2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から24

1 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 01:22:44 ID:3VMjoS2y
前スレ
不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から23
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1113829359/
過去スレ・ミラーは>>2-3


2 :便臭臭杉:2005/05/09(月) 01:28:43 ID:baWH22cx
便臭臭杉

3 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 01:58:35 ID:4deGzciG

組織犯罪厳罰法

同じ詐欺でも組織犯罪なら厳罰になる

組織犯罪がわりにあわないようにすればヤクザもへる

4 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 07:30:33 ID:7h+DgxR6
乙です。
もうヤワザはコリゴリ。

5 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 12:28:27 ID:dvSHj5ya
報道無罪

6 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 19:27:46 ID:9M51+oys
ミラー http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%95s%97%C7%8D%C2%8C%A0%96%E2%91%E8%81@%83%84%83N%83U%82%CC&andor=AND&sf=0&H=&view=table&G=%90%AD%8E%A1%8Co%8D%CF

過去スレ
1  http://money.2ch.net/seiji/kako/988/988802017.html
2  http://money.2ch.net/seiji/kako/1025/10257/1025774627.html
3  http://money.2ch.net/seiji/kako/1032/10320/1032003273.html
4  http://money.2ch.net/seiji/kako/1036/10367/1036743132.html
5  http://money.2ch.net/seiji/kako/1038/10386/1038662779.html
6  http://money.2ch.net/seiji/kako/1043/10432/1043217648.html
7  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1049940217/
8  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1053160229/
9  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1062653248/
10  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1068216032/

7 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 19:28:16 ID:9M51+oys
過去スレ 続き
11  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1073334146/
12  http://money2.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1078566359/
13  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1083317053/
14  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1087437514/
15  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1089772295/
16  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1092420292/
17  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1098971679/
18  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1103174479/
19  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1106535910/
20  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1108625095/
21  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1110562904/
22  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1112367897/

8 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 08:44:05 ID:82TmZzfq
イラクでまた人質事件が起こったわけだが。
しかも今回は海外の警備会社(おそらく傭兵派遣会社)に勤務してる日本人だし。

9 :闇の声:2005/05/10(火) 11:35:24 ID:mk7Td7nj
JRの事故で、様々な事が関心の対象から消えてしまった
小泉にしてみれば、庶民が何名死のうが関心はないのだけれども、一応首相として
当たり前の言葉は発したね

ところで、北朝鮮の核ミサイルや核実験の噂などで北を巡る情勢がどうなるのか・・・
いろいろ聞いてみた
もっとも、小泉の北朝鮮に関する関心はすっかり無くなっているし、幹事長の武部に至っては
秋の人事で山拓か、あるいは中川に幹事長を奪われないか、そればかり考えているという

はっきり言うと、北朝鮮は核関連の情報を彼らなりの方法で流した方がメリットがあると考えている
それは、言うまでもなく対日圧力であるし、同時に韓国国内の反米、反日運動に拍車を掛ける狙いがある様だね
現状のノ・ムヒョンの外交政策は彼自身が何を言って、何をやっているのか自分でも判らないだろうと言う
彼が言う以上に韓国の、特に若年層が反応してしまい、その動きを止めることは政権維持に支障が出てくる
しかも、たとえばドイツでの発言でどんなに恥をかいても、韓国国内ではドイツが分からず屋であり
あの憎らしい日本の肩を持つ国だ、と言う認識だ
しかも、六カ国協議で中国は元より北寄りであり、ロシアは対米牽制で積極的な発言はしそうもない
となれば、韓国が北非難をする必要性もない
結果的に、六カ国協議は水泡に帰するだろうし、そうなればアメリカはやや分の悪い恰好で
北と対峙せざるを得なくなる
アメリカも、北と事を構える気は今の所無いし、出来れば中国と組んで北を押さえ込みたいのだけれども
そうするためにはWTOやアメリカ議会での中国非難を引っ込めなければならなくなる
それもこれも、ノ・ムヒョンのめちゃくちゃな外交政策の賜物だし、それに意見も定見も持ち得ない
小泉は当に犬っころだね


10 :闇の声:2005/05/10(火) 11:49:11 ID:mk7Td7nj
北の現状はどうなのか・・・だけれども、言われるほど困っていないし
事を構える気持ちはあるし・・・それ以上に韓国の若年層の北よりの態度が
金正日の気持ちを強くしたらしい
同時に、中国は物資を北に送っているので物心両面で安心していられる
この中国のアプロ−チに危機意識・・・安価な製造基地を失うと言う意味で、韓国の財閥も
何とかしようと動いているので、以前ほど孤立感はないだろうと言う
アメリカに対しては強硬姿勢を見せながら直接交渉に持ち込む構えであり、
日本に対しては慰安婦や連行問題などを持ち出して精神的なダメ−ジと、ミサイル実験などによる
社会的不安を創り出して、世論を四分五裂させたい・・・出来れば、韓国国内の反米感情と
反基地闘争を連動させることは出来ないのか・・・それを模索しているようだ
南北大学生の交流を通じて、金日成の正当性と反日闘争の歴史認定をさせたいし
そうすることで北が対日補償要求の正当性を主張できる
これに対する日本の対応は何もないし、ノ・ムヒョンがあんなでたらめをやっているから
首脳外交で解決できる問題ではない
結局、一時的に対北の拉致やミサイルなどは棚上げにされてしまうだろうね
小泉が先頭を切って、金正日に会うならともかく、もっと先に会わなければならない胡錦涛でさえ
あそこまで会おうとしなかった・・・
シュレ−ダ−には大好きなオペラ絡みで会うくせにね・・・

もっとも、菅直人の天皇退位説も、今更何を言っているのかと思った
退位した方が良かったという以前に、そのまま国民的統合の象徴として
戦後復興に果たした役割は、退位して責任を取るよりももっと大きかったと思う
自分は確かに、小泉の対抗馬として持ち上げていた時期もあったけれども
それはあまりに酷い小泉と自民党政権を下ろすための方便だった
あれを見る限り、菅直人と言うのは左翼崩れの政権亡者に過ぎない
今の皇室を見て批判するなら判るが、戦後復興を評価しない菅直人は
歴史を語る資格はないと思ったね

11 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:22:52 ID:82TmZzfq
>>10
もう菅や鳩山は身を引くべきだろう。
数年すれば政権交代できるんだから。
何しろポスト小泉の安倍の地元が今大変なことになっててこの展開しだいでは次期首相どころじゃなくなるんだからね。


12 :闇の声:2005/05/10(火) 13:03:05 ID:0YHqU8iq
>>11
普通の人の中で、志と能力のある人がみんなに推されて政治の道に進む
その様な常識がこの国にはなくなっている
誰もが、あんな安部を首相に出来ないことは判っていても、その安部を止めることが出来ない
限られた場所で、限られた人々が勝手に決めてしまい、それを国民は事後承諾させられるだけだ
しかも、大半が白けた状態で・・・
安部という人物は、例えて言えば幼稚園の砂場争いでも自分の係累をちらつかせて
理屈にも成らないことをわめいてみんなが退いてしまった後を、一人遊びしている大人みたいな物だ
安部が喋ると、みんな惹いてしまうんだよ
民主党はともかく、自民党内でさえ安部はダメだという人物はいるのだが、それ以上に
安部の愚昧さを利用したい官僚が山ほど居る
憲法問題を飴代わりにしておけば、国士気取りで訳の分からないことを言って悦に入るから、
その隙にやることをやってしまおう・・・
音頭取りは、もちろん森だよ
森に政策が判るはずはない・・・官僚が森に安部をコントロ−ルする・・・それも、野球のサイン宜しく
一挙一頭足を指示するだけだよ
その見返りに、森は文教予算を取り放題取り、利権を確保する
古賀が今更ながら、文教族的なことを言い始めたのもこの見方からすればお解りと思う

13 :闇の声:2005/05/10(火) 13:09:12 ID:0YHqU8iq
安部の地元のことはともかく、安部の最大の欠点は議論が出来ないことだ
小泉のような、無知故のパフォ−マンスも出来ない
もっと言えば、側に誰かついていなければ、後ろに応援団が居なければ何も出来ない
根っからのおぼっちゃまであり、根っからの間抜けだ
諸兄はお解りと思うが、無知なおぼっちゃまほど困る物はない
秩序は乱すし、それでいて目立ちたがりであり他人を妬むことは凄まじい
だから、ライバルを潰すことだけは熱心だよ
NHK事件の時も、取るに足らないことを熱心に述べていたが、あんな事まで
取り上げて椿を飛ばして喋っているのを見ると、本当にこいつはちっぽけで
国のことも砂場も一緒だなと思った
まともに議論も出来ないし、語るべきビジョンも政治哲学もない
あるのは、父の無念を自分が晴らして誉めて欲しいと思う甘えだけだ
ファザコンの最たる物だね

14 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 13:09:26 ID:bRkZxTUV
>>12
>誰もが、あんな安部を首相に出来ないことは判っていても

そんなことはないと思います

15 :闇の声:2005/05/10(火) 13:15:38 ID:0YHqU8iq
森も実は、ファザコンだ
それ故に、ファザコン男の扱いには慣れている
町村も、谷垣もそうなのだが父親と比較されることが宿命だ
ところが、町村や谷垣は官僚だったり弁護士だったりという自分の中に
もう一つの自分を持っている
安部にはそれがない
父親という偶像があって、その偶像を持ち出されれば何も言えなくなる
森は愚妹故ずいぶんバカにされた時代があって、その時父親的な接し方をされた政治家には
ずいぶん精神的な支援をして貰った
それと同じ事を、安部にしてやってるだけだ
この様なちっぽけな人物が動かしているのが、今の自民党政治だよ
しかも、若手は全部潰されてしまって、残ったのは物をまともに話せない安部だけだ
理屈や理念が、この政党では通用しなくなっていることを国民は知るべきだ
それ故、竹中という袖の中の狐が跋扈するのだ

16 :闇の声:2005/05/10(火) 13:18:22 ID:0YHqU8iq
>>14
安部はそれほど良いかね?
安部の政策提言なんて、せいぜい経済制裁ぐらいの物だ
それも感情的に言っているだけだ
継続性もない
その時受けることを熱に浮かされたように繰り返すだけだよ

17 :闇の声:2005/05/10(火) 13:19:48 ID:0YHqU8iq
言い忘れたが、安部のもう一つの欠点は数字に弱いことだ
だから、年金問題などの数字絡みになると、もう手も足も出なくなるよ

18 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 14:10:48 ID:Jlo9FLXv
>理屈にも成らないことをわめいてみんなが退いてしまった後を、一人遊びしている大人みたいな物だ

で、トグロを撒いてる蛇をみなの為に追い払おうと格闘してただけさ

19 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 14:27:28 ID:PbYdwpGk
誰も寄り付かない砂場の蛇より家の寝たきりの家族を心配してくれ。


20 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 14:31:29 ID:erTFO5n/
安倍なんて小学校から成蹊のおぼっちゃんで受験勉強も政治や経済、法律の勉強も
腰を据えてやったことなんてない只の馬鹿だろ?
爺さんや親父が東大卒で金も権力も土壌も最高の環境なのに成蹊大学卒業って
救い用の無い馬鹿だと思うんだけど・・・・・
成蹊大学卒業が馬鹿というのじゃなくてこれだけ恵まれた環境でそれはないだろって感じ
IQが低すぎるかよほど怠け者かのどっちかだな
どっちにせよそんな奴が国会議員やってるなんて馬鹿らしい
ましてや総理の最有力候補なんて呆れてものが言えないよ
谷垣も町村もおぼっちゃんだけど安倍は閨閥的に見ても本当に最高の環境なのにな

21 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 14:36:18 ID:Jlo9FLXv
砂場ってのは電磁派を取るのにいいみたいだね

22 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 15:25:46 ID:gMPcQOx3
特に擁護してもしょうがなさそうな人を敢然と擁護し続ける人が今ここに。

23 :闇の声:2005/05/10(火) 15:27:14 ID:6G0mVoBt
今日は、久し振りに午後に来客も何もない

民主党の内情の話を聞いたけれども、結局小沢もここまでなのかなと思った
岡田を下ろせないばかりか、鳩菅の復活を招きかねない状況に成りつつある
しかも、民主党に対する評価は下がる一方であり、これが郵政民営化論者を
元気づけている
今選挙をやられてはたまった物じゃないから、積極的に政権交代を言い出せない
言われっぱなしに成りつつある
小沢の不満というのは、前原にしても枝野にしても特に野田にしても、全くこの四年間で
成長しなかった
菅直人の走り使いで、結果的に政策の独自性を何ら打ち出せなかった野田に関しては特に
後継の可能性無しという評価が固まりつつある
政治好きのオタク政党・・・それが民主党なのかも知れないね

徐々に政局になる可能性が下がりつつある
それは、自民党内の反対勢力が切り崩されつつあり、しかも金融政策に詳しい塩崎などの
若手が窒息させられているからだが、それでも民主党の動きが活発ならばそれに呼応できる
しかし、それも適わないことだから結果的に長い物に巻かれるしかない
中川は使い道のない男だけれども、若手を脅すことだけは上手だね
かなり凄むらしいよ
もっとも、あの程度の男の凄みで引き下がるならば政治家としては可能性は全くないね
この二ヶ月で、小泉は足許強化をしてしまった


24 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 15:30:47 ID:7d7aSxkH
>>20
その土壌ならかなり馬鹿でも慶応くらいは行けるはず。
東大生を家庭教師につけてやっとこさ成蹊ってのは泣けるね。
友人に某私大の附属高校出身者がいる。
そいつが高校在学中に慶応の付属高校から転校生があったそうだ。
親のコネで慶応に入ったもののあんまり馬鹿でついて行けず
某私大附属高校に移ったらしい。
親が優秀でどんなに金持ちでも限界と言うのはあるらしい。


25 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 15:33:16 ID:Jlo9FLXv
>>22
両親や上司を選べない、と固定したのは君たち大野だ

26 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 15:56:19 ID:jALalxyc
野田佳彦にはちょっと期待したことがあったけど駄目だね
一般的な知名度なんて全然上がってないし・・
原口某の阿呆みたいに髪の毛を茶色く染めてバラエティ番組に出ろ
とまでは言わないけど、国民にもっと積極的に働きかける努力をして欲しい

27 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 16:04:20 ID:jALalxyc
そういえば前原誠司が同僚議員と不倫してるってのが週刊誌の記事になったけど
全然話題にもならないのは知名度の低さからか?
かわいそうだね(笑)
再度代表選に出るときに湧き上がってくるか?


http://www.93co.jp/index1.html
http://www.93co.jp/profile.html

28 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 16:22:41 ID:klGJM7Pc
「何もしない人ほど批評家になる」 

 自分に自信がない人ほど、自分の素晴らしさをアピールすることに全勢力が注がれます。
 だから、人の話は耳では聞いていますが、心からは聞いてはいない。まさにウワの空です。
 興味があることは、自分がいかにスゴイ存在と高く評価されるかどうかなのですから。

 考えの中心が「自分だけ」で、信頼していないから、攻撃的になってしまうのです。
 自分自身が、仲間や社会を信頼していないと、「世も末だ!」と真剣に悩むのです。
 これを「マイナスの投影」といいます。自分の世の中の見方が、世界を決めます。

 恐ろしく攻撃的なリプライは意見と言うものではなく、何かに苛立っている。

 たとえば、ある奥さんが「隣の家、リフォームですって」と言った場合。
 それに対して「リフォームがすごい事か! 隣の家は車が国産の大衆車じゃないか!」
と関係のないところで「自分の方が偉い!」「俺の方が勝っている!」とアピールする。
 何気ない会話で機嫌が悪くなる亭主の人間的小ささに、奥さんは離婚を考えています。
 
 自分がバカにされないことに意識を集中する。劣等意識による「引き下げの心理」なのです。
 批評することで「自分の方が偉いんだ!凄いんだ!」と確認しなければ、気がおさまらない。
 だから、良いところより、批判することにのみ、すぐに意識が向く。

 映画の批評文ばかりを見て、舞台が悪いとか流れが問題とか、退屈と苛立ちにアグラをかいて、
批判するより、一生懸命作っている人達の方が人生を楽しんでいるし、心からの友達も多いはず。

 何もしない人ほど批判精神ばかりを育てて人生を孤独にする傾向があるのです。
 批判ばかりがクセになると、自分の小さな行動に対しても「くだらない」「意味がない」
と自分に対しても批判精神は向いてしまい、自分の前向きなエネルギーまでもが枯渇してしまうのです。

29 :闇の声:2005/05/10(火) 16:26:35 ID:FEqO9Mxi
結局、菅直人にしろ鳩山にしろ後継を育てていない
鳩山に関しては、事実かどうか知らないがこんな話を聞いている
鳩山の家に招かれたある若手議員は、家に呼んでくれるのだからそれなりの
理由があって政局に関しての話しなど、いろいろあると思い自分の得意分野の資料など
用意していった
ところが、家庭料理を振る舞われて、政治と全然関係ない話しをした上に下手な歌まで聴かされた
「外で飲むよりも、こう言うところの方が良いでしょう?僕は、外で飲むのは好きじゃないんですよ」と
そんな話しに終始したという
鳩山は、生臭い話しになると逃げてしまう
しかも、腹を割って話す事はしない
だから、御神輿を担いでいる議員は何時上が逃げ出すか判らないと言う
恐怖感を抱いている

菅直人は、若手を怒鳴りつけるのはあまりに有名だが、それが行きすぎていつの間にか
後継者を潰してしまった
しかも、自分の言い出したことは絶対に曲げないので、相手は辟易していつの間にか
菅直人の意見だけが通ってしまう
誰も、向かい合って意見を述べ合うことはしなくなり、それがいつの間にか裸の王様状態になった
小泉も似たような話しだね・・・もっとも、小泉の場合には言葉になってないけれどね

30 :闇の声:2005/05/10(火) 16:32:18 ID:FEqO9Mxi
>>28
そりゃまるで、自分に対して向けられた言葉だねえ
そう思うなら、そう思えばいいさ
言ってることが、鳩山そっくりだ
もしかして、本人とかな・・・

物の言い様で、良い煙幕になることもあるんだよ
世の中、そんな単純じゃない
善人ばかりじゃないんだ・・・見透かされるような行動と見せかけて、
その裏側でその逆さまのことをするのが策士だ
自分は違うがね・・・

31 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 17:15:03 ID:iuDA9lXB
>>30
まさか28が鳩山さんとは思わないけど
氏はお気に入りのサイトは2ちゃんねると公言してますよ
熱心なユーザーみたいですよ(笑)


32 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 18:12:17 ID:jIzR6/Q8
>>29
2人ともマスコミに散々振り回された挙句ポイ捨てされたからね。
それで感覚が麻痺してるのかも。
それにしても今の政界の人材不足は深刻ですね。
民主党の場合枝野や前原や野田は人に例えるなら秋葉原の同人誌売り場辺りにたむろしてる人達状態だし。
(つまり周りが近寄れない)この体たらくなら岡田がマシに見えてしまいますね。
その岡田も藩屏はつくらないわ会合はもたないわで孤立状態だし。
あと小沢が岡田を降ろせなかったのは今回の補選で小沢塾の面々を擁立したから。
しかもそのタマが余りにも悪すぎた。
あれで岡田降ろしに走ったらそれこそ民主党は02年の二の舞でしたよ。


33 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 18:19:29 ID:jIzR6/Q8
>>20
というより先代の方は長男を後継者にしたかったそうだが本人が拒否した為PARの次男である晋三が後継者になったって話だ。
しかし安倍のお間抜けぶりはどうしようもないね。
嘗て小沢が「御輿は軽くてパーがいい」なんて名言を残してたが安倍にまんま当てはまるな。

34 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 18:28:56 ID:7d7aSxkH
>>33
「御輿は軽くてパーがいい」は至言だね。
ブッシュを見てるとそう思うよ。

35 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 18:50:54 ID:jIzR6/Q8
しかし民主党しっかりしてくれ。
このままだと日本中が無気力状態になるぞ。


36 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 19:05:45 ID:nTfzjRfN
グダグダになるための政党だからしょうがない。
主権を大陸に委譲とか口走ってたでしょ。
つまり、本当の民主党の本当の「頭」は当然外にあるか、
日本の中にいても日本人ではない。
どこの国の政党がそういうわけのわからん主張をするかw
しっかりなんてする筈ないし、これも想定の範囲内。


37 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 19:25:33 ID:jIzR6/Q8
>>36
民主党の主張を見て思うんだがあんたら「沈黙の艦隊」などかわぐちかいじ作品の読み過ぎだろと突っ込みたくなる。
200年300年先を行ってる感じがする。


38 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 19:49:39 ID:xybvtEJQ
>>34
つまり御輿の担ぎ手が優秀ならそれなりに何とかやっていけるんじゃないかと?

39 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 19:52:49 ID:PFivPuWo
>>35
民主党は小泉以上に「構造改革」的思想を持っている人間が多い。よって郵政民営化にも本腰を入れて反対す
ることができない。「しっかり」せんでもいい。「しっかり」されると日本はもっと悪くなる。

>>37
弘兼兼史の「加治隆介の議」にハマッていたのも民主党の若手だったと記憶する。ちなみに、
劇中の加治の主張は当時の小沢一郎にソックリだったと思う。弘兼が使っていたデータマン・編集者が
そういう人間ばかり取材していたのだろうが、あの漫画の主張は、党派を超えて90年代
以降の政界の中堅・若手に共通する気分を抽出していた部分がある。

かわぐちかいじもそうだが、90年代前半に天下国家を語る政治漫画が流行り、「こういうもの
が流行るからには、日本も何かが変わる」(かのような錯覚があった)
で、実際のテイタラクはこう・・・orz 弘兼は知らないがかわぐちは政治的には完全な心情
左翼だけどね(昔はそういう漫画も書いていた) 

2人とも全共闘世代になるんだっけ? 政治的には体制派「弘兼」と心情左派「かわぐち」なんだけど、
「改革」志向という点では共通してるんだよな。正直、迷惑w

40 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 19:56:47 ID:Jlo9FLXv
>>28
上には上が居る
 
近所のじいさんは、砂場の蛇捕まえてそのまま皮を剥いで、そのまま酒に入れて
その酒をガブ飲みってな変わったカウボーイじいさんだった

41 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 20:03:45 ID:jIzR6/Q8
>>39
民主だけじゃなく自民の連中もそうだった気がする。
安倍や石破を見て思うんだが最近の国会議員って純粋まっすぐ君が多くなった気がする。
彼らを見てると老獪な中国やアメリカと対等にやっていけるかどうか疑問だね。


42 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 20:26:24 ID:6afSVXOX
>>39
「竹中の」構造改革が許せない気持ちはわかるが、構造改革そのものが悪いわけではあるまい。
90年代に頂点極まった売国ヤクザ利権構造を見れば、改革が必要だと想うのは誰だって同じこと。

問題はそれをやる手腕と熟練を持った政治家がいるかどうかだが、
俺には石原首相しか考えられない。
石原が首相になれば、守旧の亀井派から、民主の松下政経組まで引っ張れる。
もう時間がない。
他に適任者など見当たらない。

43 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 20:28:28 ID:jIzR6/Q8
>>42
東スポで吠えてるようになっちゃもう末期的。
首相どころじゃないよ。
まあ都議選次第で小沢が動くことになりそうだな。
小沢代表樽床か藤井幹事長体制で。

44 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 20:30:03 ID:7d7aSxkH
>>38
その通り。
聖徳太子じゃないんだから一人の政治家でできることなんてたかが知れてる。
政治家としての資質より家柄が良くテレビ映りがいい人間が御輿をやればいい。
無能でパフォーマンスばかりやっている小泉の支持率はどうだ?
ああいう人間を御輿にして有能なスタッフを集めればいいだけ。
民主党も暗くて人気のない党首を早くすげ替えないと政権交代なんて夢のまた夢だよ。



45 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 20:33:28 ID:jIzR6/Q8
>>44
しかし安倍みたいに+ダーティーでは話にならない。


46 ::2005/05/10(火) 20:49:15 ID:x2h3IT5L
アシュレとバトラーとどっちがいいかなんて、少女漫画じゃあるまいし


47 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:21:42 ID:7d7aSxkH
>>45-46
わかってないねー。
ここを見てるような人間に人気があるかどうかなんて関係ない。
ワイドショー見てるようなおじちゃんおばちゃんに受けるかどうかだよ。
小泉をはびこらせてるのはそういう人間達。
それがわからないから民主党は政権を取れないんだよ。

48 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:39:53 ID:4aXqCG04
自民党と民主党の分裂が噂されているがどこまで本当なのか?
最近鳩山由起夫と綿貫が会談を行ったようだが
自民党反体制派と民主党保守派の合併および新党設立は現実的なのか?

49 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:43:12 ID:6afSVXOX
>>47
ほんとその通りだな。
テレビという痴呆媒体を通じた愚民化が、ここに来て衆愚ポヒュリズム政治として結実するとはな・・・

今、小泉以外で小泉に匹敵するお茶の間人気を持ってるのは安倍と石原だけだ。
となれば、もう石原以外に選択肢が存在しない。

俺はただただ石原政権を願い続ける。
政局に期しているからこそ、気配が漏れていないのだと思いたい。

岡田とか安倍とか、日本が滅ぶマジで。

50 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:46:03 ID:4aXqCG04
しかし石原も年だからね
今年中に自民民主分裂がなければ望み薄
やるなら今しかないんだが、、、

51 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:51:03 ID:x2h3IT5L
>>47
劇場型政治だから合ってるじゃないか

52 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:53:50 ID:jIzR6/Q8
>>48
それが事実ならそうなった方がいい。
これ以上悪化することも無いだろうし。
>>50
分裂してもついてくるのは亀井と小亀くらいだろう。

53 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:55:52 ID:+OnWoOzw

日本の近代化は遠いな・・・はあ・・

54 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 22:57:22 ID:ZBoeK72q
 土建屋、地方、若者、郵政など、次々と地場産業型集団の生活が破壊され、輸出企業とマスコミが既得権益者にな
る世の中が実現しつつあるね。

55 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 23:00:24 ID:+OnWoOzw
 
 って優香、もうなってるよ。

56 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 23:07:46 ID:x2h3IT5L
最近の映画ってデジタル処理が多くなって、以前の荘厳さはあまり無くなりましたね

57 :39:2005/05/10(火) 23:51:10 ID:I74IBYzw
>>41
恐らく、弘兼は石破や安部も取材したのではないかな? 当時はみな無根拠に「改革」を
信じていた頃だったね。

>>42
「いい」構造改革など幻想だよ。支配層・受益者層が入れ替わるだけ。>>54 竹中も本間正明(阪大)
や加藤寛(SFC、現・千葉商科大学長)とは昔からの知り合いなんだよ。
それこそ担ぎやすい御輿を探していた時に、そこにマスコミの人気者だった竹中が
いただけの話で、「改革」そのものはすでに進められ準備されたものだった。

58 :39:2005/05/10(火) 23:55:16 ID:I74IBYzw
>>53
世界的に新自由主義の流れが加速しつつあるのだろう。アメリカはレーガン以来、
とっくに弱肉強食社会が訪れている。日本も着々と後を追っている。

59 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 23:58:39 ID:jIzR6/Q8
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1142496/detail
こんなところまで二極化が。。

60 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 23:59:45 ID:H/x4DqFS
>>47
だから、公明党と国交相は仕事が速い。
女性専用車に、新型(といっても相当古い、鉄道板的には速度照査型)ATS
をドンドン付けますと言うわ…
だったら、宿毛の三セクが悲願の末延長した終端駅に突っ込んだ時に
なぜ同じことを言えんかった…
これができたのが野党なのに、支援者宴会でミソ付けて。

嗚呼。

61 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 00:16:21 ID:2V3GBRrv
http://www.nikaidou.com/clm1/050506/kai2.jpg

62 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 00:20:15 ID:B8MyCce6
意図的に情報を閉ざしてるな

63 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 00:28:03 ID:B8MyCce6
昔はアメリカでなんらかの事情があって日本に逃れてきてた優秀な人が
居てそういう人の教えも有ったりしたが、今はそういう人も亡くなって
しまってアメリカの一部でさえインディアン化消滅してるな

64 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 00:58:33 ID:uC+LPjKK
>>47
つまりワイドショーこそが諸悪の根源ってことじゃないか?



65 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 01:11:21 ID:uC+LPjKK
>>23
手としては
1.メディア対策として外部から優秀なブレーンを岡田に付ける
2.スポークスマンを設けて午前中と午後の1日2回記者会見を行い民主党の政策をアピールする
3.特定分野に優れた議員を候補者に加える
4.今テレビに出てチャラチャラしてる政治家は徹底的に干しあげる
少なくともこれくらいはやるべき。
後他に何かありますかね?


66 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 01:13:14 ID:KcLl2kNB
>>64
それは少し違うよ。
選ぶ人のレベルに合った人が選ばれてるているだけ。
民主主義の宿命みたいなものだ。
アメリカみたいに御輿担当と政策担当を分けて育てていくべき。
民主党が政権を取りたいなら芸能プロからスタッフを引き抜くべき。
アイドルは作り出されるもの。
首相もそういう方向で考えるべき。

67 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 01:16:18 ID:uC+LPjKK
>>66
それをやってイギリスの労働党は議席を減らした訳だが。
これなら地味でも有能な人間が首相になった方がいいだろう。



68 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:04:59 ID:Gg3VbxQ1
http://www.sanspo.com/sokuho/0510sokuho093.html

69 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:16:01 ID:XvGM7ug3
test

70 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:16:38 ID:XvGM7ug3
2

71 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:34:56 ID:NAkZoDeJ
最も疑惑度が高かったのは、島根県で97.4%。
調査対象の78件のうち76件で落札率が95%を超えており、2年連続でワースト1
になった。

落札率は予定価格に対する落札価格の割合で、同連絡会議は落札率が95%を超える
入札を「談合の疑いがある」と判断。都道府県と政令市が02年度に発注した公共工
事のうち、1億円以上(7290件)について、各自治体に情報公開請求して、落札
率が95%以上の工事が全体の何%あるかを都道府県・政令市ごとに計算した。
同連絡会議は「宮城は入札書を郵送するなど業者間の接触を防ぎ、談合防止に役立て
ている」と評価した。
  
都道府県・政令市の順位と、落札率95%以上の工事が占めるパーセンテージは次の通り
 ●都道府県●
(1)島根(96%) (2)鹿児島(94%) (3)栃木(94%) (4)埼玉(93%)
(5)北海道(93%) (6)熊本(91%) (7)沖縄(90%) (8)宮崎(90%) 
(9)石川 (90%) (10)富山(88%) (11)青森(88%) (12)山梨(87%)
(13)奈良(87%) (14)福島(86%) (15)山口(86%) (16)福井(85%)
(17)新潟(84%) (18)千葉(84%) (19)東京(83%) (20)秋田(83%)
(21)佐賀(81%) (22)広島(81%) (23)岐阜(80%) (24)和歌山(79%)
(25)大分(79%) (26)徳島(78%) (27)岡山(78%) (28)愛知(77%)
(29)福岡(77%) (30)長野(76%) (31)高知(74%) (32)茨城(71%)
(33)群馬(67%) (34)山形(66%) (35)三重(63%) (36)京都(62%)
(37)兵庫(61%) (38)静岡(60%) (39)滋賀(60%) (40)鳥取(59%)
(41)岩手(53%) (42)長崎(52%) (43)大阪(46%) (44)神奈川(43%)
(45)香川(41%) (46)愛媛(40%) (47)宮城(10%)

この数字を見る限り構造改革では宮城の浅野知事が最強 
石原は、ほとんど成果を挙げていない 彼はパチンコの課税だけで終わりそう


72 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:53:34 ID:4BS0THHj
安倍さんて人気がある分、けっこう
叩かれますね・・・。学歴云々より、
国益重視で行動してくれる政治家を
望みます。成蹊大学でも一般の人から
見れば、十分な学歴だと思います。
羽田さんも成城大学卒で首相になれた
のだから安倍さんもいずれは、財閥の
支援とともに相応のポジションに・・・。

73 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:57:38 ID:W5qsRuuc
「闇の声」氏の文を読んで、納得が全然いかなかったのだが、
小沢一郎はなぜ岡田を下ろさなくちゃならないのだ?
自分の政党の大将を下ろすことがメインの仕事、メインの目標なのか?
なら小沢は民主党から出ていけよ。弱小政党の党首だったくせに何を勘違いしているんだ。

民主党若手(中堅)がダメだ? 民主党中堅をこき下ろしているのは、小沢一郎の子飼記者だろ?
アホちゃうか。小沢一郎の自作自演じゃん。さっさと民主党から出ていけよ。
民主党中堅は小沢一郎に騙されるほどバカではないということだ。田中康夫みたいなバカとは違う。

石原慎太郎に期待? どこのバカが寝ぼけて言っているんだ? 財界筋か?
小泉宗教右翼内閣の次は石原慎太郎霊友会内閣か? 
お前ら日本会議・日本財団系列の犬か?

74 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 02:58:59 ID:W5qsRuuc
>>72
韓国の犬で、韓国旧軍事政権勢力のために日本を売り払っている
最大級売国野郎の安倍晋三の何にお前は期待しているんだ?

75 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 03:03:07 ID:W5qsRuuc
だいたい、小沢一郎といえば、ヤクザ・宗教利権の結節点の一つだろ。

そういえば石原慎太郎もそうだわな。

「不良債権」を解決させないゴミ中のゴミを、なぜこのスレで持ち上げてんだ?
脳味噌ウジ湧いているのか?
それとも、何代目「闇の声」だか知らんが、ヤクザ・宗教利権の
代弁スレッドに成り下がったのか?

76 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 03:26:04 ID:6yAyTu/p
>>72
とにかく公務員のレベルが低すぎるよ

77 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 03:26:44 ID:mCBVLZhA
石原慎太郎が好きなのは「闇の声」氏じゃないでしょw
一部、多分まだ若い人だろ。
気に入らない可能性のある情報は見ない、不快に思うだろうから調べる事も無い、って感じの。
安倍氏を支持しちゃうのも似たようなタイプだと思う。
日本青年社の問題とか色々あるし、ちょっと色々調べれば石原氏とか持ち上げる事は出来ない。
俺なんて意地悪いので「民主主義」自体にそもそも疑義を抱いている訳だが。
劇場政治にはもう飽きたよw


78 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 03:38:31 ID:6yAyTu/p
マックスAM
55年体制の否定から入ってるらしい

79 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 04:18:08 ID:kOaN6ite
小沢は今回の補選を取り仕切ったようですが、全敗しましたよね。
一見小沢もダメージを受けそうですが、実際は当然岡田のダメージが大。
民主党としてはもっと普通の候補を立てておけば勝てたかもしれないなのに、
元在日・車椅子という山拓を利するとしか思えない候補者を擁立して敗北。

小沢のキャラからして、自民党の一部との裏取引とか、民主党内での相対的勢力拡大
などなど、いろいろ考えてしまうのですが。

あと小泉を支持する理由で常に一番多いのが、「他にいない」という
消極的支持。ポスト小泉は誰も決定打とならない現状ですよね。
個人的には政界再編が起こるしか、政治に対する白けたムードを
改善できないと感じます。まあ担がれる顔ぶれが様変わりするとは
思えませんが・・・。

80 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 04:29:38 ID:GK1V+gVQ
>>79
みんなで改革ごっこばかりやっていてもねえ。今の日本の現状を変えるには、まずは
リフレ派を担がない限りどうにもならん。だが亀井も望み薄では・・・。

81 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 07:34:19 ID:+7f6l0yC
で、N速のウヨたちは、今回の日本人警備員拉致についても「自己責任」って
言ってるの?

82 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 08:38:07 ID:b2xefGkh
↑アメリカの犬には同情を寄せるらしい
明日は我が身ということか

83 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 08:59:02 ID:CX2RVJi/
>>79
小沢の追放が岡田にとって最優先事項なのかも

84 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 09:57:33 ID:mWxJSvjL
小沢と岡田は持ちつ持たれつだと思うけど。代表の権力があるから、いざこざに見えるだけで、
関係的にはそんなに悪いわけではない。年下が上役だからつきあいづらいというだけ。
交代するとしたら、解散総選挙の前だけど、正直小沢が本当に代表やりたいか疑問だ。

あと、岡田は代表やめたら、むしろ小沢や鳩山と仲良くなりそうだと思う。

それはともかく、いま、民主党がへんに人気が出ても日本のためにならんよ。
期待せずに放置しておいても、あんまり変わらん。

85 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 11:33:32 ID:0/RsED0v
>>79
>小沢は今回の補選を取り仕切ったようですが、全敗しましたよね。
小沢はあえてショボイ候補者を立てて、自民に貸しを作ったというのが通説

86 :2050年の未来からのメッセージ:2005/05/11(水) 12:04:19 ID:GJz+mK3g
小泉総理に伝えたい。日本を良き国家にするためには
私は「国会議員」の人員削減と給与を三分の一に削減することだと思う
NHKの国会討論を見ているとなかなか意見が決まらない
ムカムカする。日本を改革するのならまずは国会からではないかと思う
それと「国会議員」の定年退職は「有った方が良いと思う
なぜか、それは「無駄なお金を出さないため」です
そこで浮いたお金を「福祉に使えれば良いと思う」
それらがすべて正された時「日本国家の再建」ができるのです
そして出来るだけ「お金の無駄使いを減らし、できるだけ国民のために
使うことが出来れば「また大日本帝国が復活する」と思う


87 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 12:25:03 ID:i/rZXVrn
思うw


88 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 13:00:16 ID:j/0ptFMK
>>87
小泉は女を風呂にしずめて当然と思ってるホモなだけ

89 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 15:59:59 ID:NAkZoDeJ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1115771666/l50

芸能】日本人美少女さあや(入江沙綾)11歳Fカップ、中国「反日暴動」を止めた!?文春報じる

週刊文春が、「一人の日本人少女(の画像)が、中国の反日運動を止めた」という
ネット上の噂について報じた模様。

以下本文(抜粋)

いま、一人の日本人少女が中国の反日運動の流れを止めた――という伝説がネット上で流布している。
舞台となったのは中国の「百度」なるサイト。
検索サイトとして中国で有名な「百度」内にある反日系掲示板に、
日本人少女を名乗る書き込みが掲載されたのは四月上旬のこと。
(中略)
日本のネットではこう訳されている。
「日本の11歳の巨乳ロリドル入江沙綾が中国人民の皆さんに言うお!
大好きなお兄ちゃん、日本の美少女沙綾のおねがいです、反日のおいたをしないでください。
そうじゃなきゃ、あなたを嫌いになっちゃうかも。もし反日さわぎをやめて、中国の民主化のために
努力してくれるなら、すぐにわたしのおっぱいうpします!!!中国人民よ団結してください!!」

この文章には少女の水着画像が添付されており、この後、反日的な書き込みが激減、
彼女を賞賛する書き込みが殺到したのである。
「11さいには見えん。18歳だよ。萌えー」
「こう言う日本製品は排斥しない!」

(以下略)


90 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 16:08:52 ID:nccv+jBD
>>85
小沢の実力だべ? 小沢の実力なんてそんなもんだべ?
小沢は選挙に勝ったためしがないんだから。

マスコミには小沢子飼記者が多いから、そのことを無視した記事ばっかりだが

91 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 16:11:36 ID:e2swRkjR
>>89
そのうちバルキリーが空を跳びそうな話だね

92 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 16:25:48 ID:MQddahdi

慶祝!池田朝鮮人、順天堂病院で重体!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1115772774/l50

マジ?



93 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 17:14:32 ID:/REhx7L3


最近の家計節約TVのオンパレードはなんだ!!!!!
むかむかする。 ここは北じゃねえぞ。
アメリカの占領地だ。。。。

94 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 17:42:54 ID:e2swRkjR
近所の竹やぶにバルキリーが墜落したらしい

95 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 18:25:33 ID:0/RsED0v
>>92
もともと長くはないって噂があったから。
多分真実でしょう。

96 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 23:06:36 ID:HJ3oCWrZ
>>95
ソースが二階の屋根裏NKさんですからね。
連チャンフィーバーって事になるんでしょうか。

97 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 23:25:27 ID:uC+LPjKK
しかし最近のメディアを見てると大所高所からの冷静な報道が少なくなった気がする。
見てるだけで頭が痛くなるし。

98 :名無しさん@3周年:2005/05/11(水) 23:27:35 ID:b2xefGkh
ラジオのNHKはそこそこよい報道をしている
朝の6時40分からのビジネス評論はgood job

99 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 00:36:53 ID:S5/nBNsS
今年に入ってから企業やメディアなどのあらゆる分野で不祥事が頻発していることについて。
何か根本的な問題がある気がすると思うのは自分だけか?

100 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 01:55:04 ID:LEmBc6x0
100ならぬるぽ

101 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 02:11:58 ID:KkHjs7yL
>>96
二階堂コムを読みました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
変な人に会いました。

【5/10(火)18:30】

 本サイトメンバーで、全世界どんなところでも話が付くという
正体不明のジイサンがいる。ジイサンなんて言うと怒られるかもしれないが、
いまさらいいだろう。そのジイサンともう一人を交えて飲んだ席のこと。

 話が弾み、 「人材募集をそちらで掲載してくれないか?」という話が出た。
「で、どの会社ですか?」というと、外資系だという。「WEBサイトから調べて、
掲載してくれればいいから。」相当いい加減な依頼だ。依頼でもなんでも
ないような気もするが、一応掲載しておこう。

その1、CIA(アメリカ中央情報局)http://www.cia.gov/employment/faq.html

その2、FBI(アメリカ連邦捜査局)https://www.fbijobs.com/default.asp

 ・・・このサイトにFBIとCIAの人材募集を依頼してどうするんだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
のほうが怪しさ満点なのですが。。。


102 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 03:22:44 ID:+/1hUyfH
>>101

本当なのか、ヤバイネタ結構書いてるんで背後に大きな力があるように
見せかけているのか。イギリスのMI-5なんか求人出すようになったけど
どうなんかねぇ…。

それよか瀬島さんの方が心配だ。旧ソ連の強制労働をNHKでやってたけど
あんな中、良く生き残ってきたもんだよ。

103 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 03:58:38 ID:rqKv2Eit
>>102
実際はあんな事やってないと思う、NHKのあのドラマ嘘が多いもの

104 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 04:56:59 ID:3cxTJMql
つか瀬島氏は一応参謀将校なんだから兵隊より随分マシな待遇受けられたのでは?

105 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 07:12:15 ID:KXC2xy0c
>>104
早めに洗脳されればマシな待遇。
最期まで抵抗すると近衛さんの息子のように帰らぬ人になった。

106 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 07:45:05 ID:iTSV6C/f
>>101
http://blog.livedoor.jp/nikaidoucom/

「謎の御隠居」は本当のところ、二階堂こと小山の脳内に住んでいる。

原付バイクで情報収集 W



107 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 08:47:00 ID:b7kuG4Xd
瀬島って昭和天皇に名指しで批判された国賊だろ

108 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 09:07:33 ID:0RiXidci
何代か前の先祖が、雨の日に傘をささなかったから、それが何だというのだ。

109 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 10:49:42 ID:e2Fu0qlK
ライスVSプーチンのメンチ切り

http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&pdsweburl=pds.exblog.jp&imgsrc=200504/22/55/b0017055_93467.jpg


110 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 13:40:56 ID:+muGL0ZX
盗作が露呈

外注したフリーライターの仕業にする

さらに続々と盗作が露呈

ようやく内部の人間の仕業だと認める

しかし本人の記者会見は実現せず名前も公表されていない

どうせアウトソージングした相手でフリーの人間だし切り捨てやすいと踏んで責任を押し付けたら壮絶に自爆。
しかも往生際の悪い事に名前も出てこないし本人の姿もメディアには乗らない。

JR西日本と同列には論じれないが、実に素晴らしい倫理感と企業風土をお持ちのようでw

111 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:19:11 ID:S5/nBNsS
>>110
これじゃ危機管理会社がもうかる訳だなと納得。

112 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:21:39 ID:S5/nBNsS
とりあえず闇氏に質問
何で今年に入ってから各企業の事故や不祥事がゾロゾロ出てきたんでしょうか?
現時点で去年の2倍はある気がする。

113 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:30:19 ID:txYzizbA
来年はもっと増えるよ。

114 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:49:14 ID:LCzMvi+f


宮崎哲弥は信用できるか???
なんでもよく知ってるぞ!

115 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 14:57:53 ID:S5/nBNsS
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/05/post_1.html
気になった記事があったのでupします。

しかしクリーンを売りにしてる安倍もやってることが旧態依然だな。


116 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 15:34:52 ID:+/1hUyfH
>>112

違うとは思うけど、どっかの記者がネタの内容に参考にしようとしてる?
と勘ぐってしまう今日この頃…

117 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 15:50:18 ID:LCh0+jbg
人道支援目的のボランティアを、政府に批判的ということで徹底的に非難しまくり
金目当ての傭兵でも、イギリスに雇われている元自衛官ならば持ち上げる。
日本の民度には拍手を送りたいよ。

118 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 15:56:08 ID:cO2tWSpz
今の地方の日本民度はアラブより低い
 
だって、イラクでさえ戦闘地域でみんな選挙行ってるのに
なんで日本で行かないんだ?

119 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:10:22 ID:txYzizbA
「選挙に行っても何も変わらないよ。」

なんて言っている奴が多いんだよな。
誰から吹き込まれたんだろ?

120 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:21:19 ID:zMzrPxAi
>>119
多いね。だから漏れはそういう友達をこう呼んでる。
「おい、選挙に行かない非国民!」
そしたら、一人心を入れ替えて選挙に行くようになったよw

121 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:29:59 ID:Q3wGHNWH
>>117
その上、イラク人を助けるためのボランティアには自己責任を追求し家族を叩きまくる。
他方で、アメリカの利益のためイラク人を殺しに行った傭兵には自己責任を追及するどかろか
英雄扱いで家族は可哀想な人というスタンス。
この国の報道はとことん腐りきっているよ。


122 :119:2005/05/12(木) 16:37:30 ID:F3msFZx+
>120
俺もフリーターの女の子を選挙に連れていったことがある。
誘った場合は行くんだか、それ以外は行かないようだ。
普段政治を意識しない生活や思想信条を表に出させない
社会風土に問題があるのかもしれないな。
今のところはどぶ板と利益誘導ができる層化が有利になるんだろうね。

123 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:44:55 ID:KXC2xy0c
>>121
イラク人を助けるため?w
本当にそうならあの3人は叩かれなかったよ。
まあ家族の対応が最悪ってのもあったけど。
元ジャンキーでショタコンのボランティアヒッピーと一芸入試に失敗して有名になりたかったNGO代表の小僧と
元反戦自衛官のジャーナリストじゃん。
彼等の精神的オナニーがどうイラク人のためになるのかお伺いしたいものだね。
それより平和と人権と平等が大好きなサヨクの人たちは酷く差別するよな。
元自衛官で傭兵部隊あがりのセキュリティ会社の人間の命はどうでもいいのか?
潜在的な敵である自衛官やら警察やらの命はどうでもいいと思っているのかもしれないが
人類みな平等じゃないのかねw


124 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:47:38 ID:c4VtTnCe
>>123
元海兵のじーさんに話きけば、そんなのも戯言だと判る

125 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:52:42 ID:J+N9EbpF
>この国の報道はとことん腐りきっているよ。
確かに、政治経済はもちろん芸能、スポーツまでほとんどの分野で。

マスメディアの改革(中味も問題)が必要だと思うけどで誰も言い出さないね。

126 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 16:54:34 ID:KmRidfNm
>>121
なんで自分の命は自分に責任があることを完全に理解してる斎藤さんやその家族を、
さらに自己責任追求しなきゃならないわけ?

いきなりファビョるなよ。
命の論理に覚悟を持っている人々を評価するのは日本の文化だ。

127 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 17:19:18 ID:zMzrPxAi
>>122
漏れは、むしろ今の若者は、余裕が無さ過ぎるのが原因じゃないかと思うよ。
先行きが不安だし、10年後自分の会社がないかもしれない、
そんな状態で政治に関心をもてといっても、難しいしね。
本当はだからこそ政治に関心をもたなければならないのだけど。

128 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 17:35:58 ID:txYzizbA
>>127
あとマスコミは「政治は役立たず」とはおおっぴらには言ってはいないが
無党派層という言葉を使いすぎたと思う。
過半数の無党派に組しても意思表示ができない以上
分割して統治されてしまった。まさに死に票政治だね。

129 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 18:05:36 ID:jye0n5cw
職安の勤務地:イラクの求人はどうなったのだろうか?

130 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 19:12:15 ID:w3PatL3d
<OKさんより>
巨漢の秘書官は、実は在日2世であるようだし、(名前からもある程度わか
る)猪瀬も在日2世であるという。(親の名前からわかる)小泉は父方が在
日朝鮮人2世であるらしいといわれているため、そういった出目を隠し、日
本を全く愛していない売国奴政策を正当化していくためでもあるように見え
る。リタリンという覚醒剤と全く同じ成分のものを常用している人物はいつ
切れて戦争だと言い出すかわからない。

→よくよく見ると、飯島秘書官はあれに似てるよ。朝鮮人大物事件屋の許栄
中。奴の全盛期の写真と似てるもんなぁ。でも小沢と亀井というのも悪徳コ
ンビ。小沢一郎は竹下のスイスの裏金持ってるしいろいろ臭いし、亀井だっ
てもっと臭い。あれは警察官僚上がりの恐喝屋だからね。JALへのねじ込
みなんてのはまさにそう。やはりね、そういう利権目的の小物政治家はだめ
よ。伊東正義のような政治家はいないのかね。借家に住んで政治には自分の
カネつぎ込んで・・・小沢も母親が済州島だし、そういう考えを持てという
のが無理だろうね。「血」の問題だから。

http://nikaidou.com/column02.html

131 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 20:35:10 ID:mc+qCqlU
>>120
優しい奴だな。
主権の行使を他者に任せているのだから、俺は「おい、奴隷」と呼んでいる。

132 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 22:02:50 ID:C2fxEjXd
選挙の翌日の新聞を読む。自分が投票したかった候補者に一票追加する。
結果は全く変わらない。だから選挙に行く必要がない。
一般論ではまた違うだろうが個人的な理由としてはそれで十分だ。

133 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 22:10:44 ID:KmRidfNm
>>132
まあ選挙運動を直接手伝うってんならやり甲斐もあるけど、
一市民として一票なんて、何十万分の一でしかないわけだから、
つまらんといえばつまらん作業ではある。
テレビで観戦してた方が面白い。

>>127
今の若者は驚くほど短絡的で即物的で楽観的だと思うよ。
昔の人ってのは「男子たるもの生まれたからには何か事を成すべき」って
教育されてるから、真面目だし積極的なとこもあるけど。
今の若者は生まれた時から「頑張らなくていいのよ、好きなことを見つけてあなたらしく生きればいいの」とか
教育されてるから、自分の好きなこと以外はしたがらないし、何もしなくても何も感じない。
当然選挙なんて興味湧かない。

134 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 22:12:21 ID:255Mgu60
斉藤さんを責める気にはならない。
傭兵稼業なのだ。かねてから覚悟はできているだろう。

一方、いわゆる「イラク三馬鹿」と言われる人たちも責める気にはならない。
三人の行動に問題点はあったと思うけど、彼らなりに志を持ってイラクで民間の
立場で活動していたのだから。

自衛隊に入隊する気すらない、2ちゃんねるのひきこもりウヨどもに好きなだけ
叩かれるのは、さすがに可哀想な気がする。

135 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 22:19:38 ID:wev/kN3m
自衛隊の訓練より大学の方がキツかった

136 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 22:40:55 ID:S5/nBNsS
>>134
しかしどういう思想であろうと日本人である以上救出の為に努力すべきだと思う。
もっともアゴハシ付きでイラクに行って物取りにあった某コラム二ストみたいなのは論外だが。

137 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 22:58:18 ID:255Mgu60
>>136
あいつ、アゴアシ付きだったんですか?
某コラムニストは、「三馬鹿」を罵り、斉藤さんを「日本国にとって必要な人材」
と言ってました。

この人、どこかがおかしいような気がする。

138 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:17:09 ID:zhQmh82L
BSE騒動で自分の農場が破綻寸前になって、その負債を返すために
イラクまで出稼ぎに来たお涙頂戴のアメリカ人が居たけど、こんどの
「サイトー」は、どっからどうみても「戦争屋」。
テロリストが温情を示して解放される可能性は低いだろうね。

139 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:20:50 ID:6Ab//l/6
選挙に行けっていって、そいつが自民党や公明党に投票したらまた文句を言うんだろ?

140 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:24:09 ID:wev/kN3m
海兵隊に銃をつきつけられないと投票に行かないアラブ人と同じで良いと
言うのであれば別に構わない

141 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:30:33 ID:jye0n5cw
三馬鹿とか言ってるのは日本だけ
国際社会で恥晒し
中国と大差ないじゃないかよ

142 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:31:05 ID:sU9c3jSh
>>138
拘束された斎藤さんは重傷らしいから最悪のことも考えられるな・・・。

143 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:34:35 ID:C2fxEjXd
報道を見てる限りだとマスゴミは斎藤氏を助けたくないようだな。
弟の会見が気に入らなかったか?

144 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:40:35 ID:TioE8xK4
                   /放置しろと言ったって法律があるんですよ。
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡 < 国や政府が率先して法律を破ってもいいんですか?
                   \いいわけないでしょぅ。

145 :名無しさん@3周年:2005/05/12(木) 23:41:57 ID:jye0n5cw
助けるも何も日本は何も出来ない
まして今回は軍人だし最初から救出は無理だと分かりきっている

146 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 00:02:17 ID:0KqPRloK

地位、役職が高ければ批判しないのか? マスコミ
ハート社の関連会社のメンツにびびったか??

147 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 00:09:43 ID:G2mJHmyq
>>137
勝谷誠彦は元文藝春秋社員か? 激務だが高給のリーマン稼業を捨ててフリーになった訳だが、(今はもうやっ
てないかもしれないが)ゴーストに署名にタレントに、社員時代以上に稼ぎまくってるらしいじゃない?

仕事は出来るが軽薄なマスコミ人種の1人でしょ? 亡くなった橋田さんとも一緒にイラクに
行ったんだっけ? 橋田さんネタでも稼いでるし、こういう輩は転んでもタダじゃ起きない人種ですよ。

>>146
水曜のスパモニに小川和久が出ていたが、「民間警備会社という訳は正確ではない。
実態は民間軍事会社ですよ。それに、日本の外務省やNHKもああいう人たちを使っています。
知らなかった、みたいなことを言ってるのは大嘘です」と言っていた。

スパモニには事情に詳しいDがいたのか、「戦争の効率化・民営化」と言っていたね。
戦争も効率的・民営化の時代だと。背筋が寒くなるような話だが。

148 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 00:09:47 ID:1OehRDev
優秀な軍人だったことを報じればそれだけテロリストにとっては
憎むべき敵ということになる。マスコミもそれを知らないはずはないだろう。
そもそもこの件は事件にもならない。アメリカに雇われた傭兵が捕まったというだけのこと。
政府に派手に報道するよう頼まれたのかと勘ぐりたくもなる。

149 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 00:16:05 ID:tMbeWmHt
アフリカでは欧米企業に雇われた傭兵が紛争の当事者になってるのは公然の事実
スポンサーに不利なことは言わない

150 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 00:44:45 ID:i/34dPjG
>>148
酷な言い方だが、彼のポジションとしては自衛隊よりタチ悪いぜ。
下手に日本政府がしゃしゃり出るより、
請負先の米国と請負元の英国でやってもらった方が良さそうな。
しかも外務省は弱腰だしね。
これを2ちゃんウヨは見殺しと取るか英雄と取るかだな。

だから、上手く報道できないんだろうよ。

151 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 01:07:52 ID:1OehRDev
>>150
上手く報道する必要さえない。
報道しなければそれだけ相手を刺激せずにすむのだが。
まあ数字が取れれば後は知ったことではないのかもな
ついでに厄介な問題が片付けば外務省も一安心か・・・

152 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 04:59:32 ID:tRtnZHEn
>>151
> 報道しなければそれだけ相手を刺激せずにすむのだが。

これはまた大きく出ましたな。
・報道をしないこと
・相手を刺激しない報道
・相手に誇示するための報道
というのは全部違う。最近は使い分けできない奴が多いので、
政府自らが買って出るようになり、区別が付かなくなってるがね。

153 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 06:40:19 ID:+d5f9EZX
東京都副知事浜渦のスレ立てを依頼している者がいるが、
N速+では今のところスルー。

あそこの記者にとっては、都合が悪い話なのか?

154 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 08:47:19 ID:3vn505HT
>>147
以前NHKスペシャルで特集してた傭兵派遣会社とは違うの?

155 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 09:12:13 ID:xTIG/XOB
>>139
文句言わない。
高投票率の選挙を勝ち抜ける力のある党なら、その党が与党で大いに結構。

156 :闇の声:2005/05/13(金) 09:55:47 ID:Xq8v9sfE
>>112
この話をする前に、YKKの前会長だった吉田氏の話をしたいと思う
何故、その話をするかと言えば彼が徹底した現場主義者であり、社長室や会長室を
否定していた経営者だからだ
もちろん、独裁者だしそのやり方には批判も多かった

彼は、本社の一階の総務部にデスクを持っていたそうで、囲いも何もなかった
集金や納品、売り込みなど様々な来客がある
それを彼は全部見ていたし、何か事故があれば(現場での受傷事故など)即座に飛んでいった
会長や社長と言えども、一管理者に過ぎないし同時に一社員に過ぎない
特別扱いされれば、見える物も見えなくなる・・・
それにより、逆に萎縮したことも多かったし理不尽に首を飛ばされた社員も多かったそうで
功罪相半ばするのだけれども、徹底した現場主義と透明性は優れていたと思う

なぜ、今年になってトラブルが急増しているのか・・・だけれども、一つ言えることは
現場の能力を判らない、さらにヒュ−マンファクタ−を無視したリストラや
効率化をどんどん進めた結果、制御不能に陥っりつつある現場が増えているのでは無かろうか?
さらに、こういう話も聞く
それは、ダブルスタンダ−ドどころかトリプルスタンダ−ドまであって、社外とCEOと
現場とでそれぞれ共有している情報やマニュアルが異なる・・・
銀行や官庁対策で徹底した合理化や効率化のデ−タを出すが、実際にはそこまでで来ていない・・・
しかし、次期決算にはこうなりますと言う予想デ−タをCEOに出す
現場では事実が語られるが、時にはそれさえ管理者と作業員では異なっている
堀江が、企業は株主のためにあるとか言ったらしいけれども、企業は働いている人の生活の場でもある
確かに、無駄は省くべきだけれども、一部だけが高収入を得て、その高収入のために無理を強いているとしたら
その無理は何時か破綻を来す


157 :闇の声:2005/05/13(金) 10:01:54 ID:Xq8v9sfE
何のことはない、ヒュ−マンバブルだよ
お金が無くなったのが先のバブルなら、今度は人の能力が足りなくなった
さらに付け加えれば、様々なことをアウトソ−シングしたことで、結果だけが経営陣に報告される
途中経過を無視する経営陣も増えているから、これは当然従業員の志気にも響いてくる
徹底した利己主義が横行するから、自己保身しか考えなくなる
組織の横の繋がりが無くなり、緊急時の対応能力さえなくなる
全てとは言わないけれども、こういう組織が増えているのでは無かろうか?

