腹いせの罵倒をせずにはいられず、
それによって本質的問題から逸脱しても気にも留めないような歴史の見方
は、低脳すぎるのでやめてもらいたい。

あるいは、言い方を変えるなら、

>英明な日本人の理解力

・・・などという言い回しをしているあなたの日本人としての「尊厳」の中
に、あなたの『無意識の東洋的人格』が見え隠れしてはいないだろうか?

あなたのような低脳な近代史認識では、それまで均衡が保たれていた東アジ
ア各国が、なぜ互いに相克し出したのかを、東洋思想の観点から解き明かす
ための、何の足しにもならない。つまらん。

507 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 19:09:15 ID:5bWo6L4W
>>506
日本語になってないよ

508 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 19:20:03 ID:miGmYg2n
>あなたの論自体も「実利目的からの視点」でしかない事にお気
づきか?

もちろん自覚している。それが何か?

>、「近代」において東洋思想がどのように絡んで いたのかの検証であって

その検証の結果が中華思想=靖国神社というのではね。
その結論はご破算にして初めから学び直すことを進めたい。

日本人の感覚で中国を論じているようでどうも納得がいかない。


509 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 19:32:41 ID:5bWo6L4W
>>508
何が書いてあるか読めないよ

510 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 19:42:18 ID:KIj5fNzS
>>508
>その検証の結果が中華思想=靖国神社というのではね。
>その結論はご破算にして初めから学び直すことを進めたい。

は?
IDをよく見ろ。おれはそんなことは一言もいってねえよw

>もちろん自覚している。それが何か?

実利目的からの視点だけでしか歴史、政治を見れない事を肯定してしまう
あなたが、同じ観点から日本に干渉している現行共産中国の事を、説得力
を持って否定する事が可能だろうか?w
不可能ですわな。あなたの人格の本質は共産中国と同一だという事になる。

なぜ東洋思想の観点から近代史を読み解く必要があるかが、あなたには
分かっていないようだね。
それは、あなたのレスがはまりこんでいるような、理論の『ミイラ獲りが
ミイラ』化する事から脱却するためなんだよ。

中国および韓国をもが、いまだに日本に対して要求してくる謝罪や干渉に
対して、また靖国の現代における意味づけについて、明確に解き明かそう
という意志がないのだろうか?
「それは日本からODAを引き出すための対日政策だ」などというクソ
つまらん理屈は聞き飽きた。それが100%の回答ではあるまい。問題はも
っと奥が深いのではないかという疑念を持つような感性は持ってないの
かな?
つまらんよ。せめて日本側としても強固な理論武装を備えるためには、
利害関係だけの歴史認識から抜け出す事を考える必要があるだろうに。

511 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 19:47:28 ID:zraTAXqs
やれ〜〜やれ〜〜おもろいな!

512 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 19:54:38 ID:miGmYg2n
>中国および韓国をもが、いまだに日本に対して要求してくる謝罪や干渉に
>対して、また靖国の現代における意味づけについて、明確に解き明かそう
>という意志がないのだろうか?

実利目的以外に何がある?傲慢不遜の中華思想が基本にあるが大同小異で自己中心思想は何処にもある。
特別取り上げるべき東洋思想とは何があるの?

513 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 20:13:53 ID:KIj5fNzS
>>512

たとえば>>460が言及しているような、「皇」の正当性というものが、東洋
近代史においてどのような動きをしていたか、とかね。
謎が多いんだという事に気付いてもらいたい。
見方を変えると、通史で言われているような流れとは違うものが見えてくる
んじゃないかという事だね。結局解き明かしたいのは「因縁」だ。
よく歴史認識問題で日本側が言うのは、「イギリスやフランスだって同じ事
をやってたじゃないか、なぜおれらだけに謝れと言うんだ」という主張があ
る。
また、今の中国人、韓国人でも、政府の政策があろうがなかろうが、過去の
日本に憎悪を抱いている国民性は否定しきれるものではないだろう。
不思議だとは思わないですか?

西郷らが唱えた「征韓論」と、それが却下された直後の 対朝鮮政策である
「江華島(不平等)条規」、その後に「韓国併合」において敷かれた、日本
独特の植民統治方法。 ・・・ここには一体全体、どんな文脈が隠されている
のか、利害関係だけで解釈し得ないだろ?それに気付いてもらいたい。

こういったことは、通史を鵜呑みにするだけでなく、総体的に解釈しないと
いけない。

514 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 20:38:45 ID:miGmYg2n
>今の中国人、韓国人でも、政府の政策があろうがなかろうが、過去の
>日本に憎悪を抱いている国民性は否定しきれるものではないだろう。
>不思議だとは思わないですか

これが思想の話なのですか?東洋思想の話とでも言うつもりなのですか?

敵対した国が敵愾心を持ち続けることは万国共通でしょう。
独仏の対立など今でも続いていますよ。

中朝の反日感情は政府の政策的な物によって増幅されているぎすぎません。
同じ東洋人の台湾が親日的なことをどう説明するのですか?

515 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 20:50:14 ID:UC+gTKWb
台湾の団体が今日先祖の遺骨を靖国から
持ち帰りたいと抗議に来ていたが・・・・・



516 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 20:57:47 ID:KIj5fNzS
>>514
>これが思想の話なのですか?東洋思想の話とでも言うつもりなのですか?

東洋思想の話だよ。何度も言っているが東洋思想の視点から歴史を見る
と言っているんだが。東洋思想の観点から近代以降の東アジア史を見る
と何度も言ってるだろうにwだとすれば、それに関連するあらゆる件を
、そこにあてはめて検証して当然だろう。

あなたが、歴史を見る上で西欧的な限定された感性しか持っていなかろうと、
東洋思想的な文脈で歴史を見る力がなかろうと、それで、おれに責められて
も困るよ。

なぜそこまで東洋独自の文脈が潜在する可能性を否定して、近代史を西欧
的にだけ見る事に固執するのか、よくわからないが、じゃあ、とりあえず
>>513で提示した、対朝鮮問題における解釈について、ごく西欧的な理論
だけで説明してもらおうか。たのむよ。


517 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 20:57:53 ID:miGmYg2n
>>515
台湾が親日的ではないと仰るつもりなのでしょうか?
台湾にだって大陸に媚びた発言をする野党も議員もいるのですから、反日的な人もいるでしょう。千差万別です。

一般論として台湾が親日的な事を貴方は否定したいのでしょうか?肯定するのでしょうか?

518 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 21:06:49 ID:KIj5fNzS
>>517

金美齢のような人格がいるように、台湾と日本の関係はそれほど深い憎悪を
抱くような因縁を持ってないということに過ぎないだろう。
例外を一生懸命抽出してもしょうがないんだよ。

>>513で提示した、対朝鮮問題における解釈について、ごく西欧的な理論
だけで説明してもらおうか。たのむよ。


519 :515:2005/06/14(火) 21:14:37 ID:UC+gTKWb
>517
一般論として台湾が親日的な事を否定するつもりはありません。

ただ最近、中朝に対して大らかに見ようとする日本人が
少なくなっているのは気がかりです。特にネットでは、

東洋思想の話になっていますが、そういう恩恵が
どこから来たのかと思う人も少なくなったんでしょう。



520 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 21:19:23 ID:SteGrt21
韓国の地下鉄に展示されてる子供たちの絵
ttp://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1550

521 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 21:28:25 ID:Z7bmQ3t0
台湾の高砂族ね。彼らは、人喰い人種で沖縄の西表島の住民が襲われて全滅したことがあった。
親日の台湾人とは違うよ

522 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 21:45:06 ID:miGmYg2n
>>516
>東洋思想の話だよ。何度も言っているが東洋思想の視点から歴史を見る
と言っているんだが。

うーん、東洋思想的文脈で歴史を見るといわれてもね、たいそうなハッタリでした。見事釣られたと言うことか。
中国のご都合主義史観を丸ごと鵜呑みにしただけじゃないか。

朝鮮政策?ロシアの脅威への安全確保という防衛本能だろう。
前近代的な政治体制で西欧列強への危機感が希薄な朝鮮政府には統治能力がない。
日本に併合されて当然だ、おかげでロシアに吸収されずに済んだのだ。

523 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 22:01:26 ID:PKGJOdVd
>>521
おまいむちゃくちゃ言うね

高砂族は美人が多いので有名。


524 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/14(火) 22:01:40 ID:8CdhR8W9
>>465 さん、ご丁寧なレスを有難うございます。

近代東アジアの歴史を考えることへの意見と、「中華思想=靖国神社」という
結論付けが性急だとのご指摘を拝見しました。

こんなことを書いた理由は、まず、このスレの靖国肯定派の人たちに、靖国に対して
「日本の文化と伝統」という言葉を軽々しく使わないで欲しいとの気持ちからです。
ましてや靖国を否定することが、日本人としてあるまじき行為であるとの暴言も多く、
それならば、靖国と、神道と、儒教(中華思想)の関係について議論したいと
思ってのことです。

また、ヨーロッパ的な視点とのご指摘がありましたが、それには異論があります。
私は、儒教というものが、東アジアを停滞させた大きな足かせだと思っています。
儒教の否定が反アジアなら、あなたの指摘どおりとなりますが、少なくとも日本は、
そうでは無かったはずです。

先人たちが職席上の過ちを犯したならば、個人攻撃は除いた上で、その職責上の
過ちはしっかりと認めなければ個人も社会も国家も停滞していくと思います。
なぜなら、過ちの正当化こそが、社会を歪めていく大きな要因となるからです。

勝手に宗教法人としてやっていく靖国には、どうぞ ご自由にというスタンスですが、
政治家が政治を目的として使うのは、過ちの正当化にほかなりません。
宗教という、抜け道を悪用した政治の歪曲につながっているのが、現状だと思います。

・・・・・・・・ >>465 以降にも、たくさんのレスがありますが、まだ、仕事中なので、
また ゆっくりと読ませていただきます。 以上、取り急ぎです。



525 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 22:04:13 ID:KIj5fNzS
>>522
>朝鮮政策?ロシアの脅威への安全確保という防衛本能だろう。
>日本に併合されて当然だ、おかげでロシアに吸収されずに済んだのだ。

いうまでもないが、征韓論から韓国併合までの文脈的考察が全くできてな
い。すでにおれはレスしているが>>502、お決まりの、100点満点中せいぜい
60点程度しか採れないような回答で、なぜ満足できるんだろう、キミは。

現在、中韓と繰り広げている歴史問題において「ロシアが、ロシアが・・・」
と我々が主張して、何か進展があったか?進展がないのは、相対する中韓の
態度が固執しているからだけか?

日本人の側に、新たな発想で、新たな展開を見出そうとする意志というもの
が、これほどまでに欠如していて、理由はといえば「ロシアが、ロシアが・
・」の一点張り。これじゃあどっちもどっちだよ。
もしキミが現代の典型的な日本人なら、感性の退化甚だしい我々の状況を憂
いざるを得ない。

ひとつ言っておくが、帝政ロシア政府が残した資料の中で、当時の日本を
支配する企てを記した資料は、1枚たりとも存在しない。

526 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/14(火) 22:09:18 ID:8CdhR8W9
>>498
>中華思想が靖国だというのは、天上天下唯我独尊のインド思想が靖国と言うことも出来る。
>中国思想がインド思想の影響を受けた事は事実だ。数学や、教理は悠にインドが進んでいた。
>総て思想上の優位性を歴代の中国人が認めたからこそ、天竺への旅が繰り返されたのだ。
>東洋思想と言う原点はインド思想にある。靖国が中国の中華思想と言うならその基のインド思想というべきだ。

中国への仏教伝来の何百年も前に、孔子がうまれて儒教が始まったことを考えると、
あなたの説は、時間的に辻褄が合わないとおもいますが・・・
そのころは、シルクロードも まだ、無かったはずですよ。


527 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 22:28:11 ID:miGmYg2n
>東洋思想の話になっていますが、そういう恩恵が
>どこから来たのかと思う人も少なくなったんでしょう。

その恩恵は今の共産党政権に受けた物でないことは正しく認識すべきですね。

中国の歴史には畏怖を感じていますよ。
紫禁城と万里の長城を見て、実感としての巨大さの迫力に圧倒されました。
東照宮の華麗さはないが、日本は剃刀で中国は鉈のような叩き付ける迫力に威圧されます。

528 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 22:42:35 ID:zQIxqWV4
http://uqmgp.hp.infoseek.co.jp/
韓国の反日教育の実態
子供の頃から、これじゃ〜ね。

529 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 22:51:22 ID:YIQUS6Rx
 「明治維新と宗教」を読んで   >>524しいばはんへ
 維新政府の始めから祭祀・神祀行政機関や政府内で、復古神道家に儒学者がいろいろ影響を及ぼして
いるんやて。神道の歴史家がそんなこと書いてある。へんなことに、儒教的帝王観と復古神道家の天皇
観の間に対立関係はあんまりなかったと。せやけど詔勅の内容が道徳性・宗教性・政治性のどれに力を
入れるかに苦労したらしい。あんまり専門的過ぎて分からへんけど教育勅語を読んだら何となくそんな
もんかなあと思う。神道と儒教の共同作業みたいやなあて。
 せやさけ、靖国神社の成立に儒教が影響を及ぼしていることも考えられんこともないけど、どうもし
いばはんの意見は少し証拠が足りんように思う。

530 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:01:57 ID:ZRbRD9Ua
戦前が儒教的影響は垣間見れるが、中華思想となると?
おまけにここに靖国を挿入する事はあまりにも短縮的では?

531 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:20:05 ID:KIj5fNzS
帝政日本が中華思想に対して主体性を持っていたかどうかは別として、
相対的な動きに限定して近代東アジア史を見た場合にも、それはおのずと
逃れられない壁のように、帝政日本に振りかかってきた問題だと思うよ。

まず当時の朝鮮の帰属意識は、中華思想の冊封体制の中にあったわけだ。
260年間封建状態で突然開国近代化した日本が、そういった近隣国と何らか
の交渉をしようとした場合、そこに無関係でいられるはずがない。
となれば逆説的に、それ以前は単に日本国内的だった様々な秩序体系が
新たな意味づけを与えられ、中華思想と干渉を起こす、あるいは整合を迫ら
れる事にもつながっていったのではないか。

532 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:23:57 ID:ZRbRD9Ua
>>531
朝鮮は確かに儒教だわな

533 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:32:22 ID:CDSPYaLW
台湾人の遺族ら「還我祖霊」の儀式中止−−参拝問題でトラブル避け

旧日本軍の軍人・軍属として戦死した台湾人の遺族らが14日、靖国神社で
合祀(ごうし)された犠牲者の霊を持ち帰る伝統儀式を行おうとしたが、右翼
団体とのトラブルを避けるため、中止した。集まったのは、タイヤルとブヌン、
ピュマの原住民3族や、小泉純一郎首相の靖国参拝を巡る訴訟の原告ら約
60人。参加者の原住民らは「霊を持って返ろうと思ったが、残念」と訴えた。

毎日新聞 2005年6月14日 東京夕刊

534 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:42:42 ID:KIj5fNzS
>>532

そういう文脈から、つつつーっと現在に筋引いて行った場合、現日本首相が
靖国に参拝する事は、何を意味するのか。
明確に答えられるやつがいるかね?
おれもわからん。


535 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 23:55:27 ID:miGmYg2n
>>533
政治的な動きそのものだ。
黙ってきて、静に儀式を行うなら可能だったろう。

本気で霊を持ち帰りたいなら断念などしないはずだ。
持ち帰ってしまったら二度と抗議活動が出来ないから中断したのだ。
騙される馬鹿も皆無ではないが、そんな下心は大人なら見破っているはずだ。

536 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/14(火) 23:59:49 ID:CDSPYaLW
今回のような台湾の人たちのことや、以前あった、殉死したクリスチャンの自衛隊員の遺族が合祀に反対しても駄目だったことといい、
靖国という宗教は、非常に傲慢ですね。
とてもこのような傲慢な姿勢のところへ、厳かな気持ちで参拝などできそうもないです。

>>529 オイチャン、お久し振りですね。
浪曲ってさ、麻生大臣みたいなダミ声で歌う唄ですか?変な認識かな。

537 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 00:02:44 ID:Y/PdkVMs
おまえ、レベル低いし書き込むな! 

538 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 00:07:13 ID:SnWBVZLn
>>536

おまえなんにも知らないだろうな。いいこと教えてあげるね。

今日、靖国神社に台湾人連れてきた先住民代表の高金素梅というおばちゃんは、

昔歌手で今は国民党の国会議員です。いつも政府(民進党)を批判しています。


今回は、恐らく中共からの依頼、あるいは日本の朝日新聞・TBSあたりから
金もらって、靖国問題を拡大化するためにきているわけだ。

539 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/15(水) 00:16:38 ID:PlaiOFk3
>>538 いつもやたらと一行開けのオッサン(だよね)
あたくす、物事を曲げてみようとはせんのです。
ただ、正面から見てても、感性の方で「こりゃ変だな」と思うことはよくありますけどね。

イデオロギーとか、そういうのにしがみついていることが好かんのです。
グローバルで物事を見たい。
国家エゴのようなものに、ヘドが出る。
国への愛着心と、国家エゴってのは、別物ですからね。

540 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 00:24:35 ID:MzAdiznX
<中華思想と大日本帝国について>

勝手に話を進めるが、例えばこういう言い方もできる。

日本は長年、鎖国をしていたとはいえ、東アジアの共同体=冊封体制に
属している冊封国のひとつである事には違いない。
ならば、1968年(明治元年)を持って開国したならば、まず清の許可が
必要なのではないか。手前勝手に開国などして無礼ではないか。

さてどうする?


541 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 00:29:36 ID:E0SBgj6Y
>>540
つまらぬつっこみだが100年ずらすなよ

542 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 00:41:00 ID:tol51AOx
靖国に祭られてる人々の大半は仏教徒で故郷では仏式でまつられている
当然子孫も彼らの霊はお墓や仏壇にいると考えてる
したがって靖国に祭るのはやはり「神」として祭ることに意義があるのだろう

ちなみにポンペの門人たちはポンペの徳を偲んで「ポンペ神社」を作ってる
もちろんポンペはキリスト教徒なのだが、門人にとってはそれはどうでもいいことなのだ

「神」としてまつる。本来の霊のありかは否定しない。

台湾の人たちはちょっと勘違いしてると思う

543 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 00:44:22 ID:C6CBkbIE
>>542
いやいや、台湾の人たちだって本当は同じだよ。
今回来てる奴らは、まさに中国と台湾国民党、及び朝日新聞からお金もらって演出してるだけ。

544 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/15(水) 00:59:01 ID:PlaiOFk3
靖国神社は、都合がいい時には一宗教法人だと主張し、
そうじゃない時には、かつて国を背負った人々…とかいう国家を主張してくる。
国の中心的慰霊施設だとか言って。

ねじれが生じてるんでしょうね。
ねじれが生じているついでに、そのことを利用して、なんとでも理屈をつける。

545 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 01:31:04 ID:xWengLJA
>>538
なるほどw納得w


546 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 01:34:57 ID:xWengLJA
しかし、スケープゴードにされつづける靖国は気の毒だな
日本は、宗教弾圧やりたい放題の国だ。

547 :コピペ1/3:2005/06/15(水) 01:46:16 ID:j3Q22Xab
件の台湾人ですが、こういう事のようです。

475 名前:無党派さん メェル:sage 投稿日:2005/06/14(火) 19:57:05 ID:QIb0IuXK
□中国大使館:「高砂義勇隊」遺族の安全確保要求

 駐日中国大使館の黄星原・報道官は、日本を訪れている「高砂義勇隊」の遺族らに関して、
「右翼の一部が彼らを脅迫しようとしていることに、 中国政府は強い関心を寄せている」
「日本政府は、必要な措置を取り、彼らの身の安全を確保するべきだ」と主張した。14日付で中国新聞社が伝えた。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1118740785/

台湾人の行動になぜか中国大使館がわざわざ出てきました。

・・・バレバレですね。(w

489 名前:無党派さん メェル:sage 投稿日:2005/06/14(火) 21:29:23 ID:eVmBqfZ4
>>475
さらにわかりやすすぎ

【中国】中国外務省「靖国合祀取りやめ、台湾住民の意向尊重を」[06/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1118751288/
元ソース:時事通信(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050614-00000633-jij-int


548 :コピペ2/3:2005/06/15(水) 01:47:01 ID:j3Q22Xab
493 名前:無党派さん メェル:sage 投稿日:2005/06/14(火) 21:45:40 ID:QIb0IuXK
>>489

戦没者を政治利用する反靖国活動家
高金素梅の来日は台湾人を代表しない

8日の会見で高金素梅は常套手段の涙を流しながら、「旅行経費は150万元必要
なのに、まだ不足している」として、自分を応援してくれない政府を罵った。
だが民視(フォルモサテレビ)は、高金素梅ら一行の旅行日程には、東京と17日
の大阪以外に、箱根国立公園、富士五湖、愛知万博、嵐山などの観光も含まれて
いると、皮肉たっぷりに報道している。

もしや観光で「遺族」とされる人々を釣って、日本に連れてくるというのであれ
ば、高金素梅の英霊への思いは当然疑われることになるだろう。いやそれはすで
にすっかり疑われている。戦没者の魂を台湾に持って帰っても、政治的にも原住
民の文化的にも、それを祀る施設などないからだ。要するに高金素梅は魂を踏み
にじろうとしているのだ。

台湾の声
 http://www.emaga.com/bn/?2005060034490320005291.3407

観光かよ・・・

549 :コピペ2/3:2005/06/15(水) 01:48:38 ID:j3Q22Xab
495 名前:無党派さん メェル:sage 投稿日:2005/06/14(火) 22:30:04 ID:a8R2VPq+
台湾の抗議者らの安全、日本は守るべき 中国大使館

中国新聞社の報道によると、在日本中国大使館の黄星原報道官は13日、
台湾先住民出身の「立法委員」の高金素梅氏が靖国神社で抗議活動を行っ
たことについて談話を発表した。
黄報道官は談話で、「中国台湾省の高金素梅氏などが6月13日に訪日し、
第2次大戦中に日本軍国主義により強制的に戦場に送られ、命を落とした
台湾の人々の位牌を変換するよう靖国神社に求めた。彼らの要求は当然
理解され、尊重されるべきだ。日本の少数の右翼勢力は、彼らへの威嚇や
妨害を行おうとしており、中国はこれに強く注目している。日本側は必要な
措置をとり、彼らの日本滞在期間の身の安全を守るべきだ」と述べた。
在日本中国大使館領事部は、すでに日本側にこうした要求を伝えている。
(編集SN)
「人民網日本語版」2005年6月14日
http://www.people.ne.jp/2005/06/14/jp20050614_50927.html
もうね(tbs


----------------------------------------------------------------------------
背後関係、丸分かりですねw

550 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 01:57:42 ID:xWengLJA
あんな血の気の多いヘンテコリンたちが騒いだら
日本じゃ逆効果なのにw



551 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 01:57:46 ID:LbuDYlc+
>>546
それなら公明党を潰して欲しいもんだなw

552 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:01:48 ID:xWengLJA
逃亡中で身を隠している
朝日の本田も噛んでいるのではないか?
証拠はないが・・・


553 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:13:16 ID:j3Q22Xab
>>547->>549 の追加情報です。

【国内】台湾先住民高砂族の遺族による靖国騒動:背後にバウネットや朝鮮総連が関与の疑い[06/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1118761246/l50


554 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:14:04 ID:3PMEtAwc
>>552 なに!朝日の本田って・・人殺しでもやって逃亡とか??ですかいな!

555 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:24:20 ID:t5ZUjEaJ
たまにはこっちのスレに。

台湾先住民の靖国抗議「日本政府に騙された」
http://news.searchina.ne.jp/2005/0614/national_0614_006.shtml
台湾先住民の儀式を右翼が妨害 靖国神社で
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20050614/eve_____sya_____015.shtml

靖国の思想―慰霊と招魂―
>祀ってどうするのか、ともうしますと、靖国神社に戦死者の霊をとどめておくことによって、
>これら英霊を常しえにこの国と天皇を守る干城として働かせようというわけです。
>つまり、ここに祀られている限り、この魂たちは現世につなぎ止められたままといえます。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3776/yasukuni.html

台湾の先住民らがなんであんなに怒ってるのか。靖国の教義は本来、
他のどんな宗教とも相容れない。靖国に祀られるということは、極楽浄土にも行けず
お盆になっても我が家の仏壇に帰ってこないことを意味する。キリスト教なら天国に行けない。

遺族の了解無しに人様の霊を勝手に祭壇に奉ることが、そもそも常識外れの横暴と言える。
おまけにクレームがついても分祀できないと言う。

政治との関わり以前に、他者の信教との兼ね合いで靖国の教義は人の道に反している。
自分のじいさんが怪しげなカルト教団の神に祭り上げられ、
じいさんの名を使って教団が信者を操り悪事を働いているところを想像してみたらいい。

靖国は今のところ悪事は働いていないが(戦時になるとわからんがね)、自分の祖先が
A級戦犯と共に死後も日本を彷徨っているとされるのは戦争に巻き込まれた被害者遺族
にしてみればかなり悪質な嫌がらせであり屈辱でもある。

あと、NHKニュースだけちらっと見たけど、台湾先住民ばっかTVに映って、
肝心の妨害した右翼団体が全然映らなかったのが気になる。
他のTV局はどうだったのかな。警察に阻止されるのはその右翼団体の方でしょうに。

556 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:25:30 ID:3PMEtAwc
靖国への台湾人の合祀って、日本人も知らなかった事で歴史事実を知る上でかなり
歴史認識の効果と、いうなら、重要なことでもありますな。
当の合祀された台湾人が「合祀排除要求」なんて、看板掲げていたのには、驚きだね。
靖国も、嫌だと言うのであるから、韓国の例でも応じるのが筋と思うが、だめなのかね。
靖国としても、このままだと、神社で無く本当の荒寺に成り下がりかねないね。
俺的には靖国は、神社ではなくむしろ、寺に近い存在のように最近感じるな。

557 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:26:36 ID:SnWBVZLn
>>544
あいかわらずかなりセンス悪いな
ねじれているのはまわりなわけだ。靖国は普通におとなしく慰霊したいだけなのにね。
すべて中国や韓国の内政問題と、外国に御注進する売国新聞社のせいだね。

558 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:28:46 ID:xWengLJA
>>555
右翼は、あまりの乱暴者の襲来に
怯えながら立ちすくんでいたw


559 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:36:50 ID:3PMEtAwc
>>557 残念な事ですが・・おとなしく慰霊はのぞめないようだね。
腐った大木・・靖国ってかんじですな。
後は朽ちるのを・・待つしかないようですな。

しかし、日本のメディア(NHKを始め)は売国奴の認識・・まるで、無いようだね。

560 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:39:20 ID:xWengLJA
もし警察が食い止めなければ
数人いた右翼たちは、台湾の原住民たちの槍で
串刺しにされていただろう・・・



561 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:39:59 ID:j3Q22Xab
>>555
>>556
ちゃんと直前のレスは読んどけよw

562 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:41:00 ID:JUlT13nH
>>555
最高裁によれば、信教の自由によって勝手に祀られた方は我慢しなければ
ならないのだそうだが、法的な観点から離れて考えれば、常識的に見て、
遺族が嫌だ、と明確な意思表示をしてるものをあえて強行するのは、人の
心の安寧を願う宗教人としては恥ずべき行為だといえるだろう。

563 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:43:14 ID:3PMEtAwc
>>561 俺は>>556だが、一応は読んだ上で、自分なりな感想を書いたまで。
自分の意見と違うから・・ってことで、言いたい訳?


