2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

靖国の背景を考える★16

1 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 10:23:22 ID:FUXgnG5Q
「靖国」とは何なのか。靖国神社参拝問題で揺れる「靖国」の背景を考えよう。

【過去スレ】
@http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1092302518/
Ahttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1094139489/
Bhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1096563525/
Chttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1098497126/
Dhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1101111858/
Ehttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1101600002/
Fhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1101981217/
Ghttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1102343901/
Hhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1104312153/
Ihttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1105868675/
Jhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1107017999/
Khttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1107506612/
Lhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1108840388/
Mhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1109847365/
Nhttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1113373677/


2 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 10:43:52 ID:ubOoQVGb
>>1
スレ立て乙ですた。

3 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 15:53:08 ID:BN76aO9z
■全ての発端は
朝日新聞によるこの二人の捏造記事によって始まったのだ。


●私は軍で慰安婦を強制連行したという吉田清治
●私は軍に強制連行されて慰安婦にさせられたとうい金学順

この朝日新聞の二つの記事により
現在に至る、国際問題へと発展してしまったのだ。

両方とも、デタラメの捏造記事だった。



4 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 15:58:48 ID:gV+hofyJ
>3
国を正すためにやったんです。そのために少し誇張しただけなんです。全くの嘘ではありません。国を思うが故です。
by朝日記者

5 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 16:11:12 ID:FUXgnG5Q
まだ「靖国 15」があるだよ。フライングはだめだし、それだけ議論に自信がないと判断されるぞ。


6 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 22:42:38 ID:ubOoQVGb
密かに前スレが埋まった。

7 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:04:27 ID:NaibInd7
まだだよ。

8 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:06:06 ID:NaibInd7
埋まってた、ごめん。

9 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:06:55 ID:f7KqY0/S
小泉の変わりに、NHKとか??朝日新聞とか??日教組に近隣3ばか(三国)に
謝罪してもらうほうが・・・はやいかと・・
つまり、NHK、朝日新聞、日教組は間接的にでは(直接??かも)あるが、3ばか(三国)
を、馬鹿にした結果となってる事は間違いないな??
日教組にしては、日本の近代史、特に戦時中の日本歴史を意図的に、教えなかった罪を
近隣3ばか(三国)も、頭にきてるんで・・ねぇ〜〜のんかいな!
なんで、日教組は戦時中、戦後の日本歴史を教えなかったんかいな??
その影響が今の、3ばか(三国)に影響してるわけだし・・謝罪しろ日教組!
おかげさんで・・戦後の日本人は日本の歴史認識に希薄で有ると言う・・お粗末だ。

10 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:12:19 ID:BN76aO9z

B.C級戦犯=ハーグ条約等、戦時国際法による、戦争犯罪

A級戦犯=「平和と人道に対する罪」(笑)=米・中の都合で
      勝手に作った、国際法の根拠無きデッチアゲ犯罪




11 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:21:41 ID:waCKH7IP
<風説の流布って知っているかい? >
風説の流布?知ってるでェ。風説流れ旅も知ってるしぃ。ホロコーストも知ってる。
八紘一宇も知ってるどー。


12 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:23:48 ID:ubOoQVGb
>>11
八紘一宇って、いまいち解らんです。
調べてみたことあるけど、世界を平和に…という意味なのだと見ますたけど。

13 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:32:35 ID:dtWdiSek
ちょっと基本的な事聞いていい?

なんで小泉さんが靖国参拝したらだめなの?
小泉さんも一国の主として、英霊に感謝の想いや、現状の報告などしたいんじゃないのかなー?
今の国家があるのも英霊のおかげと俺は思ってるし、
こんな思想ってやばいですか?

14 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:44:26 ID:ubOoQVGb
>>13
そういうようなことやそういうことじゃないことやいろいろと語って、16まで来てるんですよ。
自分で調べられるところから調べて見ましょう。ネットでも何でも。

15 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:50:05 ID:b4Fa6FEG
>>13
>なんで小泉さんが靖国参拝したらだめなの?
ニュースも見ないのか?

16 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 00:32:59 ID:DbUM3VUm
しかしさ??日本での、いわゆる「反日」とは「反政府」ということに成ると思う。
普通はさ!・・しかし、日本の「反日組織」はちと違うところが有るんだなこれが。
つまり、日本の反日は、わざわざ、韓国屋中国人を利用して・・までは、良いと思う。
つまり、経済発展のために互いに協力しあう事、に関してではである。
しかし、日本の反日のおかしなところは、わざわざ、近隣3ばか(三国)に嘘を教え
しかるに、日本人に「それは嘘だよ」と、言われ恥をかき続けておるわけだ。
それもこれも、反日の都合で3ばか(三国)はいいように、踊らされている訳だ。

なんだろうね〜〜日本の反日は「反政府」ではなく「反アジア」ではないのかな??
なら、理屈が通ることになる・・わな。
つまり、日本の反日とは、アジアの混乱を助長する為の組織であると、言う事になるな。
この様に、反日の問題を関連付けると、非常に奇妙な存在だな〜と、最近特におもう。
もちろん、俺的に歴史問題等に関連した混迷を分析すると・・そんな結論になった。

つまり、本当にアジア諸国に謝罪しなければならないのは、日本政府はもちろんであるが
反日は完全に「かき回し工作」の何者でもないので、謝罪と言う事の責任を負わすべきである。
このままでは、中国、韓国ともに、反日にいいように利用され続ける事は間違いないだろ。
で、いいのかね〜〜3ばか(三国)は・・やはり本物の馬鹿なのかね〜〜

17 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 00:51:56 ID:BEnulNnb
日本が天皇制を利用して、国家の団結を強くして戦争を起こしたからと言って、
神道が悪いわけでも天皇制が悪いわけでもありません。
宗教的には、死んでしまった英霊もA級戦犯も悪く無いのかもしれません。
それはそれで一つの個人の価値観としては、何も批判されるようなことではありません。
カルトの宗教観も、個人的なものである限り、社会規範から外れなければ、
尊重されるべきものです。それが、信仰の自由であり、多様性なのです。

問題なのは、国家が宗教に関わり、当然の成り行きとして、それを利用してしまったことなのです。
国家が宗教に関わり、それをうまく利用できる保証があるならば、それは一つの宗教国家として認められる可能性があるかも知れません。
しかし、(カルトが他人から理解されないように)宗教は他人からは公的に理解されるのは難しいし、
(今の米国を見てもわかりますが)国家は必ず宗教を利用します。
なぜならば、宗教は民衆の考える力を奪う麻薬のような力があるからです。
宗教を甘く見てはいけません。
宗教はどんな卑怯な行為にも大義を与える力を持っているのです。
ミュージシャンが麻薬で曲を書くようなものかもしれません。
ミュージシャンは自分の力でいい曲を作らないといけないのです。
ちょっとだけもだめなのです。

18 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 01:10:03 ID:UyFOXFf4
イラク人質事件を出してくる奴がいるけど、
最初の3人は明らかに反政府組織の活動が裏にあったから叩かれていた。
次の2人は背景がどうであれ、まともな活動の延長線上だったので叩く人も少なかった。
亡くなられた方々は、危険を承知で行き、外務省の情報や
大使館や現地の人の忠告を無視して行動し、結果
襲撃されたり、拘束された。
しかし、何故、武装集団や国際テロリスト集団を批判しないのか?
何故、わざわざ自衛隊を窮地に陥れようとするのか?
日本人は自由に移動でき、自由に活動できる。
しかし、各自の行動による結果には各々の責任が生じる。
自分勝手に活動して、責任を他人に押し付ける風潮は如何なものか?
今の日本の隣国に通ずるものがある。

19 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 01:44:44 ID:WKTEq9YM
>>13
くだらんアニミズムの宗教ゴッコにかかずらう暇があったら政治に専心しやがれ!
この糞タコ!

と言うことです。   
 


20 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 01:49:00 ID:186VukqK
◆小泉が謝罪したけれども、どうも釈然としないな。
痔眠やタカ派三文雑誌が野党を攻撃する時の18番たる、
土下座外交・自虐外交のお手本そのものだな!滑稽すぎる・・・w

大体、半ツッパリのくせに粋がって産廃とかするからだよ!
それも、半端な日に逝くから近隣当該国に足元見られ、
揺さぶりを掛けられ続ける羽目になっちまったのである。

それと、紆余系が食い下がってAの名誉回復とか、自虐史観は問題とか、
一々女々しいが、やっぱりABCの区別はしなきゃな!
普通、死刑になった奴と同じ納骨・追悼場所に祀られて嬉しい奴いるかな?
近代国家の仲間入りをし、法治国家を宣言した以上、
国際軍事裁判でAと定義された以上、幾ら後講釈したって無駄だって!
無様に糊塗するなら、短絡的に戦争始めない事だな・・・


21 :13:2005/04/24(日) 01:55:19 ID:plqIcAIQ
なんかよくわかないけど、いいんじゃないかなー?
参拝しても

神社なんだし 
 俺的には政治に興味ないしぶっちゃけどうでもいいじゃんってレベルに
感じる話なんですよねー 靖国参拝問題なんて 

ま、A級だかB級だかしんないけど 映画はB級ホラーのほうが好きかなーってぐらいの
レベル

どっちでもいいけど民営化するならするではっきりしてほしいよ>小泉さん

22 :13:2005/04/24(日) 01:58:28 ID:plqIcAIQ
あっ!!そうそうニュース見ないのって聞かれてたけど
ワイドショーなら見ますよ 

誰と誰が離婚したとか 結婚目前とか 下世話な話の方が好き
ドンキの放火犯の女性再逮捕とか ちゃんと知ってますよ

たまには見てます 国に関することなんて興味ないけど 

23 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 01:59:54 ID:9pQ/ge/J
リアルタイム世論調査

「反日発言の岡田、これで日本の政治家なのか??」

http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1113281177

24 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 02:48:07 ID:clhI1yku
>9
>なんで、日教組は戦時中、戦後の日本歴史を教えなかったんかいな??
>その影響が今の、3ばか(三国)に影響してるわけだし・・謝罪しろ日教組!

日教組が日本がアジアに悪い事しまくったんだという自虐史観教育を
子供たちにしてきたんだ!ってのがウヨの主張じゃなかったのかよw

東京裁判が不当なもんだったってのはわかるが、だからといって
当時の軍指導部の罪が消えるわけじゃないだろ。無責任で無能な
連中のせいで、一般兵士は消耗品のように無駄死にさせられ、
国民に多大な犠牲をもたらしたんだからな。
本来なら日本人の手でこの国賊どもを断罪すべきだった。

A級戦犯が悪くないという奴は、先の敗戦は誰にも責任はないと
思うのか?一億総懺悔の無責任体質を肯定するのか。

25 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 02:56:45 ID:xo0+sRqp
中川が靖国に行ったら、たぶん殺される

あくまで第三者としての客観的分析。

26 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 03:03:02 ID:KZVnOPuc
>>25を通報しといた。

27 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 03:18:40 ID:Etsq3CFt
日中首脳会談:友好へ「歴史」の壁厚く 終始、中国ペース
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20050424k0000m010136000c.html
小泉は勝てる喧嘩をしてほしいね。
靖国に行こうが行くまいがどうでもいいが、相手に弱みを付け込まれる事はしてほしくないね。
弱虫のトバッチリを受けるのは日本国民。

勝てる喧嘩はする。
勝てない喧嘩はしない。
自分自身だけでなく他人を巻き込んだ場合の常識。
迷惑なんだよ小泉。

28 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 03:20:11 ID:je9+4ows
ケンカすると邦人の生命が脅かされるわけで

29 :おしりの神おしりす :2005/04/24(日) 03:31:55 ID:8rKLX2qz
産廃のほうが参拝よりましだ。

30 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 04:03:57 ID:qIUvHg/q
1992年まで靖国神社の宮司は華族出身者の「天下り先」だった。
どんな立派な人でも、どんな素晴らしい展望を持つ人物であっても、 
宮司にはなれないシステムになっていた。
靖国神社とはそういう神社である。
華族の天下り先だった靖国神社をスポイルしたのは松平氏です。
松平宮司が《皇室の意向を無視して》、A級戦犯の合祀を強行したことから、
天皇の靖国参拝は取りやめとなりました。 
昭和天皇は戦後になっても、数年おきに靖国神社を参拝されていたのです。
天皇の靖国参拝がなくなってしまったにもかかわらず、なりふり構わず
靖国参拝に拘る歴代首相の多くは知性のないパフォーマ。
そもそも靖国神社は明治憲法下の天皇を神とする
政教一致の国家神道体制(天皇とその祖先神への崇拝を国家が強要した体制)の元での、
軍国主義の精神的支柱としての役割を果たしたのである。
皇室はそのことをきちんと理解しています。


31 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 04:05:39 ID:qIUvHg/q
妹が皇室に嫁いだ麻生太郎が理解出来なのはDQN丸出しです。

32 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 06:25:07 ID:H2ElW+Vm
戦前の戦犯を語るのであれば、大衆を反米に扇動した朝日新聞こそ特A級戦犯と
いえるでしょう。
日本の大切な時期に、ことごとく、出鱈目な大衆扇動を繰り返し、大正末期、
昭和初期のテロ風土を作ったのは実は赤い朝日新聞そのものだったわけだ。
戦前の反省を言うのであれば、まず、朝日新聞を無くすことだろうね。
朝日が、これからも会社をやっていきたいなら、まず、過去の反省に立って、
赤路線を止める事だ。
今の支那の反日暴動も朝日が煽っているにすぎない。
支那共産匪政権の終わりも近いでしょうが。

33 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 07:57:38 ID:ilt5UqwR

B.C級戦犯=ハーグ条約等、戦時国際法による、戦争犯罪

A級戦犯=「平和と人道に対する罪」(笑)=米・中の都合で
      勝手に作った、国際法の根拠無きデッチアゲ犯罪

>>24
彼らは処刑されて、すでに道義的責任はとった。

A級戦犯に全ての罪を着せることこそが、
無責任体質だ。


34 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:14:27 ID:ilt5UqwR
>>21
>なんかよくわかないけど、いいんじゃないかなー?
参拝しても

その通り。
ワイドショーのアホコメンテーターの無責任発言など
無視すりゃいいのだw

35 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:32:33 ID:xDcuJEPW
>>33
B.C級戦犯の責任を追及しないことが正しいかどうか分からない。
しかし世の中のこと全てを完璧に整理し尽くすことは現実には不可能だ。
どこかで線を引いて納得しなければ互いに先へ進むことができない。

ある意味で日本人全体が戦争の負目を負っている。
それら全てのことを含めて大方が納得できる解決を図らなければならない。
政治と言ってしまえばそれまでだが已むを得ない方向と言えるだろう。


36 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:41:27 ID:186VukqK
>>32
なら、同時に朝日も靖国も潰せば良いことだ。
整合性上はね・・・

37 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:43:41 ID:186VukqK
>>33
>>35
いつまでも女々しいぞ!
けんか負けた後で”後講釈”すんなって!

38 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:46:10 ID:M6psknnS
日本政府が「過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な
損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」(日中
共同声明)だけで、民間は円滑に対中ビジネスを進められる。
謝罪するだけならタダで済む。
ウヨが大騒ぎするのはなぜなのか漏れには理解できない。
欧米企業に中国市場を明け渡すのが敗戦国の義務だとでも言うのか?

http://www.nikkei.co.jp/china/news/20050128c2m2802p28.html
(1/28)中国の外資系企業売上高、03年は上海VWが1位に
> 【北京=宮沢徹】中国商務省がまとめた2003年の外資企業売り上げ
> ランキングによると、第1位は独フォルクスワーゲン(VW)の合
> 弁会社、上海VWで、02年まで3年連続で1位の米モトローラは5位
> に後退した。中国紙が伝えた。
>  上位10社中、自動車会社は3社、情報技術(IT)関連会社は6社。
> 自動車とITが外資の主流になっている実態を示している。日系企
> 業はホンダの合弁会社、広州ホンダの13位が最高で、18位に日産自
> 動車と東風汽車の合弁会社、東風汽車有限公司が入った。欧米に比
> べ遅れが目立つ。


39 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 09:10:09 ID:H2ElW+Vm
>>36
馬鹿言うな!
靖国社は、アカイ朝日新聞の被害者が奉られている聖所。
朝日に呪いあれ!
そういえば、朝日新聞取っている家は崩壊家庭か、仮面家族ばっかだね。
すでに、呪われているのか。

40 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 09:48:17 ID:ilt5UqwR
>>36
なら、同時に朝日も靖国も潰せば良いことだ。
だれが、どうやってつぶすんだ?

>>37
意味不明?
アホはすっこんでろw

41 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 09:59:11 ID:DbUM3VUm
歴史認識で一番日本国内で問題なのは、日本の歴史学者の有り方だろうね!
上にもあるように・・
>なんで日教組は近代史を教えなかったのか・・
にたいして・・
>それは、日本の右翼にも問題あるんだろ・・云々
で、あり、互いに、ここでいうなら「反日組織」と「右翼的組織」の反発があるので
これは「仕方ない事だ」の気運がある事が一番の問題でも有ろう。
重要なのは、中国の指摘は真に日本の教育事情に、直接的影響のある事と、俺は思う。

そうだろが!日本国内で歴史認識が一本化されないのに、「中国がどうのこうのは、
おかしんでないの」と、こう言う訳だ。
今回の中国の日本に対する対応は、日本の歴史学者は認識できていたに関わらず
相変わらず、日本国内での歴史認識をどうするのかの議論への・・兆しさえ見えない。

で、いいのかね〜〜
反日歴史学者の言分に、普通の歴史学者が「その部分の一部の間違いがあるようなので、
もう一度精査する必要が有ると思いますが」に対して、何時も同じ回答しか出さない
「お前等こそもう一度良く調べろ」的で、聞く耳もたん状態が戦後一貫して同じ事の
繰り返しである。
一方中国などへ、わざわざ出かけては「日本の歴史認識はおかしい」を言いつづけて
いる・・事自体おかしな事である事に、気付かないことが日本の国内事情の障害と
成っている事だろう。
つまり、日本の反日歴史学者は、朝日のねつ造記事、誇大妄想小説家の記述の元、
すべてが日本側に問題あると、いえること自体おかしな事である。
特に、小説と歴史事実は必ずしも正確な物ではない・・と、言う事を知りつつ押し付ける
日本の「反日歴史学者」は一体何がしたいのか、俺としては皆目検討も付かない。
小説は、小説だろ、歴史認識と何の関係がある訳!
日本の赤穂浪士も小説上のことで、歴史事実とは全く相容れない事は・・それを証明してる。


42 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 10:03:10 ID:eWVxwTu6
おっさん、おはよ。日曜の朝から元気いっぱいだね。

朝日新聞のことだけど、昔は右翼で今は左翼って言いたいんだろうけど・・・

以下は、とても個人的な考えだけど・・・

戦前・戦中は、軍部も朝日も左翼思想を持っていたと思うんだよ。
本音はどこまでって言う話だけど、国家と民族を超えたアジアの共存なんて、
ナショナリズムとも違って、とても左翼的なユートピア思想だと思うんだよね。

そこで一致していたのが、軍部と朝日じゃないかね。

おっさんは、右から左に転向したのが朝日だと言うのだろうけど、左がやった戦争を、
その後に右が支持しているように思えるんだ。その点、朝日は愚直にも左であり続けている。

今日は、出かけてしまうので、返事は直ぐにできないけど。


43 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 10:05:16 ID:0BvnJTMa
>>38
もう中国経済の限界が見えているのだが・・・。
欧米企業も賢いところは、既に軸足を中国から他国へ移しているし、撤退し始めている企業も多い。
実際、中国とビジネスをやっている会社の人間に聞くと、中国市場は保って後3年、北京オリンピ
ックまでと言われている。

因みに貴方の出してきたソースにあったフォルクスワーゲンの現状

【中国】独VW、今年中国市場で4億ユーロ以上の損失か[4/21]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1114065255/l50

44 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 10:23:25 ID:blFejs6T
歴史の上に生きよう。

45 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 10:56:44 ID:DbUM3VUm
>>42 ん!なかなか面白い思いの感想は納得もするな!・・
しかし、俺的には朝日は・・金魚の糞でしかないと思ってる。強い者が好きなんだな!
一言の分析で・・スンマソン!・・・では、では・・
------------------------------------------------------------------------
さて、話は変わるが、靖国問題においては、近隣3ばか(三国)は、日本が何をしようが
「納得できる」は、永遠に無い事だろうな。
そこで、考えられる事は、先ず・・これも日本国内での一本化の思考誘導が無い限り、3ばか(三国)
に、何時までも馬鹿にされる事であろうな。
で、左翼か右翼化・・どうでもいいことだが、只騒ぐだけの馬鹿ドモはこの靖国問題を
何時になったら「皆で解決しよう」的、感情になれるのかいな??
一番の問題はそこにある訳だが・・お前等、そんな気がある訳??ですかいのう〜〜

A級戦犯がどうたらの、俺に言わせるなら「どぅ〜〜でも良い事なんだよな」ようは・・
日本が太平洋戦争に突入した経緯を知ることが最も重要な事でも有ろう。
この太平洋戦争突入に関して、アメリカの公文書に面白い(か、どうかは検討に値するが)
記述があることを・・多分日本人のほとんどが知らない事でもあろう。
で、日本が真珠湾攻撃を準備していた段階で、なんと、アメリカのルーズベルトは一月も前から
その実態を把していた事実がある。
と、言う事は、ルーズベルトは意図的に真珠湾を日本軍に攻撃させた事実は確実な事だ。
で、その理由が馬鹿げている・・「アメリカの戦意向上には必要な事だ」と、ほざいたとの確実な
証言もある訳だ。
で??日本の歴史認識というか、馬鹿日教組の教えには「日本は一方的にアメリカに宣戦布告をした」
この、勘違い振りというか、誘導的というか・・まぁ〜〜??GHQの誘導としたいのでも
あろうが、肝心のアメリカの公文書がそれを真っ向から否定したことになってる訳だ。
これから考えても、日本の文化省は何処の国の省庁か・・が、おのずと分かろうという事だろ。

そうでんがな!・・アメリカ・・アメリカの文化省だっつう事だわさ!
おもろいね〜〜日本の文化省・・及び日教組は!!!


46 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:17:39 ID:XSnjGo6l
>>24
A級戦犯は処刑されるべきな重罪ではない。職務上の責任があるだけだ。
職務を逸脱して虐殺を支持したり命令したりしたわけではない。
ユダヤを虐殺したナチの人類への犯罪とは違う。

道義的な責任はあるがそれは処刑されたことで十分以上罪は償っている。

中国人の基準で言うなら日本の為に戦った彼らは愛国無罪であろう。


47 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:21:23 ID:XSnjGo6l
>>37
けんかは続いているだろう。

中国共産党は戦争の勝ち組みでもなかったくせに図々しいんだよ。

48 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:30:28 ID:XSnjGo6l
>>38
>謝罪するだけならタダで済む。
>ウヨが大騒ぎするのはなぜなのか漏れには理解できない。

中国市場を重視するなら、日本の間違った悪役イメージを増幅することが、
将来にわたって大きな損失になるとなぜわからないのだ?

同一性能で、価格が同じなら悪人の日本製を買わなくなる。
日本が謝罪し反省して十分な贖罪をし経済支援をしたことを中国が正しく認識するなら、
日本がこれ以上謝罪をする義務など無いとわかるはずだ。

あんたは日本が中国が言うような悪い日本だとでもいうつもりか?中国が間違っているだろう。

49 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:43:42 ID:DbUM3VUm
この、A級戦犯その者の存在意義が、と言うより、アメリカの東京裁判は違法である
事は、アメリカの公文書で十分説明できる事であろう。
で、何ゆえ、A級戦犯に拘りたい訳??中国に対する「忠義」だけの事と、俺は思うが。
要するに、中国に「おべんちゃら」を言う事で??自分等の立場が有利になる・・と、
でも考えているんなら、それは大きな間違いってもんだわさ!
あの、お調子モンで汚らしい、卑怯者の中国が、そんな日本人に友好的??心情??
・・ありえねぇ〜〜ことだよ。で、中国はおまけでの、解放国でり、戦勝国ではない事だ。

転地が逆転しても、汚くて卑怯な中国が、お前等を仲間と認めることは、まぁ〜〜
10万年経っても・・無い事は確実な事だ。
それ位に中国人は、汚くて、卑怯な民族である事を、エエ加減に理解・・したら??

50 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:14:24 ID:eWVxwTu6
>>45
>>42 ん!なかなか面白い思いの感想は納得もするな!・・
>しかし、俺的には朝日は・・金魚の糞でしかないと思ってる。強い者が好きなんだな!
>一言の分析で・・スンマソン!・・・では、では・・

どもです。 結局のところ、右も左も無く、政策も無く突入してしまったね、戦争に。

>日本が太平洋戦争に突入した経緯を知ることが最も重要な事でも有ろう。

おれも、一言の分析でスマソだが、これはひとえに軍人に戦争を始める権利を
与えてしまったことにあるだろう。これは近代国家としては恥ずべきことであり、
日本史においても、戦国時代でさえ、そうそう見つけることのできない不始末。
あえていえば、その類型は、殿中でござるの浅野タクミノカミくらいだろう。

浄瑠璃や歌舞伎のつもりで戦争を始めちゃいかん。


51 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:28:53 ID:DbUM3VUm
>>50 >戦争を始めちゃいかん。
に付いては、俺も大いに賛同もできる。
しかし、ルーズベルトのような、自分の為に戦争を始められる、愚か者が居る事も
問題だわね〜〜
もちろん、日本がルーズベルトの後略に溺れた日本政府には、やはり幻滅を覚える。


52 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:41:10 ID:3CZb5pOj
ってーか俺らがここでウダウダ言ってても小泉の耳にゃー届きゃしねー
じゃどうやって届けるか?

今外国行ってるみてーだな>小泉

ハンストでも全員ですりゃちったー耳に届くのかなぁー
それでも届かないだろうか・・・

パンストジャネーゾちなみに
絶対言う奴居そうだから先に潰しとく

んでんなことはどーでもいいんだけど、手紙もメールも通じそうにないしなー
靖国で小泉靖国参拝反対!!って叫びにながら腹でもかっさばけば
耳に届くだろうか???

そこまで勇気ねーしなー 結局ここでウダウダ行っても始まらないのね
orz _| ̄|○

53 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:48:23 ID:XSnjGo6l
>靖国で小泉靖国参拝反対!!って叫びにながら腹でもかっさばけば
>耳に届くだろうか???
>そこまで勇気ねーしなー

抗議文を書いて、練炭抱いて引きこもりシナ。
いまなら安く練炭も買えるだろう。  俺って親切?

54 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:01:42 ID:Udkvljde
思慮深さの無い首相など、要らない!
大臣も官僚も要らない!

55 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 17:01:49 ID:H2ElW+Vm
>>42
>朝日新聞のことだけど、昔は右翼で今は左翼って言いたいんだろうけど・・・

そういう意味ではないんだよね。
むしろ、司馬遼ファンと近い見方かなと思えるけど、
朝日の大衆路線というのが常に大衆扇動で成り立っているということを指摘したいね。
軍部だって、別に右翼という団体じゃないし、上層部と違って、下士官らは、確かに
ユートピア路線があったと思うよ。

ただ、朝日には大衆扇動路線と官僚癒着路線の二つが、戦前も戦後も存在する。
戦前からの新聞は、どれもそういうものがあるが特に朝日が顕著だ。
戦前は、海軍艦隊派と朝日が料亭で接待政治しながら、大衆には軍縮政治家の
悪口を左の側から口汚く罵って、原敬は暗殺されたし、浜口雄幸も暗殺未遂で
内閣崩壊。
二二六事件も五一五事件も、天皇親政と言いながら内容は社会主義で戦前朝日の
主張そっくり。
戦後も、その扇動構造は変わらないし、築地の本社の土地も官僚から安く払い下げ
られた土地だってさ。
大東亜戦争の構図は、確かに左の扇動の結果が大きいし、靖国社の英霊の加害者は
誰かと言えば、朝日新聞そのもの。
朝日が靖国にイチャモンつけること自体、過去の戦争を反省していないと言える。
今も支那の反日暴動のネタは全て朝日だから、朝日は戦争火付け新聞社だ。
朝日が偏向して靖国への総理の公式参拝を意味無くするから、支那、朝鮮もいい気に
なって反日続けるんだろうね。

56 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:04:33 ID:Udkvljde
要はこのオッサンは、影響を受け易い非常に単純な性格なんだろうな。
朝日一辺倒か、産経一辺倒かにしかなれないんだろ?

57 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 17:08:33 ID:H2ElW+Vm
ようは、朝日や産経と違うことを書いていても、>56は何も分からないということだろう。

58 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:10:43 ID:Udkvljde
>>57
朝日が良い事を書いたってそれを良いとは認めないんだろ?
因みに新聞は他に毎日もあるよ。

59 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 17:19:55 ID:H2ElW+Vm
>>58
朝日の二枚舌を指摘しているのに、良いと何で認めねばならないの?
朝日のキレイゴトは常に危険と隣り合わせということを知らないと、
君も家庭に不幸持ち込むことになるぞ。
毎日への批判もあるが、特に顕著でグロテスクなのは朝日だから、朝日を
批判するのは当然だろ。

60 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:55:07 ID:Udkvljde
殆ど読んだことのなかった産経をちらっと読みに行って驚いたのは、
なんで2ちゃんねるは右曲がり系がこうも多くて言っていることが一辺倒な香具師が多いのだろう、
小林よしのりとか言う香具師の受け売りなのか、と疑問に思っていたが、
実は産経の主張とこうも被っていたのか、ということだった。
はっきり言って、たまげた。

オッサンとの不毛な会話はこのへんで…

ところで、何で連続投稿と出るんだこんちくしょ!

61 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:55:32 ID:DbUM3VUm
>>52 不思議と・・届いてるよ〜〜何故かは、マジックの世界だな(ww

62 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:58:37 ID:Udkvljde
>>61
選挙戦前は、また非常に敏感だったりするよね。2ちゃんねるに。
そこまでビビるなよ、ってよく思ってたw

63 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 18:15:58 ID:7Argh8cq
政治家は宗教などに頼らずに政治家らしく政治によって政治を通して慰霊をしろ。
それができないなら、政治家としてのプライドがあるなら、今すぐ政治家をやめろ。
靖国に参拝すれば、神道としては慰霊になるかも知れないが、政治的には何も解決していない。
全ての国民が神道を信じているわけではない。(私はある程度信じているが)
だから国家が特定の宗教だけを是と認めるのは近代国家においては恥ずかしいことだ。
キリスト教を信じていた英霊に対しては、慰霊はしなくていいのか?
それとも票に結びつくからという理由で、宗教まで使って政治をしているのか?
しかし参拝しても、政治的には何も解決していないし、そういう政治家を見て
自分たちが洗脳されていることにうすうす感づいていた英霊達も「アチャー」と言っているぞ。
国家が宗教的な事に関わることで、周辺諸国に恐怖を与えていることがわからないのか?

カルトによって犯罪を犯した人間が、いくら教義自体はなんら問題がありません。だから引き続き宗教的に社会生活を送ります。と言ったところで、そんな教義知りたくもないと考えている周りの人間がどれだけビクビクしないといけないかわからないのか?
宗教は個人的にやれ。個人的に小泉さんとしてやれ。
(ぞろぞろ靖国に行った民主党議員にも幻滅した)
だれにも社会規範から外れなければ、何でもやってよし。
確かにカルトを含め、宗教の教義は必ずしも悪くはない。(悪いのを見つける方が難しい)
しかし、それを政治に利用するのはやめろ。

「絶対に宗教によって、政治的な答えは出ない」

64 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 18:42:59 ID:xGp1pDH6
>>63

意味不明。

65 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 18:50:57 ID:186VukqK
■痔眠といい子鼠といい、幼稚園児みたいに
叱られて、渋々頭下げた端から影で舌をペロッと出し、
それを見つけられてまた怒られる・・・
延々と何十年それやってんだろ?

北尾流に言えば「もっと大人の知恵で和解し、未来に向かって国交・国益を邁進するべきだ」
かな。
国賊・国益の障害は排除しなければ・・・

66 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 19:08:17 ID:NFRaP0eF
>>63
信長は政教分離してくれましたが、
今の日本、アメリカで政治に対する宗教勢力はずいぶん残ってますね。
キリスト教も侵略戦争を先導してたように思いますが、謝罪したのかな。

67 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 22:22:42 ID:H2ElW+Vm
>>60
どの部分が、産経と被る右曲がりか、いえない君が情けない。
ま、この論争は左翼が歴史知らないということを元左翼の俺が良く知っていると
いうことで打ち切っていいよ。
別の論争楽しみにしたいね。

68 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 22:56:48 ID:ilt5UqwR
>>65
おまえ中国人か?
アホの中国に謝るだ?

アホはすっこんでろw


69 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/24(日) 23:03:44 ID:H2ElW+Vm
結局、補選二つは、反日岡田を避けて、自民の勝利か。
反日岡田には、脳みそ無いんだろうね。

70 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:20:17 ID:UyFOXFf4
あっちの掲示板に
「中国の為のデモを阻止する者は全て漢奸だ」と中国語で書いてみ、
中国人は皆複雑な気分になると思うから。

71 :新聞K者:2005/04/25(月) 14:49:29 ID:s/V8XngW
靖国さんぱいは国益大損。ハイダー韓国の下僕になる小泉。


72 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:20:15 ID:ioLKttR5
>>71
何が国益大損だ?中国の理不尽さが世界中に証明されたろう。
小泉が無様な謝罪をしなければもっとよかった。
1972の共同声明を持ち出して内政不干渉を要求するべきだった。
対外的に60年間は平和主義を貫いてきた、今までの日本には落ち度など無かった。

73 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:12:41 ID:1miFCMd/
小泉が謝罪したからこそ、世界は今日本に同情的になっている。
していなければ、同類と思われた。

74 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:30:59 ID:IjAdApNC
>>72
>今までの日本には落ち度など無かった。
・とくに、戦争責任問題ではそれはいえる。日本がやったのは侵略戦争ではけし
てない。弱肉強食のなか、生き残りをかけた止むを得ない戦いだ。
>小泉が無様な謝罪をしなければもっとよかった。
・それはしかたなかったんじゃないか。アジア・アフリカ会議で先日小泉さんが
演説した「過去の反省と謝罪」な。平成7年にやった村首相がやった内容と同じ
だと言うが、今、中国との国際紛争は是が非でも避けなくてはならない。北朝
鮮の紛争があるからな。今、対北朝鮮包囲網を壊したら、また、北朝鮮は大海
に逃げてしまうからな。核、核ミサイル、拉致問題等の解決が歴史認識問題の
解決よりはるかに重要だからな。日本の首相としての日本の外交は、ここは何と
しても火を消さなくてはならないだろう。

75 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:33:55 ID:IjAdApNC
74訂正

 村首相→村山首相

76 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:24:58 ID:Jze1e6mm
>>55
おっさん、詳しくご説明をありがとう。

まずは、とても大きな影響力を持つ朝日自身がとった、戦前・戦中の
行動に関して、自らの歴史認識を明らかにすべきという、論旨だと思うけど、
それには俺も大賛成だね。

自分だけ、安全なところに居たまま、というのはズルイよね。

朝日自身が自社の行なったことを総括すべきだと思う。

追伸:しばらくの間、書き込みができなかった。
   スレ立てすると、こうなるみたい。



77 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:56:30 ID:ioLKttR5
>>74
>今、中国との国際紛争は是が非でも避けなくてはならない。北朝
鮮の紛争があるからな。

日中の対立を煽るような愚かなことは反対だが、あの謝罪はいただけない。
日中共同声明の趣旨を尊重していくと言うだけで十分だ。
周恩来やケ小平の発言を引用して、日本がそれに答えていくと述べるべきだった。
中国側は、町村外相の抗議の発言さえ、日本側が謝罪したと解釈するのだ。
必要以上の譲歩や謝罪などしなくても、北京政府が解決へ向けた解釈をしただろう。

あと北朝鮮の核問題を中国政府が解決する可能性は無い。
このための譲歩など無意味だ。
日米韓の軍事的圧力をかける事で核保有を断念させるべきだ。

78 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:03:11 ID:u4ug/qQc
>>46
昭和天皇は戦後、B・C級とされた英霊が合祀されてからも、何度もご親拝
されている。異論はどこからも差しはさまれていない。
ぷっつりと靖国ご親拝を取り止められたのは、1978年東條英機元首相等が
合祀されてからだった。
崩御されるまで、二度と足をお運びになることはなかった。

国民統合の象徴たる今上天皇も、しっかりとこの方針を踏襲しておられる。

79 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:16:42 ID:RC8C6oJz
>>78
その通り。天皇家はA級戦犯の合祀以来、靖国には行っていない。靖国参拝に
こだわる政治家たちは、天皇家の方針と反した行動を取っている。

東京裁判の是非、靖国の是非とは別に、ウヨはまずこの事実を認めよ。

80 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:27:17 ID:K670d4Hh
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

民と主というものは
       民 ( ゚д゚)  主
       \/| y |\/

合わさると何故か売国になるんだ。

        ( ゚д゚) 売国
        (\/\/


        ( ゚д゚)、ペッ
        (| y |)
               民主党

81 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:43:02 ID:ioLKttR5
>>79
???
それがなに?天皇に参拝して欲しいのか?
政治的に影響力がある天皇が参拝すべきだと言う意見なのか?

天皇の行動と同じ行動をせよという意見か?

82 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:53:48 ID:IjAdApNC
>>77
>あと北朝鮮の核問題を中国政府が解決する可能性は無い。
・根拠のないことを断言してはまずいだろ。
○中国政府が北朝鮮の核問題を解決する根拠
1.中国は自国以外の国家が自国に脅威を与える核保有をけして容認しない。北
 朝鮮が 危険な国なのは、中国もよくわかってる。しかも、中国にとって国
 境を接してる危険国家だ。
2.アメリカは北朝鮮による核技術世界拡散を、自国への大量破壊兵器テロを
 防ぐ為に、絶対に許さない。だから、あらゆる手段を使って、北朝鮮の問題
 解決を中国がしなければ、中国に徹底した圧力をかける。
 ・かつて台湾の核武装を2度止めている。もし、中国が北朝鮮の問題を解決
  しないなら、今度は台湾の核武装はとめない、と圧力をかける。もし、台
  湾が核武装したら、事実上台湾の独立が決まり、独立問題で中国の崩壊に
  加速が付く。さらに、台湾の核武装により、中国は喉元に刃を突きつけら
  れる。
 ・中国が、北朝鮮の問題を国連等で、中国が他国と協力して解決しないなら、
  中国が単独で、解決するよう責任をとれ、とアメリカは中国に圧力をかける。
 ・アメリカは、中国が北朝鮮の問題を解決しなければ、陰に表に経済的圧力を
  徹底してかける。日本にも中国に対して圧力をかけるよう包囲網をつくる。
  などだ。

 だから、中国は北朝鮮の核・核ミサイル問題を解決せざるを得ない。

83 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:06:07 ID:pp9jSJj3
>>79
天皇の政治的なことは内閣の助言と責任で行う事であり、政争の
元になるような行為を自民党内閣は助言しないのだ。

政争の元になる事については内閣自ら行うのが当たり前なのだよ。
民主党が靖国参拝を憲法違反だとか、けちを付けるからには天皇は
参拝を控えさせるように内閣は助言する。

つまり、自民党は天皇を政治の正しさの証明には利用しないという良識を
持ち合わせているのだ。

民主党のように、自分の意見の応援に、韓国や中国に靖国参拝反対を
助言し勧めるようなことは、自民党はしないのだよ。

解るかな?
それが責任有る政党のやることだ。


84 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:18:25 ID:o1xSTFs1
象徴天皇はお飾り、国民のペット、
存続の必然性は無く、まもなく廃止ってことだろ。

85 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:20:19 ID:Z1+B9C2s
地震が起きてものんきに映画を見たり、愛人と変態プレーをするのが責任有る政党のやることだ。

86 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:28:18 ID:IjAdApNC
>>84

>天皇制は・・・まもなく廃止ってことだろ?
 まもなく廃止されるわけねーだろ。あんた,宇宙人か?



87 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:32:41 ID:N1Re7t0k
愛国無罪

じゃんじゃん中国人を殺そう

88 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:39:00 ID:IjAdApNC
>>85
>愛人と変態プレーをする
・愛人をもつことは浮気をすること同様、倫理的に問題がないとはいえ
 ないが、日本の社会じゃ日常茶飯事だろ。それと、他人がセックスで
 変態プレーをしようがしまいが、他人に迷惑をかけなければ、他がど
 んなセックスをしようが関係ないだろ。愛人は金がないと持てないから、
 金のない俺としてはおもしろくないがな。
  
 問題は政治家として仕事をしてるかしていないかだろ。

89 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:48:57 ID:PDLmHnVc
>>88
あんたも、下利便はスプーンで飲む口か。それとも箸や指か。

90 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:53:13 ID:IjAdApNC
>>89

 あんたは、どんなセックスをしてんだ?

91 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:57:19 ID:IjAdApNC
>>89

童貞か?

92 :77:2005/04/25(月) 20:05:47 ID:ioLKttR5
>>82
解決するまでの期間をどのくらいと見て解決すると言うのか?

俺は中国には四年以内には解決することは出来ないと見る。
いつかは解決するなんていうのでは無意味だ。
そんなに放置するなら軍事圧力をかけていくべきだと言っている。
中国には北朝鮮に圧力をかけてまで核廃棄を強制する政治的決断が出来ない。
今回のデモを見てそう思う、不安定な胡錦涛体制は内部対立を生むような決断が出来ない。

93 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 20:13:21 ID:dcOrzA08
>>民主党が靖国参拝を憲法違反だとか、けちを付けるからには

本当にそう言ったのか、そうだとすると世も「岡田民主党も」末だ。どうしよう。

94 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 20:20:07 ID:IjAdApNC
>>92
 今日の産経をみたかい?
 アメリカは動き出したようだ。
 4月25日(月)産経1面
            ・・・・・・・・・・・
「安保理付託の検討開始、北の核、米、中国へ要請強化も」
 米政府高官は産経新聞と会見し、北朝鮮の核問題をめぐる六カ国協議
を渋り続ける同国に対して取るべき六カ国協議以外の「新たな選択」に
ついて、米国がすでに検討を開始したことを明らかにした。核問題を国
連安全保障理事会に付託する事などを柱とし、・・・・(後略)
        ・・・・・・・・・・・・・

95 :77:2005/04/25(月) 21:05:25 ID:ioLKttR5
>>94
あんたが言う解決は何時頃の予想?

アメリカの中国への要請は規定路線だろう、今までと違ったことでも何か言っているの?
中国が解決すると貴方は言うが、具体的に何をどうやるから解決するというの?
せいぜい経済支援を日本に要請するぐらいじゃないのか?
何故北が核を放棄すると思うのだ?アメリカが絡まないで中国が何をやっても核を放棄するはずが無い。

96 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 21:30:28 ID:/aO9RBAi
>>76
>追伸:しばらくの間、書き込みができなかった。
>   スレ立てすると、こうなるみたい。

?。
規制されたりはしない。

97 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:29:30 ID:wpacY6WW
共同声明で「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な
損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と詫びてからも、
何度も天皇や首相が遺憾の意を述べ「侵略」を謝罪してきた。

国内にはWWIIに至る日中戦争を、侵略とは認めたくない集団があって、
いくら日本が国として謝罪しても、たちどころにそれを否定し、自衛・聖戦で
あったと主張する強大な一派がある。

こういった背景から小泉首相の公式参拝は、旧敵国にとってもまたとない
反日の「論拠」を提供し続けているのだよ。

98 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:36:02 ID:IjAdApNC
>>95
>あんたが言う解決は何時頃の予想?
・1年以内ではないか。ただ、確証はない。しかし、昨年は、アメリカは
 ブッシュ政権の任期切れ、イラクの正念場でいずれにしろ、北朝鮮には働
 きかけはできなかった。なお、イラン等への働きかかけをアメリカは先に
 するか、流動的だと思うが、実行への条件は去年に比べ、はるかに整って
 いる。一方、北朝鮮の内部崩壊をアメリカは待っている節もある。アメリ
 カがその時期を何時と見ているのかは私はわからない。
>中国が解決すると貴方は言うが、具体的に何をどうやるから解決するとい
>うの?
・国連等で6カ国等の経済制裁が決まれば、多くのエネルギー供給をしている、
 中国もそれを止めるので、北朝鮮の体制崩壊も数ヶ月でおきる。北朝鮮には
 イラクのように油田がないからだ。
>何故北が核を放棄すると思うのだ?
・金体制が崩壊するからだ。核、核ミサイル問題、拉致問題、大量破壊兵器拡散
 問題、覚醒剤密輸等が、全面解決する。
○あんたの「日米韓が軍事的圧力を北朝鮮にかけて北朝鮮に核を放棄させる」
 という解決策はすでに実行されている。北朝鮮が武力行使に出れば、アメリカ
 及び、日本、韓国の反撃はすでに規定の事だ。昨年の8月から航空母艦を除い
 いたアメリカの1艦隊が北朝鮮近海に張り付いている。アメリカはほぼ臨戦態
 勢には入っている。

99 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:55:29 ID:wpacY6WW
せめて今年くらいは、公約通り、八月十五日に靖国参拝を決行するよな? 子犬。

100 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 01:21:58 ID:jm405+Zx
オーストラリア首相が言っていた。
我が国も60年前日本と戦争をした。
しかし、過去を持ち出して、現在を破壊し未来を麻痺させるは
馬鹿者のやることだとね。

韓国や中国は、何時まで馬鹿者を演じるつもりだろうね。
そのうち愚かさに気が付くだろうとは思うけどな。

韓国の盧武鉉よ、反日言動言わないでも素晴らしい韓国統治で
支持率を上げる能力を身につけるべきだ。

中国の胡錦涛よ、反日教育に莫大な予算をつぎ込まなくても反政府
暴動が起きない素晴らしい中国統治をする能力を身につけよ。
民主改革を胡錦涛がやれば歴史に名前を残すだろうよ。



101 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 04:41:59 ID:jm405+Zx
>>99
今のところ自民党の分身たちが80人ばかり春の礼大祭に参拝済ませている。
就任から昨年まで参拝は4年連続しているからね。
今年は暮れの参拝になるかもな。


102 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 04:49:55 ID:9hXOD0sl
ド変態が参拝に来て英霊達も迷惑してると思うんだけど
どうだろ?

103 :タイトル:隠された意味:2005/04/26(火) 08:24:51 ID:tuNQ9Uuw
12 >>11
(八紘一宇って、いまいち解らんです。調べてみたことあるけど、世界を平和に…という意味なのだと見ますたけど。 )
もう分かりましたあ?八紘一宇。隠された意味もあるのです。

104 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 09:11:45 ID:ej1wDTWt
>>中国が解決すると貴方は言うが、具体的に何をどうやるから解決するとい
>>うの?
>・国連等で6カ国等の経済制裁が決まれば、多くのエネルギー供給をしている、
> 中国もそれを止めるので、北朝鮮の体制崩壊も数ヶ月でおきる。

「それは中国が解決する」のではなく国連等が解決すると言うことじゃないか!
一年以内でそれが実行されるのか?嘘だ。原子炉開発の交渉で何年引き伸ばしたか忘れたのか?
中国が今すぐ圧力をかけるのは国連の制裁決議など無くても出来ることだ。
中国が国連の経済制裁決議成立を妨害していることを知らないのか?

105 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 09:57:47 ID:JPohrweN
>>101
小泉が不信感を植え付けてきたのは何もチョンやチャンにだけじゃない。
初めはなんとも威勢がいいが、どんどん後退し裏切り、名前だけ恵んでもらって
すっこんでしまう、これの連続だ。
道路公団しかり、郵政然り。靖国参拝はその最たるものだ。
08/15の公約守るどころか、あちこち日付を変えて、泥棒ネコよろしくこそこそ
形だけの参拝パフォ。腰抜け奴!

106 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:18:01 ID:Lg/f97Y/
>>104
>「それは中国が解決する」のではなく国連等が解決すると言うことじゃないか!
> 一年以内でそれが実行されるのか?嘘だ。
 あんた、そうとう頭が固い人間のようだな。起きてる事を冷静にひとつ、ひとつ、
思い出し、どうやったら、それらがうまくつながり、きちんと説明できるか、考え
るべきだぞ。
 「中国が解決するのではなく」?、直接的にはエネルギー供給をとめる中国が北
朝鮮に引導を渡すと言う事だ。さらにこの解決の意欲には温度差があルということだ。
もちろん中国にもその意欲があるが、アメリカにはもっとその意欲があると言うことだ。
だから、環境、条件がそろった今、アメリカはぐずぐずしてる中国に、もっと早くや
れと、様々な圧力をかけ始めたということだ。
 もっと、冷静に考えてみるべきだぞ。

107 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:22:29 ID:TZelgrdH
なんで中国が東条英機に怒ってるのかワカラン

108 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:23:33 ID:TZelgrdH
韓国がA級戦犯に怒ってるのもワカラン

雰囲気?

109 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:27:39 ID:TZelgrdH
97 名前:名無しさん@3周年[ ] 投稿日:2005/04/25(月) 22:29:30 ID:wpacY6WW
共同声明で「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な
損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と詫びてからも、
何度も天皇や首相が遺憾の意を述べ「侵略」を謝罪してきた。

国内にはWWIIに至る日中戦争を、侵略とは認めたくない集団があって、
いくら日本が国として謝罪しても、たちどころにそれを否定し、自衛・聖戦で
あったと主張する強大な一派がある。

こういった背景から小泉首相の公式参拝は、旧敵国にとってもまたとない
反日の「論拠」を提供し続けているのだよ。

99 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2005/04/25(月) 22:55:29 ID:wpacY6WW
せめて今年くらいは、公約通り、八月十五日に靖国参拝を決行するよな? 子犬。

  どっちにしても叩く気満々のこういうやり方は好かん
  

110 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:51:53 ID:Lg/f97Y/
>>105
>初めはなんとも威勢がいいが、どんどん後退し裏切り、名前だけ恵ん
>でもらってすっこんでしまう、これの連続だ。
>道路公団しかり、郵政然り。靖国参拝はその最たるものだ。
 おまえは、そうとうバカな奴だな。
 「道路公団しかり、郵政然り。靖国参拝はその最たるものだ」?
 いつも、骨抜きにされていく、か?
 
