2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

共産党の国防政策

1 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 04:07:58
うちは所謂サヨ一家で親父も共産党拡大に身を粉にして活動してます。
自分は共産党の政策は生活レベルでは、「いいこと言ってるな」とは思うし、選挙も義理で
共産党に入れてるけど、国防政策だけはアホとしか思えません。

「アメリカ基地を排除して、自衛隊を解体して、それで国防はどうするの?」と聞いたところ
「中立を宣言して戦争行為は一切やらない」だそうです。
「そんなことしたら極東三馬鹿のいずれか(おそらく中国)が侵略してくるよ」と言えば
「侵略はしてこない、もし侵略されても国連を動かす」
なんて頭の中が花畑みたいなこと言ってます。

共産党の方針もこういったものなのでしょうか?
だとしたら次回から、他党に投票しようと思うのですが。

2 :国を愛するようなチンケな犯罪者に堕してはならない。:2005/04/17(日) 04:12:42
国を愛するなどという愚かな犯罪者が北京で上海で、ソウルで平壌で、煽られて惨めな醜態を晒している。
靖国の英霊という侵略強盗殺人の犯罪者もまた煽られ愛国に洗脳されて愚かな末路を辿った。
アジアの総ての若者は国を愛するような哀れな犯罪者に堕してはならない。
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して
>市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国の兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。



3 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 07:52:35
口では「敵対政策反対!」といっている、反戦ネットワークのLPG(ねっw)!貴殿に関し以下のような情報が寄せられている!恥を知りたまえ!
1.貴殿は、黒い街宣車に菊の紋章を描き、大きな日の丸の旗を掲げ、大音響で「軍艦マーチ」、「同期の桜」を流しているメンバーらとともに
新潟港の岸壁で北朝鮮船籍の貨客船に向かい、つくる会の教科書をふりかざしながら、「北朝鮮帰れ!」とシュプレヒコールを挙げていた。
2.貴殿はその後近郊の村に入り、村人たちが豊作を祈願して村はずれのおじぞうさんに一ヶ月ほど前にささげたおいなり、だんご、ミカン、バナナ、リンゴなどを「無断で」借用した。
3.その時、一人の村人が通りかかり、「見かけない顔だね、土地の人でないね、それはだいぶ前のものですよ」と注意したが、
貴殿は、「みそこなっちゃいけないぜ、自慢じゃないけど、おいら、頭の悪さと胃袋の丈夫さは誰にも負けない!みんなから反戦ネット一の馬鹿といわれていたあの黒目さんにさえ、
ねっwさんの頭の悪さには負けました!ぜひ弟子にして下さい!といわしめたんだぜ」などと自慢げに語り聞き入れなかった。

上記に関し確認が取れ次第、下のファイルにて糾弾することをここに警告する。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/

4 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 09:52:03
共産党の公式方針は攻撃を受けた場合は自衛隊を活用する事を党大会で決定している。

急迫不正の主権侵害、大規模災害など、必要にせまられた場合には、存在している自衛隊を国民の安全のために活用する。
国民の生活と生存、基本的人権、国の主権と独立など、憲法が立脚している原理を守るために、可能なあらゆる手段を用いることは、政治の当然の責務である。

http://www.jcp.or.jp/jcp/22taikai/22th_ketugi_201125.html

5 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 14:58:18
>4
それは今現実にあるからでしょ。
自衛隊が違憲で、憲法も改正するつもりがなければ、あるわけないけど与党になったら
いつか解体するってことだろ?それで国防はどうするかってことだよ。

6 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 15:05:50
>>5
共産党は将来、北朝鮮みたいな独裁や民主主義が未成熟な国家は亡くなり、もめ事は平和的に解決することが国際常識になる日が来ると考えているんですよ。
そうなると、国民の意識も軍備は要らないという世論が多数になる。

要するに憲法の理念に世の中のほうが近づいてくる。
自衛隊を無くすことの是非が議論されるのはその頃です。

それと憲法は一党の考えで勝手に変えられないしくみになっています。
無くす無くさないの選択は国民がするのです。
おそらく数十年以上〜100年くらい先の話。

7 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 15:36:26
>>6
> 共産党は将来、北朝鮮みたいな独裁や民主主義が未成熟な国家は亡くなり、もめ事は平和的に解決することが国際常識になる日が来ると考えているんですよ。
> そうなると、国民の意識も軍備は要らないという世論が多数になる。

イギリスによるフォークランド紛争、アメリカのイラク侵略、それは過去のことではなくつい最近起こったことだ。
少なくともあれからアメリカやイギリスの民主主義がそれほど発展したとは思えない。
アメリカやイギリスがそれほど民主主義が未熟なのか?
俺自身はアメリカ程度の民主主義が何で日本に根付かないのかと思っているのに。
昔俺のオキニである右翼の福田恒存は「アメリカに対してどうやって日本を守るんだ」と語った。

北朝鮮がどうとかいう話じゃないだろ。戦争が必要悪だって意識は民主主義の発展度にかかわらず
世界中の人々が考えていることだ。

> 要するに憲法の理念に世の中のほうが近づいてくる。
> 自衛隊を無くすことの是非が議論されるのはその頃です。

おかしいと思わないか?
憲法の理念と現実が離反しているのはおかしくはない。
だけど、憲法の条文と離反しているのはおかしいだろ。
おかしいんじゃない、やばいんだよ。
自衛隊は憲法の条文を読めば違法な存在だ。
だけど、将来きっと現実が憲法を受け入れるはずだってことだと、
信教の自由は、あるいは思想の自由は今現在保障しなくても
たとえば治安維持法で日本共産党を違法扱いし弾圧しても
将来憲法の理念に世の中のほうが近づいてくる中で
治安維持法の是非が議論されるまでは合法だってことになる。あっ、しまった。32行だ。