564 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 02:55:47 ID:3PMEtAwc
>>561 何でも一からげで括ると、強制的感情が生まれるのかね。自然的に社会主義のように。

565 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 03:03:45 ID:t5ZUjEaJ
>>562
そう思う。独善が過ぎる。

今来ている台湾人がなんで中傷されないといけないのかわからん。
右翼が邪魔しなければいい話だし、非難されるべきは右翼団体。

566 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 03:57:00 ID:sRX4m83h
日本の右翼団体、車で大阪の中国総領事館に激突
ttp://www.people.ne.jp/2004/04/23/jp20040423_38821.html

マスコミが言えない韓国の話
ttp://brain.exblog.jp/1159945

捏造される日本の報道
ttp://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/chikara10_11.shtml

「イラク戦争」を機に国際連帯活動を本格化させた過激派
ttp://www.moj.go.jp/PRESS/031224-1/031224-1-5.html

中国政府、輸入オンラインゲームの検閲を強化
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040609202.html

新たに5人を投獄、ネット上の発言を抑圧する中国当局
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040225207.html

政府の検閲を問題にしない中国のネットユーザーたち
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20030704205.html

米議会委員会の警告:中国のサイバー版「万里の長城」があと一歩で万全に
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20021111205.html

567 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 04:07:17 ID:j3Q22Xab
>>563
レスミス失礼。

>>565
右翼団体を額面通りに受け取ると馬鹿を見ますよ。

例えばこんなのがあります。

>リース契約されていた高級車を返還しなかったとして、大阪府警警備部などは8日までに、横領容疑で
>大阪市北区天満橋、政治結社日本皇民党幹部で“韓 国 籍”の高鐘守容疑者(40)を逮捕した。同
>容疑者は容疑を認めているという。
>[時事通信社:2004年03月08日 17時14分]

国粋主義者の筈の右翼団体に、何故 韓 国 籍 の方がいるのでしょうね。
しかも 幹 部 ですよ。

568 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 04:09:38 ID:sRX4m83h
民主党 「国家主権は要らない」「アジアのために」
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1108635590/l50

569 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:22:01 ID:3PMEtAwc
>>567 そうなんですよな!何故か右翼に居るんだよね。
前々から指摘されてるように、日本の右翼とは「反日」の様相が濃いと。
噂のとおりでもあるようですな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
又々・・・
閣僚サイドでも、文部大臣クラスが「当時?従軍慰安婦の文言は無かった・・云々」
やはり、日本のメディアへのサービスは喜び勇んで日本を叩きのめしてござる。
やはり、閣僚クラスでも「反日分子」が騒ぎを起こしたいんだろうね。
目的??はないんだろうな。只、騒ぎを起こして日本の心象を悪くする為のことだろうね。

570 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:27:55 ID:3PMEtAwc
>>569 「・・右翼に居るんだよね」は「・・右翼に韓国人がおるんだよね」に訂正。

571 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:29:17 ID:RvsQTfMY
>>536
>靖国という宗教は、非常に傲慢ですね。

何処が傲慢というのでしょうか?
そうした決めつけこそ傲慢ではないのですか?

572 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:30:20 ID:gdxvFCTg
>>562
さすがにあの判例は学界からもコテンパンにされたし、最高裁が事実認定をやってしまうなど
めちゃくちゃな判決だから、今同じことを訴えれば最高裁は判例変更するんじゃないか?

573 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:33:44 ID:gdxvFCTg
>>571
遺族がやだ、って言ってるのに勝手に神として祭り上げるのは傲慢でしょう。
君の例えば亡くなったおじいさんでもご両親でも、勝手にオウムや統一教会が
神として奉ったりしたら、たまったもんではあるまい。

574 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:38:08 ID:RvsQTfMY
>>539
>イデオロギーとか、そういうのにしがみついていることが好かんのです。

中国共産党を何故批判しないの?

>グローバルで物事を見たい。

中華思想の傲慢さをグローバルで批判しろ。

>国家エゴのようなものに、ヘドが出る。

中国のチベット侵略などの国家エゴを見過ごしにするな。
人権弾圧、言論弾圧を放置するな。

575 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 09:39:35 ID:Xro4gDl8
いまだに謀反人を謀反人としてしか扱えない靖国には
日本人の寛恕の精神を標榜する資格はない。
忠義をドグマ化しているのだろうな。

576 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:00:17 ID:RvsQTfMY
>>562
遺族の意志は祀られた兵士の意志と同じか疑問だね。
安寧を乱しているのが誰かよく考えて欲しい。

裁判になった遺族の妻は本人の意志というよりも周りの関係者から裁判をするように説得されて嫌々やったらしいじゃないか。
しかも兵士の親たちは靖国への合祀を支持していた。家族の意見も分かれていた。

頼まれもしないのに勝手に世界平和や人類の罪を一身に受けたとするキリストのような宗教はいくらでもある、
大きなお世話と騒ぐ馬鹿は、靖国を政治利用しようとする中国や公明党のような馬鹿と同類だ。
自己の野望のために騒いでいるだけだ、無視するのが馬鹿を黙らせるには一番だ。

577 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:12:19 ID:gdxvFCTg
>>576
本人の意思の次には遺族の意思の尊重が当たり前じゃん。
少なくとも遺族がいやだ、って言っても、靖国は一切耳を貸さないってのは傲慢だろ。

頼まれもしない、と嫌だってのはぜんぜん別問題だろ。

君は亡くなった親がオウムの神様にされても、構わないのかね?
宗教ってのはありがたがる人にとっては神様でも、嫌な人っては悪魔なんだよ。


578 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:15:37 ID:RvsQTfMY
>>573
遺族の意志よりも祀られた本人の意志が尊重されるべきだね。

遺族がオームや統一教会で勝手に怪しげな儀式をされるのもたまったものではない。

強い信仰心が在れば靖国の合祀など騒ぐ必要性はない。
靖国に負けると解釈するから騒ぐのだ。馬鹿げた解釈だ。

579 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:16:04 ID:vs/bMYLk
他人を勝手に神様に祭り上げておいて、その人の遺族から抗議が出たら「うちの教義上、一度
神様にしちゃったものは神様の座から降ろすことはできません。あしからず。」なんて、キチガイ
宗教のやることだね。

580 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:19:28 ID:Xro4gDl8
>>578
普通は本人の意思は家族の意思が一番近いだろ。
家族主義や地縁関係考えれば容易にわかるはずだがな。

581 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:22:58 ID:QHh+bBbH
台湾遺族の一部が反対したからって台湾遺族全部が反対してるように見せるマス塵と日本左翼達。
共産主義お得意の言論統制に等しい事だな(笑)

>>579
遺族でも無い「お前」が批判する事自体、基地外そのもの(笑)
安心しろ!
お前が死んだら、子供は墓に入れず塵集積所にお前の遺骨を棄てるから(笑)

582 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:29:04 ID:RvsQTfMY
>>577
宗教教義を変えろと言う方が傲慢だろう。

本当に遺族の意志か?良く確認した方が良い。

オウムが誰を神にしようと関心はない。邪教の戯れ言に惑わされることはない。
確たる信仰に対する信念がある、邪教に負けない信仰心が在れば騒ぐ気も起きない。

>「宗教ってのはありがたがる人にとっては神様でも、嫌な人っては悪魔なんだよ。」
だから干渉するな、無視するべきだ。
信仰への不当な干渉は止めろ。
他人の信仰に首を突っ込むな。


583 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/06/15(水) 10:30:17 ID:OfvXMYrX

あの台湾人、色が黒かったな。(−o−)y−゜゜゜゜゜

。。

584 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:34:47 ID:Xro4gDl8
>>582
君に聞きたい。
靖国は忠義を誇張するあまり謀反人は謀反人として
本殿合祀はしない。ここには日本人の死者への寛恕の精神が
欠落しているように見られるが、これは君の宗教的信念と
同一のものか否か?

585 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:36:07 ID:vs/bMYLk
>>583
台湾の先住民族なんじゃないの?

586 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:40:17 ID:vs/bMYLk
>安心しろ!
>お前が死んだら、子供は墓に入れず塵集積所にお前の遺骨を棄てるから(笑)

キチガイ宗教の典型的反応をしなくてもいいのに。

587 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:44:25 ID:4f6SKz21
>>582
>本当に遺族の意志か?良く確認した方が良い。
本当に遺族の意思があっても、問答無用なのが困ったものなんだが。

>信仰への不当な干渉は止めろ。他人の信仰に首を突っ込むな。
それをやっている宗教(主な宗教だけだけど)は靖国のみなんだがね。
本人や遺族の意向や信仰している宗教に耳を傾けないのは。


588 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:45:11 ID:RvsQTfMY
>>580
家族で宗教対立が発生することは間々あることだ。
普通は喪主に葬送を取り仕切る権限があり、それに従う。
法的には埋葬に関する規定がある。

しかし霊や魂の扱いは法的規制の外の話だ。
同じ死体で二つの宗教で葬儀をすることもある。
不満があっても相互に不干渉が社会的常識だよ。

遺族でも意見が分かれたらそれぞれで祀ることになる。
自分と違う宗教でも相手方の儀式を止めろと言う要求は日本の常識では許されない。
自分勝手で傲慢な要求である。自分が命令される事を想定しない自己中な馬鹿だ。

589 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:50:52 ID:4f6SKz21
>>588
>自分と違う宗教でも相手方の儀式を止めろと言う要求は日本の常識では許されない。
自分に関わることなら、相手に儀式をやめろって言えるに決まっているだろw
お前の常識ってなんだそりゃ。

俺は親父がオウムの神様にされたら、当然やめろ、って抗議するぞ。
家族内の問題とはわけが違う。
家族内ならそれは家庭の問題で国家や他人が干渉することじゃないがな。


590 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 10:57:47 ID:RvsQTfMY
>>584
宗教教義に完全無欠など求めるのは・・・・・・・非常識。
政治理念じゃないのだ。
自由や平等など宗教にはない。
異教を信仰する自由はない。 異教徒を平等に救済しては信仰する意味がない。

俺の宗教信念は信教の自由を尊重することだ。
合理的説明を宗教に期待する精神は宗教を理解しているのだろうか?不合理だからその解決に宗教を使うのだろう。

591 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 11:02:21 ID:4f6SKz21
>>590
>俺の宗教信念は信教の自由を尊重することだ。
信教の自由ってのは、自分の信じたい宗教を信仰する自由だけではなく、
自分の信じたくない宗教を信仰しない、関わりたくない宗教に関わらない自由もある
ってことを理解しような。

592 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 11:08:14 ID:Xro4gDl8
>>588
具体的にその台湾の家族で宗教対立があったのに合祀は
やめろと述べているが如き意見だが今回来日した家族の
その具体例を挙げよ。
妄想なら慎め。
で、>>584の質問には答えないのか?嫌なら無理にとは言わない。
いや、>>582を読むと随分自分の信仰に対する明確な信念が感じられるスレ
だったから聞いたまでだ。
ただし、この程度の質問に答えられないのなら信念などとあまり偉そうなこつは言わん方がいいぞ。
>>590
異教と言うからには信仰があるのではないのか?
信教の自由などという信仰は聞いたことがない。

信仰の自由と言う思想或いは概念は君が>>588で批判した法律論の
法理であって宗教的信念とは違うぞ。


593 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 11:09:01 ID:Xro4gDl8
>>592
スレ、、、失礼レスだな。

594 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 11:10:07 ID:RvsQTfMY
貴の花の葬儀があった。
元妻と兄弟がそれぞれ対立している。
それぞれが仏壇をつくり位牌を飾ったとしてもそれを批判できるだろうか。

靖国批判は俺以外が勝手に祀って拝むなと、兄弟や元妻が仏壇を持つことまで止めさせるような行為だろう。
自由に祈ることに干渉しないことが社会の常識だ。

595 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 11:26:07 ID:4f6SKz21
>>594
家族内の問題と、第三者の問題をごっちゃにするなよw
親が子どもをひっぱたくことと、他人のなんの関係の無い子どもを殴ることはぜんぜん問題が違うだろうが。

靖国信者が靖国神社に行ってお祈りしようが、金をお布施しようが、それはそいつの勝手で他人がとやかくいう問題じゃない。
が、靖国という「他人」が遺族の意向を無視して勝手に奉るのは遺族の信仰の自由、信教の自由を侵害する行為なのだよ。


596 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 12:04:55 ID:RvsQTfMY
>>592
家族で宗教対立はキリスト教徒の妻と兵士の両親の話、裁判になった自衛隊員の事です。
今回の台湾人の話ではありません。

584の質問ですが敵を祀る事を強制すると言うことですか?後百年もすれば祀るかも知れませんね。
敵よりも身内を優遇するのはそれほど異常なことですか?
キリストのような異教徒を想定して、敵には敵の葬送を認めるから外国人を高杉は別にしたのではないのでしょうか?想像ですが。
敵への不干渉は相手の墓を暴く中国の宗教よりはよほどマシと理解しています。


597 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 12:17:34 ID:RvsQTfMY
>>595
基本的に日本国の兵士は靖国に祀られることを納得していた。
本人が靖国に奉られることを覚悟して戦場へ出かけた。
死後靖国が祀って何が悪い?


法的には勝手に祀ることは自由なんだ。とやかく言う権利はない。
>靖国という「他人」が遺族の意向を無視して勝手に奉るのは遺族の信仰の自由、信教の自由を侵害する行為なのだよ。

デタラメを言うなよ。どんな自由が侵害されたというのだ?勝手な妄想だ。

598 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 12:27:14 ID:+wy8lR/r
>>597
>基本的に日本国の兵士は靖国に祀られることを納得していた。
>本人が靖国に奉られることを覚悟して戦場へ出かけた。
選択の自由に無い時代で「納得」って言われてもな。
死んで靖国に奉られたいか、奉られたくないかの選択の自由が無い以上、納得とは言えんよ。
強制されている中での納得なんて意味ない。

>デタラメを言うなよ。どんな自由が侵害されたというのだ?勝手な妄想だ。
基本的なことだ。
まず、憲法の基本書で信教の自由、信仰の自由のところを読んで来い。



599 :タモリ:2005/06/15(水) 12:30:29 ID:IIYA1CVQ
いったんCMいきま〜す。

600 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 13:19:27 ID:LbuDYlc+
>>597
>デタラメを言うなよ。どんな自由が侵害されたというのだ?勝手な妄想だ。

具体的に書いてあるじゃないか。
妄想もほどほどになw

601 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 14:11:49 ID:PaEoHpSD
内田先生の暴論シリーズ第396回「靖国再論」
http://blog.tatsuru.com/20050615132713
この暴論において内田せんせいは小泉純一郎が日本に中国と渡り合える政治家がいないから
亜米利加の風下を選んでいると主張されています。
内田せんせいは人気者みたいなので、こういうばかげた話が伝播しないように反論しときます。
@ 小泉はメディア・コントロールに長けているが政治技術や外交手腕を持っていない。
A 旧経世会のほうが小泉よりも優れた政治技術とともに外交手腕を持っていた。
B 彼は亜米利加の手引きで旧経世会潰しを行ってきた。
C その結果老練な政治家が権力の中枢から離れて、森派を中心とした共同体主義の人々が
  能力に関係なく入閣するようになった。
D つまり小泉は未熟で無能な政治家にポストを与えて政治を劣化させ、
  亜米利加の犬レベルにしてきた。
E したがって小泉が日本の政治家のレベルを考慮したなどという内田せんせいの論は荒唐無稽である。
F なにしろ劣化に最も貢献しているのは小泉純一郎なんだからね。 
  

602 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:05:59 ID:RvsQTfMY
>>600
何処に書いてあるのですか?
どんな自由が侵害されているのですか?それが証明できるのですか?

603 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:06:06 ID:sxxRtHM7
ttp://www.hughhewitt.com/  Hugh Hewittのブログ
But Is Mark Tapscott Teaching Them To Blog?

TV番組はニュースメディアとして、視聴者を失っていて、ニュース・ジャンキーにとっては
今ではTVは良い情報入手手段ではない。ニュース番組司会者の古びたおしゃべりだの、TVの
ニュース番組のニュース探索企画などは飽きられている。

TVは半世紀にわたってアメリカ人の生活に支配的な位置を占めてきたが、いまやそれは
メデイアの中の一つに過ぎない位置に格下げされた。若い世代は特にネットに向かって
いて、TVは支配的位置のメデイアではない。

これらはニューメディアには良いニュースである。ニュースへの視線や耳やその広告費用など
がいずれど固化のしかるべきところに落ち着くわけだが。ブログ世界は明らかに勝者であり、
トークショーラジオもそうである。メインストリームTVの番組をTiVo録画で見ているような
気まぐれな視聴者ではなく、関心のある視聴者に影響を与えるようなメデイアが問題なのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
WaPoの記事やHugh Hewittのいっていることは、一般大衆としてのマス・視聴者に、マスメデイアが番組を与え、
マス広告収入を得て、マス影響力を発揮する時代が終わった、という事。

それは以前から繰り返し言われてきた。それでも神話のようにマスメデイアは君臨し続けてきたのだけれど、
たとえばWaPo記事の言うLPMのような年代別のきめの細かい視聴率調査をすると、視聴率の嘘がばれて、
若い世代にマスメディアが見捨てられてることが露呈する。

これは巨額の広告料金を支払うスポーンサーにとって大問題で、彼等は商売の効率を高めるために、
マスメディアではなく、セグメント別の広告戦略や広告チャネルを開発しなければならない。
ヴァーチャルな視聴率に巨額の広告料金を支払い続けるほど企業はお人よしではないから
TV局の幹部や広告代理店はよくよく考えないといけない時代が始まった、という事。


604 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:11:20 ID:RvsQTfMY
>>598
>>デタラメを言うなよ。どんな自由が侵害されたというのだ?勝手な妄想だ。
>基本的なことだ。
>まず、憲法の基本書で信教の自由、信仰の自由のところを読んで来い。

憲法は知っている。
具体的にどんな自由が侵害されたのか説明してくれ。
妄想でないなら説明ぐらい出来るだろう。


605 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 15:35:58 ID:HwQePgIZ
>>598

>選択の自由に無い時代で「納得」って言われてもな。
>死んで靖国に奉られたいか、奉られたくないかの選択の自由が無い以上、納得とは言えんよ。
>強制されている中での納得なんて意味ない。

確かにあんたの言う事にも理はある。が、その視点は現在の視点だ。
当時の徴兵制で出征し戦死した兵士は、陸海軍管轄の靖国神社に祀られることは認識していた。
当時は神道は宗教にあらずだったわけだから、信教の自由の入り込む余地はない。つまり宗教上の
理由で反対する事があるはずがない。戦友の結びつきは強い、靖国で会おうは何も神さまになろうと
言う誓いではなく心の拠り所、すなわち戦死したら靖国で会うと言う事以外会う場所を想像すらできなかった。
宗教心ではないと思われる。戦後GHQの指令で宗教法人に靖国はならざるを得なかったが、やはり
現在の立場は無理があると思われる。
だからと言って解体しろと言ってるのではない。今の姿のまま名称を変えずにいることが
祀られている方々に対しての礼儀だと思う。


606 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 17:34:51 ID:TKFAHZxN
>>577
>本人の意思の次には遺族の意思の尊重が当たり前じゃん。
>少なくとも遺族がいやだ、って言っても、靖国は一切耳を貸さないってのは傲慢だろ。

ま、最高裁の判決ではそうではないので、法的にはなんの問題もない。
だが、百歩譲ってあなたの主張を認めるとする。ならば、祀られてすぐ、あるいは戦後すぐに
どうしてそういう主張しないんだ?

首相の靖国参拝が問題になる今現在におこなったところで、純粋に人権や信教の自由という
観点から論じられるわけがない。明らかに、意図的な政治活動である。意図的な政治活動とは
当然中国共産党(及び昨今急激に中共にすりよっている台湾野党)のご都合主義のことだ。


なお、大部分の中国人は今なお靖国に遺骨があると思っている。日本人にもそういうやつが
多い。遺骨があるなら取り返す法的手段もあろう。だが、遺骨がないんだよ、靖国には。
あるのは、厚生省からまわってきた名簿、それのみ。で、名簿があるからといって、それで
罪に問われるのであれば、
「あんたの卒業アルバムに○○さんの名前があるのはけしからん! 即刻削除せよ!」と
言われて「はいはい」 と応じるかぁ? と聞きなおしたいね。

607 :577ではないが:2005/06/15(水) 17:57:12 ID:C+BtS3S8
>>606
怪しいDM会社の名簿に自分の名前が載ってたら、
「即刻削除せよ!」って裁判起こすかも・・・

608 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/15(水) 18:11:02 ID:XOhxeluR
>>606

横レスですみませんが、前々から気になっている厚生省のことで・・・

>あるのは、厚生省からまわってきた名簿、それのみ。で、名簿があるからといって、それで
>罪に問われるのであれば、
>「あんたの卒業アルバムに○○さんの名前があるのはけしからん! 即刻削除せよ!」と
>言われて「はいはい」 と応じるかぁ? と聞きなおしたいね。

その名簿は、「この方々を合祀しなさい」という目的で厚生労働省が発行しているものではないはず。
そうなると、名簿を活用する不特定多数のうちの一者として、単に靖国が利用しているだけとなります。
ことさら厚生労働省を、こうした議論に持ち込む理由がわかりませんが、何か理由があるのでしょうか?



609 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/15(水) 18:35:58 ID:XOhxeluR
>>529
>維新政府の始めから祭祀・神祀行政機関や政府内で、復古神道家に儒学者がいろいろ影響を及ぼして
>いるんやて。神道の歴史家がそんなこと書いてある。へんなことに、儒教的帝王観と復古神道家の天皇
>観の間に対立関係はあんまりなかったと。せやけど詔勅の内容が道徳性・宗教性・政治性のどれに力を
>入れるかに苦労したらしい。あんまり専門的過ぎて分からへんけど教育勅語を読んだら何となくそんな
>もんかなあと思う。神道と儒教の共同作業みたいやなあて。
>せやさけ、靖国神社の成立に儒教が影響を及ぼしていることも考えられんこともないけど、
>どうもしいばはんの意見は少し証拠が足りんように思う。

オイチャン、レス どうもです。

おそらく、江戸期の儒学者たちは、いまでいうシンクタンクで、国政に対する提言を
行なう立場にあったように思えます。そして、彼らが広めていった尊王攘夷思想から
明治政府が誕生したわけですから、それなりの影響力を政府に対して持ったでしょうね。
そこで、「証拠」の話になりますが、物証はなく、状況証拠で考えるほかに無いのかと
そう思っています。おれは、オイチャンみたいには宗教を勉強していないので、
その内側から物事を見るのは苦手です。でもね、靖国と政治を考える場合には、
外側から見ればよいのかと思います。だめですかね〜、こんな怠け者では・・・


610 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:11:24 ID:BIHz2yb7
>>572
>>576のデタラメの中にも一片の真実はあり、ということで、あの事例の
特殊事情を述べるならば、近親者の間において、合祀を歓迎していた亡父
の意思と故人の妻のどちらの意思を優先すべきか、という問題が存在し、
それが故人の妻の請求を認めるには至らなかったという方向に作用する
ひとつの要素としては確かにあっただろう。仮に親族が全て合祀に反対
であったならば、逆の方向に作用する要素になったことは確実だろう。

政教分離規定違反の構成は、私人としての靖国神社の民法上の不法行為責任
を問うにあたっては、必ずしも必要ではなく、最大の問題は原告の被侵害利益
どう考えるかであり、自衛官合祀拒否訴訟を参考に考えてみると、法廷意見は

「人が自己の信仰生活の静謐を他者の宗教上の行為によって害されたとし、
そのことに不快の感情を持ち、そのようなことがないよう望むことのあるのは、
その心情として当然であるとしても、かかる宗教上の感情を被侵害利益として、
直ちに損害賠償を請求し、又は差止めを請求するなどの法的救済を求めること
ができるとするならば、かえって相手方の信教の自由を妨げる結果となるに
至ることは、見易いところである。信教の自由の保障は、何人も自己の信仰
と相容れない信仰をもつ者の信仰に基づく行為に対して、それが強制や不利益
の付与を伴うことにより自己の信教の自由を妨害するものでない限り寛容で
あることを要請しているものというべきである。」

と述べる。この点、同意意見で坂上壽夫裁判官は

「故人につきどのような宗教的方法で追慕、慰霊等を行っても、それは信教の
自由として誰にでも保障されているというのは、既に当該故人の近親者が現存
しない歴史上の人物等の場合にいえることなのであって、その配偶者、子女又
は父母などの近親者が遺族として現存している場合にも、これらの者の意思に
反する宗教的方法で追慕、慰霊等を行うことを何人にも認め、遺族である近親者
は、それが宗教にかかわるものである限り、いかに心の静謐を害されても、これ
に口を挟むことは許されず、これを坐視し、受忍しなければならないというのは、
一般人の常識、社会通念に著しく反すると考えられる」

611 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:12:15 ID:BIHz2yb7
と述べて、法廷意見は一般論としては賛同するが、本件のような事例にはあて
はめるべきでない、とする。これは説得力ある見解だと思う(しかし前記のような
近親者間の対立という事情によって、本件は結論として「寛容が要請される場合
である」とする)。

また反対意見を書いた伊藤正巳裁判官は、

「他者から自己の欲しない刺激によって心を乱されない利益、いわば心の静穏の
利益もまた、不法行為法上、被侵害利益となりうるものと認めてよい」

とするが、

「基本的人権、特に精神的自由にかかわる問題を考える場合に少数者の保護という
視点に立つことが必要であり、特に司法の場においてそれが要求されると考えている。
多数支配を前提とする民主制にあっても、基本的人権として多数の意思をもっても
奪うことのできない利益を守ることが要請されるのはこのためである。思想や信条
の領域において、多数者の賛同するものは特に憲法上の保障がなくても侵害される
おそれはないといってもよく、その保障が意味をもつのは、多数者の嫌悪する少数者
の思想や信条である。宗教の領域にあっては、わが国における宗教意識の雑居性から
宗教的な無関心さが一般化しているだけに、宗教的な潔癖さの鋭い少数者を傷つける
ことが少なくない。「たとえ、少数者の潔癖感に基づく意見と見られるものがあっても、
かれらの宗教や良心の自由に対する侵犯は多数決をもってしても許されない」という
藤林裁判官の意見は傾聴すべきものと思われる。」

という記述には、我々も傾聴すべきものがあると思われる。

最初に述べたように、仮に近親者が一致して合祀に反対していた事例であるならば、
本件訴訟においても別の結論が出ていたことは充分ありうることだと思われる。今後
これからなされる合祀に対して、遺族が訴えを起こすようなことがあれば、靖国神社
に対して民法上の不法行為責任を問うことは充分可能であると思われる。

612 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:13:26 ID:jmBvMrqh
>>609 :しいばはんへ 「靖国と政治を考える場合には、外側から見ればよいのかと思います。だめ
ですかね〜」
それは分かりまへんけど、わて、あんたの主張しはった儒教から神道を見るようにしています。ええ
ヒントやった。
>>536 :Tekko はんへ 「浪曲ってさ、麻生大臣みたいなダミ声で歌う唄ですか?変な認識かな。」
そのとおりです。変なことおまへん。それはそうと教育勅語、ホンマ久しぶりに読んでみたわ。ダミ声
で読みました。懐かしかった。
 今、神道を調べてみてるんやけど、振り返って、戦後日本人は、自己のアイデンティティーを天皇や
神道以外よう見つけなんだん違うやろか。せやさけ政治家が靖国に固執するんやろか。これから極東が
物騒になるんやったらそれに対応せんならん。そのとき昔やった方法で日本人を統率してその国難にあ
たらなあかんと思てるんかも分からん。わては好意的な立場で神道をとらえてへん、ほいやけど日本人
の霊魂観の最大公約数は神道なんやないやろか。こないだの列車の事故の時も、TVのインタヴューで
遺族の方が亡くならはった人の魂のこと神道に近い霊魂観で言うてたな。靖国のこと、わてら年寄りの
間でも話すること多なって来たけど、「あんな神社拝んで戦争でエライ目ぇにあわされたんや。」言い
もて、神棚に手ぇ合わせよるさけな。わてにとって、あのハンドルネームの長い人の最後の一言がええ
ボディーブローやった。いまでも腹に残っとる。もし、日本人から神道の霊魂観をとったら何が残るん
やろか?他に明確な宗教や哲学を持ってはる人やったら残るもんはあるやろけど。だからどうやて言わ
れても答えに困るけど。解決方法はええ宗教か哲学か。

613 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:16:13 ID:g8h7+Z3G
>>610
あれ? いじめが強烈だったんでコテハンやめたの、自称法律家さん(笑)?

614 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:17:41 ID:/IqXCO+1
>>606
まさに正論! よく言った!

