2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から23

1 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 22:02:39 ID:SsbgClQ5
前スレ
不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から22
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1112367897/
過去スレ・ミラーは>>2-3

重複タイトルのヤワザの殲滅から・・

2 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 22:03:44 ID:SsbgClQ5
1  http://money.2ch.net/seiji/kako/988/988802017.html
2  http://money.2ch.net/seiji/kako/1025/10257/1025774627.html
3  http://money.2ch.net/seiji/kako/1032/10320/1032003273.html
4  http://money.2ch.net/seiji/kako/1036/10367/1036743132.html
5  http://money.2ch.net/seiji/kako/1038/10386/1038662779.html
6  http://money.2ch.net/seiji/kako/1043/10432/1043217648.html
7  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1049940217/
8  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1053160229/
9  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1062653248/
10  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1068216032/
11  http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1073334146/
12  http://money2.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1078566359/
13  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1083317053/
14  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1087437514/

3 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 22:03:58 ID:bOeDvb/F
デモで押し切れば日本人は黙ると思われてる事は良くない

4 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 22:04:37 ID:SsbgClQ5
15  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1089772295/
16  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1092420292/
17  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1098971679/
18  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1103174479/
19  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1106535910/
20  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1108625095/
21  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1110562904/

ミラーサイト
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%95s%97%C7%8D%C2%8C%A0%96%E2%91%E8%81@%83%84%83N%83U%82%CC&andor=AND&sf=0&H=&view=table&G=%90%AD%8E%A1%8Co%8D%CF

5 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 22:07:09 ID:VccUUqzr
>>1,2,4


>>3
テンプレ作成中に割り込まないよーに

6 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 22:26:56 ID:Qg8NusbU
>また、アイフル社員が、熊本県の「被害者の会」相談員を、
>「お前らなんてつぶすのなんともねえんだよ」「ばかたれ!
> ばかたれ! じじい!」などと罵倒(ばとう)するテープも
>公開されました。

アイフル被害救済へ/弁護士らが対策会議設立
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-17/14_01.html



7 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 23:33:33 ID:pYsYND34
スレと関係ないけどさ、こないだうちのコンビニにヤクザが来たんだよ。
レジ打ちするとき、会計が893円でおもいっきし笑っちった。
そのヤクザはメチャクチャ俺のこと睨みながら1003円出したんだけど、
そしたらお釣りが110円でさらに爆笑。
今必要なのは郵政民営化ではないか

8 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 23:55:01 ID:PB1FUAMn
>982 :闇の声 :2005/04/18(月) 15:30:53 ID:XSULuwbz
>>>980
>決して中国の謝罪しないと言う事は、看過できない・・・が、同時に
>余りにも中国には、人・物・カネが行っている
>それを切り捨てても良いというので有れば、それが日本の国民総意で有れば
>致し方ないが、そうとも言えないだろう
>現実に何処に落としどころがあるのか・・・喧嘩は何時でも出来るし、袂を分かつのは
>簡単なのだ
>問題はそれをもう一度つなぎ直すことだ

もっとベターな人材がいるかもしれないが、胡錦濤は現代の蒋介石なのだろうか?
たしかに江沢民チルドレンや軍に塩を送るようでは元も子もない。
大日本帝国の戦訓をどれだけ学んでいるかの試金石になりそうですね。


9 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 00:13:27 ID:1snlyMGQ
993 :名無しさん@3周年:2005/04/18(月) 17:38:55 ID:1WydBOxB
>>>988
>欧米へのデモは今のところ起こる理由がありません。
>デモの対象国だから投資を引き上げるのでなく、
>チャイナリスクが今回のデモで改めて認識され(紙の資産が)逃げたのです。

ペーパーマネーの変動を通じてハジき出される数字は、金融市場が見積もった企業価値を反映している。
たとえば、ここ数日で東証株価指数は5%くらい下落したので、時価総額350兆円の5%として20兆円弱の国富が失われた計算になる。
欧米メディアで日本の対中投資は累計50兆円くらいと紹介されていたと思うので、今回の下げが全て中国要因だとすれば、対中直接投資が最大40%程度パーになる可能性が織り込まれた。
米国経済の減速は中国経済の落ち込みに直結するので、結果的には極端に的外れな数字ではないように思う。


10 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 00:15:06 ID:KLRJJ1l3
>>7 くだらん話だね
 
当局は中国の騒動の情報を流すことで、人権擁護法案も郵政民営化も強行する
構えを見せて北ってことか

11 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 00:39:58 ID:kSDX4sOU
★人権擁護法案を廃案にする為に、日本を救う為にご協力を!!!!

☆人権擁護法案の危険さがわかる動画

チャンネル桜、西村幸祐氏が解説
http://www2.tok2.com/home/rashinban/2.wmv
チャンネル桜、西尾幹二氏が解説
http://www2.tok2.com/home/rashinban/3.wmv
関西ローカルちちんぷいぷい
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20050418144907022.wmv
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/contents.jsp?file=20050418144907022.wmv
TVタックル
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20050418145518023.wmv
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/contents.jsp?file=20050418145518023.wmv

人権擁護法案のまとめサイト
http://blog.livedoor.jp/no_gestapo/

☆(2ch内を「人権擁護法」での検索結果)
http://gulab.ruitomo.com/~gulab/s.cgi?k=%90l%8c%a0%97i%8c%ec%96%40&o=b&A=t

人権擁護法案20日に強行突破の危機!反対デモの動きも!
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1113797484/

12 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 01:14:16 ID:gI2nscnL
人権擁護法案は同和ヤクザの活動の場を広げそうだ。

13 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 02:18:03 ID:9of13Ywr
大日本生産党、大日本愛國党、国の礎、護國團、日本同盟、防共新聞社、菊守青年同盟、一水会、大悲会、大日本赤誠会

キムチ

14 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 08:06:22 ID:KLRJJ1l3
全部でキムチ売ってんの?

15 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 08:55:40 ID:m1P4PpPb
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050418i116.htm
愛国教育は恐ろしいって言ってるけどその愛国教育を推進しようとしてるのはあんたですから。
残念。

16 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 09:48:24 ID:J7bknmpW
何代か前の先祖が、埼玉県人だからそれが何だと言うのだ。

17 :闇の声:2005/04/19(火) 10:19:08 ID:SNrCPPpQ
自分なりに幾つかの情報を集めているが、正直なところ情勢は日に日に悪化している
と言うのも、中国政府のコントロ−ルが効かなくなりつつあるし、デモのリ−ダ−達が
共産党の明日を担う人材と言うのが頭痛の種だ
共産党のアイデンテティとは大衆運動であり、大衆が体制を打倒する・・・階級対立とその闘争こそ
革命なのだと言う事だね
大衆が主導権を握る革命こそ、毛沢東の提唱した「人民の海に敵を沈める」行為と言える
今回のデモを指揮している学生達は、精華大・上海復旦大学・北京大などの共産党幹部を輩出している
大学であり、党員にすでになっている
従って、党は党員に命令を下したも同じであるし、結果デモを武力で鎮圧することは党に弓を引くことになる

これは深刻なことになるかも知れない・・・と言うのも、政治を学ぶ学生にとって共産党のエリ−トになる事は
学習の目的である
しかも、愛国教育の中味はその革命の足跡をきちんと辿り、忠実に実践することだ
毛沢東は晩年に幾つかの過ちをしたと、共産党は認めているけれども革命自体は揺るぎない絶対的な物だ
下手をすれば、毛沢東の革命を実践している(かも知れないし、実際そう思っているらしい)党員の革命行為を
指導部が否定してしまう・・・それは由々しきことだ

18 :闇の声:2005/04/19(火) 10:35:26 ID:SNrCPPpQ
学生達は五・四運動を抗日戦線結成記念日として、過去の歴史に学べと言う姿勢だ
これは、政治を学ぶ学生が経済優先の現政権に対して、はっきり”否”を突きつけた形と言える
共青同出身の胡錦涛にとって、その言葉の持つ意味がどのくらい重いかは理解できる
これは言うまでもなく、政治は共産主義で経済は資本主義というねじれ現象を放置したためと言えるが
同時に、中・下級幹部が進出企業と癒着して私腹を肥やすのを是としない
勢力(正確に言えばそれを名目としているに過ぎないのだが)と結託して
権力闘争の道具に成りつつあると言えるだろう

中国の要人の経歴を見ていると、たとえば公安や公安に付随した法廷関係者は
ばりばりの保守派であり、毛沢東主義者と言っていい人物がかなり居る
制服組は社会に触れる機会がないだけに、そうなりやすいと言えるのだが
その連中が歪んだ社会の構図を学生に吹き込むことで、自らの勢力を
延ばしてきた・・・それが、今回のデモがあれだけの人数に膨れ上がったと言えるのではないか

同時に、文革とよく似た現象が起き始めている
それは、大学で日本やアメリカのことを学んでいる学生や、教授連に対して
踏み絵ではないけれども愛国的な姿勢を強要し始めていることだ
デモを契機に、先祖帰りを始めたと言えるだろう
おそらく、共産党指導部はこれらの動きを慰撫して沈静化するために
日本に対しては強硬姿勢を貫き、尚かつ抗日運動を再評価するなどの
歴史的事実の認定・確定作業をするだろう
それに日本がきちんと対応するかどうかで、今後のことは決まると思うが
そこまでは妥協できない
そうならないことを祈っているし、その意味でもこの記述は敢えて
挑発的に書いている


19 :闇の声:2005/04/19(火) 10:44:32 ID:SNrCPPpQ
では、日本はどうすべきかだけれども
はっきり言って、打つ手は乏しい
対話を継続するのは当然としても、デモをやっている連中と対話する相手は
異なるし、対話する相手も内と外では言う事が全く異なっている
取りあえず、日本は日本できちんと歴史を再認識して”口げんか”に
備えることと日系企業や駐在員に安全確保の為のシュミレ−ションを
してあげるぐらいしかない
同時に、日本国内での発言も同胞が人質になるかも知れないぐらいの気配りで
注意深く行わなければならないし、特に安部や武部と言った上辺だけ威勢のいい
中味のない政治家が余計なことを言うのを押さえなければならない
同時に、中国にゴマをするのも良くないことだ・・・それを言質に取られてしまえば
それを実行しなければならなくなる
経済的損失はある程度覚悟しなければならないだろう
自分もそうだったけれども、認識が甘かったと言える



20 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 10:55:44 ID:i7qPG96F
>>18
小泉の靖国参拝のおかげで、まさに国難の様相ですね。
靖国参拝、稲川会の意向を受けてのものとのことですが、闇の声さんの人脈を利用して
稲川会の会長へ参拝中止命令を出してもらえるよう促せないのでしょうか。

ttp://money.2ch.net/seiji/kako/988/988802017.html
>547 名前: 闇の声 投稿日: 02/04/04 12:40

>稲川会長は小泉の女の問題が気になってる。
>トップ屋にでしゃばるなとやったのも、稲川会長。そのお返しに、
>靖国神社に参拝したのは小泉。

21 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 11:34:44 ID:95AVpnMO
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/17/dga_0416a.html

外務報道官談話

16日の上海市をはじめとする中国における群衆による対日活動について

平成17年4月16日

> 16日に中国・上海において、デモの情報が事前に十分察知されていたにも拘
> わらず、未然に防止されることのないまま、上海総に対し、デモに参加した
> 暴徒による投石、ペットボトルや糞尿の投げ込み等の暴行が行われたことに
> ついて、中国政府に強く抗議する。
>  また、同日、杭州では同市内においてデモに参加した暴徒が、日本車を破
> 壊したり、日本料理店への暴行を働いているとの未確認情報に接しており、
> 中国各地における今後の類似の事態の拡大に危惧を覚える。
>
>
> このような行為は今月に入って中国国内において毎週の様に繰り返されてお
> り、破壊行為や暴力的な行為は如何なる理由があろうとも全く許容されるも
> のではなく、これらの行為を厳しく非難する。中国政府が外国公館を保護す
> る特別の責務を有する等の国際法上の義務並びに国内法上の関連規定に従っ
> て、中国国内における我が国を含む外国人の安全並びに外国企業の正常な活
> 動の保護、並びに外交使節、領事官等の安全の確保を確実に実施するととも
> に、今般の事態に対し厳正に対処し、類似の事態の再発防止に真剣に取り組
> むことを強く要請する。

糞尿の投げ込み等の暴行
糞尿の投げ込み等の暴行
糞尿の投げ込み等の暴行

22 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 11:35:27 ID:95AVpnMO
 【北京=吉田忠則、上海=川瀬憲司】中国各地で相次いだ反日デモに胡錦濤政権が
戸惑っている。中国共産党と政府はデモの暴徒化を抑えようとしたようだが、
破壊行為を防ぐことはできなかった。当局の統制を覆したのがインターネットや
携帯電話などIT(情報技術)を通した“民意”の拡大。反日を旗印にした市民の
暴走は胡政権の統治能力の限界も浮き彫りにしたが、一方で対日圧力に利用したい
との思惑も見え隠れする。

 デモの暴徒化を防ごうと水面下で動いたのが胡錦濤国家主席の出身母体、共産主義
青年団(共青団)だ。共青団のメンバーは先週、主な大学の学生会や学長を手分けして
訪れ、デモ参加を自粛するよう訴えた。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050419AT2M1801Q18042005.html

23 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 12:30:01 ID:OksRPuVQ
>>17
>自分なりに幾つかの情報を集めているが、正直なところ情勢は日に日に悪化している

中国情勢にナーバスな今の市場状況下ではその内容いかんによっては、
さらなる株安を呼ぶ可能性も十分にありそうだな。

日経平均一万を再度割るとなると、完全に世論は「景気底抜け」に振れる
ペイオフ解禁をきっかけに(堀江騒動もその一環?)株式市場に金を誘導しようという
思惑は、完全に失敗したといっていいだろう。

24 :闇の声:2005/04/19(火) 13:01:20 ID:CaaPdWUV
>>23
この掲示板は、確かにおかしな情報や(自分もそうかも知れないが)
明らかに混乱を招く書き込みもあるけれども、真面目な意見や情報もある
実際、今日も午前中に色々情報交換しているけれども、昨日の株安に
どのくらい中国ショックが(かなり大きいとは思うが)関与しているのかは
誰も判らないし、その幅も個人差が大きかった

フランスの友人が朝言っていたけれども、ヨ−ロッパでは労働争議で産業活動に影響が出ることは結構あるし
まして中国は共産主義国家なのだから過剰な期待は危険なのだと言っていた
アメリカの友人は、市場主義経済を標榜しているのだから、経済と政治は別物という
原理原則が守られない限り中国の発展に急ブレ−キが掛かるだろうと言っていた
この二名が共通して言っていたことは、中国に投資をするに当たっての様々なリスクシュミレ−ションを
企業が行っていたのか・・・さらに、国家がそれを支援してきたのかだと言う
外務省の批判になるのだけれども、経産省ともども外国投資に対するリスクヘッジの指導こそ
彼らが行うことであって、政府間の交流なんて言うのは日本のような国家は特に
二義的な物であるはず・・・
笑えるのは、皇室外交には大仰に騒ぎ立てて現地に先遣隊まで送り込んで
様々なシュミレ−ションしているのに、一般人には目もくれないお役所体質はどうなっているのか・・・
とうの昔に税金の不払いが起きたって不思議ではない・・・

それはともかく、政府は中国不安が継続するであろう場合を想定して
邦人退去から資産保護までのシュミレ−ションをして、それを国民に知らしめることだ


25 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:02:04 ID:wPHsm444
小泉が靖国に参拝するのは政府として決定したことではなくて、小泉が勝手に
決めたこと。それに中国がイチャモンつけるなら、小泉個人を対象にすべき。

中国は反日教育をおこなって、反日の人間の育成につとめている。
こういう地域では日本の企業が明るい展望を持つことは不可能だし、安全保障上も問題。
となれば、日本の安全と利益は中国現政府の崩壊。
そのためには歴史問題を含めた中国の言い分に徹底的に反論し、海外の中国人や
中国国内の中国人までなるべく多くの中国人に日本の主張を伝えるよう努め、
中国現政府に疑いを持たせるよう誘導すべきだと思う。
日本が中国の主張に中途半端な反論しかしないでいるかぎり、そういうことは不可能。
外交とは片方の手で殴りあいをやって、もう片方の手で握手してるものと
言われるくらいだから、日本が主張できることは遠慮せず徹底的に論理的実証的に主張し、
一方で妥協の余地も見せているような巧妙さが必要だと思う。

26 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:05:12 ID:cqAiCA64
ヤワザの方に間違って書いてしまった人の書き込み貼っておく

27 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/04/19(火) 08:04:39 ID:rkss3pyV
ブラックバス駆除に反対する人たちの中には893もいるのでしょうか?
趣味でバス釣りやっている人たちだけで環境大臣あてに数万通もメール送りつける組織的行動ができるとは思えないんでね。

28 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/04/19(火) 10:16:49 ID:+4nOjPx2
>>27
あらゆるトラブルに付け込んで来るゴキブリだからね。。。

27 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:05:48 ID:cqAiCA64
29 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/04/19(火) 11:33:54 ID:E2YipXGP
>>27-28
釣り業界はマリンスポーツも被る。水産業は農林業と違って何かと厄介な業界だ。
漁師は元々狩りの民族だから気性も荒い。釣り業界はバスブームでのし上がって
きたところがあるから、今となっては死活問題だ。

さて、賢者(含む自称)が集うこのスレッドにまたネタを投入してみよう。

先日の読売書評にも掲載された『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―』
(佐藤・新潮社)を御存知だろうか。ここにも興味深い単語が登場する。
「国策捜査」という単語である。先週辺りから外務省のパワーバランスの劣化ぶりを
嘆く部分があるが、森派の台頭は橋本−野中のしたに続いたムネオの殲滅に接続する。

ところで、二ヶ月前の今頃ある教科書が話題をさらった事をどれだけの
人間が覚えているだろうか。皇太子が一斉会見の席で二冊ほど本を紹介して
いるが、そのうちの一冊はスウェーデンの歴史教科書である。版元の増刷体制が
整ったとの連絡を受けたので再検討してみた。こう考えると、教科書検定問題に
一石を投じる意図はあったのか否かということである。
ここで前者と考えると皇太子殿下はなかなかの策士としか言いようがないだろう。
内外のメディアはここまで頭に入っているのか否かと考えると、難しいだろう。

国内から、つい先日にこうしたトピックスがあったことを考えると、
「日帝云々」に翻弄される内外メディアの焦点感度の悪さに苦笑を禁じ得ない。

28 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:06:19 ID:cqAiCA64
30 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/04/19(火) 11:37:13 ID:E2YipXGP
それと、ライブドアとフジテレビの件。
玉虫色、極めて日本的になったということはどういう事か。
例によって双方痛み分けで、一番割を食ったのは小口の個人投資家だ。
しかしこの手の個人は打つより安上がりと思っているのも多い事が現実。
胸をなで下ろしたのが証券業界だろう。上層部が丸く収まることで末端株主が
経営者論理を考え始めた矢先に幕引きを図ることができたからね。
これで、まだまだ証券業界は末端の個人投資家をカモにすることができる。

この問題は堀江ばかりが叩かれるが、メディアが批判するこうしたマネーゲームの論理を
持ち込んだのは何を隠そう元通産の村上である。ソフトバンクの孫もではという話もあるが、
一応この会社は日本のソフト卸や出版、安かろう悪かろうの通信事業もある。
村上に資金提供しているのは誰なのか、このサロンのメンバーに切り込まない限り、
歪んだ現在の構造は解決しない、まあここにいる諸兄にはこれだけでも充分な示唆だろう。

29 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:06:50 ID:cqAiCA64
31 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/04/19(火) 11:38:19 ID:E2YipXGP
日枝フジ会長の種々の<責任>がこれからどのように追求されるのかも注目であるが、
もう一つ、考えて頂きたい話題を提供しておこう。
約1千億余計に掛かった完全子会社化の費用の責任については日枝会長に押しつけて
しまえば、実はそれで話は済んでしまうのではないだろうか。
あのライブドア社長の堀江が一人の堀江という人間に戻った時、彼が何を考えるかだ。
一時はライブドアを破産という形で捨てることを考えたであろうあの彼が、その持ち株を
フジテレビに渡すことも不可能ではない。
ライブドアをフジサンケイグループの一社として組み込むことが可能になる点だ。
フジテレビは民放各社の中でも周辺事業の手広さで知られる。改めてそのリソースを
再確認すれば、膨らませられる可能性はいかようにでもある。
ライブドアは、買収した会社をディスコンにはさせないまでも飼い殺しにしてしまうこと
はIT業界ではある程度知られたことだからね。
時期に入れ替わるであろうフジ経営陣に無理な話かも知れないが、新しい一歩を期待したいものだ。

少々ヘビーではあるが、闇氏が来訪される前の前菜代わりにして頂ければ幸甚である。

30 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:08:53 ID:E2YipXGP
さて、賢者(含む自称)が集うこのスレッドにまたネタを投入してみよう。

元々一部の業種を除いて中国進出は投資家向けのアドバルーンみたいな所があった。
製造業のうちで、人件費削減を狙うところは既に中国進出を止めている。
実は外務省のあるデッドラインが数日のうちに迫っている。
海外渡航に関する勧告をどうするかの問題で、これが出た後のツアーキャンセルは
免責となる。キャンセル料金が上がるまで粘る旅行者とのにらみ合いの構図。
キャンセル数が報道に上がった以上、現在国交省と何らかの調整をしているはずだ。
ここでも外務省の<判断能力>が問われるわけだね。



31 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 13:12:52 ID:E2YipXGP
>>26-29

    高配に多謝。

32 :闇の声:2005/04/19(火) 13:14:53 ID:CaaPdWUV
>>23
相場のことで、もう一つ気になるのはファンドマネ−の流れが変わり始めたことだ
商品市況で、幾つかのINDEXが下げに転じている
しかも、それはファンドマネ−が引き始めて投機相場は終わりを告げるだろう・・・という
自分はファンドに直接聞けるほどの人脈がないので、(仮にあっても彼らは本当のことは言わない物だ)
判らないが、ファンドは守りに入るのじゃないかなと思う
日経平均もそうだけれども、それ以上に株の出来高が低くなってくるようなら
日本の株や土地、債権などファンドが集まっている市場からそのカネが逃げ始めると思う
今日は株は買い戻しもあって小康状態だけれども、アメリカは下げ基調が定着してきている
為替にカネが向かい、短期で利ざや稼ぎをするようになると日本の株も下げ基調になると思う
加えて中国ショックである
結果、かなりの確立で近く一万円割れになると思う
前にも書いたけれども、何のことはない・・・小泉就任時点に戻るかも知れないよ
何となれば、庶民の生活は好転していないし失業率も本当の話は良くなっていない
しかも、今度はIMFで財政再建のタイムテ−ブルまで用意されそうだから
無理矢理でも増税して公共工事を無くしてバランスシ−トを良くしなければならない
花見酒も醒めてみれば、つぎはぎだらけの数字のモザイクかも知れないね

33 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 14:43:43 ID:3T+rdYSE
昨日の下げはNYが主因だよ。先物主導で売られた後
ストップロスを割り込んで現物の投げが出た。
日米ともレンジを上離れるという期待が失望に変わった。
需給の切れ目の時期ゆえに落差が大きくなったんだろう。
きっかけとしては中国よりG7の方が大きいだろう。
G7を前にして相場が荒れることはよくある。

政治が好きな人が相場を語りだすと
得てしてとんちんかんな話になる。
グローバルポリティックスを考えることは
相場を見据える上で大事ではあるけど、
相場を動かしているものが何かを知らずして
政治の観点だけで語ろうとすると上滑りになる。

34 :闇の声:2005/04/19(火) 15:08:29 ID:kjEWRVHj
>>33
全くその通りと思う
ファンドマネ−が株を見切るのもそれほど遠くないと思うのだが
貴殿のお考えは?
>>30
この問題は俄にクロ−ズアップされて来ている
しかも、5/4が最大の山場であり・・・中国の観光地に旅行を予定している
日本人も相当数に登る
相手の面子を考えて、しかもこちらのリスクも考えなければならないが
偶発的な事故を考えると渡航自粛を呼びかけるしかないだろう
日本の観光客はかなり目立つし、同時に不用意な行動も目に付く
何かが起きてからではもう遅い

35 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 15:25:29 ID:MuveKzqf
インド洋のツナミディザースターリカバリーとミニオイルショックが重なってる予感がする


36 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 16:08:13 ID:A6kUy/64
今日私用でJTBに行ったら隣のカウンターでキャンセルの相談をしていた。
もちろんGWの中国旅行。
危ないみたいだからキャンセルしたいという客を止めてはいなかった。
そういう指示が出ているのだろうか。

37 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 16:59:35 ID:0FLyvEfn
>>36
「キャンセルなんて大げさな。ホテルからでなければ大丈夫ですよ」と言ってくれると聞いたがw。

38 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 17:03:25 ID:3T+rdYSE
>ファンドマネ−が株を見切るのもそれほど遠くないと思うのだが

株を見切ったら運用先がなくなります。
市場から資金が撤収するのは、金融当局が動かない限り起こり得ない。

>貴殿のお考えは?

利上げ継続を市場が悟り、楽観論が後退したということ。

39 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 17:14:38 ID:CFxE7/lW
>>34
30の問題はキャンセル料というババをどこがかぶるかと言うところでは。
去年の話題になった「自己責任」ということでしょう。

外務省がネガティブな勧告を出せば、旅行希望者は無償でキャンセルで
きるのは大きいですよん。身の安全が大切と言っても、キャンセル料に
数万も掛かっては、どうしようか考えねばならない。
でも外務省がここで大きく勧告を出せば、中国で悪乗りする輩もいるだ
ろうからね。

5/4がヤマ場ではなくて、もうピークでしょ。早い人は28日の夕方には
出発しちゃうから。そこから逆算すると、GW渡航者を全員保護するには
今日明日中に何らかのメッセージを出ないとね。

40 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 17:22:35 ID:CFxE7/lW
相場だけど、個人的には33に賛成かな。
日経平均だけざっと見ても、それほど下げトレンドではないし。

中国のリスク要因をも挙げようとするけど、
共産党内部で急速に持ち直しの動きも出てきているし。

小泉下ろしを煽りたい気持ちも分けるけど、
相場の面から突きつけるのはは難しいのでは。
やはり、目下の懸案は郵政民営化関連の紛糾しかないのでは。

41 :闇の声:2005/04/19(火) 17:24:24 ID:bv89mAdl
>>38
深謝いたします
良く理解できました

42 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 18:13:50 ID:jrBUZgkj
>>24
>それはともかく、政府は中国不安が継続するであろう場合を想定して
>邦人退去から資産保護までのシュミレ−ションをして、それを国民に知らしめることだ

中国にプラスして、半島情勢(南コリア)の不安も知らしておくべきでしょう。
今の南コリア政権は、北寄りであり、親中国度を深めています。
90年代末IMFにお世話になって以降、一旦、持ち直したように表面上は見えましたが、
内実はガタガタで破産者が続出、外国への離脱者が増えているとも聞きます。

国の経済が怪しくなって国民の不満が高まってくると、外に敵を作り不満を逸らすのは、
古典的な手口です。
中国での反日、南コリアでの反日は、現政権が維持を志向している限り止まないだろう
と思えますし、当面の新たな時代構造なのかも知れません。
(但し、中国情勢次第では、早々に瓦解する可能性を秘めています。)

日本は、在外邦人.在外資産の安全保障を含めて、国防の観点から安全保障を再考する時期に
きていると考えます。
余談ながら、民主党の人権保護法案の中身と民主党の憲法改正案は、日本の安全保障を脅かす
可能性が高いように思えてなりません。

43 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 19:23:28 ID:VAun6I7A
>39
中国の糞青たちにとっては5月4日がやっぱり山場だろう。
そしてその時期にも日本人がいっぱい向こうにいると。

これは血を見るかもね。

44 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 22:16:54 ID:ZK0JwE/C
>中国政府のコントロ−ルが効かなくなりつつあるし、デモのリ−ダ−達が
>共産党の明日を担う人材と言うのが頭痛の種だ
この辺りを書いてる意味がよくわからん。
僕の記憶が正しければ、この手のデモは数回行われ報道されてる。
一度はアメリカ、次が香港、んでシンガポールだったかな。
アメリカ人なんか裸で行進してたけどな(顔ぶれも意図されたものだし
  
日本の場合の官僚の手腕が悪いのは、学生運動で豪腕の連中がはずされて
どうでもいいのが官僚に成ってしまい、現在が在るとか誰かから聞いたよう
な気がする。日本の場合はヤリ手の人材が報道に行った。こんな意味なら
危惧するのも判るけど。

45 :名無しさん@3周年:2005/04/19(火) 23:37:36 ID:edADIDsv
>>44
>日本の場合はヤリ手の人材が報道に行った。
ところがどっこいそのやり手の人材も今や管理職や支局長などに回されてしまい第一線で活躍してるやり手の人材が少ないのが現状。
で残ったのが無能な(自称)キャスターなどの面々な訳で。。
昔は料治直矢や近藤紘一のような記者がいたんだけどね。




46 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 00:04:55 ID:ZM3R39MG
>>20小泉の靖国参拝のせいで国難の〜
は?何言ってんの?なわけないじゃん。参拝反対してるのは中韓ぐらい多くの
国は口出ししない。当然といえば当然だが。

47 :大岡裁き:2005/04/20(水) 00:27:17 ID:jsXzbPe+
   ∧_∧  
  ( ´∀`) 北朝鮮の核をすべて竹島に集めて爆発させ、島を
  (    ) 地図の上から完全に消してしまえば、日韓の火種
  | | |   もなくなってめでたしめでたしさ。
  (__)_)


48 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 00:51:11 ID:ecY/co14
>>46
小泉の靖国参拝が中国の対日政策硬化の一大要因
今後、デモの激化、中国政府による日本企業への締め付けで企業が撤退を
余儀なくされた場合、失業率20%程度、円の暴落の可能性が高い
しかも日本は食糧を中国に頼っており禁輸されれば飢餓状態になる
国難といっても差し支えないのでは

49 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 01:01:12 ID:xUR5aY6r
靖国参拝→煽り

50 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 02:35:14 ID:fSF+D0Sa
外国の要人の靖国参拝を止めてるのは害無省

51 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 03:00:57 ID:ZM3R39MG
>>48
本気か?何故、すぐ極端な発想をするというかというか飛躍しすぎる?
靖国参拝止めたとしても次から次へとユスリ、タカってくるよ。
 靖国参拝止めるだけで事が終始するくらいなら苦労せん。アジア三馬鹿国
のいってることはチンピラのイチャモン。
 面と向き合って日本が突っ込み出したらキリがないくらい筋が通ってねーよ。

52 :51:2005/04/20(水) 03:11:58 ID:ZM3R39MG
っていうか、大東亜戦争開戦の正当性、極東裁判の不当性を認めることに
なる、A級犯罪人レベルなら米テイ、チナにもワンサカいてるやろ。
 声出して言う時期にきとるんやろな。
>>50
 ブッシュもクリントンもエリザベス女王も参拝予定だったが外務省のチナスクール
が邪魔したんやな。

53 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 03:13:57 ID:AHkJM2vh
バチカンは「台湾の独立を認めない」と正式に発表してる。

54 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 07:59:07 ID:qjGAqDTh
20年前からわけのわからん策謀をしてたのはキリスト系?
だが実際はユダヤ教のデッドコピーでしかない?

55 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 08:49:27 ID:faiIYYWk
中国は北朝鮮の事はどうするのかな。
6か国協議に戻るよう説得するために胡錦濤が平壌に行くでもなし。
面倒くさくなっちゃったかな。
それだと、金正日様大好きノムちゃんとしては、また火病らないといけないね。


56 :開業税理士:2005/04/20(水) 09:08:37 ID:vQ7CCBya
闇物声さんに質問です。
最近の郵政政局は解散まで行きますか?

57 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 09:12:41 ID:CB+wH2Bj
>>55
>中国は北朝鮮の事はどうするのかな。
それに、北朝鮮が核を持って困るのは中国も同じなので説得はすると思うよ。
問題はむしろ北朝鮮側だろう。
彼らが何をしたいのか、中国もそれを掴みかねているのでは?

58 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 09:24:12 ID:nkxW1dGU
北朝鮮は4月15日に寧辺の原子炉を停止しプルトニウム増産完了。
プルトニウム製造に成功したのと同時に六カ国協議への参加を完全拒否。
裏で糸を引いているのが韓国と中国。技術援助がパキスタン。

59 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 09:33:46 ID:WjMdvj7z
新教皇ベネディクト16世。
ドイツ・ミュンヘン出身の枢機卿ヨゼフ・ラッツィンガーが選出。

司教任命権について、中世の叙任権闘争さながらの主張をする中国共産党
との関係をどうするか。台湾には教区があり、司教がいるカトリック教会
であるが、12億の国民をかかえる中国本土への宣教のために、妥協点を
見つけるのか?
また、ドイツ人教皇ということで「謝罪、歴史認識」に関して(ry

60 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 10:47:22 ID:wY47xbxM
中国危なすぎ↓

中国の整備工場でジャンボ機の配線、わざと切断



全日本空輸や日本航空が機体の整備を委託している中国の工場で、人為的とみられる電気配線の切断や警報装置の紛失が発覚し、
国土交通省が同工場に対し、臨時の安全性確認検査を行っていたことが12日、わかった。同省は、全日空と日航に対し、
同工場で整備を行った機体の安全を再確認するとともに、今後、受け取り時の検査を徹底するよう指示した。
 トラブルがあったのは、中国・アモイ市のTAECO社。整備改造の事業場として、国交省をはじめ米国などの航空当局の認定を受けており、
日本では全日空と日航が年間計10機前後の整備を委託している。

 国交省などによると、10月中旬、全日空が整備を委託したボーイング747型(ジャンボ)機で、
発電機制御系統の電気配線が切断されているのが、エンジン試運転のチェックで発覚した。その後の検査で、
客室のトイレから客室乗務員に連絡するための電気配線でも切断が見つかった。また、整備のため取りはずした地上接近警報装置のコンピューターが
紛失していたこともわかった。

 故意の切断や盗難の疑いもあるとして、中国警察当局が捜査しているほか、TAECO社では、
ガードマンの配備や監視カメラの設置など警備が強化された。

 同社から報告を受けた国土交通省は10月下旬、再発防止策や警備強化状況の確認のため、同工場に検査官を派遣し、
臨時の安全性確認検査を行った。また、同工場に機体の整備を委託している全日空と日航に対しては、すでに完了検査を終えている機体について再度、
詳細に点検するよう指示。これらの機体では、異状は見つからなかったという。


61 :闇の声:2005/04/20(水) 10:49:22 ID:8KG2dUlb
>>56
結果的に、昨日で山場を越したと思う
おそらく、小泉周辺(飯島と森、その忠実な下僕中川)で選挙をちらつかせて
衆議院の反対派を窒息させた
その見返りは、カネと選挙の優先的な推薦だろうね
反対派も結果的に選挙の準備が出来ないから、最終的に折れざるを得なかったと思う
参議院で徹底審議をするのだろうけれども、それはあくまで形だけの話しであり
青木と森が手締めをしておしまいだと思う
ただし、このツケはかなり大きい・・・と、言うのも橋本派を潰した結果
中国人脈を全て失ってしまったし、青木に対する派の内外からの批判は相当な物であり
結果的に自民党の求心力は失われつつある
結局、中国騒動が却って小泉に味方した形だね
党を割ることは出来ない・・・これで纏まってしまった
後継者が居ないのも、もう一つの理由であるが
自分は政局になるかも知れないと思い、書きもしたが
後継者難が結果的に政局にしなかったと言える
>>59
中国は、史的唯物論に基づく共産主義国家であり、階級間の矛盾とその克服こそ
人間の活動と位置づけていると思った
絶対的な階級は存在しないとするのが毛沢東の考えで、その意味からすれば
最初から相容れない存在と言える
中華思想の考えからすれば、ロ−マ法皇も毛沢東より下の偶像崇拝・保守主義者であるから
最初から相手にしない・・・もっとも、これが教養の無さに現れてくるのがこの国の悲劇だね

62 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 12:19:52 ID:cMLtYEh1
アウトロー板に某超大物の親分が亡くなったって書いてあるけどホンマかいな
闇の声さんなら既に知ってるんだろうけど公式発表があるまで口が裂けても言えない
だろうな・・・

63 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 12:33:59 ID:dJzGF3cs
>>61
解散になればよかったのに。
ところで森サイドが小泉を引き摺り下ろして福田暫定政権を作ると言う噂は本当ですか?
郵政民営化法案成立の代わりに小泉が辞めるという形で。

64 :闇の声:2005/04/20(水) 13:04:05 ID:7Ck93rxw
>>63
政界は一寸先が闇だから、あらゆる可能性は否定できないのだけれども
福田は暫定では引き受けない
気を見るに敏な男だけに、今引き受けても何も得るところはないと考えている様だし
森もすんなり福田に預けるわけにはいかないだろう
森の狙いというのは、宮沢も中曽根も・・・元老達の影響力を削いで唯一自分だけがキングメ−カ−に
成ることであり、選挙のイニシアチブを握ることだ
前に、安部にすんなり政権委譲は出来ないと言った理由は、自分をのけ者にしての
政権委譲は許さないと言う事で、森が後ろ盾ならば誰でも良いと言うことだ
ところが・・・郵政民営化法案は結果的に党内に亀裂を残した上に
旧橋本派や亀井派の力を弱体化させた結果逆に後継者難に輪を掛けることになった
絶対的なリ−ダ−が居ない状況で、選挙をすると言う事はその分公明党=創価学会への依存が
高くなる
つまりは、公明党にとって良い候補者が自民党総裁になる形を作ってしまったから
公明党と距離感のある福田では軋轢が生じる
これは、平沼や高村にも言える
公明党が望んでいるのは、閣僚ポストをもう一つか或いは主要三閣僚の一角を占めること
その意味でも、所詮は飾り物になってしまう安部の方が与しやすいと言える


65 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 13:16:34 ID:EgjHKDD/
>>64
なるほどねえ。手詰まりだってことだと、とりあえず森としては
自派閥膨張策を継続するってことかな。

66 :開業税理士:2005/04/20(水) 13:58:46 ID:vQ7CCBya
闇物声は闇の声さんでした、失礼。
ところで小生の聞く範囲では例の○○学会の連中が盛んに「移民活動」
をしているらしいのですがこれは単に都議会対策のみですか?

67 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 14:18:37 ID:TS2I08Dl
米国が元切り上げ圧力を強めている。
切り上げ拒否なら、対中制裁法案可決して高関税を科すぞといい始めた。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1091970/detail

脱北日本人妻、「日本にだまされていった」と北へ帰国
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/archive/news/2005/04/18/20050419k0000m040087000c.html
つまらない揚げ足取りに使われそうだ。

68 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 14:57:57 ID:dJzGF3cs
>>64
結局「御輿は軽くてパーがいい」(by小沢一郎)の安倍が有力候補になってしまう訳ですか。
安倍が首相になったら小泉の時より酷い状況になりそうで怖いんですけど。。



69 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 15:08:09 ID:dJzGF3cs
>>60
中国の反日デモをめぐる各メディアの報道を見てると冷静な分析はなし、事実の裏にある日中間の問題や中国の強かさに鋭く切り込んだ報道が無いような気がする。
昼食をとりながらテレ朝のワイドショーを見てたら訳の判らない肩書きの男が頓珍漢な分析を開陳してたのには呆れたわ。
新聞テレビが報じないことを報じるを売りにしてる週刊誌にしても中身はスカスカだし。
今こっちが欲しいのは情報なのにメディアはそれに答えていないのが残念でならない。



70 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 15:17:13 ID:ecY/co14
>>69
「事実の裏にある日中間の問題や中国の強かさ」って何なのですか?
併せて、それらを前提に日本のとるべき政策も示してくれたら嬉しいです。

71 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 16:03:44 ID:SBeU+Hli
>>61
新聞のTV欄で今日の報ステの見出しをみたら、「郵政民営化骨抜き」「借金財政」という
コトバが踊っている。どうせ見ないけど。
「骨抜き」を批判するということは、もっと根本的に民営化を徹底せよと? そもそもが
必要のない政策なのに? 借金財政? 郵政は独立採算で税金は使っていないから関係ないのでは?
(そもそも、デフレ下で過剰に財政再建を煽る方が危険が大きい)

報ステの構造改革原理主義はNステよりもひどいな。制作もオフィス・トゥー・ワンか
ら古館プロジェクトに変わったらしいが、古館になってから本当に無内容になった。
そして、この無内容はマスメディアのスタンダードでもある。2ちゃんでもゴム印憎し論・
国家破産論の方が主流になって久しい。
必要なのは経済の底上げであって、官民でリストラ合戦を行っても仕方がないし、デフレ下
で緊縮財政を煽るべきでもない。完全なミスリードだと思う。

72 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 16:30:51 ID:SBeU+Hli
>>69
視聴者・読者の頭の中身に合わせる必要があるし、記者・デスク・ディレクターの方も
そんなに突っ込んで勉強してないのでは? 時間がなくて余裕がないからね。

メディアの人間の大半は、スポーツがわからないスポーツ記者、芸能に疎い芸能レポーターと
いっしょ。周辺に張りつくことには熱心だが、根本的な勉強は何もしていない(恐らくする余裕もない)
そんで、どうでもいいことで抜いたり抜かれたりしているわけじゃない?

よく記者クラブの弊害というけど、これはニュースソース主義の弊害でもあると思うよ。独自
のソースを掴んだつもりで操作されてるとしか思えない。政治部の構造に顕著ですね。

それなりに綿密に取材・調査している教養番組やドキュメンタリーにせよ、あれも大半は学生のレ
ジェメみたいに、底本にした資料のトレースに過ぎないからね。
TV番組で本当に独自の内容のものなどごく少ない。NHKはさすがに手間暇を掛けているので、
「たまに」いい番組もあるね。別にP・Dの個々人の力ではなく、組織力の賜物だけど。

TVなんか、大半は元々無内容なものなんです・・・最近はとくにスカスカだけどね。

73 :名無しさん@3周年:2005/04/20(水) 17:11:37 ID:nETpg5UV
今回の反日デモでは政権内部の内部抗争だろう
というところまでは察しがつくのだが・・
ずばり反政府デモに行くのかどうかが知りたいところだ。

74 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/20(水) 17:52:10 ID:0U4gZWbe
結局 中国外相のメディア向け会議のように
「振り上げた拳のだしどころが・・・」となって来たようです。

今回のことは、直接暴力を振るわれた方がいるので、喜べないんですが、
日本人に対し「投資先としての中国のリスク」と「つきあう友人は選べ」
「話せば分かる・・・は幻想で、話しても理解できない相手もいる。」
を教えてくれたような気がします。

日本の場合、農業でも工業でも進出・買い付け先への技術指導が伴うことが
多いが、相手を見てやりましょう。経済的付き合いとしても「完成品の検査後
良品のみ完全買取」、「ブーメラン効果対策として徹底的な低付加価値品のみ輸入」
「高度電子技術(ミサイル誘導等に使える)、高度精密加工技術(軍事への転用)の
移転禁止」を検討するべきだと思いました。


75 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 00:19:00 ID:IDBo9xTY
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/matu1361.jpg.html
ttp://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/matu1362.jpg.html

色々考えてここに貼ることにした
ガイシュツじゃ・・・・ないよね?

76 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/21(木) 00:56:41 ID:G8iCEeza
>>75
面白い! ゲーム専門学校の株買いたいです。ww
個人的に「ブスの化粧」は捨て金と思うんですが、
出来の悪い子供への過剰な教育も同類ですね。

親は子供を客観的に評価できないから、「受験競争が厳しい」
とかの本質を付かない主婦等の意見を取り入れたのがあやまり。
受験競争はどの子にも同様にきつかったろうし、参加しないで生きていく事も可能。
そのために教育課程の質を下げるとは・・・・・



77 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 01:46:10 ID:5WqfyJz6

なぜ「頑張ら」ないといけないのか
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1113471973/

強硬な市場原理主義者が張り付いて
議論が妨害されてる

78 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 01:58:45 ID:Zk6iOuLB
>>75
結局のところ、ライブドア然り中国然り、お金儲けにもそれなりの理念が必要
ということを天が知らせてくれたということなんでしょうね。
肯定できない部分もありますが、この観点から、小泉首相は実にいい仕事をしたと思う。

>>51
同意。世界がヲチしているのだから、相手に通じない日本的な浪花節は国益をそこなう。
日中経済関係の鍵は、中国は日本の最大貿易相手国であり、日本は中国の最大資金供給国である、
という2つの面がある。
カチン!と来たままの日本と、涙ぐましいほどの収拾策に奔走しているあちらを一瞥すれば、
国難に直面しているのがどちらかは自明でしょう。


79 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:10:20 ID:DFKHgOnc
>>76
>受験競争はどの子にも同様にきつかったろうし、参加しないで生きていく事も可能。

甘いな。降りても自立して生活できた時代はもう終わった。今は降りるとロクな末路はない。
(だいたい、下層の人間にとっては「降りる」ことしか選択肢はないケースさえある。
 そこで降りた人間たちが吹き溜まっていくわけだよ)

単純に正規雇用が減少しているし、自営・ガテンもキツいんだから。にも関わらず起業
しろ、とか言ってるんだよな。
もちろん、降りずに続けても安穏ではないよ。いまや正規雇用もサドンデスだから。

>そのために教育課程の質を下げるとは・・・・・

いわゆる「ゆとり教育」の本質は教育市場の大綱化であり自由化。別に「できない」子どもに配
慮して切り下げたわけじゃないよ。マスメディアの「子どもを甘やかす」云々という批判は完全に的外れ。

80 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:12:07 ID:DFKHgOnc
最終的には公教育の保証水準を切り下げてコストカットするのが目的(単純に、コマ数
が減れば教師は要らなくなるでしょ?)  一方では、やたら学校毎の「特色」「個性」を
訴えたり、単位制・総合制・株式会社立の学校などの多様化も進めている。

草の根ではすでに国立大が独法化され小中高も再編が進み、教育予算削減の動きが
激しくなっている。よく聞く「地域の中の学校」も、予算の不足分は地域ボランティア
で補いましょう、と言ってるだけなんだけどね。
学力競争論が再燃してきたのは、学校選択制に委ねることで合理的に学校を淘汰することが目的でしょうね。

アウトソースとボランティアによるコストカットと民活・競争化、無い袖は振れないのに
やたら「個性」とイノベーションを訴える、まさに構造改革そのものでしょ?

81 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:14:06 ID:DFKHgOnc
>出来の悪い子供への過剰な教育も同類ですね。

要するに、公教育の予算カットと裏腹に、「終わりなき教育消費社会」が訪れつつあるわけ。

正道を歩むにせよ脇道に外れるにせよ、終わりのない教育を消費させられる社会がやってきたわけだ。
(皮肉なことに、「ゆとり教育」を批判していた学力低下論にせよ、塾や私学に行って抜
 け駆けせよ、と煽ることでこれに加担してきた)

リーマンだって、資格受験やTOEICが踏み絵になっているケースさえあるわけで、他人
事ではないよ。こういう話はこっちのスレでしているので見てやってください。
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1113822626/30-31

82 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:25:46 ID:Zk6iOuLB
>>24
>邦人退去から資産保護までのシュミレ−ションをして、それを国民に知らしめることだ

かつて半島有事のシミュレーションを行った際は、邦人救出の航空機や船舶につける護衛(自衛隊)がネックになって思考停止・・・になったような気が。
3万人を救出するにはジャンボ機で100往復、1機が毎日3往復できたとしても1ヶ月以上必要。
法人退去の必要性を感じるような流動的な状況で、そんなミッションが実行できるかどうかは疑問。


83 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:30:55 ID:BZ/d1Qo1
昔の金の或る商社だったら、当地のビルまるごと勝手無理矢理収容するのかな
 
なんかヤクザと報道ってうそしか言わないね

84 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:37:57 ID:3hpbbmx5
学力低下、といえば、
> 堀江社長は業務提携に触れ、「映像や音声づくりはフジテレビ、
>ニッポン放送さんに一日の長があり、教えを請うてやっていきたい」
>と語った。この間、日枝会長らは硬い表情を変えることがなかった。

この堀江とかいう男、「一日の長」という言い回しの使い方を知らないようだ。
そのことを指摘するネット上の書き込みも見当たらないし。
なんだかなあ。

85 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 02:55:54 ID:Zk6iOuLB
>>77
面白い議論ですね。
たとえば米国・カナダ・豪州あたりだと9時−5時のお気楽な年収300万円・・・みたいな生活もアリなわけで、本当に世界第二位の経済大国であるならば、個人的にはそういう選択肢が確立されてもいい筈だと思います。
上昇志向の強い人は、だれに指図されずともモーレツに働くのだから、モーレツに働く自由が担保されている限り「第二のホリエ」は現れ、経済のダイナミズムは維持される。
むしろ日本は市場原理主義がはびこっているというよりも、単なるお金持ちの中華人民共和国というか、社会インフラが劇的にアップグレードしている北朝鮮というか・・・。
アプリケーションは優秀でも、所詮OSはアジア的な全体主義・共産主義なんだよなぁ・・・と実感させられる瞬間がありますもんねぇ。


86 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 03:20:39 ID:Zk6iOuLB
>>81 「終わりなき教育消費社会」

教育費を出す立場から、教育は投資だと思っており、またそうあるべきだと考えています。
また第一に考えるべきことは中期的な回収見込みであって目先のコストパフォーマンスではないと考えています。
単に私がそう思っているだけなのですが・・・、でも、消費というアプローチで捉えてしまうと少々キツイのでは?


87 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 03:22:16 ID:9EtGwRUN
>>84
堀江さんの知性的バックボーンは、高校時代の受験勉強と駒場の進振りの勉強、加えて株や金
融のお勉強、これだけでしょ? 恐らくそれ以外の教養はゼロに等しいと思うよ。

>>85
>たとえば米国・カナダ・豪州あたりだと9時−5時のお気楽な年収300万円・・・みたいな生活もアリ

それはどうでしょうか? アメリカはかなりキツそうに見えますが? 恐らく、欧州や豪州は社会資本・
社会保障が整っているので、そこそこで質素でもまったりできるだけじゃないでしょうか?

そういった背景もないのに「まったり」を強調すると、貧富の差を清貧とか心の豊かさと
か言いくるめて誤魔化すだけに終わるんじゃないですか? 

とりあえず欧州や北欧は租税負担率が高く高負担高福祉、累進税率は高かったはずです。
アメリカは低負担低福祉。日本は低負担(中負担)中福祉だったのですが、このまま
では中負担(高負担)低福祉社会に転落しますよ。

88 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 03:52:05 ID:Zk6iOuLB
>>87
生活必需品に限っては物価が安いこと、雇用市場が比較的柔軟であること(かりにクビになっても年収を激減させない状態で短期に転職可能:ただし所得水準による)
自分自身の体験をふまえて、日本との違いはこの2点だと思います(英国をのぞくアングロサクソン系の国との比較です)。

貧富の差が開くかどうかはわかりませんが、少なくとも縮まらないことだけは確実でしょうね。
言いたかったことは、文化的な最低限の生活を、少ないストレスとプレッシャーを以って追求する道があっても良い、ということですよ。
その代わり、自分よりひとまわり以上年下の上司に仕えることを甘んじ、チョー退屈な単純作業まがいの仕事に甘んじ、ボーナスが出ないことに甘んじることがあるかもしれないと。
ここまで書けばフル・ストーリーになるでしょうか?


89 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 03:57:24 ID:Zk6iOuLB
もう一つ。欧州のことは・・・よくわからない。
日本の社会保障制度は欧州を手本にして設計されたと思いますが、これほど成績優秀な弟子が苦しんでいる以上、師匠たちが無事である筈がないわけで・・・。
私の見立てだと、ヨーロッパの主要国は、日本と同じように年金や社会保障制度の危機に直面しており、高齢化も急ピッチで進んでおり、
失業率は若者中心に日本の倍くらいあって、資産家は税金対策に熱心であり、日本の比ではない強力な労働組合の圧力を嫌った大企業の海外逃亡(行き先は日本企業と大差なし)の流れは止まらない。
北欧のようにサイズの小さい国ならきっと別の生き方があったでしょう。
が、欧州主要国をそのように美化して捉えることは、おとといまで中国を信じてカネをつぎ込んでいた経営者と大同小異の結末をもたらすかもしれませんよ。



90 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 04:20:14 ID:9EtGwRUN
>>86
>教育費を出す立場から、教育は投資だと思っており、またそうあるべきだと考えています。
>また第一に考えるべきことは中期的な回収見込みであって目先のコストパフォーマンスではないと考えています。

近年は、正規雇用の減少(07年以降の団塊世代退職に備え、新卒採用は増加したこと
になっていますが)とお受験の市場化(学力低下論の反動で幼児教育や小学生の塾通いも増えた。
都市部では中学お受験が過熱、中高生でも現役通常期から予備校・塾がデフォ化)で、教
育のリスクとコストだけは増大しており、投資としても余り割りのいいものではなくなっていると感じます。

学力低下論の一方では、ある層以上にとっては、教育消費だけは増大しつつあるわ
けです。もちろん、無い袖が振れない層は初めから投資しません(二極化)

でも、降りたら少しでも上層のジョブ・マーケットに入るための入場券は得られない。
さらに、これは入場券(必要条件)であり乗車券(十分条件)ではないわけです。
乗車しても安穏ではない。椅子取りゲームはサドンデス。「降りない」層にとって
も憂鬱な時代なのであります。

91 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 04:28:27 ID:9EtGwRUN
>でも、消費というアプローチで捉えてしまうと少々キツイのでは?

世の中は裏はあるもので、例えば現在の高卒の場合、Fランクや専門に生徒を吸収することで就職内
定率を引き上げるマジックがある。高卒の労働市場は圧倒的に縮小していますね。

ジョブ・マーケットから弾かれた生徒を「進学」させることで就職内定率が引き上
がる。数年後の失業・無業の先延ばしに過ぎない可能性もあるのに。
まさに教育を消費させられているのです。Fランクや訳のわからない専門に行く生徒個
々人はアホかもしれませんが、マスでは彼らもまた雇用収縮の犠牲者なのです。
マスメディアは、いかにも「こりゃだめだ」という層と、「頑張ってるな」という層を
それぞれピックアップすることで印象操作していますけどね。

92 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 04:30:58 ID:9EtGwRUN
>>88
>言いたかったことは、文化的な最低限の生活を、少ないストレスとプレッシャーを以って追求する道があっても良い、ということですよ。
>その代わり、自分よりひとまわり以上年下の上司に仕えることを甘んじ、チョー退屈な単純作業まがいの仕事に甘んじ、ボーナスが出
>ないことに甘んじることがあるかもしれないと。

豪州やカナダは知りませんが、アメリカの中堅下層の労働者が「文化的な最低限の生活」を
「少ないストレスとプレッシャー」で追究しているとは思えませんが?
いっけん気楽に見えても、彼らはそう生きざるを得ないだけじゃないでしょうか?

>>89
別に欧州を美化しているつもりはありません。それと、社会保障の危機を強調なさるということは、
例えば小さな政府で「活力ある」福祉社会という方向性をお望みなのでしょうか?

そういった社会になれば、ますます「文化的な最低限の生活」は遠ざかると思われますが?