日産のゴ−ン改革だって、聞いている話しと世間に伝わっている話はかなり違う
何よりも、徹底した情報操作とルノ−への忠節を誓ったゴ−ンが、日産の役に立つ部分だけを残して
後は切り捨てていずれはルノ−と合併をする
最初から、合併ありきのリストラクチャリングが本当の目的であり、その為の
納入業者選定とコストダウン、人の選別だという
彼は日産の従業員のことなんか、小指の爪ほども考えていない
それを気取られないために、パフォ−マンスをしているに過ぎず、金で買われた
メディアが持ち上げている
結果は、いずれ中国で判る時が来るだろう
その様な会社切り取りを容易にし、外資による介入をやりやすくしたのは
小泉改革の偉大なる成果だね


158 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 10:02:05 ID:VPVUCifD
斎藤氏を戦争屋みたいな表現で低俗に貶めようとしている左翼には同意できんが、
確かに彼は丸腰9条国家である日本では規定し切れない存在。

アメリカの武力の庇護の下で世界平和を語る今の日本には斎藤氏のことに口を出せないし、
口を出す資格もないのは事実。
余計なことはしなくてよい。

159 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 10:04:52 ID:mABaZtlh
今のところは斉藤氏の件でさほどの騒ぎは起こらないだろうかと。
今後問題が起きるとしたら、この件で触発された2chウヨの傭兵志願者が
海外で殺人を犯した場合、それを日本本国で裁くことができるのか
ということでしょうな。

160 :闇の声:2005/05/13(金) 10:12:05 ID:Xq8v9sfE
自分はかつて、反原発運動を行っているNPOの代表に会って話を聞いた後
原発の当事者にも聞いたことがある
その人物が定年退職後に「私も同じ懸念を持っているのです」と事実上NPOの
指摘した事実を認めたのには驚いた
何故、そう言うことになるのかと聞けば「組織に残らないと・・・生活がありますから」だった
何でも、徹底した情報統制が敷かれていて、少しでも社に不利な話しをすれば
クビは勿論のこと、懲戒解雇まであり得るのだという
それに、政治家も警察も関与しているから、手が出せないのが現実だという
もちろんこれは大げさな話しなのかも知れないが、あり得ることだなとは思った
JRの事故じゃないけれども、起きてからでは遅いのだ
一部の人間と、官僚や政治家のために多くの命が危険にさらされる構造にこの国は
成ってしまった
一枚のバランスシ−トの裏には、あの様な事故・・・もっと大きくなるかも知れない事故の
可能性が隠れていても、それは起きてみないと判らないのだ
機械でどうなる物ではない、考え方の誤りが破綻を来たそうとしているかも知れない
危惧が外れてくれることを祈るばかりだよ

161 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 10:19:56 ID:QrLITsdB
>>159
戦場で市民を殺せば殺人罪、パトロールしてても殺人罪の共犯が成立。
被害者は複数だから、疑いなく死刑のはずだけど検察が起訴しないだろうね。
自衛隊の官舎で市民団体が正当な意見を世に問うためにビラを撒こうとすれば
住居侵入罪で起訴されるんだけどね。
右翼に甘く市民には厳しい、この国はダブルスタンダードだからね。

162 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 10:33:58 ID:mABaZtlh
>>161
国内ならそれもありうるけど国際問題にされたらそうも
いかなくなるよ。
そういう意味でも斉藤氏のケースは特殊であるとの報道は必要なんだよね。
憧憬の対象にするべきではない。

163 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 10:34:55 ID:TozWa0g1
むかし親父に、これ見とけって言われて見せられたのが
原発事故の四コマ漫画
 
ある発電所で事故発生、それを見た別の発電所の所長が笑ってる
理由を尋ねると、うちは猿に管理させてるから絶対安全!と胸を張る
んでみなズッコケ
 
俺は笑えなかったな

164 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 11:55:07 ID:BjpOcNjn
>>160
おっしゃることには同意しますが、なかなか現実は厳しいですね。
いわゆる世間で言う安全性を確保しようとしたら、コストに見合いませんし。
この板で何度となく議論されてきた、デフレや金に対する価値観を
変えなければ、さらにこの点事故は増える気がします。
加えて、2007年問題で、今後、経験豊富なベテランが引退していくのですし。
慢性的な人材不足はもう目前ですからね。

165 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 12:12:41 ID:mABaZtlh
>>164
原発の問題は現実は厳しいやコストに見合うなどという話ですむ問題
じゃないよ。
危機管理をするはずの現場作業員が、酷使により危機的な状態にあるかも
しれないという話だよ。
帳簿上の数字の認識や価値観なんてレベルじゃない。
一度大事故がおきたらその地域生活、日本の信用、経済は壊滅的な打撃を受ける。

166 :闇の声:2005/05/13(金) 13:15:23 ID:QzdOlAlt
>>165
実は、このご指摘・・・危機管理という問題に関して、一番の問題点も
その現場意識の欠如にある
ご参考までに、二つの実例を披瀝しておく
(これは、いずれも自分か自分の周囲で起きた話しだが・・・)

ハイジャック対策で、ある人物(ご想像に任せるが、然るべき筋)から依頼されて
某国の特殊部隊の指揮官経験者でテロ対策の専門家を呼んだことがある
その国は、日常的にテロに曝されており当然テロ対策では世界最先端だ
然るべき人物は、ハイジャック対策の秘密会議に彼を呼んで、専門家の知識を役立てようとした・・・のだが
結果的に徒労に終わってしまい、彼は東京と京都でたっぷりと日本情緒を楽しんで帰ったのだった
それどころか、彼の所にはある筋から圧力が掛かった
「その様な人物と接触すれば、貴方もテロリストの一員と言う事ですよ」

そのハイジャック対策会議は、警察と航空会社が主催者であり当時の運輸省が参考人として呼ばれたのだが
参加者の全てがテロとの闘いどころか拳銃も握ったことが無く、テロリストと遭遇したことがない人物ばかりであり
過去の事例を引いて空論を繰り返しただけに留まったという・・・ここでさらに問題なのは、もし新たな
ハイジャックが起きた場合、その会議は責任を負うべきか否かという法律論に成った挙げ句に弁護士を呼んできて
仮にハイジャックが起きても、それに対する責任は然るべき部署が負うのであってその会議は関係ないと言う事だった
つまり・・・参加者は最初から自分の責任に一番興味があって、過去の事例を話して日本の実状との違いを確認しただけだった
ハイジャックの対策会議ではなくて、ハイジャックが起きたときの責任対策会議と言うのが本当のところだった
さらに・・・こういう無責任な発言があったという
「まあ、自分が乗っている飛行機がハイジャックされたら、その時はその時で運を天に任せますか・・・アハハハハ」



167 :闇の声:2005/05/13(金) 13:26:23 ID:QzdOlAlt
なぜ、その専門家の意見を聞かなかったのか・・・
意見を聞けば、その通りしなければならないし、そうなれば当然会議の主催者である警察のご意向にそぐわないことを
全員知っていたからだ
警察は警察で、自分達の知識の無さがばれることを嫌がった
つまり、責任を取るためには実行が伴うがその実行を嫌がっただけだ
そう言うわけで、今日も水際でハイジャックを防いでいる毎日だね
その知人は、こう言っていた
「我々五人とナイフが十本あれば、○○空港の機能をストップさせることが出来る
その後、ハイジャックすればよい・・・無防備なこと限りないね」

もう一つは、その原発のことなのだけれども
テロ対策と言うよりも日常のマニュアルをどのくらい遵守しているのか、さらに安全対策を
どの様にしているのかと言った質問に対して、「きちんと答える」のではなく
「相手にしない」対応を教え込んでいると言う事だね
さらに、危険極まりないのはコストを押さえ込むために部品の交換や保守点検に関するコストを
どのくらい切りつめられるのか・・・それを現場を知らない管理部門がさながらコンテストのような感覚で
現場に押しつけていることだ
これは、反原発のNPOが言う事なのでそのまま丸飲み出来ないが、原発のコストは
発表されている以上掛かっていて、全く採算がとれないし本社筋からは現場に対して
徹底したコスト意識を言われていると言う
しかし、安全に関わるコストは削減できないし小さなトラブルは起きているので
思うほどのコストダウンは出来ない
その現実を言えば、結果的に原発不要論になってしまうから無理矢理数字を作って
尚かつ現場抜きのコストダウン活動を押し進めている
遵守されるべきは数字であり、そこに何かあった場合のリスクヘッジは何も考えられていない
何か有ってからでは遅いのに、対策は社内向けの数字合わせに終始している


168 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 13:37:29 ID:vsF8xi1T
サヨクがサイトーを戦争屋みたいな表現で貶めようとしているって
どっからどうみてもこの経歴は「戦争屋」そのものですが。
せいぜい良く言ってみても「傭兵」だよ。

169 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 13:42:08 ID:BjpOcNjn
>>166
弁護士を呼んできて云々という話、面白いですけど、リアルすぎて笑えませんね。
この話にも関連しますが、どうも責任責任と世の中騒ぎすぎなんじゃないでしょうか。
JRの宴会話にしても、事故がおきたからといって全員謹慎処分、
結婚式も何もするな、とはいえないわけですし。
とどのつまり、マスコミの面白おかしく伝える報道によって現場が
萎縮してしまっているというところになってしまいそうですが。
そして、その背景には、CM費の抑制で、数字の取れる報道が必要という
マスコミの台所事情もある。
まさに負の連鎖ですねぇ。

170 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 13:59:00 ID:hya19AXJ
鉄道つながりで闇の声さまに質問

最近一部で「東京の地下鉄の多くは戦前、戦中に掘られた」説が話題なんですが
実際の所どうなんでしょうか?
加藤紘一も示唆していた永田町周辺の地下通路は公然の秘密ですが
自衛隊基地を結ぶ有楽町線や車両は小さいのになぜか標準軌(歴史ある銀座線や丸の内線と同じ)の
大赤字な大江戸線など不思議な点も多い。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050512-00000149-kyodo-pol
最近出てきた上記の話や大江戸線などの高額建設費はどこに消えるんですかね?



171 :闇の声:2005/05/13(金) 14:31:14 ID:QzdOlAlt
>>169
メディアには、独裁者が居るからね
自分の感性だけで、犯罪者呼ばわりして問題の真相をすり替えてしまう
しかも、権力者には楯を突かずに巧妙にすり抜けてしまう・・・
視聴率だけを云々するから、一人の人間だけに頼ることになる

>>170
様は照れますな・・・
永田町周辺の地下通路は5.15事件の反省から首相官邸から今の
赤坂東急近くまで脱出できる地下トンネルを掘り、その後戦争もあって
延ばしていったのが事実だね
東京の地下鉄路線を決めたのは、かなり前のことで当然その頃は東西冷戦だった
昭和三十年代にはあらかた決めていたと記憶している
確かに、有楽町線と半蔵門線など非効率な駅配置や路線などが多いね
重要な拠点は戦前から計画されていたと言うのが真相ではないか?
大江戸線のことは良く知らないが、相当深く掘り下げたために工事費もかなり掛かったと聞くが
同時に都営地下鉄はよろず無駄が多いね
浅草線の赤字対策を一生懸命講じているけれども、元を正せばお国と銀座線に遠慮して
わざわざ人の通らないところを掘っていったのでどうやっても赤字だよ
もし、日本で始めての地下鉄廃線が出るとすれば浅草線の五反田−西馬込だそうだ
(実際には車庫があるので、やりたくても出来ない)その位、真っ赤だ


172 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 14:40:36 ID:SU59yVtZ

そういえば大江戸線の駅って
入り口からホームまでやたら距離があるな。

173 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 14:57:04 ID:3vn505HT
>>156
この分だと来年も同じことが続くでしょうね。

174 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 17:54:28 ID:lcJ2iMpM
竹内結子妊娠3カ月、中村獅童と結婚
の報道の陰にシノラーと中村が交際し
ていたことに触れられないのは何故だ。

175 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 18:23:12 ID:6ykBo7kC
パンチに欠ける。

176 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 18:31:12 ID:5f3bH3ub
これか。地下鉄。

この本、けっこう売れたみたいだよね。
ttp://homepage3.nifty.com/norikoakiba/

177 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 18:37:53 ID:17LZ3ShB
・制服着てるのは軍関係者では無い(そうとは限らない

178 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 18:48:01 ID:17LZ3ShB
・世の中には座敷童のように、居るだけでマーシャルサービスに成る人が居る

179 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 18:50:40 ID:ksPYN1kx
>>176
ちゃんとツッコミスレもあります。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1098714534/

180 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 19:26:33 ID:BjpOcNjn
総務省、郵政担当2幹部更迭へ…首相側の要求受け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050513-00000407-yom-pol
 政府は13日、総務省の松井浩総務審議官と清水英雄郵政行政局
長を郵政担当から外し、事実上更迭する人事を固めた。


これをみて二つのことを思った。
1やはり、小泉・飯島ラインは確実に力を持ってる。
2道路公団のときは、何もしなかったクセに。

181 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 20:57:18 ID:t/BIeZJU
           人
          (;:.:.:__)
         (;;:::.:.__.;;)
        (;;:_:.__ξ+;; .)
       ,,.(;;;:::.:.. .:;;::;:;:;;´).、
       禿しねば〜かw禿
     禿 ○。         禿 
    ノノ)            从    
   ( i从〓〓      〓〓从  
  从从-=・=-      -=・=-从     
  从从        l       从)   
  (从:.|.∴ヽ    V⊂'⌒^^ヽ,∴人)
 (人人| ∴!  ー==(     l从人)  まぁそういうなよ(笑)
 (人人| ∴!    ̄ `| \∴|从人)   
 (人人| ∴!      `、   \|从  
.(人人人______`、   \人人       
/    \ヽ `ー--‐‐'j   |      ヽ
.    r‐-‐-‐/⌒ヽ-    ヽ、    i
ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノヽ  ビシッ      |
ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒) |_     /
ノ^ //人  入_ノ´~ ̄  | 

182 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 21:34:49 ID:WwN4mgVI
>>156-157
>>112で闇氏に質問をしたものです。
お答えいただきどうもありがとうございました。
これから来年にかけて団塊の世代が大量退職することを考えると恐ろしい事態になりそうですね。
闇氏が言うようにただでさえ人の能力が足りないのに能力のあるベテラン達が大量退職すれば来年はもっと恐ろしい事態になるのではないかと危惧しています。







183 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 21:46:00 ID:bJSp2mPa
>>170-171
>永田町周辺の地下通路
これは、千代田線や有楽町線、半蔵門線が相互乗り入れできるだけでなく、
非常時だけでなく日常保守用にも使われている。

都営地下鉄の合理化が進まないのは直通相手・規格がみんな違っているため、
コスト削減にならない。
東急目黒線を経由して東京ドームに行くのに電車を間違えると運賃が数割違うと
いうのが典型例だ。大江戸線の車両が小さいのは予算不足でトンネル径を稼げ
なかったため。それを解決するための秘策がリニアモーターカー。
石原が都営とメトロの統合策の推進なんていう地味な政策はやりたがらない。
東京メトロは政府と都の折半出資だったっけ。

東京の地下鉄路線の策定の走りは戦前から。東京メトロの正式社名が原点回帰と
いうのが興味深い。民鉄各社との競合を避けるため山手線内は免許を棚上げし、
戦後になって地下鉄計画による相互乗入・調整型の導入を図った。
それで一番無理をしたのがその最初であった日比谷線。まさにあの脱線事故の場所だ。
この大都市圏相互乗入方式は営団方式と共に高度成長期の都市鉄道輸送の効率向上に
一役買った。
有楽町線や半蔵門線の駅が不便なのは後発なため。併せて、主要な道路の下に路線を
通すのが諸法令の都合から基本であるため、どうしても不便になる。今後の都心地下鉄は
建設からメンテナンスになる、だから東京メトロも組織変更した。これは報道されないけど。
首都高新宿C2が動き出したのも大深度地下行政の後押しのはずでしたね>闇の声

先日の尼崎事故と同様、この程度の基礎知識はある程度の鉄道ファンならスラスラだ。

184 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 22:28:50 ID:yc9aXimU
>>182
>これから来年にかけて団塊の世代が大量退職する

ところで、これで新卒の正規雇用が増える、という安易な希望論が官界とマスコミにある。マスコミは
早くも「雪解けする就職戦線」というフライング記事を出しているが、実態は、

・退職者を安価に再雇用(加えて役所・教員などは年金の関係もあり、再任用を増やしている)
・若年層は相変わらず採用抑制、雇用はアウトソース化。

という方向性なので、全体の採用率だけ見ると上昇する可能性もあるが、正規雇用は若干の自
然増にしか期待できそうもない。例えば少人数指導化で教員採用に期待できそうな報道もあるが、これも
自治体格差はあり、正規常勤は一般的に相変わらず苦しいのが現実。

いまや労働市場は、限られた正規雇用を奪い合う構造に完全に変質した。雇用の流動化が
長期的なスパンでの国力の劣化をもたらすことは明らかで、「国際競争力」「実力主義」「効率化」
を煽るほど、実際の力は落ちていく悪循環に陥っている。

185 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 22:29:59 ID:yc9aXimU
にも関わらず、

・公的セクターをリストラ・民営化せよ(公的セクターで抱える正規雇用が減少するので、
 これも全体の労働市場には結果的にマイナスしかもたらさない。ゴム印を叩いても
 別に民間は良くなりません。そろそろ目覚めてください)

・雇用を流動化し、男女共同参画(共働き)で低成長に備えよ(八代尚宏あたりが言っている
 ことだが、要するにこれは「年収1000万の社員を減らし、300万の人間を2人雇え」という発想
 に他ならない。3人ならまだ話は分かるが・・・まさにエセワークシェア・エセ
 男女共同参画と言えよう。専業主婦を抱える保守的な家庭をスタンダードに政策を組み上げる
 方がまだマシということになる。保守諸君は何を手をこまねいているのか? 敵は 
 バカフェミだけではない、キミたちの身内にこそいる)

・会社に居座る団塊の世代が悪い、連中を叩き出せ(玄田有史あたりが言っていることだが、
 団塊を目の仇にし世代間対立を煽り何になるのか? すべての元凶はデフレ下の競争政策にある)

こんなバカげたことをマスゴミは日夜、吹き続けている。

186 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 22:32:09 ID:yc9aXimU
ついでに、ニートやフリーターにも同情するフリをするだけですね。

いつの時代にもいる駄目人間に理解を示すフリをしてデフレには触れず、通常期なら
「駄目」にならずに済む層までが「駄目」になる可能性には触れず、「若者自立塾」だの
役にも立たない教育訓練ばかり称賛、巧いイメージ戦略だよね。

187 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 22:35:08 ID:yc9aXimU
(追記)
>正規雇用は若干の自然増にしか期待できそうもない。

これも以前、闇氏が仰っていたね。「今年の新卒採用は好況というが、実際は会社内で
競争を煽り新たなリストラの原資にするだけだ」、と・・・。

188 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 22:43:59 ID:Hib34fhg
>>185
>公的セクターをリストラ・民営化
>ゴム印を叩いても別に民間は良くなりません。

>年収1000万の社員を減らし、300万の人間を2人雇え」という発想
>に他ならない。3人ならまだ話は分かるが・・・

公務員をクビにしなくていいからワークシェアすればどうかな?
当然、給料は全体でシェアだ。1000万で3人でも4人でも雇えばいい。
実際には均すことになるだろうけど。
これなら懸念している正規雇用も増えるぜ。

189 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 22:59:29 ID:RAv3xOMT
【調査】日本、会社への忠誠心は世界最低水準…4人に1人が「まったくない」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115946484/

闇の声氏が既に指摘したことではあるが、
JR西の日勤教育は恐怖を叩き込むものであって、「誇り」や「自負」を育むものではない。

あの運転手も、時間の調整の技術を身につければ一人前とは言っていた。
彼なりに目標を持ち、成長したいと願ってはいたのだろう。

これをプロフェッショナリズムの芽生えとみるか、
山本七平氏の言う「隣百姓の精神」の産物であるのかはわからないが、
誰かに「静かな自負」を育ませる事の出来る教育とは何だろうかな。

190 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 23:02:03 ID:BQyuu4bZ
HOラー映画は日本で禁止する程度の千里眼が必要なのに
臆させる打では、恐怖心から抜け出せない年少者を増やすだけだ
 
アメリカでは多くの女性があの手の被害にあってる、その影響が
男性や社会にも波及し統治と呼べない中世後進国を作り出しておる

191 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 23:50:35 ID:BjpOcNjn
>>189
25%は全く無いか。
でも、そんなもんだろうね。
会社は都合が悪くなれば、自分たちをすぐ首上に
今の会社自体が何年もつかわからない。
ここで、だからこそ自分たちが盛り上げていかなければという発想の
転換ができればよいのだが、雇用があまりに流動的過ぎるので
転職という安易な手段を選択しがち。
しかも、肝心の会社ににいる社員は派遣等が大半。それでは、
正社員ががんばろうとしても結束間は生まれない。
加えて、そのような不安定な社会環境だから、首・倒産に備えて貯金をする
つまり、金の流れが止まる。
おまけに、将来金がなくなったときのことを考えれば、子供なんて作れない。
そうなると、少子高齢化で、税収が減り社会保障が不安定になる。
そうなれば、余計に子供を作らなくなる。

確か、おなじみのバカ竹中が、雇用の流動化とか言い出して、
派遣を推進したような気もするが。
結局、あいつの妄想がこのような日本の問題を大きく加速させている。

192 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 23:59:27 ID:nH/ql9zJ
>>189
なーに、そんなのは無職ダメ板あたりで真面目に固定ハンドルができれば
すぐに情報が集まるんじゃないんですか。

団塊世代が人材養育を怠ってきたツケ。
戦後高度成長を支えた原資は明治〜昭和一桁世代まで。
彼らがいくら反戦を唱えようとも未だ全否定されないのはそれより下が情けない
のと、その苦汁をバネに今の隆盛の土台を支えたことは事実だからだ。
あと10年後、今の40代で次の爆発的革新が無い限り、ノウハウピラミッドもジリ貧です。

人事機能も腐ってるんですよ。今の首脳陣に奇才を育てる才能が欠如してる。
責任を取らない、周りも許さない。コネクションも一例でしょうね。
二世議員や二世タレント。小泉孝太郎も良い例でしょう。その後の
発展が見込み薄でも発掘費用が安上がりであればそれで充分。
だからフィルターを掛けて妥協点の取れる人材しか採れない。「面白い人間」は
面白いだけで終わり。相手にはしてくれますが、育てようとはしない。
結局求めるのは持ち上げてくれる人、常に下でいないと満足できない。
求められるのは「裸踊りができる人材」であることに代わりない。
越えようとする人間には追込みか、無視を決め込んで消そうとしますね。
昔の職人世界は師匠を超えてこそ師匠の自慢だった。

闇の声自身も、そしてアンタが巣くう世界もそういう連中ばかりになっちまい
ましたね。声を上げる連中を尽く無視し、尻尾をふるレスには丁寧に答える。
あなたの人脈の中で胸を張って「彼には新世代を託せる」という人間、
何人いますかね?某会合で同じこと言ったら場がしらけちまいましたよ。
あとから、「気持ちは分かるが、若造がああ言う時代は終わった」と脅されましたね。

バブル期の人材混乱で人を育てるのに失敗したのは一体何処の世代だ。
それでも彼らの退職後は安泰というわけにはいかないでしょうな。
団塊ビジネスはこれからも切り口さえ見つければ充分美味しいですよ。

193 :185:2005/05/14(土) 00:16:29 ID:Yq7dqbSr
>>188
甘いね。八代たちが言っているのは、例えるなら「1000万の人間をクビにし、300万の人間を2人
雇え」という発想(断じて、「333万の人間を3人」とは言っていないことに注意)

労働者個々人の問題だけではない。単純に言えば、浮いた400万分、経済は収縮する。

まさに国賊デフレ的発想に他ならないのだが、最近はPFIだPPPだ指定管理者だ
ボランティアだNPOだ、と公的セクターでも人間を安く使うことしか考えていないのが現実。

民間で起こったことが公的セクターでも起ころうとしている。これもマスゴミ様に
言わせれば「官業の民間開放で巨大な市場と雇用が生まれる」「住民主体の事業運営は
まさに地方自治、地域に根づく民主主義、素晴らしい」らしい・・・。

要するに、経団連や経済同友会の勝ち組企業(の幹部と株主)だけが儲かればいいのよ。
奥田(トヨタ)の殿様と北条(IBM)の殿様だけが儲かればいいのよ。

194 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 00:17:52 ID:Jz6DEcjd
>>192
団塊世代を人材養育してきた世代はどうなんですか?

195 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 00:19:14 ID:Jz6DEcjd
>>193
>1000万で3人でも4人でも雇えばいい。

1000万でと書いた部分は無視ですか?

196 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 00:40:22 ID:HMjIOdZp
>>189
これ設問に問題があるんじゃないですか?
「忠誠心」って聞くと滅私奉公的な意味合いが含まれてるように
感じるんですが、外国で行った同じ調査でもそういうニュアンスを
含んだ言葉でアンケートを取ったのでしょうか。
そこらへんも考慮しないことにはなんとも言えない気がします。

197 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 01:16:40 ID:FxmeKJ7o
>>189
ようやく資本主義の本質が分かってきたんだから良いことじゃないですか。
村落共同体と機能集団の区別がついてきたのでしょう。ただ賃金体系とか見ていると
能力の高い人間に報いるという仕組みが、日系企業ではあまり確立してないように思えますが・・

198 :185:2005/05/14(土) 01:16:52 ID:Yq7dqbSr
>>195
確かに、貴方が提案しているようなワークシェア(人件費・年収の総額を維持し、それを
配分する)は本当のワークシェアかもしれませんね。金子勝が持ち上げていたオランダみたいなね。

でも、現在の日本で行われようとしているのは、人件費の総額を抑制するためのエセワークシェア・
エセ男女共同参画なのですよ。労働者個々人の収入が下がるだけではなく、長期的にはさら
なるデフレをもたらすので、将来的には日本経済衰退の一因にもなるでしょう。
それを「低成長・人手不足時代に備える」と言い推し進めようとしています。

ついでに言えば、男女共同参画は、フェミと政財官学のエセ・ワークシェア派の妥協の
産物ですね。ここに至っても、保守の反対派はなぜか片方しか見ずに「フェミの陰謀」とか
そんなことばかりを言っているのでゲンナリしてしまいます。

199 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 01:19:47 ID:FxmeKJ7o
>>193
ちょっと分からないんですが
所得面でのGDPは営業余剰(営業利益)+人件費
なので支払う賃金が下がってもその分営業余剰が増えれば
経済が収縮という事にならないのでは?

200 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 01:23:25 ID:aJJfqDX8
>>197
これから変わってくるんじゃないかな。
ゆとり教育のおかげでガキはヘタレ出し、企業がもつかどうかは人材でしょう。
横河のように終身雇用を前面に打ち出した方が優秀な人材が集まるような気もする。

201 :185:2005/05/14(土) 01:30:56 ID:Yq7dqbSr
>>197
>ただ賃金体系とか見ていると
>能力の高い人間に報いるという仕組みが、日系企業ではあまり確立してないように思えますが・・

「能力の高い人間」て誰よ、それ? 少なくとも私や貴方のことではないな。

>>199
ああ、そういう考え方もあるかな・・・。その「営業余剰」とやらがどこに消えるのかは知らないけど。

>>200
そういう余裕のある会社はいいだろうけどな・・・それまでに干上がるのと違うか?

ところで奥田が最近、あちこちで「日本人はサムライ精神に帰れ」とか言ってるらしいな。ということは、
奥田は食い詰めた素浪人(トヨタの期間工)に辻斬りにされても文句は言わんのだな? それとも、奥
田のお殿様を無礼討ちにする輩もおるまい、とタカを括っておるのかな?

202 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 01:36:07 ID:tVwSzVjb
サムライ精神=滅私奉公

殿が命令するなら腹も切れって言ってるんだよw
どんな殿かは関係なしに。

奥田クオリティだからそれしかない。

203 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 01:44:52 ID:FxmeKJ7o
ちょっと考えたのですがデフレの原因に関して、
消費を4段階に分けてみました(即興なので概念不明確ですが)
1.基礎的消費(生きる為の食料など生活必需品と基礎的需要をみたす)
2.計画的陳腐化(自動車やアパレル等、流行をメーカー主導で作り、1以上の消費を!)
3.ストーリー消費(ブランド品など2をさらに推し進め、その商品を買うことでストーリーに参加できる
  (この段階では機能等は満たしているが製品価格に占める割合が低下)
4.不安ビジネス(健康食品、過剰な保険などもはや人々の潜在的不安を煽り脅迫する事で
  消費に追い込む。機能等は価格中に占める割合が極端に低くなり収益性は高い)

日本の現状では3も通り越して4がヒット商品として君臨しているような?
(事の発端は伸びている会社をサーチしているところからです)
ですから公共事業で需要を持ち上げても1や2の基礎的消費がかなり満足されているので、
成長に持続性がない。やめたら元に戻るだけ。

実際みなさんの今一番欲しいものはなんですか?1から4のドレに属しますか?
住宅は未だみすぼらしい、狭いのですが、需要のある都心の地価は下げ止まってきている。
また買いたい人はこの5年で買ってしまった面もある。
その他不満と見れば、大きな病院が夜やっていない、学校の教育の質が悪いなど
公務員にもからむ既得権益の不便さが大きくないですか?

204 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 01:49:25 ID:FxmeKJ7o
訂正
2は計画的陳腐化・高機能化

3はストーリー・時間消費で旅行等を含む。

とするともと分かりやすいか。

205 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 02:49:11 ID:x287H1nV
>>194
それが、明治大正世代だろ。どういう訳だか、
連中は囲いこんじまったんだよな。その習性が団塊たる所以。
残念ながら、彼らに反論の余地は残されていないのでは。

206 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 03:47:56 ID:MjtJi8rt
>>203
>その他不満と見れば、大きな病院が夜やっていない、学校の教育の質が悪いなど
>公務員にもからむ既得権益の不便さが大きくないですか?

これに限れば、まず、「大きな病院」が夜も開いている必要があるのでしょうか? 昼間と同
じ診療を要求されているとすれば、医療・看護労働者の労働強化に繋がるだけでしょう。
(勤め人は昼間に休めないので病院に行けないので不便? これはむしろ、有休を簡単に消化できない
 労働慣習の問題ではないでしょうか?)

救急医療体制の不備、という意味であるなら、単純な話、行政がお金を突っ込んで何らかの形でマンパワー
を維持・増強する方向しかありませんね。今でもギリギリの場所も多いですから。
ただの時間外受付のことなら、ある程度の規模の病院ではどこでもやっているのでは? 夜間は使える
器具も限られますので、なるべくなら昼間に来て頂きたいのですが。

「学校教育の質が悪い」という場合も、一体具体的に何を指してらっしゃるのかが
不明なのですが・・・。「ゆとり教育がけしからん」ということでしたら、中山と文科に
言ってください。いちおう、指導要領は見直すそうです。

207 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 03:56:00 ID:MjtJi8rt
「学力」については最近、お叱りが多いですが、現実に、日本程度の教育予算でこれだけ公教育が
面倒を看ている国は、(少なくとも小中では)世界でも珍しいと思いますよ。
授業以外の行事も多いし、部活や生徒指導まで引き受けてますからね。諸外国でも実はこの種の似た
仕事は皆無ではないそうですが(「無い」というのは嘘らしい)、日本はとくに授業外のウエイトが高いそうですよ。

「教育予算は少ないのに、教員の給与は諸外国に比べ高い(税金泥棒?)」ともよく言われますが、これ
も「安い」所では、残念ながら往々にして教師のレベルも日本では考えられないくらい低いケースが多いです。
不満もおありでしょうが、現在の日本の教師の相対的能力は平均的に見てまだそんなに悪くないです。

これ以上、結果を出せと仰られるなら、さらなるマンパワーの増強しかありませんね。
例えば授業時間数について「増やせ」というご意見が多いですし、実際、総合や選択は
失敗例も多いそうなので止めてもいいとは思います。ただし、現場はすでに習熟度別
等への対応でパンクしているようで・・・。結局はこれもやはりお金でしょうね。

例えば佐藤学氏などは、会議や雑務を整理して授業に力を集中するプログラムを提唱されているようですね。
いい加減、部活から教師を解放できないものでしょうか? 教師本人も積極的にやりたがる方が
いるので困るのですが。善意に満ちた善人ですが学生気分が抜けていない人がいるからね。

208 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 03:58:35 ID:MjtJi8rt
ちなみに指導要領削減と学力低下ばかり騒がれましたが、「ゆとり教育」の最終目標は
公教育の自由化・民営化ですね。中山は「ゆとり教育は間違っていた」と公言した
癖に、一方では「教育を民間に任せてもいい」とか訳の分からないことを言っています。

現実には、「公務員にもからむ既得権益の不便さ」どころか、教育の自由化(まさに官業の民間開放)
を目指すほど、「学校で足りない(?)なら塾で」「公立が駄目(?)なら私立へ」と塾通いも増え、公教
育の予算は減らされ、その他何かと受益者負担も増え、格差は拡大しているのが現実です。

「学力最高」とされたフィンランドでは、「非常勤が多いのは問題」と常勤雇用を増やす
方向だそうですよ。一方、日本では「バウチャー制で競争すれば教育は善くなる」(福井秀夫)とか、
「チャータースクール・ホームスクールで教育を変えよう」とか、「私立・塾へ行き差をつけろ」
(和田秀樹その他大勢)とか、くだらない話ばかりしていますね。
百マスの陰山英男氏(この人もおかしい所があるんだけど)は、最近は「国は教育にお金と
人材を掛けるべきです」と言っていますね。これには賛成ですね。

209 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 04:07:58 ID:xHscFZb3
もともと日本の企業、社会は体系的な人材育成をしてきたわけじゃないだろ。
習うより慣れろって感じで。
団塊の世代ぐらいまでの現場労働者には優秀な人が多いが、
それは当時の日本が貧しかったから。
家が貧しくて、頭良くても高校、大学への進学をあきらめた人はたくさんいる。
一方で大学に進んだ人がいい意味でエリートだったかっていうと必ずしもそうじゃない。
戦争中、日本軍の下士官兵は世界一だが士官以上はダメダメって言われたのと同じ構造が
戦後も続いたんだろ。
で、同じ構造のまま劣化しちゃった、と。

210 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 04:09:55 ID:MjtJi8rt
(追記)
まあ上で書いた部活については現実的にはどうにもならないだろうね。事実上、学校運営の要にな
っているし、外部コーチの引き受け手もいつも簡単に見つかるとも思えないし。

自費負担でやるにせよ、田舎だと代替となる適当なスポーツクラブの類も通える範囲にあるとは限らないし。
しかも、熱心な外部コーチほど余計にタチの悪い「部活馬鹿」だったりすることがあるw そりゃ努
力は大事だけど・・・つくづく善人というのはイヤなものだな。

それと、まさか「塾・予備校は低コストで結果を出している」とか言わないでくださいねw 無論、良心的な
場所や人もいますが、あそこは多くはチャッチャッと要点だけやって「わかったつもり」
「点数を取れた(つもり)」にさせてお足を頂くホストクラブみたいなもの。人材も大半は使い捨て。

批判も多いですし、採用のアテも無いのに修士必須にするとか矛盾したことを言い出して
いますが、それでも現状の免許制は維持されるべきでしょうね。
その他、単位制や大学入試の問題など自分にも整理できていない部分はありますが、これ以上の
教育の民営化・自由化は避けるべきでしょうね。もう止めようがないのか?

211 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 04:15:34 ID:vsNSWUB4
「部活馬鹿」か、キミは英語できるのか、ああ明日からイギリス行ってくれ
あ、キミは制御専門か、よし明日からhogehoge重工面接行ってくれってな
とっちゃん教官も居るなあ
 
と自由以前のあの雰囲気も度し難いモノが或るのだが


212 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 06:49:55 ID:zf5LZEiT
>>209
それは言えるわな。
貧しいがゆえに進学できなかった潜在的有能者が現業現場で下支え
今の現場はある意味、残りモンの集まり。
残りモンやから報われんのか報われんから残りモンなんかは解らんけどね

213 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 07:39:45 ID:UavXN4SE
>>1
この場合の「ヤクザ」とは国会議員らのことか。
日本の商法や証券取引法の改正は、「優先株」に代表されるように
普通株の所有者である一般株主を騙し、一般国民を食い物にする為の法改正を
やりまくってきた。
政治家と会社取締役と労働組合と癒着するマスコミや総会屋だけの為に、
国民を食い物にする制度改悪をし続けてきた。
そういう連中が大きな顔して闊歩してるの永田町だ。そういた獣たちの
日本の政界は一旦、解体すべきだ。もう一度、政界再編するべきだ。



214 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 08:27:12 ID:HCVK5nSa
>>203
>その他不満と見れば、大きな病院が夜やっていない

夜間に、昼間と同等の診療体制を希望される方が多いようですが、
それを実現するには、昼間同等のマンパワーが必要となります。
各科の医師、看護士、複数の検査技師、事務員、薬剤師etc
これを実現するには、現在看護士だけが採っている3交代制の体制を、
医師を含む全職員に適用するしかありません。(マンパワーは現在の3倍必要。)

3交代なんて金掛かることしないで、不眠不休、根性で頑張れ!と言っても、
今現在、すでに臨界点を超えています。(大学病院、大、中核病院勤務医)
必要な睡眠さえ取れない状況での根性論は、誰にとっても益がありません。

厚生労働省が、医療費削減の方針を変えない以上、個々の病院や個人の努力だけでは
もはやどうしようもありません。医療崩壊は今後進むでしょう。





215 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 09:16:44 ID:aJJfqDX8
>>213
>日本の政界は一旦、解体すべきだ。もう一度、政界再編するべきだ。
これは安易な考えです。
革命というのはこのような要望を受けて起こりますが、結果、待つのは
今以上の混乱です。それによって何かがよくなる保障もない。
時間はかかるにせよ、あまりドラスティックにやるべきではありません。

216 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 09:20:15 ID:aJJfqDX8
>>208
>ちなみに指導要領削減と学力低下ばかり騒がれましたが、「ゆとり教育」の最終目標は
>公教育の自由化・民営化ですね。中山は「ゆとり教育は間違っていた」と公言した
>癖に、一方では「教育を民間に任せてもいい」とか訳の分からないことを言っています。
それはあなたの頭の中で勝手に  ゆとり=民営化 となっているだけです。
理論的には アンチゆとり=民営化 だってなりたつはずです。

217 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 10:48:24 ID:yGCCV6r3


新規雇用増加!!!
いいことだって思ってたら
俺がリストラされる確立が増加しただけか!!!!

218 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 11:21:59 ID:aJJfqDX8
>>217
大丈夫だよ。新人増やしたからといってそう簡単に業務をマスターできる
わけじゃないし。

219 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 12:16:11 ID:POtQTz0I
でマスターした後にばっさり切られると。
でも経験不足から来る非常事態に対処ができなくて大災害に。

220 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 12:43:04 ID:Zoo/t5r4
>>156-157
ただ作業より人命活動を優先させた日本スピンドル製造のような会社もあるから捨てたもんじゃないと思いますよ。
あの社長の的確な判断でどれだけの人が救われたことか。

221 :闇の声:2005/05/14(土) 12:44:04 ID:03dF0dO7
>>192
別に、尻尾を振る相手だけに答えているつもりはないけれどね
そう見えたならそれは恥ずべき事だね

指摘された事は、頷ける話しだ
何度も言ってきたけれども、CEOに代表される、ごく一部の人間が経営に携わる構造は
結果的に自己保身に走ってしまう
何故なのか、色々考えてみてこれだなと思ったのは、経営システムを変えてみてもその経営陣の
責任追及するシステムは何も出来ていないので、結果的にボロ隠しさえしていれば
安穏として高給を取り続けることが出来る
株主代表訴訟にしても、株主総会にしても、経営陣の責任追及と交代を求めるまでにはなかなか至らない
利用者の権利というのも、全く存在していないかの如くだね
それは、JRの事故を見れば判ることで・・・社長も会長も、利用者に対する説明は(方法は難しいだろうが)
何もしていないに等しい
国会に呼ばれて、そこで表明しているだけの事だね
既にそこで、彼らの意識からお客様意識というのは消滅している
経営陣の中での能力拮抗こそ、実は健全な競争できる組織と言うことであり、銀行や官僚や政治家を引っ張り込んで
そこに組織まで食い込んでの情報操作と人材潰し・・・すべては自己保身の為だね
それが優先されているのが現状じゃないだろうか?
実際、雪印の話を聞いてみると現場レベルでは危惧する声があったのにそれを封じ込めたのは
経営中枢に直結する管理部門だという
彼らにしてみれば、現経営陣が安泰なら自分達も安泰・・・そこに、茶坊主集団というか権力を集中させすぎた
組織の弊害が見えてくる


222 :闇の声:2005/05/14(土) 12:54:14 ID:03dF0dO7
金融機関に勤めていて、退職した人物が言っていたけれども、今銀行では出来る課長クラスを部長が配置転換で
潰してしまうケ−スが急増していると言う
と言うのも、出来る人物が何かをして結果的に金融庁やCEOの意向に反した場合は
その結果が良い物であっても反旗を翻したと取って懲罰を行う・・・その管理責任も取らなければならない
今一番欲しい中間管理職とは、部下一人一人の机の中味から財布の中味、付き合っている相手や家庭に犯罪を起こしそうな
人物が居ないか、そして研修にはちゃんと参加して自分だけの時間が持てないくらいに
会社側が用意した時間稼ぎのカリキュラムをこなすだろうか・・・だそうだ

人材とは何なのか、その育成とは何なのかが小泉改革では徹底して変えられてしまった
つまり、金融改革と称して銀行を締め付け、それと同じファッショ的な管理を銀行は融資を楯に
各企業に押しつけた形だね
リストラや人件費削減、アウトソ−シングに様々な厚生関連施設の売却・・・
何のことはない、必要だと思って出していた分を出さなくなったし人は減ったのだから
その分儲かるね
それだけの事なのに、過大な評価を強いた
御用学者を大量動員して、その様な経営こそ望ましいとやった
結果、人材は潰されてこんな会社にはいたくないと思いこむまでになった
それが、相互不信の元になり経営陣は従業員に対する信頼を失い、より管理を強固にする方針に至った
その管理強化に乗ったのが、警察だよ
警察の情報力を使えば、様々な情報を企業に売ることが出来る
これは良いアルバイトだね
しかも、検挙を口実に企業から金を引き出せる
日本は今、北朝鮮もびっくりの監視社会に向かってまっしぐらだ
北は、金も技術もないからやりたくても出来ないことが日本では可能なのだ
GPSを使えば人一人、車一台の追跡も出来る
キャッシュレスのシステムは誰が何処で何時何に金を使ったか調べることが出来る
そうなれば、今度は知られては困る出費に闇金が必要になり、結果的に組織が儲かる
そこまで国民を追い込んで、一本百万とか言う酒を開けるのは一部の金持ちだ
小泉構造改革とは、国民追い込み改革だよ


223 :闇の声:2005/05/14(土) 12:57:52 ID:03dF0dO7
>>今一番欲しい中間管理職とは、部下一人一人の机の中味から財布の中味、付き合っている相手や家庭に犯罪を起こしそうな
人物が居ないか、そして研修にはちゃんと参加して自分だけの時間が持てないくらいに
会社側が用意した時間稼ぎのカリキュラムをこなすだろうか・・・だそうだ

ここはおかしかったので訂正する

中間管理職とは、その様な事を部下にさせて一切自分の意志を持たずに部長の意向に従う
部下には峻烈な管理をして、少しでもおかしな兆候が現れれば直ちに切り捨てる
部下への愛情なんて、そんな物を持つよりも上に対する忠誠心と滅私奉公こそ
中間管理職には必要なのだ

224 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 13:05:25 ID:Zoo/t5r4
>何度も言ってきたけれども、CEOに代表される、ごく一部の人間が経営に携わる構造は
>結果的に自己保身に走ってしまう
エンロンやワールドコムの騒ぎがそれを象徴してますね。
彼らだけ巨額の退職金を得て末端の社員が苦しむという構図が出来上がってる。

225 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 13:26:24 ID:egRShrcG
あなた方の話していることはあまりにも極論に過ぎる。
ここを読んで前途ある若者が萎縮してしまったらそれこそ損失だ

226 :闇の声:2005/05/14(土) 13:34:10 ID:03dF0dO7
危惧すべき事実というか・・・
この前、知人の大学教授が嘆いていたが(彼の専門は金融論)
ゼミの学生が日本の企業、特に金融機関に対して全く何も期待していないばかりか
自分達はファンドで修行して早く村上某の様なマネ−ジャ−になりたいと言う
これは何も彼の所だけではなくて、今の大学生は企業を腰掛けにしか思っていないし
自分の能力は金を作ってそれこそ堀江などと同様に企業買収などで巨額の利益を上げたい・・・
そうなることしか希望が持てないと考えているのがかなりだと言う
自分は、日本は物作りの国であって決してマネ−ゲ−ムの国ではないと思う
しかし、金だけがマ−ケットをめまぐるしく動くことで利益を産む構造になった結果
そのゲ−ム参加者を募るのは市場原理から言って当然だね・・・それがある意味、郵政民営化なのだが
よくよく考えてみれば、そこで取り引きされる株にせよ、債権にせよ所詮紙切れだ
竹中がやろうとしているのは、市場の極大化とその前に自分達は売り抜けてさっさとアメリカに逃げてしまおう・・・
これは政治ではないね
金融によるファッショ革命と言える
これは恐らく、早晩週末を迎えるだろう
と言うのも、年金や税金など国民直結の問題を先送りにしているから
市場に流れる金が生活不安を理由に流れを変える可能性があるからだ
ところが、竹中はそんな問題は自分の責任ではないと言う認識だね
おそらく、土地にしても新規物件にしても実需はないのだからいずれ価格下落を迎える
そうなると、一斉に売りへ突っ走るので土地のミニバブル崩壊が金融へ波及するのは
そんな先ではない
庶民の生活を知らないから、庶民の金の流れを知らない
もっとも、そう言う話しを判る政治家もいないか・・・
結果的に閉塞感だけが強まり、信頼のないギスギスした社会になるのだろうね
犯罪と、それを防ぐためのセキュリティ費用だけがかさむ
金持ちは自己防衛に走り、貧しき者がその社会不安の犠牲になる
普通の人が政治を司れないことが、この国の悲劇の元であるし、いい加減なことを
羅列してもその人脈にいればおこぼれと社会的地位を確保出来る国になったと言える
象徴的なのが、牛尾某と言う事かな??

227 :闇の声:2005/05/14(土) 13:36:36 ID:03dF0dO7
>>225
萎縮する前に、怒りを持って政治をちゃんと監視して欲しい
低投票率の弊害が今日の惨状を招いている
萎縮するくらい関心があるなら、無関心な連中を何とかする工夫を
社会的にして欲しい
このままで行けば、選挙をやる度に政治は悪くなるよ

228 :佐藤総研:2005/05/14(土) 13:39:13 ID:3zovG+6y

■北朝鮮 体制保障・核抜きは、三方一両得
http://blog.melma.com/00126120/20050514105235


229 :208 :2005/05/14(土) 14:01:35 ID:508G/tws
>>216
それは貴方が無知だからです。これはネット上にあった某大学の学生のレジェメですが、
例えばこういったものをお読み頂ければ「ゆとり教育」の真の狙いは明らかなのです。

ttp://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/kenkyu/03s3/report/masuyama.html

>まず、日本において教育における新自由主義的改革の兆候が現れたのは、1984年 中曽根首相の
>臨時審議会における教育の自由化・公立学校の民営化だという。(佐藤学、現代思想) これは、文部省
>(現文科省)の抵抗に遭い頓挫したが、イデオロギーとしては脈々と受け継がれることになる。
>同時代において、アメリカのレーガン、イギリスのサッチャーといった政権のようにネオリベラリズム
>的要素が強い政権だったことも付記しておこう。

>その後日本において、1990年代の構造不況を経て、新自由主義的改革はその現実味を帯びることになる。
>1991年、中教審答申において高校教育で、選択中心のカリキュラムが導入されることが決まった。
>そして1995年、21世紀の学校プログラムにおいて、公教育の徹底したスリム化が図られ、「ゆとり」
>「生きる力」がうたわれた。さらに、小渕内閣の21世紀懇談会(2000年最終報告)において、国家のための「義務とし
>て強制する教育」、個人のための「サービスとして行う教育」という基本方針が打ち出されることになる。

つまり、愛国心を持ち(!?)「サービスとして行う教育」を買え、という訳なのです。

230 :闇の声:2005/05/14(土) 14:02:13 ID:03dF0dO7
>>228
核爆弾を持っていることが事実上確定されて、しかもさらにその数を増そうとしている・・・
アメリカの体制保証の交渉裏に、北朝鮮は韓国国民に反米を呼びかけるだろう
実際、反日・反米闘争とも韓国では依然として盛んでありノ・ムヒョン政権の支持率低下で
再び世論を惹起することは容易に考えられる
この二ヶ月間・・・三ヶ月と言っても良いのだろうけれども、北朝鮮の綱渡りは極めて上手く行ったと言える
何故なら、核を持っていることを自国に被害無く認めさせた上に中国、特に人民解放軍の支援まで
半ば取り付けたも同様だからだ
アメリカと日本は、外交戦略に於いて大失敗したと言えるし、この事はアメリカの
アジア切り捨て論を惹起するのではないだろうか・・・
アメリカの景気は下降局面であり、さらに対中投資も株の下落や社会不安を理由に冷え込み始めている
ブッシュ政権の交代を待たずに、再び内向きの政治に逆戻りするのではないだろうか?
居心地の悪い交渉継続中がかなり長い間続くと思う
その打開の糸口を握っているのは、良くも悪くも韓国しかない
韓国国民の自制こそ、北にとって一番の脅威だね
それが出来れば、最初から苦労はないのだが・・・

231 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 14:18:33 ID:2ekMpbyu
>>222
>今度は知られては困る出費に闇金が必要になり、

知られては困る出費って元々闇の金じゃないの?

232 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 14:18:38 ID:Zoo/t5r4
>>230
韓国の次の大統領次第でしょう。
今候補に挙がってるのはソウル市長に朴元大統領の娘や前のソウル市長
いずれも現政権とは一線を画してる人たちばかりですし。



233 :闇の声:2005/05/14(土) 14:27:16 ID:03dF0dO7
>>229
自分はこの問題は余り詳しくはないが・・・ただ、最近の森を見ていると
口実を設けて色々なことに介入しそうなので、その警鐘も含めて書いてみたいと思う

自分は学問もないので、余り教育して貰った意識はないのだが
最低のことを国家が保証して、+αを個人の実状に見合った形で購入する形がまず自然だとは思う
しかしそれは、教育というサ−ビスを購入する方法論であって、ゆとり教育云々は別次元だね
自己負担率を上げる代わりに、選別の自由度を増しましょうという考えがあって、最低限のカリキュラムを
ゆとり教育という形にすり替えたのだと思っている
本来、学校や塾がその足りない分を様々な形で補う事を期待していたら、それがさっぱり出来てこないで
おまけに文部官僚がそのゆとりと言うコンセプトをすり替えてしまった
「ゆとり」という意味は、様々な教育サ−ビスを個人の実情や能力に応じて用意する時間的・能力的な
ゆとりを持ちましょうと言う意味で、さぼれと言う意味のゆとりではなかったと思う
しかし、文部省のお役人さんは一方的な指示を出してそれで最低限の責任を果たしたつもりで居る
様々なサ−ビスを用意して、それを選択する「ゆとり」こそ望ましかったはずだ

234 :闇の声:2005/05/14(土) 14:42:05 ID:03dF0dO7
と言うのも、学校教育についていけない子供が増え、その子供が勉強の邪魔やいじめをするなど
学校生活の安全面まで脅かすようになったので、その最低線に合わせましょうと言う了解事項があり
それに沿ってカリキュラムは纏められたのだが、反面能力のある子供は飛び級や補習などで
能力に応じた学習を進めることだったはずだね
しかし、それは一向に考えられずにむしろ文部科学省の役人にとって有利な形、つまりいじめが少なくなり
”教科書”に対する理解度も上がった・・・その答えが欲しかっただけだ
何となれば、役人も諸先生もエリ−トでありこんなカリキュラムではそれこそ東大に行けないことは
判っていた・・・のだが、委員会も役人も自分達の出した答えに沿った実績が欲しかったのだね

医者との付き合いも結構あってね、精神医が子供のストレスにかなり懸念をしている
いじめは減っていないし、学校での学習障害も減っていない
むしろ、様々な行事が増えてその行事・・・その練習が増えているという
その行事が誰の為なのか・・・挨拶をする人だよ
さらに、特に性教育が酷いのだけれども新しい利権を生み出している
愛国教育に注がれる予算は、その比ではないから利権も格別大きいね
学校が、先生が本来やるべきだった事にまで役人が絡むようになった
一見、自由度を増したような話しだけれどもそこにまで役人が目を光らせて
利権体質が酷くなったと言う事だね

>>231
今、こういう話しが広まっている
精神的なストレスで精神科に保険で行けば、企業に勤めていれば
その診療実績は会社に判ってしまう
結果、保険診療せずにすべて自腹で診察して貰い、プライバシ−を守るしかない
子供が病弱で、診察回数が増えればそれは今やマイナス要因だ
そこまで情報を精査しリストラ対象にしている
会社にとってマイナス・・・つまり、金を使わせる社員はマイナスなのだよ
その資金という話しを、最近耳にするよ
茶坊主の為せる業だと思う

235 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 14:44:52 ID:EifsWRl5
国庫支出する一人当たり教育費用のGDP比はOECD各国平均以下。
円高のこのご時世でドル換算しても、下から数えた方が早い。
文部省や科学技術庁は、予算枠拡大キャンペーンをやってるよw

236 :闇の声:2005/05/14(土) 14:49:08 ID:03dF0dO7
>>235
お役人はどうしても私学は嫌いらしいね
私学助成金を出してやってるんだって感じだね
それなのに、私学に対する依存度はどんどん増している

予算枠拡大キャンペ−ンは、まさに森のフトコロをぬくぬくさせるね
そのうち、軍事教練でも始めるんじゃないかな?
あるいは、愛国ラグビ−訓練かな??そんな程度のアタマしかない人物が
文教族のドンなんだよ
良い教育が出来るわけがないね

237 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 14:53:20 ID:2ekMpbyu
>>234
精神科というのはマイナスになりそうなフインキはあるけど、

>つまり、金を使わせる社員はマイナスなのだよ

社員が加入する社会保険で家族が医者に逝ったという話だが、
企業って診療費用までも負担するのだっけ?

238 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 15:01:44 ID:FxmeKJ7o
>>206
206さんは夜病気にならないの?うらやましい体質です。全体的に
病院の労働組合の人みたいな論調なんだけど。
私はとある外国でかなり大きな病院が20:00頃までやっていて
非常に便利だという経験をしたんだけど。
発想を変えて午後1:00スタートで夜9:00に閉店する大きな病院が
3-4箇所に1つくらいあると便利と思いませんか?

たまに有給をとって午前中の大病院いくとそれはひどいものでしょ。
老人老人老人、これらの中で必要性、緊急性に乏しい方もかなりいるし、
そういうものを抑えることで
>>214のような現場の負担増を押さえる政策は既に取られているでしょう。
ただ思い切りが悪く、遅いと文句を言っているだけです。

塾・予備校の先生の中で上位1/3は学校の教員の会1/3より明らかに
優れると思いますよ(当たり前か)。

>>210
あそこは多くはチャッチャッと要点だけやって「わかったつもり」
「点数を取れた(つもり)」にさせてお足を頂くホストクラブみたいなもの。人材も大半は使い捨て。

って不幸にしていい補助教育機関を利用された経験がなかったのでしょう。
教員免許のような資格は当然必要として、定期的更新と補助教育機関→学校
の人材流動を進めた方がいいんじゃないですか?(逆の流れは多いのだから)
公立学校の問題教師、無能教師に任せたいんですか?
そうやって放置すると、公教育への不安不信から「不安ビジネス」としての
塾予備校がますます儲かりますね。>>203-204


239 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 15:18:01 ID:mi7+OH/C
イメージだけが先行したサッチャリズムは、保守派の利権を強化しただけで、経済を疲弊させただけ。
まあ、経済がボロボロになったせいで保守党は第一党から転落し、投票率によっては、野党第一党も危ういところまで
追い込まれ、結局は利権に対する影響力も失うことになった。

240 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 15:18:30 ID:FxmeKJ7o
>>226
金融論の学生が日本のあぽーんな機関に期待せず、
(外資の)ファンドマネージャーになりたいとあこがれるのは
すでに10年以上前からと思いますが。で村上氏はM&A、Distressed Asset
に特化してしていて、いわゆる普通のファンドマネージャーではありません。

言葉尻を捕らえたいのではなく、1ドル100円近辺だと製造業の競争力は制限されます。
そして貯蓄が有るわけですからこれを生かすように資産運用ビジネスが繁栄するのは
むしろ当然ではないでしょうか?
「自分は、日本は物作りの国であって決してマネ−ゲ−ムの国ではないと思う」
これの根拠、明確な日本人が資産運用ビジネスに向いていないとする根拠はなんでしょう?
>>203の1,2の基礎的需要がかなり満たされている現状では
資産運用、ソフトサービスの比率が高まるのは自分には当然と見えますが。
ネーデルランド、イギリス、USが辿ってきた段階でもある。国内雇用という面では
自動車が競争力を失う事がかなり大きいんですが、未だなんとかそれは維持されているので
その間に次の種を蒔いておかないと本格的衰退に陥ると思います。
(学生のころ衰退の歴史本を読みまくって、変人扱いされたものとしてはそう思います)


241 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 15:30:35 ID:wDZU3WYX
自学自習というものを知らんのかw

242 :闇の声:2005/05/14(土) 15:33:22 ID:6kQCsVS0
>>237
確か、一部負担もあったと記憶しているが、これは誤りかも知れない
それ以上に、たとえば会社全体で健康診断をする場合は当然会社がお金を払う
こういう話を聞いたことがある・・・それは、子宮筋内膜症とか卵巣腫瘍が30代の
女性に多く発祥するので婦人科の検診も健康診断に入れるべきだと言う話しがあり、それに対する
費用を考えた場合は企業は負担できないし、男女平等の意味からも如何な物か・・・で、確か何処もやってないね
企業にとって、社員は歯車であり休まれては困る
矛盾しているのは、育児休暇制度を国は少子化対策の目玉にしたいが企業にしてみれば
休まれるわ、金は払わなければならないわ、挙げ句の果てに祝儀まで容易せよとは何事か・・・
雇ってやるだけありがたいと思え!が本音だよ
最近の新入社員を見れば判るのだが、日曜出勤もサ−ビス残業も当たり前だという認識だね
逆に言えば、丁稚奉公を我慢したらさっさと辞めてやりたいことをやる・・・
企業と人との関係悪化の象徴とも言えるかな

>>238
これは医師会の診療報酬吊り上げに関係してくるが、定時外の患者を救急患者にすればその分かなり儲かると思った
中には、良心的な医者も居て定時外でも昼間と同じに見てくれるがそうなればその医者は人気が出るね
そうなると始まるのが医師会による”いじめ”だ
やんわりと「一人で良い子にならないで下さいね」と、言ってくる
それでもやっていると、厚生労働省への密告だ
官僚と医師会は結託しているから、たとえば看護婦を使っていれば不当労働行為とか時間外労働とか
難癖を付けてくる
そう言う世界だよ

243 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 15:35:46 ID:YyY9KAgY
>>221
>利用者の権利というのも、全く存在していないかの如くだね
あの事故以降メディアに叩かれまくっているJR西日本ですが、あれだけ安全性を軽視した経営と言われている割には株価は堅調だったんですよね。事故前までは。
地盤沈下している関西経済界の中で同業他社と比べて一人勝ちと評価され、堅実に収益を確保してきた会社ですからそれが株価に反映されていたといえば聞こえは良いですが、JR西に内在していた危険性については株価に反映されていなかったとも言えるわけです。

企業経営者としては株価に反映されにくい保安設備への投資よりも、投資家や利用客の気を引きやすい投資へ軸足を置いた経営が非難されるのは仕方ないとはいえ、果たしてJR西だけの問題なのでしょうか。
あの事故とJR西の企業体質は極めて今日的な問題を提起していると思うのですが。。。

>>238
ご存知かも知れませんが最近は比較的大きい病院だと紹介患者以外には初診料に数千円上乗せされるようになっています

244 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 15:51:49 ID:xz9OVVCC
>一方で大学に進んだ人がいい意味でエリートだったかっていうと必ずしもそうじゃない。
 
一部で全体を判断する事はよくありません

が、沖縄系の人間は大学なんて試験無しでみんな行ってますよ

245 :闇の声:2005/05/14(土) 15:52:02 ID:6kQCsVS0
>>240
まず、貯蓄であるけれども貯蓄=金融機関に預けられているお金の運用を
全て金融機関に任せることを、預金者は許可しているだろうか?
竹中改革の問題点の中で、金融機関の市場運用をかなり期待して、運用益こそが
金融機関の望ましい利益と言う考えがあると思う
しかしそれは、一部の金融機関であって日本のように手形信用や少額の貸し付けで
企業操業を助けてきたのが実態であるなら、運用益目当てはそれにそぐわないし、まして郵貯は
箪笥代わりの存在とも言える
国家がやっており、しかも集金に来てくれる
その資金を運用に回すのは、預金者保護の立場から言っても、預金者の意図を無視することから言っても
如何な物かと思う
何故郵貯に巨額な預金があるのか・・・銀行に行かなかったのか・・・
それを考えると、マネ−ゲ−ムへの参加を是とは出来ないね

もう一つ、日本では依然として製造業従事者の比率が高かったと思う
社会的サ−ビス、たとえば介護や環境サ−ビスならともかく、金融ビジネスで
それだけの雇用を創出して経済規模拡大にも繋がるのだろうか?
拡大することは、言い換えればそれだけのリスクにも曝されることだ
ごく一部の金持ちを除けば、大半は貯蓄も少なく生活のゆとりも少ない
まだまだ働かなければならないと言う中高年が殆どだろう
今から、方向転換は難しいと思う
今の枠組みの中で、工夫しながら維持していかなければならないのが、日本の
本当の姿だと思うし、六本木ヒルズを夢見るのではなく夕食にもう一品増えることに
幸せを感じるのが日本人ではないか?
村上某の事は良く知らなかったのでね・・・

246 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 16:02:30 ID:xz9OVVCC
トヨタの車は冠婚葬祭でも違和感が無いけど、マツダの車は場違いだと同じことで
めーそんの手法は日本のそれと乖離したままで、原爆のフォローはまだ続いてる

247 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 16:30:00 ID:FxmeKJ7o
>>245
???
「貯蓄=金融機関に預けられているお金の運用を
全て金融機関に任せることを、預金者は許可しているだろうか?」
許可していなければあずけないんじゃないでしょうか?
ちょっと誤解があるかもしれませんが、竹中改革は多分伝統的金融機関(銀行郵貯)
→ 非伝統的運用機関(投信、ヘッジファンド等)、市場への直接投資を目指していると思うので
銀行などが株式デリバティブへの比率を高める事は意図してないと思います。
それはBIS規制にも逆行するし、バブル以来一貫して株式依存度は下がっています。
銀行や郵貯(公社)が株式・派生商品運用を無謀に増やす傾向は監視しなければなりませんが、
彼らはそのような気力はもう残っていないように見えます。

あと安全な運用なんてあるのでしょうか?
貸し出しは不動産に絡む様に地価・景気が下がれば焦げ付きますし、
債券は例えば財政出動で通貨供給が増えれば暴落します。個別の発行体がおかしくなっても同様。
郵貯は政府保証をしてきたが、これは見せ掛けで国のリスク負担余力が減ってきたから、
無限には保障できないのは明らか。
個人向け小額貸し出しも賃金景気の影響を受けますし
安定した、リスク比で収益性の高いものは参加者が殺到して収益が逓減するようになっています。
『世の中においしい運用先等永続しない、安定した運用先は大抵一定期間の幻想に過ぎない』


248 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 16:30:58 ID:CIqPhm0i
産業3部門別就業者数(単位万人)
      昭和50 平成2 平成15
全産業   5223  6249  6316
第一次産業  661  451   293
第二次産業 1841  2099  1787
第三次産業 2710  3669  4175

資料 総務省統計局統計調査部国勢調査統計課労働人口統計室「労働力調査年報」
ttp://www.stat.go.jp/data/nihon/pdf/n1600600.pdf

249 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 16:47:38 ID:FxmeKJ7o
>>248
を今調べようと思った。負けた!!ww
比率で出してみました。

産業3部門別就業者比率(単位%)
         昭和50   平成2   平成15
         1975    1990    2004
全産業     5223    6249    6316
第一次産業  12.7%    7.2%    4.6%
第二次産業  35.2%   33.4%    28.3%
第三次産業  51.9%   58.4%    66.1%

出所は248氏と同じ
またこういう統計出すと「捏造」とかいわれるんだよなぁ・・・ww



250 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 16:57:23 ID:c0jLeEEL
>>248-249
第一次の減り方が凄いな
どう考えても一人あたりの生産性でカバー出来るレベルじゃないよ

まあ石油の殆んどを海外に依存してるんだから食料自給率を高めても仕方あるまいと開き直ってみるかなw

251 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 17:08:51 ID:FxmeKJ7o
>>250
なぜ「頑張ら」ないといけないのか
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1113471973/
を眺めて思ったんですが。ここには根源的な問い
「人類は機械化コンピューター化で楽をしようと文明を発達させたのに
なぜ現代人はストレスで死ぬほど忙しいのか?」があったので。
日本はおかしな封建制みたいな所も残っているが、>>203
のように「公」に関わらない所ではかなり基礎的需要は満足できる社会になった。

だから機械化、コンピューター化の恩恵を受けるには人口減少しかないんではないか?
一人当たり生産額を増加させ人口を減らしていけば、国のGDPとしては停滞だが個人にとって
それほど悪くないんじゃないかと。この方針なら移民の受け入れ、中国への工場進出など
あまり賢明な方針とは思えないのですが・・・


252 :闇の声:2005/05/14(土) 17:31:50 ID:kjlyCYaw
>>247
逃げる訳じゃないが、出かけなければならない
ただ言えることは、一度田舎のおばあさんに聞いてみると良い
どのくらい郵貯や簡保が生活に密着した、安全な貯金箱代わりになっているか
運用なんてあの人達の頭にはない
誰もがすばしこい都会の預金者じゃない
むしろその逆だと思う
この国は、貴殿の考えられているような人はそれほど多くない
年金をこつこつ貯めて、町のちょっと高めのお風呂に入ってのんびりして
マイクロバスで帰る
そう言う生活を楽しんでいる人は相当数いる
金融機関の常識という事は判るが、郵便局が金融機関だと認識している人は
どのくらい居るだろうか?
自分は郵政民営化には、今のままでは絶対反対だ
それは、郵貯の性格が竹中のやろうとしている事にそぐわないからだ
東京重視の考え方では、地方のお年寄りは切り捨てられてしまう
国は栄えても、一部の人間だけの鼓腹撃壌は聞きたくないね

253 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 18:37:27 ID:FxmeKJ7o
NHKで子供向けに パックマンディフェンス とかホワイトナイトとか教えてます。
アンチ市場派の人は至急苦情を!ww

254 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 18:45:03 ID:X87wTEQT
あ、まだいるか。>>253

>>238の件なんだけどさ。

>不幸にしていい補助教育機関を利用された経験がなかったのでしょう。
いい補助教育機関って具体的にどういうの?