615 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:27:23 ID:BIHz2yb7
>>613
俺がコテハンだったことは一度も無いが。そういう妄想を働かせるのはさぞや
楽しいのだろうがな。

616 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:31:54 ID:heD+Wgpe
>>611

>今後これからなされる合祀に対して、遺族が訴えを起こすようなことがあれば

今後の合祀はない。今現在、靖国で行っている合祀はいわゆる合祀もれだけ。
遺族が自分の身内が祀られていると思い、靖国に照会したら、なんらかの理由で合祀
されていなかった。遺族は厚生省にいって、戦没したと言う証明書をもらって靖国に
提出。それをもとに靖国は合祀する。そのパターンのみ。

現在は、厚生省から直接靖国には情報はこない。

617 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 19:47:20 ID:58PFolDh
台湾先住民族、贋遺族靖国騒動の真実。

靖国神社そばの路上で起きた騒ぎは、火の無いところに煙を立てる典型的なサンプルだ。
メディアは背後関係に全く触れない報道をするので、結果的に支那と北朝鮮の工作活動に
加担してしまう。

台湾立法院議員である高金素梅氏ら一行は13日午後来日すると、すぐ支援団体が主催する
集会が行われる教会へ向かった。支援団体は、カトリック正義と平和協議会で、教会は日本
基督教団信濃町教会である。記憶力のいい読者の方はピーンと来たはずで、カトリック正義
と平和協議会とは、朝日新聞の「安倍・中川NHK政治介入疑惑報道」の元凶である「女性国
際戦犯法廷」を主催したバウネットの発起人なのである。

つまり、キリスト教系極左団体であり、朝鮮総連と深い関わりがあることも指摘されている。
昨日は日本基督教団信濃町教会で講演が行われた。未確認だが講師は、最近「靖国問題」を
上梓した東大の高橋哲哉氏ではないかと思われる。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これが現実ね

618 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/15(水) 20:45:16 ID:XOhxeluR
>>612 オイチャンへ、

日本人の霊魂感ですか・・・ どうなんでしょうね。

自分のことを考えてみると、もう亡くなった爺さん婆さんに対しては感謝の気持ちですね。
そして、いま、私たちが こうして生活していることを考え、そのための礎となった人たちにも
やはり感謝という言葉になりますね。

それは日々の食事にもありますし、美しい山や海や森にもありますね。
こうした感覚は、多くの日本人に共通するものであり、私は産土という言葉が もっとも似合うと
思っています。神道という概念が生まれる前からのものです。

それを霊魂感というのかどうか、その辺が微妙ですが、私にとって神道と結びつく感じは
あまり しないのです。



619 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 20:47:20 ID:7L5TmyB4
我々善良な市民を赤紙一枚で戦場に送り、戦死させた東条英機が祭られることに反対する。
また、大政翼賛会に主要メンバーとなり、国民を戦地に送り込んだ邪悪な社民どもは最大の戦犯だ。

620 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:02:37 ID:MzAdiznX
>>619

異常な感情論だな。
文章から気持ちは伝わるが、悲しいほどに無力だ。
それはなぜかというと、歴史の見方があまりに薄っぺらいからだ。

>我々善良な市民を赤紙一枚で戦場に送り、戦死させた東条英機が祭られる
>ことに反対する。また、大政翼賛会に主要メンバーとなり、国民を戦地に
>送り込んだ邪悪な社民どもは最大の戦犯だ。

当時、徴兵制だったんだから、戦争が始まったらそうなるのは当たり前じゃ
ん。この一言で片付けられるような安っぽい歴史観を披露して、彼の中の
何が満たされたのだろうか・・・。



621 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:06:11 ID:Wo5oudcl
>>618 
儒教と神道の関係には別に曖昧なところはありません。こんなのとか
『水戸イデオロギー―徳川後期の言説・改革・叛乱』ぺりかん社 1998

622 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:07:31 ID:E0SBgj6Y
>>620
左翼には、本人が気づいているのかいないのか、あまりに無知な書き込みが多すぎて
読んでいるほうがかわいそうになることがある。日教組に洗脳された格好の例だね。

623 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:16:48 ID:1/OKx/I4
右翼って全然他人の言うことを聞かないんですね。無知だし感情的で薄っぺらいし。
同じことを繰り返して、きっと種本があって、それをなぞっているだけなんですね。

624 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:17:13 ID:MzAdiznX
>>622

右傾だろうが左傾だろうが、東條英樹の責任追及は、日本人の手によって
議論されていくべき問題であることには変わりない。
ただ、その上で>>620の歴史認識観が悲しいまでに低俗なのは、東條を語る
うえで、「我々善良な市民を」とか「赤紙一枚で戦場に送り」とか、「戦
地に送り込んだ邪悪な」とか「社民どもは最大の」とか、しょせん装飾詞
に彩られただけで実は要点すら存在しないような、下手なシンガーソング
ライターの作った歌詞のような文章で、自己満足している様は、本来、う
まく使えば実効力を発揮してくれるはずの「日本語」というものに対する
冒涜でもある。



625 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:17:47 ID:MzAdiznX
>>622

右傾だろうが左傾だろうが、東條英樹の責任追及は、日本人の手によって
議論されていくべき問題であることには変わりない。
ただ、その上で>>619の歴史認識観が悲しいまでに低俗なのは、東條を語る
うえで、「我々善良な市民を」とか「赤紙一枚で戦場に送り」とか、「戦
地に送り込んだ邪悪な」とか「社民どもは最大の」とか、しょせん装飾詞
に彩られただけで実は要点すら存在しないような、下手なシンガーソング
ライターの作った歌詞のような文章で、自己満足している様は、本来、う
まく使えば実効力を発揮してくれるはずの「日本語」というものに対する
冒涜でもある。



626 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:22:56 ID:C32bxjOp
  いわゆる「従軍慰安婦」に関して読売新聞が8月4日、8月11日の両日社説を掲載しました。
  8月4日は「『慰安婦』問題をもてあそぶな」と題するもので、中川農林水産大臣の
  記者会見に関するものです。ここでは名前は挙げていませんが「わざわざ韓国の反発を
  そそのかしている報道がある」「歴史を捏造していた一部マスコミが、捏造への反省も訂正も
  ないまま、重ねて問題発言だと騒いだからだ」と、この問題に対して態度を明確に表明すると共に、
  一部のマスコミ(朝日新聞のことだと思います)を批判しました。

  8月11日は「国連の権威損なう『慰安婦』報告」と題し「96年の一次報告は、詐話師とさえ
  評されるある日本人が創作した“慰安婦狩り物語”をそのまま引用するなど、きわめて粗雑なものだった」、
  「詐話師の偽書を称揚したり、勤労動員だった女子挺身隊を“慰安婦狩り”だったと歴史を偽造するような
  一部マスコミや市民グループ等が、国際社会に対して、偽情報を振りまいてきた」、
  「加えて浅薄な外交的思惑から、裏付けもないまま、慰安婦の『強制連行》認めたかのような93年の
  河野官房長官談話があった」と「慰安婦強制連行説」を捏造した者と、
  それを追認した「河野談話」を厳しく批判しています。

627 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:23:20 ID:j3Q22Xab
>>622
それは言えてる。
例えば志願兵と徴兵の違いも知らないし、士官と一般兵士の違いも知らなかったり。

628 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:34:22 ID:H5Kdj0r/
     彡ミミミヽ ノ彡ミミ)))
    ((彡ミミミミ)(彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙" """"ヾ彡彡))
   ミ彡゙ .._    _   ミミ彡
  ミミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミ)))
  ミ彡  ' ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ))
  ((彡|      | | `    |ミ彡
   (彡|    ´-し`)\  |ミミ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|      、,!  」  |ソ   < 中韓の従軍慰安婦タン待ってますよ〜!
     ヽ '´ ̄ ̄ ̄'ノ /       \_________________
   /⌒ \____/ ⌒\
\ /     ¬         \            / ̄ ̄ヽ
  \            /⌒⌒ヽ         /      \
   \   ・  | \ (   人  )       /        ヽ
     \   /     ゝ    ヽ \   /          |
      \        |;;    |   \/    |       |
        \     l  |;;  ;;;  |\__/      |      |
         \ ̄  ―|;;  ;;;  |-/        |      |
          \   |;;  ;;;  |/         |     |
           \  |;;   | |/          |     |
             | |;   ;; ;;|          /|    |
                ;;            /  |
\          /    ;;          /


629 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:44:08 ID:MzAdiznX
>>619が、ネット上で自分の主張を読んだ人間に何らかのメッセージを伝えた
い欲求があるのだとしたら、「我々善良な市民を」とか「赤紙一枚で戦場に
送り」とか「戦地に送り込んだ邪悪な」とか「社民どもは最大の」とか、し
ょせん装飾過多でしかない文章構築をしている時点で、その方法論は「欲し
がりません勝つまでは」とか「進め一億火の玉だ」などといった、かつての
大政翼賛会による戦時標語が目指す所の啓蒙性と本質的に何ら変わりがない。

またもしも>>619が、ネット上に表明した自らの主張を読む不特定多数の
「他人」というもの対して、何も伝えたい意志が無いのならば、その主張は
、便所のいたずら書き程度でしかないと、本人が認めている事になる。

なんと悲しいことだろう、>>619の文章から装飾詞をはずすと、以下のよう
になる。

  東条英機は徴兵を遂行したので靖国に合祀されるべきでない。
  大政翼賛会に属していた社民は、徴兵を遂行したので戦犯だ。

・・・となる。
もちろんこれだけの主張では、東条英機も大政翼賛会も無実である。
つまり>>619は、異常な思想の持ち主と思われてもしかたがない。

630 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:57:18 ID:khfJodQW
   彡ミミミヽ ノ彡ミミ)))
    ((彡ミミミミ)(彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙" """"ヾ彡彡))
   ミ彡゙ .._    _   ミミ彡
  ミミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミ)))
  ミ彡  ' ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ))
  ((彡|      | | `    |ミ彡
   (彡|    ´-し`)\  |ミミ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|      、,!  」  |ソ   < 中韓の従軍慰安婦タン待ってますよ〜!
     ヽ '´ ̄ ̄ ̄'ノ /       \_________________
   /⌒ \____/ ⌒\
\ /     ¬         \            / ̄ ̄ヽ
  \            /⌒⌒ヽ         /      \
   \   ・  | \ (   人  )       /        ヽ
     \   /     ゝ    ヽ \   /          |
      \        |;;    |   \/    |       |
        \     l  |;;  ;;;  |\__/      |      |
         \ ̄  ―|;;  ;;;  |-/        |      |
          \   |;;  ;;;  |/         |     |
           \  |;;   | |/          |     |
             | |;   ;; ;;|          /|    |
                ;;            /  |
\          /    ;;          /

itadaki

631 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:59:18 ID:MzAdiznX
>>619
>我々善良な市民を赤紙一枚で戦場に送り、戦死させた東条英機が祭られる
>ことに反対する。

この装飾過多な文章の、その、「我々善良な市民を」とか「赤紙一枚で戦場
に送り」などといった装飾詞を鵜呑みにするならば、もしも「当時の国民が
劣悪で」、「徴兵の際、その旨を対象者に伝える郵便物が2枚以上の紙で構
成されていれば」、東條の罪は軽減されることになる。

このような思想を持っている>>619は、やはり異常と言わざるを得ない。


632 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 22:06:34 ID:YK9Bd0as
第二次大戦中の慰安婦ってもう80超えているだろ?

633 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 22:43:41 ID:it/pzWLe
幕末当時の高杉晋作は反政府のテロリストであり、戦死しているわけでもない(病死)。
では、何故彼が祭られているのか。
なぜなら、靖国は薩長=明治政府の武力闘争を正当化する為の神社だから。
招魂社自体も高杉の発案だったそうだから、彼も祭られているのは当然と言えば当然かもな。

634 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 22:47:03 ID:7Ky/+wfT
歴史のひずみによるこういった神を適当に作るような行為は人間の歴史で
よく行われてるけど、日本より多数の死者が居る中国なんか確か”山”作ってた
ような気がするんだが、それに比べれば日本のなんて比較に成らん

635 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 22:49:14 ID:H5Kdj0r/
    /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ))
   (   从   ノ.ノ
    ( ./  ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    |::::::  ヽ     丶.  
    |::::.____、_  _,__)
   (∂: ̄ ̄| ////|=|///|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (  (   ̄ )・・( ̄ i    < 中韓の従軍慰安婦タン、慰安しまっせぇ〜!
    ヘ\   .._. )=( .._丿     \_________________
  /  \ヽ _二__ノ|\   
\ /     ¬     /⌒⌒⌒ヽ          / ̄ ̄ヽ
  \            (   人  )       /      \
   \   ・  | \ (       )      /        ヽ
     \   /     ゝ     ヽ \   /          |
      \       |;;  iii  |  \/    |       |
        \     l |;;   ;;;  |\__/      |      |
         \ ̄ ―|;;    ;;;  |-/        |      |
          \  |;;   ;;;  |/         |     |
           \ |;;    |  |/          |     |
             | |;   ;; ;;|          /|    |
                ;;            /  |
\          /    ;;          /

636 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 23:02:31 ID:H5Kdj0r/
   /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::|              .|ミ|
 |::::::::::|              .|ミ|
 |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ| 
  |彡|.  '''"""    """'' .|/ 
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  | 
 | (    "''''"   | "''''"  | 
  ヽ,,         ヽ    .|
   |       ^-^     |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     -====-   |   < なんでもありだ! 日本売却でもするかな
   \.    "'''''''"   /      \_________________
   /\ .,_____,,,./⌒\
\ /     ¬        \            / ̄ ̄ヽ
  \                \         /      \
   \   ・  | \ ・     \      /        ヽ
     \   /   \        \   /           |
      \           \    \/     |       |
        \     l  __   \  /       |      |
         \ ̄   ( 人 )   /         |      |
          \   |;;;;  |  /          |     |
           \  |;;  | /           |     |
             | |;   ;;|            /|    |
                ;;            /  |
\          /    ;;          /

637 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 23:53:00 ID:xbLsbrhq
東京裁判で有罪とされた人々の合祀は1959年に始まり78年に
14人のA級戦犯を合祀して終了した。この間、中国を含め海外から
一切抗議はなかった。1979年、大平首相が、80年と81年鈴木首相が
参拝したが、何の問題も引き起こさなかった。1982年教科書問題が
日本を襲った当時も中国は教科書問題を取り上げるのみでA級戦犯の
靖国合祀には一切言及しなかった。

中曽根首相が1983年、84年に靖国参拝した時に至るも何ら問題は
生じなかった。つまり靖国問題はわずか16年前の1985年からなのである。
戦後政治の総決算を掲げた中曽根首相は1984年に靖国神社問題についての
諮問委員会を設置し、1985年8月15日に靖国を公人として参拝した。
その直前の8月7日に朝日新聞は、中国は靖国問題について日本の動きを
注視している、と報じた。当時の「人民日報」や新華社電を精査しても
そのような中国の動きはまったく存在していない。

人民日報はこの朝日の記事を受けて8月11日付けで、日本国内に首相の靖国
参拝に批判的な動きがあると報じた。ついに8月14日中国政府スポークスマン
は中曽根首相の靖国参拝はアジアの隣人(中国人民)の感情を傷つけると
正式な反対表明をするに至った。

かくして「無」から「有」が生じ、日中間で互いに相手国で靖国が斯様に
論じられ報じられていると木霊のような遣り取りが始まった。

638 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 00:04:23 ID:ikMpgp1d
>>631>この装飾過多な文章の、その、「我々善良な市民を」とか「赤紙一枚で戦場
>に送り」などといった装飾詞を鵜呑みにするならば、もしも「当時の国民が
>劣悪で」、「徴兵の際、その旨を対象者に伝える郵便物が2枚以上の紙で構
>成されていれば」、東條の罪は軽減されることになる。

装飾過多だとしても、「善良な市民」という言い回しは、
ただの慣用句にすぎないし、だいいち、郵便物が2枚になったからって、
東條の罪は軽くなるわきゃねえだろ。

639 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 00:17:15 ID:+E9mJ6T8
>>638

・・・それはすべて、>>619に対して言うべき。



640 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 00:21:58 ID:1a6umpmt
安国とは、建前命・賽銭命・税回避命・妄想命の自作塵社でつ。

641 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 02:19:36 ID:c68aA/2B
>>634
近代で行われてるかね??? 
こんな出来損ないの擬似宗教を拵えたのは日本だけだね。

642 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 02:25:55 ID:c68aA/2B
明治維新の歴史観は恐ろしく歪められていて、今でも改革というと「維新」と付けたがる。
薩摩長州の田舎侍たちは神道と千年以上も仲良くやってた
仏教まで破壊しようとしたアルカイダのような連中だ。
国家神道は多数あった神道の流派を無視して勝手に捏造された大嘘の似非神道。
儀式をやってるだけの宗教としての中身がろくにない擬似宗教。


643 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 02:33:54 ID:MMrpwdBj
中国や朝鮮の方々もさんざん言ってる古代歴史認識も判らなくは無いが
近代化や活性化のためには必要だったと思われる
 
西郷以前にそれ(維新)をやろうとしたのが信長じゃないかな?
 
それから、世間での矛盾の目逸らしに古代遺跡をさんざん利用して
人心を無理矢理納得させてきた統治手法も見透かされてる気がする

644 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 02:36:51 ID:+E9mJ6T8
>>642

まずこれを読んでくれ→>>531

その上で、もしキミがペリー来航時に生きていた政治家だとしたら、
千年以上続いていた神道などの国有秩序をどのように処置するかを
書いてみてくれ。

(「全部ぶっ壊す」とかつまらないギャグはなしね)



645 :644:2005/06/16(木) 02:57:39 ID:+E9mJ6T8
>>642

応答がないが・・・。


未来の人間が過去を批判するのって簡単だよね〜。



646 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 03:10:42 ID:2jeZLQmM
中国が言ってる歴史認識の問題
実はアメリカ筋が講演で話してることも多い上に、なぜか日本の
歴史研究よりもあちらの方が詳しくて洗練されてる状態っぽい
 
そして、件の明治維新の時代はもっとも研究対象として選ばれて
いる(衆目を集め易いという認識らしい)ようだ
 
というわけで、アジアはイギリスの図書館に牛耳られてるのか?
と私は神主にも言いたい


647 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 03:11:29 ID:aZ3kbdQs
ちなみに台湾での報道はこうだ!

高金素梅の行動について、台湾の団結連盟の日本支部は反対意見を公表した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同時に声明を発表して、高金素梅に言行を慎むように求めている。

高金素梅は日本の親中左翼勢力と連携し、台湾のイメージを損なうために靖国神社問題を利用している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼女はすべての原住民など代表しておらず、まして台湾人をも代表していない。

彼女を支えているのは台湾国内の一部の親中勢力だけだ。その一連の行動を見ても分るように

きわめて親中反台的だ。

本来、このような政治勢力のコマごときをいちいち相手にする気もないが、それが日本の戦没者慰霊施設を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
踏み荒らそうとするのであれば、これほどの日本への非礼はなく、台湾にとっては大きな恥である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本日まもなく日本に到着する高金素梅に対し、行動を厳重に慎むよう要求する。

648 :642:2005/06/16(木) 04:28:09 ID:c68aA/2B
>>644
きみみたいに常駐してないって(笑
それで642が自分の実存をかけて信じている>>531がまさに刷り込みの成果だな。
俺だって前はそう思ってたがね。
しかし今更こんな陳腐な論で得意がってたら小泉純一郎みたいな
とっても恥ずかしいオジサンになっちまうね。644は既に小泉純一郎みたいな
とっても恥ずかしいオジサンになってるんだけどね。
明治「維新」の別の見方は
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/bn.html
あたりでも読んで、勉強し直してみ。

649 :642:2005/06/16(木) 04:29:29 ID:c68aA/2B
>>644
きみみたいに常駐してないって(笑
それで644が自分の実存をかけて信じている>>531がまさに刷り込みの成果だな。
俺だって前はそう思ってたがね。
しかし今更こんな陳腐な論で得意がってたら小泉純一郎みたいな
とっても恥ずかしいオジサンになっちまうね。644は既に小泉純一郎みたいな
とっても恥ずかしいオジサンになってるんだけどね。
明治「維新」の別の見方は
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/bn.html
あたりでも読んで、勉強し直してみ。


650 :644:2005/06/16(木) 04:33:10 ID:+E9mJ6T8
>>649
関 曠野は維新〜近代化を揶揄してるんではないんだよ。
まさに>>531にあるような問題提起をしているよ、彼は。
さて、>>644に答えられるのかな?


651 :642:2005/06/16(木) 04:36:06 ID:c68aA/2B
そう言えば最近は民主党の菅グループが明治維新の歴史認識を問題に
するようになったのも一部の識者のネットでの啓蒙活動のおかげみたいね。
ゴキブリが出てこないようにするには、まず部屋を掃除しないといけないってことに
気づいたらしい。


652 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 04:47:01 ID:2jeZLQmM
それさえも錯覚でしか無い
歴史認識も似てる

653 :642:2005/06/16(木) 05:02:12 ID:c68aA/2B
>>650

おいおい、ほんとに2chに常駐してんのかよ。

関廣野の論だが、中国との関わりはここ
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/0212.html

それと天皇がひっぱり出される様子はここ
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/0210.html

要するに関廣野の論では日本と中国との関わりは明治維新で天皇がひっばり出されることとは
関係なく、律令時代からの長い時間スパンの話だね。>>531みたいな
260年間の鎖国を解いたあとの朝鮮との関係なんて天皇制と何の関係もないっつうの。
だいたい関も書いてるが鎖国と言っても長崎でオランダ貿易してたんで。
関の論にもあるように江戸初期から始まった水戸学が、徳川幕府の正統性を天皇からの拝位に求めて
基礎づけた結果、その学問があとで天皇制の根拠として利用されてしまったわけ。
詭弁は見苦しいから謙虚に勉強せえよ。
それとも森派の議員みたいなとてもじゃないが子供に見せられない
バカなオジちゃん、オバちゃんになりたいかね?

654 :642:2005/06/16(木) 05:03:43 ID:c68aA/2B
>>652 はあ?思考停止した老人は早く死んでね。お前らが日本を駄目にしてるんだ。

655 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 05:06:41 ID:c68aA/2B

それにしても日本の醜いジジイたち早く死なないかなあ。
今年になってからのジジイたちの醜態は目に余るものがあるんだが。

656 :644:2005/06/16(木) 05:25:01 ID:+E9mJ6T8
>>653
>関廣野の論では

じゃあ、関廣野の論で言わせてもらうけど、
大日本帝国が発足した事を関係各国に表明するために政府が発布した国書
に対して、当時の朝鮮は受け取りを拒否しました。
その理由は、日本が近代化および開国した事を非難するとともに、本来、
清の皇帝を呼称する以外に使用してはならないはずの文字、「皇」を、
日本の国書が使用していたため。

>260年間の鎖国を解いたあとの朝鮮との関係なんて天皇制と何の関係も
>ないっつうの

立派に関係してんじゃんよw


657 :656:2005/06/16(木) 05:34:04 ID:+E9mJ6T8
>>653

大日本帝国が発足した事を関係各国に表明するために政府が発布した国書
が朝鮮に受け取りを拒否された場合、キミが当時の日本政府首脳だったら
どうした?答えてみ?


658 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 06:39:56 ID:uEnSR/yG
まぁ、落ち着け。
朝飯でも食え。

659 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 08:54:28 ID:pHqFNWde
何をどう言い繕っても、為政者が戦争においてローコストで国民に最大限の犠牲的貢献をさせる
為の虚構システムだろ、靖国は。

一定の立場と目的で死ねば神になる靖国と、死後の世界への確信から死を恐れないイスラムの
テロリストと、バックボーンの考え方として何が違うんだ?

660 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 09:42:39 ID:+nn7h/zW
>>616 靖国への合祀での、今後の遺族の動きというのは・・

今後、靖国への合祀されてる遺族は、賠償請求なんぞに発展するのかな?
今の日本のメディアの動きを見ていると、何時ものパターンで
 「不当合祀は賠償の対象になる」って・・ような勢いでもあるが。
今回の台湾騒動も、気になるところでもありますな。

661 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 09:52:31 ID:+LJQ1tvu
まあ、元日本兵だった朝鮮人や台湾人の大多数遺族が毎年靖国神社に来て参拝してる事を報道しないマス塵が悪い。

662 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:07:01 ID:e6jFpmAQ
>>659
>一定の立場と目的で死ねば神になる靖国と、死後の世界への確信から死を恐れないイスラムの
>テロリストと、バックボーンの考え方として何が違うんだ?

教義のあるなし。


663 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:18:22 ID:e6jFpmAQ
議論中の関廣野って何者?

天皇という虚王を主権者、だって・・・。

とても引用する内容ではないな。


664 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:19:18 ID:+nn7h/zW
まっ俺の妄想的、感じと言うのであれば・・・

日本のメディアは、何で日本の歴史、あるいは近代史を正しくというか、普通に
海外に報道できないのかね。「常に日本の歴史は汚れてる」的で、それは汚れた
歴史があることは認めましょうが。
「日本の発言は近隣諸国の疑惑の根源である」的報道でしかないのかが、不思議。
それは不思議と、戦後一貫して変わらない?変われないのか?・・よく分らないが。

日本の歴史認識で、一番の疑惑を生み出すのは何時も、日本のメディアである。
普通に考えて、海外のメディアが日本の歴史の汚点を報道する物であると思うが
日本のメディアは、何故、一番に日本の歴史を否定したいのか・・理由が分らん。

665 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:21:40 ID:e6jFpmAQ
面白いのでもう一つ

>両国(中韓ね)が国際法(東京裁判の判決)という原則に立って発言している

666 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:27:57 ID:e6jFpmAQ
関廣野論より

>大塩平八郎の乱

拠所は天皇だったと記憶しているが。

667 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:30:45 ID:e6jFpmAQ
関廣野論より

>日本はまともな国際化ばかりか適切な都市化の機会をも失ってしまった

さぞや、当時の中韓は立派な国際都市だったのでしょうね。

668 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:32:32 ID:e6jFpmAQ
関廣野論より

>伊勢参りという”観光産業”

コメント不要

669 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 10:41:19 ID:e6jFpmAQ
>>642

>薩摩長州の田舎侍たちは神道と千年以上も仲良くやってた

面白すぎる



670 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 11:04:34 ID:DdOsO6qT
644のオジイちゃん粘着だねえ。
>>531の内容のどこが関廣野の論と関係してるのかね??
帝政日本などと言ってる時点でジイチャンの妄想。
こういう思考停止したジイチャンが2chの政治版に張り付いてるわけ。

671 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 11:10:27 ID:DdOsO6qT
ID:e6jFpmAQに注目。2chに政治版に一日張り付いている北の工作員。

672 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 11:11:13 ID:+E9mJ6T8
>>659

>何をどう言い繕っても、為政者が戦争においてローコストで国民に最大限
>の犠牲的>貢献をさせる為の虚構システムだろ、靖国は。

靖国を過大評価しすぎだよ。
別に靖国が無くても、最も犠牲者の多かった第二次大戦はあったろうし。
戦争を含めた政治も、当時の日本が、宗教国家として稼動していたとでも
言うのかい?w 
当時の日本は、単なる立憲君主国家にすぎないんだよ。

靖国が当時の日本の国体の虚構システムだというキミの思考は、妄想に偏り
すぎている。

>一定の立場と目的で死ねば神になる靖国と、死後の世界への確信から死を
>恐れな>いイスラムのテロリストと、バックボーンの考え方として何が違う
んだ?

「一定の立場と目的で死ねば神になる」という考え方と、
「死後の世界への確信から死を恐れないテロリスト」の考え方の違いだろう。


673 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 11:13:52 ID:+E9mJ6T8
>>670

とか何とか言いつつ、
>>656で指摘された矛盾に関しては、無回答だよな、おまえw


674 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 12:26:48 ID:KrgMwO8c
鎖国の時でも、朝鮮との連絡ってあったんやないの?通信使とかあったんだし。
ちなみに中国はアジアの裏切り者。アジア諸国がヨーロッパ等に占領されてるときに、尻尾振って助けてもらったんだし。

675 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 12:36:22 ID:2jeZLQmM
>>654
俺はじいさんじゃ無いんだな、これが

676 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 12:43:53 ID:+LJQ1tvu
マス塵に踊らされているバカが居るのか?w

677 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:16:26 ID:+nn7h/zW
俺の妄想的思いの・・続きでもあるが。

歴史認識、靖国問題にしても、近隣三国の歴史認識にしても事細かに、ご説明まで
つけて、例えば、「近隣三国の日本人歴史観は間違ってる」的報道は、本当は自分等
の分析で、自分等が適当に色付けして近隣三国への不信感を助長してるのも・・
やはり、日本のメディアは得意のようでもある。

本当は自分等の意見で、「自分等はこの様にしか感じてないんだぞ」と小ばかに
したような報道の本心は、日本のメディア陣の本心であると、いう事だろうね。
つまり、自分等で分析し、日本人の分らないような事細かな分析までして・・
さも?「日本人の考えはこうだ」と決め付けるような報道のあり方は、日本人の
本意での報道には、程遠い物がある。
ここでいえる事は、これだけ近隣諸国との外交妨害できる日本のメディアに鉄槌
を与える時期ではないのかな・・なんて、思いもする。
つまり、近隣三国にしろ、日本国民にしろ最大の加害者は日本のメディアであると
俺は、思うが?たぶん??俺の妄想感のとかで、感じるのかな??