> それと憲法は一党の考えで勝手に変えられないしくみになっています。
> 無くす無くさないの選択は国民がするのです。
> おそらく数十年以上〜100年くらい先の話。


8 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 15:43:50
つづき
いいのか? それで。
憲法っては守られなければ意味がないんじゃないか?
努力目標や標語集じゃないんじゃないか?
今現在の問題を国民が国家権力に対する戦う武器として憲法があるはずだ。
その憲法がナマクラ刀じゃ、何一つ国家に対して守らせることができないなら
いつか守られるはずだというなら、何一つとして憲法は国民を守れない。

>>6

> それと憲法は一党の考えで勝手に変えられないしくみになっています。
> 無くす無くさないの選択は国民がするのです。
> おそらく数十年以上〜100年くらい先の話。

少なくとも日本共産党が守れないのは知っている。

俺の疑問はこれを書いた奴が党員かどうかだ。
反党発言なのは確かだ。
これは学習不足の党員が書いたものなのか、
それとも日本共産党はこれほど露骨な形で有権者をだまそうとしているのか
俺はそれが知りたい。
あいつらがどれほどのクズなのか俺は知りたいんだよ!

9 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 15:53:35
>>8
何を興奮している?

わかりにくい文で何を言いたいのかさっぱりわからん。

>反党発言なのは確かだ
意味不明?どのへんが?

10 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 16:40:27
それじゃあそういう時代になってから平和憲法にすればいいじゃないですか。
そんな世界が100年やそこらで来ないと思うけどね。
人類が種として進化するくらいの遠い未来だと思うよ。

今は必要ってことなら違憲だなんだっていうのは筋違いじゃないの?
自衛隊は違憲なんだよね?
憲法改正にも反対だよね?
控えめに言って支離滅裂なんだけど・・・
非合法組織に国防を担わせるのが共産党の正義なの?
それとも与党になれっこないからアホなこと言って難癖付けてるだけ?

11 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 16:42:17
1=5=10で
10は>6へのレスね。

12 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 17:03:11
イラク攻撃の際、政府はアメリカの要請(ショウザフラッグ)でイラクへの自衛隊派遣をごり押しした。
しかし憲法の縛りがあるため、戦闘行為に参加させることはできなかった。
日本への次の要求は、戦闘行為にも参加させること。
そのためにどうしても憲法が邪魔で仕方がない。

しかし露骨に出すわけにはいかない。
そこで大義名分は「国際貢献」の美名。

集団的自衛権という名の米国の戦争への公式参戦が待っている。


13 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 17:14:46
かつてのアメリカのモンロー主義や、スイスの永世中立国みたいなことをやりたいなら軍備増強は
必要だと思うけど。
アメリカに守ってもらいたいなら、アメリカには協力しないと。

14 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 19:15:33
>>13
そういう軍事的緊張というか均衡で平和を保つ考えから方向転換しなければならないと思う。
しかし、現実的にはそうなっていないわけだから、当面自衛隊の存続は容認せざるをえないというのが国民多数の声だろう。
その考えを否定しない。

15 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 20:04:14
つまり共産党は現実的でない政策を掲げている、と?

16 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 20:25:12
>>15
今自衛隊を無くす情勢には無い。
北朝鮮のような国も存在する以上、備えを無くすと不安だという声もまっとうな意見だ。

イラクに派遣している自衛隊は憲法の制約があるからこそ、ギリギリ戦闘行為には参加させられない歯止めがある。

だからといって憲法を変えるとイラク戦争のような事態が起こったとき、集団的自衛権という名のもとに、「自衛」とは無関係の戦争に駆り出されることになる。


憲法を変えるとこの歯止めがなくなり、世界の紛争に参加する道筋ができてしまう。戦争とは「殺すか殺されるか」の世界。

17 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 20:55:55
>>16
あんたが大好きな自衛権のために戦うことが何でそんなに悪いことなんだ?
あんたが生活するためには石油が必要なんだよ。
原始人みたいな生活をしたいのか?
イラク人を虐殺すればあんたは今の生活を維持できる。
国民の暮らしは守らなくてはいけないんだろ。

イラク人を虐殺することは自衛権の行使でしかない。
自衛権というものはそういうものだ。
だからこそ憲法は武器を持つことも武器を使うことも禁止している。

北朝鮮から身を守るのが自衛権、
イラクから生活のための石油を確保するのも自衛権、
自衛権ってのはそういうものなんだよ。

自衛権に集団的も個人的もないんだよ。
自衛権は自衛権。
自衛権のために戦えるのかって話だ。

もし戦えると考えるのなら改憲を受け入れるべきだ。

イラクに派兵した兵士たちが直接銃口をイラク人に向け発砲しないのは憲法と関係はない。
逆だよ、現憲法があったからこそ、イラク派兵を許したんだ。
現憲法が戦争を行う上で、侵略戦争に荷担する上で免罪符になったんだよ。
現憲法が戦争をとどめるどころか、戦争を行うことを積極的に後押ししたんだ。
それは日本人が戦争を求めているからだよ。

イラク開戦直前世界中で反戦の運動が起こった。
イラクに派兵しなかった国もある。
イラクに派兵はしたがその後引き上げた国もある。
それらの国に9条はあったのか?
9条があったから国民はデモをし、国は派兵をとどめ、あるいは兵を引き上げたのか?

18 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 22:35:05
>16
自衛隊は違憲で存続反対だが、現状では必要なので侵略に対しては命がけで守れ。
こういう手前勝手な理屈ってことですね?