93 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 04:38:04 ID:Lj7uDG6c
人民元切り上げ拒否なら上院採決へ 米、中国に報復関税
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050421-00000000-san-int
 【ワシントン=気仙英郎】米国内で高まる中国との貿易不均衡に
対する不満を背景に、中国に人民元切り上げを求め、応じなければ
中国製品に一律27・5%の関税を課す対中報復法案が米上院で採
決される見通しになった。対中国では、米国だけでなく欧州連合(
EU)もセーフガード(緊急輸入制限)措置発動の検討を始めてい
る。

94 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 08:58:29 ID:BZ/d1Qo1
それより何より、女性を湯に沈めた事にしないと気がすまないらしい
香川県の創価学会の馬鹿には反吐が出る

95 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 15:23:53 ID:9jLAcASY
【独占掲載】草庵居士が講演、中国の株式市場の内幕を暴露
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/03/html/d23473.html

96 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 21:20:10 ID:vovQayKs
>>72
週刊誌にしても新聞にしてもテレビにしても時々いい記事はあるんだけどそれを見つけるのが大変。
ましてや社会人になればメディアリテラシーをやってる暇なんて無いしね。
信頼できる情報源を探すのは大変だなと思った。
最近ではパブリック・ジャーナリズムなるものが注目されてるがやり方次第では貴重な情報源になるかもしれない。



97 :闇め声:2005/04/21(木) 22:45:04 ID:Nhey/kC/
松浦亜弥と、矢口真里が立て続けに熱愛報道されたのは
単なる偶然ではないという話を聞いた
先日、知人の芸能ジャ−ナリストとの会食で話題に出たのだけれども
橘慶太と小栗旬も含めて、この4人に共通していたひとつにニッポン放送がある
生放送の「あなたがいるから、矢口真里」とその番組の途中で放送される
「松浦亜弥 Let's do it !!」という短い録音番組があった
橘慶太のいるw-inds.は「w-inds.のウィンディストリ−ト」という番組がある
小栗旬は「あずみ」で上戸彩と共演していて「上戸彩Nineteen's ナイン」にゲストで出演
実は矢口の見合い相手になるためにニッポン放送にきたのだという
ニッポン放送にはお節介な従業員がいて
松浦に橘慶太をあてがい矢口に小栗旬をあてがったのがこの従業員だ
それが矢口や松浦のようなアイドルにはいいことなのだという
つまり、この人気者のイケメンタレントと秘密の恋愛をして満足していればいいと
もちろんお互いのために表には出さずに・・・という考えだ
結果的には、矢口はモ−娘。退団という騒動になったわけだけれども
本人にとっては落ち目のモ−娘。からスパっと辞められたのはいいことだろう
はっきり言って、今回の騒動はぁゃゃファンとしてはショックだったが
自分としてはこれからもぁゃゃの応援を続けていくつもりだ

ところで、その従業員だけれど、その後も何事もなかったような顔をして
高給を貰いながら仕事を続けているのだとか・・・
これが無責任なマスコミ関係者の実態だろう

98 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 23:06:56 ID:vovQayKs
>>97
激しくスレ違い。


99 :名無しさん@3周年:2005/04/21(木) 23:52:22 ID:/XH5/4ba
ユニデン深セン工場でスト 労働条件の改善要求 4/20
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=YNS&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005042101002295
中国広東省深センにある通信機器メーカー、ユニデン(東京都中央区)の工場で18日から、
中国人従業員約1万7000人が一斉ストライキを続けていることが21日分かった。
昨年末にも賃金問題などをめぐる争議が起き、地元当局の仲介を得て解決した経緯があり、
同社は、今回も同様の問題が再燃した可能性があるとみている。

中共は、反日デモ鎮静化を本格的に始めた。
今後は戦法を変え、日系企業を標的に労働争議が頻発する可能性がある。
労働争議なら、中共政府も反対しずらい。日系企業は要注意だな。
今週末、NYで在留中国人が国連前で半日デモをする予定らしい。




100 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 00:19:05 ID:qnLkgCD9
>>97
笑い死ぬ!!!! が、やっぱよくないぞ☆

101 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 01:34:09 ID:W+cyZPuM
平和国家である日本。
これは誇るべきことなのだ。
然るに、最近の右傾化に便乗して反動右翼が活発に活動しはじめ
「戦前の日本」に逆戻りさせようとしていると云う事実。
極右政治家が検閲を開始し、従軍慰安婦問題をもみ消そうとしている。
拉致被害者を利用し、日朝友好を妨害しようとしている。
諸君、この反動右翼の傍若無人な行為を許してはならない。
平和国家日本がその崇高な理想を世界に広め、世界平和を実現しようとしているときに、
帝国主義時代の過ちを清算し、心からの謝罪を通してアジア各国と友好を結んでいるときに、
反動どもは時代錯誤にも浅はかな国粋主義を掲げているのだ。
戦前の日本に逆戻りしては、過去と同じ過ちを繰り返す。
即ち、国が荒れ、民が死に、人権が踏みにじられ、そしてアジアに多大な迷惑をかけるということである。
真の国賊、それは右翼だ。


102 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 01:39:35 ID:yznrdTI3
>>101
半分正しい。統一協会の煽動は常軌を逸しているからな。
だが左翼を徹底的に罵倒・攻撃する創価学会も勝共連合系なんだよ。
つまり>>101も創価学会に洗脳されることによって大嫌いな右翼に間接的に加担しているのだ。

103 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 01:56:08 ID:W+cyZPuM
★中国銀行に火炎瓶投げる 右翼名乗る男逮捕

 20日午前6時20分ごろ、横浜市中区山下町、中国銀行(本店北京市)
横浜支店に向けて男が火炎瓶を投げ、警戒中の加賀町署員に火炎瓶
処罰法違反の現行犯で逮捕された。支店の外壁の一部と歩道が焦げたが、
けが人はなかった。
 男は神奈川県横須賀市安浦町、無職川辺克則容疑者(40)。
「自分は右翼だ」と供述しており、同署は中国での一連の反日デモなどに
反発した犯行とみて調べている。
 調べでは、川辺容疑者はタクシーで支店前に乗り付け、ビール瓶に
ガソリンのような液体を入れてライターで着火、支店に向けて投げた疑い


これが右翼の正体だ。
言論を否定し、すぐ暴力に訴える右翼は人間のクズだ。

104 :売国奴を落選させろ:2005/04/22(金) 01:57:18 ID:Zc/GfZp2
人権法案の見直し案巡り、自民合同会議が大荒れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050421-00000015-yom-pol
 自民党の法務部会・人権問題等調査会合同会議で21日、人権擁護法案の
取り扱いの一任をめぐって、法務部会と人権問題等調査会のトップ同士が異
なる見解を表明するという“前代未聞”の事態が生じた。

105 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 02:04:15 ID:yznrdTI3
>>103
お前が右翼だと思ってる連中も統一協会の朝鮮人なんだよ。
クズなのはお前と同じ朝鮮人。これが現実だ。
http://www.mkimpo.com/image/yasukunix/2003/P8150003s.jpg

106 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 02:05:46 ID:5gukvpuw
不良債権の半分かそれ以上が暴力団に流れ国が破産しかけている今、皆さんが買い物や食事をしたり楽しく過ごすレジャー施設の経営が裏組織が担うところになっているのです。今に国の政治も…。

107 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 02:09:42 ID:5TAlCAvd
親日財産還収法、成立は時間の問題


 李完用(イ・ワニョン)、宋秉o(ソン・ビョンジュン)など、
親日反民族行為者とその子孫の財産を没収し、独立功労者とその子孫に
与えるという「親日反民族行為者財産還収特別法」の成立可能性が高くなった。

 しかし、過去の行為によって現在の権利を侵害できないという
「遡及立法禁止の原則」違反など、違憲をめぐる論争と財産の没収対象と
選定の基準をめぐり論争は続いている。


過去の歴史を直視することを拒み侵略を美化して恥じぬ日本に対するアジアの目は
厳しくなりつつある。

108 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 02:22:44 ID:yznrdTI3
旧ソ連の宗主国で民主化運動が起こってるが今度は、ベラルーシの政権転覆を行うと
公然とユダヤ御用黒人学者が宣言。
http://www.asahi.com/international/update/0421/011.html?t
この黒人学者が訪日した後に中国・朝鮮で反日運動が起こったことを思い出していただきたい。
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050416i203.htm

デビッド・ロックフェラー総帥の考えを代弁する(表の顔)FRBの議長グリーンスパンがアメリカ経済の危険性を警告。
アメリカの双子の赤字は公表されているような額よりも天文学的な数字に上ると言う人もいる。
Greenspan Warns Deficits Endanger Economy
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&ncid=578&e=2&u=/nm/20050421/bs_nm/economy_greenspan_dc

109 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 03:55:00 ID:TBLOxVkA
【五輪】反日運動、北京五輪に悪影響与えず…IOC会長が見解

世界は中国の正当性を認めている。

110 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 07:12:23 ID:JcWt4OH+
ソースが示せないって事は正統性が無いって事か

111 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 07:51:29 ID:v3bRnrn9
↓これだろ
tp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050420-00000416-yom-spo
オレは正当性は認めないが信頼はしている。
いくらなんでも、オリンピック中に事件を起こすほど、無能でもバカでもないだろう。

112 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 07:54:32 ID:VOFB8pr7
親子丼BBS:http://jbbs.livedoor.jp/news/2092/

これも貼っとくか。

113 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 08:02:54 ID:7y5RVOGN
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050420-00000416-yom-spo
こんなリンク無いな
 
ますます正当性が無い

114 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 08:32:39 ID:v3bRnrn9
ヘマして頭を削りすぎただけだよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050420-00000416-yom-spo

115 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 08:33:43 ID:rSg5j8xm
>>113

反日運動、北京五輪に悪影響与えず…IOC会長が見解

 【ベルリン=結城和香子】国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ
会長は20日、総括記者会見に臨み、中国での反日運動の高まりは、北京
五輪やプレ五輪大会に悪影響を与えないとの見方を示した。
 会長は、昨今の反日運動や、昨年のサッカーアジア杯で起きた事態などが、
日本スポーツ界に不安を抱かせかねないとの質問に対し、「五輪での安全
確保は、IOCの最大の優先事項。北京五輪では、何の事件も起きないことを
確信している」と語った。
 また、米大リーグで本格的な筋肉増強剤の薬物検査が始まったことについて、
「良い方向に動いており評価する。ただ、その歩みはとても臆病(おくびょう)だ。
世界反ドーピング機関の統一規則を受け入れることが、信頼を得る唯一の道だ」
と、強い調子で警鐘を鳴らした。
(2005/4/20/23:07 読売新聞 無断転載禁止)
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050420i416.htm

116 :闇の声:2005/04/22(金) 10:25:51 ID:iSijQNbV
本題に入る前に、嫌な奴だと思われるだろうけれども
何故、今のメディア・・・特にテレビがこの様な問題に(反日運動や北朝鮮問題)
稚拙なコンテンツしか流せず、しかも同じ人間が何でも語るようになっているのか・・・
ここに、病根があると思うのだがそれを説明しておきたい

前に、テレビ関係者の選民意識がテレビをダメにしたと書いたことがあった
その選民意識なのだけれども、基本的な認識は「みんなテレビに出たがっている
我々は出してやっている」と言う単純な言葉に集約される
何が一番大事なのかは間違いなくコンテンツの質であり、何を流すかという内容であり
その流す目的のはずだが、実は出たい奴を出してそれの見返りは何かと言う・・・
それが意外と優先されている
テレビ関係者が良く、出演する側が渋ると言う事に「出ればいい宣伝になります 我々が
上手くその辺はやりますよ」と言うのがあるが、テレビで育ててやった、育てて貰ったと言う
貸し借りの関係をそこで作ってしまう
結果的に、最初は注目すべき意見を言っていても、どんどん飼い慣らされてしまう
そこに、賄賂が絡んでくるから結果的にお互いをカネで縛りっこする事になり、出る側は
いつまで経ってもカネが残らないから焦って出演をしようとするし、出す側は
金が入ってくるから何時までも同じ人物を使おうとする
何人かのジャ−ナリストは事務所に所属しているから、その事務所と局側との話し合いが
優先されて予め用意された原稿を読むだけに等しい
事務所が無くなれば節税をしてくれる所もなくなるし、仕事を取ってきてくれなくなる
結果、事務所=テレビ局の縛りから抜け出せなくなる
これが、面白くないワイドショ−だらけの現状なのだ


117 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 10:27:23 ID:cRK5R2Vr
>107 と言っても中韓での話でしかないからな。
それに、この法律を成立させて財産を奪ってしまうことは、
「遡及立法禁止の原則」に反することになり、先進国の
スタンダードとは大きくかけ離れることになる。
日中間共に共通しているのは政権ががたついてることなんだな。
一番厳しいのが実は韓国で、二の手・三の手があるんじゃないかな。
実は北朝鮮より厄介になるかもしれんぞ。

>115 時間はある。
   元々、欧米は極地としか見ていないし。

118 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 10:31:52 ID:oExvXJK7
>>115
オリンピック協会は観客が集まらないと儲からないから必死なのさ
北京に実際に逝って中国人に殺されても中国に行った人が馬鹿なだけ
誰が見ても治安は世界一悪い。

119 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 10:33:01 ID:cRK5R2Vr
>>116
残念ながら出版などどこのクリエイティブ業界でも同じでは。
100点満点中120点をそれなりにたたき出せる人間でも、
締め日を守れなければ0点と同じ。下手打ちゃマイナス。
いつ出るか分からない爆弾原稿に総易々と枠空けて待ってられない。

一方で、80点程度しか出ないが、一次の締め日を大体
守ってくる人間の方が便利で使いやすいと言われる。
最近は80点どころか60点位にまで落ち込んでるけどね。
締め日と枠を守ってくれれば、品質なんて二の次なのが現状なのさ。

ネタを作るのに時間を掛けられなくなってるんだわさ。
現場に居るんだから、分かるでしょ?

120 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 11:25:35 ID:gjJdZGrO
>>116 >>119
また、メディアによく出る文化人は官民公私の各種審議会にもよく入っているし、パ
ーティ等の社交や講演・対談等の営業も盛ん。

いつの間に本業に時間を割いているのか不思議になるが、売れっ子なら取り巻き・データマン・
リライター・編集者を使い倒せば物理的問題はクリアーできるのだろう。
故松本清張は「工房」方式を使っていた。また、優秀な編集者はゴースト・リライトぐ
らい平気でやってのけるとも聞く。これも昔から、優秀な文学編集者は作家の原稿に
ガンガン手を入れていたらしいので、そんなに珍しいことではないのかもしれない。

こういう手法が一概に悪いということはないだろうし、実際、現在の日本の状況では本業だ
けでは生活が苦しいとはいえ、やはり異常な光景と言わざるを得ない。

121 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 11:40:40 ID:gjJdZGrO
ベストセラーも「セカチュー」だの「いま会い」だの限りなく薄味になっていくなあ。映像化の
場合、現場の労働力は活字の比ではなく、実際に映画「セカチュー」の撮影監督は病を押して現場
に立ち命を縮めたようだが、それだけの労働力を割くならもっとマシな映画はできない
のか・・・だがそれが売れる。この2本はアジアでもヒットしてるんだって。

それにしても、最近のメディア文化人は遠回しに政財官の意向を反映する人が増えたね。

TV局−(スキマに代理店などの意向も入る?)−事務所−本人−公私の各種審議会に所属?

というスクラムが出来ているのかもしれない。社説・コラムもいまや政財官のプロパガ
ンダ装置と化している。朝日の郵政民営化を骨抜きにするな論には呆れ果てた。

こうして我々は、薄味なファミレスの食事ばかり食わされているのだろう。

122 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/22(金) 12:39:14 ID:zAUyAgLD
>>101
「平和国家日本がその崇高な理想を世界に広め、世界平和を実現しようとしているときに、」
これを裏つける統計か資料ありますか?

>>103
「これが右翼の正体だ。
言論を否定し、すぐ暴力に訴える右翼は人間のクズだ。 」

ということは 中国人も人間のクズでOK?
もし違うなら何故右翼が暴力を振るってだめで、中国人ならOKなの?

>>116
情報をもとにお金を儲けることを趣味にしていると、少し違った視点で見ています。
例えば国際情勢、国内政治、日本経済で預言者のごとく正確な分析を出来る人が
いたとしましょう。この人の情報はそれ自体で価値を持ち、売れる訳で値段はTVの出演料
等と言ったレヴェルを超えた物になる。また買った人は当然その情報を独占しようとする。
ですから無料あるいは安価なメディアに出てくる情報は、その性質上質は限られたものになる。

その限界を考慮した上で、それでも価値がない情報が多い、外国のメディアに比較して
も余りに下らない内容が多いのは116のような事情があるのでしょう。
他にはやはり劣悪な広告代理店の存在が・・・・
スポンサーの意向を気にするのは一定限度では商業放送である以上仕方ない面もあるが、
日本の場合はニュース等でも干渉があるようで、それはやりすぎかなと。

対策としては、広範な基礎的な一時情報から、
自分で分析するの能力を身につける以外ないかと思います。



123 :闇の声:2005/04/22(金) 13:09:35 ID:yluub3o6
来客などがあって、書き込むのがずれてしまった
>>122
全くその通りと思う

今回の反日デモ報道で、一番問題だなと思うのはデモをしている連中にとって
日本のメディアが垂れ流す情報が、全ての日本人を代表していると恣意的に使われて
それでさらに拡大していく・・・という恐ろしさを当事者意識を持って理解していたのかと
言う事だ
ここに、選民意識・・・すなわち自分達は何をしても許されるし、自分達は世の中をリ−ドしているという
おかしな自意識が裏にある
ここで矛盾してくるのは、自分も色々見ているけれどもテレビ含むメディア業界ほど他業種との交流がないし
同時に他業種からの人的交流が無い全くの閉鎖社会でありながら世の中に何かを送り出しているという事実・・・
それに気が付いていないと言うことだ
しかも、>>122の中で指摘されているように、スポンサ−との関係からそっちに気を遣わなければならなくなる
たとえば、中小企業の中国進出で下請けと発注元の関係を見ることなく語ることは不可能だ
しかし、それら発注元はスポンサ−になるケ−スが多く、下請けいじめの結果中国へ出て行かざるを得ない現状は
報道されない
自分が見知っている限り、発注元から廃業か中国移転かを迫られて泣く泣くあちらへ移っているケ−スが多い
それは確かに、市場経済の立前からすれば当然なのだけれども、その現実をきちんと伝えているだろうか?
彼らが気にしているのは、世間に何を流すのかではなくて、スポンサ−が喜んで次も
お金を出してくれるような情報を作ることだ
ここに、メディアの公平性は失われていることになる

124 :闇の声:2005/04/22(金) 13:30:10 ID:yluub3o6
同時に、今の企業全てに言えるのだけれども、企業モラルの欠如が
自分達にとって都合の悪い情報・・・確かに、その線引きは難しいけれども
そう言う物を一切流させない行動になって表れている
同時に、スポンサ−ドする事がその時間に流される情報の中味に関しても
聴視者に対する責任の一端があると誰も考えていないことだ
これが、俗悪番組の乱発になっても反省もないし改めようなどと更々
考えないことに繋がってくる
三菱自工がそうだったが、自分に都合の悪い情報は例え顧客が死のうがケガをしようが
ばれなければそれでよいし、自分達が買った時間は自分達だけの物で
見る側が云々するのはお門違いだと言う事になる
この、スポンサ−の絶対化は出る側の媚びへつらいにも繋がり、番組外でも
ヨイショをしまくることになる
ここに、本来平等であり社会正義の裏打ちのあったはずの報道番組は
スポンサ−の意向に左右されることになり、そのアイデンテティは崩れ去ってしまう


125 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 13:44:33 ID:jFDCrL1U
今、手鏡事件でタイーホされた植草氏がラジオ出演しているのですが、やはり
TV局への圧力については、番組出演の際には局側から、ある件については
発言しないようにと注意されることもあると発言していました。

この事件、国策タイーホという噂も出ていますが、何か情報でもあるでしょうか?
>闇の声氏

126 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:07:39 ID:bM/n0xMF
自分は、もともと報道なんかアテにしてませんし、嘘しか言わない方が多いとは
思ってますが最近の宗教じみた製作や編集は既にその存在意義を失ってると思います
 
あったとしても、それはカウンセリングでしか無い

127 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 14:51:57 ID:75hffGpJ
今のメディア(特にTV、新聞)は、報道の使命を忘れているね。
国民にとって重要な情報ほど、報道されない傾向が強くなってきている。
これは、ある種の情報統制と一緒だ。
メディア人(特にTV)は、メディアの中で完結している人が多く、話してみると
他業種の人よりモノを知らないし、情報に疎かったりする。
メディア人が情報に敏感だと思ったら大間違いだ。

バブル崩壊以降、広告収入が減ってきている。21世紀に入ってからは、更に減った。
広告主、広告業界の力が一段と強くなった。
(アエラ.アサヒの5000万円事件など、その典型。)
その結果、どうでもいいニュース、社会ネタ、スポーツばかりになってしまった。

128 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 16:34:22 ID:ujh5g99E
>>126
情報を入手するのも大変な時代になったなと思った。
>>127
週刊新潮なんか最近は殆どデスクワークで記事を作ってるって話だ。
何か堀江にもう少し破壊してもらいたかったというのが率直な感想。
あと広告主絡みではトヨタタブーが結構あるみたいで。


129 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 17:21:47 ID:bAUCwNLk
闇の声さんは、今週のサンデー
毎日の下請け制作会社の実態
に関する記事については、どう
思ってるんだろう・・・。そうとう
過酷でひどい状況になってるみたい
ですけど・・・。

130 :闇の声:2005/04/22(金) 17:43:30 ID:tYMd79X6
>>125
残念ながら、この件に関しては彼は嘘をついている
自分は、警察でもなく大学や野村関係者以外から五年以上前に彼の性癖を
聞いている
政界にも、官界にも、財界にも、そしてメディアにもこの様な人物はいるが
それなりの金を払ってプロを相手にしている
素人を相手にしたり、カネ払いが悪いと山拓のようになる
それだけの事だよ
彼が、能力があったために会社が甘やかした
そのツケだと思う

131 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 18:42:36 ID:spEysKnA
>>130
むやみに信じられませんね、あなたご自身でそれを直接自分で確かめたのですか?
 
子供の頃に水泳の練習を必死にしていて、たまたま手が女の子に
当たっただけでそれを根にもつような老人が多いのでは話に成りません

132 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 18:55:50 ID:spEysKnA
そして、付け加えますが、そういったあなた方老人の姿勢が
今日の異様な報道の元を作ったのだと、重々承知して頂く必要が
あると思いますね。

133 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 19:19:05 ID:kLDjW8S1
植草の手鏡行為の真偽については去年の副島隆彦の講演で聞いた。
国策捜査かどうかは別として、手鏡行為はまったくのクロなので、
その点においては弁護しようがないと。

134 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 19:25:16 ID:jopWqcSA
また伝聞、電文

135 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 20:16:20 ID:1937RINI
ここで問題にされるべきはシロクロではなく、痴漢の疑いで
部屋の中まで警察に荒らされ、個人的な性癖を報道され、警察官の証言だけで
裁判で簡単に負けることなんだが。

136 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 21:07:49 ID:T5+jlXyX

  麻生総務相が靖国神社を参拝


 麻生総務相は22日、東京・九段の靖国神社を参拝した。麻生氏は同日の閣議後の記者会見で
同神社を参拝するかどうか問われ、「毎年、春か秋かどちらかに行っていた。この春は郵貯(改革
で忙しい)ですな。それで日程がまったく立ちませんから」と話していた。

 同日朝には自民、民主両党などの超党派議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員
の会」(瓦力会長)の国会議員80人が同神社を参拝。この中に現職閣僚はいなかった。


ソース 朝 日 新 聞
http://www.asahi.com/politics/update/0422/009.html?t5


日中首脳会談の条件は

          例大祭に現役閣僚が参拝しない

じゃなかった??


137 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 21:12:06 ID:hE4gEAer
>>136
鎮火した火災現場にガソリンを撒く馬鹿がどこにいるんだろうね。。
もうね麻生はバカかとアホかと。


138 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/22(金) 21:56:40 ID:zAUyAgLD
>>137
事なかれ主義ですか?長いものには巻かれろですか?元の火災の原因は?
どうして中国が日本の閣僚の行為に干渉できるか、その根拠を教えて下さい。
雰囲気とか常識でなく。無学なもので全く分かりません。
彼らが非難する権利はあるでしょうが、何故やめさせる権限まであるんですか?
教科書の内容も同様です。

>>136
そもそも信義とか約束等を守る事を前提にした付き合いでないことは、
中国の暴動、原潜事件、天然資源盗掘で明らかです。
「利用する、利用される」だけの関係なのだから
それでいいのでは?外交では日本人的な信義、誠意を適用するべきでない相手もいます・・

139 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:08:57 ID:JoipUC4R
いかなる国とであれ、外交に「日本人的な信義、誠意を適用するべきでない」が、
いかなる国とであれ、外交には「信義、誠意」を建前として掲げるべき。

140 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:29:26 ID:4ZQN6h4L
中国は小泉とよく話し合った方がいいな。
平沼赳夫だって麻生太郎だって靖国に行ってる。
いまさら田中眞紀子が総理になるとは思えんし。

141 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:33:53 ID:lfGxZTQh
それがねえ、こっちが農業始めるとそうでも無いんだよ
理由は詳しく言えないが

142 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:43:30 ID:hE4gEAer
>>138
でも彼らが蛇蠍のごとく嫌っている村山談話に頼っていると言うのが現状。
自民党って結局は内弁慶なんじゃないのかね?
言ってる事とやってることが全然違う。

143 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 22:50:27 ID:lfGxZTQh
自民党の連中でも、昨今の中国報道が北朝鮮と同じで
アメリカがよくやる情報扇動でしか無い事は判ってるでしょうに

144 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:08:41 ID:hE4gEAer
日中首脳会談もうダメかもわからんね。
中国側も応じればいいのに。


145 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:13:07 ID:g2Kd83vL
しかし小泉は運がいいのか天性の才能なのか
策士なのかそれともただのアホなのか分からなくなってきた。

146 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:16:06 ID:lfGxZTQh
誘導してる人がこのスレに居ます

147 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:16:38 ID:xA/nCgGZ
>>138
一々相手するから馬鹿なんだよ。
多少の被害は犬に噛まれたと思ってあきらめて大人の態度で静観してれば万事うまくいく。
もともと日本の不誠実な態度が今回の騒動を引き起こしたわけだしね。

148 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:20:12 ID:lfGxZTQh
>>147
それで煮え切らない態度を続けていたら、先方が直接行動に出たので
こちらはやり方を変えてみたら、どんどん先方が煮えていっただけ

149 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/22(金) 23:39:53 ID:zAUyAgLD
人件費が安い内は、そのメリットが受け取れるなら利用すればイイだけ。
相手のキチガイ振りはBBCなどのように、チベット、ベトナム、イスラム系住民弾圧
などもっと報道すればいい。友人等には決してなれないし、人件費が上がってきたり、
合弁企業・進出企業の利益吸い上げシステム(現状でもかなりやりにくいそうだが)
が改悪されたり、元切上げで競争力がなくなったら、さっと切り捨てればよい。

その時を想定して、ベトナム、インドネシア、インド、ロシア、東欧に分散投資すべき。


150 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:41:32 ID:rzBv7pwC
ベトナム・台湾あたりと、反中共経済ブロックを作るって事はできないのかな

151 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 23:44:36 ID:xA/nCgGZ
>>148
国益を考えたら中国に楯突くことなんかできないはずなんだが。
闇さんも言ってたようにもし断交にでもなったら日本は崩壊だよ。
名より実を取るため静観するのが大人の態度。
義満だって明に臣従して貿易で利益あげただろ。

152 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:02:13 ID:Zfocqh6O
>>151
僕もそれを否定はできない
でもね、中国から多数日本に逃げてきてる人間たちを日々見ると
異常としか思えないよ。それに明は騎馬民族じゃない、今の中国
は清のような匈奴の蛮族の国でしかないんだ、もう。

153 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:06:46 ID:f2TRaqFq
>>137
麻生太郎は郵政問題で小泉にハメられたから、その恨みを晴らしたんだろう。
それに、ここで遺族会・右派の支持を取り付けておくことは、
小泉が土下座してしまった以上、メリットは大きい。

154 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:12:05 ID:dW2olWyk
誇りを守って飢え死にするより下僕の方がまし。


155 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:14:33 ID:KPoidSMT
>>137 常任理事国に向けた政治運動でしょう。あれはアジアを向いてアフリカに語りかけた言葉。
>>144 会談に応じてGW中にデモが起きたらコキントーの政治生命が終わってしまうでしょうに。
>>148 小泉外交の成果でしょうね。さすがはライオン、忠犬たちとは一味違ったようで。
>>151 断交したらまたまた中国分裂。日本経済も大打撃でしょうが、中国は国が飛ぶから。だから自分で煽ったデモの阻止に必死なの。

156 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:20:37 ID:Zfocqh6O
CCEってのが44画とは成らなかったか

157 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:21:13 ID:lsDO9Ef/
 闇の声、今回の小泉首相のお詫び発言どう捉えるか?
売国かそれとも国際的には評価されるか?中国・韓国にとっては
どう影響するか?

158 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:39:08 ID:MhoY3RXp
水面下の交渉で話がついたってことじゃない。
大使館襲撃されて日本に有利だけど、日本から先に頭を下げて中国政府の面子を立ててやる。
そのかわりに・・・・。

159 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:40:15 ID:f2TRaqFq
>>157
横レスだが、中国・韓国以外の国からは評価されるでしょう。
特に欧米のメディアは好意的に書くのではないだろうか。
一方、これで中国側が謝罪をしなければ、対応の違いが浮き彫りとなり
中国批判派は必須。
ただ、中国・韓国にしてみれば、交渉の際の有利な材料が増えたという面がある。
ニュースで両国の談話が出てきているが、「行動を伴わせるべき」というもの。
つまり、謝った以上、何かをよこせという話になりかねない。
中国に関しては、明日の会談で、治安維持に関する謝罪が出てくればいいが、
麻生太郎の参拝があるのでそううまくいくかどうかは怪しい。
また、中国側の謝罪が伴わない場合、日本国内での中国への不信感は増幅するだろう。

160 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 00:51:12 ID:JUp/dAES
>>159
>特に欧米のメディアは好意的に書くのではないだろうか。

それはないと思う。
小泉談話はアフリカ諸国のまえで植民地化したことまで謝罪した。
もと宗主国である欧米は面白くないだろう。かといって批判もできないが。

>中国・韓国にしてみれば、交渉の際の有利な材料が増えたという面がある。

村山談話をなぞっただけで今までより踏み込んだ謝罪をしたわけではない。
さらに東南アジアによる援護も期待できると考えるのは虫が良すぎるかな

161 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/23(土) 01:02:28 ID:KFZUctSU
>>151
どうも中国を1つの投資先として客観化できないのがいるから、
直接投資の収益額を調べtみた。2004年上半期の対中国直接投資からの所得収支は
727億円。 1年換算で成長を加味しても1800億円程度か
ttp://www.mof.go.jp/bop/c16half2.htm

これは経常利益の段階なので日本の全産業経常利益と比較する。
これは30兆円前後なので(平成15年度で約36兆円)
ttp://www.mof.go.jp/ssc/H15.pdf
だから経常利益に対する中国からの投資収益の比率は0.6%に過ぎない。
この投資収益だけを失うのは痛くもなんともないんでは?

話を拡大して貿易も考慮しよう。日本企業の対中輸出は2004年度8兆円
成長を加味し、10兆円として売上1350兆、固定費比率20%の損益分岐モデルで簡単に
試算すると中国への輸出がなくなったとして失われる利益は約2.3兆円。
両方合わせても10%の経常減益要因に過ぎず日本崩壊は大げさ。

さらに対中貿易は赤字で貿易をシャットアウトすれば10兆円以上の国内企業売上
増加要因が生じる。この内輸入先の転換がかなりあるとしても、国内空洞化に歯止めがかかり
雇用回復等国民経済的にプラスの面もある。仮に半分国内に戻るとすると、先ほどの
経常減益要因は1.2兆に減少し、設備投資・雇用増の副次効果でダメージはかなり吸収可能。

中国広報部宣伝員が如何に実態に基づかず、ムードだけあおっているか分かっていただけたらと思う。




162 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 01:24:51 ID:KPoidSMT
>>150
欧米メディアの第一報をみる限り、「あの小泉が謝罪したぞ、でも国会議員が大挙参拝したぞ」の2部構成。
いかに民主主義国家が多様な意見で成り立つとて、アホか!?と思わないでもない。
今回は100余カ国のうちアフリカの“無党派層への浸透”を狙ったと思う。
欧米メディアが歴史絡みの日本叩きを始めたら、中国崩壊に黄色ランプが点灯したと解釈したい。

>>161
毎年のフローはその程度だから凌げるでしょう。でも本命はストックが焦げたときの信用収縮ですからね。
ダイエーやセゾンが飛んでも両社の利益が日本経済に占める比率など微々たるもので、という論法と同じ。
貿易額ばかりがクローズアップされますが、不幸にも、わが国は中国に対する最大の資金供給国なのです。
我々なりに歴史を真剣に反省して、遅まきながら大陸の奥地に踏み込む愚策を厳に戒めていかないと・・・。

163 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 02:12:23 ID:PS6byI/M
>>161
体中貿易は香港経由も含めれば日本側の黒じゃなかったっけ?

164 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 02:55:51 ID:mzhom2OX
日本は、本当に常任理事国に入るべきなのか?それが国益になるのか?
拒否権が無い常任理事国入りになんか意味があるのか?疑問だ。

それよりも、周辺国の反対によって常任理事国入りあぽ〜ん。
難癖つけて、国連分担金減らしを狙った方が国益に繋がらるんじゃないのか。
(日本が減らした分担金は、反対した国に払ってもらおう。)
今の国連だって、何時まで続くか分からないぞ。
中国もだけど、韓国の動きにも要注視。何かが変わろうとしている。

165 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 07:49:23 ID:AgfxjOgK
昔『フルセット型産業構造を超えて』という日本企業の中国進出についての本を読んだことがある
のですけど、80年代は単純な組み立て系工場が多かったけど90年代初頭からは基盤的な技術部
門を含む移転が拡大してきたとのことです。基盤的な技術というのは鋳物とか鍛造とか鋳造とか金
属加工の技術で、それらは日本国内では衰退の一途たどっているので、将来を見越して中国に進
出したと書いてありました。それから10年以上たっているけど、日本の基盤的な技術はどうなったの
だろうか?

166 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 08:54:51 ID:Zfocqh6O
むかしの車は、車体とボンネットの隙間が5ミリ弱だった
いまの車体は過労ラでも1ミリ程度で電子化加工が進んでますね

167 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 09:04:25 ID:iocsVO2q


168 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 09:16:16 ID:Zfocqh6O
そもそも、別に工場でなくても
http://www.scn-net.ne.jp/~tamotin/lenz.htm
趣味レーターにかけてコードに変換して自動加工の時代でしょ?
 


169 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 09:25:28 ID:AgfxjOgK
166、168さん レスありがとうございました!
技術革新がすすでいるので心配はいらないようですね!

170 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 09:56:21 ID:FE0kU9sh
日本の現状を見ると左からは中国・韓国から歴史認識でワイワイやられて竹島
を取られ、右からはアメリカの金融資本から乗っ取り攻勢を掛けられて銀行や
通信会社が乗っ取られてしまった。フジサンケイグループへの買占め工作も
外資が絡んでいることからマスコミも外資の支配下に入りそうだ。このように
左からは国土を取られ、右からは企業を取られて国民はじっと働いて税金を
取られればいいということなのだろう。

左に言わせれば中国のいいなりになうことが国益であり、右に言わせればアメリカの
言いなるになることが国益だと言うことで、まったく話にならない。

政治の世界の勢力争いとしては外国から支援を受けたほうがやりやすいのは
確かだろう。小泉内閣にしてもアメリカの支援を受けている。これに対して反小泉
や民主党のなかには中国の代弁者のような議員がいる。こんなことをやっていては
日本はばらばらに解体されて左右の両陣営から日本は食い物にされてゆくのだ。
中国にはODAをやり、アメリカには35兆円もの米国債を買うなど日本の金が
外に出て行ってしまう。

さらには人権擁護法案や会社法改正など、その目的を見ると日本の国益に反する
法律を制定しようとする動きがある。人権擁護法案が通れば「なりすまし外人」が
人権侵害を主張して2万人もの巨大組織が活動する恐れがあるし、会社法改正が
通れば三角合併で外国の巨大資本に日本の会社が乗っ取られることになる。
日本の国民の多くがこの実態を知らない。

171 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 10:27:32 ID:Zfocqh6O
昭和初期の頃と同じで、中国人華僑の暗躍が法律にまで及んでいる

172 :佐藤総研:2005/04/23(土) 12:58:41 ID:VRRer89Q
中国分裂後の軍事情況

中国反日デモは、とりあえず沈静化に向かいそうですね。
北京政府も、金の卵の外資流出を防ぎ、国威発揚のため北京オリンピックと上海万
博は絶対にやりたいでしょうから場合によっては軍隊を出しても押さえに掛かるで
しょう。
今更ながら。

今回、ちぐはぐな動きで政府内の不統一が改めて浮き彫りになり、実際、経済、国
内秩序が北京オリンピックまで持つかどうかは不明ですが、とりあえず私は、融資
の部分規制、地方対策、地方レベルの小出しの民主化等バンソウコウを貼りながら
上海万博までは何とか持ち、その後のバブル崩壊、政府機能不全、国内分裂と予想
しています。
というかその前提で小説を書きます。題して「巨龍の舞」。

さて、中国が仮に満州、北京、上海を中心とした3国に分裂した後、米国、国連が
何らかの理由で介入を見合わせた場合、陸軍、海軍、核兵器、生物化学兵器、謀略
等をどう持ち札として駆け引きに用い、あるいは実際に使用するのかの部分を書く
ため、今後軍事について深く研究するつもりです。

173 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 13:07:10 ID:f2TRaqFq
人権擁護法案を考える市民の会のの平田文昭氏が解説
http://www2.tok2.com/home/rashinban/setumei.wmv

西村幸祐氏が解説
http://www2.tok2.com/home/rashinban/2.wmv

西尾幹二氏が解説
http://www2.tok2.com/home/rashinban/3.wmv

174 :闇の声:2005/04/23(土) 13:26:21 ID:U/OKd7dT
>>131>>132
会ってもいないのに、老人呼ばわりされては迷惑だな
まず、この問題・・・彼の性癖だけれども、ある人に迷惑が掛かるので
具体的に言えないだけだが、自分は事実を確かめ(させられ)た様な関係にある
正確に言えば、相談を受けた立場と言って良いと思う
それ以上は言えない
警察は、この種の未成年絡みの問題になると、異様に動き回る
何を探しているのかと言えば、闇市場で流れる映像商品であり、覚醒剤だ
もっとも、警察のこと・・・正義の味方ではない
何のことはない、流通経路を探して自分達の分け前をむしり取ろうとするだけのこと
臨時収入になるから、やたら張り切るね

175 :闇の声:2005/04/23(土) 13:37:22 ID:U/OKd7dT
>>161>>162
数字を見ればそうなるだろうけれども、その時点での投資は二年先、三年先を見越しての
数字もかなりあるはずだから、inputとoutputの比較だけでは意味がないと思う
加えて、仮に中国から物が入らなければ組上がらなくなる製品は数多いし、しかも代替え生産のための金型や治工具、さらには
人の訓練まで考えるとその間の生産−出荷は完全に止まってしまう
今は特に在庫を極力絞っているから、物が入らなくなることでのラインストップの影響は
即座に企業経営に悪影響を及ぼす
しかも、資金の回収不能(焦げ付き)を貿易保険などで補うにしても、確か紛争当事国同士の扱いになると
保険が利かなくなってこなかったか・・・ここは不透明だけれども・・・
設備が残っている場合のみ、中国撤収は有効だろうけれども、これだけ空洞化してしまうと
その代替えは簡単じゃない
関東鉄道に乗って、守谷という町がある
かつてはここにOA関連の部品メ−カ−が幾つかあって、某メ−カ−に
納品していたが今は何もない
そっくり中国へ行ってしまった
跡形がない物、同じ物を創るのに明日からすぐは出来ない
サンプルを入れて、テストをして評価をして・・・
その間、組上がらなくなったら単純に言えば売り上げ0だね
生産のライン化とフロ−の考えで冷静に考察しないと、バランスシ−トだけでは
竹中と同じ事になるよ


176 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 13:39:16 ID:FFG89Kx+
>>152

彼が竹中路線の支持者でも逮捕されていたと考えるべきなんでしょうか?

詳しく事情を知りませんが、さっき速報で流れたドンキの件の逮捕といい
過去スレでも挙げられているような、不可解な逮捕劇がこのところ
増えたように思うんですが。

177 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 13:42:36 ID:FFG89Kx+
>>176

>>174の間違いです。失礼。

178 :闇の声:2005/04/23(土) 13:47:55 ID:U/OKd7dT
>>157
外交とは色々な駆け引きがあるもの
おそらく、お詫び発言を評価する形でなければ、日中首脳会談に入れなかったのだろう
中国側の国内事情だと思う
胡錦涛政権も、かなり弱いね
国内の保守派と言うよりも、愛国主義者という名前の中華絶対主義者が若者の間に
増えていて、それを共産党の若手幹部や軍が煽っていると聞いた
軍が煽る理由は、軍への若者の人気が下がる一方なので、人気取りも有ってのことらしい
デモがさらに起きた場合、それを収拾できなくなる観測が、政権内部にあってその連中への
慰撫というか・・・党内調整が必要でその為にあの言葉が必要だったのでは?
>>172
お話としては面白いが、現実問題それはないと思う
と言うのも、軍の力が絶対必要なのだけれども軍は出生地主義を採っていない
軍幹部は生まれ故郷のたとえば軍区の指令や政治委員にはあまりしない
軍の派閥と、地域閥は一致しない上に、共産党政治部の意向がどの組織でも一番強く反映されるので
今後も矛盾を孕みながら共産党の一党独裁が続くと思う
ただ、胡錦涛は意外と短命かも知れない
思想回帰の政権が次に出てくる気がするし、そうすることで中国ブ−ムは終焉を告げるのだと思う
なだらかな中国離れが起きると思われる

179 :闇の声:2005/04/23(土) 13:50:25 ID:U/OKd7dT
>>176
はっきり言って、中西議員より酷い
捕まえるのが遅すぎたし、あれは一種の病気だよ(以前は示談で逃げていた)
どの道捕まったよ
ドンキの件とは??

180 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 13:53:20 ID:FFG89Kx+
>>179

ドンキ放火で女再逮捕へ 浦和花月店の3人焼死事件(共同通信)
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050423-00000070-kyodo-soci

181 :佐藤総研:2005/04/23(土) 14:17:53 ID:VRRer89Q
岡田が取舵を切り、小沢がそれを打ち消すが如く思いっきり面舵を切っている。

それにしても、補選直前この期に及んでの岡田の「自虐史観的」発言には政治セン
スを疑う。
内容はともかく、時期が悪すぎる。
報道のされ方によっては、補選の致命傷となり2敗を招くだろう。


■歴史認識問題視を非難 小沢氏、反日デモで

 民主党の小沢一郎副代表は16日、仙台市内で街頭演説し、中国の反日デモに関
連し、中国側が日本側の歴史認識を問題視していることについて「イギリスは中国
にアヘン戦争を仕掛け、アヘンを売ってぼろもうけした。ロシアも似たりよったり
のことをしている。だが、反英、反ロ運動が起きたとはついぞ聞かない」と非難し
た。

 中国政府の対応について「日本人や日本政府はなめられている。絶対問題になら
ないと思っているから、国内の不満を日本に向ければいいという程度に考えている」
と強く批判した。

 尖閣諸島や竹島の領有権問題をめぐる小泉純一郎首相の外交姿勢について「国民
の生命とともに、国土を守るのは政府の最低限で最大の役割だ。それさえも丸く収
めればいいというやり方だ」と指摘した。(共同)(04/16 19:00)

http://www.sankei.co.jp/news/050416/sei066.htm

182 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 14:25:02 ID:HMwapkhO
>>179
同じことを今の森、小泉、山崎にも言えますかね?
性癖の問題を道義的責任として追及するなら、噂真が噛みついて手垢が
付いたまま力業で押し切った森の件なんかフォローしようが無くなる。
>>133 のソース元なんて上手い得点稼いだんじゃないですか?

それこそ、サロン関係者の呆れた性癖談義なんて、この人に限らず腐るほど
出てくるでしょう。表にならないだけで。マイケルジャクソンだけじゃなく、
この手の人間は「普通じゃない」からこそ、普通の人間より収入を得られる。
そこの基本は改めて頭に叩き込んでおくべき。

183 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 14:38:14 ID:KPoidSMT
ミラーマンの件は闇の声氏の言うとおりなんだろうけれども、
判決でわざわざテカガミ没収が明記されそれがきちんと報じられるあたりに
学会的なやり口というか、政治臭さを感じますね。
彼が構造改革論者だったらテカガミは没収されなかったと思う。

184 :闇の声:2005/04/23(土) 14:57:33 ID:dc0Z7iG1
>>182
この問題は、もう書かないけれども
サロン関係者なら、こんな事にならなかった
ただ、書けない事実がある
それだけだよ

それは、そこに名前が並んでいるお方達の方が凄まじかろうねえ
でも、衆人環視の中で手鏡を使っちゃいけないねえ
政治家が車を使うのは、下半身が裸でも判らないからだと言う人がいる
その言葉から判断して欲しい


185 :闇の声:2005/04/23(土) 15:01:54 ID:dc0Z7iG1
それにもう一つ
彼は彼の性癖で何人傷つけてきたか
家族、親、親戚、上司や友人・・・
何度も何度も示談で呼び出され、その度毎にどんなにまわりが迷惑しても
また繰り返す・・・
社会的な制裁を加えなければ、彼は判らなかったのだろうし、将来の可能性がまだあるから
戒めとしてあの様なことになったと、そう解釈して欲しい


186 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 16:15:37 ID:v6pvqbKI
>>185
最悪の返事が返ってきましたな。そっくりそのまま返して良いですか?
「性癖」の部分を「社会的悪行」に置き換えれば、
それこそ、不純異性交遊に始まって、無免許事故・麻薬に覚醒剤。
こんなので周辺に迷惑掛けまくってるバカ息子(不思議と娘は少ない)
なんてのもゴロゴロ転がってて、涙流しつつ自分のことのように
ケツを拭いてくれる人が沢山いるではないですか、サロンには(爆笑)
こっちだって何回煮え湯飲まされてきたか。
でも、社会的制裁は平等には加わりませんよね、何故でしょうね(唖然)

それが、組織に繋がっていて問題だとこぼしたのはどなたでしょう(苦笑)
あくまで、植草事件は性癖と現認の有無は別問題で、そのさじ加減に
ついては罰金刑と判決分にも現われてるんですがね。

なーんだ、結局お宅さんも「言わされている」立場に変わりないんですね。
相当幻滅しました…そこら辺のゴロ寝視聴者相手にしてるんじゃないですよ。
しっかりして下さいよ、できるとは思ってないですけど…

187 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 16:54:03 ID:ehvRxENt
中国の若者は日本を苦々しく注視してるかもしれないけど、
指導部は必ずしも日本だけを見ている訳ではないでしょ。
台湾の事もあれば米国の事もある。
いま連戦主席らが訪中するとか言ってるし、米国から大量の武器を買うための予算
だって審議してる最中じゃないかな。ニュースが少ないんでよく分からないけど。
中国だって強面ばかり見せる訳にはいかないよ。

188 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 17:31:28 ID:Zfocqh6O
GPX
他人の性癖を見る事で性欲を満たそうとする、じーさんの話
どうもフリーメーソンと言うのはそういうのを回し見てる連中っぽいね
お茶を飲みながら何を見てるんだと

189 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 19:09:45 ID:e/3+TMrz
>>187
ただ日本でこういうニュースが報じられることは無い。
当面は新聞のベタ記事とかをよーく見ないとね。


190 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 19:24:22 ID:FFG89Kx+
>>187

日本は国内で2枚、3枚舌を平気でまかり通しながら外交では1枚舌
どころかまともなことも言えない。中国含め諸外国じゃ普通逆だ。
どっちが国の利益になるのか考えれば、日本は下手すりゃ統制国家
より国力が落ちてることになる。

毅然たる態度は手持ちのカードが多くあるからこそ有利になる。
うちらはそんなにカード持ってたっけ。

191 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 20:49:18 ID:ehvRxENt
我々は単純に日本政府の外交がより戦略的で用意周到であれば、
今日のような不快感を被る事は無いと思っているかもしれない。
でも、もし戦略的に考えた場合、中長期の利益のためには、
短期の利益をあえてフイにしたり、
逆に短期の損をあえて選択しなければならないこともあるだろう。
つまり、戦略的にとり組む場合、最初にやせ我慢する必要がある場合もあるということなんだろう。
この最初のやせ我慢が、頑固で強力な野党のいる民主主義国家では、
独裁国家や統制国家よりもやりにくいのでないかな。

たぶんこの問題を解決するには、外交上の情報の記録、保存を厳密に行い、
でもってその情報の公開、事後検証をよくやって、
とにかく国民の政府外交に対する信頼を得ないと、どうにもやせ我慢はできないんでないかな。
また、国際政治の知識を大学などから国民に伝えるための知識循環の仕組み、
マス・メディアの海外での情報収集、解析能力の強化などなど、
いろいろとやらないといけないことがあるのかもしれない。やれやれ。

小泉政権は、イラクに自衛隊を派遣してる関係で、情報管理が上手になり過ぎているような気もする。
この間も、サマワの取材規制で防衛庁長官が陳謝してたような。

192 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 22:13:30 ID:e/3+TMrz
>>191
次期首相候補の安倍なんか小泉以上のパーだからな。
またぞろ週刊誌のインタビューで頓珍漢なことを言ってるし。
安倍が首相になったら小泉以上に対外関係が悪化するんじゃないのか?



193 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 02:29:04 ID:nj90bgyJ
>>190
>日本は国内で2枚、3枚舌を平気でまかり通しながら外交では1枚舌
>どころかまともなことも言えない。

そんなふうに見えました?
こと外交に関して首相は近代日本史に残るプレーヤーだと私は再認識したのですが。
なぜなら胡錦涛は首相と会った後、慌ててあんな会見をやる羽目になった。
プレスの面前で突拍子もなく本音(台湾問題)をゲロさせたことに驚いている。
思うにカンや嗅覚がよほど鋭いんでしょう。恐るべき外交手腕ですよ。


194 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 03:30:57 ID:nj90bgyJ
メディア報道によれば、中国人は右傾化した現在の親米政権に怒っているのであって
敗戦国意識を徹底的にすりこんだはずの日本国民には怒っていないらしい。
民意と関係ないところに政権が存在すると思っているわけですね。
しかし・・・こんな程度の愚衆を導かねばならないリーダーがいい面の皮だ。

胡錦涛・温家宝が江沢民一派に勝利することを祈ろう。

195 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 06:20:07 ID:duL+ea5v
>>184
サロン関係者のスローライフのおじさんの編隊的な暴れん坊ぶりもまったく表にでてきませんね。
まことに見事なガードぶり。


196 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 07:17:01 ID:tFz6P/NQ
>>194
それにしても、中国人はどうしてこうも歴史問題すきかね。
上っ面じゃ、みんないろいろ言うけど、20代の連中なんて、
「歴史問題何それ?、死んだ人たちがやったことなんてしらねーよ」と思ってるのに。
安部でも総理にして「歴史問題、口にしたら核武装するからな」といってやれば面白いのに。

197 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:15:11 ID:ha4LvAbq
どっかの在日中国人のステークホルダーに子供が居て、一緒に勉強してる
ときに目についたから騒いでるわけだ

198 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:17:39 ID:CCiDFORQ
>>195
スローライフのおじさんて、誰?

…「闇の声」も、「サロン」の犬だということは判ったけど。
サロンには当然中曾根康弘も鎮座しているわけだよね。
宮脇磊介の名前が全然出てこないのも、そのためだよね?

199 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:20:56 ID:Jc81jVFF
>>194
> 胡錦涛・温家宝が江沢民一派に勝利することを祈ろう。

それはまた微妙な。あの国で最終的には勝者はいないような気もするが。

200 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:39:24 ID:KhsEPXCY
>>193
つか、小泉があまりにもバカすぎて、胡錦涛には対処の仕方が分からなかったんだろ。
言葉の通じない宇宙人と対話するようなもんだ。
テレビであの男の顔を見、声を聞くたびに思う、
「仮に面と向かって対話したとしても、こいつとは意志の疎通はできないだろうな」

201 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 08:58:09 ID:tFz6P/NQ
ところで、今日はエロ拓先生にとって大事な日なんですが、
みなさんどうなると思いますか?
また、エロ拓撃沈の場合に政権に与える影響等についても聞かせていただけると
うれしいです。

202 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 09:43:36 ID:duL+ea5v
エロが売りのエロ拓か生涯反日が売りの在日か。
究極の選択だなw。

203 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:02:26 ID:6hMWB4UZ
>>200
同じ宇宙人でも鳩山の方がまだ話せるよな(w
それだけ酷いってことだろう。

204 :闇の声:2005/04/24(日) 11:39:25 ID:99kdr2YG
>>186
まあよかろう
貴殿がそう思うなら、そう思えばいいだけの話し
自分は事実を知っているし、それを明かせないだけのこと
ずいぶん文章が上手いねえ

自分がサロンと言ったのは、風俗のことだけれどね
変態性欲を満足させる風俗があって、そこで収まっていれば良かったのに
彼は街に飛び出していって、素人娘のスカ−トの中を見た
それが未成年であり、絶対に示談には応じないと言う事になった
それだけの事だよ

自分は結構真面目に書いてきたつもりだけれども、その様な解釈しかできないのなら
何を書いても曲解されると言う事かな?
植草事件というのは、単なる痴情に過ぎない
それが偶々有名人で、反竹中の有力論客だから警察が動いたとこう言いたいのだろうが
警察が捜していたのは、今警察が血眼になって捜しているロリ−タ物のDVDや
ビデオだ
それが彼らの利権なのだ
彼の利用価値は、テレビで木村剛に言い負かされた時点で終わっている


205 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:40:05 ID:aYNYj7hh
>>198
だからこそ、闇の声が語る中国論も一方的な切り口でしかないんだよな。
中国を軸にしてるフィールドワーカーなんかは今回のデモは大方来月中
には沈静化するだろうと言っている。これも一意見だな。
来日留学生に至っては「またやってるよ」なんて笑っているのまでいる。

あのバンドンでの発言は小泉にしては珍しい腰抜け外交だろう。
外交にも信念がないのがあれで露呈しちまった。村山談話って、
今の社民党との連立時代の成果ではあるが、随分息の長い眉唾物だこと。
使うなとは言わんが、なぜここまでの流れの中で、これを使ったのかがワカラン。
サヨの残した結構な遺産にもかかわらず、ネトウヨはこのカードも何の疑いもなく
受け入れるんだろうな。どう火花散らすのか、散るのかも興味深いですが。

ただ運の良いことに信念すらないから、胡錦涛が時間切れで自爆しちまった。
逆に厄介なモノを抱えちゃったと思う。

>201-202
山タフ敗戦効果は直接には出ないよ。永田町にしつこく残るかどうかにもよるだろうし。
民主の対抗候補も両方訳ありだから難しいと思うよ。池田商会フル稼働だし。
福岡民主は人選間違ったよ、癖がありすぎて話にならない。
ピーカンだから与党有利だろう。面白くないが与党完敗は無いと思う。
一番まともな選択は自民から潔癖な新人を出すこと。

206 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:46:15 ID:wqs43cE5
>>204
闇の声さん、からむ馬鹿は無視してこれからも興味深い話お願いします。



207 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:51:07 ID:aYNYj7hh
>>204
珍しく取り乱されているようですが。当事者ではないんで、横やりだけ一本。

木村剛の話が出てきましたが、あくまでもこれはメディア上だけのことで、
金融業界では、彼の立場も急降下してますよ。例の銀行、シャレになってません。
堀江以前の問題。三年後には植草よりクサイ飯を食べているかも。冗談抜きで。
そういう意味だと、新銀行東京も船出は厳しそうですね。

208 :闇の声:2005/04/24(日) 11:53:47 ID:99kdr2YG
>>205
何処が一面的なのかな?

今回のデモは、5/4が最高潮になるか成らないかの瀬戸際だったのだが
昨日、中国政府が各大学にデモの自粛を呼びかけ、大学当局の学生に対する
コントロ−ルを要求している
少なくとも、学生は動くことはあまり無さそうなのでそれほどの大規模には成りそうもなくなってきた
その分、韓国は暴れそうだけれども・・・
昨日の首脳会談はよく判らない
準備も少ないし、行動の具体的な内容を話し合ったわけではないし
時計の針をデモが起きる前に戻した程度だろう
むしろ、中国にとっては今まで触れられていなかった中国リスクが明らかになっただけ
マイナスと言える
面白がってやらせてみたら、何のことはない・・・ブ−メラン現象で自分に向かって戻ってきたのが
本当のところだろうけれども、このデモで党の青年部や政治・思想部門は現政権に対する
揺さぶりの手段を手に入れたと言える

今日は天気がよいから、投票率も上がるだろう
そうなると、山拓は不利だね
デモで大騒ぎになるはずが、成らなかったので冷静に判断されるからだ
そうなると、過去の性癖はマイナスになるね


209 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:54:12 ID:ykLOYULw
全て朝日のせいにするこれ朝日陰謀論ともいうべきだろ。
朝日陰謀論によれば朝日が中国韓国の反日政策を立案決定してるわけだろ。
そんなはずないよ。だったら朝日は世界最強だよ。ありえない。荒唐無稽。
奇想天外だよ。朝日は良心的民主的な新聞。対極に産経。次に読売だよ。
僕の見るところ日本の民主勢力きわめて低調。これかなしいよ。
ちなみに民主党は名前は民主だが一部を除き民主的でない。自民党これ論外。
実際に民主的なのは共産党その他ごく一部だろうね。これ韓国と対照的。


210 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 11:59:43 ID:FhEBP6Bs
共産党が民主的ってのは洒落ですよね

211 :闇の声:2005/04/24(日) 12:00:13 ID:99kdr2YG
>>207
取り乱した訳じゃないのだが、これだけ曲解されるとねえ・・・

木村の話はいろいろ聞いているし、小泉政権が終われば木村も終わる
彼は今、一生懸命安部に取り入っているよ
福田は木村が大嫌いらしいから、福田になったら彼はおしまいだね
経済アナリストの価値というのは、どのくらい新しく、価値のある情報を手に入れて
それを元に分析出来るかだと思う
植草は、野村を辞めた(?)時点でこの情報を手に入れられなくなっている
そうなると、アナリストとしての価値は大幅に下がる
民事訴訟の法廷じゃないが、どっちがどれだけ裁判長に上手く訴えられるかのような
状況になると、詐欺師まがいの木村に軍配が上がっただけのことだ
メディアだけの世界にしか、植草は生きることが出来ない(性癖のため)
そこでも負けたのだから、利用価値はないと言う事だ

212 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:00:44 ID:6hMWB4UZ
>>208
ただ現時点では両選挙区とも低調ですね。
私は宮城は門間で福岡は山タフの返り咲きと見ますがどうでしょうか?


213 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:06:40 ID:S54jTtKX
リークしまくる憂国の風俗関係とは、質の下がったものだな・・・

214 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:07:57 ID:NeZDIIsY
竹中の実家って地方のちっぽけな履き物屋なんだよな。
庶民の哀しみや苦しみをよく知っているはずなのに、どうして日本を禿げたかに売り渡して国民を苦しめようと
するんだろう。

215 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:11:42 ID:aYNYj7hh
>>208
取り乱されているようですが、落ち着いた方が良いのでは。

私が一面的としたのは、青年節の影響、これの見解の相違に尽きます。
多面的な情報を取得しようと鋭意各人が努力しているのは、あなたも私も同じ。
それにも限界がある、それを全てとしてはいけない、これだけのことですよ。
リサーチ業務の基本ですよね。
批判的な意見であっても、少なくとも私はあなたを全否定することはしませんよ。
これも会議の基本ですし、外交の基本ですよね。

では、続けて下さい。

216 :闇の声:2005/04/24(日) 12:13:01 ID:99kdr2YG
>>212
公明党お得意の動員が有ったようには聞いていない
もっとも、民主党候補もいまいち魅力がないから、しらけ戦と言えるのかな
これで落としたら、浜四津は終わりだし・・・小泉と創価学会の間柄も
少しすきま風が吹く
もっとも、この選挙で一番得をしたのは創価学会だ
何となれば、勝てば創価学会の運動が効いたと言えるし、負ければ創価学会がこれだけ動いた
のに自民党の体たらくで負けたと言えるからね
絶対損をしないのが、創価学会の強みであり自民党執行部はそれだけ創価学会依存の選挙を
せざるを得なくなっている

217 :闇の声:2005/04/24(日) 12:21:03 ID:99kdr2YG
>>213
お前は何も判ってないな!!!!
いいか、糞まみれの旅館をなだめて、バッチ付けた奴から慰謝料の名目じゃ
金が取れないから回り道して、法律すれすれのことやって金を作って
それで旅館を建て直させたこともある
ロリ好きのバッチがいて、その関係者から見張りについて怪しげな事をさせないように
頼まれたこともある
それもこれも、少しはその連中が国に役立つと思ったからだ
最近自分が色々話すようになったのは、その価値さえない連中ばっかりになって
腰から下の後始末をやるのがほとほと嫌になったからだ
人間には二面性も、三面性もある
その闇を嫌と言うほど見てきた
そんな浅い言葉で切り捨てて欲しくないねえ!!!!!!!