678 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:16:48 ID:2jeZLQmM
ああ、イギリス相手には本当に苦労するね


679 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:23:05 ID:+E9mJ6T8
>>677

日本語の使い方があいかわらずわかってない外国人だな・・・。

この語り出し↓

>本当は自分等の意見で、「自分等はこの様にしか感じてないんだぞ」と
>小ばかにしたような報道の本心は、

・・・ここでおまえが言っている「自分等」って何だよ。
あほが。さっぱり読めねえ日本語書くんじゃねえよタコ。


680 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:28:35 ID:+nn7h/zW
>>679 おやまっ日本語を理解できない方の、お出ましのようで!

でか〜〜その、報道陣(日本のメディア陣)の、ご関係者とか??ですか?
なら理解できますが、普通はその様な反論にはなりません。
要するに報道関係者であるから、そこまで、細かにいえるんだろうね??

なんだかね〜〜日本のメディアは最低の、脳内停止組織の集団か??

681 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:31:08 ID:2jeZLQmM
>>680
ラッパーならもう少しセンスよく言えないのかね

682 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:33:55 ID:+nn7h/zW
>>679 もう一つ日本のメディアの得意とする技があること自覚的できてるか?

それは、普通では理解できる文言でも、分らない振りして食い下がれる事。
これは、「報道陣にとっては重要な事である」とか、つまり、分っていても
分らない振りして、相手を混乱させて余計な事を聞き出す事が・・得意とか?
わらえるな・・日本のメディアの脳内停止。

683 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:35:54 ID:+nn7h/zW
>>681 だからさ!・・俺は妄想狂なんだが!←そういってるだろが。

684 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:40:34 ID:2jeZLQmM
>>683
なら、おととい来やがれ

685 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:43:01 ID:+nn7h/zW
>>684 おっ・・・理解できたか! 
で、その言分は妄想狂には通じないぜ(www !!


686 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:44:28 ID:2jeZLQmM
>>685
理解できない、相手する気も無い
日本や中国に迷惑かけるな
人より筋書きを優先するな
ブリテン排斥
 
以上

687 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:47:19 ID:+nn7h/zW
>>686 残念!
もう少し面白いコメント期待してたんだが・・
妄想狂が喜ぶことを・・

よろ・・コンブ!!・・なんて、事有ったかも??

688 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:47:32 ID:xgcuVwRT
>>670 +E9mJ6T8のジイ様、

それは明治維新以降の話だね。

>>531

>それ以前は単に日本国内的だった様々な秩序体系が
>新たな意味づけを与えられ、中華思想と干渉を起こす、あるいは整合を迫ら
>れる事にもつながっていったのではないか。

これは次の関廣野の論とは全く別ものである。
ーーー
徳川慶喜の巧みなマヌーバーのせいで、討幕派の権力亡者らは正統性を
全く欠いたクーデターを強行する羽目になった。そのうえ彼等は、開国後
ひときわ活発になったこの国の世論を前に、何とかしてこの暴挙を正当化
せねばならない。そこで名分上では進退極まった彼等は、天皇は世俗を
超越した神聖な存在であり、神聖不可侵な天皇から実権を奪った過去の
幕府の行為ほど畏れ多く不埒なものはないと言い張ることになった。
そしてこの苦し紛れの妄言が、そのまま明治憲法の原則になってしまった。


689 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:53:11 ID:2jeZLQmM
>>687
黙れ黒人

690 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:53:52 ID:2jeZLQmM
大和の46インチ砲を再度構築する
海外の者は黙っておれ

691 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:56:14 ID:+nn7h/zW
>>689 それって、差別発言だーーー問題あるぞ。
ここは日本だし、自然に日本人の発言と勘違いされても、仕方ないぞ!

てか・・おまえ、何が言いたい訳だ。俺の日本メディアの批判に対して!

692 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 13:57:28 ID:2jeZLQmM
>>691
比喩なのだが、まさか本当に海外のそっち系か?あきれたもんだ

693 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:00:56 ID:+nn7h/zW
>>690 その・・<大和の46インチ砲・・って何だ!
何で「インチ」なんだよ、日本なら「何勺、何寸」が、日本の伝統だろうが。
やはり、海外かぶれってことか。
そこまで書くんなら「インチ」はいただけないな。

694 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:17:36 ID:+E9mJ6T8
>>688

おい!
まーったく、話がかみ合わん。
これ以上、関廣野氏の論を引用するのはやめろ。
関氏はいい迷惑だ。

たのむよ、よく読めよ。

>>531が、日本が近代国家化した後の事を問題にしているのに、
なんで、関氏の語る、近代化以前の内乱の話を持ち出すのかね?
おいおい、どういう頭してんのよw
関氏がじゃないよ、おまえの頭がだよ。

しかしおまえは本当に議論の出来ないやつだな。
一方的に誤解歪曲を繰り返すのみ。


695 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:20:11 ID:qFi7b2AH
>>660
>今回の台湾騒動も、気になるところでもありますな。

心配するな。あの台湾の靖国参拝については、当初朝日があおったものの、

各局がその胡散臭さに気づきはじめて報道自粛し始めた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当然、台湾当局は、「日本に対して失礼! とんでもないことするな! 台湾全体のイメージ悪化につながる!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とかんかんに怒ってるよ。

結局は靖国問題というのは、日中問題でも日韓問題でもない。日本という国家を貶めようとする
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
朝日新聞・TBSが針小棒大な報道を通じて中國様・韓国様・朝鮮様に御注進し、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そのたびに日本がぐらぐら揺れるのを楽しんでいるバカ左翼が便乗するという国内問題なのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

696 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:22:16 ID:+E9mJ6T8
ID:+nn7h/zW

しかしこいつの日本語は、凄まじいまでの、乱れだな・・・。
おそらくこいつと、面と向かって会話できる日本人はいないぞ。

(・・・ここまでの文を、ID:+nn7h/zW 風に言い直すなら ↓)

しかし・・・・日本語の乱れーーーーーーーーーー凄まじおまえ

てか・・・おまえ、いるのか会話面と向かってできる日本人


697 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:28:52 ID:2jeZLQmM
>>696
安心しろ、ああいう奴が公務員の実態だ

698 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:28:55 ID:+nn7h/zW
>>696 情けな〜〜そればっかしか、言えないんだ(www !!


699 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:31:10 ID:+E9mJ6T8
>>698

おまえ!今日本語習ってる・・・・・・駅前留学なわけはない。

どうせそれほど読んでも面白くないものは・・・・・
〜〜〜おまえの言ってるレスのことだよ!
(wwwwww!!!!!!)


700 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:31:56 ID:fBG0Gv1Z
靖国神社を無くしたら、どんな輩が困るのだろうか?

701 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:35:57 ID:+nn7h/zW
>>699 わっーーーとさかにきたようだね??

もっと、おこれ!!・・えへへーーーよく釣れるな〜〜今日は(www!!


702 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:39:11 ID:+nn7h/zW
しかし、ここには日本のメディア関係者多いのかな?
日本のメディアを日本人の俺が批判しても、
やっぱ、外国人であるとの固定概念にはあきれるね。

703 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:41:59 ID:Txum4W1x
貴様が何を言おうが、大和・武蔵の46サンチ砲が最強だ


704 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:42:18 ID:YLEPaNMn
>>700
宗教だからね。信者以外には必要ないものでも信者には必要と言うものだろう。
創価、立正佼成会、霊友会、伊勢神宮に明治神宮、清水寺、東大寺、伏見稲荷、住吉大社
がなくなっても困る人間はそんなにいないと思う。しかしなくせと言う人間は皆無だろう。

705 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:42:38 ID:+E9mJ6T8
>>702

それは!!!!
・・・・・・・・・・・日本人だというおまえの日本語の使ってる〜〜
使い方が!!!!!
日本語を使っている外国人と同じくに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なることだよ!!!wwwwwwww!!!!

706 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 14:44:24 ID:Txum4W1x
だから、ここにはモハメド・アリなど居ない
そういう事でいいだろ、足技も使うんだから

707 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:16:57 ID:rafow1FZ
>>705
よめないぞ

708 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:17:09 ID:Soo6QMLf
>>611
>仮に近親者が一致して合祀に反対していた事例であるならば、
本件訴訟においても別の結論が出ていたことは充分ありうることだと思われる。

思わない。
靖国側の宗教解釈を強制的に変更させる権利も資格も存在しないことは明白である。

明確な宗教への干渉介入行為となるからである。
一部の精神的救済の為に他者の宗教上の権利を奪うということもまた許されない。
受認するべき範囲の問題であり、日本では法が介入するべき領域ではない。

709 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:23:12 ID:+nn7h/zW
>>703 そう?良かったね、64サンチ砲。ご立派・・ムッ・・フゥ〜〜〜(www !!


710 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:26:05 ID:+nn7h/zW
妄言の続き・・だが?
仮に、近隣三国が日本のメディアに、損害賠償請求した場合、日本のメディアは
おもちゃ箱ひっくり返した・・みたいな、混乱振りになるのかな。

興味あるな〜〜

711 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:32:07 ID:4Gnme2MK
断固参拝だな

712 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:34:17 ID:EaeuX/3P
昭和天皇が体調不良に成られてからこういう混乱を生んでいる
宮内庁は何をやってんだ

713 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:49:15 ID:+E9mJ6T8
>>712

てめえが何とかしろ。
何でもかんでも官公庁のせいにすんなアホが。
この当事者意識なし太郎が。


714 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:53:05 ID:393uLCJN
宮内庁は要らないよね

715 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 15:56:43 ID:+nn7h/zW
妄言の続き・・
基本的には、日本のメディアは間接的に「日本人は・・」と言う形で、近隣三国
をばかにしてる事は、間違いない事実である訳だし。
近隣三国が、日本のメディアに対して何がしかの、違和感って物は感じている事
だろうし。妄想狂としては・・何で近隣三国は黙っているのかな??

「触らぬ神に祟り無し」って事で、汚い物には触れたくないのかね。ヤッパ!

716 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 16:12:54 ID:umusf8hZ
>>713
自分は公務員では無いし、意識はあなたよりも高い

717 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 16:26:45 ID:+LJQ1tvu
靖国参拝した外国要人&軍関係者
http://www1.odn.ne.jp/~aal99510/yasukuni/nenpyo_2.htm

718 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 16:31:16 ID:+LJQ1tvu
アメリカの軍関係者は沢山靖国参拝してる。

719 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 17:54:28 ID:+E9mJ6T8
>>715

このキチ日本語の大バカ野郎w

>日本のメディアは間接的に「日本人は・・」と言う形で、近隣三国をばかに
>してる事は、間違いない事実である訳だし。

なんだよその日本語はよwww
『日本のメディアは、間接的に「日本人は」という形で近隣諸国を馬鹿にし
 ている』
・・・おい、この文章の意味がわかるやつがいたら教えてくれ。

あと、
『してる事は、間違いない事実である訳だし。』
・・・って、なぜコイツは、「している事は間違いないし」でいいじゃねえ
かw なぜ『事』が2回も出てくる必要があるのかwww


720 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 18:06:42 ID:CkmUmml4
このところよく来ているらしいID:+E9mJ6T8さんは、いいこともよく主張していて同意する書き込みもあるんですが、
何せ人を罵倒することが多かったり、議論の仕方に癖があるもんだから、
(レス番を指定し、これに答えろ、と強要するなど)
見ていて好感を持てません。
いくら正しいことを主張していても、その態度が傲慢ならば、きっと賛同は得られにくいでしょう。
反感を買われるだけのことです。

何でわざわざこんなことを書くのかと言えば、見ていて不快だからです。
知識の豊富な人の議論は私は見ていても好きですが、そのやりとりに傲慢な性格が顕著に表われていたら、見ていて何も楽しくはないんです。

理解できますか?

721 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 18:28:02 ID:pHqFNWde
>>672
一般的な感覚と完全にずれてる。

>靖国が無くとも
ハァ?靖国の或る無しが戦争の有無に関わったなんて誰も言ってませんよ。
国体がどうとか、妄想広げ過ぎ。靖国を便利なツールとして、有効活用した、という話。


>考え方の違いだろう
違いませんよ、その行動に駆り立てる側からすれば、どういうメリットがあるかの結果論
として。

722 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 18:31:31 ID:pHqFNWde
>>703
軍艦としてはデカいだけの二流艦だけどね。

723 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 18:39:32 ID:+E9mJ6T8
>>721

じゃあちょっと聞くけども、

>靖国の或る無しが戦争の有無に関わったなんて誰も言ってませんよ。
>靖国を便利なツールとして、有効活用した、という話。

キミはこう言っている↓

@靖国は、戦争の有無無関係。
A靖国は、便利なツールとして有効活用された。

じゃあ、その「有効活用」って、何に活用されたの?www



724 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 19:45:18 ID:oea0Q6SO
>>708
>靖国側の宗教解釈を強制的に変更させる権利も資格も存在しないことは明白である。

信仰の自由と宗教的行為の自由を区別を学ぶべきだな。

>明確な宗教への干渉介入行為となるからである。
一部の精神的救済の為に他者の宗教上の権利を奪うということもまた許されない。

「不干渉介入行為」なる概念は一般の法学の世界では使われていない。いくら
独自概念をがんばって述べたところで、それが法曹等が理解しえないことである
限り、法的議論としては不毛であろう。

>受認するべき範囲の問題であり、日本では法が介入するべき領域ではない。

受"忍"するべき範囲としてなぜ適切なのか、の根拠が不明である。

725 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 19:46:15 ID:oea0Q6SO
続き:
仮に伊藤正巳裁判官の反対意見のように

「他者から自己の欲しない刺激によって心を乱されない利益、いわば心の
静穏の利益もまた、不法行為法上、被侵害利益となりうるものと認めてよい」

とする見解をとるか、そこまでいかなくても、坂上壽夫裁判官のように

「何人も、死去した近親者の追慕、慰霊等については、それが誰によって行われる
場合であっても、自己の意思に反しない宗教的方法によってのみ行われることに
より、その信仰に関する心の静謐を保持する法的利益を有する」

のような類型的に限定した立場をとるならば、それによって他者の宗教的行為の
自由が制約されるのはやむを得ず、当然、その行為は受忍限度論によっても正当化
されえないと解することになる。なぜならば、信仰の自由は、いかなる公共の利益
・個人の権利によっても制限されるべきではないが、宗教的行為の自由は、それが
外部的行為を伴う場合においては、他者に危害を加えない程度において行使される
べきは、誰もが認めるところであるからである。

問題は「いかなる行為までが受忍限度の範囲内であるのか」、換言すれば「他者へ
の危害と評価することができるのはどの程度の行為なのか」ということであり、
私見では、坂上壽夫裁判官の同意意見の方が法廷意見より説得力があると解する。
社会通念に照らして素直な解釈であるといえるし、伊藤裁判官の反対意見がいう
「心の静穏の利益」よりは射程が狭く、つまり被侵害利益の類型として具体的・
明確であり、よってこれを認めても、他者の宗教的行為の自由とのバランスが
とれていると評価するからである。

いずれにしろ、受忍限度の問題は、実体的な価値判断の問題が深く関わっており、
君と俺とではそれがかなりの程度差異があることは否めなく、その差を埋め合わ
せるほどの説得力は君の意見には期待すべくもなく、仮にこれ以上議論しても
互いに得ることは少ないであろう、とはいっておく。

726 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 20:01:58 ID:CkmUmml4
>>612 オイチャンへ
日本人の霊魂観に対する考え…
以下、私の思ったことをまとめました。的外れでお目汚しかもしれませんが。

ご先祖様の供養を考える時、やっぱり仏教だと思います。
お墓にお線香あげるとか、お仏壇の鈴を鳴らすとか、ご先祖様は、仏様になった、と思うのが、一般的な宗教観ですよね。
お彼岸、というのも、仏事ですね。何回忌、というのも、あれもやっぱり仏教ですもんね。

神様は、特別の人。祖先とは別の。
願掛けをしたり、祈祷したり。
その土地その土地の神様をみんな大事にして、身近な神様で、そして神様にかこつけて(?)お祭り騒ぎもして楽しんじゃう。
日本人にとって割と身近な親近感のある存在みたいな気がしますね、神様って。
外国のゴッドとは、大分訳が違うのだとどこかで見ましたよ。ただその割には、日本の神話の神様は、少しゴッドめいてますけど。国を創ったり。
水戸学で、そのように創造されたのでしょうか(とこれは私の想像ですが)。
大体にして、日本の神話は大衆にあんまり結び付いてない気がしますがどうでしょうか。

やっぱり日本人の宗教観は神仏習合ですね。
意味を考えることもなくお正月に三社参りして、なんだかわかんないけど、お葬式ではお念仏を唱える。
亡くなった人のことは、普通は神様になったと思わないで、あの世から子孫を見守っている存在。
あの世、って神様のいるところじゃないですよね。
やっぱり神様は特別な存在ですよね。

神道も仏教も、両方とも日本人の宗教観から外せないものだと思います。

霊魂感は、うーんと、その両方にある気がします。
神様がこうしてくれたのかな…?とか、神様の霊魂を思うことも、日々の生活の中にあります。

727 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 20:07:49 ID:CkmUmml4
次に靖国神社に関して。
靖国神社は、戦死した人はそこに厳かに祀られて、後世人々に称えられるのだ、というのが、戦前の日本の国家神道であって、国策であって、
だから、戦争に靖国神社は利用されていたと思う。

でも、そこに戦死した人々の魂がきっと集まっている、と思う気持ちも、それも当然の心のように思います。
戦死した人々全員とは言わないまでも、靖国に祀られることを心の支えにして亡くなっていった方も多いのだろうし、遺族もそういう気持ちがあるのだと思います。
鎮魂を考えた時に、靖国神社という存在は、欠かせないのかもしれない。

そういう感じで、私は靖国神社も護国神社も、無くしてしまえ、とは思わないでいます。
ただ、過去を見つめて欲しい。何が間違っていたかを。
そして、現実も見つめて欲しい。どうすべきかを。
と、こんな風に思います。

ましてや、政治利用することがあれば、それは断じて許しておけないです。
でも、利害関係、利益の問題で動いている人たちというのは、排除しようにも排除しきれるものではないでしょう。きっと何事にも。
それも人間の業ですね。(業ってのは仏教の言葉みたいですね)


神道も仏教も、現代人との融合で存在しているというか。欠かせないから存在するというか。
靖国神社も護国神社もそうなのだろうと。

一回だけ、祖父の命日に護国神社の法要?に母と出席したんですけど、戦死した祖父のことを思い巡らしたら、涙が止まらなかったです。どんな思いで戦死したのだろうと。死にたくはなかっただろうにと。苦しかっただろうにと。

でも、鎮魂って、神社よりもお寺の方が落ち着くかなぁ…とも私は思いますけどね。でも、あれはあれで。

以上でした。

728 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 20:19:20 ID:CkmUmml4
続いていてすみませんがあともう一つ。

戦死した祖父を思う気持ちもあるけれど、それでも私は慰安婦の問題などから目を背ける気はありません。
目を背けたくなるけれど、背かない強さを持っていたい。
戦死せずに済んだ人々にはきっとそれは、私などの想像に及ばない苦痛があるかもしれないけれど。

でも、英霊といって崇め奉る人々にも、こういう強さは必要不可欠と私は思います。
都合の悪いことに目を背けては、本当の良い結果は得られないはずです。

729 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 20:43:50 ID:CkmUmml4
また書いてごめんなさいねー!!

靖国神社の祭神、って、当たり前だけど神様の存在なのですね。
そうすると。神様を裁くとは何事だ、ということに、なると思うんです。
神様は偉い、神様は絶対なのだと思うんです。
神様ってそんな存在ですね。

そうすると。靖国神社に過去を見つめて欲しい、何が間違っていたかを考えて欲しい、
そういう主張をしても、そんな主張は通らないのかもしれない。
現実を見つめろ、と言っても無理なのかもしれない。

そこに、限界を感じてしまいました。神道というか、宗教観に対して…かな。
宗教から切り離さなければ、過去も現実も、見つめられないですね。

てなとこで、本日の主張はお終い!
議論の続きをしたい方はドーゾ。

730 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 21:02:52 ID:pHqFNWde
>>723
>何に活用されたの?
wwwは何を笑ってるのか分からない。>>721に至る前々レスを理解出来ない、
文章読解力の低い、自分の頭の悪さを笑ってるのか?


731 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 21:20:21 ID:+E9mJ6T8
>>730
>何を笑ってるのか分からない

議論において、相手が笑おうが笑うまいが、当人の勝手なんだよw

もしかして「何に活用されたか」を率直に答えることから逃げているの
かな?

732 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 21:37:36 ID:CkmUmml4
私が割り込んでうざいかもしれませんが、

D:pHqFNWdeさんは、
靖国神社が在ろうが無かろうが戦争はあったが、
靖国神社は戦争に利用された、活用された。

そう主張してるんでしょ?
このことが理解できませんか?
別にID:+E9mJ6T8さんを目の敵にしてる訳じゃないですが、見ていてそう思ったので。

733 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 21:48:19 ID:k6NBy5OQ
>>694 +E9mJ6T8のジイ様、
一日張り付いてますねえ〜。
明治維新前の話に明治維新の後の話を持ってこられて辟易してるのは、こちら。
関廣野に限らず、世界史的文脈で明治維新を位置づけないと似たような内容無実の
「維新の士」たちが後を立たない。勝手に自爆してるならいいが、くだらないことに
巻き込まれるのは迷惑である。
山谷えり子みたいに大学の国文科を出て一見共同体主義者だが中身は
国家主義者になっている可哀想な犠牲者のオバサンを見るに付け、
この病気の重さと馬鹿馬鹿しさに複雑な気分になるが。。。
ちなみに+E9mJ6T8は神経症の典型なので近くの精神科に行って薬をもらうべきだね。

734 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/16(木) 22:07:39 ID:CkmUmml4
今日、>>720で「ID:+E9mJ6T8さんは、いいこともよく主張していて同意する書き込みもある」ということを私は書きましたが、
その一つは例えばしいばさんに対するレスの>>465だったりします。
もし違っていて私の思い違いだったら謝りますが。
しいばさんの靖国と儒教の関わりの話に私はまだ飲み込めないものがあって、それは私の関心が儒教に向かわないこともあるんですけど、
>>465の書き込みを見て同意していた部分があります。
しいばさん、ここで名前を挙げてしまってすみません。

他にも、ID:+E9mJ6T8さんだと思われる人の書き込みに同意してることもありますが、
とかく喧嘩をふっかけるようなやりとりは、できるだけ慎んだ方が良いのではないかと。
それはふっかけられた方も言えますけどね。

意見してすみませんね。
私も行儀悪い時もあるんですけど、今見ている限り、折角のいい意見のやりとりが、勿体無いんですよ。

735 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 22:24:31 ID:+E9mJ6T8
>>733

じゃあ、しょうがないねえ。
最初におれがした質問>>644にそろそろ答えてもらおうか?w


もしキミがペリー来航時に生きていた政治家だとしたら、
千年以上続いていた神道などの国有秩序をどのように処置するかを
書いてみてくれ。


736 :735:2005/06/16(木) 22:25:19 ID:+E9mJ6T8
>>733

関氏の論文から引用するのはやめろよ?

持論をたのみます。


737 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 22:31:41 ID:yzz3TJSq
>>618 オイチャンへ、それを霊魂感というのかどうか、その辺が微妙ですが、私にとって神道と結び
つく感じはあまりしないのです。> しいばはん。遅なってごめん。
 わては分からんでもない。世代の差かのう。かつて日本人は死者がそんなに遠ない所に居ると考えて
おった。お盆の行事もそうや。先祖が帰ってきて子孫がもてなし、又、あの世へ送り返す。だあれもそ
の教理を言うもんは居らん。僧侶だけやろけど、そんなもんだあれも性根いれて聴いてない。ほいやけ
ど、知らんまに形から入って心にとどまっておる。
 『神社神道神学入門(神社本庁)』には「『みたま』はこの世に再生し、復活するのに、子孫と社会
の同胞とを必要とする。」「神道の死者は・・・再びこの世に戻って来て、子孫や隣人に幸福の応援を
与えようとしている。」と書いてある。つまり、死者儀礼と現世利益を説く。あの電車事故で亡くなら
はった人のご家族は、慰霊祭が済んだ時に言わはった言葉「愛する娘の魂がやっと家に帰れるように思
いました。」に、わては注目した。共通点がある。神道でも仏教でも死者は祀ってくれる人を必要とす
る。死者儀礼を通して死者の魂は浄化されやがて神や仏になる。
 わてはこの掲示板で靖国神社に参拝に行く若いもんに神道の教理を知っているか尋ねたかった。ほい
やけど知らんでもええことが分かった。
 神社と記念碑はその新たな教化のための宗教的な施設としての意味を持ちはじめた。国家と地域を生
み出してきた先祖を顕彰し、敬礼を繰り返して行く中で、言葉ではない無言の作法を通して日本人とし
て持つべき規範が獲得されて行ったのである。―「明治維新と宗教」二十頁
 つまり教化するんに教理を言う必要がないんや。
Tekkoはん、貴重なご意見おおきに。コピペして、なんべんも読み返させていただき勉強いたします。。

738 :名無しさん@3周年:2005/06/16(木) 22:35:34 ID:f9u1iTp5
age

739 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/17(金) 01:27:11 ID:ZxdX5ElY
こっそりとsage(注:Eメール欄にsageと入れて書き込みするとスレッドが上がらないことです、ねんのため)で書いておきますけど、
>>737 オイチャン
霊魂感の話にちゃんとなっていたんだかどうかも解りません、勝手に宗教観の話をベラベラしただけかもしれません、
思いつくままにつらつら書いてしまっているので、適当にしといてくださいな。
間違った認識を見つけたら駄目出ししてください。

740 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/17(金) 02:21:43 ID:jVe72CMK
オイチャン、日本の葬儀という観点から調べたら、面白いものを見つけました。
神葬祭は儒教儀礼である「文公家礼」というものをもとに、江戸期になってから
組み立てられた慣習のように思えます。

儒教の葬送儀礼
http://www.osoushiki-plaza.com/anoyo/shukyo/jukyo.html
日本では仏教の影響が強く、儒教葬は殆ど行なわれなかった。しかし朱子学が
奨励された江戸時代には、朱子の儒教儀礼を集大成した「文公家礼」に基づいて、
水戸光圀が儒教葬を奨励したという歴史がある。

神葬祭について
http://www.sugiyamajinja.or.jp/sinsou.htm
神道における葬儀形態「神葬祭」が明らかになったのは江戸時代の中頃、
国学者・儒学者たちの研究によるものです。ところが徳川幕府の宗教政策
により、水戸光圀(黄門様)でさえ神葬祭を望んだにもかかわらず実現に
至りませんでした。

それと、招魂という単語をGoogleで検索すると、ほとんどが中国語のサイトです。
招魂社の招魂は、儒教の言葉のように思えますね。



741 :あれだ:2005/06/17(金) 02:32:35 ID:XYkWwWkP
>>688
世論というよりも、各藩だろ。
統一の理念として天皇への忠義を利用したわけだろ。
だから忠魂なんて肥大化させた。各藩の藩主を中抜きして一兵卒と天皇を直結
したわけだろ。そこに神道をもってきたわけだ。忠義神道なww
いままでは征夷大将軍制で天皇の勅命だったからそれで済んだ。
その代替手段の即席だが、失敗と言べきだろうな。

先ず藩閥は大戦中まで残った。また、統帥権なんて恐らく征夷大将軍は天皇の勅命と言う
意識から脱却できない典型だろ。忠義も天皇中心の朝廷や庶民より武士の意識により強いものだな。

結局武士社会から脱却しようとしてできなかったわけだ。
なら素直に幕府や武士階級残せばよかったろうな。
くだらん欧州式階級はつくるわけだがなwwアホか?
さて「政府」と「幕府」はどちらが長く続くか?


742 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 02:51:52 ID:XYkWwWkP
「革命を成し遂げたと思った者は、それが本来あるべきものと如何に違うかを見るであろう」
                        〜F・エンゲルス〜

明治維新は所詮は下級武士並の改革でしかなかったと思うよ。
帝王学も学んでいない武士なんぞに長く安定する政権なんぞ不可能と言うことだろうな。
所謂維新の三傑と言われている人間も斉彬公には劣るとも優らない人物でしかなかったと言う
意見もあるな。グランドデザインは彼が書いていたらしい。
日本の不幸はそれ以後の人間が更に劣るとも優らなかったと言うことかな。

四民平等のなれの果てかな。明治維新はどうも共和政治の匂いがして頂けない。
戦後平等大好き左翼がはびこるのも偶然ではないと思うね。


743 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/17(金) 02:55:13 ID:jVe72CMK
オイチャン、

士農工商という言葉も、明代の朱子学用語みたいです。

明治になって、みんな平民になったわけですが、戦死した兵士だけを
国が祀ることで特別階級を作ったという見方は成り立たないでしょうか?