19 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 23:20:11
>>17
>イラク人を虐殺することは自衛権の行使でしかない。
>自衛権というものはそういうものだ。

イラク攻撃の最大の口実であった大量破壊兵器の存在は、デタラメな情報が元だったとアメリカが公式に認めたわけだが、おたくはイラク虐殺を正当化したな。

おたくとは絶対に相いれないから、これ以上は時間の無駄。

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/Images/Ali-0419-01.jpg
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/Images/bbc_hospital.jpg
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/Images/baghdad-apl18.jpg

20 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 23:47:11
>>19
> >>17
> >イラク人を虐殺することは自衛権の行使でしかない。
> >自衛権というものはそういうものだ。
> イラク攻撃の最大の口実であった大量破壊兵器の存在は、デタラメな情報が元だったとアメリカが公式に認めたわけだが、おたくはイラク虐殺を正当化したな。

大量破壊兵器があろうとなかろうと関係ないんだよ。
口実に過ぎないんだから。
俺はそれが自衛権だっていっているんだ。
自衛権だと正当化か?
自衛権好き好き人間のクズの考えそうなことだな。
そうやって大好きな自衛権が現憲法であるかのような幻想にしがみ付きながら
自衛権の名のもとにイラクの人々を殺しつづえられるように護憲を言い続けたらいい。
殺されるイラクの人々も平和憲法を持つ日本人にさぞ感謝するだろう。

> おたくとは絶対に相いれないから、これ以上は時間の無駄。

もちろん分かり合えないのは知っている。時間の無駄なのもね。
憲法に何が書かれているのかすら理解できないバカに何を言っても無駄なんだ。


21 :革命的名無しさん:2005/04/17(日) 23:56:35
イギリスやアメリカの石油戦略の尻馬に乗っかって繁栄した(してる)ということがわからないんでしょう。
戦争反対!憲法改悪反対!と叫べば平和で豊かな国になると信じているんでしょう。

22 :革命的名無しさん:2005/04/18(月) 00:32:00
イラクで殺された人たちの遺族に聞いてみればいい。
自衛隊を派兵した日本には9条があって
それは世界の宝だって。

何でその「宝」が派兵を許したんだ、
何でその「宝」があるのに兵隊がいるんだって、
彼らは聞くかもしれない。
それだって「殺された人たちを返して欲しい」と泣かれるよりはいい。
イラクに派兵した日本の自衛隊に何の責任もないと考えるなら甘すぎる。
銀行強盗の見張りは銀行強盗だよ。
イラクで直接な戦闘行為をやっていないから憲法万歳というなら
俺にはあまりにイラクで虐殺されている人々のことを考えていないことに怒りを感じる。

23 :革命的名無しさん:2005/04/18(月) 00:37:23
現憲法があるからこそ
この国の国民はイラクに侵略しながら
それが侵略じゃないと考えることができる。
現憲法があるからこそ
この国の国民はイラク相手に戦争をしながら
それが戦争じゃないんだって思い込むことができる。

イラクで何人の人々が、何人の子供たちが死んでいると思っているんだ。

憲法を人殺しの免罪符に利用するのはもう止めろよ。

24 :革命的名無しさん:2005/04/18(月) 09:19:53
この理屈なら、アメリカの自衛のために、BSE牛を食わされようとしている日本人がいてもアメリカ人の立場からみれば仕方がないということになるわな。

25 :1:2005/04/19(火) 21:18:58
何だか変な方向へ話が進んでますね。

自衛隊は憲法に明らかに反していますよね。
存在自体に矛盾を孕んでるってことです。
だから「解釈の違い」で存在を認めた。
「解釈の違い」で派兵もできる。
存在自体が欺瞞なんですから、明確な法の規制などできず、いくらでも言い逃れができると思いませんか?

現実に軍事力は必要なんです。
永久に来ないかもしれない理想社会の準備を憲法でするなんてバカげてます。
憲法は現実に生きる国民のためのものです。
国民の生命と財産を守るのは国家の第一の義務です。
自衛軍として存在を認め、積極的な戦闘行為は行わない、と明記するのがなぜいけないのでしょう?

26 :革命的名無しさん:2005/04/19(火) 21:45:16
>>25
めちゃくちゃ不愉快だが、そういうことだ。

誰もが、護憲派も含めて、現憲法下で自衛権が存在すると思っている。
だけど、現憲法は自衛権そのものを認めてはいない。
外国が攻めてきても戦えないんだ。
国際紛争を武力でもって解決することをあえて否定している。
もちろん外国が日本に攻めてくればそれは「国際紛争」になる。
憲法は絶対的な反戦を日本に求めている。
すでにその考え方は国家権力だけではなく、
国民も理解できないぐらい遠いものになってしまった。
戦後は終わったんだ。
誰も戦争で苦しんだ記憶をリアルに思い出すことができなくなっている。

そんな状況の中で今の憲法にこだわるのは欺瞞以外の何ものでもない。
改憲を受け入れるべきだ。自民党の改憲案に賛成するべきだ、それがどのようなものでも。

何度でも書くけど俺自身はめちゃくちゃ不愉快なんだが

>自衛軍として存在を認め、積極的な戦闘行為は行わない、と明記するのがなぜいけないのでしょう?

ってことだよ。

27 :革命的名無しさん:2005/04/19(火) 22:09:36

倭冦は東支那海から出てけ!

28 :革命的名無しさん:2005/04/19(火) 23:58:09
改憲のもう一つの側面にある外国での戦争参加を可能せしめるという問題をどう解決する。

自民党・民主党が、集団的自衛権は認めないどころか、ここを突破してくる。

そうなると、イラクであろうとリビアであろうとアメリカと他国がはじめた戦争に自衛隊も戦闘行為を伴って参加することになる。

29 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 00:13:52
日米安保条約破棄が先という事だ。

30 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 00:23:52
共産党によれば、つまりは、

 中国の軍備は必要であり正義
 日本の軍備は不要であり悪

 結局、全ての基準は共産党にとって邪魔かどうかってことね。
 中国の軍備は、共産革命をお手伝いしてくれるかもしれないからOK
 日本の軍備は、共産革命の邪魔になりそうだからダメ。

 

31 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 00:31:05
>>30
マジで?
ソースは?