 骨抜きにされていくということは、最初は骨があったということだろ?
それを、抵抗勢力、利権団体など様々な奴が寄ってたかって、小泉首相の
足を引っ張ってるんだろ。悪い奴は小泉首相なのか?ちがうだろ。よって
たかって足を引っ張っている奴らだろ。
 で、おまえは、今まで、だれを批判してきたんだ。
 その悪い奴らか?それとも小泉首相か?
 おまえが最も批判してきたのは小泉首相だろ。
 だから、おまえは国民のためになってないだろ。
 なぜ、小泉首相を応援しない?悪い奴らを叩かない?
 骨の在る法案成立、これが国民のタメだろ。
 国民のことを考えたら、当然、悪い奴らをたたき、小泉首相の応援
をし、改革を骨抜きにさせまいとするわな。当たり前だな。それをぜん
ぜんやらず、骨抜きにされた小泉が、悪いなどといってるだけのおまえ
は、結局、おまえも小泉首相の足を引っ張ってるだろ。
 結局おまえも、改革を骨抜きにしてる悪い奴らと同じことをやってる
だろ。だから、国民の為になることはおまえが小泉首相を応援し、悪い
奴らを徹底的にたたく事だ。
 
 いいか、これからは、小泉首相を心から、応援し、悪い奴らをトコトン
叩けよ。

111 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:52:23 ID:9MZ9Oord
>>109
侵略という言葉は、比ゆ表現で
一つの側面という意味だ。

「侵略戦争」などは認めていない。

112 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:54:49 ID:LJhPQgA8
米牛肉輸入再開を推進
政治団体から 会費名目230万円

島村農水相に外食業界献金

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-18/15_01.html


113 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:15:32 ID:rxsdtmyc
>>110
サンケイ読んどるか。
おまいら支持者なら、靖国神社参拝以外による戦没者の追悼方法についてだな、
小泉に別の選択肢でも考えてやれよ、あいつにはそんなチエないからな。w

http://www.sankei.co.jp/news/050411/kok046.htm
11日付の英紙タイムズは社説で、中国の過激な反日行動について
「明らかに中国政府の暗黙の奨励に基づいて行われている」と指摘した。
その上で「日本の世論はもはや中国に対して、それほど卑屈ではない」と強調。
反日行動の過激化を許せば日中の経済関係が脅かされるなどとして「最終的には
中国が敗者になるということを中国政府の指導者は理解しなければならない」と
主張した。

一方で小泉純一郎首相に対しては、教科書検定をめぐる日中両国の緊張関係を
終わらせることや、靖国神社参拝以外による戦没者の追悼方法を見いだすことで、
「真の改革者」であることを証明するよう求めた。

114 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:41:37 ID:7xV2J1tD
>>111
> 侵略という言葉は、比ゆ表現で

なにを比喩したものか? >>110にもわかるようにかみ砕いて説明してくれ。

:日中共同宣言における歴史認識関連部分(外務省サイトより):
双方は、過去を直視し歴史を正しく認識することが、日中関係を発展させる
重要な基礎であると考える。
日本側は、1972年の日中共同声明及び1995年8月15日の内閣総理大臣談話を
遵守し、過去の一時期の中国への侵略によって中国国民に多大な災難と損害
を与えた責任を痛感し、これに対し深い反省を表明した。
中国側は、日本側が歴史の教訓を学び、平和発展の道を堅持することを希望
する。
双方は、この基礎の上に長きにわたる友好関係を発展させる。

115 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:38:29 ID:tqHAF0Jg
おんやまぁ〜〜なんか?共産主義者が混じっておるな〜〜

   >小泉を心から応援しろ!

って、何を応援するのかね?・・
中国を意識的に起こらせた事を??か??

116 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:17:30 ID:ZkJWsPb+
>>68
地方の低脳は参加しないように。
明晰な方のみ歓迎。

117 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:37:44 ID:499W4jWi

一部マスコミが、「かつて違憲判決があった」と書き立てるのは問題だと思うが、お前らはどうよ。

そんな事実は無いのに。

118 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:54:52 ID:Hg5PyLC2
小泉は、なぜ謝罪した時に「今まで歴代総理が謝罪してきましたとおり、、」と
一言つけ加えないのか?
なぜ戦後からの日本の功績を世界にアピールしないのか?
向こうの否には何も言わず、本気で中国からの一方的な条件を引き受けるつもりか?
若い世代に反日意識が高いのに、未来の友好に向けて?
このまま反日世代が中国を支配するようになるまで、事なかれで引き伸ばすつもりかよ!
世界が注目する一番大事な時に、小泉の頭に日中問題は後回しでどうでもいいことらしいな。
日本が言うべき反論を、欧米が代わりに言ってくれたからデモ阻止する動きが出たんだよ!
国民の怒りが弱腰政府に向いてくるのは、日本も同じだぞ。




119 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:44:51 ID:2GU/RBOd

これ読んで見。ちょっとかなわん。

   ↓ 

胡主席「両国の先輩指導者に申し訳ない」 発言踏み込む
http://www.asahi.com/politics/update/0425/003.html


120 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:40:04 ID:X150RQCu
>>119
抜き出してみたよ。

「両国の指導者は中日友好とアジアの安定と発展を守るという大局をふまえ、深く反省し適切に処理すべきだ」

「中日関係がうまくいかなければ、長い間苦労した両国の先輩指導者と有識者に申し訳ないだけでなく、必ず中日両国人民の根本的利益を損なう」

「戦場に追いやられ、生命を失った日本の兵士を含む日本人民も戦争の被害者だと考えている」

小泉も、何らかのメッセージを発信しなければ、世界中からヒンシュクをかってしまうね。
後手に回っているなぁ。先手が取れないと、上手く立ち回れない人だから、それが心配。


121 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:41:34 ID:g2ffBDTe
小泉に優れた発言を期待することなど…笑止。
森よりマシなだけだ。それだけだ。

122 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:01:22 ID:X150RQCu
両国において不幸な時代があったと、日本の政治家は発言するが、
その不幸をもたらしたものに関しては、口をつぐんで曖昧にする。
それじゃ、もう、無理ということを解って欲しいし、日本国民の
ためにもハッキリとすべきだ。


123 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:04:21 ID:g2ffBDTe
大体にしてだ。
実に人間の身の丈に合った、地球にも優しい生き方をしていた日本人にだ、
開国を迫り、チョンマゲを馬鹿にし、
煽っておきながらだ。

戦争へと煽り立てたのは何も日本が最初じゃない。

欧米諸国の傲慢さは何なんだ。ましてやアメリカは。

絶対に許さん。アメリカを絶対に許さん。

124 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:09:55 ID:FosbRnsb
大統領が腹上死する国ですから

125 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:12:15 ID:g2ffBDTe
いくら日中・日韓・日朝でゴタゴタさせようとも、
絶対にアメリカを許さん!

何が起きても、絶対にこの気持ちは変わらん!

126 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:12:28 ID:FosbRnsb
ああ、ただ問題があって腹上死した後で原爆落としてくれますからね
日本とは何から何までスケールが違う


127 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:19:59 ID:g2ffBDTe
日本は、文化も非常に優れた国だ。
最近考えた。日本の良さを。
まず食文化。
日本食ほど体にいい食事も、世界広しと言えど、そうないんじゃないだろうか?
これは体にいいよ。肉食ってブクブクになってるアメリカとは雲泥の差だ。

そして自然。自然を愛でる心。
これは思いのほか大きいよ。
思うにね、自然美を見て心を動かされるという、この情緒ってやつは、脳に大きく作用していると思う。
右脳か左脳か、どっちか知らないが、刺激されることによって、脳は活性すると思われる。

日本は非常に恵まれた、優れた国家なんだよ。
その優れた国家がねぇ…アメリカの属国として、いいように左右される道しかないとは…
核の糾弾さえも、しっかりした意志を持って出来ないとは。

アメリカがどんな操作をしようとも、一生を持って私は核を許さない。
アメリカの軍事主義を絶対に許さない。

128 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:25:01 ID:X150RQCu
そういえば、日本の政治家で、日本人戦死者に対して、
あなたは被害者ですというニュアンスの発言をした人
いるのかな?


129 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:35:22 ID:6IZgMLO3
長崎の稲佐町には外人墓地があります。戦後には子供たちの遊ぶ公園みたいに
なていましたが。今は長崎市がきちんと管理しています。

そこには、ロシア人の墓地が二箇所あります。
一箇所は、航海集に死んだ人のための墓地で、もう一つは、日露戦争のときに
長崎で無くなった方々のものだったか、と思うのですが。

ゴルバチョフが日本に来たときに、おまいりにきました。

かつての日本では、心温かい人達が日本を運営していたのでしょうね。


130 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:55:01 ID:Ij+WRDei
両陛下のサイパン訪問、閣議決定
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050426i503.htm
宮内庁によると、大戦ゆかりの地への慰霊は、天皇陛下が強く希望されていた。
相手国からの招待のない初めての外国訪問だが、米側も歓迎の意向を示し、
政府は訪問を決定した。

公約を破り、逃げ回るような形ばかりの靖国参拝で、旧敵国に干渉の口実を
与え続けている小泉よ。
本当の鎮魂・慰霊とはなにか、両陛下から学ぶとよい。
アッツ・キスカ、餓島、白骨街道.... 東條が制作、皇軍に刷り込んだ戦陣訓
「生きて虜囚の辱めを受けず」を実践、わが将兵が玉砕・集団自決した異郷を、
一度でも訪れてはどうか。

131 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:56:00 ID:X150RQCu
>>129
名前は忘れたけれど、それはバルチク艦隊の司令官だと思う。
おっしゃるとおり、とても手厚く看護したらしい。


132 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:03:13 ID:g2ffBDTe
>>130
小泉に思慮深さなど無い。
泉岳寺参りして「昔の人は偉かったですね。」という訳のわからんコメントする程度の脳しかない。

早く降ろさせるに限る。
が、アメリカにとって非常に好都合の人間なので、このまま任期満了まで続く可能性が高いのかもしれぬ。

133 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/26(火) 22:30:59 ID:ZO44eGNY
支那も民衆のデモ隊に政権ぶち壊されたくなかったら、小泉首相が8月15日に
靖国神社に公式参拝しても支那で一切報道しないことだ。
それと、朝日が靖国で支那の対立を煽るようだったら、朝日支局を閉鎖することだね。
大体、他国がどう英霊を奉ろうと問題にすること自体いかれている。
支那群集のコントロールが壊れることなど、いとも簡単だぜ。

134 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:31:15 ID:g2ffBDTe
電車事故、各国首脳が哀悼の意を表明しても、日米の友好関係は世界において大事だと主張するアメリカからは、何か来た?
日本は友好国というブッシュは、何か言った?

135 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:41:37 ID:g2ffBDTe
中国も韓国も、表明した。シラク大統領もした。
アメリカは結局、属国とみなしているような国に、わざわざと哀悼の意など表明しないだろう。
何が友好国だ。調子のいい時にだけそんな言葉を使うな。
アメリカはそんな国だ。

136 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/26(火) 22:45:02 ID:ZO44eGNY
支那の列車事故で大量の日本人修学旅行生が殺された事件はついこの前だな。


137 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:48:41 ID:95Na0z2z
策なしで、靖国参拝する小泉はどうにかしている。

泥棒でも、捕まらないように用意周到策を練るのに。
国際社会情勢も研究せずに靖国参拝していたとすれば、戦力も考慮せずに、戦争に突入した戦前のボンクラと変わらない。
神風は吹いたか?

喧嘩するなら勝つ喧嘩しないと無意味。
戦争も勝つ見込みが無いならすべきじゃない。

中国の馬鹿を 他国が叩きだしたのに・・・・・・
せっかく勝ちが見えてきた外交に、頭を下げる馬鹿な首相  orz

138 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:50:07 ID:g2ffBDTe
このおっさんが反中なのと、私が反米なのは、同じレベルなんだろうか??

139 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:10:23 ID:l+6YRWnX
この話題も、すっかり列車事故の影に隠れてしまったな。

亡くなった23歳の運転手には哀悼の意を捧げたいと思います。

当然の話ですが、JR西日本は、今回殉職された運転手を社内
神社にでも手厚く弔い、社長は毎年必ず参拝して欲しい。

140 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:14:06 ID:g2ffBDTe
>>139
それ、何か狙って書いてるんですか?

141 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:18:31 ID:gSxSsixv
>>137
いつ小泉が、靖国参拝で中国に謝罪などした?
参拝に行くのに、中国の顔色見る必要があるのかよ?
中国のアホの言うことなど無視すればいいのだ。

142 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:25:23 ID:g2ffBDTe
>>103
八紘一宇。
しっかりとではないけど、少しだけ解りました。

143 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:27:17 ID:95Na0z2z
>>141ボケ
「反省とおわび」表明 首相が首脳会議で演説
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000106-kyodo-pol

144 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:28:52 ID:l+6YRWnX
>>140
別に何も狙っていない。

亡くなった乗客の皆さんには大変気の毒なことをしたとは思うが、
ただ一つはっきりさせて置きたいのは、今回の事故の最大の要因は置石であり、
ウチもその被害者の一人であるということ。

社内外から、今回の事故の責任を問う声があがると思うが、この事件を加害者と
しての側面から、自虐的に一方的に負の側面だけを語るのではなく、乗客が少し
でも早く目的地に着くよう最大限の努力をした結果であることも忘れてはいけない。


145 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:32:21 ID:gSxSsixv
>>141
おまえアホ?
靖国とは関係ないだろ。

いつものお決まりの挨拶だ。

146 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:33:04 ID:gSxSsixv
>>143
おまえアホ?
靖国とは関係ないだろ。

いつものお決まりの挨拶だ。




147 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:36:28 ID:g2ffBDTe
>>144
・・・・・・。


しかしだ。
悪政によって日本が悪化すればする程、
アメリカにとっちゃ都合がいいのかもしれんなぁ。
敗戦国の行き先は、こんなどん詰まりだったんだろうか。
ひたすら疫病神小泉が憎らしくて仕方ない。

148 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:45:45 ID:/Ir6rz9w
>>143
そのお詫びも中国と特定していないところがミソなんだが。
その意図は読みとれなかったようだね。

149 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:48:10 ID:gSxSsixv
朝日や共同の見出しだけ見てるから
騙さんるんだよw

150 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:39:29 ID:ksW6wq82
>>127
>アメリカの軍事主義を絶対に許さない?
 なんか、あんた頭がおかしいな。60年ずっとアメリカの軍事力に完璧に
1000%守られて、日本は平和だったんだろ。あんたそれは、きれいさっ
ぱり忘れたのか?記憶喪失か?あんた、ほんとに何言ってんだ?他国に完全
に守られてることがいいことだなんて、オレは思ってない。しかし、アメリ
カに守られてきたから、平和、安全、自然豊か、国土を愛する気持ちも、もて
てるんだろ。それを、「アメリカの軍事主義を絶対に許さない」?
 
 何か、どこかで、頭の配線が間違ってつながってるだろ。もう一度良く考
えてみろよ。


151 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:49:53 ID:07wcF++0
>>150
(´,_ゝ`)プッ

152 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:54:22 ID:hBY1/IEY

アホの平和主義者は、核廃絶が究極の目標らしい

核廃絶後のことは、想定外w

153 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:00:44 ID:GFUSt0Vg
核廃絶を訴えるのは良い事じゃないか
中国にだけ向かって言えばアメリカ様も喜ぶよ

154 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 01:07:09 ID:vmFvsBfu
アメリカ様のために憲法も改正して、日本はこれから徴兵制のある国に生まれ変わるのだ。

155 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:08:55 ID:BMvXrkFt
私がむこうに行けばそれは必要ないね

156 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 01:11:23 ID:vmFvsBfu
>>155
あんたは誰で、どこへ行くのだ?

157 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:12:32 ID:BMvXrkFt
>>156
イギリスに拉致されるのも一興かもな

158 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 01:15:27 ID:vmFvsBfu
?。
単細胞・天のジャッキーにはわからん。

159 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:17:40 ID:BMvXrkFt
ヨン細胞です

160 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:48:15 ID:ksW6wq82
>>151

 口で屁をしてるの?

161 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:54:39 ID:o4ScHkkZ
してません、ただ相手の手法の汚さに胃液が出るときがあります

162 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:11:38 ID:ksW6wq82
>>161

 言いたいことがあるなら、相手にはっきりわかるように言えよ。

163 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:13:32 ID:xwPmWwAP
>>162
そうできればいいが、相手は耳が悪いんです
日本は老人が馬鹿だから

164 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:15:26 ID:hBY1/IEY
>>163
バカはおまえだろ。
おのれの無知を、相手の耳のせいにすんな。

165 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:16:00 ID:ksW6wq82
>>163

 それをする気がないんだったら、書き込むなよ。不愉快だ。

166 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:17:15 ID:hBY1/IEY
>>161
自分のアホさで、胃液が出るんだよ。

167 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:18:08 ID:xwPmWwAP
>>164-165
それが日本人だからね
 
香港の人とは違うさ

168 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:27:50 ID:hBY1/IEY
>>167
意味不明?
やっぱ、こっちの耳は悪くない。
おまえの頭が悪い。

169 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:37:47 ID:dfzH7kyP
靖国に祭られているA級戦犯の中に怨霊になってしまった人がいるということ?
みんなそれを恐れているの?誰?

170 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 05:28:22 ID:bvGBcnY0
小泉のお詫びには、中国首脳も度肝を抜かれたと思うよ。
靖国参拝してるかと思えば、いきなりのお詫び。
小泉にはつかみ所が無い。

右系や左系の人を焚きつけていて、
二度と戦争が起こらないように靖国で祈っているなどと平気で言える人。

171 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 08:06:54 ID:X+0Gdp3e
いやぁ、そのぐらいノー天気でないと国際政治はつとまらん。
小泉の笑顔 VS コキンちゃんの強張ったツラ、
誰が見てもコキンちゃんを引っ張り出した小泉の勝ちぃ〜〜w

株上げたね、純ちゃん♪

172 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 08:20:27 ID:Z+xuEv/s
カラスが鳴いた方が負けって事だな

173 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:01:17 ID:6M9IoYT5
この靖国問題は、国内紛争が有る限り・・永遠に解決は見ないんだろうね。

しかしさ!、反日にせよ、親日にせよ、日本をどうしたいのかね!

ハマコウ大先生のように親日かと思いきや、反日と同じコメントができる・・
「中国に謝罪なんぞしてない」的、事を・・平気で出来てるこの、日本の社会構造
そのものが・・不思議だね〜〜
最近、更に分からなくなってきている、日本の歴史認識はやはり、文化省が近代史
を教えなかった??結果なのかな??

???しかし、ハマコウ大先生は??現代人??それとも宇宙人・・なのか?な??

174 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:12:03 ID:X+0Gdp3e
千葉のカッペだよw

175 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 11:03:40 ID:skBu/seI
>>143
何処に靖国参拝をしたことを謝罪する発言があるのだ?

町村外相の抗議でさえ謝罪と捏造する国家だ。
過去の謝罪を引用して日本が今は何ら恥じることのない平和主義国家になっていると述べただけだ。

176 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:29:38 ID:6M9IoYT5
>>174 しかし、>千葉のカッペだよw
で、すむ事かいな!つまり、ハマコウ大先生は反日、つまり、左翼のドンである・・
可能性があるって・・事だがな!
よって、小泉は左翼の指揮者である可能性が・・高いと言う事だがな!

そうは・・思わんかいのぅ〜〜俺は感じるが!

177 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:36:22 ID:IxHen32c
>>175

>>143には、靖国参拝に謝罪などとはそもそも書いてないし、

そもそも>>137を見て、靖国参拝に謝罪したと狭義にとえらえる、>>141がボケ。
国際問題も、小さな視野でしかとらえられないボケどもが、この問題を逆に複雑化させている。

国際問題をイデオロギーでしか捉えられないボケどもは中国人以下。

靖国に行く事で外交的に優位に立てるのであればガンガン靖国にでも、行けばいいが、不利になるのでは行くべきでない。
国連の常任理事国入りにも影響を及ぼすのではないか?

178 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:49:47 ID:FItD0S/g
>>154
日本がもし徴兵制になったら俺は真っ先にアメリカ市民になって(当永住権保持)
我が大統領がなんでも言う事聞く犬に日本国民が金、命をどんどん
献上するように命令するのをみることになりそう。


179 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:03:31 ID:kZy60kPa
>>177
中国の妨害で国連の常任理事国入り出来なきゃ、それでいいだろ。

まともな国は、他国の首相の参拝や教科書に
クレームなどつけない。

中国に妥協することは、日本の将来の国民を
大いに苦しめることになる。

180 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 14:17:30 ID:vmFvsBfu
最近、アメリカ大統領ブッシュ様のお顔を拝見しない気がするのだな。
パッタリ見ない気がするのだな。
お元気だろうか?
日本と中国のことは如何思っておられるのだろうか?

超大国アメリカの大統領は、日々忙しくても、日本のことを気にかけていないはずはないのだ。
電車事故といい、何も言の葉を発せずとも、きっと心を痛めておいでだろう。

そうとも、超大国アメリカは、戦後60年のこの年がいかに大事な年が解っておいでだ。
60年前、アメリカが何をしてきたのかも、きっとこれからしっかりと検証する機会を設けることだろう。
世界の長だ、他の国々のお見本になる国になるため、きっとそうするに違いない。
核も持っていたくなどないのだ。
仕方なく持っているのだ。
超大国は辛いよ。

181 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:35:15 ID:ksW6wq82
>>180
 19世紀、20世紀前半、世界は弱肉強食極まる時代だった。60年前、原爆を
落としてアメリカは、強かったから勝ったんだ。原爆を落とされた日本は弱
かったから負けたんだ。
 
 おまえ他に何かいうことがあるか?

182 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 14:39:10 ID:vmFvsBfu
とんでもない。おっしゃるとおりで。
強い者が正義です。
もう、アメリカがどこへ核を落とそうとも、それは正義です。
イラクを攻撃して民主主義国家のために尽くし、
ブッシュ大統領のやることは凡人のやることと違います。
これからも、他国の民主主義のため、世界の民のため、奔走することでしょう。

183 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 14:40:59 ID:vmFvsBfu
八紘一宇。アジア開放。

随分と、戦前の日本と似ていらっしゃいます。

どうりで。

184 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:41:33 ID:ksW6wq82
>>182

 で、日本が生き残るには、どうすればいいんだ?
 これは、少し、ふざけないで答えてよ。
 天ちゃん。

185 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 14:46:06 ID:vmFvsBfu
>>184
そりゃもう、憲法改正して、徴兵制取り入れて、
国防に力入れて、核なんかもアメリカに分けてもらっちゃって、
あとは何だ、靖国に参拝して、過去の恨みはらさでか、みたいなもんで、

…いやいや、アメリカ様と共依存して、アメリカ大帝国を作るんでさ。
一番弟子の道をひた走るんでさ。

186 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:55:47 ID:ksW6wq82
>>185
 お茶らけは、とりあえずいいから、天ちゃん。
 軍事力、経済力、政治力が正義の世界で、日本はマジでどうすりゃい
いのよ。天ちゃん。
 天ちゃん、ほんとにそれでいいの?ちがうだろ?
 モット。みんなで、手をつないで仲良くやりたいんじゃないの?
 金ちゃんとか、サダムちゃんなんかともさ、許してやらなきゃね。

 ほんとの気持ちをいってみろよ。
 

187 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 14:56:10 ID:vmFvsBfu
ポン!(膝を打った音)

小泉が大石蔵之助狙っていたら面白いね。
ギャッハッハ。

188 :175:2005/04/27(水) 14:57:57 ID:skBu/seI
>>177
了解。前後関係をよく見なかった私の不注意のようです、失礼しました。

189 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:58:38 ID:ksW6wq82

 大石蔵之助、時期がまだはやいって。
 

190 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 15:03:03 ID:vmFvsBfu
日本は文化があって面白いね。


>>189
とんでもない昼行灯でんな。

191 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:06:05 ID:ksW6wq82
>>190

あまのじゃくに、自覚があるから、日本はまともでいられるんだよ。
あんたのような人間はほんとに必要だ。これはマジだよ。





192 :天のジャッキー:2005/04/27(水) 15:09:45 ID:vmFvsBfu
どんな人間かわからん。
天のジャッキーは感性の赴くままにしゃべる人間でっせ。

193 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:12:45 ID:ksW6wq82

その感じ方が決めてかもしれない。

194 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:15:57 ID:skBu/seI
>>186
世界のトヨタを見てごらんよ。アメリカの自動車産業のために車の台数が伸びないように値上げをするんだって。
日本の進むべき道はこれじゃないのか?
世界的な企業となってアメリカの産業界を余裕を持って支援するような日本企業をつくるべきだろう。
次世代DVD、規格を中国と争うような時代になった、携帯電話の規格も世界戦略で中国と争う世界だ。
超大国のアメリカと戦うには国家を超えた世界企業を日本から産み出していくことだとおもう。

195 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:22:31 ID:ksW6wq82

 日本が国際経済競争力を維持していかなくてはならないのは、必須だろう。

196 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:49:44 ID:skBu/seI
世界のフィルム市場を支配していたコダックは日本のデジカメによって市場そのものの維持も危なくなった。
圧倒的だった支配者が、凋落することもある。
水素エネルギーの実用化によっても生活習慣が激変していくだろう。
科学技術開発と産業支援を国策の柱として優良企業を産み出していくことが、
世界に日本が存在を認めさせる一番良い方法だ。
産業戦士が日本を護るもっとも優秀な防人となる。

これからは過労死や労災による死亡も靖国で奉るようになれば労働組合も参拝するようになるんじゃないか?(w

197 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:14:09 ID:wPWEHlK6
>>196
>これからは過労死や労災による死亡も靖国で奉るようになれば労働組合も参拝するようになるんじゃないか?(w
それは良い考え。
参謀本部でふんぞり返って、挙句に処刑された人たちよりも、よほど過酷な戦いの日々を過ごす人も多いはず。


198 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:21:05 ID:wPWEHlK6
>>171
>誰が見てもコキンちゃんを引っ張り出した小泉の勝ちぃ〜〜w
>株上げたね、純ちゃん♪
こういう問題を、勝ち負けと煽るそこのキミ、日本人として恥ずかしくないか?


199 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:21:36 ID:25YkjouV
>>194
> 世界のトヨタを見てごらんよ。アメリカの自動車産業のために車の台数が伸びないように値上げをするんだって。
> 日本の進むべき道はこれじゃないのか?

ホンダの社長だか会長が真っ向から否定していたけどな。

奥田は独占禁止法知らないのかって・・・。

200 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 21:20:23 ID:KxVKi+1o
紳士協定とは、もともと、君子の約束なんだから、証拠なんざ初めからないんだろう。
捏造か、そ知らぬ顔の半兵衛か。

首相らの靖国参拝は「紳士協定」違反・中国の王毅大使
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050427AT1E2700327042005.html
 中国の王毅駐日大使は27日午前、自民党の外交調査会で講演し、
靖国神社参拝問題について「かつて政府の顔である首相、官房長官、
外相の3人は在任中に参拝しないという紳士協定があった」との
認識を明らかにした。そのうえで「政治家が参拝するのは構わない
が、政府を代表する3人は参拝すべきでない」と語り、小泉純一郎
首相の参拝中止を重ねて求めた。
 大使によると紳士協定は1985年の中曽根康弘首相(当時)の公式
参拝後に交わされたという。

201 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 21:52:55 ID:25YkjouV
>>200

【日中】細田官房長官 紳士協定の存在を全面否定[04/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1114605157/l50

1 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) φ ★ 投稿日:2005/04/27(水) 21:32:37 ID:???

 細田博之官房長官は27日夕の記者会見で、中国の王毅大使が1985年に当時の中曽根康弘首相による
靖国神社公式参拝後、日中間で首相と外相、官房長官は参拝しない「君子(紳士)協定」があったと
指摘したことに対し「(公式参拝を控える表明をした)86年当時の後藤田正晴官房長官談話は読んだが、
紳士協定があったとは承知していない」と述べた。
 これに関し小泉純一郎首相は同日夕、町村信孝外相と首相官邸で会談し、事実関係の確認を求めた。
外相は「そんな協定は一度として存在したことはない」と説明した。
 また外務省の高島肇久外務報道官も会見で「そのような紳士協定が存在しているというようなことは
全く承知していない」と全面的に否定。町村外相が就任後、靖国神社を参拝していないことに関しては
「ご自身の気持ちとして参拝しないということを繰り返し表明している」と述べた。

ソース:共同通信
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=YNS&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2005042701004008


だとさ。

紳士協定の存在自体怪しいですね。w

202 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:13:30 ID:zn6TGaSH
っていうか、そんな協定あったら、
もっと以前にそれを理由に非難声明出してるだろw>中国

203 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/27(水) 22:17:44 ID:XEX4fQbA
株見ていると、アメリカの外資が結構下支えしてくれている。
亀井静香の馬鹿に言わせると、外資が日本を乗っ取るということだが、所詮、狸の巣に
しかなりかねなかったゴルフ場を外資が買い占めたところで何の実害があんのかね?
もし、市場から外資が出て行ったら、そっちのほうが日本破滅だ。

外資の好き勝手にさせたくなかったら、郵政民営化で日本人のお金をもっと、株式市場に
いれるべきだ。
そして、役所の特殊法人にゼゼコ捨てるような今の仕組みはすぐさま終えるべきである。

木っ端役人どもは、靖国の英霊を守らず、私利私欲にしか励まない。
そんな連中の天下は一刻も早く終わらせよう!

204 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:06:00 ID:h6IiPSD9
>>201
日中間で、って日本側が誰だったかぐらいハッキリしてんだろ?


205 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:08:59 ID:h6IiPSD9
>>203
株を法に従い公然と買うと、「日本を乗っ取る」になるのかよw
ばっかじゃね〜のw 亀吉、さっさと引退しろ!

206 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 01:24:33 ID:hOCKc322
犠牲者鎮魂碑に運転手の名を入れるかどうかで大モメし

「分祀が適切」「死者に鞭打つのは非国民」「電車が遅れて文句を言う人間は批判するな」
「乗客もスピードを望んでいた」「乗客死者数は捏造されている」
「乗客が運転士をリンチにすべきだった」

など、議論は混迷の度を深めるヨカーン



207 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 03:43:09 ID:UzU4FgSV
田原も書いていたけどさ、
赤紙を乱発して徴兵して戦場に送り込んだ戦犯と、
乱発された赤紙で徴兵されて戦場に送り込まれた一般軍人が、
一緒に祀られているからおかしい。

戦犯の柱だけ分祀する、というか恐山あたりに封印しておけと。

208 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:07:16 ID:hzyrvBAW
紳士協定とも言うべき言葉のやりとりは確かにあったのだろう。
でなければ中国の王毅駐日大使が言及するはずがないからだ。

しかし、紳士協定と言うからには文書化されていなかったのだろうが
日本政府が文書がないことを盾にして存在しなかったと反論したのは残念だ。
口頭による約束事であっても守られるべきであり一般社会ではこれが常識だ。

これまで守ってこなかったから今さら認めるわけには行かないという
日本政府の立場は分からないでもない。
引継ぎがなされていなかったのかも知れない。
どちらにせよ国と国との約束事をこんなに軽く受け流してしまう節操のなさには
一国民として失望を禁じ得ない。

209 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:25:45 ID:nkwZczZR
むしろ、そういったコミットメントを言質だけにして
話を推し進める中国人のやり方は通用しない事を思い知らせよ

210 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:43:24 ID:VkaxWIyq
>>208
> どちらにせよ国と国との約束事をこんなに軽く受け流してしまう節操のなさには
> 一国民として失望を禁じ得ない。

中国の狙いにまんまと乗せられていますねw

紳士協定とは秘密協定の事を言います。秘密と言っても“公然の秘密”ですがね。
本来であれば、秘密協定自体日本に於いては存在してはならないのに、その点に
ついては無視ですか。

全く、中国の側に立って考えてばかりいると、こういう基本的な事も判らなくな
るようですね。

211 :過去レス読んで:2005/04/28(木) 08:46:45 ID:fpMscnqw
 八紘一宇の意味。本来は「世界を平和に…と言う意味」???
 そうなんです。巧妙なレトリックです。「八紘」とは世界という意味の国家神道独特の
神学用語なのだそうです。同じく「一宇」とは一家とう意味だそうです。学校の先生か
ら教えていただきました。つまりどこかで以前TV「で聞いた「世界は一家人類は皆兄弟!」
と言う意味です。だから本来は、世界は皆兄弟だから仲良く暮らしましょうと言う意味なのだ
そうです。
 が・・・。ところがどっこいそうではなく。一家にはお父さんがいる。お父さんを奉り(今は
威厳も権威もないが・・・)その下でみなが仲良く暮らすのが理想。神学の世界でお父さんは
天皇であり、人類は天皇というお父さんをいただいて、その下で仲良く暮らす世の中でなければ
ならないという主張です。つまり、日本の世界征服宣言です。
 本来は良い意味でも恐ろしい意味に言い換えられるという良い例でしょう。アジア進出か侵略か
などもそう言うことでしょうね。未だに皇軍は清い軍だと主張できる馬鹿がいる。「えげつない事」
などやった事がない。もう騙されまい!お爺さんは頑張るぞ!!!

212 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:48:32 ID:s8pndN6U
それがあったか無かったかは
当時の外交文書を調べれば直に分かるだろう。
それに基づいて適切に対処することが大切だ。
あまりかけひきはしないこと
信頼関係はそういう所から生まれるのだろう。
くれぐれも日本に紳士はいなかったと言われたりしないように

213 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:51:09 ID:VkaxWIyq
>>212
だから調べたけど無かった言ってるじゃんw

214 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:53:57 ID:s8pndN6U
大本営発表ですよ。

215 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:55:00 ID:km4MSj5u
>>212
もし中国側に誠意があるならだね、中国側から文書を起こして
日本側に提示しなさい
 
さあ、当時の古いタイプライターいまから探して捏造するんだろ?
そうなんだね?

216 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:58:09 ID:km4MSj5u
>>214
中国には書記が居て書記も居ないのか、そうかそうか

217 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 09:02:44 ID:s8pndN6U
それがかけひきだと言ってるんだよ。

218 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 09:04:55 ID:VkaxWIyq
駆け引きを仕掛けているのは中国政府なのだがw

219 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 09:07:28 ID:s8pndN6U
また後でね。

220 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:13:46 ID:ExceRj9Q
>>208
>口頭による約束事であっても守られるべきであり一般社会ではこれが常識だ

それは、言った本人だけの話。
そんなものに、国民は縛られる義務はない。

221 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:25:48 ID:wd/+L2m4
>>200
まぁ、08/15公約守るどころか、あちこち日付を変えて、泥棒ネコよろしくこそこそ
形だけの参拝パフォの小泉サンか、確かに紳士だ。ぷ

222 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:29:32 ID:Ah9tu5WC
>>207
国民は戦犯の罪を国会で議決して許した。合祀は其れを受けての物だ。
指導者もナチのように虐殺を目的で兵士を戦場へ送ったのなら貴方の批判もわかるが違うだろう、
国家を救うために兵士を戦場に向かわせたのだ、国民はそのことの罪を問題にはしなかった。

223 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:32:03 ID:VkaxWIyq
>>221
それにつられる中朝韓はもっと間抜けだな。ぷ

224 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:37:01 ID:Ah9tu5WC
>>208
紳士協定と言うのなら、破られたからと行って騒ぎ立てるなら、紳士じゃない。
相互の志の問題であり、破られたくないのなら罰則を決めた契約や条約に文書化するべきだ。

暗黙の了解であり、相互信頼がある場合に通用することだ。
時代が変わり人が変われば約束自体が消滅するのは当たり前のこと。
当事者以外に約束が及ぶと理解する方がおかしい。

225 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:40:35 ID:ajShQ4t9
中国が追い詰められているんだよ。だから、密約まで明らかにしたんだ。

226 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:53:56 ID:FZjPerQz
>>224
あんたレベルならいざ知らず、総理クラスの政策継承性にからむテーマだろ。
知らん顔の半兵衛決め込む奴も、紳士とは言えんな。w

227 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 10:58:40 ID:VkaxWIyq
>>226
総理クラスならば尚のこと、文書化されてなければ可笑しいのだがw

228 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:06:11 ID:Ah9tu5WC
>>226
紳士協定を結んだ当事者はその協定を護った。

それだけのことだ、政策継承性を要求するなら、文書化するか当事者が変わるたびに確認をするべきだろう。
お互いを紳士と認めるから成立するのが紳士協定だ、個人の人格を無視継承など紳士協定ではない。
紳士協定を次世代まで継承するという方が異常だ。
口伝の秘密協定が永遠に継続していったら、がんじがらめで後世の者は何も出来なくなる。

229 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:48:11 ID:h6IiPSD9
>>228
紳士協定だろうが何だろうが、
相手国トップに履行を迫り続けるたぐいの協定なら、
その時点のトップのサインをもらっておくのが普通だろ。

それもせずによう言うわ  ^^;

230 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:14:54 ID:VkaxWIyq
http://www.sankei.co.jp/news/sokuhou/sokuhou.html#12:53
靖国参拝自粛の紳士協定否定。
中曽根氏「大使の記憶違い」。
事実に反すると全面的否定。
中国大使館側に電話で抗議

( ゚∀゚)ァハハ八八ノヽノヽノヽノ \ノ \ / \ / \


231 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:15:50 ID:imDRxneV
>>228
小泉と町村は、当時の紳士協定のカウンタパートとして、中曽根や後藤田に
「君子の約束」の有無を、まずは糺せ。
次いで、王に、我が国側の当事者を指名させろ。

できまい。w

>個人の人格を無視継承など紳士協定ではない。

首相や外相、官房長官を「個人」とみている時点で、小泉並みのアフォ。

232 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:21:24 ID:VkaxWIyq
>>231


>>230を読んでくれ。
紳士協定を結んだとされている中曽根氏本人が否定しているよw


233 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:28:59 ID:IdCGfHRJ
過去を忘れていい加減に生きていけるある意味天然な日本人と
自分のことは顧みず、他人の触れられたがらない過去や
細事を事あるたびに蒸し返し、恥もなく非難し続ける中韓国とは
とても価値観を共有して仲良くできるはずがないことを
この60年が物語っている。

それよりも、北は論外だが中韓国の指導層の低レベル、非民主、
民度の低さを世界は知らなさ杉そうでこのことのほうが
むしろ、東アジアの大問題。

234 :天のジャッキー:2005/04/28(木) 14:47:01 ID:OvzL0uzk
民主主義はさておき、日本の指導者とは優秀だったのか!
そいつはおそれいったぜ。
自分の国の拉致被害者のことすら一体何十年手をつけなかったんだ!
こんな国の指導者が優秀だったのか。
オラまいっちゃったぜ。

235 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:09:36 ID:imDRxneV
>>232

そうなら、引退した中曽根は別として、政府・外務省から、厳重な抗議を
するべきだろう。言いがかりをつけられただけでなく、うやむやに揉み消すような
ブザマなまねはするでないぞ!>小泉

236 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:26:03 ID:Ah9tu5WC
>>226
紳士協定を結んだ当事者はその協定を護った。

それだけのことだ、政策継承性を要求するなら、文書化するか当事者が変わるたびに確認をするべきだろう。
お互いを紳士と認めるから成立するのが紳士協定だ、個人の人格を無視しての継承など紳士協定ではない。
紳士協定を次世代まで継承するという方が異常だ。
口伝の秘密協定が永遠に継続していったら、がんじがらめで後世の者は何も出来なくなる。


237 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:32:40 ID:Ah9tu5WC
>>231
紳士協定ならば個人の人格を元にした約束だろう、肩書きで紳士協定をする物じゃない。

238 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:45:27 ID:Ah9tu5WC
首相「紳士協定、密約全くない」 中国大使発言を否定
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20050428/K2005042702550.html
中国の王毅(ワン・イー)駐日大使が靖国神社参拝に関する「紳士協定」が
日中両政府間にあったと自民党外交調査会の講演で指摘したことについて強く否定した。

駐日大使に抗議して謝罪しないなら、国外追放にするべきだ。

239 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:52:51 ID:KDWUIfR5
後藤田日中両国民に謝罪しろ。


240 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 18:02:08 ID:HxtaW8TN
一宗教法人に過ぎない神社がA級戦犯を合祀するのは自由だし
政治家が戦没者をお参りするのは当り前だし
神殿には神殿のルールがあるのだから政治家だろうが誰だろうが神式で参拝する必要があるし、
憲法上、一宗教法人への参拝に税金を使えないのも当然だ。
極東軍事裁判が、総統権独立下の文官をA級戦犯としたり
戦時合法行為を裁いたりと、明らかに不公平なものである事も論を持たない。
そんな幼稚園でも分かるようなことをいつまでもごちゃごちゃ論じているのだろうか?
問題は裁判が合法であろうが無かろうが、講和条約に調印して裁判結果の受託を
当事諸国に約束した以上、戦犯が合祀された墓地を
「一国の首相や大統領が」参拝する行為は、その意図がどの様なものであれ
講和体制への挑戦と言う意味を必然的に帯びるということだ。
挑戦してもイイじゃないか、などと言うな。
講和体制下の当事諸国や周辺諸国の協力や援助があって始めて敗戦後の戦後復興がありうる。
その叉豊かな成果を私達は既に存分に享受してしまった。
講和体制下のウマイ汁を散々吸っておいて今さら何を言うか。
その意味で、講和体制への挑戦は、当事諸国や周辺諸国のへの
信義違反であるが故に外交的国益を揺るがすのみであらず
敗戦国にとって戦後史がどういうものかという自意識における腑抜けぶりを象徴する。
「東アジア共同体」構築を 日・ASEAN宣言採択したのだから
講和体制へ挑戦をするような周辺諸国に付け入られるスキを作る事を日本の首相はしてはならない。

総理の靖国神社の参拝は国益の為に死んでいった靖国の英霊を侮辱する様な聖地を穢す行為だ。

241 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:59:29 ID:VkaxWIyq
>>240
講和条約とはサンフランシスコ講和条約の事を言っているのかな?
だとすれば、その講和条約を結んでいる国で、靖国批判をしている国を列記してみてくれ。

因みに中華人民共和国及び大韓民国とは講和条約を結んでいない。

242 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 21:03:34 ID:OX3HmYww
オランダ  サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産
して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南ア
ジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であ
るのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床
に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れ
て逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞ
れの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教
育をおこなってくれたのです。」

インドネシア  モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の
戦争を日本が代表して敢行したものです。」

243 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:04:17 ID:J7z+86rD
>>240
中韓の圧力で靖国参拝をやめれば、
それこそ、中韓に付け入るスキを与えることになる。

中韓の圧力で靖国参拝をやめることは、
外交戦略的にも、将来の日本国民にとっても
大きなマイナスとなる。

244 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:08:15 ID:XurYGQmA
中曽根は参拝を辞めて、
何かマイナスなことがあったのか?

245 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:17:57 ID:74JvHHAK
>>244
反日思想教育を助長させる切っ掛けになったのでは?

246 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:22:33 ID:XurYGQmA
想像の話ですか。

247 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:26:34 ID:J7z+86rD
>>244
中韓がますますつけ上がった。

248 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:30:28 ID:J7z+86rD
中韓は歴史を全て、自分たちの都合のいい解釈をして
日本の領土を侵害してきている。

これ以上やりたい放題させてはならん。


249 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:37:36 ID:XurYGQmA
たかが小泉のエゴイズムに、国家の問題が左右されてしまうという愚。

ま、こんな簡単なことで両国間がいがみ合うんだから、
さぞや・・・・は、「チョロイチョロイ」と思っているんだろうなぁ。




250 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:39:28 ID:XurYGQmA
5//1や5/4のさじ加減は、如何いたしましょう。

251 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:40:59 ID:J7z+86rD
小泉が参拝をやめたら
中韓の下品な歴史認識を認めたことになる。

小泉は、はってでも行く責任があるのだw

252 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:47:07 ID:fGSTHXld
靖国参拝やめたら中韓のつけいる隙はむしろ減るじゃん。
イラク終了後、極東地域の注目度upにつき
中韓は従来のような子供じみたダダはこねにくくなっている。

253 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:51:33 ID:74JvHHAK
>>252
尖閣諸島、竹島を返してからでしょう。
経済水域内油田ガス田開発を即時中止は当たり前ですよね。
宗教弾圧に従わないなら尖閣諸島、竹島を占拠しても当たり前で
他国の経済水域は侵すのが当然なのでしょうね。

254 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:53:27 ID:XurYGQmA
ブッシュ、「未確認機侵入!!」で地下シェルターに避難・・・・結局誤報
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1114678448/

こいつはさ、イラク戦争で死んでいった、一般市民や、そしてイラク兵、アメリカ兵の一人一人の命を、
なんだと思っているんだろうね。

255 :240:2005/04/29(金) 07:47:12 ID:KJSvEmGy
外交上の弱味となる様な事をするとつけ入れられる。
そういうリスクを考えずに靖国神社を参拝する様な首相は腑抜け。
かといって今やめれば良いかと言えばそうでは無い。
転んでただで起きる様な総理なんて最低だ。
将棋で言えば一手を無駄にした事と同じ事。
詰めが甘いと国益を犯しかねない。


256 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 07:56:52 ID:AdZ5AU6x
>>228
> 紳士協定を結んだ当事者はその協定を護った。

単なる個人に関する事柄として考えるべきではない。
当事者は国の代表者として行動していた。
その言動は後の国家の活動をも拘束すると考えるのは当然だ。
でなかったら言葉はあまりにも軽すぎる。「信なくば立たず」だろう。


257 :ダヌル・ウェブスター:2005/04/29(金) 08:07:54 ID:ckZ2xst+
樹脂成形で「ミニ靖国」をいっぱい生産して、お菓子のオマケに付けたらいい。

で、家でも職場でも学校でも、そこらじゅうで靖国参拝ができるようにする。

258 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 08:23:46 ID:zHY7u1G0
>>256
紳士協定って72年の田中角栄・周恩来のことですか?
暗黙にしろそれは周知の事実。
その後文書化して、確認継承しなかったのは、両国にそれぞれ何かのもくろみがあったのでしょう。
決して怠慢ではないと思う。

個人的な思いとは別に、靖国問題は日本の弱点です。
この歴代のスレでも述べられたように、外向的にも説明の付けにくい、むしろ誤解され日本批判に流れかねない要素がある。
また、国内的にも、違憲である。

中国の問題云々とは別に、日本も未来を志向し、国際化をめざすなら「靖国参拝はしない」というチビた反省じゃなく、「宗教として認めない」といったスタンスが必要。
幸いに中国がしつこく言っているので、外交カードとしてもとらえ、尖閣と引き替えにするくらいでいいのじゃないか?
そして、このスレの住人さんの中で、祀られている人の気持ちとか、靖国を重大に考えている人の気持ちとか、そういう感傷で論じている人はもういませんよね。

259 :ダヌル・ウェブスター:2005/04/29(金) 08:43:17 ID:ckZ2xst+
>祀られている人の気持ちとか

んなもん、知らんな。(笑)

260 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 08:52:43 ID:AdZ5AU6x
最近報道されている紳士協定については
それがあったとか無かったとか
あまり駆け引きの方向へ行ってしまわない方が良いでしょう。
個人のレベルで言えばそれぞれが自分の胸に手を置いて考えるべき問題です。
それにどう対応するかによって相手方の評価が定まります。
紳士協定とはそういうものなのでしょう。

261 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:04:05 ID:74JvHHAK
>>258
尖閣諸島を返す替わりに靖国参拝をやめて頂きたいという要求なら
日本政府としても喜んで飲むはずだよ。
国民の一人としてそれなら大賛成だ。

262 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:29:00 ID:KJSvEmGy
いやアニメを筆頭とする日本文化の全面解禁が交換条件として相応しいのでは?

263 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:31:07 ID:74JvHHAK
クレヨンしんちゃんは中国では偽物

264 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:33:36 ID:AdZ5AU6x
日本には靖国は宗教として認めないといったスタンスの人もいますが
靖国とか祀られている人の気持ちとかを重大に考えている人も沢山います。
他方で侵略の被害を受けた中国や韓国では靖国参拝を不快に感じる人が大多数です。

紳士協定というあいまいな方法では問題解決できない時代が来ているようです。


265 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:37:38 ID:9fT2YmMD
>>261
無理。
彼らに取引は通用しない。

下手に仲良くしようなんて考えない方が身の為。

266 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:43:45 ID:9fT2YmMD
>>264
> 他方で侵略の被害を受けた中国や韓国では靖国参拝を不快に感じる人が大多数です。

殆どの中国人や韓国人は、靖国はおろか日本の習俗風習を知らない。
自分たちを基準に、言っているだけ。
また、どちらかというと彼らの死生観は、世界の常識からもはずれている。

267 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:03:01 ID:J7z+86rD
>>261
ダメだそんなもん。
尖閣諸島は日本の領土だ。
取引になってないだろ。



268 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:02:14 ID:8o9lxXcy
>>255
>外交上の弱味となる様な事をするとつけ入れられる。
>そういうリスクを考えずに靖国神社を参拝する様な首相は腑抜け。

「外交上の弱味となる様な事」が靖国参拝と言うならば、その認識が間違いだ。
靖国参拝は間違いではないが、対応を間違う総理は馬鹿だ。

269 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:10:59 ID:8o9lxXcy
>>256
>単なる個人に関する事柄として考えるべきではない。

紳士協定だというならば、肩書きなどを持ち出す物ではない。
あくまで一個人の紳士としての名誉をかけた約束だ、役職や国籍などを問題にすることが間違い。
個人の名誉の問題であり、余人にまで義務が継承するなどナンセンスだ。

それ以上の物を求めるならば文書にするべきだ。口約束を余人に伝えることなど出来ないだろう。

270 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:31:57 ID:7SxBkgec
>>269
なぜ小泉は自分には無関係の言いがかりに対して、正式に、毅然と、抗議せんのか!

271 :過去レス読んで:2005/04/29(金) 14:00:50 ID:MYu1oTWx
>>266
<どちらかというと彼らの死生観は、世界の常識からもはずれている。>
日本もね。

272 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:28:26 ID:8o9lxXcy
>>271
ゴルゴダの丘で処刑される時に一緒に処刑された罪人をキリストは犯罪に関係なく魂を救済した。
死後は罪を問わないで戦犯を死後に合祀するのと同じようなことなのではないのか?
仏教もまた成仏する思想がある。

死後に墓を暴いて遺骸を掘り起こし、唾を吐きかけむち打つ文化とは付き合いづらいよ。

273 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:44:57 ID:XurYGQmA
切腹、なんて他所の国から見れば・・

274 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:58:24 ID:8o9lxXcy
>>273
切腹なんて江戸時代の日本でも非常に稀なことだった。
だれだって自分で腹を切って死ぬなんてほとんどが不可能だった。
不可能に近いことだから賞賛され、名誉な死とされたんだ。フィクションの世界の話だ。
刀を手に持った段階で、背後から斬り殺された。
持った刀で反撃される危険があるから容赦なく斬殺された。

275 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 20:22:47 ID:pDi4FTCM
オランダ  サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産
して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南ア
ジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であ
るのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床
に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れ
て逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞ
れの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教
育をおこなってくれたのです。」

インドネシア  モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の
戦争を日本が代表して敢行したものです。」

276 :大和:2005/04/29(金) 20:44:56 ID:fXojrSeh
あっそ。

277 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 21:47:42 ID:0IQ8JzMo
>>276
君がいなくなって多少マトモナ、スレに戻ったんだ。
お願いだから来ないで下さい。

278 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 21:56:52 ID:9OHDqFRF
今夜の『朝まで生テレビ』のテーマは、『反日デモと日中新時代』です。

アンケートにご協力お願いします。
http://wws.tv-asahi.co.jp/asanama/i/
Q1)日本は戦争責任を果たした?果たしてない?
Q2)小泉総理は靖国参詣を続けるべきか否か?