生きている人を、兵士だからと特別階級として扱ってしまっては、
たとえば選挙という制度自体がなりたたなくなる。

だから、戦死した兵士だけを靖国に祀ることで、法的には特別視
できない軍人を、社会の最上層に位置づけるという考え方が出て
きたのではないかとも思います。

法的には根拠の無いものであっても、法外で政府が戦死された軍人に
対してのみならず、現役の軍人にも特殊な身分を与えるために
靖国があったという見方は無理がありますかね?









744 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 03:50:36 ID:a5eVypMx
>>735
神経症の+E9mJ6T8のジイさま、
じゃあ、しょうがないねえ。
最初に神経症の+E9mJ6T8のジイさまがした質問>>644にそろそろ自答してもらいましょうか、

もし神経症の+E9mJ6T8のジイさま、がペリー来航時に生きていた政治家だとしたら、
国有秩序をどのように処置するかを書いてみてくれ。
ただし「千年以上続いていた神道」といった「単なる思い込み」あるいは
「明治クーデターのプロパガンダ」を使うのは神経症の+E9mJ6T8のジイさまの
知能の水準がばれるのでやめるように。
もし「千年以上続いていた宗教的秩序」といった表現を使う場合は神道と仏教が
それぞれどのように寄与したか、それらがどのように混合したか具体例を
あげて詳しく論じるように。
では2chの政治版に張り付いて粘液を出し続ける羽虫=+E9mJ6T8さん、どーぞ。



745 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 03:53:37 ID:a5eVypMx
>>735
神経症の+E9mJ6T8のジイさま、
じゃあ、しょうがないねえ。
最初に神経症の+E9mJ6T8のジイさまがした質問>>644にそろそろ自答してもらいましょうか、

もし神経症の+E9mJ6T8のジイさま、がペリー来航時に生きていた政治家だとしたら、
国有秩序をどのように処置するかを書いてみてくれ。
ただし「千年以上続いていた神道による秩序」といった「単なる思い込み」あるいは
「明治クーデターのプロパガンダ」を使うのは神経症の+E9mJ6T8のジイさまの
知能の水準がばれるのでやめるように。
もし「千年以上続いていた宗教的秩序」といった表現を使う場合は神道と仏教が
それぞれどのように寄与したか、それらがどのように混合したか具体例を
あげて詳しく論じるように。
では2chの政治版に張り付いて粘液を出し続ける羽虫=+E9mJ6T8さん、どーぞ。


746 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 03:54:47 ID:Uvzzg/Ep
全ての歴史が、脳波探知を隠す為の自作自演の記録で有る可能性はある
ユダヤやキリストとはそういうものだ

747 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 04:00:37 ID:Uvzzg/Ep
西郷隆盛は付き合わなくても良い人間らに付き合わされた
彼を英雄にする向きは強い、その悲劇性が故に
しかし、裏にあるのはキリスト教などに利用された血を血で
あがなう人間達の狂気でしか無い、おいはぎのような

748 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 04:07:21 ID:a5eVypMx
>>735
神経症の+E9mJ6T8のジイさま、
じゃあ、しょうがないねえ。
最初に神経症の+E9mJ6T8のジイさまがした質問>>644にそろそろ自答してもらいましょうか、

もし神経症の+E9mJ6T8のジイさま、がペリー来航時に生きていた政治家だとしたら、
国有秩序をどのように処置するかを書いてみてくれ。
ただし「千年以上続いていた神道による秩序」といった「単なる思い込み」あるいは
「明治クーデターのプロパガンダ」を使うのは神経症の+E9mJ6T8のジイさまの
知能の水準がばれるのでやめるように。
もし「千年以上続いていた宗教的秩序」といった表現を使う場合は神道と仏教、
それと儒教がそれぞれどのように寄与してきたか、それらがどのように
混合したか具体例をあげて詳しく論じるように。
「自分の説」とか言う「思い込み」を声高に主張してもバカがばれるだけなので
ちゃんと根拠をあげて論理を使って論証するように。
では2chの政治版に張り付いて粘液を出し続ける羽虫=+E9mJ6T8さん、どーぞ。

749 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 04:19:07 ID:a5eVypMx
たとえば:
----
大和朝廷を作った渡来人たちは、古えからあった葦原の国、出雲を征服し、
その神話を自分たちのために利用して古事記を編纂させた。そこで神武天皇
以降の10代ほどの天皇の系譜に具体的記述が全くないのは、大和朝廷の
人為的捜査の証拠である。渡来人たちの長が故国中国の帝政を真似てでっちあげたのが
大和朝廷である。自らの正統性を捏造し押し付けるために出雲の神話を適当に
利用した。彼らは日本古来の穏和で寛容な文化を破壊して中華思想を日本に強引に当てはめた。
------
これも国家神道が作った「神話」と同様に「神話」だが、歴史学的にはこれのほうが
確かだとする学者もいる。

750 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 06:05:19 ID:dvEe0H9E
話は全く違うが、いまハリウッドは求心力が落ちてるので
もともとのブロードウェイに戻りつつあるらしい
世界恐慌の前後に、ブロードウェイの興行主が焼け出されてハリウッドで
映写機やってただけなんだそうな
 
もし出雲がなんだかんだで残ってて、神道のよりどころになってたら
結局はそういうことだよね


751 :石原慎次郎 ◆SLsmgpXgb. :2005/06/17(金) 07:38:37 ID:WKQ2oOTW
>>741-742
ID:XYkWwWkP氏

見事な分析だと思います、その論に共感しますな。


752 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 08:53:17 ID:FgvfVS9e
>>749
本人がその神話を楽しんでいるなら他人が干渉するのは大きなお世話だと思うが。

クリスマスを楽しむように天皇や英霊を大切にして何が悪い?
坊主の家でもプレゼントを子供は待っている、仏教徒のくせにと嫌がらせする馬鹿はいないだろうが、
靖国では馬鹿が集まるのは中国のせいなのか?

753 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 09:01:00 ID:d2M2C+PU
【フジサンケイ】産経が秋篠宮発言を捏造【ヨイショ?】

【秋篠宮殿下のお言葉】(産経新聞4月15日付1面より)(捏造記事)

 本日、第14回地球環境大賞の授賞式にあたり、今年も、皆さまとお会
いすることができ、大変うれしく思います。また今年から、フジサンケイ
グループが一体となってこの顕彰制度を主催することになり、「環境」と
「経済」が両立する持続可能な社会の実現に向けて、ますますその役割
を深めていくことを希望します。
  ↓ 
【秋篠宮殿下のお言葉】(産経新聞4月16日付2面より)(修正後)

 本日、「第14回地球環境大賞」の贈賞式にあたり、今年もまた皆さま
とお会いすることができ、大変うれしく思います。

http://www.janjan.jp/media/0504/0504206077/1.php

産経は修正に際し
「謹んでおわびし、全文を取り消します。あらためて全文を掲載します。」
と記しているが、今回の件は明らかに捏造であり、
皇室という権威を悪用したがる似非保守新聞の志向が顕になったと言えよう。

『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』の日本語版出版趙英男氏

「発言の内容が歪曲された」と産経新聞を批判

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/25/20050425000021.html


754 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 09:33:33 ID:WAPn7XgL
>>744,>>745,>>478 同じモン3本もコピベすんな。邪魔!!

755 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 10:30:23 ID:pNCpKeZo
みんな、日本語がおかしい輩(何人かいるが)はスルーしような・・・。


756 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 10:45:44 ID:qt+sUd3M
>>743
そんなややこしい解釈しなくとも、殉職者的な位置付けで十分。

757 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 10:50:00 ID:0z20CFgw

反日デモ 「問題存在せず」 中国、被害への謝罪拒否

 【北京16日井上裕之】中国外務省の劉建超・副報道局長は十六日の記者会見で、
今春の反日デモ被害への謝罪について「その問題は存在せず、解決済みだ」と述べ、
日本側の要求を拒否する立場を明確にした。賠償に関しては「国際慣例に基づき責任
ある態度で処理する」と語り、日本側と協議を進めていることを明らかにした。

 一連のデモで中国側は北京の日本大使館が被害を受けた直後に遺憾の意を表明したが、
その後一転。「デモは歴史問題に対する市民の自発的行為であり、責任は日本側にある」
としてきた。

 日本側は賠償と併せ謝罪を求める立場を崩していないが、中国側は小泉純一郎首相の
靖国神社参拝をめぐる日中対立の先鋭化を踏まえ、謝罪にはあくまで応じない方針を
明示したとみられる。
(西日本新聞) - 6月17日2時15分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050617-00000014-nnp-kyu

758 :735:2005/06/17(金) 12:03:39 ID:hqNjRXku
>>744
>質問>>644にそろそろ自答してもらいましょうか

はあ!?!?
自答???
おい、屁タレすぎなんだよ。

質 問 し て る の は お れ な だ よ w w w

答 え る の は お ま え な ん だ よ w w w

・・・てめえが答えられないから質問者のおれに答えろだと・・・
屁タレすぎる・・・

おい、屁タレのID:a5eVypMxよ、あのな、過去の歴史を批判するのは、カス
でも出来るんだよ。
おめえは、過去を批判してご満悦になってるけども、じゃあ、自分がその
歴史の当事者だったらどうするんだよって聞いてるの。
何も難しい問題じゃねえーだろ?さあ、答えろよ?

しかもおめえの批判文ってのも、持論じゃなく、特定の歴史家の論文を転写
してるのみ。カスだろこりゃ。
ID:a5eVypMxは、日本の歴史によっぽど文句があるらしいねえ〜。
しかし屁タレの文句ばかり、しかも同文コピペ3連続したところで、他人が
読んでも何の足しにもならないのよw

さあ答えてみろ?>>644

759 :ura2 218.45.238.209:2005/06/17(金) 12:09:25 ID:H8Ak6qcZ
sakuratanmoe

760 :さいころちゃん:2005/06/17(金) 12:29:52 ID:6nCukdRV
批判は大事だよ

761 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 12:54:52 ID:S4H+ZHfb
疋 ケ 被
夫 ツ 害
が ま 国
人 く に
の る 詫
上 ・ び
に ・ な
立 先 が
つ 週 ら
国 中 ・
  山 ・
  文 最
  科 近
  大 で
  臣 は
    小
    泉
    首
    相
    が
    イ
    ン
    ド
    ネ
    シ
    ア
    で

762 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 16:01:33 ID:ptaPyOy8
>>758
>質問>>644にそろそろ自答してもらいましょうか

はあ!?!?
自答???
おい、屁タレすぎなんだよ。

質 問 し て る の は お ま え な ん だ よ w w w

答 え る の も お ま え な ん だ よ w w w

・・・てめえが答えられないからひとに答えろだと・・・
屁タレすぎる・・・

おい、2chの政治版で粘液を垂れ流すID:hqNjRXkuのジイ様よ、
あのな、過去の歴史を「思い込み」してるのもいいが、ID:hqNjRXkuのジイ様 は自分で作った質問にも答えられねえっつうことかよ?
もしかして脳梗塞なのか?
ID:hqNjRXkuのジイ様は、2chの政治版で粘液を垂れ流してご満悦になってるけども、
じゃあ、自分がその歴史の当事者だったらどうするんだよって聞いてるの。
何も難しい問題じゃねえーだろ?さあ、自答しろよ?

しかもおめえの「思い込み」ってのも、根拠も何もないバカ特有の持論のみ。
歴史学の本も読んでない。カスだろこりゃ。
ID:hqNjRXkuのジイ様は、日本の歴史によっぽど「思い入れ」があるらしいねえ〜。
しかし屁タレの「思い込み」ばかり、読んでも「思い込み」ばかりで何の足しにもならないのよw
「 思 い 込 み 」ID:hqNjRXkuのジイ様は玉音放送を聞いてなかった。。。
「 思 い 込 み 」ID:hqNjRXkuのジイ様は裕仁を憎んでいた。。
さあ「 思 い 込 み 」で自答してみろ? ID:hqNjRXkuのジイ様>>644


763 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 16:14:58 ID:WTOQUpsW
人権擁護法反対大集会in日比谷公会堂
【日時】6月 19日 日曜日
【場所】東京都 東京都千代田区日比谷公園 1-3 日比谷公会堂にて
【時間】12:30〜16:00  
【アクセス】http://www.tokyo-park.or.jp/hibiya/
http://www.mapfan.com/addreference.cgi?PA=iPcFLJaJKLdNOPQSgTU08_D9Mf2CJ

参考大規模OFFスレ  http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1118343157/

いよいよ最終決戦の幕開けだ!!
勇者達よ!
6月19日 日曜日 日比谷公会堂に集え!!
「真の人権擁護を考える懇談会」の平沼赳夫会長が出席されます(拉致議連会長)。

☆詳細はこちら☆
http://blog.goo.ne.jp/jinken110

人権擁護法案?ハァ?って人は、↓
アニメーション(FLASH)http://homepage2.nifty.com/save_our_rights/jinken001.swf 
サルでも分かる?人権擁護法案 http://blog.livedoor.jp/monster_00/

人が集まらないと可決するそうです(議員が言ってた)・・・皆来てくれ・・・・

764 :735:2005/06/17(金) 17:12:59 ID:hqNjRXku
>>762

自壊したか・・・。

わかるだろ?
過去の歴史を見るのでも、確かに批判的にみるのは簡単なんだよ。
ただ、それで自分なりの歴史観が出来たと思ったら大間違い。
しかも特定の歴史家に洗脳されてるだけの、おまえのようなチョンじゃ、
どうしようもないのよ。
自分なりの解釈が出来てないと、単なるボヤキになるだけよ。


765 :735:2005/06/17(金) 17:21:17 ID:hqNjRXku
>>762

おまえの思考は、誰かが言った事を鵜呑みにするだけで形作ってきた歴史観
でしかないから、持論を要求された時に何も答えられなくなる。
2chに粘着してるのがどうのこうのと言っている割には、単なる煽りレス
を繰り返す状況におちいったおめえ自身、2chのトリコじゃん・・・w
構築的な話をしたいんじゃないの?
せっかくおれが問題提示>>644してるのに、そこまで無回答に固執しつつ
粘着レスを繰り返すおめえの心理がわからんw
さあ!関ひろのとかの論は関のサイトを読めばわかるからいちいちおまえが
それをコピペする必要はない。
さあ!答えるんだ!>>644 の質問に!www


766 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 17:42:44 ID:FgvfVS9e
>>765
別に762の味方をするつもりはないが、>>644の設問は不適切な愚問だ。
もっと答えやすい設問にすべきだ。
回答欄がでかすぎる設問は、ここで出すにはふさわしくない。

正解が百文字以内に収まるくらいの設問にすべきだね。


767 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 18:54:53 ID:ptaPyOy8
>>765
ID:hqNjRXkuのジイ様、>>766が言うように>>644は愚問だ。さらに言えば神経症特有の質問。
あなたがどこかにいたとして何をしていたか?なんてのは、
ID:hqNjRXkuのジイ様が戦中に憲兵をしていたときに
「特攻したやつの立場になって考えろ!!」≒「お前も特攻できるよね?」
って質問して何人も殺した時とおんなじ。
60年経ってもおんなじビョーキが直らないっつうのは、困ったもんだ。
興味本位で聞くが、昭和20年当時にあなたが憲兵をやっていて
何人くらい殺していたか答えてみ??
ID:hqNjRXkuのジイ様だと終戦直後もレイプ・強奪・窃盗・殺人ありと
あらゆる犯罪に手を染めてたよね?
いまの若いひとはいい加減あんたらの過去の所業を知り始めてるんだ。
アメリカの朝鮮戦争とベトナム戦争に協力して大量の死体のうえに
あぶくゼニを拵えたこともよーく知っている。
なにしろ「信念」じゃなくて「事実」が問題なのであるからして、わざわざ
多くの時間を割いて古文書や遺跡を調べて「事 実」を求めている人間が
いるというのに、
それを無視して「 思 い 込 み 」をネットで流布すような無責任な
真似はID:hqNjRXkuのジイ様のような墜落していく人間がする悪行である。
「歴史解釈」の「恣意性」なんて話はID:hqNjRXkuのジイ様みたいな
「 思 い 込 み し て 空 想 し て る だ け の 典 型 的 神 経 症 患 者 」
が自分の「 思 い 込 み 」で自慰するためジイ様の自慰用具にすぎない。




768 :735:2005/06/17(金) 19:26:50 ID:hqNjRXku
>>767

ほんっとに、おめえは「自分の意見」ってものがねえのかよ?
ロボットかいおめえは?

>766が言うように>>644は愚問だ。

さっそく他人の意見を流用して、まるで持論であるかのようにすりかえるの
は、いい加減やめれ?w
ほんっと、ここまで「自分の考え」ってものを持ってないにも関わらず、無
駄なだけの長文レスできるエネルギーはどこから出てくるんだろうか?

簡単な話よ。おまえが答えればいいの。
>>644の質問に。

問題なのは、ただ単に質問しただけなのに、なぜおまえがそこまで煮えたぎ
るように怒ってるのかなんだよ。そのネットへの感情はどこからくるのか。

ようするに、プロの歴史家の意見を自分の意見にすり替えているがために、
持論の具体的飛躍という発想が欠如している事を、おれに指摘されたから
じゃないんだろうか?
歴史を考える上で、その人間が当事者的立場を欠いた場合、どんな罵詈雑
言を飛ばしても無力なんだよ。
まあ、それについてのキミの本性は、>>644の質問に答えれられるかられない
かでわかる、ただそれだけの事w

769 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 19:28:35 ID:dSCsm38k
どっちもしつけぇなぁ。

それとな、人にとやかく言う前に我がフリ直せよ、>>765

はたから見たら、似たようなもんだぞ、あんたら。

770 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 19:51:09 ID:8h3CIU1c
ttp://www.strategypage.com//fyeo/howtomakewar/default.asp?target=HTINTEL.HTM
INTELLIGENCE OPERATIONS: North Korean Spies in Japan

ストラテジー・ページ:日本国内で活躍する北朝鮮のスパイ

Using a false name (Sakamoto), the Japanese man actually did nothing illegal. Japanese
law does not prohibit it’s citizens from doing intelligence collection for a foreign
nation. And Japan has tolerated some questionable North Korean fund raising and
intelligence operations because of the large Korean population in Japan.

日本にはスパイ防止法が無く、在日朝鮮人の強力なコミニティも有り、北朝鮮の違法なスパイ行為が
殆どやり放題になっている、とあきれたように書いていて、日本のスパイ天国振りを紹介する記事。

日本が「普通の国」を目指すならば、やはりこれは対処すべき課題で、外国(テロ国家)の諜報活動を
違法としないようでは、法治国家の日本はどうやってテロに対処するつもりか、といわれるのだと思う。
政治家や官僚の、この問題での頭の切り替えが必要な時期に来ているような。

771 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 20:01:39 ID:+Hh9CzH6 ?#
>>769
仕方が無いんだよ。
スレをリファーやトラックバックをさせないために無意味なレスで
埋めているだけだから。

772 :735:2005/06/17(金) 21:32:43 ID:hqNjRXku
遊ばせてもらってます。
どうも、最近靖国問題などで歴史認識の話題が盛り上がってるわりには、
これといった面白い発想が出てこない。
どんな素人論者も、どこかに、”敵”を見つけ出して、それを攻め立てる
事だけで理論構築をするのみ。
ああ一度言うてみたかったw

773 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 21:48:24 ID:5euOwt4L
小泉首相が靖国に替わるもの無しの意見に1票

774 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 21:49:48 ID:b3zqvr3o
>>768 >>772
ID:hqNjRXkuのジイ様
ほんっとに、おめえは「思い込み」ってものしかねえのかよ?
同じこと繰り返してロボットかいおめえは?

>766が言うように>>644は愚問だ。

さっそく「思い込み」に居直ってまるで「事実」であるかのようにすりかえるの
は、いい加減やめれ?www
ほんっと、ここまで「思い込み」ってものしか持ってないにも関わらず、無
駄なだけの長文レスして一日中このスレで粘液を出し続けるオヤジ・エネルギーはどこから出てくるんだろうか?

簡単な話よ。おまえが自答すればいいの。>>644の質問に。

問題なのは、ただ単に質問しただけなのに、なぜおまえがそこまで煮えたぎ
るように怒ってるのかなんだよ。そのネットへの感情はどこからくるのか??
神経症だよねえ、このひと。

ようするに、アカデミックな検証を経つつある歴史家の意見を無視して
自分の意見しか持っていないために、持論が穴だらけという事を、
おれに指摘されたからじゃないんだろうか?
歴史を考える上で、その人間が客観的立場を欠いて「 思 い 込 み 」場合、
どんな罵詈雑言を飛ばしても無力なんだよ。
まあ、それについての ID:hqNjRXkuの本性は、>>644の質問に答えれられるかられない
かでわかる、ただそれだけの事w
典型的な電波オヤジの相手は簡単だあwww。

775 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 22:00:26 ID:FgvfVS9e
>>644
横からだが、もういい加減「正解」を教えてくれよ。
相手は答える気がないらしいから、正しい解答を我々にも教えてくれ。

776 :735:2005/06/17(金) 22:09:48 ID:hqNjRXku
>>774

キミは結局、理論のための理論におちいっている。

このスレでもいろいろな意見があるけれども、どのレスにも、ひとつの傾向
があって、まず歴史認識において、過去なり、お隣さんなりのどこかに自分
の”敵”を見出し、それを攻撃する事によって理論を構築し、充足している。

その”敵”が、ある人は大日本帝国であったり過去だったり、ある人は現行
の中国だったり、あるいは自分(自虐)だったりするわけだね。

しかし実はそこには落とし穴があって、対象の”敵”が存在し続ける限り、
本質的に主張が昇華される事がない。
これによって、歴史認識の本来歴史認識たる目的を見失う。
特にその論が否定されたと感じた場合は、その人間はとてつもなく凶暴に
なる、キミのようにね。
それはなぜかというと、理論の中に安住してしまっているためで、その人間
は無自覚のうちにそこに拘束され続ける。
という事は、最終的に、そのような低質な理論の向かう先には、何が潜在し
ているのか?
結局、そこから抜け出す方策としては、当人が当事者意識に気付くかか否か
にあるのではないだろうか。

キミにアドバイスできるとすれば、キミのように、過去の歴史自体を批判す
る場合は、批判する事自体が目的ではない事を留意しておかなければならな
いという事かな。
”批判”は、方法論を形成するための過程なのであって、批判自体が目的に
は成り得ない。
この事を忘れてしまうと、過去の歴史を批判するタイプの人間は、過去を攻
撃する事によって、「自分が過去を負かす事が出来た」ような錯覚におちい
りがちである。

777 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 22:16:47 ID:d2M2C+PU
サマワで被爆した自衛隊員たち 1

2004年11月6日の日記、「自衛隊に入ろう!」の中で、実際にイラクへ
行って来た、北海道A駐屯地の陸上自衛隊員から聞いた、サマワでの呆れ果て
た自衛隊の実態、テレビや新聞で報道されているのとはまったく違う真実の姿
を報告したけど、今度は、その自衛隊員から、ついに怖れていたメールが届いた。
前回に引き続き、絶対に個人を特定できないようにすると言う約束で日記への
転載を許可してもらったので、メールの全文を紹介するワケには行かないけど、
あたしが内容をまとめて書くよりも、できるだけ本人の書いた原文を紹介しようと思う。

「陸自第一次派遣隊の隊員の中に、帰国後に奥さんに赤ちゃんができた先輩が
いるのですが、今年の3月末に生まれた赤ちゃんは、手の指が2本しか無く、
カニのハサミのようになっているのです。噂には聞いていましたが、自分の目
で実際にその赤ちゃんを見た時には言葉を失ってしまいました。」

「他にも障害を持った赤ちゃんが生まれたという噂は耳にしますが、皆、事実
を隠そうとしているので、実態は分かりません。先輩の赤ちゃんの事も、生ま
れたという事は皆知っていますが、障害の事を知っているのは数人だけです。」

「自分も帰国後から、その先輩と同じ様な頭痛や吐き気がおさまらずに、不安
な日々を送っています。」

「帰国した隊員が体調不良を訴えても、簡単な検査しか受けられません。自分
も検査を受けたのですが、尿と採血をして、2週間後に『異常なし』と報告さ
れただけで、細かい数値などは教えてもらえません。その後は体調不良を訴え
ても聞き入れてもらえません。」



778 :735:2005/06/17(金) 22:18:12 ID:hqNjRXku
>>775

答えってのはないよ。なぞなぞじゃないんだ。
歴史認識は当人の考え方でしかない。
というかID:b3zqvr3o君の”答え”らしきものは、実は、彼のレスをたぐって
いくとすでに書かれているともいえる。本人は気付いてないと思うが。
>>644からその後のレスを辿っていって、ID:b3zqvr3o君のレスをつなげて
いけば、そこに彼なりの、”答えらしきもの”はあるのかもね。IDは変わ
ってるけど文面でわかるでしょう。
しかし、たいして面白くはない。やはり結論を見出そうとする自意識を欠い
た、単なる批判的歴史認識では、他人が見ても面白みは期待できないもんだ
ね。



779 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 22:25:40 ID:3Yavu/Ii
日本ほど宗教の束縛が無い国も珍しい。
仏教徒とクリスチャンが神社で神前結婚とか、
ハロウィンや七夕、クリスマス、節分、彼岸、十二星座、十干十二支、隠宅陽宅、曜日、
寄せ集めて1つに纏めた七福神、
死んだら火葬。

宗教のメルティングポットだな。

780 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:09:19 ID:rXaJmlRP
宗教からも税金を取ろう!

781 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:49:48 ID:pmk2DdDA
天皇は江戸時代は貴族のトップ・・・くらいの位置づけ
明治維新後、唯一絶対的な存在になった
また、江戸時代の天皇は仏教も神道も信仰してたけど明治以降は神道のみになった
明治以降天皇の位置づけはかなり変化している

そのバックホーンになったのは「日本外史」だろう
「日本外史」は幕末から明治にかけて「正史」のような扱いを受けていた


782 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 00:42:51 ID:N0t+vs51
776 ::2005/06/17(金) 22:09:48 ID:hqNjRXku
>>776
まだ粘着やってるのかね?ID:hqNjRXku さん?
こちらとら生活の合間に数分でレスオン書き、それもほとんど鸚鵡返しだから
5分もかからない。
さてキミは結局、思い込みのための理論のにおちいっている。
それもありふれた主観論ってやつだ。歴史の客観的記述はないと
言ってナチスのジェノサイドは実在しないなどとさえ言っているやつらの
自慰の論拠になっている。ID:hqNjRXku の自慰様のように。
このスレでもいろいろな意見があるけれども、どのレスにも、ひとつの傾向
があって、まず歴史認識において、過去なり、お隣さんなりのどこかに自分
の鏡像を見出し、それと同一化する事によって理論を構築し、満悦している。
たとえば「千年以上にわたる神道による秩序」などと書いてしまうのが
ID:hqNjRXku である。平安の貴族仏教や武家たちへと儒教の影響を
    を無視して、まるで田原総一郎がサンプロでやっているような「AかBか、さあ答えろ!!」
とやってご満悦している。田原総一郎と同様に、こんなちんけな議論は既に
   陳腐化している。
その同一化対象が、ある人は大日本帝国であったり過去だったり、ある人は現行
の中国だったり、あるいは自分(自虐)だったりするわけだね。


783 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 00:44:09 ID:N0t+vs51
>>776
しかし実はそこには落とし穴があって、対象への同一化が存在し続ける限り、
本質的に主張が昇華される事がない。
これによって、歴史認識の本来歴史認識たる目的を見失う。
特にその論が否定されたと感じた場合は、その人間はとてつもなく凶暴に
なる、ID:hqNjRXku のようにね。ID:hqNjRXku の存在がこのスレの冷静な議論に
有害であることは、すでに他の人々にも指摘されている。
それはなぜかというと、同一化した理論の中に安住してしまっているためで、その人間
は無自覚のうちにそこに拘束され続ける。
という事は、最終的に、そのような低質な理論の向かう先には、何が潜在し
ているのか?
結局、そこから抜け出す方策としては、当人が自分の鏡像あるいは糞に愛着し
同一化していると気付くかか否か にあるのではないだろうか。そこから抜け出す
努力がまるで見られず当事者理論などとふんぞり返っている ID:hqNjRXkuは
肛門性愛期から一歩も抜けていないのである。


784 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 00:51:08 ID:2aDrJJzs
スミマセン。次スレ立てるつもりがないので、ちょっとだけ
お邪魔させてください。このスレなら、もしか、見てるかもと。

「中国化するニッポン」スレの>911さん
>どうも、今の日本は‘貴乃花‘状態だ。本人は筋の通ったまともな主張を
>してるつもりだが 周りはとてもじゃないけど、そう思ってない。
>被害者と加害者の立場を混同してりる。中国・韓国にとっては日本は加害者。
>アメリカに負けた日本は被害者。アメリカに言うべきことまで、
>中国にいってる気がする。

「犠牲者不在のけんか」ってのは言えてますね。

ナショナリズムが媒体になって「政府⇔個人」の問題が「政府⇔政府」に
拡張されているのかもしれない。

こういう問題は相手の立場に立って考えれば
大の大人がやっていいことと悪いことの区別ぐらいつくはずなんだけど、
日本の政治家は、犠牲者個人の立場にじゃなく相手政府の立場に立って
加害者なのに被害妄想に陥っている気がします。

m(_ _)m 失礼しました。

785 :735:2005/06/18(土) 00:59:01 ID:WncFTRd/
>>782
>このスレでもいろいろな意見があるけれども、どのレスにも、ひとつの傾
>向があって、まず歴史認識において、過去なり、お隣さんなりのどこかに
>自分の鏡像を見出し、それと同一化する事によって理論を構築し、満悦し
>ている。

たとえばおめえの鏡像は、関ひろのの弁論の鵜呑みだよな?w

>「千年以上にわたる神道による秩序」などと書いてしまうのが
>ID:hqNjRXku である。

は?
「千年以上にわたる神道による秩序」についておれから言い出した覚えはな
いよ?