32 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 00:53:03
>>28
親米路線を続けるならばそうすべき。
アメリカと手を切るなら、最低でも中国に「敵にはしたくない」と思わせるくらいの軍備を整えるべき。

33 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 01:10:53

鬼畜アメリカの奴隷と成るより、大中国とともに人類の大道を進め!

34 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 01:26:51
中国は次の革命が起こるまでは到底手を結べない。

35 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 02:22:34
>>32
無理だね、中国の新型戦闘機FC-1は1機で30機のF-15と互角の性能だから。

36 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 02:26:58
第二項で言及している「戦力」とは第一項に違反する
旧帝国陸海軍のような武装組織のことです。九条第
二項でも自衛隊のような自衛戦力は否定していないの
です。この解釈は憲法制定時の極東委員会でも公に認
められたものです。(詳しくは「芦田修正」を調べ
てください)九条は自衛戦争さえ否定しているなどと
言う妄言は無知で不勉強の輩か何とか自分たちの都合
の良い憲法に書きえたいと企んでいる左右両派のデマ
だと思いますね。九条の条文を作成した日米
の当事者(芦田均元首相とケーディスGHQ民生局次長)
が二人とも九条は自衛権を否定したものではないと
明言している事実をご存知ないんじゃないですかね。


37 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 02:36:43
憲法9条と平和は関係ありません。
平和とは意志の問題です。

38 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 02:56:03
>36
武装組織なしにどうやって自衛するんですか?
竹やりでももってゲリラ戦ですか?

39 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 03:27:19
竹島なんてちっぽけな島でさえ、話し合いじゃ解決の糸口さえ見つからない。
無法には力で対抗する。それが国際社会での正義。

世界に誇る平和憲法?
法学者に最も民主的と礼賛されたワイマール憲法とワイマール共和国の行く末を見ろ。
現実に即さない憲法なんぞ害しかない。

40 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 05:59:36
>>36
憲法学者って言葉を出さなかったのは好感が持てる。
他人の権威に寄りかかった発言が嫌いなんでね。
しかし、問題のある発言ではある。
知っている言葉を並べれば自分の考えを肯定した気分になるんだろうけど
何一つ内容を語らず名称を出せば納得するだろうというのはあまりに人を馬鹿にしている。

芦田修正については過去に俺が書いているので
立法府の政府答弁で9条がどういうものか説明した当時の首相の言葉を引くにとどめる。

現代の護憲派がどんなに憲法を湾曲し人々をごまかそうが過去を曲げることはできない。

> * 自衛権の発動としての戦争も放棄(1946年、衆議院委員会における吉田首相の答弁)
>
> 「戦争放棄に関する本案の規定は、直接には自衛権を否定はしておりませぬが、第9条第2項において一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も、また交戦権も放棄したのであります」
> 「いかなる形でも自衛権など認めない方がよい。そもそも近代の戦争は全て自衛の名の下に行なわれたのであり、自衛戦争などという概念そのものが有害」(要旨)




41 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 06:22:13
>>37
同意する。
新しい時代の護憲運動というのは実は憲法を無視したところから発言するものだと思っている。
憲法はすでに平和を訴えるものではありえなくなっているからだ。
軍隊をもてない憲法が自衛隊を許し、今や海外派兵すら行われている。
もちろんすべては合憲の名のもとに。
それでも俺たちには憲法の理念が、憲法が日本の国民に求めた理想が残っている。

イラク開戦直前、世界中で反戦の声があがった。
その多くの国(たぶん全部)は軍隊を持ち、侵略者とは戦う法律を持ち、
国民も戦争そのものを否定してはいない。
だけど、その一方で誰もが平和を願っている。
そんな国で、そんな国民がイラクに対しては平和憲法を持つ日本よりも反戦の声を上げ、
イラクに派兵することを拒み、あるいは派兵しても撤退した。
平和憲法がなければ平和を求めることができないというなら
平和憲法がなければ戦争を防げないと考えるなら
あの世界中の人たちの思いをあまりにも無視しているといえるだろう。

護憲派の言い分の一つに改憲したら平和が守れないというのがある。
改憲すればイラク派兵のようなとき、直接戦闘に巻き込まれるというものだ。
だけど、少しは考えて欲しい。
何で平和憲法を持たなかった国がイラクに派兵しなかったのか、
何で平和憲法を持たなかった国がイラクから撤退したのか、
何で平和憲法を持つこの日本がいまだに自衛隊をイラクに送っているのか。

憲法の条文なんてないほうがいいんだ。
条文がありさえすれば平和が保たれるという幻想を感じてしまうなら。
平和を作るのは憲法じゃない、国民の意思だ。

>>37を多くの人が噛み締めながら何度も読み、理解することを期待する。

42 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 06:26:58
>>39
赤旗の一面に井上ひさしの「平和憲法世界の宝」と出ているのを読んだときの
俺の笑い声を聞かせたかったよ。

それはヒステリックであまりいい笑いではなかったが。

反吐が出るよ。何が平和憲法だ。

43 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 06:48:09
>>38
自衛はできない。自衛権はないんでね。
あんたは目の前で恋人がレイプされるのを眺めていなければならない。
あんたの胸に銃を突きつけられたままね。

抵抗すればあんたは銃殺されるだろう。
運良く相手から銃を奪い反撃すれば殺人という国内法で裁かれる。
正当防衛が認められる可能性もあるが。

悪い話の後ではいい話でも書いておくか。
自衛権があれば、侵略してきた外国軍と戦えるだろう。
侵略者と戦う日本の軍隊は国を守るため
あんたの家を戦車で踏み潰し
敵を倒すための砲弾はあんたの家族にあたり
あんたは天涯孤独になる。
軍隊に食べさせるためにあんたは飢えるだろうが
もちろんあんたが死んでも国は守られるだろう。
日本にとってあんたの命がどれほど重要かはわかるよね。
でも、戦えるんだ、いい話だろ。

44 :中学生:2005/04/20(水) 07:28:11
>>43
在日米軍と戦ったか?