>補助教育機関→学校の人材流動を進めた方がいいんじゃないですか?
これどこから人材をもってくるの?
地方によっては補助教育機関の数がかなり限られるよ。
競争が少ないから、質も問われるけどさー。
国単位でやるつもりで言ってるんでしょうか?


255 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 18:46:14 ID:aJJfqDX8
>>253
電話しなければw
それにしても、今の子供に対してアンケートをとると
将来、イチローやホリエのようになりたいそうだ。
友人にホリエの本でも読んでみたら?と進めたらあっさり洗脳されて
しまってあせったのだが、彼らのようなタイプはマレであって、
みんながみんなそうはなれい。
それでもしも、失敗つまずいたとき彼らが立ち直れるのだろうか。

256 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 20:31:32 ID:Mtz6wNWJ
立ち直るのは容易だ
問題はその後のこと

257 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 20:40:06 ID:DBgjy0lv
闇の声がもっとも恐れるのは、回復力
ロシアマフィアの訓練でも異様に繰り返されてた事
たとえば、冬の最中、耐寒訓練でジョギングで走り回り
さらに冷水を浴びて座学に出ると言ったような事

258 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 20:47:49 ID:aJJfqDX8
与党、民進党が勝利 国民大会代表選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050514-00000147-kyodo-int
 【台北14日共同】台湾の政治制度を実態に合わせて改革する「政治
体制の自立化」に向けた憲法改正案を承認する国民大会の代表選挙(定
数300)の投開票が14日行われ、与党、民主進歩党(民進党)が4
2・5%の得票率(開票率90%以上)で勝利した。


どうも中国政府の工作は裏目に出たようですわ。

259 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 21:08:21 ID:ycZvMJ/9
流れをぶったぎって申し訳ないが、我が国の問題点の最たるものは、
マスメディアが伝えるべきことを伝えないことだと思う。

そりゃあそうさ、有力政治家の子弟をコネ入社させて、持ちつ持たれつの
関係を作っているんだから。

・他国のメディアが伝える重大なニュースを伝えない(中南米に、じわじわと
米国と一線を画す政権が誕生していること
・一見、政府を批判するようでありながら、深層まで抉った報道が(ないとは
いわないが)少なく、一時消費されれば、すぐに次のニュースに移って、いつの
まにか有耶無耶のままに忘れ去られてしまう。

だから、小泉改革の本質を理解せず、多くの人が小泉の見た目の良さに
惹かれて支持をしてしまう。

260 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 21:11:48 ID:Azf3TL4x
もまいら、今すぐNHK見れ!今すぐ!!

261 :208:2005/05/14(土) 21:12:37 ID:9rlJ8MIx
>>233-234
現在の国の政策というのは、「自由化」「民営化」の方向でサービス業としての教育を行うので、
個々人の「選択の自由」に基づき教育を買ってください、ということですね。
要するに、これは「構造改革」と同じことをしようとしているのです。ただ、「学力低下」への
反発だけが盛り上がってしまい、こうした大枠は余り顧みられなかったわけですが。

指導要領を減らしたのも、最終目標は公教育のコストカットですよ。これは単純な話で、
コマ数が減れば、その分の教師は要らないわけです。
もっとも現実には「少人数学級にしろ」「習熟度別にしろ」「学力低下が大変だ」と言う
ことで、単純に削減方向には必ずしも向かってはいないようですが。
(ただ、草の根では既に小中高の再編は加速していますね)

ここで注意しなければならないのは、あくまでコストカット含みの「改革」ですので、
「自己責任」に基づき個々の保護者・生徒の受益者負担は際限なく増えていく、という点なのです。

「選択の自由」を行使するには、保護者にそれなりの資金があり、情報があり、土地柄に
恵まれていることを要求されるわけです。どうしても都市部に住む上層ホワイトカラーが有
利になっていくのは自明の理ですね。

262 :208:2005/05/14(土) 21:16:18 ID:9rlJ8MIx
>>261
(追記)
中山さんは「ゆとり教育が間違っていた」「指導要領を見直させる」と言っては
いるものの、どれだけ肝心の民活・自由化路線に異議を唱えるのか・・・。
はっきり言って余り期待はできない、というのが正直な所ですね。

>>235-236
森さんが何を考えているかは知りませんが、やはり教育にお金は必要ですよ。ただし、末端の
予算は概して減る傾向にあるようですが。
一方ではコンピューター・システムとかの整備には予算が付くんですね。近くの高校の図書室には、
公共図書館並の蔵書管理・検索・予約システムが導入されていて驚きましたね。誰が使うのか知らないけど。

263 :208:2005/05/14(土) 21:17:57 ID:9rlJ8MIx
後、日本では今も昔も東大がいちばん偉いですね。後はカスみたいなもんです。私大でも政治力のある有
名大・マンモス大以外はカスですね。旧帝あたりでリベラルなことを言ってるような先生も、往々にしてご自
分はちゃっかり植民地大の教官や学長に再就職していることもご存じの通りです。

国立大独法化とは、つまりはカス大学のリストラですよ。マスコミはほとんど伝えませんが、
京大クラスでさえ予算が減って青醒めているそうで、駅弁とかどうなっちゃうのかな?

ttp://www.ne.jp/asahi/tousyoku/hp/0193ranging.htm
>この間の「大学改革」は殆ど例外なく、この序列に従って実行された。課長以上の本省人事も
>この序列の中で進められている。こうして大学の序列化が長期亘って推進されたのである。
>文科省『中間報告(案)』では、この序列化推進によって形成された厳然たる格差を、「置かれてい
>る状況や条件」だと人ごとのように言い、それを踏まえて、“「多様化」「個性化」せよ”と命じている。
>それは、明治時代以来の大学ヒエラルキーをさらに制度的に固定しようとするものである。

264 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 21:27:21 ID:DBgjy0lv
大学へ行くという事は、勉強の仕方を訓練すると言う事
それを横から盗む事に成れた細川や三豊マツダの森は
人間を捨てた餓鬼と同じ

265 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 21:29:16 ID:DBgjy0lv
そして
大学院へ行くという事は、勉強の仕方をさらに教える事
学士に限らず、子供たちへ、”あの”瀬戸大橋のように
百年のいしずえを作る男たちを国の事情なんて除外で
作っていく事だ

266 :208:2005/05/14(土) 21:42:58 ID:9rlJ8MIx
>>238
その「外国」の話は知りませんが、医療については>>214さんのお話の通りで、何ら付け加える
必要を感じません。闇氏が仰るような閉鎖性はあるかも知れませんが。

>塾・予備校の先生の中で上位1/3は学校の教員の会1/3より明らかに
>優れると思いますよ(当たり前か)。

これは買い被りですね。実際はそんなレベルの高いものではないことは、余程の馬鹿
でない限り、やってる本人たちがいちばんよく知っています。
たまにいるアカデミ崩れのスター講師(山本義隆のような)たちは、そんなカネ勘定だけの場
所で可能な限りの学問的良心を貫こうとしたわけです。
(河○塾コスモとか「予備校が教育を変える」とか勘違いしたヤツらもいたけどね)

もっとも、都内某予備校でずっと講師をしてきた人(現在はアカポス)に聞くと、「昔は
まだ予備校文化の幻想を売れたけど、最近の人は教養っぽいことをやろうとしても全然聞いて
ないわ」という話でしたがw 
「あの業界(塾・予備校)は今や、一握りを除いて事実上は35歳定年なので、アカ
ポスに逃げられて良かったわ」ともw

267 :208:2005/05/14(土) 21:49:18 ID:9rlJ8MIx
>公立学校の問題教師、無能教師に任せたいんですか?

免許の更新については、是非は別にして、文科はその方向性だったと思います。流動性
云々については、もっと正規採用を増やした方がいいとは思います。何年も非常勤や
講師のままで教職浪人、という人は可哀想ですから。

ただ、民間教育機関とのオルタナティブに過剰に期待するのは控えた方がいいと思います。
友人で、塾講・家庭教師歴の長い人がいますが(上記の人とは別、現在は地方の某大で教官)、
「俺個人は真面目にやったつもりだし、昔の教え子でいまだに仲がいい人もいる。だが、
基本的に塾はどこもカネ儲け。個人塾などにたまに良心的な人はいるけどね。人間も使い
捨てだし、カタギがやる仕事じゃないね」と吐き捨てるように言ってました。

(最近は、都立のように、教師側が予備校・塾の講義法を学ぶ動きもあるけどね。入試が
 ある以上、仕方がないわけだけど、余り深入りしない方がいいと思う)

ま、地方によっては予備校が退職校長の再就職先だったりもするので、お互い持ちつ
持たれつ、生臭いことは事実ですわ・・・。

268 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 22:21:56 ID:Zoo/t5r4
>>252
私の実家は秋田県の某田舎ですがそこにはコンビニや銀行のATMが無いので町にただひとつある郵便局に頼らざるを得ないのが現状のようです。
もしそういうところで郵便局が無くなったら遠くはなれたところに行かないと預金を下ろせなくなりますね。


269 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 22:49:03 ID:+bhFXCsu
みずほ(冬のボーナス見通し)
ttp://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/indicator/041015wi_bonus.pdf
民間(2001)458,889円 前年比-4.1% 公務員 826,189円 前年比-1.5%
民間(2002)434,119円 前年比-5.3% 公務員 854,020円 前年比+3.4%
民間(2003)428,475円 前年比-1.3% 公務員 799,741円 前年比-6.4%
民間(2004)433,532円 前年比+1.2% 公務員 866,236円 前年比+8.3%

民間(2001→2004) 3年前比-5.52% 公務員 3年前比+4.84%
格差 1.80倍→約2倍ヘ

面白いハナシ
ttp://www.globaleye.co.jp/imamura/0208sararimen.html

大体、公務員の数字だけなんで「管理職を除く」なのよ。
ほっといても年食ったら管理職なんだから、入れないと平均にならんでしょ。

270 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/14(土) 23:41:56 ID:FxmeKJ7o
公務員は待遇を下げると民間も下がるとか書いてる人がいるけど・・・
根本の意識として税金を払って雇ってやってるんでしょ?
働きが悪くてさぼって、横領して、賄賂とって、ムダな余暇施設とか作ってたら
首にするって事で何か問題ありますか?
建前や制度は国民主権で政治家は委託されて仕事してるんだし、
公務員は公僕、使用人なんだから、つけあがってきたらやり込めるのが当然かと・・・

ちなみに公務員削減で減税、あるいは増税の抑制があれば貯蓄性向が100%でない限り
民間という枠ではメリットでしょ?

271 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 23:49:48 ID:rmRMcBu8



公務員は楽だけど暇すぎなんだw
別の意味で大変なんだw

272 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 00:07:31 ID:nM7CfdwF
>>269
管理職云々はともかく、仮に公務員の給与を削減しても、別に民間の収入は増えませんよ?
「デフレを止め、安定成長で所得再分配、社会保障充実で格差解消を!」と言わず、
執拗に「公務員の給与は高い」とばかり書く人の気持ちがわかりません。

>>270
>働きが悪くてさぼって、横領して、賄賂とって、ムダな余暇施設とか作ってたら
>首にするって事で何か問題ありますか?

それは立件して犯罪として裁けばいいんじゃないですか? それを否定している人はいないと思うけど?

>公務員は公僕、使用人なんだから、つけあがってきたらやり込めるのが当然かと・・・

「つけあがってきたらやり込める」、、、水戸黄門の見過ぎ。

>ちなみに公務員削減で減税、あるいは増税の抑制があれば貯蓄性向が100%でない限り
>民間という枠ではメリットでしょ?

自分の浅学のせいか、ここは意味不明ですが、要するに何を仰りたいので?

273 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 00:23:27 ID:wjYtV+6u
>>271
よく実情をご存知だ。ひま疲れするんだよ。
ただ、霞ヶ関はバカみたく仕事してるけどね。
大体、朝10時出で帰宅は翌日朝。ま、これは政治家が悪いんだけど。

274 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 00:41:46 ID:q4SXAUek
>>208
横レス失礼。あなたはなぜか何度も何度も同じような話をカキコしてるみたいですけど、
あなた自身が良いと考えてる教育が何かを最初に簡潔に書いて、あなたの
考え方をはっきりさせた上で批判するのが順序だと思いますよ。
それを省略してるのは、ちょっと横暴な印象を受けます。

275 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/15(日) 01:34:32 ID:eFCeC2ox
>>272
たしか経済成長は
労働力人口の増加+技術進捗による生産性向上
と思いましたが人口が減る日本でどう安定成長するんですか?
もっと生産性を極端に上げるならさらに労働環境が悪化すると思いますが。

そこを示してもらわないと・・・・
私は著しい成長は無理だから、民間の財布に合わせた政府部門に縮小した方が
いいと思うわけです。今は民間の収入に対して規模が大きすぎるから財政赤字な訳ですよね。

「仮に公務員の給与を削減しても、別に民間の収入は増えませんよ?」
税金が減れば可処分所得が増えるのは分かりますね?
その増えた可処分所得は貯蓄性向(貯蓄に回す額/可処分所得)が100%つまり減税分を
全額消費に回すのでなければ、民間消費は増加するということです。

276 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 02:04:05 ID:/80+H3mO
1つわかってるのは僕はトヨタの人で頭良さそうな人に有った事が無い

277 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 02:32:08 ID:ShLxDi8h
>それにしても、今の子供に対してアンケートをとると
>将来、イチローやホリエのようになりたいそうだ。

彼らはひとり孤独に向きあって自己研鑚に励んだのが今の結果であって、
それが普通の人にとって幸せな人生とは思えん。言葉変えればオタクでしかないし。

278 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 02:42:02 ID:SJfDLvxM
 >>275「増えた可処分所得は貯蓄性向〜」
アダムスミスかケインズの経済学か?それって単なる机上の学問じゃん。

279 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 02:49:07 ID:8OJSRTfK
>>275

経済の安定成長を前提にしたデフレ脱却論と良い、現状の財政状況に
見合わない意見が最近多すぎると思うんですよね。
安易な積極財政や公務員の給与の正当性になぜ彼らは固執するのか
理解に苦しむ…。



280 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 03:37:08 ID:XFAs4wnr
日本が発行している紙幣は、不兌換紙幣で結局はただの紙だからだよ。
政府が歳入をいくら増やそうが、結局は自分の刷った紙切れを集めてるだけ。
紙幣の需要を裏打ちする、経済活動を活発化させることこそが、政府「財政」の健全化。

まあ、経済活動を活発にする政策が、公務員の優遇だとはとても思えませんが。

281 :208:2005/05/15(日) 05:51:16 ID:RgWA57R+
>>274
>あなた自身が良いと考えてる教育が何かを最初に簡潔に書いて、あなたの
>考え方をはっきりさせた上で批判するのが順序だと思いますよ。

理想は別にありません。今は安易に理想を語らないことが何より大事だと思います。

「学力」の話ばかりして、本丸の教育の自由化・民営化に歯止めが掛からない状況はまずいと思います。
これは単なる指導要領の増減の問題ではありません。教育の自由化・民営化政策が進むほど、現実
には受益者負担が増え、様々な格差も拡大しているのですが、「さらに民間に任せよ」
(もっともっと改革を進めよ)みたいな話までが出てくるのは理解に苦しみます。

ただし、スレ違いでしたらここで止めたいと思います。

282 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 06:10:24 ID:P4BwCf41
>>279
チョーカンタンな国家財政の仕組み

 経済は循環で成立している。国債=借金と考えるのは早計。
→国債の金額の大小は本質的な問題ではない。成長との兼ね合いである。世の中をグルグルお金
 が回っていけばよい。
→ましてや、日本は債務国ではない。国内でお金を回し合っている状態。現在はこの循環が
 機能不全に陥っている状態。悪くなった血行を良くする必要がある。

公的セクターの問題については、ニュージーランドの失敗(一般国民の日常生活はかえって
高コストに)を繰り返してはならない、と言うに留めます。
ttp://ac-net.org/dgh/99b29-newzealand.html#IV

283 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 06:51:38 ID:3sxoFRq+
<ATS設置基準>国交省、JRに甘く旧型放置
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050515-00000010-mai-soci

ようやく記事にしてくれたな。
14年前に起こった信楽高原鉄道事故の時は、監督官庁の責任が不思議な事に被害者側からも問われずに「JRの電車に乗って事故に遭ったんだからJRが責任を取れ」などという一部被害者の声をメディアが取り上げていた。
そこまでJRの責任を問いながらなぜか国の責任を問う声はメディアには載らなかった。

今回はどこまで追及出来るかだな。

284 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 09:19:53 ID:7PMGXSE4
>>281
>>教育の自由化・民営化政策が進むほど、現実には受益者負担が増え、
>>様々な格差も拡大しているのですが

こういう主張をされる以上、教育は画一的な内容で公営でありさえすればいいという
主張が見えるわけですが、文部科学省は国民が満足するような教育を作れないのが
現実ですから、より良い教育が求められた結果、自由化・民営化が進むのが悪いとは
言えませんし、画一的な教育だったとしてもやはり格差は拡大していくんじゃないですか。

285 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 12:57:26 ID:e/SdroPC
>>283
今頃になって記事になってる時点で役人の勝ちだ
JR西へのネガティブイメージのみを植え付ける事に成功した

286 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 13:09:39 ID:jz6AS2rB

ソフトバンクグループ
35年固定金利 住宅ローン 2.15%
社会不安 少子化 高負担低教育 デフレ?インフレ?

の中さすがソフトバンクグループやっちゃいました。

287 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 13:10:38 ID:dZu67BIF
>>279

「安易な積極財政」なんて安易に決めつけないで欲しい。

また固執しているのは、デフレ脱却に有効かそうでないか
(あるいは逆効果か)である。
公務員の給与など、副次的な問題でしかない。
あえて絡めるとすれば、
民間の給与が公務員のそれを追い越すまで景気回復させるのが、
真っ当な経済政策である、と言うことはできる。

288 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 13:14:58 ID:jz6AS2rB


食材の産地偽装は減らないってよ。
儲けがすんごいウマーらしいぜ。

カラクリはこうだ

いったん海外から国内にもちこんで再育成しばらくして
市場に出す。
もちろん純国産としてな!!!!

289 :闇の声:2005/05/15(日) 13:37:13 ID:Le3Pth5e
公務員と民間の格差を考えるときに、特に上級公務員と民間の格差に関して
公務員の生活実態はほとんどブラインドの中で庶民は知ることが出来ない事を
覚えていなければならない
早い話、月給は同じであっても生活補助を様々な手段で受けることが出来れば
出費はその分少なくなる
利権と言うけれども、入り口はこの生活補助だよ
それから、だんだん裏金という形や贅沢な消費の支払を代行して貰ったり、様々な
施設の利用をただ同然ですることが出来る
公務員の海外出張で、アメリカの国務省の高官でさえやっとビジネスクラスなのに
入省して早々の官僚がビジネスクラスでふんぞり返っているのはよく見る光景だね
国内の保養施設だって官僚達の施設が公開されたことは全くない
住宅ロ−ンだって、極めて低利の・・・それもある時払いの特別ロ−ンが用意されているのは
公然の秘密だね
世田谷区で、越智の屋敷を知らない者はないと言うくらいに豪華な屋敷だが
その敷地を手に入れる際のロ−ンは全く常識外の条件だったらしいね
それも全て、官僚であり将来性があるらしいから銀行が用意したのだ
送り迎えやバカンス、そして住宅取得のロ−ン制度・・・
庶民にとっては高嶺の花も官僚にとっては簡単な話だよ



290 :闇の声:2005/05/15(日) 13:55:07 ID:Le3Pth5e
官僚のリストラが云々されて、その中で何故か人員が増えたのにもかかわらず
活動実績が落ちている役所がある
警察だ・・・検挙率は落ちている
しかし、警察官は増えている
前に、警察官の武闘能力が落ちて、外国人やナイフや鉄パイプを短く切ったのを
器用に扱う16,7才の連中には適わないと書いたことがあるが、その増えた警察官の仕事はなんだろうか?
社会秩序の維持ではないね
今度のJR事故で、警察の頑張り様はかなりの物だが・・・その意図は、刑事告発するためだろうか?
あれだけめちゃくちゃに壊れた車輌を調べて、ブレ−キの効き方が判るのかどうか、聞いてみたが
それは難しいだろうと言う事だった
警察は、どうしても刑事事件にしたい・・・
では、何故京福電鉄の時にそれをしなかった??
京福は、金を持っていなかったからだよ
搾り取り、集ることが出来ない相手に労力を使いたくなかっただけだ
それは福井県警と兵庫県警の違いもあっただろうが、今の警察は動いて金になるか成らないかで
初動を考えている
つまり、国交省と警察の間で利権の取り合いをしているわけだ
その利権とはOBを送り込み、そのOBからさらに関連会社に人を送り込んで
天下り先の確保と安全関連予算に集ることだ
警察が点検して、許可した設備や機器だけが使えると成ればそのメ−カ−は
警察にすり寄るね
国から、試験研究費という予算も下りてくる
現場で一生懸命救助に携わった人は尊いのだが、その働きを結果的に自分達の利権誘導に使って
いるのが、警察のトップクラスであり国交省だよ
その位、組織として・・・国として腐りきっている
今日のテレビ朝日を偶々見たが、車検制度に関わる利権構造をやっていたね
政治家を支えているのが官僚という構造だから、永遠に利権は無くならないし小泉構造改革で
権力が一極集中になったから余計に勝ち組負け組がはっきりしてしまった
飯島というはっきり言えば組織の一員と官僚達が手打ちをして、森−中川のラインが自民党を押さえ込む
竹中が金融機関を押さえ込み、金融庁はその手先となり財務省は税金を搾り取ることだけに専念する
この国は、簡単に言えばその様な構造になっている

291 :闇の声:2005/05/15(日) 14:06:35 ID:Le3Pth5e
何でも、緊急時警察に110番通報するのが47%とか出ているけれども
それはそうだ・・・自分だって、余程のことがなければしない
実は、警察の上級幹部の不祥事があまりに多くて、それも凄まじいスキャンダルの雨霰で
それを覆い隠すために飯島や組織が動き回り、警察はその手先に成り下がっている
これは、噂と言う事にしておこうか・・・だから、本当か嘘か判らないが
尼崎のマンション、売ろうという人物はやはり結構いる・・・それはそうだね
ところが、それを買おうという人物もいるのだ
JRの経営陣は恐らく丸裸にされる・・・それも、表面では判らない方法でね
借金漬けにするのさ
詳しいことは言わないでおく
誰も損しない・・・経営陣以外はね
警察は介入しない・・・民事不介入だ

警察官の数が増えたのは、民衆の不平不満を押さえ込み、情報収集活動をするためだ
110番した場合、その通報者も調べるためだ
通報すれば、何処の誰かを喋ることになる・・・仮に、それが目撃情報で有れば
いろいろ聞かなければならないが、それはその家庭や個人を調べる良いきっかけだよ
少女を監禁した話しだって、有名な男だったらしいけれどもその親が
有力者だったから警察は動かなかった
金のある人物はお客さんで金のない奴は徹底して叩け・・・
叩けばほこりが出て、そのほこりは良い証拠だ!
これが今の警察だよ
財務省は、いずれ税金が払えなくて強制的に徴収しなければならなくなる事を予測している
その徴収作業に警察力は必要なのだ
恐ろしい時代がやってくるよ

292 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 14:10:28 ID:e/SdroPC
>>290
>では、何故京福電鉄の時にそれをしなかった??
京福の事故の時も運転士は業務上過失傷害で起訴されて有罪が確定してますよ
ttp://www.toonippo.co.jp/news_hyakka/hyakka2004/0921_6.html

>京福は、金を持っていなかったからだよ
>搾り取り、集ることが出来ない相手に労力を使いたくなかっただけだ
上のほうに出ていますが信楽事故で警察がカネの無い信楽高原鉄道よりもJRの瑕疵らしきものををリークした構図のほうが分かりやすいかと思われますが。

>つまり、国交省と警察の間で利権の取り合いをしているわけだ
で、JR西日本が生贄にされて警察は>283にみられる国交省の怠慢については不問に付すとw

293 :闇の声:2005/05/15(日) 14:24:35 ID:Le3Pth5e
橋本内閣は行革を打ち出して、特殊法人などの削減に乗り出して
その後を受けた小渕内閣もその様に動き、一方で金融スキャンダルもあった
この時が官僚達の最大のピンチだったと言える
何故ピンチだったのか・・・自民党内部でも民主党内部でも政策を自分達で
創っていこうという動きが出来て、若手が発言をしたからだ
焦る官僚を救ったのは、小渕首相の死だね
同時に、公明党=創価学会への擂り寄りだ
絶対多数を取れない状態であったから、公明党=創価学会への利権を携えて
官僚達の自己保身が始まる
公明党としては、創価学会員の就職もあり同時に上級公務員に学会員を増やしたかったから
渡りに船だ
その後を任された森に官僚は急接近して、政策立案能力の全くない森はその言うが儘になった
森は最初、首相なんて務まらないとも思ったらしいが首相になってみたらこんな良いポジションはない
政策は官僚がやってくれて、おいしい物が山ほど食べられる
利権は転がり込んでくる
あまりに欲求が低かったから官僚も苦もなく首相を手玉に取れた
結果、官僚の自由に出来る体制が出来上がったと言える

294 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 14:28:14 ID:avW1BY5w
ダブルスタンダードが目に見えているのに是正できない社会に明日は無し

295 :闇の声:2005/05/15(日) 14:33:59 ID:Le3Pth5e
>>292
有罪は二度目の事故を起こした運転士だね
これは逃れようがない
最初の事故は車輌の整備不良だった・・・で、二度目の事故を起こしたときに
開き直りとも取れる行動に出る
廃止申請だ
これで、この話は国交省にイニシアチブを採られた恰好なのだが
JRと同じ対応はとれたはずだよ
しかししなかったね
信楽の事故は、知人の弁護士も言っていたけれどもJRの過失を認めないのは
おかしな判決で、三河島の時に無意識下の意識と言う極めて課題を残した
判決に比べれば明らかに偏った話しだという
司法取引でもあったのか・・・或いは、警察の取り調べで作為的な何かがあったのかもしれないと
彼は言っているね
警察にとって、殺人事件はビジネスにならないんだよ
そこに、利権も何も発生しないからね
JRに貸しを作れば、色々良いことがあると踏んだんだろ

296 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 14:54:39 ID:MTkiZY29
>>277
孤独が大変かどうかも人による
 
中国系官僚かキリスト教か知らないが、制御不可能な矛盾を押し付け
(それもほとんどの場合は女性にぶつける)、その人を操作し飼い殺そう
と言うのが、今の日本に見られる悪い習慣だ


297 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 15:26:30 ID:e/SdroPC
>>295
>有罪は二度目の事故を起こした運転士だね
一度目の話しをされていたんですね。こちらの読解力不足でした申し訳ありません。

>JRの過失を認めないのはおかしな判決で
それに比べると民事訴訟の判決は信楽高原鉄道側を信用ならない会社とみなし、それを信用したJRに過失があるというような内容ですから何かあったのでしょうねw

298 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 15:31:45 ID:8OJSRTfK
>>293

以前政治家や官僚も国民の意思によって決められるべきと書かれて
まったく同感なのです。ただこれだけ利権構造でがんじがらめに
されてる中、選挙に行くだけでは限界があると思うんです。
政治家が自分達で政策を立案し、それに近しい官僚を登用するからこそ
国民の意思が反映されるわけで。

もうこの国は行くとこまで行かないと変わらないんですかね。

299 :闇の声:2005/05/15(日) 15:48:13 ID:58lA4qAM
>>298
小泉のロジックを聞いていると、国民に信任された政治家であるとよく言うが
政策を出して、その政策を争点にしたわけでもなく、その政策を委員会に回す前に
国会できちんと審議したわけでもない
委員会で勝手に決めて、それを国会に持ち出して党内を金と公認権で締め付けて
場合に依れば党議拘束を出して足止めさせただけだ
いわば、国会無視の姿勢であり当にファッショだね
軍部の独走が太平洋戦争とすれば、官僚・・・特に、財務省と警察の独裁を小泉が利権と引き替えに
認めてファッショ体制を構築したと言える
聞いた話では、警察は市民団体や有識者の意識・思想調査をかなりやっているそうだ
立候補した時に、その選挙区で自分達に不利ならば情報戦に持ち込んで落選させる
誰のための警察組織か、と言う事をよく考える必要性がある
言い換えれば、選挙をやっても無駄かも知れないね
国会に上程されたときには、既に委員会採決は行われている
それも首相直属とか、直結とかの直接選挙民が選んだわけでもない、いわば首相のお気に入りが
首相の気に入るような結果を導く委員会だ
いずれにせよ、小泉打倒と一度政権交代をするべきだろうね
その時に、どのくらい透明性を確保できてこの五年間だか・・・森−小泉政権時に
何が行われていたのかを明らかに出来るのかが日本復活のカギであり、人間の政治復活のカギだろう

300 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 16:00:21 ID:lNdrhZ+N
小泉がやったことはローカルルールでの切りきり詐欺でしか無い

301 :闇の声:2005/05/15(日) 16:07:46 ID:o5TqzTLC
>>300
官僚にとって、恰好付けたがる、話しの長いのが嫌いで、論理的に物事を考えられなくて
感情的に成りやすく、目立ちたがりでナルシストは利用しやすい
森は、政策がまるで判らないのがトラウマだったのだが官僚がそれを上手く操り、それで
森はずいぶん良い思いをしたから官僚贔屓になった
小泉は常識が全くない人物で、自分に酔いたいだけの人物だから官僚はそう言う場を
沢山用意した
郵政民営化も、それが国民に役に立つことなんですよと・・・みんな貴方に感謝して、拍手で迎えてくれてるんですと
そう吹き込んだ
その程度で、動いてしまう軽佻浮薄な人物だ
しかも、現場を見ようとしないからね・・・ワインとオペラには偏執的に凝るのだけれども・・・
ここもヒットラ−によく似ているね

302 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 17:29:20 ID:Cs9xxa3L
>警察は市民団体や有識者の意識・思想調査をかなりやっているそうだ
>立候補した時に、その選挙区で自分達に不利ならば情報戦に持ち込んで落選させる
戦時中の特高顔負けのやり口ですね。
一体何を信じればいいんでしょうか?

303 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 17:43:14 ID:Cs9xxa3L
>>301
今の小泉政権をナチスに例えるなら
ヒトラー・・小泉
ゲッペルス・・飯島
ゲーリング・・安倍
ヒムラー・・中川秀直
アイヒマン・・竹中
デーニッツ・・福田
こんな感じですかね。
ところでその竹中についてですが4年前の文芸春秋の斎藤貴男レポートで竹中がBではないかと思わせるような記述があったんですが真相はどうなんでしょうか?


304 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 17:45:23 ID:JTHL3zhW
>>303
どれも圧倒的に役者不足にしか見えないが

305 :208:2005/05/15(日) 19:00:59 ID:0gK2W7sP
>>284
まず、日本の教育は本当に「画一的」なのか?
ttp://www32.ocn.ne.jp/~everydayimpress/Bookreview/review12.htm

>日本の教育は画一的だという思い込みがあるんです。しかし世界に日本ほど多様化した学校は存在しない。
>日本ほど能力で子供を振り分けている学校も存在しません。最近では習熟度別指導が叫ばれ、日本は平等画一
>主義で、能力差に応じた教育はタブーになっていると言うけれども、実は日本のように能力差の教育が徹底した
>国は存在しませんね。塾のように能力別編成をやっている教育は世界のどこにもあり
>ません。高校は入学試験で能力別に編成されていて、大学さえそうでしょ。
>そんな教育システムは世界にありませんね。英語圏で見れば、高校入試がないから高校教育
>までは全く平等です。ヨーロッパの場合は、進学時に中学の試験はありますが、しかし職業高校に行くのか普通高
>校に行くかの基準点があるのであって、学校が能力別に編成されているわけではありません」(76頁)

>これは日本の教育改革が、欧米教育(とくにエリート教育)へのキャッチ・アップをほのめかしながら、実際には欧米に
>そのようなものはなく、結局は、これまで日本が追求してきた能力主義の一層の徹底がおこなわれるに過ぎないことを示している
>(日本的能力主義の一層の徹底)。 

佐藤学氏の言をそのまま信じるわけではないが、誰にとっての「自由化」なのか、を
考える必要はあるだろう。

306 :208:2005/05/15(日) 19:34:18 ID:0gK2W7sP
>文部科学省は国民が満足するような教育を作れないのが現実ですから、より良い
>教育が求められた結果、自由化・民営化が進むのが悪いとは言えません

まず「国民が満足するような教育を作れない」とは、いったい、具体的に何を指して
仰っているのでしょうか? 「ゆとり教育」のことだとすれば、これは単なる指導要領の増減の
問題ではなく、本質は、自由化・民営化政策です。この「自由化・民営化」こそが怪しいわけですよ。

にも関わらず、そこへ「よりよい教育を求めて」さらなる「自由化・民営化」を進めよう、と
いう発想は、ちょっと理解に苦しむものです。もっとも、似たようなこと(学力向上のために?民間に
もっと教育を任せよう)を言っているのが、西村和雄や和田秀樹なんだけどね。
例えば、これは郵政民営化と似ているわけですよ。サービス向上・効率化と言いつつ、ユニバーサル・サービスは
かえって放棄される可能性のある方向に、なぜわざわざ誘導しなきゃならないんです?

ちなみに国立大は、独法化で財源の蛇口を閉められたのに、一方では「自由にしなさい」
「自前でお金を取ってきなさい」と言われて、もうボロボロですわ。
東大以外は旧帝でさえ苦しいそうで、駅弁なんかもうペンペン草も生えないのと違う?

大綱化も含めて全てがリストラへの伏線だったわけだが、大学のセンセイたちは本質に
はほとんど気づかなかった。例えば「大綱化でカリキュラムを緩めて学生を甘やかしてはい
けない」とか言っていた人がいた程度かな?
思えば独法化反対ネットワークがほとんど盛り上がらなかった時点で、すでに大学は死んでいたのだが、
実はあの業界の人間には「大学像」についての共通したコンセンサスはほぼ皆無、東大旧帝を頂点にした象牙の塔の中での
自分の位置関係ばかり気にしている人が大半なので、何か期待するだけ無駄(苦笑)

307 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 20:19:10 ID:eFCeC2ox
>>306
前半と後半で矛盾してませんか?

実はあの業界の人間には「大学像」についての共通したコンセンサスはほぼ皆無、
東大旧帝を頂点にした象牙の塔の中での
自分の位置関係ばかり気にしている人が大半なので、何か期待するだけ無駄(苦笑)

これには賛成です。ですから外部の人材を入れる意味でも何らかの抜本的改革が必要なのは
分かりますよね?その上で以前は論文作成数、被引用数などで明らかに劣っていたり
働き振りが冴えない教授達もいたからコストカットが行われた。ここまでは何が悪いんでしょう?

一番の日本の教育の問題はカリキュラムが最低限も最高の上限も規定されてて、
優秀な生徒の伸張機会を奪っていた事ではないでしょうか?
その意味でカリキュラムの弾力化は方向としては良いのでは?
下の方は緩める必要はなかったのですよ。その点を修正すれば良いので、
画一的な指導要領の縛りを強化して上限を抑える意味が分かりません。
頭いい子が傑出して優秀になるのが許せないんですか?

308 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 20:38:37 ID:lNdrhZ+N
当局からすれば、なにをするのか判らんのが怖いそうだ
 
だが、俺は当局のやり方にいっさいの哲学を感じた事が無い、残念だ

309 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 21:30:11 ID:/SInU2Za
理系大学は結構自由度が増して、産官学連携が進んでいるそうですな。
資金、技術のある産官と連携する事により、学生が大学卒業後も研究に
携わる事も出来るようになってきたとか。
まぁ、すべての研究分野ではないでしょうが。
さて文系はどうなりますかな。

310 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 21:51:38 ID:wjYtV+6u
今日友人と久々にあっていろいろ話をしましたけど、せちが無い世の中になったものです。
今日、明日はどうにかなるにせよ、人生プランが全くたたない。
雇用が流動的過ぎて、いつクビになるか分からない。
そんな状況じゃ落ち着いて子供も作れないとのこと。
おまけに、将来退職後の年金保障もあるのかないのか分からない状態。
これで、安心して消費をして欲しい、子供を生んで欲しいといわれても無理
というもの。
本当に困った世の中になってしまったものです。

311 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 22:04:28 ID:2oxXn28G
×世知が無い
○世知辛い

312 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 23:09:17 ID:Cs9xxa3L
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1154516/detail?rd
拒否権が無ければ単なる金のかかった折りたたみ椅子を買うようなもんだと思うが。


313 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 23:24:31 ID:wjYtV+6u
>>311
訂正ありがとう

314 :名無しさん@3周年:2005/05/15(日) 23:39:50 ID:s+eMuyA7
固定資産税のスレは共産党に占拠された。

315 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 00:15:04 ID:9z9VcahF
>>305
佐藤氏の言うことは捏造でしょ。
海外では子供の才能を早い段階で見出だして英才教育をやったりしてますよね。

>>306
「国民が満足するような教育を作れない」とは、ゆとり教育とその前の詰め込み教育の両方です。
それから、なぜか自由化と民営化をセットにして考えないといけないのですか?
自由化を国公立でもっと広げるという方向もありますよね。
それに文部科学省のやってることは経済で言うなら、昔の共産主義国の計画経済みたいなもので
現場と離れて机上でやってるわけですから、いい教育が生まれることは絶対ないですね。
それよりは自由化のほうがずっとましじゃないですか。民営化であっても国や自治体が
国公立に通う場合に負担してくれるのと同程度に補助すれば、親の負担も軽くなります。

316 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/16(月) 00:19:09 ID:21N7bhB2
>>307は名前入れ忘れました
>>275訂正 100%つまり減税分を全額消費に回すのでなければ
             ↓
        100%つまり減税分を全額貯蓄に回すのでなければ

早く逃げてきた方が良いんじゃないかな?

日本人と間違え?北京で比人父娘が殺害・香港紙報道
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20050515AT2M1500J15052005.html

317 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 01:31:21 ID:BsQFADK6
>>301-304
ヒトラーを過小評価し過ぎな気が。
彼はボロボロのドイツ経済を立て直して、その実体はともかく
失業率3%の完全雇用を実現したことが功績でのしあがった訳で。
大衆煽動なんて多かれ少なかれ当時も今でもあれくらいあったはず。
彼の失敗はむしろ外交だと思うなあ。
そんな訳で、ヒトラーを再現できるならやってみろと思う。
あれほど才能のある政治家は日本では出てこないだろう。

318 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 01:42:19 ID:Ch3gTKyC
アウトバーンっていう輸送路を最初に確保
その後国の設計主導でトラックも大量に作ったんだよね

319 :208:2005/05/16(月) 01:53:48 ID:jcf39Xmj
>>307 >>309 >>315
とりあえず、教育観についてはここでは語らずにおきます。また、指導要領・入試科目数
の増減の問題、学力低下論についても、正解はないので語らないでおきます。

指導要領に限れば、戦後、もっとも優れていたとされるのは、いわゆる69年の「教育の現代化」
学習指導要領ですね。これも財界の要望でした。
以後、一転して、途中から軽量化を要請したのも財界ですね。いずれにせよ、再び内容を濃くせよ、
という声も大きいですが、仮に69年のレベルに設定するにせよ、やはりマンパワーを増
強しなければどうにもならないでしょう。
(昔は学級定員が多かったのに出来ていた、とか言わないでくださいよ。現状を見る
 限りでは、教師の授業以外の雑務が飛躍的に大きくなっており、結局はマンパワーを
 増強しなくてはどうにもならないでしょう)

私が言いたいのは、誰にとっての「自由化」なのか、をもっと注視する必要がありますよ、
という話なんですよ。「自由」にすれば良くなる、とか本気で信じてるんですか?

320 :208:2005/05/16(月) 01:56:34 ID:jcf39Xmj
「自由」に期待している方は、自分の願望と現実の区別がついていないのでは?

「自由にするけどカネは自分で引っ張ってこい」「カネは現場で集めろ」「カネは受益者が自分で出せ」
(もちろん、タダがいいとは言わないが、受益者負担ばかりが増えていくのはいかがなものか?)
というのが日本の教育政策の現実ですよ。まずはその実態を見てくださいよ。

ttp://www.ajup-net.com/web_ajup/063/63maru.html

>国立大学法人への国からの資金は運営費交付金として支給される。今年度の運営費交付金の支給実態を各大
>学が固唾をのんで注視していたが、予想以上に厳しい現実に呆然としている大学人も多い。非公務員型で法人化し
>たために、教職員に関わる労働、労働安全衛生の法律が別のものになり、それに伴う費用が案外馬鹿にならない
>こと、教職員の給与、取引業者への支払いが民間企業と同等になり、銀行振り込み費用がかかる、種々の事故、
>障害についての賠償が国家賠償法の枠からはずれたため、多額の保険費用が必要なことなど、京都大学の場合
>で校費(教育・研究費)の7%近くをこれらの費用に投入しなければならないことになった。校費は水光熱費、非常勤
>職員給与など固定的経費を含んでいるので、教育研究の現場での予算カットは少なくとも十数%、分野によっては
>50%以上に及んだところもある。研究第一に考える大学教員が多い実態を考え合わせれば、このつけが教育に回
>ることは想像に難くない。

321 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 01:59:08 ID:KoySCr5p
 
教育を”自由”に読みかえれば、凶逝く、と成る
言葉さえも確たる指標を失った宗教界になんの道義があろうか
いやあろう筈が無い


322 :208:2005/05/16(月) 02:08:19 ID:jcf39Xmj
>>320 のつづき
>これまでの国立学校特別会計とは違った予算措置のため、制度の運用に思い掛けない齟齬が生じているものも
>ある。典型的な例は、財務省が「非常勤講師手当は人件費全体の中に組み込まれている」と主張するのに対して、
>通常の人件費とは別枠で措置されてきたこれまでの制度が対応できなくなっている。専任教員の負担を増やさなけ
>れば、この事態もまた、多くの非常勤講師に頼っている教養教育(京都大学で全非常勤講師の40%)は質の低下に
>繋がりかねない。

このページで語られていることを全て鵜呑みにする訳ではありません。また、この方は
教養教育なども重視せねば、と思っておられるようですが、実際は大学教官に「教育」に
ついての統一したコンセンサスはないように思います。
最近でこそ講義評価等と言っていますが、実際は良くも悪くも「放任」でいいと思っている人もいれば、
「伝え聞くアメリカのように、大学でもバリバリやるべし」と思っている人もいれば、
まあバラバラですね。後者の人でも、講義評価は時間と予算の浪費と思っている人もいます。

ただここで肝心なのは、天下の京大でも、もう何をするにも振る袖が無いのです。教育
方針以前の問題でもう何もできない。ちょっとゾッとするような話でしょ?

もう一度言いますが、これもまた「構造改革」の構図と同じ(その一環)なのですよ。
自由にするから勝手にやりなさい、カネは絞ります、格差拡大は自明ですね。

323 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 02:14:08 ID:Ru28QIhZ
>>290闇の声、
兵庫県警の事だが兵庫県の税収の6〜7割が菱によるとあり、それは関西
経済圏に影響があるといわれてるな。つまり関西経済は菱でもっているということ
で県警がJR西日本に目を付けたということは間接的に菱がJRを食う算段や、ってのは
考えすぎか、私鉄王国関西やからな。

324 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 09:00:13 ID:Hx2DHhsn
>>322
>もう何をするにも振る袖が無いのです
国の予算をみても振る袖が無いわけですよね。
そのなかでどうやり繰りをするかという事になるんじゃないですか?

325 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 09:32:36 ID:9Cc4LXQi
>>324
日本の国家財政・経済の循環は目詰まりを起こしているだけ。>>282 >>287

それを「無い」と脅迫し緊縮財政、社会保障切り捨てで中堅層以下を追い詰め、何
でも自由化・民営化、格差拡大に追い込んでいくのが構造改革クオリティ。

326 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 09:44:53 ID:Njr/krV9
アメリカは、新たに加入する常任理事国が
拒否権の放棄を確約しなければ常任理事国入りに反対すると言う

アメリカは日本の味方ではないことがはっきりしたな
日米安保はもう破棄すべきだ
日本はアメリカとの関係を全面的に見直し、
真に自立しなければならないと言うことだ

327 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 10:05:59 ID:YOFQWgEy
>>325
国債だけでも毎年多額の利子を払っていかなくてはならないわけで。
今や税収の2割弱がそれに当てられてますな。
その分、公共事業や福祉関係予算だって減らさざるを得ないわけです。
これは地方でも同じような構造に陥っていると思われ。
仮に今年多額の国債を発行したとしますと、5〜10年後にはその分の利払い
が待ってますよ。
景気が上向いていれば良いですが、そうでなければ更に利払い負担が・・・

ドーマーさんみたいに永久に破綻しないのかもしれませんが、利払い、償還は
やっていかなくてはならんでしょう。それが出来なければ破綻です。
この問題はどうするのでしょうか?

328 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 10:17:07 ID:ZhH9WxHc
増税して個人破綻になるまで搾り取って借金を返すか、国債を使って
仕事をして借金を返すかどっちかでしょ。


329 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 10:38:41 ID:j9KFNnGl
>>327
国家財政を一方的なカネの流れとしか考えられない時点で赤点。経済は循環です。国債も
そのカネの流れの循環の中では、あくまでメカニズムのひとつに過ぎないのです。

そこのあたりをもっと考えてみてくれませんか?

330 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 11:03:38 ID:j9KFNnGl
>>328
国債を使ってグルグル世の中にお金を回すことは、別に悪いことではありません。世の中をグルグルお金
が回っていけば良いのです。その循環が良好に回っていく限りは誰も損はしません。
国債はあくまでメカニズムに過ぎないのです。個人・企業の「借金」とは少し違うのです。
見掛けの金額だけ気にするのは無意味です。

そもそも日本で「赤字財政で国家が破綻する」キャンペーンが始まったのは、80年代です。
色々な思惑はあったようですが、大きな理由のひとつが、消費税導入のためのムード作りですね。
以後も、「財政再建しないと滅ぶ」と言い続けた方が何かと都合がいいこともあり、このプロ
パガンダが延々と続いてきたのです。道路公団や郵政民営化を見ればわかるでしょ?

にも関わらず、困ったことに、なぜかIMFやG7は「財政再建せよ」の一点張りなんですね。
とくにIMFは日本を潰したいのでしょうか?

331 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 11:15:21 ID:7R64OTLK
>>330
横レスです。
日本の対GDPでいうところの国債残高は、先進国の中でも群を抜いて高いですから
数字だけをみればIMFが懸念をもつのもやむを得ないかと思います。
ただ、日本とアメリカ等のそれとは背景が違うので一概に扱うIMFを疑いたくは
なりますけどw

332 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 11:20:46 ID:ZhH9WxHc
>>330
>とくにIMFは日本を潰したいのでしょうか?

潰したいのでしょうね。
・道路民営化→日本資産の叩き売り→国債で作った資産は横取り、借金だけ日本人に押し付け

・増税→デフレの継続→労働者の疲弊→日本経済の衰退

・郵政民営化→日本人の金融資産の横取りと中国経済危機の補填


先日、報道番組でイラクで劣化ウランの撒き散らしによる静かな(長期的視点の)ジェノサイドが
行われているなんて報道番組でやっていたけど、
日本も現政権や外国から同質のジェノサイドをやられているようなもんだね。

333 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/16(月) 11:48:43 ID:21N7bhB2
>>329
夢を売る積極財政論者の方こんにちは。
なぜ資金が循環しないか真剣に考えた事がありますか?

思考実験でどーんと500兆円ばら撒くとしましょう。1人に500万円でもいいし、
公共投資でも良い。私はその政策決定時にすぐさまユーロ8ドル2の比率ぐらいで
為替予約を(円売り)しますが、もっと積極的な人・機関はレバレッジを聞かせて円を売るでしょう。
円安だったら国際競争力回復と言いたい所ですが、ちょっと待って。

国内物価はデフレ下とはいえ上がるでしょう。基礎的需要が満たされている日本ですから
生活必需品は余り上がらない。過去の資金循環が早い時からして株式市場、都心の利回りの見込める
不動産にかなり集まるでしょう。ミドルバブルぐらい起こるかも。
するとベースマネーの高い伸びプラス、金融機関の貸出態度好転で信用創造乗数の上昇で
資金は回りだすかもしれない。どこへか?基礎的需要が弱く人口減、技術進捗停滞ですから
株と不動産あるいは新しい投機市場ですよ。私にとって、それほど悪くないことですが
国民全般幸せになれますか?持続性はありますか?バブルはいつかはじけるけどその後は?

別の実験で円は金兌換しないので、名目で今の千円札を2千円と読み替える。通貨発行量は2倍
みなさんのお財布の中も2倍。通貨発行で経済成長問題が解決されるなら、これでいいのではないですか?
新札発行と違い余計なお金もかからない。これで何か解決しますか?まあこれは冗談ですが
通貨供給量だけを上げて、経済が回りだす論とこれの何処が違うか教えてください。


334 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 12:03:38 ID:ZhH9WxHc
>名目で今の千円札を2千円と読み替える

これって物価も2倍?
それじゃ購買能力も変わらないのでは?
所得UPのプロセスがないんじゃ景気は回復しないのでは?

335 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/16(月) 12:11:16 ID:21N7bhB2
>>334
実験1は1人500万円ばら撒きますが、こちらは所得は増えるのでしょうか?

336 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 12:14:48 ID:ZhH9WxHc
>>335
無一文の失業者には500万使える金が懐に入るのですから所得
といえるのでは?
個人的には仕事を与えるほうがいいと思いますけどね。

337 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 12:22:42 ID:TYuv8cRO
>>333
>思考実験でどーんと500兆円ばら撒くとしましょう。

思考実験? こんな極論を出す時点でおかしくない?

338 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/16(月) 12:41:45 ID:21N7bhB2
>>337
なんで?積極財政派のひとは50兆、100兆の借金増を気にしてないみたいなんだけど・・・・
どうせやるなら「戦力の逐次的投入」は第2次世界大戦でも負けた要因だし、一度にドーンとやる
方が良いのではないですか?
50兆ぐらいでうまく行くなら、それを示して(私のに反論)下さい!

339 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/16(月) 12:47:37 ID:21N7bhB2
>>336
そうか、実験1は所得の再配分効果があって、実験2は資産格差を温存する違いがありますね。
夜までちょっと消えます。

340 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 14:06:43 ID:/UWkqWND
あらゆる課題は、現実と理想、あるいは事実と理論の間のギャップにある。
それを自覚することだ。

しかし、現実や事実は、常に真実とは言えない。
それは、あくまでも、お前たちの目が観察したものだ。
お前たちの頭が認識したものだ。
それを自問するのだ。

見ないものを考えるのが人間の思考なのだ。
お前たちは、自分の姿が見えなくても、自分の存在を知っている。
それが人間の能力ではないか?


341 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 14:08:55 ID:O6Z6eU8m
闇の声さん、思う侭に書かせていただきます。
もう、ニッポンは悪い意味で最終段階に来ていると思います。
何を考えているのか(弱みがあるのか)必要以上に小泉政権をヨイショするマスコミ。
特にテレ朝は酷すぎる。かといって鳥越のザスクープでは小泉政権の弱みを突く。
何なのでしょうね。
小泉の支持率。本当に50%前後もあるの?
安倍晋三総理待望率。本当に50%もあるの?
最近のマスコミ報道をみると小泉政権に都合がよく、国民にとって都合良くないもの全ての率が
50%前後になっている。そして決まってマスコミは「世論が割れています。」と言う。
本当にそうなの?
創価学会信者は別として大多数の国民はそんなに盲目的でバカなの?
少なくとも私の周りで小泉政権を礼賛するものも悲観的に支持するものも誰もいない。
創価信者の友人ですら批判、否定している。
マスコミは集団でウソをついているとしか思えない。
大本営発表は小泉政権誕生とともに復活したのでしょうか?
もう、こうなったら行くとこまでいって、第2のニッポン壊滅を待つしかないのでしょうか?

342 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 14:58:03 ID:Hx2DHhsn
>>325
だから目詰まりが起きてる状態をどうやって改善するかが問題なわけですよね?
それをそのまま放置しておけば下流からみればカネが無い状態に変わらないわけですよ。

どうやって目の詰まった状態を改善すれば良いのでしょうか?
現状ではおカネが目詰まりを起こしているわけだし、構造改革派の出す処方箋では今よりも状態は悪くなるわけでしょ?

343 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 15:06:43 ID:XV288H0P
>小泉の支持率。本当に50%前後もあるの?
TBSの世論調査を見れば大体わかる
積極的に支持は少ないがある程度支持するが多いので実質50行ってる。
>安倍晋三総理待望率。本当に50%もあるの?
ない、地元では下関市長選がらみで安倍に対する批判の声が出てるし。
>マスコミは集団でウソをついているとしか思えない。
だから堀江にもう少しメディアを破壊してもらいたかったわけよ。
堀江に対する支持=既存メディアに対する不満の表れとみるのが妥当。
>もう、こうなったら行くとこまでいって、第2のニッポン壊滅を待つしかないのでしょうか?
その時また一億総懺悔なんてことにならなければいいが。

344 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 15:23:10 ID:cILHcLHb
マスコミは集団で嘘をついているので世論調査も当然「嘘」ですが。
データはちゃんととっているといっても、
視聴率調査みたいなもんでまず入り口を弄ればいい。
「無作為に抽出した」といっておけばとりあえずそれで騙せます。
それが本当なのか嘘なのか確かめる術はないんですよw
まず入り口を操作する事で弄れますし、
大本営のように
「いや、これはちょっとおかしいから、本当はこうだろう」
で、弄る事も出来る。
市民の支持を得ているはずの市長の「決断」が住民投票をすると、
まるで全然支持されてなかったってのもよくある風景です。

345 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 16:36:11 ID:cl3IZFU1
>>343
>だから堀江にもう少しメディアを破壊してもらいたかったわけよ。

いまさらですが、堀江のメディア破壊など嘘。ハッタリですよ。本当に「ネット(産業)が既存メディア
(産業)を呑み込む」事態など起こり得るのでしょうか? 仮に、本格的なブロードバンド化が実現したとして、
その時にネットは一面では限りなく現在のTVのスタイルに近づいていくわけでしょう?
そこにビデオ・オン・デマンドや双方向といった機能が付加されるだけでね。

今でこそ過渡期だが、最終的には、ソフトの制作能力・コンテンツの蓄積に優れたサイドが
勝ち残る。要するにハードのシステムだけでは駄目で、流すソフトの質量を握っている方が勝つ。
だから堀江は焦ってハッタリを掛けて勝負に出たのでしょう。
(例えば神保の丸激なんか誰も見てないでしょ? カネが無いのでコンテンツの質
 量を揃えられないのだから当然。神保が堀江のハッタリに共感したのは、それだけ切羽詰まっている証拠)

出遅れもあっただろうが、結局は資本力とソフト力のある企業がネットを制して、新しい容れモノで
似たような商売を始めるだけでは? つまりは既存の大手メディア資本(代理店・新聞・出版・TV・
TSUTAYAやソニー等)の圧倒的有利は揺るぎないと思うのですが?
(例えばCSにせよ、今のスカパーの社長はフジ出身の人間ですよ?)
そういった戦国期に、USENなどの怪しげな企業も入ってくるわけですね。堀江
さんも一枚噛もうと大芝居を打ったわけですが・・・。

346 :闇の声:2005/05/16(月) 17:34:50 ID:16mV1RCp
資金需要と供給だけれども、自分はこう考えている
一番資金が欲しいところには、絶対行かなくなった
その資金の用途とは、決済だね・・・物を買ったり、設備を手直しするのが目的だ
当然、それはそんな大きい金額ではないし、金融機関の儲けもそれほど大きくない
前に、個別原価計算が日本を滅ぼす元だと書いた気がするが(どうだったかな??)
今まで、その一金融機関の貸し出しと収入だけを見ていたのが一件ずつの実績を云々するようになった
結果的に、貸出先の選別が始まり金利稼ぎが出来ないところはどんどん切り捨てられた
ところが、日本の中小企業というのはそんな低い利率の借り入れでない限り借りることは出来ない
卵と鶏じゃないけれども、最初に蛇口を絞って景気を悪くしたから融資が受けられるはずの所まで
融資対象から外れてしまった
これが、競争力にかなり影響したと思う
今までなら、一年待てた(利益が上がり、お金を返すまで)のが待てないばかりか
信用限度枠をどんどん削ることでその分経済規模は収縮したと言える
ここで、小泉構造改革は詭弁を弄した・・・のは、そうやって市場から退出を命じられた人々に対して
それは一時的な現象で訓練などを通じて、再度働くことがすぐ出来るかのような幻想を与えたと言える
今の支持率も、この幻想から・・・夢からまだ覚めていない人が多くて、今に景気が良くなって
すぐに働けるという感じの人が小泉支持をしているのではないか?
実際には、凄まじいリストラの結果働き場所は確実に減少し、訓練しようが何しようが今まで通りの収入は愚か
遙かに低い条件で働かされているのが現状だ
ところが、日本の所得税制は公明党との連立政権の結果として課税最低限をいじることは全く不可能だ
反面、金持ち優遇で累進課税も甘くなっている
本来、所得税制度を見直して消費税率を上げるなら良いのだけれども、所得税制度をそのままにして
消費税だけを上げようとしている
これは明らかに、徴収だけを考えた税制度だね
同時に、投資減税や新技術開発などの促進税制は一向に考えられていない
糞高い特許申請料はそのままだ

347 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 17:39:50 ID:YOFQWgEy
ネット配信が主流になれば視聴率調査は直接配信数で決まるし、既存の広告
代理店の仕切りも通用しなくなるかもね。
例えばソニーは音楽や映画部門を持っているが、番組制作会社などを使って
直接配信をしてもいいわけだ。
デムパという免許枠がある限りは、既存勢力は優位だけど、デムパが必要ない
ネットなら色々変わる可能性はあるね。
まぁ、誰かが何かをしないと今の勢力がそのままスライドするだけだろうか。

348 :闇の声:2005/05/16(月) 17:53:26 ID:16mV1RCp
結果に於いて、税制面での優遇もなくその他の諸制度でも投資を呼び込むだけの
方策もないから、思い切って投資をして生産性を上げて、新製品を開発してと言う
今までのやり方が出来なくなった
金融機関は、経営体質の強化を図るための融資は経営改善をしてからと言う・・・
それこそ、晴れた日に傘を貸す恰好になっている
結果、今資金は膨大に余っている
この余剰資金が、それこそ都内のインテリジェンスビルなどの外資が群がっている市場に流れ込み、
物件のキャッチボ−ルを通じて市場価格を吊り上げて、所謂”コロガシ”で
利益を上げる形になっている
渋谷や青山、恵比寿やあるいは月島などで新しいビルを見ると一見テナントが入っているようには見える
しかし、その殆どは単に名義を入れて売れるまでの隠れ蓑にしているだけだ
誰かがババ札を引いて、その瞬間ゲ−ムは終わる
竹中は、金で金を儲ける形が理想だと考えている
それは当然のことで、汗をかいて働いた経験など全くないし、彼のクライアントは
もともと金持ちで働かなくても食べていける連中ばかりだ
日本の特恵的な累進税制と捕捉の甘さ、外資に対する規制の無さで金持ちはどんどん金を増やせる
これが、ある意味経済を見せかけだけ大きくしている
綿飴みたいな物だね



349 :闇の声:2005/05/16(月) 17:53:57 ID:16mV1RCp
国債発行を恐れるのは、国債の乱発で長期金利が上昇しそれで為替レ−トが激変することだ
円高にせよ、円安にせよ資産価値が激変するのは一番困ることであり、同時にアメリカ等諸国が
持っている国債の価値が下がれば、その前に売りを掛けるから日本の国債は紙くずになる
結果、日本の金融機関はデフォルト状態になると言うのがロジックだと思った
(これは、誤りがあれば訂正して欲しい)
一言で言えば、円も国債も潰すには巨大に成りすぎたと言える
ただ、今のまま経済を萎縮させた状態がいいとは思わない
加えて、雇用を安定させない限り社会不安は増すばかりだ
犯罪が与える負の経済効果はかなり大きいと見る
盛り場に行って、楽しく遊ぼうという気分は失せて結果的に家族での
娯楽は時間も金額も減少傾向だと聞いた
家族を持って、楽しく暮らそうという当たり前の願望が難しくなっている事が
この国の悲劇なのだろうね
小泉と言い、竹中と言い、庶民感覚を全く持ち合わせていない政治家や学匪が
跋扈するからこうなるのだ
庶民は100億儲けるよりも、もう一品のおかずでありもう少し居住性の良い家であり、
もう少し遠出して家族で楽しめる時間と経済的余裕なのだ
それが欲しいのだよ

350 :闇の声:2005/05/16(月) 17:59:13 ID:16mV1RCp
>>347
自分はそう言う経験があるので言えるけれども、官僚は相当ライブドア騒動で
ネットに対する恐怖心を持ったようだね
出会い系サイトの本格的な規制など、ネットコンテンツがもたらす刑事事件を
そのネットコンテンツまで遡って罰則規定を設けられないかなど、急ピッチで検討中だよ
情報がこれだけ、あっと言う間に拡がることに異常なまでの警戒心を持っている
何かの、既存の法律か権利で締め付けてくる事はそう遠くないね
何となれば、今の小泉政権を支えているのは地上波なんだから
創価学会も付いているしね

351 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 18:00:41 ID:ti0SNLkI
いやいや、庶民感覚だとも、小泉君や竹中君は。
庶民感覚としての経済やニーズだけはまるで良くわからん。
それは事実だ。
しかし、欲望の有り様や目線はあまりにも、

 庶 民 w

でしかない。
国を統べる。国を治める。民を安んじる。
こういう視点はまるでない。
プライドとかは王様級だろうが、体質や考え方自体はあまりにも庶民。
官僚もそんな物。

「オラが金を持って、権力とか持ったらこんな事したいだよ。
なっ、おまいらもそう思うだろ、なっ?」

このレベルからまるで出てないじゃないかw
基本的な感性が絶望的なまでに「そこらの人」と同じだというのが、
このダイナミックな惨状を招いているんだよ。
政治家も官僚も財界人もだが。

みんな庶民だよw
感性だけは。

352 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 18:33:01 ID:Njr/krV9
光通信の重田が今年の長者番付にまた名前が載っているが復権したのだろうか?
事情をご存知の方いませんか?