218 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:36:24 ID:NeZDIIsY
>>217
多少変態でも国のために働いてくれるなら可ですが、近頃はただ変態なだけの無能な二世三世政治家しか
いないのでしょうな。私の地元でも高校のとき無免許のバイクで人はねた馬鹿<当然もみ消し>が親父の後ついで
バッチつけてますよ。欧米なら二世でも立派な政治家はたくさんいるのに、日本はどうしてくずばかりなんだろう。

219 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 12:52:29 ID:r5enjodY
>217
浅薄なやつらは放っておきましょう。
経験のないやつらには何を言っても無駄ですよ。

220 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 13:04:07 ID:51HLCF11

ttp://www.geocities.jp/taiwan_assoc/bs01x25.html

闇の声氏にお伺いしたいのですが、ここに書いてあることは概ね的を射てると思いますか。
そうだとしたら日本流の話せばわかる、こちらが譲れば向こうも譲ってくれるという風な
交渉はまったく愚かで無駄であったということになってしまいませんか。


221 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 13:04:31 ID:tFz6P/NQ
>>218
情け無い話ですが、やはり国民の民意が低い、マスコミが何も報道しない
という点ではないでしょうか。
メディアで政治家同士が本当に議論をぶつけ合えば、ダメなヤツは淘汰される
けれども、今のメディアは事なかれ主義なので、有能かどうかを判断する材料
が出てこなさ過ぎる。それでも、国民の側が情報を集めればいいのだけど、
どうも、自分が何かをしても世の中変わらないとあきらめてしまっているので、
それもしない。結果、無気力となって選挙にも行かず、組織票を持ってる2世
が当選する。そして、スキャンダルを隠すためにメディアに圧力をかける。
この悪循環のような気がします。
もう少し、みんな選挙に行ってくれれば世の中変わると思うのですが。

222 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 13:11:19 ID:0Ldb27wF
>>217
闇氏にはこの程度で釣られてほしくないな・・

独自のアングルを持ってるのは確かなんだし、書きたいことを
淡々と書いていけば見てる奴は見てるぐらいの感じでいればい
いじゃない。

>ところで植草事件というのは、単なる痴情に過ぎない
それが偶々有名人で、反竹中の有力論客だから警察が動いたとこう言いたいのだろうが
警察が捜していたのは、今警察が血眼になって捜しているロリ−タ物のDVDやビデオだ

だけど、植草のインタヴューttp://www.videonews.com/を見る限り、一概にそうともいえない
んじゃないかとおもうな。

捜査の過程、裁判の過程は明らかに国策捜査的色彩がある。
反竹中だからパージされたと断定するわけには行かないけど、この事件に関してはおかしい
ところがあるのは確か。

223 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 13:24:35 ID:tFz6P/NQ
>>222
植草の話だけど、司法に関する一般的な話を書いておきますわ。
そもそも、警察の捜査などというものは今でも十分ずさんで、
こと、痴漢事件ともなると、「黒といえば、楽になるぞ」といわれるものです。
まして、再犯であればなお更。
しかも、痴漢に関する裁判というのは、物証やら証言がもともと乏しいので
捜査側の主張が認められやすい。
鈴木宗男とつるんでいた佐藤分析官も国策捜査を口にしているけど、
それと植草は次元が違うと思う。
宗男に対する世論やらからいっても納得できる節がある。
植草が政府批判をしていたというけど、りそなの件に関して、
彼の批判は全く的を外れていたし、それ程の彼の主張を支持する人もいなかった
と記憶してます。
個人的には、逮捕直前に「この人終わったな」と思っていた程。
植草の逮捕の時期が、総裁選の前やらというのであれば、まだ話は別なのですが、
国策捜査を主張して、自分の地位を回復しようとしていると見るのが
自然ではないでしょうか。

224 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 13:45:09 ID:8GIy9uWD
植草が犯罪したって、「権力の内側」にいたら、立件されなかったんでしょ?
で、事実今までは立件されなかった。

あの事件では「なぜか」県を超えてまで警察が尾行して「立件」した。
つまり、「権力の外側」に弾き出された、ということを植草に知らしめた。
逮捕自体がメッセージ性を持っているわけだ。

なぜ「権力の外側」に落ちたのか? 誰が「落とした」のか? 
「立件」した勢力は誰か?

これらの疑問を「植草は変態だから」で片付けようとするのは
あまりにもムリがある。ていうかさ。他の板利用者を、別な言いかたをすると
「一般大衆を」バカにしているだろ?

言えないなら言えないでいいさ。言えないといえばいい。黙秘権は認めるよ。


225 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 13:59:51 ID:nG3LimUl
単に植草はもとから権力の内側にいない 入れない人物だったんじゃないの?

226 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 14:13:53 ID:SZAQA0NR
今だに植草の件でこのスレに粘着するのもあまりにもムリがあるし、
もっと他のことを論じてもらいたい一般ROMをバカにしている。

227 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 14:56:40 ID:tFz6P/NQ
>植草が犯罪したって、「権力の内側」にいたら、立件されなかったんでしょ?
植草はもともと罰金ですむはずだった。迷惑防止条例はそういうもの。
それをマスコミがかぎつけて報道してしまったので、争う形になっただけ。
全面的に争わなければ、普通、この手の事件について検察は立件しない。
逆に、全面的に争うといえば、検察は必ず立件して徹底的に争う。
もちろん、警察側でマスコミにリークしたのがいたのかもしれないけど、
それだけをもって国策捜査というのは、少し読みが過ぎる。

あと、確かに植草は亀井・堀内派が政権を取ったら経済担当大臣候補とは
いわれていたが、上にも書いたように権力闘争の真っ只中でもないのに
あえて外野の植草を落とす必要性がない。
私も闇氏と同じように単に性癖がバレたに過ぎないと思う。

228 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 14:57:14 ID:8GIy9uWD
>>225
ならばなぜ、以前は逮捕されなかったのだ?

229 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 14:59:43 ID:8GIy9uWD
>>227
マスコミは初めからセットだろ?

警察がOKしなければ、あるいは「流せ」と言わなければ、
それまで同様に、あるいは糸山英太郎の未成年買春と
同様に、マスコミは流さない。

230 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 15:03:10 ID:ha4LvAbq
ウエ臭、と頭の悪いオヤジギャグの連続には呆れるが
それが現実世界と言うものらしい、本当に頭悪いと思う

231 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 15:21:27 ID:/ZymzkhO
植草の話は他でやれ
このスレにでもいけ
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1113791007/l50


232 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 16:15:28 ID:SnmnlIVM
闇の声氏が日曜日にカキコするのって珍しいような。

233 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 17:46:58 ID:TZmKWoEY
>>193

これは総理のことではなくこの国の外交姿勢全般に言えることです。
補選前なので変な誤解を招いてしまったようですね。
補選の結果はどうなることやら。


前のレスで余計なことを聞いてしまいました。>闇さん
この誹謗中傷は情報が理性を持って的確に判断できないところに
集まりすぎている弊害でもあると思います。結果、国民は何も知らされない
で政治に判断を下すことになる。

どうか誹謗中傷に気分を害することなくこれからも書いてください。
闇さんの書き込みはこれから先の国に役立つ意見や情報と思います。



234 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 19:17:54 ID:6hMWB4UZ
>>216
結局自民も民主も創価に踊らされてる感がありますね。

そういえばさっきNHKニュースで拉致被害者の集会を見てたんだが蓮池兄が映ってなかった。
いつもなら映ってるのに。
あと家族会絡みでいろいろ内紛が起こっているなんて話があるがどうなんだろ?


235 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 19:45:17 ID:/ajYdV1j
闇の声さんにこんな事を聞くなんなのですが、お聞きしたいことがあります
私今までロリ−タ物のDVDをを信用できる、業者さんから買っていたのですが。
先日店を畳むとの連絡がありました、その理由か゛取り締まりがあまりに厳しいため身の安全を守るためとのこと。
たしかにいろいろとあって、肩身の狭いおもいをするのはしょうがないのですが。
このところの動きは、いままででは考えられないほどの力の入れようです。
警察の内部でどのよう変化ががあったのか、教えてもらえませんか。  
 

   


236 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 19:53:36 ID:Wf0ZXk9L
そういうものは何にもなくても、定期的に手を変え品を変えコロコロ変えるよ。
信頼できる老舗なんてなったら、警察も看過できないだろ?

237 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 20:21:45 ID:6aUV69qy
ロリータ物に対する性癖がある奴なんて全部殺すか収容所に監禁しとけや


238 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 20:47:20 ID:cN8o4dvk

日本のヤクザのほとんどは中国・朝鮮系ヤクザが仕切ってるよ。
不法中国人を使った盗み・強盗のほとんだがその系統。

日本の純系ヤクザは暴力団新法で壊滅状態。
中国・朝鮮系ヤクザは北朝鮮産覚せい剤や成りすまし朝鮮人らのネットワーク
を作ってるから強い。

山口組もやがて中国・朝鮮系ヤクザの組織になるでしょう。


239 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 20:58:08 ID:Jc81jVFF
ニュース+板で拾ったよ

よくある交渉手段

小泉:「どーすりゃーいんだよ、ダメリカさん」
ダメリカ:「とりあえずあやまっとけ。 あとはうちがなんとかするから」
小泉:「わかった。靖国はどうすればいい?」
ダメリカ:「常任理事国投票まで行くな、話題にも出すな、吹っかけられたら引き伸ばせ」
小泉:「中、韓個別対応はどうするの?」
ダメリカ:「中国には腰を低くしてろ、国内勢力は抑えておけ。今は北の核問題で
      中国とはうまくやる必要があるんだ。世論的にうちが追い詰めておく」
小泉;「韓国は、交渉の余地すらないんだが・・」
ダメリカ:「徹底無視だ、あの民族は対極的なものの見方ができない、北と結びつき
      そうになったら、徹底的に叩くから待ってろ」
小泉:「了解」
ダメリカ:「そのかわり、牛肉と郵便局の件は頼んだぞ」

240 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 20:58:36 ID:FhEBP6Bs
日本のヤクザはチーマーにも押されてるらしいね

241 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 21:17:29 ID:6hMWB4UZ
やっぱり山タフ当確だよorz

242 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 22:29:41 ID:M388a/RN
>>240
そんなわけねーだろ
チーマーの類のケツ持ちはヤクザだ
毎月集金があるよ
ヤクザの子弟がそういう連中のリーダーやってるし
ヤクザの構成員がチーマーの類を兼任してる場合もあるしな

243 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 22:31:48 ID:c7xqPln5
で、やくざのケツ持ちが政治家


244 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 22:45:04 ID:c7xqPln5
>>217
ただ1つわかった事がある、下の話をわかってないと世の中の情報の
半分ぐらいが分からない、と言う皮肉な結果を
 
その点では勉強に成ったが、ちょっと多すぎると思うし、蒸いし器の
操作がある事も認識できたので、これは普通では無いと感じた次第だ

245 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:00:35 ID:bEu/wJ3F
補選の結果を聞いてガックリきますた。
民主党に多くを望んでいるわけではないけど、どうしてこれだけ選挙に行かない
人間が多いのかわからない。不在者投票もあるのに。

投票率が低ければ低いほど、利権団体とカルトのいいようにされてしまうのに。

246 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:02:20 ID:j4xWfQc2
もう国民年金と言わず、選挙権として売れ

247 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:18:06 ID:6hMWB4UZ
>>245
かくなる上はこの国を出るしかないね。
アルゼンチン並みの危機がこない限り変革は無理だろう。

248 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:19:50 ID:bEu/wJ3F
>>247
私は、チャベスのいるベネズエラに行きたいです。
でも、英語もスペイン語もわからないので職にありつけない・・・・・

249 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:21:54 ID:FhEBP6Bs
>>242
渋谷などではチーマーが外国勢力と直接結びついて覚せい剤ビジネスに手を
染めてるそうです
外国勢力は特殊部隊出身者を多数擁し、チーマーにも武闘訓練を施しており
武器の扱いと集団での連携戦術に長けていて日本のヤクザの能力では太刀打ち
出来るものではないそうです


250 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:31:24 ID:6hMWB4UZ
さてと移住の準備でもするか
もうこの国はダメポだからな。

251 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:35:07 ID:j4xWfQc2
244を書いてから加害者が安心したらしい所を見ると
その方がよさそうですね
 
ほんと連中は腐ってるな

252 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:35:14 ID:bEu/wJ3F
この国ときたら 賭けるものなどないさ
だからこうして 彷徨うだけ

253 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:38:50 ID:PSgm7FJm
今度の総選挙前には是非とも政界再編が必要だと思います。
今の自民・民主の形だとどうにも投票しづらいのでは。
草加せんべい党支持者以外は。

254 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:40:04 ID:6hMWB4UZ
>>253
もうどっかの誰かがクーデターでも起こして欲しい気分。
90年代より酷くなってるじゃん。今の日本って。



255 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:44:09 ID:j4xWfQc2
アメリカが、韓国に依頼してた工作をもうアメリカが忘れてるのに
しつこくやってただけのような気がしてるんだけどね

256 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:44:48 ID:6hMWB4UZ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050424-00000108-kyodo-pol
創価恐るべしだな。
もうこの国はダメかもわからんね。

257 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 23:52:54 ID:bEu/wJ3F
これで、あの偏執狂首相が拘っている郵政民営化が小泉ペースで進む。
国民のほとんどが望んでおらず、不要不急の政策であるあの愚策が。

258 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:18:45 ID:UXV/030g
この国は公務員とヤクザにくれてやる。
好きにやってくれ。
おれは全財産もって外国に住む事に決めた。

真面目に働く奴はどんどんいなくなり
公務員やヤクザのように人に集る奴らばかりが増える。
いずれ税金搾取も出来ず日本は勝手に没落。
後は野となれ山となれだ。

もう、おれの知ったこっちゃない。
こんな国。

259 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:32:48 ID:inTToAdC
                 ,-------- 、
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
            /;;;;ミ''''''''''''''''''''''"  彡;;;;ヽ
            {;;;ミ  ,,,,,,   ,,,,,,,,,  彡;;;;;l  
            ゝ;;l """'''-  ''''"""'   彡;;l 
            | l;| ̄lー・=)-l -・=ーl ̄じ⌒
            | l |   ̄/ ヽ、 ̄    i) :|  岡田、これでオマエもしまいや
            ヽ |   ( 、_ ,)、::..    __ノ 
             ~'l  / ,,_____,, 、::.   |   
              ヽ ' "    " '  ノ
              / \,,     ,, _ノ、_,,__
         /二ノ~)   \''''''''/  |     ⌒ヽ、
      __,ノ~/へ'ン |__,,,,,イ:::::ヽ、   |  __  ⌒ヽ
   ,/⌒ /〈 ヽ \    >ニニ/ "'ー、  |   |    \
  (⌒/⌒"~  ニ\ \ノつ  ///|      |   |     )
 ノ /     テー`ー'   /// :|      |/\| ,/   \


260 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:32:52 ID:w5+kgPTK
>>258
そんな無責任なことを言ってはだめですよ。あなたも日本人でしょう。
一人ひとりが少しでも意識すれば変わりますよ。

それに日本を出ても、外国で日本人という外人として生きるとして、
そんなに良い国があるとは思えません。
よっぽど金があればモナコとかの選択肢もあるんでしょうが・・・。

261 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:37:30 ID:Hkdd6cwf
>>245
民主党ったって、自由党系の候補だから、カルトや暴力団とつながって
いることが判っていて、積極的に投票に行こうとは思えないんだろ

まあ、選挙を仕切った小沢一郎は、岡田克也やリベラル系のせいにして
またぞろ党内クーデター企むだろうけど。自分の無能力を棚にあげて。

262 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:42:35 ID:inTToAdC
まともな候補を立てなかった民主がまぬけ。
スネに傷を持つエロ拓が対立候補だから
配慮して日本乗っ取りの野望に燃えてる帰化在日を立候補させて上げたのか?
普通にやってれば、民主は勝てた選挙だったろうにな。

「地方参政権」へ邁進 初当選の白真勲氏(04.7.14)
http://mindan.org/sidemenu/sm_sansei_view.php?newsid=3185&subpage=32
初の立候補で20万3千票以上を獲得し、個人票でも22位につけた白氏は12日、あいさつの
ため民団中央本部を訪れ、呂健二副団長らと懇談、この間の声援に対して謝意を表した。
白氏は「これからがスタート。在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も
結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」とアピールした。

帰化在日は恐ろしいな。


263 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:51:24 ID:Hkdd6cwf
>>262
だから候補を選定したのも選挙を仕切ったのも小沢一郎だっちゅうに

264 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 00:53:59 ID:27qmU5El
福岡は無理としても、与党側の候補者が分裂した宮城は勝てると思っていたんだけどな。

265 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 01:17:44 ID:vCANaLTR
これで、小泉・竹中ラインは延命か。
まったく不幸としかいいようがない。
ただ、これで岡田も厳しい立場に立つだろうし、うまいこと消えてくれれば
それでいいのかも。
それにしても層化恐るべし、そして、愚民どもが、なぜ選挙に行かない、嘆かわしい。

266 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 01:42:09 ID:inTToAdC
>>265
> 愚民どもが、なぜ選挙に行かない、嘆かわしい。

愚民どもだとさ。はらいてーよ。便所の板に落書きしかできないチンカスのくせにw


267 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 01:52:02 ID:inTToAdC
   /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::|    売国無罪    |ミ|
 |::::::::::|              .|ミ|
 |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ|   
  |彡|.  '''"""    """'' .|/   
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  | 
 | (    "''''"   | "''''"  |  おまえら、うるせえよ。
  ヽ,,         ヽ    .|  三国人に国家主権の移譲、するんだから
    |       ^-^     |  元在日朝鮮人候補の何が悪い?
_/|     -====-   |  次はひっそり、比例から出す。
::;/:::::::|\.    "'''''''"   /  
/:::::::::::|. \ .,_____,,,./::\ 


268 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 01:55:36 ID:xOd6K9AM
>>262>>263
つまり、小沢は自民が公明票を持ってるのと同じくこっちは在日票を
取り込もうとしたかと。
 ならマトモナ政党ほんとねーな。

269 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 02:09:28 ID:inTToAdC
親米売国奴・・・痔罠痘

親厨諜売国奴・・・罠腫痘

諜賤婁慟痘日本支部・・・捨罠痘

厨獄凶惨痘日本支部・・・凶惨痘

在日御用達売国奴・・・垢冥痘


どれを選ぶか悩ましいところだねw




270 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 02:16:44 ID:Hkdd6cwf
>>268
山拓の愛人は統一協会で、山拓は北朝鮮特使だから、
福岡という場所は、どこまでも半島が根深く絡んでいるんだな。
どういう絡み方しているのかさっぱり判らんが。

271 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/25(月) 03:01:58 ID:MQo/z85U
自民党 古典的な腐敗、低い問題解決能力、老害、政党の政策一貫性ゼロ
民主党 一般人の意識のマーケティング力ゼロ、一部のお花畑平和主義、主権在日!
公明党 政治活動しないで貧民救済してれば・・・・カルトが政治参加する異様さ
共産党 公明党との当て馬だけに存在価値が・・・・
社民党 Deep Out of Money のOption = 消滅待ち

これでは投票率が下がり政治的アパシー激化も止むを得ないような。





272 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 08:43:02 ID:SYmh/Dj/
>>260
いやね
本当に困ったことに、本当に日本を守ろうと思えば自衛隊ではいけない
 
海兵隊の方がまだ現実的なんじゃないかと思えるくらい今は酷いよ


273 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 08:48:02 ID:GF+7yrLK
おれはヤマタクが大嫌いだ。なのに何故負けちまえって気にならないんだ?
それは、ヤマタク等が心底勝ちたがっているのを知っているからだ。

これでいよいよ公明党政権という色彩が強くなる。それはともかく、
あれが野中の野中たるゆえんということだ。

274 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 08:50:16 ID:7Zac1f7H
なんつうか民主も候補者選びが下手すぎ。
官僚出身の香具師とかだったら少なくとも宮城は勝てたはず。
もう小沢を排除して特定分野に優れた候補者を発掘するしか手はないんじゃないのか?


275 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 09:00:13 ID:7Zac1f7H
あと有権者が集まるからって康夫や真紀子を安易に使うのはやめれ

276 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 10:47:52 ID:iKSZF2JI
電車脱線で66人けが、3人死亡か 兵庫の宝塚線
2005年04月25日10時39分
http://www.asahi.com/national/update/0425/TKY200504250075.html

立て続けの列車事故ですが、下山事件、三鷹事件、松川事件のように、
国民の意識を何か別のものからずらすための工作活動という可能性は
さすがにないですよね。。。? さすがに占領期じゃないんだし。。。

衆目を引くようなおかしな事件やでかい事故が立て続けに起きると、
何かを隠すための仕掛けなのでは?とつい夢想してしまいがちになります。。。

277 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:05:44 ID:SYmh/Dj/
トータル・アフェアーズ
 
なんでもいいからみなを畏怖させて統治する手法だね

278 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:16:56 ID:SYmh/Dj/
信号処理をやってる技術者はそんなに国内でも多く無い
国務機関は本来であればこういった人たちをちゃんと保護し
社会インフラの運用に支障が無いようにしなければいかんのに
実際にやってる事は逆だ、アホかと

279 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:28:28 ID:6nhUl8Sp
>>276
大惨事だな・・

朝日によると現在判明しているだけで、16人死亡だって・・

280 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:44:06 ID:SYmh/Dj/
また、パルス兵器かな

281 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 11:55:31 ID:fkN6wq3s
>274
岡田の責任と小沢の責任をどう分けるかによるでしょう。

>>276
無いです。
最近のこの手の車両は軽量化で合金使ってるのでこういう時は逝きます。
日比谷線事故も凄かったでしょ。

JR東日本の場合はこうした新世代車両を「寿命半分、コスト半分、重量半分」
というスローガンの元に一斉導入している。首都圏だけでなく、東北地区もだね。
コスト削減効果は各社認めるところで、すでに東急・小田急・相鉄・都営などにも
導入され、一部社を除いて多くが追随予定なのだ。
基本思想は西日本も同じ。「東の209、西の207」と呼ばれ、
JR化後のコスト削減シンボルとも評価されていることもある。
鉄道板ではそのスローガンに見合ったチャチな作りが評価され、
「走ルンです」ファミリー、「プレハブ電車」という愛称がついている。

282 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:03:36 ID:iKSZF2JI
>>277
なるほど。政治の世界はいまでも何でもアリなのですね。恐ろしいなぁ。。。

>>280
EMP兵器が実験段階、というのはなんとなく知ってましたが。。。
この分野はまったく門外漢なので、とりあえず
江畑 謙介『情報テロ』(日経BP社)を図書館で早速予約しました。

>>281
そういう構造なのですか。。

283 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:04:18 ID:HmU21LRz
>>281
コスト削減と今回の事故は何か関係があるのですか?

284 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:08:08 ID:fkN6wq3s
>>283
べちゃっと潰れてるでしょ、
鋼鉄製でボディ作っている車両だと、あそこまでは行かないはずです。
一応、ハニカム構造とかいろいろ手は尽くしているんですが、
大きい衝撃が加わると、やはりベシャッと逝ってしまいますね。

JR西日本 網干総合車両所明石支所 207系
ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/1496/hensei207.html
まずはこちらを御覧になってみて下さい。

285 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:15:06 ID:HmU21LRz
クラッシャブルボディ的な役割を果たしたのでしょうか。
頑丈な鋼鉄製だとショックが吸収されず、衝突した先のマンションが
倒壊したかもしれませんな。
これからは自動車みたいに衝突安全実験でもしますかね?

286 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:27:04 ID:7Zac1f7H
思ったんだが今年に入ってからこの手の事故が多くないか?
この間もセガの屋内テーマパークで死亡事故があったばかりだし。
何か背景がある気がする。

287 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:28:44 ID:omSgjcGB


288 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:36:03 ID:SYmh/Dj/
>>285
稼動部を鉛の板で覆う方が安全だったりしてね

289 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:38:00 ID:SYmh/Dj/
それに
まさか人工衛星からマイクロ波が飛んできて事故が発生してる
わけでもないよね

290 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:43:01 ID:vCANaLTR
>>286
ジョイポリスの件は、現場の判断ミス、
今回の件はおそらく運転手(23歳)の判断ミス。
JALの件は、現場の賃金問題による確執。
現場の人間に人の命を預かっているという緊張感が欠けているため、
ないしは、企業側の教育・管理が甘いのか。

291 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:54:53 ID:SYmh/Dj/
>>290
警察が強姦やってるんだから、警察の管理が悪いんでしょう

292 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 13:16:46 ID:SYmh/Dj/
創価が国土大臣になってからロクな事がないね

293 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 13:28:53 ID:qfWTHQk1
m9(^Д^) プギャーーーッ

294 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 13:39:38 ID:7kf9huYJ
>>290
効率化(リストラ・労働強化・アウトソース・コストカット・正規雇用社員の減少)
の悪影響でしょうか?
車体に関して言えば完全にコストカットで粗悪品が導入されているようですね。

亀井が契約制スチュワーデスの導入に文句を言ったのは94年でしたか? 当時も亀井の業界への
圧力・利権・口利きがささやかれたが、亀井は結果的には正しかったと思うよ。

その後、アウトソース化の潮流に真っ向から反対した政治家はどれだけいたか? と考えるとね。

295 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 14:46:41 ID:538WOauX
>>290
私は企業教育の退化が原因に一票。コスト削減の御旗の下に、削っては
いけない部分まで削ってしまったことが遠因だと思います。

296 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 14:52:36 ID:uxWXWJVy
>>293

電車の車体の設計に関してはエネルギー効率=コストが最優先。
新潟中越の地震で大惨事を逃れた新幹線が新しい設計の軽量車両
だったら大事故になっていたと言う専門家もいる。

今回も軽量化しすぎた車体というハードの問題、それと1分以上遅れてる
電車をダイア変更せずに済ませなければと焦った新人運転手の判断が
悲劇を生んだんだと思う。

亀井さん達の主張と今の政府の方針の中間あたりが一番良いんでは。
亀井さんの考えも一理あると思うが、構造的な無駄が多すぎる。
新潟の女史じゃないが、建設業の人に新しい仕事しなさいよと
苦言を呈する姿勢も必要だよ。







297 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 14:56:45 ID:uxWXWJVy
>>296

>>294の間違いです。失礼…


298 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:21:16 ID:7kf9huYJ
>>296
「粗悪品」というよりは、軽量化によるエネルギー効率の向上・スピード化のための新車両
ということでしょうか? そうなるとハイテクがかえって悲劇を生んだ、ということになりますね。

>新潟の女史じゃないが、建設業の人に新しい仕事しなさいよ

さすがにみんなバカばかりではないので、気の利いた人たちはもうやってますよ。
苦戦してますけどね。経済縮小期に産業転換やイノベーションは難しい。
創造的破壊をモットーとする構造改革は完全に順序が倒錯している。官民でリストラに
アウトソース、好況期にやるべきことを経済縮小期にやるものだから・・・。
(というより、構造改革自体が経済の縮小をもたらしている)

299 :小室直樹:2005/04/25(月) 15:24:26 ID:wbWTH67j
朝日は満州事変以降、国民を対米戦争という破局へ駆り立てた。社長以下全社員が軍に
献金、軍用機まで献納した。言論統制で強いられた以上に、「鬼畜米英」と敵愾心を煽った。
「朝日新聞社史」によると、満州事変以降、朝日の発行部数は増え続け、終戦の昭和20年には満州
事変が勃発した昭和6年と比較して2倍以上の部数を記録している。
戦争報道は儲かる商売だった。国民が戦時下で「欲しがりません勝つまでは」と貧窮に
喘ぐなか、編集局長は高級料亭で禁止されていた芸者遊びに興じていた。
当時の編集局長・細川隆元氏(細川元首相の縁戚)自身がその著書『実録朝日新聞』で
はっきりと書いている。朝日新聞こそ「侵略戦争」のA級戦犯だったのである。

300 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:33:10 ID:SYmh/Dj/
425事件ですか

301 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:58:52 ID:uxWXWJVy
>>298

いくらハイテクな車両を作っても、トレードオフというのはあると聞く。
すべてにおいて旧型を上回ることは不可能。
そのどれを取るかにおいて、エネルギー効率、廃棄時のリサイクルの
しやすさなどコストの方に力点が置かれすぎているんだそうだ。
いくら基準を満たしているとはいえ、ある程度の強度は効率が
悪くなっても必要だと思う。これもアウトソーシングなどの効率、
コストといったものの過剰な偏重と無関係では無いと思う。

>創造的破壊をモットーとする構造改革は完全に順序が倒錯している。

同感だ。会計監査などを相当厳しくするなど、経済縮小期においても
構造改革に準じた緊縮財政のやり方はあるはず。

こういう言い方はどうかとも思うが、景気低迷で死人が出るなら
国を健全にしていくために死人が出る方がよっぽど健全だよ。
某公団の元総裁じゃないが。

302 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 15:59:43 ID:sZdb9Tv8
置き石説(15時のJR会見にて)も出てるんだけどどうなの?>脱線事故

303 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:18:30 ID:XCuhZ01/
>>302
置き石?
あの辺りはZやBがかなり多いからなー。

304 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:21:40 ID:E7NVOxTK
昔、関西に居た頃と同じ車両まだ使ってるのかあ
当然かな、それなりに新しいし
 
新型は当然石避けついてるでしょ

305 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:21:57 ID:IYJR4mpP
置き石なんてどうやって見つけるんだい?
責任転嫁はいかんよ、JR西日本。

306 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:26:08 ID:E7NVOxTK
それよりも、道路と線路が並走してる事から
運転手にむけて反射板等を使って視覚を奪ったような所為を
行った形跡がないか、付近の車を調べた方がいいよね
 
といっても今はそれどころじゃないだろうけど

307 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:32:33 ID:sZdb9Tv8
>>303>>305
ああ、まだ確定じゃないです。現在k察が粉砕痕の調査中だそうで。
その後のインタビューとか見てると、普段よりスピードが出ていたらしいからなんとも。
JRとしては、置き石であってほしいだろうな。

308 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:34:17 ID:E7NVOxTK
スピードの件に関しては、計器の故障についても調べる必要がある

309 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:34:26 ID:IYJR4mpP
誰かが言ってたが、ダイヤ変更汁!
あの辺の曲がり具合は異常。
右高速カーブの後、左へグイッと湾曲する。
あんなところ制限速度70`でも恐ろしい。
今日中にJR西は発表汁!
乗客も理解するだろう。

310 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:39:02 ID:2zylp3MJ
>>301
>同感だ。会計監査などを相当厳しくするなど、経済縮小期においても
>構造改革に準じた緊縮財政のやり方はあるはず。

というか、緊縮財政そのものがすでに限界でしょ? 投資の質の向上・精選の話が、量そ
のものを削減する話にすり替わっているし。
財政再建しようとするほど実態経済は苦しくなり、破綻厨も増えるという本末転倒に陥っている。

いわゆる「ドーマーの定理」に従うなら、まずはデフレを終わらせることを考えなくて
は・・・緊縮一辺倒で官民でリストラでアウトソースではねえ・・・。

311 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 16:41:27 ID:E7NVOxTK
ったく、俺のモーターサイクルのタンク左に誰かが
悪戯するからこんな事が発生するんだ

312 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:12:25 ID:E7NVOxTK
山師さん@トレード中 :2005/04/25(月) 14:18:16 ID:yqcoj7wp
電車脱線事故の中国人の反応
http://comment.news.sina.com.cn/cgi-bin/comment/comment.cgi?channel=gj&newsid=6484524&style=1&page=1

2005-04-25 12:53:46 新浪网友 就 日本西部兵庫県発生火車出軌事故至少50人受傷発表評論 IP:218.81.42.*
小日本遭報応了!大家鼓掌!!!!有不鼓掌的理由ma?

小日本はむくいをうけた。みんな拍手!!! 拍手しない理由なんてあるか?

2005-04-25 12:53:36 新浪网友 発表評論 IP:61.168.125.*
怎麼不死光呀!!!

なぜ全員死ななかったんだ!!!

2005-04-25 12:59:55 新浪网友 発表評論 IP:60.164.0.*
痛快

痛快

2005-04-25 12:59:43 新浪网友 発表評論 IP:218.62.42.*
今早看到這个消息,真的是今天最値得高興的事了,就是有点可惜了,死得太少了,在多点就好了,才傷亡200多人,要是光死就200多就好la!!!

今朝このグッドニュースを見て、ほんとに 今日最も喜びに値することだ。
死んだのが少ない、もっと多ければよい、死傷者が200人強だけ、もし200人強すべて死んだらもっといい。

313 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:20:00 ID:uxWXWJVy
>>310

素人目にはまだまだ無駄は多いと思う。投資の質、精選と話の出た意味
では緊縮の定義を勘違いしているだろうね。

例えば財政投融資。国有化のままでも投資先を新規産業の創出など
民間に融資することだって可能じゃないかな。国内のシンクタンク
などにそれこそアウトソーシングすればいい。それだって今ほどの
赤字は出ないはず。油田、メタンハイドレードのような資源開発でも良い。民営化しなければできないとは思えないが。

政治決断でいくらでもできるだろう。抵抗が強く相当な荒療治に
なるだろうが。2%程度の安定成長と財政再建も可能だと
専門外で不勉強な俺は思う。うまくカネが廻ってないだけに見える。


314 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:30:22 ID:vCANaLTR
>>313
>素人目にはまだまだ無駄は多いと思う。投資の質、精選と話の出た意味
>では緊縮の定義を勘違いしているだろうね。
無駄という言葉が出てる時点で、間違えている。
それにああいう緊縮をするのは、目標としては君のいうところと変わらない。
つまり、支出するパイ自体を縮小させてしまえば、いわゆる無駄なコストは
縮小していくはず、という考えに基づいている。
ただ、ここで問題なのは、一般に無駄と呼ばれているものが果たして
本当に無駄といえるのか?というところ。
上の事故の話でいえば、研修費というのは一見無駄に見えるが必ずしもそうともいえない。
同じく、人権費は無駄だが、人員を削れば労働者の注意力は落ちるし、
給与を削減するために若年化を図れば、労働者の質自体が落ちてしまう。

315 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 17:33:28 ID:E7NVOxTK
>>309
なんであんな所にカーブ作ったんですかね

316 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:05:44 ID:IYJR4mpP
>>315
よく知らんが、
多分、あっこの尼崎中央卸売市場が先に有りきで、
それに沿って路線図を決めたのだろう。
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.25.44.8N34.44.1.4&ZM=9
それにしても異常だと思わんか?
ここの右高速カーブを真っ直ぐ行ったみたいだな。


317 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:08:22 ID:461/+6pP
JR運転手もへんなところで華麗なダイビングしたものだな
空飛ぶJR


318 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 18:12:47 ID:uxWXWJVy
>>314

大阪市のような無駄がまだまだあるという意味。
一般に無駄と呼ばれているものにも疑問はある。
パイをしばらくは大きくし続けることは無理なのだから、要は使い道。
今回の例でいけば主要なインフラを担う企業には、安全を保つために
資金を使うという厳格な監査の元、利益制限を考えられるような
半官半民でも良いと思う。アメリカの大停電のようになりかねない。

抽象的だがしばらくパイが大きくならないなら代謝を良くすればいい。
多少小さくなったとしても、その分代謝を上げて、更なる成長に備える。
そういうことが自分は緊縮と考えている。

とある企業の1兆円の利益が日本を再生させるためにうまく廻っている
とも思えない。破綻したアルゼンチンは近世のヨーロッパが発展して
きたような道を辿りながら僅かではあるが再生してきていると聞く。
統制経済を肯定するつもりはないが、ある程度の経済の統制は
考えるべきと思う。国民が豊かでなくては自由も何もない。

319 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:03:45 ID:RC8C6oJz
>>318
>大阪市のような無駄がまだまだあるという意味。

今はマスメディアの皆さんが叩きまくってくれたお陰で、どこでもその類の「無駄」はど
んどん削ってます。首長も集票対策にそういう施策は断行します。
メディアは目に余る派手な箇所ばかりクローズアップするけどね。近場の地元自治体
では通勤手当もカット。みな、これじゃ足が出る、と参ってます。
民間の人は人で、こういう政策には喝采するんだよね。なんのことはない、官民で
リストラ・デフレ合戦を行っているだけなのですが。

ついでに、PFI・PPPなどの事業のアウトソース化も進行中です。マスコミも
「官業の民間開放は素晴らしい」と仰いますね。基本はコストカットですから、どうせ元請けサン
しか儲からないと思うのですがw 下請け・孫請けは利益が出るのか? 実際に現場で働
く人は安く使われてしまうのではないかなあ?
ついでにボランティアでNPOにも働いてもらいます。コスト削減とノーコストによる
行政経営で、ここでもアウトソースとデフレが進行中です。

320 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:06:48 ID:RC8C6oJz
>半官半民でも良いと思う。

半官半民というか、すでに地方では委託でバス路線を維持している自治体もありますけどね。
ある程度は補助金で補填しつつ、可能な限り独立採算ベースに乗せる方向ですね。

でも現在の政策の主流は民営化なんだなあ・・・。ちなみに半官半民を行ったのが
第3セクターだけどね。多くは破綻したか、非採算路線の経営に四苦八苦。
後者も、国鉄は民営化前にはかなりコスト体質の改善には成功していたようなので、
トータルな黒字で難しい路線を支える方向でも良かったのではないかと・・・。
(民営化後も、結局は積み残した累積赤字は税金で埋めてるわけだしね)

前者の破綻したリゾートなどについては、これも結局は税金で穴埋めしているので、それなら
そのカネで初めから公共事業でもやった方がまだマシだったと思う。

321 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:10:09 ID:RC8C6oJz
>抽象的だがしばらくパイが大きくならないなら代謝を良くすればいい。
>多少小さくなったとしても、その分代謝を上げて、更なる成長に備える。

>統制経済を肯定するつもりはないが、ある程度の経済の統制は
>考えるべきと思う。国民が豊かでなくては自由も何もない。

それが現在の「構造改革」ということなんですよ。んで、結果的に全体のパイが小さくなる&
官民でリストラ・アウトソース→労働者の待遇が切り下がり社会が階層化、の悪循環ですね。

要するに「緊縮財政で財政再建で民営化で民間活力の活用でリストラでアウトソースで規制緩和で
起業で自己責任で受益者負担増で頑張ってください」というのが構造改革だね。
この経済財政諮問会議のページを見るとよくわかる。
ttp://www.keizai-shimon.go.jp/explain/index.html

>とある企業の1兆円の利益が日本を再生させるためにうまく廻っているとも思えない。

要するに内需の拡大を考えなくてはいけないわけでしょうね。もっとも経団連会長からして、
国際競争力だ労働分配率を下げて競争に備えよ論者みたいですね。

322 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 19:24:12 ID:RC8C6oJz
>国内のシンクタンクなどにそれこそアウトソーシングすればいい。
>半官半民でも良いと思う。

ああ、要するに補助金を出せ、ということですか? でも、今は万事、「無駄遣い」は嫌
われるからなあ・・・。特殊法人も目の仇だし。

それと、「民間活力の活用」というとき、第3セクターのリゾート経営みたいな訳の
わからない営利事業の夢を見るか、あるいはコストカットが目的なんだよね。
前者についてはそのカネで公共事業でもやった方がまだマシだし、後者は官民のアウ
トソース化とリストラでますます労働者は追い詰められてしまう。

デフレ期に「小さな政府」を追及しちゃいかんよなあ。

323 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 20:11:24 ID:UFIRiNM7
変動相場制を理解しない連中が国際競争力を論じる資格があるのか??

324 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 20:11:40 ID:XnOHHPDx
事故現場は冬柴の選挙区かな?

325 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 20:11:58 ID:HmD5EUlm
>>316
地図で見るとホント無駄なカーブですね

326 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 21:19:54 ID:1Chp7N3f
いくら自民党政治やエロ拓に辟易としてても、さすがにチョウセンジンを
当選させるわけにはいかないと思ってエロ拓にイピョーウ入れたよ。
でも微妙な差での勝ちだな・・・。ホント情勢次第でいつ不逞鮮人が
のし上がるかわからんくなってきた。
しかし、国籍取得1〜2年くらいの奴が日本の法律を決める立場になれることが、
恐ろしい。しかも、キチガイ隣国の人間となれば利害は直面する。
民主も、得票のためには国をも細切れにして売り出し中だな。桑原くわばら。。。



327 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 21:51:39 ID:GAhoP7Kd
>309 >315-316 >325
ぱぱっと探して目についた暇な鉄道評論家しか
呼べないマスコミ以下のことは言わんで下さいよ。

このカーブはきちんと理由があって、直近にある尼崎駅へJR神戸線と
平行に進入するのに必要なんですよ。
参考はこちら。
ttp://superexp.hp.infoseek.co.jp/satsueichi/kobe-biwako/htm/amagasaki01.htm
で、その尼崎駅で相互乗換えができるようにダイヤが組まれており、
ここまでの遅延が影響を及ぼすこともまた事実なんですわ。
新人運転士が焦ったのはこれは否定しがたい事実。ただし彼の名誉もあるんですが、
これが直接の原因になったのか、被害に輪を掛けたのかまでは分かりません。
既に昨日、近所で線路内に立ち入った不審者が目撃され、一部列車が運休してます。
それに、レールや枕木などの跡で、どこから脱線したのかもある程度分かります。
それと、70km/hという速度はカーブ半径に基づいて計算されて規制がされて
いますんで、そこの所も酌んで下さい。

先週末のウイルスバスター事件といい、
技術現場の混乱を考えさせられる事件が頻発してます・・・

328 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:09:50 ID:HmD5EUlm
技術的な事を極めていくと、なにかの示唆を感じる事はあれど
それでテロを行ってよい事には成らない

329 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:11:57 ID:tyLql25x
情報を整理しましょう。

1.明日、人権擁護法案関連の政調、法務部会、審議会がある。

2.今日、拉致被害者家族が半島に飛び立った。

3.今日、社会保険庁が80人の職員を処分した。

4.昨日、山拓が学会の援護で当選した。

330 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:22:26 ID:HmD5EUlm
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

藪(さる)と蛇(蛇頭)というものは
       藪 ( ゚д゚)  蛇
       \/| y |\/

合わさると藪蛇になるんだ。

        ( ゚д゚) 藪蛇
        (\/\/


331 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:42:03 ID:27qmU5El
781 名前:名無しでGO! 投稿日:2005/04/25(月) 22:24:05 ID:VmQ/q/J10
>>536
日本の公共交通はかなり悲惨な状況に。
やれ合理化だリストラだとのかけ声の下、運転手らの超過勤務が日常化し、
設備保守まで外注して今まで培ってきた技術の継承も絶たれている。
これに異議を申し立てすると、今度は上役からパワハラを喰らうらしい。

日本の公共交通に対する信頼はもはや過去の話だ。
これもアメリカ型経済が大好きなどこぞの大臣様のおかげだな

332 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:55:24 ID:Jpa5tLi8
>>331
某サンケイグループのせいでもある。

333 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:17:06 ID:l1SCObpj


運転手も休みがすくないんだろ。

334 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:10:49 ID:/Jb7I60R
JRって共産党が多いんだっけ

335 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:23:14 ID:94FZ65s6
今のJRなんてリストラ合理化でスカスカじゃんか。
マスゴミの煽りにのって国鉄を潰した国民が馬鹿ってことだよ。
地方の赤字路線切って、リストラやりまくり、民業圧迫OKにすりゃ赤が経るのは当たり前だよな。

336 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:24:45 ID:Bll4jtG8
速度超過→急ブレーキ→アンダーステアが今のところ唯一有力な原因説
物理の法則では当たり前なんだが

337 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:28:54 ID:Bll4jtG8
企業内での技術の継承なんか
日本企業はロクにしてこなかったよ
技術なんか昔から簡単に捨ててたよ
技術資産は負債と言い切る車メーカーがあるくらいだから

338 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:29:32 ID:94FZ65s6
マスゴミはこの事故で大喜びしてるだろう。
中国の反日騒動もこれでごまかせるからな。
後、人権擁護法も。
これは全くのスルーだから関係ないかw。

339 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:41:28 ID:qG20cJHZ
>>335
全体的な採算性に関して言えば、70〜80年代にかけて向上は見られていたはずで、多
少の「赤字路線」を抱える余裕はあったはず。「赤字路線」についても、ダイヤの工
夫や沿線の開発により、潜在的な黒字転換が見込める路線もあった。

累積赤字については、結局は国費で穴埋めしているので、実は民営化云々とは別の次
元で解決している。
サービスの向上にせよ、昨今は世論の目も厳しく、官公庁・郵政の対応は軒並み良くな
っている(もちろん悪い所もあるが、かといって民間もそんなに素晴らしいだろう
か? あの程度なら及第点ではないか?) つまり民営化せずともサービス向上は不可能ではない。
なんでも民営化は本当に正しいのか・・・。

要するに国鉄改革の主眼は、当時の目の上のタンコブだった国労を潰すのが目的だったんだよ。
さて、今度は道路公団と郵政は何のためなのか・・・。

340 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/26(火) 00:48:24 ID:1UW4RI2g
1.車両軽量化と安全性
  自動車はココ15年ほどでアルミ、プラスチックの素材転換で軽量化に努めてきましたが、
  衝突安全性の規制強化・各種快適装備の増加で絶対重量は余り減らせていません。
  ttp://www.fukoku-life.co.jp/download/report28_12.pdf
  鉄道車両はその市場での評価が充分でなく、規制も甘いのですが仮に「装甲車」のような
  安全な車両を作ると、脱線横転した時の外部への被害か拡大する矛盾があり、最適な妥協点
  を見つけるのが難しい。

2.>>331 設備車両保守って鉄建、日本電設工業、保安工業、車両メーカー等 
  JRはかなり早くから設備、車両等で外注化を進めていると思いましたが、今JR西
  、東で外注化が加速していますか?
  >>336 不謹慎だがチョットww。ド下手ドライバーが山道で事故ったみたい。

公務員と絡めたい人もいるようですが、最大の違いはJR西は株価も下がって
刑事上、民事上の責任の他、鉄道事業運営者としても罰せされるでしょうし、市場の洗礼も受ける。
過失と怠慢に対して責任を取らされるシステムが不十分ながら確立しているのに対し、
公務員はそのシステムが以上に作用しない、あるいは不十分だから叩かれているのでは?


341 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/26(火) 00:50:48 ID:1UW4RI2g
訂正 最終行 以上に作用しない → 異常に作用しない

342 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 00:59:01 ID:94FZ65s6
すぐさま事故原因を断定する鉄道評論家とそれにうなずき叩きを始める
マスゴミのアホキャスター。
事故調査委員会なんていらねえな
おい、プロレス実況のあんちゃん、笑いかみ殺してるのがミエミエだったぞ。


343 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 01:09:08 ID:b0b+9biJ
>>339
>多少の「赤字路線」を抱える余裕はあったはず。

利払いもままならぬ状態で余裕があったのでしょうか。
その後に来るバブル期を予想でき、資産を売りまくることが出来たら
話は別でしょうが。

国有、国営だったら赤字路線廃止は許されなかったのではないでしょうか。
今風に言えばユニバーサルサービスってやつで。

344 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:00:14 ID:LXr88u9o
>>281
亀レスだが今回民主は2敗して良かったと思う。
もし民主が2勝してたら産経あたりが小泉辞任汁&安倍を無理矢理担ぎ上げてた危険性もあったわけだし。。
安倍なんかが首相になったら日本はナチスドイツ並みの状況に陥ること間違いなしだし。


345 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:19:44 ID:ETUKbnCN
産経を買い被り過ぎじゃないのか?

346 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:25:10 ID:3yTvuT/Y
それ以前に阿部を過大評価のような
自民にナチス程豊富な人材がいればとっくに状況良くなってそうだが

347 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:27:07 ID:4/u9cEfL
諸悪の根元はマスゴミ、とくにテレビなんだよ。
テレビによって国民はいいように操られる。

マスゴミ関係者の家庭にテレビがない
もしくは、テレビを見ない、子供に見せないってのは多いぞ
金持ちインテリ層は(在日成り金とかは別)子供にテレビを見せないし
カネもやらんからね。
自分達の既得権を守るための洗脳放送、奴隷操縦放送を
自分達の子供には見せるわけにいかないからね。
家庭の幸福は諸悪の根源とはよく言ったものだな。

テレビなんてのは奴隷が見るもの。
奴隷をコントロールするためのツールだと思ってるから
まともには見ないよ。

部屋にかえると無意識にテレビつけて寝るまでつけっぱなしなんて
完全に奴隷にされてる証拠だし
家族の食卓で無言でテレビ見てるのなんてまさに
支配階級の思うつぼだな。

サブリミナル放送は最近厳しくなって巧妙なやつしか流れてないけど
以前はすごかったぞ。
ちなみに俺は元関係者っていうか姉が某局に勤めてた。
バイトでよく出入りしてた。

マスゴミなんてどこも一緒だぞ。思想は違えど、お互いに恥部を
握りあってるから、踏み込めないし叩きのめせない。
システム全体が腐ってるから、もうどうしようもないんだよ。
シガラミでがんじがらめになってるから、もう今更内部の一部の力で
どうにかなるもんじゃないんだよ。
テレビごと殲滅するしかない。

348 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:45:08 ID:rKDjKFCV
最近ディスカバリーチャンネル、ヒストリーチャンネル、アニマルチャンネルくらいしか見ない。
国際的なニュースはCNN他で。
地上波は天気予報とニュース、映画くらい。
NHKのスペシャルはテーマによってはたまに見る。
ドラマ、バラエティは洗脳以前に薄っぺらすぎて見るに堪えない。
あんなものに高いスポンサー料を払っている企業は馬鹿じゃないかと思う。


349 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:58:33 ID:DGe6nUzj
>>320
> トータルな黒字で難しい路線を支える方向でも良かったのではないかと・・・。
> (民営化後も、結局は積み残した累積赤字は税金で埋めてるわけだしね)

中曾根康弘の国鉄「民営化」論の狙いは、社会党の支持母体・国鉄労組解体に
あったわけで、他の理屈は跡付け。


350 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 03:00:09 ID:4/u9cEfL
>>348
> あんなものに高いスポンサー料を払っている企業は馬鹿じゃないかと思う。

洗脳CM打つ必要があるサラ金とかは別にして企業も好きで払ってるわけじゃない。半分は恐喝されてるようなもんだろ。
「お前も雪印のようになりたいのかい」ってな。マスゴミと企業の力関係は完全に逆転してる。



351 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 03:16:20 ID:twbjwEM/
脱線事故の報道でふと思った
事故のすぐ後にどこかの発表(JR?)で踏み切りでの自動車が原因っていってた
それも断定したと
そもそもそんなに早く原因がわかるのか?って思った
そのうちに報道でもこのことに触れなくなってきた
これは誰かが嘘の発表をしたのかな?


352 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 03:36:21 ID:mzC68AZt
今回の事故でスペインの爆破を思い出した。
チョンたちが喜んでるような「現証」でないとすれば
案外新手のテロだったりして。。。

353 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 04:57:15 ID:bYHqH/L1
これを機会に、JR西の異常な労務管理が是正されるといいんだけどな。
でも、JR西の広告料が恋しいマスゴミがそちらに目を向けさせないかも。

354 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 06:22:50 ID:HhmgR6zu
>>350
いや 仲介に入るクソ代理店のほうがやばいんじゃない?
落ち度がなければ叩いても説得力ないし、実際広告費は景気がイイ
企業が金が余る時伸びて、不景気になるとかなりけずられますよ。

355 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 06:29:42 ID:SMcqXIKr
脱線でぺっしゃんこになる在来線の車両。
新幹線の車両は頑丈に作ってあるんだろうけど、それに比べたら在来線の乗客は人間とみなされていない、貨物以下の扱いであるということが明白になったね。

356 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 08:19:38 ID:RfV0346X
諸説あるけども、JRは経営としてはうまくいってた所でこの事故だから、今後が大変に成る
この負担はある意味で郵政民営化の追い風になってしまうだろう


357 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 08:27:53 ID:Ezl4Y+Ne
都市圏の満員ラッシュなどは、かなり前から家畜以下の扱いですしね。

358 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 08:31:16 ID:RfV0346X
共産党だといいがかりをつけた、複合テロ
おまけに国土交通省が創価ですから判り安すぎる体制で或る

359 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 08:43:24 ID:x5jvNp/T
>>348
雑誌は情報誌だけ読むのがベターだよ。
男性週刊誌や女性誌なんて屑・カスの類だと思うべき。
今週号もまたぞろ「ホームラン級の馬鹿」の安倍をヨイショする提灯記事を書いてる雑誌もあったし。


360 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 08:53:05 ID:RfV0346X
この引責でJRの次の社長が創価になったりしたら、新幹線は中国に間違いなく流出するね


361 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 08:53:20 ID:x5jvNp/T
>>342
そのメディア絡みであの事故の中各局は特番を組んでたわけだがなぜフジは笑っていいともを放送してたんだろうか?
あんたらが散々主張してたメディアの公共性はどこへ行った??
今回ばかりは流石に呆れたわ。

362 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 09:09:23 ID:RfV0346X
日テレの氏家会長「フジとライブドアの提携は限定的」
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050425AT1D2506525042005.html
 
日本テレビが最初から絡んでたのか

363 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 09:38:27 ID:fht2Vtl+
梅田の再開発と関係があったりして。


364 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 09:51:50 ID:/ua9WYgd
頭の悪い親父ギャグはいいかげんにして貰いたいものだ

365 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:02:47 ID:/ua9WYgd
今回の鉄道事故はアメリカだったら核兵器の運搬中にああいう事故があって
大変な事になるというシミュレーションのような事件だね
 
まだ緊張感が違う

366 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:08:03 ID:anUCHDW5

>サブリミナル放送は最近厳しくなって巧妙なやつしか流れてないけど

詳しく

367 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:09:50 ID:/ua9WYgd
>>366
なにかの理由をつけて時間帯をずらして放送する事

368 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:14:34 ID:nErty0ub
>>345
全国紙とは言え公称220万部だからね。
読売、朝日、毎日や中日新聞に比べてもはるかに少ない。
東京近郊と2ちゃんぬるとフジテレビには影響力大だが・・・

369 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:15:38 ID:nErty0ub
>>351
最初に踏切事故を発表したのは国交省だな。

370 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:41:37 ID:FijoWKXY
さっき参議院の中継見たけど、全然緊張感無いね

さすが50人死んでも笑ってられる法務省だ

371 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:46:50 ID:EbTJ//Np
これは、「平均給与」です。もっと高給の人も多数居ると言うことです。FM放送ですら、「平均」が、1100万を超えています。
公共の電波を独占使用して四様騒ぎを起こさせて、離婚裁判で嫁が不利にならない方法とか
裁判で人の絆(夫婦の絆、家族の絆)とか無理やり絶たせてイエロージャーナリズム(興味本位の話題を売り物にする報道の仕方)
とかむちゃくちゃな話題で日本を壊す立派な仕事の代償です。


1位   フジテレビ   1497万(39.8歳)  
2位   新潟総合テレビ 1480万(47.3歳)
3位   日本テレビ放送網1452万(39.1歳)
4位   毎日放送    1451万(39.4歳)
5位   東京放送TBS 1445万(42.5歳)  
6位   電通      1436万(40.2歳)
7位   朝日放送    1419万(38.6歳)
8位   全国朝日放送  1349万(41.2歳)
9位   朝日新聞社   1335万(42.8歳)
10位  札幌テレビ放送 1267万(40.8歳) 
11位   日本経済新聞社   1260万(40.3歳)
12位   東海テレビ放送   1235万(38.3歳)
13位   ニッポン放送    1230万(38.9歳)
14位   日本放送協会(記者)1207万(40.2歳)
15位   東北放送      1184万(42.4歳)
16位   中国放送      1177万(41.3歳)
17位   テレビ西日本    1166万(42.2歳)
18位   RKB毎日放送   1150万(40.2歳)
19位   中部日本放送    1145万(37.2歳)
20位   九州朝日放送    1128万(37.1歳) 
21位  エフエムジャパン  1119万(39.1歳)
22位  エフエムはちまるに 1110万(40.2歳)



372 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:49:17 ID:x5jvNp/T
>>371
出版社の給与も調べておくれ。
あそこは初任給が30万前後だと聞く

373 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:49:32 ID:FijoWKXY
なるほど、それで僕が地元の放送局の前をとおるときは限界体制なんだな
ジープくらいの相手なんて事ないよ

374 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:57:11 ID:FijoWKXY
>>371
1つわかってることは、その余波で死んだ人間が
今回の鉄道事故の50人やそこらでは無いって事だけど
 
JRの信号はもともと刷新予定で今回の事故はその直前に発生した
だから対策はできているが、問題は報道機関にその対策がそもそも
示されていない事だ

375 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:01:15 ID:4X9291eg
>>371-372
その問題の高給与だが、今後は大手メディアにも賃金デフレが訪れると思うよ。すでに
TBSは分社化でリストラしている。むろん、下請けはもっと苦しくなるよ。

どんどんみんなで仲良く切り下がっていくのがデフレだからね。自分も以前は批判的に
見ていたが、デフレ期には余り言わないことにした。
かつて堀江が「フジ社員の給与を引き下げる」と言ったとき、喝采した人間が多かったが、
冷静に考えてくれ。堀江はコストカッター。
「その分、コンテンツ制作にカネを掛ける」とは口先だけで、波及的に制作費や下請け
への発注費も下がっていくのは目に見えている。コンテンツの質はもっと悪くなっただろうね。

同じく、ゴム印等への批判も今はしないことにした。デフレを助長したら元も子もない。

376 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:10:37 ID:FijoWKXY
ずっとテレビを見てなきゃいけない?
んなバカな、インターネットは消費と直結してる、出歩かなくても
 
でもテレビはそうじゃない

377 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:38:13 ID:ETUKbnCN
>>355
時速100`でデカいマンションに突っ込めば普通にぺしゃんこになると思うけどな。
仮に原型をとどめてられるような車両だったとしても中のお客さんは無事なわけないし、
マンションが倒壊する危険も出てくる。テレビなんかだと新型の軽量車両が
悪者扱いされてる感じだけど、この事故に関してはそれ以前の問題でしょう。

378 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:40:40 ID:L1S4QhBW
脱線事故で電車がぐちゃぐちゃになってたけど、あれって
コスト削減のため電車の金属に安いものを使ってたせいだってね。
昔の車両だったらあんなに死者は出なかったと・・・

【脱線事故】電車ぺちゃんこケチのせいでは?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1114482972/l50

379 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:42:28 ID:mbsI2mFM
あまり関係ないと思う
 
剛性が高いと逆に中の人がたたきつけられる

380 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:53:09 ID:kiICbOwR
なんだっけ15G以上の圧力を受けると血管から血が全部出ちゃうから
だっけ。

381 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 11:58:09 ID:rKDjKFCV
少子化対策に税金を使っているが全くの無駄。
子どもをたくさん育てるかっこいいお母さんのドラマを作ればいい。
戦前のようにたくさん生んだら表彰するとかね。
相も変わらず嫁姑問題や夫の浮気の話ばかりじゃ子ども以前に
女性は誰も結婚したくならない。
子だくさんの家庭のドキュメントはそろって低学歴、貧乏、小汚い、疲れ切った顔の母親。
感動の大家族とタイトルはあっても実際は人生負け組にしか見えず
あーはなりたくないと思わせるものばかり。
パートタイマーという安価な労働力&消費者作りのために
働くかっこいい女性や結婚しない女ばかり流し続けた結果が今の少子化。
昔は奥さんが働いていると旦那の稼ぎが良くないからってイメージだったが
今や専業主婦は馬鹿で無能で怠け者扱いされる。
金銭に換算できない家事や育児に対する評価をあげてイメージを良くしないと
少子化は止まらない。


382 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:01:36 ID:mbsI2mFM
しかし、警察はえらそうに言うわりに事故予防できなくて
なにやってんだ、まったく

383 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:29:10 ID:L1S4QhBW
尼崎の電車事故、
ぺちゃんこになってなければ死人はあんなに出なかったのでは?
列車が頑丈に出来てれば、叩きつけられ死ぬと言う人もいるが、あれは
明らかに車体がつぶれたために死んだ人が多数出たとしか考えられない。

384 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:37:32 ID:nErty0ub
>>383
わずか数ミリの鋼板では何十トンもの車両の衝撃に耐えられない気もしますが、
どうなのでしょうな。例えばチタンだったらかなり違うとか?