>>642←これ、おまえが書いたレスだよな?www

まあそれも、関ひろのの鵜呑みだろうが・・・

なんかおまえ・・・自己否定の領域に入ってるぞ・・・・


786 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 00:59:32 ID:AjOIODdw
20Greece5614
21Kazakhstan4271


787 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 01:00:45 ID:N0t+vs51
>>778
ID:hqNjRXku にアドバイスできるとすれば、、ID:hqNjRXku のように、
過去の歴史自体を空想的に想定して同一化している場合は、同一化する
  事自体が目的ではない事を留意しておかなければならないという事かな。
幼児の糞への愛着は幼児で去勢されて後退していく過程があるはずであって、
  糞自体が生存の目的には成り得ない。しかしID:hqNjRXkuは糞をひとに投げては
  満悦しているのみ。ゴリラへの退化の兆候かもしれぬ。
この事を忘れてしまうと、過去の歴史に同一化して絶叫するタイプの人間は、
  同一化されたもの事によって、「自分が過去を我が物に出来た」とったような
  錯覚におちいりがちである。「自分が古き始祖の回帰なり」などと言って
  当事者のごとく後付の歴史認識を捏造しては正当化を繰り返す。
  

788 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 01:01:47 ID:N0t+vs51
>>778
そもそも歴史認識に客観性がないというのは極論なのである。
  ID:hqNjRXku のようにふんぞり返って下らない問答を繰り返して自分の
  同一化対象を確かめて愉悦していては進歩がない。なぞなぞじゃないんだ。
歴史認識は当人の考え方以上のものである。でなければ共同体が何ゆえに歴史という
  物語を共有できるというのか?共有されているということ、古文書や遺跡、外国の
  との通商記録、寺に眠っている坊主の日記、こういうものをたどることで自ずから
  見えてくる歴史の構造がある。こちらが関廣野を引用したのは世界史的文脈を
  紹介するためであって、関の論を読んで教科書とは違う風を感じていただければ
  それは結構なことである。おすすめしたい本は多いが、このような幼児に絡まれて
  しまっては紹介できない。また私が前に極右の主張を当事者になった想像を
  して書いてみた文を紹介することができなのは残念である(このスレで最も極右的な
  書き込みを書いたのは私なのだが。。)。
というかID:hqNjRXkuの”答え”らしきものは、実は、彼のレスをたぐって
いくとすでに書かれているともいえる。「千年以上にわたる神道による秩序」とかね。
  本人は気付いてないと思うが。彼が歴史に客観認識はないなどという陳腐な理論の
  持ち主であることは当初から明らかである。>>644からその後のレスを辿っていって、ID:hqNjRXku
  のレスをつなげていけば、そこに彼なりの、”答えらしきもの”はあるのかもね。
  IDは変わってるけど文面でわかるでしょう。
しかし、たいしてID:hqNjRXkuの考えはあまりにも陳腐である。やはり歴史的事実を
  を見出そうとする意識を欠いた、単なる同一化と自己正当化のための後付けの歴史認識では、
   他人が見ても面白みは期待できないもんだね。 陳腐なり、陳腐なり。

789 :735:2005/06/18(土) 01:07:15 ID:WncFTRd/
>>788
>というかID:hqNjRXkuの”答え”らしきものは、実は、彼のレスをたぐって
>いくとすでに書かれているともいえる。「千年以上にわたる神道による秩
>序」とかね。

いやいや、それを言い出したのはおまえなんだよw →>>642

ちなみにおれのレスをたぐっても、おれの見解はまだ書かれてないよ。
>>644での質問にID:N0t+vs51が回答してこないからね。
実は議論はそこで止まってるんだ。


790 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 01:17:46 ID:N0t+vs51
>>789 

いやいや、それを言い出したのはおまえなんだよw →>>531

ちなみにおれのレスをたぐっても、おれの見解はまだ書かれてないよ。
>>644での質問にID:WncFTRd/が自答してこないからね。
実は議論はそこで止まってるわけではなく、確実に前進はしている。
2chのこのスレに常駐しながら持っている理論は最も陳腐化した歴史理論に過ぎず、
そんなものを振り回して愉悦しているID:WncFTRd/の生活が、さぞ荒んでいるであろう
ことは衆人の知るところになってきたわけ。

791 :735:2005/06/18(土) 01:30:27 ID:WncFTRd/
>>790
>ちなみにおれのレスをたぐっても、おれの見解はまだ書かれてないよ。

いや、書かれてるぜ?w
まず>>642な。

>国家神道は多数あった神道の流派を無視して勝手に捏造された大嘘
>の似非神道。

・・・という見解なんだろ?
ただ、なぜそこまでID:N0t+vs51が神道を憎んでいるのかは説明がない。
おそらくそれ以上の理論構築ができないんだろう?w

792 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/18(土) 01:32:21 ID:kYFP+6i5
あんたたち、若いでしょ?20代だわね。
30代でそんな不毛な会話は流石にしないでしょうから。

793 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 01:40:25 ID:JwKFAeyB
い や 、 だ か ら !

ど っ ち も ど っ ち だ っ つ ー の 。

いい加減にしてくれ。どっちも思い込み激しいし、どっちもシツコイよ。

794 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 01:56:11 ID:JwKFAeyB
>>793
同意。

795 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 01:57:26 ID:JwKFAeyB
あひゃー!自作同意しっぱーい!

796 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/18(土) 02:04:14 ID:E64R/am5
オイチャン、探しにくいといけないので、も一度 書いておきます。

日本の葬儀という観点から調べたら、面白いものを見つけました。 神葬祭は
儒教儀礼である「文公家礼」というものをもとに、江戸期になってから 組み立て
られた慣習のように思えます。

儒教の葬送儀礼
http://www.osoushiki-plaza.com/anoyo/shukyo/jukyo.html
日本では仏教の影響が強く、儒教葬は殆ど行なわれなかった。しかし朱子学が
奨励された江戸時代には、朱子の儒教儀礼を集大成した「文公家礼」に基づいて、
水戸光圀が儒教葬を奨励したという歴史がある。

神葬祭について
http://www.sugiyamajinja.or.jp/sinsou.htm
神道における葬儀形態「神葬祭」が明らかになったのは江戸時代の中頃、
国学者・儒学者たちの研究によるものです。ところが徳川幕府の宗教政策
により、水戸光圀(黄門様)でさえ神葬祭を望んだにもかかわらず実現に
至りませんでした。

それと、招魂という単語をGoogleで検索すると、ほとんどが中国語のサイトです。
招魂社の招魂は、儒教の言葉のように思えますね。



797 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/18(土) 02:04:38 ID:E64R/am5
オイチャン、 これも重複レスですが・・・

士農工商という言葉も、明代の朱子学用語みたいです。

明治になって、みんな平民になったわけですが、戦死した兵士だけを
国が祀ることで特別階級を作ったという見方は成り立たないでしょうか?

生きている人を、兵士だからと特別階級として扱ってしまっては、
たとえば選挙という制度自体がなりたたなくなる。

だから、戦死した兵士だけを靖国に祀ることで、法的には特別視
できない軍人を、社会の最上層に位置づけるという考え方が出て
きたのではないかとも思います。

法的には根拠の無いものであっても、法外で政府が戦死された軍人に
対してのみならず、現役の軍人にも特殊な身分を与えるために
靖国があったという見方は無理がありますかね?



798 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 02:18:29 ID:N0t+vs51
>>791
そのAかBかっての不毛だっつうの。お前の神経症は薬で抑制しないと直らないね。
何なら処方箋書いてやろうか?
だいたい、このスレに人生をかけて臨んでいるらしいが、持っている理屈は
もっとも陳腐化した歴史理論のみ。
肝心の自分の理論がすっかり論伐されているのに反駁ひとつできないその無力さ。
しかし、こういうのが万世一系の天皇がすべる日本にいるんですかあ・・。
英霊はさぞ恥ずかしい思いをしてることでしょうねえ。。。

799 :735:2005/06/18(土) 02:25:25 ID:WncFTRd/
>>798
>肝心の自分の理論がすっかり論伐されているのに反駁ひとつできない
>その無力さ。

は?
いや、おれは靖国問題に関してまだ何の見解も述べてないぜ?w
>>644でおまえに質問した時点で議論が中断してるだけなんだよ。
ていうかさ、おまえの認識→>>642について、じゃあどうするべきだった
みたいな見解はないのかよ?ただ過去の歴史を批判して満足してるだけの
ようだな?だからカスなんだよw
その客観的視点とやらで論じてほしいもんだがねぇ?


800 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/18(土) 02:35:53 ID:E64R/am5
ちょっと早いけど、新スレ立てました ↓

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1119029490/l50

お熱くなっている お二人さんと、そのやり取りに興味のある人は、ここに残る。

興味の無い人は、新スレに 引越しする。

それで良いと思いますが・・・





801 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 07:54:22 ID:xrx8ENW8
>>800
GJ!

802 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 11:50:07 ID:ix71ISaO
>それと、招魂という単語をGoogleで検索すると、ほとんどが中国語のサイトです。
>招魂社の招魂は、儒教の言葉のように思えますね。

だからなに?
漢語の元が中国だからと言って今の意味づけとは違っているだろう。
何でも中国が・・・という発想いい加減卒業したら?ウザイ。キモイ。

仏教だって外来だが本家のものや中国のものとは大きく変貌を遂げた独自なものになっている。
儒教という思想だって日本で独自に解釈され独自なものになっているんだ。
カナやひらがなだって元は漢字だが日本の文化になっている、日本化という作用を過小評価するの議論を混乱させるだけだ。


803 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 12:06:25 ID:0M4ef/ro
   ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
 ,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
 ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
 ミミ彡゙         ミミ彡彡
 ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
 ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
 ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
  彡|     |       |ミ彡
  彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ゞ|     、,!     |ソ  <
    ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /    │ 
     ,.|\、    ' /|、    │戦争再開を願って、靖国参拝!  
  ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄` \ 
     \ ~\,,/~  /       \

804 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 12:23:23 ID:fiIbMgMA

疋 ケ 被
夫 ツ 害
が ま 国
人 く に
の る 詫
上 ・ び
に ・ な
立 先 が
つ 週 ら
国 中 ・
  山 ・
  文 最
  科 近
  大 で
  臣 は
    小
    泉
    首
    相
    が
    イ
    ン
    ド
    ネ
    シ
    ア
    で

805 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 12:24:26 ID:2kF3+fCl

厳選!韓国情報(韓国の極悪非道ぶりが分かるブログ)

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/

これはお勧め!

806 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 12:38:27 ID:PFF6TD2e
 昨年8月、中国・雲南省を旅行しているとき、小泉首相の靖国参拝の場面がテ
レビに映し出された。同じような映像を何回か日本でみたことがあるが、中国で
みると違った印象だった。
それは中国人により近い立場で、私自身が眺めていたからだと思う。
 問題はこの場面を、多くの中国人が不愉快な思いでみている、と推測できたこ
とだ。都合の悪いことに、この映像は昔を思い起こさせるに、十分な迫力を持っ
ていた。紋付き羽織袴の小泉首相が、薄暗い神社の中を歩く姿は、かつて支配
された暗黒時代を彷彿とさせて……。
 中国の人々にとって、靖国神社は忌まわしいという印象しかないはずだ。A級
戦犯を合祀している神社に小泉首相が参拝することは、日本が先の戦争を本当
に反省しているのだろうか、と疑問を抱かせるに十分な光景であった。
 そのとき、私は二つのことを感じた。一つは、中国人の怒りが、いずれどこか
で出てくるだろうということ。もう一つは、公的立場の人は言動を慎重にする必
要がある、ということだった。靖国神社の参拝を軽く見ていると、取り返しのつ
かないことが起きるかもしれない。


807 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 12:57:00 ID:l7J5yPpB
>>806
中国の言いなりになれと?

808 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 13:10:19 ID:fsVF7fNS
日本の常任理事国入りに大反対してるアメリカの犬を続けろとでも?

809 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 13:42:20 ID:llm9z1SQ
>>808
日本が常任理事国入り決定になったよ
とりあえず、今回は2国のみでした

810 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 13:50:48 ID:0M4ef/ro
                 ,r=''""゙゙゙li,
      _,、r=====、、,,_ ,r!'   ...::;il!
     ,r!'゙゙´       `'ヾ;、, ..::::;r!'゙
    ,i{゙‐'_,,_         :l}..::;r!゙
.  ,r!'゙´ ´-ー‐‐==、;;;:....   :;l!:;r゙
 ,rジ          `~''=;;:;il!::'li
. ill゙  ....         .:;ll:::: ゙li
..il'   ' ' '‐‐===、;;;;;;;:.... .;;il!::  ,il!
..ll          `"゙''l{::: ,,;r'゙
..'l!       . . . . . . ::l}::;rll(,
 'i,  ' ' -=====‐ー《:::il::゙ヾ;、
  ゙i、            ::li:il::  ゙'\
  ゙li、      ..........,,ノ;i!:....    `' 、  ∧∧
   `'=、:::::;;、:、===''ジ゙'==-、、,,,__ ` (゚∀゚)韓国に水爆投下けってぃ━!!!!
     `~''''===''"゙´        ~`''ー(  ))
                        u~u


811 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 14:09:05 ID:wT7rWna8
しいばちゃま・・へ

何も、二人の戦略に配慮しなくて良いと思いますが?
二人は仲間でしょ!きっと!・・で!このスレタイ潰しを陰謀してるとか?
を、考えるほうが、面白いとおもうぞよ!・・如何ですかな?

812 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 14:12:54 ID:oBP3DyqI
今こそ戦え!

「罵声でぶちのめせ」
http://kn.sakura.ne.jp/~en-dai/cgi/basei/basei.cgi


813 :名無しさん@3周年半:2005/06/18(土) 17:01:44 ID:Ki7f+5ob
■無宗教の参拝施設を「適切に判断・検討w」ってか?
最後には屈するしか能のない「半ツッパリ子鼠」だけの事はある。
常に最初だけ鼻息が荒いが、実はチキン・・・w

814 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 17:02:25 ID:3Bxl2EQV
>>809
ピンボケなことをいうな。
アメリカは結局、日本を裏切ったんだ。
町村に詰め腹を切らせよう。

815 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 17:44:48 ID:l7J5yPpB
変な欲(常任・経済)で我慢するより、
常任が駄目な場合、国連の負担金も減らし、
靖国・歴史問題は内政問題と主張し、
竹島から油田から北方領土等を国際裁判に訴えて、
お人好し外交から、先ず、脱却してもらいたいね。




816 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 18:20:26 ID:llm9z1SQ
最終的に日本が常任理事国入り決定になったよ
とりあえず、今回は2国のみでした

817 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 18:25:00 ID:sLSRvQ2/
743現役の軍人にも特殊な身分を与えるために靖国があったという見方は無理があり
ますかね? >
 無理はないと思いますけど、何やすっきりせえへん。それやったら、お国のために
犠牲にならはった人を崇めるためと言うのんとどう違うんやろ。どちらも特権階級を
意識する話やさけ、同じと違うやろか?単に言い替えただけと違うやろか?
 それより興味深いのは>>740儒教や神道の葬式や。それで思い出した事があります。
何時の時代かはっきりせえへんけど、切支丹が入って来た頃やった。その当時、仏教
はお金持ちや身分の高い人の葬式しかやれへんかったんやと。あんまり貧乏人の葬式
はせえへんかったらし。今やったら考えられへんけどのぅ。その時切支丹になったら
安価にだれでも葬式やってくれる言うて、一般の人がようさん宗旨変えした言うのん
を本で読んだ事がある。それから仏教も葬式にせえだした言う話や。葬式の話続くけ
ど、もうちと我慢しておくれやす。その時代は神道式でも儒教式でも仏教式でも庶民
には手ぇの届かへんもんやったんやろな。
それにしても、ええサイト教えてくれておおきに。あれやこれや考えたら寝不足に
なってしもた。おかげさんでええ勉強させてもろた。この年でチョットしんどいけど。

818 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 19:05:04 ID:NwRR8SFk
屁理屈言う前に、靖国神社へ行って参拝でもしてこい。

中国や韓国があざ笑っているだろうよ。


819 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 19:11:26 ID:llm9z1SQ
最終的に日本が常任理事国入り決定になったよ
とりあえず、今回は2国のみでした
アメリカのおかげです

820 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/18(土) 19:11:57 ID:E64R/am5
>>817 オイチャン、どうもです。

>どちらも特権階級を意識する話やさけ、同じと違うやろか?単に言い替えただけと違うやろか?
おれが伝えたかったのは、四民平等で法的に「士」を特別扱いできなくなったのが明治時代で、
とは言え、特別扱いしたい人たちが、国が祀る特別の階級として靖国を用意したことは、
在り得ないだろうかと言うことなんです。法治ではなく、人治を加えることで、なんとなく、
統帥権とのつながりも見えてくるように思えるのですが・・・

あまり寝不足にならないように、してくださいね(笑)


821 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/18(土) 22:34:45 ID:kYFP+6i5
さっきまで、
NHKスペシャル:「沖縄よみがえる戦場・地上戦に巻き込まれた住民たち」▽初めて語る過酷な体験
を見てました。
日々、いろいろと考えさせられる毎日です。
戦争を体験した人々にとって、戦争時のことは、忘れ去ってしまいたいことだったりもするんですね。

高度経済成長まっただ中に生まれて、物心ついたころには近代化が完璧に進んでいて、
戦争時の体験談にしても、例えばちょっとした映像を目にすることがあっても、
白黒で映っていて、そしてモンペに防空頭巾、そういう映像を目にしても、
それは、とんでもなく大昔のものにしか見えませんでした。
現実感を帯びて感じることはありませんでした。
そこに、臨場感を感じることはありませんでした。

一口に戦後60年と言うけれど、60年という年月は、決してちっとも長いものじゃないのだということ、
たったの60年前に、第二次世界大戦は行われていたんだということ、
そういう現実感が、戦後の平和な時代に生まれて育ってきた私らには、なかなか実感できないのだということ。

決して大昔のことではないのだということ。

そんなことを思っています。

822 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/18(土) 22:37:09 ID:kYFP+6i5
戦争を指揮した指導者として罰せられた人が、靖国には祀られています。

どんな信念があろうとも、現代において日本の総理大臣たる人物が靖国神社を参拝することは、
問題を生じるであろうと思います。
過去を拭い去れるとでも思っていますか。
戦争の背景には、一口では語れない様々なことがあるのは当然のことだと思います。
でも、あの当時の日本の引き起こしたことは何だったでしょうか。

言い逃れはいい加減にして欲しいです。
個人の観念において、国家の首相たる人物が靖国神社を参拝すべきではないと思います。

但し、そんな人物を支持しているという、そういう程度でしかない、日本人の程度です。
そして、政治家を見て下さい。あきらかにやばい思想の人物が、平気で肩で風を切って歩いている。
そんな日本の程度です。
戦後60年の日本の現実です。

823 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:06:58 ID:llm9z1SQ

靖国を参拝することは悪いことでは有りません
逆に日本の総理大臣が政治のためのみで参拝するのはゆるせません
総理大臣になる前に参拝していたのかが気になります
知っている方いましたら教えてください

824 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:13:55 ID:KpmRnng4
>>822
文句を言ってるのは、ヘンテコリンの国のみ。

825 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:21:37 ID:XK5WEoFl
>>324
シンガポールもヘンテコリンなのね?

826 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:22:30 ID:W+DqNUON
>>821
おれもそれ見たよ。
長男がいたことさえ隠して全部墓に持っていこうとしていたおばあちゃんが、
やっとの思いで集団自決のときの思い出を話してくれたりとか、
日本兵に父親を殺され精神を病んでしまった村民の話とか。
戦中の出来事を語るのは、当事者にとってとんでもなく大変なことなんだと
感じた。ああいうの見ると、海外の戦争体験者たちに罵声を浴びせる一部の
人たちのことを恥ずかしく思うね。

827 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:38:14 ID:854ONoWI
>>821 :Tekko 戦争を体験した人々にとって、戦争時のことは、忘れ去ってしまい
たいことだったりもするんですね。>
 そうやねん。わても戦争の体験談を尋ねるけど、聞かれる人は語るのが苦痛や言う
のんを何回も聞いた。それでも、戦争で起こったホンマの事を教えてくれ言うて尋ね
た。都合のええ嘘を教える人が増えて来るやろと思てるさけこっちも必死や。
 ほいやけど、そんな事やって折角教えてもろて戦争を知らん人に教えても、そない
なもん証拠あるんか風評やどこの連隊やそんなことやったんは、て言われたわ。
>>820 :しいばはん、テンポが早よてついて消化不良や。頑張って勉強しと
きます。

828 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:43:26 ID:iYLxpbV1
偏ったナショナリズムをと提唱する政治家よりも売国政治家の方が
日本の国益にプラスだ。 今の日本には中国と仲良く出きる政治家が
望まれているのだ。 少々妥協しても中国市場に見捨てられない事が大事だ。
国など売っても、また買い戻れば良いのだ。

829 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:50:42 ID:KpmRnng4
国土は戻ってこないぞ

830 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 23:59:42 ID:ix71ISaO
>>828
ふざけたことをいって笑わせる気か?
中国市場が日本を無視して維持できるはずがない。

我慢比べなら馬鹿な国民と売国奴議員を叩き潰せば日本が勝つんだよ。
日本は世界を相手にしている、中国への資本投下も世界を相手にするためのものだ。
暴動が頻発する中国とは国内の安定度が段違いの日本が中国に負けることはない。

売国奴など百年先まで日本に悪影響を残すだけだ、国益になるなど大間違いだよ。

831 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 00:03:19 ID:pnm/gTNs
>>826
>海外の戦争体験者たちに罵声を浴びせる一部の
人たちのことを恥ずかしく思うね。

そんなやつおるか?

沖縄の人を殺す日本兵に罵声をあびせるなら分かるが・・・
そいつら(日本兵)も靖国に祀られてるわけだわな



832 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 00:06:15 ID:ntXmTxRY
>>825
中国が経済を政治的道具として圧力をかけている。
過去に日本が中国に毅然として対決してこなかったから、日本を信用しなくなって中国に遠慮しているのだ。
東南アジアなどアジア全体が中国の属国化しようとするのは日本が中国に屈服しない姿勢を見せないからだ。

目先のはした金でアジア全体を中国に売り渡しては日本も中国に土下座しなければならなくなるぞ。

833 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 00:20:48 ID:zJssyC7S
>>831
「サヨクにそそのかされて金目当てに嘘をついてる」
とかひどいカキコが目に付いたんで。

今さら日本兵に罵声を浴びせても何も戻ってこないし意味がない。
NHKのは、読谷村役場の村史編纂室に戦争経験者たちが協力する
という構成になってたんだけど、日本兵や米兵への恨みというより
このままでは歴史が闇に埋もれてしまうという危機感から若い世代
のために証言してくれているようだった。

834 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 00:38:01 ID:5KmqrtFb
中国に媚びへつらって短期の貯金が出来ても、あとでごっそり持って行かれるぞ。
もう少し冷静になって、今、中国との付き合いを控えるくらいの方が賢いことは、
ちょっと目端の利く人間なら、明らかなことだろう。
いい加減商人根性を捨てきれずに国を売るような発言を続けることの愚かさを知って
欲しい。
もちろん、今、手を切られて困るのは日本ではなく中国なのだから、よくよく考えるべし。
なお、中国べったりの発言者の中には、明らかに中国の息のかかった人がいると思われ
るので、あまりまともに取り合わないこと。
一番困るのは、中国に対して土下座すべきと本気で考えている世間知らずの大甘君たち。
彼らに一番いい薬は、中国に寄り添った国が如何に惨めな末期をたどったかの歴史的事実を
突きつけることかもね。
大甘君こそは、日本人のある意味での典型で、その善意が国を誤らせてきたことを、よく
理解させることが大切なのですが、多くの人は、無学を恥じるどころか、聞く耳持たないの
が事実でしょうから、全く始末が悪い。
まあ、言いたいだけ言わせるのも民主主義の原則ですし、彼らの善意は日本の縮図でもあ
りますから、じっと耐えて、いざという時には多数決で決めるしかないかもね。

835 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:02:12 ID:pnm/gTNs
>>834
中国は日本に土下座しろとは言って無い。
また、靖国参拝しない事は中国に媚びへつらう事にはならない。

だいたいがやなぁ
偉そうに中国にけんかしかけても、軍事力を使えないのにどうしろっての?

靖国は首相が行かなけりゃすむ事。
それより、領土とれ! 実をとれ!

あんね、今、中国が食料の輸出をとめれば、俺等はつらいぞ。
そんな日本に誰がした?
まず、諫早を元にもどせ!
大切な海の資源が消えちまったよ〜〜


836 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:09:42 ID:ntXmTxRY
農地を奪われた農民が立てこもるテントを暴漢をバスで動員して襲撃させるような国だ。
外国メディアに情報が流れたから地方幹部が処分されたが、一般的な政府のやり方なのだろう。
自国の国民に対してもこうした残虐な圧政を敷く中国だ、日本とまともに付き合うと幻想を抱くのが馬鹿だ。

日本に侵略された恨みはいまだ晴れないと彼ら自身が言っているだろう。日本の子々孫々まで恨みつづけることを覚悟するべきだ。
謝罪して許されるなど永遠に無いとおもって、復讐で子孫が虐殺されないように備えることが重要なんだ。
友好など一時停戦という時の言葉でしかない。
常に戦時体制にある中国と呑気に友好を語りながらも、日米軍事同盟で威圧し続けることが平和を維持するために必要なことだと認識すべきだ。

837 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:19:01 ID:pnm/gTNs
>>836
>日米軍事同盟で威圧し続けることが平和を維持するために必要なことだと認識すべきだ。

当然、そうだと思うよ。
でも、根本的な解決にはならない。
中国がちゃんとした国になってもらう事こそが大切。
日中国交断絶すれば、よりちゃんとした中国にはならないだろう。
(ちゃんとした国=報道の自由、情報の開示、集会結社の自由、言論の自由、普通選挙、etc.)