353 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 19:34:46 ID:HL9aTSMF
どうせ、クツにあっしを入れたに決まってる

354 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 19:39:55 ID:ha8TlMDH
>>319

>>教育観についてはここでは語らずにおきます。
もったいぶるほどの教育観があるとはとても思えませんが、もしかして自分に酔ってるんですか?

>>「自由」にすれば良くなる、とか本気で信じてるんですか?
内容が良ければ良くなる、内容が良くなければ良くならない。こういうのが普通の思考ですね。
あなたの受け取り方はちょっと変に偏ってます。
「誰にとっての自由化か」という視点から語るのもけっこうですが、そのことを持って
「生徒にとって自由化が必要だ」という視点そのものを否定するのは、
それこそ教育の否定でしかないです。あなたに違和感を感じてしまう理由はたぶんそれです。

>>もう何をするにも振る袖が無いのです。
てっきり教育費にもっと予算を振り向けるべきだ(他の予算を削減して)と暗に主張してるのだと
思ってましたが。それから自由化がなにより必要なのは大学よりも中学や高校だと思いますよ。
しかし、大学の予算の例だけ引用されて中学や高校については省略するようなところもあなたに
違和感を感じてしまう理由でしょうね。

355 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 20:15:15 ID:trMW8FkG
違和感をそんなに強調せんでもw

>>208氏は確かに無駄に文章が長いが、現実的な問題点を>>320以降で指摘しているね。
結局予算が減ってしまうと
授業料の負担増加、あるいは設備の不備に繋がって
生徒にとって不自由になってしまいかねないと思ったな。

中高と言えば私学助成はどんどん減らされてるね。
私学にも色々あって、名門進学校ならともかく、公立と同程度、
あるいはほんとに滑り止めでしかない学校にとってはきついだろうな。

品川区では学区を撤廃?しているが、
これは画期的に思った。
現実はどうなってるのかはわからないが。


356 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 20:17:14 ID:sjAbjHGe
銀行の態度が変わったといえばBIS規制ですが、何で導入しても大丈夫と言ったんだかな。
あれ以降の諸々の規制が、今の銀行の態度の原因ですが。

357 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 20:41:00 ID:XXUoHzKF
2chのニュース系板では、スレを立てるときに「メディアが出したソース」が必要。
この現状を変える、つまり「自分たちが作ったソースでスレを立てる」ようにならない限り、「ネットが既存メディアを飲み込む」ことも「ネット配信が主流になる」ことも夢のまた夢。


358 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 21:04:01 ID:lrYTVUoW
>>357

簡単じゃないですか、そんなの。
インターネット新聞を利用すれば解決するのでは。。。
記事の精度や信頼度は少しずつしか高まっていかないだろうけど、
一歩踏み出せることは疑いようがないと思う。

とにかく、通信社の存在が邪魔だ。新聞社よりも。
情報統制は、主に通信社を軸として行われているんだし。

JANJAN
http://www.janjan.jp/

359 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 21:06:56 ID:lrYTVUoW
BSE関連の記事だって、大統領選があるときには、
おフランスで生じたBSE関連の報道を日本では配信しないのが通信社なのではないのか。

自分は、薬学関係のMLで、おフランス語の記事を翻訳してくれた人儀手、
そういう事実を知りましたが。

360 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 21:09:21 ID:HL9aTSMF
すでに起案文書を必要としないblogが流行ってる

361 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 22:17:51 ID:YOFQWgEy
>>357
メディア=ニュースなの?

362 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 22:27:48 ID:ihflAWE/
>>350
やってることがナチスと変わりませんね。


363 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 22:42:53 ID:ihflAWE/
>>345
というよりスカパー1社体制は異常だと思う。
何しろ海外では当たり前のように見れるDW−TVやアルジャジーラが見れないんだから。
あと国会テレビも閉局に追い込まれちゃったしね。


364 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 23:07:54 ID:ihflAWE/
あとメディア絡みでもう1つ
今山手線で液晶画面搭載の車両が実験的に導入されている。
http://image.blog.livedoor.jp/tvmania/imgs/f/d/fd3f8dde.jpg
でもしこれが実用化されれば中吊り広告の刺激的な見出しで読者を集めてる週刊誌は壊滅的打撃を受けるだろうね。
まあ中身に力を入れず見出しばかりにこだわって来たツケが回ってきたってことだろうね。

365 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 23:08:39 ID:5Uom25/1
まだ実用化されて無かったんだ

366 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 23:13:19 ID:ihflAWE/
>>350
ただ下手に規制すると結果的に自分達のクビを絞める事になるんじゃないでしょうか?
そんなことをやればこれまで進めてきたe-japan構想だって頓挫すること確実だし、新たなネットベンチャーの誕生を妨げる材料になりかねない。
官僚が下手な小細工をやった時点でネット全体が黙っちゃいないでしょうけどね。


367 :名無しさん@3周年:2005/05/16(月) 23:52:39 ID:4bTEnPjo


サービス残業がさらに増えているのだが。。。。
疲労が・・・・体が持たん・・・

368 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:04:26 ID:6FV5t0FV
>>366
だから先に、警察機関と政治の分断を行うべきだ
自民党の強さはここにしか無いのだから、もはやな

369 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:04:56 ID:8E0BK1fl
>>364
これ京浜東北でしょ。
山手線の液晶画面はドアの上にあるし。

370 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/17(火) 00:06:13 ID:MsfZk9QT
>>364
液晶画面の広告には刺激的なものはダメと決まったのですか?
取替えの人件費削減策にしか思えないのですが・・・
(文句ではなく単純な疑問です)


371 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:10:45 ID:MMjavxLA
>>370
ころころ広告が切り替わることから旧来の中吊りの影響力が激減するって意味じゃないの?


372 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:15:01 ID:MMjavxLA
>>371訂正
広告⇒画面
あとネット関連でもう1つ
韓国みたいに地上波がストリーミングで見れるようになれば海外在住の日本人とかが飛びつくこと間違いないと思うのだがどうよ?
会員制で月数百円単位で取れば元が取れると思うが。
CMとか肖像権の関係からやはり無理か?

373 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:19:44 ID:cm6wb5mx
>349
利にさとい外国人投資家が、日本国債のような割高なアセットを投資対象として保有するとは考えづらい。むしろ、
ゼロ金利下の日本で資金調達→高いリターンが見込める日本資産・海外資産に投資、というポジションがあり、
国債増発→円金利上昇→投資家の資金調達コスト上昇→投資先の資産売却&日本国内への資金返済、というパスが警戒されるのではないでしょうか。
もちろん円調達して海外で運用していれば、海外資産売却(外貨売り)→円の負債を返済(円買い)、のオペレーションが発生する。1998年のように。
ところで日本国債が歴史的にみて非常に割高であることは多くの人が同意してくれると思いますが、
残念ながら、銀行・保険・年金をトータルした全資産のざっくり3分の1が国債に投資されているようですね。
だから国債が大きく下落すれば、銀行・保険・年金のバランスシートがまとめて全て一気に逝ってしまいかねない。
海外に借金が無いことは喜ばしいことですが、我々にとっては悩ましいところで、いざとなればなにも危ないのは銀行だけではないということですね。


374 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:22:27 ID:IEiDtnCT
>>333
> 国内物価はデフレ下とはいえ上がるでしょう。
その時点でインフレですね。はい前提からまちがってますから

375 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/17(火) 00:44:06 ID:MsfZk9QT
>>371なるほど了解です。

>>333
を「経済コラムマガジンスレ」に誰か貼ってくれましたね。
回等が
296 だな〜 ◆DNRj/G0/Mg New! 2005/05/16(月) 21:17:49
>>295
バブルが起こってなんか問題ある?

かよ!ww 

>>374
そこからインフレになるの意味なんだけど・・・
言葉尻でなく全体で反論して下さい。
80年以降で日本が資産バブルにならず健全に内需拡大できた例がありますか?

376 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:49:39 ID:IEiDtnCT
なんどもいうが、この長期不況はバブルのせいではない。
バブルの清算はもうとっくに終わってる

377 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/17(火) 00:54:17 ID:MsfZk9QT
>>376
ポイントは積極財政でお金をばら撒いたあと、どのような経路でどの分野中心に
成長路線に転じるか?
ココをはっきりさせないから説得力がない。
ヘリコプターマネーでも結構だが、予想される結論は金融技術に優れたものがより
富んで、ここの論調と合わないと思う(円安、金融・不動産中心の値上がりが見込めるため)。

378 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 00:57:32 ID:6AbZeB3U
まぁ、そうだな。
政策不況だからな。

小泉が今の方向性から転じたら、多分スキャンダルでも破裂するんだろうなw
周辺の連中についてもだが。
しかし、現在の方向性を「強く推進している」内は自分は安泰なんだろう。

一応まだ猶予期間なんだけど、政治家と官僚は次々と「落ちてる」。
志願して生まれてきた筈だが、やはりこの体たらく。
そもそも一発逆転が出来るような奴なら志願はしないからな。
リスクと大変さがわかるから。
愚かであるのは憐れだが、しかし、あまり同情は出来ない。
期待をかけていた奴もいたらしいが、甘いという他ない。

始末はどのようにつくのだろうか。
一つ一つ片付いている訳だが。まずは見えない所から。

379 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:02:57 ID:mxY/PJy2
>志願して生まれてきた筈だが、
そんな事を契約した覚えは無い

380 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:15:03 ID:oznisbjp

高度な意思決定には縁遠い庶民の血で・゜・(つД`)・゜・

381 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:15:49 ID:so9wqlek
>>378

しかしこれだけの国難を救える日本人がいるんだろうか。
国家である以上、誰か外人が利権ぶった切った後、日本人が再建して
いける種類の話でもないし。

日本国の存亡がかかってると思うのは悲観しすぎですかね。
いつの時代も国の理性がわかった人がいたから、黒船が来ようが
戦争に負けようが、日本は世界でも大半の部分で平均以上のレベルの
国であり続けた訳ですが。

382 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:16:05 ID:mtk1DrZO
>>370-372
既にこの手のサービスは先代山手線車両に導入されている。
文字放送の車内受信は画期的だったね。今でこそほぼ同容量の文字情報は
携帯電話で見られるようになった。5年以上前位から、適宜ステッカ広告など
が挿入されるようになった。
先日の新世代車になって、液晶パネルの精度も向上し動画も見られるようになった。
でも、需要は文字放送が圧倒的のよう。文字放送から広告に変わると目を背ける人の
多いこと。必然的な流れで、JR西日本も同じコンセプトの車両を発表している。

既に海外在住者向けに ttp://www.6ga.net/ のようなサービスが行われている。
会社側としては既に現地に飛んでいる人間のために火急的に
供給したいんだが、コンテンツ屋としては時間を稼ぎたいというわけだ。


青森の小林(旧姓K?)事件がどうもしっくり来ませんね。
ココまで派手にやった手前、アンタッチャブルな所に触ってないかなーとちょっと心配。
どうも、この手の犯罪をされる皆さんは地方在住者が多いんですねー。
親御さんは一体何をミスったんでしょうね。こうしたピンクネタはココではスルーされ
るようですが。

小泉といえば飯島秘書官の話が良く出てきますが、実姉信子秘書もなかなか強敵のようで。
佐野本位でしかまともな話が出てこないのがより一層ミステリアスですな。

383 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:18:10 ID:6AbZeB3U
生まれてきた者は「全て」そのようにして生まれてきたのだ。
滑稽な事に自らを「この世の神」になぞられるような連中ですらも。
契約も何も無いわ。皆自分から言い出した事なのだから。
死んで戻ればそれを思い出すだけの事。
思い出すのがイヤで地上に止まって亡霊になるのもいるがな。
それも別に珍しい訳ではない。仲間は一杯いる。
誰も逃れる事は出来ないし、逃れてもしょうがない。
輪廻の輪から取り残されて、成長がないまま止まるのみ。
逃げに逃げても最後は消えるのみだからな。

それでも憐れとは思ってはいるのに。
が、目を醒まさない自由も人間の自由に含まれているからな。
それはそれで認めるしかない(苦笑

384 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:21:00 ID:H/rQHHRR
>>381
救えなくても、救おうと頑張る。
真剣に考える事を続ける。
それは自らを向上させるし、場合によれば周囲の人々にもそのような姿勢が伝わる。
数が増えればそれも力を持つ。
だから、考え続ける事は大事だし、行動できればもっといい。
たったそれだけの事だよ。
天から降って来るかもしれないしな、思いがけない救いの手が。
それが来ないかもと思いながらも頑張る姿は立派だと思う。

385 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:21:42 ID:cm6wb5mx
>346
>一番資金が欲しいところには、絶対行かなくなった

本当に借りて欲しいところは要らないというし、心底から借りたいと言ってくるところは台所が火の車だし(たとえば不良貸出先とか、、、)
曲がりなりにも金融業に携わる者としてこんな他人事ではいかんのでしょうが、
外野から眺めていて本当にミスマッチだと思いますね。挙げ句の果てに銀行はJGB投資ファンドみたいな体をなしているし、、、

>今の支持率も、この幻想から・・・夢からまだ覚めていない人が多くて、今に景気が良くなって
>すぐに働けるという感じの人が小泉支持をしているのではないか?

今日より明日が素晴らしいと思えてこそ、消費も設備投資も子作りも前進するんでしょうね。
一日も早く多くの人がそう思えるような世の中になって欲しいし、できるところから頑張らねばと思います。
しかし支持率が半分くらい?あって、あの景気+あの出生率という厳しい現実が下支えられているとすれば、
(私はとてもじゃないが、そのようには思えないけど)小泉効果は大変なものだと思います。


386 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:29:39 ID:oznisbjp

凡人が与り知らぬところで何やら想像を絶する事態が進行中らしい、という事はわかりました。

387 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:35:16 ID:M4SPTkc3
金持ってる奴が金使わない。単純に言えば不況の原因はこれ
消費不振で貿易黒字が溜まり円高になるし、設備投資減から雇用も減る。
兎に角金持ちに金を使わせる必要がある。
とは言っても金持ちはケチだから金持ちなんであって、
おいそれとは金を使わないだろうw
嫌でも使わなければ損になる、そんな状況を作るのがいい
その為には金持ちへの見えない課税、金を持ってるとどんどん目減りする=インフレが最適


福井ちゃん!!!もっとインフレにせええええええええええええよ!!!!!!!!

388 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 01:43:44 ID:cm6wb5mx
>>377
私もあなたと同意見です。儲かるようにヘリコプターマネーをまけるなら、銀行や民間企業にやらせたらいい。
それこそ唸るほどカネ持ってるんだから。それを官がやってしまったら郵貯と同様、思い切り民業圧迫じゃないですか。
欧米だと(まるで他人事のように)宗教やボランティアの救済能力に期待・・・なんですが、現世利益を唱えてるあたりがさぶいですな。

>>381
>日本国の存亡がかかってると思うのは悲観しすぎですかね。

現に猛烈な高齢化を伴いつつ人口が減っていくのだから、国の存亡とまではいかずとも、そこそこの浮沈はかかっているように思う。
ご意見とは正反対かもしれないけど、ボリュームを追求するのは無理なので、やはりある程度まで縮小均衡させるしか方法はないと思う。
放っておけば自ずと縮小均衡していくのだから、無理して万有引力の法則に挑戦し、イライラを募らせ自分を痛めつけるのは空しいことだ。
知人が亡くなったばかりでシャレにならんのですが>>383
本当にヤバイと感じたら、どんなにアホだたわけだと言われようと、どうか一目散に逃げて欲しいと切に願いますね。

389 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 02:00:32 ID:6AbZeB3U
魂は死なない。
ごくごく例外を除いて記憶なども実は残る。
ただ、迷うと悲しいな。
つつがなく成仏するように祈ってあげると良いかもしれない。


小泉も顔色は良くない。あまり幸せではなさそうだ。はっきり言えば苦しかろう。
頑張って抵抗している事もあるのかもしれないし。
ただ、それが傍目にも見えるような頑張りならなんらかの「制裁」が来るだろう。
あれでも精一杯やってるならいいんだけどねぇ。本人の為に。

基地外ネタはこれでやめよう。
喋り過ぎだ、これは。

390 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 02:05:49 ID:so9wqlek
>>384

危機感は持っても悲観をしては来るべき未来も来ないか。
こんな国情だとそんな単純なことさえ忘れてしまい…
いや、だからこそ忘れてはいけないんですよね。
結局は国民一人一人の危機意識と行動なんでしょうね、国を救えるのは。

>>388

いや、その意見に賛成です。適正な規模にして維持していくことこそ
重要でしょう。人口や財政を考えず、背伸びしすぎて滅び去った国々を
歴史として我々が知っている以上、時代は変われど過去の教訓と
すべきです。積極財政だって過去に教訓があったはずなんですがね。
デフレ脱却など、いろいろ名目が付けば同じ失敗を繰り返して良いとは
思いません。

391 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 03:12:41 ID:PKVA5+UB
ネット右翼は、朝鮮、中国の問題をだしにして、9条の憲法改正などの
日本の右翼化を煽ってくるぞ。
 あいつらは、おそらく一日中、様々な掲示板で複数人のグループで
書き込んでいると思うね。
 まさか、9条とかの憲法改正をしたがっている右翼政治家に雇われて
いるんじゃないだろうな。
 9条の憲法改正をしたら、少なくとも自衛隊は政治家どもに国連の為とか
言われて他国に行って死んだり障害者になって帰ってくる可能性が大きく
なる事をなんとも思ってない連中だろうな。

 奴らの特徴をある程度書いてみたが、妙に丁寧にしつこく何度も書き
込んできたりなど、他にも奴らっぽいなと気になったところがあった
ら気をつけろ。

 こいつらこそ、本当の日本の害悪だな。

●ネット右翼の特徴
あいつらは、憲法改正反対論を言ったり、自分達の意見と反対の意見
を言った人間には、すぐに朝鮮人、売国奴、左翼、などと言って攻撃
してくるぞ。
あと、相手を見下したり、あざ笑うような書き方をすぐにする。
複数人の集団で書き込んでくるので、反論が早い。
9条を改正しても、兵役や徴兵制は復活する可能性はないといろんな
理由をつけてそれを信じ込ませようとする。
そしてしつこい奴らが比較的多い。


392 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 03:30:46 ID:KBhr4GRK
>>391
中曽根の生長の家の関係者だ
中国人も実は多い

393 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 03:56:29 ID:S6eLfCWQ
>>380
松方正義も
末過多正義に見えて仕方ない昨今で或る
 
世の末

394 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 04:19:12 ID:dcgrWctw
>>391
罵倒記者を朝日と認定したお前らの謝罪まだー?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1115869187/l50

これはここが参考になる。

395 :就職戦線異状名無しさん:2005/05/17(火) 04:24:35 ID:v0X3ESXx
ガラッ
  ________
 | ∧∧ . ||    |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |( ゚Д゚) ||    | < 本田健一郎はご在宅でしょうか?
 |/  つ ||    |  \_____________
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

396 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 05:36:51 ID:jJMxIWd6
なめくじじいさんの説教はもうええよ

397 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 06:17:34 ID:w5XnV6fA
>390
>積極財政だって過去に教訓があったはずなんですがね。

その前に、長年の緊縮財政によって、どれだけ日本の経済が
痛めつけられ、財政が悪化したか、
今目の前にある現実にこそ目を向けるべきです。

398 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 06:58:09 ID:cpsYF3Vk
>>355
言いっ放しでしばらくの間消えちゃうから違和感を感じるんですよ。
彼の書き込みに対して昨日一日だけでもどれだけのレスが付いたのですか?

それに対しての返答らしい返答が見当たらないじゃないですか。
もちろん返答をしなければいけない義務は無いわけですが、言いっ放しという姿勢は説得力を減殺させるには効果的ですよ。

399 :208:2005/05/17(火) 07:23:12 ID:LUbgvk9X
>>398
すまんな、言いっ放しでw 

>>355
こちらの書き方も冗長だったわけだが、要するに、現在進んでいる政策の問題点をもう一度繰り返す。

>「自由にするけどカネは自分で引っ張ってこい」「カネは現場で集めろ」「カネは受益者が自分で出せ」
>(もちろん、タダがいいとは言わないが、受益者負担ばかりが増えていくのはいかがなものか?) >>320

この期に及んで、いまだに「自由は素晴らしい」とか思っている人間がいるとすれば理解できない。それは貴
方の脳内にある「自由」でしょ? 現実には自由という名目でどんどん川下から切り捨てられてる。

どういう教育・研究の形態が理想なのか? は人によって違うでしょうけど(大学教官などでも
全然別のことを言ったりします)、いまや、何をするにもカネが無くなってしまった。

400 :208:2005/05/17(火) 07:24:30 ID:LUbgvk9X
例えば産学連携と言えば聞こえはいいが、公的な予算を下げられ、ノドから手が出るほどカネが欲しい大
学の研究室が、カネを出してくれる企業の下請けに成り下がっただけのことだよ。
この間、某ブロック紙を眺めていたら、例えば駅弁理系では1/2とか1/3 とか、信じ難い
ほど予算が減っているケースがあるそうだ。
COEだのやってるけど、カネを引っ張ってこれる人間だけが偉い、カネが無いヤツは
死ね、もうそういう時代が来ているらしいよ。

さらに言えば、前にも書いたがこれこそが「構造改革」が目指す縮小均衡・民活路線の
結末なのですよ。公的サービスによる再分配システムは切り崩され、資本力を持つ
個人・企業・組織だけが生き残るのです。
大学に限れば、東大以外はカスだから自滅しろ、という政策だね。

401 :208:2005/05/17(火) 07:33:19 ID:LUbgvk9X
ついでに言えば、同じことは今後、小中高でも起きるでしょう。例えばなぜか高く評価されて
いる学校選択制ですが、これは不人気を理由に学校を合理的にリストラできるシステムですからね。

単位制などにせよ、これは個性に名を借りた棄民ですから・・・(「成功」しているはずの
新宿山吹なども、中退率が高いことはなぜかほとんど報道されない)
ttp://home.catv.ne.jp/dd/tkanazak/kiji53.2.htm

ついでに書けば、学力低下論の反動か、学力「競争」政策に傾いていることも非常に
まずい。そんなことをしたら完全に今以上の学力階層社会が訪れるよ。
すっかり文部科学省のペースにハマっているなあ。あるいは計算尽くだったのかね?

 「ゆとり教育」でいったんレベルを落とす→「ゆとり」「個性」と言いつつ、中堅以下の層は切り捨て。
→市民レベルでは、自衛のために塾・私学に行け、といっそう民活路線になびく。
→一転して、脱ゆとり、学力向上します、と言い出す。
→「自由化」政策との相乗効果で、反動で学力階層社会が訪れる。

402 :208:2005/05/17(火) 07:38:28 ID:LUbgvk9X
ttp://www.kyoto-seika.ac.jp/matsuo/thesis/0102.html

>ところで、「学力低下」論議で「ジャーナリズム」の世界を賑わしている人に精神医の和田秀樹氏(新指導要領に反対し、
>学力到達度判定試験の導入など佐藤氏流に言えば「勉強」の再建・強化を主張している)、
>新指導要領推進者である寺脇研氏(文部省大臣官房政策課長)がいるが、この二人が『どうする学力低下』
>という対談本を出している(PHP研究所刊)。その中で寺脇氏が注目すべき発言をしている。

>今回の新指導要領は「ミニマム・リクワイァメント」であって、「ミニマムの部分は確か
>に減っているけれども、全体量は減らしているつもりはない。むしろやろうと思ったら、いくら
>でもできるようになっています」と言うのである。やや分かりにくいかもしれない。指導要領は
>「最低これだけは教えなさいという最低ラインを示したもので、それよりも高いレベルを
>教えてもいい」ということである。つまり、「学力の低い生徒」「能力のない生徒」にはもうあ
>まり多くのことは教えなくていい、エリート候補生にはハイ・レベルの教育をしてくださいということなのである。

>前号で紹介した教育課程審議会会長・三浦朱門氏の発言とぴったりと符合している。
>「教育改革」問題は単なる「学力低下」問題や「グローバル化の中での国際競争力」の問題などではない。
>日本という社会をどういう社会にしていくのかという問題である。一握りの人たち
>だけが「豊かさ」を謳歌する「自由」社会はご免である。

403 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 08:34:43 ID:cpsYF3Vk
>>399
>どういう教育・研究の形態が理想なのか? は人によって違うでしょうけど
貴方の提案や意見は無いのかって言ってるわけですよ。
まあ別にそれを書かなきゃいけない義務は無いですけどね。

>いまや、何をするにもカネが無くなってしまった。
無い無いと言ってもお金がどこからか降ってきたり湧いてくるわけじゃないから、みんな頭を捻ってるわけですよ。
貴方が述べるように構造改革派の手法が間違っているのならどうすれば良いのでしょうか?

404 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 08:54:15 ID:Cy/k/AZd
>>403
>無い無いと言ってもお金がどこからか降ってきたり湧いてくるわけじゃないから、みんな頭を捻ってるわけですよ。

だからまずはリフレしてデフレを抜け出せ、という話なんだろ? ただ、リフレ論
はこのスレでは旗色が悪いな。

405 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 09:13:31 ID:cpsYF3Vk
>>404
>だからまずはリフレしてデフレを抜け出せ、という話なんだろ?
それは>208氏に訊いて下さいよ。
わたしもそれを知りたいわけですから。

406 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 09:15:28 ID:f30yMBYQ
【調査】小泉内閣支持率、51.4%に…6か月ぶりの5割台に
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1116246479/
読売新聞の世論調査だから当てにはならないが
なぜ支持率がこれだけあるのか・・・

407 :闇の声:2005/05/17(火) 09:19:17 ID:11cjrkt3
これは、自分の考えではなくて知人のお年寄りの意見なのだが
お金の使い道のない高齢者は結構多い・・・彼らの特徴は、真面目に働いてきたから
はっきり言ってファンドなどへの投資は余り好まずに、目に見える形で世の中に役立つ
形でお金を使い、自分達も世の中に貢献できたと満足して、この世を去りたいと言う事だった

自分がこの話を聞いて思うのは、官製教育と言うのが制度的に疲弊を来して
もはや打開策はないのではないか・・・言い換えれば、それこそ明治維新じゃないが
私塾か或いは様々な形のフリ−スク−ルが今こそ必要であり、そこに人材に投資をすれば
何らかの特典というか、税免除などを与えられないだろうか?
よく、遺産相続の相談を受けるが・・・その相談内容でかなり多いのが自分の子供には
遺産を渡したくないとか、子供が居ないが役所に寄付しても何に使われるのか判らないし
(名目は判っても、今の時代役人は何をするか判ったものではないね)チャリティでは
所得税(贈与税)が発生してせっかく貰っても得するのは国であるという矛盾を孕んでいるから
どうしたらいい?だ
生い立ちやその後の人生で、興味を持ったり同情を寄せる対象は異なってくる
同時に、異才や奇才や天才は育てるのに金も掛かる
小口でよいので、人材投資を積極的に行い、大検や場合に依れば中学卒業認定を与える形で
高校受験を出来る制度を設けて、官製では出来ない教育を私塾形式で考えていくことを
真剣に考えるべきだね
これは、構造改革への批判にも成るけれどもお金を使うのを国は待っている
投資という意味ではなくて、税金を徴収するかあるいは竹中がフトコロを肥やすかのどちらかだよ
税体系が余りにも窮屈で、特に高齢者が社会への奉仕という意味での”浄財”さえ
税金を取ることを考えているし、遺産は出来るだけ手を付けずに”円滑に”相続されれば
お国は満足だ


408 :闇の声:2005/05/17(火) 09:20:48 ID:11cjrkt3
やらずぼったくりで、金持ちは国に迷惑を掛けずに死んでくれが本音だとしか言い様がない
様々な意見を聞くと、高齢者の社会参加意欲は驚くほど高い
もしかすると、20代よりも高いかも知れない
体が動かなくなったら、経験からの知識かお金だけでも奉仕をしたいと言う
次世代に残すべきは、やはり人材なのだ
子供は、大事に育てなければ行けないし才能は社会の宝だ
今の腐りきった官製教育では、もはや行き詰まるばかりだと思う
それを打開するのが、愛国教育だとどこかのラグビ−部を三日で辞めた政治家が
言っていたね
なんでも、OB会会長をやらせろとか言ったらしい・・・本当か嘘か判らないが



409 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 09:34:31 ID:+P691zCH
>なんでも、OB会会長をやらせろとか言ったらしい・・・本当か嘘か判らないが
最近、思いますが彼はある意味すごいですよw
でも、政治家であそこまで上り詰めるには、あそこまでの無鉄砲さが
必要なのかな、とも思います。
頭がよくて、慎重に行動できる人は、永田町で潰れていく。
あそこには、変な生態系があるように思います。

410 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 09:37:30 ID:LVhNdU6b
米国などでは寄付は節税対策にもなるということもあり、積極的に行なわれているね。
確定申告で、税の納税先(自治体やボランティア団体)をも自分で決められる制度
もあるとか。
税の使い道についてもあまり気にしなくなってしまうのが、日本の源泉税制度。
税を徴収する側からすれば楽なのだろうが、その反面、自分が税を払っているという
関心が薄くなってしまう。
機械的に徴収することから変えるべきなんだよな。

411 :闇の声:2005/05/17(火) 09:39:25 ID:11cjrkt3
208氏の書き込みに関して、だけれども
たとえば首都大学東京を見ても、あるいは新設大学と廃れていく短大や大学を見ても
多様性とそれに基づく独自性、さらに社会に出ての実績がなければ大学経営は成り立たなくなると
言う事は理解できる
さらに、郵政民営化を見ても判るとおりの地方切り捨て・・・投資本位の国家経営がどのくらい
酷い結末を迎えるのか・・・しかも、その責任は取らないばかりか金を稼いでアメリカへ逃亡するのが
見えているね
彼のロジックの裏付けは、バブルがはじける前は当たり前だった非学歴、男女均等の考え方が
最近になって特に学歴、閨閥、男女差別社会になった
これを促進しているのが、今の企業社会だ
もはや人材に掛けるリスクを負えなくなっている構図が見えてくる
教育も同じで、投資効率だけを優先して、それからこぼれた者はそれこそファッショ的な
愛国教育とやらで締め付けようと言うのだろうね
金は儲かるところにしか使わないよ、と言う事だ

自分はこう考えている
学校に思想闘争を持ち込んで革命の実験場にするのは困るけれども、
最低限これだけはこなしなさいと言うカリキュラムを組んで、あとは教師に任せること、
さらに親は余計なことに口を出すなと言う事だ
同時に、上にも書いたけれども今の学校が合わないと言うならば、それなりの道は
自由裁量で選べる”選択のゆとり”を設けるべきだろうね
教師に聞いてみると、ゆとり教育が始まる前の教科書は、六年生になったときの緊張感があったという
やはり、中学校進学という次のステップが子供にも伝わったし、教師もそれなりの緊張感を持っていた
教科書内容は、ゆとり教育の前に戻すべきで、週五日制も止めるべきだ
放課後は子供や親の自由に出来るだけ任せて、教師はその手助けをするぐらいで良かろうと思う
変な形で関与するから、経費も掛かり法的な手続きも必要になる
要らないことをごてごてくっつけて、その分の無駄遣いで本当に必要な事に金が回らないと思う
国を愛する前に、自分と、自分の親を愛しなさいと言う事だよ
ラグビ−バカは愛国教科書まで考えていて、それがクソ高いそうだ
誰が潤うのか・・・

412 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 09:41:20 ID:4wJ0eqf5
高齢者に金があるといっても、田中角栄以降の積極財政の金が回りまわって
高齢者の手元にあるだけだろ
連中が貯めこむばかりで使わないから、相続税なりで国が回収しようとする
のは当然だと思うが

413 :闇の声:2005/05/17(火) 09:49:37 ID:11cjrkt3
官庁の人事と、民間企業の試験研究費に関する税免除は何とか考えて欲しい
官庁の人事は、上級試験をする意味が何処にあるのかと思う
そこで既に、勉強だけで・・・言い換えれば、それなりの勉強をする、出来る人材だけで
国を動かそうとしている
その一部だけが、国を動かす情報にタッチできるというのが、そもそもおかしい
結果的に、閨閥が出来てしまう
外務省にいた、ムネオ事件の佐藤某の様なある意味逸材は普通の経歴では産まれてこない
あるいは、経産省の中小企業担当はある意味本当に中小企業を経営していた人でも可能なわけだ
人事のバリエ−ションがないから、大学を出て行き詰まりを感じるのは多い
むしろ、就職難になってから余計この傾向が強くなっていると感じる
企業も、開発よりも酷いところは運用で儲けようなどと不届きな話しも多くなっているし
結果技術系でこつこつやってきた人材は損をしかねない
ある企業の採用担当がつい先日語ってくれたが、今年の就職希望者を面接すると
堀江じゃないが大口を叩いてはったりを利かせるのが多いという
技術系の採用で・・・だよ
役所と、企業には猛省を求めるね
このままでは、博打国家になってしまう

414 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 10:07:03 ID:LVhNdU6b
>>413
>民間企業の試験研究費は何とか考えて欲しい
は技術系のための制度ではないの?
これを廃止して、研究費を減らすと言うことは
>結果技術系でこつこつやってきた人材は損をしかねない
を増長しかねないのでは?

415 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 10:25:21 ID:bwt7P0/o
なんちゃって夜目の声ですから

> はっきり言ってファンドなどへの投資は余り好まずに、目に見える形で世の中に役立つ
>形でお金を使い、自分達も世の中に貢献できたと満足して、この世を去りたいと言う事だった

416 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 10:59:09 ID:ihhplSMx
今の支配者連中は(イカサマ)博打国家にするのが目的でしょ
アメリカなんて露骨にイカサマしてるしな
政治家官僚資本家ヤクザがイカサマで下から吸い上げて
儲けられる国にしようって事

417 :闇の声:2005/05/17(火) 13:56:18 ID:rGnlceRU
>>414
試験研究費の税免除を何らかの形で考えて、もっと技術開発をして欲しいと言う事です

418 :闇の声:2005/05/17(火) 14:11:01 ID:rGnlceRU
ところで、昼間にある組織の人間と会って、実際に不良債権は減って銀行経営は
楽になっているのか・・・などを聞いてみた
結論から言えば、確かに今は一時的に不良債権は減っているが、新規箱物物件はすぐにでも
不良債権・・・つまり、買った価格から絶対に値上がりしないばかりか売れる可能性も無い物ばかりだと言う
確かに、家賃収入は入っているように見えるが、それはファンドが迂回融資ではないが見せかけで
家賃が入っているように見せているだけで、実際には看板と同じでお金は動いていない
さらに、外資系の場合はネズミ講宜しく親鼠の配下の子鼠同士で売り買いをして
それで価格を吊り上げるが実際にはグル−プからお金は出ていない
PC上で動いただけの話しだ
しかも、日本の金融機関は特にネット設備などの専門家は居ないので
設備に関する値踏みは出来ない・・・だから、最高の設備と言えばそれを鵜呑みにするし
そこに入っている店子がネット関係だとそれだけでネットビジネスに最適だと格付けをしてしまう
ここで、外資のずるさが出てくるのは(実際今そう言うケ−スが多いそうだが)日本の銀行はファンドには
投資をしたがっているからどさくさに紛れて押しつけてしまえば言いなりだ、と言う事だ
飴を舐らせればその中に食えない物が混じっていても平気で食べてしまう
短期の利回りだけを云々するようになり、結果コロガシビジネスにのめり込みつつある・・・
しかし、この連中は所詮素人だし売れない物件をそろそろ抱え込み始める・・・
損切りをしたくなる・・・今はこの状況だそうだ
その先はどうなるか・・・バブルと同じ事になる可能性は高いらしい
自分もそう思う

419 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 14:21:11 ID:ihhplSMx
↑に関してnevada economic reportによると
日銀は近々銀行に対する調査を始めるという
バブル崩壊は間近

420 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 14:45:38 ID:ihhplSMx
構造改革の成果がバブル発生崩壊の繰り返しと国の借金増加でしかないことが
誰の目にも露になりつつある
80年代初頭から行われてきた構造改革は
結局害悪をもたらしただけだったという結論になるだろう

421 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 14:50:37 ID:+P691zCH
>>413
>堀江じゃないが大口を叩いてはったりを利かせるのが多いという
>技術系の採用で・・・だよ
相変わらず雇用が厳しいですからね。自分をプレゼンするには大口を叩くべき
とか、どこかの出版社が書いているんじゃないでしょうか。
それにしても、堀江の影響には困ったものですよ。
確かに、起業というのもいいのだけど、安易に起業してもスタートでこける
ということが分かってない連中が多い。
にも関わらず、100億稼ぐ、とか息巻いているから、恐ろしい。
宮内やら孫のような、自分の利益のためなら国を売る連中がこれからますます
増えると思います。

422 :闇の声:2005/05/17(火) 15:22:41 ID:rGnlceRU
>>420
竹中の頭の中は、金融機関なりメ−カ−なりその企業体が大事なのであって、そこで働いて給料を得ると言う
生活面に関しては全く関心がない
企業が存続し、継続的に税金を払い尚かつ利益は投資に回さないで金融商品市場に回せばそれで経済活動は拡大していくという
人間無視の姿勢だね
結果的に、経営者として企業体をコントロ−ルするか、お金を動かせるかそのどちらかに携わらない限り
給料は上がっていかないし、生活水準の向上も望めない
常に、リストラに脅かされる恐怖政治を企業統治に持ち込んだと言える
今回の長者番付を見ても判るとおりに、ますます利益は循環投資=拡大再生産ではなく運用という
一回限りの鉄火場に放り込まれることになるだろう
巨大なカジノを作ったことと同じだね
金が有れば文句は言わないだろうと言うのが、竹中という獣犬畜生の本性だね
しかもその金は、ごく一部の人間だけが持っている
つまり、設備や物という後に引き続いて何かを作っていき、またお金を稼いで多数の人間を養える社会は
どんどん縮小している・・・それで、税収は減るのだがそれが判らない財務省は、税収の目減りを
消費税の税率アップで補おうとしている
税収アップのためには、雇用拡大と課税最低限引き上げと、累進税制の見直しは絶対必要だ
何のことはない、企業に無理矢理借金を返させてその返った金を鉄火場に放り込んだだけだ



423 :208:2005/05/17(火) 16:13:34 ID:8w3JIuMc
>>405
ちなみに、これが悪名高い(?)亀井派・志帥会のリフレ政策。
ttp://www.sisuikai.jp/html/teigen3.htm

対して、民主党も縮小均衡政策。共産党は社会保障は訴えるが、マクロへの言及は不明。
マクロを安定させて所得再分配と各種社会保障を実現、という方向がいいのでは?

>>411
>教育も同じで、投資効率だけを優先して、それからこぼれた者はそれこそファッショ的な
>愛国教育とやらで締め付けようと言うのだろうね
>金は儲かるところにしか使わないよ、と言う事だ

個人的には寺子屋的教育観には懐疑的ですが(フリースクールを見てもわかるように、結局
はコスト高で保たない)、これに関してはまさにその通りなのです。
「ゆとり教育」の本質は>>399-401 に書いた通りの教育の民営化・縮小均衡政策で
すね。それをみな勘違いして、学力の話ばかりしていて間違えたのです。

結局のところ、教育観・教養観や、指導要領の増減論・学力論には正解はないのです。大学の
先生でも、人によってそれぞれ微妙に(あるいは明白に)主張は異なります。
その正解のないものを、立花隆の「知的亡国論」のように、憂国ぶって床屋政談的に語って間違
えた側面はあると思いますね。そうやって遊んでいるうちに外堀は埋まっていました。

424 :208:2005/05/17(火) 16:16:48 ID:8w3JIuMc
いまや、学力低下を叫んだ評論家・学者の中には、一方では「自由化・民間活力で教育再生を」と本末転倒
なことを言い出し始めている者がいますね。結局は民活に走るほど受益者負担は重くなるのですが・・・。

指導要領と学力について強いて言えば、69年の「教育の現代化」カリキュラムが最
も優れていたとされますが、例えば仮にこれに戻すにせよ、かなり公教育を本格的にテ
コ入れしない限りは無理じゃないでしょうか?
当時は多人数指導でも出来たかもしれませんが、今は教師に掛かる雑務・圧力が恐ろしく強
くなっているそうで、根本的にマンパワーを増強しない限りは不可能だと思われます。

今は蛇口を閉められているのにも関わらず、学力を向上しなさい、習熟度別を行いなさい、
ああでもないこうでもない、と圧力だけは大きくなっていくわけです。
もちろん自治体によっては「小中の教員を増強します」と公言してはいますが、一方で
義務教育費国庫負担金の削減・一般財源化も迫っていますね。あまり楽観は出来ませんね。
(ちなみに、文科・文教族も一般財源化には反対。これに限れば正しい)

何度でも書きますが、基本的には蛇口は閉められているのにイノベーションと創意工夫
だけは求められる、これはまさに構造改革の構図と同じなのです。

425 :208:2005/05/17(火) 16:23:54 ID:8w3JIuMc
ところで、これは朝日の社説なのですが。
「子育て支援 江戸川区のふしぎ」
ttp://www.asahi.com/paper/editorial20050515.html#syasetu2

要するに江戸川区は保育・文教政策においては蛇口を開けているわけですね。これを読む限りでは、
それが功を奏しているらしい。朝日さん、こうやって蛇口を開ける政策を支持しつつ、一方
の別の社説・記事では何事も縮小均衡政策を訴えるのはなぜなのでしょうか?

編集委員によっても意見が違うのかもしれませんが、整合性がありませんよ? 

426 :闇の声:2005/05/17(火) 16:28:34 ID:SWs7iG9D
>>424
つまり、公教育は儲からない
だから、政治家は何も考えない・・・だから、文教族は何かにつけて金を引っ張り出し
尚かつ自分達の都合の良いように教育を改革という名前で私物にしたんだよ
政治に利権構造を持ち込み、そこにファンドという外資を導入させてより金儲けをさせる恰好にしたのが
竹中と言う事さ
それに乗じて金を独り占めにして、他の派閥を干し上げて創価学会と共に政治を私物にしているのが
森と飯島と言う事さ
そこまで日本は腐りきっている
しかも情報を警察に集中的に集めて、それこそ北朝鮮以上の警察国家にするのが
小泉と飯島の夢だね
愛国心は、呼んで字の如く心の中に芽生える物だ
日の丸を見て、君が代を唱えば良いという物じゃない
態度でそれを判断して、踏み絵を踏ませて見せしめにしているのが昨今の教育現場だ
現場に山ほど地雷は埋まっている
地雷を踏まないようにするだけで、教師は一日が終わっちゃうんだよ
余力がないから、その分お金でより良い教育を買うしかない
だから、最低限のカリキュラムを整備して、追加の分は私塾でもやるしかない
そう思うし、思考の自由はそうしなければ今の日本では手に入れることは出来ない

427 :闇の声:2005/05/17(火) 16:31:19 ID:SWs7iG9D
>>425
朝日なんて、日替わりで中道保守から極左までの論調やってる
別に珍しい事じゃないね
それより、良くそこまで詠んでいるね
朝日の記事は、何らかの意図を持って書かれているから見出しだけで
余り中身は読まない


428 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:32:20 ID:M5BfH3e+
んー。とりあえず郵政民営化について語ってみるか…
まず、間違い無く「成立」する。誓ってもイイ。
カラクリは以下の通りだが…
@自民党非主流派は本会議採決の時、亀井など筋金入りの古参議員は党議拘束を破ってでも反対にまわるだろう。
そして実力の無い中堅、若手の非主流派は病気を理由に本会議欠席を行う。
Aしかし、民主党の若手ネオコン系やらM下S経塾系の「小泉寄り」と思われる議員が民主党の党議拘束を破って賛成にまわるだろう。
B成立の後、小泉は反対や欠席した自民党議員を除名処分にして、自民公明与党は過半数を割ってしまう。
C一方、民主党の党議拘束を破って賛成にまわった連中は民主党に除名される前に党を割って新党を結成する。
D紆余曲折の後、小泉は衆議院を解散して、民主党系新党と合流して「新生:自民党」をつくる。

かくして自民党は生き長らえ、小泉は引退後もフィクサーとして影で君臨する。

429 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:33:46 ID:M5BfH3e+
ちなみにマスコミはマンセーの嵐だね。
特にスーパーモーニングの渡辺アナの喜ぶ表情が眼に浮かぶ。
田原も同じ。
逆にフジサンケイなどは微妙な表情になるか?

430 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:34:26 ID:mFXJz360
非日常の世界になりそうだね、これは(苦笑
今、お金と権限を握ってる人たちはどうも漫画のような世界がお望みのようだ。

431 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:34:53 ID:oewRhlR3
聞いた話だが、昆布からつくる焼酎が礼文島にだけあるそうだ。
いよいよ故郷創生の実が結び始めたか...

432 :闇の声:2005/05/17(火) 16:39:00 ID:qB70hENr
>>428
そこまで大げさじゃないよ
会期の大幅延長を、たわけ武部が言い始めてる
つまり、その期間に反対派を切り崩すのさ
最終的に、綿貫と亀井及びごく一部は国会採決で退席する形で
反対の意思表示をする
しかし、僅差で成立しその論功行賞人事を九月に行う
公明党と創価学会の選挙区での締め付けで、反対派の何名かも賛成に回らざるを得ない
綿貫はどうせ、そう遠くない内に引退だし、亀井に関しても健康面で不安があるなどの
デマでおそらく引退だろうさ・・・そうならなくても、もはや影響力はない
荒れる可能性があるのは、小泉が急に思いだして靖国に行ってそれでデモが激化することだね
北朝鮮情勢は、小泉二号の安部晋三に有利に働くので別に懸念材料には成らない
そこまで、森−公明−創価のラインは政治を牛耳っているのさ

433 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:39:33 ID:Sg6UGPDE
>>426
そもそも、愛国心なんて定義した言葉を押しつけるのが間違っている。
誰かの代わりにできること、今自分ができること。これをやっていけば良い
だけだ。この人は愛国心のために何か犠牲になれと迫られた時に

「何かあったら俺だけは例外、ってことでそこはよろしく」

と平気で釘を差しそうな気がする。
そういう意味だと首相経験者なのに首相になれる器でないことは哀れだと思う。
中曽根に発言やら憲法やら丸投げしてる時点で政権担当能力ゼロだって事に
恥ずかしいと思わないのかね、彼らは??

ところが、不思議なことにラグビーやプロレスをやる人はそのローカルルールを
他人に強要する。参加しない人間は非人間的な扱いをする、これは不思議だ。
そういえば、小泉姉弟の話が余り出てこないという指摘がありましたが、
ここまで小泉をこき下ろしているあなたが小泉姉を知らない訳無いですよね?

434 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:39:57 ID:+P691zCH
>>423
URL読ませていただいたけど、亀井派の主張はまるでもって正しい。
もっと、連中はこういう政策提言を大々的に宣伝すべき。
死刑廃止論とかでゲストで亀井はテレビに出てないで、
このURLだけフリップに書いてテレビで宣伝すればいい。

435 :闇の声:2005/05/17(火) 16:44:13 ID:qB70hENr
>>430
小泉を良く知る人物が言うのには、小泉は漫画で何でも理解する
それで判るだろうが、非日常の箱庭劇場が今の各界のトップはお好きなのさ
JRの垣内や南谷が未だに大阪駅や運転席に入って現場視察をしないだろう??
本音は、「下の奴らがヘマしやがって!!」なのさ
井手に至っては、これはもう漫才の世界だね
みな、竹中学校の優等生だよ・・・人のことなんか考えないで、金勘定だけをするという
彼らにとっては、庶民なんて感心のない世界だ
自分達だけの漫画に酔いしれている・・・そこでは、彼らは唯一無比のヒ−ロ−だ

436 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:47:35 ID:x2+Riq3o
>>435
小泉ってIQ低くないっすか?
慶応入るのに2年かかってるし
卒業年次はなぜか明らかになってないというし。
というか本当に卒業してるのか???
謎が多いよね。
あと三男と一切対面していないというのも異常過ぎる。

437 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 16:48:46 ID:x2+Riq3o
嫌いじゃないけど

438 :闇の声:2005/05/17(火) 16:49:12 ID:qB70hENr
>>433
触れない話しが有れば、触らないよ
命は惜しいからね
自分のことは言われても平気なのに、自分の身内を揶揄されると凶暴になる人物は結構いる
それ以上は言えない
ついでに、あの一族は触れない・・・バッチ並に怖いのが居るからだ
飯島は出過ぎていて、その筋でも反感を買っているが、本当に怖いのは一切出てこない
それで居て影響力を保つ
氷山を考えて欲しい・・・そのてっぺんが小泉で、飯島で・・・しかし水面下には
その何倍もの氷山が隠れている
隠れている氷山にぶつかれば、タイタニックと同じ事になる

439 :208:2005/05/17(火) 16:57:34 ID:f79f+p7m
>>426
>余力がないから、その分お金でより良い教育を買うしかない
>だから、最低限のカリキュラムを整備して、追加の分は私塾でもやるしかない
>そう思うし、思考の自由はそうしなければ今の日本では手に入れることは出来ない

そうすると、ますます受益者負担が重くなり、格差が開いてしまうのですよね・・・。

まあ仰りたいことはわかります、たんに狭義の勉強のことだけではなく、なんらかの志のあ
る私塾を建てることはできないか、ということでしょうか?
現在の塾・予備校業界でも、個人単位ではそうしたことをしている人はいないでもな
いです。大抵はタダの金儲けだけどね。

私塾ではないが、例えば都立大の二部などはそうした市井の人間のための学問、という
理想には近かったのですけどね。都心でも不便な南大沢に移転した時点で駄目になっていましたが・・・
(勤め人は通えないよ)・・そして首都大学東京になり、完全に息の根は止まりました。

440 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:01:58 ID:M5BfH3e+
>>438
何となく想像はつくね…
中世ヨーロッパの「ボルジア家」みたいなモンでしょ?
あの時代の欧州血族は理屈では計り知れない魑魅魍魎の世界だったものね…
小泉のオペラ好きも分かるような気がする。
いずれにせよ、今の日本は尋常ではないね。間違い無く。
アメリカも急激に狂ってきたが、日本も比例して狂ってきている。
マスメディアなんて日に日にファナティックに、そしてヒステリックになってきている。
結構勘違いしている人も多いけど、戦前の日本って今とほとんど変わらない言論の自由があったんだよ。
昭和に入ったころあたりから急激に統制色が強くなっただけ。
オカルト狩り、新宗教狩り、エロ風俗狩り、雑誌狩り、新聞狩り…。
今と状況が非常に似ている。
国策逮捕の佐藤優の著作「国歌の罠」を読みながら、明治中期から昭和の歴史を研究すると面白いよ。
まさかのフォーク復活と、ベルボトム復活と同じように歴史はまさかの繰り返しだと思う。
国策逮捕、増えるぞ―。くわばらくわばら…

441 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:06:33 ID:rNKnQR+v
中川議員の政治資金パーティー券近産信が代行販売 中企法抵触の疑い
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1116240258/

442 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:18:39 ID:rNKnQR+v
小泉は首相退任後、議員を続けるんですか?
75歳くらいまで衆議院議員するんですか?
闇の声さんどう思いますか?

443 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:27:00 ID:ihhplSMx
安倍はいまだに大臣を経験していないが
そんな人間がいきなり総理大臣になってもいいのだろうか?
これまでの慣例に反する
普通は外務、財務などの重要官庁の大臣を歴任するのだが

444 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:28:45 ID:M5BfH3e+
教育に関してもちょっと言いたい。(異論反論大歓迎よ!)
まず、国家の勢いが低下した時、現代日本の場合は経済だね。即効性はないが確実に効果のある特効薬は2つある。
@教育
A公務員の年齢制限撤廃
この2つだよ。Aは簡単に言えば失業者や人生設計を誤った人々の敗者復活的色彩をもった特効薬。とりあえず左記の人々の中から、
やる気のある優秀な人を採用する為に行うんだよ。地頭のいい人は勉強すりゃすぐできる。詳細は割愛して…
@の教育だね…
教育の原点に帰る必要があるよ。カネはできるだけかけずに原点に帰る。それは…
言うまでも無く「読み書きソロバン」だよ。まだまだソロバンを教えられる年寄りはたくさんいる。彼、彼女たちに最後のご奉公をお願いすべきだ。
カネはかけないと言ったけど、国家予算の半分を教育に使ってもいいと思うくらいだよ。それもハード(ハコモノ)じゃなくソフト(人材)に…
それと、高所得者からは結構な額の教育税を徴収すればいい。金持ちは子孫を残さなくていいと思うんだよ。可能な限り。
国会みればわかるでしょ?2世3世にロクなヤツがいない。(小泉、安倍、山本イチタ…)
貧乏人がカネかけずに子孫を残せたほうが新陳代謝も活発になって富の移動やら流動性が高まる。
勉強なんて簡単だよ。方法論さえ間違えなければ誰でも現在レベルの偏差値60はとれる。
国家予算を半分使えば、全ての公立中学高校大学を全寮制にできるでしょ?
貧乏人は寮に入って金持ちは高い教育税を払って自宅なり下宿から通う。
小泉みたいな連中はカネを使って私学に入る。
私学の裏口入学は大賛成。カネにモノを言わせればいい。しかし私学助成は打ちきるべし。
貧乏人が私学に行きたければ本人に対し本人保証で国家なり自治体がカネを貸せばいい。
そうすれば入学金や学費が青天井でも問題無い。

445 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:29:50 ID:l3xeG2nV
day

446 :闇の声:2005/05/17(火) 17:34:16 ID:cjAFdahS
>>440
警察が官僚の言うが儘に・・・そして、その隙を縫ってビジネスをしている
闇金やクスリや売春だね
そして、情報を集めてその情報の売り買いでまたビジネスをする
個人情報、特に政府に楯を突きそうな(植草は違う・・・あれは本当にやった)
人物の特定とその監視だね
その反面、金を搾り取れそうな人物は泳がせる
その代表が堀江であり、三木谷なのだろう
太らせてから一挙に食べてしまおうと言う感じだ
個人情報の一方通行が招いた、総監視社会なんだよ
表だって検挙するわけには行かないから、企業から放り出したり場合に依れば
何らかのえん罪で牢屋にぶち込むこともする
それを、極めて少数の人間のさじ加減で出きると言う・・・恐怖政治と言える
まだ完全ではないにせよ、安部政権が出来た時あの愚昧な安部を支えるためには
そこまでするだろうし、しなかったら安部は保たないよ
官僚と、一部政治家が儲けるためにはトップは軽くて間抜けがいいのさ

447 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:36:59 ID:M5BfH3e+
とにかく日本では江戸時代以降、教育に関して民間、国家(藩、自治体)を問わず教育が充実したからこそ
今日がある。
何故、明治維新以降、急激に近代化ができたか?文盲率が低く、読み書きソロバンができる人間が多かった事実。
文盲率に関しては産業革命以降の英国より圧倒的に低かった。ちなみに太平洋戦争当時のアメリカ兵の文盲率は高かった。
だから師団やその他の動物の名前やわかりやすいトレードマークなどをつけていた。
日本兵の文盲率は何と0%だった。今でもこれは驚異的だよ。
日本人はもっと自信を持たないとね。
マトモな指導者さえもてれば世界で最も優秀で豊かな国家がつくれる筈。
でも現実は小泉で次は安倍か…

448 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:40:00 ID:M5BfH3e+
>>446
そうだね。相当強烈な言論統制をしないと安倍政権は持たないな。
場合によってはNHKの国会中継もなくなるかもしれない。
菅直人やその他の攻撃に安倍が耐えられるとは思えないし。

449 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:43:33 ID:ihhplSMx
これだけネットが発達しているのに言論統制か?
まあアホの考えそうなことだが絵空事だね

450 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:46:38 ID:QW+1E+tV
国策逮捕か。それこそ面白い事になりそうだ。
戒厳令施行も狙ってるんだろうねぇ。
それならネットも縛れるだろうから。

451 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:47:35 ID:ihhplSMx
まあでも安倍ほどアホを表している顔はないと思うな
アホの坂田はふざけてるだけだが
アホの安倍は真顔でアホと分かるからな
確かに「貴重な人材」なのかもなw

452 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 17:54:23 ID:MX9dhpqx
闇の声って格差社会容認組の中にいる「国民を諦めさせる派」に似てるよな
世の中こうなってるんだから庶民はジタバタするだけ無駄だって趣旨だろ

国民に真相を伝えてるのかも知れないけど。。。

453 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:03:19 ID:oewRhlR3
歯を抜くときは麻酔してほしいけどな。

454 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:07:03 ID:h2y/tbJg
>>452
闇の声氏はともかく、国民統治の方法が巧妙になってきていると思う。何かに反対した
つもりが、結果的に相手を利することになっている事例が多過ぎる。

自民党と民主党が、お互いに財政縮小政策を競い合っているケースなどがまさにそうだ。「小泉
改革は骨抜きだ」と言いつつ、さらに危険な方向に足を踏み入れようとしている。

455 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:08:33 ID:3Fud6X5J
>>452
闇氏がオプティミストならこんなところにはいないだろw
てか闇氏が楽観論を展開し始めたら篭絡されたってことだろ、たぶん。

456 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:19:24 ID:3/99BIYu
>>452
>ジタバタするだけ無駄
とは述べられてないと思うよ。
「世の中こうなってるんだよ。そこでおまいらはどうするよ?」
と述べられてるんじゃないのかな。
少し贔屓しすぎかw

457 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:28:01 ID:iD34mpr0
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    あんまり俺を怒らせるなよ?
.  \_/ノ( __         \   /|       、、=====r、,_,  
     /  ^ 「 \  ノ  (      ヽ_/. |    ,、;ヾ'´       `゙゙'!r,
.. \  l:::::::::.  、_  _>   ,-‐¬  |    |   .}l:         _,,_'‐゙{i, 
   \|:::::::::::    ゙゙      ゙'、_..ノ゙ . |  ./   ;!l;:   ....:;;;、==‐‐ー-``゙'!r,
    \:::::::::::::  ┌┬┬┐    |_/    il'::!li;:;;=''~´          ゙シr,
 .. .  ヽ\::: ::::::: ::││││   /───il゙ ::::ll;:.         ....  ゙lli───
       丶::  ┴┴┴┴ /      !li,  ::!li;;. ....:;;;;;;;、===‐‐' ' '   'li
    _r‐ニヽ、_|         /-‐--、_   ゙  'r;,,;;;li;{l''゙"´          ll
              闇              ,)llr;::}l:: . . . . . .       !l
                           ヾ゙::li:::》ー‐=====- ' '  ,i'

458 :闇の声:2005/05/17(火) 18:28:06 ID:a7bc+HSk
>>449
前にも書いたけれども、ネットビジネスに官僚達はあらゆる意味で注目をしている
同時に、警察も・・・自分達のビジネスにするには、手っ取り早いのは許認可だね
プロバイダ−ビジネスのことは良く知らないが、仮に許認可制度にして罰則規定を厳しく設けて
教育に良くないと言う理由で様々なキャンペ−ンを張る
さらに、著作権や肖像権の解釈を最大限拡大して、少しでも抵触すればと言う
法規制すればかなり沈黙させられるのではないか?
パソコンを登録制にするだけでも・・・公的な情報、特に災害情報を流す等を理由に
登録制にして規制を掛けることも可能だね
そこまで考え始めているよ

459 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:41:43 ID:fCfnI+rk
>>449
本気で考えているなら、心理的なダメージを計算できない人たちなんだろう。
さすがに言論統制をするほど愚かとは思えないのですが。

>>458
>パソコンを登録制にするだけでも・・・

それが本当なら、日本から逃げる手段を考えなきゃならなくなりますが。



460 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:48:10 ID:l3xeG2nV
ふむ

461 :闇の声:2005/05/17(火) 18:55:03 ID:kaH3fWcK
>>459
国会で、きちんとした討論もないままに様々な常用法案が委員会と、審議会中心で
小泉の都合の良いように決まっていき、その事後説明も為されない
これ自体、国会無視であり国会での発言その物を否定した行為として
立派な言論統制とも取れる
さらに、メディアで下らない情報を垂れ流しにして知る権利さえ奪っているじゃないか
自分は、ここにも危機感を覚える

462 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:56:42 ID:ihhplSMx
登録制?無理無理
規制するのは端末だけで誰が書いてるのか分からんし
ネットカフェや役所関係の端末からカキコすればいいだけw

そういえば俺が運営していた競馬予想サイトにkantei.go.jpってホストからアクセスがあったな
仕事中に誰か見たんだろうか?