385 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:43:43 ID:7TzOQbt2
>>381
しかし、フェミニストのバカ女達は女はパンツを洗うための生き物じゃない。
とかいって抗議しそう。
個人的には、年金制度を打ち切って、子供は自分の将来を支える道具
という、アフリカなどの途上国の概念を植えつけた方が早いと思う。
これなら、自分の生活を支えるには○人の子供が必要ということを推奨
することによって、ある程度の人口操作も可能だろうし。
もっとも、これだけ産業がスリム化(無駄を省いている)している状態
だから、あまり人口が増えても逆に雇用情勢が悪化するという可能性もある
けどね。


386 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:48:28 ID:7TzOQbt2
<ドンキ放火>渡辺容疑者が一転容疑を否認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050426-00000009-mai-soci
 さいたま市緑区の「ドン・キホーテ浦和花月店」で昨年12月、従業員3
人が焼死した火災で、現住建造物等放火の疑いで再逮捕、送検された渡辺ノ
リ子容疑者(47)=現住建造物放火未遂罪などで公判中=が25日、接見
した弁護人に「どこにも火をつけていない」などと話し、容疑を否認してい
ることが分かった。

電車事故に隠れて報道されないが、この事件果たしてこの女がやったのだろうか?
事件当初からどうもヤクザが株価操作を狙って行ったものであるように思えて仕方ない。
「先日の万引き云々で腹いせ」の供述にしても、実際に警察に突き出されたわけでも
ないし、それが動機とは考えずらい。
しかも、事件当初の2件連続の放火はほぼ同時刻に起きており女性が一人でやったとは
考えずらいし、怨恨であれば、恨みのある店舗のみを狙うはず。
この女は供述調書にサインしてしまったので、これで有罪は確定だが、
どうしても合点がいかない。みなさんはどう思われます?



387 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 12:58:38 ID:twbjwEM/
369 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 10:15:38 ID:nErty0ub
>>351
最初に踏切事故を発表したのは国交省だな。


何か匂うね 
乗客たちの踏み切りではぶつかっていない発言を
意図的に放送していなかったような感じがしたし
事故後すぐだし 何か隠したいことがあったか?
揉み消し工作?
過去のデカイ事故でも責任を擦り付けられたことがあったかもしれないな・・

388 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:00:41 ID:cAw1vpSK
>>386
すると埼玉警察はその暴力団と共謀しているわけだね

現在の埼玉県警のトップは誰だっけ その辺を探ると
どのヤクザを埼玉県警が隠しているのか見えてくるかも

389 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:34:03 ID:mbsI2mFM
>>387
偶然だろうけど、脱線だけならああ成ってない、自動車との衝突が
あきらかにああいう被害を生んでる
 
さっき野暮用で外を走ってきたんだけど、自民党の事務所周辺で
一休みしてたら、各ガソリンスタンドから来るわ来るわ怪しい車両
あれ全部創価学会だろうね、最後には自衛隊のジープまで来た
よっぽど襲われる心当たりがあるんだろうな

390 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 13:54:30 ID:y4SAAigZ


かくせないだろ〜〜〜

391 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:03:55 ID:mbsI2mFM
心臓をやたらと元気にするからこういう事に成る
ただでさえ丈夫なのに

#背が高すぎると相対的にかなり弱い

392 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:05:31 ID:y4SAAigZ

置石なんて ぜったない 前の電車がとおってから4分間ずうと
みてた!!! JRの発表は許せない) だってさ

393 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:22:16 ID:ctFiAMnZ
事故前日に・・


線路立ち入りで1万人影響
大阪 JR東海道線 

 24日午前11時50分ごろ、大阪市淀川区のJR東海道線尼崎−塚本間で、網干発野洲行き快速電車の車掌が線路脇を歩いている黒い服を着た人影を発見、新大阪総合指令所に通報した。JR西日本は上下線で一時運転を見合わせた。
 駅係員らが捜索したが見つからず、後続列車が徐行運転して安全を確認。約20分後に運転を再開した。上下6本が部分運休、39本が最大30分遅れ、約1万1000人に影響した。(共同通信)


394 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 14:27:57 ID:FosbRnsb
>>393
あっちは入れるような所あったっけな?
嘘ばっかり

395 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:07:56 ID:y4SAAigZ
桜井さん 無駄のない いいべしゃりだな
そんなテキパキ指摘しちゃあ
変な奴に攻撃されないか???


396 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:32:37 ID:HFYqrJJI
>>351
これだろう。拾ってきた。

235 名前: 番組の途中ですが名無しです 投稿日: 2005/04/25(月) 09:58:49
電車横転事故、けが人多数 JR福知山線
【09:53】尼崎消防によると、兵庫県のJR福知山線で電車に自動車が
衝突し電車が横転、けが人が多数出ているもよう。自動車を運転していた
李嘉晃さんは即死。
昨日おとついとこの板で叩かれてた在日の名前だったような


397 :闇の声:2005/04/26(火) 15:58:40 ID:M94v1Khy
沢山の人が亡くなり、痛ましい限りだ
今年は運輸関係の事故が多いかも知れない
航空とて同じ事で、ミスが幾つか重なって取り返しの着かないことをやってしまうかも知れない

自分の知人で、工学博士がいるがその彼に電話で話を聞いてみた
彼は年が78才でもう引退しているが、以前から利用者不在の利潤追求や効率重視の経営に
警鐘を発してきた
券売機のことを以前書いたことがあるが、それも彼の意見だ
その彼の言うことには、
事故の原因や過失の内容に関しては何も判らないけれども、券売機同様車輌の設計や
運行管理システムに「思いこみ」があって、その思いこみだけで・・・それも一部の人間の
思いこみだけで物事を進めていないだろうか・・・
彼は、何年前か忘れたけれども夏に発生した中央線の運行障害を人災だと考えていた
つまり、機械任せに運行管理を進めたのはともかく、そのシステム設計をした人物が全く現場を
知らず、乗客との接点もなく自分達の頭の中だけで全てを考えようとする
しかも、問題が発生してもそのシステムの不具合点だけを云々してシステムを
作る上でのコンセプトを無視してしまう
彼は怒りを感じたと言っていたのは、その運行障害事件で管理司令室側の責任者が
「予期していないトラブルだったんですね」と、迷惑を掛けた・・・申し訳ないという
乗客に向かって示すべき態度が全くなかったこと・・・だね
自分の設計に対して、不具合のあったことには腹を立てるが、それで乗客が迷惑をしたことには
何にも関心を持たない・・・
利用者と向かい合う意識が経営陣含め幹部には全く無いと断言できるそうだ
ここまで書くと、何かと同じ事を・・・何処かで同じ事を感じる方も多いのではないか
三菱自工のことがそうであるし、雪印もそうだった
今の日本企業に共通な何か・・・一方的な物の見方でしか判断できない・・・
CEOと言う絶対権力者が全てを握ってしまい、そのまわりに媚びへつらう人間関係を作ってしまう
CEOを喜ばせることが全てという構図になってくる
それを感じる

398 :闇の声:2005/04/26(火) 16:14:00 ID:M94v1Khy
彼は言う
人の代わりは、やはり人しか出来ない
機械が出来るのは、人の仕事の何%かであって始めと終わりは人が関わらなければならない
現象と言うのは、人が考える以上の「何か」になって必ず現れる
ところが、今の技術者は悪い癖で自分の考える「仮想空間」の中だけで
全てを考えようとする
しかも、もっと悪いことにその「仮想空間」を覗かれたり否定されることを異常に恐れ、
決して明かそうとしない
誰でも納得できる良い答えの作り方を一生懸命学習塾で教わるので、一見それを
見破って指摘、指弾することは難しい
ところが、現実にもっと凄い事態が起きるとたちまち対処する手段を失ってしまう
人と対峙して、お互いに納得し合うと言う作業を非常に疎かにして、しかも嫌う
この結果、お互いの意識が統一されないまま物が作られ作業は進んでしまう
教育の成果だと言えば単純で判りやすいのだが、それ以上の何か・・・
基礎的な人間関係が損なわれてしまった結果、個と個の人間関係だけになってしまい
お互いがお粗末な仮想空間の中だけで作業している現実になっていないか
その集合体だから、強烈な服従させる圧力が必要になり、ますます会話は成立しなくなる
CEO制度は日本人には向いていないのかも知れないね

399 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:51:58 ID:367E98SK
>>396
これは誤報では?

>>395 >>397-398
TVで桜井淳氏が仰っているように、JRの経営効率追究のマイナス面が出てきた、とい
うことでは? 安全性と経営効率のバランスを考えた場合、後者に比重が掛かり過ぎ
ているのでは? という話ですね。恐らくは今回の運転士もミスのペナルティに焦っていた節があるが、
ミスを抑止するための処分が、かえってミスを招いたとすれば大変なことだ。

今回、新聞もTVもこの点(経営効率追究による安全性の軽視)では総じて意見が一致してい
るのだが、それが現在、官民を覆う「アウトソース・リストラ・民営化・民活」の
潮流(構造改革)への批判まで行き着くか、どうか・・・。

400 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:52:12 ID:x5jvNp/T
>>397
東武の踏切事故もあったしJALやANAもそうだし運輸関係以外ではSEGAのテーマパーク内での死亡事故もあった。
やっぱ日本ではアメリカ型のシステムは合わないのかも。
しかしだからと言って日本型がいいかと言えば疑問。
日本型の場合異質なものを排除するというムラ社会的体質があるし。


401 :けらんじょ:2005/04/26(火) 16:53:56 ID:2V/+LBcc
コクロウに最後まで居て頑張っていた知人も
同様のことを言っていたが、限度ものだと思う。

402 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:05:58 ID:367E98SK
>>399 のつづきだが、今朝の朝日の社説が象徴的。
ttp://www.asahi.com/paper/editorial.html

上では、
>一方で、この電車には制限速度を超過した場合に自動的にブレーキをかける仕組みは備わっていな
>かった。時間通りに、できるだけ速く。その激しい競争のなかで、万に一つも安全がおろそかになって
>はいなかっただろうか。JRだけでなく、すべての交通機関にいま一度、安全面の点検を急いでもらいたい。

と書きつつ、下では「小泉政権4年 空費する時間はない」と改革を煽る。民営化の優等生たるJR
で起こったこの事故の遠因は、まさにこの構造改革的な効率追究姿勢ではないのか?
JRの由来を考えると、今回の件から「構造改革」という単語を連想することはあながち突飛でもあるまい。

2ちゃんのゴム印憎し・郵政民営化賛成論者なども、今回の件で少しは「官から民へ」は万能では
ない、と気づいて欲しいのだが、どうも望み薄だな。

403 :けらんじょ:2005/04/26(火) 17:06:00 ID:2V/+LBcc
程度ものか。

404 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:12:49 ID:k6GGFhjR
やあああーあ〜くざ
より竹中だな。
撲滅するのは。

405 :闇の声:2005/04/26(火) 17:23:43 ID:Hu/ugiBw
諸兄に考えて欲しいのだが、CEOが全て悪いというわけではないけれども
少なくとも、リストラを振りかざし利益を上げることだけが企業の存在価値なのだろうかと思う
同時に、組織の中にあって組織の様々な問題点を指摘できる勇気と、その人物の提案を
きちんと評価し、判断する機能が無ければならない
同時に、人間軽視と現場軽視の二つをやってしまう事がどんなに恐ろしい事態を招くのか・・・
それを経営者はきちんと理解するべきだ
この事故は、決して鉄道だけの問題ではない
現場にプレッシャ−を掛けて効率化と利益性だけを追求する事がその代償として
何かを置き去りにしてしまう事・・・

自分は、様々な能力開発会社のやっている研修を何度も見ている
確かに納得できる物もあるが、詭弁を弄するだけで相手をやっつけて
めちゃくちゃな論理を押しつけているのもある
それ以上に怖いなと思ったのは、そう言う苦痛に顔を歪めている社員を見て
経営者が喜んでいることだ
中には「もっとやって下さい」と急き立てるのもいる
開発会社も良くした物で「今やっている以上のプログラムがありますよ」と商魂たくましく
押しつけ販売をする
それが良いと思っている経営者の多いこと・・・
前にも書いたけれども、精神的苦痛を与える事で経営者としての立場を確立させようとするのか
いたずらにペナルティを課している例が目立つ
もちろん、業務上の過失は認めることが出来ないが、同時にその過失を防ぐ
方策を考えること、その方策を自発的に現場で考えてそれを採用すること
その事が経営陣への問題提起であっても、それを採用すること・・・
以前、国労や動労はイデオロギ−闘争もあって様々な闘いをやってきたが
その中にあって労働者の保護もある程度出来ていたのではないかと自分は思っている
もちろん、それら組織の問題点は多いし評価できないことも多い
しかし、労働者を守ってやる組織の無くなっている今、改めてその存在の大きさを
痛感する物である

406 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:30:48 ID:FosbRnsb
>>395
ええ、エンブレ(エンジンブレーキ)は急ブレーキでは無いですよ



407 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:35:08 ID:UU32cvFm
>>402
>ゴム印憎し
こだわりのフレーズ

408 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:36:18 ID:FosbRnsb
>>397
その博士は八割の精神のあの方ですか?

409 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:39:25 ID:ofY7+3T5
>>399
確かに誤報は誤報だけど何か事故直後に恣意的に事実を隠そうとした感じがするが・・
数多くの乗客の指摘で誤報ということに落ち着いたが
報道を聞いていてなにか胸糞悪く感じた

410 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:40:58 ID:367E98SK
>>404-405
これは2ちゃんでもお馴染みの有名な怪文書だが、現在の竹中平蔵を作ったのは、加藤寛・本間正明と
いった後見人たちでもある。例えばSFCには竹中の盟友であり、猪瀬直樹とも親しい
加藤秀樹(元大蔵省・構想日本)がおり、大学を拠点にメディア・政官財界で「改革」
を訴えている。似た人種は各界に数多い。
ttp://www.rondan.co.jp/html/mail/0310/031021.html

「構造改革」は、「行政改革」として80年代から土光臨調・臨教審・世界を考える京都座会
(主宰=松下幸之助)といったあたりを拠点に着々と準備されてきたもの。
これらの会合には財界の意向が色濃く反映されてきたことは言うまでもない。

現在は小泉に対抗して積極財政を唱える亀井にせよ、国鉄改革では活躍した。そして、
その主な目的はズバリ国労潰しであったことは公然の秘密である。

411 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:41:43 ID:HFYqrJJI
>>400
【中国の整備工場でジャンボ機の配線、わざと切断】
全日本空輸や日本航空が機体の整備を委託している中国の工場で、人為的とみられる
電気配線の切断や警報装置の紛失が発覚し、国土交通省が同工場に対し、臨時の安全
性確認検査を行っていたことが12日、わかった。
トラブルがあったのは、中国・アモイ市のTAECO社。整備改造の事業場として、
国交省をはじめ米国などの航空当局の認定を受けており、日本では全日空と日航が年
間計10機前後の整備を委託している。
10月中旬、全日空が整備を委託したボーイング747型(ジャンボ)機で、発電機
制御系統の電気配線が切断されているのが、エンジン試運転のチェックで発覚した。
その後の検査で、客室のトイレから客室乗務員に連絡するための電気配線でも切断が
見つかった。また、整備のため取りはずした地上接近警報装置のコンピューターが紛
失していたこともわかった。
コスト削減や機体の稼働率アップのため、世界の航空会社で定着しており、日本の大
手航空会社も、TAECO社のほか、シンガポールやタイで機体の整備を外注してい
る。



412 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:42:15 ID:ofY7+3T5
あと山拓の問題をきれいに消したね
今回の事故を大々的に報道することで

413 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:42:35 ID:367E98SK
そして現在、着々と元官僚・松下政経塾出身の「改革」派代議士や首長たちは増えているし、それは
自民・民主を問わない。市民運動系の人間にせよ、「官から民へ」というフレーズ自体は
信じ切っているケースが多く、それが田中康夫や中田宏をスターダムに押し上げてしまっている。
かなり根は深いと感じます。

>>407
では聞くが、執拗にゴム印を叩くことに本当に意味はあるのか? 彼らの不正は糺すにせよ、
デフレ下でリストラとアウトソースを安易に煽るべきではない。
それでは猪瀬や小泉・竹中などと何が違うのか?

414 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:43:00 ID:HFYqrJJI
>>411のソース
http://web.archive.org/web/20021114132234/www.asahi.com/national/update/1112/021.html

415 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:45:00 ID:DFT6uEQP
>>405
「現場重視で利益や効率より安全性を重視していて、国労や動労が労働者を保護していた」
時代の方が死傷事故が頻発してましたよ。

416 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:52:30 ID:HFYqrJJI
福知山線列車大事故で、
トレンドマイクロ不祥事、反日デモ、山拓返り咲き、人権擁護法案などは
ほとんど報道されなくなったな。


417 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:53:49 ID:367E98SK
>>415
桜井淳氏が言っていたが、ATSなどの器機自体は、ここ20年間で確実に普及・発達している。
今回も旧式ATSしか無かったことが問題視されているが、旧式でも設置されていた
だけ進歩と思うべきなのだそうだ。
事故が起こるたびに、安全対策も練られている。もちろん、その効果は素直に認めるべきだろう。

ただ問題なのは、器機・システムの発達にも関わらず、経営効率追究の余り、肝心の現場の労
働者に安全性への配慮が手薄になっている可能性がある、ということでしょうね。

418 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:55:36 ID:UU32cvFm
>>413
>彼らの不正は糺すにせよ、

誰が糺すのですか?自浄能力が働いて糺されるのですか?

419 :闇の声:2005/04/26(火) 17:58:11 ID:WnNMtsYa
>>415
問題も多いと書いている・・・その問題とは、事故も含むね
ただ、労働者を保護できていたのは事実と思う
もし、国労や動労が残っていたらこれだけむごいリストラや賃金カットを
使用者側が出来たとは思わないし、政治の流れも多少変わっただろうなと思う
社会党や共産党は売国の党であり、評価できないが同時に今の小泉政権も
その庶民切り捨てや独断的・独裁的な政権運営は同列だと思っている

420 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 17:58:29 ID:FosbRnsb
>>417
安全対策やってても、パルス兵器が存在なんかしてたら
マイクロ波でなんでも誤作動してしまう

421 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:08:42 ID:367E98SK
>>418
例えば、2ちゃんねらーの大嫌いな「サヨ」の市民運動のみなさんとか。オンブスマンとかね。

ただ、「官から民へ」ですべては成敗できる、と思うのは間違い、という話ですよ。給与
や手当の問題にせよ、もちろん不適切なものもあるだろうが、官民の労働者でデフレ
競争をしても仕方がないでしょう? 日本人は清貧好きだからそういう発想になるのだろうけどね。
こうした飛躍に乗じて動き回っているのが猪瀬や加藤秀樹、小泉なのだが・・・。

>>419
官公労系ももう駄目でしょう。メディアも目の仇だからね。一般労働者も拍手する。
官民でデフレ・リストラ合戦して叩き合いを行っても不毛なのに。

422 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:11:21 ID:SMcqXIKr
>>419
国労や動労が保護していたのは自分の組合に所属している労働者だけだった。
非組合員や他の労組の組合員に対しては敵対的な態度を取ってきた。これは自治労や日教組など他の労組も同じ。
国労や動労が昔の勢力を維持していたら、リストラや賃金カットは他にしわ寄せされるだけだと思う。
その結果、労組に守られている人とそうでない人の格差は今の現実以上に拡大しただろうね。



423 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:20:01 ID:UU32cvFm
>>421
最近では、大阪市の制服や闇退職金などのお手盛りが明らかになったのは
市民運動やオンブスマンの活動に因るところが大きいですが、制度の中で許
されるとされては、彼らには残念ながら権力がありませんからね。
政治家に動いてもらわないとダメでしょう。
勿論、その政治家は支持者である国民が選んでいるという根本的問題もありますが。

>官民の労働者でデフレ競争
民ではデフレ競争をしていても、官ではしていませんがな。

424 :闇の声:2005/04/26(火) 18:25:29 ID:b5XEfY6M
>>422
それでも、自分は今の組合が全く機能していないよりはましだと思うよ
ただ、あまりに自分達だけの組織・・・普遍的でなかった事、国民を余りにも闘争の巻き添えにした事など
評価できないことも多いね
両方を見ることが大事だと思うが、今の独善的な経営者を見ると何故かあの頃が懐かしくなってしまうね

425 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:31:00 ID:UU32cvFm
しわ寄せと言えば、国鉄民営化にあたり、厚生年金に実質破綻していた
と言われる国鉄共済年金が無理やり組み入れられましたが、どんな背景が
あったのでしょうか?

426 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:31:31 ID:FosbRnsb
しかしチョンはどいつも老けているな、なんでだろう

427 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 18:32:30 ID:367E98SK
>>423
>政治家に動いてもらわないとダメでしょう。

では具体的に誰に何を期待するのですか? まさかそこで「道路公団民営化」とか
「郵政民営化」とか言わないでくださいよ。

>民ではデフレ競争をしていても、官ではしていませんがな。

これはしています。それに対して「まだまだ甘い」と仰る向きも多いですね。ただ現実に、国U・地上ク
ラスの待遇は官民で一定のバーとして機能していますので、それは必ず民間にも跳ね返ります。
「まだ甘い、まだ甘い」と言い合っているうちに、どんどん官民でリストラとアウトソースは進んでいくでしょうね。

>>424
一連の公務員批判論を見てもわかるように、労働者は相対的に恵まれている(ように見える)層への
攻撃には熱心ですが、経済衰退の本丸(デフレ下の構造改革)に切り込もうとはしませんね。
それどころか、緊縮財政で清貧に耐えよ、競争力で自己責任、と本気で信じているようですね。

土建屋政治と揶揄されつつも、田中角栄の時代が懐かしくなってしまうw

428 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:38:45 ID:7TzOQbt2
>>424
全く同感です。
今の労組は完全に狂っていて、雇用環境のいい分野の労組は残っているのに、
雇用環境の悪い分野に限って、労働組合が完全に機能を失ってしまっている。
事故つながりでいえば、トラックドライバーの業界など、労組機能しないので
リストラ・超過労働・賃金低下の3点セット。
国がいくら監督するといっても、まるで効果ない。
おまけに、猪瀬が公団を民営化してしまったので、高速道路を使わず、
一般道ばかり走るので、国道近隣の住民は騒音と振動に悩まされている。
でも、不思議なことに使用者の側は、相変わらずベンツに乗ってたりする。
これで事故がなくなる方が不思議だ。

429 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:42:10 ID:7TzOQbt2
>>427
>経済衰退の本丸(デフレ下の構造改革)に切り込もうとはしませんね。
株式日記がここ数日、熱を入れて書いているが、デフレ対策=対中貿易の見直し
しかし、これをやれば経団連の連中は、自社の利益を損ねてしまう。
だから、手をつけられない。
売国奴の宮内が、混合診療について批判されたように、利害関係をもつ人間が
改革の旗を振っても、結論はみえてるというところだろうよ。

430 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:53:29 ID:PFsGZC3R
>>427
公務員批判だがあれもマスコミはひどいよ、年収700万っていうが公務員でそこいら
になるには40代後半から民間と同世代で比較するのが筋、あと民間の割合にはパート
なんかも含まれてるから絶対的に低くなるのは避けられないのにな。
 官舎にしてみても民間の社宅と比べていってるのか?っての、キャリアの激務を
マスコミどもはほんとに流さないね。
 猪瀬って単なる物書きだろ、空理空論が目立つね。

431 :430:2005/04/26(火) 20:01:48 ID:PFsGZC3R
 結局、他の先進国並のサービスはしろよ、でもそれと同じ税金払うは嫌よってことww
安月給なんよ、うちらも。

432 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:06:17 ID:FosbRnsb
>>424を見てると、お寺さんへの支払いを曲解してるような気がするんだな
 
確かに、お寺さんとかジジババへのカネはこれまで多く出してきましたよ
でもねもう十分出したはず、中国と同じだ、これから出す義理があんまり無い
 
お寺を恐喝して金取ってたヤクザが干上がるなら、俺はそれで良いと思ってる
なぜなら悪いほうの日本軍のしきたりだから

433 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:11:46 ID:YGOaP2RK
>355 >357
残念ながら、現在の新幹線の車両も鋼鉄製ではないアルミ合金製です。
側面衝突の耐性は恐らく五十歩百歩でしょう。
初代のぞみ形車両は軽量素材製の走りです。

新潟の地震で助かった上越新幹線丸鼻車両もアルミ合金製なんですが、
同系統の東海道新幹線車両並み+耐寒耐雪の条件を鋼鉄製で課すと重量で不利と
なるため、合金製なんですが剛性確保が重視されており、現在とはかなり設計思想が
異なっています。だから、車両寿命が長い。
首都圏中央線のあの朱色の車両、ボディが良くできているので、塗装・電装の
メンテナンスだけですぐに蘇るんですよ。
しかしながら、新幹線軌道内は法律で在来線とは比較にならない位の基準が設け
られています。これが俗に言う<フル規格新幹線>と呼ばれるもの。
フル規格区間ではこのような事故は非常に考えにくいです。しかしこうした
側面衝突リスクは地震のような脱線時、それと在来線に降りたミニ新幹線車両は
こうしたリスクに大きく晒されるでしょうね。
また鉄道板では、二階建て車両の場合を危惧する声も必ず上がります。

普段は変人の巣窟の鉄道板ですが、昨日の時点で「オーバーラン8mは信じられない」
というコンセンサスができていたような気がします。

434 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:35:52 ID:213cTYlp
たぶん側面衝突の耐性は、窓の大きさの話に由来すると思う
最近の高級車は窓が小さいよね、オフセット対策で

435 :427:2005/04/26(火) 20:41:36 ID:4ZONG7sk
>>430
>キャリアの激務をマスコミどもはほんとに流さないね。

というかね。現在、マスコミに地方自治体の「お手盛り」批判を煽らせているのは、どうも中央官界の
連中だとしか思えないんですよ。これは、彼らが80年代から主張する「小さな政府」ムードに見事に合
致するわけです。加藤秀樹なども元大蔵省でしょう? 「改革」派知事も大半は元官僚ですね。

日本では中央官僚ほど小さな政府論者なんですよ。省益に関する部分では抵抗するこ
ともありますが、全体としては「官から民へ」「地方分権」が正しいと本気で思ってますから。
それをオッチョコチョイな市民派・左派も支持しちゃったわけです。
「官から民へ」でなんでも民営化・民活ですね。「地方分権」も一概に悪いとは言えませんが、
実態は地方切り捨て(自己責任で頑張ってよ)にしかなってないね。

彼らには大学や地方首長、国政などといった転職先がありますから、好きなだけ「実験」
できるのです。本人たちはいいことしてるつもりなんでしょ?

436 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 20:43:51 ID:fQrXEKLF
オーバーラン8mは信じられない、というのは過少申告ということです。
在来線車両の一両の長さは18〜20mですから、8mと乗客の証言は乖離していました。
これを指摘したメディアはいたでしょうか。

それと、桜井氏のコメントを鵜呑みにする方が多いようですが、このスレッドの住人
の方にはこれを慎んで頂きたい。
彼はあくまでも原発屋、さらに原発現場からは昭和時代に離れており、
平成時代には反原発で商売をしている論客であって、鉄道屋ではありません。
『新幹線「安全神話」が壊れる日』(講談社 '93)『新幹線が危ない!』(健友館 '94)
の二冊で呼ばれたのでしょう。
恐らく彼の理論では、前述初代のぞみ形車両が事故を起こすはず、だった。
しかし初期故障はいくつかあったものの、技術情報は次世代車両に引き継がれ、
ついぞ台湾にも輸出された。

>415
個人的には、官営公社分割民営化の負の膿が一気に吹き出した象徴だと見ています。
でも、当時に比べるとヒューマンエラーをフォローする技術も未熟だったわけで。

大切なのは分割・民営化ではなく、その方法と意志決定プロセス、企業経営式に
言うとガバナンス・企業統治って奴です。
この手の不祥事は、このクラスまではゆかないものの、もっと出るでしょう。
>416 も含めて。

437 :427:2005/04/26(火) 20:44:38 ID:4ZONG7sk
例えば地方や中小零細では、公務員の待遇の方がいい、という逆転現象が起こっている
わけです。最近はこれを「是正」しようという動きも盛んですね。

本来は、一般労働者の待遇・福利厚生・福祉を底上げ・充実していくにはどうすればよいか、
をトータルで考えるべきであって、低い方に合わせていくのはまずいと思います。

結局はデフレとリストラでお互いのクビを絞め合うばかりですよ。田中康夫は長野で県庁職員の給与を引
き下げたそうですが、それで長野の実態経済や、一般的な労働者の平均的な暮らし向き
が良くなりましたか? 別に良くなってないでしょ? 単純に緊縮しただけだもん、当たり前。

長野ではヤッシーの公共事業改革などの虚妄に県民が徐々に気づいたので(デフレ
が進行しただけ)、支持率も下がってきたそうじゃないですか?

438 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:03:38 ID:RhJqxEd/
>>436
同意。
NTT社員にも聞いた話だけど、やっぱアノ辺の体質は
根本的には変わっていない。
表に出ない“もみ隠し”など、一杯有ると思うよ。
その点、YAHOOなんかは、あの不祥事の後、徹底的にセキュリティ管理してるみたいだ。
だから、尾を引いてないだろ?
公社を民営化したから、=民間企業になったと単純に理解するのは早計だ。

439 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:21:13 ID:rxwgrJzt
朝日は満州事変以降、国民を対米戦争という破局へ駆り立てた。社長以下全社員が軍に
献金、軍用機まで献納した。言論統制で強いられた以上に、「鬼畜米英」と敵愾心を煽った。
「朝日新聞社史」によると、満州事変以降、朝日の発行部数は増え続け、終戦の昭和20年には満州
事変が勃発した昭和6年と比較して2倍以上の部数を記録している。
戦争報道は儲かる商売だった。国民が戦時下で「欲しがりません勝つまでは」と貧窮に
喘ぐなか、編集局長は高級料亭で禁止されていた芸者遊びに興じていた。
当時の編集局長・細川隆元氏(細川元首相の縁戚)自身がその著書『実録朝日新聞』で
はっきりと書いている。朝日新聞こそ「侵略戦争」のA級戦犯だったのである。

440 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:26:28 ID:RhJqxEd/
>>439
サヨクというモンはいつの時代も日和見主義。

441 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 21:45:10 ID:LXr88u9o
>>430
いや猪瀬は元左翼。
左翼で挫折した奴の殆どが権力に走る傾向があるというがどうも事実のようだ。

442 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:09:31 ID:cQoeQsI6
>>441
ボストンコンサルのPPMでも勉強しなさい
ポートフォリオを組めばその謎はすぐわかる

443 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:19:50 ID:nD9ocMOi


運転手ばかり責めるなよ。
先頭で命はってるんだぞ。
罪は償った。
生きてても 地獄だ。
生存は無理か。

原因は会社からの圧力と精神コントロールの未熟だ。



444 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:27:20 ID:bYHqH/L1
私は、この記事なんぞは広告料欲しさにJR西のお先棒を担いで運転手と車掌に
全ての責任を押しつける意図を持ったものと思うけど、どうなんでしょう?

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_04/t2005042623.html

445 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:30:47 ID:oZn6zDIi
学生が日本銀行職員(特定職)と話す機会(就活で)があり、
その職員が述べた内容です。以下の通りです。

・これ以上国債を発行すると金利が上がり国債暴落する。
 800兆-1000兆規模になれば政府の信用がなくなる。
 外資も来ない。積極財政はダメ。通貨発行益?そんなん知らん。

・小泉構造改革は正しい。効率性と競争の追求は絶対不可欠。
 亀井的なシャッター商店街説は商店街の親父の努力不足。
 デカいスーパーと戦え。戦いもせずに公共事業で彼らを温存する
 のは間違いだ。競争でものが安く買えたらそれでいい。だって
 残りの金で旅行ができて新たな需要を生むから。 
 
・大衆はバカではない。むしろ賢明。小泉の支持率が落ちないのは
 構造改革が支持されているから。ポピュリズム説は偏った見方。
 大衆政治批判はおかしい。またマスコミが大衆を煽動することなんて
 ない。学生さんの君はもうちょっと中立的見方を志向すべきでは。

・竹中が構造改革を推進している背景には彼の留学時代の影響があるのでは?
 と言えば「それはない。」「個人的勉強の経験で政策は考えない。」「構造改革は
 まっとうな政策。」「競争に晒すのがいい。」と発言。

・プライマリーバランスの黒字化は見込めないし構造改革って失敗じゃないですかね?
 と言えば「じゃ一兆の赤字でも失敗と言える?いえないでしょう?」と現在19兆もの
 赤字を知らぬ顔でいう。もはやソフィスト以外の何者でもない。松原聡級の糞。






446 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:38:10 ID:1UW4RI2g
>>437
経済成長だけでなく、根本には政治不信、官僚不振があるから
全く説得力を持たない。90年代中盤と小渕時代に財政支出を拡大したわけだが、
残ったものはタダの借金の山と箱物、妙に立派な林道か・・・・
官僚が財政縮小に賛成するのは、もはや当時者でもどうにもならんと言う自己否定だが。

資源の適正配分、公平の意味もある。給食のおばはんが年収800万とか
仕事に見合わない金をもらっているのは、資源配分から見てムダだと多くの人が
感じているから、多くの人が改革を望んだわけでしょう。

今からまた財政を拡大するなら、これらの不信を払拭しないと支持されないのでは?
・公共投資して先になにがあるの?
・税収以上に人件費を中心とした支出を続けてどうなるの?
・社会的に見て貴重と思われない下級公務員に税金投入して将来いいことあるの?
・公共投資を有意義な誘発効果の高いものに出来る具体策あるの?


447 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/26(火) 22:43:22 ID:1UW4RI2g
名前忘れました。>>446

448 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:06:39 ID:fyC5qERp
水は高いところから低いところへ流れる。構造改革、アウトソース、官から民へ、
全て必然でしょう。人間なんて元々不公平なものだ。今まではそれを
ほとんど意識せずに済んだというだけの話。一時的であれ1億人全員が
経済成長の恩恵にあずかれた。それだけでもめっけもんじゃないか。
それに高い教育が受けられなくても金を稼ぐ可能性はある。
あとは個人の生まれ持った運と努力の総量次第、もうそれでいいじゃん。

449 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:08:49 ID:cQoeQsI6
が、韓国人の反謬はそれでは済まないレベルのものだね、本当に基地外だ
それもアメリカ人に操作されてるだけなんだけど止めようが無いらしい
 
対馬神社にはもういけないな


450 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:21:28 ID:2CJKfrmz
>>446
 今だに公共投資悪玉論を唱える人がいるとは驚いた。
 今の財政赤字は、90年代の小渕財政のものとは別だと考えた方がいいと思う。
財政赤字の増加と、公共事業の縮小は比例している。

 緊縮財政で、公共投資の総額は昭和後期か、平成初頭のバブル前夜の水準ま
ですでに落ちている。物価下落よりも早いスピードで。君の望むような、公共事業
が駆逐される世の中はすでに実現されている。

 民間の活動が活発で、その活動を政府の規制やら、政府支出による投資が阻害
しているのならまだしも、民間企業に投資意欲が無い状況で、そこまで政府活動を
制限する理由は何なの?

 ていうか、小泉政権発足以降は、君の思うような政府活動を制限するようなバラ色
の世の中が実現しているんだが。

451 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:37:24 ID:N18El3zi
>>450
>今の財政赤字は、90年代の小渕財政のものとは別
どのような違いが?

452 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:41:52 ID:2CJKfrmz
>>446-447
 ちょっと言葉遣いが悪かった。悪気はないので、気にしないでください。あなたの疑問は世間一般の疑問を
代表していて、とても有意義だと思います。

・公共投資して先になにがあるの?
 公共投資の意義は、民間では割りに合わないことをみんなのカネで行うことにあります。都市部の高速道
路とか、電線地中化による防災、台風・地震災害への対応などは意義深いことではないでしょうか。今はこう
した予算も削られています。

・税収以上に人件費を中心とした支出を続けてどうなるの?
 税収以上に人件費を増やしているんじゃなくて、人件費がまかなえないほど税収が減るような政策を採用し
ているんです。
 まず、家計と国家財政を同一視するのを止めた方がいいと思います。公務員の人件費=私腹を肥やすといっ
た連想も、国全体の景気を考えるときには危険な思い込みです。まあ中にはそんな人もいるでしょうが、人件
費は回りまわって民間にも「おこぼれ」がきます。たとえ貯金されたとしても、次の世代に消費されます。問題
は、天下の回り物である「カネ」が回らないことなのです。

 間接的な証左として、現在小泉政権下で財政を削っていますが、何かいいことがあったでしょうか。財政赤字
は増えています。

・社会的に見て貴重と思われない下級公務員に税金投入して将来いいことあるの?
 下級公務員にも人権はあります。

・公共投資を有意義な誘発効果の高いものに出来る具体策あるの?
 少なくとも国土交通省は「成果主義」として「バリアフリーの歩道の割合」とか「災害時の通行止め時間」とか、
そうした指標で公共事業を行うように体質改善を図ってますね。

 念のためいいますが、まずは景気回復することです。公共事業をシバキあげるのは、そのあとにしましょう。
まずは「公共事業の手を借りてでも」景気回復が先なんです。本当は金融の手助けが要ります。
 デフレギャップは財政支出だけではカバーできません。よって小渕さんみたいな、財政一辺倒ではいずれ挫
折します。焼け石に水ですから。しかし、だからと言って現在のように財政を絞りまくるのはもっと悪い手なんです。

453 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 23:47:57 ID:2CJKfrmz
>>451
 現在の赤字国債発行額は、小泉政権後の平成13年以降に急拡大しているんです。逆
に、建設国債発行額は平成10年(小渕政権)をピークに減少しています。
 要するに現在の国債発行は、公共事業をまかなうものではなくて、それ以外の税収を
補うものなんですよ。

赤字国債(|:2兆円)
 H05 _0.0
 H06 _4.1 ||
 H07 _4.8 |||
 H08 11.0 ||||||
 H09 _8.5 |||||
 H10 17.0 |||||||||
 H11 24.3 |||||||||||||
 H12 21.9 |||||||||||
 H13 20.9 ||||||||||
 H14 25.8 |||||||||||||
 H15 30.0 |||||||||||||||

建設国債(|:2兆円)
 H05 16.2 ||||||||
 H06 12.3 ||||||
 H07 16.4 ||||||||
 H08 10.7 |||||
 H09 _9.9 |||||
 H10 17.1 |||||||||
 H11 13.2 |||||||
 H12 11.1 ||||||
 H13 _9.1 |||||
 H14 _9.1 |||||
 H15 _6.4 ||||

454 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:03:11 ID:nXyzQr5d
>>453
猪瀬の言ってる事と全然違うな。
つまり猪瀬がペテン師って事なんだが。

455 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:04:13 ID:cvqVoHy5
>>452
>>452
本筋から大幅にずれた話で申し訳ないが、
電線地中化したら、電力会社の光ファイバー使ったブロードンバンドが
出来なくなるのではないかと。

地下で断線した場合よりも、
災害の時の復旧も、容易に思われます。

456 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:21:29 ID:nJw3RLwd
>>455
>ブロードバンド
 電力会社にとっては不利になるかもしれませんね。これは否定できない。ただ地中化で不
可能になるわけじゃなくて、費用負担が問題なわけです。電柱を使わない方法も考えられる
でしょう。それこそ政府の制度設計、あるいは民間の企業努力の出しどころかと。

>震災
 阪神・淡路大震災では、地中化された地域の方がはるかに被害が少なくて済みました。
 逆に、電柱の倒壊による二次災害(緊急車両が電柱に阻まれて進めない、など)があって、
そうした面からも電線地中化は進められるべき政策だと思います。

 神戸における電話回線ケーブルの被災延長/全延長
  架空線 2.4%
  地中線 0.03%
地中線の被害は、架空線の80分の1
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chichuka/chichuka_03.html

 これ以上はスレ違いなので。。。闇の声さん、すいませんでした。

457 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:21:45 ID:yHZ4/Aju
電線地中化したら道路工事回数が莫大に増えそう。
光回線を民家に引き込む度にやられたらたまらんです。
あ、電話線じゃないのか。

458 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:35:13 ID:yHZ4/Aju
>>453
赤字にしろ建設と言う名目の国債にしろ、公債発行による財政出動は
後年、その公債の償還期間が到来したときに税収が少ない場合には
赤字国債に頼らざるを得ないということと思われだけど、今、多額の
公債を発行しているということは、何年か後、多くは10年後の償還と
利払いの時期に税収がアップしていなければ、また多額の公債を
発行しないといけないということか?

459 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/27(水) 01:07:56 ID:9W33KEHT
>>453
一瞬アレっと思いましたが、小渕氏平成十年で
国債残高累計は300兆
平均残存年数を7年とすると、金利は平成10年から7年程度〔3.5年弱)を適用すればOKで
大まかに1.5〜2%、この段階で年間4.5兆〜6兆円の利払い費が毎年発生
もう抜け出せない借金発散状態なのでは?
国債発行残高
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/saimukanri/2004/saimu02b_04.pdf
長期国債利回り
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/saimukanri/2004/saimu02b_04.pdf

私は小泉を擁護する気は全くないです。市場経済化をセットとなる規制強化を
あいまいにして進めているし(例、日本の弱小SEC等)



460 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/27(水) 01:09:27 ID:9W33KEHT
訂正 長期利回りソース
ttp://www.bb.jbts.co.jp/data/kinri.html

461 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:10:06 ID:FB5r+SA8
>>452

>・社会的に見て貴重と思われない下級公務員に税金投入して将来いいことあるの?
>下級公務員にも人権はあります。

この給与水準に問題がある。キャリアや特別な技術職なら理解できるが
下級公務員なら、彼らと同等の学歴やスキルで民間で働いてる人と
比較すべきでそれも残業が少ないことも加味して。
もっと人件費は抑えて良い。その代わり、努力している者には
キャリアに準じたポストと給与を保証すべきだが。

どうも公共事業と言うと建築業が深く関わるものばかりが取り上げられる。
資源開発や環境技術の普及、日本が最先端をいっていて大きなリターンを
望める事業などいくらでもある。即効性を求めるからなのだろうが
麻薬のようにしか思えない。業種業態で考えるのではなく、将来性で
考えるべきですよ。ばらまくか絞りまくるか、2択しか考えず
有益な公共事業を考えられないところが1番の問題でしょう。
将来性のある公共事業なら賛成です。

公務員の給与を減らすと内需がと言いますが、その分を有益な公共事業に
使えば良い。特別国債出さなくても今の国家予算でも十分出来るんじゃ
ないですか。本当の改革なんて利益団体に振り回されててはできませんよ。

462 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:22:34 ID:yHZ4/Aju
国債の本来の償還期間は60年もあるらしいですね。

463 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:27:38 ID:Y6rpIpJa
国労や動労が何故あれだけ隆盛したかっていうと
それだけ、国鉄の労働条件が酷かったから。
歯止めがなくなって、先祖帰りしたんだろうな。

464 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:30:55 ID:nXyzQr5d
>>463
動労の場合千葉に全て押しやった結果あそこは毎年ストが頻発してる。
お陰でいい迷惑なんだが。

465 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:34:11 ID:ZaaY9YGL
http://cgi36.plala.or.jp/bargiko/bargiko.cgi?roomID=1114515459733
ここにおっぱい出すって女がいまつ。


466 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:37:20 ID:ZFE5tz2D
だからといって労組の活動をやめろとかいうのはお門違いだよ。
「運転士は運転時間のみを労働時間とする(移動、休憩、仮眠、停車中は労働時間に含まない)」
てな悪魔の様な条件を旧国鉄は出していたこともあった。

467 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:42:17 ID:o4ScHkkZ
親類のおじさんが国鉄マンだけど、ストーカーにでもあってるような
暗い人だった、ちょっと縛りつけが強すぎる

468 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:54:20 ID:Rpaz9xrX
>405
言いたいことは沢山あるんですが・・・
企業をとりまく利害関係者には、株主、取引先、従業員、地域社会などさまざまな主体があります。
そのなかで、もっとも大事なのは顧客です。

人間軽視・現場軽視と表現しておられますが、やはり顧客の方を向かなくなった会社はダメですね。
堀江氏のように、ファンドマネージャーの感覚で事業経営を行うマネジメントが増えたということでしょうか。

たしかにCEOは株主の番犬のような役割があり、そういったバイアスがかかるのかもしれない。
今回のような大きな事件やスキャンダルが起きたとき、株式市場が与えるペナルティーは生半可なものではない。
さすがに半官半民のJRやJALは潰れないでしょうが、一般の企業なら存亡にリーチがかかりかねない。

致命的なエラーを冒した会社は退場を迫られるのだから、それで良いのではないか?


469 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:57:31 ID:o4ScHkkZ
hpのふぃおリーなさんが顧客重視、株主だけの経営は片手落ちって
言ってましたが、結果的に万能主義に向かざるを得なくなった

470 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:57:40 ID:Rpaz9xrX
多くの日本企業のシャチョーさんの実態が従業員代表であることに変わりはなく、
欧米企業に比べると安い給与でよくやっていると思う(税制等を考慮すると案外あれで最適化されているのかもしれないが)。
こんなことをいえる立場には無いけれども、肩書きに相応しない待遇が歪んだ労務政策にハネ返っているのだとすれば、社長の給料を上げるのが早道かもしれない。

顧客を重視することと、事業再編やコストカットや合理化は別次元の話題だと思う。
良いモノを作って顧客に喜ばれても、コスト割れでは事業が続かず、また脇が甘いと買収されて並みの会社になってしまう可能性もある。


471 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:59:45 ID:o4ScHkkZ
万能主義は安全性を追求する信頼性工学と似ている
これには特徴があって、80%の信頼性コストと99.999%の信頼性のコストでは
天と地との開きがある、後者を行った場合ほとんどはオーバーヒート(ロード)する

472 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:02:44 ID:Rpaz9xrX
>>469
株主重視といわれる米国で、戦後最も成功したのはビルゲイツ氏。
同氏がこれまで株主(社外株主)と過ごした時間が正味どれだけあっただろうか。
あんなことになってしまったけれども、西部の堤さんと同じ。
セールスなら自らどこにでも赴くが、株主と過ごした時間は、
たとえばライブドアの堀江氏の100分の1もなかったのではなかろうか。

473 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:04:25 ID:o4ScHkkZ
このときに、顧客と販売側で視点が分かれる。
売る側としては、信頼性を高めた(つもり)の方が高く売れる。が
顧客としては、価格優先の場合や商品としての重みを重視しない場合
に価格が邪魔に成り得る。

474 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:07:11 ID:o4ScHkkZ
>>472
彼の特徴はこうだ
話をしてて、彼に興味の無い話は「んな馬鹿なもん聞いた事ないね」
都合の悪い話は「ああ、じゃあ君はストックオプション要らないんだな」
 
そりゃあ自分で自分の株主なんだから重視するよ、普通の株主はおまけ

475 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:08:02 ID:Rpaz9xrX
米国的なズサンな労務管理は、柔軟な労働市場があってはじめて成り立つものだ。
どんなにイヤな会社でも、いきなり辞めて明日から食べていくのに困るようでは、泣く泣くしがみつく以外にない。
JRのような大企業だと給与はそれほど貰えないかもしれないが、
福利厚生までセットにしてみるとかなり手厚い待遇があったのではないか。
税制がそういったパッケージを作る温床になっているように思う。

かつての労組を懐かしむよりも、税制に手を加えながら人材の流動化を進めるほうが建設的のように思う。
イヤな会社だと思ったら明日にでも辞められる社会は、今日よりベターなものだろう。

476 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:15:20 ID:xwPmWwAP
hpの話には、前提もある
実は本当の顧客は分離した別会社が持ったままだったって事

477 :430:2005/04/27(水) 02:20:38 ID:6+m829wP
>>427
ですね、民間の福利厚生をよくしたら公務員批判はかなりなくなると思います(非効率などは叩かれるべきと思いますが)。
公務員が福利厚生に恵まれてるのは共済費をたんまり払ってるからでもあるんすね。
 →民間には給料費抑えた「女子一般職」ってあるが公務員はその点は男女平等、総合職だけを比較対象とすべし。
 →公務員官舎はマンションではなく民間社宅と比較してくれ、また災害緊急時に即座に人員集めらるため一定の設置が
義務付けられてる。

478 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 03:25:10 ID:owaEclHx
公務員絡みの何が悪いって、公務員の表立った犯罪を犯罪として扱わないことでしょ。
それによって公務員を袋叩きに出来る大義名分が手に入る。
その結果、叩く必要が無いまたは叩いていけない事も叩かれる。

それよりも社会に与える大影響としては、目に見えて司法の信頼性は下がる。
さらに公務員はチェック機能としての役割も果たすが、その信頼性も下がる。
つまり社会のチェック機能への信頼が壊れてしまうと言っても過言ではない。

警察・検察を始めとする公務員達はこの重大事に自覚が無いだろ?

479 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 03:57:12 ID:kJxfJc95
>>478
日本のチェック能力は元々貧弱なものだったけど、
だいたい、「救う会」が暴れた頃から、完全にチェック能力なんて
期待不可能になったね。

金持ち&トップインテリは2000-2002年頃に、
海外に逃げきっているし。
国内に残っているのは、2流以下の、海外脱出できなかった組。

480 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 04:45:53 ID:pZ16qPGb
以下の文のナチスを創価学会(公明党)に置き換えてみろ。

◎ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られたが、
◎自分は共産主義者ではなかったので、何の行動も起こさなかった。
◎その次、ナチスは社会主義者を弾圧した。
◎私は更に不安を感じたが、自分は社会主義者ではないので、何の抗議もしなかった。
◎それからナチスは学生、新聞、ユダヤ人と順次弾圧の輪を広げていき、
◎そのたびに私の不安は増大した。が、それでも私は行動に出なかった。
◎ある日、ついにナチスは教会を弾圧してきた。
◎そして、私は牧師だったので、行動に立ち上がった。
◎しかし、その時はすべてがあまりに遅すぎた。
◎(ドイツのルター派神学者マルチン・ニーメラー)

481 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 06:37:17 ID:SunkvD1U
>>479
日本が駄目だから外国へ行くってのは勝手だけど
没落した国の出身者が外国に住むのは楽しくないよ。
(金持ちと飛び抜けて有能な人は除く。)
EUのパスポートコントロールで列の前に中韓の人間がいると
時間がかかってかなわない。
菊の御紋のパスポートなら顔パス状態なのに彼等は細かく質問され
不法滞在や不法就労の可能性がないかチェックされる。。
クレカも日本の平カード>韓国のゴールドだ。
スエーデンみたいにちょっと前までロマニの不妊手術を強制的に
やっていた国だってある。
ドイツはナチが殺したからどの街に行ってもロマニはいない。
日本が経済大国だから名誉白人でいられるのであって
没落してしまえばカラードで異教徒はロマニと同じようなものだ。。


482 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 07:57:13 ID:2OtrIn4z
列車事故の運転士を責める風潮には、何年か前に入間基地周辺で墜落した自衛隊機のパイロットが批判された、あれと同じ臭いが感じられるね。
あのパイロットは民間人の犠牲者を出さないように最大限の努力を行った。今回の運転士もおそらくそうだろう。

犠牲者などに対する償いはどうなるのか、そちらの方が気になってきた。
日航ジャンボ墜落事故や地下鉄サリン事件では、被害者はすずめの涙ほどの補償金、あるいは泣き寝入りを強いられている。
今回もまともに償おうとしたらJRの経営が耐えられない。また泣き寝入りを強いられるのか?


483 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 08:18:12 ID:Z+xuEv/s
いずれも警察が悪い、中曽根もおきまりのダンマリだし

484 :427:2005/04/27(水) 08:35:33 ID:aY/EX8O4
>>477 
自分が気になっているのは次の2点なのです。

・現在の国U・地上・特殊法人あたりをターゲットにした公務員バッシングには、中央官界の
 マッチポンプの匂いがする。実は日本では中央官僚ほど「小さな政府」論者なんです。>>435
 現在、シンクタンク・学界にも元官僚の「小さな政府で構造改革」論者が沢山います。
 
 マスメディアは「大きな政府は悪い」一辺倒なので、彼らが改革の志士に見えるのかも
 しれません。産経も朝日もこの点では共通しています。市民運動系にもウケがいい。 
 恐らくは彼ら本人に悪気はないのでしょう。ただ、トータルではかえって実態経済を
 追い詰める可能性をどれだけ考慮に入れているのか、ですね。

 ちなみに、財界・論壇・労働運動右派から市民運動・地方自治・国政に浸透する目的で作られた
 と思われるのが「松下政経塾」なのです。あの人脈の背後には、日本における行政改革・
 構造改革論者が常に見え隠れしていますね。

485 :427:2005/04/27(水) 08:38:43 ID:aY/EX8O4
・不正を糺すこと、個々の次元でおかしな公共事業を無くすこと自体を否定する
 ものではありません。ただし、デフレ期に待遇を「低い方に合わせる」
 「リストラとアウトソースを推進する」のは非常に危険だと思うのです。

 まずは経済全体を上向かせること、一般労働者の各種福祉・福利厚生の向上を考える必要があ
 ると思うのですよ。みんなで仲良く貧乏になろう、ではまさに構造改革そのものじゃないですか?
 
その他、自分の言いたいことは>>452さんが代弁して下さっています。ドーマーの定理
に従うなら、一定の経済成長があれば赤字国債が多くても破綻はしないはずなのです。
プライマリー・バランスの過剰な追究はかえって実態経済を悪くし、悪循環にハマります。

486 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 08:38:55 ID:9hmR2B4V
公務員の常なる戦略は追従戦略といって真似だけすれば良いってもの
コレはスケールメリットが或るほうに有利になる、ただし日本では
 
追従戦略の乱用を防ぐ(でないと新規案件がまったく生まれない)には
政府機関を縮小しパーキンソン病を防がないといけない
 
と建前はあるけれど、元になってるのは松下さんに対して税金を取り過ぎた
国税庁が不満の元を作ってなんのフォローもしてないのが原因

487 :427:2005/04/27(水) 08:41:02 ID:aY/EX8O4
小泉・竹中と官界の人間たちが批判されるべきはこうした点においてでしょう。ところが
マスメディアは「財政再建・小さな政府は常に正しい」と思っているので、「改革は骨抜き」
「もっと緊縮汁」と言い張り、批判したつもりでさらに過剰に構造改革を求め続けているのです。

日本では、野党や左派にまでこういった人間がいるのが厄介で、そういった点では、民主党
の故石井紘基・落選した中村敦夫などは大変に危険な人物だったと感じます。

猪瀬などは、一方ではリフレ派(リフレ右派?)的な人間と仲良く勉強会を持ったりも
しているので、一般メディアで恐怖を煽るのは確信犯でやってると思います

488 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 08:45:22 ID:9hmR2B4V
新規案件に渇望し始めると、アフェアー(恐怖)によって事を動かそうとする
米国共和党やよく行う手法だね

489 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 08:58:33 ID:6mfncDU0
>>482
運転手の親が一番大変だと思う。

ところでJR西日本といえば前にもこんな事故を起こすなど問題だらけだったようですね。
http://www.tatsuya.dnsalias.com/column/column_2002-11-08.htm


490 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 09:15:43 ID:nJsttiB2
テレ朝「報ステ」21% 「N10」に視聴率“ダブルスコア”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050427-00000025-sph-ent

広瀬社長が巨人に“ゲキ”

 また、民放キー局に対する株買収への備えとして「株の持ち合いを含め
防衛策を固めた方がいい」と述べ、キー局が互いに安定株主となることで
買収しにくくする手法を提案。各社が役員派遣などはせずに、少量の株式
を持ち合えば十分だとの考えを示し「時期がくれば堂々と各社間で話し合
っていい」と語った。
(スポーツ報知) - 4月27日8時1分更新


日本には日本の企業文化があってやり方がある、失われた15年ですが、
やっとそれに気付きだしたというところでしょうか。


491 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 09:18:05 ID:9hmR2B4V
堀江に攻撃させて、実際はリーマンが買収予防のノウハウを売ってるだけ

492 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:00:23 ID:8EA4iXzp
最近、スレタイと関係のない話しばっかしてる気が。

493 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:12:17 ID:qA5rVwn4
西日本の会長、社長逃げたね。

494 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:23:40 ID:nNGuntQ8
>>490
他人に厳しく自分には甘い。
テロ朝らしいな。クズ。

495 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:24:52 ID:5fQ8xsHd
>>492
間接的に関係あるんだよ

496 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:29:15 ID:9g47ccnz
>>485
6000〜7000万人を350万人に合わせるにはGDPを
数倍に成長させる必要がありそうですね。

497 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:35:23 ID:nJsttiB2
>>485
私も同感です。その意味では師水会の連中は正しいと。
問題は、財政出動をする際に具体的どうすればどうよくなる、
また、財政を破綻させないようにするにはどうやったらよいか、といった
具体的な数値を国民に示せるかどうかだと思います。
それさえできれば、公共事業も構造改革も手段でしかないとアピールでき
今の幻想を打ち払えると思うのですが。

498 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 10:39:07 ID:9g47ccnz
スレタイの893と小泉構造改革は何か関係が?