838 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:20:55 ID:zJssyC7S
>>834
靖国問題でどちらに理があるかに関係なく、
政治的に日本は中国と縁を切るべきだって意見かね。

自分と無関係の人間がいくら気分を害しようと、やりたい様にやるだけだ、と。

これはこれで日本の縮図かもね。

839 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:22:23 ID:MmwgheI5
>>834

ちょっと言ってる事がステレオタイプすぎるね。
自虐志向を攻撃する理論は、時代的にいって、そろそろステレオタイプ
だよ。大事なのは、歴史を見る上で「頑固にならない事」。

ちょっとでも、現代日本人が謝罪めいた歴史観に触れると、
「あー聞かない聞かない!自虐志向には耳を貸さないよ!」というように、
頑固・ヒステリックになってしまうのが一番よくない。
右も左もヒステリーは短絡におちいるね。

>中国べったりの発言者の中には、明らかに中国の息のかかった人がいると
>思われるので、あまりまともに取り合わないこと。

ネット上でこんな猜疑心が芽生えてしまったら、もうヒステリーの領域だよ。

それにおれは、歴史をかえりみればみるほど、日本を肯定し難い要件が過去
に潜在している事はまぬがれ得ない事実だと思ってる。
これはあくまで、360°回った上での、おれなりの見解だがね。


840 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:23:26 ID:ntXmTxRY
>>835
>中国は日本に土下座しろとは言って無い。

ふざけるな!
自国のために戦った兵士を追悼するための靖国参拝を辞めろということの意味は、土下座して靴の裏をなめろということだ!

>偉そうに中国にけんかしかけても、軍事力を使えないのにどうしろっての?
なんだ中国の軍事力におびえてケツの穴まで舐めろというのか?

日米同盟がある、馬鹿中国が軍事力を行使してくれるなら大歓迎だ。不抜けた中国が何をしてくるというのだばかばかしい。
経済的成長で維持されている中国が日本との経済関係など簡単に切れるはずがない。
日系資金が中国の金融を支えているのだ何も本当は出来ないからデモなどのやくざの脅しまがいの手段をとるのだ。
正攻法で日本が国際ルールで押していけば折れるのは中国政府だ。
無意味な遠慮が敵に付け込まれる事になるだけだ。強気で押していくべきなんだ。


841 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:29:51 ID:MmwgheI5
>>840
>強気で押していくべきなんだ。

それはそう思うよ。現外交は強気にいってしかるべき。
ただ、この場で意見を述べ合う上において、重層的に語り合うことすら
できない、なんて状況はおかしいんじゃないかということだ。


842 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:32:25 ID:ntXmTxRY
>>838
>靖国問題でどちらに理があるかに関係なく、
>政治的に日本は中国と縁を切るべきだって意見かね。

馬鹿か、中国と付き合っていく上で基本的立場を確保しろということだ。
理のない不当な干渉には、絶対に服従しないという姿勢を世界に示すことが、日中関係を正常なものに維持するために必要なんだ。
未来永劫地球に地形が変わるまでは隣国同士なのだ、下手に出ることは日本の国益には絶対にならない。



843 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:37:50 ID:zJssyC7S
>>842
と言うことは、下手に出ることは国益にならないから、
戦争犠牲者がいくら気分を害しようと、「わざと」やりたい様にやる、と。


844 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 01:39:12 ID:0QMYSrq0
>>840
>ふざけるな!
>自国のために戦った兵士を追悼するための靖国参拝を辞めろということの意味は、土下座して靴の裏をなめろということだ!

たしかに、あなたが言うように、自国のために戦った多くの兵士がいます。
その一方で、軍の権益のために日本を戦争へと導いた、腐れ軍官僚もいます。
それを区別することは、不要だと思われますか?


845 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:40:35 ID:ntXmTxRY
>>841
おい、会談を一方的にキャンセルしてきたのはどこの国だ?
国際的にいって、無礼であり非常識な国はいったいどの国だ?
アメリカに対して中国がこうした行動をとるとでも思うのか!

日本を侮辱して舐め切っている! 日本が土下座してくるのを待っているのがわからないのか?
ふざけた外交姿勢をますます増徴させるような外交をなぜ日本がやらねばならないのだ!

おかしな状況を作り日本を試しているのだ、反中国の日本の世論を盛り上げて、中国の外交政策の失敗を自覚させることが国民のやるべき行動だ。

846 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:40:53 ID:MmwgheI5
>>842
>理のない不当な干渉には、絶対に服従しないという姿勢を世界に示すこと
>が、日中関係を正常なものに維持するために必要なんだ。

たしかにおっしゃる通り。
日中間だけで言えば、歴史認識にしても、実はそれほど混み入った事情は無
いと思うから、現在的問題においては、こちらも強硬に出て、しかるべきと
思う。

ただ、日朝韓問題になると、話は別になる。
今日もNHKBSで日韓条約の番組を放送していたけれども、こちらの歴史
認識は一筋縄ではいかない。どうしても、朝鮮に対しては、強硬姿勢だけで
は押し通せない複雑さがある。

日韓での歴史議論が、対中国との整合性の点で新たな火種を生みはしないか
が気になる。


847 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:46:35 ID:ntXmTxRY
>>843
>戦争犠牲者がいくら気分を害しようと、「わざと」やりたい様にやる、と。
もう寝言をほざくのか?

戦争犠牲者を悼み平和を守るために戦う戦士を顕彰し称えるのだ。それを止めろということこそ犠牲者の気分を害することだ。


848 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:55:16 ID:ntXmTxRY
>>844
論点をずらしたいのか?

武道館ではA級戦犯もいっしょに追悼式典をやっているが、あの式典は止めるべきではないのか?

敗軍の将だからといって死後も鞭打てという風習は日本人のものではないぞ。その感覚は日本人としておかしい。

849 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 01:58:47 ID:pnm/gTNs
何が平和のために靖国に行くだと?

行かんほうが、よほど平和になるっちゅうねん。

小泉は矛盾発言多すぎ。
人気とりの発言ばっか。


850 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:00:54 ID:BGg9+oRv
>行かんほうが、よほど平和になるっちゅうねん

ダウト。事実に対して仮定をもちだす。詭弁の法則の何条だっけか?

851 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 02:02:27 ID:0QMYSrq0
>>848
>敗軍の将だからといって死後も鞭打てという風習は日本人のものではないぞ。その感覚は日本人としておかしい。

いまの官僚にもいるように、日本のためではなく、自分の組織のために働く人間を、あなたは尊敬できるのか?
たとえば、社会保険庁の役人根性も、日本のためと思って納得しろとでも言うのか?

個人的には何の恨みも無いが、亡くなろうが職責は消えるものではない。
歴史を消したいのであれば話は別になるし、それは このスレには相応しくない話だろう。



852 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:08:04 ID:MmwgheI5
>>848
>敗軍の将だからといって死後も鞭打てという風習は日本人のもので
>はないぞ。

うん。
うーんしかし、おれは南京に独断進行した松井大将が、今でも憎らしい。

持論だが、おれは大東亜共栄圏構想の本髄は、まだ生きていると思って
いる。というかこの将来こそ、この気概が大事になってくるような気がする。

その上で、戦中短期間だけ芽生えた、旧「大東亜共栄圏構想」というもの
の不備を追求しなければならない。
もし現行中国政府が倒れたとしても、中国内の反日感情が消滅するとは、
思えない。つまりおれは、現中国の反日感情とは、そのすべてが政府の扇
動のみに起因しているとは思っていない。
ある意味、想像をたくましくすれば、いま反日デモを繰り広げている中国人
たちの深い潜在意識の中には、現共産政府へのあきらめと、先の見えない
戸惑いから、日本に助けを求めているように、おれの目には見えなくもない。

853 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:08:13 ID:ntXmTxRY
>>846
>日韓での歴史議論が、対中国との整合性の点で新たな火種を生みはしないか
が気になる。

日本の対応が一貫性を持って行うことが一番重要だ。
中国外交はインドやロシアを意識してやって来ている、もちろん北朝鮮や韓国も彼らのカードだ。
一貫した歴史認識をもって統一した対応をしないと付け込まれるもとになる。
日韓関係を友好的に維持したいために妥協的外交をするとそれはすべての国に波及することになる。

韓国はいま中国に擦り寄ろうとする動きがある、無理に妥協して日本に引き付ける必要はない。
市民が繁栄する道は日本との友好にあると知っている、万が一中国になびいても長続きなどしない。


854 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:11:46 ID:BGg9+oRv
江沢民はいきなり反日洗脳教育を実施し、
無礼な反日パフォーマンスと書面での謝罪要求(平和条約で解決済みだが?)。
南京30万人説には証拠なし。
遺棄兵器の大半は実はソ連製と中国製だが、日本軍のものだと主張。
審陽では、日本領事館の敷地に殴りこみをかけて主権無視。
サッカーアジアカップでの暴徒。日本に核を落とせと叫ぶ群衆。
対日戦に備えて、日本近海をねっちり測量した上に、潜水艦で領海侵犯。
台湾を武力併合するぞと恫喝。反中共の企業には、行政の介入とヤクザを使って脅迫。
ジャーナリストはいきなりスパイ容疑で逮捕。
各地で貧民と農民の暴動が頻発するも武力で鎮圧。
満州人、蒙古人、ウイグル人、チベット人はみんな「中国人」だと強弁。
日中全面戦争の引き金をひいた「通州事件」での日本人虐殺についてはほおっかむり。
潜水艦による領海侵犯と、反日・侮日・憎日で扇動された暴徒による大使館破壊は記憶に新しい。

で、どうやって平和にやっていくんですか?

855 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:13:42 ID:zJssyC7S
>>847
そう言えば、昨日のNHKで紹介されていたのが、

沖縄の住民は、米軍の本土上陸までの時間稼ぎの盾として
「軍・官・民、生死を共にする」ことを義務付けられていたそうな。
つまり住民は竹やり持って戦え、捕虜になる前に自決しろ。

軍は住民の命を守らないことの証左でもあるけど、実際は、
日本兵は住民を置き去りにさっさと逃げてしまったらしい。

戦争犠牲者とは日本兵を指したんじゃないよ。
内外、とくに海外の犠牲者。

856 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:17:24 ID:ntXmTxRY
>>851
>個人的には何の恨みも無いが、亡くなろうが職責は消えるものではない。

嘘だ! 職責なら死後の扱いに言及するのはおかしい。
職責の追求なら、匿名にして役職名の役割についって議論すべきことだ。
個人名を出して追求すること自体が個人的な恨みつらみを晴らそうという低次元な復讐のための発想だ。



857 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 02:18:46 ID:0QMYSrq0
たとえば、国家総動員法の審議において、黙れ事件を引き起こした佐藤中佐などは
官僚主義の最たるものだろう。

それは個人的なものでなく、軍の考え方を如実に現している。いわば、氷山の一角である。
かりにも国のためを思っているなら、官僚の一人として国会に望んだときに議員を怒鳴りつける
ようなことはしないだろう。こうした、思い上がり官僚を尊敬することは断じて出来ない。

黙れ事件 1938(昭和13)年3月3日
衆議院・国家総動員法案委員会(小川郷太郎委員長)で、法案について説明していた
陸軍省軍務課政策班長・佐藤賢了陸軍中佐が、宮脇長吉議員の野次に対し「黙れ」と
怒鳴りつけた事件。陸軍が議会を威圧した象徴的な事例とされる。
3月4日 杉山元・陸軍大臣が陳謝し、沈静化
3月24日 国家総動員法成立


858 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 02:20:17 ID:0QMYSrq0
>>856
>職責の追求なら、匿名にして役職名の役割についって議論すべきことだ。
あなたの考え方で行くと、歴史には人名が出てこなくなりますが・・・



859 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:33:11 ID:ntXmTxRY
>>855
戦争で犠牲が大きかった人が政府を恨むのは理解できる。
しかし、犠牲の出ない戦争なんて不可能だ。

犠牲のおかげで多くの人が助かったなら、助かった人が犠牲者を悼み弔うべきだろう。
沖縄の犠牲があって日本上陸が未然に防がれたのだ、北から攻められたら北海道だったかもしれない。
ともに戦い犠牲となったのだ、評価は分かれるが、死後は安らかに眠らせるべきだと思う。

60年経って恨んでいる日本人など何処にいるのか?



860 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 02:38:11 ID:0QMYSrq0
>>859

恨むことと、職責の所在を歴史に刻むことは、次元の異なることだと思うが。


861 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:38:14 ID:MmwgheI5
>>857
>官僚主義

ひとつ言っておくけれども、「官僚」という概念自体に対して、日本人と
いうのは、いまだに低俗なイメージしか連想する事が出来ない。
イコール悪玉とでも決め付けるような。

しかし本来、官僚という言葉は卑下語ではない。
どうも、あなたの「官僚」という言葉の使い方に短絡的なものを感じますね。

たしかに旧陸軍上層は批判に値するが、「それが官僚主義というものだ」と
いう理屈にはならないはず。
どちらかというと、その反省から、「本来の官僚」というものを日本に創造
させうるような新たな発想に昇華できないといけないね。

「官僚は叩いてなんぼ」という理屈で、失脚したのが、恥さらし議員の田中
真紀子だ。


862 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 02:40:42 ID:0QMYSrq0
>>861
官僚の中には、尊敬すべき方々がたくさんいらっしゃることは、理解しているつもりです。
そのために、社会保険庁を引き合いに出しています。
日本軍の中にも、尊敬できる官僚がたくさん居ますが、いまの社会保険庁に順ずるような
腐った官僚もいるということです。


863 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 02:45:15 ID:ntXmTxRY
>>857
くだらない。

誰でも黙れといいたくなることぐらいある。

そんなことで紛糾するから議論が空疎なものになる。
今の野党と同じだ、揚げ足取りに終始することが議会を自殺に追い込んでいくのだ。



864 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 03:01:00 ID:fMfKqNlQ
アホの野党議員には
水ぶっ掛けたくなるよw


865 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 03:10:37 ID:gT+EVezr
ry

866 :TYLTML:2005/06/19(日) 03:38:58 ID:d4NT08GM
 日本は、何故、誰に、何時、どのように、先の大戦を反省しなければならないのか?
という根本の問題を考えずに、中国人はこう思っているから、遺族会の意識はこうだから
とか、今の日本人の認識や、韓国人の歴史認識等を前提にして、靖国参拝の是非を論じる
のはあまりに浅薄ではないだろうか?


867 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 04:04:40 ID:0QMYSrq0
>>863
>誰でも黙れといいたくなることぐらいある。
そうきましたか。 そういうヨシモトの芸人風にオチを付けられると、
こちらとしては、冗談だったのかと、解釈するしかありませんね。



868 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 04:31:58 ID:KIuTp4Be
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050617-00000187-kyodo-soci
外国人登録者数が最多更新 韓国・朝鮮は減少傾向

 昨年末時点の外国人登録者は
前年比5万8717人増の197万3747人と、
36年連続で過去最多を更新したことが
17日、法務省入国管理局の統計で分かった。
日本の総人口に占める割合も過去最高の1・55%。
 出身地別では、
在日が中心の韓国・朝鮮が60万7419人(全体の30・8%)でトップを保ったが、1991年末をピークに減少傾向。
続いて中国48万7570人(24・7%)、
ブラジル28万6557人(14・5%)、
フィリピン19万9394人(10・1%)、
ペルー5万5750人(2・8%)など。

(共同通信) - 6月17日18時7分更新

869 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:12:55 ID:4VTw4uaM
>>844
不要だと思いますよ

870 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 05:32:17 ID:0QMYSrq0
>>869

一言でいって・・・

博才も無く、相手のいかさまを見破る能力も無いのに、見分不相応な賭場に出かけて、
親の財産も含めて身包み剥がれた末に、殺されてしまったのが、日本という島国の
物語でしょう。

そういう方向へ持っていくために、多くの政治化を殺害して、国会をも蔑ろにする
法律をごり押しして・・・、つまり国民を蔑ろにして・・・

最終的に、数百万人の日本人の命を失わせた人と、そこで自らの命を失った人を、
同列に置かれる理由を、お聞かせくださいな。



871 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:38:38 ID:KIuTp4Be
死んだら皆一緒、
老若男女善悪人種なんて関係無い。

変な意味を持たせるから問題になる。
それとも、日本にも「漢奸」みたいな風習が必要か?

872 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 05:41:12 ID:0QMYSrq0
死んだら一緒なら、なぜ前原や江藤を靖国は合祀しない?
それこそ、夷敵を徹底的に嫌う朱子学の思想なんだよ、靖国は。
靖国を日本の伝統や文化と思う無かれ。それこそ中華思想である。


873 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 05:48:09 ID:0QMYSrq0

靖国が、老若男女善悪人種なんて関係無く、すべての戦災者を祀ってくれたら、
日本人は太っ腹だと、さぞかし誉められて、尊敬の念をもたれるのに残念と、
即レスもこないので、そう思いつつ寝ることにします。



874 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:49:26 ID:KIuTp4Be
>>872
宗教によって解釈や意見は違うだろう。
その時代の情勢でも考え方は違うものになる。
誰を合祀して誰を分祀するとかは宗教家の自由。
国が宗教を監理している中国じゃあるまいし・・・

875 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:54:01 ID:4VTw4uaM
>>870
あんまり怒るなってよ
お里がばれるよ

876 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 05:56:41 ID:eLqUCA8+
http://jpbbs.chinabroadcast.cn/index.php
北京放送BBS

877 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 07:05:15 ID:4VTw4uaM
しかし、日本も中国でてきてうるさくて下手したら最悪軍事費あげなきゃならんですかね
「やったろうじゃない」なんて人いるからね

878 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 07:19:20 ID:dDXsNtGr
>>872
前原や江藤は名誉回復されているが、「公務死」じゃないから、と言ってみる。
でも、暗殺された坂本竜馬や刑死した吉田松陰のような非業の死を遂げた人はともかく
高杉晋作は病死なのに、奉られているな。
わけわかめ。

879 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 07:28:44 ID:4VTw4uaM
坂本竜馬もでてくることもわけわかめ

880 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 08:26:28 ID:BBxS4eKR
>>877
軍事費上げて米艦隊護衛主目的のイージス艦また増やしますか?
米国から武器買いますか?共同研究の名のもとに米国開発予算軽減協力しますか?
日本の軍備の本質理解しろよ。
共同運用という名の支援しか出来ない植民地軍が、技術も資源も戦略も無くて、三流兵器
で立ち向かいますか?第二次大戦のときのように?しかも大規模核保有国に?
米国の超一等地に大使館を持つ米と超仲良しの中国に?

881 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 08:27:55 ID:RHJpruUf
小泉を馬鹿呼ばわりする奴がスゴく馬鹿っぽく見えるのは折れだけだろうか。
小泉が馬鹿を釣る名人なのか、類は友を呼ぶなのかよくわからないが。

882 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 08:42:39 ID:BBxS4eKR
>>881
キミは靖国記念館に何か象徴のように展示されている特攻兵器桜花が
米国で何と言うコードネームで呼ばれていたか知っているか?

生産数に比して全く役に立たなかったあれを、BAKA Bombと呼んだんだ。
米国が馬鹿だったのかね?

883 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 09:26:52 ID:Ly3Z9zH2
>>882

そりゃ米国にしてみれば、BAKAとも言いたくなるでしょうな。
桜花が特攻としてあまり役にたたなかった事は事実だが、日本にしてみれば必死の抵抗であり、
日本の為に死ぬとわかっていながら、桜花に乗り込んだ人々の魂は蔑まれる必要はない。


884 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 09:38:07 ID:ntXmTxRY
>>880
日米関係をどう理解しているのだ?
日米の軍事協力体制が発展することは日本にとっても有益なことだぞ。
国産技術の流出や国産技術開発力の衰退は問題だが、それは国家戦略に科学技術戦略を最重要課題にする視点が欠如した、
科学音痴の官僚や政治家を放置する国民の責任だな。

米中が接近するならその関係以上に日米の相互依存体制を深化させ一体化させていくべきだ。
日系企業が現地生産を進めたせいで日米自動車摩擦を回避しているように、共通利益を創出することで日本の利益を守るべきだ。
中国とつるんでも日本に得になることはない。

885 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 09:45:44 ID:ntXmTxRY
>>882
日米関係を悪化させたいの?何の目的の発言か意図が不明だ、特攻がよい作戦でないことはみな知っている。
乗せられた兵士のためにも靖国で平和を祈るべきじゃないのか?

886 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 10:16:05 ID:4VTw4uaM
>>885
大賛成



887 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 10:24:30 ID:4VTw4uaM
中国共産党抗日作戦実行中国共産党抗日作戦実行中国共産党抗日作戦実行中国共産党抗日作戦実行中国共産党抗日作戦実行

888 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 10:37:22 ID:btuYM36n
>>880
米中が仲良しとは、とんだ分析だね。
仲良しに見える、仲良しに振舞っている・・という表現なら分かるけどね。
アメリカは二度と米ソのような対立軸は望んでいない。
ここにきて、どうして、ソ連の代わりを求める事があろうか。(ましてや、非民主国家に)
米国は、国内向けには利用できる期間は中国市場を利用し、潰しにかかるときは、
本気で潰しにかかるよ。実力行使ではなく、内部崩壊という方法でね。



889 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 10:51:46 ID:pnm/gTNs
>>881
おまえだけだよ

自民をぶっ潰す。で、自民が存続。w




890 ::2005/06/19(日) 11:14:49 ID:F1WuTJJA
北朝鮮よ!馬鹿な靖国参拝する日本にミサイルを打ち込んでくれ!

891 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 11:28:58 ID:ntXmTxRY
>>888
アメリカの金融関係が本格的に進出しはじめるね。資本主義が自由に暴れられる体制にできるか、
中国政府との本格的暗闘がはじまる。
企業買収提携が自由化されるかで資本の中国投資が大きく違う。

昔西欧諸国に租界を提供して侵食されたように、再び経済侵略されていくことになるのか面白い実験だ。

892 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 11:41:59 ID:CKO3T9h5
★あの「韓国児童画」が更に追加撮影さる!

■追加作品
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1558

■既出作品
http://mouse99.hp.infoseek.co.jp/children_pictures.htm

893 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 11:42:50 ID:V3kKagNa
小泉が靖国問題に対して、態度を変える姿勢を見せないのは全く単純な理由だ。
小泉は、国民の支持率だけが頼りの首相である。一方、国民も、昨今の中国や
韓国・北朝鮮の言動に対して憤りを持っている。

>>700が次のように言っているが、一般の国民の意識はこのようものだ。

>靖国問題なんてろくに知らないおれが意見しよう。
>
>賛同です。民主の売国ぶりには反吐がでるし外圧に屈さない小泉・町村・安部イイ!
>河野氏ね。
>
>ろくに知らない人は多分こんなもん。あんま変な方向に行かなければ別にいいよ、って感じ。

まさに国民の意識がこのような短絡的な考えである限り、国内的に誰に説教され
ようが、小泉は、決して靖国参拝を止めないだろうし、国民が、靖国問題に対する、
中国らの言動を内政干渉であると感じ憤れば憤る程、小泉は、その外圧に屈しない
首相として、支持率を上げる。

この構図を知っているからこそ、小泉は、挑発的な言動を繰り返して、中国政府
らを煽りにかかっているわけだ。そして、外圧が強くなればなる程、一般の国民
はその外圧に対して憤慨し、それに抗する小泉を支持する結果となり、己の政権
はますます安泰となる。そのことによって、日本が外交的にピンチに陥ろうが、
関係はない。そういう男である、小泉は!

894 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:21:43 ID:4VTw4uaM
>>893
いんなわけないだろ

895 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:42:26 ID:zJssyC7S
冷静に考えて、参拝すべきじゃないってのは皆わかってると思う。
なのに政策判断や外交関係よりも、>>893の言うような国民意識で
政治家を選んでしまう。

後先考えずに、国を使った壮大な憂さ晴らしを楽しんでるんだね。
国ごと後先考えないギャンブルに嵌ってるようなもんだ。

896 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:44:20 ID:4VTw4uaM
北朝鮮の核ミサイル中国に向けて発射した模様

897 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:46:00 ID:4VTw4uaM
訂正
北朝鮮の核ミサイル中国に向けて発射する模様


898 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:47:48 ID:zJssyC7S
「国ごと後先考えない」を二回も使ってわけわからん文になってしまった。

>>870(しいばさん)の言うようなイケイケどんどんだったあの頃に
似ているのかもしれないね。

899 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:52:37 ID:pgHHCiwZ
靖国は半島系小泉が本当にやろうとしていることから
愛国者の目を逸らすパフォーマンスだよ。
自称2ch愛国厨房達は小泉マンセーしてるけどw

900 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 13:06:31 ID:GXwy66fl
>>899
小泉が本当にやろうとしていることはなあに?詳しく教えて

901 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 13:18:24 ID:zJssyC7S
小泉の内政は総じて国民に「痛み」を押付ける。
金のかからない麻酔が民族意識の高揚だったりするんじゃないの。

あと「心のケア」とかいう言葉を最近よく目にするけど、何気に気持ち悪い。
よく見ると、悩み相談の類から心理療法まで全部ひっくるめて使われている。
もし予防的に心理療法が使われだすと、社会問題がすべて個人の内面の問題
に押し込められるかも。ちょっと勘ぐりすぎかな。

902 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 14:11:24 ID:II5jziiF
そんなに靖国参拝したいなら小泉は総理を辞任すればいいのにな
そうすれば好きなだけ靖国参拝していいのに

903 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 14:15:18 ID:4VTw4uaM
小泉純一郎首相
若い命を戦争の犠牲にした特攻隊員への首相の思い入れは、並々ならぬものがある。
特攻隊員の遺稿集を読み返しては涙を流し、元特攻隊員を描いた映画「ホタル」のビデオをわざわざ取り寄せた。





http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/yasukuni/news/20010817-186.html

904 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 14:20:11 ID:r8vQY949
>>844
> その一方で、軍の権益のために日本を戦争へと導いた、腐れ軍官僚もいます。
>それを区別することは、不要だと思われますか?

どんなに腐れ軍官僚でも、最後は、天皇の罪も一緒に背負って
処刑されたんだ。
一緒に祀ってやんなきゃ、天皇の立場はどうなる?
デリケートな話なので、誰も公の場では口にしないが、大きな問題だ。

905 :しいば ◆RESbNa30oQ :2005/06/19(日) 14:31:40 ID:0QMYSrq0
>>904

>どんなに腐れ軍官僚でも、最後は、天皇の罪も一緒に背負って処刑されたんだ。
>一緒に祀ってやんなきゃ、天皇の立場はどうなる?

その腐れ官僚に殺された、何百万人もの日本人の立場はどうなるのでしょう?
それも同時に考えなければならないことですね。



906 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 14:42:53 ID:zJssyC7S
普段あまりTV見ないんだけど、さっき読売でありえない番組を見てしまった。。

10人出演して、外国人のデイブひとり除けて、
司会者のたかじん含めて全員が「靖国に参拝しろ」だの「戦犯は悪くない」だの。

世間一般の人は読売TVが「そういう」放送局だと知っているんだろうか
とちょっと不安に思った。

907 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 15:13:43 ID:lxkVmP4V
特攻隊に特攻たらしめたものに対して、小泉は何をどう考えているんだろうか?
誰にも責任はないのだと?全て、時代の犠牲者なのだと?

あたしは知覧の特攻平和会館に行って、「どうしてこんなことを。」という思いで胸がいっぱいになった。
これが自分の国、日本のしてきたこと。まぎれもない事実。
どうしてこんな愚かなことを、と。

特攻隊に特攻たらしめたものに対して、小泉は何をどう考えているんだろうか?

安倍しんぞうも町村も、自分の国、日本のしてきた事実、その罪の重さを、あまりに考えていなさすぎる。
腐れ外道だ。

908 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 15:40:51 ID:fPhkQ/TA
終戦後、連合軍は靖国神社焼却が意見の大半を占めた。 マ総司令官は、最後の決断を下すに際し、駐日ローマ法王庁に統一見解を求めた。
使節としてヴィテル神父が駐在していた。

 ヴィッテル神父、答えて曰く、「自然の法則に基づいて考えると、いかなる国家も、その国家のために死んだ人々に対して、敬意を払う権利と義務がある。
もし靖国神社を焼き払ったとすれば、その行為は、米国の歴史にとって不名誉きわまる汚点となって残るだろうと・・・(後略)」



909 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 15:46:13 ID:zJssyC7S
>906をちょっと思い出せる範囲で書いてみる。

侵略戦争かどうかは立場の違いに過ぎないから村山総理が侵略を認めたのは間違いだった、
みたいな暴論で日本の過去を正当化しつつ、

中国に屈してはつけこまれる、
と素人好みだが実際にはあり得ない個別内容を無視した外交「姿勢」を強調し、

お人よしそうな女優に「小泉さんのことをもっと信じましょうよ」とか言わせる。

…あかん。気分わる杉。

>日本のやった戦争が、「国際法のルールにのっとってした戦争」などという発言は
>全く史実に反している。たとえば、…
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050602_yasukuni2/index5.html

910 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 15:54:42 ID:5ldSKjMY
>>878
靖国神社は長州藩の招魂碑が起源だから。高杉は長州藩士。
陸軍は長州閥強し。前原も長州。
あー、西郷が薩摩でなかったのなら、、、、。

藩閥だらけでどこが近代なんだかなー。

911 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 15:57:47 ID:m0KYcLk0
 東京裁判の法的根拠に、さまざまな問題点があったことは事実だ
が、先に述べたように、日本はサンフランシスコ講和条約で、それら
の問題を含め、丸ごと東京裁判の結果をそのまま受けとることを約
束して、国際社会に復帰したのである。だから、日本は東京裁判が
国際法違反であることを世界に向けて主張せよなどというのは、ただ
ナンセンスとしかいいようがない。


>>909のリンク先より



912 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 15:58:17 ID:oszQiR6T


地元のブサヨ集団とひとりで戦うサラリーマンのブログ

http://www.doblog.com/weblog/myblog/21844

913 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:17:41 ID:4VTw4uaM
小泉純一郎首相
若い命を戦争の犠牲にした特攻隊員への首相の思い入れは、並々ならぬものがある。
特攻隊員の遺稿集を読み返しては涙を流し、元特攻隊員を描いた映画「ホタル」のビデオをわざわざ取り寄せた。



http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/yasukuni/news/20010817-186.html

914 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:18:23 ID:FUJ57RpM
>>782

> 特攻隊に特攻たらしめたものに対して、小泉は何をどう考えているんだろうか?