463 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 18:57:52 ID:f30yMBYQ
>>458-459
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/media/news/20050405ddm012010038000c.html
 ◆憲法調査会の素案が表現の自由に関して示した主な論点◆
 *青少年保護を明記して、表現の自由を規制すべきではないか=参院
 *インターネット上の人権侵害は情報の広まるスピードも速く、
 裁判による救済では間に合わないため法律である程度事前の規制をする必要があるのではないか=参院
                        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://www.kyodo-center.jp/ugoki/kiji/jimin-youkou.htm
【国民の権利及び義務に関する小委員会・要綱】 の部分に注目
表現の自由を制限するなど国民の権利を制限しまくり。

あと日本よりもインターネット普及率が高いという韓国では
住民登録番号というものがあって匿名性が低く個人を特定しやすくしているようです。
日本でも導入することは十分あり得そう。

464 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:04:35 ID:TnAjKUwC
しかしここの連中は、ストーカーネタやらの胡散臭い発言が以前程目立たなくなったが
それでもなおヤクザの殲滅とは何の関係の無い話題をここに書き込み続けているのですね。


なっさけない上に未練がましい奴等だな


>>416
「イカサマ博打国家」とは良い表現ですね

465 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:07:45 ID:/wFiM1lP
>>464
あなたのいうそれさ、

「クレタ人は嘘つかない」というクレタ人の発言を信用できるのか?

というパラドックスと同じなんだよな。

466 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:09:51 ID:TnAjKUwC
>>435
漫画で何でも理解する程度の人間にやられているあなた方や官僚達って一体・・・・・・・

467 :闇の声:2005/05/17(火) 19:19:52 ID:IGGt76Fw
>>466
官僚達は、やられた振りをして利権を漁っているのさ
さすが総理!と、言いながらも実際には官僚のやりやすい方へ導いて
首相の名の下に法律を施行する
「これをしなさい」と言って、多少の知恵のある奴なら理由を聞くね?
しかし、何の疑いも保たない稚児ならばどうするか・・・
愚昧な権力者は核爆弾にも相当する被害を与えると、ある賢人は言っていたが
一部の人間が利用しやすい権力構造を作られてしまったと言う事が、その悲劇とも言える
それもこれも、この国の民衆は怒りを持たないと官僚と政治家が見切っているからだ
一度怒りを見せる必要がある
投票率が上がれば上がるほど、官僚は真っ青になるんだよ
それをやらなければならない
当たり前のことが、この国では出来なくなった
それが一番の問題点だと思う

468 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:29:24 ID:4wJ0eqf5
>>467
総務省の役人が更迭されたが、裏があるのか?
本来、官僚の人事権は内閣にあるのだから、当たり前のことなんだけれども
政官の関係が逆転している日本では画期的なことだとも思われるのだが・・・
かつて、真紀子が科学技術庁や外務省の役人を更迭したときのように
蜂の巣をつついたような騒ぎにならないのが不気味だ。

469 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/17(火) 19:36:13 ID:MsfZk9QT
闇氏の素性は詮索しない約束のようですが、投票を呼びかけ、自主的なフリースクール
を提案する舎弟企業幹部・・・・・・・・・・・有り得ない?ww 概ね同意しますが。

>>420 
時代遅れや実情に合わない規制を撤廃して、衰退競争力減の産業を整理すると
バブルが生じるの?デフレになるって積極財政のひとは文句言ってたような気が・・・

>>424
少子化で生徒数の削減に比例した教育予算の削減は認められますか?
あるいはそれも容認できない、教育費は聖域ですか?

470 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:36:35 ID:H/rQHHRR
小泉(=アメリカ)のやる事にたてついたからだろう(苦笑
当然想定される保守系政治家(等)の反対はともかくとして、
実際に実務を担当する部分に反対勢力はいらんのだろうよ。
政治家達については、反対が起きなかったら不自然だから、
反対派もあまりつけあがらない限りは抵抗活動をしてもいい。

「民主主義」だからな。「少数意見も大事にしよう」だし。

が、実際に法案やスケジュールを立てる官僚は一枚板でないといけない。
そういうことなんじゃないかw?

危機感を感じるべきなんだが、笑いしか出てこん(笑

471 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/17(火) 19:37:29 ID:MsfZk9QT
>>469 訂正 少子化で生徒数の削減 → 減少

472 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:47:04 ID:TnAjKUwC
この国の民衆は怒りを持たないと言うか持てないと言うか・・・・・
大変ですよ下手に怒ると・・・・私みたいなめに遭いますよ
見ていて良くわかるでしょう?
自分達の世代よりもずっと犯罪率の低い世代をとっ捕まえて自分達のご都合で
ああだこうだ言いながら、警察増員しつつ犯罪を誘発させるような裏工作・・・・

私も投票率が低い事は確かに問題だと思いますが、ここいる連中のように
他人に対してああだこうだと延々と粘着質に揚げ足取りしてみたりする国民性では
政治離れも当然でしょう。

当たり前の事だと言わんばかりに中傷してみた所で、その「当たり前」が実現されない
この社会に対して「当たり前が実現できない理由」があるとは思いもしない
それどころか判った上で下らない中傷に利用しているような連中ばかりです

そりゃあ駄目でしょう、ここの連中の主張する内容が魅力的で世の中が単純だったら
とっくの昔にみんなそうしている筈ですし、ここの連中も中傷する前に自分で
実現するはずです。

実現可能なものであれば盗んででも実現しようと言う人間がいる世の中ですよ(笑

473 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:49:54 ID:4wJ0eqf5
>>470
小泉の時代になって、官が政のコントロール下に服するようになったということか?

474 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:52:47 ID:+P691zCH
>>473
そうだとして、喜ぶべきか悲しむべきか。
なんだか複雑。上に立つ人間がもう少しまともなら喜ぶのだけど。

475 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:54:36 ID:log9KwBV
>>467
>この国の民衆は怒りを持たないと官僚と政治家が見切っているからだ

まー、これは間違いではないでしょうな、ある意味。

476 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:58:02 ID:log9KwBV
>>472
だいたい、2ちゃんでやりとりしているだけで現実世界では
何もしていないってのが実情では?
漏れモナー。

477 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:59:32 ID:ihhplSMx
投票権の公使はしている訳だが
俺の投票した候補一人も当選したことねーよw

478 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 20:16:57 ID:0/bAqEaV
>>476
こないだから暴れてます

479 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 20:21:42 ID:log9KwBV
>>478
もう少し具体的に

480 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 20:24:14 ID:so9wqlek
>>472

>「当たり前が実現できない理由」

これ書かなきゃあなたも同じでしょう。
内容の魅力だって身分や所得階層が違えば違いますよ。

481 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 20:26:03 ID:4Qc0pn/d
>>479
クツ盗まれたので踏んだだけです

482 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 20:46:20 ID:4Qc0pn/d
ゴキブリ踏まれて怒るのはゴキブリだ in MIB

483 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 21:17:57 ID:sYPtFhpa
多様化した教育とか自由な教育を否定する人はどういう人かと考えてみると、
金儲けで判断すれば、詰み込み教育、学力優先教育で儲かる人たち。
教科書会社、参考書を出す出版社、塾や予備校、大学、大学の先生たちなど。
こういう人たちは教育が多様化すると自分たちの儲けが減る。ただでさえ少子化なのに。
だから多様化した教育とか自由な教育などとんでもないと思ってるはずだ。
金がないから新しい教育などできない、と言ってる人がその仲間かどうかは知らないが。
また、企業も受験勉強でガリガリやってきたような人間のほうが、奴隷みたいに生きてきた
だけあって使いやすいのかもしれない。

484 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 21:41:45 ID:jElxouMe
今の社会は頭の良し悪しではない、単に情報集積だけで判断がなされてる
その積載を不可と取るか負荷と取るかもその人の勝手な判断だが、いずれ
にせよ最大幸福は目指されてない

485 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 21:45:48 ID:yQ4gVj02
何だか、教育談義で花が咲いていますな。

しかし、何故に「次世代の日本人としてどのような人が育ってほしい。」
という話題が無いのだろうか。修身の理想というか。
この問いは、どのような教育のあり方・方法論が良いかを決める上で極めて重要な要素だと思うのだが。
その先に、予算のカネの話があるならわかるが。

柔剣道でも野球・サッカーでも、諸々のスポーツクラブに親が子を入れるのは、
社会生活・集団生活に馴染んでほしいと願うからだという。
必ずしも、我が子をオリンピック選手にしたいからではない。
そういう視点が微塵も感じられない。

或いは、将来の日本経済の産業構造と結びつけて考えることも出来る。
この分野に、何万人の日本人、こっちの分野には何万人の日本人がいれば、
日本経済は良い状況にあるだろう。と仮定する。

その上で、??という分野の産業社会の入り口である大学は、??という教育スタイルをとり、
何個くらいあれば良い。また、大学の門はいかに開き・絞るべきだろうか?
同じ受験でも、この分野の大学ならこの受験科目に重点を〜。
特別な受験科目を〜、という議論も展開できる。
ここでは、文芸関係が抜けてしまっているが。

この議論の先にも予算のはなしはあるが、このスレに日本経済の未来展望は、
微塵も感じられない。

486 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 21:49:59 ID:jElxouMe
昔の武は、道といわず、術と言った、それ以前は技だった
いまの武道が示してるものは、漫画では無いが子供の育成だ
一子相伝の奥義を受け継げる伝承者の出現を待っている

487 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 21:57:28 ID:jElxouMe
 
鉄板への人けりー、藪を萎縮させる

488 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 22:23:48 ID:6pF1VcDG
低賃金労働者兼弱小投資家が経済板のリフレ派に完全論破されて
泣きながら捨て台詞を吐いて退場w
安いメッキが剥がれたなw

489 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 22:43:52 ID:MMjavxLA
>>446
まるでナチスですな。
まあ安倍自身ヒゲを付ければヒトラーそっくりな訳だが。

490 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 22:48:28 ID:yQ4gVj02
いずれにしても、教育現場から駆逐したほうが良い勢力がいるのが問題だが。

491 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 22:48:32 ID:KamPhq/9
>>464
集団ストーカーってヤクザがやってるのか?
確か桶川ストーカー事件はヤクザみたいなやつらがやってたが・・・

492 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 22:53:26 ID:PFmBbeQZ
集団主義の怖さの実例は、固定資産税のスレにありますよ。
こういう奴らは、集団でならなんでもやる。

493 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 22:59:34 ID:log9KwBV
>>488
どのスレ?

494 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 23:07:40 ID:MMjavxLA
>>443
吉田茂みたいに実務経験豊富なら無問題だが安倍は超が付くほどのパーだからな。
今の安倍は酒鬼薔薇聖人や監禁事件を起こした小林某と大して変わらんよ。
そんなレベルの人間が権力を握ったらどうなるか。。。
ヒトラー以上の悪夢だよ。
そうなったら私は国を出るね、マジで。

495 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 23:15:05 ID:6pF1VcDG
>そうなったら私は国を出るね、マジで。

絶対出ない。ネットでブーたれながら死ぬまで日本でウダウダやってるのに1000パックントン
そもそも語学力もスキルもない奴をどこの国の誰が相手にするかってのw
日本でしか生きられないくせによく言うよwww

496 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 23:53:57 ID:jCqNyBN6


フンプン

497 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 23:54:57 ID:cm6wb5mx
>>447
>マトモな指導者さえもてれば世界で最も優秀で豊かな国家がつくれる筈。

二世・三世議員と木っ端役人のコンビになってしまうのにはそれなりの理由がある。
日本にはマトモな指導者(エリート)を養成する教育機関がない。
そして社会や大衆もエリートを社会の財産として大切に扱おうとしない。
そこが欧米諸国との相違点だ。
かつて旧制高校はエリート養成機関として相当いい線までいっていたようだ。
そのシステムがようやく軌道に乗り始めた矢先、敗戦になってしまった。
だから今後も、幾多の奇跡が重ならないと、日本に一流の指導者が現れることは期待できない。
元首相や首相候補の人物みて事態の深刻さを実感すべきだろう。

かつて日本の基礎教育のレベルが高かったことは紛れもない事実だろう。
海外に出て生活してみてそのことは実感した。いま逆の立場から危機感を感じる。
アセアン級まで落ちていいなら現行制度でお釣りが来るだろう。
しかし今後半世紀にわたり世界ランクで戦っていくなら「偏差値60以上の学生」
の練度の底上げが必要と思う。

498 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 00:00:43 ID:/xxhjRWM
一燈照隅、萬燈照國

499 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 00:13:33 ID:C3vPYPFx
存在が警告行為にならない海外勢力は曲解の天災

500 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 00:56:53 ID:lNASnXuP
>>497
となると旧制高校の復活というのも選択肢の一つになるな。


501 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 02:23:29 ID:jSbf5GFn
亀井は、経済と法学を専門に学んでただけあって、その分野では、言ってる事がまとも。
でも、実行すると、経済効果無視で取り巻きへのバラマキばっかり。

502 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 02:34:49 ID:C3vPYPFx
>>500
公務員の子供を使った”脅迫”を見てる限り
いまはやそれは困難だ
 
子供のデキ、フデキで親の立場をやたら決めようとする手法
香川県で実施中で或る
 
>>497 昔の高松一高は凄かった、今は全然駄目だね

503 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:02:36 ID:GJdxK0p1
>>497
>日本にはマトモな指導者(エリート)を養成する教育機関がない。

欧米のエリート養成機関って何処よ? 例えばアメリカなどは、有名大出身者たち
が国家を完全に独占支配する構造になっているようだが? 

>かつて旧制高校はエリート養成機関として相当いい線までいっていたようだ。
>そのシステムがようやく軌道に乗り始めた矢先、敗戦になってしまった。

日本を敗戦に導いたのも、まさしく明治期以来の東京帝大を頂点とする「エリート」の方々だったのだが?

>しかし今後半世紀にわたり世界ランクで戦っていくなら「偏差値60以上の学生」
>の練度の底上げが必要と思う。

個人的にはエリート待望論・教養待望論そのものが虚妄であり幻想だと思っている。
論より証拠、「自分は教養がある」という顔をしたがり、教養観・文明観の披瀝がお好きな
財界の長老たちが、ここ2、30年、何をしてきたというのだ?
奥田や北条などはその有様を見て育ったに過ぎまい。これは財界だけではない、どの世界でも言え
ることではないのか? 子や弟子は親や師匠・世間の後ろ姿を見て育つに過ぎない。

エリートの枯渇・教養の衰退を嘆くこと自体が、現実を見ないある種の幻想と思う。その幻想にすがりつ
きたい奥田たちが、今度、愛知に全寮制のエリート校を作るという。悪い冗談であろう。

504 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:04:37 ID:GJdxK0p1
>>503 のつづき
どんなに頑張っても、学術・芸術が国民性の中で尊重される(らしい)ヨーロッパ並に手厚い文
化的インフラを日本で整えることは難しいだろう。また教育制度・入試制度などを一
朝一夕に変えることも困難と思われる。

そもそも、文化的に「大衆」的な頽廃状況にあるとされるのは、全世界的とも言え
る事態であり、日本だけの現象ではないと思われる。欧米にはまだエリート教育が、教
養と文化が存在するという思い込みこそが錯覚に過ぎないかもしれないのだ。

505 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:12:30 ID:GJdxK0p1
>>504 のつづき
そうした状況を考慮した上で、そのうえでどうしてもエリートと社会的教養レベルの底上げ
を求めるなら、例えば以下の2点が考えられる。

・国の文化レベルの底上げ。図書館などのインフラの充実、美術・観劇・音楽などの文化的
 娯楽を安価に提供する下地を整える。例えば日本の大学図書館では、ちょっと突っ込んだ勉強をしようと
 すると、文献不足で立ち往生することも珍しくない、とはよく言われるところである。

 また最近流行りのボランティアの活用ばかりではなく、何らかの対価を介在させて行うのがよい。
 人間の善意に頼る無償労働ばかりではなく、やはり賃労働を行う職業家は必要である。

 もちろん、日本の文化政策も決して完全に無策ではないのだが、これもまた独法化などで何かと追い
 詰められているのが実状だ。委託などで安くあげよう、ボランティアの善意に頼ろう、
 という姿勢が強く、それがまた美談として持てはやされてしまうのは違和感がある。

506 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:17:12 ID:u6aPpXFB
>>497
旧制高校復活論をは否定しないが、

日本をダメにしたのは、学歴エリート官僚制が完成された、
日露戦争以降の人材だ。

日本では、学歴エリートと出身階層がほぼ同じで、
学歴エリート偏重は、人材流動性を低下させ階層を固定化させる
ことにしか寄与しない。

507 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:19:33 ID:GJdxK0p1
>>505 のつづき
・無料にせよとは言わないが、学費・教育費を極力、低廉化する。給付制奨学金を充実する。
 (PD・ODの実態などを見ればわかるが、貸与制や各種学費ローンではどうし
  ても受益者負担は重くなる。捨て銭であることを覚悟で給付制にすることが望ましい)
 
 「アメリカの大学は高いから、投資の元を取ろうと学生が真剣である。日本も
 むしろ積極的にそうするべき」という説もあるが、教育費の高騰と受益者負担の
 増加が階層化をもたらすことは現実を見ればすでに自明であり、トータルでは好ましくない。
 アメリカではその点の安全装置はどう働いているのだろうか?

上で「捨て銭覚悟」と書いたが、文教行政も社会的再分配という観点から、
長い目で見ることが必要と考えるのだがどうだろうか?

>>501
マクロ的にはバラマキでも全体の成長が保証されればOK。個別の案件については別に論じよう。

508 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:21:46 ID:u6aPpXFB
>>505
良い意見だが、自民党文教族は、たいがい世襲議員で
たいがいカルト宗教とヤクザのバックがついていて、
統一協会とズブズブで、大衆を愚民化し、
「エリート」を「頭のいいバカ」にすることに「だけ」
ものすごくエネルギーを使っているから、なかなか難しいね。

君の意見はよい意見だから、野党にあちこち書き送ってみることを
勧めるよ。

ついでに言っておくと、民主党の「次の文部科学大臣」席も、
なぜかカルトと繋がってたり青嵐会と繋がっていたりする
ダメ議員のための席になっている。

アメリカから独立できるほど優秀な人材を育てさせないよう
アメリカからの意向に従っているのかもしれないね。

509 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:25:19 ID:v82Q7FEt
>>503
> 欧米のエリート養成機関って何処よ? 例えばアメリカなどは、有名大出身者たち
> が国家を完全に独占支配する構造になっているようだが?

俺もそこ突っ込もうと思ってたが、メドいので放置してた。
小泉改革ってこの路線(=有名大学出身者のエリートが完全支配するw)も、
そもそも狙ってるんじゃないのかね、と。

「エリート」が「愚民」を支配する方向にしようとしてるのが小泉改革だよなぁ、やっぱりw

510 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 03:29:16 ID:jeA99YCq
独立するかしないか?
そんなものはまずは「度胸」だよ。「気合」の問題だ。
気力の問題であり、正しく生きようという心意気だ。
それが無いなら良くて(悪くてw?)「西欧風エリート」になるだけ。
大体、日本を本気で改革しようとするなら、米国の利害とどこかで衝突する。
そこを乗りきるには少々良いくらいのオツムでは話にならない。
バカでもしょうがないが、戦いぬく気持ちがまず無いと戦いにはそもそもならん。
普通に強そうなのに尻尾振るだけだw

511 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 04:26:02 ID:K48vDQt3
いや、今後は山は山でも姨捨山のぼらなアカンかもな
 
なんせブッシュまで老親介護ネタに汚く儲けようとしてるから

512 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 04:31:13 ID:K48vDQt3
>例えば日本の大学図書館では、ちょっと突っ込んだ勉強をしようと
>すると、文献不足で立ち往生することも珍しくない、とはよく言われるところである。
 
僕がインターネットを使わざるを得なかったのは、これが理由だ
図書館情報を整理して置いててくれたからね、たまたま

513 :505:2005/05/18(水) 04:56:11 ID:a/dM6Jra
>>508-509 
昨今、「活字離れ」などの教養の低下論が流行っているし、それもよく分かるのだけれど、
一方ではこうした言説自体にある種の欺瞞と矛盾を感じることも多くなった。
極端な話、オペラと観劇が大好きな今の首相や、「日本人はサムライ精神に帰れ」とか叫び、エリート校
を作ると息巻いている経団連の自動車屋にさほどの「教養」の中身があるとも思えないのでね。

エリート待望論に通ずるある種の幻想や思い込みが先行しているような気がするんですよ。
その上で賛成できる方向(最低限、何らかの資産は残る)となると、インフラ整備ぐら
いしか思いつかないですね。>>505 >>507
奨学金や教育施策については民主党でも主張している人はいるのですが、一方では民主党は
緊縮デフレ政策の元締めでもありますからね。トータルでは乗れないです。

ハコモノに関しては、無駄なホールが多過ぎると批判もされますが、皮肉な話ですが、一方でハ
コモノ行政のお陰でやっとまともな図書館が建った市町村も多いです。
極端な話、ハコモノも「穴を掘って埋める」と揶揄されるマクロ政策的にはアリだったと思います。
ただそこで、今度は中身だという所で、委託・ボランティアの活用とかになっちゃうんですね。

514 :505:2005/05/18(水) 04:58:02 ID:a/dM6Jra
また近年、駅弁や旧帝もやっとまともな校舎や図書館・施設に恵まれています。もっとも、折角イン
フラが整備されたのに、今度は独法化で中を支える予算が無くなってしまったわけですが。
(九大などは大移転計画を立てたはいいが、計画進行中なのに文科にハシゴを外されてしまった。
また、郊外移転で綺麗になったが中身は寂れる大学もあり、私大・公設民営大などは無茶な再開発・投
資・学部増設・新設に走るケースも多く、個別では全てに賛成するわけではない)

日本の官民の文教行政・文化産業については、草の根の現場レベルでは様々なイベン
トや活動で頑張ってる所もあります(自分はボランティアには否定的だけどね)
一概に否定する気はありませんし、ご多分に漏れずここでも天下りや利権が囁かれることも
多いですが、どんな形であれお金と人が流れればそれでいいのかな、とも思っています。
社会の各所でそれが流れなくなる、という点でデフレはまずい。

515 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:00:54 ID:5oolpXDt
岡山の行政とか見てるとよくわかるんだけど、役人ってのは
関所を作ってそれで儲けようとするんだな、じいさんに成れば
成るほどその傾向は大きい
 
できれば、索引は参照できるようにして、本材を買うときには
料金が発生すると言う仕組みを盛っておかないと売れないだけで
終わるんじゃないのかな、日本人は猿の芋洗いがまだまだ多い
 
とくに馬鹿右翼な

516 :505:2005/05/18(水) 05:01:29 ID:a/dM6Jra
まあ文化的な「大衆」化については日本だけの現象ではないようなので、何とも言い難いですね。
ヨーロッパでは根底の国民性(学術・芸術を尊ぶ気風?)そのもので維持されている部分も大きいようですが、
結局は文化的土壌の違いの問題に帰結するのかな、と思ってみたりもします。

上に書いたようにエリートには懐疑的です。今の日本を導いたのは、教養人を気取
る平岩外四だの中山素平だのああいう連中でもあるのだからね。

>>512
今はデジタルデータやネットインフラには予算が付くんじゃない? そういう方面は
充実しつつあるようだし。
そうした箇所に局所的に予算を付けるだけでなく、総合的にやっていけないものかね?

財源はリフレして経済全体を持ち上げて、そこから余剰を回してもらう方向で。もっとも、
産経などは国会図書館の陣容すらリストラしろ、とか言ってたけどね。

517 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:06:52 ID:5oolpXDt
だいたい専門書なんて、用がないときは在庫の山でしか無いんやから
専門の収集家の大学とかで蓄積してないと地域の情報でさえ歴史でさえ
危うくなるよ
 
新聞記事をいまだに紙やフィルムで集積してやっと記録になってんだから

518 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:28:50 ID:DBjsvoI8
ココで中曽根民活路線を諸悪の根源みたいに批判してる奴がいるけど、少なくとも今のデフレを招いたのは中曽根の民活路線じゃないだろ。
リフレ待望派は概ね通貨不足が今のデフレを招いた述べているわけだが、中曽根が民間や公共投資を絞ったという資料はあるのか?

バブルだバブルだって騒いで総量規制だのなんだの行なって無理矢理通貨供給を絞ったからこんな惨状になったんじゃないのか。

519 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:30:30 ID:5oolpXDt
民活の意味がさ、渋谷のビットバレー見てるとわかるが
わけわからん連中に金を”とばし”したのが問題なんだよ
 
発想はよかったが、実装に問題大有り

520 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:34:26 ID:DBjsvoI8
そうか?
わけわからん連中でもカネを回してくれりゃ使いみちは有るんじゃないの?

清く正しく貧しい連中なんて屁の役にも立たんよw

521 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:45:08 ID:5oolpXDt
マツダはそういう方針なのは知ってるけどさ
土台悪かったら作ったって意味無いのはわかってんじゃないの?
 
せいぜい馬鹿な女抱くだけで満足してな、悪趣味じじい

522 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:51:41 ID:DBjsvoI8
答えられないのならスルーしてくれて良いよ

他の人のご意見お待ちしてますw

523 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 05:53:10 ID:5oolpXDt
会長の親族の方はそういう方針ですか、結構なご身分な事で

524 :505:2005/05/18(水) 06:04:04 ID:a/dM6Jra
>>517
それを日本では、プロの作家にすら「図書館は民業圧迫」とか叫ぶ人がいる。専業作家は生活が掛かっ
ているから、ベストセラーの複本購入に怒るのはわかりますけどね。そういう人が一方では
「活字離れは良くない、本を読もう」とか言ってるのだから二重三重に悲喜劇。
要するに活字文化の衰退を憂えているのではなく、「オレの本を買え」と言ってるだけじゃないの?

本来は公的なアーカイブと新刊書・古書の民間市場や個人蔵書が相互に補い合い、全体の
知的資産を底上げする方向で考えるべきだと思う。
本が売れないのは、強いて言えばケータイ・ネットとデフレのせいでしょ? それと、すでに
時代の流れで専業作家が成立しにくくなっている現実もあると思う。
専業でもベストセラー作家以外は何で食ってるんだろ? 講演やメディア出演、TV化
などの権利の切り売り? ノベルスやラノベの人は薄利多売で書きまくってるけど。

「活字離れ」というが、元々が昔から本なんか読まれないもの。日本では戦後の安定した経済成長
と高い識字率に支えられてたまたま出版市場が大きくなっただけでしょ? 
大きくなったと言っても、今も昔も、個別では1万部超えのベストセラー以外はど
んな良書でも数千部内外の市場でしかない(文庫や新書はもっと多いか?)
セカチュー・いま会いクラスを出さない限りは、有名作家でも結構大変だろうね。

525 :505:2005/05/18(水) 06:05:19 ID:a/dM6Jra
>>518
金融政策についてはともかく、「小さな政府」を最初に大々的に言い出したのは鈴木や中曽根がいた頃。
今の政界官界の中堅はみなその頃に育った人間。これが現在の縮小均衡路線の土壌になっている。

526 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 06:16:19 ID:C0biykld
むかしは、表現が文筆に限られやすかったから仕方ないけど
今は書簡に限らずとも記録はできるから、そうなって欲しい所
 
ちなみに、セカチューなんて、人の不幸を切り売りした香川県の汚いやり方の最たるもんだけどね


527 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 06:21:34 ID:C0biykld
それから、アメリカの場合は文筆に行かずに、プログラムコードに走った人も
多く居てその集積がなんかイーサーネットとかインターネットに成っただけ
 
こんな翻訳しないといけないのも田舎もんは馬鹿の証拠


528 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 06:29:05 ID:DBjsvoI8
>>525
要するに小さな政府を提唱しながら民間(小さな政府を目指してんだから公共投資は絞るとしてもだよ)にカネが回らない状態に持っていっている事が問題なわけじゃないの?
民間にカネがあれば小さな政府でもデフレにはならないですよね。
小さな政府を目指してる連中が公共投資の景気回復への寄与を過小評価してるのは事実としても、民間活力を本当に活かそうとしてるのかすら疑問なわけですよ。

529 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 06:32:37 ID:C0biykld
共和党の方式だと、じいさん方式だから若い奴は全員戦争に行け(経済戦争も同様)
んで怪我した奴は殺せ、か医療をネタにして金を吸い取れ
 
これが彼らの小さな政府の”招待”
確かに小さくて済むよ、ジェノサイドするだけだもん、行政サービスマンおかなくていいからね

530 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:10:13 ID:2rrY2oGN
中曽根の目指したものが何だったかについてはともかくとして、あの時代
には小さな政府なんてものにはなっていなかった。
3公社の民営化といっても官僚の支配下に入ったままだったし天下り先が
増えただけだ。JRの初代社長の顔触れを思い出していただきたい。
海保などという鉄道とは無縁のセクションのOBがちゃっかり社長の任に就い
ていたりする。

鉄道省⇒国鉄と経営形態は変われど当時の運輸省にとって元国営の企業は
御しにくい相手だったわけだ。ゆえに私鉄と国鉄が別の法体系によって
運営されていたわけだが、その二重構造を一本化して国鉄も私鉄の一部に
してしまえば運輸省にとっても都合が良かったわけ。

電電公社にしても五十嵐なる人物の私怨で振り回された経緯もある。

今の役人やそれにぶら下がっている御用学者や評論家の言ってる事は、
役人の職務放棄を「小さな政府」と混同させて、それを正当化させてる
だけで子供が積み木をグチャグチャにして収拾がつかなくなったから、
親に泣き付いて丸投げしてるのと同じくらいに幼稚な話しだ。


531 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:17:06 ID:2Z/ROTO5
>>529 そうそう、闇の声が十数行の長い文章を書き散らして
小泉・竹中路線のひどさを説明しているが、一行で説明すると

    あなたはUSTRの政策提案をどれだけ受け入れられますか?

って事だけだから。その筋では知らなければモグリの「外国貿易障壁報告書」、
知ってる人は得意げな「規制改革要望書」。これもどこかにレスがあったね。
そりゃ、米国の言うこと聞いてりゃ安泰で約5年、ラクだよねぇ。
大きな独自政策は辛うじて牛を入れていない事、医療費問題位か?
彼も政治屋の世界に浸かっている一方で、こういう事はスパッと言ってくれな
いんだから。そういう意味だと、ワルだよね〜

532 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:29:42 ID:DBjsvoI8
ま、米共和党を叩いて気を紛らわしてる連中は
ネットウヨが米民主党を叩いて悦に入る図式と通底しているわけだがw

533 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:30:39 ID:C0biykld
だから、俺はじいさんが戦争に行けるようにITを駆使して勃興を図ろうと思う
老人から先に死ね

534 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:33:08 ID:C0biykld
>>532
僕はそうじゃないね、民主党のときの問題のほとんども
画策してたのは共和党系だと認識してるから

535 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:33:42 ID:DBjsvoI8
経済の中でITだけを勃興できるなどと勘違いしているミクロ厨こそ
殲滅すべき対象だが

536 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:38:59 ID:2rrY2oGN
>>525
>今の政界官界の中堅はみなその頃に育った人間
ではその前の世代は田中の列島改造論時代に育った人間かね?
土壌を取り上げるのは結構だが、その時々に応じた政策決定が出来ない連中
は土壌云々以前に無能であるだけだ。

537 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:41:51 ID:C0biykld
>>535
じゃあやって貰おうじゃないか、ぼけ化学屋

538 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:44:42 ID:DBjsvoI8
所詮キチガイは戯言を呟くだけだなw

>>493
「経済コラムマガジン」は(・∀・)イイ!! 21世紀
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1115978382/

ココの「だな〜」ってコテハンは面白いですよ

539 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:46:25 ID:DxJM3h1M
>>538
ふくれっつらしてないで、あたたが僕より先に基地外と言われてるだけでしょうに
岡山の連中は嫌味しか言いませんけど、私は建設的な意見を書いてますよ

540 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:49:53 ID:DBjsvoI8
>>539
ジエン乙

この時間帯にIDがなぜかコロコロ変わってる奴が一匹紛れ込んでるわけだがw

541 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:52:29 ID:DxJM3h1M
>>540
細かい事気にしてるね、ミクロ厨房ってキミの事じゃないの?

542 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:55:19 ID:DBjsvoI8
まあ普通は図星を突かれたら消えるものだが、さすがは粘着クンだなw

543 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:56:17 ID:DxJM3h1M
しぶといもんでね
 
親父ギャグじゃないよ

544 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 07:58:37 ID:2rrY2oGN
>>542
この板に張り付いてる奴などを相手にせぬほうが良いぞ。
荒らしに反応した奴も荒らしと見なされるからな。

545 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 08:06:49 ID:DxJM3h1M
ほっといてくれないもんだから困ってますが、何か

546 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 08:24:13 ID:DxJM3h1M
それから、本当に”ユニーク”なのは
私しか居ませんから、自作自演など不可能ですが、何か

547 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 08:36:02 ID:GCU3PYB7
荒らし煽りはスルーで 各位

548 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 08:42:29 ID:DxJM3h1M
ところで
>あなたはUSTRの政策提案をどれだけ受け入れられますか?
 
これは強制では無いはずだが、選択権も無いのかな

549 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 09:12:17 ID:2Z/ROTO5
>>548
これまでの政府案を見てれば、殆ど丸飲みだろうよ。
それなのに、憲法は変えて自立したいとですか。

憲法代えても政策方針を変えなければ、クルマの片輪を
履き替えただけのような気がするんですけど。


550 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 09:26:52 ID:j1Qv08kf
意他意って奴ですね

551 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 09:45:20 ID:rZFlUA8J
>>530
現在のJRやNTTも天下り先なのでしょうか?

552 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 09:57:24 ID:MRyIOuqu
>>548
アメさんの命令に抵抗できるのは野中、古賀氏ら勇気と良識を兼ね備えた一部政治家と
ヤクザだけだよ
日本をハゲタカ外資の侵略から救う為には、日本国民が良識派の政治家とヤクザを
中心に大同団結する以外に無いだろうね

553 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 10:35:09 ID:lohe3hOe
団結できますかあ?

554 :闇の声:2005/05/18(水) 10:46:21 ID:DeTbH0SM
 

555 :闇の声:2005/05/18(水) 10:46:49 ID:DeTbH0SM
555

556 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 15:32:42 ID:F+5nEz9W
ちょっと小休止で神奈川と横浜について考えてみたい。。。
神奈川県知事と言えば、松沢(元民主党)
横浜市長と言えば、中田(元民主党)
だが、松沢って確か小泉と共著で『郵政民営化』の本出してなかったか?
それと、中田って民主党ネオコンとか、松下政経塾関係者じゃなかったか?
ッて事は、『小泉寄り』の人物って事かねえ?
何時の間にか小泉は自分の足元をしっかりと固めている。
でも、国会討論とかみてると小泉が優秀とは思えないから、E島はじめ、周囲のブレーンが
相当優秀なんだろうな。
それっと米国共和党と米国政府がバックにあり、●●●……(自主規制)だから強力な政権運営が出来る上に
新聞テレビを始め、殆どのマスメディアが恭順するのだろうな。
マジで日本の将来、ヤバイぞ。。。

557 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 15:34:04 ID:jBsPODem
エリート教育なんて幻想にすがるのはアホだけだよ。
Aランクの人材確保には、A予備軍のためにBランクの環境が必要で、Bランクの
人材確保には、B予備軍のためにCランクの・・・ とピラミッド型、統計学的に全体
のレベルが、トップのレベルを決める。
全体の量と質こそが、トップレベルの人材の量と質を決めるんだよ。
戦後日本におけるサッカー業界の発展を見れば一目瞭然。

エリート教育で優秀な人材が量産できるなら、北朝鮮は世界トップw

558 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 15:38:19 ID:F+5nEz9W
次の国策捜査を占うと、鈴木宗男、佐藤優、辻元清美、山本譲司、村上正邦、村岡のおっさん…
次は誰か?
忘れてた。古賀潤一郎、鎌田さゆり、今野東…もだ。




559 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 15:58:54 ID:6VhHFvAP
>>528
いまさらだが、現在、各方面で起こっている事態を大雑把にまとめると、

 デフレ→労働者間に収入格差発生・正規雇用減少→緊縮財政・官から民へ・規制緩和
→「構造改革」的要請による過度の企業の効率化・労働分配率の低下
→公的サービスの市場原理化・自己責任化によるトータルでのサービス低下
→官民雇用のアウトソース化による労働単価の切り下げ
→さらに収入格差が増大・受益者負担の増加→階層化→無限ループ

現在は、デフレと収入格差・受益者負担増が二重に国民を苦しめている状態。実質GDPが
上がったと言いつつ、組織も個人もうかつに息を抜けない社会になりつつある。

メディアもゴム印・公共事業叩きで発散するばかり。民主党も共産党も、セーフティ・ネット
を唱えつつリフレへの視点を持っていないのでまるで頼りにならない。志帥会も先細り。

政官財学メディアのトップ勝ち組層だけが得をする、アメリカ型のウイナー・テイク・
オール社会の到来は間近である。

560 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:17:54 ID:6VhHFvAP
>>556
松下政経塾は、草の根から小さな政府型改革を進めるために幸之助が創り上げた組織。
塾生をオルガナイザーに仕上げる組織論を練り上げたのは、鉄鋼労連の宮田義二と言われる。

幸之助の理想は無税国家という究極の小さな政府(無政府)社会だが、民間活力やNPO等と言えば
聞こえはいいものの(だからこそ市民派までが騙されるわけだが)、要するにこれは、
企業の資本力があらゆる権力に直結する社会である。
中央官僚だけは、資本の代行者として存在を許されることになるだろう。労働者は
アウトソースやボランティアとして低コストで使うことができる。

つまりこれは、大資本が社会を統治する「ロボコップ」「エイリアン」「ブレードランナー」や、
フィリップ・K・ディックの小説に描かれたような社会のイメージである。
そこでは人間は私企業の利益のためにのみ使役され、労働者たちはみな疲れている。

松下政経塾は、上(中央政界・自民党)と下(学界・市民運動・NPO、民主党、地方政界)
に万遍なく卒業生とシンパを送り込みつつある。相当に危険なカルト集団です。

561 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:25:42 ID:6VhHFvAP
>>557
ttp://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1315.html

>そしたら、本当にその通りで、「ゆとり教育」とはつまりこういうことらしい。
>これをやれば平均学力は確実に下がる。だけど、平均学力など下がったほうがいい、と彼は言う。
>これは一般の認識とはだいぶ違う。日本の平均学力が今まで高かったのは、戦後、「落ちこぼれ」の尻を叩いた
>結果だと。だから全体の底上げは図れたけれど、その分その子たちに手がかかったからエリートが育たなかった。
>だから今はこんなになっちゃったんだ、というわけです。したがって、「ゆとり教育」というのは、
>できないヤツを教えないものだ。できない子はできんままで結構。ただ、そい
>つらは勉強などよけいなことはしないで、「実直な精神」だけを養えと。
>そうすれば、その子たちにかけていた手間・暇・カネがエリートにふりむけられてエリートが育つ。
>これが三浦さんの考えだったわけですね。できる子は小さいうちから育てる、そうでないのは、お前らどうせ一生使い
>走りなんだから半端に賢くなる必要はないというのが本音です。これを真顔で言うわけです。

562 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:26:28 ID:6VhHFvAP
>僕に言わせればそれはシナリオ通りで、三浦さんによれば、普通の子には「ゆとり教育」で勉強させない、
>できる子だけやらせるということを新中教審答申がはっきりさせた。しかし、文部省はその本音をなかなかいえなかったのが、学
>力低下批判を利用したわけですね。京大の西村和雄教授などは「エリートの学力が下がるのがいやだ」と言っている。
>この発想は特に第二次産業からの要請なんですね。彼らのバックには東京電力の平岩外四というような人がいる。
>「普通の子はできないほうがいい」というのは第三次産業の考え方ですね。サービス業はマニュアル通
>りでやっていればいいんだから、できないほうがいい。そうじゃなくて、基幹産業を
>動かす立場のエリートは学力が下がるとまずい。

ゆとり教育推進派も、批判派も、エリート教育の幻想に頼っている点は同根という病理。

563 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:36:47 ID:2mhPq4YM
>>559

>アメリカ型のウイナー・テイク・オール社会の到来は間近である。

アメリカは自分達で構築(移民の知恵も含めて)してきたから
低所得者層への低利融資、普通預金をリスクマネーとして運用を禁止
したり、連帯保証制度がない。不正競争もある部分は厳しい。
ホームレスに対して、余った食料の配給ルートやそれを支える宗教など
いちおうのセーフティーネットがある。宗教は戦争の背景にもあるが
性や暴力のレーティングなどモラルを形成している側面がある。

このまま推移してはたしてアメリカ型になるだろうか?
無宗教に近く自分達で権利や自由や平和を獲得して来てない以上、
自分は無法地帯に近い状態になると思う。トップ勝ち組でさえ
その中に巻き込まれ、移民が親類を呼び寄せるような事態になって
いくのではないだろうか。製造業が空洞化されればアルゼンチンにさえ
近くなる。日本もアメリカにとっても中長期的には国益に反すると思う。
中国がいつまで1つの国であり続けるかわからないからだ。
いくらエリートがアメリカに留学してようが、民衆は押さえられない。

黒船が来て、明治は諸外国の良いところと自分達の良いところを
合わせて国を創ってきた。終戦後も高度成長というビジョンがあった。
今一度、国の方向性を考える時に来ているのではないだろうか。
各論ばかりが玉串色で解決され、総論、言い換えれば国がどうあるべきか
という議論が無いように思う。



564 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:49:28 ID:2mhPq4YM
要は国がどうあるべきか、だからこれはこうすべきというように総論から
各論に入っていくのが筋なのではないか。
各論をパワーゲームのように解決していったら総論、つまり国は
砂上の楼閣のごとく崩れ去ると思う。憂慮の念が消えない…。

565 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:50:36 ID:bkWednpF
自己レス
>>560
>中央官僚だけは、資本の代行者として存在を許されることになるだろう。

この観点から中央官僚の「天下り」も説明できる。すでに霞ヶ関・官邸の審議会は、
財界と官界・各界による利権の分配の談合の場と化している。
彼らは同族なのである。極端な例え方をすれば(本当にこういうことがあるのかは別として)、
東大を出る時に国Tを選んだ者と金融・コンサル・マスコミ等に進んだ者が、再会して仲良くこ
ういう場で手を結んでいると考えてもよい。
名門大出身者が政権と財界を仕切るアメリカ型政治に日本も近づきつつあるのかもしれない。

三木谷・堀江のようなヒーローを持ち上げておけば、大衆など簡単に騙せるのだから
チョロいものである。「小さな政府」「官から民へ」も、現実に役に立つ改革(情報公開など)
はむしろ少数であり、大方は利権の分配を指すに過ぎないのだろう。

道路公団の藤井氏などは、資本(いずれ乗り込んでくる外資?)に協力しない「悪い天下り」
だったので追放されたに過ぎまい。メディアの天下り・お手盛り批判など、こうした「悪い天下り」もしくは
「使えないヤツ」をバッシングする内ゲバの茶番劇に過ぎない、と考えるがどうか?

566 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 16:54:00 ID:bkWednpF
>>563
あるいは、アメリカよりもっとひどい社会になる? うーん・・・。

>>564
国家観ですか? 日本人はこれに弱い。それこそ「教養」がないからw 作家や学者・
論壇人の言ってることも、もっともらしいがどうもねえ・・・。財界人や政治家は論外だし。

567 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 17:49:24 ID:YaaRJyj/
>>561
リンク先の文中に以下の件があるが、現在でも行われているのだろうか?

>何年か前に大蔵官僚の「ノーパンしゃぶしゃぶ」問題があった。
>彼らは東大法学部を出て国家公務員上級試験に受かると2年目で地方の税務署長になる。
>田舎に行くと、毎日のように地元の有力者から酒席のお誘いがある。弱冠22、23歳で60、70歳の
>有力者を前に上座に座って接待を受ける。これも帝王学なわけですが、舞い上がった大馬鹿者が
>出来上がる。仮にも22、23歳の大人でもそうなっちゃう。

568 :けらんじょ:2005/05/18(水) 17:50:12 ID:L7lvVICb
「くぅ〜ちゃん」のCMで知られる消費者金融大手のアイフルが、中小零細企業向け
融資に特化した日本振興銀行(東京)を買収する方向で検討していることが18日、
分かった。アイフルの買収が実現すれば、消費者金融が銀行を子会社とする初の
ケースとなる。
 関係者や一部報道によると、アイフルは振興銀の発行済み株式のすべてを
30億〜40億円で取得したい意向という。振興銀は元金融庁顧問の


木 村 剛 氏


を中心に昨年4月に設立された。
貸出金利を5〜15%に設定し、銀行と商工ローンの間の資金需要をねらったが、
業績は低迷。創業メンバーの落合伸治氏との内紛もあり、現在アイフルを含む
6社と業務・資本提携を進めている。

569 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 18:20:31 ID:h6yfPErF
フリーターとかニートとかすごい増えてるようだけどどうするんだろうね・・・
俺もフリーターだけど将来真っ暗。

570 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 18:25:49 ID:diHaLBZW
全員が警官になるぐらいの心構えが無いと無理

571 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 19:01:32 ID:yHwrNirC
ゆとり教育、学力低下を解体する「論考空間」
http://home.m05.itscom.net/kashi/index.html

− トピック3 −
昭和52年度「ゆとり教育」改訂よりその前の改訂を問題にしろ!

戦後すぐに作られた昭和22年度学習指導要領は、生活・社会との関連を重視する
ことを目的とした「生活単元学習」と呼ばれるものであった。
しかし、この学習指導要領は「基礎学力の低下をまねいた」と批判され、昭和33年に
学問的な「系統性」を重視した学習指導要領に変更された。
そして、産業界の影響を強く受けた昭和44年度「教育の現代化」学習指導要領は、
優秀な科学技術者養成という目的のために「学問性」や「探求の過程」を重視した
教育方法をとったため、生活と関連した教育内容をかなり削ってしまった。
これが「理科嫌い」「数学嫌い」をつくったとする意見が大変多い。
しかし、今議論されている学力低下論はその事を全く問題にせず、その次の
昭和52年度「ゆとり教育」改訂のみを批判している。しかし、昭和52年度の
学習指導要領は昭和44年度改訂を基礎にしているのだから、昭和52年度
「ゆとり教育」改訂を問題にするならば、昭和44年度改訂についても議論を
しなければならないはずである。

572 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 19:05:43 ID:yHwrNirC
ゆとり教育、学力低下を解体する「論考空間」
http://home.m05.itscom.net/kashi/index.html

− トピック2 −
新指導要領で、「階層化」は起こらない!

今回の学力低下論議で「新学習指導要領が実施されれば階層化が起こる」と考えられている。
確かに、学習指導要領に忠実に授業を行う公立校と、そうでない私立(進学)校では、
授業内容に差が生じるので「階層化」が起こる要素を持っていると言える。
しかし、実は、戦後の教育において、すでにかなり強固な「階層」があった事、
現在「階層化」と逆の現象を引き起こす要素があることにより、「階層化」が起こる可能性は
低いといわざるを得ない。

573 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 20:14:10 ID:oJh1Pk4u
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20050423k0000m040154000c.html

学力テスト:
成績アップ どう評価?揺れる学校現場
点数も学習意欲も前回より上昇−−。22日に公表された小中学生全国学力テストの結果は、
「ゆとり教育」で学んでいる子供たちの意外な像を描き出した。

授業時間(45分)にとらわれないノーチャイム制を導入している小学校の教員は
「時間があればできる子や、(映像などの)メディアを使えば分かる子もいる。
レベル別だけでなく興味・関心に応じたグループ分けを実践している学校もある。
一斉授業では理解できなかった子供たちには多様な学びの方法が必要だ。


*自由を否定するのは、こういう創意工夫を否定するのと同じこと。

574 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 20:43:49 ID:R1Dq5tjO
そうか、○○○かぁ。そういった情報源があったのね。警察からの情報併せると天下無敵。忘れてた、闇の声氏が、何故小泉が靖国に拘るか言ってましたよね。なんか恐い。

575 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 20:47:43 ID:GCU3PYB7
俺選挙候補者が松下政経塾出身ってだけで切り捨ててるけどな
経済音痴の集まりでしょあれは
経済コラムマガジンで言う「頭が破壊されている人々」だよ

今更無駄なエリート教育やって何を企んでるんだろうね
自分たちの劣化コピーでも作る気なんだろうか
愛知県蒲郡市にトヨタの作っている学校は
ただの遊休地の有効利用だと聞いている
取引業者から協賛金をせしめているらしい

進学校なら開成やら灘やらいくらでもあるだろうに

576 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 21:30:31 ID:2mhPq4YM
>>566

アメリカには国家戦略があってそのうえでああいう社会にしている。
過去の失敗も冷静に分析できる知能と力を持っていると思う。少なくとも
現時点で過去を分析できる時代と問題(半世紀とか長期単位で考えるべき
事象を除く)においてだが。
日本はどうだろうか?


577 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 22:53:55 ID:2mhPq4YM
>>576

自己レスだが、国家、社会形態の国際社会における力と人間の幸せとは
別問題だ。最低限国益を守れれば良いと自分は考える。
先進国やEU諸国を比較するなら自分の考え方や特性によって住みやすい、
住みにくい社会の仕組みというのはあるだろう。
だから日本には日本モデルというのがあるはず。

これだけ勤勉であれば失業率は極力下げるべきだし、無宗教であるなら
皆で助け合えるようにあまり所得格差を広げるべきでない。
こういう所得や身分が絡む話こそ、見た目匿名だから日本の国家像と
いうものを話し合えるのではないだろうか。

スレが止まってしまったのでこれ以上は書かない。皆でふさわしい話題か
考えて欲しい。

578 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/18(水) 23:05:00 ID:iLO9UxC4
>>563
愚痴でない建設的な問いかけはいいですね。内容は概ね同意。

市場経済導入も肝心な自由化とセットの監視強化などを
いい加減にしているからうまく作動しない。
例はSEC アメリカでは数千人が監視しているが、日本では数十人から百人以内だったような。
だからかなり汚い取引や掘り衛門みたいなのが出てくる。

市場経済型にしたら「性悪説」で自由な市場では悪人も多く出る事を前提に制度設計しないと
いけないのに、そこは放置のまま。

一方昔に戻せというのは歴史が円でなくスパイラルを描くから無理がありまくり。

>>557
サッカーの成功
・企業スポーツからプロリーグ発足でトップ層の能力・収入アップ
・地域密着とクラブ制度で底辺を拡大、育成の計画化上部との連携
・頂上の代表強化でファン層拡大、広告収入など増加→育成・強化費増

見たいな感じだと思うんですけど、最近は少し伸び悩みのような・・・



579 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 23:43:46 ID:diHaLBZW
とある博士の話だが、日本のような状態で儲かるのは
医療と教育だけだと

580 :名無しさん@3周年:2005/05/18(水) 23:49:29 ID:ZptCV7sc


落ちたな 木村 弱し。

581 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:07:27 ID:RgyMPJDL
結局、共産党というのは資産家への恐喝の言いがかりに使ってるだけだ
その被害の結果残るのがファイナンスではなく、前記の手法と言うだけ

582 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:10:19 ID:CwuFW20M
>>503
>欧米のエリート養成機関って何処よ? 例えばアメリカなどは、有名大出身者たち

「旧制高校」と書いたでしょうに。中学・高校ですよ。
リーダーにふさわしいジェントルマンシップの涵養は大学入学後では遅い。
たしかに「お勉強」だけなら図書館で本を読んでもそこそこいけるでしょうけどね。

>日本を敗戦に導いたのも、まさしく明治期以来の東京帝大を頂点とする「エリート」の方々だったのだが?

明治維新の立役者のバックグラウンドはどうでしょうか。
あのころ大正デモクラシーの風に当たった世代や、戦後民主主義を全身に浴びた団塊世代が指導者層にいたら、
我々はいまごろロシア国民としてロシア語を話していたかもしれませんからね。

>論より証拠、「自分は教養がある」という顔をしたがり、教養観・文明観の披瀝がお好きな

これは社会党・共産党・労組・新聞屋あたりの進歩的「知識人」の栄枯盛衰をみれば一目瞭然。

>エリートの枯渇・教養の衰退を嘆くこと自体が、現実を見ないある種の幻想と思う。

小泉首相や竹中大臣をケチョンケチョンにけなしてる人たちにそう諭してあげてくださいよ。

583 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:11:18 ID:3nDRJMtJ
日本で儲かるのは、パチンコ屋と風俗でしょ?

584 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:13:39 ID:RgyMPJDL
とにかく地方は資源が少なすぎる、女性の人身売買でしか食っていけて無い
なんとそこそこ金に成ってるはずの放送局からしてこれなのだから、馬鹿と
しか言いようが無い

585 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:15:15 ID:itl5IRdi
欧米のエリートに対して幻想抱いている奴が多いなw
連中の本質は日本のヤクザよりも余程怖いしえげつない。
人間の皮を被った鬼畜そのものだぞ。上層部になると。

586 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:24:22 ID:RgyMPJDL
>>585
確かにそうだが、誰が白人相手だと言った?

587 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:35:49 ID:CwuFW20M
>>507
>アメリカではその点の安全装置はどう働いているのだろうか?

奨学金。ただしかなり優秀であることが条件。
庶民のなけなしのカネをかき集めて何とかしようするから身動取れない。
後世に美田を残すつもりで捨て銭を打てるのは、
移民一世のようにハンパでない確固たる理念がある人か、
もはやパンのために働く必要がない人のいずれか。
欧米には大富豪のファミリーとか、貴族みたいなのがいて、すさまじい個人資産を持っている。
わが国の税制はそういう状況を許さない。
ひたすらカネを出す人がいるから、ひたすら労働力を提供してくれる人(ボランティア)もいる。
階層に応じた貢献をしようというインセンティブが働かないと、本当に人様の善意におすがりするしかない。
文化・観劇・音楽のような一文にもならないことが栄えるのも
一文にもならないことを承知で気前よくカネを出す大口スポンサーがいればこそ。

588 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 00:53:43 ID:CwuFW20M
>>507
>極端な話、オペラと観劇が大好きな今の首相や、「日本人はサムライ精神に帰れ」とか叫び、エリート校
>を作ると息巻いている経団連の自動車屋にさほどの「教養」の中身があるとも思えないのでね。

一定レベルより上をみるかぎり、いわゆる「お勉強」は大体足りている印象ですよ。
そういうタイプの教養なら、いわゆる左翼というか、いわゆる進歩的知識人とされる人材プールが
文句なしにわが国の最高峰でしょう。
ただ、そういうパーツをどれほどきわめたところで行く先は教員どまりというか・・・
決してエリートにならないことは現実が示すとおり。

世界を相手にしながらメジャーリーグの一角に食い込んだトヨタの社員の眼に映るものは、
ここで教養を云々している人々のそれとは明らかに違うはずですよ。
それは容易に想像できる。
優劣についてはなんともいえませんが、とにかく、見えているものが違うということです。

エリート・教養・教育とかの再定義が必要なんじゃありません?

589 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 01:06:33 ID:CwuFW20M
588は>>513へのレスでした。失礼ついでにもうひとつ。

>その上で賛成できる方向(最低限、何らかの資産は残る)となると、インフラ整備ぐら
>いしか思いつかないですね

箱モノができたあとのソフトにかかる予算が続かないのだと嘆きつつ、
でもおいらも目に見えるハードにしか領収書を切れないなと自覚しつつ、
外国に出て痛い思いをしながら身をもって体感したアイデンティティー
(サムライ精神とか)をバカにしつつ、
中身のある教養(自称)を高らかに語る?

教育はソフト産業・サービス業だと思っていましたが。

590 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 01:19:05 ID:RgyMPJDL
キリスト教相手だと、趣味の悪い女使って罵倒雑言吐いてまわるからなあ
 
武田徹夜ってそういう女性たちの被害者だって知ってました?
教員(俺はここでは教官とは言わない)のレベル低下はあの連中の所為ですよ
 
昔で言えば、諸葛孔明も教官なのにさ

591 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 02:15:07 ID:lM7mMj6h
ID:CwuFW20Mのレスは>>587以外皮肉なのか何なのかよくわからん
ただ、あの教養主義に陥るのがあまりよくない気はするが。

592 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 02:32:17 ID:QIwzqia0
>>590
感情論で叫き散らす女性による制度改悪って結構あるような気がする。
PTAの透明性が確保できなかったり、家電製品のオープン価格化を後押ししたり。

厄介なことに不利になると女学園のいじめの論理などを実社会に持ち替えて
攻撃してくるので恐いですよ。
分かりやすいのが女性週刊誌ですな。既婚女性板でも観察可能ですが。

593 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 03:40:05 ID:OvOATzw7
感情的に成るのは男性も女性も変わらない
 
それ以前に大人が減ってる、かといって兵隊ほどの大人に達観しろと言っても
奥田さんも拒否感があるだろう、当然だよね

594 :闇の声:2005/05/19(木) 09:38:50 ID:2UXToeAd
昨夜は、色々な人々と会って話を聞いた
まず、今ここで話し合われているエリ−トに関してだけれども
自公連立政権が出来て、しかも森喜郎と言う政策にまるで疎く、しかも理解する能力がない首相が
誕生した事でエリ−トの有りようも、公明党自身も変化したと言う
それは、今週だったかに小泉が新公邸を披露した時にいみじくも公明党に語った台詞が
全てを物語っている
「公明党と組むことで、重要法案がどんどん成立する・・・」だったかな
これは、党内での根回しとか総務会での審議なんか飛ばしてしまって、前にも書いたけれども
公認権と選挙協力を楯に委員会審議からいきなり本会議採決に持ち込むことも可能であり、
その手続きも一切省くことが出来る・・・それを意味する
おそらく、小泉の後は安部なのだろうから(少なくとも首相候補はね)森が全てをコントロ−ルするわけで
公明党が鍵を握る構造は変わらないだろう
公明党の狙いの一つに、創価学会−創価大学を社会的なエリ−ト機関として認知させて
様々な官庁や企業に創価学会部隊を送り込むことにあるという
前に、あるコンビニが創価学会の手に落ちたな、と書いたことがあるが
創価学会の人数を擁すれば、不買運動も展開できるし広告宣伝にも影響を与えることが出来る
池田会長の指示が、まず法曹関係だったから神崎に代表される様に弁護士に偏っているが
徐々に財務省や外務省にも拡大しつつある
今度の事故で、子飼いの”かわいい北側”を傷物にしたから、国土交通省はもちろん
JR各社も民鉄も学会枠は拡大するだろうね
今まで、社会のどちらかと言えば底辺に多かった創価学会会員だけれども、徐々に中枢部に食い込み始めている
中枢部で、所得も増えれば当然財務も多くなってくる



595 :闇の声:2005/05/19(木) 09:50:23 ID:2UXToeAd
創価学会はこれからどうなるのか・・・だけれども、集団指導体制とカリスマの使い分けをしていかなければならない
官庁や企業にいる会員は大半が30代前半までであり、集団指導体制になっても違和感は感じないし、数の論理で徐々に
経営参加を始めるだろう・・・企業全体を会員にすることが目標だね
バカみたいな、漫画みたいな話しだけれども(実際これを聞いた時には、バカらしさで
吹き出したのだが)経営者が学会員で、何かにつけて部下に信仰を勧めて昇格やリストラを
ちらつかせたら今のファッショ的な企業体質なら信者は急増する
しかも、不買運動をちらつかせてその収拾に学会員を充てることになれば
当然学会員は急増する
徹底した財務活動と、その金で地位と数を集めての圧力・・・
ゆくゆくは政官財学の中枢に学会員を据えて、規模の拡大を計っていくのが
中・長期的な計画らしいな



596 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 09:52:42 ID:7wrm9Cyo
稲盛さんところが自宅周辺で相当の騒ぎがあったと言うが
うちも似たようなもんか

597 :闇の声:2005/05/19(木) 09:55:24 ID:2UXToeAd
エリ−トは変質したと、件の人物は語っている
官庁に入るのも、企業に入るのも方法論でしかない
しかも、それをお互い確認し合っている・・・つまり、何か行動を起こすときには
その組織や時には国家万民のためではなく、個人を優先する・・・
これは堀江などにも見られる考え方で、実際に六本木などで秘密スク−ルがかなりあり
そこでは堀江などのネット長者やファンド、外資系のマネ−ジャ−に加えて
若手官僚や学生まで混じって、国の情報や企業情報を交換し合っている
注目されるのは、その様な席には必ず人材のスカウトが居て、人材の品定めをする
もし、能力のある人物が居て情報の持ち出しなどで仮に懲戒解雇されても
そんなのは向こう傷・・・逆に、それだけの能力の証として高額でスカウトされる
学生達・・・当然かなりの能力を要求される・・・最低でも、上級公務員は当然で
司法試験か、特に会計士・・・それも、英文での財務諸表の理解が出来て
全て英語での説明が出来ることが必要なのだそうだが、そう言う連中が五、六年後のスカウティングを
約束されて取りあえず官庁や企業に入ってくる
そう言う連中にとって、宗教法人はいいお客なのだ・・・何故なら、信者になれば
彼らは寛大であり、いきなり巨額の運用を任される
それを、スカウトされる先につなぎいずれは自分が運用する・・・そうなったら、誰がまともに仕事何かするだろうか?
情報は尽く持ち出されて、金に変えられてしまう
それが恐らく、この一二年でシステマティックになるのではないか?
既に始まっているからね

言い換えれば、金の集まるところにエリ−トは集まり、金だけを増やすことに
腐心する構造になったと言う事だよ
同時に、金融機関も溝板を踏んで中小企業周りをする営業よりも、より効率的に
お金を増やせばそれで良いわけで、生産現場を見ない、知らない、関わらない構造が
この国に出来つつある
それは同時に、物作りからの急速な人材逃避を招くから、競争力はどんどん落ちてしまう
マネ−ゲ−ムで巨額の金を稼ぐ一方で、物作りを衰退させれば失業者は急増し、社会不安は増大する
しかし、GDPは変わらない・・・

598 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 09:59:16 ID:7wrm9Cyo
もう翻訳のシステムがあるのと同じですか、日本の情報をそのままカネに変えるわけだ


599 :闇の声:2005/05/19(木) 10:31:14 ID:2UXToeAd
何故、こうなってしまったのか・・・
小泉構造改革とは、そんなに凄い構造改革なのかと言う事だが
様々な偶然が重なって、こうなったとしか言い様がないね
自分は思うのだが、色々なことを小渕総理の時代に戻す必要があると思う

ここから先は伝聞と推測ばかりなので、自分も確信がない
ご自由に非難してくださって結構だが、橋本内閣を潰したのは官僚の隠蔽体質と
それに乗っかった金融機関の甘えと怠惰だったね
その反動というか、国がどうなるのか判らないと言う状況下で官僚は非難され
大蔵省解体論まで出た
この時の民主党や自民党の若手の活躍は、今でも覚えている方が多いと思うが
あの時点で、官僚の本音は「もうどうにでもしてくれ」だったと言う
何とか金融国会を乗り切ったものの、官僚批判は止まずに朝から晩まで官僚の
スキャンダルが新聞を飾り立てたね
ところが、思いも寄らぬ神風が吹く
それが小渕首相の急死だ
何故森喜郎になったのかは、今以て謎だ
森でなければならない理由があったとしか思い浮かばないが、それほど
長期に渡り政権を託する気がなかったのは事実だと思う
ところが、森はお得意の懐柔工作で何となく党内を纏める
同時に、政策の弱い森を支援するために官僚いじめをひとまず止めた
ここに、森派と官僚達の手打ちが成立して徹底的にやられるはずだった
官僚機構はそのまま温存されてしまう
官僚の自己保身のために、首相を担ぐことは急務だった
それが小泉政権になっても持続している
民主党はもっとキャンペ−ンなど大衆行動をするべきだった
鳩山にしても、菅直人にしても結局闘えない政治家だね


600 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:32:29 ID:rKghkSNz
これはもう創価教を国教にするしかないね。

601 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:34:39 ID:4qPYMIy0
>>597
そのこと自体で何か不都合があるの?
単に産業構造の変換が起きてるだけでしょ
昔は東大の研究室と重厚長大産業の人事部門がツーカーで優秀な人間をスカウト
してたのが六本木の勉強会と金融業に姿を変えただけじゃん
物造りの能力が落ちてもGDPが減少しないってことは、金融業で補完できてるって
ことだから、一般庶民の生活には固有の影響はないはずだよ


602 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:35:05 ID:7wrm9Cyo
JRの運転手も小渕さんも同じような事故に思えますね

603 :闇の声:2005/05/19(木) 10:37:20 ID:2UXToeAd
自民党が弱った分、民主党も伸びはしたがそれ以上に公明党と言うよりも
創価学会の国政に与える影響が大きくなってしまった
小泉は何でも丸投げするが、その丸投げの際に与える権限が相当大きいために
個人でも審議会でもそこで何でも決まってしまう構造になっていく
小泉が賢いとは思えない・・・これも偶然そうなったのだろうが
大きすぎる権限を持たされた審議会は、自民党の各部会を越えた存在になり
何でも首相直結を言うようになる・・・ここに、得意分野をバックボ−ンにした
(言い換えれば族議員による族政治)派閥の力は弱まる
唯一、公認権を持つ森派だけの一人勝ちが今に至っている

小渕内閣時代に、大蔵省の金融関係の役人は悲惨な物で、銀行局長なんかは
発狂一歩手前だったと言う・・・そこに、竹中が丸投げされた権限を持って
やりたい放題を始める
竹中の政策は何もない・・・と言うよりも、アメリカの意向やIMFの意向を受けて
それを忠実に行っているだけのことだね
彼に独自性がないことは、金融以外の産業政策で何も目だった実績が無いことでも解る
生産現場も、日本経済の実態も何も判らない・・・彼が読むのは株式新聞だけだとか・・・
小泉も森同様に、政策は何も判らない
だから丸投げをして、大きすぎる権限を与えた
そこで、竹中が木村や富山を引っ張り込んで”日本解体法人”を設立する
そんな感じだと思うよ・・・今までは

604 :闇の声:2005/05/19(木) 10:43:38 ID:2UXToeAd
>>601
それは竹中や木村のロジックと同じだよ
一人の人間が100億稼ぐのと、千人の人間が100億稼ぐのでは
所得分配が違う
金融の世界では、一人勝ちがある
物作りは、そこまで酷くない・・・その差だね
今の日本に欲しいのは、雇用を良くして社会不安を無くして
安心して生活できる態勢作りだと思う
年金も不安、介護はどうなる?税金は重くなりそうで、子供を育てていけるのか・・・では、
不安だらけだね
中小企業不要論をここでもしばしば目にするけれども、まだまだ日本では中小企業で働いている人は多い
六本木ヒルズはごく一部の話しだ
大半の日本人は、通勤電車に揺られてカンビ−ルと偶に増える一品のおかずに歓びを感じている
それを無視しては成らない

605 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:43:39 ID:rKghkSNz
>>599
>民主党はもっとキャンペ−ンなど大衆行動をするべきだった

大衆行動と言っても既に小泉に大半の大衆が付いていたわけでは?