499 :闇の声:2005/04/27(水) 11:21:08 ID:hxHEr0td
この事故で、乗務員の過失は確かに責任問題であるけれども、あくまで
業務上過失致傷であり、故意ではないと思われるから個人攻撃はするべきではない
そのモラルは守られなければならない
その博士が言っていたけれども、かつて山陽電鉄で事故が起きたときに
当該列車の車掌が過失がないにも関わらず、後日飛び込み自殺をした
事故は運転士の思いこみによる信号無視であったのに、その事故を阻止出来なかったのは
自分の責任として自ら命を絶つに至った・・・
さほど、乗務員の責任は精神的にも重いのであるけれども、同時に彼は
ぞっとする場面にも出くわしたという
彼はその時に、経営陣に具申できる立場にあったしそれをしようかとも思った
しかし、それをする事でこの乗務員はおそらく降格されてしまい、酷い場合には
職も失う
それが良いのか、悪いのかと考えて具申はしなかったそうだ
しかも、彼が言うのにはその運転士がしていた行為は直接事故に繋がるとも繋がらないとも思えないし
能力と言うよりも資質に属する問題点だけに、言ってどうなる物でないと言う難しさがあるという
何をしていたのか・・・単に、車掌とおしゃべりをして手放し運転をしていた
ぼさぼさの長髪で、それで前が見えるのかという程の長さであり、本来被るべき制帽は
布きれというか、するめの様になったのがブレ−キハンドルと制御器の
間に挟めてあった
しかし、今に至るまでここでは事故は起きていない
速度が遅いし、列車ダイヤも込み入っていないから事故に繋がる要素は少ないけれども
それでも可能性は否定できない
事故原因を資質に持っていくのはやむを得ないとしても、それが全てではない
むしろ、その資質の欠点を発見できないこと、その資質を野放しにしたことにも
焦点は当てられるべきである、と彼は言っていたね

500 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 11:45:10 ID:6mfncDU0
>>499
関連でこういう話もあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050427/mng_____tokuho__000.shtml
>今回の事故について、自殺した運転士の父親は訴える。「背景には職場の余裕のなさがある
>のではないか。これを運転士個人の責任に帰したり、『再発させません』という精神論だけで終わらせてはいけない」
これに同意ですね。

501 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:13:50 ID:EimzcU7A
>>499
テロの可能性はありますか?


502 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:19:39 ID:nJsttiB2
>>500
これを読むと何かいろいろな事情がありそうですね。

503 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:00:58 ID:9hmR2B4V
なんか、片や仕様書を片目にコーディング(プログラム打ち込み)やってる人が居るかと
思えば、片やヘッドフォンをしながら鼻歌まじりでガシガシコーディングやってる人がいる
かのような話だ。熟練工の扱いはどこでも様々だし。

504 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:36:15 ID:VWq1Xv3D
債権者やってます。
私の仕事は、競売申立書の作成。
たまに物件の鑑定書の中に持ち主の顔写真入ってたりして、結構「うっ」ときます。
払えない時は、家を売るとルールでの融資ですが、「奥さんとが子供が自殺、お客さん本人も
事故で片足切断」とか、「奥さんが末期がん」とか、本当にどうにか待ってあげられないのか?
って思うような債権ばかりです。
たまーにお客さんのデーターを見て、「ああ、ほんと、どうにかならないかな〜」
と悲しくなってると、自分も憑依されることあります。

先日も夜寝ているといきなりの金縛りにあいました。もう、苦しくて苦しくて・・ふと、暗闇に目を凝らす(目玉だけは、動いた)と、
5〜6歳くらいの男の子が部屋の中をぐるぐる走り回っているんです。
そのうち、廊下の方から、長い髪を一つに束ねた、紺地に白の花の模様がある浴衣を着た、30歳台くらいの女の人がいて、
その男の子を手招きしているんです。
そして、男の子は、「おかあさん!」と、言ったかと思うと、そのおかあさんらしき人は、
男の子に「もうこの家は、あなたのおうちでは、ないのよ。さあ、行きましょう」と
言いながら、廊下の突き当たりへ向っていき、壁の中にその親子は、吸い込まれるようにいなくなってしまったんです。
その途端、金縛りは、解け、身体が自由になりました。
・・・怖いというより、なぜか、とっても悲しくなりました。
本当に、競売とかが少なくなってくれたらなぁ。。。日本の景気が回復して
借金苦で自殺する人が少しでも減ったらなぁ。
小泉と竹中のせいで本当にひどいことなってしまった


505 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:17:41 ID:FB5r+SA8
>>504

債権者も大変ですが、ご自身の心労も考えた方が良いかと。
余計なお世話かと思いますが…。
本来なら国に向くべき怨念なんですよね。

国の政策のツケをいかに被らないで生きていくか、日本で健康に
暮らすならそういう自己防衛の意識までも必要になってきたんでしょうか。


506 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:21:43 ID:FB5r+SA8
>>505

寝ぼけてました。債権者じゃなくて債権回収される側ですね。
なんかやりきれなくて確認もせずつい書いちゃいました…。

507 :闇の声:2005/04/27(水) 16:37:27 ID:t3rIdXWL
幾つかの話しが入ってきて、それを書くことにする
まず、その博士の話で・・・最初、何処の鉄道と書く気はなかったけれども
彼は敢えて書く方が良いという
あの時点と違い、彼は引退しているから具申も何も出来ない
キチガイ爺の戯言としか受け取ってくれないだろうが、乗務態度は全く良くなっていない
しかも、今はワンマンだ
運転士に異常行動があっても、だれもそれを止めることは出来ない
上毛電気鉄道の話しで、駅名は忘れたが前橋から赤城に向かって走る電車で
行き違い設備を持つ駅で、ポイントに制限を越える速度で進入したと思われるという
”ゴン”と言う感じで電車がポイント通過したので、相当なストレスを線路に与えたなと瞬時に感じたそうだ
しかも、その先はすぐ川でありポイントを突き破れば川に転落という形だった
運転士はお話に夢中で、車掌も気にする風はない
しかも、ブレ−キハンドルから手を放している状態で椅子に座らずに寄っかかる形で
立っていたという

ところで、前に中央線のダイヤトラブルを書いたけれども彼が指摘するのは、現場と
指令・・・それも、中央の末端現場に対するぞんざいな態度だという
彼の所に、現場にいた担当者が後日訪れてきて様々な話しをして帰った
その中で驚いたのは、中央の末端に対する認識の無さとシステムトラブルに対する
”内向き”の対処だという


508 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:43:38 ID:jzz8UjGQ
私は自分でハンドルを握っててもハンドルを取られそうに成ったように思う(暗喩
モーターサイクルぐらいだ、傾いてでもハンドル操作ができるのは
 
困った事に話かけて来て困るのが母親や家族であるのも事実

509 :闇の声:2005/04/27(水) 17:17:02 ID:t3rIdXWL
何をするに関しても、中央指令と言っても現場の延長線だ
彼が指摘するのは、そのもっと上・・・の存在だ
中央線事故の場合、システム破綻の回避に当たったセクションは、トラブルが何故起きて
”そのシステムの復旧”だけを考えた
つまり、上層部にとって現場で乗客が騒ぎ、駅員や乗務員の対応だけではもはや収められない
状況だったにもかかわらずそのシステムの復旧だけを考えた
何故、そうなったのか・・・
理由は簡単だよ
上層部はシステムエンジニアだけと話しをしたからだ
現場でどんなに成っているのかは、現場が対処するべき事であり
”もっと上質の仕事をしている我々”が関与するべきではないと言う風潮が
どんどん醸成されていったのが事実だと言う

救い様が無いなと思ったのは、お客に問いつめられた乗務員や駅員の声を
うるさいからと言って聞かないで仕事をしていた連中が如何に多いかであり、
指令から現場に対する答えは、今システム復旧をしているからそれまでは現場で
対処しろと言う事だけだったと言う
今回の事故・・・確かに乗務員の責任は重いのだが、それに収斂させることは絶対に出来ない
管理する手法や技術、机上計算だけで全て満足してしまう、現場を知らない技術者と
それを猫可愛がりする経営者達・・・
現場からの声は、一切上には届かない
現場意識というか、自分達だけで考えることが相応しい経営手法とでも思っているのか・・・
当事者意識は全く無いと言って良いと考えられる

それどころか、彼の言うのには逆に現場を徹底的に管理し、コミュニケ−ションを
一方通行にさせることが管理には必須であり、情実を交えない計数のみですべてを
考えていこうと言う若手がどんどん増えてきているという

510 :闇の声:2005/04/27(水) 17:30:00 ID:t3rIdXWL
実はこの風潮、その債権管理者が書いているとおり小泉構造改革の成果と言って
良いと思う
そもそも、小泉も竹中もこの種の人間だからだ
小泉の話を聞くと、彼は頭の中のイマジネ−ションだけで行動する人物であり
そのイマジネ−ションは言葉に置き換えることが不可能なのだそうだ
これが、コミュニケ−ションできない理由なのだけれども、彼は異常に興奮しやすく
その興奮状態になると誰も言葉を挟めなくなるそうだ
彼が何故オペラやクラシックを好むのかというと、彼がやりたいのは指揮者でありテナ−であり
何時でも真ん中に立って批判されない絶対的な存在・・・それを見て、自分に置き換えて精神的高揚を
楽しむのだという
竹中は、様々な話で明らかになっているように彼のロジックは自分自身を酔わせるためにある
彼は、様々な場面で色々つつかれて答えることが、彼にとっての快感なのだ
話を聞いているようで、実は全く聞いていない
彼にとって、他人とは自分を引き立てるためだけの存在であり、彼自身のアイデンテティは
喋って答える恰好の良さである
つまりは、限りなく内向きなこの二人がやってる改革だから、人のことなんか考えちゃいないというのが
本当のところだね
ところが・・・その改革が隙間だらけだから、その隙間を縫って利権争いが行われている
そのおこぼれに預かっているのが、森であり飯島なのだ
森にせよ、飯島にせよこの二人にパフォ−マンスをさせておけばどんどん色々な物が
転げ込んでくるのは判っている
だから、喋らせるだけ喋らせて、その代わり大事なところは全て裏で決めてしまう

何故、小泉は山拓を寵愛するのか・・・
この山拓、男性として魅力なんか全くない
歯は細かくて、おまけに虫歯だらけで黄色く汚れている
何を食べているのか、やたら口臭がひどい
自分は好かれると勘違いをしているようで、何処でも臆面もなく顔を覗かせる
小泉にとっては恰好の引き立て役なのだ
それだけのことだ


511 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 17:31:06 ID:jzz8UjGQ
タクシーの運転手はうまい事を求められる
F1のパイロットは速い事を求められる
 
どちらも早さだけど、まったく違う

512 :闇の声:2005/04/27(水) 17:53:37 ID:t3rIdXWL
ところで、闇金の形がどんどん変わってきている
さらに、この闇金業界にどんどんチ−マ−が入ってきて、携帯の利便性と
機動性を駆使して凄まじい利益を上げている
警察は、自分達の利権を確保するために検挙したいのだが、検挙する前に彼らは会社の名前も
携帯番号も変えてしまうから捕まえようもない
警察にとって、自分達が金を借りられて小遣いもせしめられる闇金は大のお友達だ
摘発するよと言えば、札束が転がり込む
ポ−ズだけ取って、何人かが手錠を掛けられるがそれも取引がされて
その組織のNo.2が代わりにアタマを採るだけの話しだ
そして警察には謝罪金と手数料が転がり込む
しかし、その額は半端じゃないしチ−マ−にしてみれば「あんなクズ集団に
なんで金を取られるのか・・・」と言う感覚しかない
自分達は捕まらないから、勝手にやってみせると息巻くので少し渡してやらせてみたら
これが大変な勢いで、大きな収益源になってきている
しかも、パソコンや携帯に詳しいためにオレオレ詐欺などの手法もどんどん創り出してくれる
二人か三人で、残酷極まりない「追い込み」もやってのける
ある組織のトップは、完全に代替わりしたときに闇の世界は30歳代前半の
恐ろしく素早く、賢い連中が仕切るようになるだろうと言っていた
しかも、この連中かなりの武闘派揃いで、警察と事を構えるのを恐れていない
何となれば、面が割れていない手下を何名も抱えているから、自分が危なくなれば
その警官のプライベ−トな面を襲わせるだけの事だ

何故、こうなってきたのか・・・
債券市場の形が変わり、構造改革の成果で情け容赦なく剥がした債権を
市場で売りさばくようになって、その結果貸し金商売がやりにくくなってきたからだ
さらに、簡単に貸さなくなってきたからこれら少額高利の闇金依存者が急増している
つまり、市場で売りさばかれる前に取れるものは取ってしまえと言う構えに成りつつある
人権なんか糞食らえで、官民総出でハゲタカをやっている
チ−マ−の闇金も、その機動隊みたいな物だよ
ここまで落ちてきていることに、誰しも気が付く必要がある
このままで行けば、本当に社会不安は凄いことになると思う

513 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:02:13 ID:jzz8UjGQ
私が協力できる事は何も無い事はよくわかりました
 
セルは木の細胞です

514 :427:2005/04/27(水) 18:04:13 ID:7ESnjR1w
>>486
松下幸之助が「無税国家論」(小さな政府で無税社会を)にハマったのは、国税当局
への恨みからなんですね。その理想を実現させるために松下政経塾を作った。
その幸之助は、かつて「世界を考える京都座会」というブレーン組織を持っていました。
ttp://panasonic.co.jp/company/person/life/cl_0158.html

もう亡くなった人もいますが、これらの人々(天谷直弘、飯田経夫、石井威望、牛尾治朗、
加藤寛、高坂正堯、斎藤精一郎、堺屋太一、広中平祐、山本七平、渡部昇一)が土光
臨調や臨教審、その他各種審議会やメディアに影響力を行使してきたわけなんです。

例えばサンプロでは、高坂正堯は番組開始当初から亡くなる直前までずっとレギュラーでしたね。
あの番組は竹中が出てくる前から、とっくに構造改革(行政改革)派に完オチですよ。
構造改革の源流は幸之助グループや土光の行政改革ですから。

515 :427:2005/04/27(水) 18:06:53 ID:7ESnjR1w
>>488
中央官僚が煽る行政改革(「財政再建」「小さな政府」「官から民へ」)こそが、彼ら
の新規案件なんだと思うんですよ。彼ら本人は善意だと思います。いっけんいいこと尽くめ
(個別では評価できる案件もあるが)なので、市民派・左派とも結びつくわけです。

>>497
ただ、そういう論者がメディアに全く出られないということはないのですが、メインを
張るのは行政改革→構造改革系の人脈なんですよね。いまの2ちゃんみたいなもので、構造改革
批判派よりも、構造改革派や「骨抜きは許さない」と詰め寄るシバキ派の方が圧倒的に強い。

もう延々と、ブレーキとアクセルを同時に踏むがごとき状況が続いているようなもの
ですから、ここでアクセルに踏みかえなくてはまずい。
本来は内閣がそのコンセンサスを作らなくてはいけないのですが・・・。それと、規制緩和
や公的セクターの縮小・官業の民間開放(アウトソース)への期待も強過ぎますね。

516 :427:2005/04/27(水) 18:09:08 ID:7ESnjR1w
>>510
小泉は慢性的な緊張体質で躁うつ気質なのかな? そういう人間は常時、心身の緊張が
強く(ある意味では集中力がオーバーランしている状態)精神が高ぶりやすい。
集中力(緊張感)が高まり過ぎて他人の話を聞けないし、ペーパーを読んだりといった勉強も
苦手になる。映画や観劇はその緊張を鑑賞に振り向けることができるので好き。
躁的な高揚感が巧く作用すればいい演説やトークもできる。周囲はそこに騙される。

ある意味では天性のパフォーマーとも言え、TV時代ならではの政治家だったのでしょう。

小泉・竹中改革について言えば、上記に挙げた改革派の人々が担ぎやすい御輿だった、と
いうことに尽きると感じます。「骨抜きシバキ」派は、この2人を追及することでかえって高
揚状態に追い込んでいるとしか思えません。売り言葉に買い言葉です。

517 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:13:30 ID:jzz8UjGQ
パルス兵器や電気睡眠で一寸だけバランスが崩れただけ
というか彼らの手法はそれを防げば後はなにも無いな

518 :闇の声:2005/04/27(水) 18:19:32 ID:t3rIdXWL
>>514
所得税に対する経営者の恨みは、それは凄い物があるし、日本の所得税制度は
たとえばチャリティでさえ所得にカウントしてそこから税収を得ようとする
参考までに、チャリティ問題に噛みついた人物に対して国税当局は税の公平性を理由に、自分達のロジックに
酔いしれていたそうだ(相手は呆れかえって言葉無く見ていた)
構造改革自体の考え方は、否定せるものではない・・・が、そのプロセスで
人間その物に対する考察が抜け落ちていると思うし、同時にその構造改革をきちんと検証し
選挙に反映させる組織が全くない
簡単に言えば、猪瀬直樹は閣僚や政治家に物が言える
しかし、一般庶民はどんなに疑問を持っても為政者や小泉の好きな委員会や審議会メンバ−に
物を言う機会が全くない
さらに、タウンミ−ティングと言ってもそれは既に決まった事へのお粗末な説明会に過ぎず
庶民の考えは全く反映されていない
松下政経塾とは、自分が思うのに設立の主旨とは裏腹に偏った当事者能力のないエリ−トを
作りだしただけだったと思う
この、当事者意識と能力の無さにつけ込んだのが官僚と言える
本来、行政改革などの困難な問題は本業片手にやれる話しではないのだが、その経験を活かせと言うのか
にぎにぎしくメンバ−を決めた
しかし、レジメも指針も官僚の作った物であってオリジナリティのある物を作る時間も能力もなかったと思う

自分は、不勉強なので小さな国家が良いのか、大きな国家が良いのかそれは判らないが
カネの問題が一番大きいと考えているし、税制の見直しと国家ビジョンをきちんと策定することこそ
基礎だと思っている
それもないままに、個々の組織の有り様だけをモザイク状にしてみても
機能するか判ったものじゃないし、それが却って新たな利権と規制を産み、活力をそぎ取っている気がする
何よりも、人間の生活その物を向上させないと、このまま社会不安を増大させれば
どんなことをやってもその効果は出てこない気がするし、第一消費が増えないから
景気も良くならないよ

519 :闇の声:2005/04/27(水) 18:23:42 ID:t3rIdXWL
何よりも・・・
投票率の低さが、委員会や審議会政治をやりやすくするし
パフォ−マンスをやりやすくさせる
浅薄に見えようが、それを見抜こうとしないからだ
投票率が上がれば、自然とどっちが良いのかという議論になるだろうと言うのは
浅はかな期待かな?

520 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:34:09 ID:jzz8UjGQ
>情実を交えない計数のみですべてを
ネットワークで集計ができるように成ると、前日にコーラを配った人間にだけ
投票が集まって、なんら実態にそぐわない結果に成る事が多い
 
昔の日本が、これも通り越して”情実”とやらでバランスを取ってた事は確かだ
今後日本が世界にも提示できるものはコレだろう

521 :427:2005/04/27(水) 18:34:23 ID:pX3SR4QG
>>518
>しかし、一般庶民はどんなに疑問を持っても為政者や小泉の好きな委員会や審議会メンバ−に
>物を言う機会が全くない

というか、一般庶民自体が「骨抜きシバキ」派だったりすることもある。右派でも日本
○年会議所などは、土光時代から延々と行革に期待し続けている。
あの組織は中小零細の経営者が多いので、「改革」のお陰でかえって苦しくなっているはずなのに。

新聞の投稿欄を見ると、「生活や仕事が苦しい、苦しい」と言っている人が、一方では
「緊縮財政と規制緩和」を求めていることすら珍しくない。
オンブスマンや左派を全否定する訳ではないが、彼らもまた、目先の公共事業や不正を
止めることにばかり精一杯で、大きな視点を持てずにいる。

神戸空港やダムの賛否については自分もよく分からない部分があるけれども、こう
した人々が田中康夫を生んだ訳なのだ・・・。

522 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:07:01 ID:d7gKVC/F
新幹線以外は線路にオービスがついていて、運転手が切符を切られる
へんな世界だ

523 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:15:27 ID:gFLoD81f
>>521
田中知事が就任した当時、長野県は数年のうちに財政再建団体転落の
可能性が高かったようですが、どうすれば良かったと思われますか?

524 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:57:33 ID:FB5r+SA8
>>521

>「緊縮財政と規制緩和」を求めている

規制緩和はわかる。
しかしどうも不勉強な自分にはわからないんだが、では財源はどこから
出すのか、国債など財政再建を世界から求められている中で「国の借金」
をどの程度まで増やしても返済していけるのか、聞きたい。

新規事業や雇用を創出できる公共投資であるなら意味があると思うが
今までを見る限り、財政再建が困難になるだけだと思うのだが。



525 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 20:52:27 ID:miROgpt2
まあ国が金を入れりゃどうにかなるというのが失敗だったのだから、しばらくはその意見は相手にされんわな。
せめて不正や不合理なのは強硬に排除するなどの様な分かりやすい策も込みで出さんと。
国民の政・官への不信感は凄いのだから、最早理屈だけでどうこうなんかできんよ。
財政出動派はそこが決定的に欠けている気がする。
理屈は凄いのかも知れんが、人を動かすものが無いというか。

526 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 20:52:56 ID:I0kvYq5G
国の借金を増やして公共投資をやっても結局インフレという形でその支払いを国民がすることになる。
いちばん得するのは公共投資に関わる業者や政治家や役人。これでは不公平感が募るばかり。
公平性とか、その公共事業の必要性、優先順位、経済効果等、その公共事業が行われるべきかどうかという
客観的な審査基準のようなものが作られて、うまく運用されるだろうという信頼性みたいなものがないと。
でも今の政治家だと、国民がそういうことを期待することはとてもできそうにない。



527 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 21:11:18 ID:s7My++5J
投票率が上がるということはほぼないだろうね、これは俺の分析だけど。
郵政民営化で造反が出て、選挙になっても自公が勝つだろうね。
もう政治に対して関心を持つ人もほとんどいないだろうね。
今回の補欠選挙も順当な結果と言えるんじゃないかな。

528 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 21:17:52 ID:IASjyDns
経済規模を拡大するための公共事業が、一見波及効果を生んでるように
見えて実際には効果が薄く、部材、精神面で結果として戦争しか無くなって
しまう、これが歴史でしたよね

529 :427:2005/04/27(水) 21:59:32 ID:AVWWcJcv
>>523
これは自分も経済に詳しい方にお聞きしたいのだが、経済再建団体に陥ることを恐れる
余り、縮小均衡路線を取るのはやはりまずいのではないでしょうか?
ましてや、現在は多くの自治体が「公共事業削減+公務員給与カット」を打ち出していますが、これは
デフレしかもたらさない(実態経済下では、公務員に連動して民間労働者も待遇悪化)のでは? 

中央政府がデフレ脱却路線を取る→日本国全体で経済を底上げ→恵まれない地方に再分配

というスタンダードな方向しかないようにも思うのだけれど?

530 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:10:23 ID:IASjyDns
郵政民営化でろくでもないバブルがまた発生する

531 :427:2005/04/27(水) 22:12:52 ID:AVWWcJcv
>>524 >>526
赤字国債の問題については、ドーマーの定理に従ってくださいとしか言えません。
財政再建については、極端な緊縮+増税を求めるIMFなどの提案は不可解ですね。
心頭滅却すれば火もまた涼し?
それと、公共事業の評価については、上で紹介されている方もいらっしゃるように、
いちおうはそういうシステムも整いつつあるはずです。

>>525
>国民の政・官への不信感は凄いのだから、最早理屈だけでどうこうなんかできんよ。

そもそもその「不信感」自体が、中央官界の小さな政府論者のマッチポンプであるように
思えてならないんですよ。>>484 

>>528
これは自分も不勉強なので逆にお伺いしたのですが、ではいかにすればデフレギャップを
解消でき、さらに効果的に乗数効果を引き出せるのでしょうか?
もちろん、他に方法があればそれをやればいいと思いますが、戦争は極論では?

532 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:26:57 ID:IASjyDns
>>531
確かに戦争は極論
 
では戦争が無いとき(ようするにクリントンとか)はどうしたかと言うと
お金の価値をずらしたわけですよね、独特の手法か査定かははっきりしないけど
 
世の中に流通するお金の数とその引き当てと成る資産のバランスの問題
で、今はこのバランスが崩された、なぜかと言うと中国が居るから

533 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:41:24 ID:CCZmjlzD
IMFなどの提案に従って痛い目みたのがアルゼンチン。

534 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:44:46 ID:ZQy0LHNv
なんか今回のJRの問題を見てもそうだが、日本中が、硬直した官僚主
義国家になりつつあるように思える。大きな責任と権限を持つ立場に
いながら、現場の実情を知らないどころか見ようともしない。

535 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:47:21 ID:nXyzQr5d
>>519>>527
これは多くの人が言ってるんだけど一票の格差を是正すべきでしょう。
それだけでもかなり変わると思いますよ。


536 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:57:51 ID:nXyzQr5d
http://www.asahi.com/politics/update/0427/005.html
ってかこれってどうなの?


537 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:03:45 ID:isa1W5C5
>>529
まずいと言う以前に、財政再建団体になったら強制で縮小路線が
義務付けられます。
それは現在の長野県どころの比ではないでしょうね。

538 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:09:45 ID:miROgpt2
>>531
報道のやり方も問題があるだろうが、実際に公務員に横領を始めとする問題が多発しているのは事実。
役所側から処分したという報告が公的に出ている事から分かる。
そしてそれらが軽い処分で済み、刑事罰になかなか問われないことも。
金盗んで注意で終わるってのはやはり駄目だろう。
何より、民間で給与は下がり負担は増加するという現状では、その手の話には敏感になっていく。

もし何らかの意図があったとしても、実際に問題がある以上は陰謀論を出しても信頼回復になどならん。
本気で財政支出を増やす気なら、一円でも横領したら懲戒免職かつ懲役刑くらいは提案かつ実行しないと。
不信の払拭は目に見えるようにしなければ有効でないと思う。

539 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:15:06 ID:IASjyDns
共和党は分断しかしないな

540 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:19:08 ID:isa1W5C5
>>536
是非はともかくとして有名な話ではあるようですな。

541 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:36:04 ID:6+m829wP
闇の声、今回の補欠選挙特に福岡地区はどうだったか?民主は普通に屋ってりゃ
勝てる確率が非常に高かったが在日候補だったろ、いわば変態vs在日を選べってもん
だったよな。こんだけ反韓が強まってる時期にそりゃないわな。それ立てたの小沢一派
っていうし、民主ってもうだめか?センス無さ杉と感じるが。

542 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:39:36 ID:nXyzQr5d
>>541
余りにもタマが悪すぎた。
しかもペパーダイン事件で有権者が白けまくってるのに事件の謝罪をせずに政権交代云々を訴えたから余計白けた。
これが敗因。

543 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:57:16 ID:zR9ajL9b
 地方政府のデフレ下の行動に関しては、通貨発行権が無いから、
施策は限定されますね。
 要するに一般企業と同じ=果てしなきリストラにならざるを得ない。

544 :427:2005/04/28(木) 00:08:10 ID:hLZAinhN
>>537 >>543
中央と地方の財政のバランスについては自分もよくわからない所があるのだが、結局は、
日本経済全体の底上げ→地方にも波及 という常道しかないのかな? 
最近の地方分権は、分権するから自力で頑張ってよ。という方向に進みつつあるようにも見えて気懸かり。
バラ撒きと揶揄されるが、やはり再分配は必要ですよ。

>>538
そうは言うけど、最近は厳しくなってると思うよ。ただ世間には、「公的セクターの歳出
を抑制し、あるいはセクターそのものを縮小・アウトソースすれば、民が上向く」とい
う錯覚があるように感じる。客観的に考えると何の根拠もないのだが。

545 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:26:31 ID:bnSvUy2O
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

民と主というものは
       民 ( ゚д゚)  主
       \/| y |\/

合わさると何故か売国になるんだ。

        ( ゚д゚) 売国
        (\/\/


        ( ゚д゚)、ペッ
        (| y |)
               民主党


546 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:34:48 ID:SxzZ0VHq
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

自と民というものは
       自 ( ゚д゚)  民
       \/| y |\/

合わさると何故か売国になるんだ。

        ( ゚д゚) 売国
        (\/\/


        ( ゚д゚)、ペッ
        (| y |)
               自民党



547 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:35:23 ID:45/QCvw/



最近はどこでも、末端社員の意見などだれも
聞こうとしない。
力のない軍隊だ!

548 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:36:15 ID:rdgKezKd
まぁ、あまり大きな視点を持ちすぎると、足元が見えなくなったりもしますね。

549 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:53:39 ID:J5iNnqwB
>>544
いや、まだまだ甘いよ。
これで厳しいという感覚なら一般人をやっぱ説得できないだろうな。
億単位の金を盗んで懲戒免職も無し、刑事罰も無しじゃ話にならんよ。

そして不信があるのにそんな事を言っても受け入れられない。いくら理屈が正しかろうと。
ああ、また理屈を悪用して自分らが稼ごうとしてるだけだろうと思われる。

最終的にそのように主張する政治家に票が入らないと意味が無いのだから、有権者が不信を持っているというなら
不信を排除する案も並列で出さないと。
現に政治的な面と絡んでしまっている以上は、経済政策だけでどうこうは現実的じゃないべ。

550 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 01:53:42 ID:fwyeZsMX
>>541
小沢一郎は選挙に勝ったためしがないのだが、
なぜか小沢「選挙強い」伝説がマスコミにある。不思議。

市民派のポーズをとっている田中康夫は小沢別働隊として
アンチ小沢派の枝野を叩くといった意味不明な行動をしている。
不思議。

補選をしきったのは小沢一郎だと言うのに、「代表を交代するべきだ」
という小沢の声が、たとえば習慣新潮で取り上げられている。不思議。

551 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:45:02 ID:agmZW2fV
福岡は、勲章までもらった引退した元幹事長がしゃしゃりでてw

552 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:34:26 ID:uKPd24xP
奴隷制度で最悪なのは、アリストテレスも述べているように、奴隷がその立場を
好んでしまうことである。奴隷がその立場に甘んじ、さらには主人に迎合し始める。
これは白人を主人とする黒人奴隷になぞらえてアンクル・トム症候群と呼ばれるが、
日本の場合はアンクル・サム(米国)症候群なのであろうか?


553 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:44:24 ID:WKZ3m9su
反韓反中のムードが高まると何故か事件・事故が起こって
マスコミがそれ一色となって反韓反中を消しさるような気がする。

554 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:56:00 ID:km4MSj5u
>>552
毎回電波銃で狙撃されててそれはありませんよ


555 :闇の声:2005/04/28(木) 12:19:29 ID:7QPIfxfr
>>427
自分が思うのに、行革その物は有意義だったのだが、それがあまりに大仰で
経済環境の激変についていけなかった事、さらにその旗振り役が実際には官僚であり
ハコの中味を変えずに並び方を変えた程度で済ませている現実があると思う
さらに、忘れてならないと思うのは民間活力がバブル以後急速に落ちていき、空洞化が進んでいる今は
草の根起業家というか、即座に雇用と市場をもたらせるようなそう言った投資も
起業も無くなっている現状だと思う
政府・・・特に竹中の様なフロ−もストックもめちゃくちゃに考えて、本来ストックであるはずの
郵貯をフロ−に回そうとする連中にしてみれば民間にこれだけカネがあるよと言う事なんだろう
しかし、それはフロ−に回せない・・・経済を信用できないからストックしているカネなのであり
そのカネを投資に回しても、それだけの需要がないからマネ−ゲ−ムだけの賑わいとなる
デフレギャップの解消が一番大事とは思うが、経済その物に対する信用度がますます下がっているのが現状だと思う
その為に、低利率の預金しかあてにならないしその利息に課税したところで
大した税収には成らない
これは、言うまでもなく徴収する部署と予算案作成の部署が異なるから、実状を踏まえての
予算作りなんか全く不可能であるし、お互いに非難と馴れ合いの中で仕事をしていて
生きたデ−タなんか見ようとしない
竹中というのは、競馬の予想屋と同じで当たるか、外れたら何と言い訳するかしか
アタマの中にない
数字を作り上げればそれでよいのであって、予想屋の看板で金を集めている

自分の思うのに、少子高齢化現象の影響を少なく見積もりすぎていると思う
本当に加速度的に高齢化が進むのはこれからが本番で、今はその前段でさえ
これだけ活力が削がれてしまっている
グランドデザインから経済分析を行えないから、その時々だけの情勢を語るけれども
実際には長期低落の入り口にあるから、少子化対策をどうして・・・それもグランドデザインの中での
少子化対策だけれども、それを立案して大胆な理想国家像を見せなければ経済は
信用されないだろう
その意味でも、郵政民営化には反対だね


556 :闇の声:2005/04/28(木) 12:32:19 ID:7QPIfxfr
公共投資はやはり必要だと思う
このまま、地方が寂れていけば活力は加速度的に失われていくと思う
数字以上の、マインド的な物は侮れない
しかも問題なのは、そこで生活している人々はいるわけで、福祉は切りつめることは出来ない
結果、今は長寿社会だけに出費を抑えることは難しくなる
いつの間にか、郵政に隠れてしまったけれども地方交付税などの問題は依然残っているわけで、
結局は数字合わせの中で、いい加減な形で地方分権というか切り捨ては行われそうだ
日本という国を一枚のバランスシ−トで語ろうとするのがどだい無理だ

政治家が現場を見ないで、官僚の言う事をそのまま聞くから官僚の作った無駄だらけの予算が通ってしまう
しかも、与党議員は各選挙区を支えている県連や後援会に頭が上がらないから、結局その地方が抱えている
問題点を隠す方には回るが様々な議論を集約することには無関心だ
それだけ、県議や市議たちの利権が少なくなるからだ
これだけNPOが出てきているのだから、県議や市議たちの活動状況をネットで知らせるだけでも
覚醒の手段にはなると思う
情報を公開して、それに対する関心を持つこととアイデアを出し合うこと
それが大事だと思う
そうなれば自然と投票率は上がるから、宗教政党がカギを握る事態は避けられると思う

557 :闇の声:2005/04/28(木) 12:50:44 ID:7QPIfxfr
そのデフレギャップだけれども、公共投資をやってもさほど効果はないだろうし
金融機関は貸し出しをしない方向で、貸し付けている先から利息として今以上に
どれだけ絞れるかを考えているに過ぎない
もともと、金融改革とは金融機関に対する竹中一派の介入に終わったわけで、
その竹中・・・銀行のカネを”鉄火場”に送り込むのに熱心だ
だから、景気はこれから良くなるから安心して証券や債券市場にどんどん金を入れてくれを
連呼している
自分は、やはり小口融資の大幅緩和を進めて、ある程度中小企業を延命させてその中で
何か生き残る手段を見つけて貰うのか、欲を言えば新製品や新システムを開発して貰えれば
それがベストと思う
何よりも、ささやかな安心感が必要なのだ
それと、地域内通貨制度を上手く利用して、ニ−ト達を少しでも社会参加させないと
消費が拡大してこない
同時に、小規模小売店に対する信金などの融資も、積極的に行うこと
地元で取れた野菜を、地元で流通させればそれこそ食糧安保の一環にも成る
そのサイクルが切れているのが今の日本で、中国から野菜が入ってこなくなったら
確か、葱と大根ぐらいじゃなかったか・・・自給できるのは
日本的経営ならぬ、日本的価値観の温存が大事だったのではないか、と自分は思っている
その意味では、亀井の言うシャッタ−商店街は大事だね
もっとも、それなりに経営努力は必要だが・・・

558 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:16:06 ID:km4MSj5u
なんでも有りなら
 
あんな曲がれないカーブは無くした方がいい

559 :闇の声:2005/04/28(木) 13:18:15 ID:7QPIfxfr
ところで、事故のことが気になって件の博士と以前○○総研で”能力開発”の
インストラクタ−を”指導”していた人物とで話し合ってみた
発言内容には責任は取れないけれども、幾つかの興味深いトピックスが浮かび上がったよ

闇:今回の事故に関して、お二方の率直な意見をお聞かせ願いたい
イ:日勤教育のことが云々されているけれども、人を追いつめるやり方が今日本では
当たり前になってしまっている
実数の把握がなかなか出来ないけれども、能力開発セミナ−の後で却って
やる気が失せたり、場合に依れば通院するなどの弊害もかなり出ている
技量不足と誤操作が直接の原因なのだろうけれども、判断・自己制御能力を低下させる何かが
あってこの様なことになったと思う
博:JR民営化の際に、役員など経営陣の人事を見ていると官僚達のお手盛りと
”ムラ”意識の中だけで考えたなと言う気がした
JR西とて同じ事で、経営陣に現場意識があったとはとても思えない
国鉄が分割される時に、実は各管理局で現場たたき上げでも優秀な人材を登用しよう、みんなで
現場意識を持って一体となって頑張ろうと言う気構えがあった
ところが、黒字化が進むとそれを経営陣だけの功績と考え始めて、より収益を上げるためにはどうするかなどの
方策を現場と隔絶されたところで考え始めた
何でも机上だけで考えた”集積”がこの事故と言えるのではないか?
闇:インストラクタ−氏は、その日勤教育のやり方に関して、何か言いたいことがあると言う事であるが・・・


560 :闇の声:2005/04/28(木) 13:20:31 ID:7QPIfxfr
イ:勿体ぶった言い方になりますが、行きすぎたQC活動信仰とさらにISO等の様々な資格や規格を
考えもしないで有り難がる風潮と、同時に人間を理解する上で誤った手法が罷り通っている
簡単に言えば、精神的ダメ−ジを与えてその人から反発心を完全に取り去ってしまう手法が
経営者にとって都合が良いので、それが定着してしまったのです
これは意外に思われるでしょうが、戦争が終わりナチスの残した物の中にユダヤ人を拷問して得た
逆の処方箋・・・つまり、人の破壊の仕方と言う物が膨大な量存在しています
隠れているユダヤ人やパルチザンの居場所を聞き出すために、拷問を加えるわけですが
薬物もガスも使わずに、精神的拷問だけで口を割らせる事に彼らは熱心でした
万が一、国際法廷で裁かれても肉体に証拠がなければ自殺と言う事になりますね
これらのデ−タは戦後、アメリカにも渡ったしドイツにも精神医学界に論文として残りましたが
そのエキスを巧く使って・・・つまり、人とは何なのか、何故ミスをするのか、そのミスを自分の悪さ加減として
理解させるにはどうしたら良いのかという生産性向上運動に活用され始めたのです
最初は、職場の自主性に任せていました
しかしだんだん、それを仕事の一部とする人種が増えてきて、バブル崩壊以後組織の形も変わったことがあって
変節してきたと言えます

561 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:24:19 ID:km4MSj5u
アメリカ人がうまいと思うのは、アメフトの選手のようにお互いを元気付け集中力を
高めさせる方法だ

562 :闇の声:2005/04/28(木) 13:37:22 ID:7QPIfxfr
QC活動や自己啓発活動の土台は、自分の悪さ加減を見つけてその原因が何であって
それをどうやって改善して、チェックして、回答とするかですが、その悪さ加減を見つけるところだけを
この何年か・・・5年ぐらいじゃないかと思いますが、極端にやる事業体が増えたのです
これらの事業体に共通するのは、経営陣の権力が絶対的であり、極めて少数であり、あらゆる情報が
この経営陣にしか集まらなくなっていること・・・ですね
本来で有れば、情報があり伝達があり、指示がありそれに対する回答がありというコミュニケ−ションが存在するのですが
今は現場と経営陣の間はメッセンジャ−の様な組織が介在しています
問題は、その組織が徐々に権限を持ち始めて、経営陣の肩代わりをするかの如く
振る舞い始めていることですね
この組織は、別働隊みたいな物で経営陣のリクエストに応えてやることを即座に変えていきますが、
最近目に付くのは、社内の情報統制と管理にこの組織を使っていることです
経営陣の要求がきつくなればなるほど、現場の不平不満は増幅しますが、その緩衝役をやる代わりに
権限を持ち始めているのです
この組織が、自己防衛と経営陣へのパフォ−マンスのために様々な自己開発や啓発運動を提案して
社外のコンサルタントと接触しています
そこで、この拷問まがいの手法を学び、管理統制のために導入しているのです
この事は、もちろん経営陣も知っていますし、手放しで喜んでいますよ

563 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:45:51 ID:GJSPnMPp
闇の声の文章が明らかに若くなってる件について

564 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:46:27 ID:km4MSj5u
かつての技術者が多数居た頃、あるメーカーの自動車は
エンジンが駄目だったが、その欠点を補うにあまりある車体(骨)で
その性能を十二分に発揮した
 
ゼロファイターと言われた飛行機の子孫さ

565 :闇の声:2005/04/28(木) 13:53:08 ID:7QPIfxfr
博:今回の乗務員は、心にトラウマを抱えていてそのトリガ−となる言葉が
有ったのではないかと思います
宝塚から様子がおかしかったと言う情報と、JR西が遅れに関して厳しい体制を
採っていることから想像すると、朝の段階で何かの言葉が心の中に残りそれがトリガ−となって
最初のミスを誘発する
そこで、完全にパニックになり誤操作をしたのではないかと思います
事故や事件に遭遇された人が、何かの要因でその事を思い出し、パニックになると言うのは
良く知られた話しですが、真面目な・・・そして律儀な人ほどそうなりやすいと言えますね
他人にとっては何て言うこともないのに、本人にしてみればトリガ−となってしまう・・・
かなりの重圧の中で、その言葉が発せられたらパニックになるのも不思議ではないです
報道の中での情報ですが、日勤教育が課せられていた時期が有った様ですが、その教育の中で
自分のアイデンテティが壊されるという恐怖感を植え付けていたら、これは深刻なことです
仕事に対する使命感と、責任感があり、仕事その物がアイデンテティであったら
仕事を失うというのは、自己否定ですからね・・・
パイロットが飛行機を降りると突然老け込んでしまう・・・家では居場所のない
ぐうたらオヤジが仕事場に行くと人間が変わってしまう・・・別人の様になるのは
良くある話しですが、仕事その物がアイデンテティで有れば不思議じゃありません
乗務員を弁護するわけでも、批判するわけでもないですが彼はそう言う種類の人間だったんじゃ
ないですかね・・・
そう言うタイプに、自己否定=仕事をさせないと脅すのはそこで死ねと言うのと同じですよ
人間に対する理解が為されない職場、と言うのは怖いですね

566 :新氏:2005/04/28(木) 13:54:03 ID:6Q7/Atix
米中央情報局(CIA)長官の諮問機関「国家情報会議」(NIC)は13日、2020年の世界情勢を展望した「地球の未来を描く」と題した報告書を公表し、同年までに中国のGNP(国民総生産)が
日本を超えるなど、中国とインドが世界の大国として台頭すると予測した。

 NICの未来予測はこれが3度目。各地専門家分析と先端IT技術を使った今回の予測では、中印両国の台頭ぶりを強調したのが際立った。報告書は、両国が「19世紀のドイツや20世紀
の米国のように新たな大国にのしあがり、地政学を一変させる」としたうえ、「21世紀は、中印に率いられたアジアの時代」になるとしている。
その原動力は経済成長で、2020年の時点で中国のGNPが米国に次ぎ、インドも欧州諸国に並ぶほどになると予測。技術開発の面でも「世界のリーダーになる位置につける」としている。
一方日本は、高齢化で経済回復が阻害されるおそれがあり、勢いを増す中国に「対抗するか追随するかの選択を迫られる」と予測。北朝鮮情勢は今後15年のある時点で山場を迎える可能が高いと分析している。
この間、世界経済の成長は「印象的」に続き、2000年から2020年までに80%成長するとした。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050114i112.htm

小日本はもうダメアルな(笑笑)


567 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:54:12 ID:km4MSj5u
感動として、勘当を教える事は失敗している
 
なぜなら飛行艇の迫力に前にあんなものは無いに等しい

568 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:07:07 ID:km4MSj5u
>>566
ジョージまた糞やってんの?
そのページ見つからないよ 
 
それともそれが葛原のしきたりなのですか

569 :闇の声:2005/04/28(木) 14:07:43 ID:7QPIfxfr
闇:これはJRだけに限った話しではないでしょう?
イ:新人教育にこれを取り入れて絶対服従と、情報統制と管理の徹底を
計る企業は増えていますね
”女王蜂教育”とでも言いますか、特別な才能の人物だけを厚遇して
あとは全て兵隊のままで一生を終えても会社にいられるだけありがたく思え・・・
それが経営陣の本音と言っても良い企業なんて、星の数ほど有りますね
大学生を壊すのは簡単ですよ
彼らは怒鳴られたり、アタマから否定された経験があまり無いから、いきなり
怒鳴りつけたり無視したりすることで却って優しくされることの快感を覚えるんですよ
飴と鞭の使い分けで、新人なんかは大人しく従順になります
逆らうような骨のある学生は、そこで辞めて自分で相応しいところを探しますね
そう言う人がやがて起業したり、新しいビジネスプランを見つけるのでしょうかね
リストラを楯にとって、次は自己啓発、改革でアイデンテティを壊してしまう
精神的な締め付けが、これほど効果のある物か・・・驚いてる経営陣は多いですね
結果、コンサル会社や何とか総研に莫大な謝礼が支払われてます
何のことはない、ナチスの残した精神分析の結果なんですがね
それが全てじゃないが、経営陣の自己防衛のためならば多少の手段を講じてもと言うのが
彼らの本音でしょ


570 :新氏:2005/04/28(木) 14:14:55 ID:6Q7/Atix
ジョージじゃねえよ、幸彦だ\\\\\\\\\\\\

571 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:18:10 ID:km4MSj5u
まあ、頭の中見てもなんも無いから諦めてくれ
私のような特殊な記憶参考にならんだろうし


572 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:54:28 ID:/gl1g2S+
>>568
>566じゃないが、読売は一週間程度でwebニュースが消えてしまう。
どこかからコピペで持ってきたんだろうが。嘘はついていないようだ。
キーワードで検索すれば、当時の記事を扱ったブログや2ちゃんのスレが
出てくる。


573 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 16:13:10 ID:BPYrOr1S
>>566
インドはわからないが、中国に関してはないだろう。
株式日記が今日とりあげているのでそちらに譲るが。
ともかく、将棋でいえば詰んでる。

574 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 17:53:00 ID:uKPd24xP
妹を亡くした弁護士・小寺一矢のコメント
「三日間ここに(安置所)に通って精神的にとても辛かったので、
 身元を確認できて正直ほっとしている。」
「中(安置所)にいるJRや県警の方はホント一生懸命やっている。
 あれだけ一生懸命やっている方を責める事はできない。」
「今回の事故は社会のゆるみが引き起こした。それを作ったのはあなた方マスコミであり、
 私達自身です。誰を責めても仕方ない。」

俺の記憶では、報捨て、ニュースJapanは以下マスコミに触れた発言を
削除して放送していなかったか?
とことん腐った業界だな


報ステ削除分
「今回の事故は社会のゆるみが引き起こした。それを作ったのはあなた方マスコミであり、
 私達自身です。誰を責めても仕方ない。」

ニュースJAPAN削除分
「それを作ったのはあなた方マスコミであり私達自身です。
誰を責めても仕方ない。」


575 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 18:28:25 ID:km4MSj5u
>>570
ちょっとトヨタ修理が遅いね、なにやってんの
スバルの方がよっぽど速かったぞ

576 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/28(木) 19:13:26 ID:H75btEyg
JR西の勤務管理って典型的なクソ日本会社方式じゃないの?
科学的検証とか安全と効率を両立するような方法論がなくて、
QC活動とは言えないでしょこれは。

しかし運転手の親をTVはインタビューしてるが、未成年じゃないし
鉄道の専門家でもないし、何を期待してるんでしょう?
一族連座制なのかな、TVでは?
ワイドショー路線のTVより2ch鉄板の方がよっぽどためになりました。

参考 コメンテーターの信頼度 in 鉄板
斉藤雅男、永瀬教授、曽根教授 >>>超えられない壁 >>>> 桜○
だそうで。



577 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:17:56 ID:BPYrOr1S
>>576
インタビューでいうなら、あの中学校時代の手記を紹介したり
するのも意味なしでしょう。
本人達は大真面目に紹介してるのがなんともおかしくて仕方が無い。
他にも、死亡した乗客の氏名を関東の番組で公表したり。
マスコミはよくわかりません( ゚д゚)、ペッ

578 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:20:01 ID:XBmVa2mT
>人を追いつめるやり方が今日本では
>当たり前になってしまっている

ということだが、このスレにいる人で当たり前になっている日勤教育と
やらを受けた事がある人がいるのだろうか?

579 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:23:25 ID:7e8DgoVL
>>578
受けましたが、何か用ですか?

580 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:21:49 ID:X99F+iJG
 そう。日テレ、フジにあたっては文集まで出してる、まさに犯人扱い。
死者に鞭打つのは止めろと思う。
 会社のプレッシャーというのを体験した人は軽々しく彼を責める事はできない
だろう。(ほんとはそういうこと体験せんでもわからないといけないが)
 確かに技術的に責められる部分はあるが人格攻撃さらに家族まで攻撃するのは
人道に反する行為、被害者の家族はもちろん運転士の家族もこれから大変だろうにな。

581 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 21:34:11 ID:+3UXHfzc
> これだけNPOが出てきているのだから、県議や市議たちの活動状
況をネットで知らせるだけでも
> 覚醒の手段にはなると思う
> 情報を公開して、それに対する関心を持つこととアイデアを出し合
うこと
> それが大事だと思う

これは本当にそう思いますね。既存のメディアが本当はやるべきなん
だがまったく期待できないし。


> 精神的ダメ−ジを与えてその人から反発心を完全に取り去ってしま
う手法が
> 経営者にとって都合が良いので、それが定着してしまったのです


これはどうなんでしょうか?これはつい最近のことじゃなくて、戦後
から継続して経団連が中心になってやっているんじゃないでしょう
か?




582 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 21:40:59 ID:3MTyYMuL
>>574
削除されたコメント部分はどうしてわかったの?

583 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 22:09:32 ID:NCpJkHEO
>>574
電気紙芝居屋さいてーだな。

■テレビ局4つの責任

1.生物学的責任(形式的責任)
  テレビ漬けにされて育った子供は言葉の発達が遅れるというデータがある。
  しかし本当はうつ病もひきこもりも不可解な少年犯罪もテレビが原因である
  可能性が高い。だから本当はテレビ放送は一度全廃するべきなのだ。

2.文化的責任(内容的責任)
  テレビは視聴率がすべてである。そこでまず高視聴率を取れる低俗な番組が
  増える。するとそういう番組ばかりになったテレビから良識的人間が離れる。
  となるとますます低俗な番組しか数字を取れなくなる。この悪循環によって
  民放テレビの番組は際限なく低俗化する。それは人々に間違った常識を
  植え付け、社会は荒廃する。(例:イジメ問題)

3.経済的責任
  低俗な番組に提供される高額なスポンサー料は商品価格に上乗せされる。
  民放テレビを見放した良識的人間もこのような高価格で商品を
  買わされるのは不当である。

4.道義的責任
  民放テレビは免許事業でありキー局は4局しかない。
  それを利用して各局はスポンサー料をつり上げ、
  キー局の社員は一般大企業の2倍もの収入を得ている。
  これは犯罪的行為だ。準公務員とも言える安定的職場であることを
  思えば給料は民間企業以下であってもよい。

584 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 22:16:38 ID:abl0d437
>テレビ漬けにされて育った子供は言葉の発達が遅れるというデータがある。
余計な事は言わない方が、創価対策にはいいんだよ

585 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 22:22:11 ID:9ggJGNrx
>>578
>精神的な締め付けが、これほど効果のある物か・・・驚いてる経営陣は多いですね
>結果、コンサル会社や何とか総研に莫大な謝礼が支払われてます

某テレビに「働いたら負け」と言い放って喝采を浴びたのを
思い出した。まさしくこれを言い当てているとしか思えない。
正しい子飼の育成法の実践だ。宗教・催眠商法・体育会系・ベンチャー企業が良くやる手法。
その一方で受験業界でその象徴とも言えた両国予備校は今年度の生徒募集を停止。

追いつめるというか、尼崎駅を見ればすぐに分かること。
ここでの一分遅延はそこら辺の一分損失と違って相当な損失になるのは
日勤送りという懲罰以前に、鉄道員や鉄道ファンなら誰でも分かること。
この駅の乗換えにかかるダイヤ設定の芸術的な手の込み方はJR-Wの成功の象徴。
さらに、クレーマーの阪神、乗換えを逃しようなら乗務員室に痰を吐かれたり、
空き缶や吸い殻すら投げ込まれてもおかしくない土地柄。

これを大阪が発言を見送っているのか、東京が見逃しているのかは分からないが、
過剰に流される亡くなった運転士の生い立ちよりも重要な問題が尼崎駅には存在する。
近場の人間は是非とも足を、遠くの人間は鉄道趣味誌をあたられたい。
端的に記載してある内容として手っ取り早くお奨めできるのがこれ。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/gidashokunin32/diary/200504050000/

586 :nanasi:2005/04/28(木) 23:40:19 ID:sfs+uFXy
>>569
これからは、個性の時代だとほざきまくってが、本音はこれか・・・。
ある意味、旧日本軍の体質より性質が悪くなっているな。
 そういうエリート選抜が、陸海軍の将校の頭でっかちしか育成できなく
なった失敗をまたくりかえそうとしているのか。
 
 

587 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 23:50:18 ID:uKPd24xP
>さらに、クレーマーの阪神、乗換えを逃しようなら乗務員室に痰を吐かれたり、
>空き缶や吸い殻すら投げ込まれてもおかしくない土地柄。

激しく不快
何故言い切れる?

588 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:11:44 ID:0gRnndtE
今回の事件の犯人は、結局運転士ではなくて、設計士および会社の指揮する人間じゃないの?
秒単位で遅延を報告させ、始末なども5〜6人の上司に囲まれ警察の取調べのごとくだという。

はっきり言って、それだけスピードを出さざる終えないような状況を作っておいて、技術面では、曲がり角をなんの対策もせず放っておいたんでしょ?
130`出さなければ脱線しないって、言ってたんじゃないの?

それを現場の人間を締め上げることで、ごまかしてきたJRの責任者も断罪されるべきだと思うが。



589 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:17:40 ID:ILfxG0/U
まあ、俺は30を超えたからもう言いたい事言って良いと思ってる

590 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:23:38 ID:0gRnndtE
>人を追いつめるやり方が今日本では
>当たり前になってしまっている

あと、前の仕事で私は、直属の上司からコレをやられた。
「殺すぞ!」「なめてんのか!」気に入らないことがあればコレ+ネチネチねちねち説教。

解決しようと、その上の上司に相談したことがある。

もっと上の上司は、会社の数字以外のことには、無関心きわまりない・・・という結果に終わった。
結果、精神的苦痛に耐えられず、辞めてしまった・・・訳だが、
今回亡くなられた運転士も「自分に仕事が合わない」(上司やルールなど含む)ともう少し早く気がつけば、
あんなことにはならなかっただろうに。

真面目がアダとなってしまったのか・・・

亡くなられた被害者の方々と共に、ご冥福をお祈りする。



591 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:25:00 ID:tpkHUKq9
>>587
残念ながら、カスタマーサポートの現場では
対応難易度が「西高東低」という表現が通用してしまう。

全てがそうとは言わないが、不快であるなら
関西版のメディアに「東京はそう思っている、自省を」と促すしかない。
静岡で放送されたオレオレ詐欺撲滅広報のすったもんだもそうだ。

もうこのけんか腰が京阪神でなく、阪神クオリティなんだよ。

592 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:42:45 ID:pgWNkj8o
>>591

>乗換えを逃しようなら乗務員室に痰を吐かれたり、
>空き缶や吸い殻すら投げ込まれてもおかしくない土地柄。
差別表現に感じるのは俺だけかな?
関西地方に住む人間にとって、このような表現をされることがどんなに傷つくのかも想像できないんだ・・

阪神クオリティという一言で、レッテル張りをする感性に大変悲しく感じた。
阪神地区の人間は京都より民度が低いと言うことですね。。

593 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:46:02 ID:smBZJiyP
>>579
良かったら具体的に。

594 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:50:32 ID:smBZJiyP
追い詰めるやり方が当たり前に行なわれているとは思えないけどね。

>>590は会社がそうなのか、それともアフォ上司なのかにもよるかな。
アフォ上司はどこにでもいるからな。

595 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:26:13 ID:f6/Jfc9f
難易度の高いベテラン向けのダイヤ設定であった事が伺えます。朝の9時代前半と言えば、まだラッシュは
終わっておらず、そんな時間帯にこのダイヤ設定では遅延が発生して当然で、それは福知山線では遅延が
日常的に発生しているという利用者の話しからも、同線のダイヤ設定に余裕がない事が覗えます。
ある程度経験を有する運転士が、制限速度を守り運転しても定時運行できないようであれば、その線区の
ダイヤ設定に無理がある事は明白で、しかも高密度・高速運転を行い、定時性を優先するあまり、些細な遅延でも
懲罰を科すようでは現場はかなり強いストレスに曝されてしまい、経験の浅い者程心理的に追い詰められ、
必ずヒューマンエラーが誘発されてしまいます。しかも、そのヒューマンエラーに対するバックUPシステムが
貧弱な物のままで、安全運行のスキルは現場まかせで放置では、事故が起きる確率は高くなり、いつか必ず事故るのは
明白です。伊丹でのオーバーランの誘発も物理的・精神的な余裕の無さに起因しており、更にそのオーバーランが
この若い経験の少ない運転士を追い詰めた事は明白です。恐らくスロットルをフル位置に固定したまま、彼の頭は
遅れ回復のことで一杯で、後ろ(乗客)の事を考える余裕は全く無かったと思います。車内に立っている小さな子供や
老人の事を少しでも考えられれば、例え直線で飛ばしても、十分手前から減速率をゆるめに取る優しい運転でカーブに
入れたはずです。我々乗員はどんな時でも後ろの事を考えて操縦しろと諸先輩方から常に言われましたが、それが自然と
身に付くまでには数年の年月が必要です。従って、若い高見運転士に会社が指導すべきことは常に乗客の安全を考えての
運転であり、多少の遅延より安全運行(無理するな)が絶対に優先であったはずです。現場に対してそう言った指導が
できない限り、この会社はいつかまた大きな事故を起こすと思います。そう言った意味ではこの高見運転士も良い職場に
恵まれなかった犠牲者です。自らの命を落とし、しかも自分の列車に乗っていた罪の無い多数の乗客を死なせてしまっては、
死んでも死にきれず、彼の魂も浮かばれない事と思います

596 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:38:41 ID:HiDKYimb
>>592
もちろんわざとやってるから気にせんでくれ。
全体としてのマナーの悪さは折り紙付きだろう。
胸張ってマナーの良い街です!って自慢できるか?