279 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/29(金) 22:03:27 ID:HONQwQLS
今年の8月15日が小泉総理が靖国参拝する公約の最後のチャンスの年だろう。
堂々と公式参拝して、次の選挙で反日の岡田民主党を叩く機会にもなる。

民主党の野田佳彦は、首相になっても靖国参拝すると言っていたが、党首になる
可能性はあるのだろうか?


280 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:13:03 ID:f8vfT85W
>>277
多少マトモ、とは失礼な!プンスカ

281 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 03:22:53 ID:b+/kqi6N
朝生もたまにはいい情報を流すね。
靖国の英霊の条件は、戦場で倒れた人間。
戦後、靖国神社の宮司の個人的見解(否定するものではないが)で、それ以外のものも受け入れるようになった。
天皇も反対したらしい。
宗教法人が、その様な見解を出しても、政治的に否定するわけには行かない。(政教分離)

日本の死者への見解の違い等。
説明責任を小泉は果たしていないと思われる。
彼がやっていることは、全てにおいて済崩し的手法。
素晴らしいことを彼はしていると思う。
しかし、済崩し的手法により全ての問題に大きな歪みをもたらしている。

282 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 03:28:56 ID:i/aSqkZ0

問題はハッキリした。

悪いのは、日中の低俗マスコミだ。

283 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 03:31:11 ID:i/aSqkZ0

教科書や教育は、大した影響はない。
影響を与えるのは、マスコミだ。
偏向、捏造を繰り返す日中のマスコミが悪い。

284 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 03:32:55 ID:A+CEBK8m
日本の無責任文化の象徴だな。

285 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 03:39:24 ID:b+/kqi6N
>>283
マスコミの情報に終焉することには間違いない。

問題は、情報操作等々の問題で無く、マスコミの受け狙いな部分だろう。【ワイドショウ】
低俗な物に動かされている日本国民のレベルに問題がある。

どうすればいいか、わからんな。

286 :285:2005/04/30(土) 03:41:40 ID:b+/kqi6N
>>284
かぶってしまった。
ウダウダ言った私より、簡潔な君の見解が正しい。

287 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:05:08 ID:i/aSqkZ0

問題なのは、中国の低俗マスコミの方だ。(中国人の奴が言ってただろ)
戦艦大和が復活するとか言ってる。

日本のマスコミも問題あるが、まだマシだ。

288 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:07:46 ID:MR5drg5t
でも、作れるもんなら作って欲しいなあ、戦艦大和。
完璧に時代遅れの代物だけど。

289 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:25:32 ID:b+/kqi6N
>>288
まあまあ、抑えて抑えて。

290 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:28:57 ID:2ErYLi3M
福島瑞穂が田原に「なぜお前は靖国参拝しないのか?」と問われてしどろもどろになってたのには
さすが社民党だな、と思いました。

291 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:29:02 ID:MR5drg5t
いかん、ついつい本音が。(笑)
でも、「戦艦大和再建プロジェクト」とかってやったら面白くない?
何ていうかさ、夢があっていいじゃない。別に他国の脅威にもならんし。

292 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:33:01 ID:OV/0MHlw
久々に、朝ナマを最後まで見てしまった。

誰も言ってくれなかったことは・・・

中韓が日本に対して持っている恐れは、政治が機能せずに、
軍部の意のままになし崩しに戦争に突入した歴史を持っていること。
それを、日本が総括せずにウヤムヤにしていること。
だから、自衛隊に対しても、勝手に暴走する危険性を感じている。

それと、靖国が純粋な神道ではないとの発言がなかったこと。
政治かも、マスコミ人も、このスレに来て勉強せよと言いたい。

脱亜論がアジアの悪友と手を切ることだと言い放った大学教授がいた。
福沢諭吉の考えは、儒教文化からの脱却だったのに、これにはワロタ。

こんなレベルかと思うが、マスコミにしては頑張った内容だったと思う。


293 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:33:53 ID:b+/kqi6N
>>291
本音と建前の問題だか、本音だと糞中国ハドウホウで一撃って思うよ。

だけど、小泉も馬鹿だし、コキントウ?
お前たち餓鬼じゃ無いんだから思うよ。

294 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:38:28 ID:b+/kqi6N
>>292
たぶん、君と私は相反するものもあるし、同調するものも有ると思う。

言える事は、ダイアローグで会話できないもの同志をマスコミ的主観が歪ませているんだと思うよ。
それを容認している我々にも問題が有るが。

295 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:39:11 ID:O1VYpaYw
>>290
福島は、頭が回ってないなあ。いくらでも参拝しない理由なんか挙げられる
のに。弁護士なんだからちょっとは憲法論を学んでおけよ。

296 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:39:36 ID:i/aSqkZ0

寛だけは、2ちゃんを多少意識している
ような印象を受けた。

297 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:41:47 ID:b+/kqi6N
>>295
立場も認めてやれ。
ただ、それから脱皮できないのも問題はあるが。

普通に話せば、だだのおばちゃんだよ。

298 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:42:55 ID:MR5drg5t
>>293
ま、コキントウには彼の都合があるんでしょ。でも日本人が付き合う必要は
無いんだよな。だって今回の問題ってあっちの権力闘争でしょ。
それに馬鹿小泉の外交はいつ見ても稚拙だな。もううんざり。

あと、俺は戦艦大和って一度でいいから実物見てみたいんだよ。
何ていうかさ、写真で見るのと実物は違うだろって感じ。
別にそれ使ってどうするとかいうのではなくね。

299 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:45:42 ID:OV/0MHlw
>>287
乙です!

それと福島ねぇ。いいんじゃないの、おばちゃんの代表も。。。

連休とはいえ、もう寝まツ。 では、お先に。


300 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 04:49:36 ID:3jj2XYDz
>>298
>あと、俺は戦艦大和って一度でいいから実物見てみたいんだよ。
おいおい、おいらもそうだがそれって、別の方向に行きそうじゃないか?

イデオロギーを抑えて語らないと、チャイナと同じレベルでのスタンスになるから。

【連続登校規制ID一時変更】

301 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 05:11:57 ID:i/aSqkZ0

大和魂・神風魂は永遠に不滅だ!

福島と中国がまた怒るかw

302 :300:2005/04/30(土) 05:15:05 ID:ORUL0RAC
>>301
駄々っ子だな。

抑えろよw

303 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:12:12 ID:xCecNXqg
やっぱウヨって愛国無罪って叫びたくて仕方がないんだよねw

304 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:21:13 ID:jb2NZuUf
田原が靖国参拝当然論者だとは知らんかった ^^;
あいつは時々おかしなことを言う。

よしのりも靖国には霊がどうたらワケワカメw
全員レベル低くて見てらんなかったボ

305 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:26:49 ID:Vt/gtvJo
霊とか魂とか無いものを在るかのように嘘吐いて狂ってる。

306 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 08:11:03 ID:3pQeIjg8
オランダ  サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産
して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南ア
ジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であ
るのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床
に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れ
て逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞ
れの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教
育をおこなってくれたのです。」

インドネシア  モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は私たちアジア人の
戦争を日本が代表して敢行したものです。」


307 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 08:14:59 ID:T3kIIOYF
全然教育を受けた方々がいなくなる頃にはこの問題も無くなるでしょうから
待つしかないね

308 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 08:19:32 ID:M/mQMGU8
戦前ね ↑

309 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 09:50:29 ID:e64nabMA
喧嘩ひとつ経験せずに育った低脳政治屋が・・・
「右だ!天皇だ!神だ!戦争だ!改憲だ!自虐史観反対だ!君が代だ!日の丸だ!靖国だ!・・・」
って、最後方で威勢良くキャンキャン♪吼えてるのは、まさに自虐的ですね!?

これぞ滑稽の極み。

310 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:28:15 ID:Wo/1uPXr
ンだ!ンだ!ンだ!そうずらっ。

311 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:33:33 ID:Wo/1uPXr
>>301
 そんな者が戦争の時に真っ先に逃げるのだよ。
 それに経済界や政治家の息子もね。上手に兵役につかないようにするんだ。
 ブッシュもそうだものね。まあ、俺は安全だけどね。理由は言わないけど。

312 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:35:31 ID:ErbhVFqK
>>309
無能な政治家どもはホント外交戦が下手だね。
日本か戦争に勝てなかったのも解るよ。

それに釣られて、イデオロギーニスト連中はどうしようもないね。

313 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:45:11 ID:e64nabMA
>>304
最初はアンチでも、死期が近づくと”肯定論者・擁護派”になる。
これが定説である。
死んだ後まで、尊ばれたく忘れ去られて欲しくないんだろう・・・
煩悩の極みよのう。

314 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 12:40:55 ID:3sspDK1V
アメリカの高校では宗教上の理由からダーウィンの進化論を教えてはいけないんだと。
ヨーロッパもアメリカもイスラムも、そういう意味では宗教後進国だわな。

その意味では、中国は儒教との戦い(文革)をやって、宗教先進国の資格を持ちつつある。
文革自体は褒められるものではないが、その宗教や因習など、中世との戦いであったことは理解できる。
文革が流した血は、宗教が流した血でもある。

他国は関係ないとして・・・ どうした日本! と言いたくなる。

江戸時代までは、宗教などは暮らしの中の些細なものであり、突出したもののではなかった。

ある意味、もっとも宗教的には先進国であった日本。

それが何ゆえに、後退しなければならないのか?  とても疑問に思う。



315 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 12:58:29 ID:f8vfT85W
靖国を小泉だろうが誰だろうが参拝することに問題はない、と田原さんは言っていたの?

316 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:01:21 ID:f8vfT85W
>>314
戦中の異常な国家神道、
戦後、政教分離、


異常な国家神道がまずかったんじゃん?

317 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 16:50:03 ID:MR5drg5t
>>300
記念館みたくして、飾ったらいいんだよ。だってあれ作るより、
ミサイル護衛艦作った方が戦力になるわけで。(笑)
イデオロギーというよりかは個人的趣味のハナシでつ。ただ、見たいの。(笑)

>>314
文革を宗教との戦いと位置づけるのは事実誤認でしょ。儒教は宗教というより
王朝の統治理念そのものであってそれを宗教と考えるのはかなりうがった見方だと思う。

俺個人としては、首相だろうが何だろうが公金を支出せずに参拝するなら勝手だと思う。
だって個人の行動に外国政府がいちいち干渉する権利なんてないだろ。
A級戦犯を合祀してる靖国神社にしたって、別に反社会的な行動(オウムみたいなこと)
してない限り関係ないじゃん。あいつらがいつ政治的な事柄に口を挟んだと?
政教分離ってのは憲法20条によると、

1.いかなる宗教団体も、国から特権を受け、または政治上の権力を行使してはならない
2.国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない
3.公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、
  ……これを支出し、またはその利用に供してはならない

1.、2.については何もしてないんだから、玉串料を公費で出さなければ何してもOKなのですよ。
だから、別に参拝してもいいってこと。何かあればどうぞ。

318 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 18:20:45 ID:88LjCsl6
アフォだなー。君のいう3.は89条だよ。

でより問題となるのは20条3項。内閣総理大臣は「国及びその機関」にあたるだろ。
で参拝は「いかなる宗教的活動もしてはならない 」に反するかどうかが問題となる。

で文言だけからすれば、「原則禁止」だと考えて間違いなく違憲。その例外は、その
例外を認めないと不合理性な結果が発生する場合にのみ許容される、と考えるのが文言
からすると筋だが、別にそれもあるとは考えられない。

最高裁はそのような解釈では狭すぎるというので、その他諸般の事情をとりこんで
基準を立てているが、玉串料を出さなきゃ何をやってもいい、などとはいっていない。
場合によっては単に参拝するだけでも違憲となりうる、という様に充分読める。

「憲法二〇条三項にいう宗教的活動とは、およそ国及びその機関の活動で宗教との
かかわり合いを持つすべての行為を指すものではなく、そのかかわり合いが右にいう
相当とされる限度を超えるものに限られるというべきであって、当該行為の目的が宗教的
意義を持ち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為
をいうものと解すべきである。そして、ある行為が右にいう宗教的活動に該当するかどうか
を検討するに当たっては、当該行為の外形的側面のみにとらわれることなく、当該行為
の行われる場所、当該行為に対する一般人の宗教的評価、当該行為者が当該行為を行う
についての意図、目的及び宗教的意識の有無、程度、当該行為の一般人に与える効果、
影響等、諸般の事情を考慮し、社会通念に従って、客観的に判断しなければならない。」

319 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 18:21:55 ID:88LjCsl6
津地鎮祭大法廷判決当時の越山安久最高裁調査官によれば、地鎮祭レベルが限界事例で
あって、それを上回るような事例においては容易に合憲とされるようなことはないで
あろう、とのこと。さらに学説は愛媛玉串で、参拝は違憲という判断が出しやすくなった
とみる。とくに注目されたがこの言い回し。

「地方公共団体が特定の宗教団体に対してのみ本件のような形で特別のかかわり合いを
持つことは、一般人に対して、県が当該特定の宗教団体を特別に支援しており、それらの
宗教団体が他の宗教団体とは異なる特別のものであるとの印象を与え、特定の宗教への
関心を呼び起こすものといわざるを得ない。」

内閣総理大臣の靖国神社への参拝は「靖国神社を特別に支援しており、それが他の宗教団体
とは異なる特別なものであるとの印象を与え、神社神道、あるいはかつての国家神道への関心
を呼び起こすもの」といえるのではないだろうか、とね。

320 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 18:47:02 ID:MR5drg5t
>>318-319
むむむ、引用ミスしてた?それは失礼。ま、「玉串料を払わなければ」というのは
余りにテキトー過ぎたので、もう少し言っておきますと、
公費で玉串料を支出し、内閣総理大臣として靖国神社に対し宗教法人として特別に便宜を図るような言動がない限り」
参拝しても問題はないと思われ。こんなもんでいいかな?

君は参拝についてはどう思うわけ?

321 :大和:2005/04/30(土) 19:02:09 ID:3sspDK1V
>>320
昔の大和みたいに、こまかい話に持ち込むなよ〜〜〜ん。

322 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 19:04:42 ID:MR5drg5t
>>321
んじゃどんなハナシすればいいと?

323 :大和:2005/04/30(土) 19:10:31 ID:3sspDK1V
>>322
オチ、バイバイ!

324 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 19:16:58 ID:MR5drg5t
>>323
はいはい、基地外乙。

325 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 19:19:17 ID:3pQeIjg8
反日中国人の為にこんな無駄な支出が我々の税金で行われています。

大学に留学する場合です。

@奨学金/月額142,500円 (年171万円)
A授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担 (年52万800円(現時点))
B渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
C帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
D渡日一時金/25,000円 
E宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144万円) 
F医療費補助/実費の80% 


@+A+B+D+E=380万円!!!年に380万円ですよ。
全て血税ですよ。
奨学金とはいえ、支援・支給額です。返さなくていい。
奨学金をほしい日本人はわんさかといるのにもらえない人が多い。それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思って全ての人がもらっているのです。
繰り返し、言います。年に380万円ですよ。4年いたら、1520万円ですよ。血税で養っているのですよ。
貧乏な日本人学生が多くいる中で。
しかも、10万人。いくらでしょう?
3800億円です。


326 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 20:59:22 ID:r0uvpJZW
>>320
>公費で玉串料を支出し、内閣総理大臣として靖国神社に対し宗教法人として特別に便宜
を図るような言動がない限り参拝しても問題はないと思われ。こんなもんでいいかな?

いや、そうではないだろう。最高裁は、基本的に内閣総理大臣が靖国に参拝することが
「一般人」にどう評価されているか、というのを検討し、それを基礎に、宗教的行為の
関係者の意識・その目的・そしてその行為の及ぼす効果を探る、という手法をとっている
とみる。

前にも書いたが、その上でこういう判断をしたことは非常に興味深い。

「地方公共団体が特定の宗教団体に対してのみ本件のような形で特別のかかわり合いを
持つことは、一般人に対して、県が当該特定の宗教団体を特別に支援しており、それら
の宗教団体が他の宗教団体とは異なる特別のものであるとの印象を与え、特定の宗教への
関心を呼び起こすものといわざるを得ない。」

この文言を、一部の学説はこう読む。つまり、国及びその機関が行う宗教的行為の共同体
構成員へのメッセージ性を問題にしているのだ、と。これはアメリカ連邦最高裁でいわれた
ことのある基準(endorsement test)に近い考え方なのではないか、と。俺もそう読める
と思うし、そう読むべきだとも思う。

よって、内閣総理大臣が実際に口で何をいったか、どう行動したか、というのは憲法判断
をする上での一要素でしかない。例えば、内閣総理大臣が実際に靖国に何らかの便宜を図る
ような発言や行動をしなかったとしても、靖国にかかわりのない人間達からみて、参拝する
ことそれ自体で国が靖国を特別視しているような印象等を与えるのであれば、それは違憲の
疑いあり、ということになるだろう。

まあ以上のように俺自身は法的には、そのやり方にもよるが、総じて内閣総理大臣の靖国
参拝は違憲だと思う。政治的な評価はまた別の話だが。

327 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:09:26 ID:MR5drg5t
>>326
>最高裁は、基本的に内閣総理大臣が靖国に参拝することが
 「一般人」にどう評価されているか、というのを検討し、それを基礎に、宗教的行為の
 関係者の意識・その目的・そしてその行為の及ぼす効果を探る、という手法をとっている
 とみる。

言いたいことは分かるが、それは信教の自由に抵触はしないのだろうか?君の言うとおりだとすれば
総理大臣に就任した時点で一切の宗教行事に出ることは不可能になるように思える。
そこまで「公共の福祉」として制限していいのだろうか?

>県が当該特定の宗教団体を特別に支援しており、それら
 の宗教団体が他の宗教団体とは異なる特別のものであるとの印象を与え、特定の宗教への
 関心を呼び起こす

印象なんていう定量化できないものを判断の根拠にして違憲って言うのは暴論なんじゃないだろうか。
まあ、確かにある人間にはそういった印象を与えるかも知れないが、それをどうやって客観的に説明する?
それが出来ないなら、この判決はどんな形にも解釈できてしまい判断材料になりえないと思うのだが。

俺は最高裁判決を見る限り、それだけで首相の靖国参拝が違憲とは言い切れないんじゃないか、と思う。
「印象」ってのはどういう風にでも解釈(つーか強弁)出来ると思うんだが。

だから、
>公費で玉串料を支出し、内閣総理大臣として靖国神社に対し宗教法人として特別に便宜
 を図るような言動がない限り参拝しても問題はないと思われ。

みたいなある程度明確で分かりやすい基準を作るべきでは?って思うんだよね。

328 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/04/30(土) 23:10:32 ID:9BW7Q3RS
ま、それでも日本では、互いに議論が成り立つけど、支那や朝鮮では不可能。
中華思想言っている連中ほど野蛮な連中はいないね。
俺は保守だけど、「愛国無罪」で左翼ぶん殴る気はしない。
もちろん、一発で相手殺しかねない危険もあるからだけど、暴力で口を塞ぐのは
野蛮人のやることでしかないと思っている。
日本の武道は、常に道を求めるからね。
弱い奴ほど、言いたい事言わしてやろうというのが日本人の優しさ。
支那や朝鮮の道は、獣道だわいね。

呉善花さんのような、本当に韓国を愛して苦言を呈する人への嫌がらせ見ただけで、
日本より韓国の方が遅れているのを実感して日本人は優越感に浸ってしまう。
ま、韓国人に民主主義分かるのは、何万年後か知らないけどね。
民主主義を分かる韓国人は、皆、弾圧されている。

329 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:21:50 ID:i/aSqkZ0
だいたい、政教分離をうたった国で
国のトップが宗教施設に一切立ち入り出来ない
なんて国があるのかよ?

そんなおかしな国は存在しない。

330 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:33:09 ID:nrsAquoN
>>281
>日本の死者への見解の違い等。
>説明責任を小泉は果たしていないと思われる。

愚かなことを言う。説明責任など誰に対してあるというのだ?日本人限定だろう。
中国が説明を聞いて納得するとでも思っているのか?馬の耳に念仏だ。
中国がそんな事を今まで知らなかったとでも言うのか!馬鹿じゃないか、初めから知った上での批判だぞ。

331 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:52:16 ID:+1i9Elur
初めてこのスレに書き込みます。
どうも、ざっとみてますと、日本は今まで何度も謝罪してきたというこ
とが当然の前提にとして議論がなされているようなのですが、いかがで
しょうか。
早合点してほしくないのですが、私は、日本は基本的に謝罪する必要は
ないと考えるものですし、事実、謝罪はしてこなかった、こなくて良
かったと考えるものです。
たとえば、
「共同声明で「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民
に重大な 損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と
詫びてからも、 何度も天皇や首相が遺憾の意を述べ「侵略」を謝罪し
てきた。 」
という書き込みがありましたが、私は、「遺憾の意を表する」ことと、
「謝罪すること」とは、本来別の次元の問題であると思っています。
遺憾に思うととか、遺憾の意を表するということは、「期待したように
ならず、心残りであること。または、残念に思うこと。」という意味で
あり、謝罪することとは異なります。
したがって、「天皇や首相が遺憾の意を述べ「侵略」を謝罪してた。」
というのは、日本語として、不自然であり、ある種の意図を感じざるを
得ない表現に思われます。韓国や中国は先の大戦で、戦勝国ではなかっ
たのですから、敗戦国たる日本といえど、第3国に謝罪するいわれはな
いということが、国際的にみても当然のことです。
別の言い方をすれば、天皇も、首相もこのあたりのニュアンスに細心の
注意を払って言葉を選んで発言してきたのであろうと思われます。
如何でしょうか?



332 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:59:55 ID:r0uvpJZW
>>327
>言いたいことは分かるが、それは信教の自由に抵触はしないのだろうか?君の言う
とおりだとすれば総理大臣に就任した時点で一切の宗教行事に出ることは不可能に
なるように思える。そこまで「公共の福祉」として制限していいのだろうか?

いいえ、そうはなりません。まずは判決文の原文にあたってちゃんと読み込んで
ください。行為の目的・効果を考える時には、当然靖国が負っている歴史上の出来事
は間違いなく考慮すべき要素となるし、それを考慮すれば課せられるハードルは自然
と通常の場合よりも上がるわけ。同じ基準をとっても考慮する事実によっては、判断
は緩くもなったり、厳しくもなったりする。それと公的な人物には特別な責任があり、
場合によっては普通の人以上に私人としての権利が制限されることもありうることは
当然の前提だろう。

>俺は最高裁判決を見る限り、それだけで首相の靖国参拝が違憲とは言い切れないん
じゃないか、と思う。「印象」ってのはどういう風にでも解釈(つーか強弁)出来る
と思うんだが。

客観性を求めるなら、原則禁止→政府が必要性と適切性を証明できたときのみ例外許容、
ってのが最も客観的でかつ、条文の解釈としても沿革・趣旨・文言からして最も素直。
そういう客観的な基準をとれば間違いなく違憲になるところを、そういう基準はとらない
というある意味政治的な決断があって、個別具体的なケース事に判断しよう、もっと
いえば裁判所の裁量が大きい基準をとっているのであり、ある程度曖昧になるのは意図
されたものなわけ。

>公費で玉串料を支出し、内閣総理大臣として靖国神社に対し宗教法人として特別に
便宜を図るような言動がない限り参拝しても問題はないと思われ。

これじゃ許容する行為の範囲があまりに広すぎて、政教分離原則の趣旨、すなわち国家の
宗教的中立性の維持することにより、個人、その中でも特に少数者の信教の自由を守り、
国と宗教との関わりを制限して健全・理性的な民主政治を維持する、を没却すると共に、
条文の文言からもかけ離れていて、とてもじゃないが採用できないだろう。「いかなる
宗教的活動もしてはならない」だからね。

333 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:00:24 ID:WaChl08k
>>331
そのとおり
戦争犯罪の謝罪ならわかるが
戦争の謝罪などする国はない。

334 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:04:00 ID:0hyAtFyN
>>332
ひょっとして、無条件降伏なんかしなければ良かったと言うことでしょうか?


335 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:05:10 ID:0hyAtFyN
>>334
間違いでした。 >>331へのレスでした。

336 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:05:40 ID:WaChl08k
>>332
同じ宗教法人でも
首相が、行っていい所と行っては行けない所の
区別があるのかね?
誰が線を引くのだ?

おかしいだろw

337 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:20:39 ID:x+4vXtyB
村山談話を読んでみた。ぐぐってみればすぐに見つかると思う。
実に誠意のある文章だった。
戦後50周年の終戦記念日に読まれた話だったんだね。

<抜粋>

>わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を
>歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によっ
>て、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損
>害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとする
>が故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、こ
>こにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持
>ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべて
>の犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。


恐らく、村山さんが言ったからこそ、言葉にも誠実さが表れたのだろうことであって、
これをあのペテン師づらした小泉が今更のように用いてしゃべったところで、
そこにはきっと誠意はない。言葉に重みはない。

何故なら、これまでにさんざん小泉の人格はどこまででも伝わっているだろうからだ。


戦後50年の節目の年、村山さんが首相で非常によかった。

戦後60年の今年の終戦記念日は、あのペテン師に、日本は任せる気か?




338 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:28:51 ID:x+4vXtyB
あれほど抗議を受けている靖国参拝を続行し、今後参拝を辞めるとも辞めないともはっきり言わない、そういう日本の首相相手に、中国はちっともいい顔をしないことだろう。
それはあの二人の握手にだって表われていた。
小泉が愛想笑いをして今更のように力をこめて握手したところで、中国側とすれば、そりゃきっと「何だこいつ。。」に決まっている。
小泉は不誠実だ。

そんなの、日本の多くの国民だって嫌気がさしているんだよ。

なんでこいつがいつまでたっても首相なの。

339 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:34:08 ID:x+4vXtyB
私が日本国民として政府に求めるものは、村山さんのような考え方だ。
あのような考え方なら、心が落ち着ける。魂も彷徨わずに済む。

それとは正反対の思想を持っているかのような、今の小泉。
心は落ち着かない。とても安らげない。
他国が干渉してこなくても、私はこの首相を認められない。
人格が許せない。

340 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:34:41 ID:5TznoDFj
>>332
>行為の目的・効果を考える時には、当然靖国が負っている歴史上の出来事
 は間違いなく考慮すべき要素となるし、それを考慮すれば課せられるハードルは自然
 と通常の場合よりも上がるわけ。同じ基準をとっても考慮する事実によっては、判断
 は緩くもなったり、厳しくもなったりする。

それじゃ基準が基準の役割を果たしてないでしょ。考慮って何?
そこに政治的な意図が働く余地を残すのは法律としてヤバいんじゃないのか?

>それと公的な人物には特別な責任があり、
 場合によっては普通の人以上に私人としての権利が制限されることもありうることは
 当然の前提だろう。

法的な根拠を示して欲しい。何をもって「当然」と君は言うんだろうか?

>原則禁止→政府が必要性と適切性を証明できたときのみ例外許容、
ってのが最も客観的でかつ、条文の解釈としても沿革・趣旨・文言からして最も素直。

俺は首相が国家行事として参拝することを念頭において話ししてるんじゃないんだよね。
「個人=一人の日本国民」として参拝するなら別に構わないだろ?って言ってるんだが。
それでも駄目だというならその根拠を示して欲しい。

>政教分離原則の趣旨、すなわち国家の宗教的中立性の維持することにより、
 個人、その中でも特に少数者の信教の自由を守り、
 国と宗教との関わりを制限して健全・理性的な民主政治を維持する

参拝する本人の信教の自由を無視してるでしょ。
つーか別に首相が参拝したからって具体的に何か少数者の信教の自由が侵害されるとでも?

341 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:36:06 ID:WaChl08k
>>337
村山談話は、結果的には失敗だった。
誠意は、国内外のおかしな人間に
弱みを捕まれるだけのものになった。

日本の戦争が、「侵略戦争」だと主張するアホを
勢いづかせただけで、なんのプラスにもならなかった。

外交で誠意など通用しない。


342 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:38:16 ID:vdFtrX0A
>>338
馬鹿じゃないか?
中国の抗議の本質が参拝問題だと本気で信じ込んでいるのか!

あんなデモなんて中国政府が民衆を誘導した物だろう。
江沢民 の愛国教育は天安門事件以降の治安手段として取られたものだ。
戦後の日本が誰を参拝しても中国には関係がないことだ。
ただ日本の常任理事国などになることを阻止したかっただけだ。

343 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:38:19 ID:x+4vXtyB
>>341
なら何故今、ペテン師小泉は村山談話を引用したのだ?

344 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:39:59 ID:5TznoDFj
>>338
>小泉は不誠実だ。

反日デモを「させない」と明言しておいて「させた」上海市政府と
それを統括していた胡錦涛だって不誠実。しかも国際条約すら履行できない
奴らに他人を批判する資格はない。

>>339
>私が日本国民として政府に求めるものは、村山さんのような考え方だ。
 あのような考え方なら、心が落ち着ける。魂も彷徨わずに済む。

そんな村山のせいで死んだ阪神大震災の被害者の魂を救うのは誰なんだろうな?


345 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:40:47 ID:vdFtrX0A
>>343
馬鹿な中国の手先に騙されたのだろう。

346 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:40:52 ID:x+4vXtyB
日本の首相が小泉でなかったら、対中・対韓関係は、こんなにまで悪化していない。
対中・対韓関係が悪くてもかまわないというのは、日本の右翼とアメリカ政府だ。

347 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:42:47 ID:WaChl08k
>>343
アホの村山でも首相だったからだ。

348 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:43:14 ID:sLRy4bIB
>>340
君は>>327と同じ人?同じだとするとはっきりいってレスする気がなくなる
ほどずいぶん議論が退化してるように思うんだが。

349 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:44:52 ID:WaChl08k
>>346
日本の竹島を占領している国と
仲良く出来るかよw

350 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:45:07 ID:x+4vXtyB
常任理事国入りの為に、今更のように各国を飛び回る日本の首相と外相。

こんなの、普通笑われるだろ?

こんな信頼できない政府なのだから、国民としては常任理事国など入ろうが入られなかろうが、どうでもいいね。
少しでも信頼できる政府になることのみを望む。
信頼できる首相が一日でも早く就任することのみを望む。

351 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:47:19 ID:vdFtrX0A
>>346
違う、中国の内政が原因だ。
ケ小平のような指導者がいないための混乱だ。
無能な江沢民 から胡錦涛独裁へ移行するまでの混乱期の出来事にすぎない。

日本がいかに対応しても、中国内政が安定しない限りは反日政策を辞めることなど出来ない。
中国の情勢を見て対応すべきであり、姑息な村上談話など出しても無意味だ。

352 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:48:02 ID:WaChl08k
>>350
誰ならいいんだ?

どうせ、誰でもいいんだろw

353 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:52:22 ID:x+4vXtyB
>>352
ここぞとばかりにすぐそれだ。
小泉以上など履いて捨てる程おるわ。森の後だったから小泉はマシに見えていただけだ。
福田が首相なら、外交問題はもっとスムーズに行っているだろう。
もう、低知能首相は、小泉で打ち止めにしてくれ!マジで頼むわ。

354 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:53:45 ID:5TznoDFj
>>348
退化しているかどうかは知らんが、すごく君のレス見てると回りくどくて分かりにくい。
どうも俺は「考慮」とか、「解釈」って言葉に違和感があるんだよね。
もっとさ、分かりやすく書けないのかな?

もう一度だけ言わせて貰うと、
「個人的に参拝する」のであれば、政教分離原則は適用されんと思うんだが。
公式行事として参拝もせず、公金の支出もないのに違憲判断するのは何故?
確かに社会的影響、その他あるかも知らんよ。
でもそれを「考慮」という形で法律と同じように扱っていいのか?って思うんだよね。

俺は法律に関しては素人なので、つい読んでてイライラしてしまった。
不快に思ったんなら許して欲しい。

355 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:00:04 ID:WaChl08k
>>354
あんたの言ってる事は、ただしい。

法も無いのに(参拝がいけないという)、法解釈などするから
わけのわからんことを言っているのだ。

356 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:03:32 ID:WaChl08k
>>332
同じ宗教法人でも
首相が、行っていい所と行っては行けない所の
区別があるのかね?
誰が線を引くのだ?

おかしいだろw


357 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:11:50 ID:jQaqkTPv
靖国は、明治維新以来の明治政府が起こした武力闘争を全肯定、賞賛している。

日中戦争ではなく、支那事変と満州事変であり、それは日本の安全を守るために
止む終えなく武力を行使しただけで、決して日本側が原因を作ったわけではなく、
そのあとの条約も、日本と中国側の同意の元になされたもので強制ではない。
朝鮮半島、台湾併合も、望まれて、同意の元になされたもので武力による強制な
どなかった。
大東亜戦争は、日本側の止む終えない防衛と、アジア人の解放を目指したもので
あり、侵略する意図などまたっくなかった。

これを靖国が主張しているのは厳然たる事実。
侵略された国々が、こうした主張の宗教団体を信奉、肯定する政治家を容認する
ことなんて出来ないだろ。
日本の国内外を問わず、原爆の投下を感謝する政治家なんて容認できるのか?

358 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:17:05 ID:0hyAtFyN
小泉もさぁ。

日本は間違いを犯しましたと言えば良い。

そして、日本人に対しても罪を犯した何人かの軍人がいました。
しかし、死ねば、その罪は問わないのが日本人の感性です。
ただし、生前に犯した罪が消えるわけではありません。

・・・と言えば良い。それだけのことだと思うがね。


359 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:17:12 ID:x+4vXtyB
>>357
容認できない。
日本国民として、イラク戦争を起こす前にブッシュの後押しをした小泉を、決して容認できない。
この気持ちがいわゆる愛国心でなくて、何だというのだ?
国を愛するからこそ、反政府感情も生まれるというもの。

360 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:19:41 ID:x+4vXtyB
>>358
小泉には言えない。それを言えるだけの品性・人格が備わっていない。
慎太郎も同じ部類だろう。
人格の問題だ。
小泉が言ったとて、それは虚しいだけだ。空々しいだけだ。
そこには何もないだろう。

361 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:21:46 ID:WaChl08k
>>357
>これを靖国が主張しているのは厳然たる事実。

証拠を出せ。


362 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:22:40 ID:0hyAtFyN
>>360
現実には小泉が首相だが、べつに小泉を対象とした話ではない。
日本を代表する人々が、という意味なんだ。


363 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:23:22 ID:x+4vXtyB
>死ねば、その罪は問わないのが日本人の感性です。

そんなことは思わない。
一体いつから日本人の宗教観。道徳観はそんな変なものに変わったんだ?
犯罪人は自殺したとてその後その罪は問われる。
死ねば無罪?そんなことが日本の道徳としてまかり通ったら、どうなると思っているんだ?

364 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:25:13 ID:0hyAtFyN
>>363
>ただし、生前に犯した罪が消えるわけではありません。
ここを読んで欲しい。

365 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:26:11 ID:WaChl08k
>>358
>日本人に対しても罪を犯した何人かの軍人がいました。

何の法律を犯したのだ?
罪名は何?


366 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:26:42 ID:x+4vXtyB
ついでの話。
現実、最近の犯罪者は、自ら死刑を望む。
死刑が怖くなかったら、どれだけ凶悪犯罪が起きるだろうか。
死刑を望む死刑囚を死刑に処して、何が罰になるんだろうか?


367 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:28:33 ID:0hyAtFyN
>>365
自然の法則に従った罪だよ。
三菱扶桑の社長が、顧客はさておき、社員に詫びなければならない罪と一緒だよ。


368 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:31:06 ID:WaChl08k
>>367
法的根拠なしに
勝手に主観で罪をつくるな。

369 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:32:49 ID:0hyAtFyN
>>368
では、三菱扶桑の社員たちに元社長を崇めよといえるか?

370 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:35:09 ID:I5YANLb+
よく考えたらA級戦犯は軍神なのだから
崇拝して当然じゃん!

371 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:37:06 ID:WaChl08k
>>369
だれがそんなこと言った?

三菱扶桑の社長が、なんで社員に謝る義務があるんだ?
株主ならわかるが。

372 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:39:29 ID:0hyAtFyN
>>371
それならそれで良いが、それでも同じことだ。
日本国のステークホルダーである国民に対して、昭和軍部は謝るべきだと言っているんだね。


373 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:42:05 ID:FLG5SZZH
>>361
靖国に直接行ってみろ。内容の是非はともかく、そう主張してる。
てゆうか、明治政府の戦争を肯定するための神社だからな。

374 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:43:01 ID:WaChl08k
B級戦犯=ハーグ条約等、戦時国際法による、戦争犯罪

C級戦犯=「人道に対する罪」=ナチスのユダヤ人虐殺をとくために作った。

A級戦犯=「平和に対する罪」(笑)=米・中の都合で
      勝手に作った、国際法の根拠無きデッチアゲ犯罪


375 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:44:47 ID:0hyAtFyN
>>374
>株主ならわかるが。
自分で言ったことぐらい、中身を説明しろよ。

376 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:49:31 ID:WaChl08k
>>373
戦争をやってる最中は、肯定していて当然だろ。
当時はみんな正しい道だと思っていたのだから。

参拝する人の気持ち次第だ。
時代によって意味合いも変化する。

377 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:52:01 ID:0hyAtFyN
やっぱり、頭の悪い方の大和はだめだ。

378 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:53:48 ID:WaChl08k
>>377
あんたは、頭がいいのかよw

379 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:57:10 ID:FLG5SZZH
>>376
玉音放送、司令部からの戦闘中止命令が正式を受け取った後でも
アメリカに対する攻撃を行って死亡した人間も祭ってる。
さらに、東京裁判の「戦犯」を祭ったのも完全に「事後」のこと。
国家神道の施設だった時だけでなく、事後にいたっても正当性を強
弁し、賞賛、肯定してるんだよ。
誰がどんな宗教を崇めようと勝手だが、侵略された当事国がそんな
宗教を信奉する政治家を許容できるわけ無い。

380 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:59:03 ID:sLRy4bIB
>>354
>「個人的に参拝する」のであれば、政教分離原則は適用されんと思うんだが。

違憲とされる可能性は、そうしない時に比べて減るだろうが、少なくとも政教
分離原則に反しないことが確定することにはならないだろうね。

>「考慮」という形で法律と同じように扱っていいのか?

イマイチいってることがよくわからんのだが、最高裁は20条3項を解釈する
にあたって、文言通りに解釈すると、かなりの行為が違憲とされてしまう
(靖国参拝も間違いなく違憲)から、ある程度範囲を絞って違憲とするため
に20条3項の「宗教的活動」の範囲を絞ってるわけ。じゃあどういうやり方
で範囲を絞るか、について最高裁は「当該行為の目的が宗教的意義を持ち、
その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為」
を20条3項の「宗教的活動」だ、としたうえで、それにあたるかどうかは、
「当該行為の行われる場所、当該行為に対する一般人の宗教的評価、当該行為者
が当該行為を行うについての意図、目的及び宗教的意識の有無、程度、当該行為
の一般人に与える効果、影響等、諸般の事情を考慮」するんだといってるわけで、
その中には当然靖国神社が背負っている負の歴史も入るでしょ、と言ってるわけだ。
で、俺とか学説の一部なんかは、最高裁が挙げた考慮要素の中でも特に政府行為の
メッセージ性という点を最高裁は重視しているのではないか、と考えていて、それ
からすると違憲の疑いが強いと考えているわけよ。

君がこの基準を気にいらないのであれば、それはそれでいいが、靖国参拝の
憲法判断を語る上では、賛同しなくとも最高裁がそういっているのだからこれ
を理解しないことには話にならんわけで。憲法判断、っていうのは法解釈論
のひとつの営みであって、したがって専門家が幅を効かせる世界であり、素人
が語りたいのであれば、最低でもその事項に関わる基本的な判例ぐらいは読ん
でおかないと駄目なわけ。

381 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 02:08:20 ID:WaChl08k
>>379
だから、靖国は主張などしていない。
靖国に参拝する人間に、色んな考えの人間が
いるだけのことだろ。
そんなもん個人の思想の自由だ。

382 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 02:17:57 ID:WaChl08k
>>380
ただの参拝は、「宗教的活動」の範囲じゃない。

常識だろw

383 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 02:30:36 ID:WaChl08k
>>380
宗教法人を、「背負っている歴史」を調査して
二つに分類するのかね?
違憲の宗教と合憲の宗教とに。

とんだ宗教弾圧の国だなw

384 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 03:49:51 ID:vzp619jB
結局、日本人にも
A級戦犯に罪をなすりつけて
自分には関係無い、自分には罪が無い、自分が謝る理由が無い、
と言いたい奴等がいるんだろ?

今、日本人が生きているのは
数多くの犠牲の上に成り立っているんじゃないのか?

それとも、逃げ回っていたのか?日本と戦っていたのか?安全な場所で過していたのか?

本当に謝罪が終わっていないで、死人にも罪が継続すると言うのなら、
どこかの学校の謝罪土下座旅行のように死ぬまで詫び続けろ。

在日や帰化じゃない限り、同じ戦犯の血が流れているのだから…

385 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 03:54:15 ID:U18G2uJB
そもそも、靖国が合憲か違憲か論じること事態、ナンセンスなのではないのでしょうか?
裁判の判断に委ねられるべき事項とそうではない事項とがあって、どう
も、日本ではその辺りをわきまえずに、裁判所が暴走してしまうことが
ままあることは、周知の事実です。
まあ、それだけ、裁判の歴史が板についていない国民ということでもあ
るのですが、いずれにせよ、神道の最高位たる天皇を国民の象徴として
崇めること自体、冷静に考えれば、政教分離に反することになりかねな
いわけで、これを許容しているというよりも、この現状を肯定すること
を前提に憲法が作られている以上、靖国に関して違憲合憲なぞ、ほとん
ど意味をなさないようにも思えるのです。
この国ではこうした根元的な問いかけや原則を踏まえぬままに、裁判所
や政治家が暴走したり姑息な解釈論を展開したりするものですから、お
かしなことになるように思います。
つまり、靖国は違憲性を主張する判例は、最高裁が犯した法学の初歩的
な誤謬として将来笑い話にならざるを得ないと思うわけです。

386 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 04:00:14 ID:U18G2uJB
すいません、
靖国の違憲性を主張する判例ですね。
簡単にいえば、神道に関する限り、日本ではほとんど政教分離の
概念は適応されず、合憲とみなすのが筋であろうということです。

387 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 05:04:29 ID:WaChl08k
どんなに屁理屈つけても
靖国参拝が違憲になるわけがない。

整合性がとれない。

裁判所が、宗教の思想や歴史、信仰者の信条に
立ち入れるわけがない。
それこそ、憲法違反だ。

>>380
法律の専門家は、木を見て森を見ずですねw

388 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 05:46:04 ID:ioJG7gcP
小泉の靖国参拝は信教の自由の問題であり、
それには抵触しない、が法の見解だったろ。

389 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 06:18:09 ID:x+4vXtyB
じゃあ、違憲判決が何回も出てたのは何で?

390 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 07:54:55 ID:CaEh8FlV
◆姑息・背信・卑怯・小心者・半ツッパリ=この道一筋70年、「子鼠干物店」
◆姑息・背信・卑怯・小心者・半ツッパリ=この道一筋70年、「子鼠干物店」
◆姑息・背信・卑怯・小心者・半ツッパリ=この道一筋70年、「子鼠干物店」
◆姑息・背信・卑怯・小心者・半ツッパリ=この道一筋70年、「子鼠干物店」
◆姑息・背信・卑怯・小心者・半ツッパリ=この道一筋70年、「子鼠干物店」


391 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 08:55:58 ID:Kn5yKcCJ
中国と紳士協定を交わしたのだから、
首相、外相、官房長官は靖国にいくなといいたい。
小泉さんだって、どうせ後2年ほどで首相をやめるんだから
どうしても参拝したいんだったら
首相をやめてからいったらいい。
首相になる前に何回靖国神社に参拝したのだろうか。
何回も参拝していないと思うが。

392 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/01(日) 09:06:17 ID:yxDYheW7
>>373
明治の欧米勢力から、日本を守った聖戦をなんで否定せねばならないのか?
それに、靖国社は日本の招魂社だ。
支那や朝鮮に内政干渉されるいわれは無い。
朝鮮では、朝鮮戦争で同じ民族に殺された人間の方が日帝36年の数十倍の多さだし、
支那では、支那共産匪が8000万の支那人を殺し、新疆ウィグル、チベット、満州、
外蒙を侵略している。

日本の靖国社への非道な攻撃する前に支那や朝鮮の野蛮人は自ら反省しな。


393 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 09:55:23 ID:vdFtrX0A
>>379
>誰がどんな宗教を崇めようと勝手だが、侵略された当事国がそんな
>宗教を信奉する政治家を許容できるわけ無い。

中国が認めないことは、日本人が靖国参拝しても良いのと同じく、中国人の勝手だ。

イスラム国が十字軍を批判するのは自由だが、キリスト教国の首相が教会へ行くことを批判して、
デモを繰り返していたら笑われるだろう。

394 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 10:28:30 ID:e6BhDZY9
>>389
だから、日本の法学者や裁判所は、おかしいと申し上げているのです。
なんでもかんでも、法の解釈により結論だ出せると考えて、しかも、
一端首を突っ込むと、頭が固いから、考え直してそこから抜け出すこと
が出来ないというのが、現在の日本の法学者たち(裁判官を含めて)現
状です。
まあ、政治家がだらしがないと言う側面も多々あるのですが。
靖国の問題は、日本の文化の問題でもあり、本来、とても法学者なんぞが
立ち入ることの出来ない、より深いテーマです。
したがって、最も法解釈にはなじまない領域であることを自覚できない、
その程度の裁判官しか日本にはいなかったということに他なりません。


395 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 10:29:53 ID:PYb7Vqou
あみだくじ

396 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:24:48 ID:7B0oCcVg
>>394
たしか、石田とかいう、最高裁の長官が靖国を炊きつけ、A級戦犯の合祀が行なわれた。

本人にとっての免罪符でもあったんだろうけど、こんなもんですよ!



397 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:34:03 ID:7B0oCcVg
最高裁の(元)長官ともあろう人が、特定の宗教に肩入れしたら、
宗教間の争いごとが起きても、司法に その解決能力がないと
言っているようなものだ。

学校の先生は風俗店に行くべきでないと思うが、
それと同じく、司法と政治に携わる人は、宗教に触れるべきではない。

そんなに靖国が好きなら、別の職業を選べば済むという、
ごくごく単純な話なんだけど。。。


398 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:54:02 ID:vdFtrX0A
風俗通いと神社参拝が等しくいかがわしい行為という意見は支持できない。

学校の先生が出雲大社にいってよくて、風俗に行ってはいけないならわかる。
学校の先生も神社参拝がいけなくて、総理も神社参拝がいけないならまだ納得が出来る。
参拝して良い神社と悪い神社があるのか?
特定神社だけを攻撃するのは平等の原則に反することだ。


399 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:59:12 ID:7B0oCcVg
>>398
たとえが悪かったとは認めるが・・・

いかなる宗教に対しても等距離で接するべき国家の、
その中心となる政治や司法に従事するなら、自身の
宗教は抑えるべき。

それがプロフェッショナルというもの。

めしがたくさん食いたいなら・・・
ボクサーとジョッキーにはなるな。


400 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:04:52 ID:7B0oCcVg
ましてや、

最高裁の長官を勤めた人が、

靖国にA級戦犯の合祀を

たきつけるとは、

言語道断。


401 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:06:46 ID:PYb7Vqou
政治放送でタンを吐いてる代議士が居るのだから
もはや何があっても不思議では無いな
 
とてもじゃないが、大人には見えない

402 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:23:07 ID:WaChl08k
>>399
政治や司法に従事する人間は
神社や教会に行ったらいかんのかね?

そんな国がどこにある?


403 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:30:07 ID:WaChl08k
>>400
宗教法人の靖国に
A級戦犯の分祀をたきつける中曽根の方が
言語道断だ。


404 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:59:50 ID:iYoa4/Ha
呪われてる…

 紀宮さまのご結婚第一報の予定日:新潟中越地震 2004/10/23
 紀宮さまの延期後の予定日:高松宮妃喜久子さま死去 2004/12/18
 紀宮さま・黒田氏のご結婚会見:スマトラ地震 2004/12/26
 紀宮さま・納采の儀:九州北部地震 2005/3/20

 天皇家の長女紀宮さま(35)と東京都職員黒田慶樹さん(39)の結納に当たる
 「納采の儀」が25日午前行われた ... 2005年4月25日(月)12時47分

 25日午前 JR福知山線脱線事故


405 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 14:15:00 ID:0v58Chx7
信教の自由が認められていない国の為政者が、法を犯すことは問題だが、
信教を認めている国であれば、何人といえど、それは制限されるべきで
はない。
まして、神道と日本という国の関係は特別であり、国の首長が詣でるこ
とは、極めて自然と言えよう。
無論、靖国も例外ではない。
むしろ靖国に詣でずして、国の首長が務まる分けがないとすら言えよう。
そして、この行為自体が信教の自由をいささかも束縛するものではないと
いうことも、改めて認識されねばならない。
日本における神道とは、というより、神道とはそういうものである。


406 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 14:26:19 ID:7B0oCcVg
神道は国教ということか?