何の為に改憲をするのかと言えば多国籍軍として機能する為だよな、
日米安保条約破棄をしなければ何の意味も無い。

45 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 10:02:39
>>43の考える戦車の砲塔は曲がってる?

46 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 10:09:13
>>45誤爆って知ってる?

47 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 10:34:30
というより10階建てのマンションを踏み潰せるほどの大きな戦車があるのか?

48 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 10:56:03
>>47つまらん、お前の話はつまらん。

49 :革命的名無しさん:2005/04/20(水) 11:00:45
>>47
つ地対空ミサイル

50 :革命的名無しさん:2005/05/04(水) 16:37:17
>>10
共産党の委員会に電話で質問してみた。
俺 共産党は九条を守れと主張している。
  九条は武力攻撃、交戦権を認めていない。
  一方で日本が他国から侵略された場合は自衛隊を使って反撃すると
  主張している。
  侵略に対して反撃すれば憲法違反になってしまう。
党 自衛隊は違憲であるという認識だが、他国から侵略され国民の命が危険
  にあるのに自衛隊が違憲だからといって使わないということはない。
俺 それじゃ、現在は自衛隊が必要なんだから憲法に自衛隊を書き込んで、
  将来必要でなくなる情勢になったら九条を導入すればいいのではないか。
党 いや、必要ということではない。各国と不可侵条約を結んだり外交努力で
  平和的な手段で安全保障を作り上げていくといのが基本方針。
  他国から侵略され国民の命が危険にさらされてるいる時に自衛隊があるのに
  自衛隊が違憲だからといって使わないということはないということ。
  

  
  
  

  

51 :革命的名無しさん:2005/05/06(金) 18:34:46
国防

52 :革命的名無しさん:2005/05/06(金) 18:41:30
もしもの時は、猫の手でも使わないと

53 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 11:55:23
>>50
もうひとつ質問して欲しかったな。
「で、現在その外交努力とやらで安全を保障できているのですか?」と。
「それはアメリカの庇護下であることで成り立ってることなんじゃないんですか?」と。

アメリカは追い出せ、憲法改正は反対、軍事力は放棄せよ。
やっぱり支離滅裂。

54 :この愛國政党に結集しよう!:2005/05/08(日) 11:59:44
Q1.52年竹島占領時、政府に即時武力奪還を迫った政党が国内に一つだけあります。
   それはどこでしょう?

Q2.制憲議会において、「自衛権の放棄」を執拗に糾弾した政党が国内に一つだけあります。
   それはどこでしょう?

Q3.サンフランシスコ条約破棄・千島全島返還要求を掲げている政党が国内に一つだけあります。
   それはどこでしょう?

Q4.朝鮮労働党の無法を糾弾し、既に20年近く断交を貫いてる政党が国内に一つだけあります。
   それはどこでしょう?

55 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 12:04:02
アメリカ占領下の日本を攻撃するアフォな国はどこにいるの?

56 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 12:13:24
>55
共産党はアメリカを追い出そうとしてるんじゃないの?
アメリカがいなくなれば中国と友好関係になれると妄想してるんじゃないの?

57 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 12:47:36
>>55
>各国と不可侵条約を結んだり外交努力で平和的な手段で安全保障を作り上げていくといのが基本方針

これがアメリカとの同盟関係強化だったらそれはそれでいいけどさ。
共産党はアメリカ基地を撤退させて、侵略戦争への加担も拒否する方針でしょ?
アメリカに協力するのは嫌だけど、日本が侵略されたらアメリカ兵は命を賭けて戦えってのは
通用しないでしょ。


58 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 13:08:31
あほとちゃうか。
共産党が政権とったら、すっごい強い軍隊作るに決まってるやん。
人民の人民による人民のための軍隊。すなわち「日本人民軍」。
共産党の憲法草案と現行憲法の違いは「天皇制廃止」と「武装放棄」が書かれて
いないことや。

59 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 13:27:11
>>56-57
アメリカが撤退したら、次は国際法が日本を守るんだよ。
万国公法と言う方がわかるかな?

60 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 13:36:43
そんなの大国のエゴの前には無力じゃん。

61 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 13:53:13
アメリカ以上のエゴ大国があるの?

62 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 13:55:23
パナマ、アフガン、チベット、ウイグル、現在のイラク。
国際法も国連も守ってくれませんでしたが、日本は守ってもらえるという根拠は?

63 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 13:59:48
>61
ないよ。あるとすれば中国か。
だから何?

64 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:00:32
>>62
どの国も、国際法の適用条件を満たしてないけど?

65 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:22:40
>64
ん〜あんま詳しくないが、確かパナマ侵攻はなんかで国際法に反すると決議されなかったっけ?
それは別物だとか、勘違いだったらすまん。

66 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:24:14
ニカラグアのは国際司法裁判所で判決確定してるね。
でもシカト(w

67 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:24:37
>>62
かわいいな

68 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:36:46
逆に国際法で守られてる国は?
クウェート?

69 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:38:08
日本の場合は、裁判しなくてもいいの。
戦争放棄宣言している国は、どんな屁理屈をつけても侵略できない。
結局、アメリカ以外が侵略しなければいいのだから。

70 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:41:23
>>68
永世中立国と無防備国家

71 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:43:22
アメリカが無視して他の国は無視しないと期待できる根拠は?

72 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:47:55
およそ近代国家は、国際関係を重視する。
あの野蛮で粗野なアメリカでさへ。

73 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:53:03
重視してさえあの有様だよ。
中国なんてある意味もっと厚顔無恥だしな。

74 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 14:57:47
永世中立国で軍備放棄した国ってどこかにあるの?