606 :闇の声:2005/05/19(木) 10:50:07 ID:2UXToeAd
>>605
森の時代にだよ・・・追いつめきれなかったね
>>601
今、企業ではサ−ビス残業を当たり前にしようとしている
もはや、滅私奉公でなければ企業には残れない
病気や家庭の事情なんて許されないし、まして育児休暇なんてそんなもの
申請すればそれはリストラしてくださいというサインだよ
幾つかの企業関係者から聞いているが・・・
企業はどれだけリストラできるか・・・それも継続して、人減らしできるかで
融資も決まり、評価もされる・・・特に、下請け関係ではそうだ
何故そうなるのかは、最低生きていくだけの食費が稼げたら、それで満足ですと言う
被雇用者が増えたからだ
そこまで追いつめて、良い社会が築けると思うだろうか?
GDPだけ見て、喜んでいるのは竹中だけだ(小泉は読みこなす能力がない)
株価を見れば、このところ下がっている
正直な物で、それが日本の国力の評価なんだと思う

607 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:51:07 ID:rKghkSNz
>>604
先日長者番付が発表になったが、ホリエモンだって所得で言えば
4000万円ぐらいしかなかったんじゃないかな。
ミキタニだって似たようなものだ。資産は別だろうけどね。
六本木ヒルズばかりに注目するのもどうかと思いますよ。

608 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:51:25 ID:VM1++cie
>>597

>物作りを衰退させれば失業者は急増し、社会不安は増大する

製造業の大手も含まれる経済団体はなぜ危機感を持たないんですかね。
彼らの「物作り」に対する考え方にも熟練工軽視のアウトソーシングや
いまだに最先端技術を影で支えている町工場などに対して問題が
ありますが、物作りの衰退は命取りだと理解しているはずだと
思うんですが。

経済団体の影響力さえも通用しなくなってきてるんでしょうか。

609 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 10:58:00 ID:rKghkSNz
>>606
>まして育児休暇なんてそんなもの申請すればそれはリストラしてくださいというサイン

育児休暇を理由に解雇をしたら法律違反ですな。
極端な業績悪化があればリストラとして認められないこともないらしいですが。

610 :闇の声:2005/05/19(木) 11:17:46 ID:WygSk2cO
>>609
リストラとは、何も辞めさせることばかりじゃない
辞めるように仕向けることも、リストラだし実際そっちの方が多い
これは、実際相談を受けた話しだけれども
「君、育児休暇出したってね?出世に差し障るから出さないで頑張りなさい」と、言われたり
「育児に励めるように、配置転換を申請しようと思うがどうか?」等と言われるそうだ
最近は業績悪化を理由のリストラはそれほど多くないよ
早期退職勧奨制度の拡大解釈による濫用の方が、実際には多いね
職場の仲間に迷惑を掛ける、と言う理由でそれほど育児休暇は取られていないそうだ
何故なら、その職場の業績悪化は即配置転換という企業が増えているからね

611 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 11:53:42 ID:Z+h/vkg2
>>608
最近でこそ、新聞の社説も官僚に吹き込まれたのか口を揃えて「内需拡大こそが鍵」など
と言うようになったが(その癖、いっそうの規制緩和などと訳の分からないことを言ったりするが)、
いまだに財界官界も一般人も多くは「日本は外需依存型の国際競争力型経済」と信じているのではないだろうか?

外需に依存して「国際競争力」を高めるには、構造改革的に生産性を「改善」してさらなる
効率化を求めるしかない・・・。これがプロジェクトX的な「ものづくり立国」ということになる。

彼ら自身も「ものづくり」を軽視しているということはないのだろうが、一方では国際競争力という
幻想を追っているので、結果的に国内の労働現場を疲弊させるような方向に走っていくのだろう。
トヨタがまさにそうだね。

612 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 12:10:27 ID:4qPYMIy0
>>604
金融であろうと製造業であろうと勝ち組みに富は偏在するもの
ビルゲイツなんてのは物造りの人だしね
日本だって、昔は松下幸之助が長者番付の常連だったし
それが今は清原氏に変わっただけ
仮に金融業だと所得が偏在するなら税制で調整すれば良いだけの話
社会保障に対する不安は、急激な人口構成の変化によるもので、産業
構造云々は主要因じゃないと思うよ

613 :闇の声:2005/05/19(木) 12:23:50 ID:JD7SPgKk
>>612
所得税制の不備が確かに一因ではあるが、だからといって金融業に偏重するのは
亡国の元だと思う
何となれば、金融業はお金が発生してそれが金融機関に蓄えられて始めてスタ−トする
産業であり、その原資はやはり物作りだと思っている
確かに、松下氏の所得は巨額だったがそれでも今回の格差には成らない
彼は同時に、不平不満もあったかも知れないが何万人もの松下グル−プの社員を食わせている
そのご指摘の彼が何名の人間を食わせることが出来る?
確かに、急激な人口構成の変化が社会保障不安を招いているだろうが、その人口構成変化の原因は
やはり安心して食べていける社会が難しく成りつつあり、その一因に雇用があると思う
金融というのは、outputを再度inputするサ−ビスでその作業で生じた利益をどう配分するか、
同利益を増やしていくかがコンセプトだと思う
稼いでくれる何かがなければ、成立し得ない(それはもちろん机上の話しで現実には金融市場が成立しているが)
のが基本原理だと思っている
第一、大多数の人は製造業とその周辺サ−ビスに従事している
その人達を金融サ−ビスで食わせることは不可能だと思う
今以上に金融サ−ビスが増えるのは、これは時代の流れだけれども
では基本的な産業構造が変わるとは、自分は思えない
社会不安が根本にあって、その一つに社会保障の問題があると思う

614 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 12:44:39 ID:rKghkSNz
>>613
今回の長者番付一位になった清原氏の仕事は、企業から委託された企業年金
などの運用らしいです。運用益を出したのでボーナス的所得があったのでしょう。

>そのご指摘の彼が何名の人間を食わせることが出来る?

確かに松下の社長なんかと違って直接食わせている立場ではないでしょうが、
食わせることに関係ないわけではないですね。

615 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 12:53:33 ID:rKghkSNz
>>614
中小企業などが加入している組合の年金なんかも同様に、金融市場
で運用益をあげるわけですな。
自主運用するよりは、彼らに任せたほうがまだ確実でしょう。

616 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 13:24:44 ID:3NWizWYx
年金基金を運用して利益を出してもらわないと大変な事になっちゃうよ
年金を高利回りで運用すれば年金受給者に再配分されていくわけですからね
ただでさえ正規雇用者や労働人口が減ってるのに加えて、年金を運用して元本割れなんて起こしたら悲惨ですよ

モノづくりを大事にしつつお金を世の中に回していく人材も大事にする

617 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 13:28:36 ID:VM1++cie
>>612

産業には適正な規模というものがあると思う。
その国の場所、国民の特性、文化などで決まってくるものだろう。
時代の推移によって適正に拡大、縮小していくならそれは産業構造の
変化だ。しかし製造業が縮小しているのは適正な縮小ではない。
利益だけを追求する世界的な傾向と、労組が力を失って自分達の雇用を
守れないこの国の社会の特異的な構造の産物だと思う。

その結果失われる雇用や所得には社会不安が伴う。
日本人は勤勉で不安が強い気質があるからだ。

先端技術、例えばステッパーや光通信技術、環境技術のような
キーデバイスもまだまだ熟練工と町工場が頼りだ。
iTunesは使いやすいが、iPodや韓国、台湾製は使いやすいだろうか?
勝ち組の屋台骨を崩せば、勝ち組ではいられなくなる。
金融業の規模は拡大しすぎだろう。


618 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 13:41:37 ID:3NWizWYx
>>617
適正な規模なんて誰に分かるんですか?
需要が不足してるのならそれを満たす政策を講じれば自ずと適正規模に落ち着くのであって、誰某が予測出来る性質のものではないと思いますが?

619 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 13:49:35 ID:rKghkSNz
>>617
>先端技術、例えばステッパーや光通信技術、環境技術のような
>キーデバイスもまだまだ熟練工と町工場が頼りだ。

町工場と言うとプロジェクトXの影響か、このような話が出てくる事が多いが、
そーゆう特化した技術を持った工場はかなり少数でない?

620 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 13:52:32 ID:VM1++cie
>>618

縮小の要因と傾向、そしてそのことによって国や社会や国民が豊かに
なっているか、それから類推すべきものだろうね。
国民性や産業従事できる従業員のスキルを考えず、政策を講じたって
適正規模には落ち着かない。政策がうまくいかないならより落ち着かそう
とするだけでなく、フィードバックを分析してその政策が正しいのか
精査することも重要だ。

それじゃ現場を見ない高見の見物そのものじゃないか。

621 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 13:56:58 ID:3NWizWYx
>>620
え?
需要を満たすというのがどうして高みの見物につながるのですか?
もちろん労働者に対する搾取等が無いように監視する必要がありまよ。

622 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:02:03 ID:VM1++cie
>>619

縮小する傾向ではあると思う。しかし縮小傾向が早く、そして
何かおかしい。どうしてあんな良い技術を持ったところが? という
潰れ方もあると聞く。融資の担当者の見聞きも問題の1つと思う。

>>621

数字合わせにしか自分には見えない。需要の満たし方の手法の問題だ。

623 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:05:45 ID:3NWizWYx
>>622
では別の見方をしてみましょうよ

なぜ我が国の製造業が縮小していると思われるのですか?
その理由を述べていただけませんか。

624 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:14:23 ID:VM1++cie
>>623

>利益だけを追求する世界的な傾向と、労組が力を失って自分達の雇用を
> 守れないこの国の社会の特異的な構造の産物だと思う。

>フィードバックを分析してその政策が正しいのか精査することも重要だ

政策は言い争いに勝てば良い政策ってもんじゃない。
机上の空論だ。人がその中で生きているという感覚も少しは持つべき
じゃないかね。

625 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:19:15 ID:iLiJrC4t
>>619
ネジや鋳物や鉄板等、1からの部品を作るのに特化した工場があることが日本の強みでしょう。
韓国や中国は組み立てるだけで、そういう下地は持っていない。

これは明治政府が開国以来、外国からの輸入を良しとせず、産業を1から育てる殖産興業を
取ったことから続く日本の財産だと思うが。

それが今銀行のバランスシート合わせのために潰されていっている。

626 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:21:51 ID:3NWizWYx
>>624
利益だけを追求する世界的な傾向と、労組が力を失って自分達の雇用を
守れないこの国の社会の特異的な構造の産物だと思う

ということでしょうか?

労組が力を失った原因は売上げが下がったからじゃないのですか?
そこで経営側がリストラ攻勢をかけてきたわけでしょ。
労働分配率も下げ正規雇用者も減らした。

上記3点は同意していただけますか?

627 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:23:55 ID:89Ddkb40
>>915
俺もそう思う関東の地方都市だけど
俺も2回会社倒産の憂き目にあいハロワに通っているが
実際ハロワにいくと週3回の説明会に100人以上来るし
最近は派遣が多いので、1年程度努めて失業保険もらいに来る若い人も多い
そしてハロワの求人検索にパソコンが50台あるけど1時間待ちざらですよ
5年前会社倒産で300日失業給付受けたときに比べて明らかに失業者増えているよ
近所でも失業者の若い人や中高年が多くなってきているし、親子で失業中なんて
人もいるんだよね、今年高校を卒業した新卒でも仕事が無く遊んでいるし
40歳の働き盛りの人も急に倒産してハロワに来ているし
うちの近所 世帯数15件(52人)中 失業者のいる家は6件(10名程度) あるから
単純に20パーセント程度います。
だから失業率4.8パーセントよりも多く 10パーセント台行っていると思います。

★ 35歳超45歳未満の転職サロン Part44 ★
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/job/1113869310/

628 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:29:30 ID:VM1++cie
>>626

>フィードバックを分析してその政策が正しいのか精査することも重要だ

何を議論しても結局は自らを振り返る姿勢だと思う。
国民は物ではない、君たちと同じ人間だ。

629 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:34:12 ID:3NWizWYx
>>628
ですから
経済のパイが縮小したから所得格差も広がり現場にしわ寄せが行く状況になっているわけでしょ?

>国民は物ではない、君たちと同じ人間だ
いつ私が国民を物扱いしました?
ひとりでも多くの国民が豊かになるにはどうすれば良いのかを考えているんですよ。

630 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:45:52 ID:wxhMivRL
>>613
昨日の河北新報(宮城県仙台市)の朝刊に創価学会池田会長のマンセー記事が載ってた。
比較的リヴェラルと言われてた同新聞もついに…。
創価のマスコミ篭絡は地方にまで波及しつつあるのかな?

631 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:49:32 ID:rKghkSNz
>>625
単なるネジ等の部品を作るだけだったら別に中国やアジアでも出来ることでは?
部品製造というより、強みとされるのは特殊技術でしょう。
あまり詳しくはないが、知っているところではアルミに圧力をかけて作る鍛造で
硬く軽い部品が作れるとか、そういった技術は日本が有利な点でしょうが、
そうでない工場の方が多いわけで・・・

632 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 14:56:20 ID:rKghkSNz
>>630
華北珍宝なんて50万部ぐらいでなかった?
盛況新聞は500〜600万部だそうだが、地方紙はその盛況新聞の
印刷を請け負うのが大きな収入源になっているというからね。
まー無理もない。

633 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 15:01:46 ID:yObf1BbZ
> 単なるネジ等の部品を作るだけだったら別に中国やアジアでも出来ることでは?
それができないんですよ。もちろん形だけ真似たものは作れるでしょうが
信頼性という点で日本製の足元にも及ばない。で、そういう仕事ができる工場が
どんどんなくなってて、困ってる海外の製造メーカーが結構いる。
たかがネジ1つと思うことなかれ、使えるネジを作るというのは十分特殊技術なんですよ。

634 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 15:05:24 ID:wxhMivRL
小泉の志那兆発の開設もとむ。

635 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 15:40:23 ID:rKghkSNz
>>633
なるほど、ネジも特殊技術ということでしたか。
でもネジ工場も、そう多くはないだろうね。
そういった特化した技術工場でない所はどうすれば良いのか、難しいところですな。

636 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 16:01:47 ID:VM1++cie
>>635

そこで乗数効果の高い積極財政でしょう。
アメリカや中国と共同でも良い。エネルギー開発や環境技術といった
雇用とリターンを大きく求められる用途に出すんですよ。
官邸に付けた東電の水素かなんかの給湯器? だったかをスケールメリット利用して置き換えていくも良い。水素スタンドの基本的なインフラ整備を
始めるとか。油田、天然ガス、メタンハイドレード…。
雇用に対するスキルも多様性に富む。

技術で生きてきた国なんだから、専門家集めてこのように産業構造は
変えていくのが政策と思う。実現時期の予想しながら。

経済は理論の優位性じゃない。結果です。
新幹線の安全性を机上だけで済ませられないのと同じようなもの。


637 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 16:31:47 ID:YPTqNLBO
森を総理にした、野中・亀井・青木あたりはホンマに許せん。

638 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 16:33:36 ID:Jf8y8NCT
>>636
>そこで乗数効果の高い積極財政でしょう。

乗数効果を客観的科学的に捉える能力が自民党にあれば
バラマキ財政なんかやらないし、とっくに景気回復している。

日本の「積極財政」とは、天下り先を作ることと、天下り先に金を撒くことと、
ヤクザに金を配ることを意味する。
乗数効果なんかない。そんなことは誰でも知っている。
だが自民党は乗数効果のないところに金をかけなければ政権維持できない。

639 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 16:38:51 ID:yObf1BbZ
>>635
今だから特殊技術って言えるのかな。別にネジに限らないんですよ。
旋盤でも何でも、日本の小さな町工場が持ってたクオリティって
実は世界のトップクオリティだった。
そのことを僕らが知らなさすぎた。気づいたらできる人いなくなってた。受け継ぐ人もいない。
元々少なかったんじゃなくて、少なくなってしまったんです。
> そういった特化した技術工場でない所はどうすれば良いのか、難しいところですな。
僕にはわからないですね。実感としては手遅れ感が強いですが。

640 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 16:42:20 ID:WOSZqEBw
>>638
スレの性格上、そういう話が出てくるのは仕方がないのだが、天下りや利権の存在、
個別の案件が「無駄」か否か、と全体の経済効果は本来は別次元の問題。

別にバラマキでもデフレが脱却できればマクロ的には合格。それを個別のモラルや
効率性と混同させるのが構造改革派や市民派である。

ところで「無駄」「利権などの不正」の話に限っても、構造改革派の大好きな民営化・
民活で果たして本当に解決するのでしょうか?
それこそ経営陣が公務員以上に好き勝手に「お手盛り」している会社や、不明朗な
ことが堂々と行われている民間など幾らでもあると思うのですけど?

641 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 16:43:10 ID:VM1++cie
>>637
>>638

彼らだってできるんじゃないですか。インフラ整備やエネルギー開発なら
今までバラ撒きと揶揄されていた人々にも雇用が行き渡ると思う。
要は動こうという姿勢と支持者の説得ですよ。
一息ついてからで良いじゃないですか。諸問題はメンツの保てる状態で
しばらく棚上げにしておけば。
恐らくかなり大きなリターンでしょうから、金を多少ばらまいても
可能だと思いますよ。誰かが取り過ぎなきゃ…。
透明性もそれから考えれば良いじゃないですか。

ともかく1息入れるんですよ。

642 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 17:02:32 ID:WOSZqEBw
>>639
デフレを止める。ちょっと具体策が思いつかないけど、「カイゼン」などで締め上げ
る方向性ではなく、大手がもっと下請け・中小零細の現場労働者を大事にする。

ところが、「日本のものづくりは素晴らしい」「日本人の職人の心を大事にしたい」
とかプロジェクトXみたいなことを言う学者・ジャーナリストが、一方では「国際競争力を高めよう」
「世界に冠たるトヨタの技術力」みたいなことを堂々と言ったりする。
彼らはトヨタ・ホンダを絶賛しても、決して自動車絶望工場の最深部を取材したりはしない。ロボ
ットや模範的な熟練工がいるセクションしか見ない。本当にキツい場所は見て見ぬフリ。

いや、ひょっとすると人間を労働力に特化させるシステムは素晴らしい、とか本当に思ってい
るのかもしれない。例えば京大の佐伯某は「トヨタのカンバン方式こそ世界に誇るべきジャスト・イン・
タイムの生産管理方式である」とか本気で書いていたらしい。
そこには、労働力として効率化に奉仕させられる人間への痛みという視点など、何もない。

ま、そうやって都合のいいことだけ言っていた方が、経団連やトヨタのセミナーで
小遣いが稼げるからね。労働者など、たまに「模範的」な職人を称揚して頭を撫でて
おけばよい、ぐらいにしか思っていない。
古くは鉄鋼王のカーネギーだってやってきたことだ。篤志家として色々寄付はしたがね・・・。

643 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 17:21:08 ID:VM1++cie
>>639

そういうところに補助金付けて失職者、フリーター、ニートなどを
雇用しても良いんじゃないでしょうか。技術というのは先行者利益の
側面が強いですから、品質や技術が世界で最高水準なら価格を維持
できます。そこからリターンを得られる施策さえちゃんとしておけば
元は取れるんじゃないですか。iPodの鏡面加工の金属パーツは
確か新潟で作っていたはずです。前のiMac G4のアーム…。
言い出せばきりがありません。

この収益を労働者に還元する仕組みとか、社会を立て直しながら
しなければ、またバブルで終わってしまいますが。
時限立法で企業に利益の何%を労働者に還元しなければいけないとか
投資家や株主だけが得をしないようにすることも重要かと。
利益制限も必要かも知れません。

ただ技術の実現時期の検討だけは透明性を相当高めないと失敗します。

まぁいろいろ考えずともかくやり始めることです。
国難に権力争いも何も無いじゃないですか。一息ついてからまた
考えれば良いんじゃないですか。
光があるから闇がある。皆が得をすると思いますが。


644 :闇の声:2005/05/19(木) 17:21:24 ID:b1Bod5fa
真摯な議論、良いことだと思う
そう言う議論が、果たして国会や政党内で行われているのか疑問ではある
ところで、予算の硬直性なのだけれども、未確認のことを話すのは気が引けるのだが
確かに理論的には国債を増発しても、いずれそれをきちんと償還して利子も払えば
問題はないはずだね
ところが、この話小泉政権が出きる前と現場ではかなり状況が異なっている
と言うのも、外資が日本の資産を買い漁って彼らの資産が増えてしまった結果
日本自体のバランスシ−トが悪化すればたちまち売りを浴びせられて
不良債権が増大する構造になってしまった
言い換えれば、日本人がコントロ−ルできる部分が減ってしまい、これが予算の硬直性になって
現れていると考えられる
IMFやアメリカの言い分は、日本の不良債権処理を資産買い上げという形で
全体のバランスシ−トを良くしてやった
それを、日本買いたたきみたいに悪く言われるのは心外で、今までの政権に文句を言えと言うのが
本音だね


645 :闇の声:2005/05/19(木) 17:22:18 ID:b1Bod5fa
竹中のやり方を何度も書いてきたけれども、彼は(彼の周辺は)金融機関による金融機関の統治・・・
金による金のガバナビリティを追求したと言える
各銀行に、政府の融資を無理矢理受けさせてそれを口実にコントロ−ルしようとし
結果的にそれは成功を収めるが、同時に不良債権を時間を掛けて
景気向上や法的な・・・これは警察権力も動員して手段で市場化することは
結局しなかった
彼の目は、グリンスパンなどアメリカを向いていて、如何に早く金の流れを掌握するかだけに
関心があったと言える
そんな人物に権限を最大限与えたのだから、彼が自分達の思うが儘に外資を入れて
虫食い状態にしてしまった
債券市場や不動産、そして株式も支えているのは外資だ
外資が入ってきた環境を維持することが、唯一の経済政策と言っていいだろう
そうしなければ、再び不良債権で苦しむからだ
もっとも、そんな遅くない時期に売りは浴びせられるだろうね
経済規模・・・製造業は金詰まりと空洞化でスパイラル的に収縮している
何時売り抜けるかが外資の愁眉の的だ
それを竹中も知っているから、早く郵政民営化して真水を入れたいのだ
そして自分は逃げるつもりで居る・・・IMFの理事とか言われてるが、アメリカの大学に
居候が妥当だろうね

646 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 17:31:50 ID:VM1++cie
>>645

彼は経済ではなく、政策の意思決定のメカニズムの専門家だったように
記憶しています。彼がアメリカと話を付けられるなら、油田やメタン
ハイドレードの掘削権と引き替えても良いし、環境問題に苦しむ
アメリカにハイブリッドや水素関連の技術供与をしても良い。
我らが持つ技術の一部を渡せば良いのでは。

アメリカだって日本に国債を買ってもらってるはずですから
このままヘッジの一時的な金儲けよりも継続的に成長が見込める方に
シフトするはずです。ともかく技術とエネルギーの生み出す金は
桁が違う。それはアメリカ自身がよく知っているはずです。

647 :闇の声:2005/05/19(木) 17:38:49 ID:b1Bod5fa
実際、コンサル(製造技術関連)をやっている何名かに聞いてみると
基礎技術の不足がここへ来て製造現場で露わになり始めていると言う
労働者の技量とモラルが、極めてこの四五年低下しつつある
三菱やJRまでは行かないが、小さなクレ−ムが多発しているのが実態であり、
それこそねじ一本でも絶対安心して使える状況ではないそうだ
打開策は、中高年の再雇用と若年労働者の再教育だそうで、その為の
投資が必要になってくる
社会全体で雇用を増やして、労働者の質を向上して物作り立国のあり方を考えないと
競争力をどんどん失ってしまうだろう
自分も知っているある情報機器の部品メ−カ−は、品質の良さでここまでやってきた
理由は簡単で、従業員が辞めないからだ
しかし、今や平均年齢が50才近くになり後二、三年で工場閉鎖を考えているという
団塊の世代が引退した後の猛烈な現場の空洞化を今からどうするのか・・・
小泉も、竹中もそれを語ったことはない
何となれば、グランドデザインなんか何もないからだ
それだけに、大言壮語・虚言癖の安部晋三は余計問題なのだ

648 :闇の声:2005/05/19(木) 17:47:39 ID:b1Bod5fa
>>646
アメリカがあれだけの犠牲者を出しながら、なおイラクに居座っているのは
石油利権が全てであり、その裏返しは京都議定書などの環境保護条約なんか
元より守るつもりはない
好都合なことに、中国も同じ状況だから挟み撃ちすればたちまち日本なんか
立ち往生してしまう
アメリカ国内でも、環境保護派は台頭してきているが今の所オイルシンジケ−トや
ポテトマフィアなどの圧力団体に勝る政治的パワ−は持つことが出来ない
彼らは、その程度の技術ならば何時でもむしり取るか難癖を付けて使えなくする事は
簡単だと思っており口ほどの興味もない
むしろ、ブッシュ退陣後民主党政権になれば対日貿易問題は当然火を噴くから
その時に押さえ込めばよいし、その時に頂く物は頂いて程度のスタンスだよ
その位、アメリカというのは悪の国なのだ
国家として、悪事を国益として行うことが出来る
竹中は、アメリカの走狗であるだけだ
安部晋三が歓迎されたのも、軽佻浮薄で使いっ走りにはちょうど良いからだ

649 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 17:54:31 ID:VM1++cie
>>648

高度なパワーバランスはわかりません。しかし、日本とアメリカ双方の
国益になるように持っていく以外に道はないかと。
ある程度日本が回復すれば売り浴びせられるからです。

闇さんは政権交代と書かれていましたが、そのようなパワーバランスの中
日本が再び安定成長に戻るにはどうしたら良いとお考えですか?
滅びの道は既定路線なんでしょうか。

650 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 18:07:13 ID:VM1++cie
少し書きすぎました…。しばらく頭休めることにします。

651 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/19(木) 18:08:05 ID:nvd7BHSY
>>617
ステッパー部品町工場で作ってますか?光と環境技術のキーデバイスは具体的に何ですか?
それのどの部分に(大まかに)町工場が関係してるか教えてくださいませんか?
ちなみに ステッパーも光通信技術も環境技術もキーデバイスではありませんが・・・w

1.>>639町工場が衰退したのは、20年単位で見ると実は日本の優秀なロボット、NC工作機械
  射出成型機などで、これらにより手作業の加工がニッチ領域でしか通用しなくなった事
  と考えています。この優秀な機械群が加工のIT化とマニュアル化をもたらし、中進国にも
  輸出され町工場が苦しくなったのでは?

2.>>617 第1次→2次→3次の産業発展論は誤りですか?経済学とは自然科学と違い
  再現性が弱く限定条件下でしか成立しないものが多いですが、英、米にあてはまり
  日本だけ違う(製造業が比重が減らない)理由はなんですか?

3. >>636 政府支出と公共事業がホントに乗数効果が高ければ、わずかの
   支出でGDPを大きく増加させるはずですよね。ならば公債残高/GDP
   って大きくならないはずではないの? どうして拡大していますか。

4.闇氏は金融になると感情的になるし、ファンマネやディーラー・外資に殺意を
  持っている様な気もしますがww、自分も金融の本質は「評価」することで
  それ自体ではGDPを大きく持ち上げるには無理と思っています。
  評価して良い産業にお金を集め、悪いのには出て行ってもらう、交通整理のような
  資源最適配分の役目だから、雇用吸収力も低いし主役ではなく、補佐役と。

5.これは素朴な質問ですが、国際競争力を論じると下らないといった書き込みを見ますが
  >>611 日々の勤務 労働、経営の中で外国との競争、外人との対決を感じている方も
  多いと思います。輸出ー輸入の差額の貿易黒字はGDP比で小さいですが、輸入額で
  10%もあります。(50兆で公共投資23兆の2倍以上)製品輸入比率も上がってるし、
  コンビニに謎の外国人店員も良く見るようになった。
  国際競争力を考慮しなくて良い理由はなんですか(これは素朴な疑問です)?



652 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 18:22:53 ID:uRbFG8cI
クツ1つでも盗まれて、勝手に作業されるのだから
安全な製造ができるはずが無い

653 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 18:29:11 ID:VM1++cie
>>651

様々な技術の中のキーデバイスということです。
概論しか把握していないので、細かい裏付けはできなくて申し訳ないん
ですがBlue-rayも相当日本企業が関わってますし、HD DVDなどは
東芝とNECの技術です。

経済のことは理論的にはあまり自信がありません。ただ、現在の政策に
おいてあまりにも日本の技術は軽視され過ぎています。
青色発光ダイオードの中村氏もそうですが(開発に関する寄与分の
論議は置いておいて)優秀な人材が流失し続けています。
そのことを指摘したかったのです。
金融だけが金を生み出す魔法のように言われている。
しかしいろいろな方が指摘しているように、投資対象があってこそ
だと思うのです。技術やエネルギーがどれだけ莫大な利益を生み
それを手に入れるためにどれだけの戦乱の歴史が続いて今に
至っているかを日本人は忘れています。
日本は固形燃料からのエネルギー革命を起こせる殆どの技術を
持っているんですよ。

皆で足の引っ張り合いをしている余裕はもう無いと思うのです。
その中で、皆がそれこそ一文無しになり国を立て直さなければいけなく
なる。それよりはまだマシだと思います。
多少違う状況下とは思いますが、アルゼンチンを考えてもそうです。

日本が世界でリードしてきた技術で勝負して、それでだめなら
あきらめがつくじゃないですか。その上にバブルや繁栄があった
訳ですから。

詳しい方、賛同で出来るなら理論的な裏付けをお願いします。

654 :闇の声:2005/05/19(木) 18:36:42 ID:g3ubRNew
>>651-2
簡単に言ってしまえば、縦社会・・・つまり、系列社会が日本の製造業の特色なんだろうね
元請け、下請け、孫請けという仕事の流れの中に組み込まれてしまうと、確かに安定的な操業は出来ても
独自性を打ち出すことは難しい
それと、終身雇用制=熟練工による徒弟制度的な・・・ある意味家族的な組織形態も
そこからの逸脱はしにくくなるね
「アイツは会社を変わってばかり居る」と言われれば、それはある意味はみ出し者だね
長いこと培われてきた価値観は、一朝一夕には変わらないよ
そこへ、竹中のバカタレが(感情的にもなる)アメリカ流とやらを持ち込んで、喜んで
中小企業を間接的に潰していった
アイツのやったことは、単に金融改革じゃないんだ
日本特有の人間関係と価値観まで壊してしまったと言える


655 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 18:41:00 ID:VM1++cie
皆さんでこのスレで議論する価値のある話か判断してください。
書きすぎたのでしばらく筆を休めます。

656 :闇の声:2005/05/19(木) 18:42:55 ID:g3ubRNew
>>649
一度ガラガラポンをやって、この小泉改革を再検証しないと
本当の意味での再スタ−トは出来ないと思う
と言うのも、隠されている情報が多すぎるのだ
自殺者数一つ取ってもそうだし、経済座談会も極めて少なくなった
特に、経済政策や財政に関する審議会のメンバ−が出る番組(阪大の本間や田中直樹など)で
批判することはタブ−になっている
情報ファッショの、経済政策ファッショの、金融ファッショでは真実は闇の中だ
それを打開しなければ、本当の意味での民主政治=国の現状を正確に知ることは出来ないだろうね
その現実を知ってから、真の対策を打つしかないだろうと思う

657 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/19(木) 18:45:15 ID:nvd7BHSY
>>653
チョット攻撃的だったすいません。
理系が勉強からきつくて勤務条件も苦しいのに、賃金は偉くなるほど理系が低い
ように日本は技術者が大事というのは口ばかりのような気がします。
この辺りが以外に根本原因かも。技術者に諦めと資金面での社会不信はあると思う。
スターファンマネ並の給与をスター技術者にも!

「金融だけが金を生み出す魔法のように言われている。」
自分のトコにも書いたが有り得ないです。所得番付でマスゴミ
が興奮してるだけの面も。

あと賃金格差は経営スタイルの問題
例 米 製造業でも経営者と末端の格差巨大。
日本 銀行トップディーラーと末端の給与差・・・それほどでもない。
製造業のスターは技術者なので、社長以上の給料の技術者がもっと出てくるべきではある。
日本の悪平等システムは社会の安定を過去保っていたが、優秀な人間を引き止められず
劣化の原因にはなっていると思います。

>>640
強制的に徴収した税金の不正と、彼らの努力であげた民間の利益の不正配分を
混同するのですか?

658 :闇の声:2005/05/19(木) 19:03:00 ID:g3ubRNew
>>657
情に訴えるのは、学問のタブ−だそうだが自分は学問もないし、その辺が大っぴらに
言えるね
確かにご指摘の通りに、技術者は冷遇されていたと思う
同時に、サ−ビス残業や公出・休出などの奉仕も当たり前だった
しかし反面、上にも書いたけれども余程の大企業でも家族的な、終身雇用で
ある意味ウエットな面も持ち合わせていたと思う
油まみれの職方が役員である工場長などと酒を酌み交わすのも日本的な風景だったし
同時にそれが良いガス抜きにもなっていた
確かに、それは卑怯なやり方かも知れないが日本人にはそれが合っていたと言える
その価値観を、リストラはこわしてしまった・・・経営者と被雇用者はお互いが疑心暗鬼となり
仲間同士も会社への残留のためにはお互いを”売る”までになってしまった
今は、CEOと被雇用者が一対一で契約を結ぶ形になっている
当然横への連携はなくなっている・・・これが、JR事故の時にもはっきり出ていたね
利潤で金融機関を締め付ける金融庁、経営改善・・・言い換えれば果てのないリストラ要求で企業を締め付ける金融機関、
リストラと滅私奉公とアウトソ−シングで被雇用者を締め付ける企業・・・
お互いがお互いの首を絞め合って、血を絞り出すが如くの税金を納める
金融機関は利益を何とか上げるが、その運用はごく一部のファンドが行い巨額の利益を上げる
しかし、金は増やせても投資する先はないからいずれ投資デフレになり
結果的に実需のない箱物ばかりになる
最終的に、金持ちは使うあてのない金を持ったまま、座り心地の良いソファ−で
一日雲の流れをみるしかないし、同じ空を明日のあてのない失業者が呆然と見上げるのが
近未来の日本だと自分は思っている

659 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/19(木) 19:04:39 ID:nvd7BHSY
>>643
労働分配率が継続的に下がる傾向にあるから(過去は長いサイクルで上下してたような)
歯止めを掛けないといけないとは思います。配当も大きくは増えてないから
長期的株主もメリットを受けてません。内部留保をひたすら溜め込んでいます。
法人資本主義、会社中心主義は強まっているような。


660 :闇の声:2005/05/19(木) 19:17:05 ID:raW4w6LR
竹中や木村と話しをした人物が言うのには、あの連中は二言目には経済学的にはとか
金融論の見地からと言うけれども、経済活動は人間の諸活動の一形態でありその人間を知ることこそ
学問の根本を為すのではないかと問いただしたのだそうだ
すると、彼らは「僕らは経済学をやってきたので、そう言う見方はしないのです」と言う
では、人間に対する思索と理解は不要なのかと聞けば経済現象を考えるのには出来るだけ計数的に
考えることが重要だと言い、数値化できないかあるいは根拠を計量分析化出来ない事は考える必要が無いという
自分が思うのに、二十世紀最大の哲学者にして思想家は毛沢東だと思うのだが、彼が
人間の諸活動を後年の学者が分類した結果が哲学になり、芸術になり、経済学になった
元は一個の人間なのだと側近に話したという
言いたいのは、経営にせよ何にせよ人間の存在こそ一番重要なのであり
それを出来上がった数字だけで云々すればどんなに良い数字を並べても、その数字は
空論でしかないと思う
有機物と無機物というか、数字と人間という物は比べては成らないのだろうけれども
人間の存在環境や生活を無視してしまう経済活動は結局空論でしかないし、空論故に実存する
人間によってやがては崩壊させられる気がするのだが・・・
自分は決してマルキストではないが、マルクスや毛沢東の言った言葉を無視することは出来ないね

661 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 19:22:35 ID:uRbFG8cI
道路上で辻斬りが多数発生したままの状態を続けるのは
問題です

662 :ブラックマーケット:2005/05/19(木) 19:23:34 ID:3SqSK2WC
http://hccweb1.bai.ne.jp/~hda00701/game/akindo/tales/index.cgi

誰かこのサイト(商人です)に行って、名前もパスワードもテキトーでぃいんで店を作って下さい!!o(*≧□≦)o

そしてその店のIDとパスを手紙で僕に教えて下さい!!

今変な奴らにハメられてて時間が全然足りないんです!!

誰かお願いですから人助けの気持ちでお願いします!!

もしやってくれたら何でもしますし、あげます!!

本当にお願いします!!(」。≧凵)」


663 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 20:00:50 ID:wOM2epIB
竹中木村は経済音痴ですよ
竹中の怪文書は有名だが

664 :闇の声:2005/05/19(木) 20:19:06 ID:or36Xzcu
>>663
全くね・・・それが座長を務める委員会って、あのメンバ−は何を話し合ってるのかねえ
実際、竹中独演会で本間が相づちを打つだけらしい

今日はこれから北何とかの情報交換会だね
何が出てくるのか、来ないのか・・・


665 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 20:22:17 ID:edrAUMpI
実はちゃんばらやってるのですか?

666 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 20:22:57 ID:edrAUMpI
それも竹竿で

667 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 20:35:13 ID:uhbsfGJW
>>651
>輸出ー輸入の差額の貿易黒字はGDP比で小さいですが、輸入額で10%もあります。

反対にお聞きしたいが「GDP比で小さく」「輸入額で10%しかない」ものを過大に評価する理由は?

>コンビニに謎の外国人店員も良く見るようになった。

そんなに今のコンビニは多い? 強いて言えば、外人の方が文句を言わずに働くからでは?
労働の南北格差が日本国内に持ち込まれているのでしょう。

>国際競争力を考慮しなくて良い理由はなんですか(これは素朴な疑問です)?

「国際競争力」に深入りするほどみんなが苦しくなっているのに、それを尊重する理由は?

668 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/19(木) 20:54:28 ID:nvd7BHSY
>>667
1割も占めるし比率で言えば公共投資は5%しかない。
それこそそんな小さいもの無視すれば!ww
加工組み立て産業では国内海外共通モデルも多い。
この分野は海外と切り離して議論できない。輸出入をしない
人を一切出入りさせないなら無視するが、現実はそうなってない。

「労働の南北格差が日本国内に持ち込まれているのでしょう。」
日本は建前では単純労働者は受け入れてないはずだがこの状態。
ソフト開発でもかなり中国人が入ってきているし、加工組み立てでは日系ブラジル人なども。
制限してもアリの様に隙間から入り込みます。

「苦しくなっているのに、それを尊重する理由は?」
戦争や暴力を目の前から排除すればそれがなくなる。と同じ理屈ですか?
土建屋さん?(失礼ゼネコンは海外受注獲得に必死で成果もあがってマスが)
現実問題無視できないから取り上げているわけです。中国の食品など
1-3次全ての産業で大きく影響してますが・・・・?
アホみたいに国債発行しても貿易黒字(国際競争力がある)だから破綻してないのでは?



669 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:04:36 ID:wOM2epIB
国際競争力は製品の質の問題で価格の問題ではないよ
価格は為替変動で吸収するから
中国製品が強いのは為替を操作しているからだよ
今年中にアメリカはどうにかするだろうね

日本はコストを削減して同時に質も落としている
洗濯乾燥機や掃除機など家電は醜い状態になっている
トヨタも今年以降はもう駄目だね
安物ばかり作ってきたメーカーがいきなり「本物」をつくる技術はない
和田さんがいた頃はまだマシだったけど
アイシンに飛ばしていなくなってからは醜くなった

670 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:31:33 ID:wOM2epIB
竹中の怪文書読んでない人はこちら↓
ttp://www.rondan.co.jp/html/mail/0310/031021.html

671 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:34:22 ID:1j9144TV
>>656
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=050519154444X565&genre=pol
しかし民主党がこの体たらくでは。。
いっそ旧社会党や民社党系を切るぐらいのことしないと駄目なんじゃないのかね?

672 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:43:55 ID:wAWnZ59B
>>668
>アホみたいに国債発行しても貿易黒字(国際競争力がある)だから破綻してないのでは?

絶句・・・外需依存好きの奥田・竹中信者がこのスレにいるのが理解できません。

673 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:50:02 ID:1j9144TV
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050518k0000m050033000c.html
その森ですがラグビー界のトップになってしまいました。
最近日本ラグビー界で不祥事が相次いでいるがトップがあれじゃあまだまだ不祥事は続きそうだな(w

674 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:53:22 ID:wOM2epIB
武部幹事長が顧問を務めている某社団法人も坂道を転げ落ちてますw

675 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/19(木) 21:54:08 ID:nvd7BHSY
>>672
竹中の政策は批判してるからw>>578見とけ!

公債発行増加容認の論理は「日本は対外債務がないから増発OK」だったろ?
対外債権は事実だしうっとおしいから、そっちに聞いてね!

676 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:57:09 ID:KHUzxhKx
97、98年ころは、ようやく日本も官僚、財務省支配の国から抜け出せ
るようになると思っていたのに。森、小泉内閣のおかげで、全てぶち
壊しになりましたね。しかも喪家のおまけつきで・・・。

後世の歴史家は、小泉内閣は官僚を復権させてしまったと記すことで
しょう。

677 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 21:59:46 ID:8XpXKmpp
「ラグビーをやってたら総理大臣になれなかったでしょう」
って、・・・

678 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:02:03 ID:edrAUMpI
官僚に狙われていようが、なんとか生きていけます

679 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:04:27 ID:1j9144TV
>>676
歴代最低の首相として歴史の教科書に残るだろうね。
あと自分のバカ息子をタレントデビューさせた首相としても。
あとメディアも97年、98年ごろが活発だった気がする。
森が首相になってからメディアまでおかしくなった。
森の動向を報じるニュースの際ゴジラのBGMがかかる様になったし(w


680 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:06:12 ID:edrAUMpI
虜考に出るしかないでしょうな

681 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:11:00 ID:wOM2epIB
そうかねえ
俺は村山内閣からおかしくなったと思ってるが
それ以前は問題をどうするか真剣に考えていたが
自民党が復権してから
社会全体が一気にしらけてやる気がなくなって
人間が自己本位になって弱者に八つ当たりするようになった
経済統計上でも95年度から一貫してデフレ

682 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:12:38 ID:edrAUMpI
経済はプラザ合意以降駄目です


683 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:20:16 ID:wOM2epIB
旧長銀経営陣、民事では無罪らしいね
竹中のデタラメを断罪したに等しい

684 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 22:32:40 ID:1j9144TV
とりあえず政権交代をやって現政権の面々をしょっ引いて真相を曝露しないとどうにもならないだろうね。


685 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 23:10:27 ID:CwuFW20M
>>672
内需中心で成長できるならそれに越したことはない。それは日本だけでなく諸外国も望んでいること。
それができないのは内需産業のリターンがあまりにも低いから。

外需で頑張りすぎると国内が空洞化して出先で対外摩擦が起きる。
でも内需で頑張りすぎると運転資金を食いつぶして赤字が積み上がる。
結局のところ内需・外需のどちらに転んでも結論は同じです。
縮小再生産あるのみ。

事業としてのリターンを求めず雇用だけが欲しいということなら、
株式会社のスキームを離れて協同組合みたいな有限パートナーシップ制を考えないと
キツイんじゃないだろうか。
株式会社と公共事業、この2つはすでに結果が出てしまったんだから。

686 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 23:12:57 ID:1j9144TV
闇氏に聞きますがもし小渕首相が公明党と連立を組まずに自自連立のまま政権運営を行っていたら日本の政治は今ごろどうなってたでしょうか?

687 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/19(木) 23:21:51 ID:ssFAYQyQ
>>685
内需で頑張り過ぎると赤字がつみ上がるとは・・・
生きてて恥ずかしくないか〜?

688 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/19(木) 23:23:48 ID:ssFAYQyQ
なんだ、誘導されて来たけど、政治板か〜。動物が多そうだから
帰るかな〜。

689 :名無しさん@3周年:2005/05/19(木) 23:41:04 ID:CwuFW20M
>>660
血の通った理念・哲学、あるいは情・カンだけで突撃されても困るので、
1人くらい数字に冷徹で計数感覚に鋭い閣僚がいることは望ましいことだと思う。

政治家としては当初予想していた以上の辣腕ぶりなわけですが、
経済学者としての力量やセンスが三流だと確認できてしまったことこそが問題。

かりに血も涙もない計量経済だけの男であったとしても、
専門能力が一流なら少しは違ったことが言えるはずだし、日本経済はもっと高く浮上してたはず。

690 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 00:36:49 ID:YntfHLf2
>>686
少なくともまだ小渕政権は続いてただろうね。
あと森は干されてた可能性大。
民主党は世代交代が進んで今より政権交代可能な政党になってたと見る。


691 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 01:27:30 ID:mjPQAPAf
低賃金労働者兼弱小投資家はネット右翼。

692 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 01:29:32 ID:H1O/jTjy


草加 恐るべし

693 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 01:54:41 ID:owWVs+Se
>>681
>人間が自己本位になって弱者に八つ当たりするようになった

私が、トヨタからの告知行為を受けたのもその頃です


694 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 04:51:56 ID:6GkHGzx9
>>688
あんたと闇さんとの論戦は楽しみです。
このスレは(これでも)比較的厨の少ない良スレなので、どうかもう少し居てください。

695 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 05:52:27 ID:oTkX4g4y
>>660
数字ではなく、数字化しようとしないだけ。数字化された後では対策が後手に
回っていることが多い。統計の維持管理費にはそれなりにおカネかかってるんですよ。
数字化のしにくいデータでも出せる人はとにかく出す。
あなただって自然にここへ吐き出しているじゃない、本腰入れて調べてないだけで。
だから、従来の理論で考えにくい概念の数字をドッキングや補正をする時は、既存の
数字で飯を食ってきた人間を少なからず否定することになるから、反発はしない方が
おかしい。

鳴り物入りで導入された景気ウオッチャー調査も判断は但書が多い。
結構冷静に分析している。わざと探しているので目が付くのだろうけど、竹中は
分かってるはず、自分に都合の良い統計だけ出すのは自他共にやることだよ。
雇用関係は必ずしも感触は良くないね。ミスマッチがキーワードになっている。
それと、金融関係の話題になると感情的になる癖は自重した方が良いかと♪

>>683
まだまだ。
刑事と民事で判断が分かれていて、民事も地裁レベルだからね。
民事が一審で確定すれば別だが、最高裁まで行っちゃうんじゃないかな。

>>688
ここの水は合わないと思う。理由は前述。明示知と暗黙知を上手く使い分けられず、
暗黙知を侮蔑視する傾向のある人間には厳しいかと。

696 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 07:15:09 ID:+we4EGn0
北側国交大臣 超強気の背後に
「関西創価学園駅」構想
ttp://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

酉さんも層化に(ry

697 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/20(金) 07:19:46 ID:7Xp0a2ce
>>695
暗黙知www
栗慎か懐かしい。

ただの怠け者のたわ言。

698 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 07:34:56 ID:3xAO0suc
>>695

734 名前:だな〜 ◆DNRj/G0/Mg [] 投稿日:2005/05/20(金) 07:14:19
>>732
まあ、まずは「明示知」とやらをつけるのだな〜w

「暗黙知」とか持ち出すなら、ポラニーぐらいは当然に全部
読んだんだろうな〜?w



・・・ったく、無能な怠け者は怠けてることの正当化理由だけは
ずぐに思いつくんだよな〜www


699 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/20(金) 07:43:41 ID:7Xp0a2ce
>>668
小学校時のウソの刷り込みが未だに非常に強い影響力を持っている
好例だな〜。重商主義はアダムスミスが200年以上前に論破壊した
はずなんだけどな〜。


まず、外需とは海外の景気動向に左右される、わが国の政策では
基本的にはコントロールできない点で外生変数なのだな〜。
だから、そんなもんに頼って経済成長を図るなんてのは著しく
リスクが高いわけだな〜。

次に、国とは利益を上げることを目的とする存在ではなく、国民を
豊かにする、則ち、経済面でいえば、より多くの財・サービスの
消費が可能となるようにすることを目的とする存在だな〜。
従って、「国際競争力をあげるために
賃金を引き下げましょう」なんて主張は、基地外じみていると
言えるのだな〜。

そして、そもそも「国の国際競争力」なんてものは存在しないのだな〜。
国は互いに利益獲得を目的として競争しているわけではないから
だな〜。
例えば中国が豊かになれば、中国のわが国からの輸入が増えることに
よってわが国も豊かになる、則ち中国の台頭はわが国の負けを
意味しないのだな〜。


やっぱり動物が多いじゃんか〜(泣

700 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 07:47:46 ID:cixkfz1X
角栄以降の公共事業でインフラが整備されていなければ、製造業のジャストインタイムや小売業の24時間営業&小口多頻度配送、先行する国を追い越したとされるインターネットブロードバント網などは実現不可能だっただろうね。
30年(1世代)のスパンで考えれば公共事業の乗数効果はかなり大きいと思うし、その恩恵を十分に受けておきながら公共事業叩きをするのは筋が通らない。
夜中0時に締め切った新聞記事が5時間後には読める、これだって道路網がなければ不可能でしょ。



701 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 07:56:05 ID:3xAO0suc
>>700
公共事業のコストパフォーマンスを判断する難しさがその辺にあるわけで

702 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 07:57:38 ID:owWVs+Se
日本の戦争で無いにしても、ベトナムや湾岸などの戦争を経由してる

703 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 08:02:11 ID:6GkHGzx9
こういう論には、どう反論すればいいのかなあ。
サービス残業をなくすためには、残業代をッキチっと払うことではなくて、
あらゆる分野で裁量労働制を貫徹することが必要だ、という論です。
労働組合スレ。↓

>369 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2005/05/19(木) 23:54:27 ID:7ZiPaKG7
>>366
>サービス残業があるのは、いまだに日本では「裁量労働制」が導入されて
>いないから。一時間あたりの労働量なんて個人差が大きい。現行の労働法では
>仕事の能率が悪く、一つの仕事を終えるのに定時で済まずに残業しなければ
>ならない人に残業代を払うため、定時で効率よく済ませられる人のほうが
>給与が少ないという異常な現象が起こりうる。
>サービス残業が多いのは、さすがにこうした残業にまで残業代を要求するのは
>労働者としても気が引けるし、経営側もそれを察知しているからであろう。
>とにかく、サービス残業をなくすには「裁量労働制」をあらゆる職場に導入するよう
>法改正する必要がある。
>これは労働界・経済界双方の協力で早く実現してもらいたい。

704 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/20(金) 08:17:37 ID:7Xp0a2ce
>>701
スティグリッツは「概して意外と高く、時には20%を越える」と
言ってたな〜。

>>703
「やった分だけ金よこせ」を言えない奴は「金もらえないからもう帰る」も
言えるわけなく、とか返しとけばよいのではないかな〜。

705 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 08:52:34 ID:rs/qsC41
>例えば中国が豊かになれば、中国のわが国からの輸入が増えることに
>よってわが国も豊かになる、則ち中国の台頭はわが国の負けを
>意味しないのだな〜。

こんなこと書いてたら「エコノミックアニマル」と言われても仕方ないな〜w
奥田と同じだな〜

706 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/20(金) 08:58:43 ID:7Xp0a2ce
>>705
完全に意味不明だが。自己のロジックを提示する能力がないので
あろう。やはり政治板も脊髄反射の動物が多いようだ。

707 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 10:46:00 ID:cdpz2bGs
http://www.asahi.com/politics/update/0520/003.html?t
松下もどきの議員誕生は止めれといいたいのだが

708 :闇の声:2005/05/20(金) 10:51:53 ID:SaJDIVDT
公共工事は、確かにコスト高いよ
そのからくりを書いてしまうと、京浜運河とか大師川が恋しくなる人が多いのでね

暗黙知ね・・・良く意味が分からないが、黙っていると言う事は判っていると言うことなのかな
腹芸を使える人が減った・・・各界共にね
総ヒステリ−と言えるのかな
言わなければ損をするという考え方に捕らわれているからね
今の政治家というのは・・・それはもう、凄まじいですよ

金融問題で感情的になるのは、様々な中小企業を見てきてそれが目の前で
崩壊していって、最後には悲惨なことになる
悲惨にもさせたし、救おうとしたこともあったし・・・その両方をやってきたから
救える、救えない、救いたい、救いたくない・・・その彷徨が自分の中に常にある
しかし、金融機関の手のひらを返したような態度だけは許したくない・・・が、現実には
何とかしてくださいを言うしかない
積もり積もった物があるのさ

709 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 11:01:49 ID:RgtlA4m/
>>694
闇の声氏については読者の知らない嘘か真か定かではない情報を
酒のつまみにして楽しむもの。人の伝聞の伝聞を一次情報の確認なしで
議論したところで偽の情報から真はうまれない。例えそれが真だとしても
枝葉末節なミクロ事象に忙殺されることだろう。

だな〜氏については圧倒的知識量と物量を生かした投稿が特徴。
頭の回転のはやさとタイピング能力についても優れている。
自分の知らない先人たちの積み上げた財産を事例によって瞬時に
判断し選択する能力も優秀。別名”歩く、ぐーぐる罵倒つき”。

この二人のスタイルの違いから論戦したところで何か新しい楽しいことが
生まれるかは疑問だが、何事もやってみなくてはわからない。
Win-Winの相乗効果を当人同士が認識すれば勝手に論戦が始まるでしょう。

以上、勝手な独断と偏見に基づいた名無しの意見でした。
これを読んで”俺はそうは思わなかった”と思わせるのがレスの目的。
つまりは他人の評価なんてのは千差万別。闇の声氏の話は確かに面白い。
しかしそれは…。参考文献 知的複眼思考法 苅谷剛彦

710 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 11:35:19 ID:rs/qsC41
なんか政治と経済を混同して考える低次元の奴が混じってるな

711 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 12:06:02 ID:nkRwMgum
>>694
「だな〜」は厨房だから居ついてもらっても困る

712 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 12:07:31 ID:nkRwMgum
>>709
>頭の回転のはやさとタイピング能力についても優れている。

そんな能力はこのスレには要らない

713 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 12:17:32 ID:vygbD4vf
>>709
2ちゃんという匿名掲示板で、匿名の投稿者同士を他人が勝手に絡んでくださいとか
やりあってくださいとかお膳立てしたつもりになっても、当人にとってはうざいだけなんじゃなかろか。

714 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 12:36:37 ID:s+E7tGx/
暗黙知  http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/tacit.html

“知識”のうち、勘や直観、個人的洞察、経験に基づくノウハウのことで、言語・数式・図表で表現できない主観的・身体的な知のこと。
ナレッジマネジメントを一躍有名にした野中郁次郎氏が、その実践理論であるSECIモデルの中で、“暗黙知と形式知の相互変換”をうたったことから、広く知られるようになった。
オリジナルはハンガリーの物理学者・哲学者のマイケル・ポラニー(Michael Polanyi/1891-1976)氏が、著書「The tacit dimension」(1966年)の中で提唱した概念。

715 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 12:54:41 ID:AxmI1IDP
>>639
下請工場の日本に、そういったしょぼいところを作らせておけ、というのが本音なんだがな。
そういったものが日本から離れつつあるところが、問題なんだろう


716 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 13:13:33 ID:eJa9vWCw
>>705
だな〜の知識量が圧倒的ってネタだろ?

717 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 13:26:19 ID:W22Rm6NQ
今日はだな〜がいたのか。
今度はアポロンでも呼ぶか?

718 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 14:18:27 ID:HRwM5JY5
お前アポロンがスレ荒らすの目論でないか?
アポロンは真性の荒らしだから絶対呼ぶなよ。

719 :アポロン:2005/05/20(金) 14:55:53 ID:kpkzt+LD
いわゆる「ヤクザ殲滅」は実に簡単である。
ようは「ヤクザ」というのは「極貧、白痴」が多い。
だから「生活保護」と「障害者教育」を与えたらいい。
たったこれだけで「ヤクザ」の大半は消えるだろう。
実に単純な構造である。


720 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 14:56:56 ID:W22Rm6NQ
キター!!

> 72 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん sage New! 2005/05/20(金) 14:29:45
> アポロンはこっちでやれ
>       ↓
> 不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から24
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1115569364/


> 73 アポロン New! 2005/05/20(金) 14:36:01
> ちょっと政治板にお出かけしてくるか、
> まあ私アポロンの政治論議をみなさんも見ていてくれ!