407 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 15:04:43 ID:zHg75UsZ
宗教には2種類ある。
世界宗教と、地域宗教とでも言うべきものである。
前者の代表は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教などであり、
後者の代表が、神道である。
日本人であることと神道の信徒であるということとは、ほぼ同義であって、
かりに、神道に帰依したいと思う如何なる外国人も、信徒にはなり得ない。
神道自体には、いわゆる宗教哲学的な思想体系はあまりないが、鎮魂の
システムとして機能してきたことは、歴史的に証明されている。
神道自体が、多神教であることも、紛れもない事実である。
いずれにせよ、靖国に少なからぬ数の朝鮮人や中国人が祀られているのは、
彼らが大戦中、日本人として見なされていたからであり、この点において、
神道の教義といささかも矛盾しない。
西欧の一神教において、改宗しないものは鬼畜同然に扱われた事実を見れば、
神道との性格の違いは明瞭であろう。
したがって、日本の首長が靖国を詣でることは、むしろ当たり前のことなの
である。
まあ、分かりやすくいえば、米国において例えば仏教徒の大統領が誕生して
も、大統領としての就任のセレモニーでは、国の誕生の歴史に鑑み、聖書に
手を当てて、宣言すると言う儀式を行うというようなことと似ているといえば
了解頂けるであろうか。
したがって、政教分離を腫張して、靖国参拝を主張したりすることは、馬鹿げ
たことであり、文化の深さを知らぬ無学の輩と言われても仕方がないといえよう。



408 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 15:10:42 ID:YEh2Ra+V
>>407
う〜ん。
なかなかな、ものだ。

409 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 15:31:05 ID:7B0oCcVg
>>408
う〜ん。
まったく、なかなかな、ものだ。
文化の深さといえば、日本の宗教文化は、100年チョイの歴史しか無いと言うことか。
まったく、なかなかな、なかなかな、ものだ。


410 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 15:48:42 ID:NyxE46wv
>>409
神道の起源を見れば、100年チョイはないでしょう。
国家神道が成立したのが藤原云々といった学説はよく言われることですが、
むろん、大和朝廷以前から、土着宗教としてのシャーマニズムの歴史があっ
たことは、容易に推測可能です。
409さん、あなたは確信犯としてあえてちゃかしているのか、本当に無学な
のかは知りませんが、己の行為と能力の情けなさは自覚せんとね。

411 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 15:54:49 ID:/GGiCTQI
>>407
ナルシストちっくな解説をありがとう。

412 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 15:55:17 ID:7B0oCcVg
神道が奉るのは、山の神であり、海の神であり、氏神でありだよ。
だいたい、一社に一人の神様が普通で、一番多くても春日大社の四人だよ。

よって、靖国は神道ではないのだよ。

招魂社として始まったものが、途中から無理やり神道の上着を着せられたんだよ。


413 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:02:44 ID:vdFtrX0A
>>412
招魂して霊鎮めするなら神道だろう。
習合の歴史を持つ神道の中の一つだ。

414 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:09:16 ID:PYb7Vqou
ジンジャエールでも飲むだけにしてください

415 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:15:29 ID:YEh2Ra+V
>>412
招魂社も神道でしょう。
天満宮も、菅原道真の怒りを静める為に建てられたものだし。

もののけ姫で、怨念を抱えて死んだ大イノシシに祠を建て供養すると言ってただろ。
その後、信仰の対象にしていくのは、神道の有り様。
その意味では、戦犯も平等に祭られるのも、神道的には当然の事。
政治的、外交的には別物だろうが。
靖国は、各地の護国神社の大本みたいなものだろう。

首相の参拝には反対だが。(対外的にリスクが大きすぎる)
戦犯も平等に祭る事は、日本人的には当然な事だよ。
創価学会や、無宗教という宗教の共産主義者は、反対するだろうが。

416 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:17:47 ID:7B0oCcVg
>>413
ところがですね、招魂社は京都の霊山であって、そこには坂本竜馬をはじめ
多くの勤皇志士が奉られているわけですが、なぜかというと、尊皇攘夷という
思想のもとに命を落としたからなんです。

でもって、尊皇攘夷がどこから来たかというと、藤田東湖などの水戸学に
なるわけですが、それ自体が朱子学を祖としているわけです。

その朱子学がどこから来たかというと、中国の宋の国で、それ自体が儒教の
一種なわけです。

それまで、日本は儒教とは一線を引いて、上手い付き合いをしてきたのですが、
つかまってしまったのですな、幕末に。

とはいえ、おかげで明治維新が成立したのですから、それはそれで良かったのですが、
セットで、太平洋戦争まで持ってきてしまいました。

話がそれましたが、靖国は神道というより、神道と儒教のハイブリッドですな。


417 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:18:27 ID:w2svtXyW
>>412
八百万の神を認知すればこその神道であり、多神教のたる神道の基盤があり
ます。
靖国は無論神道です。
>>412
ナルシスト的であるとすれば当方の不徳の致すところですが、先に述べた内
容は、当方のオリジナルではなく、一般的な学説をサマライズしたものに過
ぎません。
つまり、珍しくも何ともないものです。



418 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:21:16 ID:PYb7Vqou
シシガミの森は何処にでもある

419 :幕末純情伝:2005/05/01(日) 16:23:36 ID:ZOrBxA5l
世直しせんでも ええじゃないか

世直しせんでも ええじゃないか

世直しせんでも ええじゃないか

420 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:24:54 ID:vdFtrX0A
神道は日本語と同じく時代によって大きな変化をしながら生き続けてきた。
昔と変わっていたとしても、日本語であり、また神道なのだ。

靖国は江戸時代からの仏教界の影響を排斥することから初め、
次はキリスト教などの西欧の宗教との比較からそれに似せた変革が為され、
国家神道と言う法王庁のような組織と天皇を関連づけていったのだ。

>靖国は神道というより、神道と儒教のハイブリッドですな。
それにキリスト教対策と道教の神仙思想もはいるから現人神なんて事のもなってくる。
それ自体は別に問題ではないだろう。

421 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:26:08 ID:PYb7Vqou
城取りを無闇に撃ち放つのはとにかく止めて貰おう

422 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:32:12 ID:7B0oCcVg
靖国の奥底に、孔子像が奉られていても、
おれは驚かないし、ああ やっぱりと思うぞ。

423 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:35:35 ID:PYb7Vqou
オオサンショウウオが住んでそうに無い事は判ってるさ

424 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:48:22 ID:UyysffCb
>>416
7B0oCcVgさんへ、
あなたが無学ではないことは、よく分かりました。
ただ、あなたの言わんとする意図は、あまりよくわかりません。
その点、>>420 さんの主張は、分かりやすく思われます。
確かに、靖国はハイブリッドであるし、そもそも、宗教は、歴史が長け
ればながいほど、ハイブリッドとしての性格をおびるものです。
世界宗教であれば、なおのことハイブリッドとしての性格も多岐にわた
るのが当然で、異端と呼ばれる宗派を次々と生み出すことにもなるわけです。
神道は、地域宗教ですが、神道として形作られる以前の、シャーマニズ
ムを包含しているため、最初からハイブリッドにならざるを得なかった
わけで、靖国のように比較的歴史の新しいものは、それ故にこそ、ハイブ
リッド的性格が全面に出てくるのはむべなるかなではあります。
逆に言えば、神道は、多神教的であることとその寛容性故に、ハイブリッド
的性格を濃厚に帯びやすいと言ってもよいように思われます。
そして、>>420 さんのいうとおり、それ自体は別に問題ではないと思われ
ます。


425 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:50:19 ID:7B0oCcVg
中華思想とのハイブリッドも認めると?


426 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:09:50 ID:vdFtrX0A
>>425
もちろんでしょう、卑弥呼なんて巫女鬼道といわれる道教系の影響をもろに受けた物でしょう。
巫女神道が中国の影響を受けた物であるなら中華思想を否定する事など出来ない。
ただし、日本の本来の思想に取り込まれた形としてのものです。

テレビという言葉は外来語が元だが、立派な日本語として変化しています。TVと同じではないでしょう。

427 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:12:11 ID:7B0oCcVg
>>425
そうだと、中国に対しては話は簡単になるね。

そういうことだと、靖国の歴史を中国側に語ればよい。

しかし、日本古来との、反発する人たちが大勢いるだろうね。



428 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:12:21 ID:vdFtrX0A
蛇足ですが卑弥呼も邪馬台国も日本の話かどうかは大きな疑問がある問題です。

429 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:16:41 ID:vdFtrX0A
>>427
中国文化の影響を受けた物であっても、日本古来の伝統文化と融合した物である。
漢字を使うからと言って日本語は立派な日本の文化なのだ。

神道は日本古来の文化と伝統を持つ物であることに変わりはない。

430 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:26:50 ID:VfdNZgCH
とにかくコイズミは参拝行為を戦犯合祀が解消されるまでは控えればいいだけ。

そうすれば中国もうだうだ言う理由がなくなる。
そうすりゃ日本企業もたっぷり仕事して儲けられるだろがよ。そうすりゃ日本
経済も安泰に近づくな。

なんでわかってることをわざわざやって波風立ててまで日本経済をダメにする。
そういう自民党も首相も全部解任だ。


431 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:29:02 ID:3SLG1cdz
>>425
中華思想というと言葉に語弊がありますが、あえて言うなら、中国の思想から
神道が影響を受けていることはたしかでしょう。
それこそ、それ自体余り問題ではないと思いますが。
中国が日本の宗教や思想に大きく影響を与えていることは学問的に証明されてい
ることですし、長い付き合いの両国なのですから当然の帰結でしょう。
私は、首相が靖国参拝をすることに賛成ですし、昨今の中国の反日暴動には、
毅然として謝罪を求めるべきと思いますし、先の大戦において、日本が中国に
謝罪せねばならないいわれは無いものと思いますが、日中が真の意味で友好国
になることを心から願うものでもあります。
政治的な策略で、謝罪を求めたり、歴史をねじ曲げたり、極めて偏った思想を
国民に植え付けることは、日中の将来にとって、決して良いこととは思えない
と思えばこそ、日本は日本の信ずるところの主張を中国に言うべきであると
思うわけです、
まあそこまでしなくても、近い将来、情報の垣根が消失するにつれ、中国も大
きく変化を遂げざるを得なくなるものと考えてはおりますが。
その時は、おそらく、共産党一党支配も、現在の反日感情も、中国にとって、
「ゆめのあと」となるのでありましょう。

432 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:30:57 ID:7B0oCcVg
>>429
おれも蛇足ですが、

日本語に関しては、これはウラルアルタイ語が源流で、
そこからモンゴルを経由して、朝鮮半島を経由して、
日本にいたっている。だから、それらの言語の文法は、
かなり近いといわれている。

そこに単語としての漢字が入ってきて、ハイブリッド
したんでしょうな。

小泉さんも、日本の文化のほとんどは、大陸からの
輸入なんですと言えば、中韓の人々の気持ちも落ち着くと
思うのですが。

それと、神道が日本古来というのは賛成。
ただし、靖国の半分は儒教だと思うよ。


433 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:37:53 ID:7B0oCcVg
>>431
>中華思想というと言葉に語弊がありますが、あえて言うなら、中国の思想から
>神道が影響を受けていることはたしかでしょう。
>それこそ、それ自体余り問題ではないと思いますが。
>中国が日本の宗教や思想に大きく影響を与えていることは学問的に証明されてい
>ることですし、長い付き合いの両国なのですから当然の帰結でしょう。

そういうとこを、政治家たちが どんどん発言すれば、先方の感情も変わるでしょう。
靖国に、何十人もの政治家たちが参拝するなら、バランスも考えて欲しいと思う。


434 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:43:55 ID:YEh2Ra+V
>>433
何事につけても、小泉は説明責任を果たさないものな。
靖国参拝にしても、諸外国にもう少し説明すべき。
郵政民営化についても、ほとんど説明しないし。
何かにつけて、スルー若しくはオチャラケ。

435 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:59:27 ID:vdFtrX0A
>>433
>そういうとこを、政治家たちが どんどん発言すれば、先方の感情も変わるでしょう。

普通そう思うよね、相手が同じ日本人で文化的背景を知らないで批判しているなら、相手の感情も変わる。

でも、中国の政府はそうした背景も知った上で、政治的目的のために日本非難をしている。
無知な大衆と、中国政府の反応は分けて考えるべきだ。
そして、大衆に向けてに日本が発言してもそれは届かない。

436 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/01(日) 18:01:02 ID:yxDYheW7
それでも、参拝するだけ、岡田より、小泉の方がマシだね。

437 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:05:15 ID:7B0oCcVg
>>435
このインターネットの時代に、それはないでしょう。

438 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:10:53 ID:x+4vXtyB
>>430
同意。
日本人が神道がどうこう、思想心情の自由がどうこう、いくら言ってみたところで、歴史認識問題の溝は少しも埋まらない。
参拝する小泉以下はそれが理解できない阿呆。

439 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:18:48 ID:vdFtrX0A
>>437
中国はネット社会をも管理していることを貴方は知らないのですか?
日本と同じ感覚で中国を論じては駄目ですよ、ネットは発信記録等で調べることが出来ます。
中国においては匿名性の保持など出来ません、デモを煽ったとして次々と逮捕されているでしょう。

440 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:26:11 ID:vdFtrX0A
>>438
>歴史認識問題の溝は少しも埋まらない。

そのとおりだ、参拝しても、参拝を止めても溝は埋まらない。
中国側が政策としてやっていることだ、気にして参拝を止めても変わらない。

日本は日本の立場で参拝を継続していくことが相互の認識の基本であるべきだ。
中国の政策に迎合しても全くの無意味だ。

441 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:28:02 ID:7B0oCcVg
>>439
たとえば、官邸のHPに中国語版と韓国語版を作るようなことも効果が無いですか?
英語版はあるんですが、それ自体が、政府のスタンスを明らかにしていると思いませんか?

それと、靖国神社も中韓語のHPを作ってみればよいと思いますね。
靖国が、ほんとうに鎮魂と平和を願っているなら、そしてそれ以外のことが無いのなら、
それも しっかりと伝わることでしょう。

それと、余計なことかもしれませんが・・・
>無知な大衆と、中国政府の反応は分けて考えるべきだ。
こうした発言も、中国の民衆の感情を逆なでするものではないでしょうか?
逆のことを、あなたが中国の何処かのHPで見たら、不愉快に感じると思います。


442 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:33:35 ID:YjAPtqxp
靖国は国内問題で中国がとやかくいうのは内政干渉。靖国へ行かなくても尖閣とか常任理事国入りでごちゃごちゃするさ。
中国は国策で日本を悪役にしてんだから。

443 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:34:36 ID:x+4vXtyB
>>440
いいや。
中国国民の感情に配慮し、その上誠実な外交努力をすることで歴史認識問題の溝は埋まる。
現に、村山談話の後、非常に好感触だったそうじゃないか。
日本が小泉一個人のレベルで意地を張ったところで、何も得をしない。
それが理解できない小泉も国民も、日本はノータリン揃いだ。

444 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:34:38 ID:UP3yVS5v
巧妙な中国政府のネット検閲、米の調査で明らかに

 米国の研究機関が中国政府のインターネット統制について調べたレポートが14日(米国時間)に発表された。それによると、
同国政府は様々なレベルで手段を講じ、体制を批判する言説のみを正確にブロックしており、その手法はますます洗練されつつあるという。
 精度が高まったことにより、中国政府のフィルターは、チベット一般に関する内容をそのまま通し、チベット独立関連の内容だけをブロックできるほどの機能を持つようになった。
同様に中国政府は http://www.falundafa-jp.net/ 法輪功やダライ・ラマ、天安門事件など、要注意と見なされるトピックに関する議論を効果的に取り締まっているという。
今回の調査は、『 http://www.opennetinitiative.net/ オープンネット・イニシアティブ』によって行なわれたもの。
 中国政府の検閲には多数の政府機関と数千人もの公務員や民間企業の従業員が関わっており、その範囲も、長距離にわたってデータを運ぶ基幹ネットワークから、
多くの中国国民がインターネットにアクセスするネットカフェまで、あらゆるレベルに及ぶ。



445 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:35:07 ID:UP3yVS5v
また、広範にわたる検閲活動により、中国政府によるフィルタリング・ツールはウェブ日記やブログといった新しい形態のメディアにも対応していることが明らかになったと、レポートは記している。
「技術の急速な変化にもかかわらず、中国は世界のどの国よりもインターネットのフィルタリングで成功を収めている」と、今回発表された調査の中心となった1人で
ハーバード大学ロースクール『 http://cyber.law.harvard.edu/home/ インターネットと社会のためのバークマン・センター』責任者の、ジョン・ポールフリー氏は語る。
 例えば、サウジアラビアではインターネットを管理するため、すべてのトラフィックを統制機関に集中させ、ここが場合によっては監視を行なうという手段を主に使っている。
この場合、禁止されたサイトにアクセスしようとすると、要求はブロックされたというメッセージが表示される、とポールフリー氏は指摘する。
 「それに比べると中国ははるかに巧妙だ」とポールフリー氏。「ブロックされたことすら知らされない。存在は知っているのにアクセスできないとユーザー側にわかってしまう手法に比べると、こちらの方がより効果的だ」
 中国の検閲は、いくつかのサーチエンジンをはじめとする複数の箇所で行なわれており、禁止コンテンツの代わりに警告が表示されるのではなく、コンテンツそのものが削除されるのだと、ポールフリー氏は説明する。
米グーグル社は、昨年秋から試験運用を開始した http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20040928207.html 中国語のニュース・サービスで、中国政府が禁止するサイトを検索結果から削除していることを認めている(日本語版記事)。
同社は、このような措置をとった理由を、ユーザーがたとえリンクをクリックしても中国側のフィルタリングのせいでページにたどり着けないからだとしている。
 またポールフリー氏は、中国でのフィルタリングが効果的なのは、常に変更が行なわれ、ユーザーの不意を突くからでもあると述べる。



446 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:40:17 ID:x+4vXtyB
日本が国を上げて、「もう我々は戦争を起こすような過去の過ちを繰り返さない。」という主張をすれば、
歴史認識問題の解決はスムーズに進むと思うね。
国家の間でいがみ合う限り、資源領土問題においても何においても、物事はスムーズに進まないだけだろう。
政冷経熱というアンバランスな状態が続くのみだ。

447 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:45:09 ID:7B0oCcVg
だからといって、中国に向けたメッセージが発信されなければ、何も伝わらないのも確かだ。
情報というもは、発信していれば、いずれは 何がしのものが、ドアの隙間から流れ込む。
何も、中国国内だけを対象にしなくても、第三国にいる中国人、その国のマスメディアには
少なくとも、伝わるだろう。


448 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:46:20 ID:7B0oCcVg
>>446
そうそう。あれは間違いでしたと伝えるのが、謝るよりも何よりも、一番に大切なこと。


449 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:54:38 ID:vdFtrX0A
>>441
国際関係を戦略として扱う感覚が基本的にない。
単なる仲良しクラブの延長で文化交流をやって其れで満足している。
対中関係を本当に重要視するなら、ロシアとインドを日本はもっと研究して外圧を使うべきだ。
一対一で外交が成り立つなんて単純すぎる。

中ロ関係が安定し、インドとも紛争を解決した、後背を安定させてからの日本攻撃だ。
中ソ対立の時には日中友好を選択したのだ。そして、昨日の敵が今日の友となり、
昨日の友日本が、今日の敵となったのだ。

靖国など攻撃材料の一つでしかない。

450 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:57:44 ID:x+4vXtyB
だから村山さんの姿勢を貫いていたら、こんなグダグダなことにはならないんだって。

>わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を
>歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によっ
>て、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損
>害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとする
>が故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、こ
>こにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持
>ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべて
>の犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。


誠意のない人間が日本の首相をやるべきではないよ。
どうしても反感を持たれる。外交問題が生じるだけだ。
例えば、慎太郎・安倍など首相にしたら、日本人の質が完璧に問われるね。

何にせよ、思考の薄っぺらい小泉だからこそここまでのことになったんだろうな。

451 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:58:34 ID:7B0oCcVg
>>449
あなたは、先の戦争を過ちだと思っていないのですか?

もちろん、外交に戦略は必要であり、それを否定するつもりはありません。
しかし、その戦略を行使するにしても、先の戦争が過ちであることは認めないと、
その外交から利益を得ることはできないでしょう。

水は上から下へ、太陽は東から西へと同様に、最低限の共通項が無ければ外交自体が成立しません。



452 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:00:07 ID:vdFtrX0A
誠意だって?w

ご立派なことだ。

これだから日本が馬鹿にされる。


453 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:01:03 ID:x+4vXtyB
> 靖国など攻撃材料の一つでしかない。

わざわざ燃料を与える愚。
小泉の頭の固さは、何がどうあろうと変わらんよ。
小泉を辞任さすべき。

454 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:03:43 ID:x+4vXtyB
>>452
不誠実な首相の国がどうして信用されると思うんだ?
全てにおいて、大事なのは人格だぞ?
それが欠けているのに在任しているから、小泉やブッシュは叩かれる。

455 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:05:05 ID:elEZeVjq
今、北朝鮮がミサイル撃ってきたぞ!
靖国を狙ったのか?

456 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:17:09 ID:x+4vXtyB
最近北朝鮮を煽ったのはブッシュだったよなぁ?

457 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:31:07 ID:x+4vXtyB
このめちゃくちゃ中途半端な情報の流し具合は何なんだ?
民放のテロップで流れたのか?
何でここまで中途半端なんだ?

458 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:34:38 ID:vdFtrX0A
>>451
先の戦争とは何を指すか不明だが、戦争は良くない。

平和を維持する努力を怠った双方に責任がある。

過ちとは何を指しているのか不明だ、教えてもらえたら幸いだ。

459 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:35:19 ID:PYb7Vqou
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050430AT2M3001E30042005.html
 
大統領って大変だ

460 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:45:37 ID:7B0oCcVg
>>458
あなたに対する回答は・・・

無条件降伏に至ることを始めたことの過ちだ。
なにも、最初から無条件降伏を意図していたわけではあるまい。
どこかに過ちがあったはずだ。


461 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:52:26 ID:vdFtrX0A
>>454
人間としての誠実さと政治は別だろう。
チャーチルは偉大な指導者だったが、総てに対して誠実だったか?
スターリンのような政治家と渡り合うのに武器が誠実だけではとても・・・・・

政治的弾圧で収束するような反日闘争など政府が演出したガス抜きのための祭りのようなものだ。
被害者感情のために中国政府が暴動をやるなんて見方で中国を見るのは間違いだ。
政治的目的のための物にすぎない。
日本がそれに騙されてはならない。


462 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:58:56 ID:WaChl08k
>>454

バカが人格などとほざくなw

463 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 20:23:16 ID:RMezZlXz
靖国神社にみんなでいこう!

464 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 20:26:09 ID:PwQhY9yx
プロ奴隷(ウヨク)です。
靖国塵邪にみんなで逝くとです。
プロ奴隷(ウヨク)です。

465 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 20:28:09 ID:PYb7Vqou
ハイパーテキストは解釈が難しい

466 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 20:53:58 ID:0vmvat6h
>>461

日本がそれらをやっていない、と断言も出来んけどなw
特に靖国関連は。

467 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:00:29 ID:dlJBByDV
>>451
先の大戦は過ちですね。
第一次世界大戦は正しいものでしょう。
つまり負けた戦争は過ちで勝った戦争は正しいってことです。
次に戦争を起こすとしたら勝つ戦争じゃないとしてはいけません。

468 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:03:31 ID:7B0oCcVg
>>467
>先の大戦は過ちですね。
それだけで、よろしい。
あとの負け惜しみは言っても恥ずかしい。

469 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:04:31 ID:dlJBByDV
>>468
言いたいところはそこではなく、次の戦争では勝たなきゃならんってこと。

470 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:05:14 ID:7B0oCcVg
>>469
では、>>467 を書き直しなさい。

471 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:05:45 ID:FVMs26M1


【朴三寿→筑紫哲也】元朝日記者、共産キャスター、『朝日ジャーナル』元編集長。
【崔泰英→本多勝一】「南京大虐殺」虚報の中共工作員記者、他捏造多数。
【韓吉竜→佐高信】 マルクス経済学オンリーの反日極左評論家。
【趙春花→福島瑞穂】中核派、夫婦別姓、家族解体、嫡子庶子の無分別。
【李高順→土井たか子】ソ連から指令と資金を受け日本赤軍に指令と資金
を出していた日本社会党の元党首。北朝鮮に親族多数。 」

 これ本当???? まさか....


472 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:06:05 ID:1rAKP8ul
そうです、長州・薩摩体制は、負け組みなんですね〜。

473 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:06:49 ID:dlJBByDV
>>470
負けたんだから過ちですよ。
書き直す必要はどこにもありませんが?

474 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:08:39 ID:7B0oCcVg
>>473
負けたんだから過ちですよ。
>>467
>先の大戦は過ちですね。

この2つが同じことを言っているとでも?


475 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:11:24 ID:dlJBByDV
>>474
先の大戦で勝ったのですか?

>つまり負けた戦争は過ちで勝った戦争は正しいってことです。
この文章が読めませんか?はっきり明確に主張していますけどね。

476 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:14:36 ID:7B0oCcVg
>>475
つまり、先の戦争は過ちだと言っているのですか?


477 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:16:19 ID:dlJBByDV
>>476
>先の大戦は過ちですね。
この文章は意味がわかりますか?

478 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:17:26 ID:7B0oCcVg
>>477

>>467
>先の大戦は過ちですね。
それだけで、よろしい。
あとの負け惜しみは言っても恥ずかしい。

479 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:20:04 ID:dlJBByDV
>>478

469 名前:名無しさん@3周年 :2005/05/01(日) 21:04:31 ID:dlJBByDV
>>468
言いたいところはそこではなく、次の戦争では勝たなきゃならんってこと。

480 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:21:42 ID:7B0oCcVg
>>479
ここで、ループから出ましょう。
ところで、あなたは、首相の不戦の誓いを、否定するのですか?

481 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:23:06 ID:dlJBByDV
>>480
もちろん肯定していますよ。
なぜなら今戦争しても勝てないのでね。

482 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:24:53 ID:7B0oCcVg
>>481
まるで、絶対に離婚はしないといいつつ、ほかにいい女がいないからと言っているように聞こえるのですが?


483 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:35:10 ID:7B0oCcVg
10分ほど待ちましたが、明日は仕事で早いので、これにて失礼。
では、おやすみなさい、二枚舌さん。

484 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:40:46 ID:PYb7Vqou
砂糖くんはキツイな、ビターコーヒー飲んでる気分だけど

485 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:45:58 ID:dlJBByDV
>>482
それが外交ってものでは?
もちろん理由なしの戦争は勝てる要素が少なくなり、利がありません。
ただし、領土問題、経済水域内ガス田開発、潜水艦領海侵犯等挑発行為を
行ってくる理不尽な国が隣国にありますので、外交努力は必要でしょう。
ただ、相手の言いなりになるのが外交努力でないということも理解が必要です。
さらに戦争にならないために抑止力も必要だと思います。

486 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:54:24 ID:zFE7wzvX
>>485
アメリカは北がいい女だと言ってる誰かに焼き餅を焼いているという点で
それが外交という世界になっているだけで有って、それ以前の歴史的に見て
有効な方法とは思えません
 
かと言って、かつての日本のような挑戦を是とするものでもありません
われわれが知ってるのは彼らはよく戦った事だけでアリマス

487 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:55:42 ID:vdFtrX0A
>>466
中国の反日暴動を、政府の制御が出来なほどの大暴動まで煽るために、
中国を怒らせる行動をやるというのか?
そうした謀略的活動が平然と出来るようなら、もう少し中国も工作を控えるようになるのだが・・・・
反撃しないから好き勝手放題をされている。

488 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/01(日) 22:30:32 ID:yxDYheW7
ま、民間の支那人情報では、反共派が支那暴動で頑張っているんだって。
あまり、目くじら立てずに、反日岡田の親父の店が襲われるの楽しんでいようよ。
この前も、支那共産匪のスパイが俺に、支那人の裏工作員聞きに来たけど、そんなの
知らんよ。
五四は結構、激しくなるかもって話だけど、ま、ちょっと難しいかもね。

489 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 22:40:29 ID:zFE7wzvX
コンテナ映像を見て、アイ・ロボットのまんまかと思った

490 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 22:48:51 ID:CaEh8FlV
>>479
次の戦争で勝てっこないだろう?
小学生か?
アメリカの妾状態で・・・
密かに最新核ミサイル開発してるんなら別だが、実験すりゃばれるんだから
ありえない事は、解るよな?

491 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 22:58:44 ID:x+4vXtyB
イラク開戦めぐりブレア首相に批判 総選挙目前
ttp://www.cnn.co.jp/world/CNN200505010010.html

492 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 23:00:14 ID:alcT6b7B
戦争を否定することは無意味です。
また、勝たねば意味が無いとも思いません。
勝つほうが良いに決まっていますがね。
先の戦争が過ちであったとも思いません。
少なくとも日本が立ち上がらなかったら、今なお、アジアはおしなべて
西欧列強の植民地になっていることでしょう。
中国や韓国が国策として反日教育を行っていることは事実だし、かなり
偏っていることは周知の事実です。
江沢民が、国民の批判が政府へ向けられないようにするために、反日を利用し拡大
したことも、明らかでしょう。
一方、槍玉に挙がっている扶桑社の教科書が、歴史評価のバランス上、著しく平衡
を書いているわけでもないこともこれまた事実です。
矛盾はいろいろあります。
私は、過去におけいて村山首相の行為のみが、謝罪を肯定しているものと
考えますが、彼の背景、つまり当時の社会党左派の考えが、中国や北朝鮮に日本が
隷属することを望むかの如きマゾヒスティックで異様なものであったことを思えば、
彼の発言が今も昔も日本人の心を代表していないことは明白と思われます。
今回の小泉首相の愚かな振る舞いの原因がどこにあるかは、おそらく皆さん良く
おわかりのことと思いますが、彼が稀に見る愚かな宰相として歴史に刻まれることは
間違いないでしょう。
姑息な男です。
いかにも、彼らしく、誠意のない男がしそうなことです。
私は、日中・日韓の真の友好のために、この種の姑息な手段は使うべきではないし、
かえって失礼であると思います。
中国にも、韓国にも、良識のある人は沢山いるのですから。



493 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 23:03:02 ID:dlJBByDV
>>490
負けたから過ちの戦争であるわけで、勝っていたら正しい戦争となる。
勝てない戦争なら行ってはいけない。
戦争にならない努力が必要だし、たとえ戦争になったとしても勝敗がわからないくらいの
抑止は必要だと思う。
相手の言いなりになるだけの外交はナンセンスだと思う。
隣国の理不尽な国のことであるが、武力を放棄したチベットと武力を蓄えている
台湾の違いは大きいと思う。

494 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 23:26:19 ID:dlJBByDV
>>492
日露戦争と第一次世界大戦で勝ったことが大きいのではないでしょうか?
ペリー来航の1854年前までは火縄銃が最高の武器だった。
その50年後の1904年に戦艦を建造し日露戦争を行うまでになっている。

495 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:04:49 ID:EBArX373
靖国が戦争を賞賛していないとか言う奴、実際に靖国に行ってみろって。
信徒の中に色々な考えの人がいるとかのレベルじゃないのが判る。
明治政府の武力闘争を全面肯定、賞賛しまくってます。
なんせ、明治維新、薩長の挙兵まで遡ってるんだからな。
靖国神社自体、死んだ維新志士の称揚から始まってる神社だよ。
靖国が、明治政府の起こした武力闘争を肯定、賞賛しているのは、事実。

496 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:05:29 ID:fs1ASI7W
戦争へと駆り立てたものは何か?
それは狂気だと思う。
我々と何ら変わることのない人たちが、召集されて行き、戦争を戦った。殺戮もした。残虐な行為もした。

過去の人たちがやったことで済ませてはならないものがあると思う。
我々は、もうこのような過ちを犯さないという、誓いをしなければいけないと思う。
そうでなくて、どうやって信用してもらうというのだ?

戦争中か戦争中じゃないかというだけで、オウムの起こした狂気と、相通じるものがないだろうか?
日本人のやるべきことは、はっきりしていると思う。

それなのに、そのことから目を背けている。
国家も、国民もだ。

497 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:09:19 ID:fs1ASI7W
日本人は危険だと、破防法みたいなものでも使えばいいのか?
北朝鮮は危険だと、破防法みたいなものでも使えばいいのか?

それは違うだろう。

イラク戦争は、正しい行為ではなかった。

人は知恵を使わないといけないと思う。


498 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:12:24 ID:t/7gzQUp
>>492
確かに50年間で、ここまで成し得た日本人の能力はすばらしいし、これは、戦後あの
廃墟の中からの復興における驚異的な速度にも表れているように思います。
また、第一次世界大戦では勝ったと言って良いか分かりませんが、日露戦争では曲が
りなりにも勝利したことが、大きな意義を持つものとは思います。
その意味では、>>492 さんの意見にすべて賛成です。
私が、戦争は勝たねば意味がないものと必ずしも思わないのは、まず、勝つと言っても
どこまでを勝利とするか戦後も評価が定まらないような例があること、一見負けたようで、
実を取る形で勝利することやその逆もあること、戦争をしたという事実そのものが、大きな
プロパガンダ的意味を持つことは少なくないなど、いろいろありますが、何よりも、日本人
としてのプライドや、身を呈しても国を、国民を、家族を守りたいという考えが、自然なも
のであると思うからであります。
今の日本人自体に、そうまでして守る価値があるのかと問われれば、「当たり前ではないか」
というのが、私の答えです。
戦争をビジネスと考えるつもりはさらさらありません。
人の命や心は何よりも尊いものであるし、決してお金に換算できるような
ものではないと考えます。
しかしながら、戦争が国際紛争を解決するための、最終手段であることは
紛れもない事実です。
だからこそ、私は、「戦争は勝たねば意味がない」のではなく、「最終手段で
として、プライドにかけて臨む」ものと考えます。
もちろん、そのための戦略に対しては、ビジネス以上に冷静に分析すべきと思いますし、
何よりも、戦争に至らないための外交手段を全力で駆使することが大切とは思います。
しかしながら、今の時代、あえて申し上げたいのですが、その外交手段が本末転倒と
なり、目的そのものを見失ったり、目的そのものと置き換わってしまわぬように、
細心の注意を払うことも必要と思います。
日本の外務省、小泉総理といった面々をみれば、村山首相の時代に等しいか、あるいは
それ以上に厳しい状況が、日本の政治の実態として、既に露呈されているのですから。



499 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:13:50 ID:fs1ASI7W
核爆弾というものを無くそうとする知恵を使わないといけないと思う。

アメリカ・ブッシュのような北風方式では、北朝鮮は核を手放しはしない。
ブッシュは何を考えて金総書記を煽っているんだ!

500 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:29:34 ID:t/7gzQUp
>>496
戦争を狂気の一言で片づけるのはたやすい。
一方、戦後、日本人は戦争と言うだけで、話題とすることすら避けてきたし、
忌み嫌ってきた。
しかしながら、こうした戦後の行為は、戦争を狂気とみなす場合、そのエトス
においてisomorphicであるともいえる。
平和!平和!とアホダラ教の如く叫べば、世界平和が訪れるものではあるまい。
すべての戦争には狂気が潜む。
しかしながら、狂気に目を向けるのではなく、狂気以外の側面について、
冷静に分析することが、より大切なことであろうと思うが、如何であろうか?
戦後の日本に欠けていたのは、まさにその姿勢ではないだろうか。

以上は、私が尊敬して止まない、小室直樹氏の主張を、小生の責任でサマライズ
したものです。
なお、上記の内容において、小室直樹氏の意に添わぬものが含まれていた場合、す
べての責任は、私にあります。

501 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:34:18 ID:2e/kLUKE
まあ、もう少しマトモな本を読んだ方がいいよ。

502 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:35:25 ID:fs1ASI7W
>>500
とりあえず
エトス・isomorphic
の意味がわからん。

503 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:43:37 ID:fs1ASI7W
自分の思いついた言葉として使ったつもりだったんだけど、
他にも使ってる人いるんだね、「北風方式」「太陽方式」。

504 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:46:14 ID:OwPDwMk6
なぜ「戦争=狂気」を認識しなければならないかと言うと、
戦争と単なる個人の正当防衛とは意味合いが全く違うから。

ナイフを振りかざした人間を殺すのに、そう躊躇はない。
でも戦争では自分と同じ一般市民(または自分より遥か
に無力な女子供)を殺すことになる。しかも常識では考
えられない残虐な方法で。それは今(たとえばイラク)
も昔も変らない。

紛争解決の手段に戦争を、と書いてた人がいたけど正気だろうか?

505 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:53:11 ID:t/7gzQUp
>>501
小室直樹氏の本がマトモでないとすれば、例えば、どういう点がマトモではないのか、教えて
頂ければ幸いです。
また、あなたの推奨される本や著者を紹介頂ければ、有難いのですが。
宜しくお願いします。

>>502
エトスは「行動様式」
isomorphicは「同型」
とでもいいましょうか。
つまり、戦後の「戦争と言うことについて、見ることも、聴くことも、考えることもいや」
というような日本人の行動様式(エトス)は、狂気を滲ませて戦争に向けてひた走っていった
という、戦前の日本人の行動様式(エトス)と、結局は同型(同じもの:isomorphic)である
と思われると言うことです。

506 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:57:31 ID:L9uaPzGm
>>503
太陽と北風の話だが、寒さ攻めでは効果がないものでも
熱攻めなら効果がある場合もあるということでしょ?

507 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 01:07:28 ID:t/7gzQUp
>>504
あなたの言うように、戦争には必ず狂気が潜みます。
しかしながら、通常の殺人であっても、程度の差こそあれ、狂気は潜むものです。
戦争は、あなたの言うように「自分と同じ一般市民(または自分より遥か に無力な女子供)
を、常識では考えられない残虐な方法で殺すことになる。」ものです。
その狂気を引き起こさないために、狂気以外の側面について、冷静に分析することが必要で
あると思います。
しかしながら、戦争が国際紛争を解決するための最終手段であることは、これまた、世界の
常識です。
紛争を解決できないからこそ、国は争い、家族は戦死するわけです。
戦争を忌み嫌うだけではなく、また、単に狂気として葬るのではなく、それを避ける
ために冷静に戦争を分析し、そこに至らないための知恵を出すことが大切です。
もちろん、戦争に至ってしまった場合は、いかにして勝か、有利にことを運ぶかを
予め研究し尽くすことも大切です。
>>504さん、私は、正気ですよ。


508 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 01:08:44 ID:fs1ASI7W
>>505
> つまり、戦後の「戦争と言うことについて、見ることも、聴くことも、考えることもいや」
>というような日本人の行動様式(エトス)は、狂気を滲ませて戦争に向けてひた走っていった
>という、戦前の日本人の行動様式(エトス)と、結局は同型(同じもの:isomorphic)である
>と思われると言うことです。

そういう点では同意します。
とかく人の心は移ろい易い。そのことが、大きな悲劇にも結び付くことになりかねない。
結局、優秀な指導者が上に立たない限り、大衆をよりよい方向へと導くことができない。
と、つくづく思います。

>>506
何か童話の意味を履き違えているように思うよ。


509 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 01:16:24 ID:OwPDwMk6
>>507
専守防衛と「国際紛争を解決するための最終手段」は同じ意味なの?
なら、9条の
「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」
を否定しているように読めるから表現変えた方がいいよ。

じゃなくて、たとえば竹島とりかえすために軍事力行使を認める
って言うなら正気を疑う。

510 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 02:14:23 ID:2e/kLUKE
>>505
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095458363/

例えばこのスレを参照。俺は基本的に法律の人間なんだが、彼の法に対する
理解はトンデモだと思うね。でそんな彼の語る「戦争」もたぶんトンデモなん
だろう、という予測はたつ。

>戦争が国際紛争を解決するための最終手段であることは、これまた、世界の
常識です。

いや、「世界の非常識」ですよ。こんなことをいうのはおよそ時代錯誤でしかない。
しかし、「戦争が国際紛争を解決するための最終手段である」ことを否定すること
は、「軍事力」の意義を全く否定することを意味するものではない、ということに
ついては「世界の常識」だといえるでしょう。

で安全保障全般をどう考えるか、という観点に立つと、俺が君のような勘違い君に
おすすめなのは、例えば

中西寛 「国際政治とは何か−地球社会における人間と秩序」 中公新書

あたりで国際政治の基礎をながめたうえで(著者の視点は、独特なものがあるが、
リアリズムの系譜に属する国際政治の概説書としても秀逸なものであると思う)、

ジョセフ・S・ナイ・ジュニア 「国際紛争 理論と歴史」 有斐閣

で安全保障論の「常識的な知識/感覚」を身につけるといい。それと個人的に
おすすめなのが、国際法の知識も学ぶことで(それがあると国際政治について
の理解が深まる)、

松井芳郎ほか編 「国際法」 有斐閣sシリーズ

あたりで基礎概念を学んでおくとなおよい。

511 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 02:51:41 ID:NMif2pSJ
>>495
どこの国でも、戦争で戦った人達を
英雄として祀っている。
別に特殊なことじゃない。

参拝者の心情は千差万別で、時代の流れによっても変わる。

確かにおかしな右翼からも信仰されている。
しかし仮に靖国で右翼が、日本が軍国主義になりますように
と、願ったところで実現しないから
ゴタゴタ言うなw

512 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 03:10:22 ID:M19ZzJYD
毛沢東思想に基づいて
社会主義思想を徹底させる運動があり、
多くの文化人、政治家、軍人が粛正され、
古い思想、習慣、風俗を一掃してしまった。

しかし毛沢東記念館には、
毛沢東の遺体が永久保存処理され、
重装備の兵士数人に護られた
水晶の棺桶の中に安置されている。
崇拝の対象として……

日本は毛沢東記念館に抗議もしていないし、
毛沢東を火葬しろとも言っていない。

なのに中国は靖国神社に抗議している。
骨も位牌も無い、ただ魂を鎮める場所に……

513 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 03:59:54 ID:KfiobZhZ
中国が抗議しているのは
時の政府のトップがA級戦犯を参拝することであって、
A級戦犯をまつる事や、それが靖国であること自体に
抗議してるわけじゃないだろw

514 : ◆XRrQj4uw5s :2005/05/02(月) 04:30:49 ID:L9uaPzGm ?
>>513
それは理論的じゃないな。
A級戦犯の合祀も靖国も問題じゃなければ
一般人にとっては他の宗教と同様ということだよね。
でも、権力者には靖国に参拝してはいけないということは
権力者に宗教の自由はないということだよね。
ちょっとおかしくないか?

515 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/02(月) 05:48:08 ID:QthAuekj
岡田克也は、そこに日本軍がいたこと自体が過ちで靖国はいかんと攻撃する。

だったら、今、支那にジャスコがあること自体が過ちなのだし、戦前、日本人が
通州で虐殺され朝日新聞等に煽られ、出て行かざるを得なかった日本軍が悪いなら
朝日に煽られ、支那に侵略したジャスコが支那人民に破壊されても当然ということだ。

侵略者岡田克也はA級戦犯として、日本の首相は絶対に奴が死んでも墓参りしてはならない。
岡田一族は永久に戦犯一族として、世界から辱めを受け続けても当然である。
A級戦犯岡田克也の民主党は存在そのものが侵略行為であり、消滅しなければならない。

いかに岡田克也が靖国に出鱈目な攻撃しているか、理解できなきゃ、いつまでも、日本企業は
支那のスケープゴートから逃れられない。
無能で大馬鹿の朝日や外務省には何も理解できないし、事態を悪くしていることも気づいて
いないみたいだけどね。

516 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 07:15:38 ID:t/7gzQUp
>>510

おもしろそうな本を紹介頂き、有り難うございます。
スレも含めて、読ませて頂きます。
>「戦争が国際紛争を解決するための最終手段であることは、これまた、世界の
>常識です。
>
>いや、「世界の非常識」ですよ。こんなことをいうのはおよそ時代錯誤でしかない。
>しかし、「戦争が国際紛争を解決するための最終手段である」ことを否定すること
>は、「軍事力」の意義を全く否定することを意味するものではない、ということに
>ついては「世界の常識」だといえるでしょう。

に関しては、法学と政治学両側面から論じられるべき問題だと思いますが、中西寛 の
本をとりあえず読ませて頂きます。
あなたの言うように、私が勘違い君であるならば、勉強になるでしょうし、あなたの
主張が勘違いか、極めてマイナーな意見か、あるいは単なる不勉強家に関しても、判断は
私の方でしばし勉強させて頂いてからということにいたしましょう。
ただ一言申し上げれば、「「戦争が国際紛争を解決するための最終手段」ではないとすれば、
最終手段はどこにあるのか、少なくとも今なお国際政治は戦争を最終手段として機能させて
いるのではないか、あるいは、長い間続いてきた戦争の位置づけが、わずか数十年で変わるよ
うなものであるのかといった疑問は残ります。
まあ、いずれにせよ、読ませて頂いてからということで。
ご紹介有り難うございました。


517 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 07:16:41 ID:zMQEuFnI
>>514
>でも、権力者には靖国に参拝してはいけないということは
>権力者に宗教の自由はないということだよね。

官邸から、靖国に頭をたれて手を合わせればよいこと。
参拝という行為を、何らかの取引の手段にしたから、
こんなことになっている。

まぁ、学校の先生が競馬でもうけてもかまわないが、
それを生徒に自慢してはいけないというようなもの。


518 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 07:41:48 ID:KfiobZhZ
>>514
おまえ、あの中国共産党に「理論的であること」を求めてるの?
宗教とか、宗教の自由とかまでコミで…w

それがそもそも理論的じゃないだろw

519 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 07:59:16 ID:LwzGmNQL
>>495
馬鹿だろうお前。軍神を奉る神社でその軍神を否定するような展示を求める方が狂っている。

520 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 08:11:05 ID:LwzGmNQL
>>518
大統領が戦死した軍人のために献花したりは諸外国でも公然とやっている。
靖国参拝もそうした行為と同一の物だ。
日本国だけ其れを許さないのはおかしい。

521 :520:2005/05/02(月) 08:14:25 ID:LwzGmNQL
>>518
番号違いです。>>520の発言は >>517宛てのものです。失礼しました。

522 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 08:26:43 ID:zMQEuFnI
つまり、軍神を奉る靖国神社で、平和を誓う総理に問題があるんだね。

523 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 08:39:48 ID:8z2Ec1vx
>>522そうですね。

A級戦犯とされている人も含めて、靖国で、英霊を供養する事は、日本人として当然だと思います。
しかし、首相が国内外の反対者に対して、挑発的とも言える行動、言動はいかがなものかと思います。

524 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 09:45:42 ID:6WeE1rvR
>>520
> 大統領が戦死した軍人のために献花したりは諸外国でも公然とやっている。

そういう光景はテレビなどでよく見ますね。
しかし、アメリカだったらアーリントン「国立」墓地とかではないですか?
国が戦争で命を落とした人たちを悼むのは当然ですが、
特定の宗教法人の行事に乗ってしまうことに対して
疑問を感じている人も多いと思います。
ことに前の戦争の経緯を考えるとそう感じる人は多いと思うのですが。

525 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 09:57:13 ID:zMQEuFnI
靖国って、いまや・・・

強くて、規律正しく、そして悲運に泣いた旧日本軍を
懐かしむ人々のためのサービス産業なんですよ。


526 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:13:25 ID:4NfVoGR3
靖国神社は天皇を守って死んでいった者達の神社だ。
A級戦犯は国を危うくしたが、天皇を守って死んだ。
当然、靖国に祀られる。
立憲君主制の日本では天皇を元首としているので、
大臣が靖国に参拝するのは当然のことだ。
嫌なら、天皇制を廃止しろ

527 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:15:01 ID:Cj036+vD
>>514
つうか別に

>権力者に宗教の自由はない

ということにはならんでしょう。一般人と比べて制約されていると考えること
はできるが。しかし、これはある意味あたりまえのことであって、どの程度制約
するか、については慎重な検討がいるとしても、全く制約が許されないとする
理由は無いと思うよ。

528 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:20:24 ID:8z2Ec1vx
>>526
>嫌なら、天皇制を廃止しろ
君のようなやからが、天皇制反対論者に大義を与えるような事になるのですよ。
天皇も参拝していない今日、首相ごときが、参拝するなど思慮が浅すぎる。
小泉の暴走に、天皇も心を痛めていますよ。

529 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:21:45 ID:LwzGmNQL
>>523
>首相が国内外の反対者に対して、挑発的とも言える行動、言動はいかがなものかと思います。

反対者とは何ですか?       反対意見を述べる者がいない方が異常です。
敵対者なら、敵対的発言はお互い様でしょう。
総理が意見を述べることは自由です。其れを見て選挙民が選ぶのですから無言でいるよりはマシです。

530 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:24:14 ID:3CqVgYQF
朝生でやってたな。

531 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:28:51 ID:zMQEuFnI
>>514
つうか別に

>権力者に宗教の自由はない

お坊さんになるなら、頭をまるめる。
ボクサーになるなら、減量を考える。
弁護士になるなら、守秘義務を負う。
アスリートになるなら、酒・煙草はだめ。

みんな、それぞれ生業に伴う制約を持つ。

それと同じで、政治家は宗教に触れず。

なんで、こんな簡単な、自らへの戒めができない?