75 :革命的名無しさん:2005/05/08(日) 15:52:09
どちらか一方でいい。

76 :革命的名無しさん:2005/05/15(日) 15:13:49
総合すると、無策ってこと?
国防に関しては常に最悪の事態を想定するのが政治家だと思うんだけど…

77 :革命的名無しさん:2005/05/15(日) 16:34:16
共産党は戦後一貫してアメリカ帝国主義はものすごく悪い恐ろしい国だと
毎日のように言っている。
アメリカは世界制覇をもくろんでいるとか戦争侵略やりたい放題で自分に
都合の悪い条約や国際法や国連憲章も守らないし、自分に気に入らない政権は
武力で倒そうとする。など口を極めて批判している。
それならもし共産党が政権をとったら日本はアメリカの気に入らない政権が
できたことになるからアメリカが日本に攻撃してくることになる。
また安保破棄を通告してもアメリカは自分に都合の悪い条約は守らないのだから
在日米軍はそのまま居座ることになるし平和友好条約など結んでもかつての
日ソ中立条約や独ソ不可侵条約、ミュンヘン協定と同じになってしまう。
自衛隊もアメリカ軍の指揮下にあるので政権とっても共産党の言うことは聞かない
ということになる。
したがって共産党はこういうアメリカからどうやって日本を守るのか。あれだけ
アメリカ悪い国だといってる以上どうやってアメリカの攻撃から日本を守るのか具体策
があって当然のはずだがまったくない。
アメリカと平和友好条約を結ぶとか逆にロシアか中国と軍事同盟を結ぶというのでは、
今まで共産党が言ってきたことと矛盾する。国連が何とかしてくれるとでも言うのか。

78 :革命的名無しさん:2005/05/15(日) 16:52:16
>>自衛隊もアメリカ軍の指揮下
何(ry

79 :革命的名無しさん:2005/05/16(月) 02:56:50
国連軍なんて結局はアメリカ軍+αなわけでしょ?
クウェートは非武装ならイラクは侵攻できなかったの?
大義名分なんてのはアホな自国民を騙せればそれで戦争は起きるのよ。
そして飢えた国民を騙すのは赤子の手をひねるよりも易しいこと。
共産党の国防政策は理想主義者の夢想としか思えないよ。

80 :革命的名無しさん:2005/05/19(木) 20:40:07
共産党は自衛隊廃止までに急迫不正の主権侵害があったら自衛隊を使うと
言っているが自衛隊廃止後に急迫不正の主権侵害があったらどうするんだ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-18/0518faq.html

81 :革命的名無しさん:2005/05/19(木) 21:17:41
だから、「自衛隊廃止は取り下げます。」が共産党の新路線。 わかりやすく書くと、
反発が出るから文章を粉飾しているだけ。

82 :革命的名無しさん:2005/05/20(金) 04:38:18
>>81
自衛権を主張したのは共産党だぞ?

83 :革命的名無しさん:2005/05/20(金) 04:44:41
健軍思想に基づき、アメリカとの100年戦争に勝利する
党ー軍を確立する。

84 :革命的名無しさん:2005/05/20(金) 06:34:30
北核実験、死の灰日本に飛来
      \|\_\  ∠ /|/
          |○|  |○|
  _| ̄|○   _     _   ○| ̄|_
        / /|)  (|\ \
        | ̄|        | ̄|
      / /        \ \
はぁ〜、自民党指示しか選択肢がない日本。
憲法改正をまっていたら、被曝しちゃうよ〜。
食い物もダメだし奇形児とか発生しちゃうよ・・・

http://news.aol.co.jp/story/news.date=20050518122923&company=11&genre=05&sub=003&article=320050518016.html

85 :革命的名無しさん:2005/05/20(金) 06:35:28
aho

86 :革命的名無しさん:2005/05/20(金) 16:55:27
存在自体がナンセンス。

87 :革命的名無しさん:2005/05/21(土) 20:38:18
今にほんのとって重大なのは北朝鮮の核開発なのにそれにはまったく触れず
ひたすらアメリカの核先制使用問題ばかり追及している共産党はまったく
ずれている。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-21/01_02_0.html

88 :革命的名無しさん:2005/06/02(木) 10:24:22
>>82
だよな。
だから日本共産党は護憲ではない。
ただの詐欺師だ。

http://www.jcp.or.jp/tokusyu-05/05-kenpou/

>九条改定は、
>日本を「海外で戦争できる国」に
>変えること。

ここに日本共産党の詐欺護憲の正体を見ることができる。
あいつらは日本では戦争ができると思っているんだ。
自衛権があるから日本が占領されたら戦争ができると考えている。

憲法を読んでみろよ。
どこに戦争できると書いてあるんだ?

戦争ができると考えるならそれでもいい。
第二次世界大戦で死んでいった人たち、苦しんだ人たちのことも
もう、考えることもないんだろう。
人の死よりも、人々の生活よりも国家のほうが大切だもんな、日本共産党ってやつらは。

だけど、戦争ができるというなら国際紛争を武力で解決することを正当化しようというなら
護憲はいうな。
それぐらいの思いやりを持ってもいいんじゃないか?
今なお戦争で辛い目にあい、苦しんでいる人がいるんだ。
なんで彼らを苦しめるようなことを平気で言えるのか神経を疑うよ。

せめて、人間としてほんのわずかな理性と他者に対する思いやりがあるなら
自民党の改憲案に賛成しろ。
あんたらにお似合いの憲法をありがたく受け入れろよ。

89 :亡の暗殺者 ◆vrppNEMovQ :2005/06/03(金) 04:02:46


皆さん、何か忘れていませんか?