小泉首相の父、小泉純也氏の出身地がどこだか知っていますか?

915 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:20:32 ID:4VTw4uaM
中国共産党中国八路軍抗日作戦中国共産党中国八路軍抗日作戦中国共産党中国八路軍抗日作戦中国共産党中国八路軍抗日作戦中国共産党中国八路軍抗日作戦

916 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:21:27 ID:jPuHiZvj
>>909
いい番組じゃないか

917 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:21:58 ID:4VTw4uaM

【中華人民共和国北京政府の外交謀略姿勢】

@「政治とは流血のない戦争である」という毛沢東の言葉を実行する。

@相手国に反撃や反論の隙を与えない「八路軍連続打撃戦術」を実行する。

@相手国内において工作活動を頻発させ、世論分断を狙う
  「八路軍人民戦線戦術」を実行する。

@国内の扇動と相手国内部の扇動を交互に行い、相手国が消耗するのを待つ。

918 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:24:02 ID:fPhkQ/TA
>中国に屈してはつけこまれる、
>と素人好みだが実際にはあり得ない個別内容を無視した外交「姿勢」を強調し、

意味不明

919 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:24:47 ID:0nQZc9Sd
>>906
言っておくが、その番組、たかじんのそこまで言って委員会は
日曜の昼と言う不毛の時間帯にも関わらず
平均視聴率15%と言うオバケ番組なんだよ

920 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:26:17 ID:5ldSKjMY
>>914
旧姓鮫島だろ。横須賀の小泉家に婿入り。
鹿児島だかどこだかの海軍?基地利権で儲けた政治家だったな。

921 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:27:43 ID:bGX5xkaM
>>906
お前みたいなサヨクは最早少数民族だってこと理解してる?ぷげらw

922 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:28:03 ID:f1yWCmKk
失礼。
アドレスここの貼っちゃったよ。。。訂正します

韓国の小学校のお絵かき
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1118789512/l50

923 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:28:44 ID:f1yWCmKk
_| ̄|○
誤爆・・・

924 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:29:09 ID:f3c1mhGk
>>906
m9 極左

925 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:29:32 ID:4VTw4uaM
旧姓鮫島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%8F%88%E6%AC%A1%E9%83%8E

926 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:30:06 ID:nFkL4URp
「普段あまりTV見ないんだけど」と前置きしてからじゃないと、
テレビ番組についてしゃべれないところに、サヨクのチンケなプライドが見え隠れしていますね。

927 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:31:10 ID:5ldSKjMY
>>906
関西人らしいなww
>>909
>>919

928 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:35:17 ID:zJssyC7S
>>918
個別の問題ごとに対処していかないと、
「テロに屈しない」や「中国に屈しない」で
まともな外交なんてできっこないでしょ。

日本はひきこもりかって話。

929 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:38:53 ID:5ldSKjMY
>>925
こっちだべ。

小泉純也(こいずみ じゅんや 明治37年(1904年)1月24日〜昭和44年(1969年)8月10日)は、
昭和期の政治家。衆議院議員、防衛庁長官。衆議院副議長、逓信大臣を歴任した小泉又次郎の養嗣子。
小泉純一郎首相の父親。旧姓は鮫島。

明治37年(1904年)1月24日、鹿児島県加世田市万世小松原 に生まれる。昭和5年(1930年)
日本大学法学部政治学科を卒業。逓信大臣秘書、内務参与官を経て、昭和12年(1937年)
岳父である小泉又次郎の跡を継ぐ形で神奈川県から衆議院議員総選挙に立候補し、当選する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B9%9F

930 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:39:52 ID:0nQZc9Sd
>>909
そのリンク、誰かと思えば立花 隆じゃないですか
この人の歴史認識って無茶苦茶で
いかにも過去朝鮮と日本が戦争したと思ってるとしか思えないような
意味不明な記述も多々あるような人です

リンクでの立花氏主張
○パールハーバーは不意打ちなので日本が悪い
○東京裁判は問題あるがサンフランシスコ講和条約で
 日本が裁判を丸ごと受け入れたから戦犯は悪い人

これ、明らかに勉強不足で、左翼の論破された主張を未だに流用してるだけに
過ぎないですよね

 

931 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:40:42 ID:4VTw4uaM
訂正
又次郎(祖父)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%8F%88%E6%AC%A1%E9%83%8E

932 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 16:40:43 ID:lxkVmP4V
>>914
鹿児島なんじゃないですか。
>>929さんがコピペしてくれましたね。加世田市だそうですね。
で、それが何か。

小泉がかつて(幼少の頃?)知覧の特攻隊の話に痛く感銘を受けたという話は、インターネットで見たことがあります。
だからこその、彼の今の信念なのだろうと、理解することはできます。

で、私の
「特攻隊に特攻たらしめたものに対して、小泉は何をどう考えているんだろうか?」

これの答えはどういうものなんでしょうか。
>>914さんは、どう思っているんですか?

933 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:41:06 ID:TNXeyUYA
いまどき、委員会の存在知らない奴がいたのかよw
アンテナ低すぎるぞ>>906 ( ´,_ ゝ`)プッ

934 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:44:12 ID:nFkL4URp
理系は化けの皮がはがれたが、歴史もダメなのか立花。
おまえは、何十年もかけていったい何を読んできたんだ?

935 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 16:44:29 ID:lxkVmP4V
話の途中ですけど、
しいばさん、
テレビ欄見てたら発見、今日教育テレビで19:45より、
NHK映像ファイル・あの人に会いたい 「司馬遼太郎」
やりますよ。
前私が見たものと一緒かどうか解りませんけど、是非ご覧下さいませ。

あと、儒教に関してですが、少しずつ私なりに勉強中です。

>>826
番組の内容書いてくれてありがとう。
証言していた人たち、この人たち強く生きているなぁ、って思いました。
時代の波にのまれながら、強く生きてるなぁって。

>>827 オイチャン
いつもレスありがとう。
オイチャンの感性を私は支持してます。これからもいろいろ教えて下さい。
教育勅語を久し振りに読んだ、っていつか書いてましたね、もし良かったら、教育勅語の話も気が向いた時に教えてくださいね。

936 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:45:17 ID:Jp0vTUys
日本に影響されるといずれ共産主義が崩壊するから反日政策なんだろ?

937 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:45:27 ID:FUJ57RpM
>>920
小泉純也氏は旧万世町(現加世田市)出身
かつてここには万世飛行場があって、特攻隊の基地になり201名がここから飛び立った。
特攻隊員に対する首相の思い入れは、他の議員達に比べても深いよ。

938 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:54:55 ID:EpSbkhDt
在日w

939 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 16:57:01 ID:PuFr7kC9
>>928
個別の問題ごとに対処していかないと、
「テロに屈しない」や「中国に屈しない」で
まともな外交なんてできっこないでしょ。

内政干渉はまずいよ。ここを譲ると日本に主権が存在しなくなる。
それこそまともな外交ではない。


940 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 17:05:16 ID:lxkVmP4V
要は困ったことは、小泉純一郎の単細胞さだ。

「特攻隊員に対する首相の思い入れは、他の議員達に比べても深いよ。」
それは大いに結構。

そこから靖国神社を参拝する。
自分の中には確固たる信念がある。
何が悪い。自分は平和を祈願している。
これのどこが悪い。

小泉の視野は、恐ろしく狭い。多次元的に物事を見ることができない。

実際思うのだけど、小泉という人物の頭の中に、グローバルな思想ってあるんだろうか?
外交でやることはと行ったら、日米関係の強化。あとは常任理事国入りに際して尻に火がついたように諸外国に媚びを売って回る。
行き詰まりに行き詰まってようやく、中国韓国との会談を始める。
唯一認められるのは、北朝鮮拉致被害者の問題の突破口を開けたことだが、これも勇気のいることだし大いに認めたいところだが、
参院選の前には選挙目的のカードとして身も蓋も無いほどあけすけな大胆なことをしておきながら、
もう必要がないとばかりに、そのカードに手を触れる気はないと見える。
あの時だって、北朝鮮に小泉は借りを作ってきたんじゃないだろうか。

郵政民営化に固執ばかりしている小泉を見て、グローバルな思想なんかあっただろうか、とつくづく思う。
あまりにも視野が狭い。その上頑固。

そういう指導者を選んでいたら、そりゃあ国の立場も不安定なものになって当然だと思うよ。

諸外国周りをやっている時、イラクの自衛隊の元を訪れてねぎらったって良かったじゃないか。
ろくな指導者じゃないよ。

941 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:07:29 ID:zJssyC7S
>>927
関西の地域性もあるのか。
朝生とかだって人選でいくらでも印象操作できるんだけど、
あの番組の露骨さにはびっくりしたw

>>935
んだんだ。地に足をつけて強く生きてる人はカッコいいね。

>>939
そう言えばそんなことも言ってたかな、あのTV。
中国に何か言われるたび選択肢がなくなるんじゃ、
日本の主権はいったい誰が握っているのかわからなくなる。

日本兵だけじゃなく内外全ての戦争犠牲者や遺族の心情を考え
自国独善に陥ることなく、すべての選択肢の中から、主体的に
日本の指針を決めることが大事じゃないかね。

942 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:13:53 ID:0JnOVXdd
>>927
>>941
視聴率はむちゃくちゃいいらしいよ。

943 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:15:57 ID:fPhkQ/TA
>日本兵だけじゃなく内外全ての戦争犠牲者や遺族の心情を考え
>自国独善に陥ることなく、すべての選択肢の中から、主体的に
>日本の指針を決めることが大事じゃないかね。

それは中国にも言えることですね。

944 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:16:20 ID:5ldSKjMY
>>937
http://nippon-shinwa.com/bnippon_2.html
九州も南の果てに近い薩摩半島は西南部の天離る鄙(あまさかるひな)も鄙、吾田(あだ。阿太)
あたりの出自であった。吾田といえば、今をときめく小泉純一郎首相の父の出身地で、首相の父は鮫島氏の人であった。
鮫島氏といえば、いまだ即位せられていない明治天皇を中心に、高杉晋作や西郷隆盛、坂本龍馬など
幕末の志士三十名ほどが、宣教師のフルベッキ博士を囲んで撮った珍しい集合写真があり、
その中に鮫島誠蔵という名もある。小泉首相の父方にも幕末の志士がいたのでもあろう。

小泉首相の父は、さきの戦争中に代議士であり、地元の東支那海の浜辺に近く、
万世(ばんせい)飛行場という陸軍の飛行基地を誘致、開設した人であった。あたかも戦争末期で、
万世飛行場は東方至近の知覧(ちらん)と共に、陸軍航空特別攻撃隊の発進飛行場となっていった。
征きて再び還ることのなかった特別攻撃隊は、海軍の神風特別攻撃隊を代表として知られるが、
陸海軍を併せ五千八百二十五名を数える航空特別攻撃隊員の多くは、二十歳前後の春秋に富んだ
青年であった。

護国の鬼神と化して、雲湧きて流るる果ての南冥(なんめい)の空に散華(さんげ)したのであった。
これを犬死にと嗤(わら)うものあらば嗤え、瓦のままで人生をまっとうする(瓦全)よりは、
砕けて玉と散る(玉砕)のを日本男子の本懐とする精神は確かにあり、今もあるのは間違いない。
その陸軍の航空特別攻撃隊の発進基地の一つの万世が阿太(吾田)の地にあったとはいえ、
二千数百年(あるいは超三千年)前の日本神話と、二十世紀中葉の昭和二十年に生起した現実との
呼応する場となっているとは、これほどの不思議もない。というのも、吾田の隼人(はやと)といえば、
神話に照らせば海幸彦の子孫で、山幸彦の子孫すなわち皇室を護る立場にあったからであり、
吾田の万世飛行場はといえば、特攻基地として、護国の勇士を送り出した地であったからである。

かなり複雑だろうな。鮫島純也としては。その後は横須賀に婿入りだろ。
随分基地が好きな親爺だなww

945 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:17:35 ID:4VTw4uaM
>>940
ここで一生懸命批判する意味がない。批判だけならこどもでもできる。小泉の問題は小泉だけの問題でなく日本の問題ぞ。あなたの小泉のみ批判はあきたぞ

946 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 17:19:54 ID:lxkVmP4V
>>945
小泉が靖国参拝することが問題なんだからしょうがないでしょうが。

947 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:22:13 ID:4VTw4uaM
>>946
最後はしょうがないで終わり

948 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 17:26:14 ID:lxkVmP4V
>>944
>「今をときめく」小泉純一郎首相の父の出身地で

数年前はね(笑)

この人首相やめたらどういうポジションの人になるんだろうか?
ご意見番にでもなるんだろうか?

>>945
擁護することは意味があるんですかね?

949 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:26:26 ID:0nQZc9Sd
>>941

>日本兵だけじゃなく内外全ての戦争犠牲者や遺族の心情を考え

遺族の心情などを考えるから靖国参拝は大事なんではないでしょうか?

実際中国などの参拝反対は事実誤認と政治的判断だけであり、
誰一人、首相靖国参拝で傷ついている人など存在しないですよ。
戦没者を呪っているのならともかく、慰霊して奉っているのですから


950 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:30:47 ID:PuFr7kC9
>中国に何か言われるたび選択肢がなくなるんじゃ、
>日本の主権はいったい誰が握っているのかわからなくなる。
違う。
選択肢云々の問題ではなく、内政干渉がまずいと言っている。
内政干渉のことの重大さを理解しているのか?
国内問題として論ずるのは有効です。

「主体的に日本の指針を決めることが大事」
全く同意だが、現状で靖国参拝中止は中国韓国の圧力に屈したことになります。
小泉は靖国参拝を公約した上で当選してるんだから。
日本国民が靖国参拝をすべきでないとするなら、そういう公約を掲げる人に投票してはだめですね。


だから、そこを共産党維持のために政治利用しているのはむしろ中国サイド。
中国のような民主主義でない国に、本当に国民の意思があると思うのか?
天安門事件をどう思うのだ?


951 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:31:13 ID:5ldSKjMY
確か鮫島純也は防衛庁長官の頃航空自衛隊の創始者ということで
東京空爆の責任者カーチス・ルメイに勲章与えるわけだよな。

そうとう飛行機乗りも好きなのかもなw

952 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:31:15 ID:K1Q5ucXH
>>946
小泉さんの参拝は「問題」ではない。
中国・韓国が外交問題だとして騒いでいるだけだ。
我が国は、中韓が騒ぐから「問題」とすべきではない。
「問題」ととらえるのなら、そもそも参拝は法的に可能かどうかであろう。
例えば、こうして考えたら分かりやすい
中韓が反対し、アメリカをはじめ真の戦勝国が賛成したらどうするのかね。
(もちろん今の中国は終戦当時なかった国で、韓国は日本だった)
参拝はすこぶる我が国の内部の問題である事が分かるだろう。
今後、どんな理不尽な要求でも中韓の言い分は「なかよしこよし」の精神から
「日本が譲るんだ」という方針でもあれば別だが、我が国も普通の国になるんでしょう?
だったら、なかよしを目指すあまり自分で物事を決めないのは変でしょ。





953 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:31:25 ID:0JnOVXdd
>>949
今日の朝のテレビで
韓国と日本の政治家が数人でディベートのようなことをやっていた。
韓国の政治家は
「小泉が靖国に行くのは、ドイツの首相がヒトラーの墓にお参りするイメージを持つ」と言っていた

954 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:36:34 ID:zJssyC7S
>>949
>誰一人、首相靖国参拝で傷ついている人など存在しないですよ。

事実誤認に基づいてそう言われてもな。。
普通に想像力を働かしてみてよ。
たとえば米国で毎年、慰霊のための「原爆カーニバル」が行なわれるとことか。

955 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:37:46 ID:FUJ57RpM
そもそも、韓国人に靖国を批判する資格はないんだがなw

956 :Tekko ◆J3/mFHmRw. :2005/06/19(日) 17:40:11 ID:lxkVmP4V
>>952
日本の総理大臣のやることで、日本の国家を見る訳ですよ、中国も韓国も。その他の国も。
総理大臣一人の決断で日本という国家の行く先が決められますからね。現実に実証何度もされてますね。

参拝に問題はあるんですよ。
実際、つっついたことで問題も現れているじゃないですか。
各政治家の歴史認識がくっきりと現れることになりましたしね。

957 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:40:41 ID:0JnOVXdd
>>955
韓国の政治家は日本が核を持つのではないかと本気で心配していた。
日本の政治家がそれは絶対にないと否定していたが。

どうやら靖国が軍国主義のイメージと重なっているようだった。

958 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:42:28 ID:+T/Kr3Pj
>>953
一方で、建設的な意見をしている女性の議員がいたよ。
我が国の、どこかの党首や元議長とは違ってね。
要約すれば、歴史認識において韓国は「被害者精神」から脱却するべきだ。
というようなことを発言してた。いつまでも「私達はいじめられたかわいそうな国」
ではいけない。とね。
もう一人野党の議員が、中国・韓国は「戦勝国ではなく、被害者の国」という発言とは
大きな乖離を感じたね。また、今の中国が戦勝国でない事は明らかだが、韓国の議員が
中国は、戦勝国にあらずという発言をしたことに新鮮味があったね。大丈夫かな。

959 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:44:38 ID:0nQZc9Sd
>>953
報道2001ですね、見ました。
日本側の人選が会談前だからか無難な人しか出てませんでしたね。

その韓国議員の発言も所詮は政治的発言ですよ
日本を攻撃していると言うパフォーマンスと見るべきでしょう
韓国は戦時中は日本だった訳で、激戦地でもなんでもない
日本人として戦ってくれた朝鮮人も靖国に丁寧に奉られてる訳ですから。
誰も靖国参拝で傷つく人などいないのですよ。

ちなみに韓国が靖国問題を出してきたのはほん最近です
今までは教科書と竹島問題がすべてでした
要は韓国でも靖国問題は政治的に作り出された問題なのです

つまり誰も靖国参拝で傷つく人などいないのですよ。


960 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:44:43 ID:0JnOVXdd
>>958
確かに同意。

僕の持った感想では
日本側の政治家より韓国側の方が
論理的だったし、知識もあったし、建設的でもあった。
日本の政治家勉強足りないよ。

961 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:46:21 ID:FUJ57RpM
>>957
未だに徴兵制を続けたり、軍事費増やしたりしてる韓国の方が、よっぽど軍国主義なのにねw

962 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:46:39 ID:0JnOVXdd
>>959
確かに靖国で韓国が文句を言うのは筋違いだが
靖国のイメージがドイツのハーケンクロイツと同じようになってしまっているのだろう。

963 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:47:42 ID:0JnOVXdd
>>961
確かに、
しかし、日本が核武装するかも
なんて本気で考えてるのが驚いた。

964 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:50:16 ID:PuFr7kC9
歴史認識が多くの利権やらに利用されている事実も考慮しろよ。
純粋に「歴史に対する考え」というだけではないんだよ。

965 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:50:54 ID:zJssyC7S
>>963
日本はウラン濃縮とか再処理とか、他国が禁止されてることまでやってるからね。
メキシコの非核会議でも、日本⇔欧州の通り道にある諸国から核を持ち込まない
でくれってクレームがついたらしい。

966 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:51:31 ID:THkGXXZU
>>941
あの程度でびっくりしてるんだったら、お前は今後この国で生きていけないな。
少しは歴史勉強しろ。お前が実は少数派になってしまってる事も自覚しろ。

967 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:52:43 ID:5ldSKjMY
>>958
中国は戦勝国としての特権は持っているよ。それが国連での拒否権と核武装だろ。
日本やドイツにはどちらもない。代わりに連合国の敵国としての条項は
今だ削除されない。戦争に負けたからだな。

>>964
外交や軍事も実はそうだ。

968 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:53:18 ID:0nQZc9Sd
>>954
あきらかに次元の違う問題です。

原爆は「戦争行為」ではなく、
一般市民を標的にした「完全なる虐殺行為」なのです。

靖国参拝は慰霊行為です。
原爆バンザイカーニバルと「死者を慰霊」では全く比べる事のできない話です

事実誤認と申されますが、何を事実誤認と思うのでしょうか?
説明くださればある程度説明は致します



969 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:53:57 ID:0JnOVXdd
>>964
そういった部分も考えていかないといけないだろうね。

>>965
結構いろんなことやってるんだね。
河野なんかも
やろうと思えば、実験しなくてもシュミレーションだけで我々は持つことができますよ。
って脅かしてたよね。

970 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:56:47 ID:5ldSKjMY
>>968
その慰霊に区別だか差別だかがあるのが問題だけどな。
天皇への忠義が基準ってーのは現状では無理があるだろ。

971 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:58:48 ID:0nQZc9Sd
>>970
もう少し具体的にお願いします
ちょっと意図が分かりにくいです

972 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 17:58:55 ID:PuFr7kC9
zJssyC7Sはただの感情論かよ。
答えられない質問はスルーって、よくその程度でえらそうに語れるな。
意見の不一致は仕方ないとしても、がっかりするわ。

973 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:00:32 ID:zJssyC7S
>>968
慰霊のための「原爆祭り」って言ってるじゃん。
小泉のやってっるのも、慰霊のための「戦争賛美神社参拝」でしょ。

で、一般市民を標的にした「完全なる虐殺行為」を指揮したA級戦犯
が対海外では問題になってると思うが。

974 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:02:16 ID:zJssyC7S
>>968
>何を事実誤認と思うのでしょうか?
引用したとこ。

975 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:02:39 ID:FUJ57RpM
>>973
問題にしてるのは、韓国と中国だけなのだが。

976 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:04:38 ID:+T/Kr3Pj
>>961
気持ちはわかるけど、軍国主義は言い過ぎかな。
何代か前の、軍出身の大統領時代ならそう言ってもいいかもしれないが。
韓国は、民主主義を選択し、自国の軍隊を持つ普通の国の国でしょ。
もちろん、政治や国民の成熟度は違うかもしれないよ。
だから、韓国に「あなた方と同じように軍隊を持ってもいいでしょう?」
「そのためには、憲法を改正しなくては行けませんが、いいでしょう?」
こうした質問をすれば、理性的な韓国人なら、「軍備」→「日本軍」→「植民地時代」
これを連想するが、やむをえないとするはずです。
それと、河野議員は「本気になれば、四万トンの核材料があるから、核開発は十分可能」と暗に
発言していたと思ったね。



977 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:05:32 ID:0nQZc9Sd
>>973
原爆はモノですからモノを慰霊するというのは意味がわかりません
小泉首相が戦争を賛美した発言などしたことはありませんよ

A級戦犯が虐殺を指揮したなどという事実はありません。

そもそも靖国に参拝したら誰が傷つくと言うのでしょう?

978 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:06:03 ID:MmwgheI5
軍国主義って、べつに資本主義とか民主主義tか共産主義とかとは
ちがうからねw
たんなる俗語ですからw


979 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:07:51 ID:0nQZc9Sd
>>974
私がどこを引用したところですか?
ちょっとわからないのでもう少し詳しくお願いします

980 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:09:31 ID:4IXvbnGf
韓国は原爆を知らないからアテにならん

981 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:09:57 ID:FUJ57RpM
>>976
え〜と、
まだ朝鮮戦争は終わっていないので、平和主義国家とは言えないかと。

982 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:10:22 ID:0JnOVXdd
>>976
>それと、河野議員は「本気になれば、四万トンの核材料があるから、核開発は十分可能」と暗に
>発言していたと思ったね。

ここ面白かったよね。
北の軍備を止め切れなかったら俺たちも本気になるよっていう意味に聞こえた。

983 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:10:37 ID:5ldSKjMY
>>971
本殿に合祀されるかどうかは天皇陛下への忠義の程度で
区別があるだろってことだよ。
靖国神社はもともと雄藩の忠魂碑が起源だろ。

単なる慰霊碑ってーのは正確な表現じゃねーな。

984 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:11:15 ID:PuFr7kC9
>>973
それを証明できるのか?ただの想像だろ?
「不戦の誓い」と「戦没者への慰霊」だって説明しているのにそれを覆す根拠を示してみなよ。
文句を言うなら立証責任はそっちにあるんだよ。

>一般市民を標的にした「完全なる虐殺行為」
南京のことか?歴史検証もちゃんとさせない向こうの一方的な話だぞ。
言い分としておかしな部分も多い。
君の言う海外は中韓のみかね?

事実に基づいて話をしたいのに、君は脳内ソースオンリーだな。

985 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:14:33 ID:YFq8exuw
>>982
可能ではあるが実験をする場所が日本にはないから現実問題核保有は無理では?


986 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:15:10 ID:PuFr7kC9
河野はオヤジをなんとかしてくれ。

987 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:16:42 ID:0nQZc9Sd
>>983
祭神に区別はないですよ、誰もが平等に奉られています
慰霊碑ではないですね、慰霊施設ですね

988 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:17:55 ID:0JnOVXdd
>>985
実験しなくてもシュミレーションを使って作れるといっていたがな。

しかし現実問題核保有は無理だろうけど。
欲しいって思ってる日本人はどれぐらいいるのだろう?

989 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:20:01 ID:YFq8exuw
>>927
大阪は憂国を訴える前に手前の財政問題や間抜けな太田知事らを何とかしろ。
今のままだと2年後には財政再建団体入り確実だぞ。
>>962
ハーケンクロイツは言いすぎだと思うぞ>韓国議員ら


990 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:21:30 ID:+T/Kr3Pj
>>982
核保有には、米英の了解あってのこと。
実験場所は、アメリカに借りましょう。
>>986
反面教師でまともな議員に育ってるね。

991 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:22:05 ID:0JnOVXdd
>>989
靖国のイメージをあげるにはどうすればいいのかな?

992 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:22:19 ID:4VTw4uaM
事実として、日本人て昔から犯罪者?を祭ってます
日本独特の霊を大事にする習慣でしょうか
ですから、日本人にとって靖国が戦争賛美神社イコールではないです
中国と挑戦には理解できないから静かにしたいです


参考
平将門

http://www.mikubi.or.jp/

993 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:24:38 ID:0JnOVXdd
>>990
実験場は金出せばどっか土地が余ってる国から借りれるんじゃない?

994 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:25:15 ID:+T/Kr3Pj
>>991
今後、訪日を果たした国賓に参拝を自主的にしていただく。→
それを、首相がエスコートし、「世界平和のために日本は努力する事を●●大統領と誓い合った」
と発表する。

995 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:26:02 ID:YFq8exuw
>>991
坂本竜馬もまつられてますとか・・・
それでもA級戦犯が祀られてるイメージの払拭にはならないな。。

996 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:26:32 ID:5ldSKjMY
>>987
西郷はなんで祭られていないんだ?
会津藩はどうだ?

嘘はいけないな。鎮霊社で、、、なんて詭弁は通用しないぞ。
>>992
そうだよ。その寛大さが靖国にないことが問題なんだな。

997 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:26:33 ID:4VTw4uaM
>>992訂正
事実として、日本人て昔から犯罪者?も祭ってます


998 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:27:23 ID:0nQZc9Sd
>>994
横レスですが、大賛成ですね
やはりブッシュ大統領の靖国参拝希望が
実現しなかったのが今となってはもったいない気がしますね

999 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:27:50 ID:5ldSKjMY
>>997
藻前なかなか好い事言うな。後は任せたぞ。

1000 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 18:28:00 ID:+T/Kr3Pj
>>993
米英に了承を得ずに、独自の判断で実験をするってこと?
了承は得るが、実験場はどこでも探せるってことかな。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://money3.2ch.net/seiji/

497 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)