↑漏れは呼んでないぞ。マジで。

721 :アポロン:2005/05/20(金) 14:59:19 ID:kpkzt+LD
いわば「生活保護」とは「ベトナム戦争」における「枯葉剤作戦」なのである。
これをブシュ−っと爆撃機から散布することで、ヤクザも左翼もバンバン死滅
していくのだ。
「ハエハエカカカキンチョ−ル」である。



722 :アポロン:2005/05/20(金) 15:04:46 ID:kpkzt+LD
学校の落ちこぼれは「ヤクザの卵」なので「特殊学級」でサルや幼児でも解る
ような特別授業を行って、小学生程度の知識は与えるべきだろう。
これも確実にヤクザを減らす。

723 :アポロン:2005/05/20(金) 15:07:18 ID:kpkzt+LD
それからこれは「オランダ」なんかで実際にやってるのだが、国がマリファナ
を安値で売るのである。
国も儲かるし、ヤクザの資金源も大幅に減る。
これもまた「ハエハエカカカキンチョ−ル」である。



724 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 15:15:14 ID:v5xpgg1C
実際警察の上と政治家の上はやくざのとつながりあるんだからそー簡単にやくざが無くなるわけないじゃん↓やくざが捕まったって末端の末端の組長くらいでしょ?金もかなり回ってるしね

725 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/20(金) 15:39:10 ID:0zOPGgAi
>>699 年寄りみたいな早い書き込み乙

2段目
まず北海道農業にとって 残りの日本全体の需要は北海道の政策では基本的に
コントロールできない点で殆ど外生変数なのだなー
「そんなもんに頼って経済成長を図るなんて著しくリスクが高い」
何ていってたらなにもできないなー

1つの企業にとって賃金を引き下げて売上が拡大して利益が伸びれば
「賃下げで国際競争力が上がった」ことになるなー。 合成の誤謬はあるが
企業が賃下げを言うのはキチガイではなく一定の合理性はあるなー
1ドル200円の時代からは、日本人の賃金≒対外購買力は2倍になってしまったからなー

しかし各製品、企業段階で「競争力」まで否定するのかなー?
それらを産業ごとに平均を取ったものを産業の競争力と呼び、産業競争力を
国別で総平均したのを国の競争力と呼んでいるなー。「日本の民間企業の競争力の平均」
と呼ぶべきかもだが、めんどいから日本の競争力としているなー

「国は競争する為にあるのではないから、競争を計る数値・尺度は存在しない」?
「国は戦争する為にあるのではないから、戦争を計る数値・尺度は存在しない」のかなー??
「車は止まるためにあるのでないから、止まる能力を測る尺度は存在しない」
ここまで言うとおかしいのが明らか w

最後は比較貿易論なの?中国からの輸入が増えて日本の比較劣位の産業が優位にシフト
するはずだけど、どこにシフトしてますか?それこそ構造改革論だなー
それが見えてきたら文句言わなくていいが、ないから騒いでるんじゃダナー

英国が70-80年代停滞してたが、決して経済成長はマイナスではなかった。
ただ西ヨーロッパ平均や米国、日本に比較して成長率がかなり低かったので「相対的に」
貧しくなった。こういう状態を「成長した」として肯定的に捕らえるなら、心配ないなー
みんな勝って飢饉や天災以外敗者はいなくなるなー 

726 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 15:40:53 ID:6zP+cfGa
闇氏、右翼ってつくづく不思議なそんざいだね。
今週、発行された隔週雑誌の右翼特集によると、『体制右翼』と『反体制右翼』に大別されるそうだ。
体制右翼ってのは文字通り小泉支持派なんだろうね。
不思議なのは同隔週誌によると、竹中は国●なのだそうだ。(右翼団体の傾向でね。)
でも、小泉の事を国●とはしていない。
竹中を任命して重用しているのは小泉では?
少なくとも、小生は小泉が国士とは思えないのだが。

727 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 15:45:53 ID:/fFfDGG8
左翼は基地外だが体制右翼は嘘つきだな。
そしてどちらも外国の主人を拝んでやがる。

728 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 16:15:48 ID:5enPLAGH
>>725
こういう人は、為替の変動をなぜ無視するのだろうな?

729 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 16:52:38 ID:iJdmCzQJ
東京ディズニーリゾートの運営会社「オリエンタルランド」(OLC)が、
元暴力団幹部の右翼団体幹部が深く関係する不動産会社に本社社屋の
清掃業務を委託し、昨年末までの7年間だけで総額約9億円を
支払っていたことが19日、読売新聞の調べでわかった。

不動産会社はこの間、業務を丸投げして約3億7000万円を得ており、
OLCが結果的に破格の利益を右翼幹部関連会社にもたらしていた形だ。
捜査当局も関係者の事情聴取を進めている。OLCは読売新聞の指摘を受け、
この不動産会社との契約の解消を検討している。

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート敷地内にあるOLC本社の
清掃業務を受注してきたのは、同市の不動産会社「中央興発」。

同社は1984年4月から86年10月まで、全国の右翼団体で組織する
「全日本愛国者団体会議」の名誉議長、志賀三郎氏(79)の実兄が
代表取締役を務め、志賀氏の長男も89年12月から今年2月まで同社役員だった。
また、同社の現在の社長は、志賀氏らが発起人となって設立された
東京都千代田区の建設会社「京三建設工業」の監査役が兼務している。
志賀氏は、指定暴力団松葉会の元最高顧問。

OLCの説明によると同社は84年9月から本社社屋の清掃業務を中央興発に委託。
判明している98〜2004年の7年間は清掃業務委託費として中央興発に
毎年約1億4000万〜1億1000万円、総額約9億円を支払ってきた。
委託は随意契約で行われてきた。

(以下略)

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050520it01.htm

730 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 16:54:00 ID:iJdmCzQJ
大行社     − 稲川会三本杉一家
優政会     − 稲川会碑文谷一家西山組(十代目総長:西山輝こと★徐輝)
国防青年隊  − 稲川会三本杉一家
菊守青年同盟 − 稲川会直参系
交和青年隊  − 稲川会興和一家
石穂塾     − 稲川会堀井一家
日本政風社  − 稲川会杉浦一家
山根会     − 稲川会六代目一ノ瀬一家
松魂塾     − 極東会(五代目会長:松山眞一こと★曹圭化、松魂塾最高顧問)
東方青年連盟 − 極東会松山連合会四代目桜成会
大日本昇龍護国挺身隊 − 極東会真誠会真武会
祖国防衛隊  − 七代目酒梅組(七代目:★金在鶴 六代目:★辛景烈)
国粋青年隊  − 国粋会
政治結社松葉会 − 松葉会(六代目会長:牧野国泰こと★李春星)
大日本共和会  − 六代目共和会
日本憲政党   − 中野会弘田組 (日本憲政党最高顧問:★金俊昭)
政治結社共政会 − 四代目共政会

在日右翼一覧です。

731 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 17:07:22 ID:GPgN/IpQ
ばからsssssssssssssssっしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
何が右翼だwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwvチョンの犯罪者暴力団集団が右翼かwwwwww
ふざけんなよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

732 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 17:08:56 ID:9tm21/pt
>>718
個人的にはだな〜もアポロンも荒らしだが。
レスが飛ぶようになったのでまさかと思ったが、
そのまさか!

733 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 17:28:03 ID:HRwM5JY5
その話題はもういいよ。


734 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 17:31:52 ID:quXXW9XC
なんで日頃見かけないコテハンの方々が増えたんだろう?

735 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/20(金) 17:33:04 ID:7Xp0a2ce
>>725
他国は日本のために何もしてくれんが、日本政府は北海道のために
いろいろするな〜。従って、アナロジーになっていないな〜。

次に、個別産業あるいは個別起業における競争力という概念は
特段否定しないな〜。それを国に類推する点がおかしいといっている
のみだな〜。社員の給与を極限まで引き下げてコストダウンを
図った企業は競争力があるといえるが、国民を貧しくして輸出を
増やす国は??なわけだな〜。

さらに、比較優位理論は、比較優位産業が常にいつも存在すると
証明した理論だな〜。X国がA・Bの両産業につき、生産性でY国に
劣っていたとしても、X国はA・Bいずれかで必ず対Y国で比較優位を
持てるとなるのだな〜。この辺についてはスティグリッツの入門を
読んでから語るのだな〜。

最後に、イギリスの停滞はイギリスに問題があったから引き起こされた
わけであって、他国が成長したせいで引き起こされたわけではないな〜。


早くスティグリッツ読め。お前、お前の知的水準に似合わない、
いわゆる俗流経済学に完全に染まってるぞ。

736 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 17:45:07 ID:W22Rm6NQ
>>734
最近、このスレで積極財政派の人がガンガッているからかも?

737 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 17:54:23 ID:/fFfDGG8
まあ、だな〜と弱小投資家さんは株やっているから
いつかお友達にはなれるでしょう。

738 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 18:08:31 ID:n3pJ4YD5
>>736
小泉・竹中を真に批判するとなると、リフレ的な発想に行き着かざるを得ない。

「まだまだ改革が甘い」とかいう方向に行くと民主党になる。

739 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 18:14:00 ID:6zP+cfGa
小泉が歌舞伎町視察の時、暴力団を批判、否定していたけど。(w
批判できるのかあ?

740 :653:2005/05/20(金) 18:15:41 ID:quXXW9XC
>>736

そうなんですか。こういうのを積極財政と呼ぶんですか。確かに自分でも
言いましたがこう言った方が伝わりやすいかなと…。
高いリターンが得られる投資は国でも民間でも出して当然と思います。
これを緊縮財政時の投資と言っても良いんじゃないですかね。
緊縮財政組んでたって儲かるところに投資するのは矛盾しないと
傍目には思いますが。

あんまり経済詳しくないんですけど、なんで外需と内需そんなに分けて
考えなければいけないんでしょう? 為替とか輸出国の景気とかありますが
世界最高水準の技術の先行者利益のように高い価格を維持しながら、
輸出すれば、内需、外需とも拡大させることは可能ではないでしょうか。
そのような技術が日本には山ほどあり、例えればプレイステーションの
ようにスケールメリットを生かせば価格が下がるものもあります。
それが、環境技術のレベルになると国家レベルの投資が必要に
なってくるわけです。

外需と内需を分けて考えるのは、国際競争をする分野に手を出しすぎる
からで、インテルのプロセサのように標準化されてない分野で市場を
作れば、内需と外需の良い成長サイクルを作れると思うんですが。
新しい技術や世界トップレベルの技術に対する国内投資による内需は
やがて外需も呼び起こします。携帯やゲーム機、アニメでさえもそうです。

国際競争力強化とは良い物を安く作る競争に勝つことではなく
技術の先行者利益を他国に追いつかれる前にいかに得て、その後の
保守などのサービスを獲得することではないでしょうか。


741 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 18:31:29 ID:gFuqmDq/
下関市長選、公選法違反と市議等が告発ーー背後に、安倍晋三代議士秘書
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/05/post_1.html

742 :653:2005/05/20(金) 18:48:05 ID:quXXW9XC
>>736,738

自分の書いたことがここを騒がしたのかと心配になったもんで…。
すいません。名乗らなかったのに深い意味は無いです。

こういうの誰だからできるできないって無いと思うんですよ。
政治家なんて何やったって批判が出る世界なんですから、うまい
フレーズ作ってやっちゃったって良いわけです。
結果が出てくれば誰も批判できなくなるんですから。

問題は誰がやるのではなく、本格的にヤバくなる前に早くやることです。


743 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 19:06:23 ID:rs/qsC41
誰だよ〜経済板のDQNコテハン呼んだのは?
エコノミックアニマルはさっさとお引き取り願おう

744 :吉野家LOVE ◆kJOq8Zhosg :2005/05/20(金) 20:05:31 ID:UQXhLQnv
(´・∀・`)ヘー 初めてココ来たけど面白いw


・・・ところで、政治板ってなに語り合ってるのよん?(゚∀゚)
不毛な論議は、不毛なりにentertainしてくれないと。それとも∞ループか?

745 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 20:13:03 ID:OAXu8bGl
半分ぐらい親父ギャグだが、それで政治が決まってるんだから仕方ない(報道では
 
かと言って、イギリスの丁稚奉公の経済学もそれに無関係とは言い切れない

746 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 20:27:51 ID:owcfN7Fv
ブブカの創価と在日犯罪特集
http://www.coremagazine.co.jp/img_index/saishin/bessatsu_bubka_l.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs035.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs036.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs037.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs038.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs039.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs040.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs041.jpg
http://blackship.info/zurubon/img/bs042.jpg

747 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 20:59:05 ID:wX9CUUTK
動物が論破されて人格攻撃かw

748 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 21:02:15 ID:7pOWfgDl
喧嘩やめ。
以後、論争以外の煽りはスルーでよろしく。

749 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 21:18:07 ID:wX9CUUTK
>誰だよ〜経済板のDQNコテハン呼んだのは?
>エコノミックアニマルはさっさとお引き取り願おう

デターwwww

750 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 22:05:28 ID:a+zVN+/n
>>747
>日本政府は北海道のためにいろいろするな〜。
ほか移動、なんて識字率を高めてもアルツ進行するだけですよ

751 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 22:09:57 ID:ykNnt3xb

             ∩     ∩
             | つ   「,"|
  ∧ノ~          !,'っ_ ⊂_,!
  ミ| ・  \      /  ・ ヽつ
 ミ|   ... '_)     ▼,__  |
  ミ| (,,゚Д゚)       (゚Д゚ ,)・| <お前、動物臭いんだよ!
  | (ノ  |)        (|   、)|
  |  ウマ |         | シカ ・・|
 人.._,,,,ノ         ヽ._・ν
    U"U          U"U

752 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 22:14:48 ID:a+zVN+/n
みなさん、ターミネーター2の見すぎです
僕が鹿を馬で引くと核戦争が起こるなんて、嘘もはなはだしい

753 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 22:19:04 ID:rs/qsC41
経済板の連中はチャイナリスクを知らないらしいなw
エコノミックアニマルらしいなw

中国が台頭したら海上封鎖される可能性を考えなくてはならないのに
政治的リスクが経済に与える影響を全く考えないらしいな

754 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 22:51:41 ID:4dbs8TW9
>>753
少なくとも、
積極財政とか、内需拡大を説いてる人に
中国投資マンセーしている者はいないと思うがの。

755 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 22:54:53 ID:KzuYA0fy
不良債権問題もそろそろかたがつきそうだし
このスレももうすぐ終了ですね

756 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 23:00:50 ID:Zz+fhMlf
>>755
内容もスレタイと合わなくなってきたし・・・次回は「闇の声さんをお待ちするスレ」
とでも変えるか? 

757 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 23:02:12 ID:a+zVN+/n
まじめにやっても報われない日本を刻みます

758 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 23:40:33 ID:KzuYA0fy
>>112
ヒント:モラルハザード

759 :名無しさん@3周年:2005/05/20(金) 23:53:41 ID:7pOWfgDl
>>756
スレタイ変えたら新人が過去スレ読まなくなるので却下。

760 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/21(土) 00:41:11 ID:z2IO6RWn
何かあれてるみたい。
>>740
言いたいことは分かるけど、そこまで日本人て他国比で優秀かな?
「技術の先行者利益を他国に追いつかれる前に」これを各分野で
多数展開するなら、”世界能力検定”で偏差値60くらいとらないといけないような・・・

あと青色ダイオードの中村氏の処遇のように、創造的な技術者を大事にしない
システムや賃金体系も変えていかないと。エリート教育も(定義はメンドクサイから
優れた子供が飛び級できるくらいで)しないと。

その方向でいろいろ社会システムをいじってるけど、余り成果が見られず負の副作用が
目立つからここでもいろいろ議論が出ているような・・
・能力差に応じた賃金格差・・コストカットで全体の引下げ、モラルダウン
・能力格差を肯定した教育制度改革・・・全体のレヴェルダウンと階層固定化懸念

携帯 日本独自の周波数と方式を取った為、ノキア等に世界シェアを奪われる
アニメ 労働集約産業なんで日本のアニメといいつつ、実際に画いてるのは韓国・中国人も

模倣は簡単で巨額の技術投資も不要、従来の日本はこの高速道路を走ってこれたが、
独自開発、先行者利益獲得だとラリーのような道で大変。ここに合わせるのが本来の構造改革
(小泉より前の言葉だったと思います)なんですが、苦しくて異論百出です。
技術革新重視だと、社会格差は増大すると思いますが、反対の人はここにも多いので
説得して見てください。

761 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 00:43:33 ID:7bxdz/Uq
過去スレなんて読まないんじゃない?
過去スレから話が続いているというわけでもなし。

762 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 00:49:20 ID:iAZtVQxq
>>761
過去スレから闇氏は登場しているしヤクザがらみで銀行の話題は継続してい続いている。
本当に読んでないね。

763 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 01:06:47 ID:7bxdz/Uq
ヤクザとか竹中の話は毎スレで闇の声氏が解説しているから、
敢えて過去スレ読まなくてもいいじゃん。

764 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 01:09:53 ID:iAZtVQxq
わかった君はROMってればいいよ。
さて寝るか。

765 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 01:10:39 ID:ShkOGABm
国家総動員法での「黙れ事件」。

これと同じ日に、総動員法を審議中の衆議院特別委員会で佐藤賢了中佐による「黙れ事件」が起きた。
陸軍省の一説明員が議会で議員を黙れとドナリつけたという前代未聞の事件で、当時の陸軍と議会、
国民の関係を象徴したケースであった。問答無用、反対のものは力で圧殺して、無理やり総動員法を
通過させようとする、強硬姿勢のあらわれでもあった。

『東京朝日』朝刊(三月四日)は「総動員法案に大波潤?佐藤中佐黙れ″の一言、委員会沸騰裡に
散会」「直ちに取消す」と大々的に報道した。『東京日日』は同日付で「総動員又一波瀾、佐藤中佐の
説明資格」(三段見出し)と小さな扱いで、「黙れ」は見出しに出ていない。この委員会で取材していて
「黙れ事件」の一部始終を見ていた当時の『国民新聞』記者・木道茂久は「決して偶発的な失言など
ではなく、倣慢無礼な佐藤の一言は陸軍の政治上の態度を端的に表現したもの」と、こう書いている。

「佐藤は単に一説明員に過ぎないのに、その態度は傲慢不遜、政党などあたまからなめてかかったような
口吻、あたかも小学校の先生が頭ごなしにものわかりのわるい生徒を教えるような態度であった。?質問者の
宮脇長吉(政友会)、板野友造(同)らの間から『そんなことはわかっている。われわれは君の説明をききに
きたのではない。やめろ、やめろ』と中止を求めた。佐藤は耳を貸さず、強引に?説明を続けた。委員会は
騒然として、宮脇は立ち上がって委貞長に説明のストップを要求した。腹を立てた佐藤は『黙れ!』と叫んで、
委員会は大混乱に陥った。顔面蒼白となった佐藤はいつの間にか退席した」翌日、杉山陸相が遺憾の
意を表明したが、佐藤軍務課員は登院を自発的に遠慮しただけで、何の処分も受けなかった


766 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/21(土) 01:23:20 ID:lBAzzERT
>>760
中村なんて論外だな〜。

600億判決を書いた東京地裁の裁判長はキチガイかと思ったが、
その実は日亜の代理人がまともな主張・立証をできなかったために、
ああいう判決を書かざるを得なかったと聞いたな〜。裁判長には
申し訳なかったと思ったな〜。

767 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 01:33:59 ID:3gOyJiMf
シャ ラップ、ゴーア ウェイですか

768 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 01:56:21 ID:LMWRXCEt
>>755-756
リアルでスレの廃れていく過程を体験したのは久しぶり だな〜(爆笑

最近は闇の声御大も同じことの繰り返しばかりで新味に欠ける部分も
多かったので、潮時なのかな、と思っていたところだし。
名無しが数行で書いていることを回りくどく竹中批判で締めるところとか。
勿論、竹中マンセーでなくて「それ分かってるから、もっと核心を単刀直入に」
って感じね。微妙にタブーがあったりもしたのも本人には悪いが残念なところ。
それだけの力のある人だから、お互いに労力減ってハッピーだと思ったんだけど。

イエスマンが集まる団体が朽ちて行く様は歴史が何度も証明している・・・
2ちゃんねるでの固定ハンのオナニー的な馴れ合いは場所選ぶからね。
固定も凄いが、むしろ盛り上げる取り巻き名無しが凄かった。
これを除草するのは経済板の二大固定だな。しばらくROMに落ちる。

769 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 02:09:45 ID:Pl2irgXk
住人を勝手に信者扱いにして逃亡するなんて
彼は一体何が不満だったんだろうね?
つーか経済板のコテハン?
お前のほうが他力本願だっての

770 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 02:16:57 ID:FofcExdw
動物の遠吠えw

771 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/21(土) 02:20:05 ID:z2IO6RWn
>>766
論外といって根拠、理由 感想を他も分かるように言わないので横レスも付かない。
経済コラムマガジンも今のスレだけたどったが、煽りと
擁護で新規参入も少なそうだし寂れてる。

ここはいろいろなバックグラウンドの人が、気軽に
諸問題を提起して専門外の話も論議する場なので
参加するなら面白い話題を振ってみたら。
すでにさびれ始めて、自分が普段接する事が出来ない分野の人の
投稿(を楽しみにしているが)が減ってるんだが・・・・・・
あと全員が経済の特定の教科書を読んだような前提で話を進めるのはどうかな?
私は極力専門用語を使わず、誰でも論議できるように留意してるが
自スレでないから参加者を限定する資格はないと思うが。


772 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/21(土) 02:22:38 ID:z2IO6RWn
>>771 これはチョットうそか?「私は極力専門用語を使わず」
ただ説明を求められれば、知らないことを当然の前提として説明しようとするが。


773 :755:2005/05/21(土) 02:25:42 ID:3ku84pFb
>>768
実はこのスレにレスするの初めてなんですけどねw
このスレの人はどう思ってるのかなーって
釣ってみましたw

774 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 02:32:05 ID:iAZtVQxq
いやはや先日から外来の方達でにぎわってますな。


775 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 02:33:33 ID:srdgLICX

避難所が必要だろうか

776 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/21(土) 02:37:58 ID:z2IO6RWn
本来なら闇氏とリフレ派は反市場、政府関与増加で一致するから
低賃金等総攻撃になると思ったが(ガクガク)盛下がってるなーw
情緒的だけど闇氏の話は面白いけどナー(口癖がうつってきたヤバス)


777 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 02:39:40 ID:U/LXyjSF
>>771
そういう穏やかな感じでレスして欲しいっす。
あなたみたいな長文を書く人が厨臭い文を書くと読みづらい

778 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/05/21(土) 02:45:00 ID:z2IO6RWn
>>777 う・・・厨臭い文練習せねば。 orz


779 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 03:28:05 ID:LMWRXCEt
>>773
手詰まりの空気は数スレ前くらいからあったから気にすんな。
そもそもバブル期の不良債権はあらかた償却したが、今度は別の不良債権が
山積してるしな。キャッシュフローの偏在に問題はシフトしてるから。
それこのスレだと釣りの範疇に入らない。
最近は闇の声御大もお疲れ気味のようだし。
それに経済板の二固定は最近独演会状態になってるしな。

みんなに共通してるのは発言回数が多すぎて
「そんなに同じ看板で言うならもう少し何かできないのか」
って感じになっていること。問答無用で出て行けという意味ではないよ。
別な切り口で何か欲しいナーという渇望感だな。
特に経済板の固定はブログでも作ってそっちでやって欲しい感じ。

780 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/21(土) 03:44:47 ID:lBAzzERT
>>771
中村は日亜に雇用されてリスクを何ら取らず、会社の金を使って
LEDを開発したわけだな〜。リスクを取ったのは日亜側であり、
従って利益の大半は日亜に帰するのが当然であるな〜。

781 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 03:52:17 ID:jj2JxgUS
常陸ですか

782 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 06:28:19 ID:nrGLQ/gl
だな〜氏は良いけどアポロンは来るな。ホントに腹が立つ
独り言言っとけよ、打ち込む手間省けるだろ

783 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 06:30:25 ID:jj2JxgUS
そうだね、大塩が湯に沈むデモンストレーションなんて
本人からとっくに知られてたから、俺には効かないよ

784 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 09:07:04 ID:xJbMWH3K
>>779はコテないの?

785 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 09:51:13 ID:VXZRdNxT
いや正直、だなーの方がうざい。基本的に闇氏とそれに絡む人のスレのはず。
なんでいちいちしゃりでてくるんだ?しかも言うことも変だし。
直近の話だと、中村氏の件にしても高裁の和解内容はおかしいというのは
知財専門家の間でも大体共通した見解だよ。地裁判決があまりに
多額すぎて財界がそのまま出すのを嫌がったってだけ。
最近自分はあまり政治版にはこないけど、だなーは不勉強なのに
知ったようなコメント書くから見るたび萎えるな。消えてほしいよ。

786 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 10:27:43 ID:SLC8CCAq
>>785
だな〜氏だって法律の専門家だよ
マスコミレベルではともかく、法律の専門論文では見解の分かれるところなのかもしれないよ
ともあれ、誰であっても排除するのは良くないと思う

787 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 10:33:58 ID:vhDDf+EL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050520-00000820-jij-pol
メディアの情報操作ってこういうところから表れるんだろうな。
これじゃ真紀子が安倍に代わっただけじゃないか?


788 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 10:45:06 ID:GX6hhZFY
妙な流れを作ってるのは確かだ
呉の孫権とか晋とか色々でてくる

789 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 10:50:11 ID:IlxmKS6I
おお!
だな〜もアポも償還されとるw

790 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 10:52:16 ID:vhDDf+EL
>>788
真紀子が良かったとは思わないが安倍がいいとは思えない。
当方の周りでは安倍を支持するなんて人は余りいないし。
寧ろ小泉の方がマシって言う人が多い(w


791 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 11:02:12 ID:pGGAaVES
オレの話を聞けぇ〜

792 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/21(土) 11:03:05 ID:lBAzzERT
>>785
確かに高裁での和解金額は安いとは思うが(12億程度を妥当と考える)、
それは1審の600億が妥当であることを意味しないな〜。

793 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 11:11:35 ID:iAZtVQxq
>>792
まず和解金額が安いと書いてから続けてくれよ。
そうでないと、だな〜のキャラを知らない他の人が動揺するからさ。
ここでは煽りを控えるようにひとつ頼むよ。

794 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2005/05/21(土) 11:16:27 ID:lBAzzERT
>>793
12億と8億(だっけか?)の差は、600億と12億の差に比べれば
無視できる程に小さいと考えたのだが(略

煽る意図はなかったな〜。

795 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 11:21:37 ID:iAZtVQxq
>>794
経済板と違って意外といろんなとこから見られているんで
そこんとこひとつよろしく。

796 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 12:30:24 ID:3ku84pFb
125 :>>98を更新:2005/05/21(土) 11:54:51 ID:sXRI+09X0 ?
小林姓の犯罪者

・小林潤一郎(21)・・・スーフリ。集団レイプ
・小林大輔(20)・・・スーフリ。集団レイプ
・小林薫(36)・・・奈良県幼女誘拐殺人
・小林泰剛(21)・・・女性監禁。過去にも多数監禁
・小林健一(22)・・・17歳女児を監禁・暴行
・小林勉(67)・・・小3女児誘拐

小林すげえええええええ

797 :653:2005/05/21(土) 13:07:23 ID:/kwvc+ol
中村氏の青色LEDについては、部下の実績を連名で論文に出したとか
様々なそこに至る要素技術が実は他の研究者も既知のことだったなど
他にもいろんな意見があります。

ttp://techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200406_1.html

>>760

前にも書きましたが、町工場の熟練工の技術というのも世界最高水準なら
先行者利益を見込めます。そこに補助金出してフリーター・ニートなど
雇用して後継者を作ることもある意味国際競争力の強化と言えます。
環境技術、売る市場があるので確実なことは言えませんが新規エネルギー
開発でも様々な雇用のスキルの需要を見込めます。例えば東電の発電と
給湯が出来る水素関連技術、水素のスタンドなど今までの技術のように
特別なスキルを持ったり開発しなくても雇用が見込める側面があります。
油田もメタンハイドレードも究極的には海での穴掘りですから。
今までのインフラを代替する技術というのはコアは高い技術ですが
それを普及させるのは今までの延長なのです。

よってこれからの技術革新重視では社会格差の増大はあまり考えなくて
良い、言い換えれば労働市場の問題といえます。
水素の技術は事実上日本が殆ど押さえていますから、ラリーのような
こともあまり考えなくて良いかと思います。


798 :653:2005/05/21(土) 13:08:34 ID:/kwvc+ol
アニメは作りすぎです。週に60〜70本も放送枠を穴埋めするように
作ればそれは韓国・中国にアウトソーシングしなければいけなくなります。
これだってコア技術の流失といえますから、ある程度の業界の自制と
補助金などを考えるべきと思います。ジブリでさえそうせざるをえないのは
制作者のこだわりもありますが、利益重視を強いられている側面も
あろうかと思います。

だから技術革新重視と健全な労働環境を取り戻すこととは無関係と
考えます。教育も70年代後半程度のボリュームをまず取り戻せば
良いのではないでしょうか。飛び級なり、さらに諸外国の良いところは
取り入れるべきと考えますが。

様々社会システム考えるにも、まず一息付けるだけの期間の景気の余裕が
必要です。それから考えても遅くはないのでは。


799 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 13:12:43 ID:FM2T678Z
ジブリはフルデジタル化されていたような。
アウトソースするにはツールやら教育などの問題がありそう。

800 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 13:14:16 ID:SvkCLoI2
青色発光ダイオードの裁判は政治力が働いたように思うから
そういうところこそまさにこのスレで取り上げるところだと思うが

801 :653:2005/05/21(土) 14:07:38 ID:/kwvc+ol
自分の発言が政治板的にはどういう意味を持つのかわからないので
しばらくレスは控えます。今までの流れと少し違ってきてるみたいですし。
誰でも出来るし、積極・緊縮財政、リフレなど関係ないと思うんですが。
郵政をなんとかさせて補正予算組めば今でも十分可能でしょう。
不毛な議論を楽しめるように上で考えてください。

ここで普段どおりのスレの流れに戻らなければ… なんでしょうね。


802 :闇の声:2005/05/21(土) 14:08:47 ID:25TUTahc
あの裁判は、政治が動いたという話は聞いていない
と、言うよりも先端技術に関しての三権の知識はお粗末極まりないね
特許庁自体、出願方法を簡素化するとか出願−審査期間を短くするとか、出願料を下げるなどの
方策を全然考えていないね
先端技術制作に関して、政府−役所の考え方は無いに等しいしそれが逆に新たな規制を産んだりしている
つまり、新技術に関しては無知なくせに規制をも受けて役所の窓口を通すことには熱心なんだね
本来、利益を産める新技術ならば国家が援助して金も引っ張ってくる等の実効性ある
政策を立案して欲しいのにその様な政策が必要だが金がないからさてどうしましょうで終わっている
特に、文部科学省になってから文教族がしゃしゃり出てくるようになり、産学官の連携とか訳の分からない
事を言いだしている
それは大事だとは思うが、必要なのはお金であり手続きの簡素化のはず
ある研究者は、自分にこう言っていた
「国家プロジェクトになったら、最後に出てくるのは偉い人(バッチの意味)で
この人を通さなかったら何も進まなくなる 理解できない人に技術を理解させようと
余分な時間と労力を費やすなら、プロジェクト何かにしなくて良いから
お金だけ早く出してくれ 成功したら倍返しでも良い・・・そう思います」


803 :闇の声:2005/05/21(土) 14:33:05 ID:25TUTahc
>>765
佐藤賢了氏と言うと、極東軍事裁判で無期懲役の判決が下っている
検察も、判事もこの発言を重要視していたし陸軍の政治介入の象徴とも言える事件だね
自分の聞いているのは、実はこの宮脇長吉氏・・・陸軍出身で遙かに自分より若造の
佐藤中佐が小憎らしくなっていびった結果が「黙れ!」になったとか
本当は、「黙れ 長吉!」と言いたかったらしいね
背景は政治よりも個人的な感情問題だったらしい
後に、巣鴨から出てきた岸伸介に巣鴨の囚人の中で首相が務まる人材はいるかとある人が聞いた
ところ、「佐藤賢了氏と賀屋興宣氏」と答えている
佐藤氏は後に、ジョンソン大統領にベトナム北爆の政治的正当性を問いただして手紙を送っている
彼は実際に戦地で残虐行為に荷担したわけでもないし、戦争遂行にそれほど荷担したわけでもない
何故なら、最初は東條と密接な関係を持ちながら後に袂を分かち最後は仏印で終戦を迎えた記憶がある
ところが、この発言と軍務局長だった経歴で終身刑になった
「黙れ!」一発で懲役になったのだから不運だ
阿部信行陸軍大将や真崎甚三郎大将の方が余程政治的な影響力はあったのだが
それが漏れたのも不思議と言うよりも如何に杜撰な裁判だったかを物語っている
阿部信行大将の場合は留置場が足りないからと言う理由だったか・・・
石原莞爾氏は「自分は当然戦犯」と、語っていたし・・・

804 :闇の声:2005/05/21(土) 14:51:00 ID:HTZOF1am
ところで、郵政民営化特別委員会の委員長に二階俊博が就任というか、座らされた
これは色々な意味がある・・・誰が考えたのか知らないが、上手いことを考えたものだ

はっきり言って、二階潰しだ
安部にとって、二階というのは「いずれ邪魔になる奴」だからだ
もし、安部を本当に鍛えて政策に強く鉄火場でも働ける政治家にしたいなら
安部は自分で買って出るはずだし周りも安部を推しただろう
しかし、安部はその任にも責にもあらず・・・
恐らく、この委員会は大荒れになるだろう
しかも、あの憎らしい小沢と一度はケツを捲って出ていった二階だから
自民党の・・・特にバカにされていた森などは許し難い存在だ
その二階、恐らく孤軍奮闘で何とか委員会を纏めようとするだろう
実際、それだけの度胸と根性は持っている
運輸大臣就任時に見せたように、政策にも強い
ここで、もし二階が纏めてしまうと二階の存在は大きくなるし小泉は二階に借りを作った
形になる
しかし、大荒れでその収拾を山拓がやれば二階はダメで山拓の手柄になる
そうなれば小泉−山拓のラインは万々歳だね
小泉周辺はこの委員会、最後は大荒れで国会での強行採決か世論をバックの解散かまで
考えている
その為に、万が一責任を取って小泉退陣になっても後継を安部に出来るように・・・
その布石を打ったと言う事だよ
つまり、世論をバックに小泉構造改革の継続を安部晋三が行う
二階は委員会を潰した責めを負って無役・・・
大言壮語をしない二階というのは、安部のようなパフォ−マンス政治家にとって
脅威なのだ
「おとうさん アイツを潰してよ 僕嫌いなんだ・・・」と、森や飯島に語ったという形か??

805 :闇の声:2005/05/21(土) 15:08:00 ID:HTZOF1am
古賀にせよ、高村にせよ、平沼にせよもはや過去の人にされてしまった
巧妙なメディア操作の結果だね
理由はもう一つあって、早い話が飯島と渡り合えるのが居なかったと言う事だが
二階は渡り合える
それに、面倒見の良さもあって徐々に人気が上がりつつある
安部では心許ないことは、自民党のかなりの政治家は感じているが選挙の公認権を
握られているから声を出せないで居るのだが、二階が力を持ってくれば
その下にはせ参じるのは結構居るだろう
余り確証はないのだが、安部はおぼっちゃますぎて仲間がいないという
麻生も人気がない・・・生意気とか人の気持ちが分からないとか・・・
お金持ちだしね・・・
森の考えでは安部で最低二期四年は首相を維持して貰い、自分の息子をいずれは立候補させて
自分の抜けた後に座らせて安部を後見人にする・・・本当か嘘か判らないが
森の考えそうなことではある

806 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 15:23:00 ID:DT5bQG/Y
>自分の息子をいずれは立候補させて
絶句!! 

>森の考えそうなことではある
確かに・・ 驚きではありますが・・

807 :闇の声:2005/05/21(土) 15:23:13 ID:HTZOF1am
ところで、何故小泉が歌舞伎町に行ったのか・・・
背景は当然、組織の綱引きだ
もっと言えば、SとIの綱引きに加えて上海マフィアと台湾マフィアの抗争に揺れる
歌舞伎町に対するアピ−ルでもあると思う
西からの攻勢に加えて、外国勢に推されっぱなしな状況を、何とか挽回して
日本の組織に取り戻したいわけだが、それにIが乗り出してくると考えた方が良いだろう
歌舞伎町が普通の歓楽街じゃないことぐらい、世間じゃ判っている
組織通しのなわばり争いに、とうとう首相まで首を突っ込んで自分のご贔屓筋の
ご機嫌を取ったと言うことだろうね

808 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 15:40:41 ID:U/LXyjSF
Yの政界とのつながりはどうなんでしょうね

809 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 16:19:30 ID:SLC8CCAq
>闇の声氏
これ、本当なんですか?

547 名前: 闇の声 投稿日: 02/04/04 12:40
稲川会長は小泉の女の問題が気になってる。
トップ屋にでしゃばるなとやったのも、稲川会長。そのお返しに、
靖国神社に参拝したのは小泉。

810 :アポロン:2005/05/21(土) 16:38:26 ID:mmPJCf3F
闇の声とかいう人が反論したいらしいが、ヤクザの殲滅は実に簡単なのだ!
いいだろうか?
ヤクザも親分だけでは何もできない。
スーパーマンじゃないんだから。
ならば子分を殲滅すればいいだろ?
実に簡単な話しで「生活保護」「障害者教育」「格安の国産マリファナ」をばら撒け
ばいいのだ。
「枯葉剤作戦」という奴だな。
これで「ヤクザの卵」を大量殲滅し、彼等の組織的抵抗力をほぼゼロにできる。


811 :アポロン:2005/05/21(土) 16:49:52 ID:mmPJCf3F
もう一度言うよ。
ヤクザ親分は親分だけでは何もできない。
サダムフセインと同じだ。
よって子分チンピラを効率的に殲滅したらいい。
「枯葉剤作戦」のようにだ。
「ヤクザの卵」は「極貧」で「字が読めない奴」なのだから、そいつらに「生活保護」
や「障害者教育」をばら撒けばいいだろう。
これでほとんどゼロになる。
公共事業よりコストも断然安いしね!

812 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 16:55:21 ID:35HPvb5V
>>810-811

過去レス読んだ?
闇の声氏は、君に反論などしていないと思うよ。


813 :闇の声:2005/05/21(土) 17:34:33 ID:07zvwGtr
>>809
それはどうかな
女性一人、どうにでもなるしその程度をどうにも出来なかったら
首相にもなれない・・・まあ、小泉の場合は周りがしっかりしていたから
なれたような話しだね
ただ、これだけは言える・・・小泉という人物は謎の行動が多い
たとえば、ゴルフを相当やったはずなのに、誰それとゴルフへ行ったと言う話を聞かない
パフォ−マンスでオペラに行く以外は、部屋に籠もってオペラを大音響で聴いている
誰に聞いても、あれだけの長時間コミュニケ−ション無しでよく居られる・・・
誰にも会わずに、一人の時間が今までの首相の中で群を抜いて多い
小渕は電話が長かったし、田中角栄の細かい心遣いも電話が殆どだった
橋本は家族と居る以外はやはり面会が多かったと言う
唯一似ているのが細川だけれども、細川護煕は誰かを招いて芸術論議に耽っていたというから
これも少し違う
誰も知らない私邸(公邸)の小泉・・・だよ

814 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:01:47 ID:E1QOLSrD
>>813
以前からよく囁かれているが、新聞の「首相動静」を見ても、小泉の休日のスケジ
ュールはガラ空きのことが多いみたいですね。
平日は昼も夜もそれなりにスケジュールがあるのに、休日の社交はしない・・・かといって、人と
会わない代わりに、その時間で資料やレクチャーでコツコツ勉強している気配もない。

番記者にもわからない? どうも、小泉氏は躁うつ病じゃないか(平日は公務や社交を行うが、
休日は疲れ果ててもう何もできない)、という気がしてならないのですが?
言動から、極度の緊張症、かつ昂奮しやすい体質のようにも見えるし。

それでパフォーマンスだけで愚鈍・・・まさに担ぎやすい御輿には最適の人物だね。

815 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:11:59 ID:SLC8CCAq
やはり、平野貞夫議員の質問が真実だったということでしょうか?

549 名前: 闇の声 投稿日: 02/04/04 13:43
小泉の支持者は女が多い。
性癖に問題があって、それが明るみに出りゃ
儲け話が全部パ〜さ・・・・・
慰霊祭を仕切るって言うのは、表だけじゃない。
裏でいろいろな金が動く。いいかい・・・
小泉が靖国参拝を決めて、余計な警備をする必要がある。
余計な警備とは、石原さんの好きな人たちだ・・・新宿にいるね・・・
何で解決する??金だよ・・・誰に頼む??当然だろ・・・

816 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:12:51 ID:E1QOLSrD
自己レス
>>814
>極度の緊張症、かつ昂奮しやすい体質

こういう人は他人とコミュニケーションは取れないんです。いつも自分だけの世界でイ
ライラ、セカセカしているから。よく、他人の話が聞けずに自分のことだけ話す人がいるでしょう?
その代わりに、テンションが高まるとパフォーマンスだけはお得意です。

オフに人と会いたくないのも理解できる。外に出て他人と会って緊張して疲れるより、
自分だけの昂揚した世界に入っている方が落ち着くから。だから部屋でオペラに陶酔する?

勉強は不得手でしょうね。神経がいつも緊張していて落ち着かないので、目の前の
ペーパーを読んで理解するどころじゃないでしょう。
たまに、落ち着かずキョロキョロしている子どもがいるでしょう? ああいう感じ。

勝手に診断しましたが、万が一この通りだとすると、政治家になってはいけない人だね。

817 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:22:52 ID:nWRa6bgC
というか、彼らにとって都合の良い事(失言とも言う)を
言わない失語症であるらしきことが、効果をかなり生んでいる
 
そういえば、イギリスにそんな人が居たかな

818 :闇の声:2005/05/21(土) 18:36:50 ID:07zvwGtr
>>816
小泉について、思い当たる節があるのは・・・
握手をするとき何処を見るかなのだけれども、小泉は相手を見ていないと言う
と言うか、たとえブッシュでさえも「本当は会いたくないのに・・・」と
言う表情が感じ取れるときがあるそうだ
だから、小泉と面談しても印象が残らないし「彼は私のことを覚えてくれているだろうか?」という
危惧の念さえ抱くらしいね
ところが、某国の首相と会談した後「彼とのオペラの話しは楽しいね 今度ゆっくりオペラ談義をしましょうと
言われてね」と、会談の中身よりも自分の知識を披瀝できたことに満足感を表した
なるほどなと思った

>>815
この頃と、今と比べて
あまりに多くの悲劇を見て、毒気が少し抜けたかなと思った
あの様なことは、例え今知っていても書けないな・・・それだけ、現実は
もっと悲惨なのだ

819 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:38:01 ID:nWRa6bgC
昇進自察ですね

820 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:39:34 ID:Ovacsy8s
電波受信してるんだろ、小泉はw
ヒトラーも強い電波を受信してたようだが。

821 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 18:45:00 ID:nWRa6bgC
エロエロのですか?

822 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 19:04:43 ID:c7/ipW7N
自分がローエングリンにでもなったかのようなデンパとかじゃない?
白鳥の曳く小舟に乗って登場するんだよな、確か。

823 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 19:21:08 ID:nWRa6bgC
そんな自分に酔ってる暇は無いもんですよ


824 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 19:40:32 ID:nWRa6bgC
http://www.arai.co.jp/jpn/jp/topic/hist/hist.jpg

825 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 21:01:41 ID:FofcExdw
小泉ってホモっぽくない?

826 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 21:54:26 ID:459/u0Sf
ぼくには判りません

827 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:04:42 ID:YF+Z1h36
全然ホモっぽくない
超Sっぽい感じはする

ところで俺は全くの素人でぜんぜん事情なんて知らないけど
このスレと2ch全体の書き込みを見るところ
石原と仲が良い組織と小泉と仲が良い組織って対立?組織じゃん

828 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:07:15 ID:vhDDf+EL
>安部はおぼっちゃますぎて仲間がいないという
コレまでの行動を見れば判るように安倍は見た目は大人頭脳は子供だからね。
そんな男をなぜ「天下の」文芸春秋を始め保守派の面々が推すのかが判らないが。
>自分の息子をいずれは立候補させて自分の抜けた後に座らせて安部を後見人にする・・・
森の息子ってシャブ疑惑を何度も書かれてませんでしたっけ?
そんなのが議員になったら戦後のイタリア政界みたいになっちゃいますね。

829 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:12:23 ID:U/LXyjSF
確か森祐喜とか言う名前だっけ

830 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:13:05 ID:XdJ2nD6y
すげー目つきが悪くって堅気には見えんよ

831 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:13:22 ID:O6B62tOU
不可視のパターンがどこかと同じなのはなんでだろ

832 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:19:44 ID:459/u0Sf
神戸商戦=頭小泉

833 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:20:59 ID:vhDDf+EL
>>802
その発光ダイオード裁判で中村氏が三権のお粗末振りに激怒して「アメリカで仕事、日本でバケーションが一番」みたいなことを記者会見で言ってましたね。
政治家のアレっぷりを見る限りある意味納得でしたが。


834 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:26:59 ID:459/u0Sf
ここに来て、日本との利害一致は無いとわかった
 
海兵に吸い込まれるなら、国内で演習してなんぼだし

835 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 22:59:00 ID:f0y7Io1m
>>812は「したい」と「した」を読み間違えているに13ゴールド。

836 :アポロン:2005/05/21(土) 23:04:08 ID:sT+G6EoY
君達からはヤクザを殲滅するなんの具体案も出てないじゃないか!
ようはヤクザはベトコンだ。
このヤクザの基地は「極貧層」だろう。
ならばここに「生活保護」を「枯葉剤」のように撒けばいいだろ?
あとは「障害者教育」もだ。

837 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 23:23:57 ID:f0y7Io1m
↑このスレは闇の声氏のありがたい話を聞くスレだ。
今やスレタイは便宜的につけているに過ぎない。

838 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 23:24:18 ID:iAZtVQxq
アポロンは過去レスなんて読んでないから皆放置で。

839 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 23:28:58 ID:FofcExdw
アポロン先生を召還したやつがいたらしくて、
どうもすいません。こちらで引き取りますんで。

840 :名無しさん@3周年:2005/05/21(土) 23:37:43 ID:459/u0Sf
>>836
それだけでは無いだろう
 
”旧家潰し”をした上で、地域社会を分断し
頭目不在のなかで統治を行ったうえ、アメリカ式に
洗脳し、ノミの毛布を送りつけ、極寒に処するのが
キミたちの手法なのに、なんでわざわざ失敗した
方法を述べるのかな?
 
まさか、卵だけでなくハムもよこせ、とシュワちゃんにまた言わせるのか

841 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 04:05:17 ID:Sviawe8b
>>836
既に生活保護はアンバランスに撒かれまくってるよ。
生活保護の給付の実態を知っていて言っているのか?

どうしても逆選択とかフリーライダーのミクロ的な諸問題を
上手く絡めて説明できる人が経済学業界には居ないのが現実。
ここで言うヤクザ的業界構造は自由競争よりも談合による
価格の高水準の方が合理的と判断された事例が多い。
だから、数十年も続く事例が数多く出てくる。
分かる人は何故かマルクスに走っちゃうし、近代経済学を専門に
してる人間は煙幕をかけて見ないことにしてるし。

>837
架け橋人柱になるのも名無しとして悪くない選択かもな。

842 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 04:22:15 ID:oGSjJ3fj
アメリカ民主党の考え方ならまだしも、石油と土地だけで経済を
考える肉屋にそんな細かい話は聞いてもらえない

843 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 04:25:01 ID:4+ktIxAM
ヤクザ叩いてるカタギは世間知らずだな。
手形のサルベージなんてのは一部の例外を除けばヤクザしか出来ないでしょ?
ヤクザ否定派のなかには、すぐ「警察」だの「裁判所」だのって司法を持ち出すけどさ、
そんな悠長な事してたら決済日がきてしまう社長さんも居る訳だよ。
神無月でもある来月にどこの地方でも祭りはあるけど、テキヤ居なくなったらツマラナイぞ!
お前等みんな大好きな風俗だってそうだよな。中には堅気が健全?にやってっとこもあるけどさ、
ヤクザのルールと抑止力があるから無法者が暴れないんだぞ。
チンピラはいらねぇけど、ヤクザもんは必要さ。
ただ立派なヤクザになるためには、たいへんだけどね。



844 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 05:29:21 ID:CjhakrHc
>>843
本来は弁護士がやる仕事なのだが、
法務省が政策的に弁護士の数を制限しているお蔭で
ヤクザが台頭するわけだ

サラ金が財務省管轄事業なのと似た構図だわな

845 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 05:36:16 ID:HTVkfubR
テキヤ、風俗、債権、諸処理等にヤクザが時として有効なのは誰でも知ってる
地域社会で任侠道(笑)云々なら必要悪、想定内。

ここでの雑談は想定外のヤクザ、犯罪組織化したヤクザ

846 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 08:00:57 ID:J11b8FHg
先日からチョンの防衛長官の筋が勝手なヤクザ活動をやってますね

847 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 09:27:32 ID:xeQ0dF5m
>>845
たとえ犯罪組織化したヤクザであっても、殲滅されるようなことになったら
日本はアメリカに軍事上のみならず、政治、経済的にも完全占領されてしまう。
その場合の庶民の痛みを考えれば、必要悪として容認すべきだろうね。

848 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 10:10:29 ID:EaOTwQVG
【政治】日本に滞在する日系ブラジル人の生活深刻化、支援策検討会議を設置へ
1 :Beko ◆NEWS9yPSk2 @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/05/22(日) 07:18:35 ID:???
★日系ブラジル人の生活深刻化、支援策検討会議を設置へ

 政府は、日系ブラジル人の中に日本での生活になじめない人が増加していることから、
専門家による検討会議を発足させ、対応策を協議する方針だ。小泉首相が26日、
来日するブラジルのルラ・ダシルバ大統領と会談する際に表明する。

 特に、日系ブラジル人の医療保険への未加入と、子弟の不登校など教育問題が
深刻化していることから、検討会議はこの二つの課題についてそれぞれ設置する。
教育問題では、ポルトガル語と日本語の両方を話せる「アドバイザー」を学校に
配置する制度の拡充などを図る。医療保険問題では保険加入条件の緩和などが
協議される見通しだ。
 少子化に伴う労働力不足を踏まえ、日本の経済界では、在留資格の条件緩和などに
よる外国人労働者の受け入れ拡大を求める声が強まっており、政府も対応策を検討している。
ただ、外国人労働者の受け入れに当たっては、日本で生活しやすいよう環境整備を図る
必要があるとの指摘も多く、両検討会議での議論が注目される。両検討会議とも
早ければ今夏に第1回会合を開く。年内に提言をまとめ、施策に反映させる方針。
 日本に滞在する日系ブラジル人は現在、27万人以上。その子弟は言葉の問題から
日本での学校教育についていけず、1万人以上が不登校になり、中には非行に走る
児童、生徒が少なくない。
 また、日本で働く日系ブラジル人も、金銭的な理由などから半数以上が医療保険に
未加入といわれ、医療費未払いや、通院をためらって病状が悪化するなどのケースが
相次いでいる。

讀賣新聞 http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050522i201.htm


849 :闇の声:2005/05/22(日) 10:19:26 ID:qBxsfciB
自分がこう言う事も何なんだけれども、日本の地方自治というか県から市、町村と
単位が小さくなればなるほど政治は本来より透明でなければならない
ところが、自分の知る範囲で言うと保守系でも革新系でも利益誘導が凄いし、しかもそれが
全く透明性が無くて何がどうなってるのか判らない内に特定の業者に利権が落ちていく
これは何故なのか、色々理由はあるだろうけれども一つ言えることは地方自治ほど関心の少ない
テ−マはないし、自分と利害関係がなければ全く考えてみようとも思わない人が多すぎることだね
東京の区議会選挙を見ていると、結局当選していくのは地元の顔役だ
新顔が出て、当選しても継続していけない
殆どの場合、所謂市民派という議員はネクタイを締めないとか浴衣で議場に現れるなどのパフォ−マンスだけに
なってしまう
何故なのか、色々調べてみて判ったのはそう言う新顔議員を当選させる会のような
組織の代表は弁護士だったりジャ−ナリストだったり一応は社会のオピニオンリ−ダ−たる
人材だ
ところが、議員はそこまで専門知識がない・・・つまり、どんなにバックがしっかりしていても
肝心要のご本人が論戦を展開したり問題点をあからさまに出来る能力が足りないケ−スが多いと思う
言い換えれば、騒ぐことには荷担しても絶対に当事者としての責任を負わないインテリ層特有の弱さが
なかなか市民派が定着しない根底にありはしないだろうか?

850 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 10:28:02 ID:J11b8FHg
女性アタックの所為での浦島太郎効果をなんとか抑制するための行動が
誤解されることが多いですね

851 :闇の声:2005/05/22(日) 10:31:15 ID:qBxsfciB
これは国会にも同じ事が言えて、民主党で結構変わった経歴や活動実績が華々しかったりする
人が当選し、国会に出ていくと途端に活動が鈍ってしまう
一番良くないパタ−ンは、当選する前はしょっちゅう開いていたタウンミ−ティング形式の集いを
忙しさを理由に回数を減らしてしまったり止めてしまう事だね
自民党は、端から信用していないけれども民主党は少しは期待するが結局何もしないと言う形で
裏切られてしまう・・・これが多いのだという
勝手連形式で盛り上げて当選しても、当選後は少数の政策秘書だけで党の会合や国会の委員会に出るだけで
結果的に何も出来ないまま時間だけが過ぎてしまう
政治献金の枠を、特に個人のカンパを優遇する形で勝手連がそのまま政策集団になる方策を考えないと
結果的に安部晋三や森の息子の政治になってしまう

まして、話題が地味な地方自治では何ら顧みられることもなく決まった顔ぶれで
地域なわばり宜しく利権の割り振りが決まってしまう
この割り振りこそ、美味しい話しでね・・・
組織がそういうことを言った訳じゃないが、蟻の通り道宜しく餌場まで誘導してくれているのは
硬直化した地方自治のなわばり争いだよ


852 :闇の声:2005/05/22(日) 10:40:14 ID:qBxsfciB
これは余り多く書けないけれども(かなり怖い話しなのでね)
ブラジル人問題が、書かれている
日本とブラジル等南米を結ぶ組織はバブルの頃から既にあって、人買いをずっと
やってきた
大手工場から公共工事まで口入れ稼業をしているわけだけれども、この口入れ屋は
組織その物だ
しかも、南米と言う事はお解りと思うがそんな簡単な組織じゃない
現地の政府と連んでいるし、もう一つの側面がなかなか厄介・・・つまり
麻薬などで儲けた金のロンダリングだよ
この組織のビジネスに乗っかったのが、各会社の工場長などの現場管理者だ
裏金を掴まされてピンハネから労働環境問題などを頬被りしてきた
ところが、この口入れ屋は景気が悪くなるとすぐにいなくなる
電話も、事務所投機もでたらめなのにそれを承知で使ってきたわけで、その無管理状態が
今日に至っている
警察なんてそう言う口入れ屋からたっぷり貰っているから何も言えないやね
もし、ブラジル人達が本当は幾ら給料が貰えてそのうち何%ピンハネされているか、知ったら
暴動になる・・・それをしゃあしゃあと言ってのけた工場長がいたね
しかも、大手だよ
これは色々な意味で火種だよ

853 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 10:43:58 ID:J11b8FHg
私の祖父はJAの基盤整備のために尽力はしてきましたが、議員に成ったと
言うよりもJAに土地を提供した分の勲章として利用された
それが所謂”推薦による当選”なのだと最近わかりました
 
が、自分の学歴に関しては自分の実力だと自負は譲れません
勉強というより訓練を受けに行った様なものですから

854 :闇の声:2005/05/22(日) 10:55:40 ID:qBxsfciB
>>853
東京都下でK市とH市が合併したときに、JA出身議員の多いK市がイニシアチブを取ったために
市政がJA寄りにシフトしてしまったことがある
H市は確かに左翼市長も誕生したりして革新一色だったから、合併して
たっぷりやっつけられたのは判るのだが、たとえば介護や福祉と言った面では
先端的な市だったんだね
それが、合併したことで後退してしまった
区画整理や市道などの基盤整備事業に対する協力の見返りは今でも良く聞く

855 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 11:06:11 ID:NNt49hHY
死んだ親父はヤクザ使わなかった。知り合いはいたんだけどね。内の金横領した土建屋やらずに自分が死んじゃった。身内に公務員多かったしね。人見る目無かったんだね。今頃あの世で爺さんに拳固くらってるだろうなぁ。

856 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 11:18:33 ID:J11b8FHg
>>855
実際は生きてると思うけどな、保険金だけ入って今のアンタが或る

857 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 11:26:01 ID:JXRYK1Fn
>>849
秋葉原の再開発をめぐる石原の動きもそうだしダムを巡る康夫の利益誘導も凄いようですね。
本来なら主要メディアが大々的に取り上げて糾弾してもいいのに作家タブーに引っかかってどこも報じられない。
特に文芸春秋社なんかその典型的な例だろう。
あの会社にジャーナリズムなんてものは無いんだなと痛感したほど。

858 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 11:36:27 ID:J11b8FHg
でも、本音はヤクザは好かん
本来なら連中はちゃんと自衛隊に居るべきやつらだ
 
それを訳のわからん事をやってんのは問題だし
アメリカの長老殺し手法を皇室統治と勘違いして加担してるのは
日本を殺していってるだけの所為で、朝鮮経由による日本つぶしでしか無い

859 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 12:10:25 ID:cmwayMvB
>>837
だから政治板は(略

860 :吉野家LOVE ◆kJOq8Zhosg :2005/05/22(日) 12:24:50 ID:MyrCDNk4
おい! 黙ってROMってりゃ
闇の声だの、そこらの名無しだのが
随分と烈しいデムパ飛ばしまくってくれてるじゃねーのw!!

>>813

>たとえば、ゴルフを相当やったはずなのに、

アー? (゚Д゚)y─┛~~
小泉はゴルフもやらんし料亭通いもしない男なんだよん(゚∀゚)
だからこそ(政界の変人)で通ってるんじゃねーかよん。

つか、闇の声って、昔はもう少しマトモだと思ってたのに
相当な脳内ソースを方々に散らしてるようだなw

861 :吉野家LOVE ◆kJOq8Zhosg :2005/05/22(日) 12:26:43 ID:MyrCDNk4
論談について語り合うかいw?
ココの会長の息子が、漏れの知り合いのダチなんでね。

862 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 13:07:39 ID:JXRYK1Fn
↑このスレは闇の声氏のありがたい話を聞くスレですが何か?

863 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 13:15:02 ID:JXRYK1Fn
>料亭通いもしない男なんだよん(゚∀゚)
ハマコーから「この芸者殺し」と野次られた事に関しては?


864 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 13:38:53 ID:XSH3sC5F
慎太郎都知事10月国政復帰か
自民議員が「ポスト小泉」に画策
 石原慎太郎・東京都知事(72)が、10月に行われる予定の衆院統一補選で、東京4区から出馬するとの情報が浮上した。自民党ベテラン議員が「ポスト小泉」に担ぎ出そうと都知事の国政復帰を画策しており、永田町では「7月の都議選で石原人気が健在なら現実味を帯
びる」の声も。石原知事にとって首相の座に就くには、年齢的にもこのタイミングがラストチャンス。“ウルトラC”が飛び出すか注目される。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/may/o20050521_10.htm

865 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 14:22:01 ID:2jKS2+xC
>>864
石原構想、予想通り出てきたか。

866 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 14:29:37 ID:JXRYK1Fn
>865
石原には浜渦の存在がネックな訳だが。。
国政復帰は無いとみるがね。


867 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 15:14:09 ID:s7nX2Lxu
慎太郎都知事10月国政復帰か 自民議員が「ポスト小泉」に画策
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/may/o20050521_10.htm

868 :闇の声:2005/05/22(日) 15:44:27 ID:ezruLt2k
>>860
何時の号だったか忘れたが、ゴルフダイジェスト誌にゴルフについて書かれている
なかなかの腕だともね
料亭通いはしないが、反面レストランは好きだね
ワインを空けられるところなら、何処でも良いらしい

>>864>>867
政界でよく言われることに、有りそうな話しほど実現しないと言うのがある
国政に関する彼の不信感は自民党と官僚組織に根ざしている
そこまで、ハアそうですかと言って受けるとは思えないね
仮に受ける可能性があるとすれば、外交問題でさらにもう一つか二つ大問題が起きて
明確なコンセンサスが必要になったときだろう・・・その場合、現行の自民党でも民主党でもダメで
挙国一致の形が望ましい
受け皿的な物を用意する程度では彼は動かないし、むしろ自由な立場で発言をする方を選ぶ気がする

869 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 15:55:15 ID:qqTjSEQ2
石原ってなんで中国にはやかましく言うのに
韓国には何も言わないの?歴史問題にしても領土問題にしても・・・
勝共とか統一とかと関係あるの?

870 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 15:56:59 ID:EaOTwQVG
おれの信頼できる上司の話によると
次の総理は福田らしいよ

871 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 16:08:15 ID:FFUk+2QI
しかし、ほとんど安部で決まりだろ。でなければ北朝鮮問題で売り込みセールをした
意味がない。念入りに人権擁護法案でも、ネット住人向けに売り込みセールをしてる
んだから。確かに、親父が危篤で死に掛かってる時ですら、隣の部屋でテレビゲーム
をしてたほどのバカボンなんだが、馬鹿であればあるほどコントロールも効き易いって
もんだろ。

872 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 16:16:38 ID:EaOTwQVG
石原の話は郵政民営化にたいする亀井派と橋本派の牽制だろ

873 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 17:11:44 ID:ch/NRXVM


地方は農業回帰のながれ復活じゃないか。


874 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 17:31:43 ID:XLuvWLbk
>>856オヤジは丁度65で逝った。保険金なんて300万、葬式出して終わり。
残した金も微々たるもの。俺の金やら、オヤジの残したほんの少しの金で色々
解決していった。ヤクザに頼んで使い込まれた金やら、騙された金やら折半で
解決してれば、こんなに苦労はなかった。何にも言わず逝ったんですよ。身内
の事を考えたんだろうけどね。死んだら残された家族はどう騙されたのか分か
らない。俺を助けてくれた人も、どうにもならないって言ってた。わかっちゃ
いるけど、どうにもならない。俺はオヤジと違ってヤクザの知り合いはいない
し、お願いして解決しても表ざたになったらと考えるとやはり無理。
オヤジを騙した奴らは今でも、のうのうとしてると聞いた。
俺が死ねば2千万が残せる、それは銀行には手が出せない。何度も考えた。
ここのスレ批判するのもいるけど、救われた奴もいるって事だけは書いておき
たい。
長文、また乱文失礼しました。


875 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 17:54:22 ID:iHzCKbLL
今日のお昼のテレビ番組で技術評論家の桜井真?が北朝鮮の核についてしゃべってた。
尼崎の事故でもテレビに出てたが、原子力が専門らしい。
今は核実験しなくてもだいたい設計どおりの性能の核爆弾を作れるし、
小型化にしても世間で思われているような難しいものではないと言ってた。
別の原子力関係の専門家がインタビューでしゃべっていたのは、北の人と会ったときに
ウラン型とプルトニウム型のどっちだと聞いたら、プルトニウム型だと言ったので
「それじゃ核実験しないと証明されませんね」と言ったら、北の人は黙ってしまったらしい。

876 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 18:03:37 ID:/VSj/Cjk
もう日本は駄目かもしれんね。

877 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 18:07:38 ID:liwjdPIy
>>875
どちらにしても核実験やって全世界に核爆弾を持っている
と証明できないかぎり無意味だね。
仮に起爆装置を完成させても誰も信じないなら脅しも無意味になる。
じゃあ日本に攻撃して使うかというと金も奪ってないのに報復を覚悟で
何の為に?って話になるね。

878 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 19:40:10 ID:A7vi+RuZ
>>877
残念ながら、北朝鮮が核を持たんでも核攻撃は可能なんだよな。
日本海側に整列してる原発がやられれば、やはり大変なことになる。

それ以前に地震でやられると同様の被害が起こるわけだが。

879 :開業税理士:2005/05/22(日) 19:55:03 ID:mxcavveP
>>868
もし、この夏北が核実験やったらどうよ?