532 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:35:55 ID:LwzGmNQL
>>524
>特定の宗教法人の行事に乗ってしまうことに対して
>疑問を感じている人も多いと思います。
>ことに前の戦争の経緯を考えるとそう感じる人は多いと思うのですが。

その感性は敗戦直後のGHQですか?
GHQでさえ靖国を一宗教法人にした後は、公務員等の葬祭等への参加を自由にしたでしょう。
靖国が戦争に利用された当時とは、日本政府も靖国も大きく変わっています。
変化した事実を無視して、60年前の感覚で参拝を反対するのは愚かな行為です。
アメリカでさえ靖国参拝を日本政府に打診したように、諸外国も妥当な行為と見ているのです。

疑問を感じる人が多いというのは判断する知識を持っていないからではないですか?
私は参拝は其れが必要と感じたら誰が参拝しても良いと思います。
変な制限を付ける事が間違いだと思います。

533 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:45:30 ID:zMQEuFnI
宗教とは、心の中のことである。

それを、ことさら政治のパフォーマンスに使うからややこしくなる。

一人一人の政治家が、自らを戒めれば、何も問題は起こらない。



534 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:50:21 ID:8z2Ec1vx
>>529
世論調査結果を君も知っているだろうし、中国の反応も知っているだろう。
首相たるもの、それを踏まえた上での言動、発言が必要だと言う事ですよ。
先の戦争も、行政の制御能力が機能しなかったのも一要因でしょう。
結局、国益につながらず、多くの日本人を死に追いやったわけです。
回避できなかったのも事実でしょうから過ぎたものをことさら非難するつもりは有りませんが、
過去のあやまちでも学ぶものがあるはずです。
ナショナリズムに直結するような行動は、どの国の首相であっても慎むべきなのです。
小泉は靖国に対する日本の立場等を説明する責任があるにもかかわらず、
責任を回避し、参拝を繰り返したつけが今、中国との友好関係に水を差し、中国に付け入る隙を与えた。
上手く説明できる能力が無ければ靖国参拝をすべきでない。
能力の無い者が、無理をすると良い結果は生まれない。
平和ボケの日本人には、小泉の不可解な行動を見てみぬ不利をされても、中国人には通用しなかったって事でしょう。

535 : ◆XRrQj4uw5s :2005/05/02(月) 10:50:48 ID:L9uaPzGm
>>531
有名なところでは大平元首相のキリスト教、石原知事の霊友会、
菅議員の立正佼成会、公明党の創価学会。
私的参拝なら問題ないと思うけどね。
強制的に参拝の義務を課せられたら徹底的に批判もするし抵抗するよ。
でも私的参拝なら目くじら立てるほどでもないと思っている。
逆に中国韓国に対して文句を言わないことの方は批判したい。

536 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:51:19 ID:LwzGmNQL
>>531
>権力者に宗教の自由はない

愚かなことを言うな。
過度の宗教への干渉を戒めるものであって、宗教の自由は厳然としてある。
そんなことを厳格に実行したら、無神論者以外は政治家になれなくなる。
自由にどんな宗教施設でも訪問し祈ることは出来る。

537 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:55:56 ID:zMQEuFnI
自らの宗教的な関心事を、心の中に収めきれない人間は、政治家としての適正を欠く。

もし、それを大衆に対して露呈するなら、それは純粋な信仰によるものではなく、
政治の道具として利用しているだけのものとなる。

ひいては、純粋な信仰を持つ人々への冒涜につながる。


538 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 11:20:48 ID:fs1ASI7W
>>534
同意です。

選挙でコテンパンに負けているくせに、適当な言葉でチョロまかして、のうのうと首相の座に居座り続けるこの国の首相、
そしてそんな首相を、あれだけ「人生いろいろ」発言に対してもバッシングしていたくせに、他に適当な人がいそうもない…という消極的な理由で小泉を支持し続ける、平和ボケも大概にして欲しいこの国の国民。

よその国ではこんな馬鹿げたことはまかり通らないでしょう。


539 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 11:21:21 ID:LwzGmNQL
>>534
>過去のあやまちでも学ぶものがあるはずです。
>ナショナリズムに直結するような行動は、どの国の首相であっても慎むべきなのです

依存はありません、正論と思います。

>小泉は靖国に対する日本の立場等を説明する責任があるにもかかわらず、
>責任を回避し、参拝を繰り返したつけが今、中国との友好関係に水を差し、中国に付け入る隙を与えた。
>上手く説明できる能力が無ければ靖国参拝をすべきでない。

説明して納得されることが理想でしょうが、聞く意志がない異教徒に納得させるというのは無理です。
また、他国の民衆に説明する責任など在りません、誠実に日本が説明責任を果たすことは、
中国政府と異なる意見を広げることであり、内政干渉となる行為ですが其れをやれと言うのですか?

中国側に日中関係を破壊しても日本を屈服させる意志が在るのですから妥協など無意味です。
台湾を統一し尖閣諸島を領有する戦略の一環であるなら、日本が対決姿勢をとることもやむおえないことです。




540 :534:2005/05/02(月) 11:38:21 ID:8z2Ec1vx
>>539
>説明して納得されることが理想でしょうが、聞く意志がない異教徒に納得させるというのは無理です。
中国にしか目を向けないのも問題でしょう。
日露戦争の日本の勝利の要因は、英国を味方につけ、国際世論を日本に同情的にさせたことがあります。
戦時下や、過去の問題を掘り下げられると欧米各国は不利な状態になります。
その辺を見据えた上で、中国や韓国以外の国々に、日本の立場を擁護させる戦略が最も効果的だと思われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[マスコミが伝えないこと]
靖国神社参拝問題 その1[靖国問題]
http://ogiyoi.bblog.jp/entry/94662/
[国外]
ここでは靖国神社に参拝した国を並べてみます。

・アメリカ 米軍横田基地空軍副司令官
・イギリス 駐日英国大使館付武官
・旧ソ連 ロシア連邦大使館付武官
<略>
メキシコ大使館付武官
アゼルバイジャン共和国元首相
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
利用しない、無能な外交能力に疑問です。
出来ない事はしない、外交で優位な立場を保てないのであれば参拝すべきではありません。

541 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 11:53:30 ID:zMQEuFnI
>>540
> 日露戦争の日本の勝利の要因は、英国を味方につけ、国際世論を日本に同情的にさせたことがあります。
正確には起債をして、資金を調達したわけですが、それ以外にもロシアでの社会主義革命勢力に支援して、
さらにはアメリカへの調整の以来など、さまざまな政治的な動きにより、なんとか負けずにすんだ戦争です。

ところが、時代が下るにつれて、こうした感覚が麻痺してきて、何の策も持たずに大陸での軍事行動を起こし、
戦争というより、混乱に陥れてしまったのが、昭和の軍部です。

その流れが、いまの自民党です。それが、靖国参拝で証明されているわけです。


542 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:05:17 ID:LwzGmNQL
>無能な外交能力に疑問です。
今までの外務大臣が無能でした、町村氏はこれまでよりははるかにマシです。
改善されることを期待しています。

>出来ない事はしない、外交で優位な立場を保てないのであれば参拝すべきではありません
参拝は内政問題です、干渉されて参拝を止めることはありません。
外交攻勢を期待しつつ、内政はやるべきです、屈服するような外交姿勢は見せるべきではありません。

543 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:07:39 ID:zMQEuFnI
なんか、ビーバップハイスクール内閣って感じだな。。。

544 :540:2005/05/02(月) 12:14:13 ID:8z2Ec1vx
>>542
>外交攻勢を期待しつつ、内政はやるべきです、屈服するような外交姿勢は見せるべきではありません。
もう少しましな提案は無いものかね。
神風が吹くと信じているのですか?

策の無い外交を続けていく限り、首相の靖国参拝は中国や韓国に隙を与えるだけ。
国際世論に訴えかけながら、靖国参拝は、期を見て行う必要がある。

545 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:17:30 ID:fs1ASI7W
…で、ですよ。
お聞きしたいんですけどね。

我らがあの小泉総理大臣にですよ。
この先、何が期待できるのでしょうか?

あの石頭・単細胞人間に、一体、何が期待できるんでしょうか?

ここの皆さんは、それでも小泉に何かを期待しているのでしょうか?

546 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:21:07 ID:8z2Ec1vx
>>545
言葉に詰まる。
スレストッパー的発言だ。

547 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:31:05 ID:fs1ASI7W
>>546
笑。
…ですよねぇ。

だって、ここでいろいろと考察されていることの、ほんの10分の1も、
小泉首相の頭の中にはないでしょうから。芽もないでしょうから。
「何も悪くない。」それ位にしか思っていないでしょうから。

人の意見に耳を貸さない。国民の声に耳を傾けない。
オレは首相だとばかり、ただの意固地で何事にも突き進む。

思慮深さのない首相など、もう懲り懲り。

でも、ここでの議論を見ていると、少しでも気持ちが安らぎます。
この失望の政権下におかれているからこそでしょうか。

548 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:31:26 ID:QvHn3kG+
>>542
靖国参拝は内政問題ではない。


俺的に問題点をまとめると

中国の見方 
靖国参拝=A級戦犯の肯定
つまり、中国への侵略を日本は認めていない。あるいは侵略を反省していない。

小泉
A級戦犯でも死ねば他の人々と同じ。


この両者の溝を埋めるには
中国侵略の歴史を認め、その責任が誰にあったかを日本政府が明確にする事。
日本国のせいにすると、国民全部が悪者になって話はますますややこしくなる。
ドイツのようにヒトラーにすべての責任を押し付けるやりかたが正しい。

それをしないから、中国は日本は口先だけでほんとは反省してないと思うわけ。


549 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:39:52 ID:zMQEuFnI
>>548
そうなんですよ、謝れという話ではなくて、間違いを認めろという話なんですよ。
無条件降伏って、そういうことだろう、そのくらい筋を通せと言っているのですよ。

ところが、いまの自民党には世襲がはびこり、そうすることで、俺の爺さんが
恥をかくとか、親戚に顔向けできないとか、そんな私事をからめて国政を
ないがしろにする、やからがたくさんいるわけですよ。

安部なんて、恥ずかしいことがわからないから、平気で靖国に関する発言をする。

公私混同するなって、言いたいですよ。


550 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:53:35 ID:GeaiGwU3
公式参拝という方式の曖昧さが問題なのではないでしょうか?
私人としての参拝とも国を代表する公人の参拝とも理解できます。
どのようにも言い訳ができる都合の良いやり方ですが
逆に考えたらどのような批判もありうる誠にマズイやり方です。
権力者の個人としての宗教的自由の問題も
公式参拝である限りどこまでもつきまといます。
そもそも公式参拝とは別に
国として戦死者の追悼は行われているのでしょうか?

551 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:12:21 ID:QvHn3kG+
>>550
>>548の中国侵略の歴史を認め、その責任が誰にあったかを日本政府が明確にする事。
ができれば
誤解をといて堂々と靖国参拝できます。
公私関係なくね

552 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:15:47 ID:fs1ASI7W
>>548
>小泉
>A級戦犯でも死ねば他の人々と同じ。

いわゆるA級戦犯に罪はない、誰にも罪はない、
と思っているような気がします。誰もが戦争の犠牲者、としか思っていないと思う。
不戦の誓いもしていることでしょうが、それならばイラク戦争を仕掛けたアメリカを後押ししたことは、非常に矛盾する行為と思う。
それだからこそ、諸外国からも信用されない国家となってしまうでしょう。

>>500
終戦記念日に「全国戦没者追悼式」が政府主催の下に日本武道館で行われていますね。

553 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:17:51 ID:8z2Ec1vx
>>548-598
時間的経過、戦後の日本の有り様、国家の尊厳、日本文化。
以上を国際世論に訴えるべきです。
中国、韓国は戦後60年後も、先の戦争に対し日本を攻めつづけています。
では、ヨーロッパ各国の植民地政策、アメリカの奴隷貿易、オーストラリアの白欧主義。
これらの事をずっと引きずっていたら国際協調はどうなるのでしょうか?
一度敵対した国は、永遠に協調することが出来ない事になります。
日本が行ってきたPKOを中国は評価しないのかと国際世論は、感じております。
これはでまるで、もらう物はもらうが、それと友好協力は別だと言っているようなもの。
激しく、教科書の問題や、靖国問題を中国が非難すれば、国家の尊厳が認められない、中国がやりすぎれば、
内政干渉だと国際的にも認められます。
戦犯に対しても、日本では死者は平等に扱うと国際世論は説明すれば認めます。
各国の文化風習を認める事は、文明国の証明ですから。

戦後処理問題を中国や韓国にのみに目を向けるのでなく、戦略的に行うべきですね。
まあ、これだけ外交が下手であれば、とても戦争なんて出来ないだろうから、ある意味平和ボケ日本は安心でしょうね。

554 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:20:43 ID:zMQEuFnI
>>553
>中国、韓国は戦後60年後も、先の戦争に対し日本を攻めつづけています。
なぜなら、命乞いしたことを、知らん顔しちゃっているからです。
それを認めずにいれば、戦略的外交どころか、基本的な外交もできないでしょう。


555 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:23:20 ID:fs1ASI7W
イラク戦争に対して小泉は、
不戦の誓いを立てている立場と、日米の関係を天秤にかけ、
日米関係を取った、そういうことになるでしょう。
日本が戦う訳ではないから問題ない、とでも思っているのでしょう。
でも、それでは日本のスタンスというものに矛盾は生じる。
日米関係を優先する国家では、純粋に不戦の誓いなど守れない。

近隣諸国はこのことに対しても、日本を信用できない国、と思っていないでしょうか。
アメリカの言いなりになる国家だと。

556 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:26:55 ID:fs1ASI7W
それでなくても、憲法改正、自衛隊の今後、
日本がどういう国家になっていくのか、
近隣諸国じゃなくとも、国民でも不安はいっぱいです。

その不安の大元は、アメリカという国家に結び付くんですけどね。
アメリカという国家に、もっと理性と知恵があったなら、こうも不安にはならないのだけど。

557 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:41:35 ID:8z2Ec1vx
結局、イデオロギーに終始していますね。
反米、反中での論点は、危険ですよ。
>>555
>近隣諸国はこのことに対しても、日本を信用できない国、と思っていないでしょうか。
>アメリカの言いなりになる国家だと。
確かにそうかも知れない。しかし、メリットも有るでしょう。
様々な協調関係を模索する必要が有ります。
中国ともね。

558 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 14:05:16 ID:7o97Uq3K
日本が中韓にとって軍事的脅威があるとは思えない。
にもかかわらず、内政干渉するのは自国の国家利益を優先させ日本の過去を、
それも60年前にだけにさかのぼって、敗戦国責任を追及し続ける姿勢
こそ、糾弾されるべきである。


559 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 14:26:11 ID:fNDzPHQa
A級戦犯は日本を破滅への道へと歩ませた。
これが、罪でなくて、何が罪なんだ?
A級戦犯は日本対する大罪がある。
本来なら、日本が裁くべき犯罪者だ。

560 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 14:28:16 ID:zMQEuFnI
>>558
だからですね、日本政府が先の戦争は日本にとっても間違いだったと、
それがハッキリと伝わるように言っていないから、ややこしくなるんです。
年がら年中いわなくても、たとえば終戦記念日や、各種の追悼儀式などで、
日本は過ちを犯して、こうした犠牲者が出たと、国内向けに年に数回でも
ちゃんと言えば、それで収まることなんですよ。


561 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 14:48:58 ID:7o97Uq3K
国連分担金も大きく減らし、ODAも大幅に見直さなければなりませんね。
我々の税金が使われてるわけですから。
ドブに捨ててるようなものです。
日本を批判している国に支払ってもらいましょう。



562 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 15:30:41 ID:3vWYxYR+
>>560
靖国は、先の戦争が正統で正義の戦争だったと主張してる。

563 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 15:34:28 ID:GeaiGwU3
>>552
> 終戦記念日に「全国戦没者追悼式」が政府主催の下に日本武道館で行われていますね。

ありがとうございます。
そうすると重ねて公式参拝をすることの意味は何だろうと考えてしまいます。
特定の宗教に荷担していると避難されることにならないでしょうか?
玉串料のことを別にしても公式参拝自体に問題があるとおもうのですが。

564 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 15:42:02 ID:zMQEuFnI
>>562
>靖国は、先の戦争が正統で正義の戦争だったと主張してる。
宗教というものは、信じるからこそ宗教ですよね。
すると、靖国に参拝する人は、先の戦争の正当性を主張しているわけですね。


565 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 15:46:09 ID:f/19gP0N
靖国が、明治政府の武力闘争を賞賛していることに、違和感を表明している
靖国擁護派がいるみたいだが、はっきり言ってそっちの方が変だよ。
だから、戦闘で死んだわけではない軍人や、さらには軍人でも、戦没者で
すらない維新志士も祭られてる。
「明治政府のために武力を行使した人間は立派だ!」くらいは言えないのか?
靖国はその為に建立されたのに、靖国の心を判ってよ。

566 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:00:52 ID:8z2Ec1vx
>>560
手放しでの謝罪をしてもね。
それこそ、国益としてはマイナスですよ。

567 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:17:42 ID:Cj036+vD
>>564
>靖国に参拝する人は、先の戦争の正当性を主張しているわけですね。

まあ、そうとも言い切れないんじゃないの。正当かどうかはともかく
「無駄死だった」と思いたくない、というのはあるだろうね。例えば、
侵略戦争といわれることに反発を覚えるのは、侵略戦争→必要のない戦争
→無駄死という流れになってしまうのが嫌なんだと思うよ。「自衛戦争」
ってさかんにいうのも、その論理の流れが怖いからなんでしょう。

とはいえ、他人の国にわざわざ出向いて、傀儡政権まで立てて、荒らし
まくったのは動かしがたい事実なわけで、その行為を「自衛」の名の元に
丸ごと肯定できる人というのはそうは多くないと思う。確信犯的な丸ごと
肯定派というのは、目立ちはするけど、数はそう多くはないんじゃない
だろうか(と思いたい)。

そうだとすると、結局戦争で死んだ人の評価と、国としてやった戦争の
評価を切り離すことが重要だといえる。なかなか難しいことではあるが、
そうすることにより、初めて国内的にも、国外的にも大半の人が納得の
いく結果を得ることができるようになるだろう。

我々が警戒すべきなのは、そのような遺族の感情につけこんで、戦争の
評価自体を覆そうとする勢力なのであって、さてそれと靖国神社が無関係
だといえるだろうか?

568 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:26:47 ID:zMQEuFnI
>>565
>「明治政府のために武力を行使した人間は立派だ!」くらいは言えないのか?
>靖国はその為に建立されたのに、靖国の心を判ってよ。

なぜに武力で行動だけを尊重するのかわからない。
たとえば、前島密がいなければ、明治初頭に郵便制度が整うことは無く、
日本の近代化は著しく遅れただろう。
翻って、凶弾に倒れた高橋是清、犬養毅、原敬はどうでもいいのか?
靖国の心を解って欲しければ、先に日本人の心をわかって欲しい。


569 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:28:23 ID:LwzGmNQL
>>562
先の戦争が総て日本が、悪いという意見は間違いだろう。

アジアの植民地支配下からの解放戦争と言う側面があった。
自国の利益を追求したことも事実だが、同時に独立運動を支援するという目的もあった。
植民地解放戦争と言う観点から見れば、日本国は敗れても戦争目的は、
その後各国で実現されたのであるから成功だった。

570 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:29:02 ID:zMQEuFnI
>>566
>手放しでの謝罪をしてもね。
>それこそ、国益としてはマイナスですよ。
私のレスをよく読んで欲しい。謝罪せよなどとは一言も言っていない。
認めなければならない間違いは、認めるべきだと言っているだけだ。

571 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:31:21 ID:zMQEuFnI
>>569
>植民地解放戦争と言う観点から見れば、日本国は敗れても戦争目的は、
>その後各国で実現されたのであるから成功だった。
それを日本の首相が、たとえば国連の場で言ったら、どうなると思う?


572 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:38:09 ID:zMQEuFnI
>>567
>結局戦争で死んだ人の評価と、国としてやった戦争の評価を切り離すことが重要だといえる。

ほんとうに、そのとおりですね。

まず、国としてやった戦争の評価ですが、当時でも常識のひとつであった軍事力の
文民による制御が出来なくなっていたことは、言い訳と思われても、近隣諸国に
対して真摯に説明すべき要点のひとつでしょうね。


573 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:39:08 ID:LwzGmNQL
侵略戦争という批判も一方的な物だ。
日本を追いつめ餓死寸前まで石油などの資源を絶っておきながらのめそうもない要求をしてきたのだ。
窮鼠猫を噛むような反撃をさせたのは西欧諸国だろう。
自衛のための戦争であったという側面があることも事実だ。
戦う決意をしたから資源を確保するための侵略行為をやったが、そうし向けた事実を無視するのは一方的すぎる。

574 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:44:00 ID:LwzGmNQL
>>571
かつて植民地だった国は日本の活躍によって自国の独立を思い描いた。
そうした証言は数多くある。
つまり、そうした環境だった国なら日本の発言には同意する思うよ。

575 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:47:06 ID:Mqb5rXMB
靖国神社の首相の参拝は日本国の内政問題であり彼等にその発言はない。
首相と言わず天皇陛下にも参拝される様運動しよう

576 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:57:00 ID:LwzGmNQL
植民地解放民族独立という理想よりも、中国という帝国の支配地域を維持拡大することを優先させたのが中国人だ。

白人勢力に蹂躙されるアジアの同胞よりは、白人を利用して漁夫の利を得るために、
ソビエトやアメリカと手を結び、英国の謀略にも手を貸したのだ。
中国がアジアの開放と言う日本の主張を否定するのは、中国がアジアの裏切り者だった事実を隠蔽するための工作だ。




577 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 17:07:43 ID:zMQEuFnI
>>574
国連には、そういう国しかいないわけではないのですよ。


578 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 17:16:36 ID:7o97Uq3K
たしかに、口はだすが金は出さない国は多いだろう。
日本が何故その逆をしているのか、知ってて知らぬ顔が中韓。

579 :名無しさん:2005/05/02(月) 17:30:12 ID:CDxfFwUU
>>574

先の戦争で日本に感謝している
アジアの国は何処?

580 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 19:10:56 ID:L9uaPzGm ?
日本軍が国民軍のクーデターで北京を追放させられた清朝最後の皇帝溥儀を擁護(傀儡なんだが)して
満州国を打ち立てた。
日本軍は負けるべくして負けたのだが、もし清朝が正当な中国の王朝だと認められたら
日本の立場は変わったかもしれない。
最後には国民軍と共産軍との主権争いで共産軍が勝ったため今の中国があるのだが、
清朝が続く可能性もなかったわけではない。
そうなれば日本の現状はどのように変わっただろうか?
歴史にifはないのだが、共産軍からの視点では日本は悪人だろうが、清朝にとっては
救世主だったのかもしれない。

581 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 19:45:13 ID:GeaiGwU3
>>580
靖国で中国からちょっと言われたぐらいで内政干渉と騒ぎ立てる人に
これどう思うって聞いてみたいものだ。

582 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 20:20:25 ID:Cj036+vD
>>580
>もし清朝が正当な中国の王朝だと認められたら日本の立場は
変わったかもしれない。

これって、清朝じゃなくて満州国の話だよね。で満州国政府は、
あの当時のままだったら中国の正当な王朝と認められることは
理論上ありえない。なぜなら、中国の王朝=政府は、中国に
なければならないから。満州国の話に乗った時点で、もはや中国
の政府と認められる可能性を自ら遮断したのであり、従って中国
の正当な王朝と認められる可能性はあの当時のままならゼロ。

ちなみに満州国は国際的にはほとんどの国に「国家」として認め
られなかった。 国家として認めたのは日・独・伊のいわゆる枢軸国と、
ハンガリー、エル・サルバドルの5ヶ国だけ。

583 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/02(月) 20:33:46 ID:QthAuekj
満州国は女真族の土地だし、女真族の国家。
別に支那に満州占拠の正当性は無い。

支那の言い分に耳を傾ける連中ほど、実際は支那にやられるのだから笑うけどね。

584 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 21:17:58 ID:zNH9AoH4
おれ真面目な勤労者。
労組に入っているんで、動員とかあると左翼運動みたいな集会にも参加する。
あまり出たくない集会もあるが、組合あることによって上司からの不当な扱いにも対抗できる。
そういう俺の視点から見ると、靖国参拝は何も問題ない。
だが、靖国参拝を推進している奴ら、特に石原なぞは、とにかく日本を軍国化させるのが目標のような気がする。
こんな奴の言い分には、反抗したい。

また、靖国の経歴を見ると、こんなもの無くなった方がいいとさえ思う。

585 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 21:42:31 ID:L9uaPzGm ?
>>584
靖国と軍国主義は直接は関係ないと思うよ。
軍国主義に走るとしたら過剰なまでの抑圧だと思う。
ナショナリズムの爆発といじめられっこの暴発とは共通する点もある。
一生いじめられ続けて生きていける人間も居るけどまあまれでしょう。
アメリカはいじめっ子なんだけど、適当にご褒美もくれる。
日本が経済大国になれたのはアメリカとの商取引があったことを
否定する人は居ないだろう。
例えるなら部下の手柄を分捕るけど出世の手伝いを行う上司と部下程度の関係かな?

また石原がだ彼は敬虔な霊友会信者だと思ったよ。
彼の靖国参拝は神社への初詣程度の感覚だと思う。

586 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 22:07:33 ID:h+K/JPsx
>>584
>だが、靖国参拝を推進している奴ら、特に石原なぞは、とにかく日本を軍国化させるのが目標のような気がする。
結局、労働組合員と右傾化議員のイデオロギーの話になる。
右傾化議員に、軍国化させるのが目的だろうと言っても、そうではないと答えるだろうし、
事実、深層心理は別として、そんな考えは無いだろう。
気がするって感覚でずっと旧社会党からの流れが来ている。
憲法改定も、このまま軍国化に進む気がするから反対。
破防法についても、言論が抑圧される方向に進む気がするから反対。
これでは、政治が動脈硬化を起こすばかりだ。

靖国問題は戦犯を祭る事の是非。
宗教法人と見るか、神社参拝は伝統的文化と見るか。
対外的配慮で行くべきか、行かざるべきか。
有り様を明確にし討議すべき事。

587 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/02(月) 22:17:16 ID:QthAuekj
>>585
>彼の靖国参拝は神社への初詣程度の感覚だと思う。

まあ、保守派の俺から見てもそんなものだと思うよ。
別に石原慎太郎は軍国主義者ではないし、「戦後民主主義者」のように支那、朝鮮に
束縛されることを嫌った自由人という感じがするね。
事ここに至っても、支那擁護に血眼になる朝日戦後民主主義者がアホに見える。
ただ、自分は、石原と違い、兵士に死を求めた司令官の子孫。
東條も服部も元々は、一幹部候補生から上がってきた人間。
日露戦争まで、日本はその生存を賭けて闘っていたという歴史を理解できるか
どうかの問題でもある。
自分にとって、日本国民が靖国社の英霊にどう思うかは、石原以上に真摯な問題だ。
もちろん、英霊の子孫が英霊の悪口を言っていることも知っている。
しかし、自分には、英霊の悪口を言っている人間の先祖の英霊も守らねばならない
義務がある。
自分がヘルメット被っていた、左翼時代の罪の重さを今、シミジミ感じている。

588 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 22:35:03 ID:NMif2pSJ
>>559
>A級戦犯は日本対する大罪がある。
本来なら、日本が裁くべき犯罪者だ。

何の法律を犯したのだ?
日本は法治国家だ。
犯罪者だという法的根拠を言え。


589 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 22:50:33 ID:NMif2pSJ
中国共産党が、自分たちを美化した都合のいい歴史観、
日本が中国に対して侵略戦争をしたという主張など認められん。

公式文書に「侵略戦争」という言葉は存在しない。

ドイツでさえ、今でも戦争自体は肯定している。

自分たちは「侵略戦争」をしたという国など
世界中に一つもない。

590 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 22:52:04 ID:NMif2pSJ

新聞に騙されてはいけない。

日本政府は「侵略戦争」を認めてはいない。

591 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 22:54:45 ID:tyMGFddm
 日本人には裁けなかったらしかたがないじゃないか。言論弾圧や圧政に抗すべく
術もなかった。下手に政府に逆らって運良く政策を変えられたとしても、先進国の
餌食になるし・・・。でも西洋人は偉いね。勇気があるね。民主主義や自由を主張
し、独裁主義や専制主義・恐怖政治と戦って勝取ることができたのだから。日本人
は戦争に負けてなければ、今ごろ金正日以上の独裁者が出ただろうね。

592 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/02(月) 22:59:20 ID:QthAuekj
>>591
大正デモクラシーも知らない馬鹿か。
日米戦争中も独裁者が出られなかった日本の構造も知らんようだね。

日本はアメリカに全力出して、戦争で負けた。
それだけでいいだろ。
他に、何を問題にしたいのかね?


593 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 23:02:19 ID:NMif2pSJ
>>591
日本は戦前・戦中とも民主主義だった。
民主主義は多数派の独裁・全体主義を生み出す。
ナチスも民主主義だ。

594 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 23:04:34 ID:NMif2pSJ
>>591
軍部が暴走したのではない。
大衆とマスコミが暴走したのだ。

595 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/02(月) 23:09:57 ID:QthAuekj
当時の新聞調べれば分かるけど、正に>>594の言う通りだ。

関東大震災で朝鮮人を虐殺した原因も新聞の虚報からが真実だ。

596 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:00:23 ID:5hgdi6l+
>>579
例えばインドネシア、インド。トンガ王国。

597 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:15:46 ID:Y8BAisGN
>>585
だから、靖国に直接行ってみろって。
>靖国と軍国主義は直接は関係ないと思うよ。
実際に行って数々の記念碑や施設を見ると、こんなことは言えなくなる。

598 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:28:20 ID:5hgdi6l+
>>597
そんなことはない。
戦争で自分の命を危険にさらして戦ったことは賞賛して良いことだ。
犠牲的精神であり、戦友を見捨てて逃げ出すよりは素晴らしいことで、賞賛すべきだ。
兵士たちの活躍を讃えることはよいことだ。

其れが軍国主義だというなら、貴方の軍国主義という物の解釈が間違っている。

599 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:29:39 ID:2hIQU96J
結局、
政治家も国民も
マスコミに踊らされているだけ。

くだらない脚色報道にな…

600 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:39:03 ID:pXhOVPoM
>>598
>戦争で自分の命を危険にさらして戦ったこと
だけではなくて、戦争を仕掛けたこと、武力闘争それ自体を靖国は賞賛してる。
「兵士たちの活躍を讃える=戦争そのものを賞賛する」とすりかえるのが靖国の
役割でもあった。というか、今でもそう。

601 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:49:50 ID:OfBdp/mj
>>596
それは国として公式に日本に感謝の意を表した、ということですか?
それともその国に属する誰かがそうした発言をした、というレベルに
過ぎないものですか?

602 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:02:28 ID:5hgdi6l+
>>601
インドネシアの独立式典には当時の日本兵の軍服を着た兵士が必ず参加する。
日本が貢献したという事を具体的に示すためだ。
公式な式典に繰り返し日本の貢献をしめすセレモニーを演出した。
感謝していなければやらないことだ。

603 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:11:19 ID:F/wjfRDv
>>588, 589
責任を軍部に集約すれば良い。中国朝鮮のみならず国内にも戦前の
国体に否定的だった人々は多くいたし、今でもいる。何らかの方法で
過去から袂を分かつべきだろう。何の罪があるのだ、と問う前に。
ポツダム宣言受託した以上は。

604 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:11:59 ID:5hgdi6l+
>>600
>戦争そのものを賞賛する

馬鹿なことを言うな。誰が戦争を賞賛しているのだ?そんなことに賛成する奴はいない。
あんた個人が勝手にすり替えをして靖国批判しているだけじゃないか。

靖国神社で戦争を賞賛して参拝するような馬鹿はいない、不戦を祈っている。
賞賛しているか聞いて見ろ。


605 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:16:51 ID:OfBdp/mj
>>602
いや、そうはならないでしょう。事実関係としては、終戦によって日本の
植民地支配が終了した後、再び日本以前の主である、オランダが戻って
こようとした時に、インドネシアに駐留していた日本兵のうちの一部が、
日本国へ帰還せずに、日本国や日本政府から離れた立場で、すなわち
日本兵であったと同時にインドネシア人としてインドネシアの独立闘争
に参加し、それに貢献したものだ、と記憶しています。

そのような彼らが歓迎されるのは、実際にオランダからの独立闘争に貢献
した現地人であるからであって、それ以前に行われた日本による植民地支配
まで感謝する趣旨のものであるとまでは、その事実からはとてもいえないと
思いますね。

606 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:19:49 ID:2hIQU96J
―南京在住の婦人・子供を含む非戦闘員は、
すべて国際委員会の管理する安全区(難民区)内に居住していた。
日本軍は南京占領の12月13日、
この地区の掃討を歩兵第7連隊(金沢・伊佐一男大佐)に担当せしめた。
第7連隊長伊佐大佐は、翌14日、
この難民区の出入り口10数ヶ所に歩哨を立て、無用の者の出入りを厳禁した。
歩兵第36連隊長の脇坂次郎大佐が難民区内に立ち入ろうとしたが
歩哨にとがめられて入ることが出来なかった―

―ということを脇坂大佐は東京裁判で証言している
(極東国際軍事(東京)裁判速記録・・・第309号22・11・6)。

607 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:20:08 ID:F/wjfRDv
この前「朝ナマ」で田原総一郎が社民委員長に愚かな質問をしていた。
なぜ靖国に行かない?あそこには英霊(だか、国のために命を落とした霊だか)が
いる、とか。よけいなお世話だ、と答えれば良い。追悼は靖国だけで行うものではない。


608 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:21:43 ID:2hIQU96J
国際委員会の委員長ジョン・H・D・ラーベ氏は、
国際委員会を代表して次のような書簡を日本軍に送っている
(「法廷証」323号=検察番号1744号抜粋で弁護人が朗読したもの、
極東国際軍事(東京)裁判速記録210号)。
 
「拝啓 私どもは貴下の砲兵隊が安全地区を攻撃されなかったという美挙に対して、
また同地区における中国民間人の援護に対する将来の計画につき、
貴下と連絡をとり得るようになりましたことに対して感謝の意を表するものであります。」

609 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:24:54 ID:5hgdi6l+
「ポツダム」共同宣言(米、英、支三國宣言)http://list.room.ne.jp/~lawtext/1945Potsdam.html

 われらは、日本人を民族として奴隷化しようとし又は国民として滅亡させようとする意図を有するものではないが、
われらの俘虜を虐待した者を含む一切の戦争犯罪人に対しては厳重な処罰を加える。
日本国政府は、日本国国民の間における民主主義的傾向の復活強化に対する一切の障害を除去しなければならない。
言論、宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は、確立されなければならない。

戦争犯罪人の厳重な処罰を求めたものだ。其れがポツダム宣言だ。

靖国問題などどこにもない。参拝など何の問題もない。



610 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:25:54 ID:2hIQU96J
以下は金陵大学病院医師マッカラム氏の日記及び手記からの抜粋
(法廷証第309号=検察番号246号)。
これを松井大将の弁護人伊藤清氏が
東京裁判の弁護側立証段階で抜粋朗読している
(極東国際軍事(東京)裁判速記録・・・第210号)。
 
 1、(日本軍は)礼儀正しく、しかも尊敬して私どもを処遇してくれました。
 若干のたいへん愉快な日本人がありました。
 私は時々一日本兵が若干の支那人を助けたり、
 また遊ぶために、支那人の赤子を抱き上げているのを目撃しました。
 
 2、12月31日、今日私は民衆の群が該地帯から中山路を横断して集まるのを目撃しました。
 あとで彼らは、行政院調査部から日本軍の手によって配分された米を携帯して帰って来ました。
 今日は若干の幸福な人々がおりました。
 
 3、(1月3日)今日は病院職員の半数の登録をするのに成功しました。
 私は若干の日本兵によってなされた善行を報告せねばなりません。
 最近7、8名のたいへんに立派な日本兵が病院を訪問しました。
 私どもは彼らに病人に与える食物の欠乏を語りました。
 今日彼らは若干の牛肉を見つけて、100斤の豆をもって来ました。
 われわれは一ヶ月も病院で肉なんか食べなかったので、
 これらの贈り物は大いに歓迎されました。
 彼らはわれわれに他にどんなものが欲しいかを尋ねました。

611 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:30:34 ID:ocIbWga6
>>604
だから、靖国に実際に行ってみろって。
どこをどうみたって、明治政府の起こした「戦争そのもの」を肯定、賞賛してるよ。

612 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:34:46 ID:2hIQU96J
戦後何人の首相が参拝しているのか?
昭和20(1945)年8月15日以降、13人の歴代総理大臣が参拝している。

昭和20(1945)年 東久邇宮稔彦王(1回)、幣原喜重郎(2回)
昭和26(1951)年〜昭和29(1954)年 吉田茂(5回)
昭和32(1957)年〜昭和33(1958)年 岸信介(2回)
昭和35(1960)年〜昭和38(1963)年 池田勇人(5回)
昭和40(1965)年〜昭和47(1972)年 佐藤栄作(11回)
昭和47(1972)年〜昭和49(1974)年 田中角栄(5回)
昭和50(1975)年〜昭和51(1976)年 三木武夫(3回)
昭和52(1977)年〜昭和53(1978)年 福田赳夫(4回)
昭和54(1979)年〜昭和55(1980)年 大平正芳(3回)
昭和55(1980)年〜昭和57(1982)年 鈴木善幸(8回)
昭和58(1983)年〜昭和60(1985)年 中曽根康弘(10回)
平成8(1996)年           橋本龍太郎(1回)

※大平首相の個人的信仰はキリスト教であった。

613 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:35:19 ID:5hgdi6l+
>>605
>インドネシアに駐留していた日本兵のうちの一部が、
日本国へ帰還せずに、日本国や日本政府から離れた立場で、すなわち
日本兵であったと同時にインドネシア人としてインドネシアの独立闘争
に参加し、それに貢献したものだ、と記憶しています。

日本が独立のための指導者たちを支援し戦争中から指導し訓練をしてきたから、
終戦後に日本兵が独立運動に参加できたのです。
そうした関係があったからこそ参戦を歓迎されたのです。
植民地支配は歓迎はしなかったが、先の戦争の日本の活躍を支持している。

614 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:48:01 ID:5hgdi6l+
>>611
>明治政府の起こした「戦争そのもの」を肯定、賞賛してるよ。
もちろん明治政府を肯定し、賞賛している。
しかし、日清日露の戦争は時代背景からいって、やむおえない戦いだろう。
「戦争そのもの」を賞賛しているのとは違う。貴方の誤解だ。

615 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:48:22 ID:F/wjfRDv
ポツダム宣言に「靖国条項」などあるはずない。だが日本の軍事的弱体化を狙った
宣言にしても東京裁判にしても、それを認めた以上、国家の代表者は国体支持
の印象を与えるような仕草を慎め、ということだろう。A級戦犯合祀も70年代
末にこっそりと厚生省の役人がやってしまった。参拝に対する中国らの抗議
も政治色が強く、外交カードとして使っているようで「はい、そうします」と
言うのも不愉快だが、あちらの、そして国内の一部の人々に不快感を与えて
いるのも事実。合祀に不快を覚えて遺族会から脱退した遺族もかなりいたと
聞いている。首相の参拝を熱烈支持している人たちは外交音痴に見える。

616 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:51:21 ID:2hIQU96J
靖国神社規則 昭和21年4月1日


   目的及び事業

   国事に殉じた御霊を祭神とし、神徳光昭、遺族慰藉、平和醇厚なる
   民風を奨励するのを目的とし、事業を行なう。

   註

   占領軍は、靖国神社を厳しい制約下に置きながらも
   陸海軍の残務を引き継いだ復員局の、

   1. 戦没者身元調査と、
   2. 祭神名簿の靖国神社送付、
   3. 靖国神社の霊璽簿調整

   については黙認した。

617 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:53:20 ID:2hIQU96J
   これには

   占領軍の当初の方針は、靖国神社を焼却する意向で
   マッカーサー元帥はローマ法王使節のブルノー・ビッテル神父に
   諮問したところ、下記の回答を得た。

   「自然の法に基づいて考えると、いかなる国家も、その国家のために死んだ人々に
    対して、敬意を払う権利と義務がある。
    それは戦勝国か敗戦国かを問わず、平等の心理でなければならない。
    無名戦士の墓を想起すれば自然に理解できる。
    もし、靖国神社を焼き払うことがあればそれは犯罪行為であり、
    米軍の歴史に不名誉極まる汚点となって残るであろう。
    歴史はそのような行為を理解しないに違いない。」

          マッカーサーの涙 朝日ソノラマ刊より

   や

   昭和20年11月19日靖国神社臨時大招魂祭 
   に立ち会ったGHQ民間情報教育部長ダイク准将が
   靖国神社の儀式が厳粛かつ平和裡に行なわれたことに
   感銘を受けた。

   ことなども影響しているかもしれない。

618 :555、556:2005/05/03(火) 02:01:02 ID:8lDDt0Sk
流れを読まずにカキコしてスマソ。

>>557
>反米、反中での論点は、危険ですよ。

ちょっと目からウロコでした。
全くそのとおりだと思います。反省。



619 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 02:03:39 ID:F/wjfRDv
靖国に以前行ったことがある。東条の遺品らしきものが展示されていたものの、
戦争を賛美している神社にはとても見えなかった。今日では死者追悼のための
一宗教施設と考えてよいのではないか。戦犯が合祀されているとはいえ、市民
なら誰でも好きな人は参拝すれば良い。ただし追悼することはできますけど、
死者には会えませんよ。そこに霊はいませんから。
いませんよ。


620 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 02:19:27 ID:OfBdp/mj
>>613
まずはあなたは自己(?)の発言を思い返してみるべきでしょう。

>アジアの植民地支配下からの解放戦争と言う側面があった。
自国の利益を追求したことも事実だが、同時に独立運動を支援するという目的もあった。
植民地解放戦争と言う観点から見れば、日本国は敗れても戦争目的は、
その後各国で実現されたのであるから成功だった。

なるほど、後から思い返してみれば、日本の支配がその後の東南アジアの
独り立ちに役立った部分があるでしょう。しかし、それが日本の戦争の目的
のひとつだった、とはとてもいえません。それは単なる、日本の植民地支配
の付随的な効果のひとつにすぎません。仮にその付随的効果を戦争目的と
混同するならば、例えば、東南アジアの独立戦争の主人公と目されるような
人たちの多くは、当時の宗主国が設けた高等教育機関で学んだ方達が多いの
ですが、それをもって、旧宗主国が「我々は東南アジアの民族の独立に知識
階級の育成によって貢献した」などという破廉恥なことをいっても良いこと
になってしまうでしょう。

また論より証拠、日本が前主を追い出して、新たな支配者の地位についた事例には
枚挙に暇がないほどですが、前主を追い出して、颯爽と現地人による新たな独立国家
の建設の支援に回った、などという事例はひとつもありません。そうであるならば、
日本の役回りは世界史上だいぶ違ったものとなっていたでしょう。

彼らが、それでも日本の果たした「歴史上の役割」をある程度評価してくれるのであれ
ば、それはそれでありがたくうけとるべきことかもしれません。しかし、それをもって
「戦争目的は正当だった」と自己評価、自己正当化することはすべきではないし、彼ら
も自分たちの行う評価がそこまでの射程を含んだものとは思ってもいないでしょう。

前に戻りますが、旧大日本帝国の支配下にあった国々が、日本による植民地支配・戦争
を公式に肯定する声明を出したことはありますか?

621 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 02:54:27 ID:F/wjfRDv
ないと思う。以前ここ2chに、オランダ現内務相や、タイ、インドネシア、
マレーシアの要人の発言が引用されていた。全くの捏造だと思っている。一つ
だけ引用しておくと、

******* 以下捏造記事 **********

オランダ  サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

***** 捏造記事終わり ********

こうして歴史問題は今日、捏造合戦が展開されている、というわけでしょう。



622 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:04:33 ID:bcrmOcuz
韓国学長の言葉
「戦わざる者は自ら滅ぶ」

私は平素学生に対して、韓国人としての自覚を促している。
日本の韓国併合に抗議する前に、韓国人自身が考えなければならないことがある。
日本の韓国併合に対してアメリカもイギリスも誰一人反対しなかった。
世界は当然のような顔で受けとめていた。
それは何故か。
清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。
だから日本軍が戦って清国を追い払った。
ロシアが入ってきたときも我々は戦わなかった。
日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを追い出した。
だから日本はこれ以上トラブルはいやだと、朝鮮を併合してしまった。
これに対して世界の列強は、
日本がそうするのも無理はないとして、ひと言も文句を言わなかった。
このことを忘れてはならない。
韓国は自ら滅んだのだ。
日本の悪口を言い、責任を日本に押し付ける前に、
我々は戦わなかったから滅びたことを知らねばならない。

「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著

623 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:12:11 ID:KE0L8PUL
インドネシア開放に、日本人が関与したのは有名な話。
日露戦争当時、同時に侵略されようとしてたトルコには親日家が多い。
第2次世界大戦当時、ポーランドの孤児を助けたのは有名な話。
ユダヤ人に旅券を発行し、中東問題ではパレスチナに同情的だった日本人はイスラエル、アラブ諸国両国とも日本に対し、好意的である。

様々、国際世論は日本を支持するものもある。
靖国問題も、中東の宗教観からすれば、宗教的儀式を干渉することは完全な内政干渉だと受け止められる。
無宗教国中国のほうが、韓国よりも靖国に対し干渉するのはそのせい。

ただし、外交努力を続け、国際世論を日本に優位にしておいて、靖国参拝すべきです。

624 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:15:22 ID:bcrmOcuz
清朝は満州人とモンゴル人が連合して中国の外で作った政権で、
その後で中国を征服した。
清朝の第一公用語は満州語で、必要に応じて、モンゴル語と中国語が併用された。
科挙の試験を通って役人になった中国人は、中国の行政を担当するだけで、
清朝の根拠地である満州・モンゴルの統治には、中国人は関与を許されなかった。
清朝は後に、チベットと新疆をも支配下に入れたが、これも中国人は関与できなかった。
言い換えれば、清朝という帝国の中で、
中国は満州人に支配される植民地の一つにすぎなかった。
だから、1683年に清朝に征服された台湾は、
満州人の支配下に入ったのであって、中国の領土になったのではない。

625 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:21:50 ID:KE0L8PUL
中国は、侵略戦争として日本を非難することはできない。
漢民族を解放したのは日本ですし、その後漢民族は漢民族以外の地域を侵略しています。
ですから、ことさら中国は南京大虐殺?を引き合いに出してくるのです。

外交的優位に立つ為には、漢民族以外の中国(チベット・モンゴル)と呼応すべきなのです。
小泉は靖国参拝を控え、諸外国と連帯し、中国不利な外交環境を築くべきです。

626 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:26:27 ID:bcrmOcuz
昭和12(1937)年7月29日、
北京の東方、冀東(きとう)防共自治政府の首都・通州で「大虐殺」がなされました。
いわゆる「通州事件」と呼ばれるものです。
「南京大虐殺」が大々的に取り上げられるのとは反対に、
何故か、意図的に年表からも削除されている事が多く、
教科書にも全く取り上げられる事がありません。

627 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:41:46 ID:F/wjfRDv
>>622
(仮に真正の発言と仮定して)こうした言葉は朝鮮人が朝鮮人自身に対して、
自国民の不甲斐なさに気づかせ、日本への責任転嫁が如何に無意味であるかを
諭している言葉であっるて、もし日本人のあなたが(あなた朝鮮人?)朝鮮人
に対し、植民地支配の正当化する目的でこの言葉を投げたたら殴られると
思いますよ。言葉は状況、文脈によって初めて意味を持つゆえ、誰がどのような
目的で語ったかの点は、聞き手にとって決定的なのです。

それから靖国問題は旧植民地支配に対する評価の問題とは別物であるので、
その評価がどうであれ参拝の是非には無関係だと思っています。仮に正当
であっても(そんなことはありえませんが。正当だと言うのはローマ時代以降
支配した側の人間のみ)、ポツダム宣言受託の事実を注視し、「軍国主義
は悪」の命題から出発せねばならなず、命題の真偽については外交の場ではなく、
歴史学という学術研究の場に決着を委ねるべです。国定教科書で洗脳された
中国朝鮮の人々が荒唐無稽なことを言ったとしても、その事実を重く受け止める
ことから問題を処理していかねばなりません。

628 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:54:25 ID:F/wjfRDv
>> 623
コメントする価値なし。

629 :たまご:2005/05/03(火) 03:54:25 ID:vBpYhRm+
みんなでゆーとぴあを作ろう

ゆりかごから墓場まで
完全なる自由民主主義を目指して
ゆーとぴあが目指す世界は人々が自由に平和に豊かに暮らせる自由民主主義の世界です。


ゆーとぴあの政策

1.勤労者に毎月50万円〜1円千万迄、普通に働けば毎月100万、業績に応じて国から支給する。
2.主婦、大学生、障害者に毎月50万円、小中高生に毎月5万円、国から支給する。
3.年金として60歳以上の者に毎月50万円支給し今まで払い込まれた年金積立金は返却する。
4.相続税と贈与税以外の税金を廃止し相続税を100%とし贈与税を50%とする。
5.県市町村の地方財政は国庫から使い放題とする。
6.株式会社から個人商店に至るまでの全てを国営とし事業資金は国庫から使い放題とする。
7.株式会社は株式をそれ以外の会社は資産を国が時価の2倍で買い取るものとする。
8.都道府県毎に新しく農業会社、林業会社、漁業会社を作る。
9.会社の役職は5年に一度、社員による選挙で選ぶ事とする。
10.NHKの料金、高速料金、バス、電車の運賃並びに医療費はタダにする。
11.衆議院議員に立案権を与え衆議院議員ひとりからを法案を提案出来るものとする。
12.銀行や金融機関を日本銀行ひとつに統一する。
13.個人の口座を一人に付き普通口座は1口座開設出来るものとし住所氏名生年月日を口座番号とする。
14.一人につき無利息で3億円までの借り入れが出来るようにし銀行に相談なしに自由に借入出来るようにする。
15.個人の銀行カードをクレジットカードと兼用にし、クレジットカードはNCB(日本クレジットバンク)とする。
16.国の予算は国庫という口座を作り出金があれば出金と同額のお金を国庫の口座に入金処理するようにする。
17.会社の口座は出金用口座、入金用口座、個々開設するものとし利益は従業員で分け合うものとする。
18.総理大臣並びに県知事、市町村長は2期しか就任出来ないものとする。
19.選挙に必要な資金はすべて国が負担するものとする。
20.高校までを義務教育とする。
http:/jutopia.hp.infoseek.co.jp/

630 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 04:13:39 ID:5tvVmUiz
福知山線事故の運転手を役員室の神棚に祭り上げ
JR西日本の社長が毎日拝むようなものだろう。
一応、「無事故の願いをこめて」。

遺族がどう思おうが、誰を拝もうと社長の勝手だし
全部運転手の責任にできればJRとしてはラッキーだから
祟られないように毎日拝む、、、と。

631 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 06:30:40 ID:7IdaAIdP ?
>>630
問題ないと思うけど。
徳川家康が三方ヶ原で脱糞までしてしまった負け戦の
戒めのため絵師に自画像を書かせた例もあります。
悲しむべきは自分の尺度で他人の考えを推し量り変な解釈で
批判することではないですか?
他人の信仰心くらいほっといてやれないものですかね?