関西人の東京から北の認識ぶりなんて差別以上だぞ。
「西から納豆臭い、餃子臭い順だっけ?納豆嫌いだから。それと豊かさ調査を
ぶっつぶした県も近くにあるよね?あれはアカンよねー。そりゃ南東北だわー」
なんて言われたら誰だってブチ切れる。これが一人じゃないんだよ、
彼らの出張接待時には金太郎飴を切ったように飛び出す発言だ。
差別以前に、関西地区の住民から地域として認めてもらえていない。

不満があるとがなる、威圧する、ゴネる…。
大阪の繁華街に出れば二重三重駐車は当たり前、東京駅のみどりの窓口で
割込むサラリーマンは関西弁でまくし立ててる…。
やしきたかじんや上沼恵美子見たって分かる。
それに、関西圏が要らん差別や禁忌語を創り出して全国にバラ撒いてる
困ったちゃん密度の濃い地区であることも事実だろうよ。
京都は粘着型、阪神は爆発型って所だろうな。

不満を言いたい気持ちは分かるが、
自分だけ得すれば無問題な人間が多いのは否定しがたい事実だろ?
個人的には「時はカネなり」の関西人気質の影が浮き出た人災だと思ってる。

597 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 01:41:22 ID:f6/Jfc9f
仕事上で一つミスをするたびに減給されボーナスをカットされ
1週間研修施設に放り込まれて5人がかりで朝から晩まで説教され
草むしりをさせられもう二度と失敗しませんと1000回繰り返し書かされ
私は過去にこんな失敗をしましたと100回繰り返し言わされることになります

598 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 02:11:39 ID:vtC6Xb81

もはや日本のヤクザは中共・朝鮮の対日工作部隊のひとつである。

 この事実を知るものは少ない・・・・・・・。

599 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 02:59:59 ID:QwmN/uvv
>>598
昔から韓国やアメリカの犬だったわけだし。

600 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 04:05:39 ID:Tu91zoaP
>>596
一言の反論もないくらいそのとおりです。参りました。
関西特有と得意げに語られるその特徴はDQNそのもの。
法事で出かけた四天王寺で、兄が煙草をポイ捨てする
のを嗜めたら「じゃかあしわ。文句あるんなら道の
ゴミ全部掃除してから言えや!」と逆ギレされました。
40過ぎたおっさんでこれです。向上心のないバカは
貧乏再生産に気づかないばかりか勉強したら他人を
見下す人間(=私のこと)になるからあかんとさえ
言います。
地域の風土は住人が作るのですから、町を見れば人が
わかるのは当然です。中にいると何が常識か不安に
なるので時々ご指摘頂くのはありがたいです。同朋が
ご迷惑をかけて申し訳ありません。




601 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 06:00:23 ID:ZIn5t6+G
闇の声さんは創価学会についてどう思ってるの?
知人の有力者で良識ある人は危惧を抱いていない?
そしてそういう人がいるとしてなんらかの対策なりを考えてる
人はいないの?
正直あの宗教は危ないと思うのですが既に政界、財界、官界、法曹、マスコミ
全ての権力に食い込んでますよね。
正直怖いです。

602 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 08:09:53 ID:oNlewWLB
一度公明党政治家に聞いてみたいのが、いざとなったら、総理大臣と学会
どちらの指示に従うか?
という問い。

603 :闇の声:2005/04/29(金) 09:31:49 ID:BQ3y+wgA
事故に関して、もっと書こうかとは思ったがそれは反応を見て止めにすることにした
ただ、これだけは言いたいのだけれども
分割民営化した時、確か初代JR貨物の社長は町田某だったと記憶している
彼は、JALが墜落した時のJAL副社長であり、遺体安置所での傍若無人な振る舞いが
写真週刊誌に出ていた
典型的な運輸官僚であり、彼からすればJALなんて、
「俺の顔を丸潰しにしやがった」程度の認識だったと思う
その人物が、事も無げにJR貨物の社長になった
分割民営化の功績は確かにあったと思うし、国鉄の体制そのままではこれ以上やっていけない状態だったのも
理解できる・・・しかし、同時にJRも彼ら運輸官僚の集りの場所であり、天下っていく先でしかない
南谷−垣内ラインと言うのも、典型的な運輸−旧国鉄の上しか見ていない・・・
同時に現場を見ようとはしないやり方を忠実に受け継いでいるとしか言いようが無い
南谷会長は、プレッシャ−のない教育(研修)はあり得ないと言っているが、
では、貴方は運転席に座ったことがあって、現場の苦労を少しでも知ろうと思ったのか?と
聞いてみたいね
件の両名が口を揃えていっていたのは、JRはそのグル−プ内でつまらない競い合いがあって
東海や東には激しい対抗意識を燃やしている
経営者は、お役所の出世争いを収益競争に置き換えて、自分達の自己満足だけを優先させて
基本的なこと・・・乗客に対する安全とそれを確実にする現場のあり方を置き去りにしているという
最後に、元何とか総研の彼が言っていたが、JRの教育を見て
「ウチはまだまだ甘い」と研修の引き締め強化を言ってきた経営者が多いのには
呆れたし、驚いたそうだ

604 :闇の声:2005/04/29(金) 09:47:44 ID:BQ3y+wgA
>>601
今の創価学会=公明党に良識ある人は危機意識を抱いている
問題なのは、公明党という存在と創価学会という存在が相乗効果となって
日に日に大きくなってきていることだ
ロ−マ法王の葬儀の時も、新法王就任の時も日本政府はつまらない事をやった
あの時、反日デモなどがあって閣僚は参加できない状況ではあったかも知れないが
首相経験者も送れない事態とはどういう事かと思った
創価学会に気兼ねしたというのが真相らしいね
外務省には、創価学会員が多いから逐一情報は入る
もし、閣僚級や元首相を送れば、法王と同格と思っている人物が
それ以上の扱いを要求する事になる
そうなれば、日本の宗教外交はカルトの前に跪いたと言う事になり、結果的に
日本自体が宗教的異端分子という事になる
つまり・・・小泉に二者択一を迫った人物があって、結果どっちを選択したのか・・・
それを送った人物で示したと言う事だね
選挙対策だけではなくて、精神的にも服従を強いられているのが今の小泉政権だ
常に、小泉は自民党に対して選挙を何時でもやれるぞと言う恫喝で押さえ込んできた
今や、民主党に対してもこの恫喝は極めて有効になっている
公明=創価は何時でも全選挙区に候補者を立てることが出来る
自民党が少しでも創価学会を粗末に扱えば、選挙で堂々と戦いましょう・・・
これが決まり文句だ
しかも、下部組織が強固だけに何時でも臨戦態勢を取れる
今や日本の政治のキャスティングボ−ドを握っているのは、創価学会だ
民主党・・・特に、小沢側近はあまり創価学会との関係が良くない
しかし、民主党内には隠れ公明=創価がかなりいるから、何時でも民主党を割って
公明に戻っても良い・・・議員はかなりいるようだね
結果、公明寄りの執行部が出来ても不思議ではない
何故こんな事が可能なのか・・・低投票率のせいだね

605 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:55:25 ID:VKFUlzwy
>>604
低投票率か、結局、人権擁護法案もマイノリティ集団から出てるし、
これが改善されなければ、同じことの繰り返しなんでしょうね。
しかし、今のように日々の生活、仕事のことで精一杯の状況で、政治に関心をもて、
というのも無理がある。
しかも、官から民へという状況では、民間の景気が悪いのは政府の政策ではなく
自分たちの努力が足りないから、という間違った認識もうまれ
より政治どころではなくなる。
困ったものだ。

606 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:02:05 ID:CpKiFyTb
高学歴・高所得・ホワイトカラーが朝日新聞購読者の特徴
http://adv.asahi.com/2005/reader/


607 :闇の声:2005/04/29(金) 10:04:14 ID:BQ3y+wgA
創価学会の狙いとは何なのか・・・
行き着くところ、カルトではない・・・つまり、宗教的正当性を世界に認めさせたい事
それを足がかりに布教活動を世界的に行うこと、さらに名誉会長を世界的な人物にすることで
世界政治への影響力を誇示したいのではと思っている・・・しかし、創価学会とはもう一つの側面があって
信者の金を運用して高収益を上げているファンドであると言う事だね
竹中はここに絡んでいる
諸兄の想像以上に、創価学会とは人とカネの面で影響力を持っている
今の所、創価学会はキャスティングボ−ドを握って自分に有利な政治をさせること、それを元に
現世御利益を柱に信者獲得に一層励むこと、名誉会長の存在をより輝かせることに勤しんでいる

しかし、公明党自体問題を抱えている
それは、政策の独自性が極めて稀薄でありしかも政策を語る能力が乏しいことだ
政治的アピ−ルに乏しいから、本当の意味での政治が出来ない
それを補うために、メディア対策は凄まじい
テレビがあれだけ下らないコンテンツを流しっぱなしに出来るのも
創価系のスタッフやタレントなどに加えて学会の不買運動を恐れる
スポンサ−の協力があるからだ
これは自分の推測だけれども、肖像権や著作権に関して厳しい規制を設ければ
ネットでコンテンツを流すことは難しくなり、既存のメディアは守られる
それだけ、ネット上で自由な意見が交換されるのを彼らは恐れている
それ故、堀江騒動の時にいち早く動いたのは創価に近い筋・・・立ったのかも知れない
もっとも、あの時に出演辞退をしたのは不思議なことに非創価系だったが・・・
それは考え過ぎかな?
ネットを恐れているのは事実と聞いている
それ故、ネット規制にはかなり熱心であり、創価系の法曹関係者が動き回っているよ


608 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:10:19 ID:LJQEklHn
 今回の福知山線の脱線衝突事故で、諸悪の原因は経験の浅い若い運転士
だけしかクローズアップされてないようだけどさ

 石油タンク火災、タイヤ工場火災、地下鉄日比谷線脱線事故
全て同じ要因が絡んでいる。それは効率至上主義で現場を無視した人員削
減&残った人間には今まで以上の負荷をかけていること。(そのうえ給料
は容赦なく減らすと・・・)

 そして最大のガンは、経営者が官僚化(現場を省みない、お互いに支え
あっているのに経営者は従業員を見下している)に他ならないと思うが?

609 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:14:26 ID:oURE8f/2
>>603
自分は個人的にJR貨物からオファーが来てかなりうざかったのですが
そういう事ですか(当然断りました

610 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:28:42 ID:h2lKjDLF
「何も起こらないことが重要」という安全対策は、コスト削減とか増益という
ものに比較すると、なかなか成果が見えくい。「当たってあたりまえ」という
天気予報みたいなものだ。政治家にとっても、勝ち負けがはっきりする選挙に
は力が入っても、盛んに経綸を行なうことには意識が回りにくいというものだ
ろう。


611 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:32:11 ID:oURE8f/2
コンピューター画面が大きくなるし、表現力も上がる
一見わかったように見えるだけで実際に行くとまったく違う経験を自分はしてきた


612 :闇の声:2005/04/29(金) 10:36:52 ID:BQ3y+wgA
>>608
余りこれは言いたくない話しだったので、本人に聞いてみると「もう過去の話しだから
構いません」と言うので書くのだけれども
企業のいじめの被害者に頼まれて、虐めている(と彼が言う)人物に会って話を聞いたことが最近あった
どう考えても、いじめの言葉は人権侵害に当たるし、精神的なダメ−ジが相当あると思ったからだが
その人物は「そう思うのは本人の勝手であり、その様な言葉は使っていない」
と言う事だった
しかし、周りに聞いてみると峻烈な研修で成果を上げていると言う評価を経営陣からは
されており、その代償に絶対現場へは経営陣を立ち入らせない事になっているという
そこで、経営者に「こんな事になっているけれども」と言ったところ
「そう言う事実はないし、報告も来ていない 現場は彼に任せてある だから、自分には一切責任はない」と
言う事だった
自分が何を言いたいのか・・・現場を全て任せてあるから、自分には責任は何もないと
ふんぞり返っている経営者が如何に多いか・・・同時に、上に媚びへつらうために
職場をタコ部屋状態にしている管理者が増えてきている
どこか、おかしくなってきている・・・暗澹たる気持ちがした
経営者は、そう言う現実から巧妙に逃げるようになってしまったね

613 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:39:37 ID:oURE8f/2
ゲーム脳と親父ギャグ脳が交錯している
これは国でもそうだけど、同じ言葉をまったく違う意味で捉えてる
言葉の意味を石版にでも刷るしかない

614 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:50:48 ID:qt04cyAp
>>603
JR貨物は未だに「民営化」されていなかったのではないかな。
JR北海道や九州、四国も同様に。
未だに赤字だと聞くし。

615 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:55:17 ID:qt04cyAp
>>604
週刊誌の記事だが、宮内庁の次官となった某氏は学会員ということだね。
いまどき、省庁の重要ポストが学会員と言うことも珍しい事ではないか・・・

616 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:58:49 ID:VKFUlzwy
闇氏に質問なのですが、創価学会に死角はないのでしょうか?
個人的には池田大作が死ねば分裂しかねないとも思えるのですが。

617 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:58:54 ID:GyL/pmZX
創価は大作先生さえいなくなれば瓦解するんでないの、と素人考え


618 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:59:12 ID:NbqTGt2A
オイラ、学会員。
聞きたいことがあったら聞いてくれぃ。

創価学会内の政治思想について述べておくけど、
現在急速に保守化が進んでいて、左系は駆逐されつつある。
地域にもよるけどね。
外国人参政権を求める署名なんていうのもあったが、
ほとんど集まらなかったし、
人権擁護法案への反対論も根強い。

619 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:01:20 ID:oURE8f/2
>>618
なんでキミ達はロリコンなんだ

620 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:24:49 ID:oURE8f/2
新ローマ法王がナチスであった場合
彼らはいまだに世界の秘法を集めてる可能性がある
もっとも関心が高いのは中国やチベット
 
田中角栄曰く、池田大作はヒトラーだと言うならその行動規範もわかろうと言うもの


621 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:24:57 ID:R+GSsfAx
>>608
日勤教育なるものがクローズアップされてるがあれは酷いね。
降り方が悪かったから減給とか社内に私服スパイを派遣するなどやってることはまるでナチス時代のSSと変わらんよ。
あれじゃあみんな神経質になっちゃうよな。


622 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:28:57 ID:oURE8f/2
んで、秘法を見つけたと思ったらラーメンの作り方だとわかって
怒ってる人間もいれば、ラーメン食べようとしてるのも居る

623 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 12:04:28 ID:qt04cyAp
>>618
他の宗教の信者リストを集めているのは何故?
攻撃でもするのかね?

624 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:33:06 ID:oURE8f/2
親父ギャグでもって攻撃をし、実際の工作の目そらしとする

625 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:45:46 ID:VKFUlzwy
>>618
>現在急速に保守化が進んでいて、左系は駆逐されつつある。
私見でよいので、保守化と左系が駆逐されつつある理由教えてもらえないでしょうか?


626 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:03:25 ID:3oST9Q2w
>闇の声さん
靖国参拝につき中曽根が中国側と紳士協定を結んでいたと中国大使が主張してますが、
実際の所、紳士協定は存在したのでしょうか?

627 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:34:02 ID:wfIAPX2H
朝鮮性反日宗教創価学会が日韓中対立を煽っているのは前から知っていたが
池田在日朝鮮人が病院に入院しているらしい。
そのままあの世に行ってくれればうれしいのだが。


韓国での反日活動、反日テロを扇動するのは糖尿豚。 【4/27(水)5:00】
◎韓国政府のスパイより面白い話を聞いた。スパイかどうかは知らんのだ
が、こちらにいろいろ教えてくれる面白い韓国人のK。CIAなのかもしれ
ないが、そんなことは知ったことではない。そんな前置き長い彼いわく、
「韓国の反日暴動を煽っているのは日本だよ」というではないか。Kは靖国
がどうのとか下らんことは言わない男なのでおかしいなと思ったが、すぐに
続けて

 「創価せんべい糖尿学会のミスター太作の指示だ」

 と言った。韓国情報部でもこれは常識で、半島でもシナでも、創価せんべ
い学会は徹底マークしているが、今のところは静観しているらしい。Kは、
「中国の反日デモも創価関係者がいると共産党が懸念を示している」とい
う。こちらは確証が取れていないがKのいうことも当たらずとも遠からずの
ような気がする。

 さて、そんな工作大好き、現世に未練タラタラ、名誉欲の塊の糖尿豚であ
る太作ちゃんだが、また重病説が流れている。この間は順天堂だったが、今
はどこにいるのか。内緒でチクリを入れてくれた方、映像や写真を取った方
は高額買取しますよ。

 今後、明らかに悪い奴に対しては、どこかで少人数部隊が編成され、葬式
が出るかもしれません。塩化カリウム一発〜!なんてね。

【nikaidou.com:マッチポンプ葬儀屋】 http://nikaidou.com/column01.html

628 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:36:42 ID:uug23HMt
元々小泉は自民の中でも学会嫌いで有名だったんじゃなかったっけ?
それが今ではこの体たらくだもんな・・・・

629 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:19:28 ID:VKFUlzwy
>>628
それをいうなら亀井もそうだったわけだし。
白川、小杉と層化批判で潰された議員もいるから、批判もできんのでしょう。

630 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:19:34 ID:7nnYSPZG
なんか脱線事故予想してた易者いるそうだがその人物が次の法王候補でもあるとかないとか。
確かに、イタリア→ドイツとくりゃ次は日本だよな。

631 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:39:15 ID:fGSTHXld
>>618
素朴な疑問。
なぜ学会員になったの?何かメリットあるの?

632 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:50:18 ID:F+ClutCN
税金にたかる寄生虫を裁け(^−^)b


633 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 16:07:31 ID:3kmEVJru
>>628

もし前のローマ法王の葬儀に首相経験者レベルの人物を参列させて
いたら今以上の見返りを要求されていたと見れば、元外相というのは
危機感の表れでもあったのでは。ヨーロッパ、とりわけフランス
なんかの良識あるところには伝わるだろう。

彼らの深い歴史から何か良い知恵はもらえんもんかね。

634 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 16:58:15 ID:cz45TULP
>>631
俺最近外回りの営業するようになったんだが
街の商店街あちらこちらに小旗がたっているんだよ
例の三色の
旗じゃなくてもさりげなく三色を人目の付くところに・・
商売人にとって繋がりでの仕事が結構あるんじゃないのかな
少し納得しました


635 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 17:01:40 ID:rqkJ1kXF
>>631
618じゃないけど客観的に見て
・親が学会員で生まれたときからなんの疑問も無く信仰
・単純に強引な勧誘によりいつに間にか洗脳される
・日本最大の相互扶助団体であるから特に小さい個人事業主は
 学会員であることが有利に働くので生活のため已む無く
・官庁や大企業の組織で出世のために入会

636 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 17:12:10 ID:rqkJ1kXF
創価学会問題
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sgp.htm
創価学会による被害者の会
http://www.toride.org/
創価学会の息のかかった企業リスト一覧
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/souka.htm
買っては行けない、創価系企業
http://yasai.2ch.net/koumei/kako/984/984939257.html
創価学会の息のかかった企業・商店
http://yasai.2ch.net/company/kako/958/958909323.html
宝塚歌劇団と創価学会の黒い癒着
http://caramel.2ch.net/siki/kako/1009/10099/1009907725.html



637 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 17:47:30 ID:cz45TULP
>>636
なるほどね
やっぱり層化ww
ノボリとか壁などにさり気なーく三色になっているところが多いいので
特に床屋や印刷屋に多いいような気がするが

638 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 17:54:39 ID:uleIifgj
闇の声氏へ

厚生労働省が下記の動きをとっているようです。
企業側に有利な内容と思われます。
何故、このような動きが出て、誰が関係しているのかご存知ですか?


厚生労働省は、休日や週40時間を超える労働に割増賃金を支払う規制について、
適用除外の範囲を拡大する方針だ。現在の除外の対象は管理職のみだが、
一部のホワイトカラー社員などにも広げる。働き方の多様化で成果を勤務時間で
評価しにくくなっているため。労働時間を最重視した日本の労働政策の転換を
意味しており、残業の取り扱いなど企業の賃金政策に影響を与えそうだ。
28日に有識者による研究会を設置する。労働時間を規制した労働基準法の
見直しを進め、2007年の国会に改正案の提出を目指す。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050428AT1F2701D27042005.html

639 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 19:43:06 ID:jQplw8vT
>>638
そんなのが通るなら、働いたら負けかなと思う

640 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 19:55:28 ID:iBWwd9sg
>>638
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/04/s0428-3.html

傍聴出来るらしいから逝ってコイ
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/04/s0428-3a.html

641 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 20:19:16 ID:IHNzjBGC
働いたら負けかなと思うかも。

642 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 21:09:07 ID:oURE8f/2
ところで、ここまで韓国に媚を売る理由はなんですか?

643 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 22:21:30 ID:v6uV0Qtk


電車が好きで入社したんだろ・・
でも もう便所掃除も草むしりも反省文もなにも
しなくていいよ。
こんどは俺がその経営者を追い込んでやる
合法的にね  あくまでも・・・・w

644 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 22:22:22 ID:oURE8f/2
>>643
いいや、馬鹿右翼おまえらは何もするな
 
とくに小松とかいうホモはロクな事をしないな

645 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 22:34:40 ID:oURE8f/2
>その人物は「そう思うのは本人の勝手であり、その様な言葉は使っていない」
 
そもそも端末に仕掛けをして操作1つ1つに文句を言ったり
あまつさえ、部屋を監視して挙動に文句を言ったりする音多
方式は誰でも判断にまよう
 
だが、対策はできた、ありがとう

646 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 22:35:17 ID:pWtlsvJA
【JRの社員に八つ当たりしてる被害者家族】
http://live20.2ch.net/test/read.cgi/livetbs/1114779525/


647 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 23:23:45 ID:oURE8f/2
同じ事を20年言って過ごす中国人は、大塩の話を20年言って過ごすだろう
馬鹿な連中だ

648 :低賃金労働者兼弱小投資家:2005/04/29(金) 23:36:38 ID:yzBZxKrn
あえてここの論調に逆らうようだけど、
JR西の件は如何に公務員、役人系が無脳であるか示していると思う。
民営化して金を稼ぐと言う使命が課せられたら、ブラック企業のような
社風を作り上げ、643のような安全違反に対して「便所掃除」「反省文」
と言ったまともな人間なら誰でも安全対策にならないことをやらせる。
競合する阪急は車両は古臭いが(出張で乗ったことあり)、重大事故はそれほど
起こしてないし、民営だと事故が起こりやすいというロジックは成り立たないと思う。

また運転手の学生時代や家族などから、攻撃するような切り口の報道はメディアの無脳
ぶりを示して驚かないが、「JR西の管理がきつ過ぎる」というのもどうかと思う。
まだ車両故障の可能性はあるが、運転手の職務上の経歴は優良とは言いがたいのも事実。
2-3回かなり深刻な処分を受けているのだから、車掌なり駅事務に止めて、
運転手に昇格させるべきでなかった。この辺は日本企業・もと役人集団のおかしな甘えがあると思う。



649 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 23:53:18 ID:xPx9AJpX
代用叩きにされてるだけですので、報道は気にしないでいいです
 
私の運が彼らはほしいだけなんだから

650 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:44:59 ID:LQppmg8d
過密ダイヤでのオーバーランや、「うつろな目をしていた」が業務上
致命的な失敗なら、運転士は全員やめなきゃならなくなるよ。
実務でオーバーランをしたことのない運転士なんて存在しない。
「日勤教育」を受けさせる為だけの理由付け。

651 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 01:03:34 ID:Anet95XR
>>648
あの列車は「尼崎だけ」定時到着できればあとは多少の遅れは問題ない。
その尼崎に1分遅れたんだ。
尼崎がどんな大改造を受けた要衝なのか知らずに発言する奴が多すぎる。

個人的には創価学会の問題は週刊ダイヤモンドがあのような記事を書ける
状態ならまだまだ大丈夫だと踏んでいる。
それに、業界賞も受賞したほどのお墨付きだからね。
多くのワンマン組織に於いての「二世問題」は非常に難しい。
ソニーとホンダを比べてみると分かると思う。
ここは大作ちゃんが現世から去った時、どうするかだと思う。
高田社長の出演が減ったジャパネットの商品に余り魅力を感じないのと同じ。

652 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 01:24:18 ID:elRS07zc
闇の声さんはゲイですか?


653 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 05:53:55 ID:sEzAG8zR
▼いわゆる朝鮮銀行、北も南もあるのだが、この不良債権をオリックスの宮
内成りすましが買い漁っているという。金融庁と検察庁にて確認したのだ
が、宮内は税金投入して助けた分の不良債権をバルクで安く手に入れ、利益
を上げるのだとか。詳しい経緯はまた後日にするが、結局、税金を使って朝
鮮人を助け、さらには朝鮮人を儲けさせるという仕組みになっているという
ことだ。ちなみにオリックスには最近、いわゆるヤメ検を数名新たに雇用し
ている。何を企んでいるのやら。もうジイサンなんだから変な色気出してな
いで家で寝てろ。宮内が死んだときには、本サイトが朝鮮式の墓を立ててや
るから安心しろ。

■宮内といえば、ライブドアの宮内はこうべ証券と関係してるんだな。熊谷
は未来証券出身だしな。ブラック証券のワンツーフィニッシュというすばら
しい有様だな。

○WILLで描いたIT企業類の関係図が好評だったので、こんどは図を
作って掲載することとする。そういえば、SAPIOが突然IT相関図を出
してきたが、パクリでもまぁ許すとしよう。
--------------------------------------------------------------------------------

◎北朝鮮拉致関係で「救う会」なんてのがあるが、会長が元々北朝鮮の帰国
事業をしていたなんてのはお笑い種でしかない。誰も叩かないので本サイト
ではいろいろ疑惑のあるところを今後も追及していく。もちろん、まじめに
活動している人々がいるのは知っている。しかし、元々北朝鮮に人をバンバ
ン送り込んでおいて、今度は「返せ!」と騒ぐとは、それはマッチポンプだ
ろ。騙されていたのかなんだか知らんが、一度そのようなことをやった人物
は、一生十字架を背負い日陰で支援すればいいのだ。それが日本人の美徳と
も言える。しかし、一番前に出てきていかにも「救う会は家族会を守って
云々」とやるのは利権の考えと同じではないか。

654 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 05:55:12 ID:sEzAG8zR
元々、横田夫妻を支援していたのは民族派の一部の人間である。朝鮮エセ
右翼や暴力団あがりで利権を求めているような人間までが参加している今の
救う会とは大違いで、大地に根の張った活動を10年以上前から行ってきたの
だ。それを差し置いて、「救う会でございます〜」というのが出てきたり、
「政治家でございます〜」と出てくるのだからチャンチャラおかしい。安倍
晋三は下の事実を知っていて、「北朝鮮に制裁を!」と口では言っているの
だから、茶番なのである。

 ある関係者が語る。(一部編集しています)

 「実は、経済制裁したいのは山々だが、朝鮮により炭素菌テロの恫喝があ
り、できない。実際、東京駅と羽田空港で炭素菌をパタパタやられただけ
で、3日後には日本は大パニック。技術も金もかかり、さらに撃墜されるか
もしれない核ミサイルなんて手法は、北は使わない。日本では、生物兵器か
ら目をそらすために核があると報道させているだけ。簡単に撒ける炭素菌だ
が、まだ炭素菌ワクチンは自衛隊への注射をしている程度で、まだ警察官に
もいきわたっていない。その次は役人なので、国民は最後になる。これを
知っているにもかかわらず経済制裁ばかりを声高に叫んでも始まらない。」

 この情報は機密扱いだったのが少し下がったのでそろそろあちこちで出て
くるかもしれない。本サイトメンバーは、一部炭素菌予防接種を終えてい
る。

655 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 05:55:41 ID:sEzAG8zR
そういえば家族会にも、ギャンブラーの蓮池ナントカいうインチキがい
る。偉そうに。お前なんか何も偉くないよ。最初はナイフとフォークもろく
に使えなかったのにな。今じゃ偉そうで、東急は来てほしくないってよ。大
体、帰国してなお工作員の疑いがある一族が家族会にいる時点でまずいと思
う。

 話がそれたが、横田さん夫妻以外にまともなのはいるのかということを言
いたいわけだ。元々運動していた民族派を蚊帳の外にするほどお前らはすご
いのか?そうではあるまい。寄付金集めたのなら、その金で軍事請負産業の
「エグゼクティブ・アウトカムズ社(現在は解散)」に金を払って、情報収
集と人質奪還を頼んだほうがいい。ギャアギャアバカを集めて騒ぐのも、圧
力として有効だが、横田さん夫妻は疲れるだけだ。建前だけでなく、実際に
も役に立つことが大事だろう。そうは思わないか?

【nikaidou.com】http://nikaidou.com/column01.html

656 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:49:19 ID:wGp1bJcF
>>653-655
また小山か。
いいよそれ貼らなくても。

657 :闇の声:2005/04/30(土) 09:27:52 ID:6COkEgWV
>>651
今回の事故に関して、この書き込みを以て一区切りにしたいと思う
かなり前の本なのだけれども、アメリカの民間航空パイロットが親友の墜落死を
契機に出した本がある
「Safety Last 空に安全はない」と言う名前で、
この中にこういう一節がある

風はますます強くなって、安全運航にかなり問題があると思われる
この場合、機長はディスパッチの決断を仰ぐのだが、その決断がしばしば
機長と食い違う事がある
会社は、飛行機を飛ばしたいのだ
(略)
そして、機長は決断を迫られる
「貴方次第ですよ 機長」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
JRの情報統制にも関わらず、車掌が先に県警に身柄を拘束されてしまったので
どんどんボロが出てくるね
被害者の会が結成されたら、当然民事訴訟を起こすわけだけれども
経営者個人に対しても損害賠償を請求するべきだろう
と言うのも、何年か前にJRで踏切事故があって電車側の乗務員が殉職したけれども
聞いた話では(事実と違っていたら御指摘をお願いしたい)ダンプ側の経営者は
ダンプ運転手だけの責任にして逃げてしまったと言う
南谷−垣内のラインが国鉄や運輸省だとすれば、彼らには膨大な年金が入ってくる
企業の共同責任とすれば、車掌は恐らく(西の組合は守ろうとしないだろうし、本人もそのまま
居られないだろう)解雇されることになると思うが、同時にその様な状況を作りだした
経営者も同様だ
JALの町田のようなことは、あってはならない
南谷や垣内がいなくなっても、同じ様な人物がやってきてまた同じ事をするだけだ
机の上だけで、人を知ること無しに人を動かそうとする経営者がいる限り、この様な事故はまた起きる
それが、原発なのか石油プラントなのか、高層ビルなのかは判らない
死亡事故でなくても、たとえば大規模な通信トラブルやライフライントラブルもありえるのだ

658 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 10:17:27 ID:zYON3waw
新幹線並の自動車ってできないものか

659 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:31:51 ID:O7D+bEp0
>>658
>新幹線並の自動車

どうやって曲がるんだよ?

660 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:40:26 ID:2uSvOKbq
>>658-659
こいつらかわいい

661 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:43:41 ID:O7D+bEp0
>>657 これ?

http://home.t01.itscom.net/jikoku/jiko1980.htm
>●1992年9月14日 成田線ダンプカー衝突事故(死者1名・負傷者67名)
>(概要) 1992(平成4)年9月14日、千葉県香取郡下総町滑川付近のJR
>成田線久住・滑川間の大菅踏切で、普通列車(JR113系電車4両編成)
>とダンプカーが衝突。電車の運転手1名が死亡。

>(原因) 最大積載量の4倍もの山砂を積んだダンプカーが、踏切に向かう
>緩い下り坂でブレーキが効かず、踏切待ちの車の脇から徐々に踏切内
>に進入したもの。

>ダンプカーの運転手は刑事裁判で禁固2年の実刑を受け、その運転手と
>荷主と砕石会社および作業員2名は民事裁判で1億円の賠償命令を受けた。

この事件の場合はわからないが、ダンプは個人事業の場合も多いからね。
荷主から輸送の委託を受けている下請けとは言え、個人商店側が重大な
責任を負う形になってしまうと思われ。

662 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:44:43 ID:O7D+bEp0
>>660
⊂(゚∀゚ )センキュゥ♪

663 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 12:38:02 ID:gcrZFz3S

経営者と現場人の問題!

金が入り裸の大将となれる・・・経営側
給料カット、リストラ、夢を打ち砕かれる・・・・現場人

664 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:11:05 ID:CMF/sfWp
羽田の管制もひどいな。整備車両があれば大惨事だった。
手荷物検査を厳しくしたり、テロ対策は運行の安全管理がなされている
ことが大前提だ。片手落ちにも程がある。
現場の責任で済ますんだろうが、散々このスレでも触れられている
社会構造の問題を国会で取り上げようとする漢はいるんだろうか。

このままでは第二の事故が起こるのもそう遠くないと思うのだが。

665 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:34:44 ID:wGp1bJcF
>>664
みんな改革病にかかっちゃってるからな。。
皆やり過ぎていることに全く気が付いてない。


666 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:41:25 ID:MZgkI1jq
>>659
安全性の話であるので勘違いなさらずに

667 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:42:22 ID:MZgkI1jq
>>664
電磁波防止のメッシュ素材が今後売れるだろうね

668 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:08:48 ID:wGp1bJcF
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050429-00000104-mai-pol
だから何って感じなんだが。


669 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:37:02 ID:WmaN2oKy
>>664
飛行機関連の事故は続くからね。それにしても、JALは運がいいよ。
これだけ事故起こしておいて墜落しないなんて。

670 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:40:10 ID:IaSFmtkr
日本電気のSE達の努力ですかね

671 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:47:16 ID:B3zg59JD
ヤクザの撲滅、粛清、殲滅>ナチ(卍)の親衛隊(SS)、突撃隊(SA)、
国家保安委員会(SD)を使えば、イチコロだぜ♪♪

672 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:50:25 ID:VYDELZht
【政治】「残業代ゼロ」、一般社員も対象に…割増賃金の適用除外、拡大へ★4
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1114796794/

私も参加しておりますので手前味噌ではありますが、N速+中屈指の好スレに
育っております。
政治板のこのスレのように。
政治板としては板違いかもしれないけど、向こうで次スレが立たなくなったら
こちらでスレを立てさせていただければ、と思います。

673 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 14:58:27 ID:IaSFmtkr
闇研究が増えるな、これは

674 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 15:44:37 ID:CMF/sfWp
新幹線と飛行機、東海地震も考慮してどっちが安全なんだと
誰かパーセンテージでも出せないものか。
頻繁に利用する他人事でない諸氏もここには多いだろう。

>>672

このあいだアルゼンチンの工場再建の話を聞いた。
従業員は解雇されるのを恐れて工場主に給与未払いなど改善して欲しい
ことを言えない中、起こしたのは雇用改善を訴えるデモと
ストライキだそうだ。弁護士が力添えし、従業員は集団経営という形で
工場主から会社を買い取り、皆で経営に参加する。
そういうノウハウを広げ、再建できた工場が次の工場を助けていく…。
弁護士は手弁当も同然でやっている。

近代史で読んだような話だが、歴史は繰り返すんだよ。

政治にはカネも支持団体も必要なのは百も承知だが、せめてヨーロッパの
労組ぐらいのことが言える政党は必要に思う。それも過去がある既存政党
じゃ無理だ。もう手遅れなのかね、この国は。



675 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 16:56:39 ID:IaSFmtkr
俺は、妙な女性に頭のネジの方向を操作されてるらしい

676 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 17:25:35 ID:6bdqbxZn
>>674
歴史は繰り返すなら、手遅れもなにも無いと思うけど。

677 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 17:39:42 ID:dkT2M527
>>672
そういうスレにまでたまに出てくる「自己責任馬鹿」「規制緩和馬鹿」「小さな政府馬鹿」、、、

キリがねえな・・・。


678 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 20:59:26 ID:gRzxvoaJ
【地政学名言集】
一、隣接する国は互いに敵対する。
二、敵の敵は戦術的な味方である。
三、敵対していても、平和な関係を作ることはできる。
四、国際関係は、善悪でなく損得で考える。
五、国際関係は利用できるか、利用されていないかで考える。
六、「優れた陸軍大国が同時に海軍大国を兼ねることはできない(その逆も然り)」
七、国際政治を損得で見る。善悪を持ちこまない。
八、外国を利用できるか考える。
九、日本が利用されているのではないか疑う。
十、目的は自国の生存と発展だけ
十一、手段は選ばない
十二、損得だけを考える。道義は擬装である。
十三、国際関係を2国間だけでなく,多国間的に考える。
十四、油断しない
十五、友好,理解を真に受けない
十六、徹底的に人が悪い考えに立つ
十七、科学技術の発達を考慮する

「国家に真の友人はいない」 キッシンジャー
「隣国を援助する国は滅びる」  マキャべリ
「我が国以外は全て仮想敵国である」チャーチル


679 :闇の声:2005/04/30(土) 21:48:49 ID:FTTepEm/
やはり、もう一つ書きたいことが出てきた
救い様の無いJR西の話しだ
経営陣更迭の憶測が出ているが、社内では事故の事なんか何処かへ置き忘れて
早速派閥毎の人事憶測で持ちきりだという
この話し、リ−クしているのはどうやら国交省の、天下りを狙っている連中と
その周辺だね
民営化で独自の人事(する訳無いのだが)をされてはならじと、介入の機会を窺っていたら
向こうから転んでくれた・・・これはありがたいと言うのが役人根性だ
早速、指導の形で役人を送り込み頃合を測って経営陣に横滑りだろうね
北側なんかどうでも良いのだ
被害者のことよりも、役人は利権漁りに必死なんだよ
そのツケを現場に回しても、乗務員が乗客に罵声を浴びせられても
黒塗りの車でご出勤になる経営陣は痛くもかゆくもない
この体質がある限り、事故は永久に無くならないし、この現実を直視して
民意を官僚の人事にまで反映させるシステムを作らない限り、この国は衰退していくだろう
現実を見ない官僚が、予算を机上で作るから、永遠に人・物・カネの無駄遣いは消えないのだ

680 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 21:53:49 ID:oQWXYI8Y
なるほど

681 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:02:20 ID:Ki8do7uT
> 2-3回かなり深刻な処分を受けているのだから、車掌なり駅事務に
止めて、
> 運転手に昇格させるべきでなかった。この辺は日本企業・もと役人
集団のおかしな甘えがあると思う。
>

これは本当にそう思います。役所の連中はリスク感覚等、要するに想
像力が貧困だと思う。


それにしても日本の高級官僚を大量に退場させられないですかね?世
界的に見ても日本の庶民はまじめな人が多いと思うけど、日本の役人
連中が全てをぶち壊している気がしてなりません。救われないですほ
んと。



682 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:14:04 ID:oQWXYI8Y
推し量るにも限界が或る、それが無い覗き屋は楽でいいかもしれないが

683 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:37:21 ID:TP/O+TfI
>そのツケを現場に回しても、乗務員が乗客に罵声を浴びせられても
 黒塗りの車でご出勤になる経営陣は痛くもかゆくもない

やはり原始的だがそのクラスの人間を文字通り車から引きずり出して袋叩きにするのが一番か。
自分の身体で理解して貰う他はなさそう。

684 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:40:43 ID:wGp1bJcF
まず上層部に日勤教育を受けさせるべきだろう。


685 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:43:19 ID:oQWXYI8Y
なぜテロ以外の方法を取らない

686 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:48:50 ID:g5VOJg+a
>>681
そこで「小さな政府」に傾くのはさらに危険。日本の左派はしばしばそこで間違える。
ある程度は「大きな政府」にしておいた方が、労働者は守られると思う。
マスゴミは成功と言うが、小さな政府のニュージーランドは荒廃している。

特殊法人なども、一律の削減・民営化論はどうだろうか? 道路公団がいい例。
今回の郵政にしても、踏ん張っているのはむしろ「抵抗勢力」(族議員)の方だ。

それにしてもキャリアは抜け目がない。「行政をスリム化します」「民営化・民活
します」と言いつつ、必ず転職先は確保している。
マスゴミの官業批判など逆手に取られているに過ぎない。転職先は独法であったり、
民営化した公的企業であったり、規制緩和で得をする業界であったり、大学だったり、「地方分権」
をウリに首長選に乗り込んでいく地方自治体であったりする。

永遠に続くモグラ叩きかもしれないが、ある程度は「大きな政府」を維持しつつ、彼らを
監視する方向が望ましいと思われる(とか書くと必ず、いや、公務員を成敗しな
かれば、とかいう輩が出てくるんだよなw)

687 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:23:57 ID:3UdK1N5K
西日本解体、JR東海に吸収させるべきだな。
名古屋クオリティなら間違ってもこんなことにならん。

688 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:24:43 ID:oQWXYI8Y
田中さんこそニューディーラーかもしれないな

689 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:46:14 ID:B3zg59JD
最後に腐ったヘタレ共を倒すには、
ミュンヘン一揆のようなクーデターが必要でヤンスね。

690 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 23:50:24 ID:hH8NGKxD
>>679
以前、官僚の人事は組織が決定してると書かれてましたが闇の声さん達の力で
ノンキャリの抜擢とか思い切った人事が出来ないのでしょうか?

691 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:00:15 ID:PYb7Vqou
>>689
帝国主義じゃなくてへーこく主義で申し訳ない

692 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:00:21 ID:jDawjT2d
>>656
ハゲドウ。まだ炭疽菌って直ってないよ。
木炭菌ばらまいたって意味無いっての。

>>672
ざっと見たけど、経済問題になるとオナニー始める
固定ハンドルが複数巣くってるだろ?
よせよせ、ミイラ取りがミイラになる。

693 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:03:05 ID:PYb7Vqou
細川のばばあかよ

694 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:10:33 ID:rsftBp1Z


公務員削減を大幅に増やしても
高級官僚には、一匹も被害なし。

695 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:28:25 ID:8lcg1Jco
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050430-00000028-mai-pol
<町村外相>常任理事国入り、中韓説得に自信 国連で会見


これって正攻法でやるものではないですよね・・
何らかのルートによって行うのでしょうか

696 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 09:19:12 ID:wiWCtN1h
>>694
一人あたり仕事が増えてきつくなる。

加えて、拘束時間が増えて遊べなくなる

辞める。

さぼるだけで、何てことは無いかな(w
多少なりとも勤労意識があれば、仕事の効率化が起きるだろう。

697 :開業税理士:2005/05/01(日) 09:29:51 ID:DPI0u13J
闇の声さん。
最近の歌舞伎町の噂はどうですか?
最近俺のクライアントの極々まっとうな店がどんどん潰れている。
特に風俗とは何の関係も無い歴史も伝統もある飲食店まで潰れる様だ。
これから先どうなってしまうのか?

698 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 10:20:51 ID:PYb7Vqou
俺が小学性のときだったか、異様なオーラを持った大男が座敷に座って
親父と話をしていた。それまで日産を買ってた親父がそれから急に豊田
を買うようになった。まさかあなたか、なめくじじーさん

699 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:03:41 ID:6iwN/NrI
>>698


700 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:23:34 ID:BnEloIY8
>>697
実態経済はそんなに悪いのですか? マスゴミはそうした面をほとんど報道
しなくなってしまいましたね。
たまにNHKの「フリーター漂流」や「格差社会」がある程度でしょうか?

一方では「団塊世代の退職で就職氷河期が終わる」「低成長時代に頑張ろう」
といった類の報道ばかりが目に付きます。前者に関しては疑わしい大本営発表だし、
後者も根本的な解決になってない。
人手不足に期待するのではなく、成長と社会保障・社会インフラの整備で乗り越え
ていく常道を考えねばならないのに、なんとなく「公共投資は(すべて)悪」
「弱者に優し過ぎる施策はお荷物」といったムードばかりが先行していきます。

小泉政権への批判も「骨抜きは許さん。もっと改革汁」が大半です。労働者は公務員批判
で溜飲を下げるばかり。デフレ下で「小さな政府に汁」と言うのがいかに危険なことなのか・・・。

701 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:25:46 ID:PYb7Vqou
>>699
実話を書いたまでですよ

702 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:33:22 ID:2gQ7ZsDP
>>686
しかし、現実に目を向けると小さな政府なんてできるのだろうか?
役人が転職先確保のために外郭団体を作って回ってるわけだし。
ある意味、小泉政権のやってる構造改悪は公務員もどきを増やして
大きな政府を作っているといえる。

703 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 12:36:53 ID:PYb7Vqou
連合艦隊を、徐々に民間に下ろしてるようなものだ
が、海兵隊のような組織は、なにか外部因子が無いと無理かもしれない

704 :686:2005/05/01(日) 12:59:40 ID:9axYuKDq
>>702
>しかし、現実に目を向けると小さな政府なんてできるのだろうか?

いま手許にデータがないが、お望み通り、着々と小さな政府に向かって前進してい
ますよ。郵政民営化もその一環です。もっとも郵政の場合は、税金の投入は増えるので、
「大きな政府」だか「小さな政府」だか意味不明になっていますが。

>役人が転職先確保のために外郭団体を作って回ってるわけだし。

これは難しい所で、本当に必要なものと不要なものをどう峻別するかでしょうね。
「なんでも削減・民営化・民活」というのも危険でしょう。
大体、問題の「天下り」に限っても、「削減・民営化・民活」自体が、新たなポストの温床
であるケースも多く、本末転倒な事態になっております。

705 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:05:36 ID:yIAuaS0G
>>698
>>703
もまい、おもしろいなw
詩として読んでいるよw

706 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:09:03 ID:PYb7Vqou
>>705
酒の飲みすぎで文字が読めない人にも読んで頂いて光栄だよ

707 :686:2005/05/01(日) 13:11:53 ID:9axYuKDq
>>702
>ある意味、小泉政権のやってる構造改悪は公務員もどきを増やして
>大きな政府を作っているといえる。

逆説的に言えば、公務員・公的セクター従業員が増えて何が悪いのですか? 税金を
無駄遣いするから? もちろん、犯罪については裁きましょう。それは前提です。

そのうえで、特殊法人は半官半民の優れたシステムという一面もあります。公共事業についても、
それで結果的に国富が増えるなら良いではないですか? 
(個別に不要なものを叩くことと、公共投資全体を否定することは区別しましょう。赤字国債については、
 ドーマーの定理を調べてください。問題は金額ではないのです。成長との兼ね合いです)

しかも現在のデフレ状況では、いかなる労働者も極力、リストラすべきではない。
それは必ず官民全体に波及します。大変に危険です。
(2ちゃんでこんなことを書くと、公務員擁護と逆恨みされるのだが)

708 :686:2005/05/01(日) 13:17:18 ID:9axYuKDq
目下の最大の敵はデフレです。それを止めようとしないという意味においてキャリアは犯罪的
ですが、「税金泥棒だからあの省庁を無くせ」とかいうのも極論です。

そもそも「小さな政府」がいつも正しい、ということは全くない。民間企業の方
が常に透明性と効率性が確保される、というも幻想です。ケース・バイ・ケースです。
道路公団と郵政はそれを教えてくれたのではなかったですか?

>ある程度は「大きな政府」を維持しつつ、彼らを監視する方向が望ましい

という結論に達せざるを得ないのですが、いかがでしょう? もっとも大手紙などは、
「公務員・みなし公務員がまだまだ多い。けしからん」と数合わせにばかり熱心ですね。

709 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:56:24 ID:2gQ7ZsDP
>>686
別にあなたの意見が間違ってるということじゃないんですよw
ただ、小さな政府という言葉を今使うのは間違いじゃないか?と思うんです。
郵政にしても民営化したところで、政府の意向をモロに受けるのだし、
それを単に身分が公務員で無いから、政府の機関ではない。
小さな政府の第一歩というのは、いかがなものか?と思うわけです。
あとは、686さんのおっしゃる通りだと思います。
強いて付け加えるなら、半官半民が増えるより、官の状態のほうが、
コントロールが効くので好ましいとは思います。

ちょっとずれますけど、
今回のJR事故について思うのが、道路公団が民営化して同じことが起きないだろうか?
確かに、無駄のカットにはなるが手抜き、隠蔽がおきそうな気がします。

710 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 13:57:46 ID:8lcg1Jco
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1114270416/l50
兄弟スレ

711 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:06:47 ID:MAz1NpEN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050501-00000013-maip-soci
>「全社一丸となって安全対策に取り組むことで、必ずや信頼は回復できると信じている」
の割には>>679のような話も出てる訳だし。

712 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:21:34 ID:yzFUhnPO
ヤクザがいなくなってから普通の人間に悪いやつが増えた。
しかも中途半端な悪が・・・


713 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:25:52 ID:wDWldmqg
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2005050101003526

北朝鮮がミサイル発射か 米情報、政府は「確認中」

北朝鮮が日本海に向けて短距離のミサイル1発を発射した、との情報が
1日午前に米軍から防衛庁に入っていたことが分かった。複数の政府筋
が明らかにした。情報は1日午前8時すぎに同国東部沿岸から発射した
という内容。米軍早期警戒衛星などに基づく情報とみられ、同庁が首相官邸、
外務省などに緊急連絡した。政府は「発射の事実を確認中」としている。
政府筋は「発射されたとしても極めて射程は短い」との見方を示している。
射程が100−200キロの地対艦ミサイル「シルクワーム」改良型か
短距離弾道ミサイル「スカッド」より小型の弾道ミサイルの可能性が高い。
防衛庁が詳細を調べている。総務省などには「北朝鮮が弾道ミサイルを
発射した」と伝えられ、一時、混乱した。北朝鮮の核問題をめぐる
6カ国協議の早期再開を求める日米両国へのけん制か、ミサイル開発の
一環との見方も出ている。

714 :賃借人:2005/05/01(日) 19:27:30 ID:Gj+Y/DgL
土地の値段をもっと下げるためには、固定資産税を上げなければ。そうすれば、家賃にも反映して家賃がやすくなる。

715 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:31:12 ID:QtxyDnbI
 

716 :賃借人:2005/05/01(日) 19:42:29 ID:Gj+Y/DgL
バブル崩壊後14年も経つのに居住用の家賃がちっとも下がらない。土地の価格の下がり方が少なすぎるのではないのか。日本の土地の保有コストは、世界的に見て非常に低いそうです。他方家賃は非常に高いそうです。

717 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 23:40:44 ID:hKAp4SyV
>>714>>716
流動性の観点からだとあなたの考えと結果が逆になる
固定資産税が高くなればそれを補うために家賃はいっそう高くなる
土地の値段はまた別のファクターによるので土地の値段と家賃はリンクしない
どっちかって言うと建物の建築コストの方が家賃にダイレクトに反映する
それとあなたの言っているように日本の土地はもう十分安くなってますよ


718 :賃借人:2005/05/02(月) 00:02:54 ID:4ykwA7GO
「固定資産税が高くなればそれを補うために家賃はいっそう高くなる」本当でしょうか。
競争がない場合はそうでしょうが。
また、私は土地の値段が十分安くなってるなんて言ってません。
住宅地だけをとってみるとそんなに下がってないのでは。

719 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 00:14:17 ID:68+Va0QD
>>711
>「全社一丸となって安全対策に取り組むことで、必ずや信頼は回復できると信じている」
http://www.asahi.com/national/update/0501/OSK200505010025.html?t5
だめじゃん。

720 :717 不動産鑑定人:2005/05/02(月) 09:05:48 ID:w5k6fuOY
基本的な事項をひとつ
土地の取引は相対取引で行われている
両者合意の上で初めて取引が成立する
だからどんなに辺鄙な土地でも売主が首を縦に振らなければ何百億出しても成立しない
交通の便がよく立地条件が良い土地でもすぐに現金を手に入れなければならない状況なら
信じられない値段でも買い手が首を縦に振らなければ売買は成立しない
今は十分後者の状況だ

日本は土地本位制の国であり人々の気持ちの中にも土地神話というか
土地は他の資産と別の扱いをされている
たわけものと言う言い方がある(田を分割して販売する)
この言い方こそ実情を如実に物語っている
オークション的に土地を簡単に売り買いする人はごく一部
競争原理は土地に限って言えばほとんどない
じゃあバブルのときはどうだったかって?
あの時代は代々受け継いだ土地が想像を絶する高値になり
これなら土地を手放しても親戚やご先祖様に申し訳できると判断したから多くの人が売買できた
逆に言うと土地は自分たちの評価額より同等か低い場合は売り買いしない
市場に供給しないと言うことだ

要するに今は一部の金欠の奴が投売り状態でその他大勢は売らずにいる状態
チラシなどの店頭価格と実際の取引価格はかなり乖離している



721 :けらんじょ:2005/05/02(月) 09:58:15 ID:PhAr5sle
固定資産の評価が、平成6年度(たしか6年度だった)から変った。
それまでは、ほとんど地元の人間からなる評価委員会で、現実に売
買される価格から乖離した相当低廉な評価額になっていた。
それを、相続税路線価が地価公示価格(地価公示法)や地価調査価格
(国土法)の80%の水準であることにならい、それらの70%の水準
程度になるように評価方法をあらためた。

十数年地価下落が継続する中での、この固定資産税・評価の変更により
地価が下がっているのに税額が減らない、どころか上がるという状況が
生まれた。急激な税負担増にならないように、負担調整等の措置がなされ
ているが、特に居住用以外は重税感は甚だしく、金融情勢とあいまって
致命的でさえある。

722 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 10:29:54 ID:UKI87Of2
当方、駐車場を経営しているが、地価は十分に下がってしまったが
税金だけは毎年上がり続けている。
料金値上げは勿論出来ないがこれ以上値下げもできない。
家賃が下がらないのはそのためもあるでしょう。

723 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 11:51:28 ID:ZwI3Skqs
北朝鮮がFIFAに上訴へ
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050502&a=20050502-00000014-sph-spo
 これに対しFIFA副会長でもある韓国サッカー協会の鄭夢準会長は同日、
北朝鮮―日本が第三国での無観客試合となったことについて、北朝鮮の上訴を
支援する意向を明らかにした。

 聯合ニュースによると、鄭会長は「3日以内に異議申し立てができるため、
いろいろなチャンネルを通じて北(北朝鮮)が上訴できるように勧告する考え
だ」と述べた。同会長は「北に対する処分は予想外に厳しい」との見方を示し
「FIFAとアジア・サッカー連盟(AFC)の幹部に、北の立場が反映され
るように最善を尽くす」と語った。
[ 5月2日 8時1分 更新 ]


韓国はどうしてしまったのだろう。

724 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 11:52:52 ID:NPFl/p/j
【一定額以下は全額負担 政府検討 医療保険に免責制度】
病院などでかかった医療費は原則、患者の自己負担三割となっているが、一定額以下については
全額を自己負担とする「免責制度」の導入を、政府が検討していることが二十九日、分かった。
軽い病気の診療代は医療保険の対象外となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050430-00000006-san-pol

つい2〜3年前に自己負担3割になったばかりなのに、もうこれかよ。
国民皆保険制度をあぽ〜ん→アメリカ型の民間保険制度にするつもりなんだろうな。
アメリカの医療制度を持ち上げてるマスゴミは、実態を報道しなさすぎ。
アメリカで最高レベルの医療を享受出来るのは、大金持ちのみ。
多分、郵政民営化とも一部リンクしているんだろうな。どんどん住みづらくなっていく一方だ。
この国の政治家、官僚は、日本人の幸せの資する為に働いているとは言いがたい。

725 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:24:02 ID:NPFl/p/j
自己負担増→受診抑制→平均寿命が短くなる→
→年金支払い開始年齢まで平均寿命が落ちる→年金受給者激減
→年金支払わずに済み、政府ウマー

>>724の政策は、アメ保険会社の要望にプラスして、年金破綻も防げるも狙った
政策なのでしょうか。
なんでも、アメリカでも年金(SSN)が崩壊しかけたときに、国民保険を
無くして平均寿命を短くしたそうです。以前は世界でもトップだったアメリカ
の平均寿命は、いまはフランスより4年短く、日本より10年短くなりました。


726 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 12:41:38 ID:paZ99kbm
>>724

そのわりに混合診療は揉めてるんだな。
税金から給料もらってる方々が国が衰退していくような政策ばかり
考えてどーするんのよ。
自分達で首絞めてるってわかってんのかね。先が知れてる老人じゃ
あるまいし退職金やばいんでないの。

727 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 13:01:43 ID:NPFl/p/j
政治家は特権階級、霞ヶ関は天下り先確保済み、だから俺らは無関係の感覚なんだろう。

混合診療推進派は、厚労省。反対派は医師会。
厚労省はアメリカ型医療に移行したくて仕方ないように見えるのだが...
世界一の長寿を誇り、WHOから世界一の評価を得ている医療制度を崩すのか。
http://junction.jugem.cc/?eid=35
(アメリカ医療実費の実例が出ているサイト)





728 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 16:27:42 ID:ZwI3Skqs
>>727
混合診療で医療保険制度を民間に開放した場合、誰が得をするか?
答えは、医療保険に影響力を持っている霞ヶ関。
というより、オリックス宮内はどうにかならんのかね。
あの売国奴をどうにかせんと、国が終わる。

729 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 17:02:10 ID:JsMIEFP4
博士号は得たけれど「ポスドク」激増で就職難
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000306-yom-soci

軟着陸を先送りしてこの有り様かよ
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

730 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 18:04:09 ID:ZwI3Skqs
>>729
笑い事じゃないよ。大学の先輩でいたけど、深刻だった。
従兄弟は、30そこそこですでに助教授だけど。こういう人は圧倒的に少数だし。

731 :賃借人:2005/05/02(月) 18:57:27 ID:jTLWyZWP
721
居住用についても特例をみなおしすべきでは。
ちなみに、居住用について特例があるというのも誤解が生じます。
住んでいなくても、他人に貸していても特例の適用があるのでは。


732 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 20:54:37 ID:f1LH3imY
私は運天使の役割は終えたとしても、今後はみなさん不安だらけのようですね


733 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 21:58:19 ID:jqV4Y8So
無駄な国家予算の歳出、財政緊縮をした後、
「無駄金」にならずにすんだ分はどこに回されるんだろう。

734 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 22:13:32 ID:RQh+ZNT9
>>731
賃料はすでにかなりのデフレ状態だと思うが。
都会は需要が大きいのだから仕方が無いだろう。
地方には2DK三万円台の物件がごろごろあるよ。

>>733
どこにも回らないよ。元々足りない分を国債発行してやってた
訳だからね。毎年40兆円の赤字国債、これをどうにかせんとい
かんという事で支出を減らしている。だが支出を減らした事で
戻ってくるはずの税金も減った。だから結局赤字額も変わらず、
経済が冷え込むという結果だけが残る事になった。
現状が何も改善しないにもかかわらず大量虐殺、これが緊縮財
政の正体なんだよ。アホだ。


735 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:08:35 ID:f1LH3imY
なんでこんな奴らの為に働かないといけないんだ

736 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:09:59 ID:AKOQ8gzJ
>>734
>現状が何も改善しないにもかかわらず大量虐殺、これが緊縮財
>政の正体なんだよ。アホだ。

目下、退治すべきはデフレで、現在の日本においては赤字国債の額の大小は本質的な問題ではない。
一定の成長さえあれば別にどうってことはない。にも関わらず縮小均衡路線を選んでいる。

不謹慎を覚悟で言うが、石○紘基さんが亡くなって、縮小論者が1人消えたのは大変に喜ば
しいことだった(あれは言い掛かりで殺されたようなもので気の毒だったが)

ついでに、個々の利権の是非と国家経済の問題を混同しているベ○ジャミン・フルフォードとか、
国債が暴落すると言い張って人気作家になった幸○真音とか、「小泉は甘い、もっと緊縮汁」と喚き
散らす大手紙の論説委員とか、めんどくさいから全員荼毘に付されればいい・・・とすら思う・・・。

737 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:14:03 ID:H/QMJgGL
>>687
昔JRのCMでこんな歌があった「電車が走る電車が走る〜♪(中略)もしも僕が遅刻をしたら乗ってる皆が遅刻する〜♪」

根は深いなこれは。

738 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:25:42 ID:90PXsNXV
>>729-730
子飼がドンドン増えてる。このスレにも振り向けばポスドクいるでしょ。
キャリアにとっては彼らは要らないんだよ、だから兵糧攻め。

誰かのマネのつもりではないのだが、
先週ちょっとした集まりがあって、福知山線事故の話になった。
ここで皆が頷いたのが三つ。
・次の宝塚は平面乗換駅
→山手線内でも青山一丁目や赤坂見附、お茶の水など
 乗換駅のメリットデメリットは熟知しているはず
・なぜ宝塚線という通称が封印されたのか
→宝塚といえば阪急、お触れでも出たのかはたまた自主規制か
・首脳陣の土下座行脚は
 「現場を嗤う者は現場で泣く」の格言通り
→遺族に「声出しぃ」とドツかれる屈辱は「日勤教育」以上だろう。

最近は現場云々が軽視されがちだが、考えさせられた次第。

早くどっかのメディアで「アメリカ年次改革要望書」を特集しろよ。
ttp://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html
全否定しろとは言わない、確かにごもっともというのもあるが。
少なくとも、この通りにしか動けない世間に警鐘を鳴らす効果はある。

739 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:33:51 ID:aRFafq7U
>>738

>早くどっかのメディアで「アメリカ年次改革要望書」を特集しろよ。

同意。こんな重要なことが今まで話題にならなかった日本社会は変だ。

740 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:34:51 ID:QQeNcvDZ
ちょっと経済に詳しい奴は、もう何年も前からこうなると分って
いた。だから必死になって各所で説いてまわったんだ。でも俺も
含めみんなヒステリックすぎた。結局ごく一部しか事態を理解さ
せる事が出来ず、反感だけが残った。
有名な政治家やマスコミに登場する連中が、ここまで経済に無知
なのには驚きだった。絶句するしかない。
後は、印象の悪い亀井に期待するしかない。俺の周りでも何人も
死んだ。絶望の中でかすかに残った希望がこいつなのは悲しい。

741 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:38:41 ID:L47FRMyw

亀井といえば、イトマン事件て、結局、どういう事件だったんだ?