880 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:18:19 ID:YKQM3AHO
869 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 15:55:15 ID:qqTjSEQ2
石原ってなんで中国にはやかましく言うのに
韓国には何も言わないの?歴史問題にしても領土問題にしても・・・
勝共とか統一とかと関係あるの?

石原の弟の嫁が挑戦陣だからだろ



881 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:43:18 ID:yKb5iXFL
>>868
石原が受けるかどうかというよりも、最初から石原自身が来るべき日を見据えて
下工作を重ねてきた感じがしますが。

石原自身はまだまだ隠しておきたかったのに、亀井サイドがいよいよ郵政で追い詰められてきたから
こらえきれずに秘中の秘を漏らしてしまったんではなかろうか。
ここで石原総理の名前を出すことは、小泉の解散総選挙の脅しへのカウンターにもなる。

石原はもうかなり前から総理に向けていろいろ布石を打ってきた気がする。
本来ならずっと昔からの金融政策の持論(積極財政論者)からして竹中の金融政策に真っ向から反対するのは石原のはず。
だが、石原がほとんど竹中に対して批判しなかったのは、小泉後に森派との対立を避け禅譲されることを
見越して耐え忍んでいたと思われる。
対官僚にしろ対メディアにしろ、石原がこれらを屈服させる可能性は、石原の政治人生の中で
間違いなく今が最も条件が揃っている。

>>869
もちろんあるでしょ。
石原の政治人生は反共産主義、反進歩主義がメインテーマ。
今でこそ対立軸が薄れて韓国を叩ける状況が生まれたが、それまでは貴重な反共の仲間。
現ノムヒョン政権には何の義理もないだろうが、ハンナラ党には友人だらけでしょ。

882 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:51:05 ID:TRPuYbvL
>>881
>本来ならずっと昔からの金融政策の持論(積極財政論者)からして竹中の金融政策に真っ向から反対するのは石原のはず。

石原はマクロ的にはリフレなのか? ただな・・・石原都政は都立大改組(首都大学東京に独法化)
に代表されるように、基本は構造改革的に社会をリストラしていく方向。

そのあたりが引っかかるね。亀ちゃんとどっちがマシかな? かといって民主や共
産は弱者保護は唱えるが、リフレ的な方向への理解は薄いので論外だし・・・。

883 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 20:58:15 ID:WKdifqmw
武部って政界ではどういう役割の人なんですかね

884 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:34:51 ID:JXRYK1Fn
>>871
森より酷い安倍を支持する奴がいるのか?
今や地元でさえ総スカンを喰らってるのに。。
あとヤバイ筋との関係が多いし


885 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:38:58 ID:EaOTwQVG
安部ちゃんが種無しって本当なの?
名家なのに、後継者がいないのはさびしいね・・

886 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:43:16 ID:5KANzgBV
>>883
武部って意外とお洒落だと思う
眼鏡とかスーツとか綺麗に着こなしてる
奥さんが見てるのかな?大物政治家では一番かっこいい
顔は不細工だけど

887 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:43:41 ID:JXRYK1Fn
続き
>>871
森は確かにバカだが本人もそれを自覚はしていたように見える(記者懇や各種メディアの記事からして)
安倍は自分がバカだと自覚してるとは思えないのよ。
単なるバカと真性のバカとでは雲泥の差があるよ。
>>885
そういうことは言わん方がいいぞ。
罵詈雑言浴びせてる安倍と同類になってしまう。
>>883
時代劇で言えばお代官様に賄賂を渡す越後屋ってところか?


888 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:46:00 ID:WKdifqmw
>>886-887
いやまぁ、コキントウとテレビで映ってたもんで気になった。
それにしても、派閥の系譜が何かわかりにくくなってきたなぁ
というのは気のせいかな。

昔はもうちょっと〜〜派とか〜〜グループとか言われてたような気もする。

889 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:57:26 ID:5KANzgBV
武部って山崎の子分でしょ

890 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 21:59:02 ID:5KANzgBV
http://www.geocities.com/jiminlist/SHUIN.HTM

山崎一家の若頭みたいなイメージ

891 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 22:11:46 ID:cmwayMvB
1 名前:玄武φ ★[] 投稿日:2005/05/22(日) 12:50:37 ID:???

■中国政府、ネットで市民装い世論誘導・香港紙報道

 【香港22日共同】22日付香港紙、明報などは、中国政府がインターネット上の伝言板など
に流れる言動を統制するため、一般市民を装いながら反政府的な言動に反論し、世論を政
府の望む方向に導く「地下評論員」を育成していると報じた。

 評論員は、過去1年間で少なくとも三つの省や市で100人以上が育成され、今年4月から既
に活動を始めているという。

 中国政府はこれまでも外国のウェブサイトにアクセスできなくしたり、国内の一部サイトを
閉鎖したりする規制を行っている。 (11:57)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050522STXKA004422052005.html


2ちゃん内の安倍信者も ↑ 世論誘導の香りが。。


892 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 22:19:29 ID:JXRYK1Fn
>>891
中国でこうなら日本でもやってそうだな。
小泉再訪朝の時の家族会バッシングなんかいい例。


893 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 22:30:37 ID:EaOTwQVG
岡田タンが解任されたらしいです

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1116768336/l50

894 :893:2005/05/22(日) 22:35:45 ID:EaOTwQVG
どうやら釣られたようです(´・ω・`)ショボーン

895 :名無しさん@3周年:2005/05/22(日) 23:31:54 ID:mFAoKYGT
>>874
それでも苦労を苦労と厭わず、突き進んできた一般人に甘えが見れる
弱音をそいつらに吐いてきたのがアンタ達政本だ
 
フォローする義務は俺には無い、うちの父親は話もしたがそれが仇に成るとはな


896 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:07:39 ID:zAlaJXXG
ヤクザとカタギはもちつもたれつ。
仲良うしてつかーさいや。

897 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:20:33 ID:h+/ZYJxF
不良債権問題はどうなったの?

898 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 00:47:54 ID:SXv0Ql6+
今までの話を勘案すると、海外銀行に格付けを操作されてるから
それを防止する必要がある、それと中国含めて為替の是正


899 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 02:11:28 ID:gjObrqx3
>>868
石原は浜渦を何とかしない限り国政復帰は無理だろう。
佐野眞一のルポの中で三島由紀夫が切腹せざるをえないように追い込んだ森田必勝の役割を浜渦がやってるなんて書かれてたがまさにドンピシャだと思う。
今浜渦は都議会から辞職勧告を突きつけられてて絶体絶命状態だし。
かと言って浜渦を切れば石原もお終いだしね。



900 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 02:15:52 ID:XoLMKaLq
レビンマーク村じゃなくて白い家へむかう

901 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 05:59:02 ID:XoLMKaLq
魔さ本くんの子供はあれは徳田くんの子供だな
まったく他人の子供云々と言うのは本当のようだ

902 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 08:42:22 ID:bM74VJGc
闇氏の話を聞いてると自民党が改革政党になったというマスコミの報道は嘘っぱちで実は前より酷くなってるというのが実情っぽいですね。
見た感じ若返りをしてるように見えますが塩崎や渡辺など金融危機の時に活躍してた若手議員の顔が全く見えなくなってしまったし。
民主も民主でまたぞろ小沢に振り回されてる感じがするし。
今のままだと惨敗はないにしても次の総選挙は微増・微減で終わるのがオチじゃないか?



903 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 08:54:55 ID:VA3ISYXv
小沢にとっては、政策論に走る若手たちよりも、利権の餌で簡単に釣れる旧社会党系の方が
はるかに操縦しやすいってことなのかな。
民主党で若手が封じ込められて、いつの間にか社会党系や旧経世会が完全に牛耳っているように見える。

904 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 08:59:56 ID:jS+FNOrf
いまの政権には(これはアメリカも言えるが)、集中力が足りないので或る

905 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 10:14:25 ID:dzOY3uE7
>>881
私も同意見、選挙で勝つなら慎太郎。そして、彼が総理になるなら、今がチャンス。
下手をすると、森派は、安部・福田で票がわれる。
一方、橋本・堀内・亀井といった選挙が怖い派閥としては、これ程の広告塔はない。
しかも、森派の圧制で相当不平不満もあるだろうし。
石原政権が誕生したら、竹中は国外逃亡するかもね。
少なくともミキハウスの件は、抑えられないだろうし。

906 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 10:34:28 ID:bM74VJGc
>>905
浜渦をどうするかが問題だよな。
結局飯島が浜渦に取って代わるだけになるのがオチじゃないのか?
>>903
実は小沢追放こそが民主党再生の鍵かもしれない。

907 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 10:37:40 ID:bM74VJGc
>>906訂正
浜渦が飯島に取って代わる

908 :闇の声:2005/05/23(月) 10:38:38 ID:foK3TyUk
>>905
少しこの問題を考えてみたいと思う
結論から先に言うと、自分は無理だと思う
その理由は、
1)年齢からくる健康面
2)自公連立は受け入れがたいこと
3)都政改革はまだ道半ばであり、もう一期必要なこと
4)敵味方相半ばするそのキャラクタ−
こんなところか

自分としては、ガラガラポンを一度やった上で彼の動きやすい政治体制が
出来た段階で首相になるのが一番良いとは思うが、問題はそうなるともう二、三年は
時間を要する
さらに、もう一期都政に関わった場合はかなりの高年齢になる
上に挙げた2)と3)に関して考えてみたい
2)自公連立
都政を知る人なら良くお解りと思うが、都政で公明党の存在は巨大であり
勢力以上の存在感を示している
と言うのも、国会議員より勢力のある都議会議員などがいて、いずれも池田直系だ
しかも、この連中は資金力もあり戦闘力も相当な物だ
石原都知事を支持する層と都政を動かしている議員の支持者層は乖離があって、これが
都政の中にアンタッチャブルな構造を作っている
だから、彼が国政に当たるには公明党とは縁を切りたいはずなのだが
今の組み合わせではそれは無理という物だね
どうしても、小沢−石原会談を一度はやらなければならないだろうが
その仕掛けをするだけの人間が居ない

909 :闇の声:2005/05/23(月) 10:48:01 ID:foK3TyUk
小沢が、最近めっきり政策提言をしなくなった
白けているとも、体が悪いとも色々言われているけれども
どうも白け説が濃厚だね
一番いい形は、民主党内の保守勢力と石原都知事がリ−ドする形で
自民党の分裂を誘発できればいいのだが、この民主党の保守層という勢力は
ほとんど石原氏と面識はおろか、何を考えているのかお互い知らないはずだ
これが、民主党保守派の弱点だ
岡田にせよ鳩山にせよ、今更石原に頭は下げたくないだろうし鳩山の安保政策などは
石原と全く相容れないと言っていい
菅直人はもっと相容れないだろう・・・政策以前の問題だね
結果、親分を裏切ってまで石原に付くだけの度胸はない・・・
だけに、石原−小沢会談で国を憂う勢力の結集という大命題がなければ
動けないだろうね
それには時間を要する・・・ただし、北朝鮮問題で小泉が煮え切らない態度で
一層状況が厳しくなればそれはまた違う話だね

910 :闇の声:2005/05/23(月) 10:58:03 ID:foK3TyUk
3)都政改革
新しい動きを色々もたらしてくれているけれども、その評価にはもう少し
時間を要するだろう
新銀行東京にしても、首都大学にしても・・・
さらに、沖の鳥島に見る・・・国が何もしないから都は都民を守るために
最低限のことはすると言う政策にしても、その定着にはまだ時間が掛かる
加えて、横田の民間使用という問題や羽田の拡張など国益に適う都の事業は目白押しだね
東京都のことをやっていながら、国益を守る事に繋げている手腕は石原氏ならではであるね
彼の、東京から国を変えると言う言葉は言い換えれば東京にいるから国を変えられるとなるのでは
と思っている
様々な政策を遂行することで東京から国を変えられる内は、彼は動かないだろう
実際、彼に国政に出て貰っては困る連中は、霞ヶ関にいっぱい居る
その連中が何を考えているか・・・は、諸兄等はお解りと思う
言うまでもなく、これだけ小泉改革が進んでいるように見えるのは
小泉改革が官僚にとっては好都合だからだ・・・いや、好都合な中身にしてしまったのだ
それ故、官僚は自公連立を守る方向に進んでいる
その後継が安部なら言う事無しだね
官僚の動きを見ていれば、石原都知事は国政に関わるよりも都政から国へアピ−ルすることで
世論を味方に付けられる
その方が利口だと思うね・・・だから、都政改革半ばという口実で国政には関わらないと思うよ

911 :闇の声:2005/05/23(月) 11:11:57 ID:foK3TyUk
では最後に、石原氏が国政に出てくる場合を考えてみると
外交の失敗+経済の失政で小泉退陣となって混乱の内に総選挙となる場合だろう
その場合、最初に小沢−石原会談を行って小泉政権を否定しなければならない
北朝鮮の核実験が仮に行われても、最終的にこの問題を解決するためには
米朝協議になる
そこに、日本が何かを言う隙間は無いね
悪いム−ドが漂っても、実際することが限られるのが日朝問題なのだ
言い換えれば、核実験強行となれば北朝鮮はアメリカと差し違えるぐらいの覚悟で
米朝協議に臨み、最終的に核放棄と金正日体制維持の保証、ある程度の食料などの支援で
妥協する方向に行くのではないか??
そこまでの掛けをする相手に、日本はまさか先行してミサイルをぶち込むわけにも行かない
しかしそこまでリスクを冒すだろうか・・・
自分はそこまでしないと思う
やるぞやるぞと見せかけて、結果的にテ−ブルに付かせたいのが本音だからだ
理由は簡単で、実験をして失敗すれば自分達に一番被害が及ぶからだ
金も掛かる
現に効果はあった・・・事務レベルとは言え米朝の接触は再開されたし、アメリカは
攻撃する意志はないと明言を改めてしている
となれば、北朝鮮カ−ドで国政が動く可能性は低いと見る
ではもう一つのカ−ド、小泉が靖国神社参拝を強行して再び反日デモで
かなりの実損害が日本側に出るケ−スだね
ところが、石原氏の主張はもっと過激だから、首相交代で効果があるとも思えない

やはり野に置けレンゲ草なのではないか??


912 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 11:44:30 ID:bmALfQRM
名前忘れたけど無名大学の教授やってて反米評論家みたいなことやってるおっさんが
小沢は幼い頃からユダヤ人の家庭教師がいてロックフェラーに日本の国主として認定
されて英才教育を受けてきたとか言ってるけどなんなの?

913 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 11:47:22 ID:bmALfQRM
思い出した!副島隆彦だ

914 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 12:25:22 ID:HRYSypWa
・・・・・今更だけど副島センセは反米でもなければ親中でもない。
           「反グローバリスト」

915 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 14:12:27 ID:5RvQZMOh
闇氏、今一度小泉政権を降り返ってみたいと思う。
まず、最初は熱狂的な歓迎と共に誕生した。(小泉政権が)
御用マスコミのフジ産経、日テレ読売はもとより、朝日、毎日、TBS殆ど全てのメディアが連日連夜マンセー報道をした。
しかし、間もなく疑問の声が日刊タブロイド紙や月刊誌、週刊誌から出始めた。
そしてスーフリ事件が勃発した。
ネットや雑誌メディアによると、スーフリOBには大手広告代理店や大手メディアの従業員が多数存在していると言う。
身に覚えのある連中は戦々恐々としていたことであろう。
連中だってバカじゃないから右も左もわからないような田舎娘を相手にする筈がない。
当然、それなりの娘をターゲットにした事とは思う。(実際はわからないが)
従来だったら言った言わないの裏返しでやったやらない、自由恋愛の和姦だ、みたいな民事上の事として警察は取り合わなかったであろう。
実際、こういった男女間の問題は拗れてもせいぜい裁判所に民事訴訟を起こして裁判官の仲介で和解となったであろう。
でも、捜査は行われた。
そしてメディアは一斉に被疑者を叩いた。疑わしきは被告人の利益に、といった近代裁判の鉄則を無視して。
この事件を機に何故か、小泉に都合の悪い報道はなりを潜めた。
そして検察の調査活動費問題の勃発。
検察幹部の高検公安部長が何故か微罪逮捕された。マスコミは通り一遍の報道をして沈黙。
捜査の過程や裁判の過程で疑問が噴出しているにも関わらず何故か沈黙。
検察は獣道にでも入ったのだろうか?


916 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 14:13:00 ID:5RvQZMOh
この事件を機に何故か、小泉に都合の悪い報道はなりを潜めた。
そして検察の調査活動費問題の勃発。
検察幹部の高検公安部長が何故か微罪逮捕された。マスコミは通り一遍の報道をして沈黙。
捜査の過程や裁判の過程で疑問が噴出しているにも関わらず何故か沈黙。
検察は獣道にでも入ったのだろうか?
この事件以降、国策捜査とも言える捜査や逮捕劇が連発し始める。
民主党山本譲司、社民党辻元清美、自民党橋本派鈴木宗男、外務省佐藤優…
不思議な逮捕劇が現在進行形で続いている。
いずれもこじ付けか、微罪逮捕であり、従来なら不問し処されるものばかり。
検察のプライドであろうか?冤罪逮捕だけはないようだ。(佐藤優の「国家の罠」を読め。)
そして、昨日今日、突然降って涌いた「談合事件」。
検察は異例のスピードで捜査に着手したようだ。
多分、小泉の「郵政民営化」とシンクロしているのは確実であろう。
自民党反小泉派が郵政法案に賛成、事実上の小泉政権への恭順の姿勢を見せなければ間違い無く「やられる」だろう。
米国政府をバックにつけた小泉政権、行くところ敵無。
しかし、もし米国の現政権が倒れでもしたらその反発は凄まじいものになるかも知れない。

917 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 14:56:56 ID:bM74VJGc
>>911
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050523k0000e040069000c.html
これじゃ国政復帰はどう考えても無理だろう。
裏方に回っていろいろやることはありそうだけど。。

918 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 15:47:21 ID:v6iwAP2w
>>916
小泉は恐ろしく有能、しかも背後にアメリカ様まで就いている
庶民は諦め、奴隷になるしか選択肢がないということか

919 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 16:26:31 ID:yylaH3nE
小泉と竹中はクライアントオンリー。
アプリやデータが入ったサーバーはアメリカにある。
それだけの話だw
それにしても少しは根性見せないのかと思うが、小泉は。
(竹中はもうしょうがないがw)
無理だろうな。

920 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 16:43:07 ID:oT4UzfG+
>>912
だったら英語くらい話せてもいいのにねw

921 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 16:46:11 ID:A+dV5IFX
政敵も次々と力を失っている。自滅しているのもあるだろうが・・・
党首討論会で小泉に対して一応の実力を見せ付けていた当時の管代表、
昨年の年金未納で一気に力を失ったが、これは後日、役所側のミスが
明らかになり、この件に関しては本人に問題はなかったはず。
批判したマスコミはフォローもない。

>>915-916のマスコミの動きにも繋がる希ガス。

922 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:01:44 ID:l7QAzoNC
石原さんが首相になったら、靖国まで自衛隊のヘリで行ったりして。
防災の日でもけっこう悦に入っているし。

923 :闇の声:2005/05/23(月) 17:03:07 ID:aPlq0l1P
>>915->>921
小泉の実力とは思いたくないが、実際に運が良い
それと、政敵の自滅だけれどもこれには飯島という”その道のプロ”が大きな役割を
担っているよ
話しを戻すけれども、小渕さんが病院に担ぎ込まれた時に、既に意識もなくて
生ける屍だったのじゃないかなと思う
それを、辻褄合わせのために時間稼ぎをした
政治課題を精査して、それをどうするかを色々話し合った
森派が力を得る過程が、どうしても不自然なのだが嫌がる森を無理矢理総裁の座に
押し込めてその代わりに各派閥は協力をする事で一致を見たのではないだろうか?
加藤紘一の乱の時に、「フライパンの上の猫にしてやる」と言った元総理が居たが
その合意を無視したから・・・自民党員の道に反すると言う事でああ言う結果になったのではないか?
今までの自民党の総裁候補は、一応の主要閣僚経験者が成ってきた
森は確か、通産は経験があるが大蔵も外務も経験がないと思う(この辺は確証がない・・・調べれば判るけれども)
まして、政策のイニシアチブを取るタイプじゃなかったのでその代わりを各派閥がすることで
森を担いでいた・・・のだが、その間に小泉が政権準備をしていたのかどうか
それは疑問が残る
むしろ、竹中と言うアメリカの手先が上手いこと小泉に取り入って、同時に森派も儲けさせたので
これは都合がいいとなったのでは無かろうか?
金があると、情報も入る
飯島のル−トに加えて、メディアも率先して小泉を担いだ
その小泉への取り次ぎで、ますます飯島は力を蓄えてメディア各社に
睨みを利かせるようになった・・・と、考えている

924 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:08:12 ID:5RvQZMOh
>>918
小泉が有能なわけでは決して無い。
小泉は優秀な俳優なだけだ。
それは小泉の周囲のブレーンが有能だからだ。詳細は分からないが、多分、E島秘書官あたりがシナリオを書いているんだろう。

今回の「談合事件」だが、極めて異例だ。
公正取引委員会が検事総長に直接、告発している。
しかも、東京地検特捜部ではなく東京高検が直接捜査するらしい。
確実に言えることは、官邸の意向があるだろう、という事だ。
郵政民営化反対の反小泉派、非主流派、旧橋本派(非青木グループ)の議員か若しくはスポンサー企業が血祭に上げられるのは必至だろう。
綿貫、亀井、そして荒井広幸といった筋金入りの連中が頑張れば頑張るほど謝肉祭は酷くなるだろうな。
そうなった時、例えばスパモニの渡辺アナや報ステの古館が狂喜乱舞する様が目に浮かぶ。
しかも、今回の談合事件が朝日のスクープだって事が特に引っ掛かる。
戦前、大本営発表を大々的に、そして国民を一番扇動したのは朝日である。
そして今、朝日内部では体制派と非体制派が内部抗争を起こしているらしい。(週刊誌による。)
体制派が主導権を握れば産経も真っ青な報道をするだろうな。
小泉政権は米国政府の権力を背景にして、検察警察の公安系(思想派)を裏金疑惑をネタに操縦し、マスコミを様々な手段(例えばスーフリ)で掌握し、
尚且つ宗教団体を押さえつけ、好きなままに日本を壊して行く。
もう、行き付く所まで行くのか?日本は。

925 :闇の声:2005/05/23(月) 17:16:15 ID:aPlq0l1P
結局、小泉は担がれているに過ぎない
担いでいる人物は各々の利害関係で動き、その利害に忠実なだけだ
小泉が国会を何とも思っていないことは、委員会や審議会だらけの政治手法で
よく判るのだが、それだけじゃなくてごく近しい人間でなければ
彼と話も出来ない状態に飯島や家族はしてしまった
経済財政諮問委員会はアメリカの意を受けて、かなり忠実にFRBの手先宜しく
グリンスパンに気に入られようとしている
竹中も、役所とは余り話しをしないで、この委員会と政策打ち合わせを行い
総理の名前を借りて実行に移している
これは何度も書いてきたから、もうこれ以上書かないけれどもね
では、何故民主党は本腰を入れて叩かないのか・・・だが
菅直人にしても、結局党内での評価が地に落ちたままであり
岡田にしても党内基盤は万全どころか、菅直人チルドレンとは相容れないし
旧自由党ともあまり上手く行っていない
割れた党内基盤を繕うことで今は手一杯なのだ
その情報が面白いように飯島に入っているから、今選挙をやれば面白いと
すっかり相手を見下している
「もし世界が100人の村だったら」と言う良書があるが、「五人で仕切る永田町」が
今の自民党だよ
五人とは、小泉・姉・飯島・森・竹中だね
ただ、選挙には成りそうもない
選挙にしないでくれと、民主党から使者が飯島の所に日参している・・・
そう言う気がするんだね

926 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:17:40 ID:5RvQZMOh
>>925
談合事件は祭りになるか?

927 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:23:28 ID:nFcjFvWD
アホが解ったようなレスするな。

928 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:25:04 ID:5RvQZMOh
>>925
今回の談合事件で今週か来週あたりの保守系週刊誌で国会議員の氏名がでるのではないだろうか?
もちろん、毎日や朝日といったリベラル紙にも名前が出てくると思うが。(勿論、反対派のね。)
何故、毎日朝日かと言うと、読売産経だと「いかにも」だからね。
そしてワイドショーやらニュース、サンプロあたりで意図的に祭りをするだろう。
民主党も調子に乗って(小泉を利するだけなのに…)国会で追求するだろうね。
民主党もある意味願ったり、じゃないの?国会審議再開の口実が出来たから。
民主党が攻撃すればする程、小泉の権力が肥大化する矛盾。
かといって黙する訳にもいかない。
今回の談合事件、シナリオの検討は付くけどな。

929 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:25:36 ID:VA3ISYXv
この飯島なる怪人物も、小泉総理という時代の大転換に際して「化けた」人間なのだろうか。
小泉政権誕生の成り立ちを思い出しても、この政権は周到に準備されたものではないし、
その前には蚊帳の外であった小泉についていた人間が、今見事に国家の中枢に暗躍しているのを見ると、
やはり権力によって人間は化けるということなのだろうか?

930 :闇の声:2005/05/23(月) 17:27:39 ID:aPlq0l1P
>>924
橋梁、橋脚ははっきり言って定価なんか無いわけで、トンネルやら治水工事同様
談合に当然成るだろうね
ただ、橋脚関係をやれば確実に青木は被害を被る
青木の選挙区を見れば、無理矢理通した道路は山間僻地だし、当然橋脚は多くなる
もろに引っかかってくるのは亀井だけれども、青木の損害も小さくないだろうね
まだ背景は判らないけれども、もしも青木が承諾していたら完全に参院は民営化賛成に回る
ただし、これは遺恨が残る・・・と言うのも片山虎之助の様なある程度見識があり
政策提言をしてきた実力者まで無視して採決に踏み切る結果になり、早い話が参院無視の姿勢だね
文句があるなら受けて立つ・・・を、青木を生殺しにして演出しようと言うのかな・・・
自分は、そこまで拘って民営化する主旨がよく判らない
面子を立てるだけしか関心のない小泉を、竹中が利用していることだけは判るのだが

931 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:32:30 ID:5RvQZMOh
つくづく思う。
小泉のブレーンは優秀過ぎる。
このエナジーを国内政治にイイ意味で向けられたらな、とつくづく思うよ。
でも所詮はタカ派。
排他的ナショナリズムを煽って思想統制に走る。
最近、ネットカフェに会員制の店が異常な勢いで増加しているそうだね。
免許証など写真付きの公的なものを提示させる。
まもなくだろうな。
2ちゃんの終幕も。
大手メディアの統制はほぼ完了したも同然。
国民投票法を成立させれば雑誌メディアも沈黙させられるし、ネットも。
最近の報道番組をみると小泉を批判していた連中が大分いなくなった。
残っている連中も沈黙している。
でも、この談合事件は小泉を支援する意味で祭りにしようとするんだろうな。

932 :闇の声:2005/05/23(月) 17:35:15 ID:aPlq0l1P
日歯連が橋本派なら、道路橋脚だから亀井とまた橋本派かな
談合程度では、政治資金規正法まで行かない・・・普通はね
何か飛び道具を持っているのかどうかは、よく判らないけれども
政治家の名前が出れば、証人喚問など喧しいことになる
しかも、法務大臣はまったく役に立たない人物だから、検察の外へ
話が出てきて政治的判断をする所まで行くかどうかは疑問だね
牽制球を投げて、亀井派を釘付けにするのはかなりの効果があるし
セメント=橋脚の土台と言う事で、麻生も絡んでいたりしてね
そこまで大騒動になるかは、今の所判らないが・・・官邸の意向は
思わせぶりで終わりにしようじゃないかな??

933 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:38:31 ID:A+dV5IFX
>>923
>小渕さんが病院に担ぎ込まれた時

写真週刊誌にICUニ入れられ、人工呼吸器が繋がれている写真が掲載され、
入院時店で意識もなかったという記事があったと思ったが、大マスコミは
殆ど話題にしなかったな。

934 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:40:17 ID:5RvQZMOh
>>930
青木を裏切り者呼ばわりする連中が多いようだが、自分は決してそうは思わない。
多分、苦渋の選択をして橋本を守ってるんだと思う。
単なる利権だけで小泉に恭順しているとは思えないのだ。
今回の談合事件は衆院では亀井を牽制して参院では青木を牽制しているのは間違い無いだろう。
そして綿貫にもメッセージを送ってるんだろう。「わかりますよね?」って具合に。
もう、完全な国策捜査劇。
十数年前の検事総長にミスター検察こと伊藤栄樹氏がいたが、多分彼が最後の正統派経済検察官だろう。
今の検察は戦前の思想検察(公安検察)さながらの国策検察に成り下がってしまったようだ。
余りにも哀し過ぎる。
間違い無く平成暗黒時代に突入したな。

935 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:44:49 ID:v6iwAP2w
結局、アメリカで民主党政権が誕生するまで、最悪の状態が続くということか
不幸にして次期大統領がライスとかだったらと思うと恐ろしくなります

936 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:45:25 ID:6PD5JYYU
松岡から何か重大な証拠の提示でもあったのかな。
松岡だけ助かるという取引で。

937 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:51:18 ID:ADPF0AgK
>>924
>そして今、朝日内部では体制派と非体制派が内部抗争を起こしているらしい。(週刊誌による。)

朝日グループの「非体制派」的論調にせよ、内実は民主党寄りの「小さな政府」論だ
ったりしたわけだが。小泉と民主党は政策的には双子の兄弟のようなものだし。

それはそれとして、最近の朝日の社説等を見ていると、ポツポツ、まるで産経・文春・新潮あ
たりに書いてあるような「改革のために国民は痛みに耐えよ」「我慢せよ」と言わんばかり
の論調も目立つようになってきた。これも「体制派」の権力掌握を暗示しているのかね?

938 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:52:18 ID:5RvQZMOh
>>935
アメリカのマスタープランが現在どうなっているかにもよる。
米国民主党政権が誕生しても日本政府の混乱はのぞまないとは思うが。
米国政府ってのは日本の支配者階層にとっては唯一絶対の神だから逆らえない。
逆らうと田中角栄のようになってしまう。
ところで日本の歴史から分かるのは不思議にも賄賂政治家と言われた人物ほど善政を行っている。
逆に思想統制系の人物やタカ派の人物は景気を後退させたり国民生活を悪化させている。
小泉は思想統制系のタカ派であるのは間違い無い。
排他的ナショナリズムを煽り、国民に疑心暗鬼を抱かせ、思想統制をする。
最悪だ。

939 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:53:50 ID:5RvQZMOh
>>937
そう思って差し支えないだろう。
絶対的存在を背景にしたタカ派政権には恭順するからな。朝日は。

940 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:56:58 ID:yylaH3nE
右手と左手のコントロールをしてるのは同じ頭だから当たり前だ。

941 :闇の声:2005/05/23(月) 17:59:18 ID:aPlq0l1P
>>934
青木が、墓場まで持っていかなければならない話しが多すぎる
特に、小渕総理の死去に関して・・・森派に都合の悪い話しはどんどん
切り捨てられている
青木という人物は、徹底して黒子を演じる
それゆえの苦労も山ほどしてきた・・・しかし、橋本を庇う気持ちは更々ない
むしろ森派が橋本派に手を突っ込んでくるのを押さえ、出きる限り郵政閥を
残そうとしているのだろうね
それに対して、総務省の役人を二人も配置転換させた様に今度という今度は
民営化反対派には情け容赦ないと言う事を見せつけて、最後の切り崩しを計っているのだろう
件の橋本氏は、次回の選挙に立たないかも知れないね
彼は趣味人だから、あっさり政界を去ってしまうかも知れない
気障男で女性には優しい人物だから、女子大の客員教授でもしながら剣道と登山で余生を送るのも
良いかも知れない

942 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 17:59:37 ID:Juy8z3Ee
またアザラシやレッサーパンダみたいなのがワラワラと街宣を始めたな・・・

943 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 18:04:31 ID:5RvQZMOh
>>942
貴兄の本意かどうかはわかりかねるが、マスメディアは癒し系に走るね。本当に。
ニュースなんか見なくてもいいのだが、時間があれば見てしまう。
そして憤慨を通り越して一言「あーあ」…

944 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 20:43:47 ID:sPEtNABW
石原:僕が総理大臣なら、実は100人近くもいるという拉致された日本人を
取り戻すためになら北朝鮮と戦争をおっぱじめるよ(笑)。
瞬間的に降伏するよ、向こう。

―そうですか?

石原:そらあ、しますよ、あなた。ノドンなんか撃たしてもいいんだよ。
あんなもの原爆は積めないんだから。そしたら、アメリカも動かざるを得ない
じゃない。何しろ悪の枢軸の一人なんだから。

(中略)

―ですが、それによってかなり犠牲も・・・。

石原:どんな犠牲?もう100人犠牲が出てる。日本人拉致されて。(後略)

「週刊文春」(2002年9月5日号)

945 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 21:22:26 ID:OqXYk0B4


まとめ

石原の国政復帰はない

選挙はできるだけ先送りしたい。

靖国は長期化。



946 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 22:01:36 ID:gjObrqx3
>>925
週刊ダイヤモンドで松野翁が苦言を呈してたが国家再生の為に一致団結するくらいのことしろよなと小一時間(略


947 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 22:37:15 ID:gjObrqx3
>>931
会員制にしてるのは固定客を確保する為だろう。
最近乱立気味で飽和状態だし。

そういえば小渕首相を追い込んだ原因に森が挙げられてたよね。
何でも安室奈美恵が国家を歌わなかったがどうのこうのとイチャモンを付けたりしてたし。
沖縄の場合複雑な背景があることを充分認識せずにああいうことを言うんだから信じられんなと思ったもんだよ。
あと越智金融再生委員長の件や森のエイズが来た発言でも小渕首相はかなり頭を抱えてたそうだし。
早い話森がいなければ日本は良くなって足ってことの証左な訳だが。

948 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 23:00:10 ID:gjObrqx3
>>938
ただし安倍のように汚い政治家も多い訳だが。


949 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 23:11:32 ID:A+dV5IFX
カフェの身分証はオークションなどでネット詐欺が頻発したからじゃない?

950 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 23:15:53 ID:gjObrqx3
>>925
民主党の場合拒否率が他党と比べてもダントツに低いことが救いですね。
あと共産党が全選挙区での候補擁立を断念したのもプラスになると思う。
ただしそれでも政権交代まで結びつくとは思えないが。


951 :名無しさん@3周年:2005/05/23(月) 23:57:42 ID:J2SieonZ
民主党の議員は、派遣社員、フリーター、パートの人達のためとか、
正規社員の転職市場の整備とか、リストラされる人たちのためのセー
フティネットの整備とか、サービス残業禁止とかを訴えれば支持率は
上がると思うんだけどなぁ。こういう感覚はないのかなぁ?

952 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 00:01:31 ID:wNRn1f1n
>>951
共産党のほうが「若者に仕事を」なんて言っちゃっているからなぁ。
まあ共産党は身内のことしか考えてないだろうけどね(これは社民層化も同じか)

953 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 00:05:24 ID:A+dV5IFX
米国では情報操作政治を称して「スピンポリティクス」と言うらしいですね。
昔からある言葉だそうです。
日本でも一般的になってきたという事でしょうか。

954 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 00:09:58 ID:1yTyUJ/3
>>951
民主でも言ってる人はいるでしょう。でも、民主は基本的にリフレする気がない。
小泉に似た「経済縮小・財政再建・規制緩和・行政スリム化」政策。
全体のマクロ政策はその方向なので、セーフティネットを唱えても何の意味も無いんだよ。

>>952
共産党は赤旗などを見ると、現在の日本では唯一、労働者を心配しているよ。ただ、
ここもマクロはおぼつかないけどな。

955 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 02:45:22 ID:WDHZK0AA
そーいえば、伸介が事件起こしたのも民主党の応援してすぐだったな

956 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 04:47:47 ID:qXOgli7N
>>955 あれは事故。勝谷の刺客とでも言うの?


今の公取委は親米政権の肝いりだからな。

957 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 08:15:58 ID:nRb6jC2n
じいさんなら知ってると思うけど、日本でパンダとは今のレッサーパンダのことで、御隠居さんはあれをパンダと言う。私もそう呼ぶ。

958 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 08:44:51 ID:UGtxey3n
松野頼三が言う様に少なくとも有権者は自民党に愛想を尽かしてるというのは間違いないだろうね。
一応若返りはしてはいるが主導権を握ってるのが世襲議員の面々ばかりだし。


959 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 08:57:51 ID:sMaObIcd
武部氏「内政干渉」発言撤回 靖国批判、中国抗議受け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050524-00000004-san-pol
>  王氏は「いま何と言ったか。あなたは与党幹事長ではないか。まったく信じられない発言だ」と強く抗議。
> 同席した公明党の冬柴鉄三幹事長と自民党の二階俊博総務局長が「今の(武部氏の)発言は適切ではない」と応じ、
> 武部氏は「誤解があったとすれば撤回します」と述べたという。


闇氏は二階の手腕と胆力を評価する発言をしていたが、この武部の当たり前の言葉にも過剰に怯える自虐的態度の二階はどうか。
闇氏は、どうも竹下派支配化における経世会系統を、実務では評価するという傾向にあるようですが、野中や野田などもそうだが、
この愚かしいほどの媚中姿勢には、政治家として絶対に評価することはできない。
内政と外交は別だと考えたいが、現実には政治家から両分野を切り離して評価することはできない。



960 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 09:26:15 ID:ywr4Edbl
>>957
レッサーパンダが立ち上がることは特に珍しいことじゃない。だが何故この時期に
一部のレッサーパンダが立ち上がるのか?これはどういうシグナルなのか?

そのことの前に、昨年京都の動物園で珍獣のヤブ犬の一頭が死んでしまったことは
あまり知られていない。このヤブ犬は、前足をついて逆立ちして放尿する習性があ
り、中南米原産であるが生態は不詳である。引退した元幹事長のお膝元、ヤブ犬、
後ろ足でなく前足で二足直立・・・・、いずれにしても幼稚な小泉亡国外交には
辟易とさせられる。

961 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 09:38:20 ID:aRaORafE
>>960

>これはどういうシグナルなのか?

これ、いつものごとく大衆の視線を国会の動きからそらすための
情報操作じゃないのでしょうか。。。アザラシのタマちゃんと同じく。

こういう小ネタを常時いくつかストックしているのかなあ? 


962 :闇の声:2005/05/24(火) 10:01:40 ID:PFVLYB22
>>959
まず、このニュ−ス記事から「過剰に怯える」姿勢は感じられないのだけれどもね
「与党の幹事長」と言う意味もよく判らないね
政府との見解が異なっているという意味なんだろうけれども、政府の代表でもない
一政党の幹事長がそれを言ってのける武部の感覚もどこかの副首相と通じるよ
この話は聞いていないけれども、推測で言えば武部が真っ赤な顔をして突然こう言ったので
冬柴と二階はびっくり仰天したという所じゃないかな
普通、偉い人同士の会談はテ−マを決めているからそのテ−マから逸脱する発言は
世間話でもない限りしないのがル−ルだよ

自分は靖国問題に関しては、故松井石根大将の考え・・・彼は靖国神社に葬られるとは
思っていたかどうか判らないが、南京虐殺は事実であったし、その責任を取って処刑されることは
自分の喜びとすると言う言葉を尊重している
それだけに、A級戦犯は合祀すべきではない
靖国神社に奉られている英霊の規定も曖昧だから、それはきちんと決めた上で
誰でもお参りして平和を祈念できるようにすることだ
その上で、一度陛下ご出席の上で平和祈念と戦没者の供養をすることだね
本来、八月十五日に戦没者慰霊を国家として執り行っているので、この行事と
靖国神社の関係もきちんとしなければならない
個人として御霊を供養のために参拝するのは大いに結構だけれども、国家行事がある一方で
今までと異なる歴史解釈をすれば、何らかの反応が出てくるのもこれは仕方ないね
何となれば、大日本帝国は一度は被告となっている
その事実は軽い物ではない

野田毅は竹下派じゃないよ
もともと渡辺派だけれども・・・今は無派閥か
政策通ではあるが、大物気取りが災いを招いてるね
本来なら、とっくの昔に首相候補なんだけれどもね

963 :闇の声:2005/05/24(火) 10:27:24 ID:PFVLYB22
東京裁判こそ、きちんと日本人は振り返るべきであり、その判決主旨を良く精査して
歴史検証の参考にするべきだ
ラダビノ−ド・パル判事(インド)の被告無罪説も、国家としての犯罪行為は厳しく処断されるべしと
されている
つまり、国際法廷で何らかの犯罪行為があったと言う事で判決は下っている
もちろん、前にも書いたけれども戦犯指定などおかしな事は山ほどあったし
感情的な、仕返し論も横行した
結果、この人物が何故死刑になったのか?と言う疑問もある
島田海軍大将はもう少しで死刑になりそうだったが、真珠湾の仕返しで
個人的な恩讐があってそうなったという説さえある
ただ、広田弘毅と東條英機・・・そして、軍務局長経験者である武藤章が
死刑となっている事は、この戦争が首相−陸軍省−陸軍軍務局のラインで遂行されたと
考えられており、その一方で中国問題で板垣や土肥原、松井が死刑となっている事には
残虐行為もあったにせよかなりの重みを持って捉えられていること・・・裏返せばそれだけの
利権争いが大陸で展開されていて、その利権争いに負けた結果戦争犯罪人と言う事で
国も個人も裁かれた
その事実は軽くないと思う
中華人民共和国が、あれだけ峻烈な階級闘争を繰り広げて、莫大な犠牲者を出しながらもなお
毛沢東は建国の父だ
隷属からの開放という意味合いは重いと言えるし、それ故戦争の結果は常に弁えていることも
時には大事なのではないか?それが卑屈と言う事になるのなら、では我々はどの様に振るまい、どの様に彼らに
接すればよいのか・・・だね

今回の副首相には恐れ入ったね
何をしに来たのか、よく判らないうちに帰ってしまった
民間外交は積極的に進めるが、政府間は冷え切ったままと言う事になる
失礼極まりないし、実際中国の上の方はきちんと統制が取れているのだろうか?


964 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 10:28:43 ID:1Rf1EX/u
>>961
ラジオでは「動物ネタの時こそ国会に注視せよ」って話になっている。
郵政民営化と橋梁鉄鋼談合がセットだよ。

カルテル見逃してもらってるところに文句は言われたくないだろうな。

965 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 10:41:59 ID:Ap6KqBDj
逆さパンダの誉めゴロ士

966 :闇の声:2005/05/24(火) 10:45:32 ID:PFVLYB22
>>964
仕掛けるなら、もう少し後だろう
委員会は開けるか判らないし、むしろ今は審議拒否を野党がしている事で
自民党には有利だ
ただ、鉄鋼製品に関しては一斉値上げをユ−ザ−にかなり強硬に申し入れた経緯があり
その動き自体もカルテルではないかと考えられても不思議じゃない
政策に弱いのが今は却って幸いしているのが森派だね
亀井なんかは経済通が災いして、相当業界から行っていても不思議じゃないからね

967 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 10:48:31 ID:hvGjsG2g
>>962
政府主催の全国戦没者追悼式の追悼の対象にA級戦犯も含まれており、彼らの
遺族も招かれてるそうです。
日本がポツダム宣言を受諾し軍国主義的傾向の復活阻止を国際的に約束した
以上、彼らを追悼の対象から外し、A級戦犯の遺族を排除するのが筋と思うの
ですが、どうお考えですか?
また、靖国神社ではA級戦犯の合祀のみ問題にされていますが、犯罪を行った
ということではBC級戦犯も同様です。
親兄弟子供を虐殺されたアジアの人達の立場からすれば、BC級戦犯の合祀も
容認できないのではないでしょうか。
今後、国力が低下しアジア諸国との共生が必須となる日本の国益という視点からは、
強権をもってでも靖国神社に全ての戦犯の合祀中止命令を出し、受け入れなければ
宗教法人としての解散命令を出すべきとも思えるのですが如何お考えでしょうか?


968 :闇の声:2005/05/24(火) 11:04:13 ID:PFVLYB22
>>967
申し訳ないけれども、書いて居る以上のことは言えない
自分は、故松井大将の遺訓を極めて大事に思っている
従って、自分の意見は一般的な物ではないし、
ここで披瀝できる内容ではない
ただ、個人として平和を祈念し戦争という犯罪行為が無くなることを
真に願っている

969 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 11:16:33 ID:0wtfDztG
>>967
普段は闇の声が政界サロンの腰巾着を抜けられないと思ってる自分でも、
あんたのその物言いは極論じみていると思うぞ。

そもそも、BC級戦犯になると本当にその戦争犯罪を犯したのかすら怪しく
なってくるぞ。これで涙を呑んだ国内遺族もいるんだよ。
誰だって戦争なんかしたくはないね。自分だけ綺麗な身体と思うな。
今でさえあのニューズウィークがあそこまで追い込まれているんだ、
今も昔も戦争に関する話はきな臭いのが当然だと思わねばならない。

>今後、国力が低下しアジア諸国との共生が必須となる日本の国益という視点からは、
この文意だとアジアとの共生ではなく隣国との共生にしか読めないな。
逆に言えば第二次大戦付近から権力基盤のルーツを発する中国共産党が、この問題に
過剰に反応するのは当然なんだよ。そういった面も割り引いて考えないといけない。
中国がこれしか言わずに、水面下ではしたたかに二枚舌していることのほうが重要だ。

970 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 11:29:16 ID:sMaObIcd
>>967は釣りだと思うんだが。

>>962
闇氏は、「東京裁判の判決を受け入れた」から「A級戦犯を首相が慰霊してはいけない」と
繋げて考えるのか?

松井石根の言葉を尊重するからA級戦犯を合祀するな、ということだが、
松井のそういう責任の取り方、覚悟の姿勢というものを愛し、慰霊することこそ日本の文化だろう。
A級戦犯を美化するという言い方は確かにその通り。
日本人はA級戦犯の死に様にある種の美しさを見出しているのだから。

そんな日本人の精神文化まで中国が中止させようというなら、それは明らかに単なる示威行為であり、
冷酷な政治のパワーゲームだ。
「判決を受け入れていた」「そして刑は執行された」以上は、それ以上の要求にこたえる必要はないし、それに答えるなら属国だ。
他国が他国の内心の問題まで踏み込み強要することは許されない。

>この話は聞いていないけれども、推測で言えば武部が真っ赤な顔をして突然こう言ったので
>冬柴と二階はびっくり仰天したという所じゃないかな

闇氏が内政政策でもって武部が嫌いなのはわかるが(俺も同感)だが「顔を真っ赤に」なんて
修飾語まで空想することはないだろう。
政府の公式ではないからこそ、本心の見解を披露したと考えるのが自然のはず。
今日本と中国の軋轢は先が見えないが、将来の戦争回避のためには、今日本は引いてはいけないと考える。
今、こんな所で中国の示威行為の前に日本が引くと、それを将来取り返すのに数倍、数十倍の労力とリスクが必要になるだろうから。


971 :闇の声:2005/05/24(火) 11:54:30 ID:qjGqt3yk
>>970
真っ赤というのは余計だったね・・・削除しましょう

松井大将の件は、自分だけの意見で人に披瀝して聞いて貰ったこともないし
判断を求めたこともない
彼が、観音経の信者であり同時に中国を愛していた
南京事件の寸前まで、彼は予備役であり病弱だったこともあって
熱海の私邸で戦没者に経を上げて供養する日々を送っていた
その彼が戦犯に指定されて、恐らく助からないと思ったのだろう
と言うか、いろいろ聞いてみると戦犯になるべきだと率先して死刑を
望んでいた節がある
そこで、興亜観音に戦犯の遺骨を供養のために納めることを決めるのだけれども
もし彼が、国家的に供養を望んでいたならそこまでしたとは思えない
むしろ、国家的に供養できないことを想定していたと自分は考えている
世界の民人に申し訳ないことをした、と言うのが偽らざる心境であり
それを救ってくださるのは彼の信仰からすれば釈迦如来である
(観世音菩薩と言う事になるけれども)神として祭り上げられるのではなくて
あくまで出家して釈迦無二の弟子と言う事になる・・・それ故、靖国に奉られることを
彼は望んでいただろうかと自分勝手に考えている
極めて特殊な考え方だから、これは参考にならないと思う
ちなみに、自分は浄土真宗の墓を持っているけれども、特別信仰心が篤いわけではない
ただ、伝統的な信仰は尊重しなければならないし、寺社仏閣に対する尊敬の念も当然持ち合わせている

972 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 11:58:52 ID:9/5ufKkO
引かないのもいいんですけど、世界へうまく宣伝しておかないと
いけませんよ。
4月からの暴動を中共が抑えたのは欧米が中国の味方をしてくれなかった
からであって、次は日本の孤立を狙うはずですからね。
言い訳のためにも最低限個人参拝にとどめるべきじゃないですか?
それで中国が不満を表明して長期化したとしても、
中国が次のタカリネタを持ち出せないからむしろ好都合かも
しれません。

973 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:01:16 ID:hvGjsG2g
>>969
誤判の可能性というなら、A級戦犯もBC級戦犯も同様に存在するはずです。
日本は戦争に負け、その清算行為の一環として東京裁判その他の戦争裁判を
受け入れたはずです。
受け入れた以上、その結果を誠実に果たすのが敗戦国にかされた道義的義務
だと考えます。
無念という事では、BC級戦犯の遺族同様、虐殺されたアジアの人達や遺族も
同じ思いを持っているはずです。
日本が戦犯を擁護する態度をとる以上、中国の二枚舌を批判しても説得力は
ゼロではいでしょうか。
また、中国の政権の正当性が対日戦争の勝利にあるなら、尚一層の事、
戦争の評価で中国を刺激するのは避けるべきだと考えます。
中国は日本無しでも生きていけますが、日本は中国無しでは生きていけません。
この点を、冷徹に認識し政策決定するのが、国民の負託を受けた政治家の義務
ではないでしょうか。

974 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:03:06 ID:9/5ufKkO
>日本は中国無しでは生きていけません。

根拠不明。

975 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:07:35 ID:oKmMJYAi
なんだっけなぁ、TVで中国進出したヨーカドーの特集してたのね。
ちょっとしたひと言だけど世界の生産現場から消費市場にかわりつつあるなんていってた。
中国嫌う前にくいつぶせば?ッテ感じ。
まぁ、賢明な経営者はもう移してるでしょうけど。
きらってるばっかりの奴って転換期になると炙り出されてくるし
落っこちていくよね。
まぁ、気をつけて。

976 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:20:48 ID:1m62Oc3V
>>974
05/01/27(貿易) ◎中国が最大の貿易相手国に
(ポイント) 
 ・中国との貿易総額がアメリカを上回る
 ・日本は機械やコンピューターを中国へ輸出、中国からは衣類や雑貨を輸入
 ・貿易収支=輸出額−輸入額、アメリカは貿易赤字が増えている

 財務省の調べによると、2004年に日本と中国の貿易総額(輸出した金額と
輸入した金額の合計)が22兆2000億円と過去最高になりました。
一方、アメリカとの貿易総額は20兆4000億円にとどまり、中国が日本にと
って最大の貿易相手国になりました。中国では経済がめざましく成長しており、
地理的にも近い日本との結びつきが強まっていることを示しています。
 日本からみた中国、アメリカとの貿易総額は次の通りです。
      中国への輸出      中国からの輸入        貿易収支
     11兆8000億円   10兆4000億円       1兆4000億円

     アメリカへの輸出     アメリカからの輸入       貿易収支
     13兆7000億円   6兆7000億円         7兆円

 アメリカと日本は世界で1、2位の経済大国で、日本はアメリカに自動車やコンピューター、
機械類を輸出する一方、アメリカからは穀物や食肉、航空機などを輸入しています。
このため、アメリカは長い間日本にとって最大の貿易相手国でした。
しかし、中国は2008年に北京でオリンピックを開くため、主な都市でビルや道路、
空港などの建設工事が盛んです。
そこで、日本から工事用の機械やコンピューターをたくさん輸出しています。
また、北京や上海などの大都市では市民の生活が年々豊かになり、テレビやビデオも
日本から多く輸出されています。
 日本も中国から衣類や雑貨、農産物を大量に輸入しています。
中国では労働者の賃金が日本の20分の1から30分の1と大変安いので、日本の企業が
現地に工場を建てて商品を作ったり、商社が現地の農家を指導して農産物を栽培しています。
この結果、日中間の貿易総額がついに日米間を上回りました。

977 :闇の声:2005/05/24(火) 12:24:51 ID:6N8U3P4Y
書きついでに書くと、靖国神社はあくまで一神社に過ぎない
確かに、精神的な支柱であり同時に重要な憩いの場所でもある
貴重な東京のど真ん中の緑地帯でもある
そこに、個人で行くのなら全く問題ないしむしろ首相は個人で行って欲しい
かつて、政治家の靖国参拝に関して様々なインタビュ−が為されていた時に
伊東正義氏が出ていた
彼は一言「兄貴が眠っているんだよ 兄貴に会いに来たんだよ」と語っていた
ごく自然な形で、慰霊をする事まで言われる縁も理由もないが、反面
小泉が政治的に何かで利用する事も如何な物かと思う
彼が首相になる前に、靖国神社にどの様な形で参拝していたのか、いなかったのか
それを知らないので何も言えないけれども、紋付き羽織袴であそこまでして
やる必要性を感じない
彼の独裁性に危惧するから、そこに国家主義的な何かを感じるから
何かを感じてしまう
慰霊ではなく、何かの目的・・・精神的にも日本を何処かへリ−ドしようと言う
考えを彼は持っているなと思っている
それを自分勝手に進めるのでは?と思ってもいる


978 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:26:55 ID:9/5ufKkO
>>976
それって日本から米国への輸出が中国経由になっただけでは?
雑貨の輸入も日本のほうが中国の顧客であるわけですよね?

>中国は日本無しでも生きていけますが、日本は中国無しでは生きていけません。

の根拠であると?

979 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:27:48 ID:UGtxey3n
思ったんだが元々靖国神社って軍人やその戦死者を祀るところですよね?
廣田弘毅、平沼騏一郎、白鳥敏夫、東郷茂徳、松岡洋右の5人はどう考えても管轄外だと思うのですがどうなんでしょうか?


980 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 12:57:38 ID:R4nW/1XG

靖国は風水的にも重要な場所。
誰にも干渉されない。
小泉はくるな、靖国の格が下がる。

981 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 14:45:50 ID:WDHZK0AA
519 名前: 闇の声 02/04/03 09:02

トップ屋って言うのがいるよ
銀座の飲み屋で、ウ−ロン茶一杯で何時間でも粘る。
そいつらは、金さえ出せば右でも左でも転ぶ。
おれ達は、そいつらを金で買ってる。
もっと言えば、テレビ局の奴らですねに傷無い奴なんかいない。
傷は、おれ達がつけてやる。
最初は、酒だ・・・次は女・・・締めはヤクと博打・・・
佐高よぉ・・・大谷よぉ・・・正義ぶってんじゃねえよ!!
あいつらなんてウジ虫さ・・・
政治家なんてチョロい物さ。女一人で簡単に転ぶ。
「先生、昨日の美女は・・・どなたですかねぇ・・・奥様にこれ見せても
よろしいですか??」
その写真をテレビ屋に売ってやる。あいつらも、同じ事をする。
二重に、上がりが来るのさ・・・で、テレビ屋にはヤクを売ってやる。
こっちは、警察の上の方にバッジの先生からつけを回してある。
いつ、麻取の手入れがあるぜ・・・そんな情報はすぐはいる。

赤坂の某テレビ局に麻取が入りそうになった。それをつぶしたのは
今、話題になっている先生だ・・・
あそこの引き出しなんて、全部入ってる・・・
覚醒剤、LSD、違法睡眠薬、スタンガン、ピストルもあるそうな
テレビ局はおれ達の物。権力もおれ達の物

ずいぶんキャラかわったんだな

982 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 15:41:06 ID:oJA/SGFy
闇の声さん、東京新聞が「郵政民営化禁止法」が存在することを報道したね。
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20050522/mng_____sei_____001.shtml

ttp://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C01040.HTML

983 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 15:47:54 ID:oJA/SGFy
下記は森田実の「郵政民営化禁止法」に対するコメント。

それで、小泉は法律違反を犯してまで民営化法案を進めるつもりのようだね。
マスコミは東京新聞を除いてまったく報道していない。
>>982の森田実のコメントによると、5・22のNHK日曜討論で野党が「郵政民営化禁止法」について触れると
司会者が必死になって誤魔化していたそうじゃない?
やっぱり唯一にして絶対なる神、アメリカの命を受けた小泉政権は批判できないのかね?

984 :闇の声:2005/05/24(火) 16:25:00 ID:zS6MnrmR
>>982>>983
法律なんか無視するのが小泉だからね
国会審議とか、国民世論なんか関係ないし
上にも書いたけれども、ファッショ的な体質を持っている政治家が憲法を
変えると言い出したらどうなるのか・・・
それと同じ事だよ
もう一つ問題になるのは、内閣に法制局長官がいるわけだけれども
その法制局長官が何をしているのかと言う事だ
と言うのも、小泉内閣の本質は小泉と話が出来るのはごく一部の閣僚であり
たいていの指示は飯島を通じて出てくる・・・飯島から細田官房長官経由で指示伝達される
細田が、飯島に怒鳴りつけられるのを何度か見ている関係者は少なくない
飯島は、小泉のことを首相とは呼ばないそうで、「純ちゃんが怒ってンだよ おめえ
なにやってんだよ」と言う感じらしい
小泉とサシで話が出来るのは、竹中以外では北側くらいのものだ
だから、山拓が必要だった
つまり、閣内には党員で誰も彼と話が出来る人物はいないという凄い内閣だよ
町村との溝は修復不可能なくらい、大きくなったね
おそらく、今度の一件で小泉は二度と首脳会談をやるとは言わないだろう
話が横道に逸れたが、法制局の話も聞かなければ天下無敵だ
飯島が法制局長官を怒鳴り上げて、詭弁を考えついたんだろうね


985 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 16:35:12 ID:pYmo1bP5
次スレッド

不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から25
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1116920001/

986 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 18:16:23 ID:XZ0Qq6Nh
>>965
ダンパって事だよね

987 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 18:18:01 ID:XZ0Qq6Nh
>>891
損なもんが居るなら、船乗りの政治家が居てもいいよな
 
でもなんかケツの穴が小さい連中だね、それ


988 :名無しさん@3周年:2005/05/24(火) 20:32:03 ID:WcYNZTli
>>984
>今度の一件で小泉は二度と首脳会談をやるとは言わないだろう
その結果拉致問題も進展せず関係悪化が続くの展開になりそうだな。
次に麻生や二階辺りが首相になれば小渕内閣時の状況まで改善されると思うが安倍が首相になったら悪夢だよ。
確かに外交では言うべきことは言うべきだろうが小泉や安倍の場合意図的に関係悪化させてる気がしてならない。


989 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 06:46:49 ID:fQMefYxs
>>976
この数字を見た印象
中国貿易 労多くして儲け少ない
対米貿易 効率良い 

全体的に2,3年前の日経新聞の論調乙。

途中から加筆訂正
「しかし、中国は民衆の貧富の差拡大、民主化要求から目をそらす為
オリンピックを成功させることに重点を置いています。主な都市でビルや道路の建設が
盛んでしたが、現状では不動産の過剰投機が起こり、建設資材の買占めなどが横行しているようです。
銀行は不良債権比率が10%を超える所もあり、不動産投機バブルがはじける事を
世界中が懸念しています。
日本から工事用機械やコンピューター(???)を輸出していますが、これら生産財は
日本叩きの標的となって壊されることも少ないようです。一方踏み倒しや契約の不履行
は日本では考えられないほど多く、輸出には万全の契約と最新の注意が欠かせません。
日本は中国に工場を設立し、衣料品や食料品の開発輸入をしています。
純粋な中国人経営の企業の製品では、品質への要求の高い日本人の需要に適合しない為です。
ところがこの日系企業から企業ノウハウを持ち出されたり、ホンダ製品と酷似した
コピーバイクが出回るなど、知的財産権で中国は各国とトラブルを抱えています。
中国労働者の賃金は1/20から1/30と安いのですが、技能の高い勤労意欲・モラルの高い人間が
もともと少なく、そういう上質な労働者は不足気味で一部賃金が値上がりしています。
この結果、先見性のある国・企業は中国への投資を抑制し始めました。」

990 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 08:16:04 ID:pIzHqkGY
990

991 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 11:59:46 ID:AFxFGHfH


992 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:00:10 ID:AFxFGHfH


993 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:00:32 ID:AFxFGHfH


994 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:00:50 ID:AFxFGHfH


995 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:01:02 ID:AFxFGHfH


996 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:01:13 ID:AFxFGHfH


997 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:01:27 ID:AFxFGHfH


998 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:01:37 ID:AFxFGHfH


999 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:23:59 ID:yNvkguBn
お手伝い

1000 :名無しさん@3周年:2005/05/25(水) 12:29:48 ID:ZfGIBHHf
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://money3.2ch.net/seiji/

496 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)