632 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 07:16:35 ID:0Z0tAkQl
大東亜戦争は、昭和18年の大東亜会議で示されたように白人からのアジアの解放だ。
インドネシアやベトナム等、アジア諸地域で日本敗戦後も現地に日本兵が踏みとどまり
戦ったのも戦争中に方針として日本政府が出したアジアの解放を信じてこそ。
日本占領中に日本兵が威張り散らしていたら、絶対に東南アジアの人々は一緒に戦うと
言っても拒否していたでしょう。
つまり、日本兵は侵略的態度をとってなかったことの証明だね。
一部兵士は、在日米軍見ても分かるようにある程度の逸脱はあったろうが、総じて、当時の
白人や、今のチベットや新疆ウィグルで乱暴狼藉の限りを尽くす支那兵みたいなことは、
日本軍はしていない。


633 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 07:16:54 ID:Mp+7UqGS
>>627
貴方の性格を見直し、そうして気づいた事実を重く受けとめる事から考え直してください。
この>>622のレスは何のコメントも付けていない変なレスですが、私ゃそのレス読んで、そういうふうに考えている
韓国人もいるのかと普通に思った。そして、韓国人は自ら作り上げた「神話」を見直し、「事実」である「歴史」を
もとに考え直さなければ、ならないと思った。そして、日本は半島人、中国人が押しつけようとしている捏造歴史に
日本自身が反対するべきだ、という趣旨にもなる。

たしかに靖国問題とは何のつながりもない622のレスではある。622が、もし、靖国参拝を押し通せと考えているのなら、
自分のレスを謙虚に読んでほしい。靖国参拝は何処の国も積極的には賛成していない。自国民も賛成していない。半島人
中国人が反対する事を理由にする人もいるが、国内の憲法、或いは宗教観を理由に反対する人もいる。
靖国公式参拝には何の正しさも、利益もない。


634 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 07:47:54 ID:F/wjfRDv
>>633
あなたは「ゆとり教育」の犠牲者になった高校生?そうならお気の毒と言う他ありません。
今からでも遅くありませんから日本語もっと勉強し、どうか読解力を養って下さい。
それから文脈もよく読み取ってね。622が何を目的とした引用かも。
私は靖国公式参拝反対の立場ですよ。


635 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 07:50:37 ID:0Z0tAkQl
支那がやろうとしていることは、日本人に靖国社の価値を低く見るように
させることによって、国防意識を持たせまいとすること。
そして、日本人が国防意識を持たなくなれば、容易に尖閣や沖縄を侵略できる
と思っているんでしょう。
過去の歴史など、支那の侵略のための言いがかり以上のものは無い。

本年度こそ、小泉総理は8月15日に公約通り、靖国社への公式参拝を執り行い
日本国の防人としての名を万世まで、伝えられるようにしていただきたい。

636 :633:2005/05/03(火) 08:09:17 ID:Mp+7UqGS
>>634
何もコメント付けずに、コピーペーストしただけじゃないですか。
だから私や627のように、読む者によって受け取り方が違ってくるのだよ。
「引用」というからには、自分の論旨の中で引用してくださいね。
そして、私は高校生ではありませんので、悪しからず。
貧しいイマジネーションと妄想に振り回されず、冷静に書き込んでください。


637 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 08:33:19 ID:Swx0MoT5
>>615
>A級戦犯合祀も70年代
末にこっそりと厚生省の役人がやってしまった。

デタラメ言うな。
証拠出せ。

638 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 08:59:16 ID:Swx0MoT5
B級戦犯=ハーグ条約等、戦時国際法による、戦争犯罪

C級戦犯=「人道に対する罪」=ナチスのユダヤ人虐殺をとくために作った。

A級戦犯=「平和に対する罪」(笑)=米・中の都合で
      勝手に作った、国際法の根拠無きデッチアゲ犯罪


BとCは明らかな犯罪だが
Aには犯罪の根拠がないというのは、現在では国際社会の一致した認識だ。

639 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 10:29:27 ID:F/wjfRDv
>> 637
B,C級戦犯の合祀は1959年4月。
A級戦犯の合祀は1978年10月。東条以下7名の絞首刑者と7名の病死者。
翌79年以降、天皇陛下も靖国参拝を中止し、この状況は今日まで
続いている。それゆえ石原都知事が「天皇も参拝せよ」と吠えている。
この程度の常識的なことにも「証拠」が必要ですか。まあ、当時の
新聞記事のどこにでも出ていますから、探して下さい。情けない。

640 :613:2005/05/03(火) 11:39:09 ID:5hgdi6l+
>>620
>日本の支配がその後の東南アジアの
独り立ちに役立った部分があるでしょう。しかし、それが日本の戦争の目的
のひとつだった、とはとてもいえません。それは単なる、日本の植民地支配
の付随的な効果のひとつにすぎません。

戦争目的の一つだったことは、たびたび宣言していたはずですが無視するのですか?

もちろん日本の国益のためのアジア開放であっても、そこに正義を見ることが出来るでしょう。
同じ事が敵にも言えるはずです、日本を攻撃した敵はアジアを開放する為に戦ったのですか?
どちらに正義あるかは戦後に証明されたでしょう。

新たな支配者になったと言いますが占領地行政であり、治安が安定しないうちに独立政府に任せることは出来ないでしょう。
現地の支配で理想と違うことが起きたことは否定しませんが、将来は独立させると言うことが東亜秩序の目的です。
各地の独立運動の代表者を日本で支援して事は事実です。
将来はそれらの独立した政府と友好関係を結びアジアを欧米の植民地支配から開放する目的がありました。

現実には国力のない日本には独立させ支援する力がなく、計画だけで挫折し資源などを奪うだけで、
貢献などしなかった事も事実です。戦争でそれどころではなくなっていました。
しかし、戦争初期の段階では欧米の不当なアジア支配に対する怒りがあり、
アジアの開放を国民が支持した戦争であった事は歴史的事実です。
日本を一方的悪として決めつける見方は不当な物であり事実を誤認した物です。

641 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 13:22:07 ID:0Z0tAkQl
昭和がいかに激動の時代であったかは、初期と末期でまるで違う国になったかの
ように、錯覚してしまうことでも明らかである。
しかし、日本人は同じである。
昭和の激動を教訓とし、未来永劫、日本の発展を祈るためにも、今度こそ、
「昭和の日」をしっかり、制定しよう。
今の日本の繁栄は、英霊の方々の尊い犠牲によって、成り立っている。
感謝を忘れた時が、日本の没落の時になってしまうであろう。

いちいち、支那や朝鮮の横暴に気兼ねすることは、更なる災禍を招く以外の
何者でもない。

642 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 14:22:35 ID:/UmABOGy
>>641
>日本人は同じである。

東洋人も同じ。人間も同じ。

>今の日本の繁栄は、英霊の方々の尊い犠牲によって、成り立っている

んなこたぁねぇ ただの犬死。その犬死させたやつは許せねぇ

>支那や朝鮮の横暴に気兼ねすることは、更なる災禍を招く以外の
何者でもない。

少しは気兼ねしろ。 
遠慮なしに日本の好き勝手をする事は更なる災禍を招く以外の
何者でもない。   



643 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 14:28:40 ID:xvRqpSIU
>>641 今の日本の繁栄は、英霊の方々の尊い犠牲によって、成り立っている。


「英霊」のおかげで米との戦争に勝って占領支配を防げた、というのなら英霊に感謝するけど、
「英霊」がヘタレだったから日本は戦争に負けたわけでしょうが。
そして、その後はアメリカのお慈悲で良くも悪くも今のような国家になったんじゃないの?

644 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 14:51:03 ID:i8leIMf1
>>643
良くも悪くも先人の歴史の果てに我々は、生かされているのです。

645 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 15:12:01 ID:5+P5Ge4K
>>643
同感です。
時々今の日本の平和は戦争で戦って亡くなった人の
尊い犠牲の上に成り立っているのですと言われたりしますが
私にはどうしても理解できないのです。
敗戦に導いた責任をそうした言葉で
ウヤムヤにしようとしているのでしょうか。

646 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 15:37:01 ID:0Z0tAkQl
>>642
支那人かね?
同じ東洋人なら、チベットや満州と一緒で侵略してもかまわないとでもいうのか?
陸続きは朝鮮だから、そっちで互いに殺し合いな。

>>643>>645
君らのどうしようもない親でも、存在しなかったら、君らは生まれなかった。
尊い命をささげられた英霊の方のお陰で、お前さんらの先祖も生き残ったことを
分からないみたいだね。
ま、君らが支那でも、どこでも、外国人に襲われたときに、他の日本人が犠牲に
ならないよう、笑ってやるよ。

647 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/03(火) 15:43:07 ID:cEWuuBFs

中国やロシアに日本が負けてたら、日本人は、逆に中国人やロシア人に虐殺されていて、

いたんだな。日本は、社会主義国家になってたかもな。( ̄(エ) ̄)y-°°°

。。

648 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 15:48:28 ID:sHZe7Nz5
 オッサンは、自分の都合を重視するからな。疲れるよ。
国際化が大きく進んだ中で、他国の事を考えないのは、時代遅れなんだよ。
うんざりなんだよ、オッサン達には。50年前かなんかと今が一緒だと思ってんじゃねぇぞ。
アンタらの好きな日本は、アンタらのせいで経済破綻しそうだよ。
バブル期に何やってたんだ。
なんであんたらの後始末を今の若者がしなければならない。
靖国に参拝し続けて、中国と冷戦状態にでもなって誰が苦労すると思ってんだ?
年金だってそうだ。アンタらは貰うんだろうが、
今の若者は必然的に貰えない。それでも払うんだよ。
偉い奴らが自分の都合ばっか言ってんじゃねぇ。
わがまま言っていいのはガキだけ。一番いっちゃいけねぇのはオッサンなんだよ。
中国に何ぞ謝っとけ。国内をなんとかしろ。
若者が一番苦しいんだよ。なんだこの行き詰った社会は。なんとかしろや。

649 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 15:53:27 ID:sHZe7Nz5
>>646
いい加減差別用語使うの止めたらどうだ?
アンタらみたいな人間だけで、世の中支えてるとか勘違いしてんじゃねぇよ。
なにが英霊だ。過去振り返ってすがりついてないで
前みろや。今の日本の将来は明るいのか?感謝される先祖になりたかったら、
もう少し建設的なことを考えたらどうだ?
バブル期に遊んで、苦しくなったら大量リストラした世代ですとでも称してやろうか?
中国や韓国は今乗ってんだよ。日本なんとかしろや。

若者のせいにするくらいなら、さっさと引退しろ。邪魔なんだよ。


650 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:11:48 ID:5hgdi6l+
>>648
>なんであんたらの後始末を今の若者がしなければならない。
同じ日本人だからだよ。嫌なら外国籍でも取得して日本人止めればいい、簡単なことだ。

>わがまま言っていいのはガキだけ。一番いっちゃいけねぇのはオッサンなんだよ。
我が儘を言わせる事自体が間違いなんだよボーヤ。

>若者が一番苦しいんだよ。なんだこの行き詰った社会は。なんとかしろや。
何とかするのは自分でやること、社会に出たら甘えは通じない。

大戦の時に青春を過ごして散っていくよりは、はるかにましな時代に産まれたと感謝しろ。

651 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:18:54 ID:EUNarND1
>>650 こういうやつらがこの国をダメにしてきた。

散りもしなかったのが、偉そうにほざくんじゃないヨ。(憫笑

652 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:24:00 ID:8lDDt0Sk
オッサン相手にマジレスすると疲れるょ。。
戯言、と思っていた方がいいと思うw

しかし、どうして政治を語ると、意見がこう両極端にまっぷたつに別れるんだろうね。

653 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:32:16 ID:8lDDt0Sk
私としちゃ、団塊の世代にもう一花くらい咲いて欲しいんだけどな。。
と言っても、間違っても右じゃない方でw

でも世の中どうやら、団塊ジュニアが活躍する時代らしいね。
イチロー・松井秀・ホリエモンetc.

654 : :2005/05/03(火) 16:32:23 ID:fbJsLVue
>648〜650
世間知らずの学生さんだな。
国際社会で、日本が善意になれば相手も善良になると思っている。
戦争がどうして起こったか知らない。日本が勝手に戦争したと思っている。
靖国の英霊たちの思いも解らなければ、英霊たちを思う国民の気持ちも知らない。
その靖国を攻撃する中国韓国の駆け引きや汚い下心など考えたことも無い。
国際社会における国家と国民の尊厳など、くその値打ちもないと思っている。

どこの学生か知らないが、世間知らずもたいがいにしとけよ。

655 :653:2005/05/03(火) 16:36:55 ID:8lDDt0Sk
表現が変だな、
もう一花咲かせて欲しい、が正しいか。

自分が物心つく前にあった安保闘争の話に、何故それほどまでのエネルギーがあったのだろうと、無気力な時代を生きてきているから、すごく不思議だった。興味があった。
ただ、安保闘争に加わりたかったのかと言ったらそうじゃないんだけど。
未知の物に対する興味、これだけなんだけどね。

656 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:38:02 ID:JpABKnUQ
戦争犯罪人を神として祭り侵略戦争を美化する馬鹿日本人よ。
世界はおまえたちを受け入れない。

657 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:42:44 ID:44kBowI8
>>648

他国の事を考えるのと、他国の言いなりになるのでは全く次元が違う。
さかんに、バブル期がどうの年金がどうのと経済一辺倒の発言しかされていないが、
このまま、あなたの意見の様に中国や韓国にあやまり続け、友好条約や基本条約を遡って改悪され
個人賠償まで認めさせられたらどうする?日本の経済は永遠に破滅だよ。

我々は今現在だけ生きているのではなく、連綿たる歴史によって生かされている。その事を理解せずして
未来の事を語れるのか。横だけの目ではなく縦の目を持ちなさい。

658 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:47:13 ID:8lDDt0Sk
で、エネルギー使い果たしたとか、言われているそうですよね。団塊の世代。
あんまり元気な人見ないですね。

どうりで、筑紫さんや田原さんや、立花さんに続くような人が、なかなかいないんだな。

…だもんだから、政界は、団塊の世代を飛び越して、安部だの岡田だのが出てきてるのかな。

すいませんね、マイペースにスレ違いの話して。

659 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:54:12 ID:5hgdi6l+
>>651
一滴が偉そうに能書き垂れても何も出来まい。w
納税してから講釈をしろ。

660 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:56:02 ID:H/gcQSNM
中韓は国益で動いてる。
日本国民の税金と財産を永遠に搾取しようと企んでいる。
愛国主義者達の策動だろう。

徴兵制がない国が、ある国に脅威を与えているとはね・・逆さ読みかいw



661 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:12:50 ID:R4pqEi07
>>644
>良くも悪くも先人の歴史の果てに我々は、生かされているのです。

戦敗国であったにもかかわらず日本国民を虐殺しなかった占領軍に感謝してるんなら
そして戦犯処刑だけで結局は徹底的な懲罰はしなかった国際社会に感謝してるんなら一貫性があるな。

662 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:17:30 ID:8lDDt0Sk
>戦敗国であったにもかかわらず日本国民を虐殺しなかった占領軍に感謝してるんなら

そりは戦勝国は虐殺していいものと言ってるんですか?
ちゅうか、十分虐殺されとると思いますけど。

663 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:21:54 ID:8lDDt0Sk
反米意識の高い私なんですけどね。
北朝鮮にだけでなく、アメリカに対しても、北風方式ではなく太陽方式を取るべきなのかと思いついたんですよね。
このくそブッシュめ!てんじゃなく、
太陽方式を取ったらいいのかな〜、なんて。

どうすればいいのか解らんけど。

664 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:26:59 ID:R4pqEi07
いや、644のマヌケな考え方には一貫性があるかどうか知りたかっただけだ。
644の考え方だと、しまいには鰯の頭にまで感謝しなければいけなくなるが
それは「なんでも謝罪」と同じではないかな。
戦勝国が虐殺していいかどうかについては私はひとことも言っていない。

>ちゅうか、十分虐殺されとると思いますけど。

これは何を指しているのか知りたい。


665 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:30:07 ID:R4pqEi07
日本を占領した軍隊の話な。
他国まで出かけていって死んだ人間については官民関係なくちょっと難しいぞ。

666 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:30:23 ID:8lDDt0Sk
>>664
うん、自分でもちょっと違ったな、まいいかと思ってたら突っ込み入りましたね。
占領軍にではなく、戦争中に、アメリカに破壊的虐殺をされた、と言いたかっただけです。

667 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:31:15 ID:3V0KbRw7
>>659
散りもしなかったのが、偉そうにほざくんじゃないヨ。(憫
生き恥はさらしたが、東條の方がまだマシだろう。(嘲

668 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:36:03 ID:8lDDt0Sk
だってね。戦争に勝ったか負けたかで、戦争犯罪と裁かれるものに、大きな差が出てしまうことに納得いかないですからね。
でも、それを呑んで、日本人は生きるしか道はないのかなぁ。
でも、核の問題はどうにかして欲しいし、アメリカに自覚して欲しい気持ちは絶対に消えないです。
・・・ああ、またアメリカアメリカ言い出してしまった。

669 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:44:57 ID:OfBdp/mj
>>640
>戦争目的の一つだったことは、たびたび宣言していたはずですが無視するのですか?

ええ、その通りです。言行不一致甚だしく、そのような「プロパガンダ」を信じる
ほど私は人がいいわけではありません。私からすれば、あなたは単に旧大日本帝国
が発したプロパガンダを真に受けている人にしかみえませんね。

>もちろん日本の国益のためのアジア開放であっても、そこに正義を見ることが出来る
でしょう。同じ事が敵にも言えるはずです、日本を攻撃した敵はアジアを開放する為に
戦ったのですか?どちらに正義あるかは戦後に証明されたでしょう。・・・以下

では例え話をしましょう。

あるAという家がありましたが、そこでは養父であるNがIという子供に対して虐待を
働き、Iが働いて得ていたお金を全て巻き上げていました。そこへ、JというIにとって
は従兄弟である者が現れ「何をやってるんだ」といってNをボコボコに殴り病院送りに
しました。当初Iは「助かった」と思ってJに感謝していましたが、何のことはない、
Nに代わって今度はJがAに居座ってIに対して虐待を働き、Iが働いて得たお金も全て
巻き上げるようになっていることに気づきました。

ところが今度は、Nの友人であるUが現れ、「Nを病院送りにしたのはけしからん
し、Aに居座ってるのも気にいらない」としてJがAからでていくよう通告しました。
それに応じなかったJは、Uにボコボコに殴られて半殺しにされ、Aから叩きだされて
しまいました。その後傷が癒えて病院から戻ったNは、再びAにおいてIを虐待し、Iが
働いて得たお金を巻き上げようとしましたが、もはやそのときのIは虐待に黙って耐える
ようなか弱い存在では無くなっていました。

さて、あなたはこの例え話におけるJの立場をどう思いますか?仮に、Jが「俺の行為
がなければIはNから解放されることはなかった」などと自己主張した時にあなたは
どう思いますか?

670 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:45:43 ID:OfBdp/mj
それに独立支援を名目にした種々の活動も、敗戦が濃厚になってから行われている
のではないですか?例えば、大東亜会議なるものが開かれたのは1943年11月だと
思いますが、これが傀儡政権を集めたものであることを抜きにしても、「アジア
のため」という旗を国際的に通用する(と一応しておきます)形で立てたのはこの
時が最初ではないですかね(ひとりよがりな上に、ほとんど実がない大東亜共栄圏
構想は当然除外して考えます)。しかしこのとき日本は既にミッドウェー海戦で敗れ
(1942年6月)、ガダルカナル島から「転進」し(1943年2月)、敗色が濃厚になって
いた時であって、そうすると人間、藁にもすがる思いになって色々やるものですよ。

>前に戻りますが、旧大日本帝国の支配下にあった国々が、日本による植民地支配・戦争
を公式に肯定する声明を出したことはありますか?

さて、これに対する答えがないのですが?

そういうものが無いのだとすれば、日本の行為がいかなる性質のものだったとアジアから
評価されているのか、それを推測するのは普通の知性の持ち主ならばそう難しくはありません。
そのような彼らの態度からは、場合によってはある種のリップサービス的な発言をしても、
彼らが心の底から笑顔でいっているとは限らないことを読み取るべきでしょう。

671 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:55:44 ID:7IdaAIdP ?
経済水域内ガス田開発や潜水艦の領海侵犯は厳しく追及するべきだと思うのだけどね。
もはや中国に対する毎年のODAは不要だろう。
円借款の即時返却要求も行える経済状態なんじゃないかな?
相手に明らかな非があることに対しては正々堂々と意見するべきじゃないか。
ナショナリズムの暴発は抑圧された状態が異常値まで達したときに起こる。
靖国問題も不思議なのだが、A級戦犯の合祀というが、中国共産党にとって
最大の敵だったであろう関東軍の司令官は含まれて居ないのに、
不思議だよね。

672 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 19:28:24 ID:v4gWy/gu
 
 ドイツなどでは、過度に右によるとネオナチと見なされ、反対に過度に左によれば
共産主義者と判断されるので、社会的立場を保ちたい人は、中道を基軸として多少の
左右への傾斜程度である。 ―― 当然に、極右や極左が政権与党になることは、第二
次世界大戦終結後の戦後処理の後ではなかった。 ―― 
 それに対し、日本では、(中道なんぞないも同然だが、) 政権予党が、殆ど完全に
といってよいくらいの在り様にて、国会議員の属している政党の全ての中で最も右側
に位置する、右翼(Right)でありつづけている。 その為か、学者であっても政治信条
的に国内タカ派であるような人も少なくない。 これには、世間の注目を浴びるため
のセンセーショナリズムと、権力サイドへの接近が、日本では同時に成り立ち得るこ
ととも無関係ではない。 
 それ故、日本においてはタカ派の論客でありながらも識者とされるような人が、
ヨーロッパなどにおいては“バランス感覚の著しく欠けたロクデナシ”と見られてし
まうのである。 
 


673 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/03(火) 19:38:24 ID:cEWuuBFs

戦後、アメリカ人は、日本人娘を、3万人以上強姦してるんだな。

占領下では、アメリカ人が、日本人を殺しても、強姦しても無罪だったんだな。( ̄(エ) ̄)y-°°°

。。

674 :( ̄(エ) ̄)y-°°° :2005/05/03(火) 19:40:09 ID:cEWuuBFs

さすがの日本兵でも、韓国人を3万人も強姦しとらんだろ。

って、知らんけどな。(−o−)y−゜゜゜゜゜

。。

675 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 19:43:18 ID:7IdaAIdP ?
>>672
右って何のことだろう?
資本主義ということなら多くの議員は資本主義推進者だろう。
利益誘導ということでもその通りだと思う。
でも軍国主義ということであればそんな考えを持っている議員は
ほとんど数えるほどだろうな。

676 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 20:16:33 ID:H/gcQSNM
EUは集団的自衛権を放棄はしていない。
それどころか、中国へ武器輸出をしようとしている。
つまり、タカ派にこれ以上なられては困る。

日本はその逆、タカ派の論客がいることがバランスを保つ。

677 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 21:14:49 ID:KraQzrsP
>>639
>この程度の常識的なことにも「証拠」が必要ですか。

合祀を
厚生省の役人がやってしまった。
の部分のことだろ

678 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 21:18:16 ID:KraQzrsP
>>615
>A級戦犯合祀も70年代
末にこっそりと厚生省の役人がやってしまった。

デタラメ言うな。
証拠出せ。


679 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 21:27:06 ID:0Z0tAkQl
>>648-649
今の経済的失政は、日本の社会主義的経済施策が原因だ。
正に、支那にへつらってきた連中が日本を駄目にしただけ。
自民党の田中派はその代表だし、社共や公明も役人を越え太らせる福祉のみにかかりっきり。
若者への借金をたんまり作ったのは、実は、戦後民主主義者ではないか。
靖国の英霊に対し、生き残った後ろめたさを感じ、日本をしっかり作り上げた世代が中心の
時代は、アメリカからの借金を速やかに返し、日本を富ましてきた。
しかし、今は、靖国社の英霊を冒涜し、いつまでも経済が上向かない。
人間は過去から今、今から未来に向かうのに、過去を否定して悪し様に言えば、未来への道も
閉ざされるだけ。
もはや、社会主義は破れたという現実も見ないで、いつまでも支那のような危険な国にへつらって
安全でいられるわけ無いだろう。
現実認識が甘いから、まだ、中華という差別用語と支那というまともな言い方も理解できないようだね。
支那共産政権は直、潰れるし、その後、中華という名の国が残るかどうかもわからない。
その時は、支那という言い方が差別でないことを支那人も分かるさ。
満州、チベット、台湾は支那では無い。

680 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 22:16:15 ID:5tKFUlB8
1966年引揚援護局はA級戦犯の「祭神票」を靖国神社に送り付けた。

しかしこの当時の宮司、筑波藤麿は、天皇家や宮内庁内の空気を知っていたが為に
それに配慮し合祀を差し止めた。
事態が急変したのは、その筑波宮司が急逝し、後任の宮司に東京裁判否定派の
松平永芳が就いてからだった。
1978年松平は宮司預かりとなっていたA級戦犯合祀を行うことを決意し、合祀者名簿
を天皇のもとへ持って行く。
それを受け取った徳川侍従次長は、天皇の意向に基づき相当の憂慮を表明したが、
松平はそれを無視し、独断で合祀を強行してしまう。
結果、昭和天皇はこれに反発し、以降靖国参拝は取り止めとなってしまい、
今に至るというわけだ。

ttp://deadletter.hmc5.com/blog/archives/000090.html


681 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 22:21:01 ID:5tKFUlB8
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/index.htm
http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html

子供に借金を押し付けてその金で票を買う 自民党こそ真の売国奴

この国はプラザ合意で終わった


682 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 22:45:51 ID:0Z0tAkQl
岡田民主党や社共、公明は、借金すら出来ない日本にしてしまいかねん。
完璧な売国奴だわね。

683 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 22:49:41 ID:TlsLGM/8
なぜ子鼠が村山談話を重複しなければならなかったか・・・
半ツッパリのくせして、つまらぬパフォーマンスするから、
無意味に諸国の逆鱗に触れるからだよ。
国益を失うチンケな事ばっかりに拘り、全く国賊だな。

合祀塵謝に産廃をしないならしない!
するなら、本音・理屈を堂々と吐く!(若し英霊がいるのなら、それが礼儀だろう)

干物カッコマンが、小心者特有の振る舞いをするから、やすやすと突っ込まれるんだな。
相手がサムライと認めてないんだよ。間違ってるからね子鼠は・・・
かといって、俺はアンチ安圀だから誤解しないでくれ。


684 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:24:32 ID:Swx0MoT5
>>683
>干物カッコマンが、小心者特有の振る舞いをするから、
やすやすと突っ込まれるんだな。

だれに何を突っ込まれたんだ?
突っ込まれるようなことは、何も無いが?


685 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:30:32 ID:JzSBed78

>>669
こんなたとえ話もあります。

IはNにいじめられて、何度かJに助けを求めましたが、JはAに赴く余裕も無かったため、Iの
要請を何度も拒みました。
しかしながら、Iの再三再四にわたる嘆願があったため、このまま無視するのは忍びないと思い、
ようやく重い腰を上げました。
実際、Aに赴いたところ、予想通りのひどい状況で、Jはかなりの資金をつぎ込んで、Aの
改善に勤めました。
JはIに対して投資する一方で、そこから利益を得ることはしなかったため、IとJは蜜月時代を
迎え、Iも潤うようになりました。
その甲斐あって、Nの悪政は退き、Aの教育制度の改善も進み、Aは順調に国力を伸ばしました。
そこへ、Uが登場し、IとJは国家の威信を賭けて争うことになりました。
結果的にUが勝利したため、JはAを去ろうとしたのですが、UはIを全く評価していませんでし
たので、当分の間は、Uの代わりに引き続きAをJが統治しろ言い出す有様でした。
戦争により疲弊したJでしたが、戦後JはIを見放すことは気の毒と思い、自らの懐事情が苦しい
にも関わらず、Iに経済援助を続けました。
しかしながら、IはJの律儀な好意を自国民にあえて伝えないばかりか、むしろ、自らの政治力の
なさに対して国民の不満が向けられるのを避けるために、Jは今も昔も悪いやつで敵だという
教育を自国民に押しつけたばかりか、一方では、Jの援助を宛にするという醜い手段をとり続
けました。
そんなIの態度に対して、Jは、いつの日にか、IもJの有り難さをこころから分かる時が来る
であろうというなかば諦めた気持ちで、静かに眺めているのですが、今JがIへの援助をやめたら、
Aは再び昔のまずしい時代に逆戻りしてしまうことが分かっているため、援助を打ち切らずに
我慢をし続けているのでした。





686 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:33:14 ID:Swx0MoT5
>>683
村山談話は、靖国参拝とは無関係に
アジアの会議では毎回挨拶代わりに述べている。

各国からは、過去のことをいつまで謝ってるのだと
不思議がられている。

687 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:41:09 ID:JzSBed78
>>680

私はそのあたりの事情に疎いので、教えて頂たいのですが、
>この当時の宮司、筑波藤麿は、天皇家や宮内庁内の空気を知っていたが為に
>それに配慮し合祀を差し止めた。
>松平は宮司預かりとなっていたA級戦犯合祀を行うことを決意し、合祀者名簿
>を天皇のもとへ持って行く。
>それを受け取った徳川侍従次長は、天皇の意向に基づき相当の憂慮を表明したが、
>松平はそれを無視し、独断で合祀を強行してしまう。
>結果、昭和天皇はこれに反発し、以降靖国参拝は取り止めとなってしまい、
>今に至るというわけだ。

とありますが、
天皇家や宮内庁内の空気
天皇の意向に基づき相当の憂慮
とは、具体的にどういうことなのでしょうか。
何故に、A級戦犯の合祀を天皇は憂慮されたのか、教えて頂ければと思います。
また、そのあたりの文献がありましたら、教えてください。

688 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/03(火) 23:43:50 ID:0Z0tAkQl
俺たち、保守派は、こにっくらしい左翼の連中も救う方法で、支那の危機に対峙
しているが、否定派は、まだ、崩れかかった平和の夢の中で踊っているね。

689 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:58:41 ID:i8leIMf1
>>688
そうだとは思うが、2行で済ませると疑念だけが湧くよ。
小泉を容認してでの、論評か否かで受取り方は全く別物となる。
同じ保守派でも全く見解は異なる。

690 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:07:17 ID:zZTdTXku
>>689

私は小泉を容認しない保守派のつもりですが、このスレを見ていると、そういうことも
大切ですが、もっと遙かに次元の低いレベルの議論がかなりの割合を占めているようにも
思います。
しかも、議論の内容のみならず、下品で感情的且つ無責任な言いようがまかり通っていて、
悲しくなりますが、これが、2ちゃんねるの限界なのかなあ。

691 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:11:40 ID:1kLUKih5
>>685
君は>>640の人なのかい?そうであるなら、まずは質問に答えてくれ。

それとその話は俺にはさっぱりわからない。どこぞやの狭いコミュニティー
の中だけで通用するストーリーを元にたとえをしているように思われるが、
俺はその手の話にはうといもので何がなにやら。どうやら記号が指示する対象
も俺のものとは違うみたいだしね。

692 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:18:18 ID:jYWEybos
この際。
右派も左派も共通見解として。
外交下手な日本政府どうにかしろよって事でどうですか?

693 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:19:34 ID:stVjJe1n
>>690
あんたの次元の高い意見を言ってみろよw

694 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:31:58 ID:jYWEybos
>>693
その様に意見を求めるならば、まず自分の見解を述べた上で、相手に意見を求めるのが、道理だと思われるが。

695 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 01:11:56 ID:stVjJe1n
>>694
外交下手とは、中国に対してか?

領土問題、教科書、靖国参拝での内政干渉、
に対して、NOといっている。

何かまずい点でもあるのか?


696 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 04:34:56 ID:stVjJe1n
>>690
>これが、2ちゃんねるの限界なのかなあ

おまえの頭が限界だろw

697 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 07:45:45 ID:jYWEybos
>>695-696
湧いてきたよ。
やはり、2chの限界だな。


698 :名無しさん@お腹いっぱい。 ◆NULLPO/7xs :2005/05/04(水) 08:15:41 ID:HwhiOz8y ?
日本政府の問題点としては3兆円の有償援助に対して
額は減ってきたと言っても相変わらず援助を続けていることがある。
今後も累計額が増えるのであれば一般アンタイド貸付ではなく、タイド型の
貸付に移行するべきだろう。

699 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 08:41:04 ID:ZG4HCy0+

  In Germany, anyone who wants to keep his/her (good) social position stands
at the Center or at a little right/left shifted position from there on political
view, because regarded as a NeoNazi if shifting too right and regarded as
a communist if shifting too left. -- Of course, in Germany both the extreme Right
and the extreme Left have not become the ruling party since the end of World War II. --
  In Japan, the ruling party has been the Right, which is at the rightest in
the parties of the Diet, almost comletely and has always included parts of
the extreme Right (, though it can be said that the Center has not existed).
So, there are a not few scholars who are hawks domestically with political view.
And this is not unrelated to that Japanese-fascistic sensationalistic action for
knwon to the public and closing with the power are able to be satisfied together
domestically.
  Therefore a person telling hawk's ideas and known as an intelligentsia in Japan
is usually regarded as a snob without sense in Europe.
 


700 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 09:12:02 ID:NuKckfc2
>>689
俺は、小泉総理が靖国社に参拝している限り、評価し応援するという程度。
別に、民主国家なんだから、デーサクマンセー、ケンちゃんマンセーなんて、
考えは全く無い。

>>699は、>>672を書いた奴が英文にしたんだろうが、日本の自民党程度で極右
なら、ドイツの今の社民党で首相はアフガニスタンに兵力送るわ、ユーゴで戦闘
にヘリ飛ばすわで、ガチガチのナチスということになってしまう。
ま、国際常識が無いから、自民党程度で極右扱いできるんだろうね。
馬鹿の見本だ。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。 ◆NULLPO/7xs :2005/05/04(水) 09:13:48 ID:HwhiOz8y ?
>>699
In what meaning are you using the Center?
Is Uncle Sam the Right?

702 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 09:17:50 ID:HwhiOz8y ?
>>700
馬鹿と片付けるのはどうかと思うが、自民を極右と思っているなら
まったく異なることを示す必要があると思う。
利益誘導で私服を肥やす馬鹿は居るかもしれないが、思想的には
右も左もないというのが今の日本だろう。

703 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/04(水) 10:14:41 ID:HP8TiOrP

志那が、小泉が行かなければ常任理事に反対しないと言うのなら、

小泉は、とりあえず、公式参拝に逝かなくてもイイと思う。

ま、志那が、そんな約束をするとは思えんが。(−o−)y−゜゜゜゜゜

。。

704 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 10:39:43 ID:NuKckfc2
別に、今の外交無能の日本が無理して常任理事国になる必要も無いし、外務省の
天下り先の特殊法人減らして、国連予算も半分に減額したらいいんじゃない。

ま、アメリカも国連改革に期限きるなと言っているし、支那や朝鮮にへつらって
まで欲しい物では無いことだけは確かだ。

705 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 12:01:46 ID:zZTdTXku
日本の外交能力の稚拙さは、国民にあまねく知れ渡ったことと思います。
日本の中国専門家と称する外務省のスタッフは、チャイナスクールなるもので
中国のスパイのように洗脳されたメンバーで占められてしまったことも、よく知られて
います。
日本は戦後、莫大な援助を、中国や韓国に対してしてきたこと、それどけでなく、
戦前から、これらの国に対して日本は湯水の如くお金をつぎ込んだにもかかわらず、
あえて日本への利益の還元を求めなかったことも知られています。
そして、そうした経緯にもかかわらず、戦勝国ではないこれらの国々が、自国民に
反日感情を国策として植え付け、こうした洗脳されてしまった自国民に対して、
今なお、日本は歴史認識に対する反省がないなどと暴動を煽り、礼儀知らずの態度を
取らせ続けています。
こうした時期に、日本に対する常任理事国の話が出てきたのですが、これらの国は.、
これほど世話になった日本に対し、感謝するどころか、常任理事国入り反対を表明し、
それをたのアジア諸国に呼びかけ、なおかつ、日本からは援助をとり続けようとして
います。
私は、こうした現状をみると、日本は無理に今、常任理事国になる必要もないので、辞退し、
その代わりに、無礼な中国や韓国への援助を即座に打ち切り、インド等に重心をシフトし、
さらに、中国の常任理事国たる資格の失効を継続的に国連に働きかけることをした方が
良いのではないかとも思うのです。
日本の外交能力が回復し、憲法が改正され、日本の諜報機関の育成も十分成し得た後に、
満を持して日本は改めて常任理事国入りを申し出てはどうかとも思うのです。
この種の考え方は甘いでしょうか?

706 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/04(水) 12:05:25 ID:HP8TiOrP

多分チャイナスクール組は、中国から国賓対応で接待されて、ODAを出していたんだな。

。。

707 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 12:17:15 ID:NuKckfc2
>>705
賛成だな。
なんせ、支那や朝鮮に一歩も譲らなければ、もっと、相手も日本の立場を
考えて、今より仲良くなっていたよ。
こっちの立場無視して土下座外交してきたツケが反日暴動だ。
日本には、日本のやり方がある。
我慢にも限界があるということを支那や朝鮮に知らせなければならない。

ちなみに、韓国にODAは今はやっていないけど、この前のようなIMF
になったときは、竹島返さん限りゼッーーータイに援助してはいけない。

708 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 12:58:57 ID:q8xJHzU3
>>687

>>687の徳川侍従長が憂慮云々は「徳川回想録」を参考に書かれたものだと思いますが、
これはかなり事実誤認がある本です。
例えば、靖国神社が合祀してから、祭神簿の上奏をしたとか、靖国がこっそり祀っただの書かれています。
全くの事実誤認で、合祀祭の前に上奏には行っています。
徳川侍従が松平元宮司と懇談したのは、合祀祭後で当時の掌典職が上奏簿の事を侍従に回覧するのを忘れたのか
怠慢したのか定かではないが、事後報告となってしまった。
内容はどちらかと言えば、徳川侍従長の言い訳の本になっています。

709 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 13:34:38 ID:ZG4HCy0+

So to say, the visit to the "Yasukuni" Shinto-shrine is as like the presence to a religious ceremony of a "church of Hakenkreuz".

 

710 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 13:46:22 ID:NuKckfc2
>709
どこに、ハーケンクロイツ教会があるんだ?
ナチス政権下でもキリスト教が国教であったことは、同じだが、今ドイツで
教会に行くことを攻撃する奴などいないぜ。

711 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 13:55:22 ID:HwhiOz8y ?
>>709
誤解は解くべきだと思うよ。それは政府の責任でしょう。
中国政府がチベット政教を禁止する理由と同様で靖国参拝をどうしても
禁止したいというのは仕方ないことでしょうね。
女真族(満州族)が愛新覚羅家の菩提寺を祭ったりしたらひどい弾圧を受けそうだね。

712 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:02:25 ID:ZG4HCy0+
>>710
It's not right that "ナチス政権下でもキリスト教が国教であった".


713 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:05:54 ID:ZG4HCy0+
It's true that "第二次世界大戦下の日本では(国家)神道が国教であった".


714 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:10:44 ID:dXSUNSkT
>>708
このような重大な事を回覧するのを忘れたりするなんて
本当にあるんでしょうか?
ちょっと信じられない気持ちです。

715 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:11:25 ID:zZTdTXku
おそらく
>>709 の a religious ceremony of a "church of Hakenkreuz" は
比喩のつもりなのでしょうが、日本に対する悪意にを全面に押し出した
ものと思われます。
「人類に対する罪」と見なされている、あるいは少なくともドイツ自身がその
ように見なすことで、自国民への責任を回避すべく苦肉の策として用いた「ナチ
スの罪」という概念を、靖国参拝と同等と見なそうという、かなり悪質なプロパ
ガンダです。
戦勝国の一方的断罪であった東京裁判の時点ですら、日本の行為をドイツと同等
にひどいものとは見なし得なかったことは、確たる歴史的事実です。
その日本人の靖国参拝を,戦後60年を経て、あえて a religious ceremony of a
"church of Hakenkreuz"として断罪しようと言うのですから、あきれてものが
いえません。
かなりひねくれた、日本への悪意に充ち満ちた、確信犯の比喩であることは、
間違いないでしょう。

716 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:11:28 ID:1ImmE8s5
議員板で暗殺予告
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1115177215/

717 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:54:31 ID:dXSUNSkT
ドイツではルター教会の牧師は公務員として国家から俸給を得ているそうです。
また先の大戦中は教会による信者の締め付けがあり
これに対する抵抗運動もあったそうです。

国家と宗教との結合はどちらに対しても良い結果をもたらしません。
はっきりとした政教分離こそ近代民主主義国家が獲得した普遍的原則と言うべきものです。
それはまた国家と宗教との関係を考えるに当たってベースとされるべきです。

718 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 15:19:44 ID:G5fuaEMP
>>708
合祀を事前に上奏した、という立証はできるのですか?

719 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 15:26:24 ID:tLKJ38gp
>>718

立証済みです。靖国神社に問い合せて見て下さい。
社務日誌や記録に記載されているとの事。
(一般人には公開はしていないとは思いますが)

勅祭社が、先に宮内庁に上奏せずに祭神を増やす事などあり得ません。


720 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 15:38:35 ID:tLKJ38gp
>>714

宮内庁の職員は、結構怠慢ですよ。長官を含めて左遷と思っている輩ばかり。
掌典職の中にも神職の資格なしと言うか、神職経験ゼロの人間が何人か異動で
課長できたりする。そんな所です宮内庁は。

721 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 15:47:09 ID:G5fuaEMP
>>719
>一般人には公開はしていない

って、これ、立証にはなりませんね。

722 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:13:48 ID:GDHs+J9T
>>670
>>前に戻りますが、旧大日本帝国の支配下にあった国々が、日本による植民地支配・戦争
を公式に肯定する声明を出したことはありますか?

公式声明はみつかりません。
>さて、これに対する答えがないのですが?

>そのような彼らの態度からは、場合によってはある種のリップサービス的な発言をしても、
>彼らが心の底から笑顔でいっているとは限らないことを読み取るべきでしょう。

敗戦国となった日本へ、やっと独立した国家が公式に支持をするような発言はやりにくいと思う。
非公式な発言であるから本音が出せると言うこともある。

旧宗主国からの弾圧による被害が、日本の占領政策による被害よりも大きいアジア諸国は、
日本の戦争を解放戦争だったという主張を支持している。





723 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:26:31 ID:G5fuaEMP
>>719
>勅祭社が、先に宮内庁に上奏せずに祭神を増やす事などあり得ません。

上奏*とは宮内庁にではなく、庁を経由して陛下のご裁可を戴くためになされる
ものでしょう。
上奏の後、ご裁可もない状態で松平宮司は独断専行したことになるのですか?

*上奏(じょうそう)
天皇に意見や事情などを申し上げることで、大日本帝国憲法下で、
官庁・議院などが天皇に希望または意見を奏聞(そうもん)したことをいう。
日本国憲法下でも使われており、例えば国会で成立した法律は内閣から
天皇に上奏され、天皇は署名・捺印(御名・御璽)した後に天皇によって
公布される(国事行為)。

724 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:34:46 ID:G5fuaEMP
>>719
>神職経験ゼロの人間が何人か異動で課長できたりする。そんな所です宮内庁は。

宮内庁はともかく靖国神社のトップでも、たとえば合祀を専行した松平宮司や
南部利昭現宮司の神職経験は、ありましたか?

725 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:37:18 ID:GDHs+J9T
>それに独立支援を名目にした種々の活動も、敗戦が濃厚になってから行われている
のではないですか?

ファン=ボイ=チャウは阮朝に仕える貴族の出身でしたが、フランスに抵抗するため日本の明治維新に学ぶ、
という維新会を組織し、ヴェトナム留学生を日本へ送り、近代化を学ばせるという東遊(ドンズー)運動を推進します。
これに協力する大隈重信のような政治家もいて、数百人のヴェトナム留学生が日本に密航して来ました。

これを知ったフランスは、日本政府に圧力をかけ、日本政府は留学生を追放しました。

日本軍はオランダからのインドネシア解放を呼びかけて上陸を開始、スカルノらを釈放して軍政に協力させます。
400年間この地に居座っていたオランダ軍が、わずか1週間で日本軍に敗れたのをみたスカルノは、
日本の力を利用しようと考えます。
若者たちは日本軍に軍事訓練を受け、日本軍に協力し、独立の機会を待ちます。
スカルノは東京で開かれた大東亜会議に出席し、東条首相と会見。
大戦末期に日本政府は、1945年9月のインドネシア独立を約束します。


日本の「大東亜戦争」の当初の目的は、東南アジアに眠る石油などの地下資源を確保するためであり、
「大東亜共栄圏」はそのための宣伝でした。
しかし日本軍の占領が、結果的にヨーロッパ列強による東南アジア植民地支配を崩壊させたのも事実です。
この戦争がなければ、20世紀の後半まで植民地は残ったでしょう。

東南アジアに対しては解放戦争と侵略戦争の二つの性格、米英に対しては帝国主義列強同士の
覇権争いと見るのが正しいと考えます。すべて物事は、単純に白か、黒かと、決め付けることはできません。



726 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:40:21 ID:dqBlEoNG
>>721

ちゃんと見た人はいます。広報課の公式発表でもそうなっています。

>>723

本来はそうです。ただ実際は形式化されていて、宮内庁の職員が決裁しています。

727 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:49:45 ID:dqBlEoNG
>>724

書き方が悪かったかな。
靖国は単立神社だから、神職資格がなくても宮司になれるのは事実です。松平氏も南部氏も
神職資格は持っていませんが、靖国できちっと祭式作法を教わって、日々の祭典を奉仕されています。
そもそも、松平氏や南部氏は神職云々で招かれたのではなく、血筋で選ばれた方々です。
一般人でない重みを選んだのです。

翻って宮内庁の掌典職ですが、殆どが神職資格をもっていますが、数人資格のない者がいます。
この方々は所謂腰掛組みで、どうせ数年後には異動すると思ってますから、ろくに祭式の勉強も
しません。いろんな所に勅使の随員として参拝されますが、そりゃひどいもんです。

728 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:50:56 ID:GDHs+J9T
 日本人はインパール(ビルマ最西端からインドでの戦争)作戦は悲劇の戦争と見て いるが、
インド人は華々しい独立戦争と見ている。
日本軍が全滅するまで戦い抜いた通称レッドヒルでは、地元住民が戦死した日本軍の将兵の骨を集め、
ロッパチン村にレンガを積んで、卒塔婆(高さ約4b)を建て、
毎年、日本軍が玉砕した5月20日には、村を挙げて法要しています。


チャンドラー・ボースがシンガポールに立てたインパール作戦の犠牲者を弔う為に建てた「無名戦士の墓」があったが、
イギリス軍によって爆破されてた。
それも戦後五〇周年の1995年にシンガポール政府の手によって「インド国民軍記念碑」として再建された。
碑文は「インド国民軍は、1942年、英国から祖国インドを解放する為、日本軍の支援を受けて、
シンガポールで創設された」と記されている。



729 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:52:30 ID:dqBlEoNG
>>721

徳川侍従の回想録は記録に基いて書かれた物ではなく、記憶に基いて書かれたもの。
かなり、あやふやなものです。

730 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:56:19 ID:dqBlEoNG
>>723

実際問題として、勅祭社だからと言って国事行為としてやったら
政教分離違反だとか騒ぎ立てる輩がいるでしょう。
勅祭社はきちっと筋をたてても、宮内庁がはじくのは明らか。

731 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 16:56:32 ID:GDHs+J9T
インド独立50周年を記念して開かれた「インドの夕べ」において、
インド側代表の最高裁弁護士ラケッシュ・デヴィーディ氏は「インド独立の為に日本人が
共に血を流してくれたことを忘れ ません」と、大戦中の日本の行動を賞賛した。

 また平成10年にはインド国民軍(INA)から、インド解放のために戦い、
インパール作戦で散華した日本帝国陸軍将兵に対して、感謝状が贈られた。

「われわれインド国民軍将兵は、インドを解放するために共に 戦った戦友としてインパール、
コヒマの戦場に散華した日本帝国陸軍将兵に対してもっとも深甚なる敬意を表します。
 インド国民は大義のため勇敢に戦い生命を捧げた日本将兵に対す る恩義を末代にいたるまでけっして忘れません。
我々はこの勇敢な戦士たちの霊を慰め、御冥福をお祈り申し上げます。 」





732 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 17:13:36 ID:NuKckfc2
>>712
>It's not right that "ナチス政権下でもキリスト教が国教であった".

やっぱ、こいつ馬鹿だぜ。
ナチス支配下でも従軍牧師、従軍神父がドイツ軍にいたの知らんのだろう。
国教とは、その国家を代表する宗教で、ナチスのユダヤ人大虐殺もキリスト教の
価値観の一つだってことも知らないらしい。

異民族大量虐殺の基になったキリスト教を攻撃する欧米人はいない。
別に、どの民族も虐殺していないし、アジア、ひいては有色人種国家全体の独立の
礎石となられた英霊を奉る靖国社が文句言われる筋合いは、爪の垢ほどもあるわけない。


733 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 17:47:55 ID:qeupuDbx
>>726-727>>729-730

必死の形相だな。そんなに、痛いのか?

734 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 17:55:00 ID:tpL9FRaM

【主張】女性天皇 伝統重んじる論議を歓迎
http://www.sankei.co.jp/news/050504/morning/editoria.htm


735 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 18:12:34 ID:ZG4HCy0+
>>732
それをバチカンに言ってみてください。
代わりに、ある日本での意見として言ってみましょうか。


736 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 18:31:17 ID:ZG4HCy0+
Correction!
almost comletely -> almost completely
the Right -> the complete Right


737 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 18:43:58 ID:NuKckfc2
>>735
代わりにでも言ったら。
ただし、すでにヨハネパウロ二世がユダヤ人にそのことで謝罪しているし、
そんなことも知らないお前が馬鹿にされるのが落ちだがね。
靖国への偏見は、これからも俺は日本人として、世界に梳いていくうにするだけだ。

>>736
英語覚えたてのチャイニーズよ、全体主義者はお前だよ。


738 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 22:02:19 ID:yFB2GAQK
なんだよ、いつもの議論メンバーや新規で議論している奴。
みんな、ヴァケーションかよ。
ま、ゆっくり楽しんできてな。

739 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:03:08 ID:qy4nNnpu
無宗教の慰霊施設はもう既に在るだろ
骨や灰はただのゴミだし
魂や霊なんて科学的には存在を認められていない
ペットの遺体は一般廃棄物として扱われているし
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で
一般の廃棄物(ゴミ)と同じように焼却処分されている
ゴミの埋立地に埋めたって何の問題も無いだろ?
中国や韓国もそれを望んでいる
散骨なんて違法投棄以外の何物でもないだろ?
無宗教なんだから

740 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:08:58 ID:OihnlY7c
>>722>>725>>728>>731

まずは、どこぞやの資料を引いてくるのであれば、いわゆるソースを明示するのが礼儀ではない
のですか?

総じていえば、あなたは歴史を日本の行為を自己正当化する立場から解釈しすぎていると思う。
仮に>>728>>731のストーリーが事実だとしても、「公式の声明が出てこない事実」に代えて
語るべきものはないと思う。なぜなら、「実際に共に戦って死んだ将兵」に対して慰霊なり追悼
なりをしてるのはなるほど納得できるものですが、その行為は当時の日本軍の戦略的行動を
丸ごと肯定する、という性格まで帯びたものと考えられるでしょうか?そこまであえて「踏み出さ
ない」理由があるのではないですか?

>旧宗主国からの弾圧による被害が、日本の占領政策による被害よりも大きいアジア諸国は、
日本の戦争を解放戦争だったという主張を支持している。

なるほど、単純に被害量を比較して、日本が与えた被害の方が少ないから、日本を支持する
というわけですか?そんなに単純な問題なんでしょうか?ある国家が日本の戦争を「解放戦争」
として支持するといった時に、「比較的被害が少ない」という理由で「日本に被害を被った人々」
の想いは無視されるべきなのですか?そもそもその選択は二者択一的なのですか?なぜ「どちら
も支持しない」という選択肢が除外されているのでしょう?公式に日本の戦争が支持されない
理由とそれは関わるのではないですか?