マスコミと権力は常に情報操作するものだが
あのへんから情報操作の質が変わったような気ガするんだが

742 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:46:25 ID:90PXsNXV
>>739
自己レスなんだが、
ttp://www.bunshun.co.jp/jicho/nihonkaizou/nihonkaizou.htm
いちおう、こういう本は出ているんだが、
文藝春秋(月刊ね)はわざと特集しないのかと勘ぐってしまう。

これで一本特集出来ると思うんだけどね。

743 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 00:55:01 ID:aRFafq7U
>>742

あ、私もその本は読みましたよ。
そこで初めて年次改革要望書の存在を知りました。

日本の大手マスコミ報道における分析が、
事態の周縁をぐるぐる回るばかりで、
まったく本質を突かない様子に
ずいぶん前からいらだっていましたが、
またか、という印象だけが残りました。。。

744 :賃借人:2005/05/03(火) 01:01:20 ID:JrQlilZz
734
賃料が安くなっているなんてどこの話ですか。
都会だって、5DK数千円台なんてごろごろあるよ。
ただし、持ち家で相続した物件だけど。

745 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 01:54:10 ID:AKOQ8gzJ
>>742
その筆者は、朝日の「私の視点」にも出ていたけどね。ただし、朝日本紙は特集はしていない。

「文藝春秋」は保守リベラル誌。個別には読むに値する記事、リベラル派の立場から政
権を批判する記事もあるけど、基本はその時の政権を支える立場。
以前、反米特集もあったが、床屋政談的な攘夷論が大半だったと思う。

あるいは、批判も中身をよく読むと、自民党他派閥からの牽制に過ぎなかったり、批判のフリ
をした援護射撃(もっと改革汁、とか)だったりするケースもある。
野党や新党・与党若手にマニフェストさせる記事もあるが、今は民主党や与党若手の政策も
内実は小泉政権に勝るとも劣らない「改革」だしね。対立軸がない。

どうせ保守なら、亀井を押し立てて「リフレせよ」大特集とかすれば面白いんだけどね。むりかな?

746 :一般人A ◆ZDsDoUUyC6 :2005/05/03(火) 01:56:46 ID:P5p/KPdK
日本改善を目的としたHPを立ち上げました
国民の国民による国民の為の政治を目指していますので、一緒に力を合わせてがんばりましょう!

HPはまだ作成した段階で、BBS以外はほとんど機能していませんが・・・
今後いろいろと更新していきますので、アドバイスなどをお願いします

http://resistant.client.jp/

747 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 02:00:31 ID:+7PxyqGJ
お1人でどうぞ・・・

748 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 04:24:50 ID:nQ6gvSHa
小泉さんはまだ家族に危害を加えるつもりらしい

749 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 08:15:47 ID:v0E0YOvt
そういえば、政府系金融機関も概ね廃止の意向らしい。
郵貯に関しては、外資に取られるおそれがあるが、
政府系金融機関を民営化などしてやっていけるのだろうか?
確か、あそこってほとんど慈善事業みたいな投資してたはずなのに。

750 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 12:22:35 ID:1l2k7fGS
ようするに、小泉式キリスト汚染型政治は必要以上に犠牲を強いるわけだ

751 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 12:56:47 ID:zhxk3C/X
今度BSで「どうする 財政再建」というのをやるらしい。
http://www.nhk.or.jp/bsdebate/
出てくる面子はろくでもないやつらばかりだが
掲示板があって、そこで議論が交わされている。

暇な人応援よろしく。
どうせメールは読まれやしないだろうし
(この面子じゃあなぁ・・・)

752 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:42:05 ID:pKYCBE1R
経済産業省なんかが中韓への日本企業の技術供与と進出を推進していたのはなぜ?


753 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 19:27:22 ID:HJu377S/
>>752
政財官には、国際競争力型経済・外需依存型経済への執着が強過ぎる。あれはなぜだろう?

経産省と言えば、最近は「コンテンツ立国」を吹聴し、「映画とオタクで日本の競争力を
高める」みたいな無茶苦茶なことを言っている。もうね、アホかと、バカかと。

東大にプロデューサー・コースが出来たり、北野武が東京芸大大学院の教授に就任
したりといった事態も、管轄こそ違えど連動した動きと言えるだろう。

ところが、業界はこの機に乗じて脆弱なインフラの整備と制作条件の改善を行おうと
目論んでいるので、バカバカしいと知りつつ話に乗っている。
(現に、多媒体化によるコンテンツ・ブームと、中央官庁の誘導による各自治体のフィルム・
 コミッション・ブームで、国内での映画制作はプチバブル状態になりつつある)

同じようなことが各界で起こっているのだろう。つまりは内需を支えるために膨大なカネ
と手間暇を掛けて外需(外圧?)を利用する、という回りくどいことをしているに等しい・・・のでは?

754 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 19:41:01 ID:1l2k7fGS
俺の名前を変えさせる為の騒動でしかありません

755 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 22:54:04 ID:r2KPA6hW
今、ポスト小泉レースはどんな感じなんだろうと予想してみた。

予想
◎平沼
○町村
▲麻生
×安倍
△岡田
△小沢
△福田
穴:枝野
大穴:石原

党内で精力的な平沼が可能性が一番高いと思うが、最近の町村の活躍ぶりも見逃せない。
町村は閣僚経験が安倍とは比較にならないほど豊富だ。
福田説はたまに聞くが、あまりにも話題から外れている期間が長い。
岡田、小沢はどっちも死に体にしか見えん。

個人的願望では、突然尖閣に自衛隊を置けとか言い出した枝野が、持論のクーデターがあったらいいな、
または石原慎太郎が、とんでもない計画を練っている可能性を期待したかったりするが。

756 :たまご:2005/05/03(火) 22:55:54 ID:vBpYhRm+
みんなでゆーとぴあを作ろう

ゆりかごから墓場まで
完全なる自由民主主義を目指して
ゆーとぴあが目指す世界は人々が自由に平和に豊かに暮らせる自由民主主義の世界です。


ゆーとぴあの政策

1.勤労者に毎月50万円〜1円千万迄、普通に働けば毎月100万、業績に応じて国から支給する。
2.主婦、大学生、障害者に毎月50万円、小中高生に毎月5万円、国から支給する。
3.年金として60歳以上の者に毎月50万円支給し今まで払い込まれた年金積立金は返却する。
4.相続税と贈与税以外の税金を廃止し相続税を100%とし贈与税を50%とする。
5.県市町村の地方財政は国庫から使い放題とする。
6.株式会社から個人商店に至るまでの全てを国営とし事業資金は国庫から使い放題とする。
7.株式会社は株式をそれ以外の会社は資産を国が時価の2倍で買い取るものとする。
8.都道府県毎に新しく農業会社、林業会社、漁業会社を作る。
9.会社の役職は5年に一度、社員による選挙で選ぶ事とする。
10.NHKの料金、高速料金、バス、電車の運賃並びに医療費はタダにする。
11.衆議院議員に立案権を与え衆議院議員ひとりからを法案を提案出来るものとする。
12.銀行や金融機関を日本銀行ひとつに統一する。
13.個人の口座を一人に付き普通口座は1口座開設出来るものとし住所氏名生年月日を口座番号とする。
14.一人につき無利息で3億円までの借り入れが出来るようにし銀行に相談なしに自由に借入出来るようにする。
15.個人の銀行カードをクレジットカードと兼用にし、クレジットカードはNCB(日本クレジットバンク)とする。
16.国の予算は国庫という口座を作り出金があれば出金と同額のお金を国庫の口座に入金処理するようにする。
17.会社の口座は出金用口座、入金用口座、個々開設するものとし利益は従業員で分け合うものとする。
18.総理大臣並びに県知事、市町村長は2期しか就任出来ないものとする。
19.選挙に必要な資金はすべて国が負担するものとする。
20.高校までを義務教育とする。
http://jutopia.hp.infoseek.co.jp/

757 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 22:56:10 ID:6HDfSjox
石原は練ってると思う

758 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:12:19 ID:Va1jqKZ6
>>749
各種公的セクターの「無駄遣い」が問題になっている。個別では問題事例もあったかもしれない。
それは認める。だが、なぜそれがすぐに「民営化しよう」という方向になってしまうのだろう。

民間が常に公正で透明だろうか? 経営陣が訳のわからないことにお金を使っている
会社などいくらでもある(まさに「お手盛り」だ)
だいたい、「公的セクターを民営化せよ」と憤る人間は、ついこないだまで、「バブル期は
訳のわからない融資や投資がまかり通った。けしからん」と怒っていたのではなかった?

財政投融資や国債の方がまだ罪がないようにも思うのだが・・・。

759 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:12:28 ID:v0E0YOvt
>>755
圧倒的に福田有利らしい。
国民の評判も悪くないし、対中外交にも明るいのが理由。
亀井派としては、ボスを差し置いて平沼は支持できないので、
平沼総理は、亀井静香が諦めない限り無理。
ただ、以前も書いたように選挙対策、政策面からいっても
亀井派が石原を担ぐ可能性はあるのではないかと。

>>753
>政財官には、国際競争力型経済・外需依存型経済への執着が強過ぎる。あれはなぜだろう?
善意に解釈すれば、より富を集めるのがわが国のためかと。
実際は、90年代にあれだけ内需拡大をしようとして失敗し、
批判を受けたので、安易にできる国際競争力云々なのではないだろうか。
または、国際競争力を高めることが景気対策になると本気で信じているか。

760 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:16:36 ID:v0E0YOvt
>>758
>なぜそれがすぐに「民営化しよう」という方向になってしまうのだろう。
日本ではエンロンのような不正経理疑惑で国がゆれてないので、
株式会社にすれば経理の透明性がでるだろう、というところでしょう。
これを熱心に語ったのが、バカ猪瀬。
だが、実際は、ライブドアのように赤を黒にできるほど会計システムがずさん。
あなたのおっしゃる様に直轄で、会計検査院がイヤミをいいまくってる方が
マシだと思う。会計検査院はなんだかんだとかなりうるさいし。

761 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 23:17:26 ID:H/QMJgGL
>>759
はっきり言って今の状況だと福田がベストだと思う。
安倍は余りにも酷すぎるし。
>>755
民主党内クーデターはあるかもね。



762 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 08:32:40 ID:zlC6zIwm
>>760
猪瀬は残念ながら舐め方が下手。
叩けば未熟な所がボロボロ出てくる。
回数券発券停止問題なんか担当者大喜びしてるはず。
民営化後に発覚すれば、こんな程度では済まなかった。
全てを知っていて吐露したんじゃ相当な策士だろうけど。

生活もあるんだろうけど、制作に首突っ込んで
プロセス風(プロセスではない)の本を矢継ぎ早に
出すことがビジネスモデルになってしまった。
道路公団なんか民営化することで、経営機密を理由に
情報の出し惜しみされたらどうするんだ?
恐らくここ数年〜5年のうちにアクセスできる情報の濃度
(情報量とは違うことに注意)は官有利になるぞ。

五十歩百歩という突っ込みもあるかも知れないが、
ML仕切ってる村上の方がまだ謙虚かも。

>761
安倍としては米国の首相認定試験を受けたつもりだろうが、赤点だろ。
渦中の郵政民営化でネガティブ発言をされた時点でどうしようもない。
懸案の外資問題を黙らせることもできないのかという印象。
個人的に原案民営化反対派なので、安倍ちゃんGood Jobなんだが。
(個人的な希望は公社堅持でのガバナンスを明瞭化か、一層の民営化の択一)

763 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 08:34:56 ID:zlC6zIwm
制作 → 政策  orz

764 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 09:54:32 ID:41UPgWE/
おい!低賃金労働者兼弱小投資家、逃げ隠れしないで出てこい!
リフレ派&積極財政派&亀井連がお前を叩き斬りに来たぞ!
経済学の理屈と具体的な数字挙げなら、こっちも得意中の得意だ
貴様の牽強付会で詐欺まがいのいい加減なデータ提示やソース引用は通用せんよ。

765 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 10:31:08 ID:m1SOzKJa
>>759
>ただ、以前も書いたように選挙対策、政策面からいっても
>亀井派が石原を担ぐ可能性はあるのではないかと。

以前ってどれのことかわからないんだが、そんな可能性あるのか?
なんかいつの間にか、埼玉の上田知事や神奈川の松沢知事らが石原シンパになっていて、
長野の田中康夫みたいな左派まで石原への支持を見せている。

マスコミとかでは全然扱わない内に、いつの間にか全国規模で「石原派」のようなものが
形成されつつある雰囲気を感じるのは確か。

この郵政問題のゴタゴタの裏で、石原が政権奪取へ静かに布石を打ってる可能性もあるのか?
もし亀井が本気で解散総選挙を覚悟している場合、石原擁立をその切り札に秘めてる可能性も?

766 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:15:34 ID:LpZcO2XD
>>764
こう言っては何だが、低賃金労働者兼弱小投資家を論理的に斬っても意味無いと思うぞ。
リフレ派&積極財政派&亀井連の側は、感情のレベルで決定的に信頼が無い。
当初の小泉支持者の思いは、「不正を許すな」くらい。

その「亀井」ってのがついてる時点でイメージ的にアウトかと。
「閥族的で、結局一部の人が潤うだけでしかないのには変わりなし。」
そう思われるんじゃない?

論理的に正しかろうとも、積極財政の「出し方」と「その理論」を論じないと信頼は得られないでしょう。
不満票は取れるかもしれませんが。

767 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:16:39 ID:rB+hXjOq
>>764
常駐スレは何処?


768 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 15:29:57 ID:yrndQopn
>>765
まったくないとはいえないと思うよ。
今回の補選は2勝できたが、次の選挙を戦うには、目玉商品がない。
特に、亀井・堀内・旧橋本系でのスターの不在。
亀井を党の顔にするより、石原で戦った方がやりやすい。

あと、田中康夫が石原に好意的な発言をしているのは、
例の補助金絡みの教育問題ね。
ラジオを聴いてるけど、それ以外では好意的な発言は聞かないよ。

769 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 20:52:14 ID:Urxdw2tz
亀井は不味いだろw
亀井先生のカラオケが上手いのは同意するが、その他の点においては感情的な面で受け入れられない。
マネタリスト的な考えじゃあねぇw

770 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 20:58:28 ID:mKpfP2yE
今日はトシちゃんが乗ってたようなポルシェには遭遇するし
Ferrariにも遭遇するし、なんなんだ一体

771 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:01:54 ID:VybjlKwI
>>769

亀井がマネタリスト的?

772 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:17:59 ID:f9EB54+Y
最近ネットでよく見かけるんですが。
これってヤクザの関与とかあるんですかね?

集団ストーカーとは
http://www.stopstalker.jp/
最近、集団型のストーカー犯罪が大きな社会問題になっています。
いわゆる通常のストーカー犯罪とは違う不特定多数の集団による、
組織的な犯罪の集合体のことであり、被害者は多数にのぼっていま
す。多くの被害者の体験によると、犯行は不特定多数の加害者を伴
って連日行われ、期間は数年にも渡る長期的な嫌がらせ・悪質なデ
マ・つきまとい・盗聴・盗撮などが被害状況として続きます。また
、加害者の風体は、サラリーマン・暴力団・肉体労働者・OL・主婦
であったりとさまざまな職業や立場風の人が加害者として関わって
います。年齢も老若男女で下は中学生〜老人に至るまでさまざまな
年齢の加害者が登場します。
ありえないことだとお考えでしょうが、これは事実なのです。一見、
被害妄想かと思えるような事ですが、あながち不可能ではないことが
分かってきました。また、多数の被害者が確認されていますが被害者
の多くの被害状況が驚くほど似ているのも特徴です。(→犯人像の推
測)被害者が知人に相談して事の解決に当たろうとすると、その知人
にも被害が及び知人が協力に及び腰になるということも被害の解決の
難しさに拍車をかけています。
現在被害者の間では、これらの犯罪を「集団ストーカー」「組織スト
ーカー」等と呼んでいますが、このサイトでは、この犯罪を「集団ス
トーカー」と呼ぶことにします。
集団ストーカーについて詳しく知りたい人は以下のサイトも参考にしてください。

盗聴・盗撮・集団ストーカー被害
http://www.geocities.jp/antistalker2004/stalker.htm


773 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:20:33 ID:mKpfP2yE
スーパーカーとの遭遇どころか
アドホックで混乱映像が流れてるよ


774 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:30:59 ID:rB+hXjOq
今テレビをつけたら、公共放送に宮内と孫(半島系)が出演。。
なんなんだこの国は.。ooO(゜ペ/)/ひゃ

775 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:37:47 ID:mKpfP2yE
ショックを与える為に意図的にそういう事をやって
それから都合の良い”提案”を織り交ぜて洗脳する手法だよ

776 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:38:36 ID:NUCEvUou
>>774
しかし、今日の日本人の意識からすりゃ、
一部の熱き在日の方が、妙に(日本に対する)愛国心持ってたりすんだよな。
逆に言えば、日本人が情けなさ杉。
北やシナが暴発したら、アメが戦ってくれるとでも思ってるのだろうか・・・

777 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:40:09 ID:mKpfP2yE
>>776
それ騙されてるだけ

778 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:42:08 ID:mKpfP2yE
呉の孫権、蜀の劉備
劉備は遇い川に陣を敷き呉に殲滅された

779 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:51:47 ID:NUCEvUou
>>777
トリプルセブンさんよ、ちょっと前の話だけど
漏れ小錦とかさぁラモス見てると、彼らの方が日本精神持ってる、と思うヨ。
名前は伏せるが在日プロスポーツ選手の○○だって、
日の丸しょって日本の為に戦ってくれてるじゃん。
誰かまかせの日本人(貴方とは言っていない)より、
立派だと思うけどなぁ。

780 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:55:52 ID:rB+hXjOq
しかし、孫と宮内が外資の利益を優先しているのはガチ

781 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 22:14:31 ID:fYnFjUwn
くだらんね。出自と日本の国益を害す者とはノットイコールだ。
日本人が日本の国益守れてたらこんな国情にはなっていなかったはずだが。


782 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:07:07 ID:mKpfP2yE
この板で暴れてたケーヤの店は潰れてたよ
 


783 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 05:07:02 ID:WQcUprin
http://www.asahi.com/national/update/0504/OSK200505040032.html?t1
これを見ると本当に民営化が正しかったのかどうか疑いたくなるのだが皆さんは如何お考えでしょうか?



784 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 05:56:44 ID:T2xi9x22
>>783
「民営化は正しくなかった」という世論を形成するために
事故を起こさせたかもしれないね

亀井静香は公安警察内「サクラ」のキャップだったから、
その程度のこと、してもおかしくないかもな

785 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 08:42:38 ID:62wi3xvA
しかし、新聞も袋叩きだな。
懇親会がどうとか伝える前に、やることあるだろ。
北朝鮮の問題だって、下手すりゃ開戦っていう状態なのに。

786 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 09:33:29 ID:VjtPOiMp
3日午後3時ごろ、東京都千代田区有楽町2丁目の「有楽町マリオン」前の路上で、
革マル派系の全日本学生自治会総連合(全学連)のメンバーら数十人が、複数の右
翼団体の構成員とみられる男らと小競り合いになった。この影響で、全学連側のワゴ
ン車の後部窓ガラスが割れるなどした。全学連側は当時、改憲に反対するビラを配っ
ており、警視庁は、右翼側がこれに反発した可能性があるとみて調べている。

 丸の内署や複数の目撃者によると、ビラ配りの場所の近くを通りかかった街宣車か
ら、男数人が降りてきて全学連側と口論になり、しばらくしてもみ合いになった。すぐに
何台もの街宣車が駆け付け、双方で100人近くが小競り合いになったという。

 約30分後、日比谷公園周辺で警備活動をしていた機動隊員が到着し、騒ぎを制止
した。休日の繁華街とあって周囲は一時、騒然となった。

 全学連側は「右翼が殴る蹴(け)るの暴行を働いてワゴン車を破壊したうえ、2人が鼻
や背中にけがをして病院に運ばれた」と説明している。同署によると、右翼側は「メンバ
ーの1人がワゴン車のタイヤに足をひかれた」などと話しているという。

 近くの広場で騒ぎを目撃していた男性会社員(63)は「まるで70年代の学生運動の
ころのようだった。平和な日本で今どき、こんな思想の衝突があるとは意外だ」と話して
いた。

tp://www.asahi.com/national/update/0503/TKY200505030196.html

これが右翼の正体だ。
暴力で言論を圧殺し憲法改悪し、日本を軍国主義国家にするのが右翼の狙いだ。



787 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 09:45:43 ID:dnJ6bggo
>>786
右も左も逝ってよし

788 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:15:26 ID:62wi3xvA
>>772
うちのHPにも同じ書き込みがあった。
集団ストーカーって何なんだろう?

789 :闇の声:2005/05/05(木) 10:16:26 ID:R9K9iqvh
連休の間も、色々な人物と会って話を聞いたり座談を持ったりした
体の良い道楽なのかも知れないが、反面気楽な集まりだと思いも掛けない
話も出てくるね

JRの事を書かないと言ったけれども、やはり書くべきと思う話が幾つか出てきた
ボウリングや運転士の事ではない
これは、鉄道に詳しい(法律や判例など 彼は三河島事故判決をずっと研究している)
弁護士の言葉なのだが、信楽高原鉄道の事故原因を単なる信号トラブルと信号無視と言う
信楽側の過失にしているけれども、その裏側にはJR西の体質が実は既に現れていると言う
信号が青だから信号所から発車させたと言う事を云々するのではなく、何が何でもダイヤを守って
稼げと言う体質はあの頃から変わっていないし、他社の運転状況なんかお構いなしで
自分の所の運転ダイヤだけは勝手に守る・・・営業成績だけに関心があるという事だね
JRの運転士は、信号が青だから発車させたと言う事ではなく、ダイヤを守らなければ成らず
その為に信号が青ならばJRの責任ではない・・・たとえ、すれ違いを信号所でしなければならないと
判っていてもだ
加えてあの事故は、当時の運輸相近畿監察局だったかの監察官を迎えに行く形で
信楽側は無理矢理発車している
しかも、発車させたのは鉄道での現場経験のない課長職・・・独裁者で有名だったらしいね
常に、現場を怒鳴りつけるので恐れられていたらしいが、JR西の管理と何処か似ている
運輸省にはからっきし弱くて、下には独裁者・・・JRは怒鳴る代わりに精神的な圧力を加える
同じ事だね


790 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:20:02 ID:/Jidn3lk
>>786
馬鹿だなぁ
街宣右翼の多くは=朝鮮人=起原はCIAによる工作
日本人の愛国心を抑制するために
愛国や、保守的な「右翼」の評判をわざと貶めてるんだよ

>>789
だよね?闇の声さん

791 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:21:24 ID:/Jidn3lk
そもそも「右翼」団体と「左翼」団体は裏で手をつないで
自作自演で日本を貶めてるようなことしてるしな

792 :闇の声:2005/05/05(木) 10:22:38 ID:R9K9iqvh
垣内や南谷は居残る気らしいね
それはそうだろう・・・JRと言うのはそのグル−プ会社を無数に持っている
影響力を行使出来る・・・それこそ、街の観光案内会社や観光タクシ−まで入れれば
相当数の数に上る
駅弁を見れば判るのだが、非JR系の業者はどんどん排除されている
一例を挙げると、昔千葉駅の弁当業者はMしかなかった
しかし、JRの言うことを聞かないので、売り場は無理矢理縮小させられて
ホ−ムでの販売高は減る一方だ
それでも根強い支持層があるのと、仕出しで食べていけるから何とかなっているらしいが・・・
まして、予約代行はJRと良好な関係を保っていなければならない
そこに、JRのつけ込む隙がある
甘い、美味しい利権が待っているのに、何故辞めることが出来るのか・・・
一定期間、頭を下げていれば良い・・・そうとしか思っていない

国交省もさるもので、何とか役員や部長クラスで人を送り込もうとしている
早速、北側を焚き付けて厳しい大臣談話を出させようとしている
京福電鉄が営業休止と第三セクタ−へ移行した時に、役人は誰か送り込もうとしたらしいが
あまりの業績不振と、すぐにも経営陣が廃止申請をしそうだったので見送った由
たとえば、航空会社は慣例として海保の課長クラスを役員として迎え入れている
何のことはない、何年も前の事故でお世話になったからその見返りだそうだ
彼は、黒塗りの車で出勤して日がな一日新聞を読んで過ごす
昔の事故で、遺体捜索をやった話しをしては「俺を忘れるなよ」と、言い続けている
それが、官僚なのだ

793 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:23:28 ID:62wi3xvA
>>786
右翼だっていろいろ。
まじめに政治活動やってるのもいれば、ヤクザ曲がりなのもいる。
左翼だって、まじめにやってるのもいれば、テロ曲がりなことをやるやつもいる。
なんでもかんでもレッテル貼るのはよろしくない。

794 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:26:42 ID:/Jidn3lk
>>793
そういうレッテルを貼らせる為にいろいろ工作してる人たちがいるんだよね

795 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:35:33 ID:XMAx12Ak
>>793
ただ一つ言えるのは、右翼には馬鹿でもなれるけど左翼には勉強しなくてはなれないってこと。

796 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:41:07 ID:sjsF0zdK
>>795
何十年前の話だよ


http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/19704003.html

797 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:42:21 ID:WQcUprin
>>792
国交省の話じゃないですけどTV局の場合は総務省の役員を取締役に迎えてるそうですね。


798 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:46:06 ID:sjsF0zdK
今の左翼なんて時代錯誤でコンプレックスやら何やらがいっぱいで
日本を怨んでるだけの負け犬のクズばっかじゃん
なんとしても日本の脚を引っ張ろうと、中国や朝鮮に土下座させ続けようと
必死になって感情だけで動いてるのばっか

799 :闇の声:2005/05/05(木) 10:48:53 ID:R9K9iqvh
ところで、小さな政府議論がここでかわされている
行革の志と今とでは全く異なっていると思う
それは、小泉改革の中味その物であるし巧妙に小泉(正確に言えば飯島)に
取り入って様々な動きを骨抜きにしていった官僚その物と言える
つまり、小さな政府では言葉が足りないのだ
小さいが、強力な権限を有する政府と言う事だよ
役所は、リストラしましょう・・・しかし、残った官僚達は従来以上の権限を有し、
同時に利権構造は維持し続ける・・・
自分がJRの事をしつこく書き続けたのも、これを言いたいからだ
さらに問題なのは、竹中が政権中枢にいることで、利権で得た金を運用して
あぶく銭を稼ぎその上がりを外資経由で陰徳出来る・・・
つまり、官僚トップと飯島、竹中は自分達のやる事に賛同する官僚とそれを担いでくれるメディアには
極めて手篤く遇している
これ、竹中固有の手法だね・・・選民主義というか、金持ち優遇でその上がりをかすめ取る・・・
前にも書いたけれども、バランスシ−トだけで中味を見ないからお金が偏って流れようが
竹中には関係ないことだし、官僚もそれを判っていても何も言わない
金融改革を例に取ってみてみると、金融庁の権限を強化すると共に監査基準を自分達だけで決めた
それに対する反論は認めない・・・結果、金融機関の独自性は失われて、以前よりももっと酷い
統制下にある
金融庁の言う数字を叩き出しているから、改革は順調に進み体力も戻って来つつある・・・と彼らは言う
しかし、歌舞伎町の話しではないけれども古くからある個人商店がどんどん無くなっている
今まで通りの数字ではもう融資は受けられないし、その背景には地上げとチェ−ン店化が進んでいる
当然、そこには組織も介在している
中小企業も同じ事だし、闇金に回るように仕向けているのは前にも書いたとおりだ
人の話を聞かない(聞いて理解することが出来ない、傍若無人でも平気な)小泉だから
精神的に保っているだけのことだよ


800 :闇の声:2005/05/05(木) 11:00:41 ID:R9K9iqvh
ごく一部の選ばれた人間だけで、何もかもやっていけばよい・・・
これは、猛烈な受験戦争を勝ち抜いてきた官僚の思い上がりの産物だ
そのロジックを巧妙に利用しているのが竹中であり、毒を食わせて
スキャンダルを巧く使っているのが飯島で、恰好付けることが大好きな
小泉が改革者という名前の独裁者を気取っているだけだ

大蔵省の様々なスキャンダルで、さしもの官僚大国も揺らぐのかと思われた時に
救いの手をさしのべたのは・・・何処だと思う??
公明党と、創価学会だよ
キャスティングボ−ドを握った瞬間から・・・と、言うよりも池田大作の天才的な嗅覚で
官僚機構は使えると思ったのだろう
官僚批判を控え始める
同時に、お抱え芸能人を駆使して(つまり、出演拒否をちらつかせた)情報操作を始める
ここに、官僚批判・・・特に、改革批判が出来なくなる構図が出来上がった
改革を指示するが、同時に庶民の味方公明党と言う形を取り始めるのだね
これは、官僚にとっては渡りに船なのだ
公明党の閣僚は何も知らないから、役所にとっては楽であるし、これは冗談に近い話しだけれども
勤行に忙しくて政務になんか励めないと言う
だから、やりたいようにやれる
創価会員ではなくても、創価学会の部下を登用すればその筋から昇進、昇格に口添えも貰える
実に恐ろしいことだね
これが、小泉改革の正体だと、自分は思っている

ついでに言うと、大手流通のある大企業のCMが実に象徴的だなと思った
遂に、軍門に下ったなと思った
創価学会のかなり有力な芸能人が、堂々と「変えます!」と言っている
これは、創価学会に有利なように変えられてしまう・・・
哀れなことだね
詳しいことは、命が惜しいから言えないが・・・

801 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 11:11:19 ID:sjsF0zdK
ヤクザって創価の信者多いんだよな(笑)
免罪符のつもりで入ってるのか(笑)
そういうところにつけこむのが上手い宗教だからね(笑)
創価の発展と武富士の成長の仕方ってそっくりなんだよな(笑)
両方とも半島に関係あるようなことが2chで言われてるけど本当なのかな(笑)
怖い怖い(笑)

802 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 11:11:49 ID:IVvDGtiZ
>>799
>役所は、リストラしましょう・・・しかし、残った官僚達は従来以上の権限を有し、
>同時に利権構造は維持し続ける・・・
政治家の能力・志の低さが原因でしょうね。
自分自身の老後には重大な関心があるのに、
年金問題には全く改善意思が無い。


それでいて、立案する政策レベルでは貯蓄よりも投資をと言う。
あるいは、消費不足だから無理やり吸い上げて公共投資をと言う。

何故にずれるのか?

803 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 11:26:51 ID:4qGMzhYH
下っ端公務員はどんどん切って行け、しかし自分らは別物、もっとも官僚はもう
自分らのことを公務員だとは思ってないだろうな、ある意味政治家よりたちが悪い。


804 :803:2005/05/05(木) 11:31:15 ID:4qGMzhYH
しかし>>800闇の声、官僚の中でも外務省の官僚はもはやあっち側の人間かと
思うような人間しかいないのだが、例えば小泉外交の未熟さも外務官僚の責任もあると
思うのだがなぜこうなったのか?

805 :闇の声:2005/05/05(木) 11:50:40 ID:R9K9iqvh
>>804
この連休中に、官僚からファンドのマネ−ジャ−になったと言う人物に会った
殆どの会話は、書くことが出来ないがその中で少し驚きもしたし
同時に貴殿の質問の答えになる内容があった
この二三年、官僚になっても終生官僚か、あるいは政治家になるだろうと言うのが
どんどん減ってきていると言う
彼の元へ、様々な人物が尋ねてくるのだがその半分は官僚であり、辞め方からビジネスの立ち上げ方を聞いて来るのだが
では何故、官僚になったのかと聞いてみると・・・
官僚の特権を利用して、人脈を作り上げてそれをビジネスに活かすと言う事だった
それでは国家はどうなって、国民はどうなるのだ?と聞いてみると極めて冷ややかに、
「貴方にそんなことを言われる筋合いはないですよ いざと成れば権力を行使しますよ
ここに来て、教えて貰っているからそれ以上は言わないですが、官僚だったからお解りでしょう」と言われたそうだ
彼がファンドになった理由は、役所に失望したのと家庭の事情で一時期にカネが必要になったからだが
今の若い官僚は頭に浮かぶのはカネの事であるという
同時に、企業のモラルが無くなった結果官僚達への”餌”が物凄く増えた
結果、志よりも手近にある利権となった
外務省はやや異質なのだけれども、バブルの後遺症でお金の流れでアメリカにつけ込まれた結果
独自性のある政策が打てなくなり、同時に森−小泉という”特定の”政治思想に染まった
政治家が(小泉は染まって見えるだけだが)首相になったからだろうね


806 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 11:54:16 ID:WQcUprin
>>805
悪夢ですな。
公務員志望の学生達にとってはかなり衝撃的な話ですね。



807 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:16:04 ID:/TdF0hcz
>>788
集団ストーカーは大陸や半島と関係があるらしいです。

808 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:55:36 ID:DjzgwYMu
>>807
宗教は?

809 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:04:17 ID:dnJ6bggo
>>808
三色なのでは?

810 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:11:55 ID:Ccf+Ebw6
なにも信用できないからカネしか尺度にしない
 
トヨタもそんな所があるから、官僚も影響されてるね

811 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:20:14 ID:4nNaQJtq
闇の声さんは今年はバカンスに行かなかったのか

812 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:38:42 ID:kLSUaOyn
>>795
今は全く逆かもしれない。
幼稚園、学校、それにテレビ、ラジオ、タレントの言葉、歌の歌詞まで、
全てが世界平和と人類平等、戦争は悪、武器は悪、政府は悪者という刷り込みのシステムが
できあがっている。

物心ついた人間は、自動的にリベラル左翼になるのが今までの日本。
世の中について主体的に興味を持ち、歴史を勉強してみたいことには右翼になどなりようがない。

ネットウヨってのは、自分が受けてきた左傾化洗脳教育に気付いた瞬間、
その「騙された」というショックと怒りを、この匿名掲示板でぶつけている層が多いと思う。


813 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:47:37 ID:Ccf+Ebw6
中国・アメリカの右翼は日本の左翼
中国・アメリカの左翼は日本の右翼
に成ってるだけ

814 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:56:43 ID:4ATzKESn
>>799
>行革の志と今とでは全く異なっていると思う

「志」も何も、当初から最終目標は闇氏が批判しているような点にある政策だったと思いますよ。
確かに行政機構の肥大化・非効率化も問題なので、すべてを否定する訳ではないけどね。

ただ、デフレ期に公的セクターをリストラして緊縮財政を行うのは完全な間違い。

「雇用の不安定化」(よく「公務員だけ特別扱いでリストラはなしか?」と的外れな批判があるが、
デフレ期に公的セクターまでが安定雇用を放棄したらどうなるのか? 公務員を批判するのではなく、
民間をリストラと不安定雇用化に誘導する政策を批判せよ)、「実態経済の収縮」「受益者負担増」
「行政サービスのトータルな意味での低下」(民間に任せれば全てが良くなる、というのは間違い。
目先の「受付での対応が良くなる」といったレベルではなく、もっと総合的に考えてくれ)、
「労働の一層のアウトソース化」をもたらすので実に危険です。

815 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:56:56 ID:kLSUaOyn
>>806
その公務員志望の若い学生というのが、そもそもリベラル左翼化教育によって、
アナーキズムとミーイズムしかない拝金だけが尺度の自己中心主義者ばかりが揃っている。
今の日本というのは、子供の時からすでに腐っているわけで。
国家のことを考えて国民として行動する志を持ってる人間なんてのはほとんどいやしない。

816 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:58:06 ID:4ATzKESn
>役所は、リストラしましょう・・・しかし、残った官僚達は従来以上の権限を有し、
>同時に利権構造は維持し続ける・・・

誠に仰る通りで、「民営化・民活・規制緩和」自体が新たなポストを生み出すシステム
と化している。マスコミが天下りを批判するほど天下りが増える構図ですね。

とはいえここで、「官僚こそ追い出せ」みたいな論調に陥るのも危険で・・・ある程度は
大きな政府(批判派に言わせると官製国家ということになるのだろうが)を維持しつつ、
彼らを監視する方向性を考えなくてはいけない。
オンブスマンやマスコミも、「民間に任せればいい」というのもまた極論だと気づくべきだろう。
とくに左派までが「小さな政府」に騙されている傾向は何とかならないのか?

817 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:00:35 ID:Ccf+Ebw6
もうかつてのソニーやホンダのような会社ができないかもしれない事を
認識できてない

818 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:02:16 ID:33WBRozD
他の板で質問したのですが、分かる人がいないようなのでここで質問します。
都市再生機構(旧公団)はかつて地価の値上がり等を理由に家賃を値上げして
いたと記憶していますが、それなら、少しは地価が下がったのですから、家賃
を値下げすべきではないのでしょうか。
また、保有している未利用地に固定資産税はどの程度かかっているのでしょうか。
分かる人がいたら、教えてください。


819 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:49:47 ID:62wi3xvA
闇氏に質問なのですが、GWに人とお会いになった中で、北朝鮮関連の
話題はでましたか?
下手をすると、6月までに空爆をやりかねない情勢なので、もし、
ご存知でしたら、教えてください。

820 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:52:29 ID:Ccf+Ebw6
空爆じゃなくて、水爆実験

821 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:53:21 ID:62wi3xvA
そうそう、質問するだけでなく、北朝鮮攻撃について、私見を一応。
我が家は米軍基地のすぐ近くにあるので、飛んでいる飛行機の量と質が
変わると戦争が始まるとわかるのですが、今のところその兆候はないです。
イラク戦争の時は、開戦2ヶ月前から、明らかな変化があったので、
これは間違いなくやるな、とわかりましたが。
ただ、戦闘機に関しては、ここ1年ちょっと、対北朝鮮に備えて
ミサイルを常に実践装備した状態でスタンバイさせているそうなので、
もしかすると、いきなりやれる公算があるのかもしれませんが。

822 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:54:09 ID:62wi3xvA
>>820
空爆というのは、北朝鮮をアメリカ軍がすることです。

823 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:58:28 ID:kLSUaOyn
>>821
どこの基地?

824 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 16:40:15 ID:/6rDwQpS
>>6月までに空爆をやりかねない情勢

どの様な情報からそう判断されたのでしょうか?
割り込んでしまう形で申し訳ないのですが、お教えくださいませんか。

825 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 16:50:13 ID:eIPR1FN8
こういうのもあります。

池萬元氏「5、6月朝・米戦争の確率90%以上」
ttp://japanese.joins.com/html/2005/0502/20050502192152500.html

826 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:12:56 ID:cuhmqban
>>805を読むと見事な腐れっぷりに笑うしかない。
>>815のような妄想あふれた事を書くのもいるし。
アナーキストなら官僚を志望する筈が無かろうがw
逆だよ、逆。

827 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:31:49 ID:I86+ok06
>>821の地元にある基地は横田か厚木だろうな。
機体にアンテナやレドームなどの突起物がたくさんついている奴がよく飛来すると、キナ臭さが感じられるようになる。
具体的な機種名やその任務については、ここは政治板なので省く。知りたければ軍事板へ。



828 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 18:04:32 ID:62wi3xvA
>>827
具体的には、演習する飛行機の量が増える。それと普段はあまり練習しない戦闘機。
あと、面白ネタだと、普段はヘリなんてあまり飛ばないんだけど。
イラクが泥沼化と言われた頃、超低空飛行(300mぐらい)でいくつもヘリが飛んでた。
戦場に見立てた演習やってるんだろうけど、ものすごい騒音で迷惑だった。

829 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 18:34:47 ID:IVvDGtiZ
>>814
>ただ、デフレ期に公的セクターをリストラして緊縮財政を行うのは完全な間違い。
マクロ経済学的にここはわかるんですが。

我が国の民間企業は、公務員の待遇を参考にして従業員の待遇を決めてはいませんよ。
それに、参考にしているなら何故にリストラが横行するのでしょうか?

デフレ期の公的セクタの人減らしが間違いとは言えないでしょう。
少なくとも、労働のアウトソース化を招くからという理由では。

所得が能力とその活用によって決まるべきものであるのに、
天下り公務員は過去の地位によって所得が決まる状況がおかしいのですよ。


830 :803:2005/05/05(木) 19:13:37 ID:4qGMzhYH
>>闇の声
国民はどうなってもいい、というのは公務員であるなら仕事放棄といえるな。


831 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:25:19 ID:WQcUprin
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/m20050505k0000e010043000c.html
亀井静香もびっくりの利権塗れのお前に言われたかねえよと突っ込みたくなった。



832 :816 :2005/05/05(木) 19:33:30 ID:3G4cDrR9
>>829
>我が国の民間企業は、公務員の待遇を参考にして従業員の待遇を決めてはいませんよ。

大半の企業は、「公務員より待遇や労働条件が上か下か?」ということを多かれ少
なかれ気にする傾向はあると思いますが? 例えば週休二日も公務員から波及していったわけです。
(もしも公務員が率先しなかったら、まだまだ週休二日でない事業所も多かったでしょう)

ここで、「公務員は休みが多いからけしからん」「自分たちが休みたいからやっただけだろう」「定時に帰
りやがって」(これは場所によって違うのだが)とか低レベルなことは言わないでくださいね。

また地方や中小零細によっては、国Uや地上の方が待遇がいい、という逆転現象が起こっており、
これが「国Uや地上の給与を民間と同列にせよ(?)」という主張・政策の根拠になっていますね。
(これも行き着く所は官民でデフレ競争なので、マクロ的には愚策でしょう。本来は
 「経済成長を維持し、余力と各種社会保障で再分配を行おう」と言うべきなのですが・・・)

833 :816:2005/05/05(木) 19:36:49 ID:3G4cDrR9
現状の問題は、「無い袖が振れない会社が増えた」「利益が出ている大手でも内部留保が
増え、労働分配率が下がっている」ということなのです。やはり根本的な元凶はデフレです。

>それに、参考にしているなら何故にリストラが横行するのでしょうか?

労組が弱いからでは? とはいえ、企業も無い袖は振れない訳で、やはり全体的な経済の
底上げが必須です。デフレを脱却し、労働者も堂々と企業に要求ができる社会を目指しましょう。

>デフレ期の公的セクタの人減らしが間違いとは言えないでしょう。

その分で維持していた正規雇用が失われるわけで、これは大きく見れば失策と言わざるを得ません。

834 :816:2005/05/05(木) 19:39:10 ID:3G4cDrR9
>少なくとも、労働のアウトソース化を招くからという理由では。

すでに独法化された公的セクターでは、実質的な賃金据え置きと新規正規採用の抑制が
起こっています。(マスコミに言わせると、「まだまだ公務員・みなし公務員が多いから
けしからん」そうですが)
また、PPPやPFIも、要するに効率化名目で安く挙げよう、という目的なので、
元請け以外の現場労働者や下請け・孫請けは叩かれるだけでしょうね。これは平均的な
労働単価の切り下げの一要因に成り得ます(これもマスコミに言わせると、「官業の民間開放で巨
大市場が生まれ雇用も確保」といいこと尽くめらしいですが)

>所得が能力とその活用によって決まるべきものであるのに、
>天下り公務員は過去の地位によって所得が決まる状況がおかしいのですよ。

まず私自身は、いわゆる「天下り公務員」を擁護する訳ではありません。ただし現状は、「天下り
を無くそう」と叫ぶほど「天下り」は増えます(少なくともキャリアでは)>>816

腐敗に憤るのは良いのですが、公的セクターを縮小すれば世の中は善くなる、とい
う単純な正義感とは訣別して頂きたいのです。

835 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:03:22 ID:xjxAp3xQ
議論するのはいいことですけど、自分達に何ができるか?ってことの方が大事じゃないですか?
批評することだけなら誰でもできますからねー

836 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:10:03 ID:WQcUprin
また話を戻しますが今回の事故をめぐる各週刊誌の屁タレ具合が如実に表れた感じがする。
明後日発売の週刊誌2誌の中吊り広告も小さい扱いだったし。
これでよく堀江に反論できるものだと呆れた。





837 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:31:38 ID:IVvDGtiZ
>>832
週休2日は過去の話ですが。

>>833
>現状の問題は、「無い袖が振れない会社が増えた」「利益が出ている大手でも内部留保が
>増え、労働分配率が下がっている」ということなのです。やはり根本的な元凶はデフレです。
>労組が弱いからでは?
つまり、公務員の待遇は従業員の待遇を決める有意な要素ではないと。

>>834
>腐敗に憤るのは良いのですが、公的セクターを縮小すれば世の中は善くなる、とい
絶対数を減らしていけば、天下る側の人間の数も減りますよ。次第に影響力も落ちる。
いずれ、戦後の工業化の過程で農業に起こったことが起きるでしょう。

>元請け以外の現場労働者や下請け・孫請けは叩かれるだけでしょうね。
現状でも既に叩かれてますが。孫受け以下は禁止するくらいでないと、この問題は解決しないでしょう。

838 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:15:58 ID:qzBHcNci
長年に渡ってデフレを放置してきたのは単に日銀の無能さだと思ってたんだけど、
もしかしてわざとやってるんですか?
唐突なゼロ金利解除もそうですが、今度も量的緩和を解除するとか言い出してるし。



839 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:54:21 ID:jSu81t/f

ビリヤードくらいにしとけばよかったのにな


840 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 21:56:49 ID:GIc5pDcq
無責任官僚と創価の利権コンビか・・・。小泉の罪はホントに重い
な・・・。

841 :816:2005/05/05(木) 22:11:55 ID:yPcg8sor
>>837
>絶対数を減らしていけば、天下る側の人間の数も減りますよ。次第に影響力も落ちる。

闇氏や当方のレスを全くお読みになっていないようで・・・現状では、小さな政府に
するほど、裏腹に実は中央官界の権限は大きくなりますし、天下りも増えます。

民営化・法法化した公的セクターや、規制緩和・民活で得をする業界が待っていますから。
また最近は「地方分権」「官から民へ」と言いつつ、メディア・学界や地方首長・国政
に入るのもトレンドですね。堺屋太一あたりが先駆けですが。
地方首長のやってることも、地方分権と言いつつ「カネは出さないから勝手に
やってよ」という霞ヶ関に意向に沿っているに過ぎません。
(だから言って、いっそキャリアもいなくなってしまえ、と中央省庁解体論に走るべき
 でもありません。ある程度は大きな政府を維持しつつ監視する方向が望ましい)

公務員が憎いのは構いませんが、デフレ下の小さな政府は愚策に過ぎないと
いい加減に気づいてくださいよ・・・。

842 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:20:19 ID:IVvDGtiZ
>>841
その中央官界の頭数も逓減させていけば良いでしょう。

843 :816:2005/05/05(木) 22:22:24 ID:yPcg8sor
>>842
他人のレスを読まない人と話をするのは疲れるわあ・・・。

>だから言って、いっそキャリアもいなくなってしまえ、と中央省庁解体論に走るべき
>でもありません。ある程度は大きな政府を維持しつつ監視する方向が望ましい

ここまで素朴な小さな信者というのもいるんですねえ・・・。

844 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:27:49 ID:2uQ4BN0R
内容は別に悪いとは思わないが
文章を軽量化したほうがいいかもな。

845 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:30:25 ID:IVvDGtiZ
>>843
逓減と解体は違います。

0まで減らせと言いたいなら解体と書きますよ。

846 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:37:49 ID:IVvDGtiZ
>民営化・法法化した公的セクターや、規制緩和・民活で得をする業界が待っていますから。
受け入れる業界側が無関心になる程度まで小さな存在になったら、
その時が逓減の止め時でしょう。

847 :816:2005/05/05(木) 22:43:40 ID:yPcg8sor
>>845
個人的には反対ですが、現状は貴方のお望み通り「行政のスリム化」の方向ですが?
小泉信者や民主党信者と話している感覚がする。
実際は弊害の方が大きいと思うし、むしろ中央官僚の権力は強くなっています。

>>846
>受け入れる業界側が無関心になる程度まで小さな存在になったら

そこまで小さくしたら、行政サービスの低下の弊害の方が大きくなると思いますよ。
だいたい、民間に任せるとすべてが善くなるのでしょうか? オリックスの宮内義彦みたいですね。

848 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 22:52:40 ID:IVvDGtiZ
>>847
>実際は弊害の方が大きいと思うし、むしろ中央官僚の権力は強くなっています。
今は民営化できる所が沢山ありますからね。
しかし、所詮は切り売り方式。
いずれネタがつき始める。小さくなり始めるのはその時ですね。

>そこまで小さくしたら、行政サービスの低下の弊害の方が大きくなると思いますよ。
でしょうね。
ただ、一度はそこまで落として連続性を断ち切らないと、
官界における有意義な改善は不可能でしょう。
自浄作用が期待できませんからね。

その先に、まともな政府を期待しますよ。

849 :816:2005/05/05(木) 23:05:50 ID:yPcg8sor
>>848
いや、だからデフレ期の小さな政府は危険なんだって・・・。>>814 何もわかってないな。

>その先に、まともな政府を期待しますよ。

だから、
>ある程度は大きな政府を維持しつつ監視する方向が望ましい

と言ってるじゃないの? その次の政府が清廉潔白、という保証などどこにあるの?
現在は官民の審議会を軸に、宮内や奥田といった連中が政府に「小さな政府・規制緩和」を
求めている状況ですよ。誰のための「小さな政府」なのか、この一事で完全に明白じゃないの? 

貴方が役人・公務員が憎いのは勝手だけどさ、正義感の暴走でもっとおかしな人間を呼び込まないでくれよ。

850 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:31:00 ID:JXD7ot5/
>>815
安心なさい。戦後教育に毒されるような脳の弱い者は官僚になれないから。
官庁に進んだ友人たちをみると当初の志は実に高く、一般人を遥かに上回る愛国心があった。
なぜなら彼らの生まれつきの地頭は、中学や高校あたりの教師など足もとにも及ばない。
ダメ親やダメ教師のもとでも子は育つものだ。

彼らの利権を云々しても仕方ない。権力と所得があれほどアンバランスな職種を見たことがない。
バランスの悪さに関してはヤクザや水商売より酷いのではないか。
彼らの給与水準は、成績が1ランク下だった私の年収のン分の1、好況時は10分の1以下だ。
個人的にはあんな安月給であの激務によく耐えていると感心するが、
果たして彼らいわく、決してカネのために働いているわけではないが給与のことを思うと葛藤を感じざるを得ないという。
当然だ。彼らは生まれ持った資質とこれまでの努力と職業上の権限に比べて、悲しいほどに貧乏だからだ。
いかに使命感があり優秀でも、利権や権力にまつわる甘い話しに転ぶ人間が多少出るのは止むを得ない。
というか、そういう人間がきわめて出やすい構造は四半世紀以上にわたり温存されてきた。
そこに目をつむり、たまに発覚するスキャンダルを見て大騒ぎすることに、一体何の意味があるのか?


851 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:35:07 ID:3Ty+8uLk
>>850
>彼らの給与水準は、成績が1ランク下だった私の年収のン分の1、好況時は10分の1以下だ。

貴方は何やってる人? 官僚が(仕事の割に)薄給なのは事実だが、かといって国Tの年収
の数倍から10倍を稼ぐとは・・・カタギの話とは思えないなw

852 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:40:30 ID:GIc5pDcq
このスレで、官僚の問題について論じていると、定期的に火消しに現
れる連中がいるがそんなに心配なのか(w

853 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:48:51 ID:JREj0O56
今の最重要課題はデフレ脱却だからね。
デフレを克服するだけで影響する諸々の問題も解決する。
諸悪の根源はデフレなのです。

854 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:52:37 ID:IVvDGtiZ
>>849
>その次の政府が清廉潔白、という保証などどこにあるの?
ありませんね。

>ある程度は大きな政府を維持しつつ監視する方向が望ましい
しかし、その監視役が精錬潔白である保証もありませんよ?