共産党は  護  憲  ですよ。

憲法9条は世界の宝だと主張している日本共産党が中国と戦うと妄想している人は明らかに自己錯覚か他受錯覚に陥っています。



90 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 12:51:52
共産党は民主共和制とか生産手段の社会化とか憲法を改正しないとできない
ことを主張している。護憲は単なるまやかしで本音ではない。

91 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 16:09:50
「共産党の単独政権、もうすぐだね、おとうちゃん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPG(ねっw)。私、父の「熊吉」でございます。今、大きな声ではいえない事情があり網走に居をかまえています。
あれでも、子供の時から何不自由なく育て、純真で優しい子供になりましたのに、いつの頃からか大阪の「黒目」と称する方の影響を受け、親の言うことを聞かなくなってしまいました。
黒目という方は近所のイタズラ好きの子どもたちに、「この、非国民!」といわれ道頓堀川に投げ込まれること、数えきれないとか。私が網走に来る前も、毎日息子に電話をよこして、
「LPGよ〜、馬鹿はかぜをひかないというけど、あれ嘘だぜ、おれ、昨日川に投げ込まれてかぜをひいてしまった、LPGはいつも「おいら馬鹿だから絶対にかぜひかない!」と
自慢しているけど注意した方がいいぞ」と優しく励ましていました。産後すぐに息子の異常に気づき産婦人科医に聞いた所、「熊吉さん、あなたが泥酔して奥さんに挑んだため
着床した時点で能にアルコールが回ってしまったらしく、私たちはどうすることも出来ませんでした」といわれた途端、涙があふれて来てしまいました。妻、「タマ」、息子、「LPG」がいってくれた、
「お父さんが帰ってくる時、目印になるように黄色いハンカチ、屋根にたくさん飾っておくからね」という言葉を信じ、反省の日々を送っています。腰にロープを巻かれ、前に置かれた両手を
刑事の汚れたコートで隠され、青函連絡船の片隅で聞いた「津軽海峡冬景色」、函館港の桟橋から聞こえる北島三郎さんの「は〜るばるきたぜ〜函館〜」、昨日のことのように思い出されます。
刑事が後から軽くポンと私の肩をたたき、「な〜熊吉、自白して胸がすっきりしたあとのカツドンうまいぞ、楽になれ」というひとことに負けてしまいました。
下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、愚息の犯行に間違いありません。今までの大罪をお許し下さい。このような私がいうのも気が引けますが、息子に代わり深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


92 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 16:11:35
「日本が攻める危険はあるが、日本を攻める国はない。」と共産党の上田副委員長が
講演。こんなの本当に信じているの。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-10/04_03_0.html

93 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 16:46:02
>>92
> 会場からの「攻められたらどう守るのか」との質問に、非同盟諸国の広がりを述べ「(日本が)攻める危険はあるが、日本を攻める国はない」と強調。自衛隊も、日本国民が不要と合意できる時代がくると述べました。

なんであいつらが質問をはぐらかしごまかそうとするのかをちゃんと見るべきだ。
あいつらは質問に答えることができないのさ。

憲法の理念を理解することもなく政治的に一つのツールとして利用するやつらには憲法を理解できない。

94 :革命的名無しさん:2005/06/12(日) 23:06:21
>>93
あいかわらず皮肉がうまいね。
やはりねっ(wの立場としては旧社会党の非武装中立を目指すのかな?

95 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :2005/06/12(日) 23:24:21
俺は改憲派だ。
日本に護憲派がいない以上、誰もが憲法を理解しようとしない以上、
もう憲法は捨てたほうがいい。

憲法は国民が国家と対峙できる唯一の有効な手段だ。
それが守れないような理想を書いているなら守らせることはできないし
国家と戦う武器にはならない。

国民は戦争を望んではいないだろうが自衛権を当たり前のものと考え始めた。
第2次大戦であれほど人々が死に苦しんだ事実を忘れ戦うことが正しいと思い始めている。
俺に平和を教えてくれた人々は今や沈黙の中で死に絶えてしまった。
戦争に正しい戦争は無い、国家間の戦争はそれがどんな立派な名目であろうと国民を苦しめるだけだという
当たり前の考えを今の人たちに説明するのは難しい。

逆に自衛隊がイラクに派兵しながらそれを憲法の成果だと喜ぶ護憲派がいる。
9条を持たない国が派兵を断念したり、撤兵したにも関わらず9条を持つ日本が未だに派兵を続けることが
9条の成果だと喜んでいる。

憲法は今では、今の国民の意識のもとでは、反戦平和に何一つ貢献することができない。
9条があるから平和なんじゃない。
9条が言い訳になるべきじゃない。

自衛権があると言い張るのなら、戦争をするときはするんだと思うなら、戦うときは戦うと考えるなら
俺はそれでもいいと考える。少なくとも、今、その選択をするときじゃないんだし。

だけど、武装をすることが正しいと思うのなら、戦争が必要悪だって思うなら
改憲に応じるべきだ。

侵略されたら戦争してもいいと考えることを誤りだと非難したくない。
だけど、現憲法を守るといいながら護憲派を名乗りながら、そんなことを考えているなら
俺はそんなクズをどうしても許せない。

96 :革命的名無しさん:2005/06/13(月) 10:01:29
>92
日本がまた戦争をしかけるなんて本気で思ってるのかね?
竹島尖閣諸島の問題は、日本じゃなかったら戦争になるようなことだとわかってないのか?
共産党だって竹島は日本の領土だと主張してるのに・・・
他国の領土を不当占拠ってのは、戦争行為に準ずることだろうが。
しかも漁船捕獲して殺すわ人質をとって身代金要求するわしてきた国が隣にあるのに。

97 :革命的名無しさん:2005/06/19(日) 04:01:38
日米安保なんて無くても平気だったと本気で思ってるんだろうな。
共産党って政権とる気ないよね?
天皇制なんかもそうだけど、いくら生活レベルでいいこと言っても、他で支持を得られない。
極端すぎて妥協もしない。

98 :革命的名無しさん:2005/06/23(木) 20:49:10
共産党が地方政治では結構勢力あるけど、
国政レベルで弱いのもわかる気がする。


99 :革命的名無しさん:2005/06/23(木) 21:11:15
というか、昔の共産党はバリバリの強硬派だったんだけどね。
確か、竹島の武力奪還を叫んでいたのって、共産党だったはずだし。
それが、いつの間にか今みたいな調子になったんだよなあ。
社会党の毒にでも当てられたのかねえ?