>日本の「大東亜戦争」の当初の目的は、東南アジアに眠る石油などの地下資源を確保するためであり、
「大東亜共栄圏」はそのための宣伝でした。しかし日本軍の占領が、結果的にヨーロッパ列強による
東南アジア植民地支配を崩壊させたのも事実です。この戦争がなければ、20世紀の後半まで植民地
は残ったでしょう。

東南アジアに対しては解放戦争と侵略戦争の二つの性格、米英に対しては帝国主義列強同士の
覇権争いと見るのが正しいと考えます。すべて物事は、単純に白か、黒かと、決め付けることはできません。

741 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:12:47 ID:OihnlY7c
この見方がいかに問題があるか、それを私は>>669のたとえ話で述べたつもりなのですが、それに
は回答もなく、そこから何も感じてくれていないようですね。あの話では
A=アジア N=オランダ I=インドネシア J=日本 U=アメリカ
という役回りで一部を除いてはほぼ現実に起きた出来事とオーバーラップさせるように組み立てた
つもりです。私からすれば、あなたのいっていることは、Jが「俺がNを病院送りにしなければIはN
から解放されることはなかった」ということと同じで、自己の行った「Iに対する虐待」への非難を
減殺させる効果があり、そのような発言をすること自体道徳的・倫理的問題があると思います。すなわち、
「侵略した側」が「あの侵略が独立に寄与することもあった」と評価することは、ある種の「開き直り」
であって、それを問題としてるのです。換言すれば、あなたはアジア諸国が独立できたという最終的な
「結果」の肯定性に鑑みて、侵略・植民地支配という「その結果に至るまでの一つのプロセス」の評価
自体をそれと混同させようとしている。仮にその意図がないとしても、そのような効果があり、それ
を歴史を解釈するものとしては認識すべきでしょう。そのプロセスによって生み出された負の歴史を
できるだけ覆い隠そうという「意志」を元に歴史を解釈している、と評価されてもおかしくはないこと
だと思いますし、そこに問題を覚えないというのであれば、もはやそれは現在の人間社会において一人
の人間として持つべき道徳感・倫理感が欠如しているものだと私は評価します。

仮に「日本の戦争は解放戦争の面もあった。よくやってくれた、感動した!!」とでも「被害を受けた側」
が正式/公式にいうのであれば、その発言をひいて、いくら自己正当化の発言をくりかえそう
と私は非難しようとは思いません。私が問題にしてるのは、実際は果たして被害を受けた側がキチンと
日本の戦争をそのように評価したのかわからないような発言をひいてきて、「加害者の側」が「あの戦争
には正しい面もあったんだ、被害者もこういっとる」と「開き直り」、「そこまで俺たちは悪人じゃない」
と自己の精神的な安堵感に結びつけようとするその破廉恥な姿なのです。

742 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:16:59 ID:qy4nNnpu
誰かが幸福になる為には
誰かを不幸にしないといけないんだよ

みんなで幸福になろうなんて夢、幻、奇麗事

743 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 22:20:28 ID:yFB2GAQK
強盗を射殺したからといって、虐待行為になるかよ。
ま、そっちは、そっちで議論しているので、これ以上割り込まないよ。
俺の議論相手は英語フェチ野郎だから。

744 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:23:58 ID:J/kNITfB
>>742
勝手なことを・・・

745 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:27:01 ID:jYWEybos
>>742
>みんなで幸福になろうなんて夢、幻、奇麗事
その固定観念は、逆に妄想に近いよ。

いいですか、
企業の業績が悪くて、突出した社員の数の確立は?
その企業の業界の業績が悪くて、その企業の業績が良くなる確立は?
その業界の国の国力が悪くて、その業界の業績が良くなる確立は?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸福的確立が高い環境ほど、幸福になる可能性が高い。
みなで幸福になろうとするほど幸福になる確立は高いのです。

746 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:27:06 ID:n+TgLeLo
「靖国」の本質議論すべき時  予備校生 (埼玉県三郷市 34歳)
朝日新聞の世論調査では、多くの日本人が靖国神社を「戦死者を追悼するところ」と認識しているのに対し、
中国、韓国では「軍国主義の象徴」とする見方が圧倒的に多く、互いの認識の隔たりが改めて浮き彫りに
なった(4月27日朝刊)。

以前、靖国神社に併設されている遊就館(歴史博物館)の展示をつぶさに観覧した私の印象は、 中韓両国民
の認識の方により近い。また、敗戦時まで国家神道の中心施設として戦争推進の重要な役割を担った靖国神社
が、 いつの間にか「平和を希求する」場所とされ、多くの政治家が参拝している事に、大いなる矛盾と欺瞞を
感じている。

現在この靖国神社に向けられた近隣諸国の怨嗟の声に対して、日本人はあまりに無頓着にすぎはしないだろうか。
現今の外交危機を契機として、「靖国神社」の本質と国や政治家の関与のあり方について、日本国民は真剣に考え
議論すべき時に来ていると思う。

そしてそれが、戦後60年を経ても解く事のできない戦争問題の桎梏から、日本と日本人を解放する第一歩になると
私は信じている。


747 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:30:30 ID:zZTdTXku
>>741

あなたは>>669の例え話を、実際に起こったことにそくして、書いてみたと言い、
これに対する反応が無く、無視されていることに腹を立てているようですが、
それは、あたなが独りよがりのナルシスティックな気分に酔っているからに
過ぎないのではありませんか?
あなたの例え話のIだのJだのの該当項目をいちいち類推し、ああごもっともと
賞賛するほど、皆さん暇ではないと言うことですよ。
その上、あなたの例えば、あえて一般化するには、あまりに単純で、さほどの
意味をもたないように思います。
あなたの比喩から、現在の中国や韓国の態度に対し、理解を示す人が出てくる
としたら、それはあなたの比喩が大いなる誤解を生むトリガーになった、つまり、
有害無益であったことを示すことに他ならないようにも思われます。
私は、中国や韓国の国民が、ねじ曲げられた歴史的事実の上に築かれたトンデモ
の反日教育により洗脳されたしまった人々という前提のもとに、一定の理解を示
さないでもありませんが、彼ら為政者たちの振る舞いに関しては、なんらのシン
パシーも持ち得ないどころか、不愉快千万な思いにかられるものであり、まして、
日本人でその為政者を持ち上げる如き馬鹿どもに対しては、日本からされと言い
たくなるのであります。

748 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:34:47 ID:stVjJe1n
>>746
思想・信仰の自由だ。

日本国民の真剣な議論が必要だ?
靖国は、国の機関じゃないんだよw

749 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/04(水) 23:43:57 ID:yFB2GAQK
746見ていると、かつての馬鹿だった自分を思い出す。
ま、俺は貧しい時代の人間だから、どうでもなったけど、三郷の予備校生は
ひ弱な今の子だから、多分、かなり崩壊するだろうね。
朝日の嘘に乗ってたら幸せも何も来るわけ無いのに・・・

750 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:44:28 ID:jYWEybos
>>748
>思想・信仰の自由だ。
自由ですか?
無策で、中国に立ち向かおうと煽る、君の無知さは迷惑なのだか。

751 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 00:54:43 ID:Kzp7ixi/
>>750
思想・信仰は自由だが?
参拝にいちいち許可が必要か?

無条件に中国を擁護するあんたが迷惑だ。

策を立てて中国に立ち向かう?
どんな策だよ?
中国の言いなりになる策か?

752 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 00:59:03 ID:Kzp7ixi/
>>749

746は典型的な朝日のアホ論調。

憂慮・批判→ 大いに議論が必要だ→ 結論なしw



753 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:11:47 ID:CpXhJT8S
政教分離は厳格に

754 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:17:59 ID:Kzp7ixi/
>>753
たんなる参拝は
政教分離規定から除外される。

世界の常識だ。



755 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:37:22 ID:B1qd28jO ?
日本軍の侵略に非は無いとは言えないが、紫禁城を追放になった愛親覚羅溥儀帝を
擁して女真族の故郷である満州に国を作ったのであって、まったく大儀が無い戦い
ではなかった。
現在の中国共産党が靖国を毛嫌いする理由に正しい歴史を闇に葬るために
当時の歴史の象徴であった靖国を排除したいということもあるのだろう。
チベット民族の心の支えでもあるチベット政教を禁止することで歴史観を
変えさせるということと同様であろう。

756 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 03:36:48 ID:o5He8lVN
>>754
靖国神社自体の主張は、とても受け入れられん極右宗教
おかしな団体の会合に参加すれば、非難されて当然

ところで今自衛隊員がイラクで死んでも、一宗教法人の靖国へ祭るってマジ?


757 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 06:53:58 ID:MOOBvH+1
>>751
また、イデオロギーですか。
ヘキヘキするねこのような連中には。

世界世論を味方につけ、参拝すればよい事。
あんたの言っている事は、負け犬の遠吠えって言います。

758 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 07:51:34 ID:idQNVich
<靖国は、国の機関じゃないんだよ>
これは、靖国神社側に都合の良い口実だ。公的機関の性質を持つこの神社は都合が悪く
なると、通常の神社の顔をする。神道は宗教ではないといいながら、都合が悪くなると
宗教のような顔をするのと同じだ。このようないいかげんな事を真剣に考えた人は誰だ
ろう。

759 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/05(木) 07:53:47 ID:8rKawSyt
結局、支那が分からないし、日本の先祖の偉大さも分からないから、靖国の英霊への
感謝も忘れ、総理が公式参拝しなければならない意味も理解できないんだね。

結局、負け犬根性を生まれた時から洗脳されている連中なのかな?

760 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 07:59:41 ID:MOOBvH+1
>>759
わからないわからないって言う前に、君が知っている事を説明したらどうですか。

761 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 09:05:34 ID:yQg7Vc4V
おぎゃあと生まれてお宮参り、桃の節句に端午の節句、初詣、お彼岸、おぼん、
クリスマスに大晦日の除夜の鐘、幼稚園はお寺さんで小学校はカトリック、結婚式は神前で、
いつの間にか年を取り、還暦には赤いちゃんちゃんこ、思えば、死んだおばあちゃんは毎朝
お天道様に柏手を打っていたのに、自分はやってないなあなどど思うまもなく、いよいよお
迎えが来て戒名は何とかで、お寺さんのお墓に入ってご先祖さんのお仲間入り。
これ、代表的な日本人で、とてもじゃあ無いが、政教分離をまじめに叫ぶ気にもなりません。
あったり前でしょ!
総理が靖国行ってどこが悪いっていうんだ!!

762 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/05(木) 10:00:22 ID:372+y1Fs

日本人は、優れた民族なのであある。(・_・)

。。

763 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:19:37 ID:BVG4ueg2
>>754
> たんなる参拝は
> 政教分離規定から除外される。

たんなる参拝じゃありませんよ。公式参拝ですからね。

それと漏れがもう一つ疑問に感じるのは
日本政府は戦死した兵士の追悼を
自分の責任としてちゃんとやっているかということです。

戦没者の合同慰霊式は行われています。
しかし国家の指揮命令のもとで命を落とした兵士は
国の誤った政策のいわば「殉職者」と言うべきですから
一般の戦争犠牲者とでは国として追悼のあり方が異なって当然です。

戦死した兵士たちの追悼儀式は一般の戦争犠牲者とは別に
国が自ら責任をもって行うべきだと思いますが
靖国に肩代わりしてもらっているように見えてしまうのです。

764 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 11:52:21 ID:DYmV07gv
>>763

>戦死した兵士たちの追悼儀式は一般の戦争犠牲者とは別に
>国が自ら責任をもって行うべきだと思いますが
>靖国に肩代わりしてもらっているように見えてしまうのです。

だから元々靖国は国の機関であり、そこで追悼していたんです。
戦後GHQの指令により、宗教法人にならざる得なかったからおかしくなった。
8月15日の戦没者追悼も第二回目は靖国神社で行っています。拝殿の収容人員の関係で
靖国神社近くの武道館に会場を移した。でも当事の国・遺族は靖国神社で続けたかったんです。
今と違って、当事は首相が参拝しようが、議員が参拝しようが誰も問題にしませんでしたからね。
第一、今だGHQ占領下で、神道指令の有効期間に吉田首相は参拝している。
それでもお咎めなしだったんだから、今更何をと言いたくなります。

765 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:09:34 ID:x+OokWyM
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 日本経済?関係ないッス。自分無職ッスから。
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   日本人の誇りを失うと負けかなと思ってる。
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \ 
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::| >>53

拡がる愛国者の声 (ニート24歳男性)



766 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:16:21 ID:BVG4ueg2
戦前のように靖国は宗教にあらずと言うのなら別ですよ。
しかし靖国には宮司がおられ祝詞も玉串料もあって
どこから見ても神道という立派な宗教ではありませんか。

先進国では戦死した兵士はそれぞれ故郷の教会や寺院に帰ります。
戦死した兵士すべてを専門に対象としている宗教は他の国にあるのでしょうか?

767 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:18:11 ID:CL6Vfi44
>>740
>どこぞやの資料を引いてくるのであれば、いわゆるソースを明示するのが礼儀ではない
のですか?

???自分で調べろよ、相手の出したソースなど丸ごと信用するな。
否定したいなら反証は自分で調べるのだろう、変なところに誘導されたら被害を受けるんだぞ親切と思え。

768 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:28:28 ID:xZI51rYr
>>766
立派な宗教なら何か問題あるのか
神道は仏教と並ぶ日本人の宗教だろ

769 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:29:23 ID:DYmV07gv
>>786

>先進国では戦死した兵士はそれぞれ故郷の教会や寺院に帰ります

日本でもそうじゃない。みんな故郷でもそれぞれ祀るなり追悼しているでしょう。
霊魂は一つみたいな考えは日本人にはなじまない。ローソクの火を分けるがごとくです。
アメリカは例のアーリントン墓地に、イギリスはウェストミンター寺院に無名戦士の墓として
象徴的に祀られているでしょう。あれはれっきとした宗教施設。
アメリカだってアーリントンでプロテスタントの牧師が追悼式を国としてやってるでしょう。


770 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:29:58 ID:CL6Vfi44
>>740
>その行為は当時の日本軍の戦略的行動を
>丸ごと肯定する、という性格まで帯びたものと考えられるでしょうか

だれがそんなこと言っているんだ?勝手に解釈するなよ。
肯定することが出来る部分があると言っているのだ、総てが悪逆非道な戦争だったというような判断は
一方的でおかしいと言っている。
アジアの開放を目指したという事実を無視して否定し、資源を略奪することだけだったという、
自虐的戦争史観は修正するべきだと言っている。

丸ごと肯定などしてはいないのだから、外国政府が公式に支持しないとしても当然だ。
しかし、外国でも肯定している部分がある現実を無視して、負の部分だけを抜き出すのは間違っている。

771 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:45:03 ID:BVG4ueg2
アメリカのアーリントン墓地などに無名戦士として葬られている人たちは
いわば故郷の教会や寺院に帰れなかった人たちですね。
すべての兵士ではないはずです。
お墓はもともと宗教的施設ですが
それが持てない人のために国が造るのは当たり前のことでしょう。

772 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:45:44 ID:CL6Vfi44
>>741
あんたね、毎回あんたの話に回答する義務なんてこっちはないんだ、見過ごすことも多い。
くだらないから答えないこともある、そのことを文句を言って怒るのは勝手だが、
回答しないことも勝手なんだ、反応があることを感謝くらいの謙虚さが欲しいね。

あんたのたとえ話はつまらない。無視します。
>「加害者の側」が「あの戦争 には正しい面もあったんだ、被害者もこういっとる」と「開き直り」、
「そこまで俺たちは悪人じゃない」と自己の精神的な安堵感に結びつけようとするその破廉恥な姿なのです。

あんたの主張こそ自己中心的な独りよがりです。
この問題は外交との関係の問題です、事実日本側に正義の部分があるなら、其れは主張するべきです。
加害者であっても不当な経済封鎖や干渉があったなら其れは免責される条件なのですから言うべきです。
ただ御免なさいと謝罪するのは、外交的には大馬鹿者と軽蔑されるだけです。

ご近所の親しい人で、日本の常識が通用する人間の間だけの感情論や道徳論を外交に持ち出す事は間違いです。


773 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:12:48 ID:XuPSBOVi
ここに限らず「支那、満州事変」や、「大東亜戦争」を「正義」の戦争と主張する
人間が大量に存在するのと、靖国神社の「明治政府による武力闘争は正しい」
とする主張とが、無関係な分けないだろ。
靖国の「兵士達は立派だった=戦争を起こしたのは立派だった」というすり替え
が有効に機能してる証拠そのものだよ。

774 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:22:04 ID:MOOBvH+1
>>773
手放しに、正義正義と言ってる連中には問題ありだが、

手放しに、先の戦争の動機を否定する、君も同じレベルだよ。

775 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:34:06 ID:CL6Vfi44
>>766
フランスは凱旋門で戦死した無名戦士の墓に献花をしていなかったか?

パリを訪れた日本人旅行者なら、かならずといって良いほど、ド
ゴール広場に立つ「凱旋門」を訪れる。しかし、これがフランス国
民にとっては戦歿同胞を追悼する記念碑であり、無名戦士の遺骨が
埋葬されている聖なる場所だと知っている人は少ないだろう。第一
次大戦に散った無名戦士の遺体が1920年にパンテオン(万神殿、フ
ランス国家に献身した文武の偉人の埋葬所)から凱旋門の下に移さ
れた。無名戦士の一遺体にすべての戦歿者を代表させているのであ
る。凱旋門とは生還した出征兵士を迎えるだけでなく、生きて母国
に帰れなかった戦歿者を迎える所でもあるのである。


776 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:35:16 ID:DYmV07gv
>>771

やれやれ。アメリカの無名戦士の墓がどう言うものか知らないんだ。
私が「象徴的に祀られている」と書いた意味がわかる?無名戦士の墓には
現在何体遺体が祀られているのか知ってるの?南北戦争以降の戦役で亡くなった兵士の
一体だけがまつられているんです。最近アメリカはいろんな戦争やってるから、何体なのか
手元に資料がないが、主だったもので南北戦争・第一次、第二次大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争・湾岸戦争・
イラク戦争だから7体。あとプラスαですかね。
その一体の遺体をもって全戦没者の象徴として慰霊追悼しているんです。
そのアメリカ方式をイギリスを始めとした国が模倣して、建てられたのが西洋の無名戦士の墓です。

その辺の事、もう少し勉強してね。


777 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:35:38 ID:6QVFdC28
>>774
靖国の主張は「一連の戦争は、全て正義だった」ですが何か?

778 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:37:46 ID:8p3Th+c6
>>774
バカの大足、のろまの小足、中途半端のロクでなし、とも言うな。

779 :774:2005/05/05(木) 13:48:39 ID:MOOBvH+1
>>777
だからこそ、事実関係に基づいた見解が必要なのではないですか?

日露戦争は、ロシアの南下に対する脅威からの防衛線。
大東亜戦争は、西洋列強の中国支配からの脱却が目的。
中国の後は日本だとの思いからの軍備拡大。
アメリカの経済封鎖。

ただし、全てが正しかったと思ってませんよ。
自国防衛にだけに専念していれば、あのような不幸な戦争は起こらなかった・・・かもしれない。

780 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:16:20 ID:BVG4ueg2
>>776
無名兵士の墓について詳しいですね。
フランスの「凱旋門」は
故郷へ帰れなかった無名兵士の悲しみを
悼むところでもあったのですね。

それはともあれ問題は
無名な人も無名でない人も一緒くたにして
みんな靖国に祀っているということではないですか?

781 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:32:35 ID:Kzp7ixi/
>>763
>たんなる参拝じゃありませんよ。公式参拝ですからね。

公式参拝などという概念は存在しない。
国の公式行事かどうかだ。

782 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:36:23 ID:Kzp7ixi/
>>757
>世界世論を味方につけ、参拝すればよい事。

おまえ抽象論しか言えないのかよ?
具体的なことを書けよ。
朝日新聞のマヌケ社説と同じじゃんw

783 :757:2005/05/05(木) 14:48:00 ID:MOOBvH+1
>>782私のレスです。

553 :名無しさん@3周年 :2005/05/02(月) 13:17:51 ID:8z2Ec1vx
>>548-549
時間的経過、戦後の日本の有り様、国家の尊厳、日本文化。
以上を国際世論に訴えるべきです。
中国、韓国は戦後60年後も、先の戦争に対し日本を攻めつづけています。
では、ヨーロッパ各国の植民地政策、アメリカの奴隷貿易、オーストラリアの白欧主義。
これらの事をずっと引きずっていたら国際協調はどうなるのでしょうか?
一度敵対した国は、永遠に協調することが出来ない事になります。
日本が行ってきたPKOを中国は評価しないのかと国際世論は、感じております。
これはでまるで、もらう物はもらうが、それと友好協力は別だと言っているようなもの。
激しく、教科書の問題や、靖国問題を中国が非難すれば、国家の尊厳が認められない、中国がやりすぎれば、
内政干渉だと国際的にも認められます。
戦犯に対しても、日本では死者は平等に扱うと国際世論は説明すれば認めます。
各国の文化風習を認める事は、文明国の証明ですから。

戦後処理問題を中国や韓国にのみに目を向けるのでなく、戦略的に行うべきですね。
まあ、これだけ外交が下手であれば、とても戦争なんて出来ないだろうから、ある意味平和ボケ日本は安心でしょうね。

784 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:06:56 ID:22Sx2z4z
アイカワラズ ショーモ ナイ コトバカリ コノ スレハ… (ノ_ _)ノ 

785 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:10:55 ID:CL6Vfi44
>戦後の日本の有り様、国家の尊厳、日本文化。
以上を国際世論に訴えるべきです。

充分ではないが既にやってきた。
中国政府が日本の宗教や死者に対する文化風土を知らない言うことはない。
そうしたことを十分理解した上で、外国戦術として市民を煽り暴動までさせて日本を攻撃しているのだ。

宗教的価値観の問題ではなく、相手国を侮辱して国際的評価を下げる戦争を仕掛けられたと理解するべきだ。
こうした攻撃には、防衛と同時に報復攻撃を仕掛けて二度とさせない被害を与えるしか解決の道はない。
非武装で無抵抗では被害が大きくなるだけだ。

786 :757:2005/05/05(木) 15:33:43 ID:MOOBvH+1
>>785
>中国政府が日本の宗教や死者に対する文化風土を知らない言うことはない。
おいおい。中国に向けてなんて書いてないよ。
国際世論。

>充分ではないが既にやってきた。
ジャブジャブ金使っているのにこの程度とは。

787 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:45:36 ID:DYmV07gv
>>780

意図的にわからないふりをしているのだろうか?

だから、西洋の無名戦士の墓は有名も無名も全部ひっくるめて、その戦役の戦没者を
追悼する施設なの。おわかり?一体の遺体をもってその戦役の全戦没者を代表してるんです。


788 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 16:52:07 ID:BVG4ueg2
>>787
意図的に問題をすりかえているんですか?

日本ではA級戦犯の問題もありますが
原則的には全ての戦死者が追悼されるべきです。
無名戦士が全ての戦死者を代表しても良いし
全ての戦死者が直接追悼されても良いのです。

話がくどくならないように
一言だけお聞きしたいんですが外国に靖国はありますか?


789 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:24:41 ID:IUCveBqp
日本では死者の罪は問わないってのが暗黙の了解みたいなもんなんだからな。
そういう国民性にたいして、その考え方を変えろというのは、
内政干渉よりタチが悪いと思うが。

790 : :2005/05/05(木) 17:42:03 ID:ezwH6uIk
戦争は国民の総意で行ったものだ。
A級戦犯は戦争を企てたことにより戦犯となったもので犯罪者ではない。
A級戦犯は国民を代表して敵国から罰せられたものであり、われわれ日本国民
がA級戦犯を責める理由はない。もし、あるとすれば作戦を間違い、日本を
敗戦に導いたことだ。東京裁判におけるA級戦犯ということで責める理由はない。
それはアメリカも理解していると思う。だから、アメリカが靖国参拝に苦言を
言ったことはない。解ってないのは中国と韓国だけだ。よーく、解らせるべきだ。

791 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 18:02:30 ID:nOJT0ZPl
>>790
事実は純粋であり、雄弁である。

昭和天皇は戦後、B・C級とされた英霊が合祀されてからも、何度もご親拝
されている。異論はどこからも差しはさまれていない。
ぷっつりと靖国ご親拝を取り止められたのは、1978年東條英機元首相等が
合祀されてからだった。
崩御されるまで、二度と足をお運びになることはなかった。

国民統合の象徴たる今上天皇も、しっかりとこの方針を踏襲しておられる。

792 :腹黒マン:2005/05/05(木) 18:16:41 ID:v/7/24AD
>>769「先進国では戦死した兵士はそれぞれ故郷の教会や寺院に帰ります 」
 キリスト教では戦死者の魂が教会に帰ってくるという考えはない。
 天国か地獄あるいは煉獄。ただしカトリックは煉獄が正しい。墓は祀るのではなく、
生きたあかしと言うか記憶を呼び覚ますよすが。
 神道には神社に帰って来るという考え方は大いにある。だから招魂する。同じでは
い。誰かイスラムについて教えてくれ。自爆テロで殉教した者はどうなるのだ?

793 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/05(木) 18:39:30 ID:8rKawSyt
>>760
支那人に日本の思いやりなど、政治の世界では全く通用しない。
何度も言ってきたがね。
相手が暴動起こすなら、こっちは煽って反政府デモに発展させるぞという脅しも必要だ。
それ以外に、暴支を抑える手段なんてないさ。
話し合って分かる相手じゃない。



794 :エロイ先生:2005/05/05(木) 18:53:27 ID:nnoIjZ1x
A級戦犯には責任があるだろ!
「日本では死者の罪は問わないってのが暗黙の了解みたいなもんなんだからな」
この考えは甘いね。
死んでも責任は有る。

795 :エロイ先生:2005/05/05(木) 18:56:51 ID:nnoIjZ1x
中国の国民、日本の多くの国民、そして兵隊。
多くの人が死んで、誰にも責任が無いはずが無いじゃろ。
バカ!!

796 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:16:22 ID:/Pde2IR9
靖国はA級戦犯を奉っていることが問題なのではなく、
全ての戦争犠牲者を奉っているわけではないのが問題。
このフィルタリングが靖国が純然たる宗教団体である証拠であって、
政教分離を憲法に掲げる国の総理大臣が参拝すべき場所ではないのは明らか。

797 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:22:57 ID:V/Qw+Fon
>>794
国会決議で無罪と扱われると決定済みなんだけどね。

798 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:36:02 ID:CL6Vfi44
>>794-795
バーカ!
責任は刑死したことで、充分に果たした。職責上の責任は其れで充分だ。
世界で職責上の責任で、死後も辱めを受けるという法治国家が何処にある?

眠いこと言ってるじゃない。

799 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:52:10 ID:B1qd28jO ?
日本が太平洋戦争に突入するきっかけになったハルノートだが、
その原案となったハリーホワイト試案には中国国民政府の保護が
明文化されている。
つまり日本がハルノートを受諾していれば太平洋戦争に発展はしなかっただろうが
中国共産党政府もできていなかった。
もちろん当時満州政府(清朝)を擁護していた日本軍にとって引きことができない
条件で、ハルノートの提示から一ヶ月後に太平洋戦争(真珠湾攻撃)に突入する。

もともと中国は列強の草刈場と化しており、国民軍を擁護する米英と
共産軍のソ連、満州国の日本の覇権争いにはじき出された格好である。

800 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:10:13 ID:aY5CpXA4
>>797-799
二度にわたって人類初の核攻撃に市民を曝し、主要都市を灰にさせ、
国内外で300万人も国民を殺した上、それだけでは申し訳ないと
ばかりに、60万人もの同胞をシベリアでの強制労働に提供し、
さらに満州、南樺太、千島列島、朝鮮半島、台湾などを、気前よく
献上してしまった。

それどころか・・・・
「負けると分かっている戦争」をおっぱじめ、捕虜となって生き恥を
さらすな!と若者には玉砕を強いながら、ぶざまに負けたとなるや、
自決の作法も上の空、捕らえられて生き恥を晒した小心な指導者を、
心底、崇拝してやまない人々がこれだけ居てくれる。

たいへんにおめでたいことである。

801 :腹黒マン:2005/05/05(木) 20:26:18 ID:6dnO0fhP
>>800[「負けると分かっている戦争」をおっぱじめ、捕虜となって生き恥をさらすな!
と若者には玉砕を強いながら、ぶざまに負けたとなるや、自決の作法も上の空、捕らえ
られて生き恥を晒した小心な指導者を、心底、崇拝してやまない人々がこれだけ居てく
れる。 たいへんにおめでたいことである。 ]
同感!×100。東条よ、おまえは神様の資格などない。

802 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:34:02 ID:s/dq6RBi
ヨーシャア
あの災いの元のヤスクニをバクハせよ。

803 :エロイ先生:2005/05/05(木) 20:35:41 ID:nnoIjZ1x
>797
「国会決議で無罪」で決る問題じゃないだろ。
国民一人一人がどう考えるかだ。
問題は違うが、JR西日本の列車事故でも、
運転手の責任だけでは済まない。
JR幹部は責任をとらされるだろう。
まして、かの戦争では何千万人もの命が失われたのですからね。


804 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:36:26 ID:Kzp7ixi/
>>800>>801
人それぞれ、色んな視点をもっている。
単純なバカのおまえらに、靖国で参拝しろとは
誰もいわないから、好きに生きろw

805 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:38:57 ID:IMAKWHUY
それが戦争だよバーカ

806 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:39:24 ID:Kzp7ixi/
>>803
JR事故は、アホ運転手の責任だ。

JRに責任なんかあるかよマヌケw

807 :エロイ先生:2005/05/05(木) 20:43:18 ID:nnoIjZ1x
かの戦争指導者の責任は思い。
靖国に合祀され、参拝?
冗談じゃねえ、甘いのじゃないの。
戦争に対する反省が足りないと思うね
中国に「あの戦争を美化し様としている」と言われても
しかたが無いね。

808 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:46:28 ID:B1qd28jO ?
>>801
ハルノートを受諾すべきだったとはA級戦犯で獄中死した東郷茂徳外相の
裁判記録にある。
ただし、ハルノートとは日露戦争以前の規模に戻るように中国、印仏からの
撤退(警察官に至るまで)を記述してあり、企業活動さえ認めない内容である。
戦争資材すべて米国に売り払うことといい、まず飲めない内容だろう。
それをわかって有色人種の列強よりの排除を行いたかったのかもしれない。
パル判事(思想的に偏っている意見もあるが)の判事調書に「もしハルノートを
出されたらモナコやルクセンブルグ公国でもアメリカに戈をとって起き上がったであろう」
という内容であったということを述べている。


#二度と悲惨な戦争を起こしてはいけないと思うが、歴史に封印をすることは
#避けるべきだと思う。同じ轍を踏まないためにも正しい歴史認識は必要だと思う。

809 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:48:22 ID:Kzp7ixi/
B級戦犯=ハーグ条約等、戦時国際法による、戦争犯罪

C級戦犯=「人道に対する罪」=ナチスのユダヤ人虐殺をとくために作った。

A級戦犯=「平和に対する罪」(笑)=米・中の都合で
      勝手に作った、国際法の根拠無きデッチアゲ犯罪




810 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:49:45 ID:HOFeVrAj
>>805
「負けると分かっている戦争」をおっぱじめ、捕虜となって生き恥を
さらすな!と若者には玉砕を強いながら、ぶざまに負けたとなるや、
自決の作法も上の空、捕らえられて生き恥を晒した小心な指導者を、
心底、崇拝してやまない人々がこれだけ居てくれる。

>それが戦争だよバーカ

なるほど。たいへんにおめでたいことである。

811 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:50:06 ID:Kzp7ixi/

100人殺した、アホJR運転手は

AAA戦犯だ。墓に入ることなどゆるされん。

812 :エロイ先生:2005/05/05(木) 20:50:12 ID:nnoIjZ1x
若い兵隊・特攻隊、空襲で死んだ多くの国民、そして広島・長崎、沖縄。
責任者は、戦犯判決の前に腹を切るべきだろう。

813 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:51:21 ID:Kzp7ixi/

アホJR運転手の家族は、腹を切れ。

814 :ココ泉授受ん一郎:2005/05/05(木) 20:57:14 ID:IMAKWHUY

日本人なら全員が靖国参拝して中国に二度と
文句を言わせないようにしるべき!

815 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:58:53 ID:s/dq6RBi
お舞らは、バガ杉だよ。
車両故障等の可能性は、100%ないとでも断定できるのかい?
脳みその足らないやつらだね。
だから、すぐ騙されて、鉄砲玉になるのだ。

816 :エロイ先生:2005/05/05(木) 20:59:55 ID:nnoIjZ1x
上官の命令とか何とか言って、
若い兵隊をドンドン突撃さして、逃げたら処刑して、
戦争に負けたら知らん顔。
幹部・指導者は腹切るぐらいの責任は有るだろう。

817 :ココ泉授受ん一郎:2005/05/05(木) 21:00:24 ID:IMAKWHUY
>810
最後の文の語尾に「ね」or「よ」が抜けていませんか?中国人丸出しプ

818 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:02:12 ID:Kzp7ixi/
JRの幹部は、謝罪してまわっているのに

運転手の親は何をやっているのだ!
謝罪してまわれ!!

819 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/05(木) 21:02:37 ID:+GEi/R3M
>>812
社会主義は負けたし、支那共産政権も直崩壊する。
靖国を侮辱する外勢もいずれ滅ぶだけ。
その前にお前も腹切れよ。
お前の論理通りな。

820 :エロイ先生:2005/05/05(木) 21:05:08 ID:nnoIjZ1x
>813
>818
うるせえ!


821 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:07:26 ID:Kzp7ixi/
>>820
うるせーバカはおめーだカス

822 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:08:56 ID:IMAKWHUY
中国人全員氏ねよ

823 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:10:40 ID:TrhDvqXV
>>813
お怒りはよく分かる。
しかし、分刻みの時刻表。
大勢の乗客の乗り降りにかかる予想外の時間。
当然遅れがちのダイヤ。
停車駅ギリギリまでスピードを出し続けるので、当然オーバーランは何度も起きる。
時間通りに発車したときでも、予め早めに運転をしようにも、前がつかえて行けない。
遅れたときは悲惨。スピードを出すしかない。
恒常的にこのような状態。
事故運転手のみならず、他の運転手も同様。
これを見て、何も手を打たなかった上司こそ糾弾されるべき。
現場からは「改善」を要求しても無視をきめこむトップダウン経営。

こういった前大戦以前から、今も日本の組織に慢性的にはびこる詰め込み主義。
そして、当事者に責任をなすりつける無責任指導者。
そして、現場の非しか見ようとしない民衆・・お前>813

824 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:13:52 ID:IMAKWHUY
あえて提案するが、アホ運転手の家族はとりあえず自殺して詫びたら?
首吊りがベストだと思われ。


825 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:16:40 ID:TlC9qN8q
>>767>>770>>772
>???自分で調べろよ、相手の出したソースなど丸ごと信用するな。
否定したいなら反証は自分で調べるのだろう、変なところに誘導されたら
被害を受けるんだぞ親切と思え。

これ本気でいってます?私がいってるのは常識的なことなんですが。文献なり
資料なりを引用したら引用先を示すのは当たり前でしょ。ネットの世界でいう
ソースも、引用先を示すことまで含意していると思いますよ。でないと仮に
こちらがその引用の真偽について調べようと思っても、それが書いてなければ
調べることは著しく困難になりますから。大学に通ったことがあり、論文の一本
でも書いたことがある人ならば当然身につけておくべきマナーだと思うんですが。

>あんたね、毎回あんたの話に回答する義務なんてこっちはないんだ、見過ごすことも多い。
くだらないから答えないこともある、そのことを文句を言って怒るのは勝手だが、
回答しないことも勝手なんだ、反応があることを感謝くらいの謙虚さが欲しいね。

誰も怒ってなどいませんが。いつ私が怒ってるなどと書きましたか?それに
文句をいった覚えもありませんよ。

>この見方がいかに問題があるか、それを私は>>669のたとえ話で述べたつもり
なのですが、それには回答もなく、そこから何も感じてくれていないようですね。

これは単に、都合が悪くてスルーしたか、わかってくれなかったか、いずれにしろ
スルーしているが、私はここが重要だと思う、程度の意味で「なぜレスをしないのか」
という類の文句をいった覚えなどはありません。ちなみに今回のあなたのレスには
全般的に謙虚さが微塵も伺われないように思えるのですが、そのような自己の態度
は放っておいて、人に謙虚さを求めるというのは甚だおかしいことだと思いますよ。
前のレスやこのレスから判断するに、あなたは総じて一般的な常識に欠けている人
のようですねー。

826 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:18:02 ID:TlC9qN8q
まあ、そんな人とどうせこのまま話しても話が平行線で終わるのは予想がつくので
これで最後にしたいと思います。

色々書いていただいているのですが、こちらの印象としては都合の悪いところは
スルー、あなたの主張はとにかく「正しい側面があったんだ、被害者だってそう
いってるんだ」という点に収束できるように思います。

>この問題は外交との関係の問題です、事実日本側に正義の部分があるなら、其れは
主張するべきです。加害者であっても不当な経済封鎖や干渉があったなら其れは免責
される条件なのですから言うべきです。ただ御免なさいと謝罪するのは、外交的には
大馬鹿者と軽蔑されるだけです。

なるほど、日本側に正義の部分とやらがあるか否かは別として、主張したいことを
主張することは、それ自体としては正しいように思えます。しかし、それは時と場合
によるのではないですか?外交だろうとなんだろうと人と人、国と国との信頼関係が
基盤にあることは否定できません。そして、その人や国への信頼は、その人や国の
道徳感や倫理感に関わる問題ではないですか?果たして、我が国とアジア諸国には
その信頼関係がありますか?我が国はその信頼関係を築くために充分な努力をしてきた
でしょうか?私は一面日本はそのような努力をよくしてきたと思ってますよ。しかし、
その努力は政府の広報戦略のまずさからかあまり知られていない一方で、同時に
そのような努力に疑念を指すような出来事もよく起きました。小泉首相の靖国参拝
もそうですが、例えば過去によくあったのはいわゆる自民党議員が閣僚に入った時
の失言問題とかがその典型です。ああいうことが度重なり、うまくフォローできな
かった結果、日本は国として一体どんなメッセージを周囲に伝えたいのか曖昧になって
しまい、総じて日本とアジア諸国には外交の基盤となる信頼関係を充分築くことは
できていないように思います。そのように信頼関係が未だ希薄な時に加害者の側から
主張し始めたらどうなるでしょう?

827 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/05(木) 21:18:19 ID:+GEi/R3M
JR西日本って、労組はJR総連派だったっけ?
どっちにしても靖国の悪口言っていた連中だね。

全員首括って死んだらいい。

828 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:19:11 ID:TlC9qN8q
ここで例え話をまたしてみましょう。最近JR西日本が、列車事故を起こしたようです
が、遺族の方は、その後の対応のマズさによって非常に不愉快な思いをされてるそう
です。おそらくJR西日本の方にもいいたいことはあるはずです。例えば、1秒の遅れ
でも許さないようなダイヤの運行を利用客自体が望んでいた、それに我々は応じざる
を得ないという事情があったんだ、とか。しかし、そんなことをJR西日本自身が「今」
いったらどうでしょう?ほとんどの人が、事故を起こして人を殺しているいるくせ
に何をいいやがる、それとこれとは別問題だ、と思うのではないですか?特に被害者
に関わる方はその思いが強いのではありませんか?

中国や韓国はともかく、東南アジア諸国でさえ、日本の戦争を、一側面でさえ公式に
肯認しないのは、当然、国内に抱える日本から被害を受けた方達のことを考えてのこと
だと私は思います。その方達が日本の話を聞いていいと思えるような信頼関係がアジア
諸国とあるのであるならば特段、それが未だ希薄な今、声高に加害者の方からいいたい
ことをいうのは、外交政策としてはいらぬ波風を起こす最低の政策だと私は思いますね。

最後に確認ですが、あなたが私のレスにレスをする義務などないのはこちらも当然承知
してますので、レスをするなり、しないなりお好きにどうぞ。それでは。

829 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:19:23 ID:HOFeVrAj
>>817
軍人らしい軍人も当然いた。
軍の反乱をなんとしてでも抑えるため敢えて終戦に最後まで反対し続け、
聖断下るや

一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル
    昭和二十年八月十四日夜
    陸軍大臣 阿南惟幾

と残して、阿南陸相は官邸で割腹自決した。
それに引き替え、............

830 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:45:19 ID:TrhDvqXV
懺悔しか能がないバカかお前>>828
国際政治の常識は「自ら非を認めるのは国は救えない」です。
事実より先に、自分の言い分をハッキリ主張しないと、事実そのものがだんだんと歪曲していく。



831 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:50:23 ID:Kzp7ixi/
>>828
で、土下座外交をしろと?

まっぴら御免だねw


832 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:52:29 ID:B1qd28jO ?
太平洋戦争後関東軍の司令官は二人だが、梅津美治郎はA級戦犯となり獄中死しているが
靖国への合祀はされていない。
もう一人の山田乙三は戦犯でもなく昭和40年まで生きている。
その他関東軍の有名人として副参謀長石原莞爾も戦犯にすらなっていない。

この辺も研究課題となるところだろう。

833 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:57:33 ID:Kzp7ixi/
JR幹部も土下座ばかりすんな。
一部の無礼な遺族の言いなりになるな。
遺族は何でも許されると思うなよ。

悪いのは運転手だ。

834 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/05(木) 22:02:56 ID:+GEi/R3M
でも、>>833は靖国社では、自称被害者の死那や懲遷の言いなりになれと言っている。

835 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/05(木) 22:32:45 ID:372+y1Fs

A級戦犯の責任は、日本が戦争に負けたことに対しての、日本国民に対しての

腹を切るぐらいの責任はあるんだな。(−o−)y−゜゜゜゜゜

。。

836 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:36:33 ID:BYOkyXBr

この話題も、すっかり列車事故の影に隠れてしまったな。

亡くなった23歳の運転手には哀悼の意を捧げたいと思います。

当然の話ですが、JR西日本は、今回殉職された運転手を社内
神社にでも手厚く弔い、社長は毎年必ず参拝して欲しい。



837 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:37:46 ID:BYOkyXBr

亡くなった乗客の皆さんには大変気の毒なことをしたとは思うが、
ただ一つはっきりさせて置きたいのは、今回の事故の最大の要因は置石であり、
ウチもその被害者の一人であるということ。

社内外から、今回の事故の責任を問う声があがると思うが、この事件を加害者と
しての側面から、自虐的に一方的に負の側面だけを語るのではなく、乗客が少し
でも早く目的地に着くよう最大限の努力をした結果であることも忘れてはいけない。

黙っていては、相手から舐められるだけ。
強気で交渉しないと、何時までも謝罪と賠償を求められるのがおち。


838 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:38:56 ID:BYOkyXBr

列車が衝突したマンション、尼崎市の耐震診断では問題なしって合格でたみたいだよ。
良かったですね。来週には元の生活に戻れます。
外壁のタイル代と立体駐車場の修理と破損した車の年数に応じた免責範囲でのお支払いでチョン

記者会見で社長も謝罪済みだし、それ以上の謝罪と賠償を求める奴は日本にはいないよな?



839 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:41:29 ID:JXYt2jqq
>>832
山田乙三はハバロフスク裁判で細菌戦の罪により矯正労働25年の刑をうけ、
1956年の日ソ国交回復に伴い帰国している。

石原完爾はむしろ反東條派、と連合国が誤認したのでは、という見方もある。

梅津美治郎は終身禁固中の病死、遺族救済措置がとられていたためか? 不明。

840 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:44:10 ID:JXYt2jqq
>>836-838
靖国便乗で、免罪符、とはならんよ。ぷ >JR西日本

841 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:44:50 ID:CL6Vfi44
>>807
>戦争に対する反省が足りないと思うね

戦争で犠牲が出るのは当たり前だ。
反省とは何だ?参拝しないことが反省で、参拝が反省でないというのか?
お前こそ反省が足りないバカじゃないのか?

>中国に「あの戦争を美化し様としている」と言われても
しかたが無いね。

ふざけるな!戦争を美化しているのは中国だろう。
どの国だって自国を美化するのは当然だ。何が悪い。

842 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/05(木) 22:46:25 ID:372+y1Fs

尼崎の電車脱線事故でで死んだ遺族は、運転手との合祀を拒否するであろう。( ̄(エ) ̄)y-°°°

。。

843 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:52:18 ID:BYOkyXBr
2度とこのような大事故を起こさないとの誓いを立てる意味で、
毎年事故の日に、大ボーリング大会を開いてはどうだろうか?

844 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:54:58 ID:CL6Vfi44
>>818
馬鹿野郎、
運転手の親に何の責任があるのだ!
仕事中の事故死だ、労働災害の犠牲者の親を苦しめる権利など誰もない。

安全対策の投資を怠り、未熟な運転士に運行を委ねた経営者の責任こそ追及すべき問題だ。

845 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:00:38 ID:Kzp7ixi/
>>844

業務上過失致死罪だろタコ。殺人と同じだ。
渋滞にトラックで突っ込んだ奴より悪質だ。

運転手をもっと追及しろ!!

846 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:01:14 ID:JXYt2jqq
>>841
>どの国だって自国を美化するのは当然だ。何が悪い。

うん。何とか美化してみろや、これ。できるだろ。

「二度にわたって人類初の核攻撃に市民を曝し、主要都市を灰にさせ、
国内外で300万人も国民を殺した上、それだけでは申し訳ないと
ばかりに、60万人もの同胞をシベリアでの強制労働に提供し、
さらに満州、南樺太、千島列島、朝鮮半島、台湾などを、気前よく
献上してしまった。 」

847 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:04:34 ID:Kzp7ixi/
>>846
アメリカの戦争犯罪を日本がどう美化する?

考えてもの言えアホw

848 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:08:28 ID:DgpHTead
>>841[どの国だって自国を美化するのは当然だ。何が悪い。]
 ほんまのことも知ろうとしたらどうや。戦争知っとるおじんも、はよ探さがさな死
んでしまいよる。ほいたら、もうウヨの勝や。えげつない事やっといてもシリクリ観
音や。ウヨもはよ探しやー。何やったらわてが教えちゃげるでー。


849 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:13:40 ID:Kzp7ixi/
>>848
女子供を串刺しとかした知り合いでもいるのかよ?
だったら自首させろw

850 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:47:17 ID:BYOkyXBr
>>844
「他の鉄道会社との競争上、スピードアップは已むを得なかった
他に選択肢があったのなら示してほしい」


851 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:48:11 ID:CL6Vfi44
>>825
>これ本気でいってます?私がいってるのは常識的なことなんですが。文献なり
資料なりを引用したら引用先を示すのは当たり前でしょ。

つまみ食いだからいちいち示せない。マナー違反だというならその通りだ。
気分がいいときは書くこともある。

1941年9月に日本陸軍の参謀本部はアジア各地のインド人の反英闘争を
組織化を目的とする対印工作機関としてタイにて「藤原機関」が組織される。
http://www.h7.dion.ne.jp/~speed/india.htm

>ちなみに今回のあなたのレスには 全般的に謙虚さが微塵も伺われないように思えるのですが、

正しい評価だ。わたしは貴様を謙虚に振る舞うべき相手と見ていないからだ。


>あなたは総じて一般的な常識に欠けている人 のようですねー。

それはどうかな、靖国参拝を否定する貴様の方が日本では非常識だ。

852 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:49:36 ID:BYOkyXBr
>>842
犠牲者鎮魂碑に運転手の名を入れるかどうかで大モメし

「分祀が適切」「死者に鞭打つのは非国民」「電車が遅れて文句を言う人間は批判するな」
「乗客もスピードを望んでいた」「乗客死者数は捏造されている」
「乗客が運転士をリンチにすべきだった」

など、議論は混迷の度を深めるヨカーン



853 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/05(木) 23:51:43 ID:372+y1Fs

自動で駅の定位置に止まるようにしたらいいんじゃないか。

なら、オーバーランがおきないな。(−o−)y−゜゜゜゜゜

。。

854 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:56:56 ID:Kzp7ixi/
>>852
マスコミがJRを叩き
それを見て遺族もJRを叩く。
すると、遺族バッシングがおこる。

855 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:59:26 ID:KKT/XdE9
昭和12(1937)年7月29日、
北京の東方、冀東(きとう)防共自治政府の首都・通州で「大虐殺」がなされました。
いわゆる「通州事件」と呼ばれるものです。
「南京大虐殺」が大々的に取り上げられるのとは反対に、
何故か、意図的に年表からも削除されている事が多く、
教科書にも全く取り上げられる事がありません。

856 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:01:27 ID:DxuJtjHB

本来は運転士選任も含めJRの体制自体にも問題があったのだと思うが、それを言うと
気色悪い鉄ヲタが「自虐事故報告書反対」「自虐報告書による偏向の結果だ」
「JRのすばらしい体制について何も知らないくせに見てきたようなことを言うな」
とわめき出したりする



857 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:02:15 ID:CL6Vfi44
>>827
>総じて日本とアジア諸国には外交の基盤となる信頼関係を充分築くことは
できていないように思います。そのように信頼関係が未だ希薄な時に加害者の側から
主張し始めたらどうなるでしょう?

加害者だから不当な扱いに黙って絶えろと言うような判断は間違いだ。
加害者であっても自己弁護して正当性を訴えることはもっともっとやるべきなのだ。
意見の相違があるなら議論して検証し、真偽を明らかにすればいい。
意見が違うのに相手の主張をそのまま認めて良いはずがない。

特に今の日中関係の悪化は中国が招いた物だ。
正当な行為である靖国参拝に対して不当な干渉をして、反日暴動を煽ったのは中国自身だ。





858 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/06(金) 00:05:46 ID:gS1FQAFH

結局、事故は、運が悪かったんだな。( ̄(エ) ̄)y-°°°

事故直後の誰かの発言だそうだが、

神様、俺はこんなところではまだ死ねないんや。( ̄人 ̄)なーむー。

ふゆうれいが、いぱーーーーーい。(Φ◇Φ)‡~~~~

。。

859 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:08:05 ID:Kzp7ixi/
>>856
制限速度70キロのところを100キロ超で
突っ込んだ運転手が悪いんだろ。
企業がそんなもん防げるかよ。

運転手の過失+置き石か何かだ。

860 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:18:58 ID:C9/ZTR5X
しかし、置き石をやるバカがいる現実は恐ろしい。

中国人がやったと言う書き込みを見たが、誰も否定できないところが恐ろしい。

861 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:21:52 ID:+29GU8fa
ココデ イーン デスヨネ、JRニシニホン ノ スレ… ^^;

862 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:21:53 ID:3irkLg18
ダイヤ重視で秒単位の運行をして
遅れる事を恥とした会社が悪い。

もっと余裕のある運行を心掛けるべきだった。

863 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:23:29 ID:YzeCVJuM
>>860
あと、宇宙人が置き石をやったという書き込みも見たが、
これまた誰も否定できていなかったから、恐ろしい。

864 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:24:17 ID:YzeCVJuM
>>862
「他の鉄道会社との競争上、スピードアップは已むを得なかった
他に選択肢があったのなら示してほしい」



865 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:26:17 ID:3irkLg18
>>864
複線にしろ。

866 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/06(金) 00:26:46 ID:NfS0Uc4h
置き十円。(・ω・)ノI

。。

867 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:36:04 ID:IfeCtldo
>>862
能力・適性のない運転手を切る方が
先だろ。

868 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:54:05 ID:NTaIIF9o
>>788 への自己レスで恐縮です。

基本的には全ての戦死者が追悼されるべきだと思いますが
国がA級戦犯を追悼することについては
政治の問題として当否を判断すべきではないでしょうか?