>貴方が役人・公務員が憎いのは勝手だけどさ、正義感の暴走でもっとおかしな人間を呼び込まないでくれよ。
この監視役の方が、同程度におかしい人になることは無いと何を根拠に考えているのでしょうか?
政府機構の監視など、片手間で出来ることではありません。
それをやれる余裕があるのは、背後にパトロンがいる人間だけです。

855 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:58:45 ID:3Ty+8uLk
>>850
官僚は志望時には期待できる年収の額はたいして気にしていない。受験者は、東大(最近は他の旧帝
や早慶の出身者も多いようだが)の、大学受験の延長で頂点を目指したい人間が大半だから。
その時点では、ある意味で、カネよりも「国を動かす」やり甲斐を求めているとも言える。

とはいえ確かに、入庁後に徐々にバカバカしくなることはあるかもしれないね。最近は東大生でも、
国Tよりはコンサルに行きガッポリ、という方向を望む人間が多いそうだし。

というか、うまく言えないが・・・最近の勝ち組ホワイトカラーには、妙に新自由主義型の
「自由な実力社会」を目指す人間が多いことはあるかもしれない。
「自分たちは学歴・地位の割に恵まれていない」と思いたがるのは、現在の勝ち組層共通
の病なのかもしれないよ。官僚はその同時代の気分に従っているだけなのでは?

それと、これはいっけん矛盾するようだが、彼らは本気で「抵抗勢力(?)を破壊し
実力主義にすれば、自由で万人に公平な社会が訪れる」と思いたがる節がある。
よく聞くと、その「実力」とは「自分たち程度の能力」を前提にしているに過ぎなかったり
するのだが、本人たちは自分たちは万人にも優しい、と思いたがる節があるようだ。

そんなスマートな彼らを、周囲もついつい勘違いして担ぐ。残酷に心優しい実力主義者たちよ・・・。

856 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:01:46 ID:IVvDGtiZ
人や組織が堕落するのが不可避であるならば、
定期的に壊しては作り直していくしかない。。

理想は、自浄・自己修正してもらうあり方ですが、
とりあえず、いまの官界にそれは期待できそうにありません。
どんなに徹底的に監視したところで、全当事者の意識が変わらない限り効果は無い。

それ以前に、天下りを権力の濫用と認識できない人間・組織はおかしくないのでしょうか?

857 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:07:40 ID:JXD7ot5/
>>851
金融業。伝統的な価値観から堅気の稼業ではないと言われたら否定はしない。

ついでに
>>805 
彼らは90年代後半のある時期を境に「日本に対するこだわり」を失ったように思う。
その後の世代が金銭を志向している話しは想定の範囲内ってやつですね。

858 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:13:35 ID:cdbfOZcY
>>852
そうじゃないの?
9・11前はなにか前向きに皆で少しずつアクションできないかという動きが
当時30代の国Iを中心に少しずつあったんだが、あの突っ込みで全部おじゃんに
なった。

あの事件そのものはモノの面での損害は地震などに比べてそれほどでも
なかった。
ところが、マインドの面でのダメージはめちゃくちゃだったんだよな。
ブッシュもクリントンもアルカイダに完全殲滅ではなく一部スルーして
いた面がある。結局政権としては揺るがなかったわけだからな。
恐らくクリントンと違ってブッシュは勇退後も暗殺の危機に晒されるだろう。

あれだけ内外に敵を抱える米国大統領経験者も珍しいのではないだろうか。

859 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:18:45 ID:cdbfOZcY
>>857
国Iの場合は振り出しからゴールまでのマスの数が他の業種に比べて少ないし、
脱落の割合が高いんだよ。
自由業や民間なら、同等のキャリアなら60越えてももう一花咲かせられる。
じゃ、国会議員に鞍替えかというとそういうわけにもねぇ。


860 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:20:08 ID:gMFtanpS
人の良心を前提にした政策はうまくいかないよ。
人は必要に迫られなければ善行をしないものだからね。


861 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:20:31 ID:O2aVbmE1
>>857
>彼らは90年代後半のある時期を境に「日本に対するこだわり」を失ったように思う。
何が原因と思われますか?
差し支えなければ、教えていただけないでしょうか。

862 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:25:29 ID:xoUWfyl4
>>852
こんな連中に野次られながら公僕として働かねばならない公務員に同情を禁じえないのだが、、、

水は高いところから低いところにしか流れん。
高級官僚の給与をせめて東京海上や野村證券の一選抜に合わせようとか、
こんな給与体系だから地方公務員並みの人材プールを想定してシステムを見直そうとか、
嘆くのも結構だが、そういう発想にはならないのかね?

863 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:33:34 ID:zcTewVu9
本当の意味で分権すれば仕事も楽になるさ〜。

しかし、それはイヤだったりする訳だよ。
困ったもんだねww

864 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:33:35 ID:O2aVbmE1
>>862
そういう発想になったとしても、財務省がNOと言うでしょうね。
それ以前に、どの政治家でもそれを言い出す勇気と実行力は無いでしょうけれど。

865 :855:2005/05/06(金) 00:34:04 ID:2pRcmoch
>>862
今は公務員の給与を上げると恨まれるからw 下げた方が喝采される。それと、仰りた
いことはわかるのだが、個人的にはカネだけの問題ではないと思うんだよね。

なんというかなあ、ある種の官民勝ち組層共通の「不満」というか改革志向というか、それが
妙な方向に向かいつつあるような気がするんだが・・・。>>855

866 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:45:28 ID:xoUWfyl4
>>861
生臭すぎて書けない。
ただ官庁で働いている自分をイメージして当時なにが起きていたかをじっくり振り返れば
なんらかの想像ができるはず。

867 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:53:08 ID:bPVR+QNK
176 :名無しさん@恐縮です :05/01/27 18:00:20 ID:GSRmIjhl
次回の007は、世界制覇を企む悪のうどんカンパニーとの対決ですか?

868 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:00:03 ID:O2aVbmE1
>>866
ありがとうございます。

>>865
その勝ち組みの方々は、
人を育てることや、育てた人の成長に「生きがい」を感じているでしょうか?

「不満」は、過剰に「日本は駄目」とマスコミが言い続けた事が原因と思います。
同時期に、社会から身体性が失われたようにも感じる。
日本社会の有様を、誰しもが見失い肯定的に捕らえられなくなったというか。

個人としては「駄目じゃない」と証明したいのかもしれません。
しかし、身体性というか社会との一体性が、
頭の中に不完全にしか存在しないので、どこかしらずれるのでしょう。

869 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:10:56 ID:gMFtanpS
昔も今も戦犯はマスコミです。

870 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:23:34 ID:U3vRO1jm
>>851
キャリアは退職金がまあまあいいだけぐらいで、ほんと医者やヤリテ弁護士、会計士
株屋にくらべりゃスズメの涙ほどっていわれてるな、せいぜい国家権力の付加的な利権が
近くにあるってことか。
>>869
確かにそうだな、今日のJRのボウリング大会発覚事件でも記者がチンピラのごとく、幹部
を怒鳴っていたが、何様のつもりだと思う。自分より年齢も上の人に対して最低限の礼儀
くらい分らんのかとおもう。
 またフジにしてみれば事故のあった当日の昼から大手民放で唯一コメデイー流していた、
ボウリングがどうこう言える状況じゃないのにな。

871 :870:2005/05/06(金) 01:31:52 ID:U3vRO1jm
>>855「スマートな彼ら」
言い方を変えると、純粋まっすぐクン、シンプルってことですね。なまじ知識があるから
また厄介なんだよな、しかしそんな輩を使いこなせたのは今も昔も田中角栄ぐらいだったと
思う。
 使われるほうが向いてるのが官僚なんやからその使う人間がおらんと変な方向いってしまいますわな。

872 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:37:49 ID:bPVR+QNK
キリスト教では、丸太の頭を切られる
出る杭を叩くというけど、実際は違う
 
指導者を殺していくわけだ

873 :855:2005/05/06(金) 03:07:57 ID:uzFLXh30
>>868 >>871
新自由主義的な考え方に従えば、「規制緩和」して小さな政府にし、自由な選択と自己責任
に委ねれば、万人に公平な実力主義の社会が現れることになる。

ただし、そうした思想はしばしば情報の非対称性や生育環境による有利不利を考慮に入れていない。
さらに往々にして、そうした政策は各種社会保障や再分配装置も同時に縮小させてしまうことが
多い(だって、行政をスリム化して「自由」な選択と自己責任に委ねるのだから!)
そこで、かえって格差が拡大することになる。今、日本で起こっているのはそういう事態だと思いますよ。

例えば自民党・民主党の若手たちには、「他人も自分程度の能力を持っている」という
前提で物事を考える傾向があるように感じる。恵まれた出自の人だけでなく、むしろ
下から上がってきたような人でもそうだね。
どうも、最近の官界・政界・財界・学界・金融・メディア等にはそういう人が多いん
じゃないか? だからこそ臆面もなく三木谷や堀江がスターになるというか・・・。

しかも彼ら自身に悪気はない・・・優秀で努力家でスマートだ・・・だからこそ、「残酷で
心優しい実力主義者たち」と呼ぶわけなのです。>>855

874 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 03:19:10 ID:skRLq/Ob
もっとも成果が悪しき物となってしまったならば、その「実力」とやらも、
全く問題にならなくなる訳だが。
政治家達はとりあえずそこにいるという意味以上の機能は、
ロクに果たしてこなかった。
成果はあまり良くないというか、出てないというか、悪く転んでいるね。
官僚も同じ事が言える。
「実力」とやらがあるのかね?
テストで良い点をとる事に役立つ以上の「実力」が。
大して無い様に見受けられるな。結果から見れば。

875 :闇の声:2005/05/06(金) 13:52:49 ID:6px0yrMo
現場を見て、現場から事実を掴んで、その対策を考える
基本的なことなのだが、その能力は官僚も政治家も欠如している
さらに、この度の事故報道を見ると判るのだが、メディアは事故を待っていたかの如く
遺族など被害者の神経を逆なでする報道を続けている
事故の加害者は、メディアも同じなのだとも考えられる
その被害者は、あまりに感情的な報道で様々な重要な問題から耳目を削がれてしまった
国民全体とも言えると思う

官僚が事実を見なくなったことに関して、つまらない意地の張り合いと情報分析能力の欠如があるのだが
同時に官僚の胸ぐらを掴んで振り回せるだけの記者もいないし、政治家も官僚の言う事を事後報告として聞くだけだ
その結果、紙に書いた物以上の事実は掴みようがない
>>874にあるように、簡単に言えば情報をつかんでそれを考えるときに、自分の見解が先にあって(もちろん推測でしかない)
その推測に合うか合わないかが重要な価値観に成っているようだ
テストの答えに合う情報しか、彼ら官僚は欲しないしその下部組織はそれを知っているから
予め用意された形でしか情報は流さない
言い換えれば、官僚が手にした事実とは彼らが予め考えた事実だと言える
それがもし異なっては、その下部組織はたちまちリストラや減俸をちらつかされることになる
しかも、最近NPO等の非政府組織が増えた結果より官僚のなわばり意識が強くなって
対話をするどころか、情報戦で干し上げてしまおうというのか、非協力的な若い官僚が
急増しているという
これは、その知人曰く受験戦争のあおりでテストで負ければ親に叱られると言う感じの
稚児にも等しいつまらない蔑視感情の為せる業なのだそうだ
メディアに庶民は耳目をふさがれて、官僚はつまらないなわばり争いと点数稼ぎに終始して
そうでなければ人脈作り
政治家はそんな官僚と持ちつ持たれつの関係をだらだらを繰り広げている
一にも二にも、選挙で危機意識を持たせることとなおいっそうの情報公開を迫ることだ





876 :闇の声:2005/05/06(金) 14:10:21 ID:6px0yrMo
政局だけれども、どうやら今回も森派の勝ちだね
亀井の雄叫びは判るのだけれども、資金が無さ過ぎる
それ以上に、メディア戦略で亀井は負けた
メディアに敵が多すぎて、亀井の言う事をまともに取り上げようとしているのは
フジぐらいだろう
しかも、亀井は警察官僚だが今の警察関係は決して亀井に好意的ではない
むしろ、自分達の利権が守れてしかもスキャンダルを隠蔽してくれるのなら
小泉の方が良いと思っているようだね
民主党の体たらくも亀井に利あらずだ
民主党は、郵政民営化をどう思っているのか、さっぱり判らない
まだ、自民党内の反対派の方が判りやすい
しかも、民主党の欠点は庶民の方を向いたアピ−ルが全然出来ないことだ
岡田という人物の性格そのままと言える
国会の論戦ならまだしも、庶民に訴える能力が無さ過ぎるね
おまけに、民主党内ではまたまた鳩菅戦争が始まりそうだ
国会どころではないのだ


877 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 14:59:49 ID:EYSbl7aj
>>876
欝になりそうな話ですね。。

878 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:11:12 ID:T6Dx7PKn
>>877


879 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 15:26:12 ID:g4UQNNUK
加害者に限って、現場に近づいてくる、だから過信も禁物だ

880 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:22:21 ID:YG7j/R6c
>>877
橋本派支配だって30年続いたんだから、森派支配だってまだまだ続くんじゃないのかな。
庶民にできるのは、子供を東大か慶應に入れて勝ち組への入場券を持たせることだね。

881 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:27:56 ID:8vwBhbR6
日本と中国との間のかさぶたに、爪を立てて引き剥がした新聞社がある。
日中友好を妨げる真のA戦犯は九段下ではなく築地にいる。

882 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:28:07 ID:EYSbl7aj
>>880
問題なのは森派に有能な人材やパイプを持ってる議員がいないことだよ。
経世会もあれだったが有能な人材やパイプを持ってる議員は少なからずいた。
森派なんて昔ならともかく今じゃパーの集合体じゃないか?


883 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:40:27 ID:YG7j/R6c
>>882
橋本派にパイプがあるのは長年政権の地位にあったから
森派だって、政権の地位にあれば追々できてくるんじゃないかな
だいたい、パイプの有無で政権を任せるんなら民主党なんて永遠に
政権とれなくなっちゃうよ

884 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 16:43:28 ID:EYSbl7aj
>>883
作れればいいんだが彼らにそれが出来るのかどうか。
>>876
もう鳩菅は第一線から身を引いてくれ。
またマスコミにおもちゃにされるぞ。




885 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 19:44:59 ID:sRXsHjNj
>>875
>最近NPO等の非政府組織が増えた結果より官僚のなわばり意識が強くなって

これはどういう意味でしょうか?

>>876
いま、日本でデフレ脱却型の政策を唱えているのは志帥会(亀井)ぐらいしかいない
のですが・・・。ここまでマスコミも世間も「子孫に借金を残すな」「改革が足りん!」とデフレ
型構造改革を望んでいるのでは、もうどうしようもないのでしょうか?

とにかく「借金を残すな」と、経済が循環で成り立っていることを完全に無視した空論
がこう罷り通っているようでは・・・。(国債の額の大小は本質的な問題ではなく、
成長との兼ね合いなのに・・・) 
郵政民営化にせよ、一般の人間は「悪い族議員を成敗汁」とか本気で思っていますね。
「悪い族議員」ならぬ「悪い経営陣」「悪い株主」に仕切られた民間も幾らもあるでしょうに。

886 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 19:50:38 ID:sRXsHjNj
>>880
>庶民にできるのは、子供を東大か慶應に入れて勝ち組への入場券を持たせることだね。

それもあくまで「入場券」でしかないんだけどね。「乗車券」ではない。

そこで、教育の受益者負担も重くなる一方ですね。「ゆとり教育」批判の大半も学力低下や指導
要領の話に終始し、教育の民活・民営化・自己責任化の是非には届かなかった。

何もわかっていない中山が「ゆとり教育は間違っていた。学力向上を行う」と言い
出し、現場もメディアもそれに振り回される。もう悲喜劇的であります。

887 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 19:51:31 ID:+5fTQy1o
>>885
財政問題を無視出来るならいいけどね〜。

888 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 20:01:53 ID:sRXsHjNj
>>886
補足。「ゆとり教育」の本質とは、「教育は新自由主義型に改革されるべきか?」
という問題だったのですが・・・学力の話ばかりで見事に間違えた。
<参考>
教育改革を読む 佐藤 学(東京大学教授)
ttp://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/687.htm

教育論議の頽廃・錯誤は、構造改革への転倒した期待に繋がるものがあると思うのであります。

>>887
経済が循環である以上、デフレ下の緊縮財政は完全な間違いですし、国債の残高ばかりを気にする
ことも間違いなのです。緊急の課題はデフレです。ドーマーの定理に従って頂きたい。

889 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 20:24:22 ID:SAfAluQe
>>885
亀井だと、どうしても族議員の名称の下、企業舎弟やチョン資本がついてくるからなあ・・・
亀井の名前では2ちゃんの支持すら得られない。

亀井が石原を担がないかなあ・・・

890 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 21:13:55 ID:TkSkaTNS
>>889
というよりも亀井が引っ込んで他の香具師が立てば言いだけの話。

891 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 21:16:57 ID:62hEbYoj
首が引っ込み杉だがな

892 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:09:04 ID:cubRBRVQ
亀ちゃんしかいないのになあ
人気、金がないのか・・・・
間違ってないぞ 亀ちゃん!

893 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:09:15 ID:TkSkaTNS
>>885
かくなる上は海外へ逃げるか。


894 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:56:01 ID:r75I1bIU
なんか最近亀井さんを押す書き込みが多いな。
いい人なんだけどねぇ…。組織的?

895 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:01:19 ID:R50Zenoz
>>889
石原と亀ちゃんは親しいようだが、石原の経済政策は亀井と一致しているの? そこが肝心。

>>894
組織的ということもないだろうけど・・・諸悪の根源はデフレ、道路公団や郵政の
民営化も間違い、という点で、亀井待望論にでもすがるしかないからでは?

896 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:06:28 ID:TkSkaTNS
>>894
告訴魔亀井は嫌いだがここまで状況が悪化している以上何らかの手を打たないと不味い。

897 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:09:31 ID:HhpJ9bsX
>>894
蚊命

898 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:22:36 ID:O0DSaDAM
> 民主党の欠点は庶民の方を向いたアピ−ルが全然出来ないことだ

何で民主党の中から、こういうことの出来る人が出てこないんだろ
う?

899 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:48:38 ID:Pmg8yXYh
民主党は元々庶民なんぞ見てない。
まずは太平洋の向こうを見て、その次に日本海の向こうを見る。
それから皇居をちらりと見るが無視をして、横田基地に敬礼する。
そういう政党だよw

900 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:02:23 ID:+5fTQy1o
>>898
正直、庶民のほうを向いているのは共産党だけではないかな。
民主党は自民に賛同できない庶民も多く支持しているのは間違いないが、
どちらかというと、それら庶民よりも自民を支持しない各種団体のほうを
向いていると思われ。

901 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:03:22 ID:reE1Qvht
救助活動中マスコミがしていたこと
http://members.fortunecity.com/kaz3/gomi.htm
http://members.fortunecity.com/kaz3/My%20Pictures/Img0014/DSCN1310a.jpg
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1115352643.jpg

今日の「日本全国8時です」(TBSラジオ)
森本毅郎、小沢遼子がJR会見のヤクザ記者を斬る
http://uploader.cute.bz/img/up0152.mp3


JRに大阪弁で怒鳴る記者の正体

朝日新聞  社会部記者
http://makoko.ddo.jp/~hp/cgi-bin/up/img/150.jpg
http://makoko.ddo.jp/~hp/cgi-bin/up/img/149.jpg
http://makoko.ddo.jp/~akira/img/20050505DQNkissya.wmv

http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1115352643.jpg

これ見た感想。
ばかじゃねぇの.。ooO(゜ペ/)/ひゃ


902 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:07:27 ID:YwR7AgCb
>>898
浅尾慶一郎みたいなヤツが多いからでは? この政策提言とか見てみ?
ttp://www.asao.net/katudou/ichiran/article/200304.html

勇ましく「我々は小泉型とは違う」「単純な市場原理型・小さな政府型ではない」みたいな
ことを言ってるけど、本音は「ポスト新古典派」と称したかなり強硬な緊縮財政型・規
制緩和型。そこを隠すためか、庶民にも旨そうな餌を撒いてあるだけだね。

山本一太と親しい時点で信用できないけどなw

903 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:14:17 ID:YwR7AgCb
>>900
マクロ経済政策は志帥会(亀井)、労働者の福利厚生は共産党、という分担がいい。
亀ちゃんがどんどん公共投資をして、日共が行き過ぎをチェック、庶民生活への配慮と
して各種社会保障の充実を訴える。
振り返れば、保革伯仲の55年体制は結果的には優れたシステムだったと痛感する。

904 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:25:37 ID:NaAnpPlB
>>903
逆にいえば55年体制の方がマシだったんだな。。


905 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:33:26 ID:YpOlF4IS
>>899
かと言って、自民党にはミニトルーマンが多すぎる
ためらわずに核のボタンを押す、EMPのボタンも押す、そんな人達だ

906 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:42:47 ID:YwR7AgCb
自己レス >>902
あらためて読み直して気づいたが、この政策提言は上で闇氏が仰っている「小さいが権限のあ
る政府」にもピタリと一致しますね。なるほど・・・。
メンバーのプロフィールを見ても、一流大卒やMBA取得者、元官僚や金融といった「エリート」
さんばかりだね。松下政経塾の人間までいる。彼らの向いている方向も自ずと知れてくる。

こういった連中にせよ、口を開けば「自分も普通の勤め人の息子」と言う。「自分も努力して苦労
してきた。二世や金持ちのぼんぼんとは違う」と言いたいのだろうが、その彼らにせよ、
「他人も自分と等しい能力を持っている」ことを前提に政策を組み上げてしまう。
だから、良さそうに見えて結果的に一般人には苦しい政策が出来てしまうのだ・・・。

>>904
談合型の国対政治に過ぎなかったのかもしれないが、角栄健在の時代が懐かしい。

907 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:05:02 ID:7AtsO8TD
二大政党制とは終には政策が似通ってしまうものだろうな。
選挙制度を利用して一党独裁を終わらせるためには、別の大政党が
議席を取るしかないね。

908 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:30:19 ID:Pc0XwTfh
というよりも、手法がまるで同じであり、構成員の質も人脈もそう、
金の出所も微妙に違う所もあるが概ね似たような所。
自民党が分裂しただけだと考えた方がいい。
アメリカの共和党と民主党も、下の方ではいがみ合っているが、
上部の方では人脈が友人関係も血統もクロスしてる。
アメリカの真の指導層は都合にあわせて共和党と民主党を切り替えているだけ。
都合の悪い約束等を対外的にした場合は、片方に切り替えて無かった事にする。
内政についてもそう。
最初からバランスを取るような政党一本にしてしまうと、
極端な政策などが出来ないので、イラク戦争とか出来ないでしょ?
事実上、二党に分裂してる様に見せかけた一つのシステムが支配しているのがアメリカ。
日本でも同じ手法を取らせるつもりだろう。
それが証拠にアメリカに都合の良い政策では自民も民主も主流は賛成で一致してるだろ?
政党政治というもの自体が茶番劇に過ぎない訳だが、それにしても近年は露骨だ。

909 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:58:53 ID:YpOlF4IS
二つの主語を入れ替えて騙すトリックをずっと続けてる
掲示板嵐と同じですね。頭悪い人が多すぎる。
 
>「他人も自分と等しい能力を持っている」ことを前提に政策を組み上げてしまう。
ってか、これは目が悪い人が多いのかも

910 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 02:03:18 ID:zlJ+2T7I
>>908
>>アメリカの真の指導層

某メルマガで触れられていたような…

911 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 02:07:51 ID:YpOlF4IS
あっちも
ロスチャイルドとロックフェラーで入れ替わってる


912 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 04:30:30 ID:CM7ys/+k
>>911
従来はロックフェラーが共和党を、ロスチャイルドが民主党を
支持していたけど、クリントン政権末期からほぼ完全に相乗りに
なっているそうですね。
石油ビジネスや戦争はどっちかっつーとロックフェラー、
グローバリゼーションや原発や環境ビジネスはどっちかっつーと
ロスチャイルドの領域みたいだけど。

913 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 05:52:41 ID:zdlDA69x
>>908-909
最近、色んなスレで「課題はデフレ脱却、デフレ下での緊縮財政・行政のスリム化・規制緩和は愚策、一人歩きする国
債残高の数字に惑わされるな」と説いているのだが、いまだにわかってくれないケースも多い。

まだ「抵抗勢力・既得権益層を追い出せば日本は良くなる」と信じている人も多いね。その
後の支配層が確実に善、という保証もまた無いのに。
自民党VS民主党のフィクション下で、着々とアメリカ型のウイナー・テイク・オール経済が
準備され進行しているのですね。抵抗勢力は日本土着勢力なので目の仇にされたのだな。

デフレのままの方が貧富の差が開くので「改革」も進みやすい。世論とオンブスマン
を煽れば、幾らでも公的セクター縮小・緊縮財政にも乗ってくれる。
財界人と中央官僚、自民党と民主党が小さな政府で共同歩調を取るはずだよね。メディアと世論
では学者と文化人に道化になってもらう。

914 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 05:55:10 ID:zdlDA69x
「官から民へ」と言っても、その「民」とは審議会に参加しているような財界人と企業を指すに
過ぎない。断じて、一般有権者である貴方のことではない。

「小さな政府」と言いつつ、中央官僚本人は既に様々な転身先(国政・地方首長・ビジネス界や
ファンドに転向・学界・メディア等々)を開拓している。霞ヶ関に残る者、転身していく者、それぞれ
にコースが分かれ、自然とポストが配分されていくだけのことだ。決して悪い話ではない。

915 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 06:08:25 ID:CM7ys/+k
>>913
>最近、色んなスレで「課題はデフレ脱却、デフレ下での緊縮財政・
>行政のスリム化・規制緩和は愚策、一人歩きする国
>債残高の数字に惑わされるな」と説いているのだが、いまだに
>わかってくれないケースも多い。

ずっと読んでいるのだが、少しも説得力を感じないし、欠片も判らん。

具体的には、どの政治家の政策を選択せよと君は言っているのだ?
亀井か?

916 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 06:25:38 ID:zdlDA69x
>>915
>ずっと読んでいるのだが、少しも説得力を感じないし、欠片も判らん。

えー、逆に聞くけど、どこが分からないの・・・? 似たようなことを言ってるのは自分だけじゃないし。

>具体的には、どの政治家の政策を選択せよと君は言っているのだ?

ベストじゃないけど、今は亀井ぐらいしかいない。ベターに消極的支持。

917 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 06:41:02 ID:CM7ys/+k
>>916
亀井みたいな暴力団とつるんでいる、元公安警察キャップで
警察を自分の政治権力維持のため私物化して
パチンコ利権を暴力団からがめて北朝鮮からがめて
国税を暴力団とつながっている土建屋にばら撒くような奴の
政策をベターだという考えが、正気な神経を持っている人間から
生まれるとは私には思えないのだが。

918 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 09:07:17 ID:YKtg3bSl
>>917飯島、小泉コンビの方がクリーンだとでも?ともあれ、重要なのはクリーンさではなく、国益に適う(=デフレ脱却に有効である)かどうか、なのです。

919 :闇の声:2005/05/07(土) 11:18:56 ID:CNBeIaZr
>>885
NPOも玉石混淆で、全てがよい組織ではないけれども、専門的な知識と
経験を充分に積んでいて様々な提言が出来る組織もかなりある
トルコ地震の時に、あるNPOは神戸地震の経験から女性用の生理用品と携帯トイレを
大至急送りなさいと外務省に提言した
ところが・・・ある外務省の若手課長(何でも同期で出世頭とか)は、現地をろくに見もしないで
「僕の考えに従えないのか??毛布と発電器に決まってるじゃないか!!」と、この提言をゴミ箱送りにして
高々10台の発電器と毛布を送って「手篤い復旧支援をしました」と外相に報告している
現地からは劣悪な衛生状況を考えてくれと言ってきているのに、それを無視したのは
何のことはない、NPOに言われるのが癪に障るからだ
諸兄等の中で、高級官僚を怒らせた経験のある人はよく判るだろうが、実に感情的になる
それも自分の言う事、考えたことに拘る
相手を品定めして、自分よりも目下であるか、叱りつけるか冷たくして影響力がない事が判ると
途端に居丈高になる
現場を見るなり、経験したことを話しても、相手によって態度もその後の対応も変えてしまうのが官僚なのだ
彼らにとって、優秀なNPOは邪魔でしょうがない
「あいつ等を罰する法律を設けようじゃないか」とは決まり文句になっている
救われない話しをもう一つ・・・
緒方貞子氏がNPO活動を高く評価する演説をしたことがあった
その時に、特に外務官僚は「東大も出ていないばあさんが何を言うのか・・・」と
そろって冷笑していたという
「日本に帰ってきたら、霞ヶ関じゃ自由にさせないぜ」とは、その時の合い言葉だったという
現に、そうなってるね

920 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 11:32:22 ID:NaAnpPlB
>特に外務官僚は「東大も出ていないばあさんが何を言うのか・・・」と
差別剥き出しですね。
田中角栄なんか小卒で総理になってるのに。


921 :闇の声:2005/05/07(土) 11:35:41 ID:CNBeIaZr
今回の事故でも、国交省で社長や会長と実際に接して、罵声を浴びせるのは
課長クラスだ
それも、「あなた方のお陰でね、ずいぶん省内で肩身が狭くてね」と
冷笑をしながら非人間的な言葉を浴びせるのだろう
その間、直立不動で”お言葉”を拝領しなければならない
確かに、今回のような事故であれば強烈な指導も必要だろうから居丈高になるのも判るのだが
通常の、たとえば法改正などでの企業に対する説明も同じ様な感じだよ
何故なら、許認可権を保っているのは役所であり、生殺与奪の権限も彼らが握っている
この強力な権限を官僚は有効に活かして、利権を漁っている
今回、警察が何故か熱心に動いているのも、ど腐れと言われている兵庫県警の汚名挽回なら
救いもあるが実際には利権漁りだ
鉄道公安官を鉄道警察隊に変えただけではなくて、安全面にも関与しようとしている
つまり、安全機器納入に関して警察のお墨付きを必要とすれば膨大な利権が転がり込む
厚生労働省が乗り出しているのも同じ事で、鉄道会社という配下に膨大な利権を持つ
組織に食い入ろうとしているだけだ
メディアが、JR西の労務問題を騒げば騒ぐほど厚生労働省は動きやすくなる
厚生労働省の前の大臣はどこから出ていたか・・・メディアは何処に握られているのか・・・
考えればその構図は自ずから明らかになる
実に恐ろしい利権国家であり、腐敗の極致にあると言える

922 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 11:37:24 ID:reE1Qvht
言葉の端々に異様なプライドの高さが伺える官僚様のblog( ・_・;) 
  ↓
ttp://bewaad.com/

923 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 11:37:35 ID:uq844X9m
東大卒が人物の絶対評価基準なんですか?
家庭の事情で、大学行けない人だっていっぱいいるのに・・・
これは日本が衰退するはずだ・・・・

924 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 11:57:48 ID:7cFow9O3
>田中角栄なんか小卒で総理になってるのに。

総理なんて官僚から見ると全然美味しいポストではないよ
閣僚の奴なんて馬鹿で自分の利権のことしか頭にないから
提言その他でいくらでもコントロールが聞く
操り人形そのものだから

東大卒は絶対評価ではなく最低基準
残念ながら大学に行っていない人が世の中をコントロールするには
了見が狭すぎる


925 :闇の声:2005/05/07(土) 11:59:16 ID:CNBeIaZr
ところで、その国債問題含む経済政策だけれども
前提として、どうもダブルスタンダ−ドが見え隠れしている気がする
そのダブルスタンダ−ドとは、少子高齢化と高失業率に伴うGDP下落が
実は公表されている数字よりも遙かに酷い予測が出ていて、それを選挙など考えるととても公表できない・・・
実際の国力衰退は想像以上の勢いと言えるのではないか?
自分は浅学故にあまり上手く説明できないが、知人の学者が消費に関して
「使用満足」と「消費満足」と「必需品」の3パタ−ンに分類して考えるべきと言う
つまり、子供用のタンスやベッドなどは必需品であり、使用することで満足を得る
ブランド品は、お金を出した瞬間が一つの満足であり、使用することで満足する
しかし、お金を出した瞬間が一番満足しているのかも知れない・・・結果、この消費は後に残る物が少ない
使って目減りしたりデザインが変われば、その途端に古物としか成りようがない



926 :闇の声:2005/05/07(土) 11:59:53 ID:CNBeIaZr
ここで彼が推測するのに、少子高齢化は言い換えれば家族・家庭の放棄とも言えるし
結果消費行動はお金を使った瞬間に最大の満足を得る方向にシフトする・・・
彼が指摘するのに、小泉が褒め称えた新マルビルにしても六本木ヒルズにしても
お金を使う場所であって、それ以上の効果を望める場所ではない
ヒルズに住むこと自体が目的であり、そこに家庭を築くことが目的ではない
結果GDPがあがってもそれは残っている物はその数字ほどではないから
所得の分配には寄与しない
人口の減少以上に、所得の再分配効果のない消費が国民経済を冷え込ませることになる
加えて、竹中金融政策はお金と物との完全分離を促進させてしまったので
お金は金だけの市場で流通する分がどんどん増えて、結果的にお金の流通物の生産高と物の消費額は
どんどん乖離が進んでしまう
GDPが上がっても、お金がお金を呼んでいる分が増えているから
実質消費は減る一方で、これが本当の国民経済の実態であり、竹中ロジックがそれを
隠してしまっているから公共投資をしなくても景気は順調に拡大して財政再建へ向けて
梶を切れる・・・
しかし実態は、次に繋がっていく消費・・・家族・家庭・そして子供に繋がっていく消費は減る一方であり
お金だけを増やして、それを使うことだけに満足する層が増えているから数字が上がっても実態はデフレなのだ・・・
そういえるのではないか?
それを隠すためのダブルスタンダ−ドが必要なのだ


927 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 11:59:57 ID:TLVZqmmZ
次のスレタイは
「不良債権問題の解決はヤクザと公務員の殲滅から」にしたいな。

928 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 12:39:20 ID:YiDM5yoh
>>926
贅沢品と必需品の消費で経済的効果が変わるのか?
貴方の乗ってるルールスロイスのリムジンも庶民が子供の送り迎えのため買った
カローラ50台も金額が同じである以上、同様の所得分配効果があるはずだが。

929 :闇の声:2005/05/07(土) 13:16:29 ID:lCTGh/qZ
>>928
残念ながら、ロ−ルスロイス製は飛行機のエンジン以外縁が無くてね・・・
乗りたいとも思わないが
車一台と五十台では、使われる資材とそれに関わる人件費が全く異なる
波及効果は全然異なるね
利益率だけを考えれば、付加価値の大きい方が良いに決まっているが
雇用を創出し波及効果を期待するなら薄く広く再配分した方が良い
竹中金融政策は、利益率重視であり雇用や雇用拡大の波及効果なんかは
最初から無視している
自分が、竹中はバランスシ−トだけしか見ていないと言う根拠もここにある

930 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 13:31:13 ID:NaAnpPlB
>>921
JR西の話ですが西日本は安全対策の金をかなりケチってたみたいですね。
他のJRと比較しても差は歴然。
今のままだと刑事責任追及の可能性もありますね。

931 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 13:37:54 ID:reE1Qvht

TBS「きょう発プラス!」5/6でコメンテーター荻原博子
白紙のテロップに手書きでJR西日本株外資が27.9%保有 利益追求への圧力が凄まじいとのこと
スタジオは軽く大変ですねでスルー



932 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 13:57:48 ID:NaAnpPlB
>>931
にしても安全対策では明らかに金をケチりすぎた。


933 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 14:36:02 ID:4sPPmjAF
>>919
諸外国では知りませんが、NPOは都合良く使われているだけじゃないでしょうかね? タダで(もしくは若干の補助や助成で)安
く動いてくれるからね。だいたい、あの界隈に生活できるアテは何もないです。
真面目にやってても生活苦で燃え尽きて辞めていく人も多い。オーナーも良くも悪くも個性の
強い人が多く、評価できる事業だったのに、オーナーの専横で独走して資金的に潰れた所などもあります。

>>921
>実に恐ろしい利権国家であり、腐敗の極致にあると言える

「官製国家」という批判すら彼らの権力の源泉になるのです。「官から民へ」と言いつつ、
それで得をする「民」に影響力を行使できますからね。
中央官僚と戦っていると信じている長○昭だのはピエロでしょう。もしくは分かっててやってるのかも。

「小さいが権限のある政府」というのは、霞ヶ関と官邸を軸に、政官財学メディアトップ層が一体
化して利権やポストを融通し合う政府、と解釈できますね。
「抵抗勢力」は内ゲバ的に生贄にされたのでしょう。官も民も下は切り捨て。

934 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 14:51:34 ID:YpOlF4IS
石原に、神戸の港に東大を作ったとか言われたが


935 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 14:58:23 ID:YpOlF4IS
実際、東大行ってもたいした事ないなと思いそうだ

936 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 15:09:21 ID:A0aUlTFf
まぁそろそろ、霞ヶ関の高級官僚の騙しテクも限界じゃないかなと思
うけど。あまりにも人間をなめていると、いつか手痛いしっぺ返しを
食らうだろうな。

937 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 15:25:04 ID:reE1Qvht
道が一本あれば、行く手は自然にその一つに決まる。
選択する機会が失われる。
その不自由さに、人は安堵して、歩み続けるだろう。
立ち尽くすよりも歩く方が楽だからだ。

そして、その歩かされている営みを「意志」だと思いこみ、
その楽さ加減を、「幸せ」だと錯覚する。

938 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 15:30:39 ID:KEVRSFor
マトリックスでは、それは繰り返しだと言われてる
だが僕は4を捨ててでもその仕組みを暴こうとした
だから切れる男として恐れたんじゃないのか?

939 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 15:42:16 ID:reE1Qvht
しかし、考えてみたら、人間の社会なんて、元来そんな落ち着かない環境なのだ。
だんだん、申し合わせみたいに、みんなで鈍感になって、頑張って単細胞の不感症になって、いろいろなことが気にならなくなるのだ。
近くに大勢の人間がいると、川を流れる石ころみたいに丸くなる。
それが社会というパッケージの本質で、つまりは、その鈍感になれる能力のため、人間だけがこんなに生き残っているのだろう。

なんといっても、鈍感さほど強力な武器はない。
鈍重さほど攻撃的な能力はない。
人間というカートリッジには、それが入っているのだ。

940 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 17:09:07 ID:7KaMfLkH
>>933
>「官製国家」という批判すら彼らの権力の源泉になるのです。「官から民へ」と言いつつ、
>それで得をする「民」に影響力を行使できますからね。

公務員を批判しても無 馬太、マムセーしても更に無駄。
これはもう国民も国会議員も何も出来る事はないね。

941 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:11:43 ID:ahebkTkT
もうヤバイ。
マジでアメリカの北爆撃は間近。

日本も臨戦体制を敷かねば。

942 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:46:36 ID:vEwI5pjq
>>939
それでも、三宅や大塩を湯に沈めた事実は消えない
戦争以外で叩く方法を見せてやるから待ってろ

943 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 20:35:25 ID:Vg/869CI
ここは偏執ストーカー達によるヤクザとは何にも関係の無い話題での
ネガティブキャンペーンの場になっているなw
ゴールデンウィークも関係なくネガティブキャンペーンに励むその姿は
自らが支持している人間や政治的なスタンスを公に出来ないせいですか?www

944 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 20:37:27 ID:I4xomTIP
それはね、ネガティブな意識を作ってるやつを排除する
がスタンスだからだよ

945 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 22:04:13 ID:3yxY3O7c
>>940
アメリカも特権階層が私企業に利益誘導しまくりらしいけど、今の日本も似たような
ものと考えてよろしいかと・・・。

>内閣府の殻をかぶった企業集団規制改革・民間開放推進室の顔ぶれ
>推進会議の機能を補完するために内閣府に設けられた規制改革・民間開放推進室の構成は異様です。 
>この点に関して、日本共産党の小池晃参議院議員は厚生労働委員会(11月11日)で、推進室の室員27人
>中14人が民間企業からの出向で、しかも、その中には、オリックス、セコム、第一生命、
>三井住友海上、東京海上火災保険、ソニーといった、混合診療で保険商品を売り出そうという企業が並んでいることを取り
>上げ、「内閣府の殻をかぶった企業集団」であると追及しています。
ttp://bunkyo96kyo.hp.infoseek.co.jp/bun_re050310_01.html

946 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 22:56:04 ID:5S1jbOUV
東亜ニュース+では「アメリカが北朝鮮を空爆する」って盛り上がってるけど
ほんとうにそんなことになるんですかねー いまいち実感がない

947 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 23:00:10 ID:xcrVAXSM
日本では
 
どっかの住宅地に飛行機がたまたま墜落する
 
とかそんな事故になると思うよ

948 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 23:24:33 ID:xcrVAXSM
時期は年末までに

私の行動如何で決まるはずだ
アメリカはどっちに転んでも問題ない指針を取るから
サキに告知行為をして時間を稼ぐ、それで報道機関に
儲けさせるだろう

949 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 23:46:00 ID:7KaMfLkH
>>946
その前に米軍が北のミサイルの射程外に撤退するのでは?
あからさまに撤退しなくても、真珠湾の時みたいに重要な艦船だけは
気がついたら日本から1隻残らず移動していたとかね。

950 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 23:50:32 ID:NaAnpPlB
一応乾パンや核シェルターぐらいは用意しておくか?

951 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 00:44:11 ID:Oe7g3cvE
>>929
ご指摘のような、かつての雇用を支えてきた安モノの大量生産は事業・雇用ともに近隣諸国に流出してしまった。
それをどうしても国内で維持したいなら、補助金を出して差額を補填するか、輸入品に関税をかけるか。
日本は貿易黒字国だから、自由貿易を挫く後者のような手はあまり使えない。
お説は理解しますが、結局、利益率が高い産業か満足度の高いサービスでもないと日本国内には立地しない。
現にこれまで10年以上も税金でミルク補給したのにダメなものはダメだったじゃないですか。

952 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 00:55:15 ID:Oe7g3cvE
>>949
第一撃を食らう可能性はあると思っており、いざとなったら仕方ない。
地震や列車事故と同じで、直撃したら運が悪かったと思って諦めるよ。
在日米軍が北朝鮮ごときに怖気づき逃げるわけがない。
北の軍事力は韓国軍の陸+自衛隊の海+在日米軍の空で封印できる。
本当に怖いのは人民爆弾(難民)。

953 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:12:55 ID:Oe7g3cvE
小さな政府に関する議論が盛んですが、そもそも納税額が細っているのに公的部門を現状維持ないし拡大させようという発想そのものに無理があると思うのだが。
大きな政府を志向する人は、自ら率先して国民としての義務(納税)を果たすべきである。
そして、割に合わない納税を強いられている人々が感じている不条理を理解してもらいたい。

954 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:23:33 ID:1erM5yiH
>>952

>在日米軍が北朝鮮ごときに怖気づき逃げるわけがない

そりゃそうさ。日本は本土じゃないし、日本に不測の事態が起きれば
それだけ国際社会に侵攻の口実ができる。イスラエルのイラン空爆より
やりやすいんじゃないの。

まぁ体制崩壊に直接繋がらない軍事作戦には反対だね。
問題は「貧者の核兵器」と北の体制だ。

955 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:29:05 ID:GRzK/hae
>>936
だから、辛酸を舐めてる官僚は「パブコメ使え」って
世間を煽るのもいる。
いま、道路公団か郵政公社に窓口がある人間は
取材した方が良いよ、マジで。

956 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:38:35 ID:oEjb/1xi
限界を突破してもまだまだ耐えたりしてw
耐えて耐えて何も出来なくなってから政治家や官僚に改めて泣きついたりしてね。
あるいは奥田とか経団連の連中とか。

それでも駄目ならアメリカへ陳情だw


こっちの可能性の方が高い感じがするぞ。

957 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 02:48:02 ID:XFQ4C6vH
>>956
その前に耐えられないのが問題を起こし始める。

JR西の運転手のように壊れるのがこれからいくらでも出てくるぜ。
最もあれに関しては別の理由で壊れたのだろうが。

958 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 03:07:53 ID:sbRiRWyr
>>953
>そもそも納税額が細っているのに公的部門を現状維持ないし拡大させようという発想そのもの
>に無理があると思うのだが。

デフレ時代だからこそ、公的セクターで需要と雇用を維持しなくてどうすんだよ?
また緊縮財政→景気減退の悪循環を繰り返すのか?

>大きな政府を志向する人は、自ら率先して国民としての義務(納税)を果たすべきである。
>そして、割に合わない納税を強いられている人々が感じている不条理を理解してもらいたい。

アンタに説教されなくても、みんな、払うものは払っているのでは? だいたい、小さな政府で得をするのは、
これまでも累進税率改訂で得をしてきた富裕層だけだろうね。
霞ヶ関がズル賢いのは、「財政再建しないと増税ですよ!」「活力ある福祉社会(要するに
福祉切り捨て)にして行政のスリム化を行わないと日本が滅びますよ!」とアナウンスして、
「もっともっと小さな政府にせねば」と国民をいっそう追い込んでいく所だね。

諸悪の根源はデフレギャップなんだよ。そこを勘違いしたマスコミが、緊縮財政・小さな政府・
規制緩和に煽動している。安定した経済成長を維持して余力で再分配と各種社会保障
の充実を、という「まとも」な経済対策は、もう望めないのか?

959 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 03:19:24 ID:lcFLRGi7
>>950
たばこだけで十分

960 :導師:2005/05/08(日) 03:22:53 ID:G4j1qUba
勘違いではなくて、余程のバカを除いてマスコミは確信犯でしょう。
結果出てませんから。

みんなグルですよw

961 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 04:09:10 ID:AZ1trvEF
>>958
>デフレ時代だからこそ、公的セクターで需要と雇用を維持しなくてどうすんだよ?

公的セクターってのはあれか? 暴力団が経営している土建屋に予算を撒くことか?
日本は「公的セクター」と「民間」の境界線がデタラメだからなあ。

「小さな政府」論のダメなところは、「小さな政府」にしましたと言って特殊法人を作るところ。
「アンチ小さな政府」論のダメなところは、「小さな政府じゃダメだ」と言って、特殊法人を
作るところ。

どっちも同じところにしか金を撒いていない。



962 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 04:14:40 ID:lcFLRGi7
>>960
そのようですね

963 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 04:38:16 ID:1erM5yiH
>>961

>土建屋に予算を撒くことか?

最後はこれに行き着くんだよな。財政出動は結構だがこの用途が
なぜ景気回復に持続的に有効なのか誰か説明して欲しい。
地元の利益団体に産業構造と雇用の変化を説得できない方々の
愚痴にしか聞こえないよ。

現状で積極財政に転換すべきと考えてる人達のビジョンなら
結果としてまた債務を増やすだけと思うが。


964 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 12:03:57 ID:l/vIatMQ
>>963

産業構造と雇用の変化って、よく言われるけど、
これって需要不足を言い替えただけなんじゃないかなぁ。

つまり、変化したわけではなく、減っただけ。
より多く減ったところとあまり減らなかったところがあると。

減ってるので、適応しようと思っても、もう席はあいてない。

965 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 12:48:36 ID:Oe7g3cvE
>>958
>みんな、払うものは払っているのでは?

国民が払うべきものを払っていて、どうしてあれだけの赤字が作れるのかね?
年収500万円やそこらまでなら納税より還付の方が多いだろうに。
納税者気分でいるかもしれないが、国民の大半が実質無税だ。
政府のサイズを議論する以前に、およそこの世にフリーランチなどないのだ、
という事実を再確認すべきではないのか。

966 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 13:29:15 ID:g7GiQNGI
>>925闇の声
>>少子高齢化と高失業率に伴うGDP下落が実は公表されている数字よりも
>>遙かに酷い予測が出ていて、それを選挙など考えるととても公表できない・・・

闇の声さんがこういう話をするのはドーマーの定理が云々と言う人が
いるからだと思うんですが、返事はしないのですか?

967 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 14:14:14 ID:jl9ypDIS
>>965
年収500万円やそこらまでの人って所得のほとんどを消費することによって、
経済に貢献しているじゃん。

逆に高額所得者ってそれほど消費しないから、代わりに累進課税で
吸い上げるわけでしょ。

もっとも最近は最高税率低すぎるので、高額所得者の貢献度は
低下しているわけであるが。

968 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 15:14:39 ID:+oXxmRdl
>>963
乗数効果について勉強しましょう。また、赤字国債は、安定した経済成長さえあればどう
ってことないです。真の敵はデフレですから。
土建屋云々について言えば、清貧に滅ぶよりも土建屋にカネを撒いた方がまだマシとしか言えません。

>>965
こういうことを言う人は、自分の年収は2〜3千万ぐらいはあるのだろうか? 

>>967
限界消費性向の問題ですね。

969 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 16:37:21 ID:jwSUEjIH

希望が失われたことが最大の要因

970 :969:2005/05/08(日) 16:38:50 ID:jwSUEjIH

誤爆しました…

971 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 17:39:58 ID:oEjb/1xi
>>965
あんたはバカじゃないのかね?
金で遣り取りされるもの全てに税金が上乗せされてるといっていい。
それとも無関係な商品とかが有り得るとでも?

馬鹿も休み休み言えw


972 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 18:40:03 ID:nMCYU4XE
>>971
え?消費税は預かって納入してるだけだし、
赤字の事業者は売上1000億でも税負担はゼロに近いですが・・・
消費税で50万納付するには1000万使わないと・・・・

>>965の言いたい事は、社会保障給付も含めて、今迄は受け取り超の人が
多かったと言いたいのでしょう(特に高齢者)。
そりゃ財政赤字拡散中ですから平均は受け取りが多いでしょう。

>>968
乗数効果の高い(?ww)土建屋への金マキを90年代やりましたが、結果日本は強くなりましたか??

973 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 19:09:32 ID:UDtxKxTg
 
最近の大人は、曲がらんなくて良いところを曲げようとして事故を発生させている


974 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 19:10:33 ID:1erM5yiH
ドーマーの定理、乗数効果… 数学や物理の話ならいいんだろうが
あくまで経験則を論拠にするのは危険と思う。
それなら今の緊縮財政一辺倒と何ら変わらない。砂上の楼閣の中で更に
机上の空論を繰り返すことになる。

>>968

>土建屋云々について言えば、清貧に滅ぶよりも土建屋にカネを撒いた方がまだマシとしか言えません。

これはひどいな。新規事業と雇用の開発の中での投資ならいいだろうが
これでは前と同じだ。せめて資源開発とか新規エネルギー開発に
彼らを参加させるようでなければ。

積極財政もやればいいってもんじゃない。その景気浮揚効果とより多い
雇用の創出が重要なのでは。
政治板だから仕方ないんだろうが、利益誘導のための論理は
どうしても無理があるよ。



975 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 19:54:47 ID:Dn7Osg2D
「ガス田共同開発」で関係改善を…山崎氏に中国副首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050508-00000111-yom-pol
 【北京=三浦真】中国を訪問中の山崎拓首相補佐官は8日午前、北京市内
の人民大会堂で黄菊副首相と会談した。


エロ拓は好きじゃないけど、在日のペーペーのにいちゃんが政治家やるより
結果としてはよかったのかも。

976 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:02:53 ID:jl9ypDIS
>>972
90年代、積極財政だったのは小渕政権の最初の一年だけですよ。

それでも橋本政権の失敗を繕う程度の効果はありましたかの(?)
速水の逆噴射に妨害されたけどね。

977 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:10:48 ID:olxymZ9e
>>972
>乗数効果の高い(?ww)土建屋への金マキを90年代やりましたが、結果日本は強くなりましたか??

お言葉を返すようですが、それすらやらなかったらもっと悪かったのでは? 評判の悪
かった小渕政権にせよ、橋本政権の失政を挽回した一面はあったのです。>>976
調子に乗って、小渕が「世界一の借金王」だの宮澤が「初めから大魔神を出動させた」
(もう後がない)だの、くだらないギャグを言わなければもっと良かったのですが。

>>974
>砂上の楼閣の中で更に机上の空論を繰り返すことになる。

これすら「机上の空論」と言われたのでは、もう何も言えることはなくなってしまいます。

>積極財政もやればいいってもんじゃない。

乱暴な言い方ですが、今はとにかくやればいいんですよ。デフレなんだから。

978 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:11:19 ID:jl9ypDIS
>>974

デフレ期:
景気浮揚効果の高い積極財政>>低い積極財政>>>>>>>>>>緊縮財政


979 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:15:54 ID:olxymZ9e
>その景気浮揚効果とより多い雇用の創出が重要なのでは。

デフレを脱却すれば自然とイノベーションは起こります。反対に、経済縮小期に供給側を改善して
イノベーションを起こそうという無理な発想でやっているのが構造改革ですね。

>利益誘導のための論理はどうしても無理があるよ。

もちろん、他にデフレ脱却のカンフル剤があればそれをやればいいと思いま
すよ。乗数効果的には公共事業が即効薬ですね、という話ですから。
個人的には、デフレを退治できるなら、多少の利権や票ぐらいくれてやればいいとすら思う。

980 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:24:48 ID:EZz3jGir
北朝鮮の体制が崩壊したら難民が日本に押し寄せるとか恐怖をあおってるけど。
これって北朝鮮政府が崩壊したら何か日本政府にも不都合なことがあるから
言い訳してるようにも見える。

981 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:30:41 ID:TGrweahM
あっちがハリボテだとばれるから

982 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 21:29:11 ID:LKFt4z1X
菅直人の「昭和天皇は敗戦時に退位すべきだった」発言で発狂しているN速+の
右翼どもを見ていると、なんだか微笑ましくなってくる(w

983 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 22:03:14 ID:xpMvmo7u
>>982
日本の場合戦争責任が誰にあるのか曖昧だったしね。
関係者全員が処罰されたドイツやイタリアとは違うところだ。
退位論は終戦時に何度も出てた話しだし議論することは悪い話ではないだろう。

ただ今言える事としては今回の反日デモでは小泉糾弾はあっても天皇を非難する声が全くなかったんだよね。
これはどういうことだろうか?
闇氏の解説を求む。


984 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:14:01 ID:peiL0jrg
第一戦犯は、軍の連中と内務省の高官だろうけどな。敗戦でもこの連
中、特に内務省の連中は生き残って政府の中枢を占めている。戦後の
政治も牛耳っているし。

985 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:24:21 ID:pY8DjBHq
★   商法改正が国を滅ぼす    ★
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1108731513/

177:03/14 22:06 J7m5d1VJ
日韓の有力企業への外資の影響が大きくなっているのに対し て、意外にも米国企業への外資の出資比率は小さい。有力企業の外人持 株比率は15%くらいなものである。日本は、莫大な海外資産を持つが、 ほとんどを外債などの形で持っており、株式はほとんどない
178:03/14 22:07 J7m5d1VJ
米国は、日本や韓国の企業を支配下に置きつつある。 それに対して日本には米国債(特に日本政府の持ち分は二度と売れない) があてがわれている。

986 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:37:04 ID:qtssoeSr
>961
確かにそうだな。何かというと三セクを作りたがる。
責任の所在が曖昧になるので、結局裏方の利害が一致するんだよな。
今は情報公開法でつつけるから、メスの入れ方によっては民間より
公的セクターの方が操縦しやすいかも。オンブズマンも蓋を開けて
みると内情が色々だからなぁ。

>969-970
誤爆でも何でもないかも。

>>984
今朝の読売見たけど、たまげたね。
これだけで色々は言えないけど、宮内庁そのものは
大正デモクラシー頃の方がマトモだったのかも。

それにしても、キタの国交相さんは何考えてるんだか。
事故調が必死こいて調べてんのに、さも結果が出たようなことやって。
矢継ぎ早に政策出せば婦人部が喜ぶとでも思ってるのか。
あんまり暴走するとそれこそ常用ブレーキだけで止まれるのか?オイ。

987 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:48:37 ID:xpMvmo7u
>>986
政党政治やメディアもね。


988 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 00:54:10 ID:3VMjoS2y
>>982
今テレ東でニートの特集やってるけど最近のウヨってこういう系統の奴がかなり多くなった気がするのは気のせいか?
昔の右翼より近寄りがたい存在になってる気がするのだが。

989 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 01:12:49 ID:xDnrQXJO
凄まじいまでの、中抜き、ピンハネが横行している現状では、
土木工事の乗数効果が高いかどうかは、まったくの不明。

990 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 01:23:13 ID:3VMjoS2y
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1115569364/l50
はい新スレ

991 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 05:48:36 ID:ZP7ssv6t
土建で乗数効果が曲がりなりにも期待できたのは、第2次オイルショックまでだ。
それ以降は乗数効果がなかった。一回転で終わりだった。

だから土建・第三セクターへ金を出して「景気浮揚」なんて話を聞くと、
ゲンナリする。


992 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 07:32:53 ID:7h+DgxR6
創価学会かたり融資詐欺、みずほ銀から14億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050509-00000201-yom-soci
 架空の創価学会施設建設計画をみずほ銀行支店に持ち込み、約14億
円に上る融資を不正に受けていたとして、警視庁捜査2課と府中署が詐
欺グループのメンバー6人を詐欺などの疑いで逮捕していたことが、8
日わかった。


ある意味、この連中、国士です。

993 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 10:40:59 ID:TiFEAp+u
構造改革って
法人税さげて、消費税あげて 医療費をあげて
年金改革はせず、国民を不安におとしいれ、少子化加速させているのに

少子化だから労働力不足になるといって外国人労働者をうけいれて
サマータイムしてサビ残業合法化して ますます国民を追い詰める改革のことですか?

おまけに郵政の資金を市場に流すと活性化するとして開放し、
アメリカにも競争に参加できるようにして どう考えても金融手腕の強いアメリカに有利な条件で
競争させる、つまりは日本売却する改革のことですね。

994 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:23:12 ID:ac1TxY1I
もうすぐここも終わるね

995 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:23:36 ID:ac1TxY1I
995

996 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:23:57 ID:ac1TxY1I
996

997 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:24:23 ID:ac1TxY1I
997

998 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:24:53 ID:ac1TxY1I
998

999 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:25:35 ID:ac1TxY1I
創価、官僚、竹中そしてヤクザか

1000 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 11:26:08 ID:ac1TxY1I
それが表、裏を握ってるな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000の任期を満了致しました。
継続審議に賛成の方は御スレ起て下さい。


  政治とは、あまりにも重大な事柄なので、
    政治家に任せておく事はできない。
           ∧,, ∧ (シャルル・ド・ゴール)
          (`・ω・´)
            U θU
        / ̄ ̄T ̄ ̄\
       |二二二二二二二|
       |        |
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
 (   )】    (   )】 .【(   )    【(   )
 /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ

【 政治@2ch掲示板 】
http://money3.2ch.net/seiji/

470 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)