100 :100:2005/06/23(木) 21:16:12
100

101 :革命的名無しさん:2005/06/24(金) 02:45:49
「共産党の単独政権、もうすぐだね、おとうちゃん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPG(ねっw)。私、父の「熊吉」でございます。今、大きな声ではいえない事情があり網走に居をかまえています。
あれでも、子供の時から何不自由なく育て、純真で優しい子供になりましたのに、いつの頃からか大阪の「黒目」と称する方の影響を受け、親の言うことを聞かなくなってしまいました。
黒目という方は近所のイタズラ好きの子どもたちに、「この、非国民!」といわれ道頓堀川に投げ込まれること、数えきれないとか。私が網走に来る前も、毎日息子に電話をよこして、
「LPGよ〜、馬鹿はかぜをひかないというけど、あれ嘘だぜ、おれ、昨日川に投げ込まれてかぜをひいてしまった、LPGはいつも「おいら馬鹿だから絶対にかぜひかない!」と
自慢しているけど注意した方がいいぞ」と優しく励ましていました。産後すぐに息子の異常に気づき産婦人科医に聞いた所、「熊吉さん、あなたが泥酔して奥さんに挑んだため
着床した時点で能にアルコールが回ってしまったらしく、私たちはどうすることも出来ませんでした」といわれた途端、涙があふれて来てしまいました。妻、「タマ」、息子、「LPG」がいってくれた、
「お父さんが帰ってくる時、目印になるように黄色いハンカチ、屋根にたくさん飾っておくからね」という言葉を信じ、反省の日々を送っています。腰にロープを巻かれ、前に置かれた両手を
刑事の汚れたコートで隠され、青函連絡船の片隅で聞いた「津軽海峡冬景色」、函館港の桟橋から聞こえる北島三郎さんの「は〜るばるきたぜ〜函館〜」、昨日のことのように思い出されます。
刑事が後から軽くポンと私の肩をたたき、「な〜熊吉、自白して胸がすっきりしたあとのカツドンうまいぞ、楽になれ」というひとことに負けてしまいました。
下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、愚息の犯行に間違いありません。今までの大罪をお許し下さい。このような私がいうのも気が引けますが、息子に代わり深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


102 :革命的名無しさん:2005/06/24(金) 08:35:47
党も「警察力」は認めてる。
例としては海上保安庁があげられていた。
だから自衛隊の三軍の名称を
航空保安庁・陸上保安庁・海上保安庁にすればヨロシ。

103 :革命的名無しさん:2005/06/24(金) 08:49:54
海上自衛隊と海上保安庁の違いって何?

104 :革命的名無しさん:2005/06/24(金) 12:07:13
>>99
 まぁ、それもあると思うね.旧社会党の支持者の
票もほしかったんだろうね。確かに「日本に攻めてくる国はない」だろうが
それは日米安保があるからだ、でもそれを認めると安保破棄と両立できない。
昔のスローガンには、「中立自衛」というのがあったと思う.

105 :革命的名無しさん:2005/06/24(金) 15:38:11
結局、共産主義ってのはその発生過程にとんでもない誤解があったと思うが。
マルクスは色々と小難しいことを言ってるが、結局のところは「一部の金持ちが大多数の貧民を搾取してる」って社会観からものを見たのが始まり。

しかし、彼の生きた時代の「大多数の貧民」なるものは大昔の人々に比べればずっと命の危険もなく、生活のレベルにしたってはるかに上だったのは言うまでもない。
それを、「独占資本主義が発達したからこんなに搾取される人が増えた」なんてdでもない誤解をしたのが間違いの元。
しかも、資本主義が高度に発達した社会で共産革命が発生する、なんてのも無理がありすぎる。
発達した資本主義社会では富の生産量と蓄積が必然的に増加し、それに伴って興隆した労働者階級(中産階級)の発言力が増し、資本家は彼らに給与や待遇、政府は福祉政策を拡充せねばならなくなる。

そうなれば労働者階級の不満は減少し、そもそも革命なんてものを起こす理由がなくなるってことだ。
そういう間違った歴史観察に基づくテーゼを、無理に近代社会に適用しようとすると、その主張は多くの面において現実離れし、社会から遊離してゆく。

共産党の国防政策が、戦後間もない頃から現在に至るまでここまで奇怪に変化したのは、戦後の日米安保体制に対してその都度アンチテーゼを唱える道を探さないと、自己の存在意義が埋没してしまう恐怖感に駆られたからだろう。

だから戦前は軍国日本を批判し、戦後はアメリカ帝国主義を批判する。別に日本でもアメリカでも構わない。要は、自己の理想に合わない現体制を批判できればそれでいい。
共産党が「政権党は目指さない」と明言するのも、もし政権の座に就いた時に、自分たちが現実の政治の役に立たない事を誰よりも自分が知ってるからだ。

つまるところ共産党は、政府の福祉やら人権、環境問題など「手が届かないかゆいところ」を専門にする、商売で言う「スキマ産業」を狙うしかないということ。
だから、彼らの国防政策が空想的というのも、日本人の一部にある同質の空想平和主義に乗っかる形でしか支持を得られない。だから、国防に関する党綱領がちょっと突っ込まれると支離滅裂になるのは当然。

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)