政治を本分とする国家は
国民の宗教的な心情を無視することはできませんが
宗教に関しては中立的でなければなりません。
また国民の方でも国に対して政治を求めるべきであって
宗教を求めてはらないのです。

ですから国がとり行う儀式も宗教としてではなく
基本的には政治的な判断に基づいてなされるべきですから
国がA級戦犯を追悼することも政治の問題となるのです。
政治といっても国の内外にある全ての人の心情を汲んだ判断です。

もし靖国が国とは全くかかわりのない純粋な宗教法人だとしたら
誰を祀ろうと宗教的自由の範囲内にあると言えるでしょう。
靖国がA級戦犯を合祀していることに対しても
宗教的心情に従っているものとして敢えて反対する人はいないでしょう。

しかし公式参拝などで国の政治が靖国の宗教と交差するとき
宗教的に中立であるべき政治は
戦前からの靖国の「宗教」を身にまとうだけでなく
靖国に合祀されているA級戦犯に関して「政治的」な困難にも
出会ってしまうのです。


869 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:23:39 ID:FV83Oag7
恋のアタックもNO.1?上戸彩のニャンニャン写真流失
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1115267344/

870 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:58:54 ID:DMU7dVHR
>>779
>ただし、全てが正しかったと思ってませんよ。
あなたがどう思おうが勝手ですが、靖国の主張は「全て正しかった」。
そして、その靖国に参拝することが、その趣旨に賛同していると取られ
るのもしかたのないこと。
それが嫌なら靖国に主張を変えてもらうか、「一部は正しかった」とする
施設でも作るしかない。

871 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 02:05:22 ID:0iNNKvWi
>>870
視野が狭い。
論外な人間だ。

872 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 02:07:20 ID:IfeCtldo
>>870
>靖国の主張は「全て正しかった」。

また捏造か? 証拠を出せ。

873 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 03:02:36 ID:/xLm+RfF
>>807
激同!!

874 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 03:03:35 ID:SDmodw/5
>>872
靖国とそこに付帯する施設に、行って、見ろ。
それが答え。

875 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 03:12:41 ID:IfeCtldo
>>874
おまえらで好きな施設でも何でも作れよ。
各自、それぞれが好きなところへ慰霊に行けばいいのだよ。
全国民が同じ思想になる必要はないだろ。

876 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 03:16:57 ID:3irkLg18
>>872
毛沢東記念館とそこに付帯する施設に、行って、見ろ。
それが答え。

877 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 03:22:57 ID:IfeCtldo

中国にはトンデモ記念館がたくさんあるな。
中国全国民が、それを支持する所が異常な国だw

878 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 08:04:51 ID:RUydKDDf
>>849
[女子供を串刺しとかした知り合いでもいるのかよ?だったら自首させろ]
 おお!覚えてくれてはったんかあ。おおきにやでぇー。えらいレス遅うなってすんまへんなあ。
そやけど、感情的になったらあきまへん。
 おたくも戦争を体験した人を探してみなはれ。悲惨なもんやでー。わてが友人から聞いた話や。
 ある日の事や。シナから帰って来たはった友人の友人が、写真を見せよりましたんやてぇ。その
何やら古い写真に懐かしい日本兵が立たっとりましたんやてぇ。その横に小山のような物がありま
したんやてぇ。その小山のようなもんをもっとよく見てみたら、なんと裸で積み上げられた死体や
ったんやてぇ。日本が戦争に勝ってたら手柄になる写真や。わて、その話聞いてゾットしましたん
や。証拠もナシに言うてすまんなー。
ほいやけどお互い戦争に負けてよかったなあ。


879 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 08:41:49 ID:C9/ZTR5X
>>878
あんたの先祖で犯罪者はいなかったか?戦争で人を殺した先祖はいなかったか?
一人でもいたら、あんたが墓参りすると言うことは、その人たちの行為を良くやったと賞賛する事になるのか?
戦争で敵を殺したことを誉めたことになるのか?違うだろう。

先祖がどんな行為をやっても、子孫がその霊を祀る行為を恥じる必要が何処にある?
今日自分があるのはその先祖があるからであり、先祖を敬い崇拝して何が悪い。
なぜ自分の先祖や縁者を奉った神社に参拝をして悪いのだ?

880 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 08:47:22 ID:wZrlYUcF
亀レスだが

梅津美治郎は合祀されています。

881 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:10:06 ID:wZrlYUcF
西洋の無名戦士の墓と靖国神社は非常に酷似している事がわかった。
どちらも国が責任をもつべきものですな。

882 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:11:57 ID:f4xnsqPI
赤いハガキ一枚で家族を残したまま戦場に駆り出され、戦死・玉砕した英霊と、
負けると分かっていた戦争をおっ始め、赤い召集令状を200万枚も出しまくって、
自分は戦場にも行かず、ぶざまに負けた内地の指導者を、同じ社に祀る神経が
そもそもどうかしている。

「オマエらなんぞ、一銭五厘でなんぼでも補充できるが、馬はそうはいかん」


883 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:20:27 ID:yykk6KVN
社民どもは大政翼賛会に入り、自分達は戦争に行かず、善良な市民を赤紙で
戦争に送った。社民どもは、その反省も全くせず、さも自分達が戦争に加担
したことも無かったかのように、振舞った。社民どもほどの偽善集団は世界中
に存在しない

884 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:23:58 ID:wZrlYUcF
>>882

誰も100%負けると思って戦争はじめとらん。いかにして難局を打破するか
考えての苦渋の選択。武運つたなく敗れたけれども、後世のものが、さも勝ち誇った
様に単純に非難できるものではない。
所謂戦犯と言われる方は、祀られる資格があったから祀られた。それだけの事。
感情問題はまた別の問題。

885 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:43:47 ID:C9/ZTR5X
>>882
指導者の一部だけを差別して良い根拠は何だ?
死者への線引きにどんな意味があるのだ?

ごく一部の指導者の遺族だけを不当に差別することになる。
そうした人権侵害が正当化されるという事が許されるべきではない。

どんな事をやったとしても、子孫には罪はなく、その子孫が先祖を敬い奉ることを止める権利など誰にもない。
死者の縁者にとっても、その人を偲んで奉ってある場所を訪れることを批判されるいわれなど無い。

886 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:48:42 ID:f4xnsqPI
>>883-885
事実は純粋、かつ雄弁だ。

昭和天皇は戦後、B・C級とされた英霊が合祀されてからも、何度もご親拝
されている。異論はどこからも差しはさまれていない。
ぷっつりと靖国ご親拝を取り止められたのは、1978年東條英機元首相等が
合祀されてからだった。
崩御されるまで、二度と足をお運びになることはなかった。

国民統合の象徴たる今上天皇も、しっかりとこの方針を踏襲しておられる。

887 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:55:02 ID:C9/ZTR5X
>>886
何が言いたいのだ?
天皇陛下の意志と確認もされていないことを、天皇の意志と決めつけるのか?

天皇の意志だから、それに絶対服従しろと命令するのか?

誰が何処に参拝しようと、本人の自由意思であり干渉しないと言うことが憲法の趣旨だろう。

888 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:57:02 ID:uCkUipUE
http://homepage1.nifty.com/noranyan/index.html

889 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:01:12 ID:+h4hIgxM
>>886

陛下が行幸しなくなったのは、あまりにも周りが騒ぎ出した為。
静かな環境になれば行幸は復活するでしょう。

890 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:04:30 ID:twi4Y+3B
>>887
>何が言いたいのだ?

事実は純粋、かつ雄弁だ。読書百編意自(おのずか)ら見(あらわ)る。
拳拳服膺されたい。

891 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:04:48 ID:yykk6KVN
「天皇が靖国神社に参る」と言うのは論理的に矛盾する。
「神社」というのは、天皇の家来が神に成った時、その神を祀るもの。
天皇が神になったとき祀られるのが「神宮」。天皇は神宮に参ることは
出来ても、家来の神社に参るのはおかしい。しかも神社の神には家来の
身分である位階が付けられている。天皇には従二位以上の者しか拝謁できない。
正三位以下の神も合祀されている靖国に行くこと自体がおかしい。

892 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:15:44 ID:FaCxYhJ8
じゃー一旦、ここまでの話をまとめると、
「JR西日本・被害者・遺族・中国人・靖国神社 対抗 ボーリング大会」を開催しる!
って事でいい?なかなかアツイ戦いになりそうだよね。

893 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:34:17 ID:+h4hIgxM
>>891

またわけのわからん事をさも当然のように書く。
あんたの時代錯誤も甚だしい理論に付き合う気もないが、明治以降陛下を含め
皇族の方々が行幸されている事実をなんととらえる。
靖国だけではない。東京都の慰霊堂にも行幸されている。

おかしいとかおかしくないとかの問題ではなく、それだけ陛下が戦死者に思いをはせてる
現れ。それを否定する権利があんたにあるのか。

894 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:34:53 ID:HQQgnJPk
>>891
「参拝」でなく「親拝」とされている意味を考えよう。

別格官幣社でありながら、陛下のご親拝を何度もうけていた靖国が、
1978年以後、勅祭社のひとつに戻されたに等しい。

895 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:40:14 ID:+h4hIgxM
>>893

ことば尻を取られるのも癪だから自ら訂正します。

行幸・・・陛下、行啓・・・三后・皇太子両殿下、皇族・・・御参拝

896 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:43:51 ID:N7aIVvyh ?
なんだ。
平成天皇が靖国神社へ行幸されたら総理の参拝は問題なくなるということでOK?

897 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 10:57:49 ID:I1lo3xR+
>>896
なぜ小泉は上奏しないのか?
その前に公約通り08/15に参拝するのが、英霊への礼儀だ。w

898 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 11:09:51 ID:C9/ZTR5X
>>890
おーい 日本語が解らないのか?

昭和天皇が何をしようと自由だよ。

で、あんたが何を言いたいのか聞いているんだ。
あんたの意見が何処に書いてあるのだ?
どこを百編読めばあんたの意見が判るのだ、寝ぼけたこと言うな。

899 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 11:12:34 ID:C9/ZTR5X
>>878
あんたの先祖で犯罪者はいなかったか?戦争で人を殺した先祖はいなかったか?
一人でもいたら、あんたが墓参りすると言うことは、その人たちの行為を良くやったと賞賛する事になるのか?
戦争で敵を殺したことを誉めたことになるのか?違うだろう。

先祖がどんな行為をやっても、子孫がその霊を祀る行為を恥じる必要が何処にある?
今日自分があるのはその先祖があるからであり、先祖を敬い崇拝して何が悪い。
なぜ自分の先祖や縁者を奉った神社に参拝をして悪いのだ?

>>882
指導者の一部だけを差別して良い根拠は何だ?
死者への線引きにどんな意味があるのだ?

ごく一部の指導者の遺族だけを不当に差別することになる。
そうした人権侵害が正当化されるという事が許されるべきではない。

どんな事をやったとしても、子孫には罪はなく、その子孫が先祖を敬い奉ることを止める権利など誰にもない。
死者の縁者にとっても、その人を偲んで奉ってある場所を訪れることを批判されるいわれなど無い。

900 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 11:34:43 ID:ORv3r8LA
>>896
その通り、と思うよ。ただな、合祀のままではまずあり得んな。
見果てぬ夢もいいだろう、気が安まるんならさ。

901 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 11:57:06 ID:07NU+khu
>>879
>今日自分があるのはその先祖があるからであり、先祖を敬い崇拝して何が悪い。
>なぜ自分の先祖や縁者を奉った神社に参拝をして悪いのだ?

うちの先祖は空爆で死んだから靖国には奉られていません。
靖国は戦争被害者の慰霊碑ではない。
靖国神社という宗教法人が勝手に自分達の基準で奉っているだけ。
好きな奴は勝手に参拝すればいいが、
それが当然のことと言うのは思想信条を強要されない憲法に反しているし、
宗教法人に総理大臣が公式参拝するのも違憲だ。

>>887
>誰が何処に参拝しようと、本人の自由意思であり干渉しないと言うことが憲法の趣旨だろう

政教分離をご存知か?

902 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 12:11:00 ID:67pL1/ZC
思うに??この靖国問題も、反日組織による、日本の近代史を徹底的に教え
な事が原因でもあるのだろうな。
しかし、当事者の反日組織は「日本人は歴史認識が間違ってる」って無責任も甚だしい。

で、中国くんだりまで出張して「日本人の歴史認識はまちがってる」と、自分等が
誘導しておいて、自分等でそれを否定している。
真に、卑怯極まる組織、反日でもある訳だ。
つまり、反日の考えが変わらない限り、日本の将来は無いであろうな。
反日は、日本を認めていないわけだし。流れからするにそう言うことだろうな。
いたって、海外メディアも反日組織の情報を重く見ているわけだし、反日の今後の
動きで、それは決まるんだろうな。政府は・・能無しってきてる訳だし!
そして、中国なんぞの「ODA」も、反日によりコントロールされる可能性がある。



903 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 12:15:06 ID:+h4hIgxM
>>901

>政教分離をご存知か?

そっくりそのままあんたに返す。GHQ占領下で神道指令有効下で大丈夫だったものが
現憲法で違反になるわけない。政教分離は本来政治と教会との分離を定めるもの。


904 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 12:27:57 ID:67pL1/ZC
>>902 うえから2行目「な事」は「なかった事」の間違い。
    したから2行目「「無能しって」は「無能って」の間違い。

905 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 12:45:17 ID:07NU+khu
>>903
>GHQ占領下で神道指令有効下で大丈夫だったものが現憲法で違反になるわけない。

中曽根以前は誰も公式参拝なんてしなかったからね。
現行憲法でも私的参拝なら違憲ではない。

神道系宗教票欲しさに公式と私的の間をチョロチョロする小泉が好かんね。
心の問題ならひっそり私的参拝すりゃいいだけの話。
わざわざ何月何日に行くだの、記帳はどうだの宣伝する必要は一切無い。

906 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2005/05/06(金) 12:47:51 ID:NfS0Uc4h

人間というものは、するなと言われたら、したくなるものなのであある。

。。

907 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 12:57:51 ID:0KQ4DXLq
>>901
政教分離を定めた全ての国で
ただの参拝は問題なしとしている。
国際社会で常識だ。


908 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:02:26 ID:0KQ4DXLq
>>901
公式参拝などという法律的用語も存在しない。

国の公式行事なら違憲だろう。

909 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:12:37 ID:S4p3mNpT
世界の常識は日本では非常識、ついていけません。

憲法が理想を追求しすぎて非常識に出来てますから。


910 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:21:22 ID:HNzT0Knd
いまだに天動説言ってるキリスト教などの宗教者が言うな、ぼけ

911 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:24:48 ID:+h4hIgxM
>>905

>>908の言う通り。中曽根の参拝だけが公式だとするあんたの発想が間違ってる。
占領下に幣原喜重郎の葬儀が国葬で神式で行われた事実もしらんのだろうな。

最近のわけのわからん方々は、政治と宗教を完全分離したがる。全くもってナンセンス。


912 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:28:25 ID:F589hFJq
>>879 <今日自分があるのはその先祖があるからであり、先祖を敬い崇拝して何が悪い。>
 なにも悪い事おまへん。そやけど、悪い事をやった先祖やったら、恥ずかしやろな。
先祖があるからわてがあるてか?先祖の力でわてがでけたてか?先祖はわてを作る時は
ええ気持ちやったと思うけど、ひょっとしたら、わてがあるのは神さんのおかげかも知
れへん。ほいやけど、靖国に祀られちゃる神さんと違うかも知れへんど。ありゃ、人間
を作る事、でけしまへん。まあ、ナンやなあ、悪い事してても、ええ事したて嘘ついた
らあかんわな。嘘は泥棒の始まりやさけな。

913 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:42:26 ID:RytbR5ri
こねずみが参拝やめたら、自民票は何票減るんだ?

914 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 13:47:42 ID:H8+ESyMZ
小泉は内閣総理大臣だ。内閣の構成員。この構成員が、内閣の決議なしで参拝
するなら私的参拝。内閣の決議で参拝することになったら公的参拝。
私的参拝は個人の信教の自由であるから、総理大臣が仏式の葬式に出ても
キリスト教式の結婚式に出ても、神社に初詣に行っても問題ない。


915 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:01:58 ID:C9/ZTR5X
>>912
中国にとって悪いことでも日本にとって悪いことでないなら、日本では問題ない。
それぞれの価値観が違うのだからあきらめるべきだ。
無理矢理価値観を強制しようとする中国の言い分を認める必要性などまったくありませんね。

中国が日本人を通州で民間人を一人でも惨殺したなら、報復に中国人を百万人殺しても、
それは日本にとっては正しい行為だよ。

916 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:03:02 ID:C7aSZkgF
>>911
>幣原喜重郎の葬儀が国葬で神式で行われた事実もしらんのだろうな。

うそをつけ。築地本願寺で衆議院葬だ。

戦後の国葬は吉田茂の葬儀のみ、宗教色を排した形式により日本武道館で行われた。
佐藤栄作は国民葬で同じく武道館。あとの首相は党葬か合同葬だ。

917 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:03:59 ID:9LyOHzmN
>>879さんへ
 ええこと考えた。
 先祖があるさけわてがあるてか?神道やったら、わてが死んだら又生まれ変るん
やろ?神道も輪廻を言うとるさけな。そうやったら、わてがその先祖の先祖かも知
れへんでェ。ほんなら、もしかしたら、わてはおまんの先祖かも知れへんさけ、お
まんもわてを拝まなあかんかも知れへんわな。そう考えたら照れくさいわあ。すま
んなあ〜。拝んでもろて。

918 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:08:09 ID:67pL1/ZC
いえることは、日本の靖国問題は完全に中国、韓国に利用されてる・・って事意外は
考えられない事だろうね。
いくら、真面目な??日本歴史観の持ち主の意見でも、要するに何でも否定する事以外、
頭には無い・・卑怯者は常に靖国問題を大げさにする訳だ。
以外は・・無いんだよな〜〜

しかし、まぁ〜〜真面目と言うか??大馬鹿と言うか??、真面目に議論をしてる事の
無意味さを、全く理解してないのも、日本の隠れた洗脳政策とも言えなくもないがね〜〜

所詮、反日には「靖国合祀問題」なんぞ、どぅでもいい事らしい故・・よく書き込みの
内容を分析するのも、自分改革と、言う意味では被害者にならない保護で、あるのかも!

919 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:20:44 ID:uprxKymm
>>916

ID:+h4hIgxMではないが、占領下で築地本願寺で衆議院葬でなぜ政教分離にひっかからない。
衆議院は国の機関ではないと?
吉田茂の国葬は宗教色を排除したとはとても思えん葬儀だったぞ。

920 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 14:30:20 ID:/xLm+RfF
国内において、あの戦争の指導者の罪が最も重いことは確か。
批難されて当然。 ドイツのヒットラーの子孫は(いるのか?いるとしたら)どんな気持ちで生きるだろうか。 そしてどんな気持ちで生きたら、人々に認めてもらえるだろうか。

そして。 そんな戦争をした過去を背負う日本人は、どういう姿勢でいたら、いいのだろうか。

負の歴史?…だっけ、そんなような言葉があるよね。ドイツ人も、アウシュビッツのこと抜きに国を語れない。

狂気の指導者の元、それに従い、日本人は狂気の行いを実行したことも確か。
実行犯は、一般庶民。 我々と何ら変わることのない人々。

これら全てを、日本人は謙虚に、また卑屈にならずに、背負って、現代、そして未来を生きないといけないと思う。
それだけのことができるのかどうか、そういう日本人の姿勢は、常に諸外国から見つめられていると思う。 特にアジアの国々に。

いつまで経とうと敗戦国という弱い立場をキープし続け、アメリカの属国としてしか道がないのかどうなのか、
所詮、日本人とはその程度の民族だったか、
敗戦したことで、属国としてしか歩んでいかないのかどうなのか、

少なくとも、個人としての誇り、自尊心は、捨ててしまいたくなどないね。
権力者に擦り寄って生きる、などというチンケな生き方をして、それで満足するような人間には、死んだってなれない。
これが私の自尊心。


921 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:42:27 ID:uprxKymm
>>920

かならずいるね、あんたみたいなの。ドイツ(ナチ)のやった事と日本のやった事を対等に並べる
のが間違いだと気づきませんか?
民族抹殺を実行しようとした指導者と、日本の戦争指導者が同じなわけないだろう。

ドイツはすべての責任をナチに押し付け、ドイツ国民は悪くないと言う態度で現在に至っている。
日本の参考にはならないね。

922 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 14:45:13 ID:/xLm+RfF
>>921
笑。対等に並べる?

比較対照でしょう。参考でしょう。 何か変?


>>920のメール欄、真面目バージョンと入れたつもりが真面目バーションになてたよ。


923 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:51:14 ID:Pz7ziCGE
>>919
>宗教色を排除したとはとても思えん葬儀だったぞ。

どういう点がそうだったか、具体的に言ってみてくれ。

924 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:55:43 ID:xS0L6ua1
結婚式には神式とか仏教式あるいはキリスト教式などあって
以前は宗教的な意味あいが強かったようです。
しかし最近は宗教にこだわりが少ない人たちの間で
人前式などもあるようです。

これに対して葬式は人間の生と死に関するものとして
本来宗教的なものです。
葬式から宗教色を排除することはできないことです。
中心にあるものは死者本人と遺族との宗教感情であり
葬式はそのための儀式だからです。

国がこのような儀式にかかわることの是非について議論がありますが
まさか国が人前式の葬式をするわけにも行かないので
葬式をする以上は故人の宗教を重んじて
ある程度の宗教色が付加されるのはやむをえないことです。

しかし靖国公式参拝の問題とは少し違うんじゃないでしょうか?

925 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 15:35:30 ID:/xLm+RfF
>>921
>ドイツはすべての責任をナチに押し付け、ドイツ国民は悪くないと言う態度で現在に至っている。
>日本の参考にはならないね。

日本は、東条以下も裁判にて処刑され、罪を償ったとして、
それもA級戦犯に罪はない、あの裁判は間違いだったと言い切って、
結局、日本人は誰も悪くない、
と思っているという認識でおっけー?

全ては「戦争が悪いのだ。」
と思っているという認識でおっけー?

926 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:35:47 ID:67pL1/ZC
そうなんだよ!反日に・・真面目な議論を望む事は馬鹿の境地でしかない訳だ!

つまり、反日は、基本的に真面目な意見に対して「馬鹿思想」での論理で返す
と・・・言うわけだ。
つまり、どの道自分思考以外の意見は、完璧に馬鹿にする以外は無いって事だ。

927 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:41:12 ID:67pL1/ZC
プッ・・・(ww!
ジャッキー・チェーンを、叩きのめすのも少しは効き目有るのかな??
このところ日本にも多く、顔出しても・・おるしな〜〜

叩きのめすか!!・・・一丁、やったるか!

928 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 15:48:37 ID:/xLm+RfF
死者に鞭打つ…云々、っていうのは、方便だよなぁ。
死んだら罪が問われないというのが日本に根付くとすれば、それはとても危険なものがないだろうか。
勿論、気持ちは解る。例えば、自ら命を絶ってしまった人に対して、それをどう乗り越えたらいいのか、残された人には割り切れないなんとも言えない気持ちが残る(私だけかな)。

道徳観というよりも宗教観…かもね。

以前も書いたことがあるのだけど、死刑になりたい凶悪犯罪人を死刑に処して、それがどうして罰に成り得るのだろうね。
日本人のこの、死者・死に対する道徳観・宗教観・倫理観は、どこか微妙に危険なものをはらんでいる気がしている。


929 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:49:06 ID:67pL1/ZC
連続カキコになりそうだが・・・「天のジャッキー」とやら・・
あんまし、日本人を馬鹿にせんほうが・・エエぞ!

日本から「香港映画」締め出し・・なんて、事・・あるかもよ!
で、エエンかいの??

930 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:51:20 ID:g4UQNNUK
>>928
感情論の問題ではないよ、なんでそれを感情を感情で返すんだ


931 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:51:58 ID:67pL1/ZC
天のジャッキー・・お前、日本語おかしいで!

932 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 15:54:04 ID:/xLm+RfF
>>927
エネルギーのはけ口を、もっと別な方へ持っていったら?

ちょっと今の日本は、エネルギーのはけ口を求めているような気がして、私は少し危機感を感じている。

馬鹿なドンパチ、やらんで欲しいのよね。


933 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:56:30 ID:g4UQNNUK
>>932
それで彼方が旗振りできるとでも?
そもそも、日本はすくなくとも中国人と違って破壊活動はしてないよ

934 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 15:56:54 ID:/xLm+RfF
間違っても、よその国や権力者に、利用されんといてね。

>>930
感情論の問題ではない?
感情論を無視して、今の外交問題が語れるなら語ってみい。

935 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:00:15 ID:g4UQNNUK
>>934
今のところ外交は、言霊信仰ばりのおおよそ親父ギャグ脳で決まってるとしか思えないよ
それは言葉を見れば感情に見えるかもしれない、悪意が或るからね
でも利害だけで動いてることは間違い無い
 
僕はそういった謎を知りたいだけの男だが、危険というよりもその幼児性に危惧してるんだ

936 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 16:02:26 ID:/xLm+RfF
外交だけじゃないわ。
靖国問題もじゃわ。

>>935
ご心配なく。
幼稚なのは日本人の多くではなくて、この天のジャッキー様くらいだからw


937 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:08:02 ID:g4UQNNUK
それがねえ
>よその国や権力者に、利用されんといてね。
アメリカ財務省長官の迫力は違いすぎる、アジアでさえも

938 :天のジャッキー:2005/05/06(金) 16:15:19 ID:/xLm+RfF
>>937
解る人だけでも、きちんと把握しておいて、
そして危険信号を発していたら、少しはいいと思うんだよ。
どれだけのことができるかはわからないけどね。

現に、中国の反日デモは、どうやら失敗したっぽいじゃん。目論んだ輩の計算どおりの成果が得られず、失敗に終わったんじゃないの?

次には何を準備してるだろうね。


939 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:22:16 ID:67pL1/ZC
>>932 おまえ・・何、ビビってるわけ!
お前が仕掛けた訳だよ。で、郵政の350兆円、何時略奪計画してる訳??

お前等の、本当の目的はそこにあるんだろ。
でなきゃ〜〜遠まわしに「戦争責任」での・・「早よう金ださんかい!」は無いわな!
それが、おまえら、中国、韓国の常套手段・・だもんな〜〜先輩様〜〜ってか。
日本も、あんまし聖人君子面してる人間が・・居ると、長い事ないだろな!
外交??外交なんて「言語」おまえら、中国、韓国に理解できるんかいな??
で、外交問題と、靖国問題は別??天のジャッキーは、それを証明している。

940 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:27:42 ID:67pL1/ZC
今のところ、変な言い回しには十分注意して、損は無い。
反日の、かく乱戦法の洗脳に・・・注意が必要だ!

941 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:28:32 ID:uprxKymm
>>925

日本人ではまがりなりにも議会は機能していたし、東條以下の所謂A級戦犯も自分たちが
選んだと言う負い目もある。当事の日本人は数人に責任をおっかぶせて私は知りませんなんて
態度をとらなかったし、とれなかった。ドイツの責任の取り方はA・ビアスが「責任とは他人なり他の
物に安易に押し付けられる荷物」と皮肉った域を超えていない。
終戦後一億総懺悔なんて言葉も出たが、戦闘行為をしてしまったそのものに対して、そして敗戦して
しまった事に対して偽らざる本音だった部分もあるだろう。
東京裁判が不法な復讐劇であったことは論を待たないが、その茶番劇の人身御供になってしまった時の指導者
がいたのは事実。彼らは交戦国に対しては国際法上責任はないと考えるが、国内に対しては敗戦してしまった
責任はあったであろう。しかし、それを裁く機会を連合国によって奪われてしまった。
だから現在のような、宙ぶらりんの状態になっている。誰にどのような責任を負わせるのかは、もう少し歴史の
判断にゆだねるべきであろう。

942 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:47:12 ID:vczvnlJj

アリランTV、来月からブラジルで放送開始 「日本文化の独走を牽制する機会」[04/26]
http://www.yonhapnews.co.kr/news/20050426/030000000020050426182544K0.html

>アリランTVはブラジル進出に対して、「長い間日本と親密な関係で
>活発な交流をしているブラジルに韓国を知らせることができる重要な
>足場を用意したという意味がある」と語った。

>アリランTVはまた「ブラジル内での日本文化独走を牽制して多角化
>する機会になった」とし、「ブラジルでともすれば歪曲される日本と
>韓国に関する歴史を直すことができるチャンネルになる」と付け加えた。


                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧ ∧    < 日本に歪曲されたウリナラの文化と歴史を正しく伝えるニダ!
       ⊂<`∀´ >つ-、 \_________________________
      ///  /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------| |


943 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 17:18:05 ID:xS0L6ua1
例えば外国にいる日本人で
日本のため非常に英雄的な行いをして
そのために命を落とした人がいたらどうでしょう。
その人の葬式に国務大臣が公の身分で参列したとしても
政教分離に反すると言って避難する声は上がらないはずです。

たまたま故人の葬式が神式とか仏式の方法に従って行われる場合に
そこに公の身分で参列することは
故人の宗教を尊重し国としての感謝を表すという意味で
礼儀にかなったこととして許されるでしょう。
国は宗教に関わってはいますが主体的な関わり方ではないからです。

これに対して靖国の公式参拝はどうでしょうか。
たしかに儀式は靖国が執り行い
国はそれに公的に参列するだけですから
公的に葬儀に参列する上記の例に似ていないこともありません。

戦死者に対して国が公に哀悼の意を表することは良いことです。
しかし靖国の公式参拝は
たまたま戦死者が靖国に祀られているから参拝するということではなく
国として戦死者は靖国に祀られているべきだと考えるから
参拝するということでないでしょうか。

それは靖国に特別の宗教的立場を認めようとするものだと言われて
反論することができるでしょうか?
戦死者に対する思いは同じでも
靖国に祀られることについては各人の宗教的思いは異なります。
公式参拝そのものに問題があるのだと思います。


944 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 18:29:15 ID:g4UQNNUK
>>938
口が韓国に変わっただけのようだ

945 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:17:21 ID:URU2aSVz
>>943
おまえの下手くそな文見ると「また、あのアフォが書き込んでやがる」って思う。
靖国反対は同感でも、浅いんだよ。
公式参拝以前の問題なんだよ、靖国の本当の問題は。

946 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:29:12 ID:IQe32J/1

無知蒙昧な【社会主義=日本軍】がしでかしたことを、

厚顔無恥な【右傾勢力=自民党】が美化しようと必死。

その構図がオモシロイ。



947 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:33:04 ID:IQe32J/1

【反日】という言葉は、【旧日本軍】と【その支持勢力】のためにある言葉だ。



948 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/06(金) 22:34:45 ID:piE0oe+T
あんりまー、そろそろ、スレ立て誰かに頼まないといかんぞなもし。
わちくしは、なーんでか、知れんねんど、このスレ、よう立てられまっせんねん。
こまったもんだでやー。

949 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:36:44 ID:IfeCtldo
>>920
ドイツ人は犯罪のみ謝罪しており
戦争自体の謝罪はしていない。

戦争を謝罪している国など無い。

950 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:37:52 ID:xS0L6ua1
>>94
まぁ当面は靖国参拝が問題ですから

951 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:49:42 ID:IQe32J/1
靖国17は、こちらです。

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1115386725/l50

重複してしまったので、ご注意ください。


952 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:52:02 ID:IfeCtldo
>>901
>宗教法人に総理大臣が公式参拝するのも違憲だ。

そんなおかしな国がどこにあるかよ?
常識的に考えろw

953 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:56:09 ID:C9/ZTR5X
>>920
戦犯の親族というだけで、日教組のバカ教師たちに学校で連日のように子供が虐められた。

お前はそんなバカ教師を良くやったもっと苦しめろ、中国の恨みはもっと深いのだと煽るのだろうな。
お前がその教師たちと一緒に子供を虐めて、俺は正義をやっていると満足していたサディストの餓鬼か?

戦犯の罪など刑を受けたことで充分以上に果たしている。
それ以上追求など事実上出来ない。
遺族に罪はないし、遺族がそれを弔い神と奉ることは遺族たちの正当な権利だ。
遺族だけでなく関係者が同じく奉ることも参拝することももちろん自由だ。



954 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:57:59 ID:IfeCtldo
もし裁判所が、宗教法人を生い立ちで区別したら
裁判所が憲法を犯すことになるw

どんな理屈をつけても、違憲判決などありえない。

955 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:59:28 ID:nlaauUh0
 そうなったのも国家神道が政治に深く関与し、国をおかしな方向に導いたからだ。
日本が政教分離に厳しいのはそのためだ。魔教=国家神道

956 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:01:10 ID:IfeCtldo
>>955
おまえの思想こそが、憲法違反だw

957 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:04:53 ID:IQe32J/1

日本の敗戦というのは、社会主義体制が通用しないと証明してしまった、最初の事例なのか?


958 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:10:20 ID:IfeCtldo
>>955
>国家神道が政治に深く関与し

妄想だろ。
恒に争いごとの種となったキリスト教や仏教に比べりゃ
神道は争いとは無縁だろ。

神道の神は、人に説教などしない。



959 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:13:25 ID:IQe32J/1

まぁ、靖国ほど、社会主義体制に上手く溶け込んだ宗教が稀なのは確かだ。


960 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:13:42 ID:C9/ZTR5X
戦時中の靖国が軍国主義に利用されたことは事実だが、
60年前と時代も環境も大きく変わった。

靖国参拝を危険な物という認識は、今の時代では過剰反応と言うべき物だ。
法の適用も時代と共に変化しても何の問題もない。
総理が参拝して、それが軍国日本を復活させるなどと言う妄想は捨て去るべきだ。

猥褻の基準が大きく変化したように、過剰な政教分離など今の日本には必要ない。

961 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:16:43 ID:IQe32J/1

靖国を盾にしてまで、なぜ、当時の社会主義体制を美化しなければならない?



962 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:21:32 ID:IfeCtldo
>>959
人がただ神にすがっただけだろ。
なんとしても、敵を作りたいんだな。

他のわけのわからん宗教に比べりゃ遥かにマトモだろ。
他の宗教と比べてもの言え。

963 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:22:46 ID:C9/ZTR5X
自分たちの国を護るために戦った兵士たちを敬い奉ることは当然のことだ。

そうした兵士が奉られた靖国を侮辱するなど実にけしからんことだ。
御盾となって下さった方たちを敬うことは日本人として当然のことだ。

964 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:23:13 ID:IfeCtldo
>>961
行き過ぎた民主主義による全体主義だろ。

965 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:23:59 ID:IQe32J/1
>>963

そんなに社会主義が好きなのか?


966 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:25:07 ID:IQe32J/1
>>964
>行き過ぎた民主主義による全体主義だろ。

いずれにしても、資本主義を否定したことは間違いない。


967 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:28:29 ID:IfeCtldo
>>966
資本主義は否定されてないだろ。
企業も国益に協力していた。


968 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:31:47 ID:IQe32J/1
>>967
おれは、国家総動員法は資本主義の否定だと思うのだが・・・

どんな市場経済主義の原則に則り、国家総動員法が実施されたのか、

もし、説明が可能なら、よろしくお願いします。



969 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:34:00 ID:C9/ZTR5X
>>965
なんで靖国参拝を支持すると社会主義になるの?

970 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:35:42 ID:IQe32J/1
>>969
つまり、当時の社会主義体制を維持するために、
引っ張り出された宗教としての側面を、
靖国は否定できないと思うわけ。


971 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:39:01 ID:IfeCtldo
>>968
日本は

国の構造=資本主義
企業内部の構造=共産主義・社会主義

という2重構造だからややこしい。
詳しいことは知らんw



972 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:40:14 ID:coefM+Ur
中国政府は多くの日本国民の感情を傷つける事をした。

靖国神社批判、
牡丹社事件、
通州事件、
中央宣伝部国際宣伝処工作、
対敵宣伝科工作活動、
日本解放第二期工作、
台湾弾圧勢力支持扇動、
歴史教科書歪曲、
原潜の領海侵犯、
境界海域資源採掘、
旧日本軍作成の武器引渡しリストを返還拒絶、
通名と特別永住者制度、
近隣諸国条項、
政治三原則、

など、確実に日本国民の感情を傷つけた。

973 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2005/05/06(金) 23:46:38 ID:piE0oe+T
何回か、新スレ告知した方が、いいと思うよ。

>>951が立ててくれたことに感謝して。
靖国17は、こちらです。

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1115386725/l50

974 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:49:27 ID:lyKycrtf
戦前の日本が国家社会主義だったことは、言論統制、配給制等で明らかなわけですが。
ナチスドイツはドイツ労働党と言う立派な国家社会主義政党だった。イタリアも同様。
その様な国々と日独伊三国同盟を結んだ日本は?

と、言いながら私は靖国の英霊を戦犯と言われている方々を含めて供養する事については当然だと思っております。
日本人は古来から、死者に対して寛容です。
愚かだと思われる戦闘も行われてきましたが、明治維新の官軍と賊軍どちらが正しかったのか判断できません。
それと同様に、アメリカから経済封鎖された日本が開戦に踏み込んだのが正しかったかどうかも判断できません。
大まかな判断をすれば、戦争はいかなる状況下でも行ってはならないものです。
しかし、当時の世界状況の中で日本が戦争に踏み込まなかったとして、現在の日本の繁栄が有ったかどうかは、
誰にも判断できることでは有りません。
戦前の政策等の是非はともかくとして、その方々の礎で我々は生かされているのです。

975 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:53:02 ID:67pL1/ZC
この、靖国問題の一番の問題は、歴史認識の有り方に、反日組織の誘導が国債世論
として、定着している事に、国際世論として「何ナノかな、この国は??」が、ある。
つまり、日本人が一番歴史認識について、徹底的に「日本の戦争は侵略である」と、
日本人が騒いでいるところが、「どうも、日本という国の有り様は、ふしぎだ」と、
なる訳だ。
ふつう、自分等の国を平気で批判出きる事は、大変な事であるという事だ。
どこの世界に、「自分の国は侵略国で最低の民族の国である」とは・・普通はいえない。

つまり、この問題は、反日組織自体で引き起こした、戦後最悪な問題であるとともに
反日組織が「日本とはこの様な認識の国である」と、国際世論に納得できる世論誘導が
無い限り・・残念ながら日本の外交面で、国際世論を納得させる事は出来ナインだろうな。

つまり、もはや、日本政府は「反日組織」に乗っ取られ、牛耳られている訳で、
この様な、強健組織・反日組織をコントロールできはしないであろうな。
にほんが、いくら低姿勢で「戦争の反省は甘んじて受け入れる」と、幾ら示そうが
日本国内で、日本人が「それを我々は受け入れる事は出来ないことだ」と、言い続けて
いる不思議さを、日本政府として説明のしようが無い事であろう。

どぅ〜〜考えても、「自分等の国は犯罪国である」と、いえてる、国がこの世に・・
存在、し得てる・・か??に、尽きるであろうな。
戦後賠償にしても、反日政略ですべてが動いている訳で、「戦後認識・・云々」は、
残念ながら、反日組織には全く関係なく、如何に日本から賠償金を出させるか・・以外
あたまには・・無い。と言う事の認識を、我々は実感すべきだろうな。
すでに、日本は植民地より最悪な、国政状況にあることを知るべきだ・・

   つまり・・>>>>奴隷植民地である事・・を。<<<<

976 :974:2005/05/07(土) 00:04:09 ID:lyKycrtf
書き忘れていました。

しかし、現時点での首相の靖国参拝については賛同できかねます。
特に小泉首相は、対外的にも国内的にも、靖国に対する説明責任が欠けています。
堂々と主張し、国際世論からある程度認知されてからの参拝ならともかく、
論戦する事無く、曖昧な言動のみで、姑息に参拝する。
そのような、態度が日本人全員が卑怯者の様に世界に見られている事に憤りを感じます。

977 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:09:01 ID:QdnhV/SX
>>976
やっぱなぁ〜〜お坊ちゃま、お嬢ちゃま教育を受けたら・・・この様な思考しか
もてないのであろうな・・・言ってろ!!
100万年経っても3ばか(三国)はみとめないじょ〜〜

978 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:11:32 ID:gabZ+4U/
>>943
>たまたま故人の葬式が神式とか仏式の方法に従って行われる場合に
>そこに公の身分で参列することは
>故人の宗教を尊重し国としての感謝を表すという意味で
>礼儀にかなったこととして許されるでしょう。
>国は宗教に関わってはいますが主体的な関わり方ではないからです。
政治家が靖国に参列するのは、「故人の宗教を尊重し国としての感謝を表す」のであるから、
許されるというのは、問題のはき違いです。
場合によっては、つまり宗教によっては、いくら故人を尊重したくても国としての感謝を表し
えないものもありますし、そもそも問題はそこにはありません。
公式参拝か否かにこだわる人は、大方、どうしても過去の先入観から抜け出せない人か、
ことさらこの種の問題を意図的に政教分離と結びつけようとしている人が大半を占める
のでしょう。
逆に、私を含めて公式参拝や靖国と政教分離の関係にこだわらない人は、総理がキリスト
教の教会やイスラム教のモスクにいって、参拝しても、ことさら政教分離や公式参拝を持
ち出して騒ぐことはない人たちでしょう。
ましてや、とにもかくにも神道である靖国ですから、公式参拝であるべきとすらいえるで
しょう。
上記の公式参拝の問題や政教分離を持ち出す人の中には、靖国の時だけ、大騒ぎする人も
いるようですが。
中国や韓国が靖国問題を取り上げるのは、本来は日中友好。日韓友好を唱える上で、靖国が
これほど大きな障害にはならないとはき違えたからに他なりません。
容易に解決できるであろう課題をあえて象徴として大騒ぎし、それを解決することで、為政者
自身の手柄と両国の友好関係を得るという一挙両得をにらんだつもりだったのでしょう。
多くの日本人の心の問題を、あまりに安易に捉えた分析の甘さの結果です。
おそらく本音では、他の、もっと解決しやすい問題を、一つの象徴として
取り上げれば良かった後悔していることでしょう。
したがって、これは、中国、韓国の国内問題であり、日本人がおたおたすることはないのです。
私は、これらの国と日本とが友好関係にあることを望むものですが、そのために日本人の心が
傷つき、自信を失うようでは本末転倒です。
そのようなことでは、真の友好関係など結べるはずもありません。

979 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:20:12 ID:QdnhV/SX
>>978 いえてるね!
この靖国問題は何を隠そう、反日であり、一部政府外交高級官僚の仕業でしかない。
しかし、日本の場合「反政府」としての有り方は、国債常識と照合できない不思議は
何、なんだろうね??
真に不思議なのは「反日組織(反政府)」でもあるね。

980 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:22:44 ID:QdnhV/SX
>>979 「国債常識」は「国際常識」の間違い。

981 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:23:49 ID:mnr79/NT
>>978-979
〜ちゃんが悪いんだ〜〜〜っと泣き叫ぶ子供と同じ。
中国にチャンと物言えぬ日本政府を炊きつけろよ。

982 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:28:40 ID:QdnhV/SX
>>981 だからさ!・・出来ないんだよな〜〜これが!!
反日が「認めない」物は、国際的に認めてはもらえん・・のだわ!!さ!!

お分かり・・でちゅか??。
お前が認めても??反日が「だめ」といったらどうするか??
の、世界だわさ!!・・おわかり??(余計な説明はしないよ。混乱するだけだから)

983 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:40:45 ID:qTifCp0I
>>919
政府が特定の宗教を選んだわけではなく、故人、遺族、知人の要望によるものだから。
だから、今後何らかの戦死者遺族からの要請があったなら、靖国が国葬に関わることもありえる。
個人の選択の範囲や、法に基づいた宗教一般に対する関わりなら行政が関わってもいい。
行政が宗教を特に選別してしなければいいんだよ。
だから、極端な話、要望によっては層化戒壇による国葬もできる。

行政や、そこに属する公務員が「特定の宗教」を選別したり、そこに関わったりするのがまずいわけ。

984 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:51:25 ID:qTifCp0I
・戦没者○○さんの葬儀(浄土真宗西本願寺派)の葬儀に公務として参列 -OK
・戦没者○○さんの国葬は本人の信教と遺族の要望を鑑み、仏教形式で -グレー
・戦没者○○さんの国葬は政府の方針により、浄土真宗○○寺で行います -×

985 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:52:37 ID:HoyTJKN7
A級戦犯は、その裁判過程がいかにデタラメなものであっ
ても、それを対外的に主張しない限り、外国からは犯罪者
は犯罪者としてみなされる。
キリスト教的精神から見れば、間違ってると思うことを
主張せずに、曖昧にしておくのは、神に対する背徳。
反日に対する日本政府の言い分は、誰も聞いちゃくれない。
このまま事を収めたいなら、謝罪し公式参拝やめるかA級分祀しかない。

986 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:56:19 ID:CGgmVpPN
>>978
> 政治家が靖国に参列するのは、「故人の宗教を尊重し国としての感謝を表す」のであるから、
> 許されるというのは、問題のはき違いです。

943はそんなこと書いてありますか?
靖国に公式参拝をする政治家の気持ちとして
国としての感謝を表すということがあるのかもしれません。
しかし故人の宗教を尊重するという気持ちは多分ないでしょう。

987 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:03:19 ID:5vZpHqQV
シナは歴史的に朝貢関係を求める覇権主義の国です。欧米に植民地化され
たことには鈍感なのだが、隣の古代、中世を通じて格下だった日本に
侵略されたことが相当腹に据えかねるらしい。なにかにつけイチャモン
をつけてくる。
ことさら被害者をよそおって無理難題を要求する。こういう手合い
いますよね。
共産党が政権を獲れたのも、また今日の中国があるのも日本のおかげだ
ということを棚に上げて。

988 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:09:34 ID:CGgmVpPN
>>984
民間人の葬式に政府関係者が公務として参列できるのは
例えば民間人が国務大臣をテロから守るため命を落とした場合などに
限定されるでしょう。

989 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:18:11 ID:CGgmVpPN
>>983
吉田元首相の国葬も宗教色が出過ぎないように配慮されていたはずです。
国がどうしても宗教にかかわらざるを得ない場合は
最小限に止めなければならないことは言うまでもありません。

990 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:27:13 ID:qTifCp0I
>984の立場で、吉田の場合は、グレーだと思う。

991 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:51:37 ID:QdnhV/SX
>>985 その様な正統派の議論では「反日」の思う壺!
要するに「反日」は日本人で有りながら、日本人を馬鹿に出きる人間の集団であり、
正統派議論は、一切認めた事実はありません。
「お前の考えは間違ってる」以外は無く「それもあり得る」は、全く無い事だね。

要するに「反日」の思考回路を強制する以外方法はないんだろうね。
その、強制に関する法律は、日本には存在していない。
つまり「国家反逆の定義」の法則による。法律は存在していないと、言う事で、
日本では、「反日」に対しては全くの無防備である事のほうが・・問題でもあろうね。
今後の、法律学者の悩める・・所でも、あるのかね〜〜

あまり??強健であれば・・「人権団体」が、牙を向くだけだしね!

992 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:55:08 ID:CGgmVpPN
葬儀は本来宗教的な事柄ですから
国がかかわる場合も人前式でやって
宗教と無関係に済ますという訳には行きません。
ことに葬儀の中心は個人と遺族の宗教感情であることを考えると
遺族の希望にある程度配慮するのはむしろ礼儀と言えるでしょう。
ですから国が国葬など葬儀に関わることの是非にについては
議論があるでしょう。

993 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:55:52 ID:QdnhV/SX
>>991 追記・・かといって、現在騒いでいる「人権保護法案」はそれに当てはまらない。

994 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 02:00:03 ID:LnSqK1Aj
残りわずかなので、次スレを再度載せておきます。

靖国の背景を考える★17
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1115386725/l50

995 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 03:11:29 ID:LnSqK1Aj
>>927>>929

今頃気付いたけど、コテは天の邪鬼(あまのじゃく)をかけてるんだからね。
何を言っているのか理解できなかったよw

996 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 03:21:21 ID:jIsALkTE
>>958 >国家神道が政治に深く関与し>妄想だろ。
恒に争いごとの種となったキリスト教や仏教に比べりゃ神道は争いとは無縁だろ。
神道の神は、人に説教などしない。>
残念ながらそうではありません。八紘一宇の教義のもとに戦争しました。

997 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 03:32:17 ID:HzmqRYF/
靖国=カルトといっしょ

オウムがポアと言う美化された言葉で殺人するのと同じ

998 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 03:37:34 ID:LnSqK1Aj
宮崎県宮崎市に、平和台公園というところがあって、平和の塔というのがあります。
何の知識もなく見に行ったんですけど、案内板を読みながら行ったんですけど、
いざ間近に行って見上げて驚きました。
…なんだあこれは?? 
四隅を、でっかい人の形をした銅像が取り囲み、剣を持っていたりして、それも日本的な雰囲気のないもの。
ものすごい、威圧感なのです。

正面からまじまじと見ると、八紘一宇という文字が書かれていたんです。
私には初めて見た言葉でした。

意味を探すべく、案内板を見ていましたが、さっぱり何のことやらわかりませんでした。

これは一体、何なのだ…

無知な私にとっては、訳の分からない感情を抱いて帰りました。予備知識無しでは、理解できない物体でした。


999 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 03:44:34 ID:aMtoozsD ?
>>998
999取るついでに八紘一宇について
http://www.jcp.or.jp/faq_box/001/991111_faq.html

1000 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 03:44:41 ID:8jr8gvML
>>998
どうも「八紘一宇」は曲者だね。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://money3.2ch.net/seiji/

